紙谷 浩之HIROYUKI KAMIYA

Last Updated :2022/09/26

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) 教授
ホームページ
メールアドレス
hirokamhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
生命の設計図である DNA などの核酸を主な研究対象としており、「DNA 損傷による変異・発癌の機構解明」と「治療を指向したゲノム編集用核酸の開発」について研究しております。

基本情報

主な職歴

  • 1988年07月01日, 1993年06月30日, 北海道大学, 薬学部, 教務職員
  • 1993年07月01日, 1998年06月14日, 産業医科大学, 産業生態科学研究所, 助手
  • 1998年06月15日, 2000年06月30日, 産業医科大学, 産業生態科学研究所, 講師
  • 2000年07月01日, 2006年03月31日, 北海道大学, 大学院薬学研究科, 助教授
  • 2010年11月01日, 2014年06月30日, 愛媛大学, 大学院理工学研究科, 教授
  • 2014年07月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 教授

学歴

  • 北海道大学, 大学院薬学研究科, 製薬化学専攻修士課程, 日本, 1986年04月, 1988年03月
  • 北海道大学, 薬学部, 薬学科, 日本, 1982年04月, 1986年03月

学位

  • 薬学博士 (北海道大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科 : 薬学プログラム
  • 【学士課程】 薬学部 : 薬科学科 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 薬学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 薬学プログラム
  • 薬科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 生物系薬学
  • 環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学
  • 医歯薬学 / 薬学 / 医療系薬学
  • 複合領域 / 人間医工学 / 生体医工学・生体材料学

