吉田 雄介YUSUKE YOSHIDA

Last Updated :2024/02/01

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
fisher37hiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 中央研究棟2階201号室 リウマチ・膠原病科医局
TEL:082-257-1583 FAX:082-257-1584
自己紹介
私は広島出身、広島育ちで、広島大学を卒業し広島大学病院に勤めています。広島の医療を支えられるように日々精進していきます。

基本情報

主な職歴

  • 2011年04月01日, 2013年03月31日, 広島大学病院, 医員(研修医)
  • 2013年04月01日, 2015年03月31日, 洛和会丸太町病院, 救急・総合診療科, 医員(研修医)
  • 2015年04月01日, 2016年03月31日, 広島大学病院, リウマチ・膠原病科, 医科診療医
  • 2016年04月01日, 広島大学病院, リウマチ・膠原病科, 助教

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 2005年04月, 2011年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 膠原病・アレルギー内科学

研究キーワード

  • リウマチ病学

所属学会

  • 日本人類遺伝学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本内科学会
  • 日本感染症学会

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2023年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  3. 2023年, 学部専門, 集中, 臨床実習II

教育に関する受賞

  • 2022年05月08日, 第126回日本内科学会中国地方会指導医賞, 日本内科学会
  • 2022年03月24日, 令和3年度ベストティーチャー賞, 広島大学病院卒後臨床研修センター, 医科研修医への指導
  • 2021年03月22日, 令和2年度ベストティーチャー賞, 広島大学病院卒後臨床研修センター, 医科研修医への指導

