栗田 雄一YUICHI KURITA

Last Updated :2022/07/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 教授
メールアドレス
ykuritahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
人と道具のかかわりに関することに興味を持っています. 人の運動と感覚機能の理解とアシスト,人間拡張,ヒューマンインタフェース,触力感デザインの研究をしています.

基本情報

主な職歴

  • 2005年01月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 特任教員
  • 2007年04月01日, 2011年03月31日, 国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学, 情報科学研究科, 助教
  • 2011年04月01日, 2018年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究院, 准教授
  • 2006年01月15日, 2006年03月31日, ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校, 客員准教授
  • 2011年10月01日, 2015年03月31日, 科学技術振興機構, さきがけ研究員
  • 2018年04月01日, 2020年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科, 教授
  • 2020年04月01日, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科, 教授

学歴

  • 奈良先端科学技術大学院大学, 情報科学研究科, 博士後期課程情報システム学専攻, 日本, 2002年04月, 2004年12月
  • 奈良先端科学技術大学院大学, 情報科学研究科, 博士前期課程情報システム学専攻, 日本, 2000年04月, 2002年03月
  • 大阪大学, 基礎工学部, 情報科学科, 日本, 1996年04月, 2000年03月

教育担当

  • 【学士課程】 工学部 : 第二類(電気電子・システム情報系) : 電気システム情報プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 電気システム制御プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : スマートイノベーションプログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 電気システム制御プログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : スマートイノベーションプログラム

研究分野

  • 情報学 / 人間情報学 / 知覚情報処理
  • 複合領域 / 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学