研究キーワード

  • DNA損傷、DNA修復、ゲノム編集、遺伝子修復

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 4ターム, 薬品分析科学
  2. 2022年, 学部専門, 2ターム, 生体分析科学
  3. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 創薬解析科学演習
  4. 2022年, 学部専門, ターム外(前期), 臨床解析学
  5. 2022年, 学部専門, 3ターム, 日本薬局方演習
  6. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 分析科学実習
  7. 2022年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  8. 2022年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  9. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎研究III
  10. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  11. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  12. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  13. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 核酸分析化学特別演習
  14. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 核酸分析化学特別演習
  15. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 核酸分析化学特別演習
  16. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 核酸分析化学特別演習
  17. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 核酸分析化学特別研究
  18. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 核酸分析化学特別研究
  19. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 薬科学特論
  20. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬科学特講
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 核酸分析化学特論
  22. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 核酸分析化学特論演習
  23. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 核酸分析化学特論演習
  24. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 核酸分析化学特別研究
  25. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 核酸分析化学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Paradoxical role of the major DNA repair protein, OGG1, in action-at-a-distance mutation induction by 8-oxo-7,8-dihydroguanine, DNA REPAIR, 111巻, 202203
  2. Similar frequency and signature of untargeted substitutions induced by abasic site analog under reduced human APE1 conditions, JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 46巻, 6号, pp. 283-288, 202106
  3. Action-at-a-distance mutations at 5 '-GpA-3 ' sites induced by oxidised guanine in WRN-knockdown cells, MUTAGENESIS, 36巻, 5号, pp. 349-357, 202109
  4. Gene correction by 5 '-tailed duplexes with short editor oligodeoxyribonucleotides, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 132巻, 6号, pp. 552-559, 202112
  5. Conventional plasmid DNAs with a CpG-containing backbone achieve durable transgene expression in mouse liver, JOURNAL OF GENE MEDICINE, 22巻, 1号, pp. e3138, 202001
  6. Single-stranded DNA versus tailed duplex in sequence conversion of lacZalpha DNA, Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids, 39巻, 9号, pp. 1245-1250, 202009
  7. New indicator Escherichia coli strain for rapid and accurate detection of supF mutations, GENES AND ENVIRONMENT, 42巻, 1号, pp. 28, 20200922
  8. Tyrosyl-DNA phosphodiesterases are involved in mutagenic events at a ribonucleotide embedded into DNA in human cells, PLOS ONE, 15巻, 12号, pp. e0244790, 20201231
  9. High-throughput analysis of DNA repair in microplates towards identification of inhibitors, GENES AND ENVIRONMENT, 42巻, 1号, pp. 11, 20200309
  10. No enhancing effects of plasmid-specific histone acetyltransferase recruitment system on transgene expression in vivo, NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS, 38巻, 12号, pp. 942-949, 20191202
  11. Large deletions and untargeted substitutions induced by abasic site analog on leading versus lagging strand templates in human cells, MUTAGENESIS, 34巻, 5-6号, pp. 421-429, 2019
  12. Reduction of Werner Syndrome Protein Enhances G:C -> A:T Transition byO(6)-Methylguanine in Human Cells, CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY, 31巻, 5号, pp. 319-324, 201805
  13. Effects of mismatches distant from the target position on gene correction with a 5 '-tailed duplex, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 125巻, 5号, pp. 619-623, 201805
  14. Durable Transgene Expression Driven by CpG-Free and -Containing Promoters in Plasmid DNA with CpG-Free Backbone, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 41巻, 9号, pp. 1489-1493, 201809
  15. Mutations induced by 8-oxo-7,8-dihydroguanine in WRN- and DNA polymerase lambda-double knockdown cells, MUTAGENESIS, 33巻, 4号, pp. 301-310, 201807
  16. Analysis of large deletion mutations induced by abasic site analog in human cells, GENES AND ENVIRONMENT, 40巻, 20181024
  17. Enhanced transgene expression by plasmid-specific recruitment of histone acetyltransferase, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 123巻, 3号, pp. 277-280, 201503
  18. Comparison of DNA fragments as donor DNAs upon sequence conversion of cleaved target DNA, NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS, 36巻, 6号, pp. 428-434, 2017
  19. In vivo selection of active deoxyribonucleoside kinase by a mutagenic nucleoside analog, JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY, 228巻, pp. 52-57, 20160620
  20. Insertion and Deletion Mismatches Distant from the Target Position Improve Gene Correction with a Tailed Duplex, NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS, 35巻, 7号, pp. 379-388, 2016
  21. Cleavage of Target DNA Promotes Sequence Conversion with a Tailed Duplex, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 39巻, 8号, pp. 1392-1395, 201608
  22. Mutations induced by 8-hydroxyguanine (8-oxo-7,8-dihydroguanine), a representative oxidized base, in mammalian cells., Genes Environment, 39巻, pp. 2 (6 pages), 201612
  23. Life Style and Cancer - The Open Symposium of the Japanese Environmental Mutagen Society (JEMS) in 2015, GENES AND ENVIRONMENT, 38巻, 2016
  24. Action-at-a-Distance Mutagenesis Induced by Oxidized Guanine in Werner Syndrome Protein-Reduced Human Cells, CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY, 28巻, 4号, pp. 621-628, 201504
  25. Transcription of 4 '-thioDNA templates to natural RNA in vitro and in mammalian cells, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 51巻, 37号, pp. 7887-7890, 2015
  26. Induction of action-at-a-distance mutagenesis by 8-oxo-7,8-dihydroguanine in DNA pol lambda-knockdown cells, GENES AND ENVIRONMENT, 37巻, 2015
  27. Anatomy of plasmid DNAs with anti-silencing elements, INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 464巻, 1-2号, pp. 27-33, 2014
  28. Suppression of short tract gene conversion in episomal DNA by p53 reduction, Genes Environment, 36巻, 2号, pp. 65-68, 2014
  29. In vitro Replication Study of Modified bases in ras Sequences., Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 40巻, 10号, pp. 2792-2795, 1992
  30. Mutagenicities of 8-Hydroxyguanine and 2-Hydroxyadenine Produced by Reactive Oxygen Species (Biological and Pharmaceutical Aspects of Nucleic Acids Chemistry), Biological & pharmaceutical bulletin, 27巻, 4号, pp. 475-479, 20040401
  31. 酸化的DNA損傷と変異機構, 環境変異原研究, 20巻, 3号, pp. 195-200, 19981031
  32. Pharmacokinetic Modeling of Species-dependent Enhanced Bioavailability of Trifluorothymidine by Thymidine Phosphorylase Inhibitor, Drug Metabolism and Pharmacokinetics, 19巻, 3号, pp. 206-215, 2004
  33. Calpain 10 as a Predictive Gene for Type 2 Diabetes : Evidence from a Novel Screening System Using White Blood Cells of Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF) Rats (Biopharmacy), Biological & pharmaceutical bulletin, 26巻, 12号, pp. 1765-1768, 20031201
  34. Mutagenicity of 5-Formylcytosine, an Oxidation Product of 5-Methylcytosine, in DNA in Mammalian Cells, The journal of biochemistry, 132巻, 4号, pp. 551-555, 20021001
