上田 勉TSUTOMU UEDA

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 准教授
メールアドレス
uedatsuhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 耳鼻咽喉科学

研究キーワード

  • 頭頸部癌

所属学会

  • 日本ロボット外科学会
  • 日本喉頭科学会
  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本頭頸部癌学会
  • 日本頭頸部外科学会
  • 日本気管食道科学会
  • 耳鼻咽喉科臨床学会
  • 日本口腔・咽頭科学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  4. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別演習
  5. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別演習
  6. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別研究
  7. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Swallowing function after transoral surgery for laryngopharyngeal cancer, PLoS One., 24巻, 17号, 202206
  2. 経口的咽喉頭手術を施行した多発性の咽喉頭表在癌症例の検討, 頭頸部外科, 32巻, 1号, pp. 23-29, 2022
  3. 頭頸部癌の光免疫療法について, 広島市医師会だより, 672巻, pp. 9-13, 2022
  4. 腫瘍部を色付けした実物大臓器立体モデルを使用して頭頸部腫瘍手術を施行した2例, 耳鼻臨床, 115巻, pp. 235-243, 2022
  5. 内視鏡的咽喉頭切除術(ELPS)で一括切除した0-I型下咽頭表在癌の1例, 広島医学, 74巻, 2号, pp. 105-105, 202102
  6. 【咽頭表在癌の内視鏡診断と治療】短期間に急速に発育した微小0-IIb型咽頭表在癌の1例, 胃と腸, 56巻, 11号, pp. 1455-140, 202102
  7. Correction to: Effectiveness and safety of nivolumab in patients with head and neck cancer in Japanese real‑world clinical practice: a multicentre retrospective clinical study, Int J Clin Oncol., 26巻, (5)号, pp. 1005-1006, 20210410
  8. Utility of plasma circulating tumor DNA and tumor DNA profiles in head and neck squamous cell carcinoma, SCIENTIFIC REPORTS, 12巻, 1号, 20220604
  9. Development of a radiomics and machine learning model for predicting occult cervical lymph node metastasis in patients with tongue cancer, ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY, 134巻, 1号, pp. 93-101, 202207
  10. Weekly Cisplatin Plus Radiation for Postoperative Head and Neck Cancer (JCOG1008): A Multicenter, Noninferiority, Phase II/III Randomized Controlled Trial, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 40巻, 18号, pp. 1980-+, 20220620
  11. A long survival patient of anaplastic thyroid carcinoma treated with lenvatinib, AURIS NASUS LARYNX, 49巻, 3号, pp. 515-519, 202006
  12. Distinct Gene Set Enrichment Profiles in Eosinophilic and Non-Eosinophilic Chronic Rhinosinusitis with Nasal Polyps by Bulk RNA Barcoding and Sequencing, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 23巻, 10号, 202205
  13. A Case of Primary Osteosarcoma of the Mandible That Responded to Preoperative Chemotherapy: p16 as a Potential Prognostic Factor, ACTA MEDICA OKAYAMA, 76巻, 2号, pp. 229-233, 202204
