栗木 雅夫MASAO KURIKI

Last Updated :2021/03/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 教授
ホームページ
メールアドレス
mkurikihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(理学) (東北大学)
  • 修士(理学) (東北大学)

研究分野

  • 総合理工 / 量子ビーム科学 / 量子ビーム科学

研究キーワード

  • Accelerator Physics, Photo-cathode, Electron source, Positron Source, Linear Collider, Beam Dynamics, Free Electron Laser

所属学会

  • 日本物理学会
  • 日本加速器学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 集中, サイエンス入門
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 電磁気学I
  3. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 物理学演習
  4. 2020年, 学部専門, 4ターム, 先端物理学
  5. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究A
  6. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究B
  7. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 物質科学コースセミナー
  8. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 物質科学コースセミナー
  9. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 物質基礎科学特別演習B
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 物質基礎科学セミナーA
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 物質基礎科学セミナーB
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 物質基礎科学プレゼンテーション演習
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 物質基礎科学特別演習A
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 物質基礎科学特別演習A
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 物質基礎科学特別演習B
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 量子物質科学特別研究
  17. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 量子物質科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Dark-lifetime degradation of GaAs photo-cathode at higher temperature, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT, 637巻, pp. S87-S90, 20110501
  2. DEVELOPMENT OF A 500-KV PHOTO-CATHODE DC GUN FOR ERL LIGHT SOURCES, Proc. Of Linac 2010, pp. THP111, 20100901
  3. Development of a 500-kV Photo-Cathode DC Gun for ERLs, Journal of Physics: Conference Series, 298巻, pp. 012005, 20100901
  4. DEVELOPMENT OF A PHOTOCATHODE RF GUN FOR THE L-BAND LINAC AT ISIR, OSAKA UNIVERSITY, Proc. Of IPAC2010, pp. TUPE009, 20100501
  5. DEVELOPMENT OF AN L-BAND RF GUN FOR HIGH-DUTY-CYCLE OPERATION, Proc. Of Linac 2010, pp. THP121, 20100901
  6. Photon generation by laser-Compton scattering at the KEK-ATF, Nucl. Inst. & Meth. A, 623巻, 1号, pp. 576, 20101101
  7. Laser Driver for a photocathode of an electron linear accelerator, Quantum Electronics, 40巻, 12号, pp. 1123, 20101101
  8. Improvement of an S-band RF gun with a Cs2Te photocathode for the KEK-ATF, Nucl. Inst. & Meth. A, 613巻, pp. 1, 20100201
  9. High-Voltage Test of a 500-kV Photo-Cathode DC Gun for the ERL Light Sources in Japan, Proc. Of IPAC2010, pp. TUPE093, 20100501
  10. Development of a high average power laser generating electron beams in ILC format for KEK-STF, Proc. Of IPAC2010, pp. THPEC024, 20100501
  11. DEVELOPMENT OF A PHOTOCATHODE TEST BENCH USING A CRYO-PUMP AND A NEG PUMP, Proc. Of IPAC2010, pp. TUPE087, 20100501
  12. High-voltage testing of a 500-kV dc photocathode electron gun, REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS, 81巻, 3号, 20100301
  13. DEVELOPMENT OF A PHOTOCATHODE TEST BENCH USING A CRYO-PUMP AND A NEG PUMP, Proc. 1st International Particle Accelerator Conf., pp. 2326-2328, 20100601
  14. Application of coupling resonance to electron-beam conditioning for free electron lasers, J. Phys. Soc. Jpn., 78巻, pp. 124503 (11 pages), 20091201
  15. 500kV Gun development at KEK, 48th ICFA Advanced Beam Dynamics Workshop on Future Light Sources March 1-5 2010, 20100301
  16. A study of Lifetime of GaAs Photocathode for High Brightness Electron Source, Proc. Of 23rd Particle Accelerator Conference(PAC09) Vancouver Canada, pp. MO6RFP069, 20090501
  17. Darklifetime degradation of GaAs cathode, WS on Ultrafast electron and photon beams Xian China, 20090901
  18. DESIGN AND FABRICATION OF A 500-KV PHOTOCATHODE DC GUNFOR ERL LIGHT SOURCES, Proc. Of 23rd Particle Accelerator Conference(PAC09) Vancouver Canada, pp. MO6RFP074, 20090501
  19. Development of an electron gun for an ERL based light source in Japan, Workshop on Polarized Source Target and Polarimetry (PST09)Ferrara Italy, pp. none, 20090901
  20. ERL parameters for Compton polarised positron sources, Proc. Of 23rd Particle Accelerator Conference(PAC09) Vancouver Canada, pp. MO6RFP068, 20090501
  21. High-voltage test of 500-kV DC photo-cathode electron gun, Review of Science Instruments, 81巻, 33304号, 20100301
  22. Improvement of an S-band RF gun with a Cs2Te photocathode for the KEK-ATF, Nucl. Instr. and Meth. A, 613巻, pp. 1-8, 20091101
  23. JAEA/KEK gun status, 48th ICFA Advanced Beam Dynamics Workshop on Future Light Sources March 1-5 2010, 20100301
  24. Polarized Sources for CLIC, Workshop on Polarized Source Target and Polarimetry (PST09) Ferrara Italy, 20090901
  25. THE CLIC POSITRON SOURCE BASED ON COMPTON SCHEMES, Proc. Of 23rd Particle Accelerator Conference(PAC09) Vancouver Canada, none巻, none号, pp. WE6RFP065, 20090501
  26. A tandem linear Paul trap as an ion source, Journal of Physics:Conference Series, 163巻, 1号, pp. 012102-1-4, 20090101
  27. Status of the Energy Recovery Linac project in Japan, Proc. Of 23rd Particle Accelerator Conference(PAC09) Vancouver Canada, WE6RFP065巻, 20090501
  28. Analysis of Quantum Efficiency Spectrum of NEA-GaAs Photo-cathode, Proc. Of International Conference of Particle Accelerator(IPAC2011), pp. THPC117, 20110901
  29. Recent Development of Low-emittance Electron Gun for Accelerator, J. Vac. Soc. Jpn., 55巻, 2号, pp. 29-36, 20110901
  30. RF Processing of L-band RF Gun for KEK-STF, Proc. Of International Conference of Particle Accelerator(IPAC2011), pp. MOPC014, 20110901
  31. Status of 500kV DC Gun at JAEA, ERL2011, 20111001
  32. Surface analysis of a Degraded NEA-GaAs Photo-cathode by Temperature Programmed Desorption Technique, Proc. Of International Conference of Particle Accelerator(IPAC2011), pp. THPC116, 20110901
  33. Photon generation by laser-Compton scattering at the KEK-ATF, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT, 623巻, 1号, pp. 576-578, 20101101
  34. Photon Generation by Laser-Compton Scattering Using an Optical Resonant Cavity at the KEK-ATF Electron Ring, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 78巻, 7号, 200907
  35. Application of Coupling Resonance to Electron-Beam Conditioning for Free-Electron Lasers, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 78巻, 12号, 200912
  36. Improvement of an S-band RF gun with a Cs2Te photocathode for the KEK-ATF, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT, 613巻, 1号, pp. 1-8, 20100121
  37. High-voltage testing of a 500-kV dc photocathode electron gun, REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS, 81巻, 3号, 201003
  38. Laser driver for a photocathode of an electron linear accelerator, QUANTUM ELECTRONICS, 40巻, 12号, pp. 1123-1130, 2010
  39. 1 ms Pulse Beam Generation and Acceleration by Photocathode Radio Frequency Gun and Superconducting Accelerator, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 52巻, 5号, 201305
  40. Generation of a 500-keV electron beam from a high voltage photoemission gun, APPLIED PHYSICS LETTERS, 102巻, 23号, 20130610
  41. X-ray generation by inverse Compton scattering at the superconducting RF test facility, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT, 772巻, pp. 26-33, 20150201
  42. Experimental investigation of an optimum configuration for a high-voltage photoemission gun for operation at ≥500 kV, Phys. Rev. ST Accel. Beams, 20140319
  43. Experimental investigation of an optimum configuration for a high-voltage photoemission gun for operation at >= 500 kV, PHYSICAL REVIEW SPECIAL TOPICS-ACCELERATORS AND BEAMS, 17巻, 5号, 20140519
  44. Positron capture simulation for the ILC electron-driven positron source, PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS, 10号, 201510
  45. ★, Substrate dependence of CsK2Sb photo-cathode performance, Progress Theoretical and Experimental Physics, 3巻, 033G01号, 20170331
  46. Electron Driven ILC Positron Source with a Low Gradient Capture Linac, Proc. of Linac Conference 2016, pp. TUPRC008, 160925
  47. UPS Study for CsK2Sb Photocathode, Proc. of Linac 2016, pp. TUPRC022, 20160925
  48. Lifetime Study of CKk2Sb Robust Photo-Cathode for a High Brightness Electron Source, Proc. of Linac 2016, pp. TUPLR013, 20160925
  49. A Study of CsK2Sb Multi-alkali Photocathode by Ultraviolet Photoelectron Spectroscopy at UVSOR, Proc. of International Particle Accelerator Conference (IPAC'16), 7号, pp. 3934-3937, 1606
  50. A Study of Operational Lifetime of CsK2Sb Photo-cathode, Proc. 7th International Particle Accelerator Conference (IPAC'16), pp. 3938-3940, 201606
  51. Six-dimensional Phase-space Rotation and its Applications, Proc. 7th International Particle Accelerator Conference (IPAC'16), pp. 1754-1756
  52. Recent Developments and Operational Status of the Compact ERL at KEK, Proc. 7th International Particle Accelerator Conference (IPAC'16), pp. 1835-1838, 1606
  53. NEA surface activation of GaAs photocathode with different gases, SURFACE SCIENCE, 664巻, pp. 65-69, OCT 2017
  54. Construction and commissioning of the compact energy-recovery linac at KEK, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT, 877巻, pp. 197-219, 20180101
  55. ★, Substrate Dependence of CsK2Sb photo-cathode performance, Progress of Theoretical and Experimental Physics, 2017巻, 3号, pp. 033G01-033G01, 20170301
  56. 位相空間回転によるエミッタンスの振り分けとその応用, 日本加速器学会誌, 15巻, 3号, pp. 108-116, 20181031
  57. ILCなつの合宿, FASだより, 17巻, pp. 4-8, 201811
  58. ★, Negative Electron affinity GaAs Cathode Activation with CsKTe Thin Film, Journal of Physics: Conference Series, 1350巻, 012047号, 2019,12,11
  59. A design of an electron driven positron source for the international linear collider, NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT, 953巻, 20200211