  35. 2-Hydroxyadenine in DNA is a Very Poor Substrate of the Escherichia coli MutY Protein, Journal of radiation research, 41巻, 4号, pp. 349-354, 200012
  36. DNA損傷の誘発する変異の分子機構, 藥學雜誌, 120巻, 11号, pp. 1159-1171, 20001101
  37. ピリミジン2量体の変異作用, 環境変異原研究, 20巻, 3号, pp. 213-220, 19981031
  38. Comparison of Oxidation Products from DNA Components by γ-Irradiation and Fenton-Type Reactions, Journal of radiation research, 38巻, 2号, pp. 121-131, 199706
  39. 活性酸素によるDNA損傷と突然変異, 環境変異原研究, 18巻, 3号, pp. 181-189, 19960228
  40. 活性酸素による8-ヒドロキシグアニンの生成と生体との関わり : 変異誘発・発がん・修復, 衛生化学, 41巻, 5号, pp. 307-319, 19951031
  41. 活性酸素によって生ずるDNA損傷と誘発される変異 (核酸化学の新展開--新しい機能性分子を求めて) -- (核酸の構造), 蛋白質核酸酵素, 40巻, 10号, pp. p1571-1577, 199507
  42. Comparison of Incorporation and Extension of Nucleotides in vitro opposite 8-Hydroxyguanine (7,8-Dihydro-8-oxoguanine) in Hot Spots of the c-Ha-ras Gene, Japanese journal of cancer research : gann, 86巻, 3号, pp. 270-276, 19950331
  43. Inhibition of c-Ha-ras Gene Expression by Hammerhead Ribozymes Containing a Stable C(UUCG)G Hairpin Loop, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 16巻, 9号, pp. 879-883, 19930915
  44. In Vitro Replication Study of Modified Bases in ras Sequences, Chemical & pharmaceutical bulletin, 40巻, 10号, pp. 2792-2795, 19921025
  45. 損傷DNAはどのような点変異を引き起こすか (1992年の化学-6-), 化学, 47巻, 6号, pp. p430-431, 199206
  46. Overproduction of cellular and activated Ha-ras proteins by mutating a synthetic gene., Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 35巻, 12号, pp. 4878-4882, 1987
  47. Reduced Plasma Glucose by Asparagine Synthetase Knockdown in the Mouse Liver, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 36巻, 12号, pp. 2009-2011, 2013
  48. Correlation between transgen expression and plasmid DNA loss in mouse liver, JOURNAL OF GENE MEDICINE, 15巻, 6-7号, pp. 242-248, 2013
  49. Enhanced transgene expression from chromatinized plasmid DNA in mouse liver, INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 441巻, 1-2号, pp. 146-150, 2013
  50. Effects of Endogenous Proteins and microRNA Target Sequence in a Positive Feedback System, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 35巻, 9号, pp. 1534-1538, 2012
  51. Mutagenic Bypass of 8-Oxo-7,8-dihydroguanine (8-Hydroxyguanine) by DNA Polymerase kappa in Human Cells, CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY, 25巻, 8号, pp. 1771-1776, 2012
  52. Insights into substrate recognition by the Escherichia coli Orf135 protein through its solution structure, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 420巻, 2号, pp. 263-268, 2012
  53. H-1, C-13 and N-15 NMR assignments of the Escherichia coli Orf135 protein, BIOMOLECULAR NMR ASSIGNMENTS, 6巻, 1号, pp. 1-4, 2012
  54. CREB-binding protein transcription activation domain for enhanced transgene expression by a positive feedback system, JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY, 157巻, 1号, pp. 7-11, 2012
  55. Diverse substrate recognition and hydrolysis mechanisms of human NUDT5, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 39巻, 20号, pp. 8972-8983, 2011
  56. Effects of insulator cHS4 on transgene expression from plasmid DNA in a positive feedback system, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 112巻, 5号, pp. 432-434, 2011
  57. Correction of Frameshift Mutations with Tailed Duplex DNAs, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 34巻, 9号, pp. 1465-1468, 2011
  58. Mutagenicity of secondary oxidation products of 8-oxo-7,8-dihydro-2 '-deoxyguanosine 5 '-triphosphate (8-hydroxy-2 '- deoxyguanosine 5 '-triphosphate), MUTATION RESEARCH-FUNDAMENTAL AND MOLECULAR MECHANISMS OF MUTAGENESIS, 714巻, 1-2号, pp. 11-16, 2011
  59. Mutagenicity of oxidized DNA precursors in living cells: Roles of nucleotide pool sanitization and DNA repair enzymes, and translesion synthesis DNA polymerases, MUTATION RESEARCH-GENETIC TOXICOLOGY AND ENVIRONMENTAL MUTAGENESIS, 703巻, 1号, pp. 32-36, 2010
  60. ★, Positive Feedback System Provides Efficient and Persistent Transgene Expression, MOLECULAR PHARMACEUTICS, 7巻, 4号, pp. 1125-1132, 2010
  61. Cytotoxic Effect of Drosophila Deoxynucleoside Kinase Gene on Replicating Plasmid in HeLa Cells, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 33巻, 7号, pp. 1223-1227, 2010
  62. Transgene expression efficiency from plasmid DNA delivered as a complex with histone H3, INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 392巻, 1-2号, pp. 249-253, 2010
  63. DNA Microarray Analysis of Whole Blood Cells and Insulin-Sensitive Tissues Reveals the Usefulness of Blood RNA Profiling as a Source of Markers for Predicting Type 2 Diabetes, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 33巻, 6号, pp. 1033-1042, 2010
  64. ★, Effects of base excision repair proteins on mutagenesis by 8-oxo-7,8-dihydroguanine (8-hydroxyguanine) paired with cytosine and adenine, DNA REPAIR, 9巻, 5号, pp. 542-550, 2010
  65. Suppression of mutagenesis by 8-hydroxy-2 '-deoxyguanosine 5 '-triphosphate (7,8-dihydro-8-oxo-2 '-deoxyguanosine 5 '-triphosphate) by human MTH1, MTH2, and NUDT5, FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 48巻, 9号, pp. 1197-1201, 2010
  66. Roles of specialized DNA polymerases in mutagenesis by 8-hydroxyguanine in human cells, MUTATION RESEARCH-FUNDAMENTAL AND MOLECULAR MECHANISMS OF MUTAGENESIS, 686巻, 1-2号, pp. 90-95, 2010
  67. ★, Targeted sequence alteration of a chromosomal locus in mouse liver, INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 387巻, 1-2号, pp. 180-183, 2010
  68. NUDT5 hydrolyzes oxidized deoxyribonucleoside diphosphates with broad substrate specificity, DNA REPAIR, 8巻, 10号, pp. 1250-1254, 2009
  69. PK-PD modeling of 1-(3-C-ethynyl-beta-D-ribo-pentofuranosyl)cytosine and the enhanced antitumor effect of its phospholipid derivatives in long-circulating liposomes, INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 377巻, 1-2号, pp. 52-59, 2009
  70. Effects of carriers on transgene expression from plasmids containing a DNA sequence with high histone affinity, INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 376巻, 1-2号, pp. 99-103, 2009
  71. Effects of non-B DNA sequences on transgene expression, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 108巻, 1号, pp. 18-21, 2009
  72. Incorporation of 8-hydroxyguanosine (8-oxo-7,8-dihydroguanosine) 5'-triphosphate by bacterial and human RNA polymerases, FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 46巻, 12号, pp. 1703-1707, 2009
  73. Involvement of specialized DNA polymerases in mutagenesis by 8-hydroxy-dGTP in human cells, DNA REPAIR, 8巻, 5号, pp. 637-642, 2009
  74. Effects of target sequence and sense versus anti-sense strands on gene correction with single-stranded DNA fragments, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 144巻, 4号, pp. 431-436, 2008
  75. ★, Improved gene correction efficiency with a tailed duplex DNA fragment, BIOCHEMISTRY, 47巻, 33号, pp. 8754-8759, 2008
  76. Specificity of mutations induced by incorporation of oxidized dNTPs into DNA by human DNA polymerase eta, DNA REPAIR, 7巻, 3号, pp. 497-506, 2008
  77. MITO-Porter: A liposome-based carrier system for delivery of macromolecules into mitochondria via membrane fusion, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOMEMBRANES, 1778巻, 2号, pp. 423-432, 2008
  78. Base excision repair enzyme endonuclease III suppresses mutagenesis caused by 8-hydroxy-dGTP, DNA REPAIR, 7巻, 1号, pp. 88-94, 2008
  79. UvrA and UvrB enhance mutations induced by oxidized deoxyribonucleotides, DNA REPAIR, 6巻, 12号, pp. 1786-1793, 2007
