森下 文浩Fumihiro Morishita

Last Updated :2024/02/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
fumi425hiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2000年04月01日, 広島大学, 理学部, 助手(併任)
  • 2000年04月01日, 広島大学, 大学院理学研究科, 助手
  • 1988年08月01日, 広島大学, 理学部, 助手
  • 1995年08月22日, 1996年06月21日, ヨーク大学, 基礎・応用科学部, 客員研究員
  • 2005年04月01日, 広島大学, 理学部, 学部内講師
  • 2003年04月01日, 2019年03月31日, 独立行政法人国立環境研究所, 環境リスク研究センター, 客員研究員
  • 1998年10月28日, 1998年11月21日, ヨーク大学, 基礎・応用科学部, 客員研究員
  • 2000年11月08日, 2000年12月19日, ヨーク大学, 基礎・応用科学部, 客員研究員
  • 2007年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院理学研究科, 生物科学専攻, 助教

学歴

  • 広島大学, 理学研究科, 動物学, 日本, 1985年04月, 1988年07月
  • 広島大学, 理学部, 動物学, 日本, 1979年04月, 1983年03月

学位

  • 理学博士 (広島大学)
  • 理学修士 (広島大学)

研究分野

  • 生物学 / 基礎生物学 / 動物生理・行動

研究キーワード

  • HPLC|
  • 組織化学的分布|
  • 情報伝達|D型アミノ酸
  • 神経ペプチド
  • アンタゴニスト
  • 生理活性ペプチド|神経ペプチド
  • 生理機能|ペプチド
  • ペプチド合成|
  • 構造解析|
  • ホルモン

所属学会

  • 日本ペプチド学会
  • 日本比較生理生化学会
  • 公益社団法人 日本動物学会
  • 日本比較内分泌学会, 2015年

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  2. 2023年, 学部専門, 1ターム, 生物科学セミナー
  3. 2023年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  4. 2023年, 学部専門, 2ターム, 基礎生物科学B
  5. 2023年, 学部専門, 4ターム, 動物生理学A
  6. 2023年, 学部専門, 2ターム, 動物生理学B
  7. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 分子生理学演習
  8. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験II
  9. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  10. 2023年, 学部専門, 3ターム, 生物学実験A

