吉田 拡人Hiroto Yoshida

Last Updated :2022/10/03

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 教授
メールアドレス
yhirotohiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2001年04月01日, 2006年11月30日, 広島大学, 大学院工学研究科物質化学システム専攻, 助手
  • 2006年09月01日, 2006年11月10日, アメリカ合衆国アイオワ州立大学, 化学科, 訪問研究員
  • 2006年12月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科物質化学システム専攻, 助教授
  • 2007年04月01日, 2020年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 准教授
  • 2012年10月, 科学技術振興機構先導的物質変換領域, 研究代表者
  • 2016年02月, 2016年02月, 岡山大学大学院自然科学研究科, 非常勤講師

学歴

  • 京都大学, 大学院工学研究科, 材料化学専攻, 日本, 1998年04月, 2001年03月
  • 京都大学, 大学院工学研究科, 材料化学専攻, 日本, 1996年04月, 1998年03月
  • 京都大学, 工学部, 工業化学科, 日本, 1992年04月, 1996年03月

学位

  • 博士(工学) (京都大学)
  • 修士(工学) (京都大学)

教育担当

  • 【学士課程】 理学部 : 化学科 : 化学プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 基礎化学プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 応用化学プログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 基礎化学プログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 応用化学プログラム

研究分野

  • 化学 / 基礎化学 / 有機化学
  • 化学 / 複合化学 / 合成化学

研究キーワード

  • 遷移金属触媒
  • 有機典型金属反応剤
  • 反応性中間体

所属学会

  • 日本化学会
  • アメリカ化学会
  • 有機合成化学協会
  • 近畿化学協会
  • 触媒学会
  • 基礎有機化学会
  • ケイ素化学協会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 2ターム, 現代化学
  2. 2022年, 学部専門, 4ターム, 先端化学
  3. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  4. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  5. 2022年, 学部専門, 4ターム, 有機典型元素化学
  6. 2022年, 学部専門, 2ターム, 基礎化学B
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 有機典型元素化学
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 基礎化学特別講義C
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎化学特別演習A
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎化学特別演習A
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎化学特別演習B
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎化学特別演習B
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 基礎化学特別研究
  14. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 基礎化学特別研究
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 応用化学特別演習A
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用化学特別演習A
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 応用化学特別演習B
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 応用化学特別演習B
  19. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 応用化学特別研究