  14. Co-Expression and Localization of Angiotensin-Converting Enzyme-2 (ACE2) and the Transmembrane Serine Protease 2 (TMPRSS2) in Paranasal Ciliated Epithelium of Patients with Chronic Rhinosinusitis, AMERICAN JOURNAL OF RHINOLOGY & ALLERGY, 36巻, 3号, pp. 313-322, 202205
  15. Sites of invasion of cancer of the external auditory canal predicting oncologic outcomes, HEAD AND NECK-JOURNAL FOR THE SCIENCES AND SPECIALTIES OF THE HEAD AND NECK, 43巻, 10号, pp. 3097-3105, 202110
  16. Differential expression of angiotensin-converting enzyme-2 in human paranasal sinus mucosa in patients with chronic rhinosinusitis, JOURNAL OF LARYNGOLOGY AND OTOLOGY, 135巻, 9号, pp. 773-778, 202109
  17. Identification of a Novel Copy Number Variation of EYA4 Causing Autosomal Dominant Non-syndromic Hearing Loss, OTOLOGY & NEUROTOLOGY, 42巻, 7号, pp. E866-E874, 202108
  18. The Functional Diversity of Nitric Oxide Synthase Isoforms in Human Nose and Paranasal Sinuses: Contrasting Pathophysiological Aspects in Nasal Allergy and Chronic Rhinosinusitis, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 22巻, 14号, 202107
  19. Baseline Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio and Glasgow Prognostic Score are Associated with Clinical Outcome in Patients with Recurrent or Metastatic Head and Neck Squamous Cell Carcinoma Treated with Nivolumab, ACTA MEDICA OKAYAMA, 75巻, 3号, pp. 335-343, 202106
  20. Effectiveness of nivolumab affected by prior cetuximab use and neck dissection in Japanese patients with recurrent or metastatic head and neck cancer: results from a retrospective observational study in a real-world setting, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 26巻, 6号, pp. 1049-1056, 202106
  21. Treatment outcomes of transoral robotic and non-robotic surgeries to treat oropharyngeal, hypopharyngeal, and supraglottic squamous cell carcinoma: A multi-center retrospective observational study in Japan, AURIS NASUS LARYNX, 48巻, 3号, pp. 502-510, 202106
  22. Effectiveness and safety of nivolumab in patients with head and neck cancer in Japanese real-world clinical practice: a multicenter retrospective clinical study, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 26巻, 3号, pp. 494-506, 202103
  23. Multi-institutional Survey of Squamous Cell Carcinoma of the External Auditory Canal in Japan, LARYNGOSCOPE, 131巻, 3号, pp. E870-E874, 202103
  24. 咽喉頭表在癌に対する経口的手術, 広島医学, 202011
  25. 経口的咽喉頭手術時における超音波検査の有用性の検討, 頭頸部癌, 202010
  26. 上顎骨に生じた軸外脊索腫extra-axial chordomaの1例, 広島医学, 202010
  27. 広島県におけるスギ・ヒノキ花粉の飛散状況と患者の抗原感作の経年的変化, 耳鼻咽喉科臨床, 202008
  28. 経鼻腔アプローチにて診断・加療した眼窩内腫瘤の検討, 耳鼻咽喉科臨床, 202008
