藤田 直人NAOTO FUJITA

Last Updated :2024/04/03

所属・職名
大学院医系科学研究科(保) 教授
メールアドレス
fujitanhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
1.運動や不活動による生体の適応 運動の効果を向上させる治療方法の開発を目的とした研究を行っています。これまでに、骨格筋損傷、不活動、肺高血圧症、2型糖尿病、肥満などを対象に、運動器の病理に関する研究成果を報告しています。加えて、上記疾患における運動適応に関する研究成果も報告しています。 2.運動の効果を向上させる併用療法、及び運動が困難な場合の補完代替療法 各種疾患や不活動に対する運動の有効性はこれまでに数多く報告されていますが、疾患の重症度や合併症などにより、運動が十分に実施できない場合があります。このような場合に実施する運動の併用療法や補完代替療法の開発を目的とした研究を行っています。これまでに、2型糖尿病や骨格筋再生を対象に、高気圧処置の有効性に関する研究成果を報告しています。 3.生体情報センシングを利用した運動プログラム 生体情報センシングを利用することで、こどもの走行フォームを自動で解析し、その修正点をコーチングしてくれる人工知能の開発を目的とした研究を行っています。この研究により、こどもの運度パフォーマンスの向上と運動嫌いの解消を目指しています。これまでに、股関節疾患を対象に、ヒトの骨格を自動検出するセンサーを用いた運動機能評価に関する研究成果を報告しています。

基本情報

主な職歴

  • 2010年04月01日, 2013年03月31日, 神戸大学, 大学院保健学研究科, 助教
  • 2013年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 講師

学位

  • 博士(保健学) (神戸大学)
  • 修士(保健学) (神戸大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 保健学科 : 理学療法学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム

所属学会

  • 日本内分泌学会
  • 日本肥満学会
  • 日本理学療法士協会
  • 日本解剖学会
  • 日本体力医学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 日本生理学会
  • American Physiological Society