教育に関する受賞

  • 2019年72月, 広島大学の名講義(工学部)(対象:理論有機化学)
  • 広島大学の名講義(工学部)(対象:理論有機化学)
  • 2015年, 広島大学の名講義(工学部)(対象:理論有機化学)
  • 2014年, 広島大学の名講義(工学部)(対象:理論有機化学)
  • 2012年, 広島大学の名講義(工学部)(対象:理論有機化学)
  • 2012年11月, 工学研究科・工学部教育顕彰, 広島大学大学院工学研究科
  • 2010年, 広島大学の名講義(工学研究科)(対象:有機反応化学特論)
  • 2008年, 広島大学の名講義(工学研究科)(対象:有機反応化学特論)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Main-Group Organometallics Containing Boron or Tin that Open New Frontiers in Organic Synthesis, JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 80巻, 5号, pp. 477-488, 2022
  2. A stable silylborane with diminished boron Lewis acidity, DALTON TRANSACTIONS, 51巻, 17号, pp. 6543-6546, 20220503
  3. Preparation of (pin)B-B(dan), ORGANIC SYNTHESES, 95巻, pp. 218-+, 2018
  4. Platinum-P(BFPy)(3)-catalyzed regioselective diboration of terminal alkynes with (pin)B-B(aam), ORGANIC CHEMISTRY FRONTIERS, 9巻, 5号, pp. 1370-1374, 20220301
  5. Straightforward construction of diarylmethane skeletons via aryne insertion into carbon-carbon sigma-bonds, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 15号, pp. 1505-1507, 2007
  6. Insertion of arynes into carbon-halogen sigma-bonds: regioselective acylation of aromatic rings, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 23号, pp. 2405-2407, 2007
  7. Three-component coupling of arynes, aminosilanes, and aldehydes, ORGANIC LETTERS, 9巻, 17号, pp. 3367-3370, 20070816
  8. Three-component coupling using arynes and aminosilanes for ortho-selective double functionalization of aromatic skeletons, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 73巻, 14号, pp. 5452-5457, 20080718
  9. Direct access to anthranilic acid derivatives via CO(2) incorporation reaction using arynes, ORGANIC LETTERS, 10巻, 17号, pp. 3845-3847, 20080904
  10. Palladium-catalyzed disilylation of o-quinodimethanes: Synthesis of 9-and 10-membered disilacarbocycles, ORGANIC LETTERS, 10巻, 19号, pp. 4319-4322, 20081002
  11. Fluorenes as new molecular scaffolds for carbon-carbon sigma-bond cleavage reaction: acylfluorenylation of arynes, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 45号, pp. 5963-5965, 2008
  12. Copper-Catalyzed 2:1 Coupling Reaction of Arynes with Alkynes, ORGANIC LETTERS, 11巻, 2号, pp. 373-376, 20090115
  13. Copper-catalysed bromoalkynylation of arynes, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 46巻, 4号, pp. 640-642, 2010
  14. Insertion of Arynes into Carbon-Chlorine Bonds of Chlorotriazines, CHEMISTRY LETTERS, 38巻, 12号, pp. 1132-1133, 20091205
  15. Platinum-catalysed diborylation of arynes: synthesis and reaction of 1,2-diborylarenes, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 46巻, 10号, pp. 1763-1765, 2010
  16. Aryne, ortho-Quinone Methide, and ortho-Quinodimethane: Synthesis of Multisubstituted Arenes Using the Aromatic Reactive Intermediates, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 83巻, 3号, pp. 199-219, 20100315
  17. An Aryne Route to Cytosporone B and Phomopsin C, CHEMISTRY LETTERS, 39巻, 5号, pp. 508-509, 20101205
  18. Facile access to boryltetralins and borylnaphthalenes via a cycloaddition using o-quinodimethanes, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 46巻, 29号, pp. 5253-5255, 2010
  19. Three-component coupling using arynes and DMF: straightforward access to coumarins via ortho-quinone methides, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 47巻, 30号, pp. 8512-8514, 2011
  20. Aryne reaction with trifluoromethyl ketones in three modes: C-C bond cleavage, [2+2] cycloaddition and O-arylation, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 47巻, 30号, pp. 8664-8666, 2011
  21. Three-Component Coupling of Arynes and Organic Bromides, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 50巻, 41号, pp. 9676-9679, 2011
  22. An ortho-Quinodimethane Route to Lasofoxifene and U23469, CHEMISTRY LETTERS, 40巻, 11号, pp. 1272-1274, 20111105
  23. Palladium-Iminophosphine-Catalysed Carbostannylation of Arynes: Synthesis of ortho-Substituted Arylstannanes, Chem. Commun., pp. 1880-1881, 20010401
  24. Dimerization-Carbostannylation of Alkynes Catalyzed by a Palladium-Diimine Complex: Regioselectivity, Stereoselectivity and Mechanism, Bull. Chem. Soc. Jpn, pp. 637-647, 20010401
  25. Palladium-Iminophosphine-Catalyzed Alkynylstannylation of Alkynes, Organometallics, pp. 5671-5678, 20000401
  26. Mechanistic Aspects of Palladium-Catalyzed Allylstannylation of Alkynes, Org. Lett., pp. 2209-2211, 20000401
  27. Nickel-Catalyzed Acylstannylation of 1,3-Dienes: Synethesis and Reaction of e-Oxoallylstannanes, J. Am. Chem. Soc., pp. 9030-9031, 20000401
  28. Diphenylphosphinophenolate: a Ligand for the Palladium-Catalysed Silylation of Aryl Halides Activating Simultaneously both Palladium and Silicon, Chem. Commun., pp. 1895-1896, 20000401
  29. Palladium-Catalyzed Dimerization-Carbostannylation of Alkynes: Synthesis of Highly Conjugated Alkenylstannanes, J. Am. Chem. Soc., pp. 4290-4291, 19990401
  30. Nickel-Catalyzed Carbostannylation of Alkynes with Allyl-, Acyl-, and Alkynylstannanes: Stereoselective Synthesis of Trisubstituted Vinylstannanes, J. Am. Chem. Soc., pp. 10221-10222, 19990401
  31. Carbostannylation of Alkynes Catalyzed by an Iminophosphine-Palladium Complex, J. Am. Chem. Soc., pp. 2975-2976, 19980401
  32. An Iminophosphine-Palladium Catalyst for Cross-Coupling of Aryl Halides with Organostannanes, Tetrahedron Lett., pp. 3759-3762, 19970401
  33. On the Catalytic Cycle of the Palladium-Catalyzed Cross-Coupling Reaction of Alkynylstannane with Aryl Iodide, Tetrahedron Lett., pp. 5177-5180, 19970401
  34. 新機能分子創製のための反応開発 -遷移金属触媒を用いるアルキンのカルボスタニル化の開発-, 化学工業, pp. 36-41, 20010401
  35. Facile Synthesis of N-Alkyl-N’-arylimidazolium Salts via Addition of Imidazoles to Arynes, Org. Lett., pp. 2767-2769, 20020401
  36. Addition of Ureas to Arynes: Straightforward Synthesis of Benzodiazepine and Benzodiazocine Derivatives, Angew. Chem. Int. Ed., pp. 3247-3249, 20020401
  37. Base-Free Oxidative Homocoupling of Arylboronic Esters, Tetrahedron Lett., pp. 1541-1544, 20030401
  38. Palladium-Catalyzed Bissilylation of Arynes with Cyclic Disilanes: Synthesis of Benzo-Annulated Disilacarbocycles, J. Am. Chem. Soc., pp. 6638-6639, 20030401
  39. Activator-Free Oxidative Homocoupling of Organosilanes Catalysed by a Palladium-DPPP Complex, Chem. Commun., pp. 1510-1511, 20030401
  40. Thiostannylation of Arynes with Stannyl Sulfides: Synthesis and Reaction of 2-(Arylthio)arylstannanes, Chem. Commun., pp. 1980-1981, 20040401
  41. Arynes in Three-Component Coupling Reaction: Straightforward Synthesis of Benzo-Annulated Iminofurans, Angew. Chem. Int. Ed., pp. 3935-3938, 20040401
  42. Distannylation of Strained Carbon-Carbon Triple Bonds Catalyzed by a Palladium Complex, Angew. Chem. Int. Ed., pp. 5052-5055, 20040401
  43. Straightforward Access to 2-Iminoisoindolines via Three-Component Coupling of Arynes, Isocyanides and Imines, Tetrahedron Lett., pp. 8659-8662, 20040401
  44. A 2 : 1 Coupling Reaction of Arynes with Aldehydes via o-Quinone Methides: Straightforward Synthesis of 9-Arylxanthenes, Org. Lett., pp. 4049-4051, 20040401
  45. Addition of Silicon-Silicon σ-Bonds to Arynes or Bisarynes Catalyzed by a Palladium Complex, Organometallics, pp. 156-162, 20050401
  46. Facile Synthesis of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons via a Trisaryne Equivalent, Chem. Lett., pp. 56-57, 20050401
  47. Cyclic Voltammetry and Theoretical Calculations of Silyl-substituted 1,4-Benzoquinones, J. Organomet. Chem., pp. 1324-1331, 20050401