著書等出版物

  1. 2013年, LCWS13会議報告, 加速器 : 日本加速器学会誌, 山本 康史;榎本 収志;栗木 雅夫 他;栗木 雅夫
  2. 2015年, 異分野協力によるフォトカソード研究の進展 : Photocathode Physics for Photoinjector workshop (P3 2014)報告にかえて, 加速器 : 日本加速器学会誌, 栗木 雅夫
  3. 2012年02月, 加速器の低エミックンス電子銃開発の動向, Journal of the Vacuum Society of Japan, 栗木 雅夫
  4. 2016年, 後継者育成 未来への青信号(9th International School for Linear Colliders報告にかえて), 加速器 : 日本加速器学会誌, 栗木 雅夫
  5. 2014年, 後継者育成 未来への船出 : 第8回国際リニアコライダー加速器スクール報告, 加速器 : 日本加速器学会誌, 栗木 雅夫
  6. 2016年, 国際協力 JAAWS/AFAD7年の歩み,そして新しい局面へ, 加速器 : 日本加速器学会誌, 栗木 雅夫;成田 晋也;高山 健;神門 正城;小山 和義;栗原 俊一;中村 智昭;細山 謙二
  7. 2015年11月, プラズマ航跡場加速は有望株, パリティ, ジョアンナ ミラー;栗木 雅夫 訳;栗木 雅夫
  8. 2009年03月03日, 27aSB-1 KEK-ATFにおけるILC偏極陽電子源の為のレーザー共振器を用いた高輝度ガンマ線生成実験I(ビームライン,27aSB 素粒子実験領域,ビーム物理領域合同,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 三好 修平;赤木 智哉;荒木 栄;牛尾 恭章;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;広瀬 立成;舟橋 義聖;Pei Guoxi;本田 洋介;Li XiaoPing;鷲尾 方一
  9. 2011年03月03日, 25aGAB-3 クライオポンプとNEGポンプを使用した光陰極試験装置開発(25aGAB ビーム源・フォトカソード,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 久保 大輔;栗木 雅夫;飯島 北斗;増元 勇騎;西森 信行;山本 将博
  10. 2002年03月01日, 25aYA-13 東大ライナック・Mg photocathode RF gunの開発と現状, 日本物理学会講演概要集, 飯島 北斗;上坂 充;上田 徹;浦川 順治;熊谷 教孝;栗木 雅夫;土橋 克広;深澤 篤;室屋 裕佐;吉井 康司;鷲尾 方一
  11. 2010年, 次世代光量子源用500kVDC電子銃の高電圧印加試験, 日本原子力学会 年会・大会予稿集, 永井 良治;羽島 良一;西森 信行;武藤 俊哉;山本 将博;宮島 司;本田 洋介;栗木 雅夫;飯島 北斗;桑原 真人;奥見 正治;中西 彊
  12. 2009年08月18日, 10aSF-2 高輝度偏極光源の為の新型レーザー蓄積共振器の開発II(加速器,ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 永田 修司;三好 修平;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;広瀬 立成;舟橋 義聖;Pei Guoxi;本田 洋介;Li XiaoPing;鷲尾 方一
  13. 2012年03月05日, 26pFA-14 ILC偏極陽電子源の為の4枚鏡共振器の開発 : マルチバンチガンマ線検出(26pFA トリガー・計算機/ネットワーク・ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 片岡 裕美;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;近 匡;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;田中 龍太;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;吉玉 仁;鷲尾 方一
  14. 1998年03月10日, 2p-B-5 K^0_L→π^0vv稀崩壊実験に用いられる光子検出器のビームテスト, 日本物理学会講演概要集, 稲垣 隆雄;小友 晶子;小俣 和夫;栗木 雅夫;佐藤 任弘;新川 孝男;杉本 章二郎;森本 照久;吉村 喜男
  15. 2011年03月03日, 25aGAB-5 BeCu製Q-massを用いたガス放出係数の測定(25aGAB ビーム源・フォトカソード,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 細田 誠一;栗木 雅夫;飯島 北斗;久保 大輔;増元 勇騎;郭 磊
  16. 2012年03月05日, 27aGB-5 NEA-GaAsフォトカソードの量子効率スペクトル測定による表面ポテンシャルの評価(27aGB 電子ビーム源・短バンチビーム・電源,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 飯島 北斗;増元 勇騎;栗木 雅夫;郭 磊
  17. 2012年03月05日, 25pGE-2 次世代ERL光源のための500kV光陰極電子銃開発(25pGE ビーム物理領域シンポジウム:次世代放射光源への期待,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 西森 信行;永井 良治;羽島 良一;山本 将博;本田 洋介;宮島 司;飯島 北斗;栗木 雅夫;桑原 真人;奥見 正治;中西 彊
  18. 2005年03月04日, 25aXM-6 光陰極RF電子銃によるマルチバンチ電子ビーム発生(新領域シンポジウム 主題 : 高輝度電子ビーム源,新領域), 日本物理学会講演概要集, 栗木 雅夫
  19. 2011年03月03日, 28aGF-4 KEK-ATFにおけるILC偏極陽電子源の為のレーザー蓄積共振器を用いたガンマ線生成実験(28aGF 光検出器・ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 三好 修平;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;鷲尾 方一
  20. 2010年08月18日, 14aSK-9 KEK-ATFにおけるILC偏極陽電子源の為のレーザー蓄積共振器を用いたガンマ線生成実験(14aSK 次世代コライダー検出器・回路・陽電子源,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 三好 修平;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;永田 修司;広瀬 立成;舟橋 義聖;本田 洋介;鷲尾 方一
  21. 2011年, 次世代ERL光源のための500kV光陰極電子銃開発の現状, 日本原子力学会 年会・大会予稿集, 西森 信行;永井 良治;羽島 良一;山本 将博;宮島 司;本田 洋介;栗木 雅夫;飯島 北斗;桑原 真人;奥見 正治;中西 彊
  22. 1996年09月13日, 6a-B-7 2.2m電磁シャワーサンプリングカロリメーターのビームテスト, 日本物理学会講演概要集. 秋の分科会, 青木 正治;稲垣 隆雄;鵜飼 熊太郎;小俣 和夫;奥野 英城;計盛 正博;河辺 征次;貴志 能成;久野 良孝;栗木 雅夫;小林 正明;小松原 健;佐々木 孝文;佐藤 任弘;新川 孝男;杉本 章二郎;田内 一弥;中野 貴志;村松 憲仁;森本 照久;吉村 喜男;BNL E787 Collaboration
  23. 2010年03月01日, 22pBE-1 KEK-ATFにおけるILC偏極陽電子源の為のレーザー蓄積共振器を用いたガンマ線生成実験(22pBE ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 三好 修平;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;永田 修司;広瀬 立成;舟橋 義聖;Pei Guoxi;本田 洋介;鷲尾 方一
  24. 2014年03月05日, 27aTM-11 NEA-GaAs光陰極におけるイオン衝突の影響の研究(27aTM レーザーコンプトン散乱・電子源・計測,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 栗木 雅夫;三好 健太郎;郭 磊;飯島 北斗
  25. 2012年03月05日, 27aGB-8 LバンドフォトカソードRF電子銃の開発(V)(27aGB 電子ビーム源・短バンチビーム・電源,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 川瀬 啓悟;加藤 龍好;入澤 明典;沈 傑;藤本 將輝;上司 文善;大角 寛樹;磯山 悟朗;渡邉 謙;早野 仁司;浦川 順治;高富 俊和;栗木 雅夫;柏木 茂
