志馬 伸朗NOBUAKI SHIME

Last Updated :2024/06/05

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 教授
メールアドレス
nshimehiroshima-u.ac.jp
自己紹介
救急集中治療医学を専門としています

基本情報

主な職歴

  • 2021年04月01日, NHO京都医療センター臨床研究センター, 研究員
  • 2020年, 京都府立医科大学, 客員教授
  • 2020年, 同志社大学, 客員教授

学位

  • 博士(医学) (京都府立医科大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 救急医学

研究キーワード

  • 敗血症, 抗菌薬,肺炎,ARDS,ECMO

所属学会

  • 日本集中治療医学会
  • 日本救急医学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本感染症学会
  • 日本化学療法学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  2. 2024年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  4. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  5. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 救急集中治療医学
  6. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 多職種連携A
  7. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 多職種連携B
  8. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 救急集中治療医学特別演習
  9. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 救急集中治療医学特別演習
  10. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 救急集中治療医学特別研究
  11. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 救急集中治療医学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ISARIC-COVID-19 dataset: A Prospective, Standardized, Global Dataset of Patients Hospitalized with COVID-19, SCIENTIFIC DATA, 9巻, 1号, 20220730
  2. 新型コロナウイルス感染症流行下での救急搬送に影響を与えるリスク因子解析, 広島医学, 76巻, 2号, pp. 95-96, 202302
  3. 単純CT/MRIが有用であった頭部外傷後小児静脈血栓症の1例., 神経外傷, 45巻, 2号, pp. 57-60, 202212
  4. 新たな遠隔呼吸音モニタリングシステムのCOVID-19患者への実装., 日本遠隔医療学会雑誌, 18巻, 2号, pp. 123-126, 202210
  5. Lethal Interstitial Lung Disease Associated with a Gain-of-Function Mutation in IFIH1., J Clin Immunol, Epub ahead of print巻, 202305
  6. Weaning from mechanical ventilation in intensive care units across 50 countries (WEAN SAFE): a multicentre, prospective, observational cohort study., Lancet Respir Med, 11巻, 5号, pp. 465-476, 20230121
  7. Temperature management using an intervascular cooling device for a COVID-19 patient with refractory hyperthermia., Clin Case Rep, 11巻, 4号, pp. e7138-e7138, 20230407
  8. Impact of frailty on long-term mortality in older patients receiving intensive care via the emergency department., Sci Rep, 13巻, 1号, pp. 5433-5433, 20230403
  9. Characteristics and outcomes of an international cohort of 600 000 hospitalized patients with COVID-19., Int J Epidemiol, 52巻, 2号, pp. 355-376, 20230419
  10. Neurological manifestations of COVID-19 in adults and children. Brain., Brain, 146巻, 6号, pp. 1648-1661, 20230419
  11. Efficacy of inhaled hydrogen on neurological outcome following brain ischaemia during post- cardiac arrest care (HYBRID II): a multi-centre, randomised, double-blind, placebo-controlled trial., EClinicalMedicine, 58巻, pp. 101907, 20230317
  12. A study of the risk factors for phlebitis in patients stratified using the acute physiology and chronic health evaluation II score and admitted to the intensive care unit: A post hoc analysis of the AMOR-VENUS study., Front Med (Lausanne)., 9巻, pp. 965706, 20221205
  13. An algorithm for PCT-guided antimicrobial therapy: a consensus statement by Japanese experts., Clin Chem Lab Med, 61巻, 3号, pp. 407-411, 20221202
  14. Risk factors for peripheral venous catheter- related phlebitis stratified by body mass index in critically ill patients: A post-hoc analysis of the AMOR-VENUS study., Front Med (Lausanne), 9巻, pp. 1037274, 20221128
  15. Unexpected cholinergic crisis caused by distigmine bromide: A case report., Medicine (Baltimore), 101巻, 47号, pp. e31677-e31677, 20221125
  16. Trends in survival during the pandemic in patients with critical COVID-19 receiving mechanical ventilation with or without ECMO: analysis of the Japanese national registry data., Crit Care, 26巻, 1号, pp. 354-354, 20221115
  17. Short- versus long-course antibiotic therapy for sepsis: a post hoc analysis of the nationwide cohort study., J Intensive Care, 10巻, 1号, pp. 49-49, 20221029
  18. A burden of fluid, sodium, and chloride due to intravenous fluid therapy in patients with respiratory support: a post-hoc analysis of a multicenter cohort study., Ann Intensive Care, 12巻, 1号, pp. 100-100, 20221022
  19. Japanese rapid/living recommendations on drug management for COVID-19: updated guidelines (July 2022)., Acute Med Surg, 9巻, 1号, pp. e789-e789, 20221019
  20. The research environment of critical care in three Asian countries: A cross-sectional questionnaire survey., Front Med (Lausanne), 9巻, pp. 975750, 20220920
  21. Controversial Efficacy of Prone-Positioning for Patients With Severe Acute Respiratory Distress Syndrome Undergoing Venous-Venous Extracorporeal Membrane Oxygenation., Crit Care Med, 50巻, 9号, pp. e725-e726, 202209
  22. Effect of wearing a surgical mask on short-term pulmonary gas exchange in patients immediately after anaesthesia., Indian J Anaesth., 66巻, 8号, pp. 617-619, 202208
  23. A study of the risk factors for phlebitis in patients stratified using the acute physiology and chronic health evaluation II score and admitted to the intensive care unit: A post hoc analysis of the AMOR-VENUS study, FRONTIERS IN MEDICINE, 9巻, 20221205
  24. Controversial Efficacy of Prone-Positioning for Patients With Severe Acute Respiratory Distress Syndrome Undergoing Venous-Venous Extracorporeal Membrane Oxygenation., Crit Care Med, 50巻, 9号, pp. e725-e726, 20220901
  25. Purpura fulminans due to Rickettsia japonica., QJM, 115巻, 11号, pp. 758-759, 20221114
  26. ISARIC-COVID-19 dataset: A Prospective, Standardized, Global Dataset of Patients Hospitalized with COVID-19., Sci Data, 9巻, 1号, pp. 454, 20220730
  27. Alarming of Severe Respiratory Failure Requiring ECMO Caused by the SARS-CoV-2 Omicron Variant., JMA J, 5巻, 3号, pp. 370-371, 20220715
  28. Temporal trends of medical cost and cost-effectiveness in sepsis patients: a Japanese nationwide medical claims database, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 10巻, 1号, 20220714
  29. ARDS Clinical Practice Guideline 2021, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 10巻, 1号, 20220708
  30. ARDS clinical practice guideline 2021, Respir Investig, 60巻, 4号, pp. 446-495, 20220701
  31. Effect of region-wide use of prehospital stroke triage scale on management of patients with acute stroke, JOURNAL OF NEUROINTERVENTIONAL SURGERY, 14巻, 7号, pp. 677-682, 20220701
  32. Neutralizing Type I Interferon Autoantibodies in Japanese Patients With Severe COVID-19., J Clin Immunol, 42巻, 7号, pp. 1360-1370, 202210
  33. Quantification of respiratory sounds by a continuous monitoring system can be used to predict complications after extubation: a pilot study., J Clin Monit Comput, Epub ahead of print巻, 20220622
  34. Prediction of Prehospital Change of the Cardiac Rhythm From Nonshockable to Shockable in Out-of-Hospital Patients With Cardiac Arrest: A Post Hoc Analysis of a Nationwide, Multicenter, Prospective Registry, JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION, 11巻, 12号, 20220621
  35. The Current and Future State of Pediatric Sepsis Definitions: An International Survey, Pediatrics, 149巻, 6号, 20220601
  36. 広島大学病院での重症COVID-19患者の診療 第1~3波と第4~5波の比較, 広島医学, 75巻, 6号, pp. 239-243, 20220601
  37. Resource-rich Intensive Care Units Improve Health-What Is Next?, JMA J, 5巻, 2号, pp. 285, 20220415
  38. Risk factors for peripheral intravascular catheter-related phlebitis in critically ill patients: analysis of 3429 catheters from 23 Japanese intensive care units, ANNALS OF INTENSIVE CARE, 12巻, 1号, 20220408
  39. Clinical and microbiological outcomes, by causative pathogen, in the ASPECT-NP randomized, controlled, Phase 3 trial comparing ceftolozane/tazobactam and meropenem for treatment of hospital-acquired/ventilator-associated bacterial pneumonia, JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY, 77巻, 4号, pp. 1166-1177, 20220331
  40. Short- versus prolonged-course antibiotic therapy for sepsis or infectious diseases in critically ill adults: a systematic review and meta-analysis, INFECTIOUS DISEASES, 54巻, 3号, pp. 213-223, 20220304
  41. Regional respiratory sound abnormalities in pneumothorax and pleural effusion detected via respiratory sound visualization and quantification: case report., J Clin Monit Comput, Epub ahead of print巻, 20220211
  42. Real-time assessment of swallowing sound using an electronic stethoscope and an artificial intelligence system., Clin Exp Dent Res, 8巻, 1号, pp. 225-230, 20220201
  43. Deep sedation predicts pressure injury in patients admitted to intensive care units., Nurs Crit Care, Epub ahead of print巻, 20220119
  44. Mechanical power in pediatric acute respiratory distress syndrome: a PARDIE study., Crit Care, 26巻, 1号, pp. 2, 20220103
  45. Potential Confounders in Evaluating the Impact of Hyperoxia on Neurological Outcomes in Patients Receiving Extracorporeal Membrane Oxygenation., Crit Care Med, 50巻, 1号, pp. e97-e98, 20220101
  46. Concerning the Association Between Delayed Administration of Antibiotics and Mortality in Patients With Suspected Sepsis., Crit Care Med, 50巻, 1号, pp. e87-e88, 20220101
  47. Changes in pediatric intensive care unit cases due to the novel coronavirus., Pediatr Int, 64巻, 1号, pp. e15019, 20220101
  48. 甲状腺クリーゼによる心停止蘇生後の循環不全に対し、veno arterial ECMOを導入し救命しえた1例, 日本集中治療医学会雑誌, 29巻, 1号, pp. 41-42, 20220101
  49. Real-time assessment of swallowing sound using an electronic stethoscope and an artificial intelligence system, CLINICAL AND EXPERIMENTAL DENTAL RESEARCH, 8巻, 1号, pp. 225-230, 202202
  50. A novel system that continuously visualizes and analyzes respiratory sounds to promptly evaluate upper airway abnormalities: a pilot study, JOURNAL OF CLINICAL MONITORING AND COMPUTING, 36巻, 1号, pp. 221-226, 202202
  51. Changes in pediatric intensive care unit cases due to the novel coronavirus, PEDIATRICS INTERNATIONAL, 64巻, 1号, 202201
  52. Duration of infectious virus shedding in patients with severe coronavirus disease 2019 who required mechanical ventilation, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 28巻, 1号, pp. 19-23, 202201
  53. Ten months of temporal variation in the clinical journey of hospitalised patients with COVID-19: An observational cohort., Elife., 10号, pp. e70970, 20211123
  54. Trends in the incidence and outcome of sepsis using data from a Japanese nationwide medical claims database-the Japan Sepsis Alliance (JaSA) study group, CRITICAL CARE, 25巻, 1号, 20210916
  55. The Association between Wearing a Mask and COVID-19, INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH, 18巻, 17号, 20210901
  56. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2020 (J-SSCG 2020), JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 9巻, 1号, 20210825
  57. Patient-ventilator asynchrony, impact on clinical outcomes and effectiveness of interventions: a systematic review and meta-analysis, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 9巻, 1号, 20210816
  58. Ceftolozane/tazobactam versus meropenem in patients with ventilated hospital-acquired bacterial pneumonia: subset analysis of the ASPECT-NP randomized, controlled phase 3 trial, CRITICAL CARE, 25巻, 1号, 20210811
  59. Pharmacological and Genetic Inhibition of Translocator Protein 18 kDa Ameliorated Neuroinflammation in Murine Endotoxemia Model, SHOCK, 56巻, 1号, pp. 142-149, 20210701
  60. Pediatric Fulminant Myocarditis in Japan: A Retrospective Nationwide Database Study of Hospital Volume, Management Practices, and Mortality, PEDIATRIC CRITICAL CARE MEDICINE, 22巻, 7号, pp. E391-E401, 20210701
  61. Unclear Benefit of Early Tracheostomy In Patients With Coronavirus Disease 2019, Crit Care Med, 49巻, 7号, pp. 721-722, 20210701
  62. The right care at the right place: Significance of intensive care units for critically ill patients., Lancet Reg Health West Pac, 13巻, pp. 100198, 20210620
  63. Prevalence of rapid response systems in small hospitals A questionnaire survey, MEDICINE, 100巻, 23号, 20210611
  64. Frequency and Risk Factors for Reverse Triggering in Pediatric Acute Respiratory Distress Syndrome during Synchronized Intermittent Mandatory Ventilation, ANNALS OF THE AMERICAN THORACIC SOCIETY, 18巻, 5号, pp. 820-829, 20210501
  65. 集中治療 小児集中治療, 麻酔科学レビュー2020, pp. 316-320, 20210501
  66. Association of noninvasive respiratory support with mortality and intubation rates in acute respiratory failure: a systematic review and network meta-analysis, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 9巻, 1号, 20210412
  67. Post-extubation oxygenation strategies in acute respiratory failure: a systematic review and network meta-analysis, CRITICAL CARE, 25巻, 1号, 20210409
  68. Confounding Factors in a Study Investigating Mortality in Patients With Severe Hemoptysis, Crit Care Med, 49巻, 4号, pp. 465-466, 20210401
  69. Hypothermia, Poorly Recognized by clinicians, is associated with Higher Mortality Among Critically Ill Patients with infections: A Retrospective Observational Study, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 27巻, 3号, pp. 540-543, 20210301
  70. A machine-learning based approach to quantify fine crackles in the diagnosis of interstitial pneumonia A proof-of-concept study, MEDICINE, 100巻, 7号, 20210219
  71. ECMO/PCPSと感染症, ECMO・PCPSを習得したいすべての人へ ECMO PCPSバイブル, pp. 122-125, 20210201
  72. 抗菌薬の予防投与は必要ですか?, ECMO・PCPSを習得したいすべての人へ ECMO PCPSバイブル, pp. 349-350, 20210201
  73. A novel system that continuously visualizes and analyzes respiratory sounds to promptly evaluate upper airway abnormalities: a pilot study, J Clin Monit Comput, 20210118
  74. Occurrence and incidence rate of peripheral intravascular catheter-related phlebitis and complications in critically ill patients: a prospective cohort study (AMOR-VENUS study), JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 9巻, 1号, 20210106
  75. Proteins produced by Streptococcus species in the lower respiratory tract can modify antiviral responses against influenza virus in respiratory epithelial cells, MICROBES AND INFECTION, 23巻, 1号, 20210101
  76. Japanese rapid/living recommendations on drug management for COVID-19, ACUTE MEDICINE & SURGERY, 8巻, 1号, 20210101
  77. 広島血液培養と菌血症サミット“困っていること”への回答集, 20210101
  78. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2020 (J-SSCG 2020), Journal of Intensive Care, 8巻, 1号, 20210101
  79. The value of open-source clinical science in pandemic response: lessons from ISARIC., Lancet Infect Dis, 21巻, 12号, pp. 1623-1624, 202112
  80. Differential Effectiveness of Hypothermic Targeted Temperature Management According to the Severity of Post-Cardiac Arrest Syndrome, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 10巻, 23号, 202112
  81. Efficacy and safety of 1.5% aqueous olanexidine gluconate antiseptic solution compared to 1% alcoholic chlorhexidine for the prevention of intravenous catheter-related infections (Apollo study): a protocol for a randomised controlled trial, BMJ OPEN, 11巻, 12号, 202112
  82. Case Report: Emphysematous Pyelonephritis With a Congenital Giant Ureterocele., Front Pediatr, 26巻, 9号, pp. 775468, 202111
  83. Identification of Aggravation-Predicting Gene Polymorphisms in Coronavirus Disease 2019 Patients Using a Candidate Gene Approach Associated With Multiple Phase Pathogenesis: A Study in a Japanese City of 1 Million People., Crit Care Explor, 3巻, 11号, pp. e0576-e0576, 202111
  84. Japanese rapid/living recommendations on drug management for COVID-19: updated guidelines (September 2021), Acute Med Surg, 8巻, 1号, pp. e706-e706, 202111
  85. Did the Effect of the Guidelines eVAPorate? The Need for Improved Antimicrobial Stewardship Continues., Pediatr Crit Care Med, 22巻, 10号, pp. 925-927, 202110
  86. COVID-19 symptoms at hospital admission vary with age and sex: results from the ISARIC prospective multinational observational study., Infection, 49巻, 5号, pp. 889-905, 202110
  87. Combining pulsed xenon ultraviolet disinfection with terminal manual cleaning helps reduce the acquisition rate of methicillin-resistant Staphylococcus aureus, AMERICAN JOURNAL OF INFECTION CONTROL, 49巻, 8号, pp. 1048-1051, 202108
  88. 広島大学病院でのCOVID-19重症例の診療:2020年新型コロナウイルス流行第1波から3波までの経験より, 広島医学, 74巻, 5号, pp. 232-237, 202105
  89. 小児救急搬送時間の人口重心病院の設置による短縮効果, 広島医学, 74巻, 5号, pp. 256-259, 202105
  90. Correction to: Prevalence, associated factors and outcomes of pressure injuries in adult intensive care unit patients: the DecubICUs study., Intensive Care Med, 47巻, 4号, pp. 503-520, 202104
  91. 日本の重症ケア病床数と人工呼吸算定 病床機能報告の解析, 日本集中治療医学会雑誌, 28巻, 2号, pp. 123-125, 202103
  92. 救急車により転院搬送された医療機関内心停止例についての調査報告, 日本救急医学会雑誌, 32巻, 1号, pp. 14-18, 202101
  93. ICUにおける抗菌薬使用状況調査, 日本集中治療医学会雑誌, 28巻, 1号, pp. 60-67, 202101
  94. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2020 (J-SSCG 2020), ACUTE MEDICINE & SURGERY, 8巻, 1号, 202101
  95. Japanese rapid/living recommendations on drug management for COVID-19: updated guidelines (September 2021), ACUTE MEDICINE & SURGERY, 8巻, 1号, 202101
  96. Early PaCO2 Changes after Initiating Extracorporeal Membrane Oxygenation: Considerations for Future Research., Am J Respir Crit Care Med, 202巻, 11号, pp. 1600-1601, 20201201
  97. 敗血症、敗血症性ショック, 今日の小児治療指針, 17巻, pp. 339-342, 20201201
  98. 救急医療体制検討特別委員会報告書, 広島医学, 73巻, 12号, pp. 662-663, 20201201
  99. 救急医療体制検討特別委員会報告書, 令和元年度広島県地域保健対策協議会調査研究報告書 通信, 51号, pp. 7-8, 20201201
  100. Microglial translocator protein and stressor-related disorder, NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL, 140巻, 20201101
  101. Long-Axis In-Plane Approach Versus Short-Axis Out-of-Plane Approach for Ultrasound-Guided Central Venous Catheterization in Pediatric Patients: A Randomized Controlled Trial*, PEDIATRIC CRITICAL CARE MEDICINE, 21巻, 11号, pp. E996-E1001, 20201101
  102. Better Management of Delirium by Family Members., Crit Care Med, 48巻, 11号, pp. 1161-1162, 20201101
  103. Microglial translocator protein and stressor-related disorder., Neurochem Int, 20201101
  104. (責任編集)感染症, 小児救命救急・ICUピックアップ 4, 20201101
  105. 敗血症および急性腎傷害併発と尿中ゲラチナーゼ関連リポカリン(neutrophil gelatinase-associated lipocalin、NGAL)値 後方視的研究, 日本集中治療医学会雑誌, 27巻, 6号, pp. 483-485, 20201101
  106. Prolonged versus intermittent beta-lactam antibiotics intravenous infusion strategy in sepsis or septic shock patients: a systematic review with meta-analysis and trial sequential analysis of randomized trials, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 8巻, 1号, 20201006
  107. Early Tracheostomy in Brain Injury: More Details Are Needed for Seeking Best Practice., Crit Care Med, 48巻, 10号, pp. 984-985, 20201001
  108. リンコマイシン系抗菌薬, 日本化学療法学会 抗菌薬適正使用生涯教育テキスト, 3巻, pp. 167-170, 20201001
  109. (章編集)感染症と管理, 重症患者診療指針, pp. 1244-1348, 20201001
  110. 敗血症診療の潮流, 重症患者診療指針, pp. 1244-1249, 20201001
  111. 小児敗血症/敗血症性ショック, 重症患者診療指針, pp. 1255-1259, 20201001
  112. 新型コロナウイルス感染症 COVID-19(coronavirus disease 2019)-人工呼吸と膜型人工肺-, 重症患者診療指針, pp. 1343-1347, 20201001
  113. Ultrasound-guided peripheral vascular catheterization in pediatric patients: a narrative review, CRITICAL CARE, 24巻, 1号, 20200930
  114. 患者急変院内迅速対応システムの活動状況, 広島医学, 73巻, 9号, pp. 539-544, 20200901
  115. Prognosis of pathogen-proven acute respiratory distress syndrome diagnosed from a protocol that includes bronchoalveolar lavage: a retrospective observational study, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 8巻, 1号, 20200723
  116. Esophageal pressure and potential confounders for evaluating patient-ventilator asynchrony., J Crit Care, 60巻, 344号, 20200701
  117. 広島県内の急性期病院での院内迅速対応システムの普及状況, 広島医学, 73巻, 7号, pp. 447-451, 20200701
  118. 未来はここにあり、そして、動いている, 救急医療のための新型コロナウイルス COVID-19感染症 診療ガイド, 20200701
  119. ★, Save the ICU and save lives during the COVID-19 pandemic, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 8巻, 1号, 20200615
  120. 広島市消防局職員への蘇生処置中止希望表明事案に関するアンケート調査, 日本臨床救急医学会雑誌, 23巻, 2号, pp. 115-118, 20200601
  121. Further investigation of diagnostic errors in critically ill medical patients., Critical Care Medicine, 48巻, 5号, pp. 433-434, 20200501
  122. Impact of host- and early treatment-related factors on mortality in ICU patients with candidemia: a bicentric retrospective observational study, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 8巻, 1号, 20200426
  123. A Ruptured Mediastinal Bronchial Artery Aneurysm Treated with Urgent Thoracic Endovascular Aortic Repair., Intern Med., 20200219
  124. Effect of pulsed xenon ultraviolet disinfection on methicillin-resistant Staphylococcus aureus contamination of high-touch surfaces in a Japanese hospital, AMERICAN JOURNAL OF INFECTION CONTROL, 48巻, 2号, pp. 139-142, 20200201
  125. Successful treatment of extensive spinal epidural abscess with fluoroscopy-guided percutaneous drainage: a case report, JA CLINICAL REPORTS, 6巻, 1号, 20200115
  126. Successful treatment of extensive spinal epidural abscess with fluoroscopy-guided percutaneous drainage: a case report., JA Clin Rep, 6巻, 1号, pp. 4-4, 20200115
  127. Decreased intracellular histamine concentration and basophil activation in anaphylaxis, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 69巻, 1号, pp. 78-83, 20200101
  128. 院内迅速対応システムにおける看護師の困難感, 日本集中治療医学会雑誌, 27巻, 6号, pp. 505-507, 202011
  129. 敗血症および急性腎傷害併発と尿中ゲラチナーゼ関連リポカリン(neutrophil gelatinase-associated lipocalin、NGAL)値 後方視的研究, 日本集中治療医学会雑誌, 27巻, 6号, pp. 483-485, 202011
  130. 患者急変院内迅速対応システムの活動状況, 広島医学, 73巻, 9号, pp. 539-544, 202009
  131. 広島県内の急性期病院での院内迅速対応システムの普及状況, 広島医学, 73巻, 7号, pp. 447-451, 202007
  132. 広島市消防局職員への蘇生処置中止希望表明事案に関するアンケート調査, 日本臨床救急医学会雑誌, 23巻, 2号, pp. 115-118, 202006
  133. 集中治療室における薬剤師の活動指針, 日本集中治療医学会雑誌, 27巻, 3号, pp. 244-247, 202005
  134. 集中治療室における薬剤師の活動指針:日本集中治療医学会集中治療における薬剤師のあり方検討委員会, 日本集中治療医学会雑誌, 27巻, 3号, pp. 244-247, 202005
  135. 人工呼吸器関連肺炎の治療, 日本臨牀, 78巻, 4号, pp. 645-650, 202004
  136. Ventilator associated evemts(VAE)とventilator-associated pneumonia(VAP), 救急・集中治療, 32巻, 1号, pp. 292-301, 202004
  137. Is Broad-Spectrum Antimicrobial Prophylaxis Ideal for Open-Chest Management?, Pediatr Crit Care Med., 21巻, 3号, pp. 301-302, 202003
  138. (章監修)感染症と管理, 救急・集中治療, 31巻, 4号, pp. 1686-1781, 202003
  139. 敗血症診療の潮流, 救急・集中治療, 31巻, 4号, pp. 1686-1691, 202003
  140. 小児敗血症/敗血症性ショック, 救急・集中治療, 31巻, 4号, pp. 1697-1701, 202003
  141. Potential Confounders for Applying a Novel Sepsis Care Quality Improvement Program., Crit Care Med., 48巻, 2号, pp. 161-162, 202002
  142. 救急・集中治療領域の終末期において代理意思決定支援を行う救急集中治療医の倫理的ジレンマ, 病院, 79巻, 1号, pp. 57-63, 202001
  143. Dynamic Needle Tip Positioning for Ultrasound-Guided Placement of a Peripherally Inserted Central Catheter in Pediatric Patients, JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA, 34巻, 1号, pp. 114-118, 202001
  144. 救急・集中治療領域の終末期において代理意思決定支援を行う救急集中治療医の倫理的ジレンマ, 病院, 79巻, 1号, pp. 57-63, 202001
  145. 【生理学】体温の生理学 その熱は下げるべきか?, Intensivist, 12巻, 1号, pp. 189-194, 202001
  146. Critical Careにおける最新の知見 敗血症の輸液管理におけるアルブミン製剤の立ち位置, Japanese Journal of Acute Care Surgery, 9巻, 2号, pp. 227-232, 202001
  147. A Ruptured Mediastinal Bronchial Artery Aneurysm Treated with Urgent Thoracic Endovascular Aortic Repair, INTERNAL MEDICINE, 59巻, 10号, pp. 1283-1286, 2020
  148. Neurally adjusted ventilatory assist mitigates ventilator-induced diaphragm injury in rabbits, RESPIRATORY RESEARCH, 20巻, 1号, 20191223
  149. Determination of the Appropriate Depth of Cuffed Endotracheal Tubes in Pediatric Intensive Care., Pediatr Crit Care Med., 20巻, 11号, pp. 1101-1102, 20191120
  150. Unique patterns of lower respiratory tract microbiota are associated with inflammation and hospital mortality in acute respiratory distress syndrome, RESPIRATORY RESEARCH, 20巻, 1号, 20191106
  151. 呼吸療法を行ううえでの臨床倫理的課題 日本呼吸療法医学会倫理委員会アンケート結果, 人工呼吸, 36巻, 2号, pp. 113-118, 20191101
  152. Early Extubation for Infant Cardiac Surgery Supported by Dexmedetomidine Use., Pediatr Crit Care Med., 20巻, 10号, pp. 989-990, 20191020
  153. Mechanical Ventilation Management during Extracorporeal Membrane Oxygenation for Acute Respiratory Distress Syndrome An International Multicenter Prospective Cohort, AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE, 200巻, 8号, pp. 1002-1012, 20191015
  154. ★, ASPECT-NP: a randomised, controlled, double-blind, phase 3, noninferiority trial of ceftolozane/tazobactam versus meropenem for treatment of nosocomial pneumonia., Lancet Infectious Diseases., 20190925
  155. Confounding factors for the effect of misdiagnosis of site of infection on in-hospital mortality., Crit Care., 23巻, 1号, pp. 294-294, 20190903
  156. Does nasal high-flow preoxygenation really reduce intubation-related adverse events?, Intensive Care Med., 20190819
  157. Comparison of video and conventional laryngoscopes for simulated difficult emergency tracheal intubations in the presence of liquids in the airway, PLOS ONE, 14巻, 7号, 20190719
  158. Decreased intracellular histamine concentration and basophil activation in anaphylaxis., Allergol International Available online, 20190624
  159. Superiority of Dynamic Needle Tip Positioning for Ultrasound-Guided Peripheral Venous Catheterization in Patients Younger Than 2 Years Old: A Randomized Controlled Trial., Pediatr Crit Care Med., 20190618
  160. Is lung ultrasonography really useful for diagnosing weaning-induced pulmonary oedema?, Intensive Care Med., 20190606
  161. Combined Approach Versus 2 Conventional Approaches in Ultrasound-Guided Central Venous Catheterization: A Randomized Controlled Trial., J Cardiothorac Vasc Anesth., 20190528
  162. Dynamic Needle Tip Positioning for Ultrasound-Guided Placement of a Peripherally Inserted Central Catheter in Pediatric Patients., J Cardiothorac Vasc Anesth., 20190502
  163. ICU staffing models and patient outcomes., J Intensive Care., 7巻, pp. 24-24, 20190424
  164. ★, A Therapeutic Strategy for All Pneumonia Patients: A 3-Year Prospective Multicenter Cohort Study Using Risk Factors for Multidrug-resistant Pathogens to Select Initial Empiric Therapy, CLINICAL INFECTIOUS DISEASES, 68巻, 7号, pp. 1080-1088, 20190401
  165. Comparison of three video laryngoscopes and direct laryngoscopy for emergency endotracheal intubation: a retrospective cohort study., BMJ Open., 9巻, 3号, pp. 024927-024927, 20190330
  166. 下剤服用による重症高マグネシウム血症に敗血症を合併した1例, ICUとCCU, 43巻, 12号, pp. 724-726, 201912
  167. Ceftolozane-tazobactam versus meropenem for treatment of nosocomial pneumonia (ASPECT-NP): a randomised, controlled, double-blind, phase 3, non-inferiority trial, LANCET INFECTIOUS DISEASES, 19巻, 12号, pp. 1299-1311, 201912
  168. Baseline High-Resolution CT Findings Predict Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis: German and Japanese Cohort Study, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 12号, 201912
  169. The Volume of Pediatric Blood Culture., Pediatr Infect Dis J., 38巻, 12号, pp. 340-341, 201912
  170. 下剤服用による重症高マグネシウム血症に敗血症を合併した1例, ICUとCCU, 43巻, 12号, pp. 724-726, 201912
  171. Combined Approach Versus 2 Conventional Approaches in Ultrasound-Guided Central Venous Catheterization: A Randomized Controlled Trial, JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA, 33巻, 11号, pp. 2979-2984, 201911
  172. Retrospective immunohistological study of autopsied lungs in patients with acute exacerbation of interstitial pneumonia managed with extracorporeal membrane oxygenation, JOURNAL OF THORACIC DISEASE, 11巻, 11号, pp. 4436-4443, 201911
  173. 呼吸療法を行ううえでの臨床倫理的課題 日本呼吸療法医学会倫理委員会アンケート結果, 人工呼吸, 36巻, 2号, pp. 113-118, 201911
  174. Ultrasonographic Detection of Micro-Bubbles in the Right Atrium to Confirm Peripheral Venous Catheter Position in Children, CRITICAL CARE MEDICINE, 47巻, 10号, pp. E836-E840, 201910
  175. 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズII), 日本遠隔医療学会雑誌, 15巻, 2号, pp. 96-99, 201910
  176. Superiority of Dynamic Needle Tip Positioning for Ultrasound-Guided Peripheral Venous Catheterization in Patients Younger Than 2 Years Old: A Randomized Controlled Trial*, PEDIATRIC CRITICAL CARE MEDICINE, 20巻, 9号, pp. e410-e414, 201909
  177. 小児敗血症の臨床, 小児科, 60巻, 10号, pp. 1375-1384, 201909
  178. 中国5県ドクターヘリ広域連携における県境を越えた医療活動, 日本航空医療学会雑誌, 20巻, 1号, pp. 20-28, 201908
  179. 広島圏域における院外心停止に対する目撃者による一次救命処置の実施状況について., 日本臨床救急医学会, 22巻, 4号, pp. 602-607, 201908
  180. Dynamic Needle Tip Positioning for Ultrasound Guided Arterial Catheterization in Infants and Small Children With Deep Arteries: A Randomized Controlled Trial, JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA, 33巻, 7号, pp. 1919-1925, 201907
  181. Dynamic Needle Tip Positioning for Ultrasound-Guided Arterial Catheterization in Infants and Small Children With Deep Arteries: A Randomized Controlled Trial., J Cardiothorac Vasc Anesth., 33巻, 7号, pp. 1919-1925, 201907
  182. Ⅱ主要徴候 ショック, 内科医・小児研修医のための小児救急治療ガイドライン 改訂第4版, pp. 34-39, 201907
  183. 医系技官とはどういうもので,何をしているのか, Intensivist, 11巻, 3号, pp. 589-591, 201907
  184. 小児集中治療室(PICU)や小児救命救急センターのない地域で小児重症患者をどう診療するか, 広島医学, 72巻, 7号, pp. 334-341, 201907
  185. Comparison of three video laryngoscopes and direct laryngoscopy for emergency endotracheal intubation: a retrospective cohort study, BMJ OPEN, 9巻, 3号, 201906
  186. 広島市消防局における蘇生処置中止希望を表明した心停止傷病者38例の報告, 日本臨床救急医学会雑誌, 22巻, 3号, pp. 513-516, 201906
  187. 重症感染症 重症院内肺炎, 救急・集中治療領域における感染症診療, pp. 103-114, 201906
  188. Impact of inappropriate empiric antimicrobial therapy on mortality in pediatric patients with bloodstream infection: a retrospective observational study., J Chemother., 30巻, pp. 1-6, 201905
  189. わが国における小児集中治療室の現状調査, 日本集中治療医学会雑誌, 26巻, 3号, pp. 217-225, 201905
  190. 集中治療(5)小児集中治療, 最新主要文献とガイドラインでみる麻酔科学レビュー2019, pp. 329-333, 201905
  191. 一目瞭然!目で診る症例 問題編, 日本内科学会雑誌, 108巻, 5号, pp. 1021-1023, 201905
  192. Comparing Combined Short-Axis and Long-Axis Ultrasound-Guided Central Venous Catheterization update, With Conventional Short-Axis Out-of-Plane Approaches, JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA, 33巻, 4号, pp. 1029-1034, 201904
  193. 嘔吐モデルに対する救急救命士による吸引における軟性・硬性吸引管の比較~無作為化クロスオーバー比較試験~, 日本臨床救急医学会雑誌, 22巻, 2号, pp. 341-341, 201904
  194. 溺水, 呼吸器疾患最新の治療2019-2020, pp. 181-183, 201904
  195. 栄養療法アップデート 前編:Pro-Con私ならこうする ARDS患者における栄養療法-full feedingを目指す Pros:高齢/痩せの重症ARDS患者を考えれば,これもあり, Intensivist, 11巻, 2号, pp. 378-380, 201904
  196. 感染 基礎, 日本集中治療医学会専門医テキスト 第3版, pp. 620-632, 201903
  197. 敗血症, 今日の処方 改訂第6版, pp. 562-565, 201903
  198. 穴を埋めること, ER・ICU 100のピットフォール, 201903
  199. 気管挿管前の準備, ER・ICU 100のピットフォール, 201903
  200. SpO2=100%は正常でも目標でもない, ER・ICU 100のピットフォール, pp. 89-90, 201903
  201. 耐性菌リスクとは何か?, ER・ICU 100のピットフォール, pp. 153-155, 201903
  202. ICU入室患者におけるfever workup, ER・ICU 100のピットフォール, pp. 156-158, 201903
  203. de-escalationのお作法, ER・ICU 100のピットフォール, pp. 176-177, 201903
  204. 尿量低下あるいは腎機能低下=フロセミドでいいのか?, ER・ICU 100のピットフォール, pp. 181-182, 201903
  205. 外傷患者では内因性疾患を検索しよう, ER・ICU 100のピットフォール, pp. 247-248, 201903
  206. 小児の軽症頭部外傷に対する頭部CT検査:見逃しも医療被曝も減らすには, ER・ICU 100のピットフォール, 201903
  207. 本邦の救急外来部門における感染対策に関する調査報告, 日本救急医学会雑誌, 30巻, 2号, pp. 57-64, 201902
  208. Paediatric acute respiratory distress syndrome incidence and epidemiology (PARDIE): an international, observational study, LANCET RESPIRATORY MEDICINE, 7巻, 2号, pp. 115-128, 201902
  209. 小児集中治療にかかる日本の現状と課題, 小児科診療, 82巻, 2号, pp. 151-155, 201902
  210. Potential confounders for the effect of high-flow nasal cannula oxygen therapy., Crit Care., 23巻, 1号, pp. 17-17, 201901
  211. High serum potassium level is associated with successful electrical cardioversion for new-onset atrial fibrillation in the intensive care unit: A retrospective observational study., Anaesth Intensive Care., 47巻, 1号, pp. 52-59, 201901
  212. 医学生の"集中治療医"認知度, 日本集中治療医学会雑誌, 26巻, 1号, pp. 43-44, 201901
  213. High serum potassium level is associated with successful electrical cardioversion for new-onset atrial fibrillation in the intensive care unit: A retrospective observational study, ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE, 47巻, 1号, pp. 52-59, 201901
  214. 救急医療 治療 肺水腫, 今日の診療指針 私はこう治療している, pp. 36-38, 201901
  215. 【総合内科のための集中治療】システムごとに診る 感染症 ICUにおける発熱にどのように対処すべきか?, Hospitalist, 7巻, 2号, pp. 357-363, 200916
  216. Impact of inappropriate empiric antimicrobial therapy on mortality in pediatric patients with bloodstream infection: a retrospective observational study, JOURNAL OF CHEMOTHERAPY, 31巻, 7-8号, pp. 388-393, 2019
  217. Clinical and microbiologic outcomes by causative pathogen in the ASPECT-NP randomized, controlled, phase 3 trial evaluating ceftolozane/tazobactam for treatment of ventilated nosocomial pneumonia., Journal of Antimicrobial Chemotherapy., 2019
  218. The western Japan chaotic rainstorm disaster: a brief report from Hiroshima., J Intensive Care., 6巻, pp. 82-82, 20181217
  219. Should We Abandon Airway Pressure Release Ventilation in Pediatric Acute Respiratory Distress Syndrome?, Am J Respir Crit Care Med, 198巻, 11号, pp. 1459-1460, 20181201
  220. Conducting trials on corticosteroid dosing for respiratory failure in the last paradise., J Intensive Care., 6巻, pp. 76-76, 20181120
  221. Comparison of extracorporeal membrane oxygenation outcome for influenza-associated acute respiratory failure in Japan between 2009 and 2016, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 6巻, 20180711
  222. Regional negative pressure pulmonary edema with pulmonary thromboembolism., Internal Medicine, 57巻, 12号, pp. 1805-1806, 20180615
  223. Successful anesthetic management during abdominal wall-lifting laparoscopic cholecystectomy in a patient with hereditary angioedema, JA CLINICAL REPORTS, 4巻, 20180509
  224. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG 2016), JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 6巻, 20180202
  225. ★, Implementation of an empirical antimicrobial protocol in a critical care setting: A single-center retrospective observational cohort study in bacteremic patients, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 24巻, 12号, pp. 965-968, 201812
  226. Rapid-onset plasma leakage of extracorporeal oxygenation membranes possibly due to hyperbilirubinemia, JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS, 21巻, 4号, pp. 475-478, 201812
  227. Ventilator-associated events: prevalence and mortality in Japan, JOURNAL OF THORACIC DISEASE, 10巻, 12号, pp. 6942-6949, 201812
  228. Rapid-onset plasma leakage of extracorporeal oxygenation membranes possibly due to hyperbilirubinemia., J Artif Organs., 21巻, 4号, pp. 475-478, 201812
  229. Ventilator-associated events: prevalence and mortality in Japan., J Thorac Dis., 10巻, 12号, pp. 6942-6949, 201812
  230. 急性呼吸不全動物モデルを用いた人工呼吸誘発横隔膜障害の発生メカニズム解析および非侵襲的モニタリングシステムの開発, 福田記念医療技術振興財団情報, 31号, pp. 141-147, 201812
  231. 日本救急医学会救急外来部門における感染対策検討委員会(ERIC)微生物検査ワーキンググループ. 救急部門における微生物検査に関する多施設調査, 日本臨床微生物学会雑誌, 29巻, 1号, pp. 28-31, 201812
  232. Focusing on Risk Factors of Cardiac Arrest During Intubation in ICU Again., Crit Care Med., 46巻, 11号, pp. 1082-1082, 201811
  233. A survey on infection control in emergency departments in Japan, ACUTE MEDICINE & SURGERY, 5巻, 4号, pp. 374-379, 201810
  234. Out-of-bed mobilization of patients undergoing mechanical ventilation with orotracheal tubes: A survey study, JOURNAL OF CRITICAL CARE, 47巻, pp. 173-177, 201810
  235. 電子聴診器を用いたリアルタイム遠隔聴診システムの研究開発, 日本遠隔医療学会雑誌, 14巻, 2号, pp. 140-142, 201810
  236. 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズI), 日本遠隔医療学会雑誌, 14巻, 2号, pp. 116-119, 201810
  237. An outbreak of fluoroquinolone-resistant Pseudomonas aeruginosa ST357 harboring the exoU gene, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 24巻, 8号, pp. 615-622, 201808
  238. Oxygen management in mechanically ventilated patients: A multicenter prospective observational study, JOURNAL OF CRITICAL CARE, 46巻, pp. 1-5, 201808
  239. ★, Sera from Septic Patients Contain the Inhibiting Activity of the Extracellular ATP-Dependent Inflammasome Pathway, TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 245巻, 3号, pp. 193-204, 201807
  240. Does Dysphagia After Extubation Really Increase Mortality?, Crit Care Med., 46巻, 7号, pp. 726-727, 201807
  241. Committee of the Japan ECMO project. Comparison of extracorporeal membrane oxygenation outcome for influenza-associated acute respiratory failure in Japan between 2009 and 2016., J Intensive Care., 11巻, 6号, pp. 38-38, 201807
  242. Committee for Infection Control for the Emergency Department, the Japanese Association for Acute Medicine, and the joint working group. A survey on infection control in emergency departments in Japan., Acute Med Surg., 5巻, 4号, pp. 374-379, 201807
  243. 日本版敗血症診療ガイドライン2016作成特別委員会.日本版敗血症診療ガイドライン2016の使用に関する実態調査報告., 日本救急医学会雑誌, 29巻, 7号, pp. 175-182, 201807
  244. 日本版敗血症診療ガイドライン2016の使用に関する実態調査報告, 日本救急医学会雑誌, 25巻, 4号, pp. 271-277, 201807
  245. 個人輸入の三環系抗うつ薬過量服薬にてブルガダ型心電図変化から心室性不整脈を来し体外循環式心肺蘇生で救命しえた1例, 日本救急医学会雑誌, 29巻, 7号, pp. 190-195, 201807
  246. Antimicrobials in the PICU: An Unresolved and Serious Matter., Pediatr Crit Care Med., 19巻, 6号, pp. 581-582, 201806
  247. Pediatric sequential organ failure assessment score (pSOFA): a plea for the world-wide collaboration for consensus., Intensive Care Med., 44巻, 6号, pp. 995-997, 201806
  248. Antimicrobials in the PICU: An Unresolved and Serious Matter., Pediatr Crit Care Med., 19巻, 6号, pp. 581-582, 201806
  249. 透析施行患者におけるゲンタマイシン透析前投与の2症例., 日本外科感染症学会雑誌, 15巻, 3号, pp. 248-252, 201806
  250. ★, Association between appropriate empiric antimicrobial therapy and mortality from bloodstream infections in the intensive care unit, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 24巻, 4号, pp. 267-271, 201804
  251. Ultrasound-guided central venous catheter placement in children: what is a really good practice?, Intensive Care Med., 44巻, 4号, pp. 546-547, 201804
  252. Target blood pressure for septic and vasodilatory shock: what is optimal?, Intensive Care Medicine, 44巻, 4号, pp. 548-549, 201804
  253. Confounders for interpreting the benefit of a biomarker-based strategy in early discontinuation of empirical antifungal therapy., Intensive Care Med., 44巻, 3号, pp. 399-400, 201803
  254. Memorable Experiencees of US Longterm Internship, Supported by Phoenix Leader Education Program., Anesthesia and Resuscitation., 53巻, 4号, pp. 81-84, 201803
  255. 潜在的脾機能低下が疑われたCapnocytophaga感染症の1例, 日本救急医学会雑誌, 29巻, 3号, pp. 90-95, 201803
  256. 本邦小児集中治療領域における敗血症性ショック管理の現状, 日本集中治療医学会雑誌, 25巻, 2号, pp. 115-120, 201803
  257. 大腿部に生じたClosed Degloving Injuryの1例., 皮膚科の臨床, 60巻, 2号, pp. 275-278, 201802
  258. 重症小児患者に対する栄養サポート療法の実施と評価のガイドライン, ASPEN Clinical Guidelines, 201802
  259. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG 2016), ACUTE MEDICINE & SURGERY, 5巻, 1号, pp. 3-89, 201801
  260. 【エキスパートに学ぶ栄養管理のすべて】ベーシック編 抗潰瘍薬, 救急・集中治療, 3巻, 1号, pp. 97-102, 201801
  261. ベバシズマブの関与が疑われたA群β溶連菌による壊死性筋膜炎の一例., 日本救急医学会雑誌, 29巻, 1号, pp. 36-41, 201801
  262. ★, Clinical outcomes after initial treatment of methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections, INFECTION AND DRUG RESISTANCE, 11巻, pp. 1073-1081, 2018
  263. Potential factors affecting lung inhomogeneity in acute respiratory distress syndrome., Intensive Care Med, 44巻, 1号, pp. 125-126, 2018
  264. An emerging frontier in the treatment of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis., Respir Investigation, pp. 97-99, 2018
  265. Accurate quantification of pleural effusion and cofactors affecting weaning failure., Anesthesiology 3, 128巻, pp. 678-679, 2018
  266. Is Oxygenation Really an Intrinsic Predictive Factor of Mortality in Patients Undergoing Extracorporeal Life Support?, Crit Care Med., 46巻, 2号, pp. 181-182, 2018
  267. Comparison of the efficacy of three topical antiseptic solutions for the prevention of catheter colonization: a multicenter randomized controlled study, CRITICAL CARE, 21巻, 20171221
  268. Combined short- and long-axis ultrasound-guided central venous catheterization is superior to conventional techniques: A cross-over randomized controlled manikin trial, PLOS ONE, 12巻, 12号, 20171207
  269. Combined rupture of left ventricular free wall and pericardium, Intensive Care Medicine, 43巻, 12号, pp. 1858-1859, 20171201
  270. Does enhanced antibiotic de-escalation really have no benefit in the ICU?, Critical Care, 21巻, 1号, 20171102
  271. Risk factors for sepsis-associated encephalopathy, Intensive Care Medicine, 43巻, 10号, pp. 1548-1549, 20171001
  272. Is Higher Cerebral Oxygen Saturation Really Predictive of Favorable Neurologic Outcome after In-Hospital Cardiac Arrest?, Critical Care Medicine, 45巻, 4号, pp. 468-469, 20170401
  273. Outcome prediction for acute respiratory distress syndrome: Are the current three variables really optimal?, Critical Care Medicine, 45巻, 2号, pp. 237-238, 20170201
  274. Potential Confounders of the Accuracy and Reliability of Delirium Assessment Tools, Critical Care Medicine, 45巻, 1号, pp. 114-114, 20170101
  275. The Japanese Respiratory Society Noninvasive Positive Pressure Ventilation (NPPV) Guidelines (second revised edition), Respiratory Investigation, 55巻, 1号, pp. 83-92, 20170101
  276. New or Progressive Multiple Organ Dysfunction Syndrome in Pediatric Severe Sepsis: A Sepsis Phenotype With Higher Morbidity and Mortality, Pediatric Critical Care Medicine, 18巻, 1号, pp. 8-16, 20170101
  277. Repetitive postoperative extubation failure and cardiac arrest due to laryngomalacia after general anesthesia in an elderly patient: a case report, JOURNAL OF ANESTHESIA, 31巻, 5号, pp. 779-781, 201710
  278. FAM13A polymorphism as a prognostic factor in patients with idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIRATORY MEDICINE, 123巻, pp. 105-109, 2017
  279. Pneumonia Severity Assessment Tools for Predicting Mortality in Patients with Healthcare-Associated Pneumonia: A Systematic Review and Meta-Analysis, RESPIRATION, 93巻, 6号, pp. 441-450, 2017
  280. Proposal of a New Pediatric Sequential Organ Failure Assessment Score for Possible Validation, PEDIATRIC CRITICAL CARE MEDICINE, 18巻, 1号, pp. 98-99, 2017
  281. Next Step to Understanding Subphenotypes of Acute Respiratory Distress Syndrome, AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE, 196巻, 6号, pp. 795-796, 2017
  282. The role of source control in septic patients, Critical Care Medicine, 45巻, 6号, pp. 618-619, 2017
  283. Optimal cutoff value for lung injury prediction score and potential confounders for identifying the risk of developing acute respiratory distress syndrome, Critical Care Medicine, 45巻, 6号, pp. 624-625, 2017
  284. Successful long-term extracorporeal membrane oxygenation for invasive pulmonary aspergillosis: A case report, Journal of Medical Case Reports, 11巻, 1号, 2017
  285. Prognostic implications of aspiration pneumonia in patients with community acquired pneumonia: A systematic review with meta-analysis., Sci Rep., 6巻, 38097号, 20161207
  286. Pediatric cardiorespiratory failure successfully managed with venoarterial-venous extracorporeal membrane oxygenation: a case report, BMC PULMONARY MEDICINE, 16巻, 20160812
  287. ★, Early mobilization of mechanically ventilated patients in the intensive care unit, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 4巻, 20160729
  288. Potential covariates that affect post-extubation breathing effort in children., Intensive Care Med., 42巻, 12号, pp. 2127-2128, 201612
  289. Factors affecting biomarkers of endothelial andalveolar epithelial dysfunction., Intensive Care Med., 42巻, 12号, pp. 2111-2112, 201612
  290. Is transpulmonary pressure-guided PEEP titration really optimal?, Intensive Care Med., 42巻, 11号, pp. 1845-1846, 201611
  291. Exploring Potential Cofactors Affecting Coagulation and Inflammation Activity During Extracorporeal Membrane Oxygenation., Crit Care Med., 44巻, 11号, pp. e1149-e1150, 201611
  292. Successful treatment of traumatic spinal epidural haematoma with fluoroscopically-guided percutaneous drainage: a report of two cases, ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE, 44巻, 6号, pp. 777-780, 201611
  293. Current rehabilitation practices in intensive care units: a preliminary survey by the Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care (JSEPTIC) Clinical Trial Group., J Intensive Care., 28巻, 4号, pp. 66-66, 201610
  294. Is an Earlier and More Intensive Physical Therapy Program Better?, Am J Respir Crit Care Med., 194巻, 8号, pp. 1032-1032, 201610
  295. Are probiotics actually useful in decreasing VAP rate?, Intensive Care Med., 42巻, 10号, pp. 1643-1644, 201610
  296. 熊本地震急性期におけるICTの利活用, 日本遠隔医療学会雑誌, 12巻, 2号, pp. 120-122, 201610
  297. 臀部、下肢の痛みで来院した肝硬変患者の1例, 日本化学療法学会雑誌, 64巻, 3号, pp. 545-549, 201605
  298. Clinical and investigative critical care medicine in Japan., Intensive Care Med., 42巻, 3号, pp. 453-455, 201603
  299. 糖尿病性ケトアシドーシスに続発した急性呼吸促迫症候群の一例, 日本集中治療医学会雑誌, 23巻, 2号, pp. 149-153, 201603
  300. Emphysematous pancreatitis., Intensive Care Med., 42巻, 6号, pp. 1075-1075, 2016
  301. Exploring Causative Pathology Is Essential for Validating Harmful Effects of Late Intubation., Crit Care Med, 44巻, pp. e770-e771, 2016
  302. Prognostic implications of aspiration pneumonia in patients with community acquired pneumonia: A systematic review with meta-analysis, SCIENTIFIC REPORTS, 6巻, 2016
  303. Early mobilization of mechanically ventilated patients in the intensive care unit., J Intensive Care, 29巻, 4号, pp. 50-50, 2016
  304. Clinical and investigative critical care medicine in Japan, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 3号, pp. 453-455, 2016
  305. Emphysematous pancreatitis, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 6号, pp. 1075-1075, 2016
  306. Exploring Causative Pathology Is Essential for Validating Harmful Effects of Late Intubation, CRITICAL CARE MEDICINE, 44巻, 8号, pp. E770-E771, 2016
  307. Are probiotics actually useful in decreasing VAP rate?, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 10号, pp. 1643-1644, 2016
  308. Is an Earlier and More Intensive Physical Therapy Program Better?, AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE, 194巻, 8号, pp. 1032-1032, 2016
  309. Is transpulmonary pressure-guided PEEP titration really optimal?, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 11号, pp. 1845-1846, 2016
  310. Factors affecting biomarkers of endothelial and alveolar epithelial dysfunction, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 12号, pp. 2111-2112, 2016
  311. Potential covariates that affect post-extubation breathing effort in children, INTENSIVE CARE MEDICINE, 42巻, 12号, pp. 2127-2128, 2016
  312. Exploring Potential Cofactors Affecting Coagulation and Inflammation Activity During Extracorporeal Membrane Oxygenation, CRITICAL CARE MEDICINE, 44巻, 11号, pp. E1149-E1150, 2016
  313. Current rehabilitation practices in intensive care units: a preliminary survey by the Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care (JSEPTIC) Clinical Trial Group., J Intensive Care., 4巻, 66号, 2016
  314. Global epidemiology of pediatric severe sepsis: the sepsis prevalence, outcomes, and therapies study., Am J Respir Crit Care Med., 191巻, 10号, pp. 1147-1157, 20150515
  315. Innovation, Cost, and Sustainability of Pediatric Ventricular Assist Device Programs., Pediatr Crit Care Med., 16巻, 6号, pp. 589-590, 201507
  316. A survey of the competency of ambulance service personnel in the diagnosis and management of sepsis., J Emerg Med, 49巻, 2号, pp. 147-151, 2015
  317. Discordant identification of pediatric severe sepsis by research and clinical definitions in the SPROUT international point prevalence study., Crit Care., 19巻, pp. 325-325, 2015
  318. Ultrasound Imaging Reduces Failure Rates of Percutaneous Central Venous Catheterization in Children., Pediatr Crit Care Med., 16巻, 8号, pp. 718-725, 2015
  319. Polymyxin B haemoperfusion in septic shock patients., Intensive Care Med., 41巻, 11号, pp. 2033-2033, 2015
  320. Respiratory rate criteria for pediatric systematic inlammatory response syndrome, Pediatr Crit Care Med, 15巻, 2号, pp. 182-182, 2014
  321. A novel method for ultrasound-guided radial arterial catheterization in pediatric patients, Anesth Analg, 118巻, 5号, pp. 1019-1026, 2014
  322. Invasive pulmonary aspergillosis in a patient presenting with idiopathic systemic capillary leak syndrome, BMJ Case Rep, 2014
  323. A pilot study of Bifidobacterium breve in neonates undergoing surgery for congenital heart disease, Journal of Intensive Care, 2巻, 36号, 2014
  324. Sepsis Registry Committee of The Japanese Society of intensive Care Medicine, Journal of Intensive Care, 2巻, 55号, 2014
  325. 重症敗血症/敗血症性ショック症例に対する免疫調節経腸栄養剤の有用性, 日本集中治療医学会雑誌, 21巻, 2号, pp. 155-163, 2014
  326. 日本および東アジア5ヵ国・地域の集中治療領域の臨床研究動向, 日本集中治療医学会雑誌, 21巻, 2号, pp. 191-192, 2014
  327. 小児特定集中治療室管理料の算定対象となるPICU(pediatric ICU)のあり方, 日本集中治療医学会雑誌, 21巻, 3号, pp. 297-299, 2014

