藤吉 奏SO FUJIYOSHI

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
IDEC国際連携機構 助教
ホームページ
メールアドレス
sofu62hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
微生物生態とくに生物ー無生物、生物ー生物相互作用に興味があり、フィールド(海でも地球の裏側でもどこでも行きます)、ウェット(実験)、ドライ(バイオインフォ)を組み合わせて研究に取り組んでいます。

基本情報

主な職歴

  • 2017年04月01日, 2018年03月31日, 京都大学, 大学院医学研究科, 特定助教
  • 2018年04月01日, 2020年03月31日, 京都大学, 大学院人間・環境学研究科, 特定助教
  • 2020年04月01日, 2022年03月31日, 広島大学, 学術・社会連携室, 助教
  • 2018年04月, JST/JICA SATREPS, JICA専門家

学歴

  • 北海道大学, 水産学部, 増殖生命科学科, 日本, 2008年04月, 2012年03月
  • 北海道大学, 水産科学研究科, 海洋応用生命科学, 日本, 2012年, 2014年
  • 京都大学, 農学研究科, 応用生物科学専攻, 日本, 2014年04月, 2017年03月

研究分野

  • 農学 / 水圏応用科学 / 水圏生命科学
  • 総合生物 / ゲノム科学 / ゲノム医科学
  • 医歯薬学 / 社会医学 / 衛生学・公衆衛生学
  • 環境学 / 環境解析学 / 環境影響評価

研究キーワード

  • 相互作用
  • 高速シーケンサー
  • 細菌群集
  • ゲノム微生物学
  • メタゲノム
  • 微生物生態学
  • 微生物学

所属学会

  • 日本微生物生態学会
  • 室内環境学会
  • ゲノム微生物学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学特別講義(環境遺伝生態学概説と最新トピックス)
  2. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 環境遺伝生態学特別演習
  3. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 環境遺伝生態学特別演習
  4. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 環境遺伝生態学特別研究
  5. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 環境遺伝生態学特別研究
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 基礎生物学特別講義(環境遺伝生態学概説と最新トピックス)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Understanding effects of ventilation on airborne microorganisms in build environments: A perspective, CLIMA 2022 Conference, 20220506
  2. Fabrication of a new all-in-one microfluidic dielectrophoresis integrated chip and living cell separation, iScience, 25巻, 2号, pp. 103776, 20220218
  3. Characteristics of PM2.5 Pollution in Osorno, Chile: Ion Chromatography and Meteorological Data Analyses, Atmosphere, 13巻, 2号, pp. 168, 20220117
  4. A Standardized Procedure for Monitoring Harmful Algal Blooms in Chile by Metabarcoding Analysis, JoVE, 20210826
  5. Structure of bacterial communities in Japanese-style bathrooms: Comparative sequencing of bacteria in shower water and showerhead biofilms using a portable nanopore sequencer, bioRxiv, 20210714
  6. 16S rRNA–Based Analysis Reveals Differences in the Bacterial Community Present in Tissues of Choromytilus chorus (Mytilidae, Bivalvia) Grown in an Estuary and a Bay in Southern Chile, Diversity, 13巻, 5号, pp. 209, 20210512
  7. Thermal destabilization mechanism of cytochrome c' from psychrophilic Shewanella violacea, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, pp. zbab007, 20210116
  8. Airborne bacterial communities of outdoor environments and their associated influencing factors, Environment International, 145巻, pp. 106156, 20201201
  9. Suitcase Lab: new, portable, and deployable equipment for rapid detection of specific harmful algae in Chilean coastal waters, Environmental Science and Pollution Research, pp. 1-12, 20201118
  10. 16S and 18S Metabarcoding analysis for Chilean coastal waters harmful algal blooms, protocols.io, 20201023
  11. Protocols for Monitoring Harmful Algal Blooms for Sustainable Aquaculture and Coastal Fisheries in Chile, International Journal of Enviromental Research and Public Health, 17巻, 20号, pp. 7642, 20201020
  12. Evaluation of PCR conditions for characterizing bacterial communities with full-length 16S rRNA genes using a portable nanopore sequencer, Scientific Reports, 10巻, 1号, pp. 12580, 20200728
  13. Size resolved characteristics of urban and suburban bacterial bioaerosols in Japan as assessed by 16S rRNA amplicon sequencing, Scientific Reports , 10巻, 1号, pp. 12406, 20200722
  14. Airborne microbial communities at high-altitude and suburban sites in Toyama, Japan suggest a new perspective for bioprospecting, Frontiers in Bioengineering and Biotechnology, 7巻, pp. 12, 20190205
  15. Transmission of airborne bacteria across built environments and its measurement standards: a review, Frontiers in Microbiology, 8巻, pp. 2336, 20171129
  16. Effects of hemagglutination activity in the serum of a deep-sea vent endemic crab, Shinkaia Crosnieri, on non-symbiotic and symbiotic bacteria, Microbes and Environments, 30巻, 3号, pp. 228-234, 20150725
  17. 目指せ!細菌学の星☆2015 深海底熱水活動域における固有甲殻類血清の性状解析(We'll be the stars of bacteriology! 2015 Hemagglutination activity in the serum of deep-sea vent endemic crab), 日本細菌学雑誌, 70巻, 1号, pp. 113-113, 20150200
  18. Airborne bacterial community associated with fine particulate matter (PM2.5) under different air quality indices in Temuco city, southern Chile, ARCHIVES OF MICROBIOLOGY, 204巻, 2号, 202202
  19. Relationship between the Microbiome and Indoor Temperature/Humidity in a Traditional Japanese House with a Thatched Roof in Kyoto, Japan, Diversity, 13巻, 10号, 202110
  20. Label-Free Separation of Living Bacteria and Eukaryotic Cells by a Novel Microfluidic Dielectrophoresis Integrated Chip System, SSRN, 202108
  21. 口腔内における複合微生物感染症のホロゲノム動態を時空間的に理解する, 最新医学, 73巻, 4号, pp. 509-522, 201804
  22. マイクロバイオーム研究からホロビオーム研究への新展開 (特集 細菌叢解析の光と影), 生体の科学, 68巻, 2号, pp. 97-101, 201703
  23. Allying with armored snails: the complete genome of gammaproteobacterial endosymbiont, The ISME Journal, 8巻, 1号, pp. 40-51, 201401