  26. 2012年03月05日, 27aGB-1 KEK-STFにおけるL-band RF電子銃によるマルチバンチ生成(27aGB 電子ビーム源・短バンチビーム・電源,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 栗木 雅夫;飯島 北斗;増元 勇騎;細田 誠一;浦川 順治;早野 仁司;渡辺 謙;杉山 陽栄;倉本 綾佳;高橋 義知;磯山 悟郎;加藤 龍好;柏木 茂;坂上 和之
  27. 1997年09月02日, 23a-F-4 BNLでの稀崩壊K^+ right arrow pi^+ nuoverlinenuの探索, 日本物理学会講演概要集, 青木 正治;稲垣 隆雄;鵜飼 熊太郎;小友 晶子;小俣 和夫;計盛 正博;河辺 征次;貴志 能成;久野 良孝;栗木 雅夫;小林 正明;小松原 健;佐々木 孝文;佐藤 任弘;新川 孝男;杉本 章二郎;田内 一弥;中野 貴志;村松 憲仁;森本 照久;吉村 喜男;他BNL E787 Collaboration
  28. 2007年08月21日, 21aZG-4 早稲田大学におけるCs-TeカソードRF電子銃の開発(21aZG ビーム源,ビーム診断,ビームダイナミクス,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 加藤 雄太;五十嵐 千明;樫野 多加志;小宮 圭太;五輪 智子;坂上 和之;鈴木 達也;野本 知章;濱 義昌;広瀬 立成;藤田 晃宏;増田 明彦;村田 亜希;鷲尾 方一;浦川 順治;栗木 雅夫;高富 俊和;照沼 信浩;早野 仁司;黒田 隆之助;柏木 茂;神谷 好郎
  29. 2011年03月03日, 25aGAB-8 二モード加速による超低エネルギー分散ビーム生成(25aGAB ビーム源・フォトカソード,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 栗木 雅夫;飯島 北斗;榎本 收志;神谷 幸秀;西脇 みちる;古屋 貴章;道園 真一郎;山本 将博;吉田 光宏
  30. 2005年03月04日, 25aXM-3 NEA-GaAsフオトカソードを用いた低エミッタンス電子源開発の現状(新領域シンポジウム 主題 : 高輝度電子ビーム源,新領域), 日本物理学会講演概要集, 山本 将博;山本 尚人;中西 彊;奥見 正治;宮本 延春;桑原 真人;浪花 健一;安井 健一;古田 史生;栗木 雅夫;浦川 順治;松本 浩;吉岡 正和
  31. 2012年, 加速器の低エミッタンス電子銃開発の動向, Journal of the Vacuum Society of Japan, 栗木 雅夫
  32. 2014年03月05日, 27aTM-10 マルチアルカリ光陰極を用いた光電子引き出し実験(27aTM レーザーコンプトン散乱・電子源・計測,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 郭 磊;山本 記史;栗木 雅夫;許斐 太郎;稲垣 瞭
  33. 2012年03月05日, 26pFA-12 ILC偏極陽電子源の為の4枚鏡共振器の開発 : 共振器設計と設置(26pFA トリガー・計算機/ネットワーク・ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;片岡 裕美;栗木 雅夫;近 匡;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;田中 龍太;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;吉玉 仁;鷲尾 方一
  34. 2013年03月26日, 29aRC-3 偏極陽電子源の為のレーザーコンプトン散乱によるガンマ線生成実験(29aRC 素粒子実験領域,ビーム物理領域合同 SuperKEKB/Belle II,ILC/ILD,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 田中 龍太;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;吉玉 仁;鷲尾 方一
  35. 2008年08月25日, 23aSM-7 KEK-ATFにおけるILC偏極陽電子源の為のレーザー蓄積空洞を用いた高輝度ガンマ線生成実験の現在までの結果と進展(23aSM SciBooNE,ニュートリノの物理,ILC加速器,偏極陽電子源,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 牛尾 恭章;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;広瀬 立成;舟橋 義聖;Pei Guoxi;本田 洋介;三好 修平;Li XiaoPing;鷲尾 方一
  36. 2012年03月05日, 26pFA-13 ILC偏極陽電子源の為の4枚鏡共振器の開発 : 共振器の共鳴維持制御技術(26pFA トリガー・計算機/ネットワーク・ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 田中 龍太;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;片岡 裕美;栗木 雅夫;近 匡;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;吉玉 仁;鷲尾 方一
  37. 2013年03月26日, 26aBA-3 NEA-GaAs光陰極表面へのガス吸着速度測定(26aBA 電子ビーム源・ビームダイナミクス,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 内田 和秀;飯島 北斗;栗木 雅夫
  38. 2013年03月26日, 26aBA-2 NEA-GaAs光陰極におけるイオン逆流の研究(26aBA 電子ビーム源・ビームダイナミクス,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 三好 健太郎;飯島 北斗;郭 磊;栗木 雅夫
  39. 2014年03月05日, 27pTJ-5 電子ビームドライブ方式による陽電子捕獲シミュレーション(27pTJ 素粒子実験領域(5〜7番目のみ、ビーム物理領域と合同),粒子識別・光検出器・ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 清宮 裕史;栗木 雅夫;中牟田 亮;奥木 敏行;浦川 順治;佐藤 政則
  40. 2009年, 次世代ERL放射光源のための500kV光陰極電子銃の開発, 日本原子力学会 年会・大会予稿集, 西森 信行;永井 良治;飯島 北斗;山本 将博;武藤 俊哉;本田 洋介;宮島 司;栗木 雅夫;奥見 正治;中西 彊;桑原 真人;羽島 良一
  41. 2013年, エネルギー回収型リニアックのための500kV光陰極DC電子銃の開発:500kV ビーム試験とコンパクトERLへの移設, 日本原子力学会 年会・大会予稿集, 羽島 良一;西森 信行;永井 良治;山本 将博;宮島 司;本田 洋介;松葉 俊哉;飯島 北斗;栗木 雅夫;桑原 真人;奥見 正治;中西 彊
  42. 2009年03月03日, 28aZB-8 レーザー冷却を用いた^<40>Ca^+イオンプラズマの高効率蓄積法(28aZB ビーム冷却・イオントラップ,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 本間 慶一;田中 和久;伊藤 清一;猪澤 健二;人見 晴樹;大坪 俊介;檜垣 浩之;栗木 雅夫;岡本 宏己
  43. 2005年03月04日, 24aXM-7 電子源ビーム用シミュレーションコードの開発(リニアコライダー・RFガン,新領域), 日本物理学会講演概要集, 山本 尚人;山本 将博;中西 彊;奥見 正治;桑原 真人;浪花 健一;安井 健一;栗木 雅夫;古田 史生;松本 浩;浦川 順治;吉岡 正和
  44. 2005年03月04日, 24aXM-8 RF電子銃におけるCsTe陰極の電子放出特性とその安定化(リニアコライダー・RFガン,新領域), 日本物理学会講演概要集, 栗木 雅夫;浦川 順治;Karataev Pavel;照沼 信浩;早野 仁司;平野 耕一郎;山崎 良建;奥見 正治;中西 彊;山本 将博;高野 幹男;長谷川 豪志
  45. 2004年03月03日, 27pZR-2 スピン偏極電子源のフォトカソード長寿命化(粒子源)(新領域), 日本物理学会講演概要集, 山本 将博;和田 公路;山本 尚人;中西 彊;奥見 正治;古田 史生;西谷 智博;宮本 延春;桑原 真人;浪花 健一;栗木 雅夫;松本 浩;吉岡 正和
  46. 2012年08月24日, 14pSH-6 次世代小型高輝度光子ビーム源の為のデジタルフィードバックシステムの開発(14pSH ビーム測定,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 吉玉 仁;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;田中 龍太;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;鷲尾 方一