著書等出版物

  1. 2022年, Pediatric Critical Care Medicine, Pediatric Critical Care Medicine, 単行本(学術書), 単訳, 志馬伸朗
  2. 小児集中治療ポケットブック, 小児集中治療ポケットブック, 診断と治療社, 2022年, 11, 単行本(学術書), 編著, 志馬伸朗
  3. 2022年, 三谷雄紀、志馬伸朗, みんなの救命救急科, 中外医学社, 2022年, 単行本(学術書), 監修
  4. 2023年03月, 医工学治療35(1), 集中治療と保険診療:2022診療報酬改定における医工学治療関連トピックス, 2023年, 3, 志馬伸朗, 43-46
  5. 2023年06月, 月刊レジデント16(2), 抗菌治療のポイント:適正使用とは?, 2023年, 6, 石井潤貴, 志馬伸朗, 19-25
  6. 2023年02月, MMJ19(1), 高流量鼻カニューレ療法の使いどころはステップアップ 不快感を軽減し鎮静薬使用の頻度が低い, 2023年, 2, 志馬伸朗, 43-46
  7. 2022年12月, 日本医事新報5148, その先へ~推薦のことばにかえて, 2022年, 12, その他, 単著, 志馬伸朗, 68
  8. 2022年11月, 人工呼吸39(2), ARDS診療ガイドライン2021, 2022年, 11, 調査報告書, 共著, ARDS診療ガイドライン作成委員会, 一般社団法人日本集中治療医学会, 一般社団法人日本呼吸器学会, 一般社団法人日本呼吸療法医学会, 81-121
  9. 2022年11月, 日本臨床麻酔学学会誌42(7), ガイドラインに振り回されないために, 2022年, 11, 単行本(一般書), 単著, 志馬伸朗, 590-595
  10. 2022年11月, 日本集中治療医学会雑誌29(6), 不死鳥か亡霊か 科学と感情のはざまで, 2022年, 11, 単行本(学術書), 単著, 志馬伸朗, 606-607
  11. 日本呼吸器学会誌11(4), ARDS診療ガイドライン2021, 2022年, 7, 単行本(学術書), 共著, 一般社団法人日本集中治療医学会/一般社団法人日本呼吸器学会/一般社団法人日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会., 235-270
  12. 2022年09月, 日本集中治療医学会雑誌29(5), 我が国の集中治療医療提供体制を強靱化するための提言, 2022年, 9, 単行本(学術書), 共著, 土井 研人, 河合 佑亮, 卯野木 健, 相嶋 一登, 小倉 崇以, 高木 俊介, 志馬 伸朗, 橋本 悟, 垣花 泰之, 谷口 巧, 藤谷 茂樹, 土井 松幸, 武居 哲洋, 西田 修, 日本集中治療医学会理事会., 485-492
  13. 2023年05月, 最新主要文献とガイドラインでみる麻酔科学レビュー2023, 集中治療(5) 小児集中治療, 2023年, 5, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 336-337
  14. 2023年03月, 呼吸器疾患最新の治療2023-2024, Ⅲ 呼吸器系の救急治療 溺水, 2023年, 3, 単行本(学術書), 分担執筆, 木田佳子, 志馬伸朗, 187-189
  15. 2023年03月, 理学療法士 集中治療テキスト, 集中治療における科学的根拠に基づく理学療法の実践をガイドする重要な文献(J-PAD, 早期リハビリテーションのエキスパートコンセンサスなど), 2023年, 3, 単行本(学術書), 分担執筆, 對東俊介, 志馬伸朗, 20-25
  16. 2023年01月, 救急・集中治療アドバンスト 敗血症 感染症と臓器障害への対応, 感染症と敗血症のバイオマーカー, 2023年, 1, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 95-103
  17. 2022年09月, 日本集中治療医学会雑誌29(5), 集中治療部設置のための指針 2022年改訂版, 2022年, 9, 単行本(学術書), 共著, 土井 松幸, 浅賀 健彦, 板垣 大雅, 新山 和也, 重光 秀信, 高木 俊介, 武居 哲洋, 茂呂 悦子, 田原 良雄, 相嶋 一登, 中村 京太, 土井 研人, 飯塚 悠祐, 高橋 哲也, 入江 利行, 鍋田 知宏, 中寺 善彦, 志馬 伸朗, 橋本 悟, 西田 修, 日本集中治療医学会理事会, 日本集中治療医学会集中治療部設置指針改訂タスクフォース, 467-484
  18. 2022年07月, 日本集中治療医学会雑誌29(4), ARDS診療ガイドライン2021, 2022年, 7, 単行本(学術書), 共著, 一般社団法人日本集中治療医学会/一般社団法人日本呼吸器学会/一般社団法人日本呼吸療法医学会/ARDS診療ガイドライン作成委員会, 295-332
  19. 2022年03月, Anet 26(3), 末梢静脈路確保のピットフォール, 2022年, 3, その他, 単著, 志馬伸朗, 3-8
  20. 2022年10月, 標準小児科学 第9版, 第8章 救急疾患 各論, 2022年, 10, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 87-97
  21. 2022年10月, 標準小児科学 第9版, 第8章 救急疾患 総論, 2022年, 10, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 土居岳彦, 83-87
  22. 2021年08月00日, 侵襲性カンジダ症に対するマネジメントのための臨床実践ガイドライン, 一般社団法人 日本医真菌学会, 2021年, 8, 単行本(学術書), 共著, 竹末芳生, 三鴨廣繁, 池亀和博, 泉川公一, 井上健斗, 植田貴史, 浮村 聰, 大城 誠, 冲中敬二, 掛屋 弘 岸本裕充, 清祐麻紀子, 串間尚子, 佐々木淳一, 志馬伸朗, 高田徹, 照屋勝治, 時松一成, 長尾美紀, 中嶋一彦, 浜田幸宏 福島啓太郎, 槇村浩一, 松元一明 真弓俊彦, 宮﨑義継, 宮崎泰可, 望月清文, 森 雅亮, 安田 満, 山岸由佳, 山下千鶴, 吉田耕一郎, 渡辺 哲
  23. 2022年07月, 臨床麻酔科学書, 末梢血管カテーテル留置, 2022年, 07, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 383-392
  24. 2022年06月, 麻酔科学レビュー2022, 集中治療 小児集中治療, 2022年, 6, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 326-330
  25. 2022年02月, 日常診療に活かす 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2022-2023, 敗血症, 2022年, 2, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 30-34
  26. 2022年02月, 感染症 最新の治療2022-2024, 敗血症診療ガイドライン2020を踏まえた敗血症診療, 2022年, 2, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 37-39
  27. 2022年01月, 今日の治療指針 2022私はこうして治療している, 敗血症性ショック, 2022年, 1, 単行本(学術書), 共編者(共編著者), 志馬伸朗, 30-34
  28. 2022年, ICUとCCU 46(1), 【日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG2020)と国際版敗血症診療ガイドライン(SSCG2021)の対比】 感染症の診断、抗菌薬治療、感染源コントロール., 2022年, 1, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 11-17
  29. 2022年, 日本集中治療医学会雑誌29(2), 新型コロナウイルス感染症の小児重症・中等症例発生数と重症小児の診療体制., 2022年, 3, 単行本(学術書), 共著, 黒澤 寛史, 池山 貴也, 賀来 典之, 川崎 達也, 小泉 沢, 齊藤 修, 竹内 宗之, 武田 充人, 田村 卓也, 塚原 紘平, 西村 奈穂, 清水 直樹, 三瓶 智美, 清水 一好, 辻尾 有利子, 西村 奈穂, 新津 健裕, 平井 克樹, 志馬 伸朗, 日本集中治療医学会小児集中治療委員会日本小児集中治療連絡協議会COVID-19ワーキンググループ., 177-180
  30. 2022年, 救急医学 46(3), 【これが本当の救急医療“ネクストステージ”】アプリによる急性期脳卒中の病院前診断・搬送コントロール支援, 2022年, 3, 単行本(学術書), 分担執筆, 荒木勇人, 栗栖薫, 志馬伸朗, 堀江信貴, 270-276
  31. 2022年, LiSA 29(3), 【周術期抗菌薬とその周辺】麻酔科医を悩ませるイレギュラー 患者に合わせた"テーラーメイド"の投与計画(投与量・投与間隔)を目指せ!, 2022年, 3, 単行本(学術書), 分担執筆, 三谷 雄己, 志馬 伸朗., 268-271
  32. 2022年, 麻酔71(9), 特集 周術期における免疫学:基礎と臨床 手術部位感染と人工呼吸器関連肺炎, 2022年, 9, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 957-967
  33. 2021年02月01日, ECMO・PCPSを習得したいすべての人へ ECMO PCPSバイブル, 抗菌薬の予防投与は必要ですか?, メディカ出版, 2021年, 02, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大下慎一郎,志馬伸朗, 349-350
  34. 2021年02月01日, ECMO・PCPSを習得したいすべての人へ ECMO PCPSバイブル, ECMO/PCPSと感染症, メディカ出版, 2021年, 02, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 志馬伸朗, 122-125
  35. 2021年12月, ANZICS COVID-19 Guidelines 改定4版, 日本集中治療医学会, 2021年, 12, 共訳, 藤谷茂樹, 志馬伸朗
  36. 2021年08月, 第26回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会テキスト, 新生児・小児の呼吸管理, 2021年, 8, 分担執筆, 田村正徳, 志馬伸朗, 401-447
  37. 2021年06月, ICUにおける口腔ケア~わが国でのエビデンス構築をめざして~, 術式詳細(口腔清掃以外) 1.気管チューブの選択とカフ圧の管理, 2021年, 6, 単行本(学術書), 分担執筆, 志馬伸朗, 65-68
  38. 2021年06月, ICUにおける口腔ケア~わが国でのエビデンス構築をめざして~, ICUでの口腔ケアに期待すること-VAP, VAEの知見も含めて-, 2021年, 6, 分担執筆, 京 道人, 志馬伸朗, 110-117
  39. 2021年05月, 日本集中治療医学会雑誌28(3), アンケートを用いた質の高い調査研究を行うための手引き., 2021年, 5, 分担執筆, 小谷 祐樹, 川口 敦, 志馬 伸朗, 180-188
  40. 2021年05月, クリニカルガイド小児科 専門医の診断・治療, 敗血症, 2021年, 5, 分担執筆
  41. 2021年03月, 呼吸器疾患最新の治療2021-2022, 呼吸器系の救急治療 気道熱傷, 2021年, 3, 分担執筆, 山賀聡之, 志馬伸朗, 168-170
  42. 2021年02月, ECMO・PCPSを習得したいすべての人へ ECMO PCPSバイブル, リハビリテーション., 2021年, 2, 分担執筆, 對東俊介, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 154-158
  43. 2021年, 本集中治療医学会雑誌28(3), わが国におけるCOVID-19へのECMO導入の現状と課題., 2021年, 5, 分担執筆, 清水 敬樹, 大下 慎一郎, 小倉 崇以, 竹田 晋浩, 橋本 悟, 西田 修, 志馬 伸朗, 濱口 純, 50-60
  44. 2021年, 呼吸器内科 39(6), 肺炎をめぐるトピックス:基礎から臨床まで 人工呼吸器関連肺炎., 2021年, 6, 分担執筆, 志馬伸朗, 506-512
  45. 2021年, 臨床と微生物48(4), 感染症診療の最新ガイド/ガイドラインを読み解く 治療・マネージメント 日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)., 2021年, 7, 分担執筆, 志馬伸朗, 343-349
  46. 2021年, 感染対策ICTジャーナル16(3), 【コロナ渦の感染経路別予防策のニューノーマル】エアロゾル発生手技とエアロゾル対策, 2021年, 7, 分担執筆, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 223-229
  47. 2021年, 救急医学45(9), もっと知りたい、わかりたい 日本版敗血症診療ガイドライン2020】もっと知る、もっとわかるJ-SSCG2020 抗菌薬治療., 2021年, 8, 分担執筆, 志馬 伸朗, 1106-1110
  48. 2021年, ICUとCCU 45(9), 【日本版敗血症診療ガイドライン2020の注目すべきトピックス:急性期管理】抗菌薬治療., 2021年, 9, 分担執筆, 志馬 伸朗, 557-563
  49. 2021年, 救急・集中治療33(3), ショック管理2021-'22-ガイドライン、スタンダード、論点そして私見-】ショックに伴う臓器障害/治療戦略 ショックに伴うARDS., 2021年, 9, 分担執筆, 石井 潤貴, 志馬 伸朗, 963-970
  50. 2021年, 呼吸器内科40(4), 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)わかったこと、わからないこと 診断、治療、予防】COVID-19患者に対するECMO療法 Up to date., 2021年, 10, 分担執筆, 志馬 伸朗, 364-371
  51. 2021年, 救急・集中治療33(4), 【呼吸管理FAQ-研修医からの質問270-】付随する問題 人工呼吸器関連肺炎(VAP)/人工呼吸器関連事象(VAE)., 2021年, 12, 分担執筆, 中橋 奨, 今井 寛, 志馬 伸朗, 1304-1316
  52. 2021年, 医学のあゆみ279(12-13), 【敗血症診療を知る-J-SSCG2020のポイント】抗菌薬療法, 2021年, 12, 分担執筆, 志馬 伸朗, 1161-1164
  53. 2021年, ICUグリーンノート, 中外医学, 2021年, 6, 志馬伸朗編集 ; 石井潤貴編集協力, 9784498166264
  54. 人工呼吸38(2), 誰から何を、なんのために守るのか ICUの空調を再考する, 2021年, 11, 分担執筆, 志馬 伸朗, 武居 哲洋, 西田 修, 102
  55. 広島県内科会会誌 22, 新型コロナウイルス病2019(COVID-19)重症例の管理, 2021年, 12, 分担執筆, 志馬伸朗, 15-19
  56. 2020年12月01日, 今日の小児治療指針第17版, 敗血症, 敗血症性ショック, 医学書院, 2020年, 12, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 志馬伸朗, 339-342
  57. 2020年11月25日, 志馬伸朗, 小児救命救急・ICUピックアップ, メディカルサイエンスインターナショナル, 2020年, 単行本(学術書), 編者(編著者)
  58. 2020年11月01日, 小児救命救急・ICUピックアップ, (責任編集)感染症, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2020年, 11, 単行本(学術書), 編著, 日本語, 志馬伸朗
  59. 2020年10月20日, COVID-19 ガイドライン改定3版, 20201020, 2020年, 10, 調査報告書, 共訳, Japanese Society of Intensive Care Medicine Committee of International Affair and Committee of Infection Control
  60. 2020年10月01日, 日本化学療法学会 抗菌薬適正使用生涯教育テキスト(第3版), ポリペプチド系抗菌薬, 日本化学療法学会, 2020年, 10, 教科書, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 218-221
  61. 2020年10月01日, 重症患者診療指針, 新型コロナウイルス感染症 COVID-19(coronavirus disease 2019)-人工呼吸と膜型人工肺-, 日本語, 2020年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大下慎一郎,志馬伸朗, 1343-1347
  62. 2020年10月01日, 重症患者診療指針, 小児敗血症/敗血症性ショック, 総合医学社, 2020年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 志馬伸朗, 1255-1259
  63. 2020年10月01日, 重症患者診療指針, 敗血症診療の潮流, 総合医学社, 2020年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 志馬伸朗, 1244-1249
  64. 2020年10月01日, 重症患者診療指針, 感染症と管理, 総合医学社, 2020年, 10, 単行本(学術書), 編著, 日本語, 志馬伸朗, 1244-1348
  65. 2020年10月01日, 日本化学療法学会 抗菌薬適正使用生涯教育テキスト(第3版), リンコマイシン系抗菌薬, 日本化学療法学会, 2020年, 10, 教科書, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 167-170
  66. 2020年09月10日, 志馬伸朗, わかって動ける!人工呼吸器ポケットブック, 羊土社, 2020年, 単行本(学術書), 編著
  67. 2020年07月01日, 救急医療のための新型コロナウイルスCOVID-19感染症診療ガイド, 未来はここにあり、そして、動いている, 総合医学社, 2020年, 単行本(学術書), その他
  68. 2020年05月01日, 麻酔科学レビュー2020, 集中治療 小児集中治療, 総合医学社, 2020年, 05, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 志馬伸朗, 316-320
  69. 2021年08月, 第26回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会テキスト, 乳幼児の呼吸管理, 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会, 2020年, 08, 教科書, 共著, 志馬伸朗, 548
  70. 2020年08月, 第25回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会テキスト, 小児の呼吸管理, 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会, 2020年, 08, 教科書, 共著, 志馬伸朗
  71. 2020年01月, 広島共立病院広報誌 ネットワーク54, 最近の呼吸管理の考え方, 広島共立病院, 2020年, 1, 日本語, 志馬伸朗
  72. 2020年.4月, 青藍会だより 創刊号, ふるさとからも、阿波からも遠く離れ, 2020年, 4, 日本語, 志馬伸朗
  73. 2020年.3月, WEB動画で学ぶ人工呼吸管理:ⅲ, 推薦のことば~わかることとできること~, 金芳堂, 2020年, 3, 日本語, 志馬伸朗
  74. 新戦略に基づく麻酔・周術期医学 麻酔科医のための周術期の診療ガイドライン活用術, 予防的抗菌薬, 中山書店, 2020年, 202006, 単行本(学術書), 単著, 157-166
  75. 日常診療に活かす 診療ガイドラインUP-TO-DATE, 敗血症, メジカルレビュー社, 2020年, 02, 単行本(学術書), 共著, 志馬伸朗, 5
  76. 2019年12月, 青藍会会報94, 谷間の医療を生きる, 青藍会, 2019年, 12, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 16-17
  77. 2019年03月, ER・ICU 100のピットフォール, ICU入室患者におけるfever workup, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 156-158
  78. 2019年03月, 日本集中治療医学会専門医テキスト-第3版-, 感染 基礎, 真興貿易, 2019年, 3, 教科書, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 620-632
  79. 2019年.7月, Intensivist 11(3), 医系技官とはどういうもので,何をしているのか, 2019年, 7, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 志馬伸朗、細川康二、飯塚悠祐, 589-591
  80. 2019年.6月, 救急・集中治療領域における感染症診療, 重症感染症 重症院内肺炎, 克誠堂出版, 2019年, 6, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大下慎一郎、志馬伸朗, 103-114
  81. 2019年.5月, 日本内科学会雑誌108(5), 「一目瞭然!目で診る症例」問題編, 日本内科学会, 2019年, 5, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 山賀聡之、石井潤貴、志馬伸朗, 1021-1023
  82. 2019年.5月, 最新主要文献とガイドラインでみる麻酔科学レビュー2019, 集中治療(5)小児集中治療, 総合医学社, 2019年, 5, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 329-333
  83. 2019年.5月, 呼吸器疾患最新の治療2019-2020, 溺水, 南江堂, 2019年, 5, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 京道人、志馬伸朗, 181-183
  84. 2019年.4月, The Mainichi Medical Journal 15(2), インタビュー取材, 2019年, 4, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 34-35
  85. 2019年.4月, Intensivist 11(2), 栄養療法アップデート 前編】Pro-Con私ならこうする ARDS患者における栄養療法-full feedingを目指す Pros:高齢/痩せの重症ARDS患者を考えれば,これもあり, 2019年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 京道人、志馬伸朗, 378-380
  86. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 外傷患者では内因性疾患を検索しよう, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大木伸吾、志馬伸朗, 247-248
  87. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 尿量低下あるいは腎機能低下=フロセミドでいいのか?, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大木伸吾、志馬伸朗, 181-182
  88. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, de-escalationのお作法, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 176-177
  89. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 耐性菌リスクとは何か?, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 153-155
  90. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 小児の軽症頭部外傷に対する頭部CT検査:見逃しも医療被曝も減らすには, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大木伸吾、志馬伸朗, 108-109
  91. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, SpO₂=100%は正常でも目標でもない, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 大木伸吾、志馬伸朗, 89-90
  92. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 気管挿管前の準備, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 55-57
  93. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 穴を埋めること, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗
  94. 2019年.3月, 今日の処方(改訂第6版), 敗血症, 南江堂, 2019年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 562-565
  95. 2019年.3月, ER・ICU 100のピットフォール, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 編著, 日本語, 志馬伸朗
  96. 2019年.2月, INFECTION CONTROL 28(2), 私を変えたあの一言 ないんです!, 2019年, 2, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 1
  97. 2019年.2月, 小児科診療82(2), 小児集中治療室にかかる日本の現状と課題, 2019年, 2, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 151-155
  98. 2019年.1月, 今日の診療指針2019 私はこう治療している, 救急医療 治療 肺水腫, 医学書院, 2019年, 1, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 36-38
  99. 2018年10月, レジデントノート20(11):166-172, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!経腸栄養剤, 2018年, 10, 共著, 日本語, 鈴木慶、志馬伸朗, 166-172
  100. 2018年10月, レジデントノート20(11):116-123, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!ステロイド, 2018年, 10, 共著, 日本語, 石井潤貴、志馬伸朗, 116-123
  101. 2018年10月, レジデントノート20(11):90-99, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!輸液製剤, 2018年, 10, 共著, 日本語, 小林靖孟、志馬伸朗, 90-99
  102. 2018年10月, レジデントノート20(11):82-89, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!電解質補正, 2018年, 10, 共著, 日本語, 京道人、志馬伸朗, 82-89
  103. 2018年10月, レジデントノート20(11):75-81, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!利尿薬, 2018年, 10, 共著, 日本語, 大木伸吾、志馬伸朗, 75-81
  104. 2018年10月, レジデントノート20(11):67-74, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!中枢神経系に作用する薬剤, 2018年, 10, 共著, 日本語, 岩﨑祐亮、細川康二、志馬伸朗, 67-74
  105. 2018年10月, レジデントノート20(11):45-53, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ! 抗痙攣薬, 2018年, 10, 共著, 日本語, 山賀聡之、志馬伸朗, 45-53
  106. 2018年10月, レジデントノート20(11), レジデントノート増刊:救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!, 2018年, 10, 編著, 日本語, 志馬伸朗
  107. 2018年10月, 救急・集中治療(30)5:815-819, 【エキスパートに学ぶSepsis敗血症バンドル】 Q&A トピックス編 敗血症ホットライン 敗血症のバイオマーカー, 2018年, 10, 共著, 日本語, 細川康二、志馬伸朗, 815-819
  108. 2018年10月, 感染と消毒25(2):107-113, 人工呼吸器関連肺炎と人工呼吸器関連事象, 2018年, 10, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 107-113
  109. 2018年10月, 日本遠隔医療学会雑誌14(2):140-142, 電子聴診器を用いたリアルタイム遠隔聴診システムの研究開発, 日本遠隔医療学会, 2018年, 10, 共著, 日本語, 儀賀普嗣、貞森拓磨、石井潤貴、菊谷知也、島谷竜俊、大木伸吾、大下慎一郎、志馬伸朗, 140-142
  110. 2018年10月, 日本遠隔医療学会雑誌14(2):116-119, 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズI), 日本遠隔医療学会, 2018年, 10, 共著, 日本語, 儀賀普嗣、貞森拓磨、島谷竜俊、住吉泰士、宮内英樹、後藤哲宏、小野俊二、大下慎一郎、志馬伸朗, 116-119
  111. 2018年10月, 救急・集中治療30(3):410-418, エキスパートに学ぶショック管理のすべて】アドバンス編 重症患者のショック管理をワンランクアップさせるために ショック・臓器障害治療の実際 ショックに伴うARDSと呼吸管理, 2018年, 10, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 410-418
  112. 2018年10月, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!, 羊土社, 2018年, 10, 単行本(学術書), 編著
  113. 2018年03月, LiSA 25(3):326-330, 敗血症における体温管理 「ぞんざい」だった発熱管理 いまこそ熱をアツく語ろう, 2018年, 3, 共著, 志馬伸朗, 326-330
  114. 2018年03月, Intensivist 10(1):119-128, PICSは予防できるのか? 身体リハビリテーションはPICSの予防に有効か?, 2018年, 3, 共著, 對東俊介、志馬伸朗, 119-128
  115. 2018年02月, 呼吸器内科33(2):145-149, 肺炎の診療には敗血症の概念をどのように取り入れるか, 2018年, 2, 日本語, 志馬伸朗
  116. 2018年01月, 日本救急医学会雑誌29(1):36-41, ベバシズマブの関与が疑われたA群β溶連菌による壊死性筋膜炎の一例, 日本救急医学会, 2018年, 1, 共著, 日本語, 三好博実、大下慎一郎、木田佳子、山賀聡之、太田浩平、津村龍、志馬伸朗, 36-41
  117. 2018年12月, 広島医学71(12), 救急医療体制検討特別委員会報告書, 2018年, 12, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 798-799
  118. 2018年11月, 福田記念医療技術振興財団情報第31号:141-147, 急性呼吸不全動物モデルを用いた人工呼吸誘発横隔膜障害の発生メカニズム解析および非侵襲的モニタリングシステムの開発, 2018年, 12, 共著, 日本語, 島谷竜俊、大下慎一郎、中村友彦、志馬伸朗, 141-147
  119. 2018年11月, 消化器外科41(12):1653-1659, 最新の外科感染症対策】 外科感染症におけるバイオマーカー, 2018年, 11, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 1653-1659
  120. 2018年11月, 日本病院薬剤師会雑誌54(11):1349-1352, 集中治療患者における臓器系統別評価方法の習得 総論 集中治療室において薬剤師に求められる能力, 2018年, 11, 共著, 日本語, 細川康二、志馬伸朗, 1349-1352
  121. 2018年11月, 日本内科学会雑誌107(11):2252-2260, 敗血症, 2018年, 11, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 2252-2260
  122. 2018年11月, 人工呼吸35(2):162-168, 人工呼吸器関連肺炎と抗菌薬, 2018年, 11, 単著, 日本語, 162-168
  123. 2018年10月, レジデントノート増刊:救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!, 羊土社, 2018年, 10, 単行本(学術書), 編著, 日本語, 志馬伸朗
  124. 2018年.9月, 新薬と臨牀67(9):57-61, 敗血症の早期診断と治療のポイント, 医薬情報研究所, 2018年, 9, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 57-61
  125. 2018年.9月, 救急医学42(10):1204-1211, 現場で使い尽くす診療ガイドライン選集2018】救急医ならはずせない必修ガイドライン 呼吸器 成人肺炎診療ガイドライン2017, へるす出版, 2018年, 9, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 1204-1211
  126. 2018年.8月, 集中治療看護師のための臨床実践テキスト(疾患・病態編):195-199, 人工呼吸器関連肺炎と人工呼吸器関連事象, 2018年, 8, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 195-199
  127. 2018年.8月, 集中治療看護師のための臨床実践テキスト(疾患・病態編):186-188, デバイス関連感染症, 2018年, 8, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 186-188
  128. 2018年.7月, INTENSIVIST 10(3):649-658, high frequency oscillatory ventilation(HFOV), メディカルサイエンスインターナショナル, 2018年, 7, 櫻谷正明、志馬伸朗, 649-658
  129. 2018年.7月, INTENSIVIST 10(3):691-702, neurally adjusted ventilatory assist(NAVA), メディカルサイエンスインターナショナル, 2018年, 7, 共著, 島谷竜俊、志馬伸朗, 691-702
  130. 2018年.6月, Critical Care UPDATE, 体温が高い!そのときに., 株式会社メディコン, 2018年, 6, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗
  131. 2018年.5月, 改訂第2版 薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト: 229-235, 敗血症・多臓器機能障害, 2018年, 5, 共著, 日本語, 志馬伸朗、細川康二, 229-235
  132. 2018年.5月, 改訂第2版 薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト: 88-94, 気道・呼吸管理., 2018年, 5, 共著, 日本語, 志馬伸朗、細川康二, 88-94
  133. 2018年.4月, 医学のあゆみ 265(3):202-206, 重症度設定の意義, 2018年, 4, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 202-206
  134. 2018年.3月, 日本版重症患者の栄養療法ガイドライン 総論2016&病態別2017(J-CCNTG)ダイジェスト版, 日本版重症患者の栄養療法ガイドライン 総論2016&病態別2017(J-CCNTG)ダイジェスト版, 日本集中治療医学会, 2018年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗
  135. 2018年.3月, 日本救急医学会雑誌29(3):81-99, 潜在的脾機能低下が疑われたCapnocytophaga感染症の1例, 日本救急医学会, 2018年, 3, 共著, 日本語, 岡﨑裕介、木田佳子、田邉優子、鈴木慶、大下慎一郎、志馬伸朗, 81-99
  136. 2018年, Intensivist10(2): 309-317, 酸素の生理学 血流による酸素の輸送:ヘモグロビンから組織内へ,組織からミトコンドリア内へ, 2018年, 4, 共著, 日本語, 細川康二、志馬伸朗, 309-317
  137. 2018年, 感染対策ICTジャーナル13(1):13-19, 救急医療における微生物検査の重要性 薬剤耐性菌動向を含めて, 2018年, 共著, 日本語, 樫山誠也、志馬伸朗、大毛宏喜, 13-19
  138. 2018年, 感染対策ICTジャーナル13(1):7-12, 救急医療における感染対策の在り方―現状の問題を踏まえ,確立すべき感染管理の体制, 2018年, 日本語, 志馬伸朗、椎野泰和, 7-12
  139. 2018年, 呼吸器内科33(1):47-51, ARDS患者の栄養管理, 2018年, 日本語, 志馬伸朗, 47-51
  140. 2018年, 広島共立病院広報誌 ネットワーク2018;046, 敗血症の診断治療~ガイドラインを取り入れた現場での取り組み~, 広島共立病院, 2018年, 日本語, 志馬伸朗, 46
  141. 2018年, 米国集中治療医学会および米国静脈経腸栄養学会雑誌, ASPEN Clinical Guidelines 重症小児患者に対する栄養サポート療法の実施と評価のガイドライン, 2018年, 単訳, 志馬伸朗
  142. 2018年, 救急・集中治療30(1), 抗潰瘍薬, 2018年, 志馬伸朗, 97-102
  143. 2018年, 感染対策ICTジャーナル13(1), 救急医療における感染対策の在り方―現状の問題を踏まえ,確立すべき感染管理の体制とは, 2018年, 志馬伸朗、椎野泰和, 7-12
  144. 2018年, 呼吸器内科33(1), ARDS患者の栄養管理, 2018年, 志馬伸朗, 47-51
  145. 2018年, 広島共立病院広報誌 ネットワーク2018, 敗血症の診断治療~ガイドラインを取り入れた現場での取り組み~, 広島共立病院, 2018年, 志馬伸朗, 046
  146. 2018年, 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ! : 薬の実践的な選び方や調整・投与方法がわかり、現場で迷わず処方できる, 羊土, 2018年, 10, 志馬伸朗編, 9784758116152
  147. 2017年10月, 急性期NPPVハンドブック, 日本ハイコム, 2017年, 10, 単行本(学術書), 共著
  148. 2017年07月, 抗菌薬〜その常識は正しいか, 総合医学社, 2017年, 7, 単行本(学術書), 編著
  149. 2017年, 救急・集中治療29(7.8) 抗菌薬 : その常識は正しいか?, 総合医学, 2017年, 7, 共著, 志馬伸朗特集編集, 9784883785513
  150. 2017年, 呼吸器ケア15(4), 誤嚥の評価と予防策は?, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 鈴木慶、平山順子、志馬伸朗, 107-110
  151. 2017年, 呼吸器ケア15(4), 肺炎を診断する画像所見は?, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 大下慎一郎、志馬伸朗, 103-106
  152. 2017年, 呼吸器ケア15(4), 肺炎の診断の流れ; 重症度, 微生物検査手法, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 京道人、志馬伸朗, 98-102
  153. 2017年, 呼吸器ケア15(4), 肺炎の診断に必要な理学所見やバイタルサインは?, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 小山和宏、志馬伸朗, 94-97
  154. 2017年, 呼吸器ケア15(4), 間質性肺炎と実質性肺炎はどう違うのか, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 大下慎一郎、 志馬伸朗, 90-93
  155. 2017年, 呼吸器ケア,15(4), 【春の先ドリ勉強会】わかりにく~いをスッキリ解決!肺炎のケアと予防, メディカ出版, 2017年, 共著, 日本語, 志馬 伸朗, 81
  156. 2017年, 生体の科学67(5)病態バイオマーカーの”いま”, プロカルシトニンなど新規感染症マーカー, 医学書院, 2017年, 単著, 日本語, 志馬 伸朗, 436-437
  157. 2017年, 臨床外科71(11)増刊号 一般外科医のための救急・集中治療のすべて, 人工呼吸器関連事象・人工呼吸器関連肺炎の予防と治療, 医学書院, 2017年, 単著, 27-33
  158. 2017年, 呼吸器疾患 診断治療アプローチ 呼吸器感染症, 院内肺炎と人工呼吸器関連肺炎, 中山書店, 2017年, 単著, 日本語, 志馬 伸朗, 291-297
  159. 2017年, 臨床病理65(3), 重症感染症病態におけるバイオマーカーの使い道, 克誠堂出版, 2017年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 303-307
  160. 2017年, 第22回3学会呼吸療法認定士認定講習会テキスト, 小児の呼吸管理, 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会, 2017年, 共著, 日本語, 志馬伸朗
  161. 2017年, 成人肺炎診療ガイドライン2017, 日本呼吸器学会, 2017年, 共著, 日本語, 志馬伸朗
  162. 2017年, 日本版敗血症診療ガイドライン2016(J-SSCG2016)ダイジェスト版, 真興交易, 2017年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  163. 2017年, 感染症専門医テキスト 改訂第2版, 第Ⅰ部解説編, 南江堂, 2017年, 教科書, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  164. 2017年, 今日の治療指針2017年版, 敗血症, 医学書院, 2017年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 216-217