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Disseminated Mycobacterium abscessus infection with osteoarticular manifestations as an important differential diagnosis of inflammatory arthritis: A case report and literature review, MODERN RHEUMATOLOGY CASE REPORTS, 8巻, 1号, pp. 49-54, 20231229
  2. Long-Term Prognosis of Antimelanoma Differentiation-Associated Gene 5-Positive Dermatomyositis With Interstitial Lung Disease, The Journal of Rheumatology, 50巻, 11号, pp. 1454-1461, 202311
  3. Tumor Necrosis Factor and Interleukin-1 beta Upregulate NRP2 Expression and Promote SARS-CoV-2 Proliferation, VIRUSES-BASEL, 15巻, 7号, 202307
  4. Cryoglobulinemic Vasculitis Associated with Monoclonal Gammopathy of Undetermined Significance Developed after Sustained Virologic Response of Hepatitis C, INTERNAL MEDICINE, 62巻, 13号, pp. 1999-2004, 2023
  5. Safe Introduction of Hydroxychloroquine Focusing on Early Intolerance Due to Adverse Drug Reactions in Patients with Systemic Lupus Erythematosus, INTERNAL MEDICINE, 62巻, 14号, pp. 2051-2057, 2023
  6. Fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography-positive ear lesions responsive to immunosuppressive therapy in a patient with otitis media with antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis, MODERN RHEUMATOLOGY CASE REPORTS, 7巻, 1号, pp. 134-137, 20230103
  7. Appearance of anti-MDA5 antibody-positive dermatomyositis after COVID-19 vaccination, MODERN RHEUMATOLOGY CASE REPORTS, 7巻, 1号, pp. 108-112, 20230103
  8. A case of ischemic stroke associated with protein-losing gastroenteropathy and protein S deficiency, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 32巻, 7号, 202307
  9. ★, Seasonal influence on development of anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis: a retrospective cohort study conducted at multiple institutions in Japan (J-CANVAS), The Journal of Rheumatology, 50巻, 9号, pp. 1152-1158, 202309
  10. Association between increased serum IL-23 levels and ACPA positivity in patients with rheumatoid arthritis, Clinical and Experimental Rheumatology, 41巻, 5号, pp. 1198-1199, 202305
  11. Perioperative Management of Recurrent Hemophagocytic Syndrome in a Pregnant Woman: A Case Report, American Journal of Case Reports, 20230521
  12. Portal Vein Thrombosis as a Cause of Undetermined Thrombocytopenia with Liver Dysfunction in a Patient with Eosinophilic Granulomatosis with Polyangiitis, INTERNAL MEDICINE, 62巻, 1号, pp. 123-127, 20230101
  13. Expression of factor XIII originating from synovial fibroblasts and macrophages induced by interleukin-6 signaling, INFLAMMATION AND REGENERATION, 43巻, 1号, 20230106
  14. Neutralizing Type I Interferon Autoantibodies in Japanese Patients with Severe COVID-19, JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY, 42巻, 7号, pp. 1360-1370, 202210
  15. Dupilumab as an adjunct treatment for a patient with steroid-dependent immunoglobulin G4-related disease complicated by asthma: a case report, JOURNAL OF ASTHMA, 59巻, 12号, pp. 2395-2401, 20221110
  16. Association between CA 15-3 and progression of interstitial lung disease in a case of coexisting systemic sclerosis and recurrent breast cancer: A case report, MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY, 17巻, 4号, 202210
  17. Bilateral facial nerve palsy responded to immunosuppressive therapy in a patient with eosinophilic granulomatosis with polyangiitis, Rheumatol Adv Pract, 20220829
  18. Exacerbation of systemic lupus erythematosus after receiving mRNA-1273-based coronavirus disease 2019 vaccine, J Dermatol, 202206
  19. Comment on: Combination of immunosuppressive therapy and nintedanib improves capillaroscopic changes in systemic sclerosis-interstitial lung disease: a case report, Rheumatol Adv Pract, 20220531
  20. Nailfold capillaries and myositis-specific antibodies in anti-melanoma differentiation-associated gene 5 antibody-positive dermatomyositis, RHEUMATOLOGY, 61巻, 5号, pp. 2006-2015, 20220505
