重石 英生Hideo Shigeishi

Last Updated :2021/06/18

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 講師
メールアドレス
shigehiroshima-u.ac.jp
自己紹介
【国家資格】 歯科医師免許、労働衛生コンサルタント、第一種放射線取扱主任者、衛生工学衛生管理者、第一種作業環境測定士 【専門医・認定医資格】 日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医、日本口腔衛生学会認定医、日本口腔ケア学会認定資格、日本歯科医師会認定産業歯科医、歯科医師臨床研修指導歯科医

基本情報

主な職歴

  • 2006年05月, 広島大学大学院医歯薬総合研究科 顎口腔頚部医科学講座, 助手
  • 2007年04月, 広島大学大学院医歯薬学総合研究科 顎口腔頚部医科学講座, 助教
  • 2011年06月, 2012年06月, Queen Mary University of London, Barts and The London School of Medicine and Dentistry, 研究員
  • 2016年06月, 広島大学病院 口腔顎顔面再建外科, 診療講師
  • 2017年10月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 講師
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 講師

学位

  • 博士(歯学) (広島大学)

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 分子生物学
  • 医歯薬学 / 歯学 / 外科系歯学
  • 医歯薬学 / 社会医学 / 衛生学・公衆衛生学

研究キーワード

  • 癌幹細胞
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)
  • 周術期口腔ケア
  • 産業歯科保健
  • 地域高齢者