  165. 2017年, 最新ガイドライン準拠 小児科診断・診療指針 改訂版第2版, ショック, 中山書店, 2017年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 志馬伸朗, 269-272
  166. 2017年, 麻酔科学レビュー2017 -最新主要文献集-, 集中治療(5)小児集中治療, 総合医学社, 2017年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 298-302
  167. 2017年, 救急・ICUのコモンな薬の使い方 : 昇圧薬,抗不整脈薬, 鎮静薬...よく使う薬の実践的な選び方や調整・投与方法を教えます, 羊土, 2017年, 11, 志馬伸朗編, 9784758115957
  168. 2016年08月01日, 週間医学界新聞第3185号, 座談会:国際標準の集中治療提供体制の構築に向けて, 医学書院, 2016年, 8, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  169. 2016年11月, 第43回日本集中治療医学会学術集会 記録集, イブニングセミナー4 新たな敗血症バンドルを考察する―多臓器不全に立ち向かう―, 敗血症診療における感染症バンドル, 旭化成ファーマ株式会社, 2016年, 11, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  170. 2016年07月, 第43回日本集中治療医学会学術集会 イブニングセミナー1 記録集, 人工呼吸器関連肺炎のマネジメント, ファイザー株式会社, 2016年, 7, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  171. 2016年, 広島県内科会会誌17, 敗血症の早期認識と診断治療介入にむけて~初期評価と連携の重要性~, 広島県内科会, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 24-28
  172. 2016年, 週間医学界新聞第3185号, 座談会:国際標準の集中治療提供体制の構築に向けて, 医学書院, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  173. 2016年, 広島県内科会会誌144(10), 敗血症の早期認識と診断治療介入にむけて~初期評価と連携の重要性, 広島県内科会, 2016年, 単著, 日本語, 24-28
  174. 2016年, エンドトキシン血症救命治療研究会誌20(1), 重症感染症における抗菌薬併用療法, 自然科学社, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 44-48
  175. 2016年, 麻酔科学レビュー2016, 集中治療 小児集中治療, 総合医学社, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 296-300
  176. 2016年, 小児集中治療, エビデンスで読み解く小児麻酔, 克誠堂出版, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 281-286
  177. 2016年, ER・ICU 100のdon'ts 明日からやめる医療ケア, ICUでの貧血に対する鉄剤投与, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 229-230
  178. 2016年, ER・ICU 100のdon'ts 明日からやめる医療ケア, すべてのICU患者への抗潰瘍薬の投与, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 216-218
  179. 2016年, ER・ICU 100のdon'ts 明日からやめる医療ケア, 経腸栄養をGFOから開始する, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 119-120
  180. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 経胃経管栄養の中止/量変更基準としての胃残渣量の測定, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 214-215
  181. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, IVHという言葉, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 212
  182. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 乏尿に対するフロセミド, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 199-200
  183. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 小児患者の初期輸液としての1号輸液, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 185-186
  184. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 第3世代ロセフェム抗菌薬の投与, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 174-175
  185. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 3日以上入院中患者での便培養検査, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 151-152
  186. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 血液培養の1セット, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 162-163
  187. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 抜去記念培養, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 157
  188. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, カテーテル敗血症/カテ熱,という診断, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 155-156
  189. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 感染症診断における総白血球数の使用, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 153-154
  190. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, SIRS,という診断, 中外医学社, 2016年, 共著, 志馬伸朗, 151-152
  191. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 血液培養採取時のポピドンヨードによる皮膚消毒, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 150
  192. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, ポピドンヨードによるカテーテル挿入部の消毒, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 148-149
  193. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 肺動脈カテーテルの使用, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 119-120
  194. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 挿管時の肩枕, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 75-76
  195. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 動脈ラインを素手で挿入する, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 73-74
  196. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 静脈血液ガス分析での乳酸値評価, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 72
  197. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 観血的動脈圧測定の加圧バッグ液中のヘパリン添加, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 70-71
  198. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, ドレーン排液の培養, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 68-69
  199. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, ゲンタマイシン軟膏による創感染予防, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 66-67
  200. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, ポピドンヨードによる創部、体腔の消毒, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 64-65
  201. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 人工呼吸中患者に対する肺炎予防目的での機械的口腔ケア, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 62-63
  202. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, 術後48時間以内の患者に対するfever workup, 中外医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 58-59
  203. 2016年, ER・ICU 100のdon’ts 明日からやめる医療ケア, ICUにおけるルーチンX線写真, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 56-57
  204. 2016年, ER・ICU 100のdon'ts 明日からやめる医療ケア, バイタルサインとしての呼吸数をみない, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 48-49
  205. 2016年, ER・ICU 100のdon'ts 明日からやめる医療ケア, 収縮期のみの血圧評価, 中外医学社, 2016年, 単著, 日本語, 濱中訓生、志馬伸朗, 45-47
  206. 2016年, ER・ICU 100のdon'ts : 明日からやめる医療ケア, 中外医学, 2016年, 12, 志馬伸朗総編集 ; 小尾口邦彦 [ほか] 編集, 9784498066861
  207. 2016年, 救急・集中治療, 【感染症治療-その常識は正しいか?-】中心静脈カテーテル抜去時のカテーテル培養をルーチンで行う?, 総合医学社, 2016年, 7, 単著, 日本語, 大下慎一郎、志馬伸朗, 497-501
  208. 2016年, 救急・集中治療 28(7-8), 【感染症治療-その常識は正しいか?-】敗血症性ショック患者にルーチンで中心静脈カテーテルを挿入する?, 総合医学社, 2016年, 7, 共著, 日本語, 太田浩平、志馬伸朗, 537-542
  209. 2016年, 救急・集中治療 28(7-8), 【感染症治療-その常識は正しいか?-】VAPに対してルーチンにMRSAカバーを行う?, 総合医学社, 2016年, 7, 単著, 日本語, 木田佳子、志馬伸朗, 605-608
  210. 2016年, 日本胸部臨床 75(6), 【『NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)ガイドライン改訂第2版』をめぐって】NPPV使用時における感染予防策, 克誠堂出版, 2016年, 6, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 636-641
  211. 2016年, 日本外科感染症学会雑誌 13(3), 【呼吸器関連感染症】誤嚥と誤嚥性肺炎について考える, 日本外科感染症学会, 2016年, 6, 単著, 日本語, 大下慎一郎、志馬伸朗, 185-191
  212. 2016年, 日本外科感染症学会雑誌 13(3), 【呼吸器関連合併症】術後肺合併症のリスク評価, 日本外科感染症学会, 2016年, 6, 単著, 日本語, 畑啓昭、志馬伸朗, 201-208
  213. 2016年, 最新医学 71(4), 【免疫不全患者における感染症の現状と展望】ICUにおける免疫不全, 最新医学社, 2016年, 6, 単著, 日本語, 大下慎一郎、志馬伸朗, 841-846
  214. 2016年, 日本集中治療医学会雑誌 23(3), 小児集中治療医の存在意義 我々の責務とは!, 日本集中治療医学会, 2016年, 5, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 295-297
  215. 2016年, 感染と抗菌薬 19(1), 【敗血症の治療変革―新知見から導く迅速治療の答え】敗血症における初期抗菌薬選択の変遷 単剤治療, ヴァンメディカル, 2016年, 3, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 19-23
  216. 2016年, 日本集中治療医学会雑誌 23(2), 日本版重症患者の栄養療法ガイドライン, 日本集中治療医学会, 2016年, 3, 単著, 日本語, 小谷穣治、江木盛時、海塚安郎、亀井有子、神應知道、木下浩作、佐藤格夫、清水孝宏、清水義之、志馬伸朗、白井邦博、巽博臣、西田修、東別府直紀、松田兼一、真弓俊彦、平澤博之、氏家良人, 185-281
  217. 2016年, 麻酔科学レビュー2016, 集中治療 小児集中治療, 総合医学社, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 296-300
  218. 2016年, 生体の科学 67(5), プロカルシトニンなど新規感染症マーカー:ICUにおける重症感染病態への有用性.病態バイオマーカーの“いま”, 医学書院, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 436-437
  219. 2016年, 日本医師会雑誌 144(10), ICUにおける感染対策, 日本医師会, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 2059-2063
  220. 2016年, 感染と抗菌薬 19(1), 単剤治療, ヴァンメディカル, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 19-23
  221. 2016年, 徹底ガイド/小児の呼吸管理Q&A 第3版, 小児呼吸管理中の鎮痛・鎮静, 総合医学社, 2016年, 共著, 日本語, 植田育也、志馬伸朗
  222. 2016年, ARDS診療ガイドライン2016 Part2, 総合医学社, 2016年, 共著, 日本語, 志馬伸朗
  223. 2016年, ARDS診療ガイドライン2016Part1, 総合医学社, 2016年, 共著, 志馬伸朗
  224. 2016年, 臨床外科(増刊号) 消化器・一般外科医のための救急・集中治療のすべて, 人工呼吸器関連事象・人工呼吸器関連肺炎の予防と治療, 医学書院, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 27-33
  225. 2016年, 日本小児救急医学会雑誌, 心肺蘇生委員会報告「第3章 小児の蘇生」, 日本小児救急医学会, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 514, 433-514
  226. 2016年, JRC蘇生ガイドライン2015, PLS、日本蘇生協議会, 2016年, 共著, 志馬伸朗
  227. 2016年, 救急・集中治療アドバンス:急性呼吸不全, 人工呼吸器関連肺炎, 中山書店, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗、細川康二
  228. 2016年, Critical Care UPDATE, Fluid challenge is "challenging".敗血症患者における急速輸液をどうするか, 株式会社メディコン, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  229. 2016年, 広島市医師会便り, ご挨拶に替えて, 広島市医師会, 2016年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  230. 2016年, 日本化学療法学会雑誌, 臀部、下肢の痛みで来院した肝硬変患者の1例, 公益社団法人日本化学療法学会, 2016年, 共著, 日本語, 岡田 信長, 志馬 伸朗, 青木 洋介, 松元 一明, 古土井 春吾, 笠原 敬, 545-549
  231. 2016年, 日本化学療法学会雑誌, 歯性感染症から頸部腫脹、嚥下痛、開口障害、呼吸苦、全身倦怠感を生じた1例, 公益社団法人日本化学療法学会, 2016年, 共著, 日本語, 楠元 順哉, 古土井 春吾, 青木 洋介, 志馬 伸朗, 松元 一明, 笠原 敬, 550-555
  232. 2016年, 救急・集中治療28巻7-8号 感染症診療 : その常識は正しいか?, 総合医学, 2016年, 7, 志馬伸朗特集編集, 9784883785438
  233. 2015年, 重症患者ケア 5(2), 術後のAKI(小児)~子どもでも起こるAKI~, 総合医学社, 2015年, 共著, 日本語, 谷昌憲、三浦規雅、志馬伸朗, 222-228
  234. 2015年, 日本外科感染症学会雑誌 12(6), 小児重症患者における血糖管理, 日本外科感染症学会, 2015年, 日本語, 志馬伸朗, 681-684
  235. 2015年, 呼吸器ケア 13(10), 人工呼吸患者全般に使用される主な薬剤, メディカ出版, 2015年, 共著, 日本語, 田中博之、志馬伸朗, 43-53
  236. 2015年, 救急医学 39(10), 抗菌薬適正使用(antimicrobial stewardship):De-escalation, へるす出版, 2015年, 日本語, 志馬伸朗, 1293-1300
  237. 2015年, 日本呼吸器学会誌 4(3), 日本呼吸器学会NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)ガイドライン(改訂第2版), 日本呼吸器学会, 2015年, 共編著, 日本語, 赤柴恒人、石川悠加、石原英樹、今中秀光、大井元晴、落合亮一、葛西隆敏、木村謙太郎、近藤康博、櫻井滋、志馬伸朗、鈴川正之、竹上未紗、竹田晋浩、田坂定智、谷口博之、蝶名林直彦、陳和夫、坪井知正、富井啓介、成井浩司、長谷川伸之、長谷川隆一、氏家良人、久保惠嗣、長谷川好規、百村伸一、山田芳嗣、吉田雅博、竹川幸恵、立川良、濱田哲、村瀬公彦, 262-271
  238. 2015年, ICUとCCU 39(8), 小児敗血症診療~最近の動向, 医学図書出版, 2015年, 日本語, 志馬伸朗, 487-494
  239. 2015年, 循環制御 36(1), 敗血症性ショックの初期循環管理 どこをどのようにして目指せばよいのか, 日本循環制御医学会, 2015年, 日本語, 志馬伸朗, 11-17
  240. 2015年, 月刊レジデント 8(12), 周術期の予防的抗菌薬, 医学出版, 2015年, 共著, 日本語, 畑啓昭、志馬伸朗, 100-107
  241. 2015年, 救急・集中治療 27(11-12), 体温管理 発熱時にはクーリングと解熱薬投与を行うべきか?, 総合医学社, 2015年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 987-994
  242. 2015年, 呼吸と循環 63(2), 人工呼吸器関連肺炎(VAP)予防, 医学書院, 2015年, 共著, 日本語, 志馬伸朗、細川康二
  243. 2015年, 呼吸 32, プレセプシン:新たな敗血症マーカーとしての可能性, 一般社団法人 呼吸研究, 2015年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、藤井雅士、志馬伸朗, 155-158
  244. 2015年, 化学療法の領域 31(増刊号), 救急領域における感染症診断~新しい検査法を求めて~, 医薬ジャーナル社, 2015年, 共著, 日本語, 志馬伸朗、吉田浩輔, 910-916
  245. 2015年, 救急・集中治療 26(11,12), ECMOにおける感染制御, 総合医学社, 2015年, 共著, 日本語, 志馬伸朗, 1478-1483
  246. 2015年, 救急医学 39(2), 抗菌薬使用に関するエビデンス, へるす出版, 2015年, 日本語, 志馬伸朗, 178-184
  247. 2015年, 敗血症性ショックの診療戦略~エキスパートの実践, 京都医療センターでは, 医薬ジャーナル社, 2015年, 5, 共著, 日本語, 遠藤文司、志馬伸朗, 978-4753227280
  248. 2015年, 感染症専門医テキスト, 人工呼吸器関連肺炎, 南江社, 2015年, 教科書, 共著, 日本語, 志馬伸朗
  249. 2015年, 集中治療専門医テキスト, 体温の評価と管理, 総合医学社, 2015年, 教科書, 共著, 日本語, 志馬伸朗
  250. 2015年, EBM呼吸器疾患の治療2015-2016, 人工呼吸器関連肺炎の原因と予防法は?, 中外医学社, 2015年, 共編著, 日本語, 志馬伸朗、一ノ瀬正和、井上義一、館田一博、弦間昭彦
  251. 2015年, ICUって何?INTENSIVISTって誰?, 株式会社メディコン, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  252. 2015年, 広仁会会報89, 着任の御挨拶に替えて, 広仁会事務局, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  253. 2015年, 月刊レジデント8, 特集に当たって, 医学出版, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  254. 2015年, 広島市医師会便り, 敗血症の初期認識と診断治療介入, 広島市医師会, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  255. 2015年, 検査と技術, 世界敗血症デーに期待する, 医学書院, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  256. 2015年, Say YES to intensive care, Say NO to SIRS~新たな敗血症の定義~, 株式会社メディコン, 2015年, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  257. 2015年, 日本集中治療医学会雑誌, 糖尿病性ケトアシドーシスに続発した急性呼吸促迫症候群の一例, 学研メディカル秀潤社, 2015年, 共著, 日本語, 吉田 浩輔, 志馬 伸朗, 山下 大生, 井上 京, 堤 貴彦, 田中 博之, 別府 賢, 笹橋 望., 149-153
  258. 2015年, 日本集中治療医学会雑誌, 神経芽細胞腫由来のカテコラミンで低血圧症状がマスクされた乳児重症敗血症の一例, 学研メディカル秀潤社, 2015年, 共著, 日本語, 駒井 翔太, 徳平 夏子, 志馬 伸朗, 井上 美帆, 加藤 祐子, 安 炳文, 柳生 茂希, 橋本 悟, 225-226
  259. 2015年, 人工呼吸32, NPPV使用時にドキサプラム投与により気管挿管を回避しえた慢性呼吸不全増悪の一例, 人工呼吸研究会, 2015年, 共著, 日本語, 藤井 雅士, 志馬 伸朗, 山内 千奈, 狩野 謙一, 田中 博之, 212-215
  260. 2015年, 敗血症性ショックの診療戦略 : エキスパートの実践, 医薬ジャーナル, 2015年, 5, 志馬伸朗編, 9784753227280
  261. 2015年, 集中治療999の謎, 小児集中治療, メディカルサイエンスインターナショナル, 2015年, その他, 共著, 日本語, 田中龍馬, 451-510
  262. 2014年05月, 呼吸器感染のための情報誌 インフェクションファイル, 薬剤耐性菌分離症例は抗菌薬で予後を改善できるか?, 株式会社協和企画, 2014年, 5, 単著, 日本語, 志馬伸朗
  263. 2014年05月, Medicamentnews, レポート ~真菌症フォーラム第15回学術集会, 2014年, 5, 日本語, 志馬伸朗, 20-21
  264. 2014年, 日本集中治療医学会雑誌, 日本および東アジア5ヵ国・地域の集中治療領域の臨床研究動向, 学研メディカル秀潤社, 2014年, 共著, 日本語, 細川康二, 志馬伸朗, 橋本 悟, 191-192
  265. 2014年, 日本集中治療医学会雑誌, 小児集中治療室における血液培養採取の現状, 学研メディカル秀潤社, 2014年, 共著, 日本語, 笠井正志,志馬伸朗,川口敦, 55-56
  266. 2014年, Japan Medicine Monthly 11, Current topic;敗血症診療ガイドライン, 2014年, 4, 日本語, 志馬伸朗
  267. 2014年, Intensivist, 解説 ~severe sepsis&septic shock, 2014年, 日本語, 志馬伸朗
  268. 2014年, Intensivist, 巻頭言, 2014年, 日本語, 志馬伸朗
  269. 2014年, 救急医学, エディトリアル ~感染症・救急医が対峙すべきぺリル, へるす出版, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 125
  270. 2014年, 感染と抗菌薬, PK-PDパラメーターを活用した感染症治療の実際 ④敗血症, 2014年, 共著, 日本語, 志馬伸朗、小阪直史
  271. 2014年, 呼吸器ケア, VAP予防の基本とVAPバンドル, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 840-847
  272. 2014年, 日本胸部臨床, 院内肺炎と人工呼吸器関連肺炎, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 123-132
  273. 2014年, 救急・集中治療, Damage control resuscitation その実際:凝固線溶異常を予防・回避するための蘇生:トラネキサム酸, 2014年, 共著, 日本語, 吉田浩輔、志馬伸朗, 1145-1149
  274. 2014年, 小児看護, 小児重症患者の看護 褥瘡ケアと鎮静管理を中心に, 2014年, 共著, 日本語, 辻尾有利子、志馬伸朗, 1443-1447
  275. 2014年, 日集中医誌, 鞴とポンプの密接な関係 ~右心バイパス手術後患者における呼吸管理, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 473-475
  276. 2014年, 呼吸器ケア, VAP予防の基本とVAPバンドル, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 12-19
  277. 2014年, Intensivist, 感染源コントロール ~最適なタイミングで低侵襲かつ最大限の効果を目指す, 2014年, 日本語, 遠藤文司、志馬伸朗, 459-469
  278. 2014年, Intensivist, 定義・診断 ~さよならSIRS, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 347-350
  279. 2014年, 治療, プライマリ・ケアで遭遇する救急疾患:急性腎不全, 2014年, 共著, 日本語, 瀬田公一、志馬伸朗, 1099-1104
  280. 2014年, 日本腹部救急医学会雑誌, 敗血症診療ガイドライン:日本版ガイドラインとSSCGの比較, 2014年, 5, 日本語, 志馬伸朗, 807-813
  281. 2014年, 日本集中治療医学会雑誌, 小児特定集中治療室管理料の算定対象となるPICU(pediatric ICU)のあり方, 2014年, 5, 共著, 日本語, 志馬伸朗、羽鳥文麿、氏家良人、中川聡、清水直樹、竹井宗之、平井克樹、植田育也、森崎浩, 297-299
  282. 2014年, Intensivist, 頭高位は人工呼吸器管理患者のルーチン体位か? ~エビデンスの検討と他体位との比較, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 204-207
  283. 2014年, Intensivist, カフ上部吸引孔付き気管チューブをルーチン使用してよいか? ~適正使用される前提のもと,全例でルーチン使用を, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 199-202
  284. 2014年, 化学療法の領域, 敗血症性ショックにおける感染症診断と抗菌治療, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 631-640
  285. 2014年, 日本集中治療医学会雑誌, 日本での小児重症敗血症診療に関する合意意見, 2014年, 共著, 日本語, 志馬伸朗、羽鳥文麿、氏家良人、中川聡、清水直樹、中村友彦、岩崎達雄、竹内宗之、平井克樹、植田育也、齋藤修、新津健裕、笠井正志、金澤伴幸、清水義之、窪田祥吾、大平智子、川崎達也、織田成人, 67-88
  286. 2014年, 小児内科, 血栓と抗凝固薬:重症敗血症に伴うDICを中心に, 2014年, 日本語, 徳平夏子、志馬伸朗, 263-267
  287. 2014年, Medicana, 人工呼吸器関連肺炎(VAP)の診断と治療, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 1986-1990
  288. 2014年, 救急医学, 体温と予後, へるす出版, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 1013-1016
  289. 2014年, 日本外科感染症学会雑誌, 人工呼吸器関連肺炎対策, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 225-231
  290. 2014年, 麻酔, 麻酔科医が行う周術期感染予防, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 269-277
  291. 2014年, エキスパートナース, いま,解熱処置を再考する, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 28-32
  292. 2014年, 救急医学, プレホスピタルにおける敗血症, へるす出版, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 236-238
  293. 2014年, 日集中医誌, 人工呼吸器関連肺炎(ventilator-associated pneumonia,VAP)はゼロにできるか?, 2014年, 長谷川隆一、志馬伸朗, 9-16
  294. 2014年, 日集中医誌, わからないものを受け入れ,解決すること ~カテーテル挿入時消毒薬の選択, 2014年, 日本語, 志馬伸朗, 65-66
  295. 2014年, 感染症道場, 外科・救急領域における深在性真菌症の診断と治療:侵襲性カンジダ症の危険因子と診断, 2014年, 志馬伸朗, 63-65
  296. 2014年, 呼吸療法アップデート, 人工呼吸器関連肺炎の定義・予防・治療, 2014年, 日本語
  297. 2014年, 日本胸部臨床73(増), 院内肺炎と人工呼吸器関連肺炎, 2014年, 123-132
  298. 2014年, 麻酔科学レビュー2014, 48.集中治療(5)小児集中治療, 総合医学社, 2014年, その他, 共著, 日本語, 天羽啓祐, 286-290
  299. 2014年, 敗血症治療:一刻を争う現場での疑問に答える, De-escalationは真に遂行可能か, 羊土社, 2014年, 日本語, 114-119
  300. 2014年, 麻酔科学レビュー2013, 47.集中治療(5)小児集中治療, 総合医学社, 2014年, その他, 共著, 日本語, 天羽啓祐, 286-290
  301. 2014年, 深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014, 協和企画, 2014年, その他, 共著, 日本語, 深在性真菌症のガイドライン作成委員会
  302. 2014年, 敗血症(セプシス)救命治療の最前線, 8.呼吸管理 2)その後のエビデンスと日本での活用, 医療ジャーナル社, 2014年, その他, 共著, 日本語
  303. 2014年, わかって動ける!人工呼吸器ポケットブック, 羊土社, 2014年, その他, 日本語, 志馬伸朗
  304. 2014年, 救急医学, 特集:感染症診療のポイント, へるす出版, 2014年, その他, 編著, 日本語, 志馬伸朗
  305. 2014年, わかって動ける!人工呼吸管理ポケットブック : 設定から管理・トラブル対応まですぐに役立つ、必須知識とチェックリスト, 羊土, 2014年, 10, 志馬伸朗編, 9784758118842
  306. 2018年04月21日, 重症度設定の意義, 医学のあゆみ, 志馬 伸朗
  307. 2017年11月01日, 救急・ICUのコモンな薬の使い方, 羊土社, 単行本(学術書), 編著
  308. 2017年10月10日, ER・ICU100のスタンダード, 中外医学社, 単行本(学術書), 編著
  309. 2018年11月, 特集 集中治療患者における臓器系統別評価方法の習得(1)集中治療室において薬剤師に求められる能力, 日本病院薬剤師会雑誌 = Journal of Japanese Society of Hospital Pharmacists, 細川 康二;志馬 伸朗
  310. 2018年10月, 電子聴診器を用いたリアルタイム遠隔聴診システムの研究開発, 日本遠隔医療学会雑誌 = Japanese journal of telemedicine and telecare / 日本遠隔医療学会 編, 儀賀 普嗣;貞森 拓磨;石井 潤貴;菊谷 知也;島谷 竜俊;大木 伸吾;大下 慎一郎;志馬 伸朗
  311. 2018年10月, 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズ1), 日本遠隔医療学会雑誌 = Japanese journal of telemedicine and telecare / 日本遠隔医療学会 編, 儀賀 普嗣;貞森 拓磨;島谷 竜俊;住吉 泰士;宮内 英樹;後藤 哲博;小野 俊二;大下 慎一郎;志馬 伸朗
  312. 2018年03月, 敗血症における体温管理 : 「ぞんざい」だった発熱管理 : いまこそ熱をアツく語ろう, LiSA : Life support and anesthesia / メディカル・サイエンス・インターナショナル [編], 志馬 伸朗
  313. 2018年02月, 症例 大腿部に生じたClosed Degloving Injuryの1例, 皮膚科の臨床, 松原 大樹;高萩 俊輔;沼田 智史;太田 浩平;志馬 伸朗;秀 道広
  314. 2018年02月, 肺炎の診療に敗血症の概念をどのように取り入れるか, 呼吸器内科 = Respiratory medicine / 呼吸器内科編集委員会 編, 志馬 伸朗
  315. 2017年11月, 救急・ICUでのステロイドの使い方, レジデントノート / 羊土社 [編], 石井 潤貴;志馬 伸朗
  316. 2017年11月, 救急・ICUでよく使う抗痙攣薬, レジデントノート / 羊土社 [編], 山賀 聡之;志馬 伸朗
  317. 2017年11月, 救急・ICUでよく使う利尿薬 : フロセミドを中心に, レジデントノート / 羊土社 [編], 大木 伸吾;志馬 伸朗
  318. 2017年10月, 小児の敗血症について, 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine, 志馬 伸朗
  319. 2017年09月, 医療過疎地域診療における電子聴診器活用の可能性, 日本遠隔医療学会雑誌 = Japanese journal of telemedicine and telecare / 日本遠隔医療学会 編, 儀賀 普嗣;石戸谷 耕一;貞森 拓磨;菊谷 知也;島谷 竜俊;大下 慎一郎;志馬 伸朗
  320. 2017年08月, 輸液・インアウトバランス 点滴ライン管理はいのちづな, Heart nursing = ハートナーシング : 心臓疾患領域の専門看護誌, 佐々 智宏;太田 浩平;志馬 伸朗
  321. 2017年08月, 敗血症の新しい考え方 : 適切な早期認識と介入による救命率向上にむけて, 呼吸器内科 = Respiratory medicine / 呼吸器内科編集委員会 編, 志馬 伸朗
  322. 2017年07月, 基本 まず,循環器患者さんで人工呼吸管理が必要となる病態を理解しよう!, 循環器ナーシング : 基礎知識から最新トピックスまで!ハートナースとコメディカルのための循環器看護専門誌, 田邉 優子;志馬 伸朗
  323. 2017年04月, 間質性肺炎と実質性肺炎はどう違うのか, 呼吸器ケア = Respiratory care : 呼吸器医療チームの専門誌, 大下 慎一郎;志馬 伸朗
  324. 2017年04月, 誤嚥の評価と予防策は?, 呼吸器ケア = Respiratory care : 呼吸器医療チームの専門誌, 鈴木 慶;平山 順子;志馬 伸朗
  325. 2017年04月, 肺炎を診断する画像所見は?, 呼吸器ケア = Respiratory care : 呼吸器医療チームの専門誌, 大下 慎一郎;志馬 伸朗
  326. 2017年04月, 肺炎の診断に必要な理学所見やバイタルサインは?, 呼吸器ケア = Respiratory care : 呼吸器医療チームの専門誌, 小山 和宏;志馬 伸朗
  327. 2017年03月, 重症感染病態におけるバイオマーカーの使い道, 臨床病理 = The official journal of Japanese Society of Laboratory Medicine : 日本臨床検査医学会誌, 志馬 伸朗
  328. 2018年, 救急・集中治療30(1):97-102, 抗潰瘍薬, 2018, 単著, 日本語, 志馬伸朗, 97-102
  329. 2018年, Q&A 抗潰瘍薬, 救急・集中治療, 単行本(学術書), 単著, 志馬 伸朗
  330. 2018年, Q&A 敗血症のバイオマーカー, 救急・集中治療, 単行本(学術書), 共著, 細川 康二;志馬 伸朗
  331. 2018年, ショックに伴うARDSと呼吸管理, 救急・集中治療, 京 道人;志馬 伸朗
  332. 2018年, 身体リハビリテーション : PICSの予防に有効か?, Intensivist = インテンシヴィスト, 對東 俊介;志馬 伸朗
  333. 2018年, high frequency oscillatory ventilation (HFOV), Intensivist = インテンシヴィスト, 櫻谷 正明;志馬 伸朗
  334. 2018年, neurally adjusted ventilatory assist (NAVA), Intensivist = インテンシヴィスト, 島谷 竜俊;志馬 伸朗
  335. 2017年, 周術期の感染症─ICUでの感染症管理─, 日本臨床麻酔学会誌, 単行本(学術書), 単著, 志馬 伸朗
  336. 2017年, ICU感染制御を究める, 南江堂, 単行本(学術書), 編著, 志馬伸朗 編集;志馬, 伸朗, 1963-, 9784524254965
  337. 2017年, ER・ICU 100のスタンダード, 中外医学社, 志馬伸朗 編著;志馬, 伸朗, 1963-, 9784498066922
  338. 2017年, 開胸管理中あるいはECMO中の予防的抗菌薬投与は必要か?, 救急・集中治療, 木田 佳子;志馬 伸朗
  339. 2017年, 菌血症に対する抗菌薬投与期間は一律2週間必要か?, 救急・集中治療, 太田 浩平;志馬 伸朗
  340. 2017年, スルバクタム・アンピシリンの適正使用とは? アンピシリンとの使い分けは?, 救急・集中治療, 大木 伸吾;志馬 伸朗
  341. 2017年, 培養陰性の敗血症性ショックに対して,経験的治療の継続あるいは中止判断はどうすればよいか?, 救急・集中治療, 大下 慎一郎;志馬 伸朗
  342. 2017年, 集中治療医による訪問診療により人工呼吸器離脱後管理を行った青年期急性呼吸不全の1例, 日本集中治療医学会雑誌, 鈴木 慶;木田 佳子;京 道人;藤岡 泰博;古谷 和久;川本 純;大谷 直嗣;志馬 伸朗
  343. 2014年, わかって動ける!人工呼吸管理ポケットブック : 「どうしたらいいのか」すぐわかる、チェックリストと頻用データ, 羊土, 志馬伸朗編, 9784758117555
  344. 2013年, ARDSの治療戦略 : 「知りたい」に答える、現場の知恵とエビデンス, 羊土, 志馬伸朗編, 9784758112000
  345. 2012年, 小児ICUマニュアル, 永井書, 志馬伸朗総合編著 ; 橋本悟, 問田千晶編著, 9784815919016
  346. 2012年, 迅速で的確な対応のための重症感染症Q&A : 最新の診かたと考え方, 総合医学, 志馬伸朗特集編集, 9784883785209
  347. 2012年, 小児NPPVの手引き : 私はこうしている, メディカルレビュー, 志馬伸朗編集
  348. 2010年, 人工呼吸器関連肺炎のすべて : エビデンスに基づく予防・診断・治療 = Evidence-based practice of ventilator-associated pneumonia : prevention, diagnosis and treatment, 南江, 志馬伸朗編集, 9784524260591
  349. 2005年, 小児ICUマニュアル : エビデンスを取り入れた小児集中治療, 永井書, 志馬伸朗, 橋本悟著, 4815917248
  350. 2005年, 小児ICUマニュアル : エビデンスを取り入れた小児集中治療, 永井書, 志馬伸朗, 橋本悟著, 4815917388
  351. 1999年, 小児ICUマニュアル, 永井書, 橋本悟[ほか]著, 4815915814
  352. 2022年08月, 第27回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会テキスト, 新生児・小児の呼吸管理, 2022年, 8, 教科書, 分担執筆, 志馬伸朗, 401-447