  29. Long-term outcomes of induction chemotherapy followed by chemoradiotherapy using volumetric-modulated arc therapy as an organ preservation approach in patients with stage IVA-B oropharyngeal or hypopharyngeal cancers, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 4号, pp. 554-562, 202007
  30. A Single Institution's Experience of Definitive Radiotherapy Using Volumetric-modulated Arc Therapy for Hypopharyngeal Cancers, ANTICANCER RESEARCH, 40巻, 7号, pp. 4183-4190, 202007
  31. 喉頭横隔膜症に対してシリコンプレート留置が有効であった1例, 広島医学, 202006
  32. Extra-axial chordoma of the gingiva, AURIS NASUS LARYNX, 47巻, 2号, pp. 299-304, 202004
  33. Baseline neutrophil-to-lymphocyte ratio (NLR) is associated with clinical outcome in recurrent or metastatic head and neck cancer patients treated with nivolumab, ACTA OTO-LARYNGOLOGICA, 140巻, 2号, pp. 181-187, 20200201
  34. 当科における内視鏡下甲状腺手術の現状, 広島医学, 202002
  35. 拡大前頭洞手術における遊離下鼻甲介粘膜graftとシリコンシート留置の有用性, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 202002
  36. 気管浸潤を伴う甲状腺癌の気管合併切除(図説), 広島医学, 202001
  37. Efficacy of anti-PD-1 therapy in a patient with brain metastasis of parotid carcinoma: A case report, AURIS NASUS LARYNX, 46巻, 5号, pp. 813-817, 201910
  38. Nasal nitric oxide in the inferior turbinate surface decreases with intranasal steroids in allergic rhinitis: A prospective study, AURIS NASUS LARYNX, 46巻, 4号, pp. 507-512, 201908
  39. 耳鼻咽喉科領域における壊死性筋膜炎についてLRINECスコアを用いた検討, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 122巻, 6号, pp. 884-890, 201906
  40. 難聴の市民公開セミナーによる啓発活動とその有用性について, 広島医学, 72巻, 2号, pp. 74-80, 201902
  41. A Multicenter Phase II Trial of Docetaxel, Cisplatin, and Cetuximab (TPEx) Followed by Cetuximab and Concurrent Radiotherapy for Patients With Local Advanced Squamous Cell Carcinoma of the Head and Neck (CSPOR HN01: ECRIPS Study), FRONTIERS IN ONCOLOGY, 9巻, 201901
  42. Ganglioneuroma in The Neck Region: A Case Report., Hiroshima J. Med. Sci., 68巻, (2,3)号, pp. 49-53, 2019
  43. Evaluation of Role of Prophylactic Swallowing Rehabilitation in Chemoradiotherapy for Advanced Head and Neck Cancer Using Novel Software Analysis of Videofluorography Images, Hiroshima J. Med. Sci., 68巻, 2,3号, pp. 27-34, 2019
  44. ジフテリア.1361専門家による 私の治療, 日本医事新報社, 2019
  45. Pembrolizumab alone or with chemotherapy versus cetuximab with chemotherapy for recurrent or metastatic squamous cell carcinoma of the head and neck (KEYNOTE-048): a randomised, open-label, phase 3 study., Lancet, 394巻, pp. 1915-1928, 2019
  46. Extraskeletal osteosarcoma in the parotid gland: A case report, AURIS NASUS LARYNX, 45巻, 3号, pp. 644-647, 2018