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Long-term Xenopus laevis tadpole -heart-organ-culture: Physiological changes in cholinergic and adrenergic sensitivities of tadpole heart with thyroxine-treatment, Current Research in Physiology, 6巻, pp. 100100, 20230607
  2. Concomitant downregulation of neuropeptide genes in a marine snail with consecutive sexual maturation after a nuclear disaster in Japan, FRONTIERS IN ENDOCRINOLOGY, 14巻, 20230310
  3. Subtypes of beta adrenergic receptors mediating pigment dispersion in chromatophores of the medaka, Oryzias latipes, Comp. Biochem. Physiol., 81C巻, 2号, pp. 279-285, 1985
  4. クサフグ産卵観察マニュアル, 広島大学生物学会誌, 52巻, pp. 19-22, 1986
  5. Responses of the melanophores of the medaka, Oryzias latipes, to adrenergic drugs - Evidence for involvement of alpha 2 adrenergic receptors mediating melanin aggregation, Comp. Biochem. Physiol., 88C巻, 1号, pp. 69-74, 1987
  6. 魚類色素胞のアドレナリン性受容体のサブタイプ, 動物生理, 5巻, 2号, pp. 41-49, 1988
  7. Subtype of alpha adrenoceptors mediating leucosome aggregation in medaka leucophores, J. Sci. Hiroshima Univ., 33巻, Ser. B, Division 1号, pp. 99-112, 1989
  8. Coexistence of beta 1- and beta 2-adrenoceptors in the melanophore of the goby Tridentiger obscurus, Pigment Cell Res., 3巻, 4号, pp. 192-199, 1990
  9. Alpha-2 adrenoceptor mediates pigment aggregation within melanophores fo the goby, Tridentiger obscurus., J. Sci. Hiroshima Univ., 34巻, pp. 29-39, 1990
  10. The background adaptation of the flatfish, Paralichithys olivaceus., Physiol. Behavior, 50巻, pp. 185-188, 1991
  11. Measurement of background-visual field in flatfishes by CRT display method., Marine Behavior Physiol., 19巻, pp. 285-290, 1992
  12. Two S-Iamide poptides, AKSGFVRIamide and VSSFVRIamide, isolated from an annelide, Perinereis vancaurica., Biol. Bulletin, 184巻, pp. 216-222, 1993
  13. Possible involvement of pertussis toxin-sensitive GTP-biniding protein in the alpha2-adrenoceptor-mediated melanosome-aggregation reoponse of goldfish melanophores, J. Exp. Zool., 266巻, pp. 173-180, 1993
  14. Inhibition of adenylate cyclase activity in the goldfish melanophores is mediated by a2-adrenoceptors and a pertussis toxin-sensitive GTP-binding protein., J. Comp. Physiol. , 163B巻, pp. 533-540, 1993
  15. A myomodulin-CARP-related peptide isolated from a polychaete annelid, Perinereis vancaurica, Zool. Sci., 11巻, 1号, pp. 33-38, 1994
  16. Effects of myomodulin-CARP-family peptides and analogues on the anterior byssus retractor muscle of Mytilus edulis, Peptide Chem., 1994巻, pp. 289-292, 1995
  17. Bioactive peptides of annelids are closely related to those of molluscs, Acta Biol. Hungarica, 46巻, 2-4号, pp. 453-456, 1995
  18. The effects of activators of G-proteins, mastoparan and compound 48/80, on the G-protein/adenylate cyclase in cultured melanophores of the black-moor goldfish, Carassius auratus, J.Comp. Physiol., B166巻, pp. 467-472, 1996
  19. Subtype of b-adrenoceotprs in the melanophore of Oryzias latipes, Bull. Fac. Life Environ. Sci. Shimane Univ., 1巻, pp. 5-7, 1996
  20. A Novel D-Amino-acid-containing Peptide Isolated from Aplysia Heart, Biochem. Biophys. Res. Commun., 240巻, 2号, pp. 354-358, 1997
  21. Characterization of binding of the annelidan myoactive peptides, GGNG peptides, to tissues of the earthworm, Eisenia foetida, J. Exp. Zool., 279巻, pp. 562-570, 1997
  22. Immunochemical demonstration of Eisenia tetradecapeptide, a bioactive peptide isolated from the gut of the earthworm Eisenia foetida, in tissues of the earthworm, Cell Tissue Res., 288巻, pp. 567-573, 1997
  23. Immunohistochemical localization of annetocin, an earthworm oxytocin-related peptide, and identification and ultrastructural characteristics of the annetocin-secretory cells in the oligochaete earthworm Eisenia foetida, Zool. Sci., 15巻, pp. 381-388, 1998
  24. Release of proteins and polysaccharides from the albumen gland of the freshwater snail Helisoma duryi: Effect of cAMP and brain extracts, J. Comp. Physiol. , 182巻, pp. 817-825, 1998
  25. Phylogenetic aspects of structure and action of neuropeptides, Proc. 7th Alahori Conference, 7巻, pp. 103-108, 1998
  26. The Aplysia Mytilus inhibitory peptide-related peptides: Identification, cloning, processing, distribution, and action, J. Neurosci., 19巻, 21号, pp. 9618-9634, 1999
  27. b-adrenergic receptor subtypes in melanophores of the marine gobies Tridentiger trigonocephalus and Chasmichthys gulosus, Pigment Cell Res, 12巻, pp. 206-217, 1999
  28. Physiological effect and immunohistochemical distribution of a novel D-amino-acid containing cardioactive peptide isolated from of Aplysia heart, Peptide Sci., 1998巻, pp. 165-168, 1999