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. JSSCG2020/SSCG2021, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会 感染管理委員会企画ICT育成コース, 2022年01月22日, 招待, 日本語
  2. 杜の都の血培物語~医師の物語, 志馬伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月18日, 招待, 日本語
  3. 救急領域の診療と各種ガイドラインにおける薬剤選択, 志馬伸朗, MSD 院内肺炎診療におけるコンサルタントミーティング, 2022年03月30日, 招待, 日本語
  4. 集中治療と保険診療:医工学関連トピックス, 志馬伸朗, 日本医工学治療学会第38回学術大会, 2022年05月14日, 招待, 日本語
  5. 抗菌薬の使い方:抗菌薬の選択、投与のタイミングなどについて., 志馬伸朗, 敗血症セミナー2022, 2022年05月15日, 招待, 日本語
  6. 気道/呼吸音を可視化する新しい連続呼吸音モニタリングシステムの開発, 志馬伸朗, 第33回日本臨床モニター学会総会, 2022年06月26日, 招待, 日本語
  7. 日本版敗血症診療ガイドライン2020概説~SSCG2021との比較を含めて~, 志馬伸朗, 救急・総合診療・感染症UP TO DATEセミナー, 2022年07月22日, 招待, 日本語
  8. 除細動の新しいデバイス, 志馬伸朗, 心肺蘇生ガイドライン勉強会, 2022年09月03日, 招待, 日本語
  9. 敗血症における抗菌薬治療, 志馬伸朗, IDフォーラム2022, 2022年09月10日, 招待, 日本語
  10. 日本版敗血症診療ガイドライン2020 Beyond, 志馬伸朗, 大分DICセミナー, 2022年09月22日, 招待, 日本語
  11. 新型コロナウイルスに流行下における医療機器の配備状況, 青木 郁香,本 明子,相嶋 一登,山本 信章,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月18日, 招待, 日本語
  12. ICT育成コース パネルディスカッション, 藤友結実子, 高橋佳子, 志馬伸朗, 藤田烈, 坂本史衣, 日本集中治療医学会 感染管理委員会企画 ICT育成コース, 2022年01月22日, 招待, 日本語
  13. 智の探究:地域包括ケアシステムにおける高齢者救急の課題と展望(Part 1) コロナ禍における高齢者救急搬送について., 福島 英賢, 浅香 えみ子, 橋本 聡, 田邉 晴山, 志馬 伸朗, 長岡 敏信, 門倉 徹, 伊藤 重彦., 第25回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 2022年05月26日, 招待, 日本語
  14. JSSCG2020とSSCG2021:敗血症の抗菌治療に関する個別化と国際化., 志馬伸朗, 第50回日本救急医学会総会・学術集会, 2022年10月19日, 招待, 日本語
  15. COVID-19 腎代替療法による水分管理の重要性., 大下 慎一郎, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第33回日本急性血液浄化学会学術集会, 2022年10月08日, 招待, 日本語
  16. COVID-19マネージメントの最前線 COVID-19と細菌性肺炎., 志馬伸朗, 第44回日本血栓止血学会学術集会 日本救急医学会ジョイントシンポジウム, 2022年06月24日, 招待, 日本語
  17. Sepsisに対する抗菌化学療法を再考する, 志馬伸朗, 第70回日本化学療法学会総会, 2022年06月04日, 招待, 日本語
  18. 日本の敗血症疫学データ解析, 今枝 太郎,中田 孝明,高橋 希,中川 聡,小倉 裕司,志馬 伸朗,梅村 穣,松嶋 麻子,伏見 清秀., 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月19日, 通常, 日本語
  19. くも膜下出血周術期における体温と転帰の関連, 上田 猛,田邉 優子,堀江 信貴,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月04日, 通常, 日本語
  20. 医療機関あたりの小児敗血症患者数と院内死亡率のvolume-outcome relationship:DPC データを用いた分析, 大木 伸吾,冨岡 慎一,大谷 誠,松田 晋哉,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月04日, 通常, 日本語
  21. 重症患者における静注薬剤投与量と末梢静脈カテーテル関連静脈炎:時間加重平均値を用いた解析, 柏浦 正広,安田 英人,新里 祐太朗,岸原 悠貴,守谷 俊,小谷 祐樹,近藤 夏樹,関根 広介,志馬 伸朗,森兼 啓太, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月04日, 通常, 日本語
  22. 重症患者における末梢静脈カテーテル関連静脈炎はカテーテル留置期間によりリスク因子が異なる, 新里 祐太朗,安田 英人,岸原 悠貴,柏浦 正広,守谷 俊,小谷 祐樹,近藤 夏樹,関根 広介,志馬 伸朗,森兼 啓太, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月04日, 通常, 日本語
  23. 薬剤師が参加する多職種回診における薬学的介入の変化, 吉川 博,檜山 洋子,石井 聡一郎,佐藤 智人,太田 浩平,佐伯 康之,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月04日, 通常, 日本語
  24. 全身麻酔直後の患者においてサージカルマスク装着が肺ガス交換に及ぼす影響, 藤井 雅士,河端 恭代,藤井 恵美,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月03日, 通常, 日本語, 京都
  25. 小児心臓手術中の血管作動薬と血管内ライン管理の現状調査, 竹下 淳,志馬 伸朗,竹内 宗之,橘 一也, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月03日, 通常, 日本語, 京都
  26. 広範囲の消化管に粘膜病変を認めたCOVID-19 の1 例, 高田 祐衣,大木 伸吾,大下 慎一郎,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月03日, 通常, 日本語, 京都
  27. COVID-19 ARDS における人工呼吸器関連下気道感染症は長い人工呼吸期間と関連する, 石井 潤貴,島谷 竜俊,太田 浩平,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月03日, 通常, 日本語, 京都
  28. 急激な経過をたどったCOVID- 19関連の小児急性脳症の2 例, 上田 猛,難波 剛史,田邉 優子,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月03日, 通常, 日本語, 京都
  29. 新型コロナウイルス関連劇症型心筋炎に対し ECPELLA で管理した2例, 波多間 浩輔,島谷 竜俊,田邊 優子,上田 猛,稲川 嵩紘,難波 剛史,三谷 雄己,升賀 由規,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月02日, 通常, 日本語, 京都
  30. 機械的咳介助により再挿管を回避した無気肺を有するCOVID-19 肺炎の一例, 西田 千紗,世良 俊樹,大下 慎一郎,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月02日, 通常, 日本語
  31. 重症COVID-19 に合併した自己免疫性溶血性貧血の一例, 浅田 萌々子,錦見 満暁,西田 翼,太田 浩平,大下 慎一郎,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月02日, 通常, 日本語
  32. 大腸菌血流感染症例のセフメタゾール感受性に関する検討, 難波 剛史,錦見 満暁,檜山 洋子,樫山 誠也,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月02日, 通常, 日本語, 京都
  33. 救急外来において蘇生処置を行った患者の家族ケアに関する研究―プレテスト結果―, 田邉 優子,前田 正一,石川 英里,錦見 満暁,上田 猛,太田 浩平,志馬 伸朗., 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月02日, 通常, 日本語, 京都
  34. 救命救急センターにおけるカテーテル関連尿路感染症低減に向けた看護師主導プロトコールの有効性, 松本 志保,大下 慎一郎,志馬 伸朗,右近 清子, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月02日, 通常, 日本語, 京都
  35. 機械学習を用いた重症患者における末梢静脈カテーテル関連静脈炎発生予測モデルの検討, 富永 経一郎,安田 英人,柏浦 正広,岸原 悠貴,守谷 俊,小谷 祐樹,近藤 夏樹,関根 広介,志馬 伸朗,森兼 啓太, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月02日, 通常, 日本語
  36. ジルコニウムシクロケイ酸ナトリウムによる低K 血症リスクの後方視的観察, 檜山 洋子,佐藤 智人,吉川 博,大木 伸吾,志馬 伸朗,松尾 裕彰, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月02日, 通常, 日本語
  37. 一般化加法モデルを用いたノルアドレナリン投与と末梢静脈カテーテル関連静脈炎発生の関連性の検討, 小池 翠,安田 英人,柏浦 正広,岸原 悠貴,守谷 俊,小谷 祐樹,近藤 夏樹,関根 広介,志馬 伸朗,森兼 啓太, 第50回日本集中治療医学会学術集会 優秀セッション, 2023年03月02日, 通常, 日本語
  38. コロナ禍での対応を含めた学生教育への取り組みに関して(発表および討論), 志馬伸朗, 第44回全国国公立大学病院救急部協議会および同看護部会, 2023年02月17日, 招待, 日本語
  39. 小脳出血にStanford B型大動脈解離を併発した1例, 上田 猛, 堀江 信貴, 志馬 伸朗, 第28回日本脳神経外科救急学会, 2023年02月16日, 通常, 日本語, 東京
  40. 新型コロナウイルス感染症流行下での救急搬送に影響を与えるリスク因子解析, 島谷竜俊, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 第75回広島医学会総会, 2022年11月20日, 通常, 日本語, 広島
  41. 急性アニリン中毒の治療経過で併症した溶血性貧血の一例, 浅田萌々子, 服部幸, 錦見満暁, 西田翼, 大木伸吾, 板井純治, 太田浩平, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 第50回日本救急医学会総会・学術集会, 2022年10月19日, 通常, 日本語, 東京
  42. 頚髄損傷に高体温と非閉塞性腸管虚血を併発した一例., 三谷雄己, 島谷竜俊, 石井潤貴, 志馬伸朗, 第50回日本救急医学会総会・学術集会, 2022年10月19日, 通常, 日本語, 東京
  43. 重症急性呼吸窮迫症候群のECMO 短期離脱と関連する胸部CT 画像上の陰影の特徴, 錦見 満暁,大下 慎一郎,島谷 竜俊,福本 航,粟井 和夫,増田 衛,藤塚 健次,中村 光伸,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム, 2023年03月04日, 通常, 日本語, 京都
  44. 2022 年度 集中治療専門医研修施設 調査報告, 宮崎 裕也,土井 松幸,板垣 大雅,原 嘉孝,熊澤 淳史,浅賀 健彦,新山 和也,高木 俊介,小松 康宏,橋本 悟,志馬 伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム, 2023年03月03日, 通常, 日本語, 京都
  45. 日本版敗血症診療ガイドライン2024 で取りあげる重要臨床課題はこんな感じ, 原 嘉孝,志馬 伸朗,中田 孝明,矢田部 智昭,山川 一馬,青木 善孝,井上 茂亮,射場 敏明,小倉 裕司,河合 佑亮,川口 敦,川崎 達也,近藤 豊,櫻谷 正明,對東 俊介,土井 研人,橋本 英樹,福田 龍将,松嶋 麻子,江木 盛時,久志本 成樹(日本版敗血症診療ガイドライン2024特別委員会), 第50回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム, 2023年03月02日, 通常, 日本語, 京都
  46. J-SSCG2024 の全体像, 矢田部 智昭,志馬 伸朗,中田 孝明,山川 一馬,青木 善孝,井上 茂亮,射場 敏明,小倉 裕司,河合 佑亮,川口 敦,川崎 達也,近藤 豊,櫻谷 正明,對東 俊介,土井 研人,橋本 英樹,原 嘉孝,福田 龍将,松嶋 麻子,江木 盛時,久志本 成樹(日本版敗血症診療ガイドライン2024 特別委員会), 第50回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム, 2023年03月02日, 通常, 日本語, 京都
  47. J-SSCG2020 出版1 年後のアンケート調査を受けたJ-SSCG2024 の作成方針, 青木 善孝,志馬 伸朗,中田 孝明,矢田部 智昭,山川 一馬,井上 茂亮,射場 敏明,小倉 裕司,河合 佑亮,川口 敦,川崎 達也,近藤 豊,櫻谷 正明,對東 俊介,土井 研人,橋本 英樹,原 嘉孝,福田 龍将,松嶋 麻子,江木 盛時,久志本 成樹(日本版敗血症診療ガイドライン2024 特別委員会), 第50回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム, 2023年03月02日, 通常, 日本語, 京都
  48. コンセプトと新しい取り組み, 中田孝明, 志馬伸朗, 矢田部智昭, 山川一馬, 青木善孝, 井上 茂亮,射場 敏明,小倉 裕司,河合 佑亮,川口 敦,川崎 達也,近藤 豊,櫻谷 正明,對東 俊介,土井 研人,橋本 英樹,原 嘉孝,福田 龍将,松嶋 麻子,江木 盛時,久志本 成樹(日本版敗血症診療ガイドライン2024 特別委員会), 第50回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム, 2023年03月02日, 通常, 日本語, 京都
  49. JSSCG2020とSSCG2021:敗血症の抗菌治療に関する個別化と国際化, 志馬伸朗, 第50回日本救急医学会総会・学術集会 シンポジウム, 2022年10月19日, 招待, 日本語, 東京
  50. COVID-19 腎代替療法による水分管理の重要性, 大下 慎一郎, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第33回日本急性血液浄化学会学術集会 パネルディスカッション3, 2022年10月08日, 通常, 日本語, 岐阜
  51. 敗血症における感染症早期診断とASP, 志馬伸朗, 第97回日本感染症学会総会・学術集会講演会, 2023年04月30日, 通常, 日本語
  52. 日本版敗血症診療ガイドライン2020 Beyond., 志馬伸朗, 第12回島根DICフォーラム, 2023年04月10日, 通常, 日本語
  53. 術後膿瘍ドレナージを含めた術後IVRを考える, 三谷 英範, 岡田 健司郎, 別木 智昭, 水澤 詩歩, 世良 俊樹, 志馬 伸朗, 第59回日本腹部救急医学会総会, 2023年03月09日, 通常, 日本語, 沖縄
  54. 風光る2023~すきのその先へ, 志馬伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月03日, 通常, 日本語
  55. NY留学が自身の研究マインドに与えた影響:重症ARDS大規模レジストリ J-CARVE registry構築への取り組み, 錦見満暁, 大下慎一郎, 松田直之, ベッカーランス, 志馬伸朗, 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月02日, 通常, 日本語, 京都
  56. 日本版敗血症診療ガイドライン2020Beyond, 志馬伸朗, 呼吸器内科・救急 UPTODATEセミナー, 2023年02月16日, 招待, 日本語, 広島
  57. メディカルスタッフが知っておきたい敗血症ガイドライン, 救急集中治療に携わるメディカルスタッフのためのアボットジャパン オンラインセミナー, 2023年01月24日, 招待, 日本語, WEB
  58. 急性呼吸不全の診断治療~COVID-19を中心に, 志馬伸朗, ぐんま人工呼吸セミナー, 2022年12月10日, 招待, 日本語, 群馬
  59. COVID-19が教えてくれたもの, 志馬伸朗, 第111回広島共立病院オープンカンファレンス, 2022年11月30日, 招待, 日本語, 広島
  60. 経験的治療を“広くしない”とき、“待つ”とき., 志馬伸朗, 第71回日本感染症学会東日本地方会学術集会 第69回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会, 2022年10月26日, 招待, 日本語, 札幌
  61. 重症COVID-19の呼吸管理とECMO, 志馬伸朗, 第69回日本化学療法学会西日本支部総会 第91回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第64回日本感染症学会中日本地方会学術集会, 2021年11月06日, 招待, 日本語, 岐阜
  62. 2023年04月27日, 招待, 英語
  63. Regarding the current status and problems of SSCG/JSSCG, current problems and issues of PCT insurance assessment, timing of multiple measurements., Shime N, ThermoFisher Advisory board meeting in Japan, 2022年02月08日, 招待, 英語, WEB
  64. (優秀演題)新型コロナウイルス肺炎ARDSに対するElectrical impedance tomography(EIT)を用いたPEEP設定, 島谷竜俊, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第6回中国・四国支部学術集会, 2022年07月30日, 通常, 日本語, 岡山
  65. 声門上器具使用中における連続呼吸音モニタリングシステムを用いた異常呼吸音統合インデックスの評価, 梅内貴子, 志馬伸朗, 第5回気道管理学会学術集会, 2022年07月06日, 通常, 日本語, 東京
  66. マスク換気時の喉頭音と声門閉鎖の関係, 佐伯昇, 讃岐美智義, 清水慶隆, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 堤保夫, 第5回気道管理学会学術集会, 2022年07月06日, 通常, 日本語, 東京
  67. (優秀演題)呼吸音連続モニタリングシステムによる気道呼吸音定量化による抜管後合併症の評価, 志馬伸朗. 菊谷知也, 大下慎一郎, 三好博実, 石井潤貴, 貞森拓磨, 佐伯昇, 第5回気道管理学会学術集会, 2022年07月06日, 通常, 日本語
  68. 2次救急医療機関における外傷診療・輸血体制の現状 広島県ドクターヘリ調査, 世良 俊樹, 鈴木 慶, 板井 純治, 山賀 聡之, 橋本 卓, 志馬 伸朗, 大友 康裕, 第36回日本外傷学会総会・学術集会, 2022年07月01日, 通常, 日本語, 大阪
  69. 新しい呼吸音遠隔モニタシステムによる新型コロナウイルス肺炎の呼吸監視, 島谷 竜俊, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第33回日本臨床モニター学会総会, 2022年06月25日, 通常, 日本語, 愛知
  70. 脳蘇生とニューロクリティカルケア 現状とこれから PCASの重症度評価, 錦見 満暁, 志馬 伸朗, 第34回日本脳死・そう蘇生学会 総会・学術集会, 2022年06月19日, 通常, 日本語, WEB
  71. 迅速遺伝子診断機器による抗菌薬適正使用への有効性評価, 久保 有子, 北川 浩樹, 大森 慶太郎, 繁本 憲文, 志馬 伸朗, 大毛 宏喜, 第70回日本化学療法学会総会, 2022年06月05日, 通常, 日本語, 岐阜
  72. 頭部外傷を契機に発症し、経過観察のみで良好な経過をたどった小児静脈洞血栓症の1例, 上田猛, 志馬伸朗, 堀江信貴, 第38回日本臨床救急医学会中国地方会, 2022年05月20日, 通常, 日本語, 岡山
  73. 閉塞性肺疾患患者における呼吸音の定量化, 中本 可奈子, 堀益 靖, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 益田 武, 宮本 真太郎, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 貞森 拓磨, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 服部 登, 第62回日本呼吸器学会学術講演会, 2022年04月22日, 通常, 日本語, 京都
  74. 新型コロナウイルス肺炎に対する呼吸音遠隔モニタシステムの可能性, 島谷 竜俊,大下 慎一郎,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月20日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  75. 声門上器具使用中における連続呼吸音モニタリングシステムを用いた異常呼吸音インデックスの評価, 梅内 貴子,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月20日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  76. 集中治療病棟における多職種ベッドサイド回診の導入が患者診療と医療従事者の働き方に及ぼす影響, 石井 潤貴,三好 博実,細川 康二,山賀 聡之,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月20日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  77. COVID-19重症例の診療の変化(第1-3波と第4波の比較)-後ろ向き観察研究, 菊谷 知也,錦見 満暁,山賀 聡之,大下 慎一郎,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月20日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  78. 冠攣縮性狭心症による心室細動を合併したCOVID-19肺炎の一例, 岡田 紘輔,岡崎 裕介,錦見 満暁,島谷 竜俊,京 道人,板井 純治,上田 猛,田邉 優子,大下 慎一郎,志馬 伸郎, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月19日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  79. 重症COVID-19感染後に難治性下痢をきたした2例, 浅田 萌々子,稲川 嵩紘,山賀 聡之,大下 慎一郎,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月19日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  80. SARS CoV-2流行時における急性呼吸不全患者に対するFilmArray®呼吸器パネルの有用性, 山本 真紀,山賀 聡之,太田 浩平,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月19日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  81. 気胸合併胸部外傷に対する胸腔ドレナージ挿入部位と機能異常や位置異常の関連: 後方視的コホート研究, 三谷 雄己,山賀 聡之,京 道人,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月18日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  82. ICU・救急外来でのビデオ喉頭鏡による緊急気管挿管における挿管困難因子の検討, 鈴木 慶,楠 真二,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月18日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  83. 敗血症と集中治療後症候群におけるミトコンドリアタンパク質TSPOの役割, 菊谷 知也 ,儀賀 普嗣,松股 美穂,朱 美娜,細川 康二,太田 浩平,志馬 伸朗,相澤 秀紀, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月18日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  84. マスク換気時の喉頭音モニタリング:声門狭窄の検出, 佐伯 昇,森尾 篤,三好 寛二,原木 俊明,讃岐 美智義,清水 慶隆,大下 慎一郎,志馬 伸朗,堤 保夫, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月18日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  85. COVID-19肺炎に対する抜管後HFNCの再挿管予測におけるROX指標の有用性, 岡崎 裕介,錦見 満暁,大下 慎一郎,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月18日, 通常, 日本語, 仙台
  86. 高齢者頭部外傷の特徴 低エネルギー外傷にも関わらず転機不良傾向にある, 上田 猛, 山賀 聡之, 津村 龍, 山崎 文之, 堀江 信貴, 志馬 伸朗, 第45回日本脳神経外科学会, 2022年02月25日, 通常, 日本語, 奈良
  87. 人工呼吸中のpatient-ventilator asynchronyと臨床的転帰との関連 システマティックレビュー, 京 道人, 島谷 竜俊, 細川 康二, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 對東 俊介, 片岡 裕貴, 第49回日本救急医学会総会・学術集会, 2021年11月21日, 通常, 日本語, 東京
  88. 高線量被ばくにおける低酸素ストレスの影響, 村尾 正樹, 山賀 聡之, 志馬 伸朗, Kosim Maryami Yuliana, 米加田 賢吾, 谷本 圭司, 廣橋 伸之, 第49回日本救急医学会総会・学術集会, 2021年11月23日, 通常, 日本語, 東京
  89. 成人COVID-19関連多系統炎症性症候群についての検討 CRISISデータを利用した臨床研究, 文屋 尚史, 劉 啓文, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 橋本 悟, 竹田 晋浩, 久志本 成樹, 第49回日本救急医学会総会・学術集会, 2021年11月21日, 通常, 日本語, 東京
  90. 下部下行大動脈損傷・後縦隔出血の一例, 山崎 悠司, 菊谷 知也, 板井 純治, 中川 五男, 儀賀 普嗣, 芳野 由弥, 志馬 伸朗, 第49回日本救急医学会総会・学術集会, 2021年11月23日, 通常, 日本語, 東京
  91. 乳児のリチウム電池誤飲による食道異物の一例., 田邉 優子, 志馬 伸朗, 日本小児麻酔学会第26回大会, 2021年10月16日, 通常, 日本語, 仙台
  92. VAEサーベイランス結果報告, 田邉優子, 木田佳子, 京道人, 大木伸吾, 山賀聡之, 太田浩平, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 中橋奨, 第43回日本呼吸療法医学会学術集会, 2021年07月04日, 通常, 日本語, 横浜
  93. 救急集中治療領域におかえる肺エコー活用の現状と課題, 536. 山賀聡之、太田浩平, 志馬伸朗, 廣橋伸之, 第43回日本呼吸療法医学会学術集会 パネルディスカッション7, 2021年07月04日, 通常, 日本語, 横浜
  94. 緊急RBC製剤・REBOAを持ち出し、ドクターヘリで重症外傷患者を転院搬送した1例, 世良俊樹, 佐伯 辰彦, 佐尾山 裕生, 三谷 雄己, 田邊 輝真, 日下 あかり, 伊関 正彦, 竹崎 享, 楠 真二, 板本 敏行, 宇根 一暢, 鈴木 慶, 志馬 伸朗, 大友 康裕, 第35回日本外傷学会総会・学術集会, 通常, 日本語, WEB
  95. 重症COVID-19患者におけるトリアージ体制の重要性, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 楠真二, 高蓋寿朗, 久保達彦, 桑原正雄, 大毛宏樹, 服部登, 浅原利正, 小倉崇以, 清水敬樹, 橋本 悟, 竹田晋浩, 第61回日本呼吸器学会学術講演会, 2021年04月25日, 通常, 日本語, 東京
  96. 重症COVID-19症例の管理~呼吸管理から凝固管理まで~, 志馬伸朗, 安佐学術講演会, 2021年04月21日, 招待, 日本語, 広島(WEB)
  97. 敗血症診療ガイドライン2020アップデート, 志馬伸朗, 第69回日本化学療法学会総会 教育講演18, 2021年05月07日, 招待, 日本語, 横浜
  98. De-escalationを超えて, 志馬伸朗, 第69回日本化学療法学会総会 第58回抗菌薬適正使用生涯教育セミナー, 2021年05月07日, 招待, 日本語, 横浜
  99. コロナウイルス流行による重症呼吸器感染症診断への影響:集中治療領域でのアプローチ, 志馬伸朗, bioMerieux Syndromic Symposium, 2021年05月22日, 招待, 日本語, WEB
  100. 抗菌薬療法., 志馬伸朗, 敗血症WEBセミナー2021「日本版敗血症診療ガイドライン2020の最新トピックス」, 2021年05月29日, 招待, 日本語, WEB
  101. 周術期感染症管理, 志馬伸朗, 公益社団法人日本麻酔科学会第68回学術集会専門医機構認定講習 専門医共通講習, 2021年06月04日, 招待, 日本語, 神戸(WEB)
  102. 敗血症の基礎とアップデート, 志馬伸朗, 【WEBセミナー】メディコン集中治療講座, 2021年06月09日, 招待, 日本語, WEB
  103. COVID-19/ARDSの診断治療~見えてきたポイント, 志馬伸朗, 京滋クリティカルケア・ヤングアカデミー2021セミナー Basic編, 2021年07月17日, 招待, 日本語
  104. 日本版敗血症診療ガイドライン2020~抗菌薬治療を中心に, 志馬伸朗, HITACHI救急集中治療・感染症セミナー2021, 2021年07月29日, 招待, 日本語
  105. COVID-19重症例の診療, 志馬伸朗, 第79回新潟救急医学会, 2021年07月31日, 招待, 日本語, 新潟
  106. 呼吸管理中の感染管理と栄養, 志馬伸朗, 第61回臨床呼吸機能講習会 呼吸管理実践コース, 2021年08月27日, 招待, 日本語, WEB
  107. 検査と治療のトピック-4 知っておきたい小児の呼吸管理の知識, 志馬伸朗, 第61回臨床呼吸機能講習会, 2021年08月27日, 招待, 日本語, WEB
  108. 体温管理の脱ルーチン 体温測定部位はどこが推奨される?, 志馬伸朗, 第31回神奈川呼吸療法カンファレンス 脱・ルーチン~再度、目的と根拠を確認しよう~, 2021年09月05日, 招待, 日本語, WEB
  109. 敗血症診療ガイドライン2020概説~PADISも含めて~, 志馬伸朗, recedex Internet Symposium 敗血症ガイドラインから読み解くPADIS管理のポイント., 2021年09月29日, 招待, 日本語, WEB
  110. 小児敗血症の診療 ガイドライン2020を中心に, 志馬伸朗, 第53回日本小児感染症学会総会・学術集会 教育講演 4, 2021年10月09日, 招待, 日本語, WEB
  111. 敗血症診療~日本版敗血症診療ガイドライン2020をうけて, 志馬伸朗, 第28回小児集中治療ワークショップ 専門共通講習, 2021年10月23日, 招待, 日本語, 埼玉
  112. 重症COVID-19の診断治療~見えてきたこと~, 志馬伸朗, 東海集中治療meeting, 2021年10月29日, 招待, 日本語, WEB
  113. ガイドラインの有機的使用法 ガイドラインに振り回されないように, 志馬伸朗, 日本臨床麻酔学会第41回大会 教育講演 6., 2021年11月05日, 招待, 日本語, 札幌
  114. 重症COVID-19を検証する~広島と三重でそのとき何が起こっていたのか~., 志馬伸朗, Mie University Emergency and Critical care Conference, 2021年11月09日, 招待, 日本語, 三重(WEB)
  115. 救急集中治療領域での血管内カテーテル関連血流感染症(CRBSI)対策 Just do it!, 志馬伸朗, 第49回日本救急医学会総会・学術集会 ランチョンセミナー18, 2021年11月22日, 招待, 日本語, 東京
  116. COVID-19重症患者の診療戦略:薬物療法と呼吸管理, 志馬伸朗, 第49回日本救急医学会総会・学術集会 ランチョンセミナー19, 2021年11月23日, 招待, 日本語, 東京
  117. 今一度みなおすバイタルサイン~COVID-19の経験もふまえて, 志馬伸朗, 第106回広島共立病院オープンカンファレンス 第54回特別講演, 2021年12月01日, 招待, 日本語, 広島
  118. COVID-19の人工呼吸管理~自発呼吸からECMOまで, 志馬伸朗, やまがた人工呼吸セミナー2021, 2021年12月11日, 招待, 日本語, 山形
  119. 敗血症初療での血液培養と抗菌薬の使い方, 志馬伸朗, 旭化成ファーマ 研修医のためのRelay Web Seminar 5回シリーズ「ココがポイント!敗血症診療」, 2021年12月14日, 招待, 日本語, WEB
  120. 日本版敗血症診療ガイドライン2020出版後の敗血症診療の実際, 志馬伸朗, 第34回日本外科感染症学会学術集会 特別企画4, 2021年12月18日, 通常, 日本語, 福岡
  121. JSSCG2020/SSCG2021, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会 感染管理委員会企画ICT育成コース., 2022年01月22日, 通常, 日本語, WEB
  122. 杜の都の血培物語~医師の物語, 志馬伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会 教育セミナー(イブニング)1, 2022年03月18日, 通常, 日本語, 仙台(WEB)
  123. 救急領域の診療と各種ガイドラインにおける薬剤選択, 志馬伸朗, MSD 院内肺炎診療におけるコンサルタントミーティング, 2022年03月30日, 通常, 日本語, 広島
  124. 集中治療と保険診療:医工学関連トピックス, 志馬伸朗, 日本医工学治療学会第38回学術大会 日本集中治療医学会合同セッション企画, 2022年05月14日, 通常, 日本語, 道後
  125. 抗菌薬の使い方:抗菌薬の選択、投与のタイミングなどについて, 志馬伸朗, 敗血症セミナー2022 Beyond the JSSCG2020&SSCG2021~今後の敗血症診療を展望する, 2022年05月15日, 通常, 日本語, WEB
  126. 気道/呼吸音を可視化する新しい連続呼吸音モニタリングシステムの開発., 志馬 伸朗, 大下 慎一郎, 島谷 竜俊, 菊谷 知也, 貞森 拓磨, 梅内 貴子, 藤井 雅士., 第33回日本臨床モニター学会総会, 2022年06月26日, 通常, 日本語, 愛知
  127. 日本版敗血症診療ガイドライン2020概説~SSCG2021との比較を含めて~., 志馬伸朗, 救急・総合診療・感染症UP TO DATEセミナー, 2022年07月22日, 通常, 日本語, 広島
  128. カサンデル狂授の血培白熱恐室~悲しい色やね~., 志馬伸朗, 伊藤健太, 伊藤雄介, 日高由貴, 福田修, 山田幸司, 野崎昌俊., 第5回こどもの血液培養と菌血症セミナー., 2022年08月21日, 通常, 日本語, WEB
  129. 除細動の新しいデバイス~ハンズオン~, 志馬伸朗, 心肺蘇生ガイドライン勉強会2022, 2022年09月03日, 通常, 日本語, 広島
  130. 敗血症における抗菌薬治療, 志馬伸朗, IDフォーラム2022, 2022年09月10日, 通常, 日本語, 東京
  131. 日本版敗血症診療ガイドライン2020 Beyond., 志馬伸朗, 大分DICセミナー, 2022年09月22日, 通常, 日本語, 大分
  132. 救急・集中治療・感染症の連携した新型コロナウイルス感染症対応 パンデミックにおける重症患者の治療選択., 松嶋 麻子, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 狩野 謙一, 川村 英樹, 川村 雄介, 鍬方 安行, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 志馬 伸朗, 舘 昌美, 舘田 一博, 中田 孝明, 福家 良太, 藤島 清太郎, 松田 直之, 薬師寺 泰匡, Japan Sepsis Alliance., 第69回日本化学療法学会総会 JaSAシンポジウム, 2021年05月09日, 通常, 日本語, 第69回日本化学療法学会総会, 横浜
  133. 救急・集中治療・感染症の連携した新型コロナウイルス感染症対応 高齢者施設におけるCOVID-19クラスター対応., 川村 英樹, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 狩野 謙一, 川村 雄介, 鍬方 安行, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 志馬 伸朗, 舘 昌美, 舘田 一博, 中田 孝明, 福家 良太, 藤島 清太郎, 松嶋 麻子, 松田 直之, 薬師寺 泰匡, Japan Sepsis Alliance., 69回日本化学療法学会総会 JaSAシンポジウム, 2021年05月09日, 通常, 日本語, 69回日本化学療法学会総会, 横浜
  134. 救急・集中治療・感染症の連携した新型コロナウイルス感染症対応 重症・重篤例に対する治療の実際 (ECMOを含む)., 志馬 伸朗. 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 狩野 謙一, 川村 英樹, 川村 雄介, 鍬方 安行, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 舘 昌美, 舘田 一博, 中田 孝明, 福家 良太, 藤島 清太郎, 松嶋 麻子, 松田 直之, 薬師寺 泰匡, Japan Sepsis Alliance., 第69回日本化学療法学会総会 JaSAシンポジウム, 2021年05月09日, 通常, 日本語, 第69回日本化学療法学会総会, 横浜
  135. 救急・集中治療・感染症の連携した新型コロナウイルス感染症対応 救急外来における疑い例を含めたトリアージ・対策., 中田 孝明, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 狩野 謙一, 川村 英樹, 川村 雄介, 鍬方 安行, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 志馬 伸朗, 舘 昌美, 舘田 一博, 福家 良太, 藤島 清太郎, 松嶋 麻子, 松田 直之, 薬師寺 泰匡, Japan Sepsis Alliance., 第69回日本化学療法学会総会 JaSAシンポジウム, 2021年05月09日, 通常, 日本語, 第69回日本化学療法学会総会, 横浜
  136. 日本版敗血症診療ガイドライン2020の目指す治療成績向上~抗菌薬治療, 志馬伸朗, 第24回日本臨床救急医学会総会・学術集会 シンポジウム2, 2021年06月11日, 通常, 日本語, 第24回日本臨床救急医学会総会・学術集会, WEB
  137. コロナ禍後の新しい救急医療の展望 コロナ禍における診療報酬への日本救急医学会の対応., 清田 和也, 坂本 哲也, 志馬 伸朗, 嶋津 岳士, 日本救急医学会保険委員会., 第24回日本臨床救急医学会総会・学術集会. シンポジウム6, 2021年06月12日, 通常, 日本語, 第24回日本臨床救急医学会総会・学術集会., WEB
  138. 【Challenge to Change】在宅医療と救命救急センター(救急医)との連携 救急と在宅医療の連携の必要性と妥当性 常勤救急医&非常勤在宅医の経験から., 木田 佳子, 石井 潤貴, 鈴木 慶, 志馬 伸朗, 第49回日本救急医学会総会・学術集会 パネルディスカッション5, 2021年11月21日, 通常, 日本語, 第49回日本救急医学会総会・学術集会, 東京
  139. 【Challenge to Change】日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG)2020を知り尽くす! 抗菌薬治療を考える., 志馬伸朗, 第49回日本救急医学会総会・学術集会 シンポジウム8, 2021年11月22日, 通常, 日本語, 第49回日本救急医学会総会・学術集会, 東京
  140. 地域全体への病院前脳卒中病型分類スコア導入の効果, 荒木 勇人, 栗栖 薫, 志馬 伸朗, 内田 和孝, 吉村 紳一, 森本 剛, 第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会 シンポジウム10, 2021年11月26日, 通常, 日本語, 第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会, 福岡
  141. 新型コロナウイルスに流行下における医療機器の配備状況., 青木 郁香,本 明子,相嶋 一登,山本 信章,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会 パネルディスカッション7, 2022年03月18日, 通常, 日本語, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 仙台(WEB)
  142. n-3系脂肪酸含有リゾリン脂質であるLPC-DHAに着目した心停止蘇生後脳症治療の可能性., 錦見満暁, Becker Lance,Junhwan Kim,志馬 伸朗, 第49回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム22, 2022年03月19日, 通常, 日本語, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 仙台(WEB)
  143. 智の探究:地域包括ケアシステムにおける高齢者救急の課題と展望(Part 1) コロナ禍における高齢者救急搬送について., 福島 英賢, 浅香 えみ子, 橋本 聡, 田邉 晴山, 志馬 伸朗, 長岡 敏信, 門倉 徹, 伊藤 重彦, 第25回日本臨床救急医学会総会・学術集会 パネルディスカッション6., 2022年05月26日, 通常, 日本語, 第25回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 大阪
  144. Sepsisに対する抗菌化学療法を再考する 抗MRSA薬, 志馬伸朗, 第70回日本化学療法学会総会 ワークショップ2, 2022年06月04日, 通常, 日本語, 第70回日本化学療法学会総会, 岐阜
  145. COVID-19マネージメントの最前線 COVID-19と細菌性肺炎., 志馬伸朗, 第44回日本血栓止血学会学術集会 日本救急医学会ジョイントシンポジウム, 2022年06月24日, 通常, 日本語, 第44回日本血栓止血学会学術集会, 仙台
  146. Regarding the current status and problems of SSCG/JSSCG, current problems and issues of PCT insurance assessment, timing of multiple measurements., Shime N, ThermoFisher Advisory board meeting in Japan, 2022年02月08日, 通常, 英語, ThermoFisher, WEB
  147. 2020年06月04日, 招待, 英語
  148. 横隔膜エコーで診断し得た胸腺腫術後横隔膜障害の一例, 高田祐衣, 田邉優子,太田浩平,志馬伸朗, 第48回日本集中治療医学会学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  149. 小児敗血症診療Questions & Answers, 川崎達也, 志馬伸朗,井手健太郎,伊藤雄介,稲田雄,川口敦,古薗弘隆,谷昌憲,松石雄二朗,近藤豊,三浦慎也,板倉隆太,旗智武志,冨田健太朗,芳賀大樹,菊地斉,榎本有希,其田健司,林拓也,石原唯史,木村翔,鉄原健一,高島光平,下山伸哉,伊藤健太,江木盛時,小倉裕司,西田修,田中裕, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  150. J-SSCG 2020 から小児敗血症のエビデンスを読み解く, 近藤豊, 井手健太郎,石原唯史,伊藤雄介,稲田雄,川口敦,谷昌憲,古薗弘隆,松石雄二郎,三浦慎也,志馬伸朗,川崎達也, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  151. 本邦初のMAGICapp ガイドライン~MAGICpp の活用方法について~, 山元良, 山川一馬,橋本英樹,寺山毅郎,井村春樹,石原唯史,石丸剛,岡野弘,成田知大,真弓卓也,安田英人,山田浩平,山田博之,川崎達也,志馬伸朗,土井研人,江木盛時,小倉裕司,相原守夫,田中裕,西田修, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  152. フードテストを取り入れた嚥下スクリーニング導入効果の前後比較検討, 中野綾, 中野綾,斉藤亜梨沙,岡本美穂,太田浩平,右近清子,志馬伸朗, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  153. COVID-19 ガイドラインにおける各薬剤の推奨:CQ5(トシリズマブ),CQ6(シクレソニド),CQ7(抗凝固療法), 橋本英樹, 山川一馬,寺山毅郎,井村春樹,山元良,石原唯史,石丸剛,岡野弘,成田知大,真弓卓也,安田英人,山田浩平,山田博之,川崎達也,志馬伸朗,土井研人,江木盛時,小倉裕司,相原守夫,田中裕,西田修, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  154. COVID-19 ガイドラインにおける各薬剤の推奨:CQ1(ファビピラビル),CQ2(レムデシビル),CQ3(ハイドロキシクロロキン),CQ4-1(ステロイド),CQ4-2(ステロイドパルス), 寺山毅郎, 山川一馬,橋本英樹,井村春樹,山元良,石原唯史,石丸剛,岡野弘,成田知大,真弓卓也,安田英人,山田浩平,山田博之,川崎達也,志馬伸朗,土井研人,江木盛時,小倉裕司,相原守夫,田中裕,西田修, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  155. 国内および海外のCOVID-19 ガイドラインの動向, 井村春樹, 山川一馬,橋本英樹,寺山毅郎,山元良,石原唯史,石丸剛,岡野弘,成田知大,真弓卓也,安田英人,山田浩平,山田博之,川崎達也,志馬伸朗,土井研人,江木盛時,小倉裕司,相原守夫,田中裕,西田修, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  156. COVID-19 ガイドライン作成の意義, 山川一馬, 橋本英樹,寺山毅郎,井村春樹,山元良,石原唯史,石丸剛,岡野弘,成田知大,真弓卓也,安田英人,山田浩平,山田博之,川崎達也,志馬伸朗,土井研人,江木盛時,小倉裕司,相原守夫,田中裕,西田修, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  157. Patient-and Family-Centered Care に関するEvidence 解説, 河合佑亮, 西田修2,飯田有輝1,宇都宮明美1,古薗弘隆1,山田亨1,吉田悠平1,江木盛時2,小倉裕司2,安宅一晃2,井上茂亮2,射場敏明2,垣花泰之2,川崎達也2,久志本成樹2,黒田泰弘2,小谷穣治2,志馬伸朗2,谷口巧2,鶴田良介2,土井研人2,土井松幸2,中田孝明2,中根正樹2,藤島清太郎2,細川直登2,升田好樹2,松嶋麻子2,松田直之2,矢田部智昭2,田中裕2, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  158. 日本版敗血症診療ガイドライン2020 における多職種連携, 河合佑亮, 西田修2,飯田有輝1,宇都宮明美1,古薗弘隆1,山田亨1,吉田悠平1,江木盛時2,小倉裕司2,安宅一晃2,井上茂亮2,射場敏明2,垣花泰之2,川崎達也2,久志本成樹2,黒田泰弘2,小谷穣治2,志馬伸朗2,谷口巧2,鶴田良介2,土井研人2,土井松幸2,中田孝明2,中根正樹2,藤島清太郎2,細川直登2,升田好樹2,松嶋麻子2,松 田直之2,矢田部智昭2,田中裕, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  159. 日本版敗血症ガイドライン2020 を要約してお伝えします, 江木盛時, 小倉裕司,安宅一晃,井上茂亮,射場敏明,垣花泰之,川崎達也,久志本成樹,黒田泰弘,小谷穣治,志馬伸朗,谷口巧,鶴田良介,土井研人,土井松幸,中田孝明,中根正樹,西田修,藤島清太郎,細川直登,升田好樹,松嶋麻子,松田直之,矢田部智昭,田中裕, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  160. 日本版敗血症診療ガイドラインの歴史, 西田修, 小倉裕司,江木盛時,安宅一晃,井上茂亮,射場敏明,垣花泰之,川崎達也,久志本成樹,黒田泰弘,小谷穣治,志馬伸朗,谷口巧,鶴田良介,土井研人,土井松幸,中田孝明,中根正樹,藤島清太郎,細川直登,升田好樹,松嶋麻子,松田直之,矢田部智昭,田中裕, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  161. 抗菌薬治療のトピックス, 志馬伸朗, 細川直登,伊藤健太,久保健児,近藤豊,高橋希,原直己,吉村旬平, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  162. J-SSCG 2020 から敗血症の抗菌薬治療とそのエビデンスを読み解く, 近藤豊, 久保健児,伊藤健太,吉村旬平,原直己,高橋希,細川直登,志馬伸朗, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  163. 呼吸管理における推奨文の解説, 中根正樹, 志馬伸朗,安田英人,橋本悟,安藤幸吉,倉橋清泰,吉田健史,四本竜一,山田亨,宮下亮一,西村哲郎, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  164. 呼吸管理のEvidence, 安田英人, 中根正樹,志馬伸朗,橋本悟,安藤幸吉,倉橋清泰,吉田健史,四本竜一,山田亨,宮下亮一,西村哲郎, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  165. 脳死移植ドナーにおける臓器保護を目指した管理について, 土井研人, 江木盛時,佐藤直樹,志馬伸朗,長谷川大祐,黒田泰弘,西田修, 日本集中治療医学会第48回学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  166. 背部熱傷創の植皮後の安静における体位の工夫 腹臥位、側臥位で管理した2症例, 山賀聡之, 大下 慎一郎, 太田 浩平,志馬 伸朗, 松原 大樹, 菅 崇暢, 河合 幹雄, 秀 道広, 第46回日本熱傷学会総会・学術集会, 2020年09月02日, 通常, 日本語, 日本熱傷学会, 大阪
  167. 高度救命救急センターにおける嚥下スクリーニング導入効果の前後比較研究, 斉藤亜梨沙, 中野綾,岡本美穂,太田浩平,右近清子,志馬伸朗, 第48回日本集中治療医学会学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, WEB
  168. (司会)招請講演 8, 志馬伸朗, 第48回日本集中治療医学会学術集会, 2021年02月14日, 通常, 日本語
  169. (司会)パネルディスカッション 20, 志馬伸朗, 第48回日本集中治療医学会学術集会, 2021年02月14日, 通常, 日本語
  170. (司会)パネルディスカッション 13, 志馬伸朗, 第48回日本集中治療医学会学術集会, 2021年02月13日, 通常, 日本語
  171. (司会)教育講演 12, 志馬伸朗, 第48回日本集中治療医学会学術集会, 2021年02月13日, 通常, 日本語
  172. (司会)Pros&Cons, 志馬伸朗, 第48回日本集中治療医学会学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語
  173. (司会)JINC IF取得記念企画, 志馬伸朗, 第48回日本集中治療医学会学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語
  174. (司会)シンポジウム 5, 志馬伸朗, 第48回日本集中治療医学会学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, WEB
  175. (司会)教育講演 4, 志馬伸朗, 第48回日本集中治療医学会学術集会, 2021年02月12日, 通常, 日本語, WEB
  176. 集中治療室における薬剤師への期待:集中治療医の立場から, 志馬伸朗, 第30回日本医療薬学会年会, 2020年10月24日, 招待, 日本語, 日本医療薬学会, WEB
