新居 隆浩TAKAHIRO NII

Last Updated :2024/04/03

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
ホームページ
メールアドレス
taniihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目4番4号  生物生産学部B408-1
TEL:082-424-4147 FAX:082-424-7958
自己紹介
ニワトリの健康と安全な卵の生産を目指して、粘膜バリア機能の強化と産卵機能改善に関する研究に取組んでいる。特に、腸内環境を中心として、肝臓や脳、卵管といった周辺の組織とのネットワークに注目している。

基本情報

主な職歴

  • 2017年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 学術院(農学ユニット)生物圏科学研究科, 助教
  • 2015年04月01日, 2017年03月15日, 日本ハム株式会社, 中央研究所, 特別研究員
  • 2013年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学, 生物圏科学研究科, 日本学術振興会特別研究員(DC2)

学歴

  • 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 生物資源科学専攻博士課程後期, 2012年04月01日, 2015年03月23日
  • 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 生物資源科学専攻博士課程前期, 2010年04月01日, 2012年03月23日
  • 日本獣医生命科学大学, 応用生命科学部, 動物科学科, 2006年04月01日, 2010年03月11日

学位

  • 修士(農学) (広島大学)
  • 博士(農学) (広島大学)

研究分野

  • 農学 / 動物生命科学 / 動物生産科学

研究キーワード

  • 鳥類
  • 粘膜免疫
  • 消化管
  • 細胞性免疫
  • 生殖器官
  • 産卵機能
  • プロバイオティクス

所属学会

  • 日本家禽学会
  • 日本畜産学会
  • 関西畜産学会
  • 米国家禽学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  2. 2024年, 学部専門, 1ターム, 生物環境学
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 基礎生物学実験II
  4. 2024年, 学部専門, 3ターム, 動物生体機構学
  5. 2024年, 学部専門, 1ターム, 動物生産生理学
  6. 2024年, 学部専門, 集中, 動物生産学実験I
  7. 2024年, 学部専門, 2ターム, 応用動植物科学外書講読
  8. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  9. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  10. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文III
  11. 2024年, 学部専門, 集中, 命の尊厳を涵養する食農フィールド科学演習
  12. 2024年, 学部専門, 集中, (AIMS) Introduction Physiology of Domestic Animals
  13. 2024年, 学部専門, 3ターム, Introductory Physiology of Domestic Animals
  14. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物資源科学特別演習A
  15. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物資源科学特別演習A
  16. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物資源科学特別演習B
  17. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物資源科学特別演習B
  18. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物資源科学特別研究
  19. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 家畜生産機能学Ⅰ
  20. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 家畜生産機能学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Aging-associated increased nitric oxide production is a potential cause of inferior eggshell quality produced by aged laying hens., Theriogenology, 205巻, pp. 63-72, 2023
  2. ★, Intravaginal injection of Lactobacillus johnsonii may modulates oviductal microbiota and mucosal barrier function of laying hens, Poultry Science, 102巻, pp. 102699, 2023
  3. Effects of Newcastle disease and infectious bronchitis vaccine and yeast products feeding on the innate immune system in the proventriculus and ileum of broiler chicks., Journal of Poultry Science, 60巻, 20230105
  4. ★, Relationship between mucosal barrier function of the oviduct and intestine and egg productive system of laying hens., The Journal of Poultry Science, 2022
  5. ★, Lactobacillus reuteri Enhances the Mucosal Barrier Function against Heat-killed Salmonella Typhimurium in the Intestine of Broiler Chicks, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 57巻, 2号, pp. 148-159, 202004
  6. ★, Intestinal inflammation induced by dextran sodium sulphate causes liver inflammation and lipid metabolism disfunction in laying hens, POULTRY SCIENCE, 99巻, 3号, pp. 1663-1677, 202003
  7. ★, Effects of Oral Administration of Lactobacillus reuteri on Mucosal Barrier Function in the Digestive Tract of Broiler Chicks, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 57巻, 1号, pp. 67-76, 202001
  8. ★, Effects of lipopolysaccharide on the expression of proinflammatory cytokines and chemokines and the subsequent recruitment of immunocompetent cells in the oviduct of laying and molting hens., Poultry Science, 90巻, 2号, pp. 2332-2341, 2011
  9. ★, Effects of interleukin-1 beta and -6 on the expression of ion transporters for mineralization of eggshell in cultured uterine mucosal tissue of hen, The Journal of Poultry Science, 2018
  10. ★, The effect of estrogen on the early cytotoxic response to IB virus infection in hen oviduct, Veterinary Immunology and Immuno pathology, 164巻, 42737号, pp. 56-66, 2015
  11. ★, Effects of avian infectious bronchitis virus antigen on eggshell formation and immunoreaction in hen oviduct, Theriogenology, 81巻, 8号, pp. 1129-1138, 2014
  12. ★, Effects of repeated lipopolysaccharide stimulation on the development of antigen-presenting cells and T cells pool in hen vagina, Journal of Poultry Science, 50巻, 1号, pp. 83-89, 2013
  13. ★, Slight Disruption in Intestinal Environment by Dextran Sodium Sulfate Reduces Egg Yolk Size Through Disfunction of Ovarian Follicle Growth., Frontiers in Physiology, 2021
  14. Modulation of the innate immune system by lipopolysaccharide in the proventriculus of chicks inoculated with or without Newcastle disease and infectious bronchitis vaccine., Poultry Science, 2022