  47. 1996年03月26日, Study of Deep Inelastic Scattering of Polarized Electrons off Polarized Deuterons, 栗木, 雅夫
  48. 2010年, 半導体光陰極を用いる高輝度電子源のための極高真空装置開発, 表面科学学術講演会要旨集, 山本 将博;内山 隆司;宮島 司;本田 洋介;松葉 俊哉;佐藤 康太郎;齊藤 芳男;小林 正典;栗巣 普揮;羽島 良一;永井 良治;西森 信行;栗木 雅夫;飯島 北斗;久保 大輔;中西 彊;奥見 正治;桑原 真人
  49. 2010年03月01日, 21pBF-11 NEA-GaAsフォトカソード寿命の温度依存性(21pBF ビームダイナミクス・数値計算・電子顕微鏡・線形加速器・ビーム源・ビーム診断,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 飯島 北斗;正中 智慧;栗木 雅夫
  50. 2010年03月01日, 22pBE-2 高輝度偏極光源の為の4枚鏡光蓄積共振器の開発(22pBE ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;永田 修司;中村 俊介;広瀬 立成;舟橋 義聖;Pei Guoxi;本田 洋介;三好 修平;鷲尾 方一
  51. 2009年03月03日, 27aZB-4 Lバンド高周波電子銃開発(27aZB ビーム源・ビーム診断,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 柏木 茂;加藤 龍好;森尾 豊;寺沢 賢和;古橋 建一郎;磯山 悟朗;早野 仁司;浦川 順治;武藤 俊哉;栗木 雅夫;正中 智慧
  52. 2004年03月03日, 27pZR-4 200keV偏極電子ビームのエミノタンス測定(粒子源)(新領域), 日本物理学会講演概要集, 山本 尚人;山本 将博;中西 彊;栗木 雅夫;奥見 正治;古田 史生;西谷 智博;宮本 延春;桑原 真人;浪花 健一;小早川 久;高嶋 圭史;渡辺 修;松本 浩;浦川 順治;吉岡 正和
  53. 2011年03月03日, 28aGF-5 レーザーコンプトン散乱を用いた高輝度偏極光源の為の4枚鏡光蓄積共振器の開発(28aGF 光検出器・ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;片岡 裕美;栗木 雅夫;近 匡;坂上 和之;清水 洋孝;城田 知沙世;高橋 徹;田中 龍太;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;三好 修平;吉玉 仁;鷲尾 方一
  54. 2012年08月24日, 14pSH-5 ILC偏極陽電子源の為のレーザー蓄積共振器の開発(14pSH ビーム測定,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 田中 龍太;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;吉玉 仁;鷲尾 方一
  55. 2004年03月03日, 27aZR-1 KEK-ATF直線加速部における低エミッタンスビーム加速の研究(ビームモニター)(新領域), 日本物理学会講演概要集, 松田 美和;中村 正吾;早野 仁司;栗木 雅夫;武藤 俊哉;長谷川 豪志
  56. 1996年, Study of deep inelastic scattering of polarized electrons off polarized deuterons, 栗木雅夫 [著];栗木, 雅夫
  57. 1996年, Study of deep inelastic scattering of polarized electrons off polarized deuterons, 栗木雅夫 [著];栗木, 雅夫
  58. 2011年03月03日, 25aGAB-6 昇温脱離法によるNEA-GaAsフォトカソード表面吸着物の分析(25aGAB ビーム源・フォトカソード,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 飯島 北斗;栗木 雅夫;久保 大輔;増元 勇騎;細田 誠一;郭 磊
  59. 1997年09月02日, 21a-G-2 射出成形法によるプラスチック・シンチレーター, 日本物理学会講演概要集, 吉村 喜男;稲垣 隆雄;栗木 雅夫;白井 淳平
  60. 2008年02月29日, 23aZL-9 早稲田大学におけるCs-TeフォトカソードRF-Gunの現状(ビームダイナミクス,ビーム源,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 村田 亜希;五十嵐 千明;樫野 多加志;加藤 雄太;小宮 圭太;五輪 智子;坂上 和之;鈴木 達也;野本 知章;濱 義昌;広瀬 立成;藤田 晃宏;増田 明彦;鷲尾 方一;浦川 順治;高富 俊和;照沼 信浩;早野 仁司;柏木 茂;神谷 好郎;栗木 雅夫;黒田 隆之助
  61. 2014年03月05日, 27pTJ-8 レーザーコンプトン散乱による小型高輝度光子ビーム源の開発(27pTJ 素粒子実験領域(5〜7番目のみ、ビーム物理領域と合同),粒子識別・光検出器・ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 上杉 祐貴;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;田中 龍太;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;吉玉 仁;鷲尾 方一
  62. 2011年03月03日, 28aGF-6 三次元4枚鏡共振器における新型フィードバック方法の研究(28aGF 光検出器・ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 吉玉 仁;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;清水 洋孝;城田 知沙世;高橋 徹;田中 龍太;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;三好 修平
  63. 2013年03月26日, 29aRC-4 レーザーCompton散乱による光子ビーム生成実験へのデジタル制御システムの組み込み(29aRC 素粒子実験領域,ビーム物理領域合同 SuperKEKB/Belle II,ILC/ILD,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 吉玉 仁;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;田中 龍太;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;鷲尾 方一
  64. 2011年08月24日, 18aSD-7 3次元4枚鏡共振器における円偏光蓄積特性を用いたフィードバックの実現(18aSD ミューオンの物理・ニュートリノの物理・電子源・ポジトロニウム,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 田中 龍太;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;片岡 裕美;栗木 雅夫;近 匡;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;吉玉 仁;鷲尾 方一
  65. 2011年03月03日, 25aGAB-4 NEA-GaAsフォトカソードにおける量子効率スペクトラムの時間変化の解析(25aGAB ビーム源・フォトカソード,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 増元 勇騎;栗木 雅夫;飯島 北斗;久保 大輔
  66. 2013年03月26日, 26aBA-10 マグネタイゼーションによる高アスペクト比電子ビームの生成(26aBA 電子ビーム源・ビームダイナミクス,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 栗木 雅夫;早野 仁司;柏木 茂
  67. 2008年, 京都大学マルチバンチ光陰極高周波電子銃の開発, 日本原子力学会 年会・大会予稿集, 紀井 俊輝;大垣 英明;増田 開;全 炳俊;佐々木 怜;椎山 拓己;黒田 隆之助;栗木 雅夫;照沼 信浩;浦川 順治;坂上 和之;村田 亜希;鷲尾 方一
  68. 2009年03月03日, 27aZB-5 高輝度電子源のためのGaAs光カソードの性能測定(27aZB ビーム源・ビーム診断,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 正中 智慧;栗木 雅夫;久保 大輔;岡本 宏己;檜垣 浩之;伊藤 清一;山本 将博;許斐 太郎;奥見 正治;中西 彊