  80. Effects of 8-hydroxy-GTP and 2-hydroxy-ATP on in vitro transcription, FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 43巻, 5号, pp. 837-843, 2007
  81. 2-hydroxy-2 '-deoxyadenosine 5 '-triphosphate enhances A center dot T -> C center dot G mutations caused by 8-hydroxy-2 '-deoxyguanosine 5 '-triphosphate by suppressing its degradation upon replication in a HeLa extract, BIOCHEMISTRY, 46巻, 22号, pp. 6639-6646, 2007
  82. ★, Mutagenic effects of 8-hydroxy-dGTP in live mammalian cells, FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 42巻, 10号, pp. 1552-1560, 2007
  83. Efficient and erroneous incorporation of oxidized DNA precursors by human DNA polymerase eta, BIOCHEMISTRY, 46巻, 18号, pp. 5515-5522, 2007
  84. The location of the left-handedly curved DNA sequence affects exogenous DNA expression in vivo, ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 461巻, 1号, pp. 7-12, 2007
  85. DNA microarray analysis of type 2 diabetes-related genes co-regulated between white blood cells and livers of diabetic Otsuka long-evans Tokushima fatty (OLETF) rats, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 30巻, 4号, pp. 763-771, 2007
  86. Induction of various mutations during PCRs with manganese and 8-hydroxy-dGTP, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 30巻, 4号, pp. 842-844, 2007
  87. Cell cycle dependent transcription, a determinant factor of heterogeneity in cationic tipid-mediated transgene expression, JOURNAL OF GENE MEDICINE, 9巻, 3号, pp. 197-207, 2007
  88. Mitochondrial drug delivery and mitochondrial disease therapy - An approach to liposome-based delivery targeted to mitochondria, MITOCHONDRION, 7巻, 1-2号, pp. 63-71, 2007
  89. Development of multifunctional envelope type artificial viral like gene delivery system, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 127巻, 10号, pp. 1655-1672, 2007
  90. Recognition of nucleotide analogs containing the 7,8-dihydro-8-oxo structure by the human MTH1 protein, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 140巻, 6号, pp. 843-849, 2006
  91. Crystallization and preliminary X-ray analysis of human MTH1 complexed with two oxidized nucleotides, 8-oxo-dGMP and 2-oxo-dATP, ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 62巻, pp. 1283-1285, 2006
  92. Silencing of exogenous DNA in cultured cells, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 29巻, 6号, pp. 1294-1296, 2006
  93. Effects of overexpression and antisense RNA expression of Orf17, a MutT-type enzyme, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 29巻, 6号, pp. 1087-1091, 2006
  94. DNA polymerase λ promotes mutagenesis induced by 8-oxo-7,8-dihydroguanine (8-hydroxyguanine) paired with adenine, Genes Environment, 35巻, 4号, pp. 105-109, 2013
  95. A designed curved DNA sequence remarkably enhances transgene expression from plasmid DNA in mouse liver, Gene Ther., 19巻, 8号, pp. 828-835, 2012
  96. Human MTH3 (NUDT18) with a distinct enzyme activity cleaving oxidized forms of dGDP and GDP: A comparison with MTH1 and MTH2, J. Biol. Chem., 287巻, 25号, pp. 21541-21549, 2012
  97. Unexpectedly weak impacts of decreased p53 and retinoblastoma protein levels on mutagenesis by 8-oxo-7,8-dihydroguanine (8-hydroxyguanine), Genes Environment, 33巻, 3号, pp. 103-108, 2011
  98. ★, Transient activation of transgene expression by hydrodynamics-based injection may cause rapid decrease in plasmid DNA expression, Gene Therapy, 14巻, 15号, pp. 1152-1159, 2007
  99. ★, Increased SFHR gene correction efficiency with sense single-stranded DNA, J. Gene Med., 7巻, 4号, pp. 486-493, 2005
  100. ★, Probing the substrate recognition mechanism of the human MTH1 protein by nucleotide analogs, J. Mol. Biol., 336巻, 4号, pp. 843-850, 2004
  101. ★, Mutagenic potentials of damaged nucleic acids produced by reactive oxygen/nitrogen species: Approaches using synthetic oligonucleotides and nucleotides, Nucleic Acids Res., 31巻, 2号, pp. 517-531, 2003
  102. Methylglyoxal, an endogenous aldehyde, crosslinks DNA polymerase and the substrate DNA, Nucleic Acids Res., 29巻, 16号, pp. 3433-3438, 2001
  103. ★, The oxidized forms of dATP are substrates for the human MutT homologue, the hMTH1 protein, J. Biol. Chem., 274巻, 26号, pp. 18201-18205, 1999
  104. ★, Induction of chromosomal gene mutations in Escherichia coli by direct incorporation of oxidatively damaged nucleotides, J. Biol. Chem., 273巻, 18号, pp. 11069-11074, 1998
  105. ★, Mutations induced by 2-hydroxyadenine on a shuttle vector during leading and lagging strand syntheses in mammalian cells, Biochemistry, 36巻, 37号, pp. 11125-11130, 1997
  106. ★, Formation of 2-hydroxydeoxyadenosine triphosphate, an oxidatively damaged nucleotide, and its incorporation by DNA polymerases, J. Biol. Chem., 270巻, 33号, pp. 19446-19450, 1995
  107. 8-Hydroxyguanine (7,8-dihydro-8-oxoguanine) in hot spots of the c-Ha-ras gene. Effects of sequence contexts on mutation spectra, Carcinogenesis, 16巻, 4号, pp. 883-889, 1995
  108. ★, c-Ha-ras containing 8-hydroxyguanine at codon 12 induces point mutations at the modified and adjacent positions, Cancer Res., 52巻, 12号, pp. 3483-3485, 1992
  109. Cyclobutane thymine-photodimers in a ras protooncogene hot spot activate the gene by point mutation, Nucleic Acids Res., 21巻, 10号, pp. 2355-2361, 1993
  110. 損傷DNA前駆体の誘発変異とヌクレオチドプール浄化酵素/DNA修復酵素による抑制, 生化学, 80巻, 5号, pp. 413-416, 200805
  111. Mutations induced by oxidized DNA precursors and their prevention by nucleotide pool sanitization enzymes, Genes Environment, 29巻, 4号, pp. 133-140, 200711
  112. Correlation between the phosphohydrolase activity of the Escherichia coli Orf135 (NudG) protein and mutation suppression, Genes Environment, 29巻, 2号, pp. 63-66, 200705
  113. Increased A:T→C:G Mutations in the mutT Strain upon 8-Hydroxy-dGTP Treatment : Direct Evidence for MutT Involvement in the Prevention of Mutations by Oxidized dGTP, The journal of biochemistry, 136巻, 3号, pp. 359-362, 20040901
  114. 多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発 : Programmed Packaging の提唱, Drug delivery system, 20巻, 3号, 20050510
  115. 遺伝子発現/遺伝子修復用DNA, 化学と工業 = Chemistry and chemical industry, 59巻, 4号, pp. 468-471, 20060401
  116. ミトコンドリアを標的としたDDSと疾患治療への応用 : ミトコンドリア融合性リポソーム、"MITO-Porter" を用いたアプローチ, Drug delivery system, 21巻, 3号, 20060510
  117. Induction of Transition and Transversion Mutations during Random Mutagenesis PCR by the Addition of 2-Hydroxy-dATP (Biochemistry/Molecular Biology), Biological & pharmaceutical bulletin, 27巻, 5号, pp. 621-623, 20040501
  118. In Vivo Mutagenicities of Damaged Nucleotides Produced by Nitric Oxide and Ionizing Radiation(Biochemistry/Molecular Biology), Biological & pharmaceutical bulletin, 28巻, 3号, pp. 520-522, 20050301
  119. Effect of Methylated Adenine in Plasmid DNA on Transgene Expression in Mice(Biopharmacy), Biological & pharmaceutical bulletin, 28巻, 10号, pp. 2019-2022, 20051001
  120. Induction of Substitution and Deletion Mutations by 2-Hydroxyadenine during Replication in a HeLa Extract, 環境変異原研究 = Genes and environment : the official journal of the Japanese Environmental Mutagen Society, 28巻, 3号, pp. 92-96, 20060831
  121. Silencing of Exogenous DNA in Cultured Cells(Biopharmacy), Biological & pharmaceutical bulletin, 29巻, 6号, pp. 1294-1296, 20060601
  122. New NTP analogs: the synthesis of 4'-thioUTP and 4'-thioCTP and their utility for SELEX, Nucleic Acids Research, 33巻, 9号, pp. 2942-2951, 200505
  123. RNA interference induced by siRNAs modified with 4'-thioribonucleosides in cultured mammalian cells, FEBS Letters, 579巻, 14号, pp. 3115-3118, 20050606