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 4ターム, 全身の健康と口腔科学II[1歯]
  2. 2021年, 学部専門, 2ターム, 衛生行政
  3. 2021年, 学部専門, 3ターム, 衛生学・公衆衛生学
  4. 2021年, 学部専門, 3ターム, 診断・検査学
  5. 2021年, 学部専門, 3ターム, 口腔衛生学
  6. 2021年, 学部専門, 4ターム, 社会福祉学
  7. 2021年, 学部専門, 4ターム, 衛生行政
  8. 2021年, 学部専門, 3ターム, 衛生学・口腔衛生学基礎実習I
  9. 2021年, 学部専門, 4ターム, 衛生学・口腔衛生学基礎実習II
  10. 2021年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療管理学示説A
  11. 2021年, 学部専門, 4ターム, 臨床歯科学概論
  12. 2021年, 学部専門, 2ターム, 衛生行政
  13. 2021年, 学部専門, 4ターム, 衛生学・口腔衛生学実習
  14. 2021年, 学部専門, 1ターム, 外科系歯科学I
  15. 2021年, 学部専門, 2ターム, 外科系歯科学II
  16. 2021年, 学部専門, 3ターム, 口腔衛生学
  17. 2021年, 学部専門, 4ターム, 社会福祉学
  18. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健学臨床・臨地実習
  19. 2021年, 学部専門, 集中, 口腔保健学臨床・臨地実習
  20. 2021年, 学部専門, 集中, 口腔保健管理学臨床実習
  21. 2021年, 学部専門, 1ターム, 外科系歯科学I
  22. 2021年, 学部専門, 2ターム, 外科系歯科学II
  23. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 口腔健康科学特論
  24. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔保健・衛生学特別演習
  25. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔保健・衛生学特別研究
  26. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 口腔保健学研究特論
  27. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 口腔保健学研究演習B
  28. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 口腔保健学研究演習B
  29. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 口腔保健学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Changes in Physical and Oral Function after a Long-Term Care Prevention Program in Community-Dwelling Japanese Older Adults, Healthcare, 9巻, 6号, pp. 719, 2021
  2. The squamous cell carcinoma cell line OM-1 retains both p75-dependent stratified epithelial progenitor potential and cancer stem cell properties., Biochem Biophys Rep, 26巻, pp. 101003, 2021
  3. ★, Relationship between the prevalence of oral human papillomavirus DNA and periodontal disease (Review), Biomed Rep, 14巻, 5号, pp. 40-40, 2021
  4. Age-related changes in oral tactile and thermal sensation throughout adulthood, Odontology, 109巻, 3号, pp. 710-718, 2021
  5. In vitro investigation of the cell compatibility and antibacterial properties of titanium treated with calcium and ozone., Dent Mater J, 40巻, 3号, pp. 712-718, 2021
  6. ★, Association of oral Epstein-Barr virus with periodontal health in Japanese adults, Exp Ther Med, 22巻, 1号, pp. 76, 2021
  7. ★, TGF-β1 induces amoeboid-to-mesenchymal transition of CD44high oral squamous cell carcinoma cells via miR-422a downregulation through ERK activation and Cofilin-1 phosphorylation, J Oral Pathol Med., 50巻, 2号, pp. 155-164, 2021
  8. ★, Relationship between oral and physical function and length of participation in long-term care prevention programs in community-dwelling older Japanese women, Eur Geriatr Med, 12巻, 2号, pp. 387-395, 2021
  9. ★, Detection of HPV16 E6 DNA in periodontal pockets of middle-aged and older people, Oral Science International, 18巻, 1号, pp. 50-55, 2021
  10. ★, The association of oral HPV16 infection with periodontal inflammation and the oral microbiome in older Japanese women, Exp Ther Med, 21巻, 2号, pp. 167, 2021
  11. ★, Oral human cytomegalovirus prevalence and its relationships with periodontitis and Porphyromonas gingivalis in Japanese adults: a cross-sectional study., J Appl Oral Sci, 28巻, pp. e20200501, 2020
  12. ★, Melatonin-induced miR-181c-5p enhances osteogenic differentiation and mineralization of human jawbone-derived osteoblastic cells, Mol Med Rep, 22巻, pp. 3549-3558, 2020
  13. ★, Changes in the bristle stiffness of polybutylene terephthalate manual toothbrushes over 3 months: A randomized controlled trial., Materials (Basel), 13巻, 12号, pp. E2802, 2020
  14. ★, Association of physical performance with oral function in older women participating in community-based health exercise programs, Clin Exp Dent Res, 6巻, 3号, pp. 311-317, 2020
  15. Morphological Evaluation of Bone by CT to Determine Primary Stability-Clinical Study., Materials (Basel), 13巻, 11号, pp. E2605, 2020
  16. ★, High Rate of Oral Candida Detection in Dependent Japanese Older People., Geriatrics (Basel), 5巻, 1号, pp. pii: E21, 2020