  15. Local Heat Treatment of Goat Udders Influences Innate Immune Functions in Mammary Glands, JOURNAL OF MAMMARY GLAND BIOLOGY AND NEOPLASIA, 26巻, 4号, pp. 387-397, 202112
  16. Investigation of the binding of goat cathelicidin-7 to lipopolysaccharide and leucocidal suppression of pro-inflammatory cytokines, SMALL RUMINANT RESEARCH, 168巻, pp. 101-106, 201811
  17. Expression of pro- and anti-inflammatory cytokines and chemokines during the ovulatory cycle and effects of aging on their expression in the uterine mucosa of laying hens, CYTOKINE, 111巻, pp. 303-308, 201811
  18. Changes in the expression of avian β-defensin (AvBDs) and proinflammatory cytokines and localization of AvBD2 in the intestine of broiler embryos and chicks during their growth., Journal of Poultry Science, 2018
  19. Effects of avian infectious bronchitis Newcastle disease and Mareks disease vaccinations on the expression of Toll like receptors and avian beta-defensins in the kidneys of broiler chicks., Poultry Science, 2020
  20. Seasonal variations in the concentration of antimicrobial components in milk of dairy cows., Animal Science Journal, 91巻, 1号, pp. e13427, 2020
  21. Effect of antibiotic treatment on microbial composition and expression of antimicrobial peptides and cytokines in the chick cecum, POULTRY SCIENCE, 99巻, 7号, pp. 3385-3392, 202007
  22. Effect of oral administration of colostrum whey to peripartum goat on antimicrobial peptides in postpartum milk., Animal Science Journal, 91巻, 1号, pp. e13365, 2020
  23. Effects of probiotics Lactobacillus reuteri and Clostridium butyricum on the expression of toll-like receptors, pro- and anti-inflammatory cytokines, and antimicrobial peptides in broiler chick intestine., Journal of Poultry Science, 2020
  24. Effects of Toll-like Receptor Ligands on the Expression of Proinflammatory Cytokines and Avian beta-defensins in Cultured Chick Intestine, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 57巻, 3号, pp. 210-222, 202007
  25. Effects of intrauterine infusion of bacterial lipopolysaccharides on the mammary gland inflammatory response in goats, VETERINARY IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, 219巻, 202001
  26. Effects of the routine multiple vaccinations on the expression of innate immune molecules and induction of histone modification in ovarian cells of layer chicks, POULTRY SCIENCE, 98巻, 10号, pp. 5127-5136, 201910
  27. Effects of Salmonella enteritidis Vaccination on the Expression of Innate Immune Molecules and Histone Modifications in the Follicular Theca of Laying Hens, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 56巻, 4号, pp. 298-307, 201910
  28. Age-related modulation of the isthmic and uterine mucosal innate immune defense system in laying hens, POULTRY SCIENCE, 98巻, 7号, pp. 3022-3028, 201907
  29. Production of antimicrobial peptide S100A8 in the goat mammary gland and effect of intramammary infusion of lipopolysaccharide on S100A8 concentration in milk, JOURNAL OF DAIRY SCIENCE, 102巻, 5号, pp. 4674-4681, 201905
  30. Effects of TLR ligands on the expression of cytokines and possible role of NFκB in its process in the theca of chicken follicles., Journal of Poultry Science, 2018
  31. Innate antiviral immune response against infectious bronchitis virus and involvement of prostaglandin E2 in the uterine mucosa of laying hens, THERIOGENOLOGY, 110巻, pp. 122-129, 20180401
  32. Changes in plasma concentrations of S100A7 and S100A8 in dairy cows during pregnancy., Reproduction in Domestic Animals, pp. 1-3, 2018
  33. Modulatory roles of proinflammatory cytokines on the expression of cathelicidins in the lower regions of the oviduct of laying hens, Cytokine, 99巻, pp. 66-72, 2017
  34. Innate immune functions in hen reproductive organs, Avian Biology Research, 7巻, 1号, pp. 39-47, 2014
  35. Expression of Toll-like receptors and effects of lipopolysaccharide on the expression of proinflammatory cytokines and chemokine in the testis and epididymis of roosters., Poultry Science, 91巻, 8号, pp. 1997-2003, 2012
  36. Effects of oral administration of colostrum whey in peripartum goat on antimicrobial peptides in postpartum milk, ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 91巻, 1号, 2020
  37. Effects of avian infectious bronchitis with Newcastle disease and Marek's disease vaccinations on the expression of toll-like receptors and avian beta-defensins in the kidneys of broiler chicks, POULTRY SCIENCE, 99巻, 12号, pp. 7092-7100, 202012
  38. Translocation of intrauterine-infused bacterial lipopolysaccharides to the mammary gland in dexamethasone-treated goats., Reproduction in Domestic Animals, 55巻, pp. 1688-1697, 2020
  39. Effect of temporary cessation of milking on the innate immune components in goat milk., Journal of Dairy Science, 104巻, 9号, pp. 10374-10381, 2021

