中森 正博MASAHIRO NAKAMORI

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教
自己紹介
神経疾患の生理機能、分子メカニズムと治療法を探索しています。同時に診療現場で臨床研究を展開しています。豊富な臨床経験を活かして生命科学や工学分野との連携を目指します。

基本情報

主な職歴

  • 2005年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学病院, 初期研修医
  • 2007年04月01日, 2009年03月31日, 国立病院機構呉医療センター中国がんセンター, レジデント
  • 2009年04月01日, 2010年03月31日, 国立病院機構東広島医療センター, 医師
  • 2010年04月01日, 2014年03月31日, 広島大学病院, 脳神経内科, 医科診療医
  • 2014年04月01日, 2020年03月31日, 翠清会梶川病院, 脳神経内科, 医長
  • 2020年04月01日, 2022年03月31日, 広島大学病院, 脳神経内科, 助教

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1999年04月, 2005年03月
  • 広島大学大学院, 脳神経内科学, 脳神経内科, 日本, 2010年04月, 2014年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 神経内科学

所属学会

  • 日本内科学会, 2005年04月
  • 日本神経学会, 2007年04月
  • 日本脳卒中学会, 2007年04月
  • 日本脳神経超音波学会, 2007年09月
  • 日本神経病理学会, 2010年11月
  • 日本頭痛学会, 2011年06月
  • 日本認知症学会, 2011年09月
  • 日本臨床神経生理学会, 2011年09月
  • 日本てんかん学会, 2012年06月
  • 世界脳卒中学会, 2012年09月
  • 日本パーキンソン病・運動障害疾患学会, 2012年10月
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会, 2012年10月
  • 日本臨床栄養代謝学会, 2013年04月
  • 日本老年医学会, 2013年10月
  • 日本神経免疫学会, 2013年12月
  • 日本神経科学学会, 2014年04月
  • 日本嚥下医学会, 2014年04月
  • 日本神経放射線学会, 2016年04月
  • 日本音声言語医学会, 2019年04月
  • 日本神経治療学会, 2021年05月
  • 日本人類遺伝学会, 2021年07月
  • 日本バイオインフォマティクス学会, 2022年10月

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  2. 2022年, 学部専門, 通年, 脳神経医学III
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学I
  6. 2022年, 学部専門, 1ターム, 摂食・嚥下リハビリテーション学
  7. 2022年, 学部専門, 1ターム, 摂食・嚥下リハビリテーション学
  8. 2022年, 学部専門, 1ターム, 摂食・嚥下リハビリテーション学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 心房中隔欠損症による奇異性脳塞栓症が疑われた19歳男性例, 広島医学, 61巻, 9号, pp. 663-665, 2008
  2. 遺残原始舌下動脈を伴うアテローム血栓性塞栓症の1例, 神経内科, 71巻, 1号, pp. 81-84, 2009
  3. Cerebral amyloid angiopathy with a varied hemorrhage pattern on T2*-weighted magnetic resonance image, Internal Medicine, 48巻, 9号, pp. 735-736, 2009
  4. スタチン治療による血管イベント予防効果はCRP値により異なるのか:Heart Protection Study(HPS)における20,536人の解析, 分子脳血管病, 10巻, 4号, pp. 79-83, 2011
  5. ★, Cyclin-dependent kinase 5 immunoreactivity for granulovacuolar degeneration., Neuroreport., 23巻, 15号, pp. 867-872, 2012
  6. 三叉神経障害とnumb-chin症候群, Clinical Neuroscience, 30巻, 5号, pp. 556-557, 2012
  7. 脳卒中の一次予防(AHA/ASAガイドライン), 脳と循環, 17巻, 1号, pp. 81-85, 2012
  8. ★, Molecular markers for granulovacuolar degeneration are present in rimmed vacuoles., PLoS ONE., 8巻, 11号, pp. e80995, 2013
  9. Characterization and distribution of adaptor protein containing a PH domain, PTB domain and leucine zipper motif (APPL1) in Alzheimer's disease hippocampus: an immunohistochemical study., Brain Research., 1494巻, pp. 118-124, 2013
  10. 脳梗塞既往患者の早朝高血圧に対する降圧薬投与の最適タイミング, 血圧, 20巻, 1号, pp. 6-7, 2013
  11. ★, Phosphatidylinositol-4,5-bisphosphate is enriched in granulovacuolar degeneration bodies and neurofibrillary tangles., Neuropathology and Applied Neurobiology., 40巻, 4号, pp. 489-501, 2014
  12. Fiber Type-Specific Expression of Low-Density Lipoprotein Receptor-Related Protein 6 in Human Skeletal Muscles., Pathobiology., 81巻, 2号, pp. 94-99, 2014
  13. 脳卒中における嚥下障害ってなに?, イチからよくわかる摂食・嚥下障害と嚥下調整食~食べにくい患者への食事アプローチ~, ニュートリションケア, pp. 25-27, 2014
  14. 脳卒中急性期患者における尿道カテーテル留置期間短縮への試み~フローチャートの導入と看護師の意識向上~, ブレインナーシング, pp. 66-70, 2015
