中島 圭介Keisuke Nakajima

Last Updated :2024/02/02

所属・職名
両生類研究センター 助教
メールアドレス
keihiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 1993年04月01日, 2001年08月31日, 財団法人医学研究機構東京都神経科学総合研究所分子発生生物学研究部門
  • 2001年09月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科附属両生類研究施設, 助手

学歴

  • 早稲田大学, 理学研究科, 物理学及応用物理学, 日本, 1991年04月, 1993年03月
  • 早稲田大学, 教育学部, 理学科, 日本, 1987年04月, 1991年03月

学位

  • 博士(理学) (早稲田大学)
  • 修士(理学) (早稲田大学)

研究分野

  • 総合生物 / 実験動物学 / 実験動物学

研究キーワード

  • 筋肉
  • ゼノパス
  • 細胞死

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 教養教育, 3ターム, 両生類から見た生命システム
  2. 2023年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  3. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学英語演習
  4. 2023年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  5. 2023年, 学部専門, 1ターム, 再生生物学
  6. 2023年, 学部専門, 1ターム, 内分泌学・免疫学
  7. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 両生類生物学演習
  8. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験I
  9. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験III
  10. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  11. 2023年, 学部専門, 1ターム, グローバル対策セミナーA
  12. 2023年, 学部専門, 2ターム, グローバル対策セミナーA
  13. 2023年, 学部専門, 3ターム, グローバル対策セミナーB
  14. 2023年, 学部専門, 4ターム, グローバル対策セミナーB
  15. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習A
  16. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習B
  17. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習C
  18. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習D
  19. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習E
  20. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習F