  17. Serum IgG antibody titer to Fusobacterium nucleatum is associated with unfavorable outcome after stroke., Clin Exp Immunol, 200巻, 3号, pp. 302-309, 2020
  18. ★, Measurement of bristle splaying of toothbrushes using digital imaging and evaluation of plaque removal efficacy over 3 months: A randomized controlled trial (RCT)., Int J Dent Hyg, 18巻, 2号, pp. 173-181, 2020
  19. ★, Improvement of physical and oral function in communitydwelling older people after a 3-month long-term care prevention program including physical exercise, oral health instruction, and nutritional guidance, Clin Exp Dent Res, 5巻, 6号, pp. 611-619, 2019
  20. ★, Effect of hydrogel stiffness on morphology and gene expression pattern of CD44high oral squamous cell carcinoma cells, Int J Clin Exp Pathol, 12巻, 8号, pp. 2826-2836, 2019
  21. Smoking and periodontal microorganisms, Japanese Dental Science Review, 55巻, pp. 88-94, 2019
  22. ★, Relationship of salivary occult blood with general and oral health status in employees of a Japanese department store., J Clin Med Res, 11巻, 3号, pp. 179-187, 2019
  23. ★, Detection of oral bacteria on the tongue dorsum using PCR amplification of 16S ribosomal RNA and its association with systemic disease in middle-aged and elderly patients., Biomed Rep, 10巻, 1号, pp. 70-76, 2019
  24. ★, Association of oral function with long-term participation in community-based oral exercise programs in older Japanese women. A cross-sectional study., J Clin Med Res, 11巻, 3号, pp. 165-170, 2019
  25. ★, Self-check with plaque disclosing solution improves oral hygiene in schoolchildren living in a children’s home, Archives of Public Health, 76巻, pp. 50, 2018
  26. ★, CD44high/ESAlow squamous cell carcinoma cell-derived prostaglandin E2 confers resistance to 5-fluorouracil-induced apoptosis in CD44high/ESAhigh cells, Int J Clin Exp Pathol, 11巻, 5号, pp. 2356-2363, 2018
  27. ★, Changes in bacterial number at different sites of oral cavity during perioperative oral care management in gastrointestinal cancer patients: preliminary study., J Appl Oral Sci, 26巻, pp. e20170516, 2018
  28. ★, Human papillomavirus type 16 (HPV16) DNA copy number in oral rinse samples from oral cavity cancer patients, Translational Research in Oral Oncology, 3巻, pp. 1-5, 2018
  29. ★, High HPV16 E6 viral load in the oral cavity is associated with an increased number of bacteria: A preliminary study, Biomed Rep, 8巻, 1号, pp. 59-64, 2018
  30. ★, Efficacy of cognitive-behavioral therapy for patients with temporomandibular disorder pain-systematic review of previous reports, Int J Clin Exp Med, 11巻, 2号, pp. 500-509, 2018
  31. Candida albicans β-glucan-containing particles increase HO-1 expression in oral keratinocytes via ROS/p38MAPK/Nrf2 pathway., Infect Immun, 2018
  32. Differential regulation by IFN-gamma on TNF-alpha-induced chemokine expression in synovial fibroblasts from temporomandibular joint, MOLECULAR MEDICINE REPORTS, 16巻, 5号, pp. 6850-6857, NOV 2017
  33. TNF--induced IL-6 and MMP-9 expression in immortalized ameloblastoma cell line established by hTERT, ORAL DISEASES, 23巻, 2号, pp. 199-209, 2017
  34. ★, Snail-induced CD44high cells in HNSCC with high ABC transporter capacity exhibit potent resistance to cisplatin and docetaxel., International Journal of Clinical and Experimental Pathology, 9巻, 8号, pp. 7908-7918, 2016
  35. ★, Higher prevalence and gene amplification of HPV16 in oropharynx as compared to oral cavity, Journal of Applied Oral Science, 24巻, 4号, pp. 397-403, 2016
  36. ★, Risk factors for oral human papillomavirus (HPV) infection in healthy individuals: a systematic review and meta-analysis, Journal of Clinical Medicine Research, 8巻, 10号, pp. 721-729, 2016
  37. ★, Association of temporomandibular disorder with occupational visual display terminal use: literature review, Biomedical Reports, 5巻, 1号, pp. 7-10, 2016
  38. ★, Preoperative oral health care reduces postoperative inflammation and complications in oral cancer patients, Exp Ther Med, 2016