研究キーワード

  • 運動アシスト機器
  • 力覚・触覚
  • 筋骨格モデル
  • ヒューマンインタフェース

所属学会

  • 計測自動制御学会
  • 日本ロボット学会
  • 日本機械学会
  • 日本バーチャルリアリティ学会
  • 情報処理学会
  • IEEE

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  2. 2022年, 学部専門, 2ターム, 回路理論II
  3. 2022年, 学部専門, 2ターム, 電気回路演習
  4. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 電気システム制御特別研究
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 電気システム制御特別演習A
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 電気システム制御特別演習A
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 電気システム制御特別演習A
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 電気システム制御特別演習A
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 電気システム制御特別演習B
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 電気システム制御特別演習B
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 電気システム制御特別演習B
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 電気システム制御特別演習B
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 電気システム制御特別研究
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生体システム特論
  15. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 電気システム制御特別研究
  16. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 電気システム制御特別研究
  17. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  18. 2022年, 学部専門, 2ターム, 回路理論II
  19. 2022年, 学部専門, 2ターム, 電気回路演習
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 電気システム制御特別演習A
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 電気システム制御特別演習A
  22. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 電気システム制御特別演習A
  23. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 電気システム制御特別演習A
  24. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 電気システム制御特別演習B
  25. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 電気システム制御特別演習B
  26. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 電気システム制御特別演習B
  27. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 電気システム制御特別演習B
  28. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 電気システム制御特別研究
  29. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 電気システム制御特別研究
  30. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生体システム特論
  31. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 電気システム制御特別研究
  32. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 電気システム制御特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. リアルタイム全天球画像提示による腹腔鏡手術支援, 自動車技術 [特集:バーチャルリアリティの世界を見てみよう], 73巻, 12号, pp. 75-80, 201912
  2. Assistive Soft Exoskeletons with Pneumatic Artificial Muscles, Haptic Interfaces for Accessibility, Health, and Enhanced Quality of Life. Springer, pp. 217-242, 201912
  3. Effect of an ankle foot orthosis on gait kinematics and kinetics: Case study of post-stroke gait using a musculoskeletal model and an orthosis model, ROBOMECH Journal, 6巻, Article #9号, 201907
  4. ★, Piezoelectric Tweezer-Type End Effector With Force- and Displacement-Sensing Capability, IEEE-ASME TRANSACTIONS ON MECHATRONICS, 17巻, 6号, pp. 1039-1048, 201212
  5. ★, Wearable Sensorimotor Enhancer for Fingertip Based on Stochastic Resonance Effect, IEEE TRANSACTIONS ON HUMAN-MACHINE SYSTEMS, 43巻, 3号, pp. 333-337, 201305
  6. ★, Human-sized Anthropomorphic Robot Hand with Detachable Mechanism at the Wrist, Mechanism and Machine Theory, 46巻, 1号, pp. 53-66, 20110101
  7. "Flexible Sensor for McKibben Pneumatic Artificial Muscle, International Journal of Automation Technology, 3巻, 6号, pp. 731-740, 20090101
  8. ★, Contact Based Stiffness Sensing of Human Eye, IEEE Transactions on Biomedical Engineering, 55巻, 2号, pp. 739-745, 20080201
  9. ★, A Fingerprint Pointing Device Utilizing the Deformation of the Fingertip during the Incipient Slip, IEEE Transactions on Robotics, 21巻, 5号, pp. 801-811, 20051001
  10. 積分カフ脈波拡張率に基づく血管内皮機能の非観血評価, 医機学, 82巻, pp. 259-266, 20120301
  11. 電磁誘導を利用した触診可能頸動脈波センサの開発, 電気学会論文誌C, 132巻, 12号, pp. 1934-42, 20121201
  12. 対数線形化血管粘弾性インデックスの提案と頸動脈超音波検査への応用, 計測自動制御学会論文集, 48巻, 9号, pp. 563-570, 20120901
  13. 対数線形化末梢血管粘弾性インデックスの提案と交感神経遮断術への応用, 計測自動制御学会論文集, 48巻, 11号, pp. 731-739, 20121101
  14. エアパック型体表脈波センサを利用した脈波変動解析, 日本人間工学会第45回中国・四国支部大会公演論文集, pp. 106-107, 20121201
  15. enclosed zone Flow-Mediated Dilation (ezFMD)法を利用した下肢血管内皮機能の計測, 日本人間工学会第45回中国・四国支部大会講演論文集, pp. 160-161, 20121201
  16. 血流依存性血管拡張反応検査中の動脈壁粘弾性特性の推定, 計測自動制御学会論文集, 49巻, 11号, pp. 1029-1036, 20131101
  17. Influence of Ocular Stiffness on Intraocular Pressure Estimation Using Goldmann Applanation Tonometry, JOURNAL OF MEDICAL AND BIOLOGICAL ENGINEERING, 33巻, 3号, pp. 293-299, 2013
  18. A comparison between the human sense of smell and neural activity in the olfactory bulb of rats., A comparison between the human sense of smell and neural activity in the olfactory bulb of rats., 39巻, 2号, pp. 91-105, 2014
  19. A Log-Linearized Arterial Viscoelastic Model for Evaluation of the Carotid Artery, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp. 2591-2594, 2013
  20. A Subjective Force Perception Model of Humans and its Application to a Steering Operation System of a Vehicle, Proceedings of 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2013), pp. 3675-3680, 2013
  21. A Training System for the MyoBock hand in a Virtual Reality Environment, 2013 IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS2013), pp. 61-64, 2013
  22. Big five personality traits can predict improved endoscopic surgical performance and medical student, 21st International Congress of the EAES (European Association for Endoscopic Surgery), 2013
  23. Bioelectric Signal Classification Using a Recurrent Probabilistic Neural Network with Time-series Discriminant Component Analysis, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp. 5394-5397, 2013
  24. CPGシナジー仮説:非定常リズム信号を生成可能なCPGシナジーモデルの提案と指タップ運動の表現, 計測自動制御学会論文集, 49巻, 7号, 2013
  25. Estimation of Arterial Stiffness During the Flow-Mediated Dilation Test, Proceedings of 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2013), pp. 3756-3759, 2013
  26. Haptic rendering of needle penetration by enhancing the real force response of a base object, Haptics Symposium, pp.357-360, Houston, Texas, pp. 23-26, 20140224
  27. Improvement of tactile sensitivity by stochastic resonance effect - Applications to surgical grasping forceps -, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp. 4601-4604, 2013
  28. Investigation of subjective force perception based on estimation of muscle activities during steering operation, 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2013), pp. 76-81, 2013
  29. Monitoring of Peripheral Vascular Condition Using a Log-Linearized Arterial Viscoelastic index During Endoscopic Thoracic Sympathectomy, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp. 2587-2590, 2013
  30. 筋力推定に基づくステアリング操作時の力知覚モデル, 日本機械学会論文集C編, 79巻, 808号, pp. 4917-4925, 2013
  31. Unloading muscle activation enhances force perception, Augmented Human 2014, 20140307
  32. A Comparison Between the Human Sense of Smell and Neural Activity in the Olfactory Bulb of Rats, Chemical Senses, 39巻, 2号, pp. 91-105, 20140201
  33. 確率共鳴を利用した触知覚感度向上効果を有する低侵襲手術用把持鉗子, 日本ロボット学会誌, 32巻, 6号, pp. 76-83, 20140801
  34. 人間の主観的反力知覚モデルに基づく自動車のステアリングホイール操作系評価, 自動車技術会論文集, 45巻, 3号, pp. 579-584, 20140501
  35. 動画像解析に基づく乳幼児行動マーカーレスモニタリングシステム, 発育発達研究, 65号, pp. 1-7, 20141101
  36. 電気刺激ならびに視覚・振動覚刺激による仮想重量感呈示, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 19巻, 4号, pp. 487-494, 20141201
  37. 新生児の自発運動評価を目的としたGeneral Movements 診断支援システム, 計測自動制御学会論文集, 50巻, 9号, pp. 684-692, 20140901
  38. 時系列判別成分分析に基づく次元圧縮型リカレント確率ニューラルネット, 計測自動制御学会論文集, 50巻, 4号, pp. 356-365, 20140401
  39. Stochastic resonance enhanced tactile feedback in laparoscopic surgery, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 29巻, 12号, pp. 3811-3818, 201512
  40. A Recurrent Probabilistic Neural Network with Dimensionality Reduction Based on Time-series Discriminant Component Analysis, IEEE TRANSACTIONS ON NEURAL NETWORKS AND LEARNING SYSTEMS, 26巻, 12号, pp. 3021-3033, 201512
  41. ★, Stiffness display by muscle contraction via electric muscle stimulation, IEEE Robotics and Automation Letters, 1巻, 2号, pp. 1014-1019, 2016
  42. Dynamic properties of human eyes., Dynamic properties of human eyes., 3巻, 2005
  43. Eye stiffness measurement by probe contact method., Eye stiffness measurement by probe contact method., 1巻, 2006
  44. A Motor Behavioral Evaluation Method for Children with Developmental Disorders during Music Therapy Sessions: A Pilot Study, Current Pediatrics Research, 2016
  45. ★, Surgical Grasping Forceps with Enhanced Sensorimotor Capability via the Stochastic Resonance Effect, IEEE/ASME Transactions on Mechatronics, 2016
  46. バーチャルハンドを利用した相互学習型筋電義手トレーニングシステム, 日本ロボット学会誌, 34巻, 6号, pp. 404-410, 2016
  47. Head-up tilt試験を利用したパーキンソン病患者の自律神経機能診断支援法の提案, 医療機器学, 85巻, 6号, pp. 569-576, 2015
  48. 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく交感神経活動の定量化と皮膚電気刺激に対する客観的疼痛評価への応用, 計測自動制御学会論文集, 51巻, 9号, pp. 627-633, 2015
  49. 未学習クラス推定ニューラルネットの提案と筋電義手制御への応用, 日本ロボット学会誌, 33巻, 4号, pp. 275-284, 2015
  50. 主観的力知覚空間におけるステアリングホイール操作特性の感性評価と設計への応用, 日本機械学会論文集, 81巻, 822号, pp. 14-00463, 2015
  51. ★, Understanding Force Perception Characteristics of a Human and Its Applications, Pervasive Haptics, pp. 39-54, 2016
  52. ★, 人の運動における確率的挙動の理解とヒューマンロボットインタラクションへの応用, 日本ロボット学会誌, 34巻, 6号, pp. 378-381, 2016
  53. Change over time of infants' movements based on motion analysis: Comparison with changes in General Movements and the body sway, World Confederation for Physical Therapy Congress, 2015
  54. Vibrating forceps enhances laparoscopic urgical skills, European Surgical Research, 55巻, 1号, pp. 157, 2015
  55. Haptic force augmentation on a 3D printed surgical training phantom, European Surgical Research, 55巻, 1号, pp. 79, 2015
  56. Effort Cube: a real-time muscle effort visualization system, Advances in Robotics, 2015
  57. Development of the Bio-Remote Adaptive Human Interface with Novel Glasses-based Operation, international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology (i-CREATe2015), pp. 2.2_110, 2015
  58. A Neural Network Based Infant Monitoring System to Facilitate Diagnosis of Epileptic Seizures, Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC 2015), pp. 5614-5617, 2015
  59. Human interface design method based on the estimation of muscle effort by a musculoskeletal model,, Proc. of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2015), pp. 480-485, 2015
  60. A Non-Gaussian Approach for Biosignal Classification Based on the Johnson SU Translation System, IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA2015), pp. 115-120, 2015
  61. A neural network model of Caenorhabditis Elegans and simulation of Chemotaxis-related Information Processing SAI, Intelligent Systems Conference (InteliSys2015)
  62. Computer Simulation of Chemotaxis in Caenorhabditis Elegans in Consideration of Whole-body Movements, SAI Intelligent Systems Conference (InteliSys2015), 2015
  63. Influence of visual and tactile feedback on haptic sensation by muscle electric stimulation, International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp. 19-20, 2015
  64. Palpation force display by enhancing the force response of a surgical training phantom, International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp. 191-192, 2015
  65. Understanding eye deformation in non-contact tonometry., Understanding eye deformation in non-contact tonometry., 1巻, 2006
  66. Objective assessment of endoscopic surgical skills by analyzing direction-dependent dexterity using the Hiroshima University Endoscopic Surgical Assessment Device (HUESAD)., Objective assessment of endoscopic surgical skills by analyzing direction-dependent dexterity using the Hiroshima University Endoscopic Surgical Assessment Device (HUESAD)., 38巻, 8号, 2008
  67. Stochastic resonance enhanced tactile feedback in laparoscopic surgery., Stochastic resonance enhanced tactile feedback in laparoscopic surgery., 2015
  68. The usefulness of 3-dimensional endoscope systems in endoscopic surgery, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 30巻, 10号, pp. 4562-4568, 201610
  69. A Mathematical Model of the Olfactory Bulb for the Selective Adaptation Mechanism in the Rodent Olfactory System, PLoS One, 11巻, 12号, 20161219
  70. 人機一体を実現するためのヒューマンロボットインタラクション技術, 技術総合誌オーム, 104巻, 2号, pp. 25-27, 2017
  71. 人の滑り知覚モデルを利用したヒューマンインタフェース, 機械の研究, 69巻, 2号, pp. 102-107, 2017
  72. 骨格筋電気刺激による力覚感提示, 電気学会誌, 136巻, 10号, pp. 674-677, 2016
  73. 人の運動における確率的挙動の理解とヒューマンロボットインタラクションへの応用, 日本ロボット学会誌, 34巻, 6号, pp. 378-381, 2016
  74. ★, Understanding Force Perception Characteristics of a Human and Its Applications, Pervasive Haptics, pp. 39-54, 2016
  75. Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity, Advances in Physical Ergonomics and Human Factors, pp. 89-92, 2014
