吉永 信治SHINJI YOSHINAGA

Last Updated :2022/05/09

所属・職名
原爆放射線医科学研究所 教授
メールアドレス
syoshinagahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
〒734-8553 広島県広島市南区霞1-2-3 霞総合研究棟406
TEL:082-257-5852 FAX:082-256-7106
自己紹介
疫学研究による放射線の健康影響をテーマに研究と教育に取り組んでいます。

基本情報

主な職歴

  • 1994年04月01日, 2006年03月31日, 放射線医学総合研究所, 総括安全解析研究官付,人間環境研究部,放射線安全研究センター防護体系構築研究グループ, 安全解析研究官,研究員,主任研究員
  • 2016年04月01日, 2018年08月31日, 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, 放射線医学総合研究所放射線防護情報統合センターリスク評価チーム, チームリーダー
  • 2006年04月01日, 2011年03月31日, 独立行政法人放射線医学総合研究所, 放射線防護研究センター規制科学総合研究グループ疫学統計解析チーム, チームリーダー
  • 2011年04月01日, 2012年04月30日, 独立行政法人放射線医学総合研究所, 放射線防護研究センター規制科学研究プログラムリスク評価研究チーム, チームリーダー
  • 2012年05月01日, 2013年03月31日, 独立行政法人放射線医学総合研究所, 福島復興支援本部健康影響調査プロジェクト, 上席研究員
  • 2013年04月01日, 2015年03月31日, 独立行政法人放射線医学総合研究所, 福島復興支援本部健康影響調査プロジェクト, チームリーダー
  • 2015年04月01日, 2016年03月31日, 国立研究開発法人放射線医学総合研究所, 福島復興支援本部健康影響調査プロジェクト, チームリーダー
  • 2000年03月27日, 2001年03月26日, 米国国立がん研究所, 放射線疫学研究部門, 科学技術庁在外研究員
  • 2018年09月01日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 教授

学歴

  • 東京大学大学院, 医学系研究科, 保健学専攻博士課程, 1992年04月, 1994年03月
  • 東京大学大学院, 医学系研究科, 保健学専攻修士課程, 1990年04月, 1992年03月
  • 東京大学, 医学部保健学科, 1985年04月, 1990年03月

学位

  • 修士(保健学) (東京大学)
  • 博士(保健学) (東京大学)