  69. 1999年03月15日, 29a-YA-5 K^+→π^+νν^^-探索実験(BNL/E787)でのビーム及びデータ収集の改良, 日本物理学会講演概要集, 玉川 洋一;稲垣 隆雄;河辺 征次;久野 良孝;栗木 雅夫;小林 正明;小松原 健;佐藤 任弘;島田 清隆;下山 哲也;新川 孝男;杉本 章二郎;中野 貴志;西出 純一郎;宮島 光弘;村松 憲仁;吉村 喜男;他 BNL-E787
  70. 2010年, 次世代放射光源のためのDC電子銃光陰極準備・電子銃容器開発の現状, 日本原子力学会 年会・大会予稿集, 西森 信行;永井 良治;羽島 良一;山本 将博;武藤 俊哉;本田 洋介;宮島 司;栗木 雅夫;飯島 北斗;桑原 真人;奥見 正治;中西 彊
  71. 2010年, 次世代光量子源用500kVDC電子銃のビーム引き出し試験, 日本原子力学会 年会・大会予稿集, 永井 良治;西森 信行;羽島 良一;山本 将博;宮島 司;本田 洋介;栗木 雅夫;飯島 北斗;桑原 真人;奥見 正治;中西 彊
  72. 2009年08月18日, 10aSF-1 高輝度偏極光源の為の新型レーザー蓄積共振器の開発I(加速器,ビームライン,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 三好 修平;赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;永田 修司;広瀬 立成;舟橋 義聖;Pei Guoxi;本田 洋介;Li XiaoPing;鷲尾 方一
  73. 1998年03月10日, 2a-B-5 BNLにおけるK^+→π^+νν^^-稀崩壊探索実験の現状, 日本物理学会講演概要集, 青木 正治;稲垣 隆雄;鵜飼 熊太郎;小俣 和夫;河辺 征次;久野 良孝;栗木 雅夫;小林 正明;小松原 健;佐藤 任弘;新川 孝男;杉本 章二郎;田内 一弥;玉川 洋一;中野 貴志;宮島 光弘;村松 憲仁;森本 照久;吉村 喜男;BNL E787 COLLABORATION
  74. 2010年03月01日, 20pBF-2 クーロン結晶化したイオン鎖の射出間隔制御実験(20pBF ビーム冷却・イオントラップ・FEL・ビームレーザー相互作用,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 猪澤 健二;竹内 洋樹;伊藤 清一;檜垣 浩之;栗木 雅夫;岡本 宏己
  75. 2011年, 500-kV光陰極電子銃開発の現状, 日本原子力学会 年会・大会予稿集, 西森 信行;永井 良治;羽島 良一;山本 将博;宮島 司;本田 洋介;飯島 北斗;栗木 雅夫;桑原 真人;奥見 正治;中西 彊
  76. 2010年08月18日, 14aSK-10 高輝度偏極光源の為の4枚鏡光蓄積共振器の開発(14aSK 次世代コライダー検出器・回路・陽電子源,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;永田 修司;中村 俊介;広瀬 立成;舟橋 義聖;本田 洋介;三好 修平;鷲尾 方一
  77. 2014年03月05日, 27aTM-12 高耐久NEA-GaAs電子源の開発研究(27aTM レーザーコンプトン散乱・電子源・計測,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 内田 和秀;栗木 雅夫;飯島 北斗;三好 健太郎;郭 磊;山本 記史
  78. 2007年08月21日, 21aZG-2 フォトカソードにおける低エミッタンスビーム発生についての考察(21aZG ビーム源,ビーム診断,ビームダイナミクス,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 栗木 雅夫
  79. 2008年02月29日, 26pZL-1 デジタルBPMシステムを用いた超低エミッタンスビームの高速高精度位置測定(ビーム診断,ビーム制御,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 伊藤 功;阪井 寛志;中村 典雄;内藤 孝;早野 仁司;照沼 信浩;栗木 雅夫;武藤 俊哉
  80. 2011年08月24日, 18aSD-6 ILC偏極陽電子源の為の3次元4枚鏡共振器を用いたガンマ線生成実験(18aSD ミューオンの物理・ニュートリノの物理・電子源・ポジトロニウム,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 赤木 智哉;荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;片岡 裕美;栗木 雅夫;近 匡;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;田中 龍太;照沼 信浩;舟橋 義聖;本田 洋介;三好 修平;吉玉 仁;鷲尾 方一
  81. 2010年03月01日, 21pBF-12 広島大学における電子源装置開発の現状(21pBF ビームダイナミクス・数値計算・電子顕微鏡・線形加速器・ビーム源・ビーム診断,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 久保 大輔;栗木 雅夫;飯島 北斗;伊藤 清一;正中 智慧;増元 勇騎;西森 信行;山本 将博
  82. 1998年03月10日, 2a-D-10 BNLでのK^+→π^+νν^^-崩壊実験のエンドキャップ部-CsI-ガンマ線検出器のためにデザインされたファインメッシュ型光電子増倍管の動作特性, 日本物理学会講演概要集, 小松原 健;計盛 正博;栗木 雅夫;森本 照久;村松 憲仁;小俣 和夫;小友 晶子;杉本 章二郎;田内 一弥;鵜飼 熊太郎;青木 正治;稲垣 隆雄;河辺 征次;小林 正明;久野 良孝;佐藤 任弘;新川 孝男;吉村 喜男;貴志 能成;中野 貴志;佐々木 孝文;CHIANG I-H.;KETTELL S.;LI K.K.;LITTENBERG L.S.;山下 明広;鈴木 宏幸;鈴木 誠司
  83. 2011年03月03日, 28pGAB-1 次世代ERL光源のための500kV光陰極電子銃開発(28pGAB 企画講演,レーザープラズマ・ビーム応用,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 西森 信行;永井 良治;羽島 良一;山本 将博;本田 洋介;宮島 司;飯島 北斗;栗木 雅夫;桑原 真人;奥見 正治;中西 彊
  84. 1997年03月17日, 31a-YR-7 BNLにおけるK^+→π^+νν^^-稀崩壊探索実験, 日本物理学会講演概要集, 栗木 雅夫
  85. 2012年03月05日, 25aGB-10 極高真空確立のための高感度ガス放出係数測定(25aGB 光源・ビーム源・ビーム診断・真空,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 細田 誠一;栗木 雅夫;飯島 北斗;増元 勇騎;郭 〓
  86. 2013年03月26日, 26aBA-1 次世代ERL光源のための500kV光陰極電子銃ビーム生成試験(26aBA 電子ビーム源・ビームダイナミクス,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 西森 信行;永井 良治;羽島 良一;松葉 俊哉;山本 将博;宮島 司;本田 洋介;飯島 北斗;栗木 雅夫;桑原 真人;奥見 正治;中西 彊
  87. 2013年03月26日, 26aBA-4 マルチアルカリ光陰極を用いた光電子引き出し実験(26aBA 電子ビーム源・ビームダイナミクス,ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 山本 記史;栗木 雅夫;飯島 北斗;山本 将博
  88. 2008年02月29日, 24aZL-1 ILC偏極陽電子源の為のレーザー蓄積空洞を用いたKEK-ATFにおける高輝度ガンマ線生成実験(ビーム物理領域,素粒子実験領域合同セッション(ILC加湿器),ビーム物理領域), 日本物理学会講演概要集, 荒木 栄;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;広瀬 立成;舟橋 義聖;Pei Guoxi;本田 洋介;三好 修平;Li Xiao Ping;鷲尾 方一
  89. 2009年03月03日, 27aSB-2 KEK-ATFにおけるILC偏極陽電子源の為のレーザー共振器を用いた高輝度ガンマ線生成実験II(ビームライン,27aSB 素粒子実験領域,ビーム物理領域合同,素粒子実験領域), 日本物理学会講演概要集, 赤木 智哉;荒木 栄;牛尾 恭章;浦川 順治;大森 恒彦;奥木 敏行;栗木 雅夫;坂上 和之;清水 洋孝;高橋 徹;照沼 信浩;広瀬 立成;舟橋 義聖;Pei Guoxi;本田 洋介;Li XiaoPing;三好 修平;鷲尾 方一