  47. ★, Low-dose dexamethasone with fosaprepitant and palonosetron to prevent cisplatin-induced nausea and vomiting in head and neck cancer patients, ACTA OTO-LARYNGOLOGICA, 138巻, 10号, pp. 921-925, 2018
  48. 経口的咽喉頭手術 内視鏡診療科との連携, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 121巻, 7号, pp. 861-868, 201807
  49. Clinical outcomes of concurrent chemoradiotherapy with volumetric modulated arc therapy in patients with locally advanced nasopharyngeal carcinoma, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 35巻, 11号, pp. 673-680, 201711
  50. Efficacy and safety of rebamipide liquid for chemoradiotherapy-induced oral mucositis in patients with head and neck cancer: a multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group phase II study, BMC CANCER, 17巻, 20170505
  51. 頭頸部領域診療における3Dプリンターの進化の意義と課題, 新医療, 44巻, pp. 100-103, 2017
  52. 当科におけるstage I、II舌扁平上皮癌症例の検討, 頭頸部外科, 25巻, 1号, pp. 21-27, 201506
  53. 下咽頭に発生した孤立性線維性腫瘍, 広島医学, 67巻, 7号, pp. 581-582, 201407
  54. Lymph Node Metastasis in T4 Maxillary Sinus Squamous Cell Carcinoma: Incidence and Treatment Outcome, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 21巻, 5号, pp. 1706-1710, 201405
  55. 頭頸部癌の化学放射線療法における口腔ケアの検討., 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌, 2巻, 1号, pp. 23-26, 201401
  56. Increased exhaled nitric oxide and its oxidation metabolism in eosinophilic chronic rhinosinusitis, AURIS NASUS LARYNX, 40巻, 5号, pp. 458-464, 201310
  57. Reduced expression of p27 is correlated with progression in precancerous lesions of the larynx, AURIS NASUS LARYNX, 30巻, 2号, pp. 163-168, 200305
  58. 気管支異物との鑑別を要した鋳型気管支炎の1例, 日本気管食道科学会会報, 201808
  59. 好酸球性副鼻腔炎・中耳炎の診断と病態分類, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 201809
  60. 頭頸部領域診療への3Dプリンタの応用, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 119巻, pp. 768-769, 2016
  61. Outcomes of long-term nivolumab and subsequent chemotherapy in Japanese patients with head and neck cancer: 2-year follow-up from a multicenter real-world study, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 27巻, 1号, pp. 95-104, 202201
  62. Nitric oxide synthase-2 (CCTTT)n polymorphism is associated with local gene expression and clinical manifestations in patients with chronic rhinosinusitis, EUROPEAN JOURNAL OF INFLAMMATION, 20巻, 20220101
  63. Pneumococcal conjugate vaccines reduce myringotomy with tympanostomy tube insertion in young children in Japan, LARYNGOSCOPE INVESTIGATIVE OTOLARYNGOLOGY, 7巻, 1号, pp. 259-265, 202202

著書等出版物

  1. 2017年, 1336専門家による 私の治療, 事典・辞書, 共著