  21. Comment on: Nailfold capillaries and myositis-specific antibodies in anti-melanoma differentiation-associated gene 5 antibody-positive DM. Reply, Rheumatology(Oxford), 20220505
  22. ★, C-reactive protein and ground-glass opacity as predictors for intractable interstitial lung disease in patients with systemic sclerosis under cyclophosphamide treatment regardless of concomitant glucocorticoids, MODERN RHEUMATOLOGY, 32巻, 1号, pp. 141-148, 20220105
  23. The Efficacy of Amenamevir for the Treatment of Disseminated Herpes Zoster Complicated with Probable Varicella-zoster Pneumonia in an Immunocompromised Patient, INTERNAL MEDICINE, 61巻, 11号, pp. 1785-1788, 2022
  24. The Lipopolysaccharide Mutant Re-LPS Is a Useful Tool for Detecting LPS Contamination in Rheumatoid Synovial Cell Cultures, Pathobiology, 89巻, 2号, pp. 92-100, 2022
  25. A Rare Case of IgG4-Related Disease Presenting as a Unilateral Severe Dacryoadenitis Complicated by Hypophysitis and Hypertrophic Pachymeningitis, J Clin Rheumatol, 20211201
  26. Asymptomatic coronary aneurysms in a patient with eosinophilic granulomatosis with polyangiitis who developed a digital gangrene, MODERN RHEUMATOLOGY CASE REPORTS, 5巻, 1号, pp. 130-136, 20210102
  27. Rapid changes of nailfold capillary abnormalities during treatment for a patient with dermatomyositis complicated by lung cancer: a case report, MODERN RHEUMATOLOGY CASE REPORTS, 5巻, 1号, pp. 95-100, 20210102
  28. Tapering and discontinuation of oral glucocorticoids without deterioration of disease status in patients with rheumatoid arthritis under a stable treatment, MODERN RHEUMATOLOGY, 31巻, 4号, pp. 803-808, 20210704
  29. The clinical characteristics and predictors of severe digital ischemia in patients with anti-aminoacyl transfer RNA synthetase antibodies, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 48巻, 7号, pp. 1044-1051, 202107
  30. Immunoglobulin D-kappa multiple myeloma in a patient with rheumatoid arthritis: a case report and review of the literature, MODERN RHEUMATOLOGY CASE REPORTS, 5巻, 1号, pp. 22-28, 20210102
  31. ★, Lower CH50 as a predictor for intractable or recurrent lupus enteritis: A retrospective observational study, MODERN RHEUMATOLOGY, 31巻, 3号, pp. 643-648, 20210504
  32. TGF beta 1 Regulates Human RANKL-Induced Osteoclastogenesis via Suppression of NFATc1 Expression, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 21巻, 3号, 202002
  33. Activin A Expressed in Rheumatoid Synovial Cells Downregulates TNF alpha-Induced CXCL10 Expression and Osteoclastogenesis, PATHOBIOLOGY, 87巻, 3号, pp. 198-207, 2020
  34. Serum CXCL10 levels are associated with better responses to abatacept treatment of rheumatoid arthritis, CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY, 38巻, 5号, pp. 956-963, 2020
  35. Coexisting TIF1 gamma-positive Primary Pulmonary Lymphoepithelioma-like Carcinoma and Anti-TIF1 gamma Antibody-positive Dermatomyositis, INTERNAL MEDICINE, 59巻, 20号, pp. 2553-2558, 2020
  36. 難治性/再発性ANCA関連血管炎に対するリツキシマブの効果, 広島医学, 73巻, 3号, pp. 152-155, 2020
  37. ミコフェノール酸モフェチルによる薬剤性脱毛症を呈した全身性エリテマトーデスの1例, 広島医学, 73巻, 11号, pp. 619-623, 2020
  38. Large-vessel vasculitis associated with PEGylated granulocyte-colony stimulating factor, NETHERLANDS JOURNAL OF MEDICINE, 77巻, 6号, pp. 224-226, 201907
  39. Multiple External Root Resorption of Teeth as a New Manifestation of Systemic Sclerosis-A Cross-Sectional Study in Japan, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 10号, 201910
  40. A large deep skin ulcer as an initial manifestation of systemic cryptococcosis., Mycopathologia, 184巻, 2号, pp. 341-343, 2019
  41. Tumor necrosis factor α augments the inhibitory effects of CTLA-4-Ig on osteoclast generation from human monocytes via induction of CD80 expression., Clin Exp Immunol, 196巻, 3号, pp. 392-402, 2019
  42. ★, IL-1β Enhances Wnt Signal by Inhibiting DKK1., Inflammation, 41巻, 5号, pp. 1945-1954, 2018
  43. A群β溶連菌感染後に化膿性関節炎を発症した1例, 広島医学 , 71巻, 6号, pp. 500-503, 2018
  44. ジフェンヒドラミン大量服用により眼球クローヌスが認められ、心電図変化にて痙攣発作を予測し得た1例, 中毒研究, 27巻, pp. 216-218, 2014