  76. A virtual myoelectric prosthesis training system capable of providing instructions on hand operations, INTERNATIONAL JOURNAL OF ADVANCED ROBOTIC SYSTEMS, 14巻, 5号, 20170919
  77. A Variance Distribution Model of Surface EMG Signals Based on Inverse Gamma Distribution, IEEE TRANSACTIONS ON BIOMEDICAL ENGINEERING, 64巻, 11号, pp. 2672-2681, 201711
  78. ★, Unpowered Sensorimotor-Enhancing Suit Reduces Muscle Activation and Improves Force Perception, IEEE TRANSACTIONS ON HUMAN-MACHINE SYSTEMS, 47巻, 6号, pp. 1158-1163, 201712
  79. Development of a pneumatic artificial muscle driven by low pressure and its application to the unplugged powered suit, ADVANCED ROBOTICS, 31巻, 21号, pp. 1135-1143, 201711
  80. ForceHand Glove: A Wearable Force-Feedback Glove With Pneumatic Artificial Muscles (PAMs), IEEE ROBOTICS AND AUTOMATION LETTERS, 3巻, 3号, pp. 2416-2423, 20180701
  81. 筋骨格モデルによる短下肢装具装着下歩行中の筋活性度推定と筋力推定の検討, バイオメカニズム学会誌, 41巻, 4号, pp. 213-219, 201704
  82. 低圧駆動型空気圧人工筋を用いたアンプラグド・パワード・スーツ, フルードパワーシステム, 48巻, 5号, pp. 274-276, 201709
  83. アンプラグド・パワード・スーツ~低圧駆動人工筋を利用した電気エネルギーを用いない運動支援スーツ~, 暦本純一監修,オーグメンテッド・ヒューマン~AIと人体科学の融合による人機一体,究極のIFが創る未来~, 201701
  84. 電気的筋肉刺激による人工的重量感ならびに硬さ感の提示, VR/AR技術の開発動向と最新応用事例, 201802
  85. Medical devices to enhance haptic capability, Impact, 2018巻, 2号, pp. 21-23, 201803
  86. Active Passive Nature of Assistive Wearable Gait Augment Suit for Enhanced Mobility, JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS, 30巻, 5号, pp. 717-728, 20181001
  87. Supporting Effects on Muscles of a Motion Assistive Wear Depending on the Fixture Position, JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS, 30巻, 5号, pp. 729-739, 20181001
  88. ★, Prediction of Perceived Steering Wheel Operation Force by Muscle Activity, IEEE Transactions on Haptics, 11巻, 4号, pp. 590-598, 20181201
  89. Individualization of Musculoskeletal Model for Analyzing Pelvic Floor Muscles Activity Based on Gait Motion Features, Journal of Robotics and Mechatronics, 30巻, 6号, pp. 991-1003, 20181201
  90. ★, Soft Wearable Augmented Walking Suit with Pneumatic Gel Muscles and Stance Phase Detection System to Assist Gait, IEEE Robotics and Automation Letters, 3巻, 4号, pp. 4257-4264, 20181001
  91. Estimation of the knee joint reaction force based on the plantar flexion resistance of an ankle-foot orthosis during gait, The Journal of Physical Therapy Science, 30巻, 8号, pp. 966-970, 20181001
  92. サイバスロンと人間拡張工学, 電子情報通信学会通信ソサエティマガジン, 46巻, pp. 105-111, 20181201
  93. A prospective study of the safety and usefulness of a new miniature wide-angle camera: the "BirdView camera system", SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 33巻, 1号, pp. 199-205, 20180701
  94. Effects of altering plantar flexion resistance of an ankle-foot orthosis on muscle force and kinematics during gait training, JOURNAL OF ELECTROMYOGRAPHY AND KINESIOLOGY, 46巻, pp. 63-69, 20190601
  95. Development of a Cross-Platform Cockpit for Simulated and Tele-Operated Excavators, JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS, 31巻, 2号, pp. 231-239, 20190401
  96. Development of New Soft Wearable Balance Exercise Device Using Pneumatic Gel Muscles, APPLIED SCIENCES-BASEL, 9巻, 15号, 20190801
  97. 指と物体の接触面計測による滑りの指標化と触感評価への応用, 表面技術, 70巻, 3号, pp. 133-136, 20190301
  98. 筋肉を着るスーツによる運動の拡張, 体育の科学, 69巻, 1号, pp. 39-44, 20190101
  99. Force perceptual bias caused by muscle activity in unimanual steering, PLOS ONE, 14巻, 10号, 20191022
  100. A virtual myoelectric prosthesis training system capable of providing instructions on hand operations, INTERNATIONAL JOURNAL OF ADVANCED ROBOTIC SYSTEMS, 14巻, 5号, 2017
  101. Development of a pneumatic artificial muscle driven by low pressure and its application to the unplugged powered suit, ADVANCED ROBOTICS, 31巻, 21号, pp. 1135-1143, 2017
  102. ForceHand Glove: A Wearable Force-Feedback Glove With Pneumatic Artificial Muscles (PAMs), IEEE ROBOTICS AND AUTOMATION LETTERS, 3巻, 3号, pp. 2416-2423, 2018
  103. Soft Wearable Augmented Walking Suit With Pneumatic Gel Muscles and Stance Phase Detection System to Assist Gait, IEEE ROBOTICS AND AUTOMATION LETTERS, 3巻, 4号, pp. 4257-4264, 2018
  104. 眼剛性センシング, 計測自動制御学会論文集, 42巻, 2号, pp. 103-110, 20060228
  105. 高速非侵襲計測による生体眼エイジング効果の発見, 計測自動制御学会論文集, 42巻, 10号, pp. 1093-1099, 20061030
  106. 空気噴流方式眼圧計で角膜変形遅れ特性が起こるメカニズムの解明, 計測自動制御学会論文集, 43巻, 2号, pp. 78-84, 20070228
  107. コンタクトプローブを用いた眼剛性センシング, 計測自動制御学会論文集, 43巻, 4号, pp. 243-249, 20070430
  108. 「21世紀COEプログラム-ロボット系若手研究者の視点から-」特集について, 日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan, 25巻, 3号, 20070415
  109. 一瞬を超えるセンシングがもたらす医工連携の新展開 : 広島大学21世紀COEプログラム「超速ハイパーヒューマン技術が開く新世界-21世紀産業革命にむけて-」, 日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan, 25巻, 3号, pp. 365-367, 20070415
  110. 僕達・私達と21世紀COE, 日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan, 25巻, 3号, pp. 374-379, 20070415
  111. 非接触型眼圧計を用いた角膜の変形のしやすさの測定, 眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica, 1巻, 6号, pp. 556-560, 20080615
  112. 緑内障早期発見のための角膜変形計測, Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS, 7巻, 3号, pp. 467-468, 20051230
  113. 腹腔鏡下手術における鉗子操作の自動分類, Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS, 11巻, 3号, pp. 328-329, 20091121
  114. 指先接触面の滑り量制御による重量・摩擦呈示デバイス, 日本ロボット学会誌, 30巻, 2号, pp. 205-212, 20120315
  115. 偏KL情報量に基づくクラス選択法の提案とEMG識別のための動作選定問題への応用, 計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, 48巻, 9号, pp. 580-588, 20120930
  116. 日本ロボット学会の次世代構想, 日本ロボット学会誌, 30巻, 10号, pp. 1030-1040, 20121215
  117. CPGシナジー仮説 : 非定常リズム信号を生成可能なCPGシナジーモデルの提案と指タップ運動の表現, 計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, 49巻, 7号, pp. 688-695, 20130731
  118. 内視鏡外科手術技術力における客観的評価システムの開発 : HUESAD (Hiroshima University Endoscopic Surgical Assessment Device)の有用性について, 日本外科学会雑誌, 107巻, 2号, 20060305
  119. 1P2-N-073 眼のダイナミック挙動(バイオメカトロニクス/感覚運動・計測2,生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2005巻, 0号, 2005
  120. 内視鏡外科手術技術の客観的評価への挑戦 : Hiroshima University Endoscopic Surgical Assessment Device, 日本消化器外科学会雑誌 = The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery, 40巻, 3号, 20070301
  121. 神経振動子を利用したロボットハンドによるマニピュレーション : 関節角フィードバックによる把持指切替え周期の適応的変更, 日本機械学会論文集. C編, 71巻, 705号, pp. 1654-1660, 20050525
  122. 1A2-M02 接触面積と変位の同時計測に基づく眼剛性評価(医療・福祉ロボティクス・メカトロニクス), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2007巻, 0号, pp. _1A2-M02_1-_1A2-M02_2, 2007
  123. 2B2-1 生体組織の反力再現を目指した力覚の拡張現実感呈示(OS10:生体モデリングとロボットシステム), インテリジェントシステム・シンポジウム講演論文集, 2011巻, 21号, pp. 263-266, 2011
  124. 7D13 力覚重畳技術を利用した生体臓器の硬さ呈示(OS12 ハイパーロボティクス・ハイパー計測の医療応用), バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2012巻, 0号, pp. _7D13-1_-_7D13-2_, 2012
  125. 補助物体の反力に力覚デバイスの仮想力を重畳する力覚拡張呈示に関する研究 : ゴムシートを利用した穿刺力覚の呈示 (ヒューマン情報処理), 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報, 112巻, 483号, pp. 7-12, 20130313
  126. 確率共鳴現象を利用した触覚知覚感度の向上効果に関する考察 (福祉情報工学), 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 113巻, 272号, pp. 13-16, 20131026
  127. 電気刺激ならびに視覚・振動覚刺激による仮想重量感呈示(<特集>ハプティックコンテンツ), 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 19巻, 4号, pp. 487-494, 2014
  128. 1P1-C02 確率共鳴現象を利用した指先知覚感度の向上(触覚と力覚(3)), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2012巻, 0号, pp. _1P1-C02_1-_1P1-C02_4, 2012
  129. 1P1-D06 緊急回避支援機能を組み入れた上肢運動インピーダンス特性に基づくステアリング制御系(【交通・物流部門】カー・ロボティクス), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2012巻, 0号, pp. _1P1-D06_1-_1P1-D06_2, 2012
  130. 2A2-D02 筋骨格モデルを用いた筋力推定に基づくドア開閉の効率性評価(筋骨格モデリング), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2012巻, 0号, pp. _2A2-D02_1-_2A2-D02_4, 2012
  131. 2A2-D03 筋骨格モデルと筋電計測に基づく上肢運動の運動評価(筋骨格モデリング), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2012巻, 0号, pp. _2A2-D03_1-_2A2-D03_4, 2012
  132. 818 上肢運動インピーダンス特性を考慮したステアリングアシストシステムの構築(ロボティクス・メカトロニクスIII), 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2012巻, 0号, pp. 81801-81802, 2012
  133. 1P1-N02 筋力推定に基づくステアリング操作時の力知覚特性に関する考察(筋骨格モデリング), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2013巻, 0号, pp. _1P1-N02_1-_1P1-N02_3, 2013
  134. 2A1-A14 確率共鳴現象を利用した触覚知覚感度向上に関する研究 : 加算ネットワークモデルに基づく知覚向上効果の考察(触覚と力覚(1)), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2013巻, 0号, pp. _2A1-A14_1-_2A1-A14_4, 2013
  135. 1A1-E01 ヘルツ接触理論に基づく画像情報のみを用いた指先印加力の推定(ハプティックインタフェース(1)), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2013巻, 0号, pp. _1A1-E01_1-_1A1-E01_2, 2013
  136. 1A1-E02 補助物体の反力に力覚デバイスの仮想力を重畳する力覚拡張呈示に関する研究 : 質点バネモデルを利用した反力呈示(ハプティックインタフェース(1)), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2013巻, 0号, pp. _1A1-E02_1-_1A1-E02_2, 2013
  137. 3P1-H05 力知覚機能を向上させるウェアラブルスーツ(筋骨格モデリング), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2014巻, 0号, pp. _3P1-H05_1-_3P1-H05_3, 2014
  138. 3P1-H07 筋負担度を考慮したインタフェースデザイン法の提案(筋骨格モデリング), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2014巻, 0号, pp. _3P1-H07_1-_3P1-H07_2, 2014
  139. 3P2-A07 赤外分光法を用いた複数指の指先印加力の推定(ハプティックインタフェース), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2014巻, 0号, pp. _3P2-A07_1-_3P2-A07_2, 2014
  140. 3P2-B05 電気刺激による重量感に対する視覚および振動刺激の影響(ハプティックインタフェース), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2014巻, 0号, pp. _3P2-B05_1-_3P2-B05_2, 2014
  141. 3P2-B07 力覚重畳呈示技術を用いた腹腔鏡手術用トレーニングシステム(ハプティックインタフェース), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2014巻, 0号, pp. _3P2-B07_1-_3P2-B07_2, 2014
  142. 3P2-G01 バーチャルリアリティを利用した相互学習型筋電義手トレーニングシステム(リハビリテーションロボティクス・メカトロニクス), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2014巻, 0号, pp. _3P2-G01_1-_3P2-G01_2, 2014
  143. 1A1-D02 力覚重畳呈示技術を用いた腹腔鏡下手術用トレーニングシステム : 三次元補助物体への力覚重畳, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2015巻, 0号, pp. _1A1-D02_1-_1A1-D02_2, 2015
  144. 1P1-W01 筋負担度可視化システムの構築, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2015巻, 0号, pp. _1P1-W01_1-_1P1-W01_3, 2015
  145. 1P1-W06 骨格筋電気刺激による仮想力覚提示, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2015巻, 0号, pp. _1P1-W06_1-_1P1-W06_3, 2015
  146. 1P1-X07 個人差を考慮した手の筋骨格モデル, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2015巻, 0号, pp. _1P1-X07_1-_1P1-X07_3, 2015
  147. 1P2-K05 バーチャルリアリティを利用した5指駆動型筋電義手のためのトレーニングシステム, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2015巻, 0号, pp. _1P2-K05_1-_1P2-K05_2, 2015
  148. 2A1-B06 物体の表面特性の違いによる弾性体接触面の変化に関する考察, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2015巻, 0号, pp. _2A1-B06_1-_2A1-B06_3, 2015
  149. 2P1-S07 認知情報処理モデルに基づくタブレット用高次脳機能簡易検査アプリケーションの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2015巻, 0号, pp. _2P1-S07_1-_2P1-S07_4, 2015
  150. 人間の主観的な力知覚モデルの提案とステアリング操作系への応用, 日本機械学会論文集 C編, 78巻, 795号, pp. 3705-3714, 2012
  151. 1C3-6 筋力推定に基づく力知覚の感覚量評価の試み, 人間工学, 49巻, 0号, pp. S154-S155, 2013
  152. 筋力推定に基づくステアリング操作時の力知覚モデル, 日本機械学会論文集 C編, 79巻, 808号, pp. 4917-4925, 2013
  153. コンタクトプロ-ブを用いた眼剛性センシング, 計測自動制御学会論文集, 43巻, 4号, pp. 243-249, 2007
  154. 筋骨格モデルを利用したドア開閉運動の効率性評価, 日本人間工学会大会講演集, 48巻, 0号, pp. 462-463, 2012
  155. 確率共鳴を利用した触知覚感度向上効果を有する低侵襲手術用把持鉗子, 日本ロボット学会誌, 32巻, 6号, pp. 566-573, 2014
  156. 新生児の自発運動評価を目的としたGeneral Movements診断支援システム, 計測自動制御学会論文集, 50巻, 9号, pp. 684-692, 2014
  157. 2014年IEEEロボティクスとオートメーションに関する国際会議, 日本ロボット学会誌, 32巻, 8号, pp. 718-718, 2014
  158. 時系列判別成分分析に基づく次元圧縮型リカレント確率ニューラルネット, 計測自動制御学会論文集, 50巻, 4号, pp. 356-365, 2014
  159. 「ヒューマンモデリングアンドエンハンスメント」特集について, 日本ロボット学会誌, 32巻, 10号, pp. 843-843, 2014
  160. 力に基づく内視鏡外科用鉗子操作の自動識別とスキル評価, 生体医工学, 50巻, 6号, pp. 581-590, 2012
  161. 動画像解析に基づく乳幼児行動マーカーレスモニタリングシステム, 発育発達研究, 2014巻, 65号, pp. 1-7, 2014
  162. 主観的力知覚空間におけるステアリングホイール操作特性の感性評価と設計への応用, 日本機械学会論文集, 81巻, 822号, pp. 14-00463-14-00463, 2015
  163. 未学習クラス推定ニューラルネットの提案と筋電義手制御への応用, 日本ロボット学会誌, 33巻, 4号, pp. 275-284, 2015
  164. 2E2-3 機能性アンダーウェアの動作補助パーツ取り付け位置が運動補助効果に与える影響, 人間工学, 51巻, 0号, pp. S278-S279, 2015
  165. Head-up tilt試験を利用したパーキンソン病患者の自律神経機能診断支援法の提案, 医療機器学, 85巻, 6号, pp. 569-576, 2015
  166. 人の運動における確率的挙動の理解とヒューマンロボットインタラクションへの応用, 日本ロボット学会誌, 34巻, 6号, pp. 378-381, 2016
  167. バーチャルハンドを利用した相互学習型筋電義手トレーニングシステム, 日本ロボット学会誌, 34巻, 6号, pp. 404-410, 2016
  168. 骨格筋電気刺激による力覚感提示, 電気学会誌, 136巻, 10号, pp. 674-677, 2016
  169. 把持部の一部を平面にしたペンの操作感に関する考察, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2017巻, 0号, pp. 1A1-N04, 2017
  170. 街歩き体験を可視化するための地面インタラクションセンシング, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2017巻, 0号, pp. 1A1-O05, 2017
  171. 透明擬似指を利用した接触面変形計測システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2017巻, 0号, pp. 1P1-M03, 2017
  172. 改造ラジコンとAR提示による油圧ショベルのバーチャル操縦体験システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2017巻, 0号, pp. 1P2-B06, 2017
  173. 空気圧ゴム人工筋を利用した建設作業支援スーツのアシストゲイン設定に関する考察, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2017巻, 0号, pp. 2P2-J04, 2017
  174. 下肢装具使用時における歩行支援効果の検証, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2017巻, 0号, pp. 2P2-O08, 2017
  175. 筋骨格モデルによる短下肢装具装着下歩行中の筋活性度推定と筋力推定の検討, バイオメカニズム学会誌, 41巻, 4号, pp. 213-219, 2017
  176. 「スポーツと人間拡張工学」特集号刊行にあたって, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 22巻, 4号, pp. 445-445, 2017
  177. 巻頭言:特集号「分野横断化・社会実装を促進するシステムインテグレーション」について, 計測自動制御学会論文集, 54巻, 1号, pp. 1-1, 2018