  2. 2019年, 1361専門家による私の治療2019-20年度版, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 当院における頭頸部癌症例に対する実物大臓器立体モデルを有用性の検討, 田原寛明,築家伸幸、樽谷貴之、河野崇士、古家裕巳、濱本隆夫、上田 勉, 第21回 耳鼻咽喉科手術支援システム・ナビ研究会, 2020年02月01日, 通常, 日本語
  2. 化学放射線治療を施行した 上咽頭癌症例に対する鼻洗浄の有効性, 廣兼桜 竹野幸夫 上田勉 石野岳志 築家伸幸, 中国地方部会, 2020年11月29日, 通常, 日本語
  3. 咽喉頭表在癌に対する経口的手術の検討, 弓井康平、上田勉、築家伸幸、樽谷貴之、河野貴志、濱本隆夫、石野岳志、竹野幸夫, 2020年10月07日, 通常, 日本語
  4. 耳鼻咽喉科で扱う腫瘍について(他科との連携と最新の診断・治療), 上田勉, 地域医師のための生涯研修セミナー, 2021年01月23日, 招待, 日本語
  5. 当科における再発・転移頭頸部癌治療の変遷, 上田勉, OPDIVO H&N Cancer Expert Seminar, 2020年08月31日, 通常, 日本語
  6. 当科における再発転移頭頸部癌の治療について, 上田勉, オンコロジーミーティング, 2020年09月30日, 通常, 日本語
  7. 頭頸部癌治療におけるニボルマブへの期待と当院での使用経験, 上田勉, 第14回頭頸部がん治療セミナー, 2020年07月17日, 招待, 日本語
  8. 咽喉頭領域の5㎜以下の微小表在性病変の検討, 上田勉,築家伸幸,古家裕巳,樽谷貴之,河野崇志,濱本隆夫,竹野幸夫, 第30回日本頭頸部外科学会, 2020年01月31日, 通常, 日本語
  9. Outcome of endoscopic laryngopharyngeal surgery for superficial pharyngeal carcinoma, Asian Pacific Digestive Week(APDW) 2019, 2019年12月12日, 通常, 英語
  10. 当科における内視鏡下甲状腺手術の現状, 第72回広島医学会総会, 2019年11月24日, 通常, 日本語
  11. 日本国内の実臨床下における頭頸部癌患者に対するニボルマブの有効性と安全性, 第57回日本癌治療学会学術集会, 2019年10月24日, 通常, 日本語
  12. Japanese Subgroup Analysis of Phase 3 KEYNOTE-048: First-Line Pembrolizumab for Recurrent/Metastatic Head and Neck Squamous Cell Carcinoma, 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年07月18日, 通常, 英語
  13. 日本におけるリアルワールドデータ:ニボルマブの有効性・安全性の多施設/同・後方視的臨床研究の中間解析, 第43回頭頸部癌学会, 2019年06月13日, 通常, 日本語
  14. 気管浸潤を伴う甲状腺未分化癌に対して術後レンバチニブ投与で経過観察中の1例, 第43回頭頸部癌学会, 2019年06月14日, 通常, 日本語
  15. 経口的咽喉頭手術時における超音波検査の有用性, 第43回頭頸部癌学会 , 2019年06月14日, 通常, 日本語
  16. 消化管癌治療のup-to-date 咽喉頭表在癌に対する内視鏡的咽喉頭手術(ELPS)の治療成績, 第111回日本消化器病学会中国支部例会, 2019年06月, 通常, 日本語
  17. 咽頭喉頭表在癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術と比較した内視鏡的咽喉頭手術の有用性, 第73回日本食道学会学術集会, 2019年06月, 通常, 日本語
  18. 咽頭表在癌深達度診断に対する日本食道学会拡大内視鏡分類の有用性, 第97回日本消化器内視鏡学会, 2019年06月01日, 通常, 日本語
  19. m.3243A>G変異とm.1555A>G変異を共に認めたミトコンドリア難聴の1例, 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 2019年05月, 通常, 日本語
  20. 頭頸部癌におけるオプジーボのクリニカルクエスチョン, H&N cancer I-O symposium in 西日本, 2019年04月06日, 招待, 日本語
  21. 当科における内視鏡下甲状腺手術, 20190413, 広島県地方部会講演会, 2019年04月13日, 通常, 日本語
  22. 甲状腺がんの基礎と治療, 患者サロン(広島大学病院), 2019年02月21日, 通常, 日本語
  23. Evidenceと患者背景・安全性に基く,RM HNSCCの適正なSequence CDDPによるAKI予測とBRTの適応患者, HN Advisory board meeting, 2018年12月07日, 通常, 日本語
  24. 放射線療法後に上咽頭出血を来した症例の検討, 古家 裕巳, 服部 貴好, 築家 伸幸, 河野 崇志, 樽谷 貴之, 濱本 隆夫, 上田 勉, 竹野 幸夫, 広島医学, 2018年10月, 通常, 日本語
  25. 頭頸部癌治療におけるニボルマブへ期待と当院での使用経験 オプジーボ40minレクチャー(頭頸部癌), 上田勉, webセミナー, 2018年06月25日, 招待, 日本語