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 6次元エミッタンス交換による超扁平リニアコライダー衝突ビームの直接生成, 栗木雅夫、柏木茂^A^、山本尚人^B^、金秀光^B^、清宮裕史^B^、山本康央^B^、早野仁司^B^、坂上和之^C^、鷲尾方一^D^ 広島大院先端、東北大電子光セ^A^、KEK加速器^B^、東大工^C^、早大理工^D^, 日本物理学会年会(2020/3/18), 2020年03月18日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 名古屋, プレプリント
  2. エミッタンス交換によるリニアコライダーのための超扁平電子ビームの生成, 栗木雅夫, 高輝度・高周波電子銃研究会, 2019年07月02日, 通常, 日本語, 広島大学先端研, 東広島市、広島市
  3. 素粒子標準理論を超える物理を見すえた加速器研究, 栗木雅夫, 日本物理学会年会, 2019年03月16日, 通常, 日本語, 日本物理学会
  4. Cs-K-Te 薄膜によるGaAsスピン偏極フォトカソードの活性化研究, 栗木雅夫, 栗木雅夫、正木一成、郭磊, 日本物理学会, 2019年03月14日, 通常, 日本語, 日本物理学会
  5. Photo-cathode studies at Hiroshima University, 栗木雅夫, Seminar at ANL, 2019年03月06日, 通常, 英語, アルゴンヌ国立研究所, アルゴンヌ、イリノイ州、アメリカ合衆国
  6. Photo-cathode studies at Hiroshima University, 栗木雅夫, Seminar at Argonne National Laboratory, 2019年03月06日, 招待, 英語, アルゴンヌ国立研究所, アルゴンヌ、イリノイ州、アメリカ合衆国
  7. General Relativity Test with Laser Compton Scattering, 栗木雅夫, Asian Forum for Accelerator and Detector (AFAD2019), 2019年02月14日, 招待, 英語, Inter University Accelerator Center, ニューデリー、インド, 高エネルギー電子ビームとレーザーのコンプトン散乱による一般相対論の強い等価原理の検証についての検討, 発表資料
  8. ILCの加速器, 栗木雅夫, ILCシリーズセミナー, 2018年12月07日, 通常, 日本語, 分子科学研究所, 岡崎市、愛知県
  9. Super-Flat Beam Generation with Emittance Exchange Technique for Linear Colliders, 栗木雅夫, ビーム物理研究会, 2018年11月20日, 通常, 日本語, ビーム物理研究会, 千葉市、千葉県
  10. A Design Study of the Electron-driven ILC Positron Source, 名越久泰, 栗木雅夫、名越久泰、高橋徹、大森恒彦、横谷馨、佐藤政則、浦川順治, International Workshop on Future Linear Colliders 2018 (LCWS2018 ), 2018年10月22日, 通常, 英語
  11. ILC加速器の概要, 栗木雅夫, ILCシリーズセミナー, 2018年10月10日, 通常, 日本語, 佐賀放射光, 鳥栖市、佐賀県
  12. HIGH ASPECT RATIO BEAM GENERATION WITH THE PHASE-SPACE ROTATION TECHNIQUE FOR LINEAR COLLIDERS, Masao Kuriki∗,Hiroshima University, Higashihiroshima, Japan, John Power, Argonne National Laboratory, Argonne, Illinois Hitoshi Hayano, Xiuguang Jin, Taro Konomi, Yuji Seimiya, Naoto Yamamoto, KEK, Tsukuba, Japan Philippe Piot,Northern Illinois University, Dekalib, Illinois Shigeru Kashiwagi, Tohoku University, Sendai, Japan Kazuyuki Sakaue, Masakazu Washio, Waseda University, Tokyo, Japan, Linear Accelerator Conference 2018 (LINAC2018), 2018年09月16日, 招待, 英語, LINAC2018 Organization Committee, Beijing, China
  13. THE EFFECT OF ENERGY FLUCTUATION ON THE MULTI-BUNCH ACCELERATION IN E-DRIVEN ILC POSITRON SOURCE, Masao Kuriki, Hisayasu Nagoshi, Tohru Tahakashi,Hiroshima University, Higashihiroshima, Japan Kentaro Negishi,Iwate University, Morioka, Japan Toshiyuki Okugi, Tsunehiko Omor, Masashi Satoh, Yuji Seimiya, Junji Urakawa, Kaoru Yokoya, KEK, Tsukuba, Japan Yoske Sumitomo, Nihon University, Funabashi, Japan Shigeru Kashiwagi, Tohoku University, Sendai, Japan, Masao Kuriki, Hisayasu Nagoshi, Tohru Tahakashi,Hiroshima University, Higashihiroshima, Japan Kentaro Negishi,Iwate University, Morioka, Japan Toshiyuki Okugi, Tsunehiko Omor, Masashi Satoh, Yuji Seimiya, Junji Urakawa, Kaoru Yokoya, KEK, Tsukuba, Japan Yoske Sumitomo, Nihon University, Funabashi, Japan Shigeru Kashiwagi, Tohoku University, Sendai, Japan, Linear Accelerator Conference (LINAC 2018), 2018年09月16日, 招待, 英語, LINAC2018 Organization Committee, Beijing, China
  14. A status report of ILC E-Driven Positron Source, 栗木雅夫, Posipol2018, 2018年09月03日, 通常, 英語, CERN, CERN, Geneva, Swiss
  15. CsKTe 薄膜による GaAs の NEA 活性化, 正木一成, 正木一成、栗木雅夫, 日本加速器学会, 2018年08月07日, 通常, 日本語, 日本加速器学会, 新潟県長岡市
  16. 電子ビーム駆動方式ILC陽電子源におけるビームローディングの補正, 名越久泰, 名越 久泰,栗木 雅夫,高橋 徹(広島大学先端研),大森 恒彦,浦川 順治,佐藤 政則,清宮 裕史(高エネ研加速器),住友 洋介(日本大学),柏木 茂(東北大電子光理学),根岸 健太郎(岩手大学), 日本加速器学会年会, 2018年08月07日, 通常, 日本語, 日本加速器学会, 新潟県長岡市
  17. 位相空間回転によるリニアコライダーのための高ルミノシティ扁平ビームの生成, 栗木 雅夫(広島大学先端研), 栗木 雅夫(広島大学先端研),早野 仁司,山本 尚人,清宮 裕史,金 秀光,許斐 太郎(高エネ研加速器),柏木 茂(東北大電子光理学),坂上 和之,鷲尾 方一(早稲田大学理工総研),PIOT Philippe(Dept. of Physics, Northern Illinois University),POWER John(Physics div., ANL), 日本加速器学会年会, 2018年08月07日, 通常, 日本語
  18. CFS and Target Maintenance for ILC Positron Source, 栗木雅夫, 栗木雅夫, 大森恒彦、Peter Sievers, ALCW2018 (Asina Linear Collider Workshop 2018), 2018年05月30日, 通常, 英語, LCC Linear Collider Collaboration, ICFA, 福岡市、福岡県、日本
  19. A status report of ILC E-Driven Positron Source, 栗木雅夫, 栗木雅夫、名越久泰、高橋徹、大森恒彦、横谷馨、浦川順治、佐藤政則, Asian Linear Collider Workshop (ALCW2018), 2018年05月30日, 通常, 英語, Linear Collider Collaboration, ICFA, 福岡市、福岡県、日本
  20. Energy Spread Compensation in Arbitrary Format Multi-Bunch Acceleration With Standing Wave and Traveling Wave Accelerators, 栗木雅夫, International Particle Accelerator Conference (IPAC2018), 2018年04月29日, 通常, 英語, IPAC Organization Committee, バンクーバー、BC、カナダ
  21. A Design Study of the Electron-driven ILC Positron Source Including Beam Loading Effect, H. Nagoshi, H. Nagoshi, M. Kuriki HU/AdSM, Higashi-Hiroshima, Japan S. Kashiwagi Tohoku University, Research Center for Electron Photon Science, Sendai, Japan K. Negishi Iwate University, Morioka, Iwate, Japan T. Omori, M. Satoh, Y. Seimiya, J. Urakawa KEK, Ibaraki, Japan Y. Sumitomo LEBRA, Funabashi, Japan T. Takahashi Hiroshima University, Graduate School of Science, Higashi-Hiroshima, Japan, International Accelerator Conference (IPAC 2018), 2018年04月29日, 通常, 英語, IPAC Organization Committee
  22. NEA Surface Activation of GaAs Photocathode with CO2, L.Guo, H. Iijima Tokyo University of Science, Tokyo, Japan M. Kuriki HU/AdSM, Higashi-Hiroshima, Japan K. Uchida Cosylab Japan, Ibaraki, Japan, International Particle Accelerator Conference (IPAC2018), 2018年04月29日, 通常, 英語, IPAC Organization Committee, バンクーバー、BC、Canada
  23. エミッタンス交換によるリニアコライダーのための高アスペクト比電子ビームの直接生成, 栗木雅夫, 柏木茂、早野仁司、清宮裕史、山本尚人、坂上和之、鷲尾方一, 第73回日本物理学会年会, 2018年03月25日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 東京理科大学、野田市、千葉県, 発表資料
  24. 巨大科学の社会的意義, 栗木雅夫, 日本物理学会第73回年会, 2018年03月23日, 招待, 日本語, 日本物理学会, 東京理科大学、千葉県野田市, 発表資料
  25. Photo-cathode studies at Hiroshima University, 栗木雅夫, Seminar at LANL, 2018年03月04日, 招待, 英語, ロスアラモス国立研究所, ロスアラモス、ニューメキシコ州、アメリカ合衆国
  26. Emittance Exchange Program at KEK-STF, Masao KURIKI, AFAD2018, 2018年01月29日, 招待, 英語, AFAD, Daejeon, Korea
  27. CsK2Sbマルチアルカリカソードの高耐久性の実証, 栗木雅夫、郭磊、浦野正洋、横田温貴、根岸健太郎、清宮裕史, 栗木雅夫、郭磊、浦野正洋、横田温貴、根岸健太郎、清宮裕史, 日本加速器学会年会, 2017年08月01日, 通常, 英語, 日本加速器学会, 札幌、北海道, CsK2Sb is a multi-alkali cathode which can be driven by a green laser generated as SHG of a solid state laser. The quantum efficiency is as high as 10%. In this article, we demonstrated that the cathode has an enough robustness to generate a high brightness electron beam. We found that 1/e lifetime of the cathode was inversely proportional to the vacuum pressure. The normalized temporal life was (4:72 0:08) 105 Pa:hour for 532 nm laser. The life- time regarding to the extracted charge density was also in- versely proportional to the vacuum pressure. The normal- ized charge life was (1:19 0:03 0:04) 104Pa:C=mm2.