  39. ★, Combined effects of melatonin and FGF-2 on mouse preosteoblast behavior within interconnected porous hydroxyapatite ceramics - in vitro analysis, J Appl Oral Sci, 24巻, 2号, pp. 153-161, 2016
  40. ★, CD44high/ALDH1high head and neck squamous cell carcinoma cells exhibit mesenchymal characteristics and GSK3β-dependent cancer stem cell properties, J Oral Pathol Med, 2016
  41. ★, Risk factors for postoperative complications following oral surgery, J Appl Oral Sci, 2015
  42. ★, Professional oral health care reduces duration of hospital stay in patients undergoing orthognathic surgery, Biomedical Reports, 4巻, 1号, pp. 55-58, 2016
  43. ★, Clinicopathological analysis of salivary gland carcinomas and literature review, Mol Clin Oncol, 3巻, 1号, pp. 202-206, 2015
  44. ★, Elevation in 5-FU-induced apoptosis in Head and Neck Cancer Stem Cells by a combination of CDHP and GSK3 beta inhibitors, JOURNAL OF ORAL PATHOLOGY & MEDICINE, 44巻, 3号, pp. 201-207, 2015
  45. Expression and Function of RIG-I in Oral Keratinocytes and Fibroblasts, CELLULAR PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 34巻, 5号, pp. 1556-1565, 2014
  46. ★, Role of receptor for hyaluronan-mediated motility (RHAMM) in human head and neck cancers (review), JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY, 140巻, 10号, pp. 1629-1640, OCT 2014
  47. Autocrine galectin-1 promotes collective cell migration of squamous cell carcinoma cells through up-regulation of distinct integrins, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 441巻, 4号, pp. 904-910, NOV 29 2013
  48. ★, Maintenance of stem cell self-renewal in head and neck cancers requires actions of GSK3 beta influenced by CD44 and RHAMM, STEM CELLS, 31巻, 10号, pp. 2073-2083, OCT 2013
  49. AKT Primes Snail-Induced EMT Concomitantly With the Collective Migration of Squamous Cell Carcinoma Cells, JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY, 114巻, 9号, pp. 2039-2049, SEP 2013
  50. Expression of receptor for hyaluronan-mediated motility (RHAMM) in ossifying fibromas, HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY, 28巻, 4号, pp. 473-480, APR 2013
  51. Risk of bacterial contamination of bone harvesting devices used for autogenous bone graft in implant surgery, HEAD & FACE MEDICINE, 9巻, JAN 11 2013
  52. Interleukin-8 and CXCL10 expression in oral keratinocytes and fibroblasts via Toll-like receptors, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 57巻, 3号, pp. 198-206, MAR 2013
  53. Snail promotes Cyr61 secretion to prime collective cell migration and form invasive tumor nests in squamous cell carcinoma, CANCER LETTERS, 329巻, 2号, pp. 243-252, FEB 28 2013
  54. ★, Increased telomerase activity and hTERT expression in human salivary gland carcinomas, ONCOLOGY LETTERS, 2巻, 5号, pp. 845-850, SEP-OCT 2011
  55. Establishment of mesenchymal cell line derived from human developing odontoma, ORAL DISEASES, 18巻, 8号, pp. 756-762, NOV 2012
  56. ★, Clinical evaluation of novel interconnected porous hydroxyapatite ceramics (IP-CHA) in a maxillary sinus floor augmentation procedure, DENTAL MATERIALS JOURNAL, 31巻, 1号, pp. 54-60, JAN 2012
  57. ★, Overexpression of the receptor for hyaluronan-mediated motility, correlates with expression of microtubule-associated protein in human oral squamous cell carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 34巻, 6号, pp. 1565-1571, JUN 2009
  58. A Case of SAPHO Syndrome With Diffuse Sclerosing Osteomyelitis of the Mandible Treated Successfully With Prednisolone and Bisphosphonate, JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY, 70巻, 3号, pp. 626-631, MAR 2012
  59. Overexpression of receptor for hyaluronan-mediated motility (RHAMM) in MC3T3-E1 cells induces proliferation and differentiation through phosphorylation of ERK1/2, JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM, 30巻, 3号, pp. 293-303, MAY 2012