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 制御された住環境のDNA量から微生物増殖の要因を推察する, 侯建建, 藤吉奏, 中嶋麻起子, 小久保舞香, 小椋大輔, 丸山史人, 第75回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2022年10月01日, 通常, 日本語, 日本細菌学会中国・四国支部総会, オンライン
  2. An approach to forecast harmful algal blooms in Chile using empirical dynamic modelling, Ishara Uhanie Perera, So Fujiyoshi, Daiki Kumakura, Shinji Nakaoka, Fumito Maruyama, 日本微生物生態学会第35回大会, 2022年11月03日, 通常, 英語, 日本微生物生態学会, 会場札幌コンベンションセンター
  3. 南米チリ沿岸ホロビオームモニタリングに基づく赤潮発生・消長に関わる細菌探索, 藤吉 奏, 鎗水 京子, Ishara Perera, 丸山 史人, 日本微生物生態学会第35回大会, 2022年11月02日, 通常, 日本語, 日本微生物生態学会, 札幌コンベンションセンター
  4. H'OME〜身近な微生物と共に生きるための古くて新しい住まい方, 藤吉奏, 第3回微生物や微生物菌叢への革新的機能付与・機能制御の新展開, 2022年08月18日, 招待, 日本語, 日本学術会議 食料科学委員会・農学委員会合同 農芸化学分科会主催, オンライン
  5. Structure of bacterial communities in Japanese-style bathrooms: Comparative sequencing of bacteria in shower water and showerhead biofilms using a portable nanopore sequencer, Fumito Maruyama, So Fujiyoshi, Yukiko Nishiuchi, Colorado Mycobacteria Conference 2022: Focus on NTM, 2022年06月01日, 通常, 英語, Colorado State University, Fort Collins, CO, USA
  6. 日本の2地点で捕集した粒子状物質における細菌群集構造と化学組成の関係, 関誠, 藤吉奏,丸山史人,遠里由佳子,嶋田崇志,小山慎一,酒徳昭宏,中村省吾,田中大祐, 環境化学物質3学会合同大会, 2022年06月00日, 通常, 日本語, 富山
  7. Understanding effects of ventilation on airborne microorganisms in build environments: A perspective, So Fujiyoshi, Mateja Dovjak, Janja Vaupotič, Fumito Maruyama, CLIMA 2022 the 14th HVAC World Congress, 2022年05月25日, 通常, 英語, Rotterdam, The Netherlands
  8. Potential use of a novel all-in-one microfluidic dielectrophoresis integrated chip for cell living separation in aquatic microbiology research, Jacquelinne J. Acuña, Milko A. Jorquera, Joaquin-Ignacio Rilling, Marco Campos, Tay Ruiz, Andrés Ávila, Mariela Gonzalez, Henry Cameron, Carlos Riquelme, Karen Vergara, Gonzalo Gajardo, Jonnathan Vilugrón, Gonzalo Fuenzalida, Oscar Espinoza-González, Leonardo Guzmán, Kyoko Yarimizu, So Fujiyoshi, Fumito Maruyama, XLI Marine Science Congress 2022, 2022年05月24日, 通常, 英語, Concepción, Chile
  9. 南⽶チリ北部 San Jorge 湾の有害藻類モニタリング, 藤吉 奏, 鎗⽔ 京⼦ 、⻑井 敏 、丸⼭ 史⼈, 第16回ゲノム微生物学会年会, 2022年03月04日, 通常, 日本語
  10. Lessons from bioaerosol analysis in Japan and ongoing projects, Fujiyoshi S, Aerobiology Seminar, 2021年12月15日, 招待, 英語, Temuco, Chile
  11. 茅葺古民家の温湿度と微生物種組成の特徴, 藤吉 奏, 小久保舞香、中嶋 麻起子、小椋大輔、丸山史人, 日本微生物生態学会第34回大会, 2021年11月01日, 通常, 日本語
  12. Harmful Algae Monitoring on San Jorge Bay in Antofagasta, Chile, Kyoko Yarimizu, Carlos Riquelme, Henry Cameron, Vladimir Ávalos, Stephanie Barría, So Fujiyoshi, Ignacio Rilling, Emma Cascales, Jonnathan Vilugrón, Oscar Espinoza, Leonardo Guzmán, Milko A. Jorquera, Satoshi Nagai, Fumito Maruyama, 19th International Conference on Harmful Algae (ICHA), 2021年10月12日, 通常, 英語