  15. ★, The identification of raft-derived tau-associated vesicles that are incorporated into immature tangles and paired helical filaments., Neuropathology and Applied Neurobiology., 42巻, 7号, pp. 639-653, 2016
  16. ★, Tongue thickness evaluation using ultrasonography can predict swallowing function in amyotrophic lateral sclerosis patients., ClinNeurophysiol., 127巻, 2号, pp. 1669-1674, 2016
  17. The multidisciplinary swallowing team approach decreases pneumonia onset in acute stroke patients., PLoS ONE., 11巻, 5号, pp. e0154608, 2016
  18. ★, Prediction of pneumonia in acute stroke patients using tongue pressure measurements., PLoS ONE., 11巻, 11号, pp. e0165837, 2016
  19. 頸動脈エコー検査, ankle-brachial pressure indexは, 大動脈原性脳塞栓症の診断に寄与する, Neurosonology., 30巻, 3号, pp. 133-138, 2017
  20. 右半側の純粋失読を呈した脳梗塞2症例の検討, 神経内科, 87巻, 5号, pp. 566-569, 2017
  21. Development of a candy-sucking test for evaluating oral function in elderly patients with dementia: A pilot study., Geriatrics Gerontology International., 17巻, 11号, pp. 1977-1981, 2017
  22. ★, Maximum tongue pressure is associated with swallowing dysfunction in ALS patients., Dysphagia., 32巻, 4号, pp. 542-547, 2017
  23. Blood Pressure Variability in Acute Ischemic Stroke: Influence of Infarct Location in the Insular Cortex., Eur Neurol., 79巻, 1-2号, pp. 90-99, 2018
  24. ★, Subarachnoid hemorrhage after transient global amnesia caused by cerebral venous congestion: case report, BMC Neurology., 18巻, 1号, pp. 36, 2018
  25. Screening for Fabry Disease in Japanese Patients with Young-Onset Stroke by Measuring a-Galactosidase A and Globotriaosylsphingosine., J Stroke Cerebrovasc Dis., 27巻, 12号, pp. 3563-3569, 2018
  26. ★, 頸静脈エコー検査による内頸静脈血流評価の有用性, Neurosonology., 31巻, 3号, pp. 125-129, 2018
  27. ★, 当院における脳梗塞超急性期single call activation systemと臨床検査技師による緊急頸動脈エコー検査実施のルーチン化, Neurosonology, 31巻, 3号, pp. 142-145, 2018
  28. オーラルフレイルと脳卒中の転帰(舌圧測定の意義など), 分子脳血管病, 17巻, 2号, pp. 28-31, 2018
  29. ★, dysarthriaの神経学的原因, 音声言語医学, 60巻, 3号, pp. 179-183, 2019
  30. ★, Utility of Minimum Apparent Diffusion Coefficient Ratios in Alberta Stroke Program Early CT Score Regions for Deciding on Stroke Therapy., J Stroke Cerebrovasc Dis., 28巻, 5号, pp. 1371-1380, 2019
  31. ★, MMSEと時計描画テストのスコアリングは認知症診断精度を向上させる, 医学検査, 68巻, 3号, pp. 424-429, 2019
  32. Serum IgG titers to periodontal pathogens predict 3-month outcome in ischemic stroke patients., PLoS ONE., 15巻, 8号, pp. e0237185, 2020
  33. ★, 認知機能低下の鑑別における日本語版Montoreal Cognitive Assessment(MoCA-J)の特性, 医学検査, 69巻, 4号, pp. 527-533, 2020
  34. ★, Prediction of independent gait in acute stroke patients with hemiplegia using the Ability for Basic Movement Scale II score., Eur Neurol., 83巻, 1号, pp. 49-55, 2020
  35. Serum immunoglobulin G antibody titer to Fusobacterium nucleatum is associated with unfavorable outcome after stroke, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 200巻, 3号, pp. 302-309, 2020
  36. Tongue thickness measured by ultrasonography is associated with tongue pressure in the Japanese elderly, PLOS ONE, 15巻, 8号, 20200807
  37. Infant critical head injury could be a remote cause of middle-aged cerebral amyloid angiopathy, INTERDISCIPLINARY NEUROSURGERY-ADVANCED TECHNIQUES AND CASE MANAGEMENT, 22巻, 202012