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Osteological and histological comparison of the development of the interphalangeal intercalary skeletal element between hyloid and ranoid anurans, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 65巻, 2号, pp. 100-108, 202302
  2. Intravital staining to detect mineralization in Xenopus tropicalis during and after metamorphosis, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 64巻, 7号, pp. 368-378, 202209
  3. Generation of no-yellow-pigment Xenopus tropicalis by slc2a7 gene knockout, DEVELOPMENTAL DYNAMICS, 250巻, 10号, pp. 1420-1431, 202110
  4. Sperm MMP-2 is indispensable for fast electrical block to polyspermy at fertilization in Xenopus tropicalis, MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 88巻, 11号, pp. 744-757, 202111
  5. Comprehensive RNA-Seq analysis of notochord-enriched genes induced during Xenopus tropicalis tail resorption, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 287巻, 20200201
  6. A unique role of thyroid hormone receptor beta in regulating notochord resorption during Xenopus metamorphosis, GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 277巻, pp. 66-72, 20190601
  7. Xenopus Resources: Transgenic, Inbred and Mutant Animals, Training Opportunities, and Web-Based Support, FRONTIERS IN PHYSIOLOGY, 10巻, 2019
  8. ★, Thyroid Hormone Receptor alpha- and beta-Knockout Xenopus tropicalis Tadpoles Reveal Subtype-Specific Roles During Development, ENDOCRINOLOGY, 159巻, 2号, pp. 733-743, 201802
  9. Developmental gene expression patterns in the brain and liver of Xenopus tropicalis during metamorphosis climax, GENES TO CELLS, 23巻, 12号, pp. 998-1008, 201812
  10. An Inhibitor of Thyroid Hormone Synthesis Protects Tail Skin Grafts Transplanted to Syngenic Adult Frogs, ZOOLOGICAL SCIENCE, 34巻, 5号, pp. 414-418, 201710
  11. no privacy, a Xenopus tropicalis mutant, is a model of human Hermansky-Pudlak Syndrome and allows visualization of internal organogenesis during tadpole development, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 426巻, 2号, pp. 472-486, 20170615
  12. Mechanisms of tail resorption during anuran metamorphosis, Biomolecular Concepts, 8巻, 3-4号, pp. 179-183, 2017
  13. Ouro proteins are not essential to tail regression during Xenopus tropicalis metamorphosis, GENES TO CELLS, 21巻, 3号, pp. 275-286, 201603
  14. Generation of Albino Cynops pyrrhogaster by Genomic Editingof the tyrosinase Gene, ZOOLOGICAL SCIENCE, 33巻, 3号, pp. 290-294, 201606
  15. ★, Highly efficient gene knockout by injection of TALEN mRNAs into oocytes and host transfer in Xenopus laevis, BIOLOGY OPEN, 4巻, 2号, pp. 180-185, 20150215
  16. ★, Development of a new approach for targeted gene editing in primordial germ cells using TALENs in Xenopus, BIOLOGY OPEN, 4巻, 3号, pp. 259-266, 20150315
  17. Xenopus pax6 mutants affect eye development and other organ systems, and have phenotypic similarities to human aniridia patients, Developmental Biology, 408巻, 2号, pp. 328-344, 201512
  18. Expression of the amelogenin Gene in the Skin of Xenopus tropicalis, ZOOLOGICAL SCIENCE, 30巻, 3号, pp. 154-159, 201303
  19. Targeted Gene Disruption in the Xenopus tropicalis Genome Using Designed TALE Nucleases, ZOOLOGICAL SCIENCE, 30巻, 6号, pp. 455-460, 201306
  20. Comparison of TALEN scaffolds in Xenopus tropicalis, BIOLOGY OPEN, 2巻, 12号, pp. 1364-1370, 20131215
  21. Translational regulation by the 5 '-UTR of thyroid hormone receptor alpha mRNA, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 151巻, 5号, pp. 519-531, 2012
  22. ★, Regulation of thyroid hormone sensitivity by differential expression of the thyroid hormone receptor during Xenopus metamorphosis, GENES TO CELLS, 17巻, 8号, pp. 645-659, 201208
  23. Generation of albino Xenopus tropicalis using zinc-finger nucleases, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 54巻, 9号, pp. 777-784, 201212
  24. Xenopus tropicalis: An Ideal Experimental Animal in Amphibia, EXPERIMENTAL ANIMALS, 59巻, 4号, pp. 395-405, 201007
  25. Expression of matrix metalloproteinase genes in regressing or remodeling organs during amphibian metamorphosis, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 49巻, 2号, pp. 131-143, 2007
  26. One of the duplicated matrix metalloproteinase-9 genes is expressed in regressing tail during anuran metamorphosis, DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 48巻, 4号, pp. 223-241, 200605
  27. Programmed cell death during amphibian metamorphosis, SEMINARS IN CELL & DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 16巻, 2号, pp. 271-280, 200504
  28. Involvement of caspase-9 in execution of the maternal program of apoptosis in Xenopus late blastulae overexpressed with S-ademosylmethionine decarbosylase, 生化的生物物理学的研究報告集, 325巻, 4号, pp. 1367-1375, 20041201
  29. ★, Dual mechanisms governing muscle cell death in tadpole tail during amphibian metamorphosis, DEVELOPMENTAL DYNAMICS, 227巻, 2号, pp. 246-255, 200306
  30. ★, Structure, Expression and Function of the Xenopus laevis Caspase Family, Journal of Biological Chemistry, 275巻, 14号, pp. 10484-10491, 20000401
  31. Construction of multiple-epitope tag sequence by PCR for sensitive Western blot analysis, Nucleic Acids Research, 25巻, 11号, pp. 2231-2232, 19970601
  32. Induction of apoptosis and CPP32 expression by thyroid hormone in a myoblastic cell line derived from tadpole tail, Journal of Biological Chemistry, 272巻, 8号, pp. 5122-5127, 19970201
  33. Absence of Methylated Thyrotropin-Releasing Hormone in the Bullfrog (Rana catesbeiana) Brain, Zoological Science, 10巻, pp. 711-714, 19931001
  34. Thyrotropin-releasing hormone (TRH) is the major prolactin-releasing factor in the bullfrog hypothalamus, General and Comparative Endocrinology, 89巻, 1号, pp. 11-16, 19930101
  35. TALEN- and CRISPR/Cas9-mediated mutagenesis of pax6 and six3 genes for studying eye and brain development in Xenopus tropicalis, GENES & GENETIC SYSTEMS, 89巻, 6号, pp. 283-283, 2014
  36. Xenopus laevisにおけるProgrammed Cell Death(PCD)関連遺伝子のクローニングと解析, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19巻, 19960801
  37. Xenopus Caspase Family遺伝子のクローニングと解析, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 21巻, 19981201
  38. 我が国における動物バイオリソースの現状 ネッタイツメガエル--両生類の理想的な実験動物, Experimental Animals, 59巻, 4号, pp. 395-405, 2010
  39. MOLECULAR MECHANISM OF MUSCLE CELL DEATH IN A REGRESSING TAIL DURING AMPHIBIAN METAMORPHOSIS(Endocrinology,Abstracts of papers presented at the 74^ Annual Meeting of the Zoological Society of Japan), Zoological science, 20巻, 12号, 20031225
  40. Comparison of TALEN scaffolds in Xenopus tropicalis., Comparison of TALEN scaffolds in Xenopus tropicalis., 2巻, 12号, 2013