著書等出版物

  1. 2023年12月21日, シーン別 内科病棟頻用薬の使い方, 1章 主要疾患 I膠原病および類縁疾患 炎症性関節炎(痛風、偽痛風など), 日本医事新報社, 2023年, 12, 単行本(学術書), 共著, 中本尚希、吉田雄介
  2. 関節リウマチ治療実践バイブル 改訂第2版, IV. 薬物療法の最新指針 09. NSAIDの効果的な使い方, 南江堂, 2022年, 5, 単行本(学術書), 共著, 吉田雄介、杉山英二
  3. medicina 増刊号2022 フィジカル大全, 第7章 膠原病・筋骨格 反応性関節炎, 医学書院, 2022年, 4, 単行本(学術書), 共著, 大可直哉、賴島愛、吉田雄介
  4. 日本臨床 増刊号 最新関節リウマチ学(第2版), (25)NSAIDs, その他の鎮痛治療薬, 日本臨床社, 2022年, 4, 単行本(学術書), 共著, 賴島愛、大可直哉、吉田雄介
  5. 内科 特集 エキスパートがお答えします!日常のあるあるの疑問, IgG4関連疾患という病気を知ってからIgG4を測定するようになったのですが、他の疾患でも上がることはあるのでしょうか?, 南江堂, 2022年, 9, 単行本(学術書), 共著, 賴島愛、吉田雄介
  6. 内科 特集 エキスパートがお答えします!日常のあるあるの疑問, Behcet病の重症度や予後の把握の仕方がわかりません.体調がよさそうにみえても,Behcet病患者で気をつけた方がよい徴候はありますか?, 南江堂, 2022年, 9, 単行本(学術書), 共著, 大可直哉、吉田雄介
  7. QBオンライン CBT 2022最新問題, メディックメディア, 2021年, 単行本(学術書), 単著, 吉田雄介
  8. ICUグリーンノート, 代表的免疫不全病態と関連感染症, 中外医学社, 2021年, 単行本(学術書), 単著, 吉田雄介, 426-429
  9. ICUグリーンノート, 自己免疫疾患, 中外医学社, 2021年, 単行本(学術書), 単著, 吉田雄介, 430-432
  10. ICUグリーンノート, ステロイドの種類と使い分け, 中外医学社, 2021年, 単行本(学術書), 単著, 吉田雄介, 517-519
  11. 週刊 日本医事新報No.5056, 側頭動脈病変を呈した顕微鏡的多発血管炎, 日本医事新報社, 2021年, 単行本(学術書), 共著, 大本卓司、吉田雄介、杉山英二, 10-11
  12. レジデントノート, 22(16), 自己抗体検査 救急外来・ICUで遭遇する膠原病, 羊土社, 2021年, 単行本(学術書), 単著, 吉田雄介, 3021-3027
  13. メディックメディア, QBオンライン CBT 2021最新問題 , 2020年, 単行本(学術書), 単著, 吉田雄介
  14. 適切な寛解維持の治療は何か?.全身性エリテマトーデス診療ガイドライン2019, 南山堂, 吉田雄介、平田信太郎、田中良哉, 79-81
  15. medicina 増刊号2019 第56巻 第4号 一人でも慌てない!ー「こんなときどうする?」の処方箋85, どうする?整形外科 64 関節が痛い, 医学書院, 2019年04月, 単行本(学術書), 共著, 吉田雄介
  16. メディックメディア, QBオンライン CBT 2020最新問題 , 2019年, 吉田雄介
  17. リウマチ科, 生物学的製剤の作用機序,臨床的特徴とその使い分け, 2018年, 吉田雄介、杉山英二, 567-573
  18. BELIEVE, アクテムラと皮膚の感染症, 2018年, 杉山英二、吉田雄介
  19. 日本医事新報, ループス腸炎の診断, 2017年, 吉田雄介、杉山英二, 42
  20. 2016年, あなたも名医!夜間救外であわてない!エビデンスに基づく診察の極意-急性中毒 大事なのはトキシドロームと心電図による迅速な判断!, 日本医事新報社, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 上田剛士、吉田雄介、他, 138-143
  21. リウマチ科, 高齢者に対するNSAIDsの使用法, 2016年, 吉田雄介、杉山英二, 13-17
  22. 日本医事新報, ループス腸炎の診断, 2016年, 吉田雄介、杉山英二, 55
  23. プライマリケア医もできる!関節リウマチ診療, プライマリケア医もできる関節リウマチ診断 プライマリケアにおける関節リウマチ早期診断:鑑別診断を中心に, 内科, 2016年, 大井勝博、杉本智裕、河野紘輝、吉田雄介、杉山英二, 1111-1116