  178. 人間の主観的反力知覚モデルに基づく自動車のステアリングホイール 操作系評価, 自動車技術会論文集, 45巻, 3号, pp. 579-584, 2014
  179. 筋肉を着るスーツの開発:-着脱可能なサポートパーツによる運動アシスト-, シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集, 2016巻, 0号, pp. B-14, 2016
  180. 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく疼痛評価法の提案:―機械的侵害刺激に対する疼痛と血管剛性変化の関係―, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2016巻, 0号, pp. 1P1-13a2, 2016
  181. 指先接触面変化が触感性に与える影響の考察, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2016巻, 0号, pp. 1A2-20a7, 2016
  182. オシロメトリック法に基づく血管粘性推定法の提案と血管内皮機能評価への応用, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2016巻, 0号, pp. 1A2-02b6, 2016
  183. 全天球カメラを利用した腹腔鏡下手術支援システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2016巻, 0号, pp. 1A1-02a5, 2016
  184. 感覚運動機能を向上させるアシストスーツ:SEnS:-第四報:腹腔鏡外科医師向けスーツの試作-, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2016巻, 0号, pp. 1A1-02b4, 2016
  185. 靴底に対する振動付与による路面歩行感の修飾提示, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2016巻, 0号, pp. 1P1-20a5, 2016
  186. 筋活動度,筋力,ならびに外力に応答する人の手先コンプライアンス楕円体の特性比較, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2016巻, 0号, pp. 2P2-12a5, 2016
  187. 筋活動度推定に基づく主観的な力知覚量推定手法, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2016巻, 0号, pp. 2P2-11b6, 2016
  188. 街歩き感の予測と可視化のための地面インタラクション情報計測, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2018巻, 0号, pp. 1A1-I18, 2018
  189. 指先振動計測に基づく触感テクスチャ感性の予測, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2018巻, 0号, pp. 1P1-K15, 2018
  190. 手先筋活動度コンプライアンスを用いた振戦方向予測, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2018巻, 0号, pp. 2A1-I08, 2018
  191. アンプラグドパワードスーツを用いたパーキンソン病患者のすくみ足解除の検討, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2018巻, 0号, pp. 2A2-G03, 2018
  192. 座席振動フィードバックを用いた油圧ショベル遠隔操作システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2018巻, 0号, pp. 2A2-B03, 2018
  193. 視界の制約が油圧ショベルの旋回ポインティング操作に与える影響, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2018巻, 0号, pp. 2A2-B04, 2018
  194. 空気圧人工筋を用いたキック支援ソフトエグゾスケルトンスーツ, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2018巻, 0号, pp. 2P2-G08, 2018
  195. 力刺激の運動タイミング提示への有用性に関する考察:―視覚,音,振動刺激との比較―, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2018巻, 0号, pp. 2P2-G07, 2018
  196. 骨盤底筋活動解析のための筋骨格モデルの形状個別適合, 精密工学会学術講演会講演論文集, 2018巻, 0号, pp. 688-689, 2018
  197. 指と物体の接触面計測による滑りの指標化と触感評価への応用, 表面技術, 70巻, 3号, pp. 133-136, 2019
  198. 改造ラジコンとAR提示による油圧ショベルの操作スキル評価システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2019巻, 0号, pp. 1P2-D02, 2019
  199. 遠隔操作油圧ショベルにおける機体挙動フィードバックのための振動情報に関する考察, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2019巻, 0号, pp. 1P2-E02, 2019
  200. パチニ小体の周波数特性を考慮した触覚メル周波数ケプストラム係数の提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2019巻, 0号, pp. 1P2-S07, 2019
  201. 吐水の触り心地を仮想的に再現するシステムの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2019巻, 0号, pp. 2A1-S06, 2019
  202. 視界の制約が油圧ショベルの旋回ポインティング操作に与える影響, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2019巻, 0号, pp. 2A2-O05, 2019
  203. 自動車用座席側面の操作し易いレバー位置の研究:― 混合効果モデリングによる比較 ―, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2019巻, 0号, pp. 2A2-N05, 2019
  204. 人工筋を用いたON-OFFパターン制御による歩行アシスト機器の開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2019巻, 0号, pp. 2P2-M03, 2019
  205. Dhaiba Worksによる清拭部位可視化システムの開発とその精度検証, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2019巻, 0号, pp. 2P2-M01, 2019
  206. 無線人工筋肉駆動システムを用いた股関節屈曲運動の最適補助, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2019巻, 0号, pp. 2P2-H04, 2019
  207. ソフトアシスト技術による感覚・運動能力の拡張, システム/制御/情報, 63巻, 8号, pp. 346-351, 2019
  208. 超人スポーツ協会とその活動, 日本ロボット学会誌, 38巻, 4号, pp. 345-349, 2020
  209. 積分カフ脈波拡張率に基づく血管内皮機能の非観血評価, 医療機器学 = The Japanese journal of medical instrumentation, 82巻, 3号, pp. 259-266, 20120601
  210. 対数線形化血管粘弾性インデックスの提案と頸動脈超音波検査への応用, 計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, 48巻, 9号, pp. 563-570, 20120930
  211. 対数線形化末梢血管粘弾性インデックスの提案と交感神経遮断術への応用, 計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, 48巻, 11号, pp. 731-739, 20121130
  212. 電磁誘導を利用した触診可能頸動脈波センサの開発, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society, 132巻, 12号, pp. 1934-1942, 20121201
  213. 1P1-M02 頚髄損傷患者用睡眠時バイタルサインモニタリングシステム : 体表脈波センサを用いたAI値計測(医療ロボティクス・メカトロニクス(1)), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2012巻, 0号, pp. _1P1-M02_1-_1P1-M02_4, 2012
  214. 1P1-N03 電磁誘導を利用した頸動脈波センサの開発(医療ロボティクス・メカトロニクス(1)), ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2012巻, 0号, pp. _1P1-N03_1-_1P1-N03_4, 2012
  215. 指先接触面の滑り量制御による重量・摩擦呈示デバイス, 日本ロボット学会誌, 30巻, 2号, pp. 205-212, 2012
  216. 空気噴流方式眼圧計で角膜変形遅れ特性が起こるメカニズムの解明, 計測自動制御学会論文集, 43巻, 2号, pp. 78-84, 2007
  217. 高速非侵襲計測による生体眼エイジング効果の発見, 計測自動制御学会論文集, 42巻, 10号, pp. 1093-1099, 2006
  218. 眼剛性センシング, 計測自動制御学会論文集, 42巻, 2号, pp. 103-110, 2006
  219. 神経振動子を利用したロボットハンドによるマニピュレーション:関節角フィードバックによる把持指切替え周期の適応的変更:関節角フィードバックによる把持指切替え周期の適応的変更, 日本機械学会論文集 C編, 71巻, 705号, pp. 1654-1660, 2005
  220. 積分カフ脈波拡張率に基づく血管内皮機能の非観血評価, 医療機器学, 82巻, 3号, pp. 259-266, 2012
  221. 対数線形化末梢血管粘弾性インデックスの提案と交感神経遮断術への応用, 計測自動制御学会論文集, 48巻, 11号, pp. 731-739, 2012
  222. 対数線形化血管粘弾性インデックスの提案と頸動脈超音波検査への応用, 計測自動制御学会論文集, 48巻, 9号, pp. 563-570, 2012
  223. 偏KL情報量に基づくクラス選択法の提案とEMG識別のための動作選定問題への応用, 計測自動制御学会論文集, 48巻, 9号, pp. 580-588, 2012
  224. 血流依存性血管拡張反応検査中の動脈壁粘弾性特性の推定, 計測自動制御学会論文集, 49巻, 11号, pp. 1029-1036, 2013
  225. 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく交感神経活動の定量化と皮膚電気刺激に対する客観的疼痛評価への応用, 計測自動制御学会論文集, 51巻, 9号, pp. 627-633, 2015
  226. ソフトエグゾスケルトンスーツによる運動能力拡張, バイオメカニクス研究 [特集号:Human Augmentation人間拡張技術の創る未来], 23巻, 2号, pp. 89-94, 201908
  227. リアルタイム全天球画像提示による腹腔鏡手術支援, 自動車技術 [特集:バーチャルリアリティの世界を見てみよう], 73巻, 12号, pp. 75-80, 201912
  228. 超人スポーツの描く未来, ロボコンマガジン2019.9月号, 9巻, 125号, pp. 64-67, 201908
  229. ソフトアシスト技術による感覚・運動能力の拡張, システム制御情報学会誌 [リハビリと健康維持-工学連携がひらく未来特集号], 63巻, 8号, pp. 346-351, 201908
  230. Accelerating Skill Acquisition of Two-Handed Drumming using Pneumatic Artificial Muscles, Augmented Humans 2020, 20200316
  231. Adaptive Automatic Controller for Swing Assist by Pneumatic Artificial Muscle, IEEE Sensors Applications Symposium, 20200309
  232. Ski exergame for squat training to change load based on predicted Locomotive risk level, 2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 289-294, 20200112
  233. Force-feedback in Virtual Reality through PGM-based ForceHand glove, 2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 1016-1021, 20200112
  234. Evaluation of Human Roughness Perception by using Tactile MFCC, International Conference on SMART MULTIMEDIA, 20191216
  235. Verification of balance function on exercise using a wearable device with pneumatic gel muscles, The 1st World Congress on Falls and Postural Stability 2019, 20191204
  236. Providing navigation assistance through ForceHand: a wearable force-feedback glove, 2019 IEEE Global Conference on Signal and Information Processing (GlobalSIP), 20191111
  237. Evaluation System for Hydraulic Excavator Operation Skill Using Remote Controlled Excavator and Augmented Reality, The 2019 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2019),, pp. 3229-3234, 20191104
  238. Quantitative Assessment of Brushed Bodily Area by Measuring of Brush Motion Using IMUs and Its Accuracy Evaluation, The SICE Annual Conference 2019, pp. 723-726, 20190910
  239. Effect of Contraction Parameters on Swing Support During Walking Using Wireless Pneumatic Artificial Muscle Driver: A Preliminary Study, The SICE Annual Conference 2019, pp. 727-732, 20190910
  240. Development of aWalking Assist Device with ON-OFF Pattern Control Using Pneumatic Artificial Muscles, The SICE Annual Conference 2019, pp. 733-736, 20190910
  241. Automatic Exercise Assistance for the Elderly Using Real-Time Adaptation to Performance and Affect, Universal Access in Human-Computer Interaction. Multimodality and Assistive Environments, pp. 556-574, 20190726
  242. Augmented Walking Suit for Elderly Farmers in Agricultural Environment, Human Aspects of IT for the Aged Population. Social Media, Games and Assistive Environments, pp. 564-574, 20190726
  243. A soft exoskeleton jacket with pneumatic gel muscles for human motion interaction, Universal Access in Human-Computer Interaction. Multimodality and Assistive Environments, pp. 587-603, 20190726
  244. Influence of the Restrictions on the Range of View from the Cockpit in Operation of a Hydraulic Excavator, International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE 2019), 20190724
  245. Coaching system of motion timing for a baseball batter using force stimulus, Worldhaptics, 20190709
  246. Water flow display device by using air volume and vibration, Worldhaptics, 20190709
  247. Characterisation and Application of PGM in Ankle Joint Exoskeleton, International Conference on Advances in Robotics 2019 (AIR2019), 20190702
  248. Association between variation in gait cycle time and physical and mental function after total knee arthroplasty using accelerometer, 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medecine World Congress (ISPRM2019), pp. 1-100, 20190609
  249. Does ankle-foot orthosis over-assist affect knee loading?: A pilot study using a musculoskeletal model, World Conference for Physical Therapy Congress 2019, 20190510
  250. System to Evaluate the Skill of Operating Hydraulic Excavators Using a Remote Controlled Excavator and Virtual Reality, FRONTIERS IN ROBOTICS AND AI, 6巻, 20200109
  251. Influence of Restrictions on Range of View From Cockpit in Operation of Hydraulic Excavator, IEEE ACCESS, 8巻, pp. 90520-90527, 202005
  252. Effects of Gait Inducing Assist for Patients with Parkinson's Disease on Double Support Phase During Gait, JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS, 32巻, 4号, pp. 798-811, 202008
  253. Effects of Varying Plantarflexion Stiffness of Ankle-Foot Orthosis on Achilles Tendon and Propulsion Force During Gait, IEEE TRANSACTIONS ON NEURAL SYSTEMS AND REHABILITATION ENGINEERING, 28巻, 10号, pp. 2194-2202, 202010
  254. Effects of Machine Instability Feedback on Safety During Digging Operation in Teleoperated Excavators, IEEE ACCESS, 9巻, pp. 28987-28998, 20210216
  255. Cross-Modal Effect of Presenting Visual and Force Feedback That Create the Illusion of Stair-Climbing, APPLIED SCIENCES, 11巻, 7号, 202103
  256. Optimal Swing Support During Walking Using Wireless Pneumatic Artificial Muscle Driver, JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS, 33巻, 2号, pp. 379-385, 20210420
  257. Individual Adjustment of Contraction Parameters for Effective Swing Assist Using a Pneumatic Artificial Muscle in the Elderly, APPLIED SCIENCES-BASEL, 11巻, 9号, 20210510
  258. Omnidirectional camera and head-mount display contribute to the safety of laparoscopic surgery, Minimally Invasive Therapy & Allied Technologies
  259. ForceArm: A wearable pneumatic gel muscle (PGM) based assistive suit for the upper limb, IEEE Transactions on Medical Robotics and Bionics, 25巻, 2号, pp. 269-281
  260. 個人適合した筋骨格モデルを用いた骨盤底筋強化のための最適姿勢導出, バイオメカニズム, 25巻, pp. 113-124, 202007
  261. SmartAidView Jacket: Providing visual aid to lower the underestimation of assistive forces, Proceedings of Augmented Humans Conference 2021, 202102
  262. Reaching Difficulty Model of Swinging Operations of a Hydraulic Excavator Considering the First-Order Delay, International Symposium on Automation and Robotics in Construction, 202010
  263. An assistive interface of a teleoperation system of an excavator by overlapping the predicted position of the arm, International Symposium on Automation and Robotics in Construction, 202010
  264. Creating Illusive Perceived Assistive Force Using Visual Feedback, IEEE International Conference on Systems, Man, And Cybernetics, 307巻, 202010
  265. Effect of varying soft actuator band positions of a wearable assist device on gait simulation of lower limb muscle force, International Conferences of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 202007
  266. Stealth-Adaptive Exergame Design Framework for Elderly and Rehabilitative Users, 22nd International Conference on Human-Computer Interaction, 202007
  267. Evaluation of Cognitive Load and Its Relationship with Physical Ability on Walking Support using Pneumatic Artificial Muscle (PAM) Driver, International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE 2020), 742巻, 202007
  268. A Study on Machine Instability Feedback During Digging Operation in Teleoperated Excavators, International Conference on Human System Interaction, 202006
  269. Developing a sense of agency scale for heavy machinery operation, International Conference on Human System Interaction, 202006
  270. Kansei and Ergonomic Consideration on Slanted and Horizontal Car Seat Levers, The 5th International Conference on Design Engineering and Science(ICDES 2020), pp. 156-163, 202011