著書等出版物

  1. 比較内分泌, ネッタイツメガエル・ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP), 日本比較内分泌学会, 2021年, 荻野 肇、井川 武、鈴木 誠、高瀬 稔、中島圭介、田澤一朗, 47(173): 40-43
  2. 2021年, 糖尿病・内分泌代謝科, 両生類における二つの甲状腺ホルモン受容体の役割, 変態、甲状腺ホルモン、甲状腺ホルモン受容体、ネッタイツメガエル、ノックアウト, 科学評論社, 2021年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 中島圭介、田澤一朗、矢尾板芳郎, 53(5): 565-576
  3. 2005年05月, 両生類変態の分子機構 , タンパク質核酸酵素・発生システムのダイナミクス, 2005年, 05, 調査報告書, 共編著, 7
  4. 1998年10月, 両生類の変態とアポトーシス , 医歯薬出版株式会社・アポトーシス, 1998年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 矢尾板 芳郎 , 6
  5. 1996年11月, 変態とアポトーシス , 羊土社・アポトーシス, 1996年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 2

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 樹上性カエルの指趾第一関節に見られる付加的骨格要素の比較発生学的研究, 中西 健介,田澤 一朗,長谷川 真,竹尾 紘一,中島 圭介,古野 伸明, 両生類研究センターバイオリソース棟落成記念シンポジウム, 2023年03月14日, 通常, 日本語, 広島大学両生類研究センター, 広島大学
  2. イベリアトゲイモリの仙肋骨の成長に腸骨は必要か, 吉村 雅子, 田澤 一朗, 中島 圭介, 古野 伸明, 両生類研究センターバイオリソース棟落成記念シンポジウム, 2023年03月14日, 通常, 日本語, 広島大学両生類研究センター, 広島大学
  3. 二つの甲状腺ホルモン受容体における機能的な差はあるのか?, 中島 圭介, 藪本 壮太, 田澤 一朗, 古野 伸明, 両生類研究センターバイオリソース棟落成記念シンポジウム, 2023年03月14日, 通常, 日本語, 広島大学両生類研究センター, 広島大学
  4. ネッタイツメガエルXenopus tropicalis におけるolfm4遺伝子の発現および機能解析, 藪本 壮太, 中島圭介, 田澤一朗, 古野伸明, 両生類研究センターバイオリソース棟落成記念シンポジウム, 2023年03月14日, 通常, 日本語, 広島大学両生類研究センター, 広島大学
  5. 甲状腺ホルモン受容体によって制御される後肢の発達に関わる遺伝子の特定, 小川 修平, 田澤一朗, 中島 圭介, 古野 伸明, 両生類研究センターバイオリソース棟落成記念シンポジウム, 2023年03月14日, 通常, 日本語, 広島大学両生類研究センター, 広島大学
  6. アフリカツメガエルの細胞周期制御因子MYT1およびWEE1BのCRISPR/Cas9法を用いた機能解析, 林 太功磨, 田中 隆太郎, 吉田 美優, 中條 信成, 吉留 賢, 西嶋 達郎, 中島 圭介, 古野 伸明, 渡部 稔, 両生類研究センターバイオリソース棟落成記念シンポジウム, 2023年03月14日, 通常, 日本語, 広島大学両生類研究センター, 広島大学
  7. X. tropicalis を用いた卵母細胞の G2 期停止における Pkmyt1,Wee2 の機能解析, 西嶋 達郎, 中島 圭介, 田澤 一朗, 古野 伸明, 両生類研究センターバイオリソース棟落成記念シンポジウム, 2023年03月14日, 通常, 日本語, 広島大学両生類研究センター, 広島大学
  8. ツメガエル卵細胞の成熟と排卵、受精、およひび細胞死に関する研究, 佐藤 賢一, 寺西 ⻯雅, トクマコフ アレクサンデル, 中島 圭介, 両生類研究センターバイオリソース棟落成記念シンポジウム, 2023年03月14日, 通常, 日本語, 広島大学
  9. ネッタイツメガエルにおけるolfm4の機能解析およびサイロキシンの見落とされていた役割の発見, 藪本 壮太、中島 圭介、田澤 一朗、古野 伸明, 日本動物学会 中国四国支部広島県例会, 2023年03月07日, 通常, 日本語, 日本動物学会, 広島大学
  10. イベリアトゲイモリにおける異所への仙肋骨誘導の試み, 吉村 雅子、田澤 一朗、中島 圭介、古野 伸明, 第93回日本動物学会, 2022年09月08日, 通常, 日本語
  11. ネッタイツメガエルにおけるolfm4遺伝子の発現解析及びノックアウトによる機能解析, 藪本 壮太、中島 圭介、古野 伸明, 第93回日本動物学会, 2022年09月08日, 通常, 日本語