  13. 住環境の微生物と物理化学因子、住まい方の関係 ―美山の茅葺民家における微生物量と温湿度の関係についてー, 小久保舞香, 小椋大輔, 伊庭千恵美, 中嶋麻起子, 藤枝絢子, 丸山史人, 藤吉奏, 能田淳, 令和3年度 日本建築学会, 2021年09月00日, 通常, 日本語, オンライン
  14. 住環境の微生物と物理化学因子、住まい方の関係 -美山の茅葺民家における微生物量と温湿度の関係について, 小久保舞香, 小椋大輔, 伊庭千恵美, 中嶋麻起子, 藤枝絢子, 丸山史人, 藤吉奏, 能田淳, 令和3年度(2021年度) 日本建築学会 近畿支部研究発表会, 2021年06月27日, 通常, 日本語, オンライン
  15. Microbiome and indoor temperature/humidity in a traditional Japanese house with a thatched roof, Maruyama F, Fujiyoshi S, Kokubo M, Nakajima M, Ogura D, ASM Microbe, 2021年06月10日, 通常, 英語, Washington DC, USA
  16. Water supply provides bacteria for the shower head, but the environment selects, Fujiyoshi So, Maruyama Fumito, World Microbe Forum, 2021年06月00日, 通常, 英語, Online
  17. 模擬古墳における環境計測と微生物群集特性, 藤吉 奏, 中嶋 麻起子、髙取伸光、謝華栄、小椋大輔、丸山史人, 第15回日本ゲノム微生物学会, 2021年03月06日, 通常, 日本語
  18. ハイブリッドアプローチによる環境ホロゲノム解析, 藤吉 奏, 第15回 日本ゲノム微生物学会 若手賞受賞講演, 2021年03月05日, 招待, 日本語, オンライン
  19. ハイブリッドアプローチによる環境ホロゲノム研究, So Fujiyoshi, 第15回日本ゲノム微生物学会年会, 2021年03月05日, 招待, 日本語
  20. プロファージ上の Type II メチル化酵素を介した Streptococcus pyogenes のゲノム多様化, 大田篤, 鎗水京子、藤吉奏、丸山史人, 第94回日本細菌学会総会, 2021年03月00日, 通常, 日本語, オンライン
  21. IT 万歳、教える側が楽:チリで夏期短期集中ゲノム情報解析講習会を主催して, 河合幹彦, Andrés Ávila、Giovanni Larama、Raphael Verdugo、藤吉 奏、Miche Abanto、丸山史人、Enrique Ostria-Gallardo, 第15回日本ゲノム微生物学会, 2021年03月00日, 通常, 日本語, オンライン
  22. 浴室微生物の特性とオンサイト解析に向けた取り組み, 藤吉奏, 広島大学 第4回 HiHA Young Researchers Workshop, 2021年01月20日, 招待, 日本語
  23. Characteristics of the microbial community in bioaerosol in Chile and Japan, Fujiyoshi S, XVII Coloquios de Microbiología, 2020年07月30日, 招待, 英語, Online
  24. Characteristics of the microbial community in bioaerosol in Chile and Japan, Fujiyoshi S, XVII Coloquios de Microbiología, 2020年07月30日, 招待, 英語, Valparaiso, Chile(On-line)
  25. アンダーセンエアサンプラーとIllumina MiSeqを用いた富山市と横浜市における細菌バイオエアロゾルの特徴, 田中大祐, 藤吉 奏、丸山史人、後藤元志、小山慎一、金谷潤一、磯部順子、綿引正則、酒徳昭宏、加賀谷重浩、中村省吾, 第13回大気バイオエアロゾルシンポジウム, 2020年02月00日, 通常, 日本語, 大阪
  26. The locality of airborne microbial community, Fujiyoshi S, Bioaerosol Meeting, 2020年01月08日, 招待, 英語, Universidad de Magallanes, Punta Arenas, Chile
  27. Suitcase lab: A new portable and deployable equipment for a rapid detection of specific harmful algae in Chilean coastal waters, Fujiyoshi S, Maruyama F, 7th International Workshop: Advances in Science and Technology of Bioresource, 2019年12月02日, 招待, 英語, Pucon, Chile
  28. Bioinformatics in microbiome analysis, Fujiyoshi S, El 1o Workshop Konün Wenü 2019, 2019年09月26日, 招待, 英語, Centro de Excelencia de Modelación y Computación Científica (CMCC), Universidad de La Frontera, Temuco, Chile
  29. Diferencia específica en la composición bacteriana entre el biofilm de la ducha y el agua de la ducha en el baño japonés, So Fujiyoshi, Fumito Maruyama, 1st. ISME-LATIN AMERICA CONGRESS Technical University Federico Santa Maria Valparaiso, 2019年09月11日, 通常, スペイン語, Chile