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. マクロファージ活性化症候群合併全身性エリテマトーデスにおける血清カルプロテクチンの臨床的意義の検討, 第34回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2023年12月, 通常, 日本語
  2. The association of fecal calprotectin levels and clinical characteristics in patients with connective tissue diseases with gastrointestinal symptoms: A retrospective study, 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2023年04月, 通常, 英語
  3. Higher prevalence of anti-Stress Granule antibodies in patients with anti-nuclear antibodies-negative rheumatic diseases, The Asia Pacific League of Associations for Rheumatology (APLAR), 2023年12月, 通常, 英語
  4. ANCA関連血管炎における発症の季節性と関連因子について:ANCA関連血管炎の多施設共同レジストリ(J-CANVAS)データを用いた解析, 第33回日本リウマチ学会中国・四国学術集会, 2022年12月, 通常, 日本語
  5. Higher level of complement 4 as a risk factor for hydroxychloroquine-induced skin reaction in patients with systemic lupus erythematosus, 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2022年04月, 通常, 英語
  6. IgG4-related disease with bone marrow involvement as a possible cause of anemia., Yusuke Yoshida, Tomohiro Sugimoto, Shintaro Hirata, The 4th International Symposium on IgG4-Related Diseases, 2021年12月, 通常, 英語
  7. Poor additive effects of glucocorticoids combined with intravenous cyclophosphamide against systemic sclerosis-related interstitial lung disease., Yusuke Yoshida, Tomohiro Sugimoto, Yohei Hosokawa, Harumichi Suma, Hiroki Kobayashi, Michinori Ishitoku, Hiroki Kohno, Tadahiro Tokunaga, Hirofumi Watanabe, Sho Mokuda, Takaki Nojima, Shintaro Hirata, Eiji Sugiyama, 第65回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2021年04月, 通常, 英語
  8. 血清C4、CH50の上昇は全身性エリテマトーデスにおいてヒドロキシクロロキン不耐を予測する因子となりうる, 第32回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2021年12月, 通常, 日本語
  9. 全身性強皮症関連間質性肺炎の寛解導入治療においてシクロホスファミド静注療法に併用したステロイドは上乗せ効果に乏しい, 吉田雄介, 杉本智裕, 平田信太郎, 杉山英二, 第31回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2020年12月04日, 通常, 日本語
  10. Lower CH50 as a Predictor for Intractable or Recurrent Lupus Enteritis., Yusuke Yoshida, Tomohiro Sugimoto, Shintaro Hirata, Eiji Sugiyama, The Asia Pacific League of Associations for Rheumatology (APLAR), 2020年10月24日, 通常, 英語
  11. Predictive factors for recurrence or insufficient response to initial treatment in patients with lupus enteritis., Yusuke Yoshida, Takuji Omoto, Hirofumi Watanabe, Tomohiro Sugimoto, Sho Mokuda, Shintaro Hirata, Eiji Sugiyama, 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2020年08月17日, 通常, 英語
  12. Predictive factors for insufficient response to initial treatment or recurrence in patients with lupus enteritis., Yusuke Yoshida,Tomohiro Sugimoto,Hiroki Kohno, Hirofumi Watanabe,Sho Mokuda,Shintaro Hirata,Eiji Sugiyama, Annual European Congress of Rheumatology(EULAR 2020), 2020年06月03日, 通常, 英語
  13. 巨細胞性動脈炎による重症虚血合併症の頻度と再発のリスク因子, 吉田雄介、大本卓司、渡邊裕文、杉本智裕、河野紘輝、湯川和俊、倉信達臣、德永忠浩、大井勝博、小田啓介、茂久田翔、野島崇樹、平田信太郎、杉山英二, 第30回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2019年12月, 通常, 日本語, 岡山