  60. ★, PGE2 targets squamous cell carcinoma cell with the activated epidermal growth factor receptor family for survival against 5-fluorouracil through NR4A2 induction, CANCER LETTERS, 307巻, 2号, pp. 227-236, AUG 28 2011
  61. ★, RHAMM/ERK interaction induces proliferative activities of cementifying fibroma cells through a mechanism based on the CD44-EGFR, LABORATORY INVESTIGATION, 91巻, 3号, pp. 379-391, MAR 2011
  62. CX3CL1 expression induced by Candida albicans in oral fibroblasts., FEMS Immunol Med Microbiol, 60巻, 2号, pp. 179-185
  63. Histopathological evaluation including cytokeratin 13 and Ki-67 in the border between Lugol-stained and -unstained areas., Oncol Rep, 24巻, 1号, pp. 9-14, 2010
  64. Influence of factors related to implant stability detected by wireless resonance frequency analysis device., J Oral Rehabil, 37巻, 2号, pp. 131-137, 2010
  65. ★, Amphiregulin Induces Proliferative Activities in Osseous Dysplasia, JOURNAL OF DENTAL RESEARCH, 88巻, 6号, pp. 563-568, JUN 2009
  66. DeltaNp63alpha-dependent expression of Id-3 distinctively suppresses the invasiveness of human squamous cell carcinoma., Int J Cancer, 124巻, 12号, pp. 2837-2844, 2009
  67. ★, Expression of TPX2 in salivary gland carcinomas, ONCOLOGY REPORTS, 21巻, 2号, pp. 341-344, 2009
  68. ★, CENPF (centromere protein F, 350/400ka (mitosin)) Mini Review., Atlas of Genetics and Cytogenetics in Oncology and Haematology, 13巻, 2号, pp. 106-109, 2009
  69. Regulation of CXCL9/10/11 in oral keratinocytes and fibroblasts., J Dent Res, 87巻, 12号, pp. 1160-1165, 2008
  70. ★, Expression of epiregulin, a novel epidermal growth factor ligand associated with prognosis in human oral squamous cell carcinomas., Oncol Rep, 19巻, 6号, pp. 1557-1564, 2008
  71. Up-regulation of stromal cell-derived factor-1 alpha and its receptor CXCR4 expression accompanied with epithelial-mesenchymal transition in human oral squamous cell carcinoma, ONCOLOGY REPORTS, 19巻, 4号, pp. 993-998, APR 2008
  72. Gene expression profiling to identify genes associated with high-invasiveness in human squamous cell carcinoma with epithelial-to-mesenchymal transition., Cancer Lett, 264巻, 2号, pp. 256-264, 2008
  73. ★, Increased Expression of CENP-H Gene in Human Salivary Gland Carcinomas, Oral science international, 5巻, 1号, pp. 43-51, 2008
  74. Snail-induced down-regulation of Delta Np63 alpha acquires invasive phenotype of human squamous cell carcinoma, Cancer Research, 67巻, 19号, pp. 9207-9213, 2007
  75. Comparison of genes expressed in cell lines derived from a primary lesion and metastasized lymph nodes of tongue squamous cell carcinoma -a trial study of identifying metastasis-related genes., Dentistry in Japan, 48巻, pp. 64-69, 2007
  76. Human papillomavirus-16 in oral squamous cell carcinoma: Clinical correlates and 5-year survival. British Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, British Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, 45巻, pp. 116-122, 2007
  77. Evaluation of bone regeneration of osteoblasts derived from human jaw bone cultured on interconnected porous hydroxyapatite ceramics, Archives of Bioceramics Research, 7巻, pp. 255-259, 2007
  78. ★, Increased expression of CENP-H gene in human oral squamous cell carcinomas harboring high-proliferative activity, Oncology Report, 16巻, pp. 1071-1075, 2006
  79. ★, Correlation of CENP-F gene expression with tumor-proliferating activity in human salivary gland tumor, Oral Oncology, 41巻, pp. 716-722, 2005
  80. Induction of hRAD9 is required for G2/M checkpoint signal transduction in gastric cancer cells, Pathobiology, 70巻, 1号, pp. 40-46, 2002
  81. ★, Increased expression of CHK2 in human gastric carcinomas harboring p53 mutations, Int J Cancer, 99巻, 1号, pp. 58-62, 2002
  82. Expression of receptors for advanced glycation end-products (RAGE) is closely associated with the invasive and metastatic activity of gastric cancer, J Pathol, 196巻, 2号, pp. 163-170, 2002
  83. ★, Expression of Bub1 Gene Correlates with Tumor Proliferating Activity in Human Gastric Carcinomas., Pathobiology, 69巻, pp. 24-29, 2001