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 4ターム, 人の健康と社会[旧パッケージ]
  2. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 人間発達学
  3. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 発達障害学
  4. 2024年, 学部専門, 1ターム, 基礎理学療法学
  5. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 機能能力診断学
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 機能能力診断学実習
  7. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 物理療法学
  8. 2024年, 学部専門, 1ターム, 物理療法学実習
  9. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  10. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 解剖学I
  11. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 解剖学I
  12. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 解剖学II
  13. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 解剖学II
  14. 2024年, 学部専門, 2ターム, 解剖学実習I
  15. 2024年, 学部専門, 2ターム, 解剖学実習I
  16. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 解剖学実習II
  17. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 解剖学実習II
  18. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), こころとからだの発達科学
  19. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  20. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 発達障害学
  21. 2024年, 学部専門, 4ターム, リハビリテーション概論
  22. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 保健科学特論Ⅲ(実験研究)
  23. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 心身機能生活制御科学特別研究
  24. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 心身機能生活制御科学特別研究
  25. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生体環境適応科学特論
  26. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生体環境適応科学特別演習
  27. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生体環境適応科学特別演習
  28. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 生体環境適応科学特別研究
  29. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体環境適応科学特講
  30. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生体環境適応科学特講演習
  31. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生体環境適応科学特講演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Influence of prolonged obesity and mild glucose intolerance on skeletal muscle mass in middle-aged rats, JJPTDM, 2巻, 1号, pp. 1-15, 202301
  2. Effects of childhood exercise and detraining on skeletal muscle mitochondrial metabolism in young OLETF rats, JJPTDM, 2巻, 1号, pp. 24-34, 202301
  3. OLETFラットの精巣上体脂肪と肝臓における炎症性サイトカイン発現の経時的変化, 日本糖尿病理学療法学雑誌, 2022
  4. Effects of long-term childhood exercise and detraining on lipid accumulation in metabolic-related organs, PLoS One, 17巻, pp. e0270330-e0270330, 2022
  5. Structural changes in skeletal muscle fibers after icing or heating on downhill running in mice, Kobe J Med Sci, 67巻, 2号, pp. 48-54-48-54, 2021
  6. Coupled versus decoupled visuomotor feedback: Differential frontoparietal activity during curved reach planning on simultaneous functional near-infrared spectroscopy and electroencephalography, BRAIN AND BEHAVIOR, 12巻, 7号, 202207
  7. Voluntary exercise reverses social behavior deficits and the increases in the densities of cholecystokinin-positive neurons in specific corticolimbic regions of diabetic OLETF rats, BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 428巻, 20220625
  8. Involvement of the Rostromedial Prefrontal Cortex in Human-Robot Interaction: fNIRS Evidence From a Robot-Assisted Motor Task, FRONTIERS IN NEUROROBOTICS, 16巻, 20220317
  9. Preventive effect of nucleoprotein on hindlimb unloading-induced capillary regression in rat soleus muscle, BIOTECHNIC & HISTOCHEMISTRY, 89巻, 3号, pp. 220-227, 201404
  10. Electrical stimulation using sine waveform prevents unloading-induced muscle atrophy in the deep calf muscles of rat., Electrical stimulation using sine waveform prevents unloading-induced muscle atrophy in the deep calf muscles of rat., 116巻, 7号, pp. 1192-1198, 2014
  11. Effects of hyperbaric oxygen at 1.25 atmospheres absolute with normal air on macrophage number and infiltration during rat skeletal muscle regeneration., Effects of hyperbaric oxygen at 1.25 atmospheres absolute with normal air on macrophage number and infiltration during rat skeletal muscle regeneration., 9巻, 12号, 2014
  12. Influence of electrical stimulation on calpain and ubiquitin-proteasome systems in the denervated and unloaded rat tibialis anterior muscles, Acta Histochem, 116巻, pp. 936-942, 2014
  13. Effect of heat stress soon after muscle injury on the expression of MyoD and myogenin during regeneration process. J Musculoskelet Neuronal Interact, J Musculoskelet Neuronal Interact, 14巻, pp. 325-333, 2014
  14. Balance ability and proprioception after single bundle, single-bundle augmentation, and double-bundle ACL reconstruction, Scientific World Journal, 2014
  15. Time course of ubiquitin-proteasome and macroautophagy-lysosome pathways in skeletal muscle in rats with heart failure, BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 36巻, 6号, pp. 383-392, 2015
  16. Effectiveness of daily eccentric contractions induced via kilohertz frequency transcutaneous electrical stimulation on muscle atrophy, ACTA HISTOCHEMICA, 118巻, 1号, pp. 56-62, 2016
  17. Acute influence of mild hyperbaric oxygen at 1.25 atmospheres absolute with normal air on mitochondrial enzymes and PGC-1 alfa mRNA levels in rat skeletal muscle, Biomed Res Clin Prac, 1巻, pp. 42-45, 2016
  18. Knee biomechanics during walking in recurrent lateral patellar dislocation are normalized by one year after medial patellofemoral ligament reconstruction, Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc, 24巻, pp. 3254-3261, 2016