  177. 敗血症診療の現状と課題, 志馬伸朗, ザバクサ関連学術講演会, 2020年11月01日, 招待, 日本語, MSD株式会社, WEB
  178. 急性呼吸不全と感染症, 志馬伸朗, 第31回徳島救急医療研究会, 2021年01月22日, 招待, 日本語, 徳島救急医療研究会, WEB
  179. 敗血症GL2020について, 志馬伸朗, 旭化成ファーマ社内向け講演会, 2020年11月30日, 招待, 日本語
  180. 救急集中治療領域の感染症~最近の話題:敗血症ガイドラインからCOVID-19まで~, 志馬伸朗, 第9回京都薬剤師感染予防研究会(KIPS-P), 2021年01月16日, 招待, 日本語
  181. コロナ禍における救急医療体制, 志馬伸朗, 第23回日本救急医学会中部地方会総会・学術集会, 2020年12月19日, 招待, 日本語
  182. COVID-19の診断治療 重症例を中心に, 志馬伸朗, 第100回広島共立病院オープンカンファレンス, 2020年11月25日, 招待, 日本語
  183. 呼吸管理における推奨文の解説, 中根正樹, 志馬 伸朗, 橋本 悟, 安田 英人, 安藤 幸吉, 倉橋 清泰, 吉田 健史, 四本 竜一, 山田 亨, 宮下 亮一, 西村 哲郎, 岡野 弘, 真弓 卓也, 成田 知大, 小野寺 悠, 中村 嘉, 金子 唯, 五十嵐 豊, 高橋 生, 菅原 陽, 富岡 義裕, 鈴木 聡, 萩原 祥弘, 江木 盛時, 小倉 裕司, 西田 修, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  184. 声門上器具使用下全身麻酔における連続呼吸音モニタリング, 志馬伸朗, 梅内貴子, 大下慎一郎, 佐伯昇, 第4回気道管理学会学術集会, 2021年01月16日, 通常, 日本語
  185. 感染症Emergency-症例報告を通して- ARDS患者における原疾患診断と初期治療 探求する心を誇りにして, 京道人, 志馬伸朗, 第94回日本感染症学会学術講演会, 2020年08月19日, 通常, 日本語, 日本感染症学会, 東京
  186. リステリア髄膜炎に続発した可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳炎・脳症の一例, 三好博実, 芳野由弥, 松本丈雄, 森尾 友香, 石井 潤貴, 鈴木 慶, 上田 猛, 木田 佳子, 田邉 優子, 志馬 伸朗, 第48回日本救急医学会総会・学術集会, 2020年11月18日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 岐阜
  187. 犬咬傷によるPseudomonas putida敗血症の一例, 芳野由弥, 尾上 綾, 三好 博実, 山賀 聡之, 細川 康二, 太田 浩平, 志馬 伸朗, 第48回日本救急医学会総会・学術集会, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 岐阜
  188. 食道窒息による陰圧性肺水腫の一例, 眞田彩華, 木田佳子, 京道人, 田邉優子, 志馬伸朗, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 2020年12月20日, 通常, 日本語
  189. 溺水性ARDSにSphingomonas paucimobilis菌血症を併発した一例, 中田康貴, 京道人, 鈴木慶, 木田佳子, 田邉優子, 志馬伸朗, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 2020年12月20日, 通常, 日本語
  190. 呼吸音連続モニタリングシステムによる呼吸音の定量化は抜管後合併症予測に用いうる, 菊谷知也, 大下慎一郎, 貞森拓磨, 三好博実, 石井潤貴, 志馬伸朗, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 2020年12月20日, 通常, 日本語
  191. 急速な経過をたどった肺腫瘍決戦微小血管症(PTTM)による肺性心の一例, 藤野光洋, 京道人, 志馬伸朗, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 2020年12月20日, 通常, 日本語, 日本呼吸療法医学会, 京都
  192. ARDS患者におけるリバーストリガーの頻度と危険因子, 島谷竜俊, 京極都, 京道人, 大下慎一郎, 志馬伸朗, Robinder Khemani, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 2020年12月20日, 通常, 日本語
  193. 気管挿管患者における咽頭障害の発生とその対処法, 京道人, 石井潤貴, 志馬伸朗, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 2020年12月20日, 通常, 日本語
  194. 役割分担“しない”ためのチーム作りの道程への医師としての関わり, 太田浩平, 田邉優子, 岡本美穂, 對東俊介, 吉川博, 志馬伸朗, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 2020年12月20日, 通常, 日本語
  195. 呼吸音をみる:新しい連続呼吸音モニタリング, 大下慎一郎, 貞森拓磨, 菊谷知也, 儀賀普嗣, 大木伸吾, 志馬伸朗, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 2020年12月20日, 通常, 日本語
  196. 救急車で転院搬送する心停止例の14%は救急隊が接触時に確認した, 細川康二, 山賀聡之, 志馬伸朗,三好摩耶, 第73回広島医学会総会, 2020年11月15日, 通常, 日本語, 広島医学会, 広島
  197. 嘔吐モデルに対する救急救命士による気管挿管における硬性吸引管の比較, 鈴木慶, 楠真二, 志馬伸朗, 第48回日本救急医学会総会・学術集会, 2020年11月18日, 通常, 日本語, 岐阜
  198. アナフィラキシーにおける原因別の重症度、転帰の検討 広島市消防局の検証データに基づいた後方視的コホート研究, 山賀聡之, 細川 康二, 太田 浩平, 村尾 正樹, 三好 磨耶, 久保 富嗣, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 廣橋 伸之, 第48回日本救急医学会総会・学術集会, 2020年11月18日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 岐阜
  199. こきゅうの季節, 志馬伸朗, 第42回日本呼吸療法医学会, 2020年12月19日, 招待, 日本語
  200. ARDSに対するステロイド療法:PROの立場から, 志馬伸朗, 第30回日本呼吸器ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2021年03月19日, 招待, 日本語
  201. 集中治療において薬剤師に期待すること, 志馬伸朗, アコアラン/ノイアート critical care WEB 講演会, 2020年12月15日, 招待, 日本語, 一般社団法人 日本血液製剤機構, WEB
  202. 敗血症性ショックの初期治療, 志馬伸朗, 第56回日本腹部救急医学会総会, 2020年10月08日, 招待, 日本語, 日本腹部救急医学会, 名古屋
  203. 日本版敗血症診療ガイドライン2020トピックス, 志馬伸朗, 第33回日本外科感染症学会総会学術集会, 2020年11月27日, 招待, 日本語
  204. 外科感染症と栄養管理 重症患者における栄養管理 最近のコントロバシー, 志馬伸朗, 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会, 2020年02月27日, 招待, 日本語, 日本臨床栄養代謝学会, 京都
  205. 集中治療における薬剤師の活動指針:医師からの期待, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 招待, 日本語, 日本集中治療医学会
  206. これでいいのかICUでの抗菌化学療法, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 招待, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  207. 小児集中治療室における電子医療データ管理システムについての実態調査, 川口敦, 志馬伸朗, 徳平夏子, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  208. Patient-and Family-Centered Careに関する推奨解説, 河合佑亮, 西田 修, 飯田 有輝, 宇都宮 明美, 古薗 弘隆 , 山田 亨, 吉田 悠平, 江木 盛時, 小倉 裕司, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  209. ICUにおける体温評価と発熱管理, 志馬伸朗, クリティカルケアセミナーin神戸, 2014年04月19日, 招待, 日本語, 神戸
  210. 人工呼吸器関連肺炎, 志馬伸朗, 第11回呼吸ケアカンファレンス, 2014年04月25日, 招待, 日本語, 大阪
  211. Ultrasound-guided catheter insertion in PICU, The 7th World Congress on Pediatric Intensive and Critical Care, 2014年05月07日, 招待, 英語
  212. Ventilator-associated events in pediatrics, 2014年05月07日, 招待, 英語
  213. シンポジウム4:初心者のための小児麻酔:エキスパートの教え方, 志馬伸朗, 日本麻酔科学会第61回学術集会, 2014年05月16日, 招待, 日本語, 横浜
  214. 敗血症における抗菌療法 ~抗MRSA薬を中心に, 志馬伸朗, 第3回救急集中治療領域感染症学術講演会, 2014年05月17日, 招待, 日本語, 和歌山
  215. 人工呼吸器関連肺炎予防 ~鎮静鎮痛観点を中心に, 志馬伸朗, 平成26年度首都圏集中治療セミナー, 2014年05月24日, 招待, 日本語
  216. 気道管理の基本, 志馬伸朗, 最新人工呼吸管理セミナー2014, 2014年06月14日, 招待, 日本語, 京都
  217. 敗血症性ショックの抗菌療法+α, 志馬伸朗, 第88回日本感染症学会学術講演会, 2014年06月19日, 招待, 日本語, 福岡
  218. 敗血症(セプシス)治療ガイドライン 日欧米の違い:敗血症の抗菌治療(de-escalationを中心に), 志馬伸朗, 日本化学療法学会総会, 2014年06月19日, 招待, 日本語, 福岡
  219. 侵襲性肺アスペルギルス症を続発したIdiopathic systemic capillary leak syndromeの一例, 葉山学, 志馬伸朗, 第88回日本感染症学会学術講演会/第62回日本化学療法学会総会, 2014年06月19日, 通常, 日本語, 福岡
  220. 敗血症のふたつの治療 ~over the 4 decades, 志馬伸朗, 第2回京都周術期代謝管理セミナー, 2014年06月21日, 招待, 日本語, 京都
  221. 小児敗血症診療アップデート, 多摩小児救急集中治療セミナー, 2014年07月01日, 招待, 日本語, 立川
  222. 小児敗血症診療 ~ゴールは何か?, 志馬伸朗, 成育医療研究センター手術集中治療部モーニングカンファレンス, 2014年07月04日, 招待, 日本語, 東京
  223. シンプル院内感染管理, 志馬伸朗, 奈良医大院内感染防止セミナー, 2014年07月11日, 招待, 日本語, 橿原
  224. パネルディスカッション(座長), 志馬伸朗, 第36回日本呼吸療法医学会学術総会, 2014年07月21日, 招待, 日本語, 秋田
  225. 人工呼吸器関連肺炎 ~診断治療における最近のトピックス, 志馬伸朗, 2014年07月26日, 招待, 日本語, 大阪
  226. シンプル院内感染管理, 志馬伸朗, 市立福知山市民病院院内感染対策講習会, 2014年07月28日, 招待, 日本語, 福知山
  227. 外科・救急・集中治療領域(リスク因子と診断), 志馬伸朗, 第5回近畿感染制御ネットワーク研究会, 2014年08月09日, 招待, 日本語, 大阪
  228. ショックとクラッシュ症候群, 志馬伸朗, 救急救命士の処置範囲拡大に関する講習, 2014年08月12日, 招待, 日本語, 京都
  229. 新生児の呼吸管理, 志馬伸朗, 第19回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会, 2014年08月31日, 招待, 日本語, 東京
  230. 左副腎腫瘍の破裂に対し、動脈塞栓術を施行した一例, 堤貴彦, 濱中訓生、志馬伸朗、桑原遼、広川侑奨、伊藤剛, 日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2014年09月, 通常, 日本語
  231. Limitations of diagnostic imaging for acute abdomen, 濱中訓生, 志馬伸朗、伊藤剛, 日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2014年09月, 通常, 日本語
  232. 新生児の呼吸管理, 志馬伸朗, 第19回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会, 2014年09月01日, 招待, 日本語, 東京
  233. ショックとクラッシュ症候群, 志馬伸朗, 救急救命士の処置範囲拡大に関する講習, 2014年09月10日, 招待, 日本語, 京都
  234. 小児敗血症診療のコントロバシー2014, 志馬伸朗, 小児救命医療講演会, 2014年09月11日, 招待, 日本語, 三重
  235. ガイドラインを使いこなそう:真菌とMRSA, 志馬伸朗, 救急感染症塾 for ER Training summer camp, 2014年09月13日, 招待, 日本語, 東京
  236. 重症患者の生体反応と全身管理のポイント, 志馬伸朗, 京都府看護協会研修会, 2014年09月17日, 招待, 日本語, 京都
  237. 人工呼吸器関連肺炎:2014アップデート, 志馬伸朗, 第13回大阪人工呼吸器セミナー, 2014年09月20日, 招待, 日本語, 大阪
  238. 救命救急センターにおける抗菌薬の使い方, 志馬伸朗, 第23回適正抗菌化学療法研究会, 2014年09月27日, 招待, 日本語, 名古屋
  239. 人工呼吸器関連肺炎, 志馬伸朗, 第4回呼吸治療関連指定講習会, 2014年09月27日, 招待, 日本語, 東京
  240. 小児心臓手術とステロイド, 志馬伸朗, 成育医療研究センター手術集中治療部モーニングカンファレンス, 2014年10月09日, 招待, 日本語
  241. Debate(座長), 志馬伸朗, 第22回小児集中治療ワークショップ, 2014年10月18日, 通常, 日本語
  242. ランチョンセミナー(座長), 志馬伸朗, 第22回小児集中治療ワークショップ, 2014年10月18日, 通常, 日本語
  243. 感染症科医への敗血症ガイドラインの紹介, 志馬伸朗, 第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会, 2014年10月23日, 招待, 日本語, 岡山
  244. バンコマイシンの有効トラフ値と腎機能障害の関連, 朴井三矢, 志馬伸朗, 第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会, 2014年10月23日, 通常, 日本語, 岡山
  245. 小児敗血症の診療戦略~成人と何が同じで何が違うのか?, 志馬伸朗, 第42回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 招待, 日本語, 福岡
  246. 救急ICUでの細菌培養陽性例における耐性菌検出率の検討, 吉田浩輔, 藤野光洋、狩野謙一、堤貴彦、藤井雅士、濱中訓生、田中博之、竹下淳、別府賢、笹橋望、志馬伸朗, 第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 通常, 日本語, 福岡
  247. 髄膜炎の鑑別疾患としての視神経脊髄炎, 堤貴彦, 別府賢、笹橋望、志馬伸朗, 第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 通常, 日本語, 福岡
  248. 糖尿病性ケトアシドーシス発症直後に非閉塞性腸管虚血を併発した1例, 濱中訓生, 藤野光洋、狩野謙一、堤貴彦、吉田浩輔、藤井雅士、田中博之、竹下淳、別府賢、笹橋望、志馬伸朗, 第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 通常, 日本語, 福岡
  249. 急性一酸化炭素中毒(軽症)に対し遅発性神経症状予防目的に高圧酸素治療を施行した一例, 森智治, 齋藤龍史、趙晃済、武信洋平、大鶴繁、佐藤格夫、西山慶、鈴木崇生、小池薫、吉田浩輔、志馬伸朗, 2014年10月29日, 通常, 日本語, 福岡
  250. 糖尿病性ケトアシドーシスから急性呼吸促迫症候群を発症し、静脈-静脈経皮的心肺補助装置を使用した一例, 山下大生, 志馬伸朗、笹橋望、別府賢、竹下淳、田中博之、濱中訓生、吉田浩輔、藤井雅士、堤貴彦、藤野光洋, 第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月29日, 通常, 日本語, 福岡
  251. 血管内治療および腎摘出術で救命し得た外傷性近位腎動脈損傷の1例, 齋藤駿河, 志馬伸朗、笹橋望、別府賢、竹下淳、田中博之、濱中訓生、吉田浩輔、藤井雅士、堤貴彦、藤野光洋, 第41回日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月30日, 通常, 日本語, 福岡
  252. 敗血症診療ガイドライン2014, 志馬伸朗, 北海道サージカル・インフェクション・フォーラム, 2014年11月07日, 招待, 日本語, 札幌市
  253. 体重症性患者での体温評価と管理, 志馬伸朗, Medicon Training Center Program, 2014年11月14日, 招待, 日本語
  254. EGDT再考, 志馬伸朗, 第5回麻酔周術期医学講演会, 2014年11月14日, 招待, 日本語
  255. Community-acquired and Healthcare-acquired pneumonia, 志馬伸朗, Multiprofessional critical care review course, 2014年11月22日, 招待, 日本語, 東京
  256. Antibacterial,Antiviral,and Antifungal Therapy in the ICU, 志馬伸朗, Multiprofessional critical care review course, 2014年11月23日, 招待, 日本語
  257. 小児鎮痛鎮静に関する最近の話題, 志馬伸朗, 理想的な鎮静を考える研究会, 2014年11月28日, 招待, 日本語, 東京
  258. 耐性菌/耐性機序と抗菌薬選択/抗菌薬投与設計の考え方, 志馬伸朗, 第1回京都伏見抗菌薬適正使用教育セミナー, 2014年12月01日, 招待, 日本語, 京都
  259. ICUにおける耐性菌/真菌感染症の治療戦略, 志馬伸朗, 第27回日本外科感染症学会, 2014年12月04日, 招待, 日本語, 東京
  260. ICUのケアでVAPを予防できるか, 志馬伸朗, 第27回日本外科感染症学会, 2014年12月04日, 招待, 日本語, 東京
  261. 血液培養の正しい取り方と解釈, 志馬伸朗, 第27回日本外科感染症学会 外科感染症入門講座, 2014年12月04日, 招待, 日本語, 東京
  262. 第13回急性期NPPV研究会(座長), 志馬伸朗, 2014年12月06日, 通常, 日本語, 大阪
  263. 南京都地区救急診療卒後臨床セミナー(コメンテータ), 志馬伸朗, 2014年12月08日, 通常, 日本語, 京都
  264. ICUにおける発熱マネジメント, 志馬伸朗, 第8回横浜集中治療懇話会, 2014年12月11日, 招待, 日本語, 横浜
  265. 京滋クリティカルケアヤングアカデミー(座長), 志馬伸朗, 2014年12月13日, 通常, 日本語, 京都
  266. 敗血症診療2014 UP TO DATE, 志馬伸朗, 第3回長崎CIDセミナー, 2014年12月20日, 招待, 日本語, 長崎
  267. 小児敗血症の診療戦略, 志馬伸朗, 長野県立こども病院講演会, 2014年12月22日, 招待, 日本語, 安曇野
  268. working group meeting(司会), 志馬伸朗, BAL cath, 2014年12月26日, 通常, 日本語, 東京
  269. 論文を読もう!研究をしよう!, 志馬伸朗, 成育医療研究センター手術集中治療部モーニングカンファレンス, 2015年01月09日, 招待, 日本語, 東京
  270. SessionⅢ(座長), 志馬伸朗, 京都セプシスフォーラム2015 winter, 2015年01月21日, 通常, 日本語, 京都
  271. 重症患者の生体反応と患者管理のポイント, 志馬伸朗, 日総研セミナー, 2015年02月01日, 招待, 日本語, 大阪
  272. 第4回MIICS~ICUにおける感染症患者を救うために(コメンテータ), 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会, 2015年02月09日, 招待, 日本語, 東京
  273. カテーテルコロニゼーションに対するクロルヘキシジンアルコールの有用性の検討, 安田英人, 讃井將満、志馬伸朗、河野真二、畠山淳司、松窪将平、安藤幸吉、小室哲也、山本泰文、瀬尾隆太郎, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  274. 急速に致死的経過をとったB型肝炎ウイルス劇症肝炎の一例, 藤野光洋, 狩野謙一、堤貴彦、藤井雅士、吉田浩輔、濱中訓生、田中博之、竹下淳、別府賢、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  275. 経験的抗菌薬投与プロトコル導入による菌血症治療への影響, 狩野謙一, 藤野光洋、堤貴彦、吉田浩輔、藤井雅士、濱中訓生、田中博之、竹下淳、別府賢、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  276. 小児開胸下ECMO管理における抗菌薬投与と感染合併症, 田畑雄一, 笠井正志、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  277. 当院でのICU胸部ポータブルレントゲン写真の現状調査, 濱中訓生, 狩野謙一、藤井雅士、吉田浩輔、竹下淳、堤貴彦、田中博之、別府賢、笹橋望、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  278. 敗血症性ショック患者における感染症予測スコアの有用性について, 吉田浩輔, 藤野光洋、狩野謙一、藤井雅士、濱中訓生、竹下淳、堤貴彦、田中博之、別府賢、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  279. 教育セミナー8(座長), 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  280. 招聘講演9(座長), 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語, 東京
  281. SPEED!カテーテル関連血流感染症を防ぐための5tips, 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月10日, 招待, 日本語, 東京
  282. SPEED!カテーテル関連血流感染症を防ぐための5tips., 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月10日, 通常, 日本語, 東京都
  283. 当院ICUにおける気管挿管に伴う合併症の調査報告, 藤井雅士, 藤野光洋、狩野謙一、吉田浩輔、濱中訓生、田中博之、竹下淳、別府賢、志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月10日, 通常, 日本語, 東京
  284. ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染若年患者における急性呼吸不全の一例, 田中博之, 志馬伸朗、笹橋望、別府賢、竹下淳、藤井雅士、狩野謙一、藤野光洋、吉田浩輔、堤貴彦, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月10日, 通常, 日本語, 東京
  285. 論文を読もう!研究をしよう!, 志馬伸朗, 成育医療研究センター手術集中治療部モーニングカンファレンス, 2015年02月10日, 通常, 日本語, 成育医療研究センター, 東京都
  286. 特定集中治療室管理量1/2算定施設に対する実態調査報告, 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月11日, 招待, 日本語, 東京
  287. 委員会報告6, 志馬伸朗, 第42回日本集中治療医学会総会, 2015年02月11日, 通常, 日本語, 東京
  288. ICUにおける重症感染症マネジメント~抗菌療法から全身管理まで, 志馬伸朗, 第24回適正抗菌化学療法研究会in北陸, 2015年02月13日, 招待, 日本語, 金沢
  289. 症例検討2:74歳、男性、炎症反応上昇, 志馬伸朗, 第16回真菌症フォーラム, 2015年02月14日, 招待, 日本語, 東京
  290. 敗血症性ショックの抗菌療法+α, 志馬伸朗, シオノギwebカンファレンス, 2015年02月16日, 招待, 日本語
  291. 救急集中治療における適正抗菌療法~エビデンスから実践まで, 志馬伸朗, 群馬急性期医療セミナー2015, 2015年02月18日, 招待, 日本語, 前橋
  292. 敗血症における抗菌治療 シンポジウム5:抗菌薬適正使用を極める(原因別/病態別)~Empritic & difinitive therapyの選択からPK/PD・TDMまで, 志馬伸朗, 第30回日本環境感染学会総会, 2015年02月20日, 招待, 日本語, 神戸
  293. 小児の呼吸管理, 志馬伸朗, メディカ出版小児集中治療セミナー2015, 2015年02月22日, 招待, 日本語, 神戸
  294. ガイドラインを踏まえた敗血症治療の実際~基礎疾患治療の重要性と合併症対策, 志馬伸朗, リコモジュリンWEBカンファレンス, 2015年02月27日, 招待, 日本語
  295. パネルディスカッション3(座長), 志馬伸朗, 第51回日本腹部救急学会総会, 2015年03月05日, 通常, 日本語, 京都
  296. 診断が遅れたRFA後に発症した横隔膜ヘルニアの一例, 濱中訓生, 志馬伸朗、狩野謙一, 第51回日本腹部救急外科学会, 2015年03月06日, 通常, 日本語, 京都
  297. 重症患者の生体反応と患者管理のポイント, 志馬伸朗, 日総研セミナー, 2015年03月08日, 招待, 日本語, 東京
  298. Comparison of three cutaneous antiseptic solutions for the prevention of catheter colonization in the adult intensive care unit : A multicenter prospective randomized controlled trial, 2015年03月18日, 招待, 英語
  299. 小児の呼吸管理, 志馬伸朗, メディカ出版小児集中治療セミナー2015, 2015年03月29日, 招待, 日本語, 横浜
  300. 小児の呼吸管理, 志馬伸朗, メディカ出版小児集中治療セミナー2016, 2016年01月09日, 招待, 日本語, 東京
  301. 敗血症診療:これまでとこれから, 志馬伸朗, Kyoto Sepsis Forum, 2016年01月16日, 招待, 日本語, 京都
  302. 麻酔科医のための敗血症ガイドライン~抗菌薬を中心に~, 志馬伸朗, 第62回広島麻酔医学会, 2016年01月23日, 招待, 日本語, 広島
  303. 敗血症の抗菌療法~最新のトピックス~, 志馬伸朗, 第20回エンドトキシン血症救命治療研究会, 2016年01月29日, 招待, 日本語, 東京
  304. 診断に時間を要した頸椎化膿性脊椎炎の1例, 津村龍, 大谷 直嗣, 京 道人, 稲川 嵩紘, 田邉 優子, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第21回日本脳神経外科救急学会, 2016年01月29日, 通常, 日本語, 東京
  305. MRI Susceptibility-weighted imaging(SWI)が診断に有用であった脳脂肪塞栓症の1例, 津村龍, 太田 浩平, 稲川 嵩宏, 小山 和宏, 島谷 竜俊, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第21回日本脳神経外科救急学会, 2016年01月29日, 通常, 日本語, 東京
  306. 救急・集中治療における重症感染症マネジメント, 志馬伸朗, 第10回長崎難治性感染症研究会, 2016年02月10日, 招待, 日本語, 長崎
  307. 血管内カテーテル由来血流感染対策, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  308. 人工呼吸器関連事象の新たな診断基準と私達の治療戦略2016, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  309. (座長)Pro-Con5 鎮静中断vs中断しない, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 神戸
  310. (座長)Pro-Con6血液培養小児で2セットvs 1セット, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 神戸
  311. 多施設ランダム化比較試験を計画実行して見えたこと, 安田英人, 讃井將満, 小室哲哉, 畠山淳司, 松窪将平, 河野真二, 山本泰史, 安藤幸吉, 瀬尾龍太郎, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  312. 「重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会」の委員会報告:全体像と作成法. ガイドライン1 日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 小谷穣治, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  313. 重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会の委員会報告:栄養投与ルート. ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 白井邦博, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  314. 重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会の委員会報告:経腸栄養. ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 東別府直紀, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  315. 「重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会」の委員会報告:静脈栄養(PNの開始時期, PNの至適投与量). ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 海塚安郎, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  316. 「重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会」の委員会報告:血糖管理. ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 江木盛時, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  317. 経腸・静脈栄養療法中の患者管理. ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 清水孝宏, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  318. 「重症患者の栄養療法ガイドライン作成委員会」の委員会報告(小児の栄養管理). ガイドライン1日本版重症患者の栄養管理ガイドライン, 清水義之, 重症患者の栄養管理ガイドライン作成委員会(小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應 知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦), 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 招待, 日本語, 神戸
  319. ECMO使用患者における予後因子としての赤血球分布幅, 大下慎一郎, 木田佳子, 京道人, 島谷竜俊, 鳥越勇佑, 鈴木慶, 山賀聡之, 岩崎泰昌, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 神戸
  320. 呼吸音自動解析能を有する新たな電子聴診器の開発, 山賀聡之, 大下慎一郎, 貞森拓磨, 儀賀普嗣, 岩崎泰昌, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 神戸
  321. 意識障害で来院し,致死的心室性不整脈と痙攣を呈した三環系抗うつ薬過量服薬の一例, 岡田信長, 小田祐太, 藤野光洋, 狩野謙一, 大木伸吾, 藤井雅士, 田中博之, 竹下淳, 別府賢, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月12日, 通常, 日本語, 神戸
  322. ICU感染制御:今改めて考える改善への道, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  323. 新たな敗血症バンドルを考察する~多臓器不全へ立ち向かう~, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  324. 経験的抗菌薬投与プロトコル導入による菌血症治療への影響, 狩野謙一, 志馬伸朗, 小田祐太, 藤野光洋, 浜崎幹久, 岡田信長, 藤井雅士, 田中博之, 竹下淳, 別府賢, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  325. (委員会報告)PICUの現状 全国調査報告, 小泉沢, 竹内宗之, 中川聡, 植田育也, 清水直樹, 多賀直行, 平位克樹, 戸田雄一郎, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  326. (委員会報告)小児集中治療室での長期滞在患者の多施設実態調査, 竹内宗之, 志馬伸朗, 植田育也, 小泉沢, 清水直樹, 多賀直行, 戸田雄一郎, 中川聡, 平位克樹, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  327. (委員会報告)日本版重症敗血症診療ガイドライン2016作成の概要, 西田 修, 小倉 裕司, 井上 茂亮, 射場 敏明, 今泉 均, 江木 盛時, 垣花 泰之, 久志本 成樹, 小谷 穣治, 貞広 智仁, 志馬 伸朗, 中川 聡, 中田 孝明, 布宮 伸, 林 淑朗, 藤島 清太郎, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 織田 成人, 田中 裕, 日本版重症敗血症診療ガイドライン2016作成特別委員会, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  328. (委員会報告)日本版重症敗血症診療ガイドライン2016 作成の流れ, 松嶋麻子, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  329. (委員会報告)日本版重症敗血症診療ガイドライン2016における推奨設定方法, 山川一馬, 西田修, 小倉裕司, 江木盛時, 松嶋麻子, 井上茂亮, 角由佳, 林田敬, 福田龍将, 安田英人, 原嘉孝, 松田明久, 矢田部智昭, 山下和人, 坂本壮, 近藤豊, 櫻谷正明, 射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  330. (座長)ICUにおける院内感染対策, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  331. 中心静脈カテーテル関連血流感染症予防のために~クロルヘキシジンv.ポビドンヨード, 安田英人, 讃井將満, 小室哲哉, 畠山淳司, 松窪将平, 河野真二, 山本泰史, 安藤幸吉, 瀬尾龍太郎, 志馬伸朗, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  332. 日本版敗血症ガイドライン(感染源のコントロール), 中田孝明, 小豆畑丈夫, 大嶋清宏, 升田好樹, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  333. ICU-acquired weakness とPost-Intensive Care Syndrome-CQの策定からメタ解析まで-, 井上茂亮, 畠山淳司, 斉藤伸行, 福家良太, 近藤豊, 一二三亨, 武居哲洋, 西田修, 小倉裕司, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡、中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  334. 日本版重症敗血症診療ガイドライン2016:初期蘇生領域のCQとガイドラインの方向性, 垣花泰之, 松嶋麻子, 久志本成樹, 松田明久, 神應 知道, 井出健太郎, 安田英人, 櫻谷正明, 松田直之, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  335. DIC対策. ガイドライン3 日本集中治療医学会・日本救急医学会合同日本版重症敗血症診療ガイドライン, 射場敏明, 小倉裕司, 松田直之, 松嶋麻子, 澤村淳, 廣瀬智也, 坂本壮, 山田一馬, 西田修, 井上茂亮, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  336. ステロイド,免疫グロブリン(PVIG)のガイドラインの作成過程の経過, 今泉均, 藤島清太郎, 升田好樹, 巽博臣, 藤村直幸, 後藤孝治, 早川峰司, 安田英人, 角由佳, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  337. 日本版重症敗血症診療ガイドライン2016:学会合同作成の意義と今後, 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 招待, 日本語, 神戸
  338. 小児の中心静脈穿刺のアウトカム:超音波ガイドとランドマーク法の比較, 細川康二, 志馬伸朗, 橋本悟, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  339. 集中治療室における黄色ブドウ球菌菌血症患者の予後因子の検討, 京道人, 木田佳子, 大下慎一郎, 鈴木慶, 山賀聡之, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  340. 外傷性脊髄硬膜外血腫に対し、透視下経皮ドレナージを施行した1症例, 藤井雅士, 小田祐太, 藤野光洋, 浜崎幹久, 岡田信長, 大木伸吾, 田中博之, 竹下淳, 別府賢, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  341. 本邦小児集中治療領域における敗血症性ショック管理の現状, 横川真理, 笠井正志, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  342. 徐脈,低血圧を認めた炭酸リチウム中毒の1例, 藤野光洋, 小田祐太, 狩野謙一, 浜崎幹久, 岡田信長, 大木伸吾, 田中博之, 竹下淳, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 神戸
  343. ICUにおけるantimicrobial stewardshipの実践, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 招待, 日本語, 神戸
  344. 特定集中治療管理料1および2に関する実態調査報告2016, 志馬伸朗, 沿道重厚, 山本剛, 土井松幸, 坂本哲也, 下村陽子, 武居哲洋, 森崎浩, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 招待, 日本語, 神戸
  345. 交差法と平行法を併用した新しい超音波ガイド下中心静脈穿刺についての検討:シミュレーションを用いて, 竹下淳, 藤野光洋, 狩野謙一, 浜崎幹久, 岡田信長, 大木伸吾, 藤井雅士, 田中博之, 別府賢, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 通常, 日本語, 神戸
  346. 熱中症と発熱の鑑別におけるプレセプシン測定の有用性, 狩野謙一, 岡田信長, 堤貴彦, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 通常, 日本語, 神戸
  347. Detection of suppressive activity on innate immune DAMPs response in sepsis, Ho Minh Van, 廣橋伸之, 山賀聡之, 鈴木慶, 板井純治, 太田浩平, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 通常, 日本語, 神戸
  348. 灯油による化学熱傷の1例, 宗宮伸弥, 小田祐太, 藤野光洋, 狩野謙一, 浜崎幹久, 岡田信長, 大木伸吾, 藤井雅士, 志馬伸朗, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月14日, 通常, 日本語, 神戸
  349. 敗血症診療の最近のTopics, 志馬伸朗, 敗血症集中治療セミナー in 広島, 2016年02月23日, 招待, 日本語, 広島
  350. 救急/集中治療における重症感染症マネジメント~基本から最新知見まで, 志馬伸朗, 山口県外科・救急真菌症カンファレンス 2016, 2016年02月25日, 招待, 日本語, 山口
  351. 複数傷病者事故でヘリコプター搬送により救命し得た急性硬膜下血腫の1例, 津村龍, 太田 浩平, 稲川 崇紘, 小山 和宏, 島谷 竜俊, 武田 正明, 碓井 智, 川住 知弘, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第39回日本脳神経外傷学会, 2016年02月27日, 通常, 日本語, 仙台
  352. 発熱と抗菌薬, 志馬伸朗, 第14回脳神経内科ジョイントミーティング, 2016年03月01日, 招待, 日本語, 広島
  353. 救急医療-発熱と抗菌薬を中心に-, 志馬伸朗, 第208回広島県放射線医会, 2016年03月03日, 招待, 日本語, 広島
  354. 救急集中治療における感染症診療, 志馬伸朗, 第16回 三河耐性菌感染症研究会, 2016年03月04日, 招待, 日本語, 愛知
  355. 小児の呼吸管理, 志馬伸朗, メディカ出版小児集中治療セミナー2016, 2016年03月12日, 招待, 日本語, 京都
  356. 敗血症の抗菌療法と微生物検査, 志馬伸朗, 第3回東海北陸BDフェニックスセミナー, 2016年03月19日, 招待, 日本語, 名古屋
  357. 重症感染症の最近の話題-基礎から臨床まで-, 志馬伸朗, 第90回日本感染症学会総会・学術講演会, 2016年04月16日, 招待, 日本語, 仙台
  358. 脂肪塞栓症3例のMRI画像の検討, 津村龍, 太田浩平, 稲川嵩紘, 小山和宏, 島谷竜俊, 志馬伸朗, 栗栖薫, STROKE2016, 2016年04月16日, 通常, 日本語, 札幌
  359. 救急・集中治療における感染症診療, 志馬伸朗, 第23回東広島サイジェオンの会 学術集会, 2016年04月18日, 招待, 日本語, 広島
  360. Successful use of VAV ECMO in patient with respiratory failure complicated by myocarditis, 京道人, 大下慎一郎, 木田佳子, 島谷竜俊, 鳥越勇佑, 鈴木慶, 山賀聡之, 廣橋伸之, 志馬伸朗, The 35th Annual Conference of KSCCM, 2016年04月23日, 通常, 英語, ソウル(韓国)
  361. Optimal Volume and Substance in Intraesophageal Balloon Catheter for Esophageal Pressure Measurement., 島谷竜俊, 大下慎一郎, 京道人, 木田佳子, 志馬伸朗, The 35th Annual Conference of KSCCM, 2016年04月23日, 通常, 日本語, ソウル(韓国)
  362. Analysis of autopsy findings in patients with acute respiratory failure supported on V-V ECMO, 木田佳子, 大下慎一郎, 京道人, 島谷竜俊, 廣橋伸之, 志馬伸朗, The 35th Annual Conference of KSCCM, 2016年04月23日, 通常, 日本語, ソウル(韓国)
  363. 小児救急医療の課題と展望 JRC蘇生ガイドライン2015 小児蘇生における変更点のポイント, 新田雅彦, 清水 直樹, 太田 邦雄, 志馬 伸朗, 第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 2016年05月13日, 通常, 日本語, 福島
  364. 放射線災害における無人航空機(ドローン)の活用, 島谷竜俊, 貞森 拓磨, 大谷 直嗣, 稲川 嵩紘, 志馬 伸朗, 第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会2016, 2016年05月14日, 通常, 日本語, 福島
  365. 行っていませんか?間違った消毒法, 志馬伸朗, 第32回日本救急医学会中国四国地方会, 2016年05月16日, 通常, 日本語, 山口
  366. 救急集中治療における感染制御のポイント, 志馬伸朗, 第22回尾三地区感染対策研究会, 2016年05月18日, 招待, 日本語, 尾道
  367. IABP装着下に防災ヘリコプターで長距離空路搬送した重症心不全の1例, 大谷直嗣, 松井翔吾, 宮本聡史, 木田佳子, 徳山丈仁, 中野由紀子, 高橋秀暢, 木原康樹, 志馬伸朗, 第32回日本救急医学会 中国四国地方会, 2016年05月20日, 通常, 日本語, 山口
  368. Paeds.心肺蘇生後の集中治療:PCASおよび敗血症ガイドラインとの関係, 志馬伸朗, 第9回日本蘇生科学シンポジウム, 2016年05月27日, 招待, 日本語, 福岡
  369. 重症肺炎・ARDS治療-最近のトピックス-, 志馬伸朗, 第9回Osaka Respiratory Expert Seminar, 2016年05月28日, 招待, 日本語, 大阪
  370. これからの敗血症診療, 志馬伸朗, 第39回広島感染症研究会, 2016年06月03日, 招待, 日本語, 広島
  371. 2016年06月05日, 通常, 英語
  372. わが国のMRSA感染症の治療ガイドライン(抗MRSA薬の使い分けを再考する, 志馬伸朗, 第64回日本化学療法学会総会, 2016年06月10日, 招待, 日本語, 神戸
  373. 急性胆管炎・胆嚢炎に対する経験的抗菌薬の適切な選択に寄与する因子の検討, 遠藤文司, 江坂 直樹, 福田 良子, 水本 知宏, 志馬 伸朗, 第64回日本化学療法学会総会, 2016年06月10日, 通常, 日本語, 神戸
  374. 救急・集中治療領域の耐性菌対策, 志馬伸朗, 第41回日本外科系連合学術集会, 2016年06月16日, 招待, 日本語, 大阪
  375. 救急集中治療領域の深在性真菌症診断~リスク因子評価と経験的治療~, 志馬伸朗, 第37回関東医真菌懇親会, 2016年06月18日, 招待, 日本語, 東京
  376. カルバペネムを再考する 救急集中治療の現場から, 志馬伸朗, 第64回日本化学療法学会総会, 2016年06月24日, 招待, 日本語, 神戸
  377. なぜ、体温を測るのか?〜クリティカルケア領域における体温管理〜, 志馬伸朗, 第5回九州沖縄地区クリティカルケア看護セミナー, 2016年06月24日, 招待, 日本語, 那覇
  378. 院内脳死判定委員会開催後に脳死下臓器提供に至らなかった2症例の検討, 津村龍, 田邉 優子, 木田 佳子, 鈴木 慶, 三好 博実, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第29回日本脳死・脳蘇生学会総会・学術集会, 2016年06月26日, 通常, 日本語, 東京
  379. 救急領域における最重要致死的病態“敗血症(sepsis)”の初期認識と早期介入, 志馬伸朗, 東広島地区医師会学術講演会, 2016年06月30日, 招待, 日本語, 広島
  380. 外科・救急・集中治療領域における真菌感染症の診断・治療~侵襲的カンジダ症を中心に~, 志馬伸朗, アンビゾーム発売10周年記念講演会(中国・四国地域), 2016年07月03日, 招待, 日本語, 福岡
  381. 重症患者の体温管理, 志馬伸朗, 第61回日本集中治療医学会近畿地方会, 2016年07月09日, 招待, 日本語, 大阪
  382. V-V ECMOを使用した間質性肺炎急性憎悪剖検肺における病理学的検討, 木田佳子, 大下慎一郎, Vishwa Jeet AMATYA, 武島幸雄, 志馬伸朗, 第38回日本呼吸療法医学会学術集会, 2016年07月16日, 通常, 日本語
  383. 肺腫瘍術後に高アンモニア血症による意識障害を合併した一例, 京道人, 大下慎一郎, 木田佳子, 島谷竜俊, 鳥越勇佑, 鈴木慶, 山賀聡之, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第38回日本呼吸療法医学会学術集会, 2016年07月17日, 通常, 日本語, 名古屋
  384. 周術期の感染対策, 志馬伸朗, 第36回広島GISクラブ, 2016年07月22日, 招待, 日本語, 広島
  385. 救急集中治療領域におけるリネゾリドのリスクとベネフィット, 志馬伸朗, MRSAフォーラム2016, 2016年07月23日, 招待, 日本語, 岐阜
  386. 集中治療室における黄色ブドウ糖球菌菌血症患者の予後因子の検討, 京道人, 大下慎一郎, 木田佳子, 島谷竜俊, 鳥越勇佑, 鈴木慶, 山賀聡之, 廣橋伸之, 志馬伸朗, MRSAフォーラム2016, 2016年07月23日, 通常, 日本語, 岐阜
  387. 視神経障害を来しMRIにて特徴的な所見を示した急性メタノール中毒の一例, 児玉正人, 田邉 優子, 山賀 聡之, 岩崎 泰昌, 志馬 伸朗, 第38回日本中毒学会総会・学術集会, 2016年07月24日, 通常, 日本語, 新潟
  388. 麻酔科医が行う周術期感染予防, 志馬伸朗, 第2回急性期輸液管理研究会, 2016年08月06日, 招待, 日本語, 東京
  389. 救急蘇生ガイドライン2015改正のポイントと職場での蘇生法普及と教育について, 志馬伸朗, 平成28年度 市郡地区医師会産業保健担当理事連絡協議会, 2016年08月17日, 招待, 日本語, 広島
  390. 敗血症の早期認識と迅速治療が生命を救う, 志馬伸朗, 第16回大竹市救急医療講演会, 2016年08月19日, 招待, 日本語, 広島
  391. 新生児の呼吸管理, 志馬伸朗, 第21回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会, 2016年08月26日, 招待, 日本語, 東京
  392. 重症感染病態におけるバイオマーカーの使い道, 志馬伸朗, 第63回日本臨床検査医学会学術集会, 2016年09月02日, 招待, 日本語, 神戸
  393. 抗菌薬の適正使用とは?, 志馬伸朗, 平成28年度広島医療情報研究会学術講演会, 2016年09月03日, 招待, 日本語, 広島
  394. 人工呼吸に関連した感染, 志馬伸朗, 第1回 金沢人工呼吸セミナー, 2016年09月10日, 招待, 日本語, 石川
  395. 人工呼吸器関連肺炎, 志馬伸朗, 第6回呼吸治療関連指定講習会, 2016年09月24日, 招待, 日本語, 東京
  396. バイタルサインから見直す救急初期対応, 志馬伸朗, 第54回広島共立病院オープンカンファレンス, 2016年09月27日, 招待, 日本語, 広島
  397. PREDICTORS FOR DETECTION OF DIFFICULT-TO-TREAT BACTERIA IN BILIARY TRACT INFECTION, Esaka N, Endo B, Shime N, 24th United European Gastroenterology Week, 2016年10月, 通常, 英語, Vienna
  398. 小児人工呼吸管理~基本の再確認と最新エビデンスの紹介~, 志馬伸朗, 第26回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2016年10月11日, 招待, 日本語, 横浜