著書等出版物

  1. 養鶏の友2022年12月号, 加齢による産卵機能の低下には腸や卵管の細菌叢の変化が関わるか?, 2022年, 12, J, 新居隆浩
  2. つくると食べるをつなぐサイエンス, ニワトリを健康に管理する, 恒星社厚生閣, 2022年, 11, 単行本(学術書), 共著, J
  3. 2021年11月30日, SDGsに向けた生物生産学入門, 卵を作る体の妙, 共立出版株式会社, 2021年, 11, 教科書, 共著, J
  4. 2021年10月01日, 養鶏の友2021年10月号, ニワトリの腸内環境悪化は卵黄を小さくする, 日本畜産振興会, 2021年, 10 月, J

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. グルコオリゴ糖の給与が腸内環境を悪化させた産卵鶏の産卵機能と腸肝の組織傷害に及ぼす影響, 小柳藍夏・鈴木直樹・磯部直樹・吉村幸則・早川岳彦・和田智雄・新居隆浩, 日本家禽学会2023年度秋季大会, 2023年09月21日, 通常, 日本語
  2. ニワトリヒナの成長に伴う食道と嗉嚢の味覚受容体発現変化., 大石也哉子・大内義光・鈴木直樹・磯部直樹・川端二功・豊後貴嗣・新居隆浩, 日本家禽学会2023年度秋季大会, 2023年09月21日, 通常, 日本語
  3. New Potential Uses of Probiotics in laying Hens., Takahiro Nii, International Symposium on the UN's Sustainable Development Goals, 2023年09月14日, 招待, 英語
  4. ニワトリの卵管細菌叢に着⽬した卵管粘膜バリア機能強化に関する研究, 新居隆浩, 第4回日本畜産学会若手企画サイエンスキャンプ「若手が切り拓くアニマルサイエンスの最前線」, 2023年02月10日, 通常, 日本語
  5. Effects of intra-vaginal administration of lactic acid bacteria on the oviductal mucosal barrier function of the laying hens., Shinkoda T, Isobe N, Yoshimura Y, Nii T, The 9th International Seminar on Tropical Animal Production, 2021年09月21日, 通常, 英語, Indonesia
  6. ニワトリのパイエル板細胞初代培養系の確立とIgA産生能に関する研究, 新居隆浩, Anis Zaid, 山本祥也, 日本家禽学会2023年度春季大会, 2023年03月29日, 通常, 日本語
  7. Lactobacillus johnsoniiの経口投与によるニワトリ卵管粘膜のバリア機能強化に関する研究., 新小田太郎、津上優作、磯部直樹、新居隆浩, 第46回鳥類内分泌研究会, 2022年12月11日, 通常, 日本語
  8. 産卵鶏の加齢が腸管および卵管粘膜の細菌叢と炎症反応に及ぼす影響., 杉浦拓己, 鈴木直樹, 津上優作, 磯部直樹, 吉村幸則, 新居隆浩, 日本家禽学会2022年度春季大会, 2022年03月29日, 通常, 日本語
  9. Lactobacillus johnsonii の経口投与が産卵鶏の卵管および腸管の粘膜バリア機能に及ぼす影響., 新小田太郎, 津上優作, 磯部直樹, 吉村幸則, 新居隆浩, 日本家禽学会2022年度春季大会, 2022年03月29日, 通常, 日本語
  10. Lactobacillus johnsonii の経腟投与が卵管の粘膜バリア機能に及ぼす影響., 新小田太郎, 磯部直樹, 吉村幸則, 新居隆浩, 日本家禽学会2021年度秋季大会, 2021年09月16日, 通常, 日本語
  11. Effects of Partially Hydrolyzed Guar Gum Feeding on Intestinal Environment of Laying Hens., Takahiro Nii, Naoki Isobe, Yukinori Yoshimura, The 9th International Seminar on Tropical Animal Production (ISTAP), 2021年09月21日, 通常, 英語
  12. グァーガム分解物給与が腸内環境悪化モデル産卵鶏の産卵機能に及ぼす影響, 新居隆浩, 磯部直樹、吉村幸則, 日本畜産学会第129回大会, 2021年09月14日, 通常, 日本語
  13. Effects of Chronic Intestinal Inflammation Caused by Dextran Sodium Sulfate on Function of Egg Production in Laying Hens., Nii T, Bungo T, Isobe N, Yoshimura Y, Worlds Poultry Congress, 2022年08月23日, 通常, 英語