著書等出版物

  1. 2021年03月, コンバーテック, 触感の定量評価とデジタルデザインへの応用, 加工技術研究会, 2021年, 03, その他, 単著
  2. 2020年05月, 体育の科学, 身体拡張:感覚と運動機能を向上させる技術(連載:人機融合と人間拡張), 杏林書院, 2020年, 05, その他, 単著
  3. 2020年06月, 日本ロボット学会誌, 超人スポーツ協会とその活動, 2020年, 06, その他, 共著, 栗田雄一,稲見昌彦
  4. 2020年06月, 体育の科学, ヒューマンマシンインタフェースとsense of agency(連載:人機融合と人間拡張), 杏林書院, 2020年, 06, その他, 共著, 来間千晶,伊藤卓,栗田雄一
  5. 2020年06月, 日本機械学会誌, 建設機械のためのヒューマン・セントリック・インタフェース, 2020年, 06, その他, 共著, 伊藤卓,栗田雄一
  6. 2020年06月, 日本機械学会誌, 特集「人間を拡張する機械」に寄せて, 2020年, 06, その他, 単著
  7. 2020年08月, 体育の科学, テクノロジーによるスポーツの拡張(連載:人機融合と人間拡張), 杏林書院, 2020年, 08
  8. 2020年09月, 体育の科学, 人間拡張インタフェースとともに目標達成を目指す―気持ちが切れる心理を知る―(連載:人機融合と人間拡張), 杏林書院, 2020年, 09, 来間千晶,栗田雄一
  9. 2020年09月, 日本バーチャルリアリティ学会誌, さきがけに採択されるということ(特集 さきがけ 研究予算獲得の物語), 2020年, 09
  10. 2020年10月, 体育の科学, 運動支援機器のデザインと体育の拡張(連載:人機融合と人間拡張), 杏林書院, 2020年, 10
  11. 2020年10月, 季刊 中国創研, 付加価値を高める触感デジタルデザイン(質感色感研究会10周年記念 感性研究の最前線 第2部:感性を科学する・活かす), 2020年, 11, 栗田雄一,山本義政,中島淳雄
  12. 2020年11月, Wearable Sensors 2nd Edition, Wearable Haptics, In E. Sazonov (ed.), 2020年, 11, ISBN: 9780128192467, eBook ISBN: 9780128192474
  13. 2016年, Understanding Force Perception Characteristics of a Human and Its Applications, Springer Japan, 2016年, 単行本(学術書), 単著, Yuichi Kurita, 39-54
  14. 2014年12月, Wearable Sensors, Wearable Haptics, ELSEVIER, 2014年, 12, 単行本(学術書), その他, 英語, Yuichi Kurita, 978-0-12-418662-0, 19
  15. 2015年, Advances in Physical Ergonomics and Human Factors Part I, Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity, AHFE International, 2015, 単行本(学術書), 共著, Yuichi Kurita, Kohei Sakurada, and Tosho Tsuji, 89-92