  399. 敗血症診療2016アップデート, 志馬伸朗, 京都敗血症治療セミナー2016, 2016年10月14日, 招待, 日本語, 京都
  400. 重症呼吸不全に対するECMO治療の最適化を目指したヘリの活用, 鈴木慶, 大谷直嗣, 大下慎一郎, 太田浩平, 島谷竜俊, 京道人, 鳥越勇佑, 木田佳子, 山賀聡之, 田邉優子, 高橋秀暢, 宮本聡史, 津村龍, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第23回日本航空医療学会総会, 2016年10月28日, 通常, 日本語, 埼玉
  401. 小児の蘇生(Pediatric life support:PLS), 志馬伸朗, 日本臨床麻酔学会第36回大会, 2016年11月04日, 招待, 日本語, 高知
  402. 専門医のための救急蘇生法(1)(2), 志馬伸朗, 第30回日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会, 2016年11月13日, 招待, 日本語, 広島
  403. 敗血症診療アップデート2016~γグロブリンの使用も含めて~, 志馬伸朗, 第39回八王子集中治療セミナー, 2016年11月16日, 招待, 日本語, 東京
  404. 抗MRSA薬をいかに使い分けるか?, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  405. 日本版敗血症診療ガイドライン2016 小児班のまとめ:各論, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  406. 救急外来における微生物検査, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  407. 日本版敗血症診療ガイドライン2016の概要, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  408. 日本版敗血症診療ガイドライン作成におけるアカデミック推進班の役割, 江木盛時, 井上茂亮, 角由佳, 林田敬, 原嘉孝, 福田龍将, 松田明久, 安田英人, 矢田部智昭, 山川一馬, 山下和人, 松嶋麻子, 坂本壮,射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 小倉裕司, 西田修, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  409. 敗血症の定義と診断 Definition and Diagnosis of Sepsis, 松田直之, 近藤豊, 斉藤伸行, 原嘉孝, 林田敬, 山川一馬, 中田孝明, 藤島清太郎, 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 布宮伸, 林淑朗, 升田好機, 松嶋麻子, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  410. 感染症診断および抗菌薬治療, 林淑朗, 笹野幹雄. 滝本浩平, 松田直之, 志馬伸朗, 大沼哲, 福家良太, 原嘉孝, 矢田部智昭, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 織田成人, 田中裕, 西田修, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  411. 日本版敗血症診療ガイドライン2016:画像診断班からの報告, 升田好機, 貞広智仁, 黒田浩光, 藤村直幸, 山直也, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  412. 敗血症患者に対する感染源のコントロール, 中田孝明, 小豆畑丈夫, 大嶋清宏, 後藤孝治, 升田好機, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  413. 日本版敗血症診療ガイドライン2016:初期蘇生・循環作動薬班からの報告, 垣花泰之, 松嶋麻子, 久志本成樹, 松田明久, 神應知道, 井出健太郎, 安田英人, 櫻谷正明, 松田直之, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  414. 日本版敗血症診療ガイドライン2016:呼吸管理班および鎮痛・鎮静・せん妄管理班からの報告, 布宮伸, 橋本悟, 志馬伸朗, 吉田健史, 長谷川隆一, 土井松幸, 鶴田良介, 谷口巧, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁,中川聡, 中田孝明, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  415. 日本版敗血症診療ガイドライン 血糖管理およびPICS・ICU-AWについて, 井上茂亮, 江木盛時, 角由佳, 林田敬, 原嘉孝, 福田龍将, 松田明久, 安田英人, 矢田部智昭, 山下和人, 松嶋麻子, 坂本壮, 射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁,志馬伸朗, 中川聡,中田孝明,布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 小倉裕司, 西田修, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  416. 日本版敗血症診療ガイドライン作成における栄養管理の骨子, 小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 神應知道, 佐藤格夫, 清水健太郎, 白井邦博, 巽博臣, 東別府直紀, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  417. 成人敗血症患者に対する副腎皮質ステロイド投与について, 藤島清太郎, 今泉均, 升田好機, 巽博臣, 藤村直幸, 井上茂亮, 射場敏明, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 松田直之, 松嶋麻子, 江木盛時, 小倉裕司, 西田修, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  418. 日本版敗血症診療ガイドライン DIC班からの報告, 射場敏明, 小倉裕司, 松田直之, 松嶋麻子, 澤村淳, 廣瀬智也, 坂本壮, 山川一馬, 西田修, 井上茂亮, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  419. AKIと急性血液浄化療法, 貞広智仁, 山下千鶴, 土井研人, 中田孝明, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 志馬伸朗, 中川聡, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  420. 敗血症患者に対する体温管理, 久志本成樹, 垣花泰之, 松嶋麻子, 松田明久, 福田龍将, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 小倉裕司, 小谷穣治, 坂本壮, 貞広智仁, 志馬伸朗, 角由佳, 林田敬, 原嘉孝, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 安田英人, 矢田部智昭, 山下和人, 西田修, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 招待, 日本語, 東京
  421. 日本版敗血症ガイドライン2016 小児班のまとめ, 中川聡, 志馬伸朗, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 通常, 日本語, 東京
  422. 輸血,静脈血栓塞栓症(VTE)の予防と診断, 松嶋麻子, 角由佳, 廣瀬智也, 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 通常, 日本語, 東京
  423. 日本版敗血症診療ガイドライン2016:学会合同作成の意義と今後の展望, 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月17日, 通常, 日本語, 東京
  424. 救急集中治療における感染制御大作戦, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月18日, 招待, 日本語, 東京
  425. 小児蘇生領域におけるknowledge gapと蘇生ガイドライン2020にむけた研究総括, 渡邉伊知郎, 斎藤修, 池山貴也, 黒澤寛史, 志馬伸朗, 新田雅彦, 太田邦雄, 清水直樹, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  426. 熊本地震被災地支援におけるICTの利活用. 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 島谷竜俊, 貞森拓磨, 大下慎一郎, 大谷直嗣, 山岡英寿, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  427. 巨大甲状腺腫瘍による気管圧迫のため呼吸原性心停止となり,気管支鏡ガイド下に気管挿管し救命できた症例, 竹下淳, 貞松毅大, 藤野光洋, 手島啓幾, 浜崎幹久, 岡田信長, 田中博之, 別府賢, 笹橋望, 西山慶, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  428. 直腸癌に対してベバシズマブ投与中にA群β溶連菌による壊死性筋膜炎を発症した1例, 三好博実, 岡﨑裕介, 小山和宏, 大木伸吾, 稲川嵩紘, 太田浩平, 大下慎一郎, 廣橋伸之, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月18日, 通常, 日本語, 東京
  429. Cimmunity-acquired and Healthcare-acquired pneumonia, 志馬伸朗, 第4回Multiprofessional Critical Care Board Review Course in JAPAN, 2016年11月19日, 招待, 英語, 東京
  430. 吐血モデルに対する救急救命士による気管挿管におけるMacintosh型喉頭鏡とAirway Scopeの比較, 鈴木慶, 楠真二, 貞森拓磨, 田邉優子, 板井純治, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月19日, 通常, 日本語, 東京
  431. 脳死亡塞栓症4例のMRI画像の検討, 津村龍, 太田浩平, 稲川嵩紘, 小山和宏, 島谷竜俊, 大下慎一郎,廣橋伸之, 志馬伸朗, 第44回日本救急医学会総会・学術集会, 2016年11月19日, 通常, 日本語, 東京
  432. 手術機感染制御:最新の知見, 志馬伸朗, 第6回山形県周術期体液管理講演会, 2016年11月22日, 招待, 日本語, 山形
  433. 敗血症に対する抗菌療法, 志馬伸朗, (合同開催)第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会・第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会・第64回日本化学療法学会西日本支部総会, 2016年11月26日, 招待, 日本語, 沖縄
  434. プロカルシトニンの使い道, 志馬伸朗, 第29回日本外科感染症学会総会学術集会, 2016年11月30日, 招待, 日本語, 東京
  435. 敗血症診療~最新ガイドライン情報の提供と実践の見直し, 志馬伸朗, 第59回広島大学第二外科同門会研修会・祝賀会, 2016年12月03日, 招待, 日本語, 広島
  436. 敗血症における抗菌療法, 志馬伸朗, 香川セプシスカンファレンス2016, 2016年12月07日, 招待, 日本語, 香川
  437. ICUにおける抗菌療法, 志馬伸朗, 侵襲制医学セミナー第19回特別講演, 2016年12月09日, 招待, 日本語, 愛知
  438. 敗血症診療2016アップデート, 志馬伸朗, 大分Critical Care Seminar~敗血症診断医療に対する新たな知見を通して今後のICUを考える~, 2016年12月17日, 招待, 日本語, 大分
  439. 症例から紐解く敗血症診療ガイドライン2017, 志馬伸朗, 第6回広島大学病院感染症セミナー~治癒につながる感染症診療ストラテジー~, 2017年01月15日, 通常, 日本語, 広島
  440. (監修)ひろしま呼吸管理セミナー, 志馬伸朗, ひろしま呼吸管理セミナー, 2017年01月28日, 通常, 日本語
  441. アイスブレイク, 志馬伸朗, ひろしま呼吸管理セミナー, 2017年01月28日, 通常, 日本語
  442. 質疑応答・クロージング, 志馬伸朗, ひろしま呼吸管理セミナー, 2017年01月28日, 通常, 日本語
  443. 呼吸管理の常識と日々の実践を見直す, 志馬伸朗, 第29回沖縄呼吸ケアセミナー, 2017年02月11日, 通常, 日本語, 沖縄
  444. 周術期感染制御:最新の知見, 志馬伸朗, 福島県周術期管理セミナー, 2017年02月18日, 通常, 日本語, 福島
  445. 集中治療における深在性真菌症対策, 志馬伸朗, 第18回大分県深在性真菌症研究会, 2017年03月03日, 通常, 日本語, 大分
  446. 敗血症の抗微生物療法, 志馬伸朗, 第28回新都心感染症研究会, 2017年03月07日, 通常, 日本語, 東京
  447. 抗菌薬スチュワードシップとICUにおける医療の質評価, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 教育セミナー8, 2017年03月09日, 招待, 日本語, 札幌
  448. 重症患者の発熱は解熱しない, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 Pro-Con2 敗血症患者の発熱を解熱するか?, 2017年03月09日, 招待, 日本語, 札幌
  449. セッション1重症患者の早期回復のために今、知っておくべきこと Enhanced recovery antimicrobial therapy:早期回復につながる抗菌療法を目指して, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 イブニングセミナー1 ICU早期回復を目指して, 2017年03月09日, 招待, 日本語, 札幌
  450. テーマを見つける + 倫理委員会に出す, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 企画セミナー27 観察研究を計画しよう, 2017年03月09日, 招待, 日本語, 札幌
  451. 特定集中治療室管理料1及び2算定施設における実態調査報告:2017, 志馬伸朗, 土井松幸, 遠藤重厚, 坂本哲也, 武居哲洋, 森崎 浩, 上田恭敬, 八木橋智子, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月09日, 通常, 日本語, 札幌
  452. PICU全国調査委報告(2016年度版), 小泉沢, 新津健裕, 清水直樹, 多賀直行, 戸田雄一郎, 川崎達也, 黒澤寛史, 西村奈穂, 賀来典之, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会. 委員会報告5 PICU協議会活動報告, 2017年03月09日, 通常, 日本語, 札幌
  453. 日本版重症患者の栄養療法ガイドライン:各論作成経過の報告と未来への提言, 小谷穣治, 江木盛時, 海塚安郎, 亀井有子, 神應知道, 木下浩作, 佐藤格夫, 清水孝宏, 清水義之, 志馬伸朗, 白井邦博, 巽博臣, 西田修, 東別府直紀, 松田謙一, 真弓俊彦, 氏家良人, 平澤博之, 第44回日本集中治療医学会学術集会 委員会報告6(CR6-1), 2017年03月09日, 通常, 日本語, 札幌
  454. 日本版敗血症診療ガイドライン2016(J-SSCG2016)の概要と作成の意義, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 的場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治,貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  455. 日本版敗血症診療ガイドライン2016の作成方法, 江木盛時, 井上茂亮, 角由佳, 林田敬, 原嘉孝, 福田龍昇, 松田明久, 安田英人, 矢田部智昭, 山川一馬, 山下和人, 松嶋麻子, 坂本壮, 射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 小倉裕司, 西田修, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  456. 敗血症の診断, 中田孝明, 松田直之, 小倉裕司, 藤島清太郎, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 布宮伸, 林淑朗, 松嶋麻子, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  457. 日本版敗血症診療ガイドライン2016:初期蘇生と循環作動薬, 垣花泰之, 松嶋麻子, 久志本成樹, 松田明久, 神應知道, 井出健太郎, 安田英人, 櫻谷正明, 松田直之, 西田修, 小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  458. 輸液用血液製剤, 静脈血栓塞栓症(VTE)の予防と診断, 松嶋麻子, 角由佳, 廣瀬智也, 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松田直之, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  459. 日本版敗血症診療ガイドライン2016における推奨紹介, 江木盛時, 安田英人, 海塚安郎, 角由佳, 吉田健史, 橋本悟, 原嘉孝, 後藤孝治, 佐藤格夫, 坂本壮, 笹野幹雄, 山直也, 山下和人, 小豆畑丈夫, 松田明久, 神應知道, 清水健太郎, 早川峰司, 大沼哲, 大嶋清宏, 滝本浩平, 巽博臣, 谷口巧, 長谷川隆一, 鶴田良介, 土井研人, 土井松幸, 東別府直紀, 藤村直幸, 白井邦博, 福家良太, 福田龍将, 矢田部智昭, 林田敬, 西田修, 小倉裕司,井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好機, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  460. 小児における推奨, 志馬伸朗, 中川聡, 青山和由, 井出健太郎, 川崎達也, 竹内宗之, 平井克樹, 松本正太朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  461. 小児集中治療の品質評価の基盤整備―JaRPACとPIM-j―, 六車崇, 松本正太朗, 松井彦郎, 清水直樹, 志馬伸朗, シンポジウム16 小児集中治療(PICU)診療の品質評価と品質改善の方略 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  462. 集中治療医とICD、感染症専門医資格, 志馬伸朗, 藤谷茂樹, 小林敦子, 松田愛, 第44回日本集中治療医学会学術集会 委員会報告8 感染管理委員会の活動報告-耐性菌を減らすための活動, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  463. 国公立大学附属病院集中治療部協議会との連動, 志馬伸朗, 松田直之, 第44回日本集中治療医学会学術集会 委員会報告8 感染管理委員会の活動報告-耐性菌を減らすための活動, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  464. DPCから見た集中治療室, 武井哲洋, 林田賢史, 内藤貴基, 山下和人, 細川康二, 志馬伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム11 地域医療計画における集中治療室, 2017年03月10日, 通常, 日本語, 札幌
  465. 敗血症診療ガイドライン2017 up date, 志馬伸朗, 第30回広島外科フォーラム, 2017年03月16日, 通常, 日本語, 広島
  466. 重症患者の発熱マネジメント, 志馬伸朗, 多職種連携学術講演会~中丹西地区の救急医療を考える~, 2017年03月19日, 通常, 日本語, 京都
  467. Closing remarks, 志馬伸朗, ジェネラリスト・一般内科・専門医の為の消化器エキスパートセミナー, 2017年03月31日, 通常, 日本語, 京都
  468. 救急外来部門における微生物検査体制, 渡邉学, 志馬伸朗, 森田正則, 佐々木淳一, 柳原克紀, 第65回日本化学療法学会学術集会 シンポジウム15 救急医療の現場における感染対策―合同ワーキングによって得られた成果―, 2017年04月08日, 通常, 日本語, 東京
  469. 人工呼吸関連肺炎, 志馬伸朗, 第14回呼吸ケアカンファレンス「アドバンストレクチャー」, 2017年04月22日, 通常, 日本語, 東京
  470. VILI概念に基づくARDS患者の呼吸管理, 志馬伸朗, シンポジウム8 ARDS患者のトータルマネジメント. 第57回日本呼吸器学会学術講演会, 2017年04月22日, 通常, 日本語, 東京
  471. 救急・集中治療領域での感染症マネジメント, 志馬伸朗, 島根感染症セミナー, 2017年05月25日, 通常, 日本語, 島根
  472. 救急外来における微生物検査の現状と問題点, 志馬伸朗, 佐々木淳一, 渡邊学, 森田正則, 柳原克紀, 第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会 ワークショップ3 救急外来部門における感染対策検討(ERIC)ワーキンググループ, 2017年05月27日, 通常, 日本語, 東京
  473. 救急外来部門における感染対策検討(ERIC)ワーキンググループ 救急外来における微生物検査の現状と問題点, 志馬伸朗, 佐々木 淳一, 渡邊 学, 森田 正則, 柳原 克紀, 第20回日本臨床救急医学会総会, 2017年05月27日, 通常, 日本語, 東京
  474. 敗血症ガイドライン2016~少し深く読んでみる~, 志馬伸朗, 第49回IDATENインタラクティブケースカンファレンス, 2017年06月03日, 通常, 日本語, 東京
  475. 敗血症ガイドライン~抗菌療法を中心に~, 志馬伸朗, 第32回高知県感染症研究会, 2017年06月28日, 通常, 日本語, 高知
  476. 薬剤感受性検査の迅速診断, 福田修, 伊藤 千慧, 中村 美咲, 常松 裕子, 志馬 伸朗, 第29回臨床微生物迅速診断研究会, 2017年07月01日, 通常, 日本語, 福島
  477. あらためて考える、バイタルサイン, 志馬伸朗, 国立病院機構福山医療センターオープンカンファレンス, 2017年07月05日, 通常, 日本語, 福山
  478. 敗血症における抗菌療法, 志馬伸朗, 神奈川感染症セミナー, 2017年07月06日, 通常, 日本語, 横浜
  479. Opning. 血液凝固とDICを究める, 志馬伸朗, おりづるサマーセミナー, 2017年07月08日, 通常, 日本語, 広島
  480. 救急災害医療の基礎知識:特に初期対応について, 志馬伸朗, 第142回広島県眼科医講習会, 2017年07月09日, 通常, 日本語, 広島
  481. ECMO治療成績向上におけるECMOプロジェクト活動の意義, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 中川聡, 西田修, 青景聡之, 竹田晋浩, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会 シンポジウム2 ECMOの使用は適切か?, 2017年07月16日, 通常, 日本語, 東京
  482. 成人肺炎診療ガイドライン2017:救急集中治療医の立場から, 志馬伸朗, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会 シンポジウム3 新しい肺炎治療ガイドラインについて, 2017年07月16日, 通常, 日本語, 東京
  483. 日本におけるHFNCの実態:社会保険委員会調査より, 志馬伸朗, 蝶名林直彦, 第39回日本呼吸療法医学会学術集会 シンポジウム4ハイフローセラピー(HFNC)は、成人・小児呼吸管理のパラダイムシフトになるか-間違った使用をしていませんか?, 2017年07月16日, 通常, 日本語, 東京
  484. 重症感染症の抗菌療法, 志馬伸朗, 平成29年 第1回 北部福岡感染症研究会, 2017年07月19日, 通常, 日本語, 福岡
  485. カテーテル関連感染症の予防と治療, 志馬伸朗, 第51回日本ペインクリニック学会総会 ICD講習会, 2017年07月22日, 通常, 日本語, 岐阜
  486. 敗血症治療を考える~診断と治療~, 志馬伸朗, ICUセミナーin名古屋~早期離床を目指して~, 2017年07月29日, 通常, 日本語, 名古屋
  487. 臨床研究とガイドラインを考える~新しい敗血症ガイドラインも含めて, 志馬伸朗, 第294回 長野県周産期カンファランス, 2017年08月02日, 通常, 日本語, 長野
  488. lecture.血流感染症・敗血症, 志馬伸朗, 感染症サマースクール2017 ワークショップ3, 2017年08月05日, 通常, 日本語, 東京
  489. 人工呼吸器における感染・栄養管理, 志馬伸朗, 第57回臨床呼吸機能講習会, 2017年08月25日, 通常, 日本語, 横浜
  490. 人工呼吸器関連肺炎対策2017アップデート, 志馬伸朗, おおさか呼吸管理セミナー 呼吸管理の知識の引き出しを増やし、明日から実践!, 2017年08月26日, 通常, 日本語, 大阪
  491. 小児の呼吸管理, 志馬伸朗, 第22回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会, 2017年08月28日, 通常, 日本語, 東京
  492. 敗血症ガイドライン2016, 志馬伸朗, 高知重症感染症セミナー, 2017年09月16日, 通常, 日本語, 高知
  493. 人工呼吸器関連肺炎, 志馬伸朗, 第7回呼吸治療関連指定講習会, 2017年09月23日, 通常, 日本語, 東京
  494. 敗血症のバイオマーカーを再考する, 志馬伸朗, ABBOTT FAIR 2017京都, 2017年09月28日, 通常, 日本語, 京都
  495. 敗血症ガイドライン2016アップデート~ショック管理を中心に~, 志馬伸朗, 第32回日本Shock学会総会ランチョンセミナー2, 2017年09月30日, 通常, 日本語, 岐阜
  496. 敗血症ガイドライン~抗菌療法を中心に~, 志馬伸朗, 第3回北摂感染ネットワーク, 2017年09月30日, 通常, 日本語, 大阪
  497. 救急外来部門における微生物検査体制:問題点と解決への糸口, 志馬伸朗, 佐々木淳一, 渡邊学, 森田正則, 柳原克紀, 横田裕行, 第45回日本救急医学会総会・学術集会 ワークショップ1., 2017年10月24日, 通常, 日本語, 大阪
  498. 救急領域における抗菌薬の選び方, 志馬伸朗, 第45回日本救急医学会総会・学術集会 教育講演I-21, 2017年10月26日, 招待, 日本語, 大阪
  499. 抗菌薬のやめどき, やめかたを考える, 志馬伸朗, 第45回日本救急医学会総会・学術集会 ランチョンセミナー26, 2017年10月26日, 招待, 日本語, 大阪
  500. 救急集中治療におけるantimicrobial/antifungal stewardship, 志馬伸朗, 合同開催 第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第65回日本化学療法学会西日本支部総会 ランチョンセミナー4, 2017年10月27日, 招待, 日本語, 長崎
  501. 救急・集中治療領域での感染症マネジメント, 志馬伸朗, 第8回長崎麻酔セミナー, 2017年11月01日, 通常, 日本語, 長崎
  502. 敗血症の定義/概念と病態生理のアップデート, 志馬伸朗, 第27回日本医療薬学会年会 シンポジウム25 敗血症治療のアップデート2017, 2017年11月04日, 通常, 日本語, 千葉
  503. 侵襲・炎症・感染を理解する, 志馬伸朗, 2017年度ICU・CCU看護教育セミナー(中級コース), 2017年11月10日, 通常, 日本語, 東京
  504. 隣県ドクターヘリとの連携が有効であった一例, 佐々智宏, 津村龍, 志馬伸朗, 廣橋伸之, 第24回日本航空医療学会総会・学術集会 シンポジウム県境を越えたドクターヘリ広域連携, 2017年11月10日, 通常, 日本語, 青森
  505. Community-acquired and Healthcare-acquired pneumonia, 志馬伸朗, 第5回MCCRC in Japan, 2017年11月11日, 通常, 日本語, 京都
  506. 敗血症診療ガイドライン2016, 志馬伸朗, 旭化成社員研修会, 2017年11月14日, 招待, 日本語, 広島
  507. 救急集中治療領域の抗真菌治療, 志馬伸朗, 第16回関東深在性真菌症研究会, 2017年11月25日, 通常, 日本語, 東京
  508. 感染症と炎症反応バイオマーカー:プロカルシトニンを中心に, 志馬伸朗, 第30回日本外科感染症学会総会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, 東京
  509. 肺炎と敗血症, 志馬伸朗, 第26回大阪シンポジウム, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 大阪
  510. 小児急性期NPPV:エビデンスを含めた概論, 志馬伸朗, 第17回急性期NPPV研究会, 2017年12月09日, 通常, 日本語, 東京
  511. 敗血症の診療戦略~敗血症診療ガイドライン2016を参考に~, 志馬伸朗, 第11回豊の国地域医療懇話会, 2018年01月12日, 通常, 日本語, 大分
  512. ICUでの抗菌薬:これだけ使えれば上手くいく, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第2回中国四国支部学術集会, 2018年01月27日, 通常, 日本語, 岡山
  513. ICUでの抗菌薬:これだけ使えれば上手くいく, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第2回中国四国支部学術集会 集中治療セミナー(1)リフレッシュセミナー, 2018年01月28日, 通常, 日本語, 岡山
  514. 敗血症診療ガイドライン2016:小児, 志馬伸朗, 平成29年度良質な医師を育てる研修(小児救急に関する研修), 2018年02月01日, 通常, 日本語, 香川
  515. 敗血症診療ガイドライン2016:小児, 志馬伸朗, 平成29年度良質な医師を育てる研修(小児救急に関する研修), 2018年02月01日, 通常, 日本語, 香川
  516. 救急での感染症, 志馬伸朗, 平成28年度良質な医師を育てる研修(小児救急に関する研修会), 2018年02月02日, 通常, 日本語, 岡山
  517. ドクターヘリで搬送したくも膜下出血症例の検討, 津村 龍, 鈴木 慶, 田邉 優子, 坂本 繁幸, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第23回日本脳神経外科救急学会, 2018年02月02日, 通常, 日本語, 奈良
  518. 座長, 志馬伸朗, 第30回広島救急初療研究会学術講演会, 2018年02月06日, 通常, 日本語, 広島
  519. 救急外来における微生物検査 JAAM-ERICによる救急外来における微生物検査現状調査の報告, 渡邉 学, 日本臨床微生物学会, 2018年02月09日, 通常, 日本語, 岐阜
  520. 座長:日本救急医学会合同シンポジウム, 志馬伸朗, 第29回日本臨床微生物学会総会・学術集会 日本救急医学会合同シンポジウム, 2018年02月11日, 通常, 日本語, 岐阜
  521. 敗血症診療と血液培養:ガイドラインから現場での工夫, 志馬伸朗, 第5回九州感染症検査フォーラム, 2018年02月17日, 通常, 日本語, 福岡
  522. 敗血症診療と血液培養:ガイドラインから現場での工夫, 志馬伸朗, 第5回九州感染症検査フォーラム, 2018年02月17日, 通常, 日本語, 福岡
  523. 集中治療と診療報酬, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 東京
  524. 第7回MIICS, 志馬伸朗, 三鴨廣繁, 鶴田良介, 第45回日本集中治療医学会学術集会 教育セミナー, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  525. 本邦における敗血症診療ガイドライン作成の意義とその恩恵., 小倉裕司, 西田修, 井上茂亮, 射場 敏明,今泉 均,江木 盛時,垣花 泰之,久志本 成樹,小谷 穣治,貞広 智仁,志馬 伸朗,中川 聡,中田 孝明,布宮 伸, 林 淑朗,藤島 清太郎,升田 好樹,松嶋 麻子,松田 直之,織田 成人,田中 裕, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  526. 集中治療室における薬剤師の活動 日本版Position Paperの作成, 安藝 敬生, 前田幹広, 添田博, 野崎歩, 座間味義人, 畝井浩子, 入江利行, 松田直之, 西村匡司, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  527. 小児集中治療室における人工呼吸器管理関連事象(VAE)多施設協同研究 ─VOYAGE JAPAN study ─, 伊藤 雄介,川崎 達也,川口 敦,志馬 伸朗,笠井 正志, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  528. ICU患者における末梢静脈カテーテル静脈炎発生頻度と危険因子の抽出 ─多施設前向き観察研究のパイロット研究, 安田 英人,近藤 夏樹,山本 良平,志馬 伸朗,森兼 啓太,谷本 唯,前田 幹広,高瀬 暁,阿部 貴行,林 淑朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  529. 一過性の血液分布異常性ショックを呈した早期ダンピング症候群の1 例, 竹下 淳,上田 忠弘,水津 悠,濱中 訓生,田中 博之,別府 賢,西山 慶,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  530. 司会:委員会企画7 新興・再興感染症に対する集中治療と感染症学との連携(小児集中治療委員会), 清水直樹,志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 千葉
  531. 集中治療と診療報酬, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会 委員会企画15 集中治療の保険診療を考える2018(社会保険対策委員会), 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  532. Sepsis-3定義の小児敗血症患者への適応-Pediatric Sepsis Registryの事後解析, 川崎達也, 志馬伸朗, 戸田雄一郎, 竹内宗之, 齊藤修, 第45回日本集中治療医学会学術集会 シンポジウム8 敗血症診療は新しい定義(Sepsis-3)でどう変わったか?, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  533. 社会保険対策委員会の活動報告, 土井 松幸, 武居 哲洋, 坂本 哲也, 森崎 浩, 上田 恭敬, 讃井 將満, 八木橋 智子, 笹渕 裕介, 林田 賢史, 志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  534. Sepsis治療の一歩先へ, 志馬伸朗, イブニングセミナーSepsis予備校.第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  535. ARDSにおける下気道細菌叢の網羅的解析と予後との関連, 京 道人,大下 慎一郎,島谷 竜俊,儀賀 普嗣,木田 佳子,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  536. 高感度電子聴診器を用いた抜管後の呼吸状態増悪の予測:前向き観察研究に向けたパイロット研究, 儀賀 普嗣,大下 慎一郎,大久保 英幸,菊谷 知也,島谷 竜俊,京 道人,大木 伸吾,山賀 聡之,貞森 拓磨,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  537. 当院におけるECMOの現状と今後の課題, 木田 佳子,大下 慎一郎,京 道人,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  538. 小児集中治療の品質評価の基盤整備 ─ JaRPAC と PIMj ─, 六車 崇,松本 正太朗,松井 彦郎,清水 直樹,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  539. 社会保険対策委員会の活動報告, 土井 松幸,武居 哲洋,坂本 哲也,森崎 浩,上田 恭敬,讃井 將満,八木橋 智子,笹渕 裕介,林田 賢史,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  540. 座長:海外招聘講演12, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  541. 司会:委員会企画4 集中治療における薬剤師のポジションを考える, 入江利行, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  542. 司会:委員会企画12 みんなで臨床研究をやろう!【第1部】(CTG委員会), 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  543. 司会:教育セミナーLS20 敗血症性DICとトロンボモジュリン, 志馬伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月22日, 通常, 日本語, 千葉
  544. 救急外来部門における微生物検査体制 問題点と解決への糸口, 志馬伸朗, 渡邊 学, 森田 正則, 佐々木 淳一, 柳原 克紀, 第33回日本環境感染学会総会, 2018年02月23日, 通常, 日本語, 東京
  545. 頸髄損傷による体温調節障害から高熱症と横紋筋融解症を発症した一例, 石井 潤貴,木田 佳子,大下 慎一郎,内田 由紀,岩崎 祐亮,小山 和宏,山賀 聡之,太田 浩平,志馬 伸朗, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月23日, 通常, 日本語, 千葉
  546. 広島県ドクターヘリで対応したスキー・スノーボードによる脳脊髄外傷8例の検討, 津村 龍, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第41回日本脳神経外傷学会, 2018年02月23日, 通常, 日本語, 東京
  547. グラム染色にてコリネ様形態を示したActinomyces neuii subsp.anitratusによる血流感染の1症例, 原 稔典, 樫山 誠也, 木場 由美子, 田寺 加代子, 長岡 里枝, 川下 遙, 鴨川 瑞樹, 笹野 伸介, 太田 浩平, 北野 弘之, 梶原 俊毅, 小野寺 一, 横崎 典哉, 志馬 伸朗, 大毛 宏喜, 第48回日本嫌気性菌感染症学会総会・学術集会, 2018年03月03日, 通常, 日本語, 広島
  548. 司会, 志馬伸朗, 広島市医師会救急蘇生委員会教育セミナー, 2018年03月06日, 通常, 日本語, 広島
  549. 司会:PADと早期離床を多職種で考える, 志馬伸朗, 広島集中治療セミナー, 2018年04月14日, 通常, 日本語, 広島
  550. 座長:共同企画4(日本集中治療医学会)Critical careの今を考える, 志馬伸朗, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月28日, 通常, 日本語, 大阪
  551. 座長:鎮静管理の新たなステージへ(インターネットシンポジウム), 志馬伸朗, ファイザープレセデックスシリンジ全国講演会2018, 2018年04月28日, 通常, 日本語
  552. 座長:集中治療領域におけるMRSA感染症治療薬up-to-date, 志馬伸朗, 第34回日本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月11日, 通常, 日本語, 広島
  553. 特発性肺線維症急性増悪の発症リスクにおけるヘリコバクター・ピロリ感染の重要性, 大下 慎一郎, 京 道人, 志馬 伸朗, 第92回日本感染症学会学術講演会・第66回日本化学療法学会総会合同学会, 2018年05月31日, 通常, 日本語, 岡山
  554. 小児血流感染患者に対する不適切な経験的抗菌薬治療が予後に与える影響, 京 道人, 大下 慎一郎, 小阪 直史, 藤田 直久, 志馬 伸朗, 第92回日本感染症学会学術講演会・第66回日本化学療法学会総会合同学会, 2018年06月01日, 通常, 日本語, 岡山
  555. 広島県ドクターヘリで対応したスキー・スノーボードによる脳脊髄外傷8例の検討, 津村 龍, 鈴木 慶, 山賀 聡之, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第21回日本臨床救急医学会・学術集会, 2018年06月02日, 通常, 日本語, 愛知
  556. 座長:セミナー, 志馬伸朗, 救急・外科ジョイントセミナー in 広島2018, 2018年07月19日, 通常, 日本語, 広島
  557. 座長:共催セミナー NPPVアゲイン!! 乗り手を選ぶNPPVの上手な扱い方~NPPV, HFNC, 侵襲的人工呼吸器の使い分けを考える~, 志馬伸朗, 第40回日本呼吸療法医学会学術集会, 2018年08月05日, 通常, 日本語, 東京
  558. 座長, 志馬伸朗, West Japanクリティカルケアヤングアカデミー, 2018年10月03日, 通常, 日本語, 広島
  559. 好中球分化成熟に与える低体温の影響, 鳥越 勇佑, 志馬 伸朗, 横田 明日美, 神尾 尚馨, 佐藤 淳至, 庄司 月美, 柏木 隆宏, 三浦 康生, 前川 平, 平位 秀世, 第80回日本血液学会学術総会, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 大阪
  560. ECMO施術中に短時間で頻回の血漿リークを認めた高ビリルビン血症の一例, 木田佳子, 大下慎一郎, 京道人, 田邉優子, 細川康二, 志馬伸朗, 第26回小児集中治療ワークショップ, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 京都
  561. 心肺停止から161分後にVA ECMOを導入し救命し得た劇症型心筋炎の一例, 内田由紀, 京道人, 石井潤貴, 山賀聡之, 木田佳子, 太田浩平, 志馬伸朗, 第26回小児集中治療ワークショップ, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 京都
  562. 食物窒息による陰圧性肺水腫の一例, 眞田彩華, 木田佳子, 京道人, 田邉優子, 志馬伸朗, 第26回小児集中治療ワークショップ, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 京都
  563. 座長:ランチョンセミナー, 志馬伸朗, 第26回小児集中治療ワークショップ, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 京都
  564. 司会:ワークショップ2, 志馬伸朗, 第29回日本急性血液浄化学会学術集会, 2018年10月20日, 通常, 日本語, 愛知
  565. Dynamic Needle Tip Positioningを用いた小児患者の超音波ガイド下末梢動静脈穿刺 針先の正確な描出テクニック, 竹下 淳, 吉田 敬之, 中嶋 康文, 中山 力恒, 竹内 宗之, 志馬 伸朗, 日本小児麻酔学会第24回大会, 2018年10月21日, 通常, 日本語, 香川
  566. 司会:ランチョンセミナー4, 志馬伸朗, 日本小児麻酔学会第24回大会, 2018年10月21日, 通常, 日本語, 神戸
  567. 地域医療を支えるドクターヘリ 広島県での様々な連携について, 津村 龍, 鈴木 慶, 山賀 聡之, 板井 純治, 佐々 智宏, 井上 隆治, 山野上 敬夫, 楠 真二, 竹崎 亨, 多田 昌弘, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第25回日本航空医療学会総会, 2018年11月03日, 通常, 日本語, 岡山
  568. 平成30年7月豪雨における広島県のヘリコプター医療活動報告, 津村 龍, 山賀 聡之, 板井 純治, 鈴木 慶, 多田 昌弘, 山本 富三, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第25回日本航空医療学会総会, 2018年11月03日, 通常, 日本語, 岡山
  569. 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズI), 儀賀 普嗣, 貞森 拓磨, 島谷 竜俊, 住吉 泰士, 宮内 英樹, 後藤 哲博, 小野 俊二, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第22回日本遠隔医療学会学術大会, 2018年11月09日, 通常, 日本語, 福岡
  570. 電子聴診器を用いたリアルタイム遠隔聴診システムの研究開発, 儀賀 普嗣, 貞森 拓磨, 石井 潤貴, 菊谷 知也, 島谷 竜俊, 大木 伸吾, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第22回日本遠隔医療学会学術大会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 福岡
  571. 高度救命救急センター・ICUにおける、鼻腔スクリーニングによる、MRSA保菌の疫学と、在室中のMRSA感染の予測, 稲川嵩紘, 大下慎一郎, 山賀聡之, 志馬伸朗, 三学会合同開催 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第66回日本化学療法学会西日本支部総会, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 鹿児島
  572. 司会:教育講演1:敗血症診療ガイドライン2016:臨床での活用と普及, 志馬伸朗, 三学会合同開催 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第66回日本化学療法学会西日本支部総会, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 鹿児島
  573. 内視鏡的乳頭括約筋切開術後出血を血管内治療にて止血しえた一例, 濱田 聖子, 志馬 伸朗, 下釜 翼, 勝島 慎二, 第46回日本救急医学会・学術集会, 2018年11月19日, 通常, 日本語, 横浜市
  574. 西日本豪雨災害緊急報告 広島県における急性期の対応, 楠 真二, 瀬浪 正樹, 石井 龍, 桂藤 和司, 小川 康貴, 大下 慎一郎, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第46回日本救急医学会・学術集会, 2018年11月20日, 通常, 日本語, 横浜市
  575. 病院前で蘇生処置中止希望が示される心肺停止事案 広島での対応, 細川 康二, 西田 優衣, 吉野 雅人, 大谷 直嗣, 久保 富嗣, 岸田 正臣, 山賀 聡之, 志馬 伸朗, 第46回日本救急医学会・学術集会, 2018年11月20日, 通常, 日本語, 横浜市
  576. Dynamic Needle Tip Positioning(DNTP)を用いた小児患者の超音波ガイド下末梢動静脈穿刺 針先の正確な描出法, 31. 竹下 淳, 志馬 伸朗, 第46回日本救急医学会・学術集会, 2018年11月21日, 通常, 日本語, 横浜市
  577. 座長:ワークショップ1 外科・救急領域における特殊感染症, 志馬伸朗, 第31回日本外科感染症学会総会学術集会, 2018年11月28日, 通常, 日本語, 大阪
  578. 座長:研究会, 志馬伸朗, 第18回急性期NPPV研究会, 2018年12月15日, 通常, 日本語, 京都
  579. 座長:セミナー, 志馬伸朗, X'mas呼吸セミナー, 2018年12月22日, 通常, 日本語, 広島
  580. 座長:セミナー, 志馬伸朗, 京都敗血症治療セミナー2019, 2019年01月18日, 通常, 日本語, 京都
  581. 救急集中治療領域で求められる感染症検査, 志馬伸朗, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 日本臨床微生物学会, 東京
  582. 胸部鈍的外傷による単独心室中隔穿孔をきたした一例, 眞田彩華, 木田佳子, 山賀聡之, 高橋伸也, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第3回中国四国支部学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 島根
  583. 肝損傷を合併した鈍的右心耳穿孔に対して人工心肺補助下に修復術を施行した一例, 森尾友香, 三好博実, 菊谷知也, 儀賀普嗣, 村尾正樹, 山賀聡之, 太田浩平, 細川康二, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第3回中国四国支部学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 島根
  584. 透明な尿の培養検査は必要であるか, 播磨尚寛, 福田修, 園屋陽平, 伊藤千慧, 志馬伸朗, 佐田誠, 古田賢二, 宮田茂樹, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 東京
  585. AMR対策アクションプランを踏まえた細菌検査フローの見直しとその効果, 伊藤千慧, 福田修, 播磨尚寛, 園屋陽平, 志馬伸朗, 佐田誠, 古田賢二, 宮田茂樹, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 東京
  586. 喀痰の品質向上へ向けた臨床への介入とその効果, 園屋陽平, 福田修, 播磨尚寛, 伊藤千慧, 志馬伸朗, 佐田誠, 古田賢二, 宮田茂樹, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 東京
  587. 敗血症ガイドラインup to dateこれからの課題, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第3回中国四国支部学術集会, 2019年02月03日, 招待, 日本語, 日本集中治療医学会中国四国支部, 島根県
  588. 敗血症診療ガイドライン2016:小児, 志馬伸朗, 平成30年度良質な医師を育てる研修, 2019年02月07日, 招待, 日本語, 良質な医師を育てる研修, 岡山県
  589. 救急集中治療における抗菌薬適正使用, 志馬伸朗, 第10回愛媛感染制御研究会, 2019年02月16日, 招待, 日本語, 愛媛感染制御研究会, 愛媛県
  590. 座長:ジョイント企画1 救急医学会合同企画(シンポジウム), 志馬伸朗, 第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 2019年02月22日, 通常, 日本語, 神戸
  591. 敗血症の抗菌薬治療, 志馬伸朗, 第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 2019年02月23日, 招待, 日本語, 環境感染学会, 神戸
  592. 敗血症のマネジメント, 志馬伸朗, 第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 2019年02月23日, 招待, 日本語, 環境感染学会, 神戸
  593. ICUにおける肺炎と敗血症, 志馬伸朗, 第46回日本集中治医学会学術集会, 2019年03月01日, 招待, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  594. 血液培養のチカラ 医師が引き出すチカラ, 志馬伸朗, 第46回日本集中治医学会学術集会, 2019年03月01日, 招待, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  595. 集中治療における薬剤有害事象とリスクマネージメント~薬剤の安全管理を考える 薬剤管理のリスクマネジメントにおけるICU常駐薬剤師の役割, 吉川博, 佐藤 智人, 畝井 浩子, 太田 浩平, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 松尾 裕彰, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月01日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  596. Dynamic needle tip positioningを用いた小児患者の超音波ガイド下末梢静脈穿刺 ランダム化比較試験, 竹下 淳, 伊東 幸恵, 稲田 雄, 中嶋 康文, 中山 力恒, 西山 慶, 籏智 武志, 清水 義之, 竹内 宗之, 志馬 伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月01日, 通常, 日本語, 京都