  26. 当院での再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌に対するニボルマブの使用経験, 上田勉,濱本隆夫,古家裕巳,河野崇志,竹野幸夫, 第42回日本頭頸部癌学会, 2018年06月15日, 通常, 日本語
  27. 当院における局所進行頭頸部癌に対する導入化学療法の検討, 濱本 隆夫, 竹野 幸夫, 上田 勉, 古家 裕巳, 河野 崇志, 第42回日本頭頸部癌学会, 2018年06月, 通常, 日本語
  28. 鼻腔原発の筋上皮癌の一例, 古家 裕巳, 河野 崇志, 濱本 隆夫, 上田 勉, 竹野 幸夫, 第42回日本頭頸部癌学会, 2018年06月, 通常, 日本語
  29. 舌弁で術後口腔皮膚瘻を閉鎖し得た1例, 永松 将吾, 横田 和典, 太田 耕司, 島末 洋, 竹野 幸夫, 上田 勉, 濱本 隆夫, 第42回日本頭頸部癌学会, 2018年06月, 通常, 日本語
  30. 下顎再建プレートと筋皮弁移植を用いた下顎区域切除後欠損の再建, 永松 将吾, 横田 和典, 虎谷 茂昭, 小泉 浩一, 吉岡 幸男, 神田 拓, 竹野 幸夫, 上田 勉, 濱本 隆夫, 古家 裕巳, 河野 崇志, 第42回日本頭頸部癌学会, 2018年06月, 通常, 日本語
  31. 2017年06月22日, 通常, 英語
  32. 当科における再発・転移頭頸部扁平上皮癌に対するCetuximab 使用に関する検討., 上田 勉,古家裕巳,河野崇志,濱本隆夫,平川勝洋,村上祐司, 第41回日本頭頸部癌学会, 2017年06月09日, 通常, 日本語
  33. 局所進行頭頸部扁平上皮癌に対するTPE導入化学療法と放射線治療 及びセツキシマブ併用療法の第Ⅱ相試験 (ECRIPS study), 岡野 晋,岩江信法,丹生健一,川端一嘉,北村守正,藤井正人,上田 勉,門田伸也,山中 竹春,全田貞幹,田原 信, 2017年06月09日, 通常, 日本語
  34. IVA-IVB期中下咽頭癌に対する導入TPF療法+CDDP併用VMATの治療成績., 村上祐司, 上田 勉, 竹内有樹, 高橋一平, 西淵いくの, 中島健雄, 木村智樹, 平川勝洋, 永田 靖, 2017年06月08日, 通常, 日本語
  35. 局所進行上咽頭癌に対する強度変調回転照射を用いた化学放射線療法の検討., 今野伸樹, 村上祐司, 中島健雄, 竹内有樹, 高橋一平, 西淵いくの, 木村智樹, 上田 勉, 平川勝洋, 永田 靖, 2017年06月08日, 通常, 日本語
  36. 2017年06月02日, 通常, 英語
  37. 当院における上咽頭癌の臨床検討, 河野 崇志, 平川 勝洋, 上田 勉, 濱本 隆夫, 樽谷 貴之, 2017年06月, 通常, 日本語
  38. 経口的咽喉頭手術(内視鏡診療科との連携), 上田勉,卜部祐司, 第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会, 2017年05月19日, 招待, 日本語
  39. 右上顎に発生した Extra Axial Chordoma の 1 例, 上田勉,久保田和法,河野崇志,古家裕巳,濱本隆夫,工田昌也,竹野幸夫,平川勝洋, 第27回日本頭頸部外科学会, 2017年02月, 通常, 日本語, 東京
  40. 頭頸部がんの基礎と治療について, 患者サロン, 2017年02月, 通常, 日本語
  41. 広島大学病院における頭頸部癌治療, 上田 勉, 広島頭頸部腫瘍研究会, 2016年07月, 通常, 日本語
  42. 中下咽頭癌の化学放射線治療における口腔ケアの検討, 上田 勉, 西 裕美,河野 崇志, 樽谷 貴之, 濱本 隆夫, 村上 祐司, 竹野 幸夫, 平川 勝洋, 西 裕美,河野 崇志, 樽谷 貴之, 濱本 隆夫, 村上 祐司, 竹野 幸夫, 平川 勝洋, 第40回日本頭頸部癌学会, 2016年06月, 通常, 日本語, さいたま市
  43. 当院における過去20年間での喉頭癌治療成績の比較検討, 濱本 隆夫, 平川 勝洋, 竹野 幸夫, 工田 昌也, 上田 勉, 日本耳鼻咽喉科学会総会, 2016年05月, 通常, 日本語
  44. ESDにて一括摘除した咽頭表在癌の1例, 卜部 祐司, 田中 信治, 岡 志郎, 実綿 倫宏, 茶山 一彰, 上田 勉, 平川 勝洋, 第68回広島医学, 2015年11月08日, 通常, 日本語
  45. 頭頸部がん患者に対する高度催吐性がん化学療法時のデキサメタゾンの投与量に関する検討, 上田 勉, 古家 裕巳, 杉本 一郎, 河野 崇志, 樽谷 貴之, 濱本 隆夫, 平川 勝洋, 2015年06月04日, 通常, 英語
  46. IVA/B期中下咽頭癌に対する導入化学療法後化学療法併用強度変調回転照射の初期経験., 村上 祐司, 今野 伸樹, 土井 歓子, 岡部 智行, 権丈 雅浩, 木村 智樹, 上田 勉, 平川 勝洋, 永田 靖, 2015年06月04日, 通常, 英語
  47. 上咽頭癌に対する強度変調放射線治療の初期成績., 今野 伸樹, 村上 祐司, 坂口 弘美, 久保 克磨, 川畑 秀雄, 土井 歓子, 岡部 智行, 権丈 雅浩, 木村 智樹, 上田 勉, 平川 勝洋, 永田 靖, 2015年06月04日, 通常, 日本語
  48. 当院における耳下腺癌の臨床検討, 濱本 隆夫, 平川 勝洋, 竹野 幸夫, 工田 昌也, 上田 勉, 2015年06月04日, 通常, 英語
  49. 頭頸部がん患者に対する高度催吐性がん化学療法時のデキサメタゾンの投与量に関する検討, 上田勉, 古家裕巳,片桐佳明,杉本一郎,久保田和法,河野崇志,樽谷貴之,濱本隆夫,平川勝洋, 第25回頭頸部外科学会, 2015年01月29日, 通常, 日本語
  50. 当科におけるソラフェニブの使用経験, 古家裕巳,河野崇志,片桐佳明,呉 奎真,上田 勉,竹野幸夫,平川勝洋, 第40回日耳鼻中国地方部会連合講演会, 2014年12月07日, 通常, 日本語