  30. Bacterial bioaerosols at Yokohama and Toyama in Japan, Fumito Maruyama, So Fujiyoshi, Daisuke Tanaka, 1st. ISME-LATIN AMERICA CONGRESS Technical University Federico Santa Maria Valparaiso, 2019年09月11日, 英語, Chile
  31. Specific difference in bacterial composition between shower-head biofilm and shower water in Japanese bathroom, So Fujiyoshi, Fumito Maruyama, 1st. ISME-LATIN AMERICA CONGRESS Technical University Federico Santa Maria Valparaiso, 2019年09月11日, 招待, 英語, Chile
  32. SATREPS progress update, Fujiyoshi S, 2019年09月09日, 招待, 英語, Taller Actividades SATREPS y otros proyectos en Magallanes, Punta Arenas, Chile
  33. 細菌群集構造から見えた日本のシャワー水とシャワーヘッドバイオフィルムの関係, 藤吉奏, 丸山史人, 第13回日本ゲノム微生物学会, 2019年03月06日, 通常, 日本語, 東京
  34. Bacterial community analysis by metagenomic approaches, Fujiyoshi S, Bioinformatics meeting, Centro Austral de technologia genómica, 2018年12月12日, 招待, 英語, Universidad de Magallanes, Punta Arenas, Chile
  35. Bacterial community analysis by metagenomic approaches, Fujiyoshi S, 2018年11月26日, 招待, 英語, Universidad Tecnica Federico Santa Maria, Viña del mar, Chile
  36. エアロゾル発生源となる浴室環境の微生物群集構造解析, 丸山史人, 藤吉奏, 第6回大気エアロゾル 「シミュレーションと観測からのアジアダスト解析」, 2018年11月09日, 招待, 日本語, 北海道
  37. Bacterial community analysis by metagenomic approaches, Fujiyoshi S, Lecture in Lembaga llmu Pengetahuan Indonesia (LIPI), 2018年10月22日, 招待, 英語, Jakarta, Indonesia
  38. Bacterial community analysis by metagenomic approaches, Fujiyoshi S, Seminar in the laboratory of technological research in pattern recognitions (LITRP), 2018年08月31日, 招待, 英語, Scientific-Technological Park, Catholic University of Maule, Talca, Chile
  39. Metagenomic techniques applied to monitor algal holobiome, Fujiyoshi S, Lecture in Facultad de Ciencias, 2018年08月07日, 招待, 英語, Universidad de Chile, Santiago, Chile
  40. Metagenomic techniques applied to monitor algal holobiome, Fujiyoshi S, Lecture in Centro de investigación Oceanografica (COPAS) Sur-Austra, 2018年08月06日, 招待, 英語, Universidad de Concepción, Concepción, Chile
  41. Identification of biomarkers by metagenomic analysis ~toward on-site monitoring of holobiome dynamics, Fujiyoshi S, Conocimiento y Naturaleza, Special Invitation seminar, 2018年08月02日, 招待, 英語, Instituto de Bioquimeica y Mivrobiología, Universidad Austral de Chile, Valdivia, Chile
  42. Bacteria living in Japanese bathroom, Fujiyoshi S, Planetary Protection Center of Excellence: Capabilities for ISS Research, 2018年07月26日, 招待, 英語, NASA, Los Angeles, USA
  43. Metagenomic analysis revealed biomarkers of specific pathogen, Fujiyoshi S, A Special Summer Presentation, 2018年07月24日, 招待, 英語, Minnesota University, Minnesota, USA
  44. Connect to microorganisms whenever, wherever, Fujiyoshi S, Microbiology and Immunology, Special Seminar, 2018年07月23日, 招待, 英語, Minnesota University, Minnesota, USA