  48. アラインを用いた遷移金属触媒反応および求電子的カップリング反応, 有機合成化学協会誌, pp. 627-639, 20050401
  49. Facile Insertion Reaction of Arynes into Carbon-Carbon σ-Bonds, Chem. Commun., pp. 3292-3294, 20050401
  50. Aminosilylation of Arynes with Aminosilanes: Synthesis of 2-Silylaniline Derivatives, Chem. Commun., pp. 3454-3456, 20050401
  51. Aryne Insertion into α-Cyanocarbonyl Compounds: Direct Introduction of Carbonyl and Cyanomethyl Moieties into the Aromatic Skeletons, Tetrahedron Lett., pp. 6729-6731, 20050401
  52. Carbophosphinylation of Arynes with Cyanomethyldiphenylphosphine Oxide, Chem. Lett., pp. 1538-1539, 20050401
  53. Palladium-Catalysed Dimerisation-Distannylation of Arynes: Synthesis and Reaction of 2,2’-Distannylbiaryls, Chem. Commun., pp. 5678-5680, 20050401
  54. Palladium-Catalyzed Distannylation of ortho-Quinodimethanes, Org. Lett., pp. 4157-4159, 20060401
  55. CO2 Incorporation Reaction using Arynes: Straightforward Access to Benzoxazinone, J. Am. Chem. Soc., pp. 11040-11041, 20060401
  56. Straightforward Construction of Diarylmethane Skeletons via Aryne Insertion into Carbon-Carbon σ-Bonds, Chem. Commun., pp. 1505-1507, 20070401
  57. Insertion of Arynes into Carbon-Halogen σ-Bonds: Regioselective Acylation of Aromatic Rings, Chem. Commun., pp. IN PRESS, 20070401
  58. Three-Component Coupling Using Arynes and Isocyanides: Straightforward Access to Benzo-Annulated Nitrogen or Oxygen Heterocycles, Tetrahedron, pp. 4793-4805, 20070401
  59. Three-Component Coupling of Arynes, Aminosilanes, and Aldehydes, Org. Lett., pp. 3367-3370, 20070701
  60. Aryne Insertion Reactions into sigma-Bonds, JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 69巻, 8号, pp. 877-888, 20110801
  61. Facile synthesis of N-alkyl-N '-arylimidazolium salts via addition of imidazoles to arynes, ORGANIC LETTERS, 4巻, 16号, pp. 2767-2769, 20020808
  62. Base-free oxidative homocoupling of arylboronic esters, TETRAHEDRON LETTERS, 44巻, 8号, pp. 1541-1544, 20030217
  63. Palladium-catalyzed bissilylation of arynes with cyclic disilanes: Synthesis of benzo-annulated disilacarbocycles, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 125巻, 22号, pp. 6638-6639, 20030604
  64. Activator-free oxidative homocoupling of organosilanes catalysed by a palladium-DPPP complex, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 13号, pp. 1510-1511, 2003
  65. 2,3,5,6-tetrasilyl- and 2,3,5,6-tetragermyl-1,4-benzoquinones: X-ray crystallographic analysis, cyclic voltammetry, and DFT calculations, ORGANOMETALLICS, 23巻, 7号, pp. 1554-1561, 20040329
  66. Arynes in a three-component coupling reaction: Straightforward synthesis of benzoannulated iminofurans, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 43巻, 30号, pp. 3935-3938, 2004
  67. Thiostannylation of arynes with stannyl sulfides: synthesis and reaction of 2-(arylthio)arylstannanes, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 17号, pp. 1980-1981, 2004
  68. Distannylation of strained carbon-carbon triple bonds catalysed by a palladium complex, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 43巻, 38号, pp. 5052-5055, 2004
  69. A 2 : 1 coupling reaction of arynes with aldehydes via o-quinone methides: Straightforward synthesis of 9-arylxanthenes, ORGANIC LETTERS, 6巻, 22号, pp. 4049-4051, 20041028
  70. Straightforward access to 2-iminoisoindolines via three-component coupling of arynes, isocyanides and imines, TETRAHEDRON LETTERS, 45巻, 47号, pp. 8659-8662, 20041115
  71. Cyclic voltammetry and theoretical calculations of silyl-substituted 1,4-benzoquinones, JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY, 690巻, 5号, pp. 1324-1331, 20050301
  72. Addition of silicon-silicon or-bonds to arynes or bisarynes catalyzed by a palladium complex, ORGANOMETALLICS, 24巻, 1号, pp. 156-162, 20050103
  73. Facile synthesis of polycyclic aromatic hydrocarbons via a trisaryne equivalent, CHEMISTRY LETTERS, 34巻, 1号, pp. 56-57, 20050105
  74. Palladium-catalysed dimerisation-distannylation of arynes: synthesis and reaction of 2,2 '-distannylbiaryls, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 45号, pp. 5678-5680, 2005
  75. Transition metal-catalyzed reactions or electrophilic coupling reactions using arynes, JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 63巻, 6号, pp. 627-639, 200506
  76. Facile insertion reaction of arynes into carbon-carbon sigma-bonds, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 26号, pp. 3292-3294, 2005
  77. Aminosilylation of arynes with aminosilanes: synthesis of 2-silylaniline derivatives, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 27号, pp. 3454-3456, 2005
  78. Aryne insertion into alpha-cyanocarbonyl compounds: direct introduction of carbonyl and cyanomethyl moieties into the aromatic skeletons, TETRAHEDRON LETTERS, 46巻, 39号, pp. 6729-6731, 20050926
  79. Carbophosphinylation of arynes with cyanomethyldiphenylphosphine oxide, CHEMISTRY LETTERS, 34巻, 11号, pp. 1538-1539, 20051105
  80. CO2 incorporation reaction using arynes: Straightforward access to benzoxazinone, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 128巻, 34号, pp. 11040-11041, 20060830
  81. Palladium-catalyzed distannylation of ortho-quinodimethanes, ORGANIC LETTERS, 8巻, 18号, pp. 4157-4159, 20060831
  82. Three-component coupling using arynes and isocyanides: straightforward access to benzo-annulated nitrogen or oxygen heterocycles, TETRAHEDRON, 63巻, 22号, pp. 4793-4805, 20071228
  83. Aryne Insertion Reactions into sigma-Bonds, JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 69巻, 8号, pp. 877-888, 201108
  84. Copper-Catalyzed Borylation Reactions of Alkynes and Arynes, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 51巻, 1号, pp. 235-238, 2012
  85. MULTICOMPONENT COUPLING REACTION OF ARYNES FOR CONSTRUCTION OF HETEROCYCLIC SKELETONS, HETEROCYCLES, 85巻, 6号, pp. 1333-1349, 20120601
  86. Aryne Insertion Reactions into Carbon-Carbon sigma-Bonds, SYNLETT, 12号, pp. 1725-1732, 201207
  87. Hetero-Diels-Alder reaction of photochemically generated alpha-hydroxy-o-quinodimethanes with trifluoromethyl ketones, TETRAHEDRON LETTERS, 53巻, 31号, pp. 3974-3976, 20120801
  88. Copper-Catalyzed Three-Component Borylstannylation of Alkynes, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 18巻, 46号, pp. 14841-14844, 201211
  89. Copper-Catalyzed Three-Component Carboboration of Alkynes and Alkenes, ORGANIC LETTERS, 15巻, 4号, pp. 952-955, 20130215
  90. Synchronous Ar-F and Ar-Sn Bond Formation through Fluorostannylation of Arynes, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 52巻, 33号, pp. 8629-8632, 20130812
  91. Copper-catalyzed distannylation of alkynes, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 49巻, 99号, pp. 11671-11673, 2013
  92. A masked diboron in Cu-catalysed borylation reaction: highly regioselective formal hydroboration of alkynes for synthesis of branched alkenylborons, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 50巻, 61号, pp. 8299-8302, 201408
  93. Three-Component Carboboration of Alkenes under Copper Catalysis, SYNTHESIS-STUTTGART, 46巻, 14号, pp. 1924-1932, 201407
  94. Silver-Catalyzed Highly Regioselective Formal Hydroboration of Alkynes, ORGANIC LETTERS, 16巻, 13号, pp. 3512-3515, 201407
  95. N-Heterocyclic carbene-catalyzed double acylation of enones with benzils, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 50巻, 82号, pp. 12285-12288, 201410
  96. Facile Access to vic-Borylstannylalkanes via Copper-Catalyzed Three-Component Borylstannylation of Alkenes, SYNTHESIS-STUTTGART, 46巻, 22号, pp. 3024-3032, 201411