  14. 腸炎がニワトリの視床下部および下垂体の内分泌機能に及ぼす影響, 新居隆浩, 豊後 貴嗣、磯部直樹、吉村幸則, 日本家禽学会2020年度春季大会, 2020年03月28日, 通常, 日本語, 日本家禽学会, 京都大学
  15. ニワトリの腸内環境が産卵機能に及ぼす影響-DSSによる腸炎モデルの確立-, 新居隆浩, 豊後貴嗣、磯部直樹、吉村幸則, 2019年度家畜栄養生理研究会秋季集談会, 2019年09月19日, 招待, 日本語
  16. 低濃度のデキストラン硫酸ナトリウムの長期投与がニワトリの産卵機能に及ぼす影響., 新居隆浩, 磯部直樹、吉村幸則, 日本家禽学会2019年度秋季大会, 2019年09月17日, 通常, 日本語
  17. Lactobacillus reuteri投与がサルモネラ抗原刺激に対するブロイラーヒナ腸管免疫の応答機能に及ぼす影響., 新居隆浩, 角屋はるな、磯部直樹、吉村幸則, 日本家禽学会2019年度春季大会, 2019年03月30日, 通常, 日本語
  18. デキストラン硫酸ナトリウム投与が産卵鶏肝臓の卵黄前駆物質関連因子の発現に及ぼす影響, 新居隆浩, 磯部直樹、吉村幸則, 日本家禽学会2018年度秋季大会, 2018年09月06日, 通常, 日本語
  19. デキストラン硫酸ナトリウム投与に伴う産卵鶏の腸管炎症と血中成分変化, 新居隆浩, 磯部直樹・吉村幸則, 日本家禽学会2018年度春季大会, 2018年03月30日, 通常, 日本語, 東京大学, 東京
  20. プロバイオティクス給与がブロイラーヒナ消化管の粘膜バリア機能に及ぼす影響, 新居隆浩, Jaisue Jirapat、磯部直樹、吉村幸則, 日本畜産学会第124回大会, 2018年03月29日, 通常, 日本語, 日本畜産学会, 東京大学, 東京
  21. Effects of the Probiotics on the Mucosal Barrier Function of the Gastrointestinal Tract of Broiler Chicks., Nii T, Isobe N, Yoshimura Y, 11th Asia Pacific Poultry Conference, 2018年03月25日, 通常, 英語, A Royal Meridien Hotel, Bangkok, Thailand
  22. デキストラン硫酸ナトリウムを用いた産卵鶏の腸管粘膜炎症モデルの検証, 新居隆浩、磯部直樹、吉村幸則, 日本家禽学会2017秋季大会, 2017年09月05日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2023年11月09日, Best oral presenter at the 10th International Seminar on Tropical Animal Production (ISTAPX), Dean Faculty of Animal Science Universitas Gadjah Mada, Oral administration of probiotics to laying hens enhances the barrier function of the oviduct mucosa.
  2. 2023年09月19日, The 2023 Award for Excellence in Reviewing for Animal Science Journal in 2022, Animal Science Journal
  3. 2021年03月27日, 日本家禽学会奨励賞, 日本家禽学会, ニワトリの卵管および腸管の粘膜免疫 機能と産卵機能との関係に関する研究
  4. 2015年, THE 2015 AWARDS OF THE DIMITRIS N. CHORAFAS FOUNDATION, DIMITRIS N. CHORAFAS 財団
  5. 2014年, 広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ (2014), 広島大学
  6. 2014年, 第64回関西畜産学会優秀発表賞, 関西畜産学会
  7. 2013年, 広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ (2013), 広島大学
  8. 2013年, 2013年度秋季大会日本家禽学会優秀発表賞受賞, 日本家禽学会
  9. 2011年, 広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ (2011), 広島大学
  10. 2010年, 第35回鳥類内分泌研究会若手研究奨励賞, 鳥類内分泌研究会
  11. 2019年09月04日, 優秀賞(口頭発表の部), 乳房炎教育懇話会会長, 低頻度搾乳が乳汁中抗菌因子濃度に及ぼす影響
  12. 2019年09月24日