  14. 巨細胞性動脈炎による脳血管障害合併リスクは臨床症状の発現期間と関連する, 吉田雄介、荒木慧、河野紘輝、杉本智裕、湯川和俊、倉信達臣、德永忠浩、大井勝博、茂久田翔、小田啓介、野島崇樹、平田信太郎、杉山英二, 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019年04月, 通常, 日本語, 京都
  15. DIFFERENCE OF IMAGE FEATURES ON COMPUTED TOMOGRAPHY BETWEEN LUPUS ENTERITIS AND MESENTERIC VASCULITIS OF OTHER CONNECTIVE TISSUE DISEASES., Y. Yoshida, T. Kondo, K. Yukawa, T.Tokunaga,T. Kuranobu, K. Oi, T.Nojima, S. Hirata,E. Sugiyama, Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2018), 2018年06月, 通常, 英語, Amsterdam,Netherlands
  16. 全身性強皮症に併発した小腸内細菌異常増殖証(SIBO)の特徴, 吉田雄介、近藤拓馬、湯川和俊、德永忠浩、倉信達臣、大井勝博、舟木将雅、小田啓介、野島崇樹、平田信太郎、杉山英二, 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2018年04月, 通常, 日本語, 東京
  17. 腸管病変を呈した膠原病患者の内視鏡所見と腹部CT所見の比較., 吉田雄介、近藤拓馬、湯川和俊、德永忠浩、倉信達臣、大井勝博、野島崇樹、平田信太郎、杉山英二, 第115回日本内科学会総会・講演会, 2018年04月, 通常, 日本語, 京都
  18. Predictive Factors of Cytomegalovirus Infection in Patients with Connective Tissue Diseases Treated with Immunosuppressive Drugs., Yusuke Yoshida,Hiroki Kohno,Katsuhiro Oi,Tadahiro Tokunaga,Tatsuomi Kuranobu,Takaki Nojima,Shintaro Hirata,Eiji Sugiyama, ACR/ARHP Annual Meeting (ACR2017), 2017年11月, 通常, 英語, San Diego,USA
  19. 腹部CT所見によるループス腸炎の診断, 吉田雄介、近藤拓馬、湯川和俊、德永忠浩、倉信達臣、大井勝博、平田信太郎、野島崇樹、杉山英二, 第28回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, 徳島
  20. 消化性潰瘍既往のない高齢膠原病患者に対するNSAID潰瘍の予防について, 吉田雄介、石德理訓、德永忠浩、倉信達臣、大井勝博、野島崇樹、平田信太郎、杉山英二, 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2017年04月, 通常, 日本語, 福岡
  21. 免疫抑制治療下の膠原病患者におけるサイトメガロウイルス感染症の発症予測, 吉田雄介、河野紘輝、石德理訓、德永忠浩、倉信達臣、大井勝博、山崎聡士、平田信太郎、野島崇樹、杉山英二, 第27回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2016年12月, 通常, 日本語, 広島
  22. interleukin-1β Stabilize CXCL2mRNA and increase its Expression., Satoshi Yamasaki, Yusuke Yoshida and Eiji Sugiyama, ACR/ARHP Annual Meeting (ACR 2016), 2016年11月, 通常, 英語, Washington, D.C., USA
  23. 肺空洞病変に慢性進行性肺アスペルギルス症を合併し、診断に難渋した多発血管炎性肉芽腫症の1例, 吉田雄介、河野紘輝、山崎聡士、熊谷和彦、野島崇樹、杉山英二, 第114回日本内科学会中国地方会, 2016年05月, 通常, 日本語, 岡山
  24. 関節炎症例における抗Stress Granule抗体陽性例の臨床的特徴, 吉田雄介、河野紘輝、大井勝博、野島崇樹、山崎聡士、熊谷和彦、杉山英二, 第113回日本内科学会総会・講演会, 2016年04月, 通常, 日本語, 東京
  25. IL-1βとIL-17AによるAU-rich elementを介したCXCL2 mRNAの制御, 吉田雄介、山崎聡士、熊谷和彦、野島崇樹、杉山英二, 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2016年04月, 通常, 日本語, 横浜
  26. 血球貪食症候群で発症した高齢発症全身性エリテマトーデスの一例, 吉田雄介、河野紘輝、大井勝博、野島崇樹、山崎聡士、熊谷和彦、杉山英二, 第26回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2015年12月, 通常, 日本語, 岡山
  27. 関節リウマチの加療中に発症したA型肝炎ウイルスによる劇症肝炎の1例, 吉田雄介、野島崇樹、山崎聡士、熊谷和彦、杉山英二, 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月, 通常, 日本語, 広島
  28. Inhibition of Dickkopf1 Dampens Anti Osteogenic Effect of Fibroblast-love Synoviocytes., Yusuke Yoshida and Satoshi Yamasaki., ACR/ARHP Annual Meeting (ACR2015), 2015年11月, 通常, 英語, San Francisco, USA
  29. 高齢発症関節リウマチの臨床的特徴を踏まえた診断的アプローチの検討, 吉田雄介, 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2015年04月, 通常, 日本語, 名古屋
  30. 右鼠径部の巨大リウマチ結節により歩行障害をきたした全身性エリテマトーデスの一例, 吉田雄介、杉山英二、熊谷和彦、山崎聡士、野島崇樹、遠藤功二、大岩寛、三原祥嗣、松尾佳美、鈴木修身, 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2013年, 通常, 日本語, 京都