  97. Direct Synthesis of Boron-Protected Alkenyl- and Alkylborons via Copper-Catalyzed Formal Hydroboration of Alkynes and Alkenes, ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 3巻, 11号, pp. 1204-1209, 201411
  98. Synchronous Ar?F and Ar?Sn Bond Formation through Fluorostannylation of Arynes, Synform, pp. A147-A149, 20131201
  99. 銅触媒を用いた炭素?炭素多重結合種のメタル化反応, 第46回有機金属若手の会, 20130701
  100. Convenient Synthesis of 2-Amino-4H-chromenes from Photochemically Generated o-Quinone Methides and Malononitrile, JOURNAL OF HETEROCYCLIC CHEMISTRY, 52巻, 1号, pp. 59-66, 201501
  101. Borylstannylation of alkynes with inverse regioselectivity: copper-catalyzed three-component coupling using a masked diboron, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 51巻, 29号, pp. 6297-6300, 201502
  102. Inverse Regioselectivity in the Silylstannylation of Alkynes and Allenes: Copper-Catalyzed Three-Component Coupling with a Silylborane and a Tin Alkoxide, Chemical Communications, 51巻, pp. 9440-9442, 201504
  103. Copper-Catalyzed α-Selective Hydrostannylation of Alkynes for Synthesis of Branched Alkenylstannanes, Chemical Communications, 51巻, pp. 10616-10619, 201505
  104. Inverse regioselectivity in the silylstannylation of alkynes and allenes: copper-catalyzed three-component coupling with a silylborane and a tin alkoxide, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 51巻, 46号, pp. 9440-9442, 201504
  105. Copper-catalyzed alpha-selective hydrostannylation of alkynes for the synthesis of branched alkenylstannanes, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 51巻, 53号, pp. 10616-10619, 201505
  106. Copper-Catalyzed Metallation Reactions of Unsaturated Carbon-Carbon Bonds, JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 73巻, 6号, pp. 632-648, 201506
  107. Copper Catalysis for Synthesizing Main-Group Organometallics Containing B, Sn or Si, CHEMICAL RECORD, 16巻, 1号, pp. 419-434, 201602
  108. Borylation of Alkynes under Base/Coinage Metal Catalysis: Some Recent Developments, ACS CATALYSIS, 6巻, 3号, pp. 1799-1811, 201603
  109. Stannylation Reactions under Base Metal Catalysis: Some Recent Advances, SYNTHESIS-STUTTGART, 48巻, 16号, pp. 2540-2552, 201608
  110. Copper-Catalyzed B(dan)-Installing Carboboration of Alkenes, ORGANIC LETTERS, 19巻, 4号, pp. 830-833, 20170217
  111. Ligand-Free Copper-Catalyzed Cyano- and Alkynylstannylation of Arynes, CHEMISTRYSELECT, 2巻, 11号, pp. 3212-3215, 20170413
  112. Copper-Catalyzed Borylstannylation of Alkynes with Tin Fluorides, ORGANOMETALLICS, 36巻, 7号, pp. 1345-1351, 20170410
  113. Naphthobispyrazine as an Electron-deficient Building Unit for pi-Conjugated Polymers: Efficient Synthesis and Polymer Properties, CHEMISTRY LETTERS, 46巻, 8号, pp. 1193-1196, 201708
  114. Copper-catalyzed direct borylation of alkyl, alkenyl and aryl halides with B(dan), ORGANIC CHEMISTRY FRONTIERS, 4巻, 7号, pp. 1215-1219, 201707
  115. Aryne-Imine-Aryne Coupling Reaction via [4+2] Cycloaddition between Aza-o-Quinone Methides and Arynes, ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 6巻, 8号, pp. 973-976, 201708
  116. NHC-catalyzed cleavage of vicinal diketones and triketones followed by insertion of enones and ynones, BEILSTEIN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 13巻, pp. 1816-1822, 20170830
  117. B(MIDA)-Containing Diborons, ACS OMEGA, 2巻, 9号, pp. 5911-5916, 201709
  118. Copper-Catalyzed B(dan)-Installing Carboboration of Alkenes, Org. Lett., 19巻, 4号, pp. 830-833, 20170401
  119. Ligand-Free Copper-Catalyzed Cyano- and Alkynylstannylation of Arynes, ChemistrySelect, 2巻, 11号, pp. 3212-3215, 20170401
  120. Copper-Catalyzed Borylstannylation of Alkynes with Tin Fluorides, Organometallics, 36巻, 7号, pp. 1345-1351, 20170401
  121. Naphthobispyrazine as an Electron-deficient Building Unit for -Conjugated Polymers: Efficient Synthesis and Polymer Properties, Chem. Lett., 46巻, 8号, pp. 1193-1196, 20170601
  122. Copper-Catalyzed Direct Borylation of Alkyl, Alkenyl and Aryl Halides with B(dan), Org. Chem. Front., 4巻, 7号, pp. 1215-1219, 20170701
  123. Aryne–Imine–Aryne Coupling Reaction via [4+2] Cycloaddition between Aza-o-Quinone Methides and Arynes, Asian J. Org. Chem., 6巻, 8号, pp. 973-976, 20170801
  124. NHC-Catalyzed Cleavage of Vicinal Diketones and Triketones Followed by Insertion of Enones and Ynones, Beilstein J. Org. Chem., 13巻, pp. 1816-1822, 20170801
  125. B(MIDA)-Containing Diborons, ACS Omega, 2巻, 9号, pp. 5911-5916, 20170901
  126. Copper-catalyzed Borylation of Bromoaryl Triflates with Diborons: Chemoselective Replacement of an Ar-Br Bond, CHEMISTRY LETTERS, 47巻, 8号, pp. 957-959, 201808
  127. Anthranilamide (aam)-substituted diboron: palladium-catalyzed selective B(aam) transfer, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 54巻, 67号, pp. 9290-9293, 20180828
  128. Anthranilamide (aam)-substituted arylboranes in direct carbon-carbon bond-forming reactions, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 55巻, 18号, pp. 2624-2627, 20190304
  129. Ni/Co-Catalyzed Homo-Coupling of Alkyl Tosylates, MOLECULES, 24巻, 8号, 20190402
  130. An anthranilamide-substituted borane [H-B(aam)]: its stability and application to iridium-catalyzed stereoselective hydroboration of alkynes, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 55巻, 38号, pp. 5420-5422, 20190511
  131. Copper-catalyzed arylstannylation of arynes in a sequence, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 55巻, 46号, pp. 6503-6506, 20190611
  132. Copper-Catalyzed B(dan)-Installing Allylic Borylation of Allylic Phosphates, ADVANCED SYNTHESIS & CATALYSIS, 361巻, 10号, pp. 2286-2290, 20190514
  133. Preparation of (pin)B–B(dan), Organic Syntheses, 95巻, pp. 218-230, 201807
  134. Dithiazolylthienothiophene Bisimide: A Novel Electron-Deficient Building Unit for N-Type Semiconducting Polymers, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 11巻, 26号, pp. 23410-23416, 20190703
  135. One-pot Sequential Fluorostannylation-Arylstannylation of Arynes, CHEMISTRY LETTERS, 48巻, 9号, pp. 1032-1034, 201909
  136. Direct Suzuki-Miyaura Coupling with Naphthalene-1,8-diaminato (dan)-Substituted Organoborons, ACS CATALYSIS, 10巻, 1号, pp. 346-351, 20200103
  137. Dithiazolylthienothiophene Bisimide-Based pi-Conjugated Polymers: Improved Synthesis and Application to Organic Photovoltaics as P-Type Semiconductor, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 93巻, 4号, pp. 561-567, 202004
  138. Transition metal-free B(dan)-installing reaction (dan: naphthalene-1,8-diaminato): H-B(dan) as a B(dan) electrophile, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 56巻, 47号, pp. 6388-6391, 20200614
  139. One-pot Sequential Fluorostannylation–Arylstannylation of Arynes, Chem. Lett., 48巻, 9号, pp. 1032-1034, 20190605
  140. Direct Suzuki–Miyaura Coupling with Naphthalene-1,8-diaminato (dan)-Substituted Organoborons, ACS Catal., 10巻, 1号, pp. 346-351, 20191001
  141. Dithiazolylthienothiophene Bisimide: A Novel Electron-Deficient Building Unit for N-Type Semiconducting Polymers, ACS Appl. Mater. Interfaces, 11巻, 26号, pp. 23410-23416, 20190604
  142. A leap forward in sulfonium salt and sulfur ylide chemistry, CHINESE CHEMICAL LETTERS, 32巻, 1号, pp. 299-312, 202101
  143. Synthetic Chemistry with Lewis Acidity-Diminished B(aam) and B(dan) Groups: Borylation Reactions and Direct Cross-Couplings, ADVANCED SYNTHESIS & CATALYSIS, 363巻, 9号, pp. 2310-2324, 20210427
  144. Transition Metal-Free B(dan)-Installing Reaction (dan: naphthalene-1,8-diaminato): H–B(dan) as a B(dan) Electrophile, Chemical Communications, 56巻, 47号, pp. 6388-6391, 20200430