  38. Simplified cough test can predict the risk for pneumonia in patients with acute stroke, PLOS ONE, 15巻, 9号, 20200929
  39. Association between periodontal disease due to Campylobacter rectus and cerebral microbleeds in acute stroke patients, PLOS ONE, 15巻, 10号, 20201008
  40. ★, Serum IgG titers against periodontal pathogens are associated with cerebral hemorrhage growth and 3-month outcome, PLoS ONE., 15巻, 10号, pp. e0241205, 2020
  41. Delayed Swallowing Reflex is Overlooked in Swallowing Screening Among Acute Stroke Patients, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 29巻, 12号, 2020
  42. Patient Health Questionnaire-9 predicts the functional outcome of stroke patients in convalescent rehabilitation ward, BRAIN AND BEHAVIOR, 10巻, 12号, 202012
  43. Lobar microbleeds are associated with cognitive impairment in patients with lacunar infarction, SCIENTIFIC REPORTS, 10巻, 1号, 2020
  44. Low dose contrast-induced encephalopathy during diagnostic cerebral angiography., Internal Medicin, 60巻, 4号, pp. 629-633, 2021
  45. ★, Association between stroke lesions and videofluoroscopic findings in acute stroke patients., J Neurol., 268巻, 3号, pp. 1025-1035, 2021
  46. Cnm-positive Streptococcus mutans and diffusion-weighted imaging hyperintensities in acute intracerebral hemorrhage, Eur J Neurol., 28巻, 5号, pp. 1581-1589, 2021
  47. Utility of Magnetic Resonance Spectroscopy for the Progression of Neurological Symptoms in Lenticulostriate Artery Territory Infarction, J Stroke Cerebrovasc Dis, 30巻, 6号, pp. 105747, 2021
  48. Impact of anatomical variations on ultrasonographic reference values of lower extremity peripheral nerves, MUSCLE & NERVE, 63巻, 6号, pp. 890-896, 202106
  49. Relationship between tongue pressure and dysphagia diet in patients with acute stroke, PLOS ONE, 16巻, 6号, 20210604
  50. External cervical resorption detected via cone-beam computed tomography in a patient with myelin oligodendrocyte glycoprotein antibody-associated disease: A case report, CLINICAL CASE REPORTS, 9巻, 7号, 202107
  51. Characteristics and Prognostic Factors of Swallowing Dysfunction in Patients with Lateral Medullary Infarction, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 30巻, 12号, 202112
  52. ★, Association of ankle-brachial index with cognitive decline in patients with lacunar infarction, PLoS ONE, 17巻, 2号, pp. e0263525, 20220204
  53. 超音波と神経疾患-筋萎縮性側索硬化症, Clinical Neuroscience, 40巻, 2号, 202202
  54. ★, Amyloid beta is internalized via macropinocytosis, an HSPG- and lipid raft-dependent and Rac1-mediated process, Frontiers in Molecular Neuroscience, 202202
  55. Assessment of serum IgG titers to various periodontal pathogens associated with atrial fibrillation in acute stroke patients, J Stroke Cerebrovasc Dis., 31巻, 3号, pp. 106301, 202203
  56. ★, Clinical factors predicting voluntary driving cessation among patients with Parkinson's disease, Behavioural Neurology, 202203
  57. Diffusion-Weighted Imaging Hyperintensities in Acute and Subacute-Phase Intracerebral Hemorrhage, J Stroke Cerebrovasc Dis., 31巻, 8号, pp. 106549, 20220512
  58. Isolated neurohypophysial sarcoidosis involving cavernous sinus mimicking malignant tumor, NMC Case Report Journal, 9号, pp. 31-35, 20221231