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学
  • 医歯薬学 / 社会医学 / 疫学・予防医学

研究キーワード

  • 放射線影響,放射線疫学,放射線リスク評価

所属学会

  • 日本放射線影響学会
  • 日本疫学会
  • 日本保健物理学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 2ターム, 医学からみた戦争と平和
  2. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  3. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 研究方法論B
  4. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生物学と放射線防護
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 環境保健学概論
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 研究方法論A
  7. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 計量生物学特別演習
  8. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 計量生物学特別演習
  9. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 計量生物学特別研究
  10. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 計量生物学特別研究
  11. 2022年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  13. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 研究方法特論
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  17. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  18. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The First Attempt to Reevaluate Radon and Thoron Exposure in Gansu Province Study Using Radon-Thoron Discriminating Measurement Technique, FRONTIERS IN PUBLIC HEALTH, 9巻, 20211129
  2. Secondary bone/soft tissue sarcoma in childhood cancer survivors: a nationwide hospital-based case-series study in Japan, Japanese Journal of Clinical Oncology, 48巻, 9号, pp. 806-814, 20180901
  3. Secondary cancer after a childhood cancer diagnosis: viewpoints considering primary cancer, International Journal of Clinical Oncology, 20180605
  4. Populations living near the Semipalatinsk Test Site: a new cohort for assessing health effects from protracted exposures to low-to-moderate doses of radiation, 保健物理, 53巻, 3号, pp. 163-168, 20181018
  5. 医療放射線被ばくの疫学とリスク推定に関する最近のトピックス, 保健物理, 53巻, 3号, pp. 136-145, 20181018
  6. The State Scientific Automated Medical Registry, Kazakhstan: an important resource for low-dose radiation health research, Radiation and Environmental Biophysics, 20181116
  7. NCRP解説書24「低線量放射線の健康影響:放射線生物学・疫学の統合の展望」の概要, 保健物理, 52巻, 2号, pp. 68-76, 2017
  8. 福島第一原子力発電所事故の緊急・復旧作業員等の被ばくと健康調査, 学術の動向, 22巻, 4号, pp. 14-18, 201704
  9. Biological measures to minimize the risk of radiotherapy-associated second cancer: a research perspective, International Journal of Radiation Biology, 92巻, 6号, pp. 289-301, 2016
  10. Secondary cancers after a childhood cancer diagnosis: a nationwide hospital-based retrospective cohort study in Japan, International Journal of Clinical Oncology, 21巻, 3号, pp. 506-516, 2016
  11. 福島第一原子力発電所事故後の緊急作業者(警察官・消防隊など)の被ばくと健康管理, 産業衛生学雑誌, 58巻, 1号, pp. A8-A10, 2016
  12. 原因確率を用いたがんの放射線起因性の評価:課題と展望, 保健物理, 4巻, 56号, pp. 306-314, 20211228
  13. 放射線診療と小児の健康に関わる調査研究―大規模追跡調査に向けた予備調査の結果から―, 診療放射線学教育学, 3巻, 1号, pp. 22-32, 2015
  14. Methodological extensions of meta-analysis with excess relative risk estimates: application to risk of second malignant neoplasms among childhood cancer survivors treated with radiotherapy, Journal of Radiation Research, 55巻, 5号, pp. 885-901, 2014
  15. チェルノブイリ後の内部被曝管理ソフトウェアCORPOREにおける日本の食習慣に対応したデータベースシステム構築の試み, 医療情報学, 34(suppl)巻, pp. 302-305, 2014
  16. チェルノブイリ後の内部被曝管理ソフトウェアCORPOREにおける日本の食習慣に対応したデータベースシステムのための食品汚染情報自動収集機能の構築, 医療情報学, 34(suppl)巻, pp. 848-851, 2014
  17. 放射線発がんの疫学, 病理と臨床, 32巻, 6号, pp. 643-648, 2014
  18. Combined exposure to X-irradiation followed by N-ethyl-N-nitrosourea treatment alters the frequency and spectrum of Ikaros point mutations in murine T-cell lymphoma, Mutation Research, 737巻, 1-2号, pp. 43-50, 2012
  19. 世界における職業被ばくの疫学研究, がん登録のマイルストーン, 17巻, pp. 14-15, 201203
  20. 医療被ばくの健康影響に関する疫学的知見, 日本臨牀, 70巻, pp. 410-414, 2012
  21. Genetic variants of NPAT-ATM and AURKA are associated with an early adverse reaction in the gastrointestinal tract of patients with cervical cancer treated with pelvic radiation therapy, International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 81巻, 4号, pp. 1144-1152, 2011
  22. Effect of radon measurement methods on dose estimation, Radiation Protection Dosimetry, 145巻, 2-3号, pp. 224-232, 2011
  23. A unique high natural background radiation area - Dose assessment and perspectives, SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT, 750巻, 20210101
  24. Meta-analysis of second cancer risk after radiotherapy among childhood cancer survivors, Radiation Protection Dosimetry, 146巻, 1-3号, pp. 263-267, 2011
  25. Nationwide survey on pediatric CT among children of public health and school nurses to examine a possibility for a follow-up study on radiation effects, Radiation Protection Dosimetry, 146巻, 1-3号, pp. 260-262, 2011
  26. Radiation dose of workers originating from radon in the show cave of Tapolca, Hungary, Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, 279巻, 1号, pp. 219-225, 2009
  27. A simulation study of radon and thoron discrimination problem in case-control studies, Journal of Radiation Research, 50巻, 6号, pp. 495-506, 2009
  28. Risk of second malignant neoplasms among cildhood cancer survivors treated with radiotherapy: meta-analysis of nine epidemiological studies, Paediatric and Perinatal Epidemiology, 23巻, 4号, pp. 370-379, 2009