著書等出版物

  1. 2021年, 有機合成のための新触媒反応101, 「アルケン,アルキンのボリル官能基化」;「アラインの官能基化」, 東京化学同人, 2021年, 単行本(学術書), 分担執筆, 日本語, 吉田拡人, 212
  2. 2021年, 2021年, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, 505
  3. 2021年, 2021年, 事典・辞書, 単著, 英語
  4. 2020年05月04日, e-EROS, Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, 1H-Naphtho[1,8-de]-1,3,2-diazaborine, 2,3-Dihydro-2-(4,4,5,5-tetramethyl-1,3,2-dioxaborolan-2-yl)-, Wiley, 2020年, 2020, 事典・辞書, 単著, 英語, Hiroto Yoshida
  5. 2019年11月, Science of Synthesis Reference Library: Advances in Organoboron Chemistry toward Organic Synthesis, Diboron Compounds: Synthesis and Applications, Thieme, 2019年, 11, 単行本(学術書), 共著, 英語, H. Yoshida, 9783132429734, 574
  6. 2015年, Aryne-based multicomponent reactions, Multicomponent reactions in organic synthesis, Wiley-VCH, 2015年, 単行本(学術書), 単著, 英語, Hiroto Yoshida, 30
  7. 2015年, Mesitylcopper(I), e-EROS Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, Wiley, 2015年, 2, 事典・辞書, 単著, 英語, Hiroto Yoshida, 3
  8. 2014年, Nucleophilic Coupling with Arynes, Comprehensive Organic Synthesis (Second Edition), Elsevier, 2014年, 単行本(学術書), 単著, 英語, 58
  9. 2013年, Dearomatization–Aromatization Sequence, Transition-Metal-Mediated Aromatic Ring Construction, John Wiley & Sons, 2013年, 単行本(学術書)
  10. 2009年, Diphenyl-2-pyridylphosphine, e-EROS Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, Wiley, 2009年, 事典・辞書, english, Hiroto Yoshida, 4