  12. ネッタイツメガエルにおける olfm4 遺伝子のKOによる機能解析, 藪本 壮太、中島 圭介、古野 伸明, 日本動物学会 中国四国支部広島県例会, 2022年03月08日, 通常, 日本語
  13. Slc2a7 ノックアウトによる、黄色色素を持たないネッタイツメガエルの作製, 中島 圭介、嶋村 正樹、古野 伸明, 第44回日本分子生物学会, 2021年12月01日, 通常, 日本語
  14. ネッタイツメガエルの遺伝学・ゲノム科学的リソース基盤の形成とその活用, 鈴木 誠,井川 武,柏木昭彦,柏木啓子,古野伸明,鈴木菜花,田澤一朗,高瀬 稔,三浦郁夫,鈴木 厚,花田秀樹,中島圭介,彦坂 暁,越智陽城,加藤尚志,森 司,#荻野 肇, 第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月01日, 通常, 日本語
  15. 透明ガエルの作り方, 中島 圭介、嶋村 正樹、古野 伸明, 第92回日本動物学会, 2021年09月02日, 通常, 日本語
  16. ネッタイツメガエルの遺伝学・ゲノム科学的リソース基盤の形成とその活用, 鈴木 誠,井川 武,柏木 昭彦,柏木 啓子,古野 伸明,鈴木 菜花,田澤 一朗,高瀬 稔,三浦 郁夫,鈴木 厚,花田 秀樹,中島 圭介,彦坂 暁,越智 陽城,加藤 尚志,森 司,荻野 肇, 第43回日本分子生物学会, 2020年12月02日, 通常, 日本語
  17. ネッタイツメガエルの遺伝学・ゲノム科学的リソース基盤の形成とその活用変態と甲状腺ホルモン, 鈴木 誠, 井川 武, 柏木 昭彦, 柏木 啓子, 古野 伸明, 鈴木 菜花, 田澤 一朗, 高瀬 稔, 三浦 郁夫, 鈴木 厚, 花田 秀樹, 中島 圭介, 彦坂 暁, 越智 陽城, 加藤 尚志, 森 司, 荻野 肇, ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)オンラインフォーラム2020, 2020年12月02日, 招待, 日本語
  18. 変態と甲状腺ホルモン, 矢尾板 芳郎*,中島 圭介,田沢 一朗,藤本 健太, 第63回日本甲状腺学会学術集会, 2020年11月19日, 招待, 日本語
  19. Transformation during Amphibian Metamorphosis and Regeneration, Yoshio Yaoita*, Keisuke Nakajima and Ichiro Tazawa, International Symposium at Hiroshima University: Amphibian development, regeneration, evolution and beyond, 2018年03月13日, 通常, 英語
  20. Two unique TALEN methods for the highly efficient mutagenesis and genomic editing preferentially in germ cell using Xenopus, K. Nakajima and Y. Yaoita, K. Nakajima and Y. Yaoita, BIT’s 6th Annual World Congress of Molecular & Cell Biology-2016, 2016年04月, 招待, 英語, Dalian, China
  21. The role of the thyroid hormone receptor during Xenopus metamorphosis, Keisuke Nakajima, Keisuke Nakajima, Kenta Fujimoto and Yoshio Yaoita, 8th International Symposium on Amphibian and Reptilian Endocrinology and Neurobiology, 2014年11月, 招待, 英語
  22. Xenopus tropicalis, a model organism for the new genetics era: from forward to reverse genetics and now to gene targeting, Takuya Nakayama, Takuya Nakayama, Margaret B. Fish, Marilyn Fisher, Keisuke Nakajima, Yoshio Yaoita and Robert M. Grainger, International Symposium Frontiers in Amphibian Biology: Endangered Species Conservation and Genome Editing, 2014年03月, 招待, 英語
  23. ネッタイツメガエルにおけるノックアウト法の活用, 中島圭介, 中島圭介、中井裕也、岡田守弘、高瀬稔、矢尾板芳郎, 第83回日本動物学会, 2012年, 招待, 日本語