  29. Localization of leech excitatory peptide, a member of the GGNG peptides, in the central nervous system of a leech (Whitmania pigra) by immunohistochemistry and in situ hybridization, Cell Tissue Res., 297巻, pp. 155-162, 1999
  30. Immunohistochemical localization of C-RFamide, FMRF-related peptide, in the brain of the goldfish, Carassius auratus, Zool. Sci., 17巻, pp. 1067-1074, 2000
  31. Comparative aspects of invertebrate neuropeptides, Acta Biol. Hungarica, 51巻, pp. 111-132, 2000
  32. Carassius RFamide, a novel FMRFa-related peptide, is produced within the retina and involved in retinal information processing in cyprinid fish, Neurosci. Lett., 289巻, pp. 115-118, 2000
  33. Annelid bioactive peptides: A comparative view, Trends Comp. Biochem. Physiol., 7巻, pp. 131-141, 2000
  34. The Enterins: A Novel Family of Neuropeptides Isolated from the Enteric Nervous System and CNS of Aplysia, J. Neurosci., 21巻, 20号, pp. 8247-8261, 2001
  35. The GGNG-peptide family: annelid myoactive peptides, Perspec. Comp. Endocrinol, pp. 905-909, 2001
  36. A candidate for fish prolactin-releasing peptide isolated from Japanese crucian carp, Recent Advances in Comparative Endocrinology, pp. 29-38, 2001
  37. Purification and some properties of alanine racemase from a bivalve mollusc Corbicula japonica, J. Exp. Zool., 289巻, pp. 1-9, 2001
  38. NdWFamide: a novel excitatory peptide for the cardiovascular regulation of Aplysia, Peptides, 22巻, pp. 183-189, 2001
  39. Enhancement of foot formation in Hydra by a novel epitheliopeptide, Hym-323, Development, 128巻, pp. 437-446, 2001
  40. The enterins inhibit the contractile activity of the anterior aorta of Aplysia kurodai, J .Exp. Biol., 205巻, pp. 3525-3533, 2002
  41. Structural and functional diversity of the Aplysia Mytilus inhibitory peptide-related peptides, Peptides, 23巻, pp. 1959-1965, 2002
  42. Aplysia cardioactive peptide (NdWFamide) enhances the L-type Ca2+ current of Aplysia ventricular myocytes, Peptides, 23巻, pp. 1991-1998, 2002
  43. A novel GGNG-related neuropeptide from the polychaete Perinereis vancaurica, Peptides, 23巻, pp. 1379-1390, 2002
  44. Distribution and function of an Aplysia cardioexcitatory peptide, NdWFamide, in pulmonate snals, J. Exp. Biol., 24巻, pp. 1533-1544, 2003
  45. Deamidase inactivates a D-amino acid-containing Aplysia neuropeptide, Cell and tissue research, 24巻, pp. 45-51, 2003
  46. Identification of a vasopression-like immunoreactive substance in hydra, Peptides, 24巻, pp. 17-26, 2003
  47. PRQFVamide, a novel pentapeptide identified from the CNS and gut of Aplysia, J. Neurophysiol., 89巻, pp. 3114-3127, 2003
  48. Distribution of the Aplysia cardiovascular peptide, NdWFamide, in the central and peripheral neurvous systems of Aplysia, Cell Tissue Res., 312巻, pp. 95-111, 2003
  49. Cloning and characterization of a candidate nutritive glycoprotein from the albumen gland of the freshwater snail, Helisoma duryi (Mollusca : Pulmonata), Invertebr. Biol., 123巻, 1号, pp. 83-92, 2004
  50. Peptidergic innervation of the vasoconstrictor muscle of the abdominal aorta in Aplysia kurodai., J. Exp. Biol., 207巻, Pt 25号, pp. 4439-4450, 2004
  51. 軟体動物アメフラシから発見された多種同族体ペプチドの構造と生理作用, 生物物理, 46巻, 6号, pp. 318-323, 2006
  52. Purifications, physiological functions and localizations of neuropeptides in a prosobranch gastropod, Thais clavigera, Peptide Sci., 2005巻, pp. 43-46, 2006
  53. Regulatory actions of neuropeptides and peptide hormones on the reproduction of molluscs, Can. J. Zool., 88巻, pp. 825-845, 2010
  54. Expression of Asn-d-Trp-Phe-NH2 in the brain of the terrestrial slug Limax valentianus, Comp. Biochem. Physiol., 160B巻, 2-3号, pp. 89-93, 2011
  55. Molecular cloning of two distinct precursor genes of NdWFamide, a D-tryptophan-containing neuropeptide of the sea hare, Aplysia kurodai., Peptides, 38巻, 2号, pp. 291-301, 2012
  56. Molecular cloning of precursors for TEP-1 and TEP-2: The GGNG peptide-related peptides of a prosobranch gastropod, Thais clavigera., Peptides, 68巻, pp. 72-82, 2015
  57. Characterization of precursor genes encoding D-tryptophan containing neuropeptide NdWFamide of sea hare Aplysia, Peptide Science, 2013巻, pp. 439-442, 2014
  58. Novel excitatory neuropeptides isolated from a prosobranch gastropod, Thais clavigera: The molluscan counterpart of the annelidan GGNG peptides, Peptides, 27巻, pp. 483-492, 2006
  59. アメフラシのD型アミノ酸含有神経ペプチド、NdWFamide, 比較生理生化学会, 28巻, 4号, pp. 308-316, 2011
  60. 軟体動物前鰓類イボニシ(Thais clavigera)の神経ペプチド探索 ー神経ペプチド調節系に対する有機スズの影響を解析するためにー, Endocrine Disrupter News Letter, 13巻, 2号, pp. 6-6, 2010
  61. 軟体動物腹足類アメフラシ(Aplysia kurodai)のD型トリプトファン含有神経ペプチドの構造と機能, 比較内分泌学, 42巻, pp. 105-105, 2016
  62. Identification of neuropeptides in gastropod mollusks. - Classical and brand-new approaches –, IOP Conf. Ser.: Earth Environ. Sci., 456巻, pp. 012001, 2020