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Synthetic Chemistry with Lewis Acidity-Diminished Organoboron Compounds, 2022年03月19日, 招待, 英語, オンライン
  2. 銅触媒およびアラインを用いるスタノール合成, 藤原礼華, 常光竜介, Shang Rong, 中本真晃, 吉田拡人, 第102回日本化学会春季年会, 2022年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, オンライン
  3. 銅触媒を用いる末端アルキンの内部選択的三成分カルボホウ素化反応, 対馬拓海, 金﨑達也, Shang Rong, 中本真晃, 吉田拡人, 第102回日本化学会春季年会, 2022年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, オンライン
  4. パラジウム/銅協働触媒を用いるルイス酸性抑制有機ホウ素反応剤の直接鈴木-宮浦クロスカップリング反応, 友田和希, Shang Rong, 中本真晃, 吉田拡人, 第102回日本化学会春季年会, 2022年03月26日, 通常, 日本語, 日本化学会, オンライン
  5. 新しいルイス酸性抑制ホウ素H–B(mdan)の合成と反応, 宮﨑一智, Shang Rong, 中本真晃, 吉田拡人, 第11回CSJ化学フェスタ2021, 2021年10月19日, 通常, 日本語, 日本化学会, オンライン
  6. 末端アルキンの銅触媒ホウ素化における内部選択性の起源, 対馬拓海, 田中英也, 中西一貴, Shang Rong, 中本真晃, 吉田拡人, 第11回CSJ化学フェスタ2021, 2021年10月19日, 通常, 日本語, 日本化学会, オンライン
  7. 新しいルイス酸性抑制ボランH–B(mdan)の合成と反応, 宮﨑一智, Shang Rong, 中本真晃, 吉田拡人, 第67回有機金属化学討論会, 2021年09月07日, 通常, 日本語, 近畿化学協会有機金属部会, オンライン
  8. 末端アルキンの銅触媒ホウ素化における内部選択性の起源, 対馬拓海, 田中英也, Shang Rong, 中本真晃, 吉田拡人, 第67回有機金属化学討論会, 2021年09月07日, 通常, 日本語, 近畿化学協会有機金属部会, オンライン
  9. 2つのオルトフェニレン骨格で架橋されたボランを有するホスフィンによる水の還元反応, 大石拓実, L. I. Lugo-Fuentes, J. O. C. Jimenez-Halla, J. Barroso-Flores, 中本真晃, 吉田拡人,山本陽介, Shang Rong, 第48回有機典型元素化学討論会, 2021年12月03日, 通常, 日本語, 第48回有機典型元素化学討論会実行委員会, オンライン
  10. ケイ素置換シクロブタジエン二量体の合成検討, 小栗愛理, Shang Rong, 吉田拡人, 山本陽介, 中本真晃, 第48回有機典型元素化学討論会, 2021年12月02日, 通常, 日本語, 第48回有機典型元素化学討論会実行委員会, オンライン
  11. リンから成る新規ヘテロ5員環無機配位子の開発, 松前翔三, Shang Rong, 中本真晃, 吉田拡人, 第48回有機典型元素化学討論会, 2021年12月02日, 通常, 日本語, 第48回有機典型元素化学討論会実行委員会, オンライン
  12. 2つのボリル基を有する新規トリアリールホスフィンの合成と小分子活性化における新規反応性, 尾野萌, 大石拓実, Leonardo I. Lugo-Fuentes, J. Oscar C. Jimenez-Halla, Joaquín Barroso-Flores, 中本真晃, 吉田拡人, Shang Rong, 第48回有機典型元素化学討論会, 2021年12月02日, 通常, 日本語, 第48回有機典型元素化学討論会実行委員会, オンライン
  13. 反芳香族ジシアノアントラセンジアニオンにおいてトリアリールボランとの錯形成がもたらすπ共役系の変化, 今川大樹, 中本真晃, 岡澤一樹, 吉澤一成, Shang Rong, 吉田拡人, 山本陽介, 第48回有機典型元素化学討論会, 2021年12月02日, 通常, 日本語, 第48回有機典型元素化学討論会実行委員会, オンライン
  14. ケイ素置換ホスファアルキンを用いた新規高歪みリン化合物の合成検討, 島田雄大, Shang Rong, 吉田拡人, 中本真晃, 第25回ケイ素化学協会シンポジウム, 2021年10月28日, 通常, 日本語, ケイ素化学協会, オンライン
  15. ケイ素置換基により安定化された高歪炭化水素分子,および反芳香族分子の合成と構造, 中本真晃, 今川大樹, 鈴木啓太, 岩崎真子, Shang Rong, 関口 章, 吉田拡人, 第25回ケイ素化学協会シンポジウム, 2021年10月28日, 通常, 日本語, ケイ素化学教会, オンライン
  16. ジピリド縮環型カルベン骨格全炭素ピンサー型配位子を有したイリジウムアニオン錯体の酸化反応, 中西一貴, Shang Rong, 山本陽介, J. Oscar C. Jimenez-Halla, 山添誠司, 中本真晃, 吉田拡人, 第67回有機金属化学討論会, 2021年09月07日, 通常, 日本語, 近畿化学協会有機金属部会, オンライン
  17. レドックス活性を有する4π型ホウ素・窒素含有複素環カルベン(BNC)を用いた金アニオン錯体の合成と特性評価, Shang Rong, 木村好貴, Leonardo I. Lugo-Fuentes, 齋藤聡太, J. Oscar C. Jimenez-Halla, Joaquín Barroso-Flores, 中本真晃, 山本陽介, 吉田拡人, 第67回有機金属化学討論会, 2021年09月09日, 通常, 英語, 近畿化学協会有機金属部会, オンライン
  18. Attempt to synthesize silyl-substituted diphophatetrahedrane: highly strained organophosphorus molecule, 2021年12月14日, 通常, 英語, オンライン
  19. Synthesis and Reactivity of the Anionic Iridium Complex bearing All-carbon Ligated Pincer Ligands with Dipyrido-annulated Carbene Framework, 2021年10月05日, 通常, 英語, オンライン
  20. ホウ素およびスズを有する有機典型金属化合物の選択的合成反応の開発とその応用, 吉田拡人, ヘテロ原子部会2020年度第2回懇話会, 2020年12月14日, 招待, 日本語, 近畿化学協会ヘテロ原子部会, オンライン
  21. ホウ素およびスズを有する有機典型金属化合物の選択的合成反応の開発とその応用, 吉田拡人, 九州大学講演会, 2020年12月01日, 招待, 日本語, 九州大学國信洋一郎教授, オンライン
  22. ルイス酸性抑制有機ホウ素化合物合成反応の開発と直接変換への展開, 吉田拡人, 第126回触媒討論会, 2020年09月16日, 招待, 日本語, 触媒学会, オンライン
  23. ジピリド縮環型カルベン骨格をもつ全炭素配位ピンサー配位子による高酸化数イリジウム錯体の合成と構造, 中西一貴,Rong Shang,中本真晃,山本陽介,吉田拡人,J. Oscar C. Jimenez-Halla, 日本化学会第101春季年会, 2021年03月21日, 通常, 英語, 日本化学会, オンライン
  24. ジアミノナフタレン置換ボランをホウ素求電子剤とする遷移金属触媒フリーなホウ素化反応, 李佳倫,小石幹尚,神尾慎太郎,Rong Shang,中本真晃,吉田拡人, 日本化学会第101春季年会, 2021年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, オンライン
  25. トリアルキルシリルリチウム生成を経由するシリルボランの合成およびそれを用いたアリールトリフラートの銅触媒シリル化反応, 神尾慎太郎,Rong Shang,中本真晃,Martin Oestreich,吉田拡人, 日本化学会第101春季年会, 2021年03月20日, 通常, 日本語, 日本化学会, オンライン
  26. シリルスタナンを用いるアリールハライドの遷移金属触媒フリー置換型スタニル化反応, 平岡勇太,Rong Shang,中本真晃,吉田拡人, 日本化学会第101春季年会, 2021年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, オンライン
  27. B(C6F5)3-ジシアノアントラセンLewis付加体の合成、還元および構造解析:光学特性と電子構造に及ぼすLewis酸の影響, 今川大樹,中本真晃,Rong Shang,吉田拡人,山本陽介, 日本化学会第101春季年会, 2021年03月19日, 通常, 日本語, 日本化学会, オンライン
  28. 遷移金属触媒フリーなアラインのシアノスタニル化反応, 吉田晟哉,田中英也,Rong Shang,中本真晃,吉田拡人, 日本化学会第101春季年会, 2021年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, オンライン
  29. Transition Metal-Free Borylation Reaction Using 1,8-Diaminonaphthalene-substituted Borane [H–B(dan)] as a B(dan) Electrophile, 李佳倫,神尾慎太郎,吉田拡人, The 17th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2020年12月11日, 通常, 英語, The Chemical Society of Nano Bio Info, オンライン
  30. Direct Suzuki–Miyaura Cross-Coupling Reactions of 1,8-Diaminonaphthalene (dan)-substituted Organoboron Compounds, 小石幹尚,吉田拡人, The 17th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2020年12月11日, 通常, 英語, The Chemical Society of Nano Bio Info, オンライン
  31. Internal Selective Borylations of Terminal Alkynes with Lewis Acidity-Decreased Boron Reagents, 金﨑達也,吉田拡人, The 17th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2020年12月11日, 通常, 英語, The Chemical Society of Nano Bio Info, オンライン
  32. 有機典型金属化合物の選択的合成法の開発とその応用, 吉田拡人, 明治大学講演会, 2019年11月14日, 招待, 日本語, 土本晃久, 川崎
  33. 有機典型金属化合物の選択的合成法の開発とその応用, 吉田拡人, 東京理科大学化学特別講義1, 2019年11月13日, 招待, 日本語, 斎藤慎一, 東京
  34. Development of New Methods for Synthesizing Main Group Organometallic Compounds Including Boron and Tin, Hiroto Yoshida, “Inviting Intelligence” Programme of the Beijing Univeristy of Chemical Technology, 2019年10月09日, 招待, 日本語, Jiajing Tan, Beijing, China
  35. Synthesis of Ar–B(dan) by the Reaction of Aryl Grignard Reagents with H–B(dan), 李佳倫,関道成,尾坂格,吉田拡人, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 英語, 日本化学会, 千葉