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 地域課題解決型研究支援金, 加齢による腸内細菌叢変化に着目したセキセイインコの高齢期の特定に関する研究, 2023年06月19日, 2024年03月31日
  2. 研究開発事業, 家禽飼料用DHA・EPAサプリメントの植物性食品廃棄物からの製造, 2021年04月01日, 2022年03月31日
  3. 基盤研究(B), 腸内環境の健全化により家禽の強靭化を図る, 2021年04月01日, 2025年03月31日
  4. 基盤研究(C), 自然免疫関連物質を指標とした乳房炎予知システムの開発, 2021年04月01日, 2024年03月31日
  5. 若手研究, 卵管内細菌叢に着目したニワトリの母子粘膜バリア機能の強化, 2021年04月01日, 2024年03月31日
  6. 科学研究費助成事業(若手研究), 腸内環境に着目したニワトリにおける腸-脳-生殖ネットワークの解明, 2018年, 2020年
  7. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), 腸・脳・生殖ネットワークを基盤としたプロバイオティクスによる鳥類産卵機能強化戦略, 2017年, 2018年
  8. 平成30年度 新産業創出研究会, IoTを活用した鶏舎環境の最適化システムの研究開発, 2018年03月01日, 2019年03月31日
  9. 日本学術振興会特別研究員DC2, ニワトリ卵管のナチュラルキラー細胞を介する免疫機構の解明, 2013年04月01日, 2015年03月31日
  10. 科学研究費助成事業(基盤C), スラウストキトリッドの脂質生産特性の評価と食品残渣のエコフィード化促進への応用

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員, 2024年04月, 日本家禽学会
  2. 日本畜産学会 若手奨励・男女共同参画推進委員会, 2021年04月, 2023年03月, 日本畜産学会
  3. Reviewer Board, 2020年05月, Biology ? Open Access Journal
  4. 編集委員会, 2020年04月, 日本家禽学会
  5. 日本家禽学会若手幹事会, 2018年03月30日, 日本家禽学会
  6. 日本畜産学会若手企画委員会, 2018年03月27日, 2024年03月31日, 日本畜産学会