  19. Modarate exercise attenuated airway resistance and inflammation induced by cigarette smoke solution and endotoxin in rats, Sport Sci Health, 12巻, pp. 91-97, 2016
  20. Heat stress promotes skeletal muscle regeneration after crush injury in rats, Acta Histochem, 116巻, pp. 327-334, 2014
  21. Comparison of premodulated interferential and pulsed current electrical stimulation in prevention of deep muscle atrophy in rats, J Mol Histo, 44巻, pp. 203-211, 2013
  22. Differential effects of astaxanthin on oxidative key enzyme and capillarization in the deep and superficial layers of unloading-induced atrophied muscle, J Phys Ther Sci, 25巻, pp. 349-353, 2013
  23. Protective effects of astaxanthin on capillary regression in atrophied soleus muscle of rats, Acta Physiol, 207巻, pp. 405-415, 2013
  24. Chronic Exercise Training Down-Regulates TNF-alpha and Atrogin-1/MAFbx in Mouse Gastrocnemius Muscle Atrophy Induced by Hindlimb Unloading, Acta Histochem Cytochem, 45巻, pp. 343-349, 2012
  25. Abnormalities in the fiber composition and capillary architecture in the soleus muscle of type 2 diabetic Goto-Kakizaki rats, ScientificWorldJournal, 2012
  26. Differences in capillary architecture, hemodynamics, and angiogenic factors in rat slow and fast plantarflexor muscles, Muscle Nerve, 45巻, pp. 242-249, 2012
  27. Exercise training prevents decrease in luminal capillary diameter of skeletal muscles in rats with type 2 diabetes, ScientificWorldJournal, 2012
  28. Influence of magnetic stimulation on muscle atrophy in the rat unloading hindlimb muscles, Bulletin of Health Sciences Kobe, 27巻, pp. 19-26, 2012
  29. Effects of hyperbaric oxygen on metabolic capacity of the skeletal muscle in type 2 diabetic rats with obesity, ScientificWorldJournal, 2011
  30. Influence of icing on muscle regeneration after crush injury to skeletal muscles in rats, J Appl Physiol, 110巻, pp. 382-388, 2011
  31. The combined effect of electrical stimulation and high-load isometric contraction on protein degradation pathways in muscle atrophy induced by hindlimb unloading, J Biomed Biotechnol, 2011
  32. The combined effect of electrical stimulation and resistance isometric contraction on muscle atrophy in rat tibialis anterior muscle, Bosn J Basic Med Sci, 11巻, pp. 74-79, 2011
  33. Influence of fixed muscle length and contractile properties on atrophy and subsequent recovery in the rat soleus and plantaris muscles, Arch Histol Cytol, 72巻, pp. 151-163, 2009
  34. Influence of muscle length on muscle atrophy in the mouse tibialis anterior and soleus muscles, Biomed Res, 30巻, pp. 39-45, 2009
  35. Gender differences in the restoration of knee joint biomechanics during gait after anterior cruciate ligament reconstruction, KNEE, 24巻, 2号, pp. 280-288, 201703
  36. Effects of lateral wedge insole application on medial compartment knee osteoarthritis severity evaluated by ultrasound, KNEE, 24巻, 6号, pp. 1408-1413, 201712
  37. Characteristics of thoracic and lumbar movements during gait in lumbar spinal stenosis patients before and after decompression surgery, Clin Biomedch, 40巻, pp. 45-51, 2017
  38. Validity of motion analysis using the Kinect system to evaluate single leg stance in patients with hip disorders, GAIT & POSTURE, 62巻, pp. 458-462, 201805
  39. Changes in lipid metabolism and capillary density of the skeletal muscle following low-intensity exercise training in a rat model of obesity with hyperinsulinemia, PLOS ONE, 13巻, 5号, 20180502
  40. Oxygen therapy may worsen the survival rate in rats with monocrotaline-induced pulmonary arterial hypertension, PLoS One, 13巻, 2018
  41. Oxygen therapy may worsen the survival rate in rats with monocrotaline-induced pulmonary arterial hypertension, PLOS ONE, 13巻, 9号, 20180920
  42. The Relationship between Knee Biomechanics and Clinical Assessments in ACl Deficient Patients, INTERNATIONAL JOURNAL OF SPORTS MEDICINE, 40巻, 7号, pp. 477-483, 201907
  43. Hyperbaric Normoxia Improved Glucose Metabolism and Decreased Inflammation in Obese Diabetic Rat, JOURNAL OF DIABETES RESEARCH, 2019巻, 20191119
  44. Effects of appropriate-intensity treadmill exercise on skeletal muscle and respiratory functions in a rat model of emphysema, BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 41巻, 1号, pp. 13-22, 2020
  45. Hemodynamic response during hyperbaric treatment on skeletal muscle in a type 2 diabetes rat model, BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 41巻, 1号, pp. 23-32, 2020
  46. Region-specific brain area reductions and increased cholecystokinin positive neurons in diabetic OLETF rats: implication for anxiety-like behavior, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 70巻, 1号, 20200916
  47. 肥満の脂肪組織における慢性炎症に対する高気圧処置の有効性, 理学療法の臨床と研究, 29巻, pp. 11-15, 2020
  48. Structural changes in skeletal muscle fibers after icing or heating on downhill running in mice, Kobe Journal of Medical Sciences, 67巻, 2号, 2021
  49. Medial prefrontal area reductions, altered expressions of cholecystokinin, parvalbumin, and activating transcription factor 4 in the corticolimbic system, and altered emotional behavior in a progressive rat model of type 2 diabetes., PLoS One, 2021
  50. Impact of Exercise and Detraining during Childhood on Brown Adipose Tissue Whitening in Obesity, METABOLITES, 11巻, 10号, 202110
  51. Medial prefrontal area reductions, altered expressions of cholecystokinin, parvalbumin, and activating transcription factor 4 in the corticolimbic system, and altered emotional behavior in a progressive rat model of type 2 diabetes, PLOS ONE, 16巻, 9号, 2021