  45. Bacterial 16S rRNA gene profiling by portable DNA sequencer from shower water, shower head, bathtub inlet in Japan, So Fujiyoshi, Ai Muto, Fumito Maruyama, Microbiology of the Built Environment, Gordon Research Conference, 2018年07月15日, 通常, 英語, ME, United States
  46. MinION実演: MinION入門, 藤吉奏, バイオインフォマティクス最新情報セミナー, 2018年04月27日, 招待, 日本語, 大阪市立大学刀根山結核研究所
  47. 屋内エアロゾル発生源である浴室環境の微生物群集構造解析, 丸山史人, 藤吉奏, 第11回大気バイオエアロゾルシンポジウム, 2018年02月20日, 通常, 日本語, 長野
  48. Bathroom Microbiome as a source of bioaerosol in indoor environment, So Fujiyoshi, Fumito Maruyama, 11th Bioaerosol symposium, 2018年02月00日, 通常, 日本語, Nagano, Japan
  49. 携帯型ナノポアDNAシーケンサーを用いた現場サンプリング現場解析, 藤吉奏, 異分野融合セミナー, 2017年09月27日, 招待, 日本語, 金沢大学がん進展制御
  50. 携帯型DNAシーケンサーを用いた生活環境微生物の解析, 藤吉奏, 生物圏環境科学科セミナー, 2017年09月26日, 招待, 日本語, 富山大学理学部
  51. 携帯型DNAシーケンサーを用いた生活環境の細菌群集構造解析, 藤吉奏, 丸山史人, 環境微生物系学会合同大会2017, 2017年08月29日, 通常, 日本語, 宮城
  52. Evaluation of sanitary microbiological health of indoor environment based on NTM, So Fujiyoshi, Fumito Maruyama, Research group on genetic ecology of NTM, 2017年08月00日, 通常, 日本語, Kyoto, Japan
  53. Terrestrial adaptation from a depth of 1,500 meters,  藤吉奏, バイオサイエンス研究会セミナー, 2017年07月11日, 招待, 奈良先端大学
  54. 深海底熱水活動域に生息する固有甲殻類と外部共生機構, 藤吉奏, 和辻智郎、澤山茂樹、中川聡, 第 90 回日本細菌学会総会, 2017年03月19日, 通常, 日本語, 宮城
  55. Unique morphological features of deep-sea endemic crab ventral setae, Fujiyoshi S, Watsuji T, Sawayama S and Nakagawa S, 5th International workshop on deep-sea microbiology, 2016年09月10日, 招待, 英語, Kyoto, Japan
  56. Hemagglutination activity in the serum of deep-sea vent endemic crab, Fujiyoshi S, Fukushima D, Watsuji T, Mino S, Sawabe T, Sawayama S and Satoshi N, 第 88 回日本細菌学会総会, 2015年03月00日, 通常, 英語, 岐阜
  57. 深海底熱水活動域に生息する固有甲殻類の共生器官“腹部剛毛”の構造的特徴, 藤吉 奏, 和辻智郎、澤山茂樹、中川 聡, 日本微生物生態学会31回大会, 2016年, 通常, 日本語, 神奈川
  58. 深海底熱水活動域に生息する甲殻類の血清中血球凝集因子の探索と性状解析, 藤吉 奏, 和辻智郎、美野さやか、澤辺智雄、澤山茂樹、高井 研、中川 聡, 極限環境生物学会, 2014年, 通常, 日本語, 沖縄
  59. 海底熱水活動域に生息する無脊椎動物の血リンパ中レクチンの探索と性状解析, 藤吉 奏, 和辻智郎、美野さやか、澤辺智雄、澤山茂樹、高井研、中川 聡, 環境微生物系学会合同大会2014, 2014年, 通常, 日本語, 静岡
  60. 深海底熱水活動域に生息する甲殻類の血リンパ中異物認識因子の探索-ゴエモンコシオリエビの胸毛ファーム-, 藤吉 奏, 新井崇之、美野さやか、澤辺智雄、和辻智郎、澤山茂樹、中川 聡, 第8回細菌学若手コロッセウム, 2014年, 通常, 日本語, 北海道
  61. Purification and characterization of serum lectin from a deep-sea hydrothermal vent invertebrate, Fujiyoshi S, Arai T, Mino S, Watsuji T, Sawabe T and Nakagawa S, 5th International symposium on chemosynthesis-based ecosystems, 2013年, 通常, 英語, Victoria BC, Canada
  62. 深海底熱水活動域に固有の無脊椎動物が有する血清中レクチンの性状, 藤吉 奏, 新井崇之、神藤彩加、美野さやか、和辻智郎、杉村 誠、澤辺智雄、丸茂克美、中川 聡, 第31回日本糖質学会年会, 2012年, 通常, 日本語, 鹿児島
  63. Characterization of serum lectins from a deep-sea hydrothermal vent invertebrate, 藤吉 奏, 新井崇之、神藤彩加、美野さやか、和辻智郎、杉村 誠、澤辺智雄、丸茂克美、中川 聡, 第28回日本微生物生態学会・第4回日韓微生物生態シンポジウム, 2012年, 通常, 日本語, 愛知

