小川 貴史TAKAFUMI OGAWA

Last Updated :2024/06/04

所属・職名
広島大学 助教
メールアドレス
takafumi-ogawahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
モデル生物の酵母や線虫を用いて、①栄養応答経路が制御する細胞成長・代謝・ストレス抵抗性などの多様な機能、および②老化によって栄養応答性が破綻するメカニズム、を研究し、老化における栄養応答機能の重要性の解明を目指しています。

基本情報

主な職歴

  • 2016年04月01日, 2018年03月31日, 広島大学, 大学院先端物質科学研究科, 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2020年04月01日, 2022年09月30日, ハーバード大学医学部, ジョスリン糖尿病センター, 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2023年04月01日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 助教

学位

  • 修士(工学) (広島大学)
  • 博士(工学) (広島大学)

研究分野

  • 農学 / 農芸化学 / 応用生物化学
  • 農学 / 農芸化学 / 応用微生物学
  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学
  • 生物学 / 生物科学 / 分子生物学

研究キーワード

  • 栄養応答
  • 代謝
  • 成長
  • 老化
  • 線虫
  • 出芽酵母

所属学会

  • 日本農芸化学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎化学実験
  2. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 生物工学実験II
  3. 2024年, 学部専門, 通年, 卒業論文

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Exercise preserves physical fitness during aging through AMPK and mitochondrial dynamics, Proceedings of the National Academy of Sciences, 20230110
  2. S ‐adenosyl‐L‐homocysteine extends lifespan through methionine restriction effects, Aging Cell, 21巻, 5号, 202205
  3. Sake yeast YHR032W/ERC1 haplotype contributes to high S-adenosylmethionine accumulation in sake yeast strains, Journal of Bioscience and Bioengineering, 123巻, 1号, pp. 8-14, 201701
  4. Stimulating S -adenosyl- l -methionine synthesis extends lifespan via activation of AMPK, Proceedings of the National Academy of Sciences, 113巻, 42号, pp. 11913-11918, 20161018
  5. Evidence of Antagonistic Regulation of Restart from G1Delay in Response to Osmotic Stress by the Hog1 and Whi3 in Budding Yeast, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 77巻, 10号, pp. 2002-2007, 20131023
  6. Ras/cAMP-dependent Protein Kinase (PKA) Regulates Multiple Aspects of Cellular Events by Phosphorylating the Whi3 Cell Cycle Regulator in Budding Yeast, Journal of Biological Chemistry, 288巻, 15号, pp. 10558-10566, 201304