  51. 頭頸部がんの早期診断と治療, 上田 勉, 第28回医療従事者向けがん研修会, 2014年11月25日, 招待, 日本語
  52. 下咽頭食道異物に対する彎曲型咽喉頭直達鏡の当科での使用経験, 古家裕巳,上田勉,井門謙太郎,立川隆治,竹野幸夫,平川勝洋, 第67回広島医学会総会, 2014年11月09日, 通常, 日本語
  53. 頭頸部癌, 上田勉, 大塚製薬工場社内研修会, 2014年08月27日, 招待, 日本語
  54. 早期舌癌に対する組織内照射前治療の検討, 上田勉,工田昌也,樽谷貴之,竹野幸夫,平川勝洋, 藤田實,村上祐司 ,永田靖, 第38回日本頭頸部癌学会, 2014年06月12日, 通常, 日本語
  55. 上歯肉に発生した紡錘細胞癌の浸潤形式についての検討, 呉 奎真,樽谷貴之,上田 勉,工田昌也,平川勝洋, 第115回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 2014年05月15日, 通常, 日本語
  56. 当科におけるセツキシマブの使用経験, 上田勉,古家裕巳,片桐佳明,平川勝洋, 広島頭頸部がん治療セミナー, 2014年04月25日, 招待, 日本語
  57. 副甲状腺手術における小切開法の有用性., 上田勉,工田 昌也,樽谷 貴之,片桐佳明,立川 隆治,平川 勝洋, 第42回 中国四国甲状腺外科研究会, 2014年02月22日, 通常, 日本語
  58. 当科おける早期舌扁平上皮癌症例の検討., 上田勉,工田昌也,古家裕巳,樽谷貴之,立川隆治,竹野幸夫,平川勝洋, 第24回頭頸部外科学会, 2014年01月30日, 通常, 日本語
  59. ELPSにて一括摘除した咽頭表在癌の1例 当院における咽頭表在癌の治療体制も含めて., 卜部 祐司, 田中 信治, 岡 志郎, 茶山 一彰, 上田 勉, 平川 勝洋, 第110 回広島がん治療研究会, 2016年08月24日, 通常, 日本語
  60. 頭頸部表在癌に対する治療, 上田 勉, 通常, 日本語
  61. 頭頸部がんI-Oエキスパートセミナー discussion, 頭頸部がんI-Oエキスパートセミナー, 2018年08月25日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2005年, フェニックス賞, フェニックス賞
  2. 2020年, Best Doctors in Japan, Best Doctors in Japan
  3. 2021年, Best Doctors in Japan, Best Doctors in Japan
  4. 2022年, Best Doctors in Japan, Best Doctors in Japan
  5. 2019年11月24日, 第72回広島医学会総会ビデオ演題最優秀賞, 広島医学会総会, 当科における内視鏡下甲状腺手術の現状
  6. 2018年, Best Doctors in Japan, 法研
  7. 2019年, Best Doctors in Japan, 法研

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 革新的がん医療実用化研究事業, 進行上顎洞癌に対する超選択的動注化学療法を併用した放射線治療による新規治療法開発に関する研究, 2019年04月01日, 2020年03月31日
  2. 革新的がん医療実用化研究事業, 多施設共同臨床試験の実施(登録・治療・評価), 2020年04月01日, 2021年03月31日
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 頭頸部癌における人工知能を用いた内視鏡と経口超音波による超高精度診断モデルの開発, 2020年, 2022年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本頭頸部癌学会学術委員会委員, 2020年, 日本頭頸部癌学会
  2. 日本耳鼻咽喉科学会代議員, 2019年, 日本耳鼻咽喉科学会
  3. 日本頭頸部癌学会代議員, 2019年
  4. 日本頭頸部癌学会広報委員, 2019年, 日本頭頸部癌学会
  5. 広島がん治療研究会, 2019年
  6. 日耳鼻広島県地方部会運営委員, 2019年
  7. 広島大学耳鼻咽喉科同門会, 2019年, 広島大学耳鼻咽喉科同門会
  8. 広島県地方部会保健医療委員, 2019年
  9. 広島県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員, 2019年, 社会保険診療報酬支払基金広島支部
  10. 広島医学編集委員会委員, 2019年
  11. 広島医学会総会準備委員, 2019年
  12. 中国四国甲状腺外科研究会世話人, 2019年, 中国四国甲状腺外科研究会
  13. 広島頭蓋底外科研究会世話人, 2019年
  14. 花粉アレルギー研究会世話人, 2019年, 花粉アレルギー研究会
  15. 広島県地方部会保健医療委員, 2018年, 広島県地方部会
  16. 広島頭蓋底外科研究会世話人, 2018年, 広島頭蓋底外科研究会
  17. 花粉アレルギー研究会世話人, 2018年, 花粉アレルギー研究会
  18. 広島大学耳鼻咽喉科同門会, 2018年, 広島大学耳鼻咽喉科同門会
  19. 日本頭頸部癌学会代議員, 2018年, 日本頭頸部癌学会
  20. 日耳鼻広島県地方部会運営委員, 2018年, 日耳鼻広島県地方部会
  21. 日耳鼻広島県地方部会調査広報委員 , 2018年, 日耳鼻広島県地方部会調査広報委員会 
  22. 広島医学会準備委員, 2018年, 広島医学会準備委員会