著書等出版物

  1. 2006年, Invertebrate Neuropeptides and Hormones: Basic knowledge and recent advances, Neuropeptides in Aplysia: Key players for the neural regulation of physiological functions and behavior., 2006年, 単行本(学術書), 共著, 英語, 81-7895-224-6, 276, 38
  2. 2015年, 研究者が教える動物実験 第2巻 神経・筋,, 生理活性ペプチドを"見つける"技 -質量分析の記述を用いた生理活性ペプチドの分子同定法-, 共立出版株式会社, 2015年, 単行本(一般書), 共著, 日本語, 高橋俊雄、森下文浩, 978-4-320-05773-9
  3. 2015年, Handbook of Hormone, 71 Achatina cardio-excitatory peptide-1, 72 Fulicin, 73 Buccalin, 74 Eisenia inhibitory pentapeptide, 75 GGNG peptide, 81 Egg-laying hormone, 92 Leech osmoregulatory factor, 2015年, 単行本(学術書), 共著, English, 978-0-12-801028-0
  4. 2016年, Physiology of Molluscs. A Collection of Selected Reviews., Physiological Functions of Gastropod Peptides and Neurotransmitters., 2016年, 11, 単行本(学術書), 共著, English, 9781771884082, 379-476
  5. 2017年, Biological Effects by Organotins, Neuropeptides and their physiological functions in Mollusks., Springer Japan, 2017年, 単行本(学術書), 共著, English, Morishita, F, 9784431564492, 254, 167-198