  84. Prospective study of Ki-67 labeling index in the mucosa adjacent to cancer as a marker for colorectal cancer metastasis, J Exp Clin Cancer Res, 20巻, 4号, pp. 543-548, 2001
  85. ★, Pleomorphic adenoma of the parotid gland with extensive bone formation, Pathol. Int., 51巻, 11号, pp. 883-886, 2001
  86. Promoter hypermethylation of MGMT is associated with protein loss in gastric carcinoma, Int J Cancer, 93巻, 6号, pp. 805-809, 2001
  87. ★, No mutations of the Bub1 gene in human gastric carcinomas, Oncology Reports, 8巻, pp. 791-794, 2001
  88. Usefulness of Bacterial Count with Dielectrophoretic Impedance Measurement Method and Salivary Multi-Test System for Evaluation of Oral Health Status, 広島大学歯学雑誌, 50巻, 2号, pp. 69-76, 2018
  89. 通いの場へ参加する後期高齢女性の食事の多様性と口腔機能との関係, 日本歯科衛生学会雑誌, 15巻, 2号, 2021
  90. ★, 化学放射線療法を受けた咽頭癌患者における口腔粘膜炎の重症度に関係する因子の検討, 日本口腔ケア学会雑誌, 2021
  91. ★, 同種造血幹細胞移植患者における口腔粘膜炎の重症度に関係する因子の検討, 広島大学歯学雑誌, 52巻, 2号, pp. 62-68, 2020
  92. 歯科衛生士課程学生の歯科保健行動および歯肉状態に及ぼす専門教育の影響について, 広島大学歯学雑誌, 51巻, 2号, pp. 73-84, 2019
  93. 医科有病者への歯科介入時に必要な知識・技能についての歯科衛生士養成課程学生の臨床実習における学びに関する研究, 広島大学歯学雑誌, 51巻, 2号, pp. 91-103, 2019
  94. 各種歯垢評価法における特徴についての検討, 広島大学歯学雑誌, 51巻, 1号, pp. 7-14, 2019
  95. 広島大学歯学部国際歯学コース留学生の出身国(インドネシア・ベトナム・カンボジア)における歯学教育と医療保障, 広島大学歯学雑誌, 51巻, 1号, pp. 34-41, 2019
  96. 歯学部の学生を対象とした青年期の食行動に関する研究, 広島大学歯学雑誌, 50巻, 2号, pp. 61-68, 2018
  97. ★, Human Papillomavirus(HPV)感染と口腔癌の関係について─最近の研究から─(総説), 口腔衛生学会雑誌, 67巻, 3号, pp. 149-159, 2017
  98. 多職種との情報共有としての口腔環境アセスメント開発の試み(第1報)-広島大学病院における化学療法患者の口腔環境の評価をとおして-, 広島大学歯学雑誌, 49巻, 2号, pp. 134-140, 2017
  99. 右側上顎第三大臼歯部に3歯の埋伏過剰歯を認めた1例, 日本口腔外科学会雑誌, 63巻, 2号, pp. 83-86, 2017
  100. 当科における含歯性嚢胞患者の臨床統計的検討, 広島大学歯学雑誌, 49巻, 2号, pp. 153-157, 2017
  101. 両側上顎智歯部に発生した複数の埋伏過剰歯の1例, 広島大学歯学雑誌, 49巻, 2号, pp. 175-179, 2017
  102. チタンメッシュトレーと自家腸骨海綿骨細片による下顎骨再建とインプラント治療を行った歯原性粘液線維腫の1例, 日本口腔科学会雑誌, 64巻, 3号, pp. 269-275, 2015
  103. 口腔癌治療後の生活の質に関する研究, 広島大学歯学雑誌, 47巻, 2号, pp. 97-110, 2015
  104. 術前PET/CTを用いた口腔扁平上皮癌の予後予測に関する臨床統計的検討, 広島大学歯学雑誌, 47巻, 1号, pp. 8-12, 2015
  105. 口腔癌切除術におけるポリグルコール酸シートとフィブリン糊の応用と臨床的検討, 広島大学歯学雑誌, 46巻, 2号, pp. 136-142, 2014
  106. ★, 口腔扁平上皮癌における癌幹細胞の特性 (総説), 口腔組織培養学会誌, 22巻, 2号, pp. 1-5, 2013
  107. スプリットクレスト法に連通多孔体ハイドロキシアパタイトを使用したインプラント同時埋入の1例, 広島大学歯学雑誌, 45巻, 2号, pp. 124-127, 2013
  108. インプラント治療を目的とした骨造成手術に対する患者の不安と満足度に関するアンケート調査, 広島大学歯学雑誌, 44巻, 1号, pp. 29-35, 2012
  109. 92歳の女性に生じた石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 58巻, 5号, pp. 327-331-331, 2012
  110. インプラント治療を行った顎顔面外傷症例の臨床的検討, 口腔顎顔面外傷学会誌, 10巻, 2号, pp. 53-59, 2011
  111. 骨形成線維腫の病態解明への基礎研究 (総説), 組織培養研究, 30巻, 2-3-4号, pp. 135-143, 2011
  112. 三次元光造形モデルの口腔外科臨床への応用, 広島大学歯学雑誌, 40巻, 1号, pp. 55-61, 2008
  113. インプラント安定度指数に及ぼす皮質骨の影響について, 日本口腔インプラント学会誌, 21巻, 2号, 2008
  114. 経口ビスフォスフォネートに起因すると考えられる顎骨壊死の1例., 広島大学歯学雑誌, 39巻, 2号, pp. 168-172, 2007
  115. 抗血栓療法施行中患者の抜歯における出血管理, 広島大学歯学雑誌, 39巻, 1号, pp. 19-23, 2007
  116. 上顎劣成長に Leipzig retention plate と RED system を用いて骨延長を行った2症例, 広島大学歯学雑誌, 39巻, 2号, pp. 173-180, 2007
  117. ★, 咬筋内に生じた血管腫の一例, 広島大学歯学雑誌, 39巻, 1号, pp. 62-64, 2007
  118. 下顎骨骨折治療におけるコントラアングルスクリュードライバーシステムの応用, 日本口腔顎顔面外傷学会誌, 5巻, pp. 83-88, 2006
  119. 有茎および遊離筋皮弁による口腔癌切除後の即時再建, 広島大学歯学雑誌, 38巻, 2号, pp. 143-149, 2006
  120. ★, 上顎洞内長期迷入歯根の一例, 広島大学歯学雑誌, 38巻, 2号, pp. 167-169, 2006
  121. ★, 口腔扁平上皮癌におけるCENP-Fの発現とリンパ節転移との関係, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 2号, pp. 77-81, 2005
  122. 側頭筋内の遊離骨様組織と筋突起過形成様病変により開口障害を呈した1例, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 11号, pp. 547-550, 2005
  123. 原発巣とリンパ節転移巣から樹立した舌扁平上皮癌細胞における発現遺伝子の比較 -転移関連遺伝子同定の試み-, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 10号, pp. 482-488, 2005
  124. 先天歯に口蓋垂裂を伴った1例, 日本小児口腔外科学会雑誌, 15巻, 2号, 2005
  125. 嚢胞様のX線透過像を示したセメント質骨異形成症の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 51巻, 4号, pp. 184-187, 2005
  126. 多発性骨髄腫に移行した下顎骨形質細胞腫の1例, 広島大学歯学雑誌, 36巻, 2号, pp. 209-212, 2004
  127. 関節授動術と筋突起切除術で対処した小児顎関節強直症の1例, 小児口腔外科学会雑誌, 13巻, 2号, pp. 21-26, 2003
  128. 口腔癌162例中の晩期再発扁平上皮癌7例の臨床病態的検討(1981-1990), 広島大学歯学雑誌, 35巻, 1号, pp. 125-129, 2003
  129. 当科におけるエプーリスの臨床統計学的検討, 広島大学歯学雑誌, 35巻, 1号, pp. 135-140, 2003