  597. 先行する病態が不明なARDS"類似"患者の予後は不良である, 京 道人, 大下 慎一郎, 木田 佳子, 太田 浩平, 細川 康二, 志馬 伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月01日, 通常, 日本語, 京都
  598. 敗血症/重症血流感染患者を対象とした迅速多項目PCR検査の臨床的有用性に関する非介入研究, 板井 純治, 京 道人, 大下 慎一郎, 大毛 宏喜, 梶原 俊毅, 樫山 誠也, 田寺 加代子, 志馬 伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月01日, 通常, 日本語, 京都
  599. Utility of continuous monitoring and visualizing system for respiratory sounds., Kikutani K, Ohshimo S, Ohki S, Giga H, Yamaga S, Sadamori T, Shime N, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月01日, 通常, 英語, 京都
  600. 新しい微生物診断テクノロジーが切り開く集中治療領域の感染症治療, 志馬伸朗, 第46回日本集中治医学会学術集会, 2019年03月02日, 招待, 日本語
  601. 小児の人工呼吸管理の未来 人工呼吸器とのより良い同調性を確保するために, 島谷竜俊, 大下慎一郎,志馬伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  602. 日本版敗血症診療ガイドライン2020を展望する:New Challenge! JSSCGの将来展望 目指すべきもの, 小倉裕司, 江木 盛時, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  603. 日本版敗血症診療ガイドライン2020を展望する:New Challenge! JSSCG2020 GLのバンドル化への期待Expectation for bundling JSSCG2020, 垣花泰之, 小倉 裕司, 江木 盛時, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  604. 日本版敗血症診療ガイドライン2020を展望する:New Challenge! JSSCG2020 注目領域Pick Up!神経集中治療, 黒田泰弘, 小倉 裕司, 江木 盛時, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  605. 日本版敗血症診療ガイドライン2020を展望する:New Challenge! JSSCG2020 注目領域Pick Up!Sepsis Treatment System., 升田好樹, 安宅 一晃, 松嶋 麻子, 小倉 裕司, 江木 盛時, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  606. 日本版敗血症診療ガイドライン2020を展望する:New Challenge! J-SSCG2020 注目領域Pick Up!Patients Centered Therapy and Family Care, 西田修, 江木 盛時, 小倉 裕司, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  607. 日本版敗血症診療ガイドライン2020を展望する:New Challenge! JSSCG2020 注目領域Pick Up!小児, 川崎達也, 小倉 裕司, 江木 盛時, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会., 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  608. 日本版敗血症診療ガイドライン2020を展望する:New Challenge! JSSCG2020 注目領域Pick Up!抗菌薬治療, 志馬伸朗, 小倉 裕司, 江木 盛時, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  609. 日本版敗血症診療ガイドライン2020を展望する:New Challenge! J-SSCG2020におけるチャレンジと課題 新たな組織、作業工程, 江木盛時, 小倉 裕司, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  610. Association between apporopriate empiric antimicrobial therapy and mortalitu from bloodstream infections in the intensive care unit., Yamaga S, Shime N, Ohshimo S., 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 英語, 京都
  611. 診断にこだわる敗血症診療, 志馬伸朗, 第46回日本集中治医学会学術集会, 2019年03月03日, 招待, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  612. 世界の敗血症の現状と課題GSA2020を前に 世界の敗血症対策と日本の政策, 松嶋麻子, 小倉 裕司, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中川 聡, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 大野 博司, 垣花 泰之, 川崎 達也, 松田 直之, 明神 哲也, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 西村 匡司, 田中 裕, 日本集中治療医学会GSA委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月03日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  613. 世界の敗血症の現状と課題GSA2020を前に PICS気が付いた時には患者さんはICUにいない?誰と一緒にアプローチ?, 井上茂亮, 小倉 裕司, 松嶋 麻子, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中川 聡, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 大野 博司, 垣花 泰之, 川崎 達也, 松田 直之, 明神 哲也, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 西村 匡司, 田中 裕, 日本集中治療医学会GSA委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月03日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  614. 世界の敗血症の現状と課題GSA2020を前に 初期治療輸液と血管作動薬 画一的な対応(one-size-fits-all)でよいか?, 中田孝明, 小倉 裕司, 松嶋 麻子, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中川 聡, 藤島 清太郎, 大野 博司, 垣花 泰之, 川崎 達也, 松田 直之, 明神 哲也, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 西村 匡司, 田中 裕, 日本集中治療医学会GSA委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月03日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  615. 世界の敗血症の現状と課題GSA2020を前に RRS/EWSの普及によって敗血症の予後は改善したか?, 川崎達也, 小倉 裕司, 松嶋 麻子, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中川 聡, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 大野 博司, 垣花 泰之, 松田 直之, 明神 哲也, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 西村 匡司, 田中 裕, 日本集中治療医学会GSA委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月03日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  616. 世界の敗血症の現状と課題GSA2020を前に 日本の敗血症の疫学 sepsis registryからのメッセージ, 小倉裕司, 松嶋 麻子, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中川 聡, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 大野 博司, 垣花 泰之, 川崎 達也, 松田 直之, 明神 哲也, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 西村 匡司, 田中 裕, 日本集中治療医学会GSA委員会, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月03日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 京都
  617. 交差法と平行法を組み合わせた超音波ガイド下中心静脈穿刺と、交差法・平行法との比較 ランダム化比較試験, 竹下 淳, 西山 慶, 志馬 伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月03日, 通常, 日本語, 京都
  618. 間質性肺炎急性増悪に対してVV ECMO導入した2症例の血清マーカーの経時的変化, 木田 佳子, 京 道人, 細川 康二, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月03日, 通常, 日本語, 京都
  619. 重症感染症に対する抗微生物薬の適正使用, 志馬伸朗, 重症感染症フォーラム2019, 2019年03月09日, 招待, 日本語, 新潟
  620. 内頸動脈損傷による脳梗塞をきたした頭部外傷の1例, 津村 龍, 太田 浩平, 細川 康二, 山賀 聡之, 菊谷 知也, 志馬 伸朗, 栗栖 薫, 第42回日本脳神経外傷学会, 2019年03月09日, 通常, 日本語, 兵庫
  621. 敗血症のコントロバシー, 志馬伸朗, 第51回なんでも症例検討会, 2019年03月16日, 招待, 日本語, 広島
  622. 司会:セミナー, 志馬伸朗, 第2回ひろしま集中治療セミナー, 2019年03月21日, 通常, 日本語, 広島
  623. Multidimensional approach for sepsis and septic shock., Shime N, 第93回日本感染症学会総会・学術講演会, 2019年04月05日, 招待, 英語, 日本感染症学会, 名古屋
  624. 救急外来部門における感染対策 救急外来部門における微生物検査室の対応状況と問題点, 渡邉学, 志馬 伸朗, 森田 正則, 佐々木 淳一, 柳原 克紀, 第93回日本感染症学会総会・学術講演会, 2019年04月05日, 通常, 日本語, 日本感染症学会, 名古屋
  625. 非挿管深鎮静および抜管後の呼吸音連続可視化モニタリング, 讃岐 美智義, 志馬 伸朗, 大下 慎一郎, 貞森 拓磨, 清水 勇治, 長谷部 剛, 第30回日本臨床モニター学会, 2019年04月11日, 通常, 日本語, 千葉
  626. 座長:救急・集中治療領域における抗真菌薬の適正使用~Antifungal Stewardshipの実現にむけて~, 志馬伸朗, プロジフインターネットシンポジウム, 2019年04月11日, 通常, 日本語
  627. Infection control in emergency departments in Japan., Sasaki J, KudoD, Shiino Y, Ikeda H, Shime N, Yokota H, The 18th. International Congress of Emergency Medicine, 2019年04月12日, 通常, 日本語, The 18th. International Congress of Emergency Medicine, Seoul
  628. Infection control in emergency departments in Japan., Sasaki J, KudoD, Shiino Y, Ikeda H, Shime N, Yokota H, The 18th. International Congress of Emergency Medicine, 2019年04月12日, 通常, 英語, Seoul
  629. Survey for infection control in emergency departments in Japan., Sasaki J, KudoD, Shiino Y, Ikeda H, Shime N, Ohge H, The 29th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, 2019年04月13日, 通常, 英語, The 29th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, Amsterdam, Netherlands
  630. ASPECT-NP: a randomized, double-blind, phase III trial comparing efficacy and safety of ceftolozane/tazobactam versus meropenem in patients with ventilated nosocomial pneumonia (VNP), Kollef M, Novacek M, Kivisitk Ü, Réa-Neto Á, Shime N, Martin-Loeches I, Timsit J-F, Wunderink RG, Bruno CJ, Huntington JA, Lin K, Yu B, Butterton JR, Rhee EG., The 29th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, 2019年04月13日, 通常, 英語, The 29th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, Amsterdam, Netherlands
  631. Survey for infection control in emergency departments in Japan., Sasaki J, KudoD, Shiino Y, Ikeda H, Shime N, Ohge H., The 29th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, 2019年04月13日, 通常, 英語, Amsterdam, Netherlands
  632. 呼吸音の可視化・解析システムの臨床応用へ向けた検討―間質性肺炎の診断における有用性―, 掘益靖, 大下慎一郎, 岩本博志, 山口覚博, 坂本信二郎, 益田武, 中島拓, 宮本真太郎, 藤高一慶, 貞森拓磨, 志馬伸朗, 濱田康伸, 服部登, 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月14日, 通常, 日本語, 東京
  633. 敗血症における感染症治療~最新のトピックス~, 志馬伸朗, 救急感染症フォーラム~予防から治療まで~, 2019年04月26日, 招待, 日本語
  634. Clinical and microbiologic outcomes by causative pathogen in the ASPECT-NP randomized, controlled, phase 3 trial evaluating ceftolozane/tazobactam for treatment of ventilated nosocomial pneumonia (VNP), Martin-Loeches I, Kivisitk Ü, Nováček M, Rea-Neto A, Timsit J-F, Shime N, Wunderink RG, Kollef M, Bruno CJ, Huntington JA, Lin G, Yu B, Butterton JR, Rhee EG, The 22nd Annual MAD-ID Meeting, 2019年05月08日, 通常, 英語, The 22nd Annual MAD-ID Meeting, Orlando,Floroda
  635. ASPECT-NP: a randomized, double-blind, phase 3 trial comparing efficacy and safety of ceftolozane/tazobactam versus meropenem in patients with ventilated nosocomial pneumonia (VNP), Kollef M, Novacek M, Kivisitk U, Rea-Neto A, Shime N, Martin-Loeches I, Timsit J-F, Wunderink R, Bruno C, Huntington J, Lin K, Yu B, Butterton JR, Rhee EG, The 22nd Annual MAD-ID Meeting, 2019年05月08日, 通常, 英語, The 22nd Annual MAD-ID Meeting, Orlando,Floroda
  636. 市中敗血症における適正なEmpiric Therapyとは?, 志馬伸朗, 第67回日本化学療法学会総会, 2019年05月09日, 招待, 日本語, 日本化学療法学会, 東京
  637. 血液培養陽性例に対する迅速診断機器の抗菌薬選択への影響, 田寺加代子, 板井純治, 木場由美子, 長岡里枝, 原稔典, 樫山誠也, 小野寺一, 京道人, 横崎典哉, 志馬伸朗, 大毛宏喜, 第67回日本化学療法学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 東京
  638. 縦隔型気管支動脈瘤破裂に対して大動脈遮断バルーン挿入後に胸部大動脈セテントグラフト内挿術により止血し得た一例, 菊谷知也, 板井純治, 太田浩平, 志馬伸朗, 第35回日本救急医学会中国四国地方会, 2019年05月17日, 通常, 日本語, 岡山
  639. 座長:教育講演2, 志馬伸朗, 第35回日本救急医学会中国四国地方会, 2019年05月18日, 通常, 日本語, 岡山
  640. 座長:ポスターディスカッション2, 志馬伸朗, 真菌症フォーラム2019学術集会, 2019年05月18日, 通常, 日本語, 大阪
  641. 座長:招待講演(海外), 志馬伸朗, 日本麻酔科学会 第66回学術集会 第7回東アジア麻酔科学会, 2019年05月30日, 通常, 日本語, 神戸
  642. 座長:優秀演題:救急・ICU, 志馬伸朗, 日本麻酔科学会 第66回学術集会 第7回東アジア麻酔科学会, 2019年05月30日, 通常, 日本語, 神戸
  643. 嘔吐モデルに対する救急救命士による吸引における軟性・硬性吸引管の比較~無作為化クロスオーバー比較試験~, 鈴木慶, 楠真二, 志馬伸朗, 第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 2019年06月01日, 通常, 日本語, 和歌山
  644. 統括、開会の挨拶, 志馬伸朗, 第10回臨床救急Hands-onセミナー, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島
  645. 小児血液培養の未来, 志馬伸朗, 第2回こどもの血液培養と菌血症セミナー, 2019年06月16日, 通常, 日本語, 東京
  646. 救急・集中治療領域において代理意思決定支援を行う医師の倫理的ジレンマ, 二井谷真由美, 市川 由佳, 林 容子, 澤渡 浩之, 志馬 伸朗, 片岡 健, 第24回 日本緩和医療学会学術大会, 2019年06月21日, 通常, 日本語, 日本緩和医療学会, 横浜
  647. 座長:一般口演 多職種連携, 志馬伸朗, 第33回日本小児救急医学会, 2019年06月21日, 通常, 日本語, 埼玉
  648. 敗血症マネジメント2019アップデート, 志馬伸朗, 第9回北陸麻酔研究会, 2019年07月06日, 招待, 日本語, 石川
  649. ICUにおける抗菌薬の使い方~基本から最新アップデートまで~, 志馬伸朗, 日本集中治療医学会第3回東海北陸支部学術集会, 2019年07月13日, 招待, 日本語, 日本集中治療医学会東海北陸支部学術集会, 静岡
  650. 曲がりくねったcritical careの道を行く, 志馬伸朗, 令和元年度青藍会総会学術講演会, 2019年07月15日, 招待, 日本語, 青藍会(徳島大学), 徳島
  651. 遅発的副作用発現が認められたベンラファキシン徐放製剤過量服用症例, 檜山洋子, 吉川 博, 佐藤 智人, 緒方 嘉隆, 太田 浩平, 畝井 浩子, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 松尾 裕彰, 第41回日本中毒学会総会・学術集会, 2019年07月21日, 通常, 日本語, 日本中毒学会, 埼玉
  652. アモキサピンの大量服薬により心停止を起こした1例, 吉川博, 檜山 洋子, 佐藤 智人, 山賀 聡之, 畝井 浩子, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 松尾 裕彰, 第41回日本中毒学会総会・学術集会, 2019年07月21日, 通常, 日本語, 日本中毒学会, 埼玉
  653. 小児敗血症の新しい潮流~定義から治療介入まで, 志馬伸朗, 第19回九州・沖縄小児救急医学会研究会, 2019年07月27日, 通常, 日本語, 九州・沖縄小児救急医学会研究会, 福岡
  654. (座長)特別招聘講演5 インフルエンザの重症化メカニズム-宿主核内システムの応答機構-, 志馬伸朗, 第41回日本呼吸療法医学会学術集会, 2019年08月03日, 通常, 日本語, 日本呼吸療法医学会, 大阪
  655. Outcomes in patients with ventilated nosocomial pneumonia (NP) and organ failure treated with ceftolozane/tazobactam (C/T) vs meropenem (MER) - analysis of the ASPECT-NP randomized, controlled trial., Martin-Loeches I, Bruno CJ, Shime N, Wunderink RG, Kollef M, Kivistik Ü, Nováček M, Réa-Neto A, Timsit J-F, Yu B, Huntington JA, Jensen E, Butterton JR, Rhee EG, Shorr AF., ESICM (2019) European Society of Intensive Care Medicine 32nd Annual Congress., 2019年09月30日, 通常, 英語, ESICM, Berlin
  656. Ceftolozane/tazobactam (C/T) vs meropenem (MEM) in patients with ventilated hospital-acquired pneumonia (vHAP) – subset analysis of the ASPECT-NP randomized, controlled, phase 3 trial., Timsit J-F, Huntington JA, Wunderink RG, Shime N, Kollef M, Kivistik Ü, Nováček M, Réa-Neto A, Martin-Loeches I, Yu B, Bruno CJ, Jensen E, Butterton JR, Wolf DJ, Rhee EG., ESICM (2019) European Society of Intensive Care Medicine 32nd Annual Congress., 2019年09月30日, 通常, 英語, ESICM (2019) European Society of Intensive Care Medicine 32nd Annual Congress., Berlin
  657. 救急救命士による血糖測定並びにブドウ糖溶液投与の課題 広島市消防局における検証, 山賀聡之, 細川 康二, 三好 磨耶, 山本 達典, 久保 富嗣, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月02日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  658. 挿管困難が予想される耳鼻科疾患の気道狭窄に対し緊急挿管手法が与える影響, 京道人, 細川 康二, 鈴木 慶, 志馬 伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月02日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  659. (司会)徹底討論5 小児敗血症の循環管理のポイントは?, 志馬伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  660. (座長)ランチョンセミナー12 救急・集中治療領域における新たな抗菌薬を用いた治療戦略, 志馬伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  661. カテコラミン抵抗性ショックを契機として判明したアグレッシブNK細胞白血病の一例, 芳野由弥, 京 道人, 森尾 友香, 三好 博実, 山賀 聡之, 太田 浩平, 志馬 伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  662. 広島市消防局における転院搬送の中の心停止事案の状況, 細川康二, 三好 磨耶, 上落 孝文, 久保 富嗣, 山賀 聡之, 志馬 伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  663. 小児末梢静脈カテーテルの血管内適正留置の確認 心臓超音波を用いた右房内微小気泡検出法, 竹下淳, 谷口 昌志, 志馬 伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  664. グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! WHOの敗血症対策 多分野にわたる、組織を越えた連携を目指して, 斎藤浩輝, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  665. グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 薬剤耐性菌への感染対策, 川村英樹, 柳原 克紀, 中川 聡, 小倉 裕司, 松村 康史, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 田中 裕, 西村 匡司, 舘田 一博, Japan Sepsis Alliance, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  666. グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 薬剤耐性菌の検査法と抗菌薬適正使用, 松村康史, 柳原 克紀, 中川 聡, 小倉 裕司, 川村 英樹, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 田中 裕, 西村 匡司, 舘田 一博, Japan Sepsis Alliance, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  667. グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 世界の敗血症疫学研究の今, 中田孝明, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 松嶋 麻子, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 藤島 清太郎, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 川村 英樹, 松村 康史, 舘田 一博, 西村 匡司, 田中 裕, Japan Sepsis Alliance, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  668. グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 世界の多臓器傷害研究の今, 松田直之, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  669. グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 敗血症における抗菌薬の使い分け, 志馬伸朗, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 井上 貴昭, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 川村 英樹, 松村 康史, 舘田 一博, 西村 匡司, 田中 裕, Japan Sepsis Alliance, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  670. グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 小児敗血症対策 予防と早期発見で何ができるか, 中川聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  671. グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! Global Sepsis Alliance(GSA) 2020年までの5つの目標と対策, 松嶋麻子, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  672. グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! グローバルな敗血症PICS対策, 井上茂亮, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 松嶋 麻子, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 川村 英樹, 松村 康史, 舘田 一博, 西村 匡司, 田中 裕, Japan Sepsis Alliance, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月03日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  673. アナフィラキシーの疑いでドクターヘリが要請された症例の検討, 津村龍, 鈴木 慶, 太田 浩平, 田邉 優子, 山賀 聡之, 板井 純治, 大下 慎一郎, 廣橋 伸之, 志馬 伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月04日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  674. Rapid Response System起動によりICUに入室した患者の分析, 森尾友香, 細川 康二, 岡本 茉莉江, 山賀 聡之, 太田 浩平, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月04日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  675. 再挿管患者における早期気管切開の有用性に関する検討, 石井潤貴, 京 道人, 木田 佳子, 志馬 伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月04日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  676. 重症呼吸不全に対してVA-ECMO管理を行ったAicardi-Goutieres syndrome(IFIH1)症例, 田邉優子, 木田 佳子, 眞田 彩華, 石井 潤貴, 鈴木 慶, 志馬 伸朗, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月04日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  677. 日本版敗血症治療ガイドライン2020 Coming Soon! J-SSCG2016から2020へのバトンタッチ, 西田修, 小倉 裕司, 江木 盛時, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, J-SSCG2020特別委員会, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月04日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  678. 日本版敗血症治療ガイドライン2020 Coming Soon! J-SSCG2020のチャレンジ 組織づくりと新たな取り組み, 小倉裕司, 江木 盛時, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, J-SSCG2020特別委員会, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月04日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  679. 日本版敗血症治療ガイドライン2020 Coming Soon! 使ってもらえるガイドラインに挑む 小児領域の取り組み, 川崎達也, 小倉 裕司, 江木 盛時, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, J-SSCG2020特別委員会, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月04日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  680. 日本版敗血症治療ガイドライン2020 Coming Soon! JSSCG2020の公開方法と見える化の革新, 中田孝明, 江木 盛時, 小倉 裕司, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, J-SSCG2020特別委員会, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月04日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  681. 日本版敗血症治療ガイドライン2020 Coming Soon! J-SSCGの作成を通した多職種・多学会の連携は敗血症診療に何をもたらすか?, 松嶋麻子, 小倉 裕司, 江木 盛時, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 西田 修, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, J-SSCG2020特別委員会, 第47回日本救急医学会総会・学術集会, 2019年10月04日, 通常, 日本語, 日本救急医学会, 東京
  682. 無人航空機を利用した医療過疎地における緊急血液検体搬送の研究開発(フェーズII), 儀賀普嗣, 貞森 拓磨, 島谷 竜俊, 住吉 泰士, 宮内 英樹, 小林 博幸, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 第23回日本遠隔医療学会学術大会, 2019年10月05日, 通常, 日本語, 日本遠隔医療学会, 岩手
  683. アドバイザー, 志馬伸朗, 小児ICU鎮静管理に関するアドバイザリー会議, 2019年10月06日, 通常, 日本語, 東京
  684. 小児麻酔経験のある救急医の小児救急集中治療における存在意義 VA-ECMO管理の経験から, 田邉優子, 志馬伸朗, 日本小児麻酔学会第25回大会, 2019年11月17日, 通常, 日本語, 日本小児麻酔学会, 米子
  685. (座長)イブニングセミナー4 救急領域における嫌気性菌感染症, 志馬伸朗, 第32回日本外科感染症学会総会学術集会, 2019年11月29日, 通常, 日本語, 日本外科感染症学会, 岐阜
  686. (座長)パネルディスカッション4 Post EUPHRATES時代のPMX-DHP, 志馬伸朗, 第32回日本外科感染症学会総会学術集会, 2019年11月29日, 通常, 日本語, 日本外科感染症学会, 岐阜
  687. 炎症反応とバイオマーカーをどう使うか?, 志馬伸朗, 第32回日本外科感染症学会総会学術集会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 日本外科感染症学会, 岐阜
  688. 救急/ICU領域における侵襲性真菌感染症, 志馬伸朗, 第32回日本外科感染症学会総会学術集会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 日本外科感染症学会, 岐阜
  689. 上気道音を用いた換気モニタリング, 佐伯昇, 原木俊明, 森尾篤, 釈舎和子, 三好寛二, 清水慶隆, 讃岐美智義, 貞森拓磨, 大下慎一郎, 志馬伸朗, 第3回気道管理学会学術集会, 2020年01月18日, 通常, 日本語, 気道管理学会, 東京
  690. 気道音を可視化する連続モニタリング装置の開発, 志馬伸朗, 菊谷知也, 大下慎一郎, 貞森拓磨, 儀賀普嗣, 大木伸吾, 石井潤貴, 三好博実, 讃岐美智義, 佐伯昇, 堤保夫, 第3回気道管理学会学術集会, 2020年01月18日, 通常, 日本語, 気道管理学会, 東京
  691. 血液培養を抗菌薬適正使用へ繋げた事例報告 2, 福田修, 伊藤千慧, 志馬伸朗, 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2020年02月01日, 通常, 日本語, 日本臨床微生物学会, 石川
  692. (座長)こどもの血液培養と菌血症カレッジ共催企画 「小児感染症診断のDiagnostic Stewardship ~医師と技師の情報共有を語りつくす~」, 志馬伸朗, 笠井正志, 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2020年02月02日, 通常, 日本語, 日本臨床微生物学会, 石川
  693. 小児感染症診断のDiagnostic Stewardship ~医師と技師の情報共有を語りつくす~」, 福田修, 山田幸司, 伊藤健太, 日馬由貴, 伊藤雄介, 笠井正志, 志馬伸朗, 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2020年02月02日, 通常, 日本語, 日本臨床微生物学会, 石川
  694. 小児感染症診断のDiagnostic Stewardship~医師と技師の情報共有を語りつくす~, 福田修, 山田幸司, 伊藤健太, 日馬由貴, 伊藤雄介, 笠井正志, 志馬伸朗, 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2020年02月02日, 通常, 日本語, 日本臨床微生物学会, 石川
  695. 敗血症診療ガイドライン2016:小児, 志馬伸朗, 令和元年度良質な医師を育てる研修, 2020年02月21日, 招待, 日本語, 岡山
  696. (司会)教育セミナー(イブニング)1 / Chasing the dream of pain-free, trouble-free, IV therapy for all~痛みやトラブルのない輸液療法を求め続ける~, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  697. (司会)パネルディスカッション3/ メディカルスタッフが集中治療専門医に期待すること, 志馬伸朗, 田村富美子, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  698. (司会)パネルディスカッション12 / ICU診療報酬の過去・現在・未来~ICU診療報酬を斬る~, 志馬伸朗, 武居哲洋, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  699. 小児領域の敗血症診療の現状;小児科医,小児集中治療医へのアンケート調査からみえてくること, 伊藤雄介, 川崎達也, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  700. PICUで診療に従事する医師のバックグラウンドに関する調査, 多賀直行, 戸田雄一郎, 小泉沢, 西村奈穂, 新津健裕, 川崎達也, 賀来典之, 黒澤寛史, 清水直樹, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  701. アスファルト熱傷の一例, 高田祐衣, 木田佳子, 芳野由弥, 石井潤貴, 鈴木慶, 田邉優子, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  702. 集中治療室における抗菌薬適正使用介入が与えた影響―単施設後方視的観察研究―, 京道人, 志馬伸朗, 久保有子, 吉川博, 木田佳子, 大下慎一郎, 大毛宏喜, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  703. 尿路感染による敗血症性ショックに対する抗菌薬投与期間短縮戦略の効果:後方視的前後比較研究, 太田浩平, 細川康二, 山賀聡之, 稲川嵩紘, 菊谷知也, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  704. 尿沈渣検査が診断に有用であったエチレングリコール中毒の1例, 尾上綾, 山賀聡之, 佐々木芳恵, 三好博実, 菊谷知也, 京道人, 太田浩平, 細川康二, 横崎典哉, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  705. 敗血症に対する免疫グロブリン投与:J-SSCG2020推奨の解説, 藤島清太郎, 山川 一馬, 関野 元裕, 梅垣 岳志, 徳永 健太郎, 山田 直樹, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 江木 盛時, 小倉 裕司, 田中 裕, 西田 修, 日本集中治療医学会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  706. 敗血症に対する副腎皮質ステロイド投与:J-SSCG2020推奨の解説, 藤島清太郎, 遠藤功二, 山元良, 福田龍将, 升田好樹, 竹下淳, 富永直樹, 河野浩幸, 名原功, 豊﨑光信, 豊田幸樹年, 平野洋平, 安宅一晃, 井上茂亮, 射場敏明, 垣花泰之, 川崎達也, 久志本成樹, 黒田泰弘, 小谷譲治, 志馬伸朗, 谷口巧, 鶴田良介, 土井研人, 土井松幸, 中田孝明, 中根正樹, 細川直登, 松嶋麻子, 松田直之, 矢田部智昭, 江木盛時, 小倉裕司, 田中裕, 西田修., 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月06日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  707. (司会)ワークショップ13 / 徹底討論 集中治療における薬剤師の活動指針, 入江利行, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  708. (司会)シンポジウム27 / 日本版敗血症診療ガイドライン2020;小児敗血症診療を知る, 川崎達也, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  709. 企画主旨, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  710. 呼吸音連続モニタリングシステムにより呼吸音異常を可視化・定量化した2症例, 菊谷知也, 大下慎一郎, 貞森拓磨, 山賀聡之, 儀賀普嗣, 大木伸吾, 石井潤貴, 三好博実, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  711. 腹部超音波検査が診断と経過観察に有用であった上腸間膜動脈症候群の1例, 松島彩子, 山賀聡之, 尾上綾, 三好博実, 藤野光洋, 稲川嵩紘, 日下裕介, 太田浩平, 細川康二, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  712. 西日本の急性期病院における院内迅速対応システムの普及状況調査, 石井潤貴, 鎌田大輝, 細川康二, 山賀聡之, 太田浩平, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  713. 中心静脈カテーテルの椎骨動脈内迷入, 松岡慶朗, 田邉優子, 高田祐衣, 芳野由弥, 石井潤貴, 緒方嘉隆, 鈴木慶, 木田佳子, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  714. 敗血症のリスク因子と日本の現状, 松嶋麻子, 中川 聡, 小倉 裕司, 栁原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  715. 敗血症の免疫抑制のメカニズム―細胞外ATP依存性インフラマゾーム抑制経路の解析―, 廣橋伸之, Minh Ho Van, 太田浩平, 板井純治, 山賀聡之, 鈴木慶, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  716. 小児敗血症診療Questions & Answers, 川崎達也, 志馬 伸朗, 井手 健太郎, 伊藤 雄介, 稲田 雄, 川口 敦, 古薗 弘隆, 谷 昌憲, 松石 雄二朗, 近藤 豊, 三浦 慎也, 板倉 隆太, 旗智 武志, 冨田 健太朗, 芳賀 大樹, 菊地 斉, 榎本 有希, 其田 健司, 林 拓也, 石原 唯史, 木村 翔, 鉄原 健一, 高島 光平, 下山 伸哉, 伊藤 健太, 江木 盛時, 小倉 裕司, 西田 修, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  717. 小児敗血症のエビデンス解説, 近藤豊, 川崎 達也, 志馬 伸朗, 井手 健太郎, 伊藤 雄介, 稲田 雄, 川口 敦, 古薗 弘隆, 谷 昌憲, 三浦 慎也, 松石 雄二朗, 板倉 隆太, 旗智 武志, 冨田 健太朗, 芳賀 大樹, 菊地 斉, 榎本 有希, 其田 健司, 林 拓也, 石原 唯史, 木村 翔, 鉄原 健一, 高島 光平, 下山 伸哉, 伊藤 健太, 江木 盛時, 小倉 裕司, 西田 修, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  718. 敗血症に対する抗菌薬治療のエビデンス解説, 近藤豊, 志馬 伸朗, 細川 直登, 伊藤 健太, 久保 健児, 原 直己, 東平 日出夫, 吉村 旬平, 井村 春樹, 太田 浩平, 狩野 謙一, 菊谷 知也, 佐藤 哲哉, 高橋 希 , 長門 直 , 橋本 英樹, 南 啓介, 江木 盛時, 小倉 裕司, 西田 修, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  719. 抗菌薬選択の解説, 志馬伸朗, 細川 直登, 久保 健児, 伊藤 健太, 原 直巳, 吉村 旬平, 近藤 豊, 江木 盛時, 小倉 裕司, 西田 修, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月07日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  720. (司会)緊急企画 / 新型肺炎と戦う, 川前金幸, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  721. ICU患者の便秘症に対するナルデメジンの有効性に関する後方視的観察研究, 吉川博, 檜山洋子, 山賀聡之, 太田浩平, 佐藤智人, 畝井浩子, 志馬伸朗, 松尾裕彰, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  722. ICU患者の便秘症に対するナルデメジンの有効性に関する後方視的観察研究, 吉川博, 檜山洋子, 山賀聡之, 太田浩平, 佐藤智人, 畝井浩子, 志馬伸朗, 松尾裕彰, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  723. ICUとその他部門とでのCRPとPCT陽性率の比較検討, 藤野光洋, 細川康二, 太田浩平, 志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  724. 集中治療における研究とその環境:二カ国横断調査, 小谷祐樹, Na Sungwon, 志馬 伸朗, 川崎 達也, 安田 英人, 川口 敦, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  725. オリンピック・パラリンピックで敗血症は増えるのでしょうか?東京オリンピック・パラリンピックに向けたマスギャザリング・メディシン., 松嶋麻子, 中川 聡, 小倉 裕司, 栁原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  726. 日本版敗血症診療ガイドライン2020における多職種連携, 河合 佑亮, 西田 修, 飯田 有輝, 宇都宮 明美, 古薗 弘隆 , 山田 亨, 吉田 悠平, 江木 盛時, 小倉 裕司, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  727. Sepsis Treatment System, 升田 好樹, 江木 盛時, 小倉 裕司, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 藤島 清太郎, 細川 直登,松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 西田 修, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  728. J-SSCG2020における推奨ダイジェスト, 江木 盛時, 小倉 裕司, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹 , 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 西田 修, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  729. 日本版敗血症診療ガイドラインの歴史, 西田修, 江木 盛時, 小倉 裕司, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹 , 松嶋 麻子, 松田 直之, 矢田部 智昭, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  730. 敗血症の定義と診断:普及させよう早期発見, 松田直之, 江木 盛時, 小倉 裕司, 安宅 一晃, 井上 茂亮, 射場 敏明, 垣花 泰之, 川崎 達也, 久志本 成樹, 黒田 泰弘, 小谷 穣治, 志馬 伸朗, 谷口 巧, 鶴田 良介, 土井 研人, 土井 松幸, 中田 孝明, 中根 正樹, 藤島 清太郎, 細川 直登, 升田 好樹 , 松嶋 麻子, 矢田部 智昭, 西田 修, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  731. 呼吸管理のEvidence, 安田英人, 中根 正樹, 志馬 伸朗, 橋本 悟, 安藤 幸吉, 倉橋 清泰, 吉田 健史, 四本 竜一, 山田 亨, 宮下 亮一, 西村 哲郎, 岡野 弘, 真弓 卓也, 成田 知大, 小野寺 悠, 中村 嘉, 金子 唯, 五十嵐 豊, 高橋 生, 菅原 陽, 富岡 義裕, 鈴木 聡, 萩原 祥弘, 江木 盛時, 小倉 裕司, 西田 修, 田中 裕, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  732. 救急集中治療医の働き方改革―日本救急医学会の提言から考える―, 木田佳子, 細川康二、志馬伸朗, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年03月08日, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会, 名古屋
  733. 脳神経外科救急と臓器提供-いかに関わるべきか? 広島大学病院における臓器提供体制 神経救急医の役割と対応, 津村龍, 志馬伸朗、栗栖薫, 第25回日本脳神経外科救急学会, 2020年02月, 通常, 日本語, 日本脳神経外科救急学会, 埼玉
  734. ジフェンヒドラミン中毒の8症例 症例集積研究, 山賀聡之, 太田 浩平, 吉川 博,檜山 洋子, 細川 康二, 大下 慎一郎, 志馬 伸朗, 廣橋 伸之, 第42回日本中毒学会学術集会, 2020年09月07日, 通常, 日本語, 日本中毒学会, WEB
  735. 感染症領域における検査 広島大学病院での感染症バイオマーカの活用状況, 細川康二, 志馬伸朗, 第89回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第62回日本感染症学会中日本地方会学術集会, 2020年11月08日, 通常, 日本語, 日本感染症学会西日本地方会/中日本地方会, 静岡