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 低圧駆動型人工筋を用いたバランストレーニングスーツの開発 ー身体動揺への影響評価ー, 浜田雅人,山本征孝,多田充徳,栗田雄一, 第26回ロボティクスシンポジア, 2021年03月, 通常, 日本語, オンライン
  2. 3D マップとデジタルヒューマンモデルを利用した転倒リスク計算に基づく安全な歩行ルート提案, 南方麻友子, 丸山翼, 多田充徳, 栗田雄一, 第26回ロボティクスシンポジア, 2021年03月, 通常, 日本語, オンライン
  3. Gesture recognition considering the estimation of signal-dependent noise (SDN)-based motion variation, Swagata Das, Yuya Ishibashi, Mayuko Minakata, and Yuichi Kurita, 第26回ロボティクスシンポジア, 2021年03月, 通常, 英語, オンライン
  4. 油圧ショベルの遠隔操作における機体切り替えが作業精度に与える影響, 増永准也,伊藤卓,関塚良太,佐伯誠司,山﨑洋一郎,栗田雄一, ユビキタス・ウェアラブル・ワークショップ2020, 2020年12月, 通常, 日本語
  5. 人工筋装具を用いたリハビリ支援システムの開発, 池田開,奥村拓海, 栗田雄一, ユビキタス・ウェアラブル・ワークショップ2020, 2020年12月, 通常, 日本語, 神戸&オンライン
  6. テクスチャの空間 周波数帯域 と粗さの主観評価との関係性, 金本拓馬,今岡恭司,栗田雄一, ユビキタス・ウェアラブル・ワークショップ2020, 2020年12月, 通常, 日本語, 神戸&オンライン
  7. 接触面のテクスチャの違いは指先の力知覚・出力能力に影響する, 岸下健太,坂本直樹,村並広章,服部一裕,栗田雄一, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SICE SI2020), 2020年12月, 通常, 日本語, オンライン
  8. 術後早期の人工膝関節全置換術患者の腫脹の推移と理学療法の可能性, 大西邦博,河村顕治,栗田雄一,三浦靖史, 第8回運動器理学療法学術大会, 2020年10月, 通常, 日本語
  9. Changing perceived assistive force using visual feedback, Das Swagata, Wongchadakul Velika, 栗田雄一, 第25回日本バーチャルリアリティ学会大会, 2020年09月, 通常, 日本語
  10. アタッチメント予測位置の重畳による油圧ショベル遠隔操作システムの操作支援, 大川夢月,伊藤卓,関塚良太,佐伯誠司,山﨑洋一郎,栗田雄一, 2020年05月, 通常, 日本語, オンライン
  11. 低圧駆動型人工筋を用いたバランストレーニングスーツの開発, 浜田雅人,山本征孝,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2020, 2020年05月, 通常, 日本語, オンライン
  12. 触感評価のための6軸力センサによるなぞり動作の滑り状態計測, 今岡恭司,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2020, 2020年05月, 通常, 日本語, オンライン
  13. 人工筋による力覚フィードバックを用いた仮想的階段昇降感覚の提示―筋感覚の再現による錯覚効果の検証―, 奥村拓海,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2020, 2020年05月, 通常, 日本語
  14. テクノロジーによる能力と体験の拡張, 栗田雄一, ふれあいラボ・日本ロボット学会研究専門委員会共催講演会, 2020年01月07日, 招待, 日本語, 糸島市・日本
  15. NEDO次世代人工知能・ロボット中核技術開発プロジェクト「健康長寿を楽しむスマートソサエティ~主体性のあるスキルアップを促進する AIスマートコーチング技術の開発」, 栗田雄一, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2019, 2019年12月20日, 通常, 日本語, 兵庫県・日本
  16. 予測軌道の重畳提示による遠隔ショベルシステムの操作支援, 大川夢月,伊藤卓,関塚良太,佐伯誠司, 山﨑洋一郎,栗田雄一, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2019, 2019年12月20日, 通常, 日本語, 兵庫県・日本
  17. 人工筋による力覚フィードバックを用いた階段昇降感覚の提示, 奥村拓海,栗田雄一, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2019, 2019年12月20日, 通常, 日本語, 兵庫県・日本
  18. フリータッチ動作における触感と表面テクスチャの関係性の考察, 今岡恭司,深田雅裕,栗田雄一, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2019, 2019年12月20日, 通常, 日本語, 兵庫県・日本
  19. 人工筋肉による力のアシスト・レジストを用いた主観的重さ感を変化させるハプティックスーツの開発, 岸下優介,栗田雄一, 第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2019年12月12日, 通常, 日本語, 高松市・日本
  20. 工学技術による身体機能の拡張, 栗田雄一, 第24回日本基礎理学療法学会大会, 2019年11月30日, 招待, 日本語, 新潟市・日本
  21. 身体性改変とスマートコーチングによる人間改造計画, 栗田雄一, 「人間改造計画」シンポジウム, 2019年11月21日, 招待, 日本語, 神戸市・日本
  22. 術前の膝OA患者を対象とした体幹加速度と身体機能との関連性, 大西邦博,河村賢治,山本征孝,栗田雄一, 第46回臨床バイオメカニクス学会, 2019年11月01日, 通常, 日本語, 久留米市・日本
  23. 人の力感覚の理解とデザインへの活用, 栗田雄一, 触覚講習会, 2019年10月30日, 招待, 日本語, 京都市・日本
  24. みんなで創れ!東広島市の新しいスポーツ☆, 栗田雄一, 東広島市産学金官連携推進協議会マッチングイベント事業:スポーツアイデアソン, 2019年10月26日, 招待, 日本語, 東広島市・日本
  25. 筋の信号強度依存ノイズによる運動のばらつきを考慮したジェスチャ識別, 石橋侑也,栗田雄一, 第27回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2019), 2019年09月25日, 通常, 日本語, 長野市・日本
  26. 運動主体感を考慮した足こぎ車椅子の操舵アシスト制御, 山口修平,サラザルホセ,平田泰久,栗田雄一, LIFE2019, 2019年09月12日, 通常, 日本語, 神奈川県・日本
  27. 歩行リスクレベルの推定結果に基づき負荷を調整するスクワットトレーニングシステム, 迫田航,Tadayon Ramin,Ramirez Antonio,Das Swagata,岸下優介,山本征孝,栗田雄一, 第24回日本バーチャルリアリティ学会大会, 2019年09月11日, 通常, 日本語, 東京都・日本
  28. 空気圧ゴム人工筋を用いた腰部運動アシストにおける支援力の時間遅れが運動主体感に与える影響, 栗田雄一,常安孝輔, 第37回日本ロボット学会学術講演会, 2019年09月03日, 通常, 日本語, 東京都・日本
  29. 身体拡張のために解決しなければいけない諸問題, 栗田雄一, 稲見ERATOシンポジウム@日本ロボット学会学術講演会, 2019年09月03日, 招待, 日本語, 東京都・日本
  30. VRとロボティクスの融合による体験の拡張, 栗田雄一, 「映像のまち・かわさき」推進フォーラム講演会, 2019年08月05日, 招待, 日本語, 川崎市・日本
  31. 個人適合した筋骨格モデルを用いた骨盤底筋強化のための最適姿勢導出, 若生知宏,田中孝之,島谷康司,栗田雄一,杉山好美, 第26回バイオメカニズム・シンポジウム, 2019年07月05日, 通常, 日本語, 山梨県・日本
  32. Ergonomic Consideration on Car Seat Lever Position -Analysis with Multi-Level Modeling, Masayuki Kikumoto, Yuichi Kurita, Shigekazu Ishihara, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島市・日本
  33. 改造ラジコンとAR 提示による油圧ショベルの操作スキル評価システム, 関塚良太,伊藤卓,佐伯誠司,山﨑洋一郎,栗田雄一, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島市・日本
  34. 遠隔操作油圧ショベルにおける機体挙動フィードバックのための振動情報に関する考察, 伊藤卓,佐伯誠司,山﨑洋一郎,栗田雄一, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島市・日本
  35. パチニ小体の周波数特性を考慮した触覚メル周波数ケプストラム係数の提案, 深田雅裕,静野大樹,栗田雄一, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島市・日本
  36. 吐水の触り心地を仮想的に再現するシステムの開発, 岸下健太,三尾俊平,八板遼平,大橋隆弘,栗田雄一, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島市・日本
  37. 視界の制約が油圧ショベルの旋回ポインティング操作に与える影響, 松村一志,伊藤卓,佐伯誠司,山﨑洋一郎,栗田雄一, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島市・日本
  38. DhaibaWorks による清拭部位可視化システムの開発とその精度検証, 南方麻友子,丸山翼,多田充徳,戸田晴貴,栗田雄一, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島市・日本
  39. 無線人工筋肉駆動システムを用いた股関節屈曲運動の最適補助, 多田充徳,戸田晴貴,栗田雄一, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島市・日本
  40. 人工筋を用いたON-OFFパターン制御による歩行アシスト機器の開発, 浜田雅人,岸下優介,山本征孝,栗田雄一, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 広島市・日本
  41. 人の感覚・運動特性の理解とその応用, 栗田雄一, 岡山県立大学デザイン学部「エルゴノミクス」内講義, 2019年06月03日, 招待, 日本語, 岡山市・日本
  42. Soft exoskeleton technology helps people living in hyper aged society, Yuichi Kurita, Liberal Arts & Culture Center (LACC) Public Lecture in Egypt-Japan University of Science and Technology (E-JUST), 2019年04月08日, 招待, 英語, Alexandria, Egypt
  43. 創造が想像に追いついた.感じるスポーツ!, 栗田雄一, 日本学術振興会カイロ研究連絡センター定例講話会, 2019年04月08日, 招待, 日本語, カイロ,エジプト
  44. Soft exoskeleton technology for hyper-aged society, Yuichi Kurita, Symposium on Novel Technology for Treatment of Knee Degenerative Disorders, 2019年04月07日, 招待, 英語, Cairo, Egypt
  45. Soft Exoskeleton Technology to Support People Living in Ageing Society, Yuichi Kurita, Global Forum for Higher Education and Scientific Research: Present and Future : Science, Technology and Society (STS) session, 2019年04月06日, 招待, 英語, Cairo, Egypt
  46. Muscleblazer: Force-Feedback Suit for Immersive Experience, Yusuke Kishishita, Swagata Das, Antonio Vega Ramirez, Chetan Thakur, Ramin Tadayon, Yuichi Kurita, IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (IEEE VR), 2019年03月24日, 通常, 英語, Osaka, Japan
  47. Gait Evaluation on Parkinson's Disease Patients Using Spontaneous Stimulus Induced by UPS-PD, Ai Higuchi, Junichiro Shiraishi, Yuichi Kurita, Evgeniia Shchelkanova, Yosuke Ikeda, Tomohiro Shibata, 2019 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2019), 2019年01月10日, 通常, 英語, Paris, France
  48. 補助具によるスポーツ体験の拡張, 栗田雄一, 日本繊維機械学会スポーツ用補助具の現状と未来講演会, 2019年01月10日, 招待, 日本語, 大阪科学技術センタービル
  49. Reducing Muscle Effort While Walking Using Augmented Walking Suit and Pilot Trial with Elderly Farmers, Chetan Thakur, Yuichi Kurita, 情報処理学会高齢社会デザイン研究会, 2018年12月21日, 通常, 日本語
  50. 空気圧人工筋肉の圧力制御手法が作業支援スーツの効果に及ぼす影響, 常安孝輔,大野歩,福田克幸,小川和徳,辻敏夫,栗田 雄一, 第19回システムインテグレーション部門講演会(SI2018), 2018年12月15日, 通常, 日本語, 大阪
  51. 能動的指先なぞり速度は素材テクスチャの摩擦,表面粗さに応じて変わる, 深田雅裕,辻敏夫,栗田雄一, 第19回システムインテグレーション部門講演会(SI2018), 2018年12月14日, 通常, 日本語, 大阪
  52. 筋骨格モデルと信号強度依存ノイズによるジェスチャ動作における手先加速度の解析, 石橋侑也,辻敏夫,栗田雄一, 第19回システムインテグレーション部門講演会(SI2018), 2018年12月13日, 通常, 日本語, 大阪
  53. Soft exoskeleton to augment sports activity, Yuichi Kurita, Superhuman Sports Workshop in Taiwan, 2018年11月27日, 招待, 英語
  54. Soft exoskeleton for human augmentation to support people in hyper-aged societies, Yuichi Kurita, JST- MoST Conference ICT for Accessibility and Support of Older People, 2018年11月26日, 招待, 英語
  55. 力感覚の特性理解とインタフェースへの応用, 栗田雄一, 触覚講習会, 2018年11月21日, 招待, 日本語, 東京大学本郷キャンパス(東京都)
  56. VR training system of step timing for baseball batter using force stimulus, Wataru Sakoda, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, AsiaHaptics2018, 2018年11月01日, 通常, 英語, Songdo, Korea
  57. VR体験!ショベルカーに乗ってみよう, 栗田雄一, 東広島市生涯学習フェスティバル, 2018年11月, 招待, 日本語, 東広島市くらら
  58. 健康長寿を楽しむスマートソサエティ・主体性のあるスキルアップを促進するAIスマートコーチング技術の開発, 栗田雄一, NEDOロボット・AIフォーラム2018World Robotics Summit2018, 2018年10月17日, 招待, 日本語, 東京ビッグサイト,東京
  59. 超人スポーツは健康長寿にどのように貢献できるか, 栗田雄一, 岩手県文化スポーツ部文化振興課超人スポーツオープンセミナー2018, 2018年10月14日, 招待, 日本語, 岩手県公会堂,岩手
  60. Evaluation of haptic feeling and its application to industrial design, Yuichi Kurita, Tutorial for 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 2018年10月07日, 招待, 英語, Seagaia Convention Center, Miyazaki, Japan
  61. Artificial Motion Guidance: an Intuitive Device based on Pneumatic Gel Muscle (PGM), Takashi Goto, Swagata Das, Yuichi Kurita, Kai Kunze, 31st ACM User Interface Software and Technology Symposium (UIST2018), 2018年10月01日, 通常, 英語
  62. Prediction of Affective Feeling of Tactile Texture Based on Measurement of Fingertip Deformation, Taiju Shizuno, Tsuyoshi Arakawa, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2018), 2018年10月01日, 通常, 英語
  63. Soft Wearable Augmented Walking Suit with Pneumatic Gel Muscles and Stance Phase Detection System to Assist Gait, Chetan Thakur, Kazunori Ogawa, Toshio Tsuji, IEEE International Conference on Intelligent Robot and Systems (IROS2018), 2018年10月01日, 通常, 英語
  64. 人間拡張技術, 栗田雄一, 第36回日本ロボット学会学術講演会オーガナイズドセッション, 2018年09月05日, 通常, 日本語, 中部大学(愛知県)
  65. Unplugged Powered Suit for Superhuman Tennis, Kazunori Ogawa, Tomohiro Ikeda, and Yuichi Kurita, 12th France-Japan Congress, 10th Europe-Asia Congress on Mechatronics, 2018年09月01日, 通常, 英語
  66. 力刺激による運動タイミング提示効果に関する考察と応用, 迫田航,辻敏夫,栗田雄一, 第23 回日本バーチャルリアリティ学会大会, 2018年09月, 通常, 日本語, 仙台
  67. A soft exoskeleton jacket for human motion interaction, Antonio Vega Ramirez, Yuichi Kurita, 第36回日本ロボット学会学術講演会, 2018年09月, 通常, 英語, 愛知県春日井市
  68. Prediction of perceived steering wheel operation force by muscle activity, Yusuke Kishishita, Kazuhiro Takemura, Naoki Yamada, Toshihiro Hara, Atsuhide Kishi, Kazuo Nishikawa, Takahide Nouzawa, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, The 3rd Workshop of Robotics Ongoing Breakthroughs (ROOB2018), 2018年08月31日, 通常, 英語, 大阪
  69. ダブルトレッドミルの床反力計による歩行支援の効果検証, 南方麻友子,栗田雄一, The 3rd Workshop of Robotics Ongoing Breakthroughs (ROOB2018), 2018年08月31日, 通常, 日本語, 大阪
  70. 運動アシスト機器のための伸縮量センサによる人工筋の制御, 浜田雅人,栗田雄一,山本政孝, The 3rd Workshop of Robotics Ongoing Breakthroughs (ROOB2018), 2018年08月31日, 通常, 日本語, 大阪
  71. 水の触り心地を仮想的に再現する触感ディスプレイ, 岸下健太,三尾俊平,八板遼平,大橋隆弘,栗田雄一, The 3rd Workshop of Robotics Ongoing Breakthroughs (ROOB2018), 2018年08月31日, 通常, 日本語, 大阪
  72. 空気圧人工筋を利用したウェアラブル力覚提示スーツ, 栗田雄一, CEDEC2018, 2018年08月, 招待, 日本語, パシフィコ横浜(横浜市)
  73. Biofeedback for Training Pelvic Floor Muscles with EMG Signals of Synergistic Muscles, Hikaru Hasegawa, Takayuki Tanaka, Tomohiro Wakaiki, Koji Shimatani, and Yuichi Kurita, International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE 2018), Advances in Physical Ergonomics & Human Factors, 2018年07月01日, 通常, 日本語
  74. Development of a Lightweight Flexible Construction Work Assist Suit Using Pneumatic Rubber Artificial Muscles, Kazunori Ogawa, Ayumu Ono, Yoshiyuki Fukuda, Kosuke Tsuneyasu and Yuichi Kurita, 40th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2018), 2018年07月01日, 通常, 英語
  75. Estimation of compressive tibiofemoral force using over resistance of ankle-foot orthosis on gait, Masataka Yamamoto, Koji Shimatani, Masaki Hasegawa, Takuya Murata, and Yuichi Kurita, 40th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2018), 2018年07月01日, 通常, 英語
  76. Muscleblazer : A wearable laser tag module powered by PAM-induced force-feedback, Yusuke Kishishita, Antonio Vega Ramirez, Swagata Das, Chetan Thakur, Yohei Yanase, and Yuichi Kurita, First International Symposium on Amplifying Capabilities, Competing in Mixed Realities (Superhuman Sports Design Challenge), 2018年07月01日, 通常, 英語
  77. 手先筋活動度コンプライアンスを用いた振戦方向予測, 栗田雄一,村田拓也,櫻田浩平,辻敏夫, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018, 2018年06月05日, 通常, 日本語, 小倉
  78. 座席振動フィードバックを用いた油圧ショベル遠隔操作システム, 伊藤卓,辻敏夫,栗田雄一,佐伯誠司,山﨑洋一郎, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018, 2018年06月05日, 通常, 日本語, 小倉