著書等出版物

  1. 2009年02月, 核酸医薬の最前線, 体内動態・細胞内動態・核内動態制御を可能とする核酸送達システムの開発, シーエムシー出版, 2009年, 02, 単行本(学術書), 共著, 紙谷浩之,原島秀吉, 76-84
  2. 2007年03月, バイオとナノの融合II〜新生命科学の応用, ナノマシンによるナノ医療, 北海道大学出版会, 2007年, 03, 単行本(学術書), 共著, 原島秀吉,小暮健太朗,秋田英万,紙谷浩之, 17-30
  3. 2006年04月, 遺伝子医学 Mook ウィルスを用いない遺伝子導入法の材料,技術,方法論の新たな展開, 遺伝子修復, メディルカルドゥ, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, 紙谷浩之,原島秀吉
  4. 2005年08月, Modern biopharmaceuticals, Programmed packaging: A new drug delivery system and its application to gene therapy, Wiley-VCH, 2005年, 08, 単行本(学術書), 共著, English, K. Kogure, H. Akita, H. Kamiya, and H. Harashima
  5. 2005年, Non-viral Gene Therapy: Gene Design and Delivery, Newly designed DNA fragments for gene correction, Springer-Verlag Tokyo, 2005年, 単行本(学術書), 共著, English, H. Kamiya, H. Tsuchiya, and H. Harashima