  59. 脳神経内科領域の運動器障害-筋萎縮性側索硬化症と頚椎症の鑑別, 整形外科, 73巻, 7号, pp. 781-786, 202206
  60. Progressive multifocal leukoencephalopathy in relapsed Ph+ acute lymphoblastic leukemia after cord blood transplantation and blinatumomab treatment: A case report and literature review, Acta Haematologica, 2022
  61. Reversible brain atrophy in cryptogenic new-onset refractory status epilepticus: a case report, Internal Medicine, 2022
  62. Nerve ultrasonography for the diagnosis and evaluation of neuralgic amyotrophy: A case report, Internal Medicine, 2022
  63. Association between Carotid Wall Shear Stress-Based Vascular Vector Flow Mapping and Cerebral Small Vessel Disease, J Atheroscler Thromb, 2022
  64. A case of natalizumab-associated progressive multifocal leukoencephalopathy followed by immune reconstitution inflammatory syndrome with difficulty in the timing of immunotherapy, Clinical and Experimental Neuroimmunology, 2022
  65. Are patients with Parkinson's disease at a lower risk of catching the common cold? Propensity score matching, Parkinsonism & Related Disorders, 2022
  66. 検査からみる神経疾患-外側大腿皮神経のエコー検査, Clinical Neuroscience, 40巻, 12号, pp. 1628-1629, 202212

著書等出版物

  1. 2018年, 神経筋疾患の超音波検査実践マニュアル, 嚥下機能評価としての舌エコー, 南江堂, 2018年, 教科書, 共著, 日本語, 154-155
  2. 2012年, 嚥下障害の臨床実践編, プッシャー現象と左半側空間無視を生じた高齢脳梗塞患者に対する摂食・嚥下訓練症例, 医歯薬出版株式会社, 2012年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 平山順子, 中森正博, 松本幸子, 山根直哉, 細見直永, 木村浩彰, 松本昌泰, 佐藤陽子

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. パーキンソン病診断後の6年間で23㎏の体重減少を認め急性肝不全により死亡した80歳男性, 山口正倫, 山田英忠, 元田敦子, 中森正博, 青木志郎, 山崎雄, 有廣光司, 丸山博文, 第34回日本老年医学会中国地方会, 2022年12月11日, 通常, 日本語
  2. 言語性短期記銘力の低下が目立ったLogopenic progressive aphasiaの1例, 市本将也, 吉川浩平, 時田春樹, 中森正博, 三上幸夫, 第46回日本高次脳機能障害学会, 2022年12月02日, 通常, 日本語
  3. 舌挙上訓練が舌骨上筋群の運動単位の活動動態に及ぼす影響-高密度表面筋電図法を使用した解析-, 吉川浩平,西川裕一,福岡達之,中森正博,三上幸夫, 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2022年09月23日, 通常, 日本語
  4. Incidence and risk factor of a paradoxical effect of levetiracetam for epileptic seizures, Yoshiko Takebayashi, Shuichiro Neshige, Takeo Shishido, Yuki Hayashi, Akiko Segawa, Masahiro Nakamori, Tomohisa Nezu, Shiro Aoki, Yu Yamazaki, Hiroki Ueno, Tomohiko Ohshita, Koji Iida, Hirofumi Maruyama, 第55回日本てんかん学会学術集会, 2022年09月20日, 通常, 英語
  5. Seizure outcomes following SARS-CoV2 mRNA vaccination in people with epilepsy: multicenter study and nationwide survey, Megumi Nonaka, Shuichiro Neshige, Haruka Ishibashi, Yoshiko Takebayashi, Shiro Aoki, Masahiro Nakamori, Yu Yamazaki, Takeo Shishido, Dai Agari, Kazuhide Ochi, Koji Iida, Hirofumi Maruyama, 第55回日本てんかん学会学術集会, 2022年09月20日, 通常, 英語
  6. 血管炎の診断における下肢での生検部位に関する検討, 佐藤真由,倉重毅志,須磨治道,村尾智美,杉浦智仁,德永忠浩,中森正博,大下智彦,丸山博文, 第8回日本筋学会学術集会, 2022年08月05日, 通常, 日本語
  7. 「イブニングビデオセッション」両頬を触ると眼瞼を閉じるSLEの10歳代女性, 中森正博, 野中恵, 元田敦子, 青木志郎, 大下智彦, 丸山博文, 第16回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 2022年07月22日, 通常, 日本語
  8. Clinical factors predicting voluntary driving cessation among patients with Parkinson’s disease, Hidetada Yamada, Masahiro Nakamori, Tomohisa Nezu, Teppei Kotozaki, Juri Kitamura, Tomohiko Ohshita, Yoshimasa Sueda, Hirofumi Maruyama, 第16回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 2022年07月21日, 通常, 英語