  28. 定在波加速管におけるビームローディングの取り扱い, 栗木雅夫、名越久泰、高橋徹、根岸健太郎、清宮裕史、横谷馨、佐藤政則、浦川順治、大森恒彦, 栗木雅夫、名越久泰、高橋徹、根岸健太郎、清宮裕史、横谷馨、佐藤政則、浦川順治、大森恒彦, 日本加速器学会年会, 2017年08月01日, 通常, 英語, 日本加速器学会, 札幌、北海道, ILC (International Linear Collider) is e+ e- linear collider in the next high energy program promoted by ICFA. In ILC, an intense positron pulse in a multi-bunch format is generated by impinging electron beam on a target. The generated positron is captured by a standing wave accelerator in a solenoid focusing. By employing the accelerator with a large aperture, an enough amount of positron can be captured, even with a limited accelerator gradient. However, the heavy beam loading up to 2 A perturbs the field gradient and profile along the longitudinal position. We present the theoretical treatment of the beam loading effect in the standing wave acceleration based on a multi-cell model. Based on the model, we have obtained the expected gradient which is lower than the single cell model. The compensation of the transient beam loading effect is not pefect, but enough for practical use.
  29. Overall Design of the E-driven ILC Positron Source, 栗木雅夫, 電子ビームドライブ方式ILC陽電子源研究開発会合, 2017年07月25日, 招待, 英語, ILC研究開発グループ, つくば、茨城
  30. 陽電子源, 20170723, 栗木雅夫, ILC 夏の合宿2017, 2017年07月23日, 招待, 英語, ILC夏の合宿世話人会, 乗鞍高原、松本、長野、日本
  31. CsK2Sbマルチアルカリ高性能・高耐久フォトカソードの研究, 栗木雅夫, 広大ADSM, AKEK 加速器, B 分子研UVSOR, C 岩手大 理工 栗木雅夫、横田温貴、郭磊、浦野正洋、A 清宮裕二、A 許斐太郎、B 加藤正博、C 根岸健太郎, 日本物理学会年会, 2017年03月17日, 通常, 日本語, 日本物理学会, 豊中、大阪、日本, Present an experimental study of CsK2Sb cathode, 発表資料
  32. A Study for Robustness of CsK2Sb Cathode, 栗木雅夫, G. Lei, A. Yokota, M. Urano (Hiroshima U.) Y. Seimiya, T. Konomi(KEK) K. Negishi (Iwate U.) M. Katoh (UVSOR), 高輝度・高周波電子銃研究会, 2017年02月23日, 通常, 日本語, 東北大学電子光理学研究センター, 仙台、宮城、日本, Present an experimental result for the robustness of CsK2Sb cathode.
  33. Dielectric Wake Acceleration, Masao KURIKI, Asian Forum for Accelerators and Detectors, 2017年01月06日, 招待, 英語, 現代物理研究所、中国科学院、中華人民共和国, 蘭州、甘粛省、中華人民共和国, Discuss about a proposal for an experimental demonstration of the dielectric Wake acceleration., 発表資料
  34. A Study for Robustness of CsK2Sb Cathode, 栗木雅夫, Masao KURIKI , G. Lei, A. Yokota, M. Urano(Hiroshima U.) Y. Seimiya, T. Konomi(KEK) K. Negishi (Iwate U.) M. Katoh (UVSOR), Asian Forum for Accelerators and Deterctors, 2017年01月14日, 招待, 英語, 現代物理研究所、蘭州、中華人民共和国, 蘭州、甘粛省、中華人民共和国, 2017/1/16-18, 発表資料
  35. 高耐久・高性能CsK2Sbマルチアルカリカソードの開発, 栗木雅夫, 広島大学加速器物理研究室:栗木雅夫、郭磊、横田温貴、浦野正洋 分子研UVSOR : 加藤正博 KEK加速器施設: 清宮裕史、許斐太郎, ビーム物理研究会, 2016年11月24日, 通常, 日本語, ビーム物理研究会, SPring8, 兵庫、日本, Present an experimental Study of the high -performance cathode.
  36. Electron Driven ILC Positron Source with a Low Gradient Capture Linac, Masao Kuriki (HU/AdSM, Higashi-Hiroshima), Masao Kuriki (HU/AdSM, Higashi-Hiroshima), Takaomi Kakita, Tohru Takahashi (Hiroshima University, Higashi-Hiroshima), Kentaro Negishi (Iwate University, Morioka, Iwate), Toshiyuki Okugi, Tsunehiko Omori, Masanori Satoh, Yuji Seimiya, Junji Urakawa, Kaoru Yokoya (KEK, Ibaraki), Linear Accelerator Conference (LINAC 2016), East Lansing, MI, USA, 25-30, September, 2016, 2016年09月26日, 招待, 英語, International Organizing Committee of LINAC conference, Michigan State University, East Lansing, Michigan, USA, ILC (International Linear Collider) is e+ e- linear collider in the next high energy program promoted by ICFA. In ILC, an intense positron pulse in a multi-bunch format is generated with gamma ray from Undulator radiation. As a technical backup, the electron driven positron source has been studied. By employing a standing wave L-band accelerator for the capture linac, an enough amount of positron can be captured due to the large aperture, even with a limited accelerator gradient. However, the heavy beam loading up to 2 A perturbs the field gradient and profile along the longitudinal position. We present the capture performance of the ILC positron source including the heavy beam loading effect., プレプリント
  37. UPS Study for CsK2Sb Photocathode, Masao Kuriki - High Energy Accelerator Research Organization, Masao Kuriki, Taro Konomi, Yuji Seimiya (KEK, Ibaraki), Lei Guo, Masahiro Urano, Atsuki Yokota (HU/AdSM, Higashi-Hiroshima), Kentaro Negishi (Iwate University, Morioka, Iwate), Linear Accelerator Conference (LINAC2016), 2016年09月26日, 招待, 英語, International Organizing Committee of Linear Accelerator Conference, Michigan State University, East Lansing, Michigan, USA, CsK2Sb photo-cathode is one of the ideal cathode for accelerators requiring the high brightness electron beam. It can be driven with a green laser which can be generated as SHG from solid state laser. The QE (Quantum Efficiency) of photo-electron emission is as high as more than 10% with 532nm light. The material is robust and the typical operational lifetime is more than several months. It is also vital against the high intensity beam extraction. The photo-cathode is generated as a thin film in-situ and the material property and optimized condition for the cathode formation is not understood well. In this article, we present UPS analysis of CsK2Sb cathode for deeper understanding., プレプリント
  38. Lifetime Study of Csk2Sb Robust Photo-Cathode for a High Brightness Electron Source, Masao Kuriki, Masao Kuriki, Yuji Seimiya (KEK, Ibaraki), Lei Guo, Katsuhiro Moriya, Masahiro Urano, Atsuki Yokota (HU/AdSM, Higashi-Hiroshima), Kentaro Negishi (Iwate University, Morioka, Iwate), Linear Accelerator Conference (LINAC2016), 2016年09月26日, 招待, 英語, International Organizing Committee of LINAC Conference, Michigan State University, East Lansing, Michigan, USA, プレプリント
  39. A start to end simulation of electron driven positron source for ILC, Masao KURIKI (Hiroshima University), PosiPol2016, LAL-Orsay, Paris, France, 14-16 Septermber 2016, 2016年09月15日, 招待, 英語, International Organizing Committee of PosiPol2016, LAL-Orsay, Paris, France, 発表資料
  40. Cs-Te薄膜によるGaAsカソード活性化, 22aDE9, 日本物理学会第70回年会, 2015年03月21日, 通常, 早稲田大学、東京,
  41. 電子ドライブ方式によるILC陽電子源の最適化, 24pDE1, 日本物理学会第70回年会, 2015年03月21日, 通常, 早稲田大学、東京
  42. 2015年01月26日, 通常
  43. 2014年10月05日, 通常
  44. 2014年10月05日, 通常
  45. 2014年08月31日, 通常
  46. 電子ビームドライブ方式によるILC陽電子源の設計研究, SUOM01, 第11回日本加速器学会年会, 2014年08月09日, 通常, 青森
  47. 2014年, 通常
  48. 2014年, 通常
  49. 電子源の最先端, 先端加速器技術協議会, 2014年, 招待
  50. 国際リニアコライダー計画, 高エネルギー加速器研究機構、一般公開、特別講演, 2014年, 招待
  51. A Study for Robustness of CsK2Sb Cathode, 栗木雅夫, G. Lei, A. Yokota, M. Urano (Hiroshima U.) Y. Seimiya, T. Konomi(KEK) K. Negishi (Iwate U.) M. Katoh (UVSOR), IX International Workshop on Advanced Generation of THz and Compton X-ray (AGTaX) using compact electron accelerator, 招待, 英語, Inter University Accelerator Cetre, New Delhi, India, New Delhi, India, Present an experimental study for the robustness of CsK2Sb cathode
  52. ILC加速器の全体設計, 20170721, ILC 夏の合宿2017, 招待, 英語, ILC夏の合宿世話人会, 乗鞍高原、松本、長野、日本, ILC (International Linear Collider) Accelerator Design is presented.
  53. リニアコライダー加速器の設計コンセプト, 栗木雅夫, 大阪市立大学教室談話会, 通常, 日本語