  24. The mechanism of thyroid hormone sensitivity regulation during anuran metamorphosis, 中島 圭介, 第33回日本分子生物学会, 2010年, 通常, 日本語
  25. 甲状腺ホルモン受容体α(TRα)mRNAの翻訳抑制の分子機構の解析 岡田守弘、中島圭介、矢尾板芳郎 , 中島 圭介, 第33回日本分子生物学会, 2010年, 通常, 日本語
  26. Low levels of Thyroid Hormone can Induce the Death of Thyroid Hormone Receptor- Overexpressing Muscle Cells in Xenopus Tadpole Tail, 中島 圭介, Nakajima, K., Fujimoto, K., and Yaoita, Y, 第32回日本分子生物学会, 2009年12月, 招待, 英語
  27. 甲状腺ホルモン受容体a発現量と形態変化のタイミング, 中島 圭介, 広島大学 細胞のかたちと機能プロジェクト研究センター・報告会, 2009年, 通常, 日本語
  28. Low levels of Thyroid Hormone can Induce the Death of Thyroid Hormone Receptor- Overexpressing Muscle Cells in Xenopus Tadpole Tail, 中島 圭介, 第32回日本分子生物学会, 2009年, 通常, 日本語
  29. 変態期における無尾両生類幼生の甲状腺ホルモン感受性の決定要因, 中島 圭介, 第3回 日本ツメガエル研究集会, 2009年, 通常, 日本語
  30. 無尾両生類の変態における形態変化のタイミングの決定要因, 中島 圭介, 第80回日本動物学会, 2009年, 通常, 日本語
  31. 甲状腺ホルモントランスポーターによる両生類のメタモルフォシスの制御, 中島 圭介, 第31回日本分子生物学会, 2008年, 通常, 日本語
  32. アフリカツメガエルの変態過程におけるRNA結合タンパク質XCIRPの発現と アポトーシスの関係について, 中島 圭介, 第33回日本比較内分泌学会大会, 2008年, 通常, 日本語
  33. Expression of matrix metalloproteinase genes in regressing or remodeling organs during amphibian metamorphosis, 矢尾板 芳郎, 藤本 健太、中島 圭介、矢尾板 芳郎, International Symposium on Amphibian and Reptile Endocrinology and Neurobiology, 2007年03月, 招待, 英語
  34. 無尾・有尾両生類幼生の甲状腺ホルモンによる遺伝子発現変化の比較, 中島 圭介, 第30回日本分子生物学会, 2007年, 通常, 日本語
  35. Tail regression during anuran metamorphosis 無尾両生類のメタモルフォシスにおける尾の退縮, 中島 圭介, 第39回日本発生生物学会, 2006年06月, 招待, 日本語
  36. The regulation of thyroid hormone sensitivity of the Xenopus tadpole tail, 藤本 健太, 藤本健太、中島圭介、矢尾板芳郎, 第39回日本発生生物学会ワークショップ, 2006年05月, 招待, 英語
  37. Molecular mechanism of tail muscle cell death in regressing tail during amphibian metamorphosis, Yoshio Yaoita, Yoshio Yaoita, Kenta Fujimoto and Keisuke Nakajima, NIH seminar, 2005年09月, 招待, 英語
  38. 変態期における両生類幼生の甲状腺ホルモン感受性の決定機構, 中島 圭介, 日本生化学会北陸支部会シンポジウム, 2005年07月, 招待, 日本語
  39. 変態期における両生類幼生の甲状腺ホルモン感受性の決定機構, 中島 圭介, 第38回日本発生生物学会ワークショップ, 2005年06月, 招待, 日本語
  40. The analysis of a myoblastic cell line derived from the amphibian tadpole tail., 矢尾板 芳郎, 矢尾板 芳郎、中島 圭介, GORDON RESERCH CONFERENCES (METAMORPHOSIS), CONNECTICUT, 1999年07月, 招待, 英語