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 手指巧緻課題における声かけ効果:近赤外分光法による検討, 小川大貴,Le Trung Duc,渡邉和輝,藤田直人,西条寿夫,浦川将, 第27回日本基礎理学療法学会学術集会, 2022年10月01日, 通常, 日本語
  2. OLETFラットの各種臓器における脂肪蓄積の経時的変化, 坂倉貫太,西平美鈴,岩本汐未,山本結生,藤田直人,浦川将, 第27回日本基礎理学療法学会学術集会, 2022年10月01日, 通常, 日本語
  3. OLETFラットにおける褐色脂肪組織の白色化に対する食餌制限の効果, 西平美鈴,Nguyen Tien Son,永森景太,藤田直人,浦川将, 第27回日本基礎理学療法学会学術集会, 2022年10月01日, 通常, 日本語
  4. 若齢期の運動習慣と脱トレーニングがOLETFラットの耐糖能に及ぼす影響, 藤田直人,Nguyen Tien Son,西平美鈴,浦川将, 第27回日本基礎理学療法学会学術集会, 2022年10月01日, 通常, 日本語
  5. 小学生以下の子どもにおける運動パフォーマンスの即時的な向上に影響を及ぼす因子の検討, 坂倉貫太,藤田清乃,藤田直人,浦川将, 第77回日本体力医学会, 2022年09月21日, 通常, 日本語
  6. 運動と脱トレーニングがOLETFラットの褐色脂肪組織における脂質代謝に及ぼす影響, 藤田直人,大島勇哉,Nguyen Tien Son,高石果歩,西平美鈴,浦川将, 第77回日本体力医学会, 2022年09月21日, 通常, 日本語
  7. 若齢期における脱トレーニングがOLETFラットの脂肪蓄積に及ぼす影響, 藤田直人,大島勇哉,Nguyen Tien Son,高石果歩,西平美鈴,大野晴也,米田真康, 浦川将, 第95回日本内分泌学会学術総会, 2022年06月24日, 通常, 日本語
  8. 運動嫌いな子どもの身体的特徴と運動パフォーマンス, 坂倉貫太,藤田清乃,藤田直人,浦川将, 第88回日本体力医学会中国・四国地方会, 2022年06月11日, 通常, 日本語
  9. Influences of long-term childhood exercise and detraining on obese type 2 diabetes in adulthood, Son Tien Nguyen, Takaya Oshima, Misuzu Nishihira, Naoto Fujita, Haruya Ohno, Masayasu Yoneda, Susumu Urakawa, 第65回日本糖尿病学会年次学術集会, 2022年05月21日, 通常, 日本語
  10. 若齢期における運動と脱トレーニングが肥満2型糖尿病モデル動物の脂肪蓄積に及ぼす影響, 藤田直人,大島勇哉,Nguyen Tien Son,高石果歩,西平美鈴,大野晴也,米田真康, 第65回日本糖尿病学会年次学術集会, 2022年05月12日, 通常, 日本語
  11. Time course of fat accumulation in various organs of young OLETF rats, Sakakura K, Nishihira M, Iwamoto Y, Yamamoto Y, Fujita N, Urakawa S, Experimental Biology 2022, 2022年04月02日, 通常, 英語
  12. Histological infuluences of food restriction on brown adipose tissue in young OLETF rats, Nishihira M, Nguyen ST, Nagamori K, Fujita N, Urakawa S, Experimental Biology 2022, 2022年04月02日, 通常, 英語
  13. 習慣的な運動がOLETFラットの褐色脂肪組織における白色化に及ぼす影響, 藤田直人,大野晴也,米田真康, 第42回日本肥満学会, 2022年03月26日, 通常, 日本語
  14. Influences of exrcise and detraining during childhood on brown adipose tissue whitening in OLETF rats, Takaishi K, Oshima T, Ochi R, Nishihira M, Eto H, Fujita N, Urakawa S., Takaishi K, Oshima T, Ochi R, Nishihira M, Eto H, Fujita N, Urakawa S., Experimental Biology 2021, 2021年04月27日, 通常, 英語, Experimental Biology 2021
  15. Influences of childhood exercise on adipose tissue browning in OLETF rats, Oshima T, Takaishi K, Nishihira M, Eto H, Fujita N, Urakawa S, Oshima T, Takaishi K, Nishihira M, Eto H, Fujita N, Urakawa S, Experimental Biology 2021, 2021年04月27日, 通常, 英語, Experimental Biology 2021
  16. Effects of exercise on browning of adipose tissue in OLETF rat, Nishihira M, Eto H, Oshima T, Takaishi K, Fujita N, Urakawa S, Nishihira M, Eto H, Oshima T, Takaishi K, Fujita N, Urakawa S, Experimental Biology 2021, 2021年04月27日, 通常, 英語, Experimental Biology 2021
  17. Time course of fat accumulation in various organs of young OLETF rats, Sakakura K, Nishihira M, Iwamoto Y, Yamamoto Y, Fujita N, Urakawa S., Sakakura K, Nishihira M, Iwamoto Y, Yamamoto Y, Fujita N, Urakawa S., 2022年04月02日, 通常, 英語, Experimental Biology 2022
  18. Histological infuluences of food restriction on brown adipose tissue in young OLETF rats, Nishihira M, Nguyen ST, Nagamori K, Fujita N, Urakawa S, 2022年04月02日, 通常, 英語, Experimental Biology 2022
  19. シンポジウム「Health Care Chamber (HCC)の現状」.軽度な高気圧環境への習慣的な暴露が骨格筋におけるサイトカインの発現に及ぼす影響., 藤田直人, 第10回日本高気圧酸素医療技術学会学術集会・総会, 2019年06月15日, 招待, 日本語
  20. 健康気圧チェンバーによるマクロファージ遊走性増進と筋力増強効果への期待, 藤田直人, 藤田直人, 第1回Health & Mind Forum (HMF)健康と心のフォーラム, 2017年02月29日, 招待, 日本語
  21. 空気加圧による1.3気圧処置は肥満を伴う2型糖尿病モデルラットの高血糖症の進行を抑制する, 藤田直人, 第2回Health & Mind Forum (HMF)健康と心のフォーラム, 2018年02月18日, 招待, 日本語
  22. Parvalbumin positive neurons in the basolateral amygdala and anxiety-like behavior in OLETF rats., Ochi R, Fujita N, Goto N, Nisijo H, Urakawa S., 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Sciences Congress., 2019年, 通常, 英語
  23. Hemodynamic responses to hyperbaric treatment in skeletal muscle of obesity and type 2 diabetes rats., Goto N, Fujita N, Nino W, Hisatsune K, Ochi R, Nisijo H, Urakawa S., 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Sciences Congress., 2019年, 通常, 英語
  24. Hyperbaric treatment with normal air prevents the progression of hyperglycemia in type 2 diabetes., Goto N, Fujita N, Nino W, Hisatsune K, Ochi R, Nisijo H, Urakawa S., ACSMs 66th annual meeting, 2019年06月01日, 通常, 英語, Florida