  36. 塩基によるシリルスタナンを用いたハロゲン化アリールの置換型スタニル化反応, 平岡 勇太・尾坂 格・吉田 拡人, 日本化学会 第100春季年会, 2020年03月22日, 通常, 日本語, 日本化学会, 千葉
  37. ビアリール合成に向けたアラインの銅触媒アリールスタニル化の展開, 田中英也,尾坂格,吉田拡人, 第124回触媒討論会, 2019年09月18日, 通常, 日本語, 触媒学会, 長崎
  38. 塩基によるシリルスタナンを用いたハロゲン化アリールのスタニル化反応, 平岡勇太・尾坂格・吉田拡人, 第9回CSJ化学フェスタ2019, 2019年10月15日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東京
  39. dan置換有機ホウ素化合物の直接クロスカップリング反応, 関道成・尾坂格・吉田拡人, 第9回CSJ化学フェスタ2019, 2019年10月15日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東京
  40. Copper-catalyzed arylstannylation of arynes in sequence, Hideya Tanaka, Itaru Osaka, Hiroto Yoshida, The 20th International Symposium on Organometallic Catalysis Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS-20), 2019年07月19日, 通常, 英語, A. Stephen K. Hashmi, Heidelberg, Germany
  41. Copper-Catalyzed Arylstannylation of Arynes in a Sequence, Hideya Tanaka, Itaru Osaka, Hiroto Yoshida, The 16th Nano Bio Info Chemistry Symposium, 2019年12月09日, 通常, 英語, Katsuya Inoue, Higashi-Hiroshima, Japan
  42. Copper-Catalyzed Arylstannylation of Arynes in a Sequence, Hideya Tanaka, Itaru Osaka, and Hiroto Yoshida, International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tin and Lead, 2019年09月02日, 通常, 英語, Masaichi Saito, Saitama, Japan
  43. Direct Suzuki–Miyaura Coupling with Naphthalene-1,8-diaminato (dan)-Substituted Organoborons, Hiroto Yoshida, Michinari Seki and Itaru Osaka, 14th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-14), 2019年09月27日, 通常, 英語, Asian Cutting-Edge Organic Chemistry Promotion Network (ACP), Niseko, Hokkaido
  44. 銅触媒を用いたアラインの連続的アリールスタニル化, 田中英也,尾坂格,吉田拡人, 日本化学会第99春季年会, 2019年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神戸
  45. 銅触媒を用いたルイス酸性抑制非対称ジボロンによる末端アルキンのα選択的三成分連結ホウ素化反応, 対馬拓海,尾坂格,吉田拡人, 日本化学会第99春季年会, 2019年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神戸
  46. 銅触媒を用いたブロモアリールトリフラートの臭素部位選択的ホウ素化反応, 神尾慎太郎,尾坂格,吉田拡人, 日本化学会第99春季年会, 2019年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神戸
  47. dan置換有機ホウ素化合物の直接クロスカップリング反応, 関道成,尾坂格,吉田拡人, 日本化学会第99春季年会, 2019年03月16日, 通常, 日本語, 日本化学会, 神戸
  48. アラインの銅触媒アリールスタニル化によるビアリール及びターアリールの直截合成, 田中英也,尾坂格,吉田拡人, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月17日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 松山
  49. アントラニルアミド置換ホウ素基の直接導入および直接クロスカップリング, 神尾慎太郎,尾坂格,吉田拡人, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月17日, 通常, 日本語, 日本化学会中国四国支部, 松山
  50. アリールスズのルイス酸性に基づいたアラインとの銅触媒連続的カップリング, 田中英也,尾坂格,吉田拡人, 第8回CSJ化学フェスタ, 2018年10月23日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東京
  51. アントラニルアミド置換ホウ素基の直接導入および直接クロスカップリング, 神尾慎太郎,尾坂格,吉田拡人, 第8回CSJ化学フェスタ, 2018年10月23日, 通常, 日本語, 日本化学会, 東京
  52. 銅触媒を用いるアラインの1分子あるいは2分子選択的アリールスタニル化, 吉田拡人,田中英也,尾坂格, 第122回触媒討論会, 2018年09月28日, 通常, 日本語, 触媒学会, 函館
  53. アントラニルアミド置換ジボロン:パラジウム触 媒による選択的 B(aam)導入と直接クロスカップリング への展開, 神尾慎太郎,尾坂格,吉田拡人, 第 65 回 有機金属化学討論会, 2018年09月20日, 通常, 日本語, 近畿化学協会
  54. 2018年11月15日, 通常, 英語, 近畿化学協会, 京都
  55. 2018年11月01日, 招待, 英語
  56. 有機典型金属化合物の高選択的合成に向けた銅触媒反応の開発, 吉田拡人, 有機金属化学仙台ミニシンポジウム, 2016年09月20日, 招待, 日本語, 有機金属化学仙台ミニシンポジウム, 仙台
  57. Borylation Reactions with a Masked Diboron under Copper Catalysis, 吉田拡人, International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2016, 2016年08月17日, 招待, 英語, International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2016, クチン,マレーシア
  58. Copper-Catalyzed Stannylation Reactions of Alkynes", Poster Presentation, 吉田拡人, 20th International Symposium on Homogeneous Catalysis, 2016年07月14日, 通常, 英語, 20th International Symposium on Homogeneous Catalysis, 京都
  59. A Masked Borylcopper Species for Catalytic Borylation Reactions, 吉田拡人, 1st International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding, 2016年07月09日, 招待, 英語, 科研費新学術領域研究「精密制御反応場」, 大阪
  60. アラインおよび銅触媒を利用した反応開発, 吉田拡人, 早稲田大学講演会, 2016年06月17日, 招待, 日本語, 早稲田大学, 東京
  61. 2015年11月13日, 通常, 英語, 近畿化学協会 IKCOC-13 委員会, 京都市
  62. 吉田拡人, 竹本雄紀,高木謙, 第62回有機金属化学討論会, 2015年09月09日, 通常, 日本語, 近畿化学協会有機金属部会, 吹田市
  63. 日本化学会第96回春季年会, 2016年03月25日, 通常, 英語, 日本化学会, 京田辺市
  64. アラインの化学から銅触媒メタル化の化学への変遷, 吉田拡人, 岡山大学講演会, 2016年02月05日, 招待, 日本語, 岡山大学理学部, 岡山市
  65. 銅触媒を用いる不飽和炭化水素のホウ素化反応, 吉田拡人, 明治大学講演会, 2015年10月16日, 招待, 日本語, 明治大学理工学部, 川崎市
  66. 銅触媒を用いる有機金属化合物の高選択的合成反応, 吉田拡人, 触媒学会ファインケミカルズ合成触媒研究会セミナー, 2015年05月22日, 招待, 日本語, 触媒学会ファインケミカルズ合成触媒研究会, 京都市
  67. 銅触媒による有機金属化合物の高選択的合成反応, 吉田拡人, 日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月08日, 招待, 日本語, 山口
  68. 銅触媒による有機金属化合物の高選択的合成反応, 吉田拡人, 第1回次世代の有機化学・広島シンポジウム, 2014年10月10日, 招待, 日本語, 東広島
  69. 銅触媒を用いた不飽和炭化水素類のボリル化反応の開発と展開, 吉田拡人, 第114回触媒討論会, 2014年09月27日, 招待, 日本語, 東広島
  70. Copper-Catalyzed Borylation Reactions of Alkynes with a Masked Diboron, Hiroto Yoshida, ICOMC XXVI, 2014年07月, 通常, 英語, 札幌
  71. 銅触媒による有機金属化合物の高選択的合成反応, 吉田拡人, 第46回有機金属若手の会夏の学校, 2013年07月15日, 招待, 日本語, 蔵王
  72. 銅触媒を用いたアルキンの三成分シリルスタニル化反応, 吉田拡人,伊藤優,高木謙, 第93回日本化学会春季年会, 2013年03月, 通常, 日本語, 日本化学会, 草津,滋賀
  73. Copper-Catalyzed Borylation Reactions of Alkynes and Arynes, Hiroto Yoshida, ICOMC XXV, 2012年09月03日, 通常, 英語, リスボン,ポルトガル
  74. NHC触媒を用いたアルキンのヒドロホウ素化反応, 吉田拡人,吉田隆真,高木謙, 第92回日本化学会春季年会, 2012年, 通常, 日本語, 日本化学会, 神奈川県
  75. アラインの求電子的カップリングに基づいた元素間σ結合挿入反応および三成分連結反応, 吉田 拡人, 第2回京都大学有機化学系COE合同シンポジウム, 2006年12月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2009年04月14日, 平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞, 文部科学省, 芳香族系反応性中間体を用いた多置換芳香族化合物創製の研究
  2. 2009年11月, 第8回広島大学学長表彰, 広島大学学長
  3. 2008年06月, ケイ素化学協会奨励賞, ケイ素化学協会会長 田中正人, 14族元素化合物と炭素-炭素不飽和型反応性中間体を用いた新反応開発
  4. 2008年03月, 日本化学会進歩賞, 日本化学会会長 中西宏幸, ベンゼン系反応性中間体を用いた多置換芳香族化合物の効率合成反応の開発
  5. 2006年, Tetrahedron Letters Most Cited Paper 2003-2006 Award, Elsevier
  6. 2005年, 有機合成化学協会研究企画賞, 有機合成化学協会, アラインを用いた多成分連結反応による芳香族縮合複素環の新規構築法の開発
  7. 2001年, BCSJ 賞, 日本化学会, Dimerization-carbostannylation of alkynes catalyzed by a palladium-diimine complex