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 8-Oxo-7,8-dihydroguanineを起点とした遠隔作用変異誘発におけるAPOBEC3の関与., 鈴木哲矢, 福島瑠里子,紙谷浩之, 日本薬学会第142年会, 2022年03月26日, 通常, 日本語, 日本薬学会, web開催
  2. 損傷部位から離れた位置に生じる変異(遠隔作用変異)の発見と人工ヌクレアーゼを用いない遺伝子編集.., 紙谷浩之, 新アミノ酸分析研究会第11回学術講演会, 2021年11月12日, 招待, 日本語, 新アミノ酸分析研究会, web開催
  3. 7,8-Dihydro-8-oxoguanineによる遠隔作用変異誘発の方向性, 鈴木哲矢, 福島瑠里子,紙谷浩之, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月08日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部, web開催
  4. 8-Oxo-7,8-dihydroguanineによる遠隔作用変異誘発へのOGG1とWRNのダブルノックダウンの影響(第2報)., 藤川芳宏, 福島瑠里子,財間悠大,鈴木哲矢,紙谷浩之, 日本環境変異原ゲノム学会第50回大会, 2021年11月01日, 通常, 日本語, 日本環境変異原ゲノム学会, 横須賀
  5. 8-Oxo-7,8-dihydroguanineによる遠隔作用変異誘発におけるCpGメチル化の影響., 鈴木哲矢, 紙谷浩之, 日本環境変異原ゲノム学会第50回大会, 2021年11月01日, 通常, 日本語, 日本環境変異原ゲノム学会, 横須賀
  6. 8-Oxo-7,8-dihydroguanineにより誘発される遠隔作用変異へのAPOBEC3シトシンデアミナーゼの関与., 福島瑠里子, 鈴木哲矢,紙谷浩之, 日本環境変異原ゲノム学会第50回大会, 2021年11月01日, 通常, 日本語, 日本環境変異原ゲノム学会, 横須賀
  7. NGSと低線量率放射線環境を用いた遠隔作用変異の分子機構解析., 海老駿吾, 河合秀彦,紙谷浩之, 日本環境変異原ゲノム学会第50回大会, 2021年11月01日, 通常, 日本語, 日本環境変異原ゲノム学会, 横須賀
  8. DNA損傷に対するp53依存的、非依存的な細胞応答によるiPS細胞のゲノム安定性維持機構., 杉原竜誠, 河合秀彦,紙谷浩之, 日本環境変異原ゲノム学会第50回大会, 2021年11月01日, 通常, 日本語, 日本環境変異原ゲノム学会, 横須賀
  9. DNA中に取り込まれたriboguanosineによる遠隔作用変異誘発の解析., 安井聖晴, 鈴木哲矢,紙谷浩之, 日本環境変異原ゲノム学会第50回大会, 2021年11月01日, 通常, 日本語, 日本環境変異原ゲノム学会, 横須賀
  10. WRN-OGG1ダブルノックダウン細胞において8-ヒドロキシグアニンが誘発する遠隔作用変異., 紙谷浩之, 鈴木哲矢, 第80回日本癌学会学術総会, 2021年10月01日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜
  11. 人工ヌクレアーゼを用いない遺伝子編集ツールTailed Duplexの編集効率の向上., 上坪諒太郎, 佐藤健斗,矢間顕太郎,河合秀彦,紙谷浩之, 日本核酸医薬学会第6回年会, 2021年06月28日, 通常, 日本語, 日本核酸医薬学会, web開催
  12. 遺伝子配列改変・発現減少による変異・修復研究と人工ヌクレアーゼを用いないゲノム編集法の開発., 紙谷浩之, 令和3年度 日本環境変異原ゲノム学会公開シンポジウム, 2021年06月05日, 招待, 日本語, web開催
  13. 変異シグネチャー解析による8-hydroxyguanineにより誘発される遠隔作用変異誘発機構の解明, 福島瑠里子, 鈴木哲矢,河合秀彦,紙谷浩之, 日本薬学会第141年会, 2021年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, web開催
  14. 次世代シークエンサーを用いたsupF遺伝子変異解析系の開発, 増田翔吾, 鈴木哲矢,河合秀彦,紙谷浩之, 日本薬学会第141年会, 2021年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, web開催
  15. 人工ヌクレアーゼを用いない遺伝子編集ツールTailed Duplexにおける配列依存性の検討, 上坪諒太郎, 佐藤健斗,矢間顕太郎,河合秀彦,紙谷浩之, 日本薬学会第141年会, 2021年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, web開催
  16. WRN、polλのノックダウンと8-hydroxyguanineによる遠隔作用変異誘発, 益田裕司, 鈴木哲矢,紙谷浩之, 第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月07日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部他, web開催
  17. DNA一本鎖切断により誘発される変異, 鈴木哲矢, 紙谷浩之, 第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月07日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部他, web開催
  18. 8-Oxo-7,8-dihydroguanine (8-hydroxyguanine) による遠隔作用変異誘発へのOGG1とWRNのダブルノックダウンの影響, 財間悠大, 鈴木哲矢,河合秀彦,紙谷浩之, 日本環境変異原学会第49回大会, 2020年11月27日, 通常, 日本語, 日本環境変異原学会, 沼津
  19. 人工ヌクレアーゼを用いない遺伝子編集法の開発:ミスマッチ塩基数の影響, 佐藤健斗, 矢間顕太郎,河合秀彦,紙谷浩之, 日本環境変異原学会第49回大会, 2020年11月26日, 通常, 日本語, 日本環境変異原学会, 沼津
  20. supF遺伝子変異解析における有用な新規大腸菌株の作製, 福島瑠里子, 鈴木哲矢,紙谷浩之, 日本環境変異原学会第49回大会, 2020年11月26日, 通常, 日本語, 日本環境変異原学会, 沼津
  21. 8-ヒドロキシグアニンが誘発する遠隔作用変異・長鎖欠失変異へのOGG1ノックダウンの影響, 紙谷浩之,鈴木哲矢, 第79回日本癌学会学術総会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 広島
  22. DNAポリメラーゼζが損傷塩基の乗り越え合成時に誘発する変異におけるラギング鎖とリーディング鎖の影響, 鈴木哲矢,紙谷浩之, 第79回日本癌学会学術総会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 広島
  23. 核酸のみで行うゲノム編集法確立に向けた high throughput 解析法(第2報), 紙谷浩之,矢間顕太郎,河合秀彦, 日本分析化学会 第80回分析化学討論会, 2020年05月24日, 通常, 日本語, 誌上開催
  24. 人工ヌクレアーゼを必要としない遺伝子編集ツール 5'-Tailed Duplex, 矢間顕太郎,河合秀彦,鈴木哲矢,紙谷浩之, 日本薬学会第140年会, 2020年03月26日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 誌上開催
  25. supF遺伝子変異解析のための新規大腸菌株の作製, 福島瑠里子,鈴木哲矢,河合秀彦,紙谷浩之, 日本薬学会第140年会, 2020年03月26日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 誌上開催
  26. 転写鎖に生じたDNA一本鎖切断は非転写鎖に比較して変異および相同組換えをより高頻度で誘発する, 鈴木哲矢,紙谷浩之, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月06日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡
  27. 人工ヌクレアーゼを用いない遺伝子編集:蛍光タンパク質を用いたハイスループットアッセイ系の確立, 矢間顕太郎,鈴木哲矢,河合秀彦,紙谷浩之, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月05日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡
  28. 人工ヌクレアーゼを用いない遺伝子修復:一本鎖DNAとTailed Duplexの比較, 佐藤健斗,鈴木哲矢,河合秀彦,紙谷浩之, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月05日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡
  29. 損傷DNAおよびその前駆体を用いる変異の誘発および抑制機構の解明, 紙谷浩之, 日本環境変異原学会第48回大会, 2019年11月19日, 招待, 日本語, 日本環境変異原学会, 東京
  30. Abasic site analog in lagging strand template induces mutations more frequently than that in leading strand template, T. Suzuki, Y. Katayama, H. Kamiya, 6th Asian Congress on Environmental Mutagens, 2019年11月18日, 通常, 英語, Asian Association of Environmental Mutagen Societies, 東京
  31. OGG1-knockdown increases large deletions but decreases untargeted substitutions induced by 8-oxo-7,8-dihydroguanine, Y. Zaima, T. Suzuki, H. Kamiya, 6th Asian Congress on Environmental Mutagens, 2019年11月18日, 通常, 英語, Asian Association of Environmental Mutagen Societies, 東京
  32. The role of P53 oscillations via MDM2-MDMX in DNA damage-induced cell fate decisions, H. Kawai, H. Kamiya, 6th Asian Congress on Environmental Mutagens, 2019年11月18日, 通常, 英語, Asian Association of Environmental Mutagen Societies, 東京
  33. DNAポリメラーゼζが損傷乗り越え合成時に誘発する変異へのDNA合成鎖の影響, 坂倉直人,鈴木哲矢,紙谷浩之, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会中国四国支部, 高松
  34. DNA複製リーディング鎖およびラギング鎖の脱塩基部位誘発変異への影響, 紙谷浩之,鈴木哲矢, 第78回日本癌学会学術総会, 2019年09月28日, 通常, 英語, 日本癌学会, 京都
  35. DNA損傷による遠隔作用変異誘発と人工ヌクレアーゼを用いないゲノム編集法の開発, 紙谷浩之, 日本環境変異原学会 変異機構研究会「第32回夏の学校」, 2019年09月07日, 招待, 日本語, 日本環境変異原学会 変異機構研究会, 八王子
  36. 遺伝子治療用DNAの開発, 紙谷浩之, 第11回日本RNAi研究会, 2019年08月30日, 招待, 日本語, 日本RNAi研究会, 広島
  37. プラスミド特異的ヒストンアセチル化酵素リクルートシステムの効果はin vivoでは観察されない, 紙谷浩之, 鈴木哲矢,若尾祐介,渡部匡史,堀美香,池田義人,土谷博之,小暮健太朗,斯波真理子,藤室雅弘, 第35回日本DDS学会学術集会, 2019年07月04日, 通常, 日本語, 日本DDS学会, 横浜
  38. Tailed duplex による培養細胞でのゲノム編集:染色体上 copepod GFP 遺伝子の修復, 紙谷浩之, 河合秀彦,柳井優里,鈴木哲矢, 日本ゲノム編集学会第4回大会, 2019年06月04日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 東京
  39. 核酸のみで行うゲノム編集法確立に向けた high throughput 解析法, 紙谷浩之, 柳井優里,鈴木哲矢,河合秀彦, 日本分析化学会 第79回分析化学討論会, 2019年05月18日, 通常, 日本語, 日本分析化学会, 北九州