  79. 視界の制約が油圧ショベルの旋回ポインティング操作に与える影響, 松村一志,伊藤卓,佐伯誠司,山﨑洋一郎,辻敏夫,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018, 2018年06月05日, 通常, 日本語, 小倉
  80. 空気圧人工筋を用いたキック支援ソフトエグゾスケルトンスーツ, 石橋侑也,小川和徳,辻敏夫,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018, 2018年06月05日, 通常, 日本語, 小倉
  81. 力刺激の運動タイミング提示への有用性に関する考察 -視覚,音,振動刺激との比較-, 迫田航,小川和徳,辻敏夫,,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018, 2018年06月05日, 通常, 日本語, 小倉
  82. 街歩き感の予測と可視化のための地面インタラクション情報計測, 栗田雄一,飯倉隆寛,北雄介,中小路久美代,辻敏夫, ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2018年06月04日, 通常, 日本語, 小倉
  83. 指先振動計測に基づく触感テクスチャ感性の予測, 深田雅裕,静野大樹,中原昭,鑓水清隆,,高橋雅人,田中由浩,辻敏夫,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018, 2018年06月04日, 通常, 日本語, 小倉
  84. ForceHand glove: a wearable force feedback glove with pneumatic artificial muscles, Swagata Das, Cassie Lowell, Yusuke Kishishita, Kazunori Ogawa, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2018), 2018年05月01日, 通常, 英語
  85. A soft exoskeleton suit to reduce muscle fatigue with pneumatic artificial muscles, Kosuke Tsuneyasu, Ayumu Ohno, Yoshiyuki Fukuda, Kazunori Ogawa, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, Augmented Human 2018, 2018年02月07日, 通常, 英語, Seoul, Korea
  86. Reinforced suit using low pressure driven artificial muscles for baseball bat swing, Wataru Sakoda, Antonio Vega, Kazunori Ogawa, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, Augmented Human 2018, 2018年02月07日, 通常, 英語, Seoul, Korea
  87. 触るを見せる,触るで魅せる, 栗田雄一, 精神的価値が成長する感性イノベーション拠点公開シンポジウム, 2018年01月31日, 招待, 日本語
  88. 改造ラジコンとAR提示による油圧ショベルのバーチャル操縦スキル評価システム, 関塚良太,小岩井一茂,佐伯誠司,山崎洋一郎,辻敏夫,栗田雄一, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017年12月20日, 通常, 日本語, 仙台
  89. 空気圧ゴム人工筋を利用した作業支援スーツのアシスト力設計, 常安孝輔,大野歩,福田克幸,小川和徳,辻敏夫,栗田雄一, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017年12月20日, 通常, 日本語, 仙台
  90. 把持部の一部を平面にしたペンの操作感に対する把持形態の影響, 岸下優介,川嶋龍彦,松下欣也,吉川将史,栗田雄一, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017年12月20日, 通常, 日本語, 仙台
  91. 手洗い用水栓における形態の違いが力感に及ぼす影響, 三尾俊平,八板遼平,岡本美南,大橋隆弘,栗田雄一, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017年12月20日, 通常, 日本語, 仙台
  92. 尺度混合モデルに基づく筋電位信号の分散分布特性の解析, 古居 彬,早志 英朗,曽 智,栗田 雄一,辻 敏夫, 第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2017年12月20日, 通常, 日本語, 仙台
  93. A Virtual System of a Hydraulic Excavator Using a Remote Controlled Excavator with Augmented Reality, Ryota Sekizuka, Kazushige Koiwai, Seiji Saiki, Yoichiro Yamazaki, Toshio Tsuji, Yuichi Kurita, IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 2017年12月11日, 通常, 英語, Taipei, Taiwan
  94. Soft exoskeleton to augment sports activity and support healthcare, Yuichi Kurita, Italy-Japan Workshop 2017, 2017年12月08日, 招待, 英語
  95. Reinforced suit using low-pressure driven artificial muscles for baseball bat swing, Wataru Sakoda, Vega Antonio, Ogawa Kazunori, Toshio Tsuji, Yuichi Kurita,, 超人スポーツ学術研究会, 2017年12月08日, 通常, 英語, 神戸
  96. Design of Human Machine Interface based on Understanding of Human's Motor and Sensory Capacitys, Yuichi Kurita, International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science, 2017年12月04日, 招待, 英語
  97. 力覚/触覚パワードスーツによる人の感覚運動機能の拡張とスポーツへの展開, 栗田雄一, システム制御情報学会セミナー, 2017年11月09日, 招待, 日本語
  98. 技術をまとって超人になろう!, 栗田雄一, ひろしまIT総合展2017, 2017年10月25日, 招待, 日本語
  99. 短下肢装具の制動力変化が麻痺側下肢機能に及ぼす影響 -筋骨格モデルを使用した歩行解析による検討-, 山本征孝,島谷康司,長谷川正哉,村田拓也,椿野稔,阪上義雄,栗田雄一, 日本義肢装具学会学術大会, 2017年10月08日, 通常, 日本語, 東京
  100. 低圧駆動型人工筋を利用した野球バットスウィング強化スーツ, 迫田航,Vega Antonio,小川和徳,辻敏夫,栗田 雄一, 日本バーチャルリアリティ学会大会, 2017年09月27日, 通常, 日本語, 徳島
  101. 低圧駆動McKibben型人工筋を利用した電力を使わずにテニススウィングを強化するスーツ, 栗田雄一,小川和徳,池田智浩, 日本ロボット学会学術講演会, 2017年09月11日, 通常, 日本語, 東京都川越市
  102. 視界の制約がポインティング操作に与える影響の考察, 松村一志,辻敏夫,栗田雄一, The 2nd Workshop of Robotics Ongoing Breakthrough, 2017年09月01日, 通常, 日本語, 千葉県野田市
  103. 接触面変化と振動の同時計測による触感テクスチャの評価, 深田雅裕,静野大樹,辻敏夫,栗田雄一, The 2nd Workshop of Robotics Ongoing Breakthroughs, 2017年09月01日, 通常, 日本語, 千葉県野田市
  104. 空気圧人工筋を用いたサッカーのキック動作を増強するスーツ, 石橋侑也,小川和徳,,辻敏夫,栗田雄一, The 2nd Workshop of Robotics Ongoing Breakthroughs, 2017年09月01日, 通常, 日本語, 千葉県野田市
  105. Virtual Restoration of Down-sampled EMG Signals Using a Stochastic Model, Akira Furui, Hideaki Hayashi, Takaei Kihara, Takahiro Konishi, Yusuke Yoshida, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, 11th international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology, 2017年08月22日, 通常, 英語, Kobe International Conference Center, Kobe
  106. Variance Distribution Analysis of Surface EMG signals Based on Marginal Maximum Likelihood Estimation, Akira Furui, Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2017, 2017年07月11日, 通常, 英語, Jeju Island, Korea
  107. 持続的な成長を促すための運動アシスト技術, 栗田雄一, 広島キワニスクラブ例会講演, 2017年06月22日, 招待, 日本語
  108. Design and development of a PAM-enabled wrist assist glove, Swagata Das, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, IEEE International Conference on Robotics and Automation 2017, 2017年05月29日, 通常, 英語, Singapore
  109. Surface EMG-based evaluation of a PAM-enabled wrist assist glove, Swagata Das and Yuichi Kurita, IEEE International Conference on Robotics and Automation 2017, 2017年05月29日, 通常, 英語, Singapore
  110. 身体性を考慮したヒューマンインタフェースの評価と設計への応用, 栗田雄一, ImPACTプログラム合同ワークショップ ロボットイノベーションのためのヒューマン・インタフェース, 2017年05月13日, 招待, 日本語
  111. 把持部の一部を平面にしたペンの操作感に関する考察, 栗田雄一,岸下優介,川嶋龍彦,松下欣也,吉川将史, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 福島県郡山市
  112. 街歩き体験を可視化するための地面インタラクションセンシング, 飯倉隆寛,北雄介,中小路久美代,辻敏夫,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 福島県郡山市
  113. 透明擬似指を利用した接触面変化計測システム, 静野大樹, 荒川剛, 辻敏夫, 栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 講演論文集, 1P1-M03, 郡山,
  114. 改造ラジコンとAR技術を用いた油圧ショベルのバーチャル操縦体験システム, 関塚良太,笠原拓也,小岩井一茂,辻敏夫,栗田雄一, ロボティクス・メカトロニクス講演会201, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 福島県郡山市
  115. 空気圧ゴム人工筋を利用した建設作業支援スーツのアシストゲイン設計に関する考察, 常安孝輔,大野歩,福田克幸,小川和徳,辻敏夫,栗田雄一,, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017, 2017年05月11日, 通常, 日本語, 福島県郡山市
  116. 血管粘弾性変化率によりオシロメトリック式血管内皮機能評価法ezFMDの識別能力は向上するか?, 田中 敬士,平野 陽豊,曽 智,栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,東 幸仁,吉栖 正生,辻 敏夫, 第2回日本血管不全学会学術集会, 2017年04月16日, 通常, 日本語, 東京
  117. 超人を実現するための人間機械インタラクションにおけるチャレンジ, 栗田雄一, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2016 超人スポーツフォーラム, 2016年12月17日, 招待, 日本語, 札幌市
  118. 感覚/運動機能をアシストする工学技術, 栗田雄一, 第7回 広島大学病院スポーツ医科学センター地域交流講演会, 2016年12月12日, 招待, 日本語, 広島市
  119. 低圧駆動人工筋を利用した運動アシスト, 栗田雄一, 再生医療とリハビリテーション研究会, 2016年12月10日, 招待, 日本語, 東京都
  120. Design of Weight: How do we feel force, and how can we apply it to product design?, Yuichi Kurita, Yoshiyuki Tanaka, Workshop on AsiaHaptics2016, 2016年11月29日, 招待, 英語, 柏市
  121. スーパーヒューマンは作れるか?, 栗田雄一, ちゅうごく産業創造センターオリンピアン講演会, 2016年10月05日, 招待, 日本語, ちゅうごく産業創造センター, 広島市
  122. 使いやすいを形にする力覚と触覚のインタフェース -人の計測/物性値の設計値への変換と取組事例-, 栗田雄一, ひろしま感性イノベーション推進協議会, 2016年09月12日, 招待, 日本語, ひろしま感性イノベーション推進協議会, 東広島市
  123. 筋負担推定に基づくインタフェースレスポンスの設計手法, 栗田雄一, デジタルヒューマン技術協議会, 2016年08月26日, 通常, 日本語, 産業技術総合研究所, 東京都
  124. 高齢化社会を楽しく変える運動アシスト技術, 栗田雄一, 新川電機セミナー展示会2016, 2016年06月23日, 招待, 日本語, 広島市
  125. 主観は制御できるか?- 物理量と感覚量を繋げる工学技術, 栗田雄一, 日本認知心理学会第14回大会産学連携公開シンポジウム, 2016年06月18日, 招待, 日本語, 東広島市
  126. 筋肉を着るウェア:筋補助力のオーダーメイド設計手法の開発とウェアの試作, 栗田雄一, (公財)ちゅうごく産業創造センター 2016年度ビジネスマッチング交流会, 2016年01月28日, 招待, 日本語
  127. 筋肉を着るウェア:筋補助力のオーダーメイド設計手法の開発とウェアの試作, 栗田雄一, (公財)ちゅうごく産業創造センター 2016年度ビジネスマッチング交流会, 2016年01月28日, 招待, 日本語
  128. 筋と力覚:人の感覚運動機能の理解と工学応用, 栗田雄一, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門触覚部会触覚講習会, 2015年11月27日, 招待, 日本語
  129. トレーニング,リハビリ支援のための筋負担推定と可視化, 栗田雄一, (公財)ちゅうごく産業創造センター 平成27年度第2回医療福祉機器技術事業化交流会, 2015年10月05日, 招待, 日本語
  130. Wearable assistive devices that enhance sensorimotor capability of surgeons, Yuichi Kurita, 2nd workshop on The role of human sensorimotor control in surgical robotics, 2015年10月02日, 招待, 日本語
  131. 電動装置を使わない運動アシストウェアの開発 -高齢化社会を支える運動アシスト技術-, 栗田雄一, 中国地区品質経営協会 市場創造と技術革新シンポジウム, 2015年09月28日, 招待, 日本語
  132. 人の運動と感覚を拡張するアンプラグド・パワード・スーツ, 栗田雄一, 第33回日本ロボット学会学術講演会, 2015年09月05日, 招待, 日本語
  133. 人の感覚・運動特性の理解に基づく作業支援機器の開発, 栗田雄一, 再生医療とリハビリテーション研究会, 2015年03月14日, 招待, 日本語, 広島大学霞キャンパス
  134. Human Interface for Embodied Reality, Yuichi Kurita, India-HU Workshop for Sensing and Robotics 'HiSENS2015', 2015年02月12日, 通常, 英語
  135. Change over time of infants' movements based on motion analysis: Comparison with changes in General Movements and the body sway, Koji Shimatani, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, Akira Otsuka, Maura Casadio, Psiche Giannoni, Paolo Moretti, Pietro Morasso, and Toshio Tsuji, World Confederation for Physical Therapy Congress, 2015年01月03日, 通常, 英語, Singapor
  136. Human Assistive System for Improving Sensorimotor Performance, Yuichi Kurita, International Workshop on Human Assistive Systems Based on Human Modeling in Tokyo, 2014年12月14日, 通常, 英語
  137. "使いやすい"を形にする, 栗田雄一, 第1回イノベカフェ~アイデアを形に~, 2014年11月26日, 通常, 日本語
  138. Wearable pseudo-haptic interaction by using electrical muscle stimulation, Takaaki Ishikawa, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, AsiaHaptics, 2014年11月, 通常, 英語, Tsukuba, Japan
  139. Fingertip force estimation based on the deformation of the fingertip, Akihito Kibita, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, AsiaHaptics, 2014年11月, 通常, 英語, Tsukuba, Japan
  140. Toward the next-generation of human interface: understanding human perception characteristics and their applications, Yuichi Kurita, Seminar on human sensorimotor control in Applied Physiology Department, 2014年10月01日, 通常, 英語, Department of Applied Physiology, Georgia Institute of Technology, USA
  141. ヒューマンモデリング技術に基づく使いやすさの定量化, 栗田雄一, 精密工学会秋季大会関連事業 元気の出る新技術講演会, 2014年09月16日, 招待, 日本語, 鳥取大学鳥取キャンパス
  142. 主観的な感覚はデザインできるか ~運動・知覚のヒューマンモデリングと工学的応用~, 栗田雄一, デジタルヒューマン技術協議会, 2014年08月29日, 招待, 日本語, 産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究センター
  143. 心地よいアシストを実現するための人の感覚運動特性モデリング, 栗田雄一, 信州大学 人を支える知能ロボティクス・メカトロニクス技術講演会, 2014年08月27日, 招待, 日本語, 信州大学上田キャンパス
  144. 人を賢くサポートするためのコンピュテーショナルヒューマンモデリング, 栗田雄一, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門東北地区特別講演会:ロボティクスによる人間支援最新技術, 2014年07月04日, 招待, 日本語, 東北大学青葉山キャンパス
  145. Chemotaxis Simulation of Caenorhabditis Elegans Using an Active cord Mechanism in an Actual Environment, C. elegans Development, Shinya Nishikawa, Zu Soh, Yuichi Kurita, Toshio Tsuji, Cell Biology and Gene Expression Meeting in association with The 6th Asia-Pasific C. elegans Meeting, 2014年07月, 通常, 英語, Nara, Japan
  146. Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity, Yuichi Kurita, Kohei Sakurada, and Tosho Tsuji, International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, 2014年07月, 通常, 英語, Krakow, Poland
  147. Computational Modeling of Subjective Force Sensation for Assisting Human Activity, Yuichi Kurita, IEEE ICRA 2014 Workshop on Human Modeling and Control for Assistive Technologies, 2014年06月01日, 通常, 英語, Hong Kong Convention and Exhibition Centre, HongKong
  148. Haptic rendering of tissue stiffness by the haptic enhanced reality method, Yoshihide Otsuru, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, EuroHaptics, 2014年06月, 通常, 英語, Versailles, France
  149. Fingertip force estimation based on the deformation of the fingertip, Akihito Kibita, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, International Digital Human Modeling Symposium, 2014年05月, 通常, 英語, Tokyo, Japan
  150. Unloading muscle activation enhances force perception, Yuichi Kurita, Jumpei Sato, Takayuki Tanaka, Minoru Shinohara, and Tosho Tsuji, Augmented Human, 2014年03月, 通常, 英語, Kobe, Japan
  151. Haptic rendering of needle penetration by enhancing the real force response of a base object, Yuichi Kurita, Hiroyuki Ohtsuka, Kazuyuki Nagata, and Tosho Tsuji, Haptics Symposium, 2014年02月, 通常, 英語, Houston, Texas, USA
  152. 筋肉を着るスーツによるスポーツ体験の拡張, 栗田雄一, 繊維機械学会セミナー, 招待, 日本語