著書等出版物

  1. 2020年02月10日, 口腔外科学 第4版, 第5章 顎口腔の炎症 総論、各論 10.歯性全身感染症, 医歯薬出版, 2020年, 教科書, 共著, 重石 英生、杉山 勝
  2. 2019年, 歯科衛生士のための口腔内科. 3章 歯科診療に関連する全身的疾患,6.周産期患者の歯科診療, 医歯薬出版, 2019年, 2019, 教科書, 共著, 重石 英生、杉山 勝
  3. 2017年01月28日, 歯科衛生士講座 歯科衛生士のための口腔外科学 (第2版) 第2章 疾患各論, 唾液腺疾患, 永末書店, 2017年, 01, 教科書, 共著
  4. 2017年, 歯科衛生士講座 歯科衛生士のための口腔外科学 (第2版) 第3章 処置・小手術の実際と介助, 永末書店, 2017年, 1, 教科書, 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Association between oral HPV prevalence and smoking in people without oral cancer. SYMPOSIA - TOBACCO OR ORAL HEALTH: TOBACCO DEPENDENCE TREATMENT BY ORAL HEALTH PROFESSIONALS., Hideo Shigeishi, 15th Annual Conference of the International Society for the Prevention of Tobacco Induced Diseases, 2019., 2019年10月13日, 通常, 英語, Tokyo
  2. Human Papillomavirus (HPV)と口腔癌の関係について-最近の研究から- , 重石 英生, 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 指定ワークショップ, 2018年11月02日, 招待, 日本語, 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 , 千葉県
  3. 口腔のHPV感染の危険因子およびHPV陽性口腔癌の臨床病理学的特徴-最近の研究から-, 重石 英生, 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語
  4. 口腔のHPV感染とその危険因子の検索, 重石 英生, 第66回日本口腔衛生学会・総会, 2017年06月01日, 通常, 日本語
  5. Association of clinicopathological factors with HPV16 infection in oral cavity and oropharynx, 重石 英生, 第27回日本臨床口腔病理学会, 2016年08月12日, 通常, 英語, 広島, その他
  6. 口腔癌患者における術前の専門的口腔ケアの有用性の検討, 重石 英生, 第13回 日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年04月23日, 通常, 日本語, 千葉
  7. 口腔内HPV感染と臨床病理学的指標との関係, 重石 英生, 日本口腔検査学会・学術大会, 2015年09月03日, 通常, 日本語
  8. 頭頚部癌患者における術前口腔ケアの有用性の検討, 重石 英生, 第64回日本口腔衛生学会・総会, 2015年05月28日, 通常, 日本語, 筑波
  9. 口腔扁平上皮癌細胞における幹細胞形質とGSK3βの関わり, 重石 英生, 第67回日本口腔科学会総会, 2013年, 通常, 日本語, 宇都宮
  10. 口腔扁平上皮癌幹細胞におけるCD44関連シグナル伝達経路の役割, 重石 英生, 第49回日本口腔組織培養学会総会, 2012年, 通常, 日本語, 広島
  11. CD44-related molecular events underline the choice between self-renewal and differentiation of cancer stem cells in OSCC, 重石 英生, 第71回日本癌学会総会, 2012年, 通常, 日本語, 札幌
  12. Relevance of EMT in vitro models for OSCC invasion studies, Rondini C, Fazil B, Emich H, Bidle A, Gammon L, Gmmenetzidis E, Shigeishi H, Mackenzie C, IADR 90th General Session, 2012年, 通常, 英語, Brazil
  13. ヒト口腔扁平上皮癌におけるNR4A2の発現および機能解析, 重石 英生, 第64回日本口腔科学会総会, 2010年, 通常, 日本語
  14. PGE2-induced expression of NR4A2 confers anti-apototic capability, Shigeishi H, IADR 88th General Session, 2010年, 通常, 英語, Spain
  15. 口腔扁平上皮癌におけるRHAMM遺伝子の発現解析, 重石 英生, 第53回日本口腔外科学会総会, 2008年, 通常, 日本語, 徳島
  16. 骨性異形成症細胞の増殖機構の解析およびマーカー遺伝子の検索, 重石 英生, 第25回口腔腫瘍学会総会, 2007年, 通常, 日本語, 名古屋
  17. 骨形成線維腫由来細胞の網羅的遺伝子発現解析によるマーカー遺伝子の検索, 重石 英生, 第52回日本口腔外科学会総会, 2007年, 通常, 日本語, 名古屋
  18. ヒト唾液腺腫瘍におけるBubl,BubR1,Bub3遺伝子の発現解析, 重石 英生, 第57回日本口腔科学会総会, 2006年, 通常, 日本語, 名古屋
  19. 口腔扁平上皮癌におけるCENP-Hの発現解析, 重石 英生, 第64回日本癌学会学術総会, 2006年, 通常, 日本語, 横浜
  20. 顎骨骨幹異形成症の骨性異形成症由来細胞の樹立、性状および網羅的遺伝子発現解析, 重石 英生, 第51回日本口腔外科学会総会, 2006年, 通常, 日本語, 北九州
  21. 口腔扁平上皮癌におけるCENP-Hの発現解析:ミニシンポジウム「細胞生物学②」, 重石 英生, 第57回日本口腔科学会総会, 2005年, 通常, 日本語, 徳島
  22. 唾液腺腫瘍におけるCENP-Fの発現解析, 重石 英生, 第64回日本癌学会学術総会, 2005年, 通常, 日本語, 札幌