  29. Pilot study on indoor radon and thoron concentration and terrestrial gamma doses in Gejiu, Yunnan province, China Occupational Medicine, 35巻, 3号, pp. 211-213, 2008
  30. Radon in drinking water and cancer mortality: an ecological study in Japan, AIP Conference Proceedings, 1034巻, pp. 429-432, 2008
  31. Influence of environmental thoron on radon measurements and related issues, AIP Conference Proceedings, 1034巻, pp. 145-148, 2008
  32. Preliminary results of indoor radon/thoron concentrations and terrestrial gamma doses in Gejiu, Yunnan, China, AIP Conference Proceedings, 1034巻, pp. 173-176, 2008
  33. 210Po and 210Pb inhalation dose by cigarette smoking in Gansu and Yunnan provinces, China, Japanese Journal of Health Physics, 43巻, pp. 131-134, 2008
  34. Lens opacity prevalence among the residents in high natural background radiation area in Yangjiang, China, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 62巻, 1号, pp. 67-72, 202101
  35. 低線量放射線リスク評価に関連した疫学研究:最近の主な文献から, 放射線生物研究, 43巻, 2号, pp. 119-133, 2008
  36. High relative biologic effectiveness of carbon ion radiation on induction of rat mammary carcinoma and its lack of H-ras and Tp53 mutations, International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 69巻, 1号, pp. 194-203, 2007
  37. Haplotype-based analysis of genes associated with risk of adverse skin reactions after radiotherapy in breast cancer patients, International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 69巻, 3号, pp. 685-693, 2007
  38. ヒトの発がんリスクはLNTである? -BEIR-VII報告書ではどのように疫学研究が検討されたか-, 放射線教育フォーラム ニュースレター, 38巻, pp. 2-4, 2007
  39. 福岡・鹿家地区における水中ラドンによる屋内ラドン濃度への寄与ならびに線量評価, Radioisotopes, 55巻, 8号, pp. 457-467, 2006
  40. Airborne and waterborne radon concentrations in areas with use of groundwater supplies, Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, 267巻, 1号, pp. 85-88, 2006
  41. 低線量放射線の健康影響について考える, エネルギーレビュー, 26巻, 9号, pp. 44-46, 2006
  42. Japanese individual risks of radon induced lung cancer for different exposure profiles, Japanese Journal of Health Physics, 40巻, pp. 285-294, 2005
  43. ★, Nonmelanoma skin cancer in relation to ionizing radiation exposure among U.S. radiologic technologists, International Journal of Cancer, 115巻, pp. 828-834, 2005
  44. Dose-rate effect on transgenerational mutation frequencies in spermatogonial stem cells of the medaka fish, Radiation Research, 163巻, pp. 112-114, 2005
  45. The Effect and Effectiveness of Decontaminating a Pond in a Residential Area of Fukushima, HEALTH PHYSICS, 121巻, 1号, pp. 48-57, 202107
  46. Re: Increased brain cancer risk in physicians with high radiation exposure, Radiology, 235巻, 2号, pp. 710-711, 2005
  47. Residential radon and childhood leukemia: a meta-analysis of published studies, Proceedings of the 6th International Conference on High Levels of Natural Radiation and Radon Areas, held in Osaka, Japan, September 2004, International Congress Series, 1276巻, pp. 430-431, 2005
  48. Case-control study of residential radon and childhood leukemia in Japan: results from preliminary analyses, Proceedings of the 6th International Conference on High Levels of Natural Radiation and Radon Areas, held in Osaka, Japan, September 2004, International Congress Series, 1276巻, pp. 233-235, 2005
  49. Airborne and waterborne radon concentrations in houses with the use of groundwater, Proceedings of the 6th International Conference on High Levels of Natural Radiation and Radon Areas, held in Osaka, Japan, September 2004, International Congress Series, 1276巻, pp. 301-302, 2005
  50. 航空機乗務員のがんとその他の疾患-疫学研究による最近の知見-, 放射線科学, 48巻, 2号, pp. 52-61, 2005
  51. 疫学のはなし 放射線医学との接点,3.部位別のがん,X. 全がんの生涯リスク-生涯リスクの表現, 放射線科学, 48巻, 7号, pp. 238-241, 2005
  52. Research on potential radiation risks in areas with nuclear power plants in Japan: leukaemia and malignant lymphoma mortality between 1972 and 1997 in 100 selected municipalities, Journal of Radiological Protection, 23巻, pp. 343-368, 2004
  53. Cancer incidence in the US radiologic technologists health study, 1983-1998, Cancer, 97巻, 12号, pp. 3080-3089, 2003
  54. Genetic susceptibility to thymic lymphomas and K-ras gene mutation in mice after exposure to X-rays and N-ethyl-N-nitrosourea, International Journal of Radiation Biology, 79巻, 6号, pp. 423-430, 2003
  55. Cancer risks among radiologists and radiologic technologists: a review of epidemiological studies, Radiology, 233巻, pp. 313-321, 2001
  56. Comprehensive exposure assessments from the viewpoint of health in a unique high natural background radiation area, Mamuju, Indonesia, SCIENTIFIC REPORTS, 11巻, 1号, 20210716
  57. ★, Cancer mortality among radiological technologists in Japan: updated analysis of follow-up data from 1969 to 1993, Journal of Epidemiology, 9巻, 2号, pp. 61-72, 199904
  58. 放射線業務従事者の健康動態, 日本放射線技術学会誌, 54巻, pp. 1316-1321, 1998
  59. Mortality survey of Japanese radiologic technologists during the period 1969-1993, Radiation Protection Dosimetry, 77巻, pp. 123-128, 1998
  60. Results and problems of occupational dose reconstruction for Japanese radiological technologists, Radiation Protection Dosimetry, 77巻, pp. 73-78, 1998
  61. Conclusions and Suggestions on Low-Dose and Low-Dose Rate Radiation Risk Estimation Methodology, Journal of Radiation Protection and Research, 46巻, 1号, pp. 14-23, 2021
  62. 低線量リスクに関するコンセンサスと課題, 放射線生物研究, 55巻, 2号, pp. 85-172, 202006

