黄 福涛FUTAO HUANG

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
高等教育研究開発センター 教授
メールアドレス
futaohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
中国出身の黄です。よろしくお願いいたします。

基本情報

主な職歴

  • 1984年, 1986年, 安徽省蕪湖師範専科学校英語系 , 助教
  • 1989年, 1990年, 安徽師範大学高等教育研究室, 助理研究員
  • 1995年, 1999年, 廈門大学高等教育科学研究所, 講師、副教授
  • 2001年, 広島大学, 高等教育研究開発センター, 助教授
  • 1999年, 2001年, 広島大学, 大学教育研究開発センター, 外国人特別研究員
  • 2007年, 広島大学, 高等教育研究開発センター, 教授

学歴

  • 中国厦門大学, 高等教育科学研究所, 高等教育, 1990年09月, 1995年06月
  • 安徽師範大学, 教育系, 外国教育史, 1986年09月, 1989年07月
  • 安徽師範大学, 外国語系, 英語, 1980年09月, 1984年07月

学位

  • 教育学博士 (厦門大学)
  • 教育学碩士 (安徽師範大学)

研究分野

  • 社会科学 / 教育学 / 教育社会学
  • 社会科学 / 教育学 / 教育学

研究キーワード

  • 大学カリキュラム開発、高等教育国際化、大学教授職、中国高等教育

所属学会

  • 日本高等教育学会, 1999年
  • 日本高等教育学会、日本教育社会学学会、中国高等教育学会高等教育専業委員会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 高等教育学特別研究
  2. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 高等教育学特別研究
  3. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 高等教育基礎論II(制度・政策)
  4. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 大学カリキュラム開発論特講
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Higher Education in Japan
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 高等教育開発論特別研究
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 高等教育基礎論II(制度・政策)
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), Practice of Higher Education Foundation II (Research and Readings)
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 高等教育開発論特別研究
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 教育科学と社会(英語クラス)
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 高等教育基礎論Ⅱ(制度・政策)
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 高等教育基礎論Ⅱ(制度・政策)
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 大学カリキュラム開発論
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), Higher Education in Japan
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 高等教育基礎演習Ⅰ(実践研究)
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  18. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  19. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Japan's higher education and the public good, HIGHER EDUCATION, 83巻, 6号, pp. 1297-1314, 202206
  2. Impacts of the COVID pandemic on international faculty's academic activities and life in Japan, HIGHER EDUCATION QUARTERLY, 76巻, 2号, pp. 260-275, 202204
  3. Internationalization of higher education in a post-pandemic world: Challenges and responses, HIGHER EDUCATION QUARTERLY, 202203
  4. International Students in Japanese Universities: Their Motivations, Experiences and Outcomes, JOURNAL OF INTERNATIONAL AND COMPARATIVE EDUCATION, 11巻, 1号, pp. 23-37, 202203
  5. International academics in mainland China: what do we know and what do we need to know?, European Journal of Higher Education, 20220530
  6. Chinese Faculty Members at Japanese Universities: Who Are They and Why Do They Work in Japan?, ECNU REVIEW OF EDUCATION, 4巻, 4号, pp. 743-763, 202104
  7. World-Class Universities in East Asian Countries, The Oxford Research Encyclopedias, 202108
  8. Japanese doctoral students' stress: Main findings from a national survey in 2017, INTERNATIONAL JOURNAL OF CHINESE EDUCATION, pp. 1-11, 202104
  9. Challenges to the Asian academic profession: Major findings from the international survey, HIGHER EDUCATION QUARTERLY, 75巻, 3号, pp. 438-452, 202012
  10. The public good and accepting inbound international students in Japan, HIGHER EDUCATION, 79巻, 3号, pp. 459-475, 202003
  11. Changes in Japanese universities governance arrangements 1992-2017, STUDIES IN HIGHER EDUCATION, 45巻, 10号, pp. 2063-2072, 20201002
  12. How do Chinese faculty members and administrative staff participate in governance arrangements?, STUDIES IN HIGHER EDUCATION, 45巻, 10号, pp. 2082-2091, 20201002
  13. Challenges facing international faculty at Japanese universities: Main findings from the 2017 national survey, INTERNATIONAL JOURNAL OF EDUCATIONAL DEVELOPMENT, 71巻, 201911
  14. University governance in China and Japan: Major findings from national surveys, INTERNATIONAL JOURNAL OF EDUCATIONAL DEVELOPMENT, 63巻, pp. 12-19, 201811
  15. Foreign faculty at Japanese universities: Profiles and motivations, HIGHER EDUCATION QUARTERLY, 72巻, 3号, pp. 237-249, 201807
  16. International faculty at Japanese universities: their demographic characteristics and work roles, ASIA PACIFIC EDUCATION REVIEW, 19巻, 2号, pp. 263-272, 201806
  17. International faculty in China: case studies of four leading universities in Shanghai, ASIA PACIFIC EDUCATION REVIEW, 19巻, 2号, pp. 253-262, 201806
  18. Higher education financing in Japan: Trends and challenges, INTERNATIONAL JOURNAL OF EDUCATIONAL DEVELOPMENT, 58巻, pp. 106-115, JAN 2018
  19. ★, The impact of mass and universal higher education on curriculum and instruction: case studies of China and Japan, HIGHER EDUCATION, 74巻, 3号, pp. 507-525, 201707
  20. Higher education financing in Japan: Trends and challenges. International Journal of Educational Development, INTERNATIONAL JOURNAL OF EDUCATIONAL DEVELOPMENT, 58巻, pp. 106-115, 201702
  21. 中国における学士課程カリキュラム改革ー1990年代の変容を中心に, 大学論集, 60号, pp. 82-90, 20000331
  22. フランスとドイツにおける近代高等教育モデルの形成に関する比較的考察 : カリキュラムを中心に, 大学研究, 20巻, pp. 177,179-191, 200003