受賞

  1. 優秀演題賞, 日本集中治療医学会中国四国支部学術集会
  2. 廣島医学会賞, 広島県医師会
  3. 日本気道管理学会 最優秀演題賞, 日本気道管理学会
  4. 2022年07月03日, Joint Congress Award of the 1st Joint Scientific Congress of TSCCM, TSECCM and JSICM Congress, Taiwan Society of Critical Care Medicine. Taiwan Society of Emergency and Critical Care Medicine, Chair of the Excecutive Board of the Japanese Society of Intensive Care Medicine, Prognostic analysis of patients with severe COVID-19 receiving mechanical ventilation with or without ECMO: An interim analysis of Japan national registry
  5. 2021年09月01日, World congress of Anaesthesiologists 2021 BEST200, 17th World Congress of Anaesthesiologists, European Accreditation Council for Continuing Medical Educcation, Preventing bronchial intubation in children using a computer-assisted auscultation system
  6. 日本集中治療医学会論文奨励賞, 日本集中治療医学会, Neurally adjusted ventilatory assist mitigates ventilator-induced diaphragm injury in rabbits
  7. 2020年, 日本気道管理学会 優秀演題賞
  8. 2019年01月18日, 日本気道管理学会 優秀演題賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業, 新型コロナウイルスに対する体外式膜型肺(ECMO)診療データベースの利活用, 2022年04月01日, 2023年03月31日
  2. 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業, 新型コロナウイルスに対する体外式膜型肺(ECMO)診療データベースの利活用, 2021年, 2022年
  3. 厚生労働科学研究費補助金, 小児救急医療体制の品質評価・最適化・情報発信のための、小児救急医療統合情報システムの開発研究
  4. 科学研究補助金, 間質性肺炎急性増悪の人種差および好中球転写因子を用いた多角的病態解明と治療開発
  5. 文部科学省科学研究, 転写因子C/EBPβによる好中球造血・機能制御の解析に基づく敗血症病態の解明, 2011年, 2014年
  6. 学研究費補助金, 腎肺クロストークを介した人工呼吸器誘発性腎障害のメカニズム解明, 2012年, 2016年
  7. 国立病院機構EBM推進のための大規模臨床研究・観察研究, 2014年, 2014年
  8. 先進的医療機器・システム研究開発事業, 術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタリングシステムの研究開発, 2017年, 2019年
  9. 科学研究費補助金, 敗血症における低体温が好中球造血に及ぼす影響とその機序の解明, 2017年, 2019年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 敗血症における低体温が好中球造血に及ぼす影響とその機序の解明, 2017年, 2019年
  11. 平成29年度研究助成事業, 急性呼吸不全動物モデルを用いた人工呼吸誘発横隔膜障害の発生メカニズム解析および非侵襲的モニタリングシステムの開発, 2017年.4月, 2018年.3月
  12. 「未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業『術中の迅速な判断・決定を支援するための診断支援機器・システム開発』」, 術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタリングシステムの研究開発, 2017年.6月
  13. 未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業 , 術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタリングシステムの研究開発, 2017年08月01日, 2018年03月31日
  14. 未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業 , 術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタリングシステムの研究開発, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  15. 未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業, 術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタリングシステムの研究開発, 2019年, 2019年
  16. 平成30年度「産学連携医療イノベーション創出プログラム」基本スキーム(ACT-M)「感染菌迅速同定・定量検査創出を目指す研究, 感染症起炎菌の迅速検査法の開発, 2019年, 2020年
  17. 医療分野研究成果展開事業(産学連携医療イノベーション創出プログラム), 感染菌迅速同定・定量検査創出を目指す研究, 2019年04月01日, 2020年03月31日
  18. ウイルス等感染症対策技術開発事業, 呼吸音遠隔モニタリングシステムに関する研究開発, 2020年, 2020年
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 腸内細菌叢に標的をおいた敗血症の多角的病態解明および新規治療法開発, 2020年, 2023年
  20. 医療分野研究成果展開事業 産学連携医療イノベーション創出プログラム, 感染菌迅速同定・定量検査創出を目指す研究, 2020年04月01日, 2021年09月30日
  21. ウイルス等感染症対策技術開発事業(ウイルス等感染症対策に資する医療機器・システム等の改良研究支援, 呼吸音遠隔モニタシステムに関する研究開発, 2020年, 2021年
  22. 未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業, 術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタリングシステムの研究開発, 2020年, 2020年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員会, 2022年12月, 2023年12月, 日本外科感染症学会
  2. 理事会, 2022年11月, 2023年11月, 小児集中治療研究会
  3. 学術研究推進委員会, 2022年07月, 2023年07月, 日本呼吸療法医学会
  4. 倫理委員会, 2022年07月, 2024年07月, 日本呼吸療法医学会
  5. 理事会, 2022年07月, 2024年07月, 日本呼吸療法医学会
  6. 社会保険委員会, 2022年07月, 2024年07月, 日本呼吸療法医学会
  7. 将来計画財務委員会, 2022年07月, 2024年07月, 日本呼吸療法医学会
  8. 日本化学療法学会, 2022年06月, 2024年06月, 日本化学療法学会
  9. 評議員会, 2022年06月, 2024年06月, 日本化学療法学会
  10. 診療の質指標(QI)開発WG 担当理事, 2022年03月, 2023年04月, 日本集中治療医学会
  11. 脳死移植ドナー評価・管理検討委員会, 2022年03月, 2023年03月, 日本集中治療医学会
  12. 日本集中治療医学会 , 2022年03月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  13. 敗血症合同活動委員会, 2022年01月, 2023年12月, 日本救急医学会
  14. 日本版敗血症診療ガイドライン2020作成特別委員会, 2022年01月, 2023年12月, 日本救急医学会
  15. 日本小児麻酔学会代議員会, 2021年10月, 2023年10月, 日本小児麻酔学会
  16. 理事会, 2021年04月, 2023年03月, 日本感染症学会
  17. 新型コロナウイルス感染症特別委員会, 2020年, 2024年, 日本救急医学会
  18. 高齢者救急に関する小委員会, 2021年, 2023年, 日本臨床救急医学会
  19. 代議員, 2023年06月, 日本医師会
  20. 理事, 2023年06月, 広島県医師会
  21. 日本外科感染症学会 編集委員会, 2022年03月
  22. 広島県医師会 医療事故調査制度対応支援委員会, 2022年08月, 2024年06月
  23. 日本救急医学会中国四国地方会, 2022年05月
  24. 日本医師会代議員会, 2023年06月, 日本医師会
  25. 広島県感染症対策連携協議会, 2023年07月
  26. 広島県新興感染症専門家委員会, 2023年04月
  27. 日本集中治療医学会第8回中国四国支部学術集会, 2023年01月, 2024年07月
  28. 日本集中治療医学会第50回学術集会, 2022年03月, 2023年03月
  29. 学術集会プログラム委員, 2021年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  30. 日本麻酔科学会第71回学術集会実行委員会・第6救急ICUワーキンググループ, 2023年03月, 2023年06月
  31. 集中治療認定(専門)薬剤師制度タスクフォース, 2023年04月, 2024年03月
  32. 日本版敗血症診療ガイドライン2024特別委員会, 2022年04月, 2023年03月, 日本集中治療医学会
  33. 新HP作成・運用WG, 2022年04月, 2023年03月, 日本集中治療医学会
  34. 広島県新興感染症等対策専門家委員, 2023年02月, 2024年03月, 広島県
  35. 2023年G7広島サミット救急・災害医療検討会委員, 2022年12月, 2023年05月, 広島県
  36. 広島大学・広島県連携会議委員, 2023年04月, 2024年03月, 広島県
  37. 広島県メディカルコントロール協議会, 2022年05月, 2024年05月, 広島県
  38. 広島県メディカルコントロール協議会 病院前救護体制検討部会, 2021年11月, 2023年10月, 広島県
  39. 高度医療・人材育成拠点ビジョン推進会議分科会(小児)委員, 2022年08月, 2023年03月, 広島県
  40. 救急医療体制あり方検討委員会委員, 2022年07月, 2023年03月, 広島市連合地区地域保健対策協議会
  41. 高度医療・人材育成拠点ビジョン推進会議分科会(救急)座長, 2022年06月, 2023年03月, 広島県
  42. 非常勤医師, 2022年04月, 2023年03月, 市立大津市民病院
  43. 広島大学・広島県連携会議委員, 2022年04月, 2023年03月, 広島県
  44. 救急科専門研修プログラム管理委員会委員, 2022年03月, 2024年03月, 京都第一赤十字病院
  45. 日本集中治療医学会 集中治療部設置指針作成ワーキンググループ アドバイザー, 2022年, 2022年, 日本集中治療医学会
  46. 日本集中治療医学会 小児集中治療委員会 アドバイザー, 2022年, 2022年
  47. 日本集中治療医学会 薬剤委員会 アドバイザー, 2022年, 2022年, 日本集中治療医学会
  48. 日本集中治療医学会ダイバーシティ委員会, 2022年, 2022年
  49. 日本版敗血症診療ガイドライン2024特別委員会, 2022年, 2022年, 日本救急医学会
  50. 日本集中治療医学会 50周年事業準備委員会, 2022年, 2022年, 日本集中治療医学会
  51. 日本集中治療医学会 委員会あり方委員会, 2022年, 2022年, 日本集中治療医学会
  52. 日本集中治療医学会 新HP作成・運用ワーキンググループ, 2022年, 2022年, 日本集中治療医学会
  53. 日本集中治療医学会 JIHADワーキンググループ 担当理事, 2022年, 2022年, 日本集中治療医学会
  54. 日本集中治療医学会 診療の質指標(QI)開発ワーキンググループ, 2022年, 2022年, 日本集中治療医学会
  55. 評議員, 2022年, 2022年, 日本腹部救急医学会
  56. 評議員, 2022年, 2022年, 日本麻酔・集中治療テクノロジー学会
  57. 幹事・評議員, 2022年, 日本化学療法学会
  58. 集中治療領域検討部会部会員, 2022年05月, 2023年04月, 日本麻酔科学会
  59. 麻酔科学用語専門部会, 2022年05月, 2023年04月, 日本麻酔科学会
  60. 第70回学術集会救急ICUWG, 2022年03月, 2023年04月, 日本麻酔科学会
  61. 救急領域検討部会部会員, 2021年05月, 2023年04月, 日本麻酔科学会
  62. 集中治療領域検討部会部会員, 2021年05月, 2023年04月, 日本麻酔科学会
  63. 麻酔科学用語専門部会部会員, 2023年06月, 2024年05月, 日本麻酔科学会
  64. 非常勤医師, 2021年04月, 2023年03月, 長浜赤十字病院
  65. 第69回学術集会実行委員会 第6救急ICUワーキンググループ サテライトメンバー, 2021年04月, 日本麻酔科学会
  66. 侵襲性カンジダ症に対するマネジメントのための臨床実践ガイドライン作成委員会, 2021年02月, 2022年01月, 日本医真菌学会
  67. 学術集会プログラム委員会委員, 2021年01月, 2022年12月, 日本集中治療医学会
  68. 日本集中治療医学会ICU入退室適応指針作成ワーキンググループ, 2021年01月, 2022年12月, 日本集中治療医学会
  69. 日本集中治療医学会支部あり方検討委員会, 2021年01月, 2022年12月, 日本集中治療医学会
  70. 日本集中治療医学会社会保険対策委員会DPCワーキンググループ, 2021年01月, 2022年12月, 日本集中治療医学会
  71. 日本集中治療医学会優秀論文賞選考委員会, 2021年01月, 2022年12月, 日本集中治療医学会
  72. 日本集中治療医学会中国四国支部長, 2021年, 2022年, 日本集中治療医学会中国四国支部会
  73. 小児救急レジストリ・多施設共同研究WG, 2021年, 2022年, 日本小児救急医学会
  74. JAID/JSC感染症治療ガイド2022(仮称)敗血症WG委員長, 2022年, 2024年, 日本感染症学会
  75. 非常勤医師, 2020年10月, 2021年03月, (医)健応会福山リハビリテーション病院
  76. 新型コロナウイルス感染症特別委員会委員, 2020年09月, 2022年, 日本救急医学会
  77. 脳血管内治療における救急医療体制(病院前救護)検討部会委員, 2020年08月, 2022年, 広島市連合地区地域保健対策協議会
  78. 非常勤医師, 2020年04月, 2020年06月, 明石市立市民病院
  79. 非常勤医師, 2020年04月, 2023年03月, (医)社団八千代会
  80. 非常勤医師, 2020年04月, 2023年03月, 国家公務員共済組合連合会呉共済病院
  81. 新型コロナウイルス感染症患者受入れ調整本部委員, 2020年04月, 2021年03月, 広島県
  82. 新型コロナウイルス感染症対策専門員会議委員, 2020年04月, 2023年03月, 広島県
  83. 第68回学術集会実行委員会 第6救急ICUワーキンググループ サテライトメンバー, 2020年04月, 日本麻酔科学会
  84. 日本集中治療医学会社会保険対策委員会, 2020年01月, 2022年12月, 日本集中治療医学会
  85. 日本集中治療医学会集中治療における薬剤師のあり方委員会, 2020年01月, 2022年12月, 日本集中治療医学会
  86. 学術委員会, 2020年, 2020年, 日本呼吸療法医学会
  87. 日本集中治療医学会 ICU機能評価委員会 担当理事, 2020年, 2022年, 日本集中治療医学会
  88. 評議員, 2020年, 2022年, 日本救急医学会
  89. 副理事長, 2020年, 2022年, 日本集中治療医学会
  90. DPCを用いた臨床研究に関するアドホック委員会, 2020年, 2022年, 日本感染症学会
  91. PG委員会, 2020年, 2020年, 日本呼吸療法医学会
  92. 日本集中治療医学会ECMOプロジェクト委員会担当理事, 2020年, 2022年12月, 日本集中治療医学会
  93. 日本集中治療医学会英文機関紙編集委員会 担当理事, 2020年, 2022年, 日本集中治療医学会
  94. PG委員会, 2020年, 2020年, 日本感染症学会西日本支部会学術集会/日本化学療法学会西日本支部会
  95. 日本集中治療医学会学術集会あり方検討委員会, 2020年, 2022年12月, 日本集中治療医学会
  96. 日本集中治療医学会脳死移植ドナー評価・管理検討委員会, 2020年, 2022年12月, 日本集中治療医学会
  97. 救急相談センター広島広域都市圏運営検証会委員, 2019年12月, 2023年03月, 広島市健康福祉局
  98. 救急医療体制検討特別委員会救急医療情報ネットワーク検討WG, 2019年11月, 2023年03月, 広島県地域保険対策協議会
  99. 高齢者救急に関する小委員会委員, 2019年10月, 2022年, 日本臨床救急医学会
  100. 広島市在宅医療・介護連携推進委員会専門委員会委員, 2019年09月, 2022年10月, 広島市連合地区地域保健対策協議会
  101. 救命救急・ドクターヘリワーキング会議委員, 2019年06月, 2019年10月, 広島市立安佐市民病院
  102. 理事, 2019年06月, 2023年06月, 財団法人ひろしまドナーバンク
  103. 非常勤講師, 2019年04月, 2020年03月, 熊本大学
  104. 評議員, 2019年04月, 2023年03月, 日本感染症学会
  105. 保険委員会委員, 2019年01月, 2022年12月, 日本救急医学会
  106. 評議員, 2019年, 日本中毒学会中四国支部会
  107. 副理事長, 2019年, 2022年, 日本呼吸療法医学会
  108. 理事, 2019年, 2022年, 日本集中治療医学会
  109. 客員教授, 2018年09月, 2023年03月, 同志社大学
  110. 非常勤医師, 2018年04月, 2023年03月, 国立病院機構京都医療センター
  111. 第66回学術集会実行委員会 第6救急ICUワーキングメンバー, 2018年04月, 2019年03月, 日本麻酔科学会
  112. 敗血症合同活動委員会委員, 2018年01月, 2022年, 日本救急医学会
  113. 社会保険委員会, 2018年, 2022年, 日本呼吸療法医学会
  114. 薬剤師のあり方検討委員会, 2018年, 2018年, 日本集中治療医学会
  115. 運営委員, 2018年, 2022年, 日本集中治療医学会中国四国支部会
  116. 将来計画委員会, 2018年, 日本呼吸療法医学会
  117. 心肺蘇生委員会, 2018年, 2019年, 日本小児救急医学会
  118. 小児救急レジストリ・多施設共同研究WG, 2018年, 2018年, 日本臨床救急医学会
  119. 専門医審議委員会委員, 2018年, 2022年, 日本感染症学会
  120. メディカルコントロール協議会病院前救護体制検討部会部会委員, 2017年11月, 2023年10月, 広島県
  121. 救急医療体制検討特別委員会委員, 2017年05月, 2023年03月, 広島県地域保健対策協議会
  122. 災害医療体制検討特別委員会委員, 2017年05月, 2023年03月, 広島県地域保健対策協議会
  123. 救急医療体制あり方検討委員会委員, 2017年04月, 2023年03月, 広島市連合地区地域保健対策協議会
  124. 成人肺炎診療ガイドライン作成委員会委員, 2017年04月, 2023年03月, 日本呼吸器学会
  125. 日本集中治療医学会 集中治療における薬剤師のあり方検討委員会, 2017年03月, 日本集中治療医学
  126. メディカルコントロール協議会救急搬送・医療提供体制検討部会部会委員, 2017年02月, 2023年09月, 広島県
  127. 日本臨床救急医学会 薬剤師のための救急・集中治療テキスト改訂版編集委員会, 2017年01月, 2017年12月, 日本臨床救急医学会
  128. 財務委員会委員, 2017年, 日本呼吸療法医学会
  129. 敗血症ガイドライン2020作成合同委員会, 2017年, 2021年, 日本救急医学会
  130. 薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト改訂版編集委員, 2017年, 2017年, 日本臨床救急医学会
  131. 救急蘇生委員会委員長, 2016年10月, 2022年, 広島市医師会
  132. 連絡協議委員, 2016年09月, 2022年, 日本集中治療医学会中国四国支部会
  133. 救急・災害部会委員, 2016年07月, 2023年03月, 広島県医師会
  134. 代議員, 2016年06月, 2023年05月, 日本小児救急医学会
  135. 客員教授, 2016年04月, 2023年03月, 京都府立医科大学
  136. 広島県メディカルコントロール協議会, 2016年04月, 2024年05月
  137. 日本集中治療医学会 CTG委員会, 2016年02月, 日本集中治療医学会
  138. 日本集中治療医学会 感染管理委員会, 2016年02月, 日本集中治療医学会
  139. 日本集中治療医学会 社会保険対策委員会, 2016年02月, 日本集中治療医学会
  140. 試験委員会問題作成委員, 2016年01月, 2022年, 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会
  141. 日本麻酔科学会 学術集会企画専門部会-救急・ICU, 2016年01月, 2016年12月, 日本麻酔科学会
  142. 理事, 2016年01月, 2023年06月, NPOあなたが救う救命救急広島
  143. 評議員・幹事, 2016年, 2022年, 日本救急医学会中国四国地方会
  144. 理事/評議員, 2016年, 2022年, 日本呼吸療法医学会
  145. 救急医療コントロール機能運営協議会委員, 2015年11月, 2023年11月, 広島市健康福祉局
  146. 評議員, 2015年10月, 2023年06月, 財団法人ひろしまドナーバンク
  147. 臨床研究センター員, 2015年09月, 2022年, 国立病院機構京都医療センター
  148. 広島県ドクターヘリ運行協議会委員長, 2015年09月, 2023年03月, 広島県ドクターヘリ運行協議会
  149. 日本呼吸療法医学会 プログラム作成WG委員, 2015年07月, 日本呼吸療法医学会
  150. 日本集中治療医学会 英文機関紙作成委員会, 2015年02月, 日本集中治療医学会
  151. 救急外来部門における感染対策検討委員会, 2015年01月, 2020年12月, 日本救急医学会
  152. 日本化学療法医学会 抗菌化学療法認定医認定制度審議委員会, 2015年01月, 2022年, 日本化学療法医学会
  153. 日本集中治療医学会 Sepsis registry合同調査部会委員, 2014年02月, 日本集中治療医学会
  154. 日本集中治療医学会 日本版重症患者の栄養管理ガイドライン委員会, 2014年02月, 日本集中治療医学会
  155. 日本集中治療医学会 敗血症診療ガイドライン改訂版作成委員会, 2014年02月, 日本集中治療医学会
  156. 日本臨床救急医学会 小児救急委員会小児病院前ワーキンググループ, 2014年01月, 2014年12月, 日本臨床救急医学会
  157. PG委員会, 2014年, 2022年, 日本外科感染症学会
  158. 小児救急委員会小児病院前救護ワーキンググループ, 2014年, 2014年, 日本臨床救急医学会
  159. 理事・評議員, 2014年, 2022年, 日本集中治療医学会
  160. 日本救急医学会 小児救急特別委員会, 2013年10月, 2018年12月, 日本救急医学会
  161. 日本呼吸器学会 肺炎ガイドライン策定委員, 2013年04月, 2017年03月, 日本呼吸器学会
  162. 理事, 2013年, 2017年, 日本集中治療教育研究会
  163. 理事, 2012年, 2022年, 日本小児集中治療研究会
  164. 日本集中治療医学会 ECMOプロジェクト委員, 2011年02月, 日本集中治療医学会
  165. 機関紙編集委員会, 2010年12月, 2022年12月, 日本外科感染症学会
  166. 代議員, 2010年, 2022年, 日本小児麻酔学会
  167. 評議員, 2010年, 2022年, 日本外科感染症学会
  168. 理事, 2008年, 2022年, 急性期NPPV研究会
  169. 小児救急レジストリ/多施設研究ワーキンググループ 委員, 2019年10月, 日本臨床救急医学会
  170. 救急領域検討部会部会員, 2023年06月, 2024年05月, 日本麻酔科学会
  171. 集中治療領域検討部会部会員, 2023年06月, 2024年05月, 日本麻酔科学会
  172. 高度医療・人材育成拠点ビジョン推進会議分科会(小児)委員, 2023年04月, 2024年03月, 広島県
  173. 学術集会プログラム委員会委員, 2022年01月, 2023年03月, 日本集中治療医学会
  174. 新型コロナウイルス感染症特別委員会委員, 2022年01月, 2023年12月, 日本救急医学会
  175. 日本集中治療医学会 小児集中治療委員会 アドバイザー, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  176. ダイバーシティ委員会, 2022年04月, 2023年03月, 日本集中治療医学会
  177. 日本集中治療医学会 薬剤委員会 担当理事, 2023年04月, 2024年04月, 日本集中治療医学会
  178. 日本集中治療医学会 薬剤委員会 担当理事, 2023年04月, 2024年04月, 日本集中治療医学会
  179. 日本集中治療医学会 薬剤委員会 アドバイザー, 2022年04月, 2023年04月, 日本集中治療医学会
  180. 日本集中治療医学会ダイバーシティ委員会 担当理事, 2023年04月, 2023年04月
  181. 日本版敗血症診療ガイドライン2024特別委員会, 2023年04月, 2023年04月, 日本集中治療医学会/日本救急医学会
  182. 日本集中治療医学会 50周年事業準備委員会, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  183. 日本集中治療医学会 委員会あり方委員会, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  184. 日本集中治療医学会JIPAD事業ワーキンググループ, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  185. 日本集中治療医学会 支部会あり方検討委員会, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  186. 日本集中治療医学会 学術集会あり方検討委員会, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  187. 日本集中治療医学会 優秀論文賞選考委員会, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  188. 日本集中治療医学会 ICU機能評価委員会 担当理事, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  189. 日本集中治療医学会 英文機関誌編集委員会, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  190. 日本集中治療医学会 社会保険対策委員会 アドバイザー, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  191. 日本集中治療医学会 中国四国支部運営委員会, 2022年04月, 2024年03月, 日本集中治療医学会
  192. 日本救急医学会中国四国地方会, 2022年05月

学術会議等の主催

  1. 小児集中治療ワークショップ, 2022年11月, 2022年11月
  2. 第50回日本集中治療医学会学術集会, 2023年03月, 2023年03月
  3. 心肺蘇生ガイドライン勉強会, 代表者, 2022年09月, 2022年09月
  4. ひろしま救急 集 中治療セミナー, 代表者, 2022年05月, 2022年05月
  5. INTERNATIONAL SERIAL VIRTUAL WEBINAR MANAGEMENT OF COVID-19 PATIENTS IN JAPAN AND VIETNAM, 2021年11月, 2021年11月
  6. 令和4年度 新型コロナウイルス感染症重症患者に対応する医療従事者養成研修事業 重症患者搬送講習会(広島), 研修責任者, 2022年09月, 2022年09月
  7. ECMOnet講習会/広島, 2020年06月, 2020年06月
  8. 日本呼吸療法医学会, 2020年12月, 2020年12月
  9. 心肺蘇生ガイドライン勉強会
  10. 小児救急教育セミナー, 2018年12月, 2018年12月
  11. 日本救急医学会中国四国地方会, 2018年05月, 2018年05月
  12. 小児集中治療ワークショップ, 2018年10月, 2018年10月
  13. ひろしま救急集中治療サマーキャンプ, 2017年06月, 2017年06月
  14. 広島救急集中治療サマーキャンプ, 2016年06月, 2016年06月
  15. 心肺蘇生ガイドライン勉強会, 2017年05月, 2017年05月
  16. 心肺蘇生ガイドライン勉強会, 2016年09月, 2016年09月
  17. ひろしま集中治療サマーキャンプ, 2018年, 2018年
  18. 心肺蘇生ガイドライン2020勉強会, 2018年, 2018年
  19. 心肺蘇生ガイドライン勉強会, 2021年11月, 2021年11月
  20. 厚労省・令和3年度 新型コロナウイルス感染症重症患者  に対応する医療従事者養成研修事業 人工呼吸講習会/広島, 2021年07月, 2021年07月
  21. 厚労省・令和3年度 新型コロナウイルス感染症重症患者  に対応する医療従事者養成研修事業 人工呼吸講習会/広島, 2021年08月, 2021年08月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 2023広島G7サミット医療対策本部, 2023広島G7サミット医療対策本部, 厚生労働省, 2023年/05月, 2023年/05月, 運営参加・支援, その他, 行政機関
  2. 広島城北中学校救急集中治療講演, 広島城北中学校救急集中治療講演, 広島城北中学校, 2023年/05月/10日, 2023年/05月/10日, 講師, 講演会, 中学生
  3. 日本集中治療医学会第50回学術集会, 日本集中治療医学会第50回学術集会, 日本集中治療医学会, 2023年/03月/02日, 2023年/03月/04日, 京都市, 企画, その他, 学術団体
  4. 新型コロナウイルス感染症重症患者に対応する医療従事者養成研修事業, 新型コロナ患者対応人工呼吸器研修, 厚生労働省, 2021年/07月/25日, 広島大学, 企画, セミナー・ワークショップ, その他
  5. ECMOシミュレーションラボ, ECMOシミュレーションラボ, NPO法人ECMO JAPAN, 2019年/08月/31日, 2019年/09月/01日, 広島市, 企画, セミナー・ワークショップ, 学術団体
  6. 小児救命救急研修会 in おおち, 邑智町, セミナー・ワークショップ, 保護者
  7. ECMOシミュレーションラボ, ECMOシミュレーションラボ, NPO法人ECMO JAPAN, 2017年/05月/27日, 2017年/05月/28日, 広島市, 企画, セミナー・ワークショップ, 学術団体
  8. PALSプロバイダーコース, PALSプロバイダーコース, JSPICC, 2019年/08月/17日, 2019年/08月/18日, 広島市, 企画, セミナー・ワークショップ, 学術団体
  9. 新型コロナウイルス感染症重症患者に対応する医療従事者養成研修事業, 新型コロナ患者対応人工呼吸器研修, 厚生労働省, 2021年/08月/07日, 広島大学, 企画, セミナー・ワークショップ, その他
  10. ECMOチーム等養成研修事業(ECMOnet講習会), ECMOチーム等養成研修事業(ECMOnet講習会), ECMOnet・呼吸療法医学会・厚労省, 2020年/06月/27日, 広島大学, 企画, セミナー・ワークショップ, その他

学術雑誌論文査読歴

  1. 2023年, 廣島医学, 編集長
  2. 2022年, その他, 1
  3. 2022年, その他, 1
  4. 2022年, 1
  5. 2022年, その他, 1
  6. 2022年, その他, 1
  7. 2021年, その他, 1
  8. 2021年, その他, 1
  9. 2021年, その他, 1
  10. 2021年, その他, 1
  11. 2021年, その他, 1
  12. 2021年, その他, 1
  13. 2021年, その他, 2
  14. 2021年, その他, 査読者, 1
  15. 2021年, その他, 査読者, 1
  16. 2021年, その他, 1
  17. 2020年, 小児救命救急・ICUピックアップ, 編集長, 2
  18. 2020年, 1
  19. 2020年, 4
  20. 2020年, 2
  21. 2020年, 1
  22. 2020年, その他, 1
  23. 2020年, 4
  24. 2
  25. 2020年, 2
  26. 1
  27. 2020年, 1
  28. 2020年, 4
  29. 2020年, 1
  30. 2020年, その他, 1
  31. 2020年, 2
  32. 2020年, 日本集中治療医学会雑誌, その他, 4
  33. 2020年, 6
  34. 2020年, 編集員, 14
  35. 2020年, 編集員
  36. 2020年, 編集員, 14
  37. 2019年, 3
  38. その他, 1
  39. 2019年, 日本感染症学会雑誌, その他, 1
  40. その他, 1
  41. 2019年, その他, 1
  42. 2019年, 日本集中治療医学会雑誌, その他, 4
  43. 2019年, 日本救急医学会雑誌, その他, 2
  44. 2019年, J infect chemother, その他, 6
  45. 2019年, INTENSIVIST, 編集員, 3
  46. 2019年, ICUとCCU, 編集員
  47. 2019年, 救急・集中治療, 編集員
  48. 2019年, 日本外科感染症学会雑誌, 編集員, 1
  49. 2019年, 編集員, 11
  50. 2019年, 編集員, 5
  51. 2018年, 小児救急・集中治療ピックアップ, その他, 5
  52. 2018年, 日本外科感染症学会雑誌, 編集員, 1
  53. 2018年, 日本集中治療医学会雑誌, その他, 1
  54. 2018年, INTENSIVIST, 編集員, 1
  55. 2018年, その他, 2
  56. 2018年, 1
  57. 2018年, その他, 1
  58. 2018年, その他, 1
  59. 2018年, その他, 1
  60. 2018年, その他, 1
  61. 2018年, BMC infect disease, その他, 1
  62. 2018年, その他, 4
  63. 2018年, 編集員, 11
  64. 2018年, その他, 副編集長, 15
  65. 2017年, 日本外科感染症学会雑誌, 編集員, 3
  66. 2017年, INTENSIVIST, 編集員, 1
  67. 2017年, その他, 査読者, 1
  68. 2017年, その他, 査読者, 1
  69. 2017年, その他, 査読者, 1
  70. 2017年, その他, 査読者, 1
  71. 2017年, その他, 査読者, 1
  72. 2017年, その他, 査読者, 1
  73. 2017年, その他, 査読者, 1
  74. 2017年, その他, 査読者, 1
  75. 2017年, その他, 査読者, 2
  76. 2017年, その他, 査読者, 5
  77. 2017年, 編集員, 16
  78. 2017年, 編集員, 9
  79. 2017年, 編集員, 4
  80. 2016年, 日本小児科学会雑誌, その他, 1
  81. 2016年, その他, 1
  82. 2016年, その他, 1
  83. 2016年, その他, 1
  84. 2016年, その他, 1
  85. 2016年, その他, 1
  86. 2016年, Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics, その他, 1
  87. 2016年, 日本外科感染症学会雑誌, 編集員, 3
  88. 2016年, その他, 3
  89. 2016年, 編集員, 10
  90. 2016年, 編集員, 2
  91. 2016年, 編集員, 12
  92. 2016年, 編集員, 6
  93. 2015年, その他, 1
  94. 2015年, その他, 1
  95. 2015年, 4
  96. 2015年, 編集員, 4
  97. 2015年, 日本集中治療医学会雑誌, その他, 査読者, 2
  98. 2015年, 日本外科感染症学会雑誌, 編集員, 編集委員, 4
  99. 2015年, 編集員, 17
  100. 2015年, 編集員, 4
  101. 2015年, 編集員, 71
  102. 2015年, 編集員, 15
  103. 2015年, その他, 2
  104. 2020年, 救急・集中治療, 編集員, 1
  105. 2021年, 編集員, 副編集長, 141
  106. 2021年, 2
  107. 2021年, その他, 査読者, 1
  108. 2021年, 日本救急医学会雑誌, その他, 2
  109. 2021年, 日本集中治療医学会雑誌, その他, 4
  110. 2021年, 編集員, 共同編集者, 1
  111. 2021年, 編集員, 1
  112. 2021年, その他, 1
  113. 2021年, その他, 3
  114. 2021年, その他, 1
  115. 2021年, その他, 1
  116. 2021年, 日本外科感染症学会雑誌, 編集員, 1
  117. 2021年, 小児救急・集中治療ピックアップ, その他, 2
  118. 2021年, INTENSIVIST, 編集員, 1
  119. 2022年, INTENSIVIST, 編集員, 2
  120. 2022年, その他, 1
  121. 2022年, その他, 1
  122. 2022年, その他, 1
  123. 2022年, 編集員, 共同編集者, 6
  124. 2022年, 日本集中治療医学会雑誌, その他, 2
  125. 2022年, 日本救急医学会雑誌, その他, 4
  126. 2022年, Acute Medicine and Surgery, その他, 1
  127. 2022年, 編集員, 副編集長, 222
  128. 2022年, その他, 査読者, 1