著書等出版物

  1. 2020年10月, 放射線・医療安全管理学, 3章 放射線衛生学, 南山堂, 2020年, 10, 教科書, 共著
  2. 2002年03月, 放射線の線源と影響,原子放射線の影響に関する国連科学委員会の総会に対する2000年報告書 附属書付 下巻:影響, 附属書I「放射線誘発がんの疫学的評価」, 附属書J「チェルノブイリ事故の被ばくと影響」, 実業公報社, 2002年, 3月, 調査報告書, 共訳
  3. 2013年05月, 原子放射線の影響に関する国連科学委員会UNSCEAR2010年報告書[日本語版], 2013年, 5月, 調査報告書, 共訳
  4. 2013年05月, 放射線の線源と影響,原子放射線の影響に関する国連科学委員会UNSCEAR2008年報告書[日本語版]第2巻, 附属書D「チェルノブイリ事故からの放射線による健康影響」, 2013年, 5月, 調査報告書, 共訳
  5. 2011年09月, 放射線の線源と影響,原子放射線の影響に関する国連科学委員会UNSCEAR2008年報告書[日本語版]第1巻, 2011年, 9月, 調査報告書, 共訳
  6. 2012年11月, 改訂版虎の巻 低線量放射線と健康影響, 医療科学社, 2012年, 11月, 単行本(学術書), 共編著, 土居雅広, 神田玲子, 米原英典, 吉永信治, 島田義也
  7. 2011年09月, 放射線の影響,原子放射線の影響に関する国連科学委員会UNSCEAR2006年報告書[日本語版]第1巻, 附属書A「放射線とがんの疫学研究」,附属書B「放射線被ばく後の心血管疾患およびその他の非がん疾患の疫学的評価」, 2011年, September, 調査報告書, 共訳
  8. 2007年07月, 虎の巻 低線量放射線と健康影響, 医療科学社, 2007年, 7月, 単行本(学術書), 共編著, 土居雅広, 神田玲子, 米原英典, 吉永信治
  9. 2005年01月, International classification of HRCT for occupational and environmental respiratory diseases, Chapter 4; Radiation exposure and risk assessment in HRCT, Springer-Verlag, 2005年, 1, 単行本(学術書), 共著
  10. 2004年02月, 職業・環境がんの疫学-低レベル曝露でのリスク評価, 2章:原発周辺住民の潜在的放射線リスク研究, 篠原出版社, 2004年, 2月, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Overview of epidemiological studies on cancer and other diseases in relation to radiation exposure, Shinji Yoshinaga, The Annual Meeting of the Korean Society of Epidemiology, 2019年09月19日, 招待, 英語, Korean Society of Epidemiology, Seoul
  2. 放射線とがんの疫学研究における喫煙による交絡, 第5回東電福島第一原発緊急作業従事者に対する疫学的研究カンファレンス, 2019年03月13日, 招待, 日本語, 産業医科大学, 北九州市
  3. Overview of epidemiological studies of radiation-associated health effects in Japan, 第29回日本疫学会学術総会,RERF Special Program “Radiation Epidemiology in Japan and Korea”, 2019年01月31日, 通常, 英語, 日本疫学会, 東京
  4. 小児 CT 疫学の最新知見, 日本保健物理学会シンポジウム,医療における放射線防護を考える 〜医療被ばくと従事者被ばく〜, 2019年01月12日, 招待, 日本語, 一般社団法人日本保健物理学会, 東京
  5. 原爆被爆者の調査研究-放射線の健康影響分野におけるさらなる貢献に向けて-, 日本放射線影響学会 第61回大会,シンポジウム1「原爆被爆者の健康を測る~疫学と基礎研究のゆくえ 」, 2018年11月07日, 通常, 日本語, 日本放射線影響学会, 長崎市
  6. 低線量放射線の疫学研究の 意義と課題, 日本放射線腫瘍学会 第31回学術大会,シンポジウム3「低線量の人体への影響」, 2018年10月11日, 招待, 日本語, 京都市

社会活動

委員会等委員歴

  1. 小児がん等がん調査委員会委員, 2009年01月, 2018年08月, 青森県
  2. UNSCEAR等担当幹事, 2008年01月, 2009年12月, 日本放射線影響学会
  3. IsotopeNews 編集委員会委員, 2007年12月, 2011年11月, 日本アイソトープ協会
  4. 国連科学委員会国内対応委員会委員, 2019年06月01日, 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
  5. 編集委員会委員, 2015年09月, 日本保健物理学会
  6. 放射線疫学調査 調査研究評価委員会委員, 2015年08月, 公益財団法人放射線影響協会