  9. 急性期病院における入院高齢患者のGNRIは嚥下内視鏡検査スコアで評価した嚥下障害と関連する, 吉川浩平,市本将也,長野友佳,三尾直樹,筆保健一,平田和彦,濱本隆夫,牛尾会,中森正博,竹野幸夫,丸山博文,三上幸夫, 第52回中国四国リハビリテーション医学研究会,第47回日本リハビリテーション医学会中国・四国地方会, 2022年07月10日, 通常, 日本語
  10. 末梢神経障害の先行が示唆され、高次脳機能障害を契機に遅発型三頭酵素欠損症と診断した44歳女性例, 石川若芸, 中森正博, 竹中萌, 青木志郎, 山崎雄, 大下智彦, 丸山博文, 第111回日本神経学会中国・四国地方会, 2022年06月25日, 通常, 日本語
  11. ニボルマブ治療中,COVID-19ワクチン接種後に抗MOG抗体陽性の急性脳症を発症した一例, 竹中萌, 中森正博, 石川若芸, 青木志郎, 大下智彦, 丸山博文, 第111回日本神経学会中国・四国地方会, 2022年06月25日, 通常, 日本語
  12. シンポジウム9「うちではこう書いています!神経筋超音波検査レポートの書き方」医師に伝えるレポートの書き方, 廣中明美, 杉本太路, 中森正博, 越智一秀, 丸山博文, 第41回日本脳神経超音波学会, 2022年06月04日, 招待, 日本語
  13. ナタリズマブ関連進行性多巣性白質脳症後の免疫再構築症候群治療時期に苦慮した一例, 杉本太路,音成秀一郎,青木志郎,越智一秀,石川若芸,野中恵,竹中萌,大谷達矢,勝間田莉帆,中森正博,祢津智久,中道一生,山崎雄,大下智彦,丸山博文, 第63回日本神経学会学術集会, 2022年05月19日, 通常, 日本語
  14. CONUT scoreを用いたALSの栄養状態と予後の検討-CARP studyより, 都甲めぐみ,中森正博,大下智彦,渡邊友彬,金谷雄平,内藤裕之,末田芳雅,北村健,野村栄一,鳥居剛,宮地隆史,山下拓史,渡邊千種,時信弘,丸山博文,CARP study collaborators, 第63回日本神経学会学術集会, 2022年05月19日, 通常, 日本語
  15. 脳出血の急性期および亜急性期に出現する拡散強調画像の高信号病変と転帰との関係に関する検討, 田坂沙季, 志賀裕二, 竹下潤, 下村怜, 今村栄次, 祢津智久, 中森正博, 青木志郎, 溝上達也, 若林伸一, 丸山博文, 第47回脳卒中学会総会, 2022年03月17日, 通常, 日本語
  16. 神経超音波の併用が診断、治療に有用であった神経痛性筋萎縮症の59歳男性例, 中森正博, 山田英忠, 久賀淳一朗, 廣中明美, 杉本太路, 丸山 博文, 第51回日本臨床神経生理学会学術大会, 2021年12月17日, 通常, 日本語
  17. HTLV-1によるニューロパチーと考えられた71歳男性例, 大谷達矢, 中森正博, 野中恵, 青木志郎, 大下智彦, 森野豊之, 丸山博文, 第110回日本神経学会中国・四国地方会, 2021年12月11日, 通常, 日本語
  18. 初発ラクナ梗塞患者のcerebral microbleedsと認知機能の検討, 中森正博, 細見直永, 上村鉄兵, 林有紀, 今村栄次, 若林伸一, 丸山博文, 第40回日本認知症学会学術集会, 2021年11月26日, 通常, 日本語
  19. COVID-19後に末梢神経障害を呈した77歳男性例, 大谷達矢, 中森正博, 山田英忠, 棚橋梨奈, 青木志郎, 森野豊之, 丸山博文, 第125回日本内科学会中国地方会, 2021年11月06日, 通常, 日本語
  20. 非HIV関連進行性多巣性白質脳症の治療方針に関する検討, 山田英忠, 中森正博, 丸山博文, 第39回日本神経治療学会, 2021年10月28日, 通常, 日本語
  21. Quantitative videofluorographic evaluation of swallowing class 0j and 0t foods of Japanese Dysphagia Diet 2013, Chiho Takeda, Mitsuyoshi Yoshida, Masahiro Nakamori, Mineka Yoshikawa, Jun Kayashita, Kazuhiro Tsuga, The 2nd World Dysphagia Summit, 2021年08月19日, 通常, 英語
  22. 重度構音障害を呈したが, 摂食嚥下障害は軽症であった偽性球麻痺の3例, 市本将也, 吉川浩平, 三縞明希子, 中森正博, 第26・27回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2021年08月20日, 通常, 日本語
  23. 血液学検査が治療方針決定に重要であった非HIV関連進行性多巣性白質脳症の一例, 野原佑珠, 山田英忠, 中森正博, 宍戸丈郎, 上野弘貴, 大下智彦, 森野豊之, 小林弘樹, 吉田徹巳, 丸山博文, 第109回日本神経学会中国・四国地方会, 2021年06月26日, 通常, 日本語
  24. 脳萎縮が改善したcryptogenic new-onset refractory status epilepticus (C-NORSE)の33歳女性例, 渡邉友彬, 中森正博, 石川賢一, 上野弘貴, 森野豊之, 丸山博文, 第109回日本神経学会中国・四国地方会, 2021年06月26日, 通常, 日本語
  25. C-NORSEにより多彩な高次脳機能障害を呈した1例, 中原和音, 市本将也, 吉川浩平, 吉村安希子, 石川賢一, 渡邉友彬, 中森正博, 上野弘貴, 第22回日本言語聴覚学会, 2021年06月18日, 通常, 日本語
  26. 神経エコー検査が診断, 治療方針決定に有用であった神経痛性筋萎縮症の一例, 山田英忠, 中森正博, 久賀淳一朗, 廣中明美, 上野弘貴, 大下智彦, 森野豊之, 丸山博文, 第40回日本脳神経超音波学会, 2011年06月05日, 通常, 日本語, Web
  27. シンポジウム9「神経筋エコーの新たな試み」舌と嚥下機能のエコー評価, 中森正博, 第40回日本脳神経超音波学会, 2021年06月05日, 招待, 日本語
  28. 急性期脳出血患者のCnm陽性S.mutansと拡散強調画像の高信号病変との関係について, 志賀裕二, 青木志郎, 細見直永, 野村良太, 祢津智久, 中森正博, 上村鉄兵, 下村怜, 今村栄次, 上野弘貴, 郡山達男, 若林伸一, 仲野和彦, 丸山博文, 第46回脳卒中学会総会, 2021年03月11日, 通常, 日本語
  29. 片側動眼神経の単麻痺を呈したIgG4関連疾患の69歳男性例, 渡邉友彬, 中森正博, 都甲めぐみ, 細川洋平, 吉田徹巳, 櫛谷桂, 上野弘貴, 森野豊之, 丸山博文, 第108回日本神経学会中国・四国地方会, 2020年12月05日, 通常, 日本語
  30. Lobar cerebral microbleeds are associated with cognitive impairment in lacunar infarction patients, Masahiro Nakamori, Naohisa Hosomi, Keisuke Tachiyama, Teppei Kamimura, Hayato Matsushima, Yuki Hayashi, Eiji Imamura, Shinichi Wakabayashi, Hirofumi Maruyama, ESO-WSO Conference, 2020年11月07日, 通常, 英語