  23. 日本頭頸部癌学会広報委員, 2018年06月, 2020年05月
  24. 社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員, 2018年04月, 2019年05月, 社会保険診療報酬支払基金広島支部
  25. 広島医学編集委員会委員, 2020年06月, 2022年06月, 広島県医師会
  26. 社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員, 2021年06月, 2023年05月, 社会保険診療報酬支払基金広島支部
  27. 広島医学会総会準備委員会委員, 2021年06月, 2022年03月, 広島県医師会
  28. 日本耳鼻咽喉科学会代議員, 2020年, 日本耳鼻咽喉科学会
  29. 広島がん治療研究会, 2020年
  30. 広島大学耳鼻咽喉科同門会, 2020年, 広島大学耳鼻咽喉科同門会
  31. 日本頭頸部癌学会代議員, 2020年
  32. 中国四国甲状腺外科研究会世話人, 2020年, 中国四国甲状腺外科研究会
  33. 中国四国甲状腺外科研究会世話人, 2021年, 中国四国甲状腺外科研究会
  34. 広島県地方部会保健医療委員, 2020年
  35. 日本頭頸部癌学会広報委員, 2020年, 日本頭頸部癌学会
  36. 広島県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員, 2020年, 社会保険診療報酬支払基金広島支部
  37. 花粉アレルギー研究会世話人, 2021年, 花粉アレルギー研究会
  38. 中国四国甲状腺外科研究会世話人, 2022年, 中国四国甲状腺外科研究会
  39. 日本頭頸部癌学会学術委員会委員, 2021年, 日本頭頸部癌学会
  40. 日本頭頸部癌学会学術委員会委員, 2022年, 日本頭頸部癌学会
  41. 日本耳鼻咽喉科学会代議員, 2020年, 日本耳鼻咽喉科学会
  42. 日本耳鼻咽喉科学会代議員, 2021年, 日本耳鼻咽喉科学会
  43. 日本耳鼻咽喉科学会代議員, 2022年, 日本耳鼻咽喉科学会
  44. 日本頭頸部癌学会代議員, 2020年
  45. 日本頭頸部癌学会代議員, 2021年
  46. 日本頭頸部癌学会代議員, 2022年
  47. 日本頭頸部癌学会広報委員, 2020年, 日本頭頸部癌学会
  48. 日本頭頸部癌学会広報委員, 2021年, 日本頭頸部癌学会
  49. 日本頭頸部癌学会広報委員, 2022年, 日本頭頸部癌学会
  50. 広島がん治療研究会, 2021年
  51. 広島がん治療研究会, 2022年
  52. 日耳鼻広島県地方部会運営委員, 2020年
  53. 日耳鼻広島県地方部会運営委員, 2021年
  54. 日耳鼻広島県地方部会運営委員, 2022年
  55. 日耳鼻広島県地方部会運営委員, 2020年
  56. 日耳鼻広島県地方部会運営委員, 2021年
  57. 日耳鼻広島県地方部会運営委員, 2022年
  58. 広島大学耳鼻咽喉科同門会, 2021年, 広島大学耳鼻咽喉科同門会
  59. 広島大学耳鼻咽喉科同門会, 2022年, 広島大学耳鼻咽喉科同門会
  60. 広島県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員, 2020年, 社会保険診療報酬支払基金広島支部
  61. 広島県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員, 2021年, 社会保険診療報酬支払基金広島支部
  62. 広島県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員, 2022年, 社会保険診療報酬支払基金広島支部
  63. 花粉アレルギー研究会世話人, 2022年, 花粉アレルギー研究会
  64. 広島医学会総会準備委員, 2022年
  65. 広島医学編集委員会委員, 2022年

学術会議等の主催

  1. 日本耳鼻咽喉科学会秋季大会, 実行委員, 2020年11月, 2020年11月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 病院の実力, 読売新聞, 読売新聞, 2014年/02月/02日, インタビュアー, 新聞・雑誌, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, 日本耳鼻咽喉科学会, その他, 査読
  2. 2017年, Auris Nasus Larynx, その他, 査読
  3. 2018年, 日本頭頸部癌学会, その他, 査読
  4. 2019年, 日本頭頸部癌学会
  5. 2018年, 日本耳鼻咽喉科学会
  6. 2019年, 日本耳鼻咽喉科学会
  7. 2018年, Auris Nasus Larynx
  8. 2019年, Auris Nasus Larynx
  9. 2019年, 広島医学, 編集員
  10. 2020年, 日本頭頸部癌学会
  11. 2021年, 日本頭頸部癌学会
  12. 2022年, 日本頭頸部癌学会
  13. 2020年, 日本耳鼻咽喉科学会
  14. 2021年, 日本耳鼻咽喉科学会
  15. 2022年, 日本耳鼻咽喉科学会
  16. 2020年, Auris Nasus Larynx
  17. 2021年, Auris Nasus Larynx
  18. 2022年, Auris Nasus Larynx
  19. 2020年, 広島医学, 編集員
  20. 2021年, 広島医学, 編集員
  21. 2022年, 広島医学, 編集員