高橋 一郎Ichiro Takahashi

Last Updated :2024/06/04

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 教授
メールアドレス
snatumhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
免疫学の研究者です。最近は微生物の組織常在マクロファージへの共生現象について研究しています。

基本情報

主な職歴

  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 教授
  • 2002年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 教授
  • 1996年06月01日, 2002年03月31日, 大阪大学微生物病研究所, 講師
  • 1991年10月01日, 1996年05月31日, 大阪大学歯学部, 助手
  • 1988年04月01日, 1991年09月30日, 国立予防衛生研究所, 厚生技官

学歴

  • 大阪大学大学院歯学研究科, 日本, 1984年04月, 1988年03月
  • 鹿児島大学, 歯学部, 日本, 1978年04月, 1984年03月

学位

  • 歯学博士 (大阪大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 歯学科 : 歯学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 歯学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 歯学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 免疫学

研究キーワード

  • 粘膜免疫
  • 消化管粘膜における自然炎症
  • 微生物細胞内共生現象
  • 組織常在性マクロファージ
  • 免疫メタボリズム
  • 鉄代謝

所属学会

  • 日本免疫学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 4ターム, 生命科学
  2. 2024年, 学部専門, 4ターム, 免疫学
  3. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔微生物学・免疫学実習
  4. 2024年, 学部専門, 2ターム, 基礎・臨床総合示説
  5. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習III(粘膜免疫学)
  6. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  7. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  8. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  9. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  10. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  11. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  12. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  13. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  14. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生体防御学
  15. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 粘膜免疫学特別演習
  16. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 粘膜免疫学特別演習
  17. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 粘膜免疫学特別研究
  18. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 粘膜免疫学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. New horizon of mucosal immunity and vaccines., New horizon of mucosal immunity and vaccines., 21巻, 3号, 2009
  2. ★, Persistent colonization of non-lymphoid tissue-resident macrophages by Stenotrophomonas maltophilia, INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 32巻, 2号, pp. 133-141, 2020
  3. Analysis of hypoxia-associated dendritic cells in colitic mice and effects of probiotics on IL-10 production in inflammatory dendritic-cells under hypoxia., Beneficial Microbes, 10巻, 7号, pp. 801-810, 2019
  4. Mucosal regulatory cells in the gastrointestinal tract and periodontium, Periodontology2000, 54巻, pp. 247-256, 2010
  5. ★, New horizon of mucosal immunity and vaccines, CURRENT OPINION IN IMMUNOLOGY, 21巻, 3号, pp. 352-358, 2009
  6. ★, Intraepithelial lymphocytes: their shared and divergent immunological behaviors in the small and large intestine, IMMUNOLOGICAL REVIEWS, 215巻, pp. 136-153, 2007
  7. ★, Colitis in mice lacking the common cytokine receptor gamma chain is mediated by IL-6-producing CD4+ T cells, Gastroenterology, 128巻, pp. 922-934, 2005
  8. Clonal expansion of double-positive IELs by MICA expressed in mouse small intestinal epithelium., Journal of Immunology, 171巻, pp. 4131-4139, 2003
  9. Characteristics of claudin expression in follicle-associated epithelium of Peyer's patches: Preferential localization of claudin-4 at the apex of the dome region, LABORATORY INVESTIGATION, 83巻, 7号, pp. 1045-1053, 200307
  10. Alteration of interleukin 4 production results in the inhibition of T helper type 2 cell-dominated inflammatory bowel disease in T cell receptor alpha chain-deficient mice., Journal of Experimental Medicine, 190巻, pp. 607-615, 1999
  11. ★, CD4+ T-cell population mediates development of inflammatory bowel disease in T-cell receptor alpha chain-deficient mice., Gastroenterology, 112巻, pp. 1876-1886, 1997
  12. Mechanisms for mucosal immunogenicity and adjuvancy of Escherichia coli labile toxin., Journal of Infectious Diseases, 173巻, pp. 627-635, 1996
  13. Oral immunization with B subunit of the heat-labile enterotoxin of Escherichia coli induces early Th1 and late Th2 cytokine expression in Peyerユs patches., Journal of Infectious Diseases, 173巻, pp. 1428-1436, 1996
  14. Immunogenicity and protective effect against oral colonization by Streptococcus mutans of synthetic peptides of a streptococcal surface protein antigen. J. Immunol. 146:332-336., Journal of Immunology, 146巻, pp. 332-336, 1991
  15. ★, Requirement of a properly acylated beta(1-6)-D-glucosamine disaccharide bisphosphate structure for efficient manifestation of full endotoxic and associated bioactivities of lipid A., Infection and Immunity, 55巻, pp. 57-68, 1987

著書等出版物

  1. 2019年, 口腔科学 改訂版, 口腔・粘膜免疫, 朝倉書店, 2019年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 高橋一郎・清野宏, ISBN 978-254-35001-2
  2. 2010年, 臨床粘膜免疫学, 誘導組織と実効組織, 株式会社シナジー, 2010年, 12, 教科書, 共編著, 722

受賞

  1. 2005年12月, 広島大学学長表彰, 広島大学 牟田泰三学長, 教育研究活動における創意工夫と意欲あふれる授業
  2. 1999年06月, 国際粘膜免疫学会若手奨励賞, 炎症性腸疾患の発病機序に関する研究
  3. 1994年09月, 歯科基礎医学会賞

取得

  1. 特許権, 3089287, う蝕ワクチンの製造法
  2. 特許権, 5821128, 2015年10月16日, 大腸粘膜組織の免疫制御組成物