  31. Utility of MR spectroscopy for progression of neurological symptoms in penetrating artery territory infarction, Yuji Shiga, Tomohisa Nezu, Masahiro Nakamori, Naohisa Hosomi, Yuji Akiyama, Keisuke Tachiyama, Teppei Kamimura, Yuki Hayashi, Hayato Matsushima, Eiji Imamura, Naoto Kinoshita, Shiro Aoki, Hiroki Ueno, Tomohiko Ohshita, Shinichi Wakabayashi, Fumiyuki Yamasaki, Kaoru Kurisu, Kazuo Awai, Hirofumi Maruyama, ESO-WSO Conference, 2020年11月07日, 通常, 英語, Vienna, Austria
  32. ポストコングレスセミナー2「Dysarthriaの診療(各論)」発話の神経学的基盤, 中森正博, 細見直永, 益田慎, 苅安誠, 第65回日本音声言語医学会, 2020年10月11日, 招待, 日本語
  33. シンポジウム3「Dysarthriaの診療(総論)」医師の診察, 中森正博, 細見直永, 三枝英人, 益田慎, 第65回日本音声言語医学会, 2020年10月10日, 招待, 日本語
  34. 初発ラクナ梗塞患者における頭部MRI所見と認知機能の検討, 井口拓海, 中森正博, 西野真佐美, 大屋光司, 今村栄次, 若林伸一, 第61回日本神経学会学術大会, 2020年09月02日, 通常, 日本語
  35. 経食道心エコー検査における大動脈弓複合粥腫病変とリスク因子の検討, 上村鉄兵, 中森正博, 林有紀, 松島勇人, 今村栄次, 若林伸一, 第61回日本神経学会学術大会, 2020年08月24日, 通常, 日本語
  36. 急性期における誤嚥スクリーニングとしての咳テストの有用性, 桑原未優, 中森正博, 鮎川智子, 船井美香, 今村栄次, 若林伸一, 第45回脳卒中学会総会, 2020年08月24日, 通常, 日本語
  37. 急性期脳卒中片麻痺患者のABMS IIと歩行自立の検討, 上床裕之, 中森正博, 今村栄次, 岡田和紀, 松前良和, 岡本浩幸, 若林伸一, 第45回脳卒中学会総会, 2020年08月24日, 通常, 日本語
  38. 初発ラクナ梗塞患者において脳葉型microbleedsは認知機能低下と関連する, 中森正博, 細見直永, 上村鉄兵, 松島勇人, 林有紀, 今村栄次, 若林伸一, 第45回脳卒中学会総会, 2020年08月24日, 通常, 日本語
  39. ラクナ梗塞患者におけるABI/baPWV、頭部MRI、頸動脈エコーと認知機能, 中森正博, 松島勇人, 上村鉄兵, 林有紀, 西野真佐美, 今村栄次, 若林伸一, 第38回日本認知症学会学術集会, 2019年11月07日, 通常, 日本語
  40. 高齢者における舌圧と舌エコーtongue thicknessの相関, 中森正博, 黒瀬雅子, 立山佳祐, 上村鉄兵, 林有紀, 松島勇人, 今村栄次, 若林伸一, 第7回神経筋超音波研究会, 2019年06月08日, 通常, 日本語
  41. 脳卒中急性期患者における嚥下造影検査とスクリーニングテストの比較, 中森正博, 細見直永, 鮎川智子, 林有紀, 松島勇人, 立山佳祐, 吉川峰加, 吉田光由, 益田慎, 栢下淳, 長崎信一, 谷本啓二, 船井美香, 今村栄次, 若林伸一, 第60回日本神経学会学術大会, 2019年05月22日, 通常, 日本語
  42. 脳卒中急性期における嚥下造影検査と舌圧、反復唾液嚥下テストの比較検討, 中森正博, 細見直永, 鮎川智子, 林有紀, 松島勇人, 立山佳祐, 吉川峰加, 吉田光由, 益田慎, 栢下淳, 長崎信一, 谷本啓二, 船井美香, 今村栄次, 若林伸一, 第44回脳卒中学会総会, 2019年03月21日, 通常, 日本語
  43. Serum IgG titers of periodontal pathogens predict hemorrhage growth and 3-month outcome in patients with cerebral hemorrhage, Masahiro Nakamori, Naohisa Hosomi, Hiromi Nishi, Yuji Shiga, Hayato Matsushima, Shiro Aoki, Tomohisa Nezu, Naoto Kinoshita, Eiji Imamura, Shinichi Wakabayashi, Hirofumi Maruyama, Internal Stroke Conference, 2019年02月06日, 通常, 英語
  44. エドキサバン15mg内服中に脳梗塞を発症した2症例, 中森正博, 立山佳祐, 林有紀, 松島勇人, 今村栄次, 若林伸一, 第30回日本老年医学会中国地方会, 2018年11月17日, 通常, 日本語
  45. 初発ラクナ梗塞患者におけるbaPWV、頭部MRI所見と認知機能の関連, 中森正博, 松島勇人, 立山佳祐, 林有紀, 今村栄次, 若林伸一, 第30回日本老年医学会中国地方会, 2018年11月17日, 通常, 日本語
  46. シンポジウム1「Dysarthriaを総括する」Dysarthriaの原因, 中森正博, 細見直永, 第63回日本音声言語医学会, 2018年10月11日, 招待, 日本語
  47. 乳児期の頭部外傷が誘因と考えられた皮質下出血を繰り返す若年男性例, 中森正博, 立山佳祐, 林有紀, 松島勇人, 今村栄次, 若林伸一, 第20回中国四国脳卒中研究会, 2018年09月29日, 通常, 日本語
  48. 頸静脈エコーでの内頸静脈血流評価, 第37回日本脳神経超音波学会, 中森正博, 蛯子裕輔, 前谷勇太, 小川加菜美, 黒瀬雅子, 西野真佐美, 平田明子, 松島勇人, 今村栄次, 若林伸一, 第37回日本脳神経超音波学会, 2018年06月09日, 通常, 日本語
  49. High baPWV is associated with cognitive decline in lacunar infarction patients, Masahiro Nakamori, Hayato Matsushima, Yuta Maetani, Eiji Imamura, Shinichi Wakabayashi, Yasuyo Mimori, Hirofumi Maruyama, 第59回日本神経学会学術大会, 2018年05月23日, 通常, 英語
  50. 歯周病菌血清IgG抗体価は脳出血患者の3ヶ月転帰を予測する, 中森正博, 細見直永, 西裕美, 青木志郎, 今村栄次, 石川賢一, 松島勇人, 前谷勇太, 若林伸一, 丸山博文, 第43回脳卒中学会総会, 2018年03月15日, 通常, 日本語