受賞

  1. 1999年03月, Young scientist award, The Frontiers of the Biology of Amphibia, GENE CLONING AND CHARACTERIZATION OF THE XENOPUS LAEVIS CASPASE FAMILY

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 脊索崩壊に着目した両生類変態における尾部退縮機構の解析, 2022年, 2024年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), カエル亜目の指第一関節に存在する挿入骨格要素の比較発生学~カエルの樹上性の起源~, 2020年, 2022年
  3. 公益財団法人サタケ技術振興財団, 新たな視点による椎間板形成の分子機構解析〜椎間板ヘルニアの治療に向けて, 2019年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 椎間板の髄核形成に甲状腺ホルモンシグナルは関与しているのか?, 2019年, 2021年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), TALEN による両生類変態の分子機構-哺乳類の出生は変態か-, 2014年, 2016年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ノックアウト効率の改善による初代完全ノックアウト動物の作成技術開発, 2013年, 2015年
  7. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 光る透明ガエルの作出:非モデル両生類への遺伝子導入法の確立とNGSによる発現解析, 2013年, 2015年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 甲状腺ホルモン受容体αmRNAのuORFによる翻訳抑制機構, 2009年, 2011年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 発生過程における器官の退縮の分子機構, 2002年, 2004年
  10. 山田科学振興財団・研究補助金 発生過程における器官の退縮の分子機構, 2001年
  11. 財団法人井上科学振興財団国際研究集会出席旅費 ゼノパス幼生の尾の退縮におけるプログラム細胞死の分子生物学的研究, 1999年
  12. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 両生類幼生の尾における変態に伴うプログラム細胞死の分子機構解析, 1999年, 2000年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 生体組織への直接遺伝子導入によるアポトーシス誘導遺伝子のクローニング, 1998年, 2000年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本生物学オリンピック本選大会実行委員, 2016年09月, 2017年09月, 国際生物学オリンピック日本委員会