受賞

  1. 2020年12月25日, 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2020 優秀講演賞, 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長,プログラム委員長, 接触面のテクスチャの違いは指先の力知覚・出力能力に影響する
  2. 2019年12月21日, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2019 学生ベストプレゼンテーション賞, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2019
  3. 2019年03月05日, SI2018 優秀講演賞, 公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長,プログラム委員長,表彰委員長
  4. 2019年03月05日, SI2018 優秀講演賞, 公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長,プログラム委員長,表彰委員長
  5. 2017年12月23日, SI2017優秀講演賞, 第18回公益社団法人計測自動学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長・プログラム委員長・表彰委員長
  6. 2017年12月23日, SI2017優秀講演賞, 第18回公益社団法人計測自動学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長・プログラム委員長・表彰委員長
  7. 2016年06月24日, 日本医療機器学会 平成27年度論文賞, 一般社団法人日本医療機器学会理事長
  8. 2015年12月07日, Honorable Mention International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM) 2015, ICAM2015 General Chair
  9. 2015年12月16日, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2015優秀講演賞, 第16回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長 プログラム委員長 表彰委員長
  10. 2015年12月16日, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2015優秀講演賞, 第16回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員長 プログラム委員長 表彰委員長
  11. 2015年12月07日, Honorable Mention, International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM)2015, Palpation force display by enhancing the force response of a surgical training phantom
  12. 2015年12月16日, 優秀講演賞, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2015, 信号強度依存ノイズに基づく人工筋電位信号生成モデルの提案と動作識別への応用
  13. 2015年12月16日, 優秀講演賞, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2015, 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく疼痛評価法の開発:皮膚電気刺激に対する痛み感覚の刺激周波数依存性に関する検討
  14. 2016年03月31日, 優秀論文賞, 第48回日本人間工学会中国・四国支部大会, 乳幼児のハイハイ動作解析に基づく発育評価支援システムの開発
  15. 2014年09月09日, 計測自動制御学会論文賞, 計測自動制御学会
  16. 2013年06月07日, 日本医療機器学会平成24年度論文賞, 一般社団法人日本医療機器学会理事長
  17. 2014年03月31日, 第46回日本人間工学会中国・四国支部大会優秀論文賞, 日本人間工学会
  18. 2012年07月03日, The 2012 International Conference on Complex Medical Engineering Best Student Paper Finalist, Conference Chair, Institute of Complex Medical Engineering , Conference Chair, Institute of Complex Medical Engineering
  19. 2013年03月31日, 日本人間工学会中国・四国支部 優秀論文賞, 日本人間工学会中国・四国支部支部長
  20. 2012年10月04日, 日本味と匂学会 論文賞, 日本味と匂学会会長
  21. 2012年03月31日, 第44回日本人間工学会中国・四国支部大会・第32回日本人間工学会九州・沖縄支部大会合同支部大会 優秀論文賞, 日本人間工学会中国・四国支部長

取得

  1. 特許権, 特許第6729930号, 2020年07月06日, 触覚評価方法ならびに触覚評価システム
  2. 特許権, 6729930, 2020年07月06日, 触覚評価方法および触覚評価システム
  3. 特許権, 特許第6617519号, 2019年11月22日, 補助スーツ
  4. 特許権, 6495888, 2019年03月15日, 工業製品デザインシステム、方法、およびプログラム
  5. 特許権, 特許第6161157号, 2017年02月, 印加力推定方法、印加力推定プログラム、およびコンピュータ入力デバイス

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム_SICORP), 超高齢化社会で活躍する高齢者を支援するソフトエグゾスケルトンならびに装着型アシスト機器の開発, 2018年06月01日, 2021年03月31日
  2. 研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム(START), 触感の感性的・機能的価値の可視化技術の開発, 2017年10月02日, 2018年03月31日
  3. 戦略的創造研究推進事業(新技術シーズ創出_さきがけ), 個性と調和する相適応型人間機械システム設計論の構築, 2016年12月01日, 2020年03月31日
  4. さきがけ「社会と調和した情報基盤技術の構築」研究領域, 個性と調和する人間機械システム設計論の構築, 2016年12月, 2020年04月
  5. 戦略的創造研究推進事業(さきがけ), 個性と調和する相適応型人間機械システム設計論の構築, 2016年10月01日, 2020年03月31日
  6. 戦略的創造研究推進事業(新技術シーズ創出_さきがけ), 個性と調和する相適応型人間機械システム設計論の構築, 2016年10月01日, 2020年03月31日
  7. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽), 地面インタラクションセンシングによる都市体験の記録と再生, 2015年04月, 2018年03月
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 超小型広視野角カメラ画像情報合成による没入型内視鏡外科支援システムの開発と応用, 2015年04月, 2018年03月
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 超小型広視野角カメラ画像情報合成による没入型内視鏡外科支援システムの開発と応用, 2015年, 2018年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 人側/装置側の両者の力触覚機能向上による新しい医用力覚呈示システム, 2013年, 2016年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 確率共鳴理論から開発した触覚が向上する内視鏡外科デバイスの臨床応用, 2012年, 2014年
  12. 戦略的創造研究推進事業(さきがけ), マルチスケール身体モデルに基づく運動評価技術の開発とその応用, 2011年10月01日, 2015年03月31日
  13. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 滑り知覚規範による人の力制御戦略のモデル化とその工学的応用, 2011年, 2012年
  14. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 古典舞踊に倣う対話ロボットの身振り生成手法の提案, 2008年, 2009年
  15. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), センシングデバイスとしてのロボットフィンガ「センシングフィンガ」の開発, 2008年, 2009年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 生体信号モニタリングと統合ヒューマンモデルによる身体運動時の筋力設計, 2006年, 2009年
  17. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 角膜変形のダイナミックセンシング, 2006年, 2007年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 質感色感研究会研究者, 2021年04月, 2022年03月, (公財)中国地域創造研究センター
  2. 客員研究員, 2020年06月, 2022年03月, 国立研究開発法人産業技術総合研究所
  3. ひろしま感性イノベーション推進協議会企画運営委員, 2020年04月, 2022年03月, ひろしま感性イノベーション推進協議会
  4. 質感色感研究会研究者, 2020年04月, 2021年03月, (公財)中国地域創造研究センター
  5. 専門調査員, 2020年04月, 2021年03月, 文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター
  6. 理事, 2020年04月, 2021年03月, (一社)超人スポーツ協会
  7. 客員研究員, 2020年04月, 2021年03月, 東京大学先端科学技術研究センター
  8. 専門調査員, 2019年07月, 2020年03月, 文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター
  9. 理事, 2019年04月, 2020年03月, (一社)超人スポーツ協会
  10. 客員研究員, 2019年04月, 2020年03月, 東京大学先端科学技術研究センター
  11. 高齢者支援ICT専門研究委員会運営委員, 2019年04月, 2019年12月, ヒューマンインターフェース学会
  12. 企画運営委員, 2019年04月, 2020年03月, ひろしま感性イノベーション推進協議会
  13. 中国地域質感色感研究会副委員長, 2019年04月, 2020年03月, (公財)中国地域創造研究センター
  14. 理事, 2019年01月, 2019年03月, (一社)超人スポーツ協会
  15. (公財)中国地域創造研究センター, 2018年04月, 2019年03月, 中国地域質感色感研究会副委員長
  16. 東京大学先端科学技術研究センター, 2018年04月, 2019年03月, 客員研究員
  17. Associate Editor, 2018年, 日本ロボット学会
  18. 日本機械学会和文論文誌論文誌編集委員, 2018年, 日本機械学会
  19. システムインテグレーション部門ロボティクス部会 副主査, 2018年, 計測自動制御学会
  20. 高齢社会デザイン研究会運営委員, 2018年, 情報処理学会
  21. 中国地域質感色感研究会副委員長, 2017年04月, 2018年03月, 公益財団法人ちゅうごく産業創造センター
  22. 戦略的創造研究推進事業個人型研究(さきがけ)研究領域研究者, 2016年12月, 2020年03月, 国立研究開発法人科学技術振興機構
  23. 中国地域質感色感研究会委員, 2016年04月, 2017年03月, 財団法人ちゅうごく産業創造センター
  24. 広島県研究開発評価会議技術評価委員, 2015年11月, 2016年03月, 広島県立総合技術研究所
  25. 中国地域質感色感研究会委員, 2015年04月, 2016年03月, 財団法人ちゅうごく産業創造センター
  26. Associate Editor, 2015年04月, 2016年03月, Advanced Robotics
  27. Associate Editor, 2015年04月, 2016年03月, JSME Mechanical Engineering Journal
  28. 欧文誌編集委員会 委員, 2015年04月, 2016年03月, 日本ロボット学会
  29. ロボティクス・メカトロニクス部門欧文誌委員会 委員, 2015年04月, 2016年03月, 日本機械学会
  30. 中四国支部 監査, 2015年04月, 2016年03月, 日本人間工学会
  31. 感性イノベーション推進協議会 メンバー, 2015年04月, 2016年03月, 広島県
  32. 触知覚原理に基づく触覚技術の産業・医療応用研究会 委員, 2015年04月, 2016年03月, 科学技術交流財団研究会事業
  33. 広島県研究開発評価会議技術評価委員, 2014年11月, 2015年03月, 広島県立総合技術研究所
  34. 広島県次世代産業創出研究会(人間工学・感性工学)メンバー, 2014年04月, 2015年03月, 広島県
  35. 日本人間工学会 中四国支部 理事, 2014年04月, 2015年03月, 日本人間工学会
  36. 第20回ロボティクス・シンポジア プログラム委員, 2014年04月, 2015年03月, ロボティクス・シンポジアプログラム委員会
  37. 電気学会触覚デバイスの高度化協同研究委員会 委員, 2014年04月, 2015年03月, 電気学会
  38. 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2014 プログラム委員, 2014年04月, 2015年03月, 計測自動制御学会
  39. 計測自動制御学会 触覚部会 委員, 2014年04月, 2015年03月, 計測自動制御学会
  40. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 プログラム委員, 2014年04月, 2015年03月, 日本機械学会
  41. 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門欧文誌委員会 委員, 2014年04月, 2015年03月, 日本機械学会
  42. 日本ロボット学会 会誌編集委員会 委員, 2014年04月, 2015年03月, 日本ロボット学会
  43. Technical Program Committee Member, 2014年04月, 2015年03月, 23rd IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication
  44. Associate Editor, 2014年04月, 2015年03月, IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics
  45. Associate Editor, 2014年04月, 2015年03月, IEEE/SICE International Symposium on System Integration
  46. 領域個人研究者, 2011年10月, 2015年03月, 独立行政法人科学技術振興機構

学術会議等の主催

  1. 第26回ロボティクスシンポジア, 実行委員長, 2021年03月, 2021年03月
  2. 2019 Annual International Conference of the Society of Instrument and Control Engineers (SICE2019), Program Co-Chair, 2020年09月, 2020年09月
  3. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2019, 実行委員会プログラム委員, 2020年06月, 2020年06月
  4. Augmented Humans 2020, Program Committee Member, 2020年03月, 2020年03月
  5. 第25回ロボティクス・シンポジア, プログラム委員, 2020年03月, 2020年03月
  6. Worldhaptics2019, Industry Co-Chair, Program Committee Member, Organizer, 2019年07月, 2019年07月
  7. Superhuman Sports Design Challnge: First International Symposium on Amplifying Capabilities, Competing in Mixed Realities, Program Committee member, 2018年07月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 日本繊維機械学会スポーツ用補助具の現状と未来講演会, 補助具によるスポーツ体験の拡張, 日本繊維機械学会, 2019年/01月/10日, 大阪, 講師, 講演会, 学術団体
  2. 触覚講習会, 力感覚の特性理解とインタフェースへの応用, 日本バーチャルリアリティ学会/計測自動制御学会システムインテグレーション部門, 2018年/11月/21日, 東京
  3. 東広島市生涯学習フェスティバル, VR体験!ショベルカーに乗ってみよう, 東広島市, 2018年/11月/17日, 2018年/11月/18日, 東広島市, 企画, フェスティバル, 社会人・一般
  4. NEDOロボット・AIフォーラム2018World Robotics Summit2018, 健康長寿を楽しむスマートソサエティ・主体性のあるスキルアップを促進するAIスマートコーチング技術の開発, NEDO, 2018年/10月/17日, 東京, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  5. 岩手県文化スポーツ部文化振興課超人スポーツオープンセミナー2018, 超人スポーツは健康長寿にどのように貢献できるか, 岩手県, 2018年/10月/14日, 岩手, パネリスト, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  6. CEDEC2018, 空気圧人工筋を利用したウェアラブル力覚提示スーツ, CEDEC, 2018年/08月/23日, 2018年/08月/24日, 実演, その他, 企業
  7. Superhuman Sports Workshop in Taiwan, Soft exoskeleton to augment sports activity, National Taiwan University, 2018年/11月/27日, 2018年/11月/27日, National Taiwan University, Taipei, Taiwan, セミナー・ワークショップ, 大学院生
  8. JST-MoST Conference ICT for Accessibility and Support of Older People, Soft exoskeleton for human augmentation to support people in hyper-aged societies, JST, MoST, 2018年/11月/26日, Tainan, Taiwan, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 行政機関
  9. 第36回日本ロボット学会学術講演会, 人間拡張技術, 日本ロボット学会, 2018年/09月/05日, 愛知, 講演会, 学術団体

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, Joural of Robotics and Mechatronics, 編集員, 5
  2. 2020年, 日本機械学会, 編集員, 5
  3. 2020年, Advanced Robotics, 編集員, 12