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ヒト特異的ノンコーディング RNA が直接標的化したてんかん関連遺伝子 EFHC1 転写活性化を介した神経幹細胞制御, 西田壮汰, 森下文浩, 今村拓也, 令和4年度 公益社団法人 日本動物学会中国四国支部 広島県例会, 2023年03月07日, 通常, 日本語, 公益社団法人 日本動物学会中国四国支部, 広島大学理学部
  2. The human-specific pancTMEM25-TMEM25, a molecular pair involved in the expansion of the cerebral cortex, Boyang AN, Akari ANDO, Fumihiro MORISHITA, Takuya IMAMURA, 第115回日本繁殖生物学会大会, 2022年09月13日, 通常, 日本語, 東京大学農学部・弥生講堂
  3. 生殖の季節性を失った巻貝(イボニシ)の神経節における遺伝子の発現変動, 森下文浩, 堀口敏宏、飽田寛人、植木龍也、今村拓也, 公益社団法人日本動物学会第93回早稲田大会, 2022年09月07日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本動物学会, 東京都、早稲田キャンパス
  4. 福島第一原発周辺の潮間帯で 通年成熟現象を起こしたイボニシにおける 神経ペプチド前駆体遺伝子の発現変動, 森下文浩, 堀口敏宏, 飽田寛人, 植木龍也, 今村拓也, 2022年度中国四国地区 生物系三学会合同大会オンライン島根大会, 2022年05月21日, 通常, 日本語, 生物系三学会準備委員会, On-line
  5. 福島第一原発周辺で 生殖の季節性を喪失した巻貝の中枢神経系 における神経ペプチド前駆体の発現解析, 森下文浩, 堀口敏宏、植木龍也、今村拓也, 2021年度 中国四国動物生理シンポジウム, 2021年12月18日, 通常, 日本語, On-line (GatherTwon)
  6. 軟体動物腹足類イボニシからOrbitrap-MS/MS分析で同定した3つのペプチドの構造と生理作用, 中川雄介、古満芽久美、浮穴和義、植木龍也、小原政信、堀口敏宏、森下文浩, 中国四国支部生物系三学会合同大会香川大会, 2021年06月20日, 通常, 日本語
  7. 福島第一原発近海で通年成熟現象を起こした巻貝(イボニシ)の中枢神経系における遺伝子発現変動の網羅的解析, 森下文浩, 堀口敏宏、植木龍也、今村拓也, 第45回 日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム オンライン金沢大会, 2021年10月, 通常, 日本語, 日本比較内分泌学会, オンライン
  8. 質量分析で同定された軟体動物腹足類イボニシのFVRIamideとGDPFLRFamideの構造と生理作用, 森下文浩, 中川雄介、古満芽久美、浮穴和義、植木龍也、小原正信、堀口敏宏, 公益社団法人日本動物学会中国四国支部広島県例会, 2020年03月09日, 通常, 日本語
  9. 2019年09月30日, 招待, 英語
  10. 2019年10月02日, 招待, 英語
  11. 2019年10月01日, 招待, 英語
  12. 2019年10月04日, 招待, 英語
  13. 福島第一原発周辺沿岸で生殖の季節性を失った巻貝の神経節に発現する遺伝子の網羅的解析, 森下文浩, 堀口敏宏、植木龍也、今村拓也, 公益社団法人日本動物学会第92回オンライン米子大会, 2021年09月01日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本動物学会, 米子市、米子コンベンションセンター
  14. 軟体動物腹足類イボニシの神経ペプチド探索 - 古典的・現代的アプローチ -, 森下文浩, 2019年度 中国四国動物生理シンポジウム, 2019年12月14日, 通常, 日本語, 島根県日南町、ゆきんこ村四季彩
  15. 2019年11月30日, 通常, 日本語
  16. 軟体動物腹足類アメフラシ(Aplysia kurodai)の神経ペプチド、AkFXXFamide, の前駆体クローニングと中枢神経系における発現解析, 村上 翠, 有藤拓也、高橋俊雄、越智祐太、浮穴和義、小原正信、森下文浩, 公益社団法人日本動物学会第88回富山大会, 2019年09月23日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本動物学会, 富山市、富山県民会館
  17. 軟体動物腹足類アメフラシ(Aplysia kurodai)の神経ペプチド、AkFXXFamide、の発現と生理作用, 森下文浩, 村上翠、有藤拓也、高橋俊雄、浮穴和義、古満芽久美、植木龍也、小原正信、, 公益社団法人日本動物学会第90回 大阪大会, 2019年09月12日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本動物学会, 大阪市、大阪市立大学杉本キャンパス
  18. 軟体動物腹足類アメフラシの神経ペプチド、AkFXXFamide, の構造と生理作用, 森下文浩, 村上翠、高橋俊雄、浮穴和義、古満芽久美、有藤拓也、植木龍也、小原正信, 公益社団法人日本動物学会中国四国支部広島県例会, 2019年03月07日, 通常, 日本語, 東広島市、広島大学理学部
  19. 軟体動物前鰓類イボニシから見つかった新奇ペプチドの構造と生理作用, 森下 文浩, 日本動物学会中国四国支部大会 岡山大会, 2005年, 通常, 日本語
  20. 軟体動物前鰓類イボニシから見つかったWKSMSVWamideの前駆体遺伝子クローニングと発現部位の解析, 森下 文浩, 日本動物学会中国四国支部大会 高知大会, 2009年, 通常, 日本語
  21. 軟体動物前鰓類イボニシ(Thais clavigera)から単離したアメフラシエンテリン関連ペプチドの特徴づけ, 森下 文浩, 日本動物学会第79回大会, 2008年, 通常, 日本語
  22. Characterization of a novel neuropeptide, APFSVWAamide, idendified from a prosobranch gastropod, Thais clavigera, 森下 文浩, 37th Annual Meeting for the Society for Neuroscience, 2007年, 通常, 日本語
  23. 軟体動物前鰓類イボニシの神経ペプチド前駆体遺伝子のクローニング, 森下 文浩, 日本動物学会中国四国支部大会 鳥取大会, 2007年, 通常, 日本語
  24. 軟体動物イボニシ (Thais clavigera) から純化した APGWamideの組織分布と生理作用, 森下 文浩, 日本動物学会第77回大会, 2006年, 通常, 日本語
  25. 軟体動物イボニシから単離した神経ペプチドの生理作用, 森下 文浩, 日本動物学会中国四国支部大会 愛媛大会, 2006年, 通常, 日本語
  26. Purifications, Physiological functions and Localizations of Neuropeptides in a Prosobranch Gastropod, Thais clavigera., 森下 文浩, 第42回ペプチド討論会 (The 42nd Japanese Peptide Symposium), 2005年, 通常, 日本語
  27. 軟体動物前鰓類イボニシから見つかった神経ペプチド同族体の特徴づけ, 森下 文浩, 日本比較生理生化学会第27回大会, 2005年, 通常, 日本語
  28. 軟体動物前鰓類イボニシからクローニングした二つのGGNGペプチド前駆体, 森下 文浩, 日本比較生理生化学会第31回大会, 2009年, 通常, 日本語
  29. Characterization of inhibitory neuropeptides in a prosobranch gastropod, Thais clavigera, 森下 文浩, 38th Annual Meeting for the Society for Neuroscience, 2008年, 通常, 日本語
  30. 軟体動物前鰓類イボニシの神経系におけるAPGWamideとその前駆体の発現, 森下 文浩, 日本動物学会中国四国支部大会 広島大会, 2008年, 通常, 日本語
  31. イボニシ生理活性ペプチドTEP-1およびTEP-2の構造解析, 森下 文浩, 第44回ペプチド討論会, 2007年, 通常, 日本語
  32. 軟体動物前鰓類イボニシの新奇神経ペプチド(AAamide)前駆体遺伝子のクローニング, 森下 文浩, 日本動物学会 第78回大会, 2007年, 通常, 日本語
  33. A novel neuropeptides, Thais excitatory peptides (TEPs), regulate the contractile activity of the reproductive system in a prosobranch gastropod, Thais clavigera, 森下 文浩, 36th Annual Meeting for the Society for Neuroscience, 2006年, 通常, 日本語
  34. 軟体動物前鰓類イボニシから純化した新奇ペプチドAAamideの局在と生理作用, 森下 文浩, 日本比較生理生化学会第28回大会, 2006年, 通常, 日本語
  35. Identifications and physiological actions of bioactive peptides isolated from a prosobranch gastropod, Thais clavigera, 森下 文浩, 35th Annual Meeting for the Society for Neuroscience, 2005年, 通常, 日本語
  36. 軟体動物前鰓類(イボニシ)から見つかった生理活性ペプチドの組織分布, 森下 文浩, 日本動物学会第76回大会, 2005年, 通常, 日本語
  37. 軟体動物アメフラシの神経ペプチド(NdWFamide)がもつ2つの前駆体遺伝子のクローニングと発現解析, 森下 文浩, 社団法人 日本動物学会 中国四国支部大会(香川大会), 2011年, 通常, 日本語
  38. The GKWamide peptide: A novel neuropeptide of a marine snail, Thais clavigera identified by screening with the antibody to a Hydra neuropeptide, LWamide, 森下 文浩, 日本比較生理生化学会 第35回大会, 2013年, 通常, 日本語
  39. 日本比較内分泌学会・日本比較生理生化学会合同大会, 2015年12月11日, 招待, 日本語, 日本比較内分泌学会・日本比較生理生化学会, 広島