受賞

  1. 2018年05月26日, 第21回広島大学歯学部同窓会奨励賞, 広島大学歯学部同窓会
  2. 2008年, 第53回日本口腔外科学会総会ゴールドリボン賞, 日本口腔外科学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), CD44高発現口腔扁平上皮癌細胞におけるメカノトランスダクション機構の解明(代表者), 2020年, 2022年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C), 口腔粘膜の新規カンジダ細胞壁成分認識受容体の機能解析と口腔カンジダ症における意義(分担者), 2020年, 2022年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), HPV16 陽性口腔扁平上皮癌における遺伝子メチル化を介した悪性化機構の解明(分担者), 2018年, 2020年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔扁平上皮癌におけるメカニカルストレスを介した癌幹細胞形質の制御機構の解明, 2017年, 2019年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 唾液腺癌幹細胞における転写因子NR4A2を介した抗癌剤抵抗性のメカニズムの解析(分担者), 2016年, 2018年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔扁平上皮癌におけるHPV-16E6遺伝子による癌幹細胞形質の獲得機構の解明, 2015年, 2018年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C), 多孔質セラミックスを用いた高機能培養骨の骨形成メカニズムの解明と臨床応用への検討(分担者), 2015年, 2018年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒト口腔扁平上皮癌幹細胞におけるGSK3βの発現及び機能解析 (代表者), 2014年, 2016年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 新規EMT関連遺伝子MTDHが誘導する口腔扁平上皮癌の浸潤機構の解析(分担者), 2014年, 2017年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔粘膜細胞から誘導されるヘムオキシゲナーゼ-1の機能とカンジダ症における意義(分担者), 2014年, 2017年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 神経ペプチドの新規機能の解明と炎症性口腔粘膜疾患への治療応用 (分担者), 2011年, 2013年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ヒト唾液腺腫瘍におけるRHAMM遺伝子の発現及び機能解析 (代表者), 2011年, 2013年
  13. 財団法人杉山報公会・研究助成, 唾液腺癌幹細胞の同定・分離および増殖関連遺伝子の発現解析(代表者), 2011年, 2012年
  14. 財団法人 広島大学後援会 サタケ教育研究助成, 唾液腺癌幹細胞の同定・分離および癌幹細胞における増殖関連遺伝子の発現解析(代表者), 2011年, 2012年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), EMTによる口腔癌高度悪性化機構の解明と制御 (分担者), 2010年, 2014年
  16. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ヒト唾液腺腫瘍におけるTPX2遺伝子の発現および機能解析 (代表者), 2009年, 2010年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔癌の浸潤・転移を制御する上皮整合性機構の解明 (分担者), 2009年, 2011年
  18. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔癌の浸潤・転移における上皮・間葉移行と細胞運動制御機構の解析 (分担者), 2009年, 2011年
  19. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ヒト唾液腺腫瘍におけるCENP-H遺伝子の発現および機能解析 (代表者), 2007年, 2008年
  20. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔癌の浸潤・転移を制御する上皮・間葉移行とp63発現機構の解明 (分担者), 2007年, 2008年
  21. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 上皮・間葉移行の解明による口腔癌の浸潤転移の制御 (分担者), 2006年, 2009年
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔癌の浸潤・転移に関与する上皮・間葉移行機構におけるp63の役割 (分担者), 2005年, 2007年
  23. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ヒト唾液腺腫瘍におけるCENP遺伝子の発現および機能解析 (代表者), 2005年, 2006年