  40. TP53制御と細胞運命決定, 河合秀彦, 佐藤健一,紙谷浩之, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月29日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  41. 「通常の」プラスミドからも外来遺伝子はマウス肝臓で持続的に発現する, 紙谷浩之, 若尾祐介,鈴木哲矢, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月28日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  42. ニックにより誘発される変異および相同組換え, 鈴木哲矢, 紙谷浩之, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月11日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 米子
  43. Abasic siteによる欠失変異の誘発へのAPE1ノックダウンの影響, 片山友里, 鈴木哲矢,小松康雄,紙谷浩之, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 米子
  44. Large deletion mutations induced by abasic site analog in human cells, H. Kamiya, Y. Katayama, T. Suzuki, and Y. Komatsu, The 45th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2018年11月08日, 通常, 英語, 日本核酸化学会, 京都
  45. 持続的DNA損傷に対する細胞応答の解析, 河合秀彦, 笹谷めぐみ,ザハリエバ・エレナ,紙谷浩之,神谷研二, 日本環境変異原学会第47回大会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 日本環境変異原学会, 京都
  46. ヒト細胞における脱塩塩基部位アナログによるlarge deletionの誘発, 鈴木哲矢, 片山友里,小松康雄,紙谷浩之, 日本環境変異原学会第47回大会, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 日本環境変異原学会, 京都
  47. DNA修復酵素APE1ノックダウンの脱塩基部位誘発欠失変異への影響, 紙谷浩之, 片山友里,鈴木哲矢, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 英語, 日本癌学会, 大阪
  48. CpG含有骨格プラスミドからの持続的な外来遺伝子発現, 若尾祐介, 鈴木哲矢,紙谷浩之, 第34回日本DDS学会学術集会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 日本DDS学会, 長崎
  49. Tailed duplexによる配列変換における標的部位と第二のミスマッチの距離の影響, 鈴木哲矢, 柳井優里,中津可道,續輝久,紙谷浩之, 日本ゲノム編集学会第3回大会, 2018年06月19日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島
  50. CpG-free骨格に挿入したCpG配列含有プロモーターからのCpG配列含有遺伝子の持続的発現, 紙谷浩之, 鈴木哲矢,合田卓也, 日本薬剤学会第33年会, 2018年05月30日, 通常, 日本語, 日本薬剤学会, 静岡
  51. 8-Hydroxyguanineによる遠隔作用変異を選択的に検出するアッセイ系の構築, 井藤莉佳子, 森まどか,鈴木哲矢,紙谷浩之, 日本薬学会第138年会, 2018年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 金沢
  52. 非標的部位に導入した第二のミスマッチによる遺伝子修復(配列変換)効率の向上, 柳井優里, 鈴木哲矢,中津可道,續輝久,紙谷浩之, 日本薬学会第138年会, 2018年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 金沢
  53. DNA損傷による変異誘発と相同組換えを利用するゲノム編集用核酸の開発, 紙谷浩之, 日本薬学会第138年会, 2018年03月27日, 招待, 日本語, 日本薬学会, 金沢
  54. ユビキチン化による新たなTP53の機能制御機構の解析, 河合秀彦, 紙谷浩之, 日本薬学会第138年会, 2018年03月26日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 金沢
  55. 新規ゲノム編集核酸tailed duplex ver. 2, 白濱航, 鈴木哲矢,小松康雄,紙谷浩之, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸
  56. O6-メチルグアニンが誘発する変異を抑制する, 倉本佳枝, 鈴木哲矢,紙谷浩之, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 神戸
  57. Large deletion mutations induced by an abasic site analogue in human cells, H. Kamiya, Y. Katayama, T. Suzuki, and Y. Komatsu, 12th International Conference and 5th Asian Congress on Environmental Mutagens, 2017年11月13日, 通常, 英語, Asian Association of Environmental Mutagen Societies, Incheon, Korea
  58. 持続的なDNA損傷による生物影響の網羅的解析研究, 河合秀彦, 笹谷めぐみ,ザハリエヴァ・エレナ,紙谷浩之,神谷研二, 日本環境変異原学会第46回大会, 2017年11月06日, 通常, 日本語, 日本環境変異原学会, 東京
  59. WRN によるO6-メチルグアニンが誘発する変異の抑制, 鈴木哲矢, 倉本佳枝,紙谷浩之, 日本環境変異原学会第46回大会, 2017年11月06日, 通常, 日本語, 日本環境変異原学会, 東京
  60. DNA損傷による変異とその防御, 紙谷浩之, 日本環境変異原学会第46回大会, 2017年11月06日, 招待, 日本語, 日本環境変異原学会, 東京
  61. 遠隔作用変異の抑制に関わる遺伝子のノックアウト細胞作製, 森まどか, 鈴木哲矢,紙谷浩之, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 徳島
  62. CpG-freeプラスミドにおける持続化因子の解明, 合田卓也, 鈴木哲矢,紙谷浩之, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月21日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 徳島
  63. ヒト細胞において脱塩基部位が誘発する欠失変異, 紙谷浩之, 片山友里,鈴木哲矢, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月29日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜
  64. 核酸分子におけるケト-エノール互変異性, 紙谷浩之, 日本生物物理学会第55回年会, 2017年09月21日, 招待, 英語, 日本生物物理学会, 熊本
  65. 非標的部位に導入した塩基-塩基ミスマッチのtailed duplexによる遺伝子修復への影響., 紙谷浩之, 西垣奈津希,鈴木哲矢,中津可道,續輝久, 第33回日本DDS学会学術集会, 2017年07月06日, 通常, 日本語, 日本DDS学会, 京都
  66. 標的DNAに切断を導入する配列変換におけるdonor核酸の比較., 鈴木哲矢, 今田貴士,小松康雄,紙谷浩之, 日本ゲノム編集学会第2回大会, 2017年06月29日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 豊中
  67. DNA鎖切断修復関連蛋白質を欠損した細胞の抗がん剤に対する細胞毒性感受性の比較., 鈴木哲矢, 紙谷浩之, 日本薬学会第137年会, 2017年03月25日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 仙台
  68. プラスミドDNA結合ヒストンの特異的アセチル化による外来遺伝子の発現上昇., 鈴木哲矢, 西原実香,紙谷浩之, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月02日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  69. 活性のあるデオキリボシヌクレオシドキナーゼの変異原性ヌクレオシドアナログによるin vivo選択., 紙谷浩之, 伊藤麻名,西甲介,原島秀吉, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月01日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, 横浜
  70. DNAヘリカーゼ及びDNAリゾルベース欠損細胞の遺伝毒性物質に対する細胞毒性感受性の比較., 鈴木哲矢, 紙谷浩之, 日本環境変異原学会第45回大会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 日本環境変異原学会, つくば
  71. 変異原性ヌクレオチドの効率的リン酸化を指向して:活性のあるヌクレオシドキナーゼのin vivo選択., 紙谷浩之, 伊藤麻名,西甲介,原島秀吉, 日本環境変異原学会第45回大会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, つくば
  72. 酸化的損傷塩基8-ヒドロキシグアニンが誘発する遠隔作用変異., 紙谷浩之, 牧野哲明,森まどか,鈴木哲矢, 日本放射線影響学会第59回大会, 2016年10月27日, 通常, 日本語, 日本放射線影響学会, 広島
  73. Werner syndrome proteinノックアウト細胞において8-ヒドロキシグアニンが誘発する変異., 紙谷浩之, 森まどか,鈴木哲矢, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月08日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜
  74. Cleavage of target DNA promotes sequence conversion with a tailed duplex., H. Kamiya, T. Suzuki, T. Imada, N. Nishigaki, M. Kobayashi, I. Matsuoka, The 43rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2016年09月28日, 通常, 英語, 熊本
  75. ゲノム編集用核酸 5'-tailed duplexによる塩基置換変異導入:標的DNA切断の影響., 紙谷浩之, 鈴木哲矢,今田貴士,西垣奈津希, 日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年09月06日, 通常, 日本語, 日本ゲノム編集学会, 広島
  76. プラスミドDNA結合ヒストンの特異的アセチル化による外来遺伝子発現上昇., 紙谷浩之, 西原実香,神田元紀,鈴木哲矢,山門振一郎,原島秀吉, 第32回日本DDS学会学術集会, 2016年06月30日, 通常, 日本語, 日本DDS学会, 静岡
  77. 8-ヒドロキシグアニンがヒト細胞で誘発する遠隔作用変異, 紙谷浩之, 日本環境変異原学会第44回大会, 2015年11月28日, 招待, 日本語, 日本環境変異原学会, 福岡
  78. 酸化的DNA損傷8-ヒドロキシグアニン(8-オキソグアニン)が誘発する遠隔作用変異, 紙谷浩之, 第40回中国地区放射線影響研究会, 2015年07月17日, 招待, 日本語, 中国地区放射線影響研究会, 東広島
  79. 核酸を用いる発癌・制癌研究:DNA損傷による変異機構の解明と遺伝子治療用核酸の設計, 紙谷浩之, 日本分析化学会中国四国支部 広島地区分析技術研究会, 2015年03月18日, 招待, 日本語, 東広島
  80. 遺伝子変異と損傷核酸, 紙谷浩之, 日本化学会中国四国支部 愛媛地区化学講演会, 2014年12月24日, 招待, 日本語, 松山
  81. DNA損傷が誘発する発癌機構の解明と遺伝子治療用核酸の設計, 紙谷浩之, 日本分析化学会第63年会, 2014年09月18日, 招待, 日本語, 東広島