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 民間からの助成金, 軟体動物をモデルとした有機スズの神経機能に対する影響の解析, 2005年, 2005年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 軟体動物前鰓類におけるレチノイン酸受容体(RAR)の性状及び生理機能解析, 2012年, 2014年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 翻訳後修飾において神経ペプチドのアミノ酸をD型化する酵素に関する研究, 2011年, 2013年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 有機スズによる腹足類のインポセックス誘導:レチノイドX受容体関与説の高度化, 2009年, 2011年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 軟体動物前鰓類(イボニシ)の生殖活動を支配するペプチド性調節機構の解析, 2004年, 2005年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), アメフラシ多種同族体ペプチドの機能的多様化に関する研究, 2001年, 2002年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 軟体動物アメフラシにおける多種同族体ペプチド生理機能に関する研究, 1998年, 1999年
  8. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), アメフラシの新規心拍動増強ペプチドの作用機序と組織局在に関する研究, 1998年, 1999年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 公益社団法人日本動物学会教育委員会, 2019年09月

学術会議等の主催

  1. 公益社団法人日本動物学会中国四国支部広島県例会, 広島県例会世話人, 2022年03月, 2022年03月
  2. 日本動物学会市民公開イベント-動物学ひろば, 2022年03月, 2022年03月
  3. 日本動物学会市民公開イベント-公開講演会, 日本動物学会第92回大会準備委員会, 2022年03月, 2022年03月
  4. 公益社団法人日本動物学会 第92回 米子大会, 日本動物学会米子大会準備委員会, 2021年09月, 2021年09月
  5. 生物系三学会合同大会広島大会, 生物系三学会合同大会広島大会準備委員会