受賞

  1. 2023年11月21日, The 25th Asia Pacific League of Associations for Rheumatology Congress (APLAR 2023) Travel Grant, Asia Pacific League of Associations for Rheumatology

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 公益財団法人 広島県地域保健医療推進機構 令和4年度若手医師等育成支援助成金
  2. 公益財団法人 広島県地域保健医療推進機構 令和3年度若手医師等育成支援助成金
  3. 公益財団法人 広島県地域保健医療推進機構 令和2年度若手医師等育成支援助成金
  4. 公益財団法人 広島県地域保健医療推進機構 令和元年度若手医師等育成支援助成金
  5. 公益財団法人 広島県地域保健医療推進機構 平成30年度若手医師等育成支援助成金
  6. 公益財団法人 広島県地域保健医療推進機構 平成29年度若手医師等育成支援助成金
  7. 広島大学萌芽的研究支援金, 2015年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島医学会総会準備委員会委員, 2023年06月, 2024年03月, 広島県医師会
  2. 非常勤医師, 2023年04月, 2024年03月, 医療法人みずの会 さんよう水野病院
  3. 非常勤医師, 2023年04月, 2024年03月, 広島県厚生農業協同組合連合会廣島総合病院
  4. 非常勤医師, 2023年04月, 2024年03月, ヒロシマ平松病院
  5. 広島卒後臨床研修ネットワーク指導医養成講習会タスクフォース, 2023年01月, 2023年01月, 広島大学病院
  6. 非常勤医師, 2022年04月, 2023年03月, ヒロシマ平松病院
  7. 非常勤医師, 2022年04月, 2023年03月, 医療法人みずの会 さんよう水野病院
  8. 非常勤医師, 2022年04月, 2023年03月, 広島県厚生農業協同組合連合会廣島総合病院
  9. 非常勤講師, 2022年01月, 2022年03月, 広島県立広島皆実高等学校
  10. 非常勤医師, 2021年04月, 2022年03月, 医療法人みずの会 さんよう水野病院
  11. 非常勤医師, 2021年04月, 2022年03月, 広島県厚生農業協同組合連合会廣島総合病院
  12. 非常勤講師, 2021年01月, 2021年03月, 広島県立広島皆実高等学校
  13. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, (医)厚生堂長崎病院
  14. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, 医療法人みずの会 さんよう水野病院
  15. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, 独立行政法人国立病院機構呉医療センター
  16. 非常勤講師, 2020年01月, 2020年03月, 広島県立広島皆実高等学校
  17. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, 医療法人みずの会 さんよう水野病院
  18. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, 独立行政法人国立病院機構呉医療センター
  19. 非常勤医師, 2018年04月, 2019年03月, (医)厚生堂長崎病院
  20. 非常勤医師, 2018年04月, 2019年03月, (医)社団慶広会野島内科
  21. 非常勤医師, 2018年04月, 2019年03月, 医療法人みずの会 さんよう水野病院
  22. 非常勤医師, 2018年04月, 2019年03月, 独立行政法人国立病院機構呉医療センター
  23. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, (医)厚生堂長崎病院
  24. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, (医)社団一陽会原田病院
  25. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, (医)社団慶広会野島内科
  26. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 医療法人みずの会 さんよう水野病院
  27. 非常勤医師, 2017年03月, 2017年03月, (医)社団ヤマナ会広島生活習慣病・がん健診センター東広島
  28. 非常勤医師, 2017年03月, 2017年03月, 医療法人みずの会 さんよう水野病院
  29. 非常勤医師, 2017年03月, 2017年03月, 西日本旅客鉄道(株)広島鉄道病院

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第17回広島卒後臨床研修ネットワーク指導医養成講習会, タスクフォース, 2023年/01月/28日, 2023年/01月/29日, 運営参加・支援, 資格認定講習, その他
  2. 第16回広島卒後臨床研修ネットワーク指導医養成講習会, タスクフォース, 2022年/01月/29日, 2022年/01月/30日, 運営参加・支援, 資格認定講習, その他
  3. 第15回広島卒後臨床研修ネットワーク指導医養成講習会, タスクフォース, 2020年/01月/25日, 2020年/01月/26日, 運営参加・支援, 資格認定講習, その他

学術雑誌論文査読歴

  1. 2023年, Modern Rheumatology, その他, 1
  2. 2023年, Journal of Thoracic Disease, その他, 1
  3. 2023年, Scientific Reports, その他, 1
  4. 2023年, Expert Review of Clinical Immunology, その他, 1
  5. 2023年, Modern Rheumatology Case Reports, その他, 4
  6. 2022年, BMJ Case Reports, その他, 2
  7. 2021年, BMJ Case Reports, その他, 1
  8. 2021年, Modern Rheumatology, その他, 1
  9. 2021年, Modern Rheumatology Case Reports, その他, 2
  10. 2020年, Modern Rheumatology Case Reports, その他, 2
  11. 2019年, Journal of Internal Medicine, その他, 1
  12. 2019年, Medical Science Monitor, その他, 1