受賞

  1. 2021年04月15日, FEMS Congress attendance grants, World Microbe Forum, Water supply provides bacteria for the shower head, but the environment selects
  2. 2021年03月05日, 若手賞, 第15回日本ゲノム微生物学会, ハイブリッドアプローチによる環境ホロゲノム解析
  3. 2014年08月, 若手奨励賞最優秀賞, 第8回細菌学若手コロッセウム, 深海底熱水活動域に生息する甲殻類の血リンパ中異物認識因子の探索-ゴエモンコシオリエビの胸毛ファーム¬—

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. Harmful Algae Blooms in Chile and Coastal Monitoring with Metabarcoding Analysis, XLIII Annual Meeting of the Society of Microbiology of Chile 2021, 2021年/11月/30日, 2021年/12月/02日, その他, セミナー・ワークショップ, 研究者
  2. VIBE(Viruses in the Built Environment)ミーティングレポート, 2021年/06月/27日, その他, その他, 社会人・一般
  3. FAQ : 建築環境の微生物学 : 2015年9月にワシントンDCで開催されたAcademy of Microbiology会議の報告, 2021年/06月/27日, その他, その他, 社会人・一般
  4. 建物を健康にするには、なんでもかんでも消毒するのはやめよう, 2021年/06月/27日, その他, その他, 社会人・一般
  5. A Chilean Harmful Algal Bloom Monitoring Program using Metabarcoding Analysis by SATREPS-MACH, the SATREPS-MACH project, 2021年/09月/01日, https://www.mach-satreps.org/, その他, その他, 社会人・一般