  51. ラクナ梗塞患者におけるABI/baPWVと認知機能の関連性の検討, 中森正博, 松島勇人, 前谷勇太, 櫛谷聡美, 今村栄次, 若林伸一, 三森康世, 丸山博文, 第36回日本認知症学会学術集会, 2017年11月24日, 通常, 日本語
  52. Investigation of the relationship between videofluoroscopic examination and tongue pressure using a balloon-type device in acute stroke patients, Masahiro Nakamori, Eiji Imamura, Hayato Matsushima, Yuta Maetani, Satomi Kushitani, Shinichi Wakabayashi, Mineka Yoshikawa, Kazuhiro Tsuga, Toshikazu Nagasaki, Naohisa Hosomi, Hirofumi Maruyama, The 23th World Congress of Neurology, 2017年09月17日, 通常, 英語
  53. メディカルスタッフセッション1「急性期~在宅までの嚥下障害患者を支える」脳卒中と嚥下障害, 中森正博, 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年07月07日, 招待, 日本語
  54. 舌圧測定は脳卒中患者の入院中肺炎発症を予測する, 中森正博, 細見直永, 今村栄次, 前谷勇太, 渡邉友彬, 若林伸一, 丸山博文, 松本昌泰, 第42回脳卒中学会総会, 2017年03月16日, 通常, 日本語
  55. 経食道心エコー検査における大動脈粥状硬化病変とリスク因子の検討, 中森正博, 石川賢一, 今村栄次, 田路浩正, 若林伸一, 第35回日本脳神経超音波学会, 2016年06月04日, 通常, 日本語
  56. 筋萎縮性側索硬化症患者における舌エコー, 舌圧測定, 嚥下造影検査での嚥下障害の検討, 中森正博, 和泉唯信, 織田雅也, 平岡綾, 吉川峰加, 細見直永, 丸山博文, 松本昌泰, 第57回日本神経学会学術大会, 2016年05月18日, 通常, 日本語
  57. 当院に物忘れを主訴に来院した患者の受診実態~アンケート調査での検討~, 中森正博, 田路浩正, 今村栄次, 櫛谷聡美, 石川賢一, 若林伸一, 三森康世, 松本昌泰, 第34回日本認知症学会学術集会, 2015年10月02日, 通常, 日本語
  58. 舌圧測定とmodified MASA-Jによる脳卒中患者の嚥下機能と肺炎リスクの検討, 中森正博, 石川賢一, 櫛谷聡美, 今村栄次, 大下智彦, 若林伸一, 吉川峰加, 津賀一弘, 細見直永, 松本昌泰, 第56回日本神経学会学術大会, 2015年05月22日, 通常, 日本語
  59. 舌圧測定による脳卒中患者の嚥下機能の検討, 中森正博, 石川賢一, 櫛谷聡美, 今村栄次, 大下智彦, 若林伸一, 吉川峰加, 津賀一弘, 細見直永, 松本昌泰, 第40回脳卒中学会総会, 2015年03月27日, 通常, 日本語
  60. Raft derived vesicles are another component of neurofibrillary tangle, Masahiro Nakamori, Tetsuya Takahashi, Tomokazu Nishikawa, Tomoyasu Matsubara, Chengyu Li, Yukari Shinozaki, Yoshito Nagano, Hirofumi Maruyama, Masayasu Matsumoto, 第37回日本神経科学大会, 2014年09月11日, 通常, 英語
  61. 軽症で経過しているSMN1遺伝子新規点変異(c.5 C>T)を認めたspinal muscular atrophy type IIIの16歳男性例, 中森正博, 大下智彦, 倉重毅志, 上野弘貴, 越智一秀, 丸山博文, 西尾久英, 松本昌泰, 第94回日本神経学会中国・四国地方会, 2013年06月29日, 通常, 日本語
  62. 嚥下障害患者における舌エコー、舌圧測定、嚥下造影検査での検討, 14) 中森正博, 和泉唯信, 高木幸子, 日地正典, 織田雅也, 伊藤聖, 高橋哲也, 細見直永, 丸山博文, 松本昌泰, 第32回日本脳神経超音波学会, 2013年06月14日, 通常, 日本語
  63. リン脂質からみた顆粒空胞変性、神経原線維変化の関係, 中森正博, 高橋哲也, 西川智和, 山崎雄, 倉重毅志, 竹田育子, 永野義人,山脇健盛, 松本昌泰, 第54回日本神経学会学術大会, 2013年05月29日, 通常, 日本語
  64. 総頸動脈起始部が閉塞し盲端となった総頸動脈内に可動性の血栓が疑われた2症例, 中森正博, 末田芳雅, 河野通裕, 竹田育子, 向井智哉, 河野智之, 青木志郎, 細見直永, 大槻俊輔, 松本昌泰, 第31回日本脳神経超音波学会, 2012年06月29日, 通常, 日本語
  65. Immunoreactivity for Cyclin-dependent kinase 5 in Granulovacuolar degeneration, Masahiro Nakamori, Tetsuya Takahashi, Yu Yamazaki, Takashi Kurashige, Yoshito Nagano, Takemori Yamawaki, Masayasu Matsumoto, The 13th Asian Oceanian Congress of Neurology, 2012年06月04日, 通常, 英語
  66. 剖検脳における顆粒空胞変性とCyclin-dependent kinase 5(CDK5)の免疫組織学的検討, 中森正博, 高橋哲也, 山崎雄, 倉重毅志, 山脇健盛, 松本昌泰, 第53回日本神経学会学術大会, 2012年05月22日, 通常, 日本語
  67. 下位脳神経障害で発症した侵襲性アスペルギルス症の1剖検例, 中森正博, 野田公一, 万代光一, 第87回日本神経学会中国・四国地方会, 2009年12月05日, 通常, 日本語
  68. rete mirabileを合併した中大脳動脈形成不全の1例, 中森正博、鳥居剛、久保智司、杉浦智仁、山田淳夫, 第86回日本神経学会中国・四国地方会, 2009年06月27日, 通常, 日本語
  69. 75歳以上におけるrt-PA静注療法の現状と残された課題, 中森正博, 鳥居剛, 久保智司, 杉浦智仁, 山田淳夫, 第34回日本脳卒中学会総会, 2009年03月22日, 通常, 日本語
  70. 眼窩尖端症候群, 内頚動脈瘤を呈した侵襲性アスペルギルス症の1剖検例, 中森正博, 鳥居剛, 柾木慶一, 久保智司, 杉浦智仁, 西川智和, 山田淳夫, 大庭信二, 谷山清己, 第84回日本神経学会中国・四国地方会, 2008年07月05日, 通常, 日本語