受賞

  1. 2018年03月17日, APEX/JJAP 編集貢献賞, 日本応用物理学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 国家課題対応型研究開発推進事業(光・量子科学研究拠点形成に向けた基盤技術開発), 「小型加速器による小型高輝度X線源とイメージング基盤技術開発」(光高周波電子銃用新マルチアルカリ光カソードおよびレーザー蓄積装置のフィードバック技術開発), 2015年04月01日, 2016年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 光加速器のための位相空間制御によるマイクロバンチ構造の生成, 2013年, 2015年
  3. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 超高輝度・高偏極RF電子銃開発, 2012年, 2014年
  4. 科学研究費助成事業(萌芽研究), フォトニック結晶レーザー電子銃の研究, 2008年, 2009年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), レーザーパルス蓄積空洞と電子蓄積リングを用いた高効率偏極ガンマ線生成, 2006年, 2008年
  6. 科学研究費助成事業(学術創成研究費), レーザー蓄積装置を活用した国際リニアコライダービーム診断技術に関する融合研究, 2005年, 2009年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 超低エミッタンス電子源の開発, 2003年, 2005年
  8. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 大電流マルチバンチ電子ビームのためのS-Band加速管の開発, 2001年, 2002年
  9. 国家課題対応型研究開発推進事業(光・量子科学研究拠点形成に向けた基盤技術開発), 「小型加速器による小型高輝度X線源とイメージング基盤技術開発」(光高周波電子銃用新マルチアルカリ光カソードおよびレーザー蓄積装置のフィードバック技術開発), 2014年04月01日, 2015年03月31日
  10. 大学加速器連携ネットワーク による人材育成等プログラム, ビーム力学と加速器技術についての国際スクール, 2018年, 2018年
  11. 高エネルギー加速器科学研究奨励会研究助成制度, ILC夏の合宿2018の開催補助, 2018年, 2018年
  12. 高エネルギー加速器科学研究奨励会研究助成制度, 2018年, 2018年

社会活動

委員会等委員歴

  1. ERL計画推進委員会委員, 2012年05月, 2014年03月, 高エネルギー加速器研究機構
  2. リニアコライダー計画推進委員会委員, 2012年06月, 2014年03月, 高エネルギー加速器研究機構
  3. 客員研究員, 2013年04月, 2014年03月, 高エネルギー加速器研究機構
  4. 講師, 2013年12月, 2013年12月, 高エネルギー加速器研究機構
  5. 年会プログラム委員, 2012年12月, 2013年09月, 日本加速器学会
  6. 評議員, 2012年04月, 2014年03月, 日本加速器学会
  7. 編集委員, 2013年04月, 2014年03月, 公益社団法人応用物理学会
  8. 編集委員, 2012年04月, 2014年03月, 日本加速器学会
  9. ERL計画推進委員会委員, 2014年05月, 2016年03月, 高エネルギー加速器研究機構
  10. 非常勤講師, 2014年10月, 2015年03月, 九州大学大学院理学府
  11. 編集幹事, 2014年04月, 2016年03月, 日本加速器学会
  12. 評議員, 2014年04月, 2016年03月, 日本加速器学会
  13. 編集委員, 2014年04月, 2015年03月, 公益社団法人応用物理学会
  14. 客員研究員, 2014年04月, 2015年03月, 高エネルギー加速器研究機構
  15. リニアコライダー計画推進委員会委員, 2015年01月, 2016年03月, 高エネルギー加速器研究機構
  16. 客員研究員, 2015年04月, 2016年03月, 高エネルギー加速器研究機構
  17. APEX/JJAP 編集委員, 2016年04月, 2017年03月, 公益社団法人応用物理学会
  18. 客員研究員, 2016年04月, 2017年03月, 高エネルギー加速器研究機構
  19. リニアコライダー計画推進委員会委員, 2016年04月, 2018年03月, 高エネルギー加速器研究機構
  20. 日本加速器学会学会誌編集委員会委員長, 0420年14月, 日本加速器学会
  21. International Organizing Committee of PosiPol2016, 2016年04月01日, 2017年03月31日, International Organizing Committee of PosiPol2016
  22. 日本物理学会ビーム物理領域副代表, 2019年04月01日, 2021年03月31日, 日本物理学会

学術会議等の主催

  1. ILC夏の合宿2016, ILC夏の合宿2016組織委員会, 2016年01月, 2016年07月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, Applied Physics Express, 編集員, 編集委員, 24
  2. 2017年, Japanese Journal of Applied Physics, 編集員, 編集委員, 24