学術会議等の主催

  1. 両生類はワンダーランド, 2022年09月, 2022年09月
  2. 両生類はワンダーランド, 2019年09月, 2019年09月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 福山暁の星女子中学・高等学校見学・体験, 2023年/03月/24日, 2023年/03月/24日, 広島大学両生類研究センター, 講師, セミナー・ワークショップ, 中学生
  2. 玉法保育園見学, 2022年/06月/27日, 2022年/06月/27日, 広島大学両生類研究センター, 運営参加・支援, 施設一般公開, 幼稚園以下
  3. 岡山商科大学附属高等学校見学, 2022年/08月/29日, 2022年/08月/29日, 広島大学両生類研究センター, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  4. ホームカミングデー, 理学部, 2022年/11月/05日, 2022年/11月/05日, 広島大学両生類研究センター, 運営参加・支援, 施設一般公開, 社会人・一般
  5. オープンキャンパス, 理学部入学試験委員会, 2022年/08月/18日, 2022年/08月/18日, 広島大学両生類研究センター, 運営参加・支援, 施設一般公開, 高校生
  6. 福岡新宮高校見学, 両生類研究センター, 2022年/07月/19日, 2022年/07月/19日, 両生類研究センター, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  7. 大学訪問(国泰寺高校), 理学系支援室(理), 2022年/07月/12日, 2022年/07月/12日, 広島大学両生類研究センター, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  8. タウンアンドガウン, 夏の研究室訪問(高校生体験入学), ひとむすび/東広島市, 2022年/07月/21日, 2022年/07月/21日, 広島大学両生類研究センター, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, 高校生
  9. 第3回高校生両生類サミット, 第3回高校生両生類サミット, 2022年/11月/03日, 2022年/11月/03日, オンライン, コメンテーター, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 高校生
  10. 広島大学体験科学講座, ゲノム編集:生き物を創り替える技術, 2022年/11月/26日, 2022年/11月/26日, 広島大学理学部E102講義室, 講師, 講演会, 高校生
  11. 教育ネットワーク中国高大連携公開講座, オタマジャクシの尾を切ると,そこから後ろ足が生える, 2022年/08月/27日, 2022年/08月/27日, 広島大学両生類研究センター, 運営参加・支援, 講演会, 高校生
  12. 島根大学、山口先生へのNBRP非生体リソース提供, 2022年/11月/18日
  13. 早稲田大学、小俣先生へのNBRP非生体リソース提供, 2022年/11月/08日
  14. 島根大学、山口先生へのNBRP非生体リソース提供, 2022年/10月/24日
  15. 広島大学、中島圭介先生へのNBRP非生体リソース提供, 2022年/09月/06日
  16. 弘前大学、横山仁先生へのNBRP非生体リソース提供, 2021年/01月/25日
  17. 昭和大学、原口省吾先生へのNBRP非生体リソース提供, 2021年/01月/18日
  18. 卵母細胞の人工成熟, 文部科学省 ひらめき☆ときめきサイエンス, 2020年/12月/20日, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, 高校生
  19. 広島大学、高瀬稔先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/11月/19日
  20. 広島大学、高瀬稔先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/11月/18日
  21. いろいろな両生類のおもしろくて多様な研究とその最前線, 両生類を用いたゲノム編集技術, 2020年/10月/31日, 講師, 高校生
  22. ゲノム編集技術講習(島根大学・斉藤花野), 2020年/09月/03日, 2020年/09月/10日, 広島大学両生類研究センター, 助言・指導, 研究指導, 大学院生
  23. 広島大学、田澤一朗先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/07月/10日
  24. 広島大学、中島圭介先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/07月/09日
  25. 広島大学、花田秀樹先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/07月/09日
  26. 広島大学、高瀬稔先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/07月/08日
  27. 広島大学、高瀬稔先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/04月/10日
  28. Katholieke大学、Przemko Tylzanowski先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/03月/25日
  29. 広島大学、田澤一朗先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/03月/19日
  30. 広島大学、花田秀樹先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/03月/19日
  31. 広島大学、古野伸明先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/03月/19日
  32. 広島大学、中島圭介先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/03月/19日
  33. 広島大学、三浦郁夫先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/03月/19日
  34. 両生類を用いたゲノム編集技術, 広島大学附属福山中・高等学校, 2020年/02月/21日, 出前授業, 高校生
  35. 近畿大学見学対応, 2020年/02月/13日
  36. 徳島大学、渡部稔先生へのNBRP非生体リソース提供, 2020年/01月/06日
  37. 広島大学、高瀬稔先生へのNBRP非生体リソース提供, 2019年/11月/21日
  38. 九州大学、中条信成先生へのNBRP非生体リソース提供, 2019年/08月/20日
  39. 明治大学、戸村英明先生へのNBRP非生体リソース提供, 2019年/06月/13日
  40. 両生類を用いたゲノム編集技術の発展, 京都産業大学 総合科学部バイオフォーラム, 2017年/02月/07日, 講師, 出前授業, 大学生
  41. 第7回広島県立教育センター主催「教材生物バザール」に教材生物を提供, 2003年, 運営参加・支援, 教育関係者
  42. 第6回広島県立教育センター主催「教材生物バザール」に教材生物を提供, 広島県立教育センター, 2002年, 運営参加・支援

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, Biology Open, その他, reviewer, 1
  2. 2020年, Cytology & Tissue Biology, その他, reviewer, 1
  3. 2017年, Cell & Bioscience, その他, reviewer, 1