  71. 成人発症Reye症候群が疑われた1例, 中森正博, 鳥居剛, 西川智和, 山田淳夫, 第98回日本内科学会中国地方会, 2008年05月31日, 通常, 日本語
  72. 遺残原始動脈により広範囲に梗塞巣を認め、t-PA静注療法が著効した1例, 中森正博, 鳥居剛, 西川智和, 山田淳夫, 第83回日本神経学会中国・四国地方会, 2007年12月01日, 通常, 日本語
  73. 全身浮腫、胸腹水、心不全、皮膚病変、末梢神経障害を認め、血清VEGF高値でVit.B1欠乏が疑われた1例, 中森正博, 鳥居剛, 松井敬子, 柾木慶一, 西川智和, 山田淳夫, 第97回日本内科学会中国地方会, 2007年11月17日, 通常, 日本語
  74. 両側錐体路から拡大したT2/FLAIR高信号病変を呈した進行性脳症の一例, 中森正博, 大下智彦, 日地正典, 中村毅, 宮地隆史, 大槻俊輔, 郡山達男, 松本昌泰, 武島幸男, 加納由香利, 有広光司, 第79回日本神経学会中国・四国地方会, 2005年12月10日, 通常, 日本語
  75. Nasal CPAP (continuous positive airway pressure)が奏効した慢性心不全の一例, 中森正博, 沖本智和, 石橋堅, 山本秀也, 荘川知己, 田崎直仁, 北川知郎, 河野修興, 第87回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2005年11月26日, 通常, 日本語
  76. 重症レジオネラ肺炎の2例, 中森正博, 田中惣之輔,石川暢久,藤高一慶,峠岡康幸,春田吉則,服部登,横山彰仁,河野修興, 第93回日本内科学会中国地方会, 2005年10月15日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2021年11月06日, 令和3年度 Phoenix Outstanding Researcher Award, 広島大学
  2. 2017年, 第42回日本脳卒中学会学術集会 学会賞, 日本脳卒中学会
  3. 2012年06月, Young Investigator Encouragement Grant, The 13th Asian Oceanic Congress of Neurology
  4. 2012年09月13日, 平成24年度 財団法人緑風会教育研究奨励賞, 財団法人緑風会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 公益財団法人 カシオ科学振興財団, パーキンソン病患者における頸部多チャンネル表面筋電図による嚥下動態の解析と電気刺激による効果の検討, 2022年12月, 2023年11月
  2. 公益財団法人 三井住友海上福祉財団, パーキンソン病患者における誤嚥機序の探索と咽喉頭感覚神経電気刺激リハビリの有効性の検討, 2022年11月, 2023年10月
  3. 一般社団法人 日本摂食嚥下リハビリテーション学会, パーキンソン病患者における頸部多チャンネル表面筋電図による嚥下動態の解析と頸部電気刺激による効果の検討, 2022年08月, 2023年07月
  4. 一般財団法人 土谷記念医学振興基金, パーキンソン病患者を対象とした嚥下リハビリにおける感覚神経賦活に重点を置いた複合低周波刺激装置の有用性確立を目的とする、無作為ランダム化前向き介入比較研究, 2021年12月, 2023年11月
  5. 科学研究費助成事業(若手研究), パーキンソン病での頸部感覚神経刺激リハビリにおける不顕性誤嚥との関連性の検証, 2021年04月
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究C), 脳血管障害急性期における分岐鎖アミノ酸製剤介入による転帰向上効果の検討, 2021年04月
  7. 公益財団法人 喫煙科学研究財団, ニコチン振戦モデルを用いたSCA42の病態メカニズムの解明, 2021年04月, 2024年03月

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員, 2018年09月, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会
  2. 言語・発達委員会 委員, 2018年06月, 日本音声言語学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. SCD・MSA友の会医療講演会, 神経難病の遺伝子診療における最新の話題, 広島難病団体連絡協議会, 2022年/11月/12日, 講師, 講演会, 市民団体
  2. 第1回摂食嚥下支援チーム研修会, 脳卒中・神経変性疾患の嚥下障害について, 広島大学病院 摂食嚥下支援チーム, 2022年/09月/14日, 広島大学病院, 講師, 講演会, その他
  3. 広島県臨床検査技師会総合管理部門講習会, 認知症の鑑別診断について, 広島県臨床検査技師会, 2018年/10月/27日, 講師, セミナー・ワークショップ, 学術団体
  4. 第2回地域で考える認知症, 診る認知症、看る認知症, ヤンセンファーマ株式会社, 2018年/04月/25日, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  5. 日台シンポジウム, 日本のチーム医療(多職種連携), 県立広島大学, 2018年/01月/21日, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  6. 第16回未病フォーラム広島, 脳卒中から身を守る!〜日々の生活でできること〜, 県立広島大学, 2017年/12月/03日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  7. 第1回地域で考える認知症, 認知症の早期診断と治療, ヤンセンファーマ株式会社, 2017年/06月/28日, 講師, 講演会, その他
  8. 東芝メディカルシステムズ超音波セミナー, 日常診療における頸動脈エコーの活用法~手技と有用性について~, 東芝メディカル株式会社, 2015年/08月/22日, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  9. 第3回臨床高血圧フォーラム, ハンズオンセミナー頸動脈エコー, 第3回臨床高血圧フォーラム, 2014年/05月/25日, 講師, セミナー・ワークショップ, その他

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, Brain and Behavior, その他
  2. 2020年, Dysphagia, その他
  3. 2020年, Gerontology, その他
  4. 2020年, Brain and Behavior, その他
  5. 2020年, Journal of Pediatric Genetics, その他
  6. 2020年, Clinical Neurology and Neurosurgery, その他
  7. 2018年, BMJ Open, その他
  8. 2018年, Geriatrics and Gerontology International, その他