受賞

  1. 2019年09月14日, 第6回日本糖尿病理学療法学会学術大会最優秀ポスター賞, 日本糖尿病理学療法学会, 軽度な高気圧環境への暴露がOLETFラットにおけるIL-10とTNFαの発現に及ぼす影響

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 大学連携政策課題共同研究事業 行政解決型共同研究, 子どもの運動嫌いや運動量の減少に関わる要因の検証〜IT教育の推進と自動コーチングアプリ開発への発展〜, 2022年
  2. 文部科学省科学研究費補助金(基盤C), 肥満歴が慢性炎症による肥満関連健康障害と運動誘導性マイオカイン産生に与える影響, 2022年, 2022年
  3. 科学研究費助成事業(基盤(C)), 内部障害に伴う骨格筋ミトコンドリア機能障害に対する受動的な物理的刺激の開発, 2016年, 2018年
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 可視化生体モデルを利用した周産期における助産師の内診技術に関する検証, 2013年, 2014年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 心疾患に伴う骨格筋の弱化予防に対する高気圧・高濃度酸素の効果検証と作用機序の解明, 2013年, 2015年
  6. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 加齢による血管退行とサルコペニアに対する運動療法の効果, 2011年, 2012年
  7. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 心不全に伴う骨格筋萎縮に対するインプラント型治療的電気刺激の予防効果, 2011年, 2012年
  8. 日本物理療法学会研究助成, 廃用性筋萎縮に対する予防的TESの開発, 2010年, 2011年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 高気圧による酸化ストレスが糖尿病のインスリン非依存的糖代謝経路に及ぼす影響と応用, 2019年, 2021年

社会活動

学術会議等の主催

  1. ・ 第8回日本情動学会大会, 実行委員長, 2018年12月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, その他
  2. 2021年
  3. 2021年, その他
  4. 2021年, その他
  5. 2021年, 日本糖尿病理学療法学雑誌, 編集員, 査読者, 1
  6. 2020年, Histochemistry and Cell Biology, その他, 査読員, 1
  7. 2019年, PLoS One, その他
  8. 2019年, Cell Signal, その他
  9. 2019年, Clin Interv Agin, その他
  10. 2019年, J Orthop Res, その他
  11. 2016年, Muscle and Nerve, その他, 1
  12. 2016年, Journal of Back and Musculoskeletal Rehabilitation, その他
  13. 2017年, Scientific Reports, その他
  14. 2017年, J Orthop Res, その他
  15. 2017年, General Physiology and Biophysics, その他