受賞

  1. 2019年11月19日, 日本環境変異原学会 学会賞, 日本環境変異原学会会長, 損傷DNAおよびその前駆体を用いる変異の誘発および抑制機構の解明
  2. 2007年10月19日, 第15回日本生化学会JB論文賞, 日本生化学会
  3. 2006年11月21日, 平成18年度日本環境変異原学会研究奨励賞, 日本環境変異原学会, DNA前駆体の酸化損傷による変異の分子機構とその防御システムの解明
  4. 2000年03月28日, 平成12年度日本薬学会奨励賞, 日本薬学会, DNA損傷の誘発する変異の分子機構の解明

取得

  1. 特許権, CA 2551696, 2014年05月27日, Immunopotentiator and method of enhancing immunological activity using the same
  2. 特許権, EP 1702620, 2014年01月08日, Immunopotentiator and method of enhancing immunological activity with the same
  3. 特許権, 特許5067733号, 2012年08月24日, 目的物質をミトコンドリア内に送達可能な脂質膜構造体
  4. 特許権, CA 2555489, 2012年05月08日, Method of converting base in DNA sequence
  5. 特許権, 特許4883447, 2011年12月16日, 核酸構築物及びそれを利用した標的領域への変異導入方法
  6. 特許権, 特許4817599, 2011年09月09日, 免疫増強剤とこれを用いた免疫活性の増強方法
  7. 特許権, 特許4707561, 2011年03月25日, DNA配列の塩基変換方法
  8. 特許権, 特許4214235, 2008年11月14日, 2型糖尿病診断キット

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 損傷塩基が誘発する遠隔作用変異:損傷部位から離れた塩基に生じる変異の生成機構, 2019年, 2021年
  2. 科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽)), 人工DNA分解酵素を要しない次世代ゲノム編集技術の開発, 2017年, 2019年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 遠隔作用変異の生成・抑制の分子機構, 2016年, 2018年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本環境変異原ゲノム学会第51回大会 大会会長(実行委員長), 2021年11月, 2023年06月, 日本環境変異原ゲノム学会
  2. ICEM2022 プログラム委員, 2019年09月, 2022年08月, International Association of Environmental Mutagenesis and Genomics Societies
  3. 代議員(評議員), 2020年03月, 2022年02月, 日本分析化学会
  4. 食品安全委員会専門委員, 2017年10月, 2023年09月, 内閣府食品安全委員会
  5. 教科書編纂委員会委員, 2017年07月, 2022年12月, 日本環境変異原学会
  6. 編集委員, 2014年01月, 2023年12月, Mutagenesis
  7. 常任幹事, 2012年03月, 2029年02月, 日本分析化学会中国四国支部
  8. 編集委員, 2012年01月, 2022年12月, Genes and Environment
  9. 第一編集委員会委員, 2012年01月, 2022年12月, 日本環境変異原学会
  10. 評議員, 2010年05月, 2022年12月, 日本DDS学会
  11. 評議員(代議員), 2008年05月, 2022年12月, 日本薬剤学会
  12. 評議員, 2008年01月, 2023年12月, 日本環境変異原学会

学術会議等の主催

  1. 日本薬学会第141年会, 広報委員長, 2020年04月, 2021年03月
  2. 6th Asian Congress on Environmental Mutagens, 実行委員, 2019年11月, 2019年11月
  3. 日本分析化学会中国四国支部 第56回分析化学講習会, 実行委員, 2019年06月, 2019年06月
  4. 日本分析化学会中国四国支部 第55回分析化学講習会, 実行委員, 2018年06月, 2018年06月
  5. 第78回分析化学討論会, 実行委員, 2017年06月, 2018年05月
  6. 日本分析化学会中国四国支部 第54回分析化学講習会, 実行委員, 2017年08月, 2017年08月
  7. 日本環境変異原学会第46回大会, 実行委員, 2016年11月, 2017年11月
  8. 日本分析化学会中国四国支部 第53回分析化学講習会, 実行委員, 2016年08月, 2016年08月
  9. 日本分析化学会中国四国支部 第52回分析化学講習会, 実行委員, 2015年08月, 2015年08月
  10. 日本環境変異原学会 平成27年度公開シンポジウム「生活習慣とがん」, 世話人, 2015年05月, 2015年05月
  11. 日本環境変異原学会第43回大会, 実行委員, 2014年12月, 2014年12月
  12. 日本分析化学会第63年会, 実行委員, 2014年09月, 2014年09月
  13. 日本分析化学会中国四国支部 第51回分析化学講習会, 実行委員, 2014年08月, 2014年08月
  14. 日本分析化学会中国四国支部 第50回分析化学講習会, 実行委員長, 2013年08月, 2013年08月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, Bulletin of the Chemical Society of Japan, その他, 審査員, 1
  2. 2021年, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, その他, 審査員, 1
  3. 2021年, 分析化学, その他, 審査員, 1
  4. 2021年, Nucleic Acids Research, その他, 審査員, 1