著書等出版物

  1. 2020年, 外国人教員に関する国際比較的研究, 広島大学高等教育研究開発センタ, 黄福涛, 大膳司編, 9784866370224
  2. 2016年, 中国における高等教育の変貌と動向 : 2005年以降の動きを中心に, 広島大学高等教育研究開発センタ, 黄福涛, 李敏編, 9784902808957
  3. 2008年, トランスナショナルプログラムの開発に関する比較的研究, 広島大学高等教育研究開発センタ, 研究代表者 黄福涛
  4. 2005年, グローバル化の進展に伴う学士・大学院課程カリキュラムの国際化に関する比較研究, 広島大学高等教育研究開発センタ, 研究代表者 黄 福涛
  5. 2005年, 1990年代以降の中国高等教育の改革と課題, 広島大学高等教育研究開発センタ, 黄福涛編, 493866481X
  6. Teaching and Research in the Knowledge-Based Society: Historical and Comparative Perspectives, Springer, 2022年, June, 単行本(学術書), 共著, English, Futao Huang,Timo Aarrevaara and Ulrich Teichler, 230
  7. Teaching and Research in the Knowledge-Based Society: Historical and Comparative Perspectives, Introduction: Some Considerations into the Teaching-Research Nexus, Springer, 2022年, June, 単行本(学術書), 共著, English, Futao Huang, Timo Aarrevaara and Ulrich Teichler, 1-11
  8. Teaching and Research in the Knowledge-Based Society: Historical and Comparative Perspectives, English, The Teaching and Research Nexus in Japan: A Historical and Comparative Perspective, Springer, 2022年, June, 単行本(学術書), 共著, Futao Huang, Yangson Kim, Tsukasa Daizen and Akira Arimoto, 77-95
  9. Teaching and Research in the Knowledge-Based Society-Historical and Comparative Perspectives, Conclusion: What We Know About the Teaching-Research Nexus in the Knowledge-Based Society, Springer, 2022年, June, 単行本(学術書), 共著, English, Ulrich Teichler,Timo Aarrevaara and Futao Huang, 241-253
  10. 2021年12月, 外国高等教育史, 北京大学出版社, 教科書, 共著, Chinese, 黄福涛, 380
  11. 2021年03月, International Faculty in Asia: In Comparative Global Perspective, Springer, 単行本(学術書), 共著, English, Futao Huang, Anthony R. Welch, 233
  12. 2020年12月, The Bloomsbury Handbook of the Internationalization of Higher Education in the Global South, Bloomsbury Publishing, 単行本(学術書), 共著, English, Juliet Thondhlana (Anthology Editor), Evelyn Chiyevo Garwe (Anthology Editor), Hans de Wit (Anthology Editor), Jocelyne Gacel-Ávila (Anthology Editor), Futao Huang (Anthology Editor), Wondwosen Tamrat (Anthology Editor), 664
  13. 2014年03月, The internationalisation of the academy: Changes, realities and prospects (The changing academy - The changing academic profession in international comparative perspectives, Vol. 10), Springer, 単行本(学術書), 共著, English, Futao Huang, Martin Finkelstein, Michele Rostan, 312
  14. 2008年03月, 北垣 郁雄 黄 福涛 『中国の学生エリート養成企画の調査-40余重点大学における優等的『特別措置』, 高等教育研究叢書97、広島大学高等教育研究開発センター, 単行本(学術書), 共著, Japanese
  15. 2007年03月, Transnational Higher Education in Asia and Pacific , Research Institute for Higher Education, Hiroshima University, 単行本(学術書), 共著, English, Futao Huang, 4902808099, 169

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 外国人大学教員・研究者の役割と貢献に関する国際比較研究, 2019年, 2022年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 外国人大学教員の採用に関する国際比較研究, 2015年, 2018年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 知識基盤社会におけるCAP-STEM型大学教授職の国際比較研究, 2015年, 2019年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 非英語圏諸国の大学における英語による学位プログラムの開発に関する比較研究, 2010年, 2012年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 21世紀型アカデミック・プロフェッション展開の国際比較研究, 2010年, 2013年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 21世紀型アカデミック・プロフェッション構築の国際比較研究, 2006年, 2009年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), トランスナショナルプログラムの開発に関する比較的研究, 2005年, 2007年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), グローバル化の進展に伴う学士・大学院課程カリキュラムの国際化に関する比較研究, 2002年, 2004年