取得

  1. 特許権, 特許4734571, 2011年05月13日, 新規オルトジホウ素化アレーン化合物及びその製造方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 公益財団法人福岡直彦記念財団研究助成, ルイス酸性抑制型ホウ素反応剤に基づいた新しい有機変換反応の開発, 2021年04月01日, 2022年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), 銅-典型金属結合種から構築される精密制御反応場, 2016年, 2017年
  3. 戦略的創造研究推進事業(先導的物質変換領域), アラインによる芳香環融着型反応を利用した新奇π電子共役系の創製, 2012年10月01日, 2018年03月31日
  4. 戦略的創造研究推進事業(先導的物質変換領域), アラインによる芳香環融着型反応を利用した新奇π電子共役系の創製, 2012年10月01日, 2016年03月31日
  5. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 超原子価アート錯体を経る高原子効率型多成分連結反応の開発, 2011年, 2012年
  6. 科学研究費助成事業(若手研究(A)), アラインを活用した芳香族縮合環骨格構築法の開発と応用, 2010年, 2012年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ケイ素元素の特徴を活かした新しい分子設計に基づく新規有機トランジスタ材料の開発, 2008年, 2010年
  8. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), アラインの多成分連結反応を基盤とする芳香環オルト位ダブル官能基化, 2007年, 2008年
  9. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), アラインを用いた芳香族縮合複素環の多様性指向型合成, 2005年, 2006年
  10. 戦略的創造研究推進事業(先導的物質変換領域), アラインによる芳香環融着型反応を利用した新奇π電子共役系の創製, 2012年10月01日, 2018年03月31日
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ルイス酸性の精密制御を鍵とする銅触媒メタル化反応の開発, 2017年, 2019年
  12. 戦略的創造研究推進事業(先導的物質変換領域), アラインによる芳香環融着型反応を利用した新奇π電子共役系の創製, 2012年10月01日, 2018年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本化学会代議員, 2021年10月, 日本化学会
  2. 日本化学会代議員, 2020年10月, 2021年09月, 日本化学会
  3. 日本化学会中国四国支部化学と工業懇話会常任運営委員, 2019年04月, 2021年03月, 日本化学会中国四国支部
  4. 非常勤講師, 2020年04月, 2021年03月, 九州大学
  5. 非常勤講師, 2016年02月, 2016年02月, 岡山大学
  6. 第5回CSJ化学フェスタ実行委員(日本化学会中国四国支部代表), 2015年03月, 2015年10月, 日本化学会
  7. 触媒学会有機金属研究会世話人, 2015年04月, 触媒学会
  8. 日本化学会中国四国支部会計幹事, 2011年04月, 2012年03月, 日本化学会中国四国支部
  9. 日本化学会中国四国支部庶務幹事, 2010年04月, 2011年03月, 日本化学会中国四国支部

学術会議等の主催

  1. 第27回基礎有機化学討論会, 実行委員, 2016年04月, 2016年09月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, その他, 1
  2. 2021年, その他, 1
  3. 2021年, 2
  4. 2021年, 3
  5. 2021年, その他, 2
  6. 2021年, その他, 2
  7. 2021年, 3
  8. 2021年, その他, 1
  9. 2021年, その他, 3
  10. 2021年, その他, 1
  11. 2021年, その他, 1
  12. 2021年, その他, 5
  13. 2021年, 1
  14. 2021年, その他, 2
  15. 2021年, その他, 1
  16. 2021年, 編集員