古庄 寿子HISAKO FURUSHO

Last Updated :2021/01/05

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 助教
メールアドレス
furusyou-1217hiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程創生医科学専攻, 日本, 2008年04月, 2012年03月
  • 広島大学, 歯学部, 歯学科, 日本, 2001年04月, 2007年03月

学位

  • 博士(歯学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 歯学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 歯学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 病態科学系歯学・歯科放射線学

研究キーワード

  • P.gingivalis
  • NASH
  • TLR

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 4ターム, 生命科学
  2. 2020年, 学部専門, 3ターム, 口腔病理学I
  3. 2020年, 学部専門, 4ターム, 口腔病理学II
  4. 2020年, 学部専門, 1ターム, 口腔病理学実習I
  5. 2020年, 学部専門, 2ターム, 口腔病理学実習II
  6. 2020年, 学部専門, 2ターム, 病理学・口腔病理学
  7. 2020年, 学部専門, 3ターム, 基礎オーラルサイエンス実習
  8. 2020年, 学部専門, 2ターム, 病理学・口腔病理学
  9. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔顎顔面病理病態学特別演習
  10. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔顎顔面病理病態学特別演習
  11. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔顎顔面病理病態学特別実験
  12. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔顎顔面病理病態学特別実験
  13. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔顎顔面病理病態学特別演習
  14. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔顎顔面病理病態学特別演習
  15. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 口腔顎顔面病理病態学特別研究
  16. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 口腔顎顔面病理病態学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 歯科用金属アレルギーの動向 : 過去10 年間に広島大学病院歯科でパッチテストを行った患者データの解析, 口腔検査学会雑誌, 4巻, 1号, pp. 23-29, 20120301
  2. Oral Administration of Prostaglandin E-2-Specific Receptor 4 Antagonist Inhibits Lipopolysaccharide-Induced Osteoclastogenesis in Rat Periodontal Tissue, JOURNAL OF PERIODONTOLOGY, 83巻, 4号, pp. 506-513, 201204
  3. IL-17 Receptor A Signaling Is Protective in Infection-Stimulated Periapical Bone Destruction, JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 191巻, 4号, pp. 1785-1791, 20130815
  4. Dental infection of Porphyromonas gingivalis exacerbates high fat diet-induced steatohepatitis in mice, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 48巻, 11号, pp. 1259-1270, 201311
  5. Infection with Porphyromonas gingivalis Exacerbates Endothelial Injury in Obese Mice, PLOS ONE, 9巻, 10号, 20141021
  6. Dental Infection of Porphyromonas gingivalis Induces Preterm Birth in Mice, PLOS ONE, 10巻, 8号, 20150831
  7. Osteodystrophy in Cholestatic Liver Diseases Is Attenuated by Anti-gamma-Glutamyl Transpeptidase Antibody, PLOS ONE, 10巻, 9号, 20150929
  8. Phospholipase C-related Catalytically Inactive Protein Is a New Modulator of Thermogenesis Promoted by -Adrenergic Receptors in Brown Adipocytes, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 291巻, 8号, pp. 4185-4196, 20160219
  9. Interrelationship Between Periapical Lesion and Systemic Metabolic Disorders, CURRENT PHARMACEUTICAL DESIGN, 22巻, 15号, pp. 2204-2215, 2016
  10. Enhanced Expression of Contractile-Associated Proteins and Ion Channels in Preterm Delivery Model Mice With Chronic Odontogenic Porphyromonas Gingivalis Infection, REPRODUCTIVE SCIENCES, 23巻, 7号, pp. 838-846, 201607
  11. Elevated CD14 (Cluster of Differentiation 14) and Toll-Like Receptor (TLR) 4 Signaling Deteriorate Periapical Inflammation in TLR2 Deficient Mice, ANATOMICAL RECORD-ADVANCES IN INTEGRATIVE ANATOMY AND EVOLUTIONARY BIOLOGY, 299巻, 9号, pp. 1281-1292, 201609
  12. Roles of VEGF-Flt-1 signaling in malignant behaviors of oral squamous cell carcinoma, PLOS ONE, 12巻, 11号, 20171117
  13. Involvement of Porphyromonas gingivalis in the progression of non-alcoholic fatty liver disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 2号, pp. 269-280, 201802
  14. Galectin-3 Plays an Important Role in Preterm Birth Caused by Dental Infection of Porphyromonas gingivalis, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 20180212
  15. Activation of hypoxia-inducible factor 1 attenuates periapical inflammation and bone loss, INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL SCIENCE, 10巻, 20180413

著書等出版物

  1. 2014年, 歯界月報., 歯性感染はメタボリックシンドロームの病態に悪影響を及ぼす., 2014年, その他, 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 歯周病原細菌Porphyromonas gingivalis歯性感染はNASH病態を増悪する., 宮内睦美, 宮内睦美,古庄寿子,兵庫 秀幸,茶山一彰,栗原英見,高田 隆., 第10回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 2014年07月05日, 通常, 日本語
  2. 非アルコール性脂肪性肝炎の病態進行におよぼす歯周病の影響に関する実態調査., 宮内睦美, 古庄寿子,長崎敦洋,高田 隆., 第30回 歯科医学を中心とした総合的な集い, 2014年08月30日, 通常, 日本語
  3. Porphyromonas gingivalis歯性感染は早期低体重児出産を誘導する., 宮内睦美, 古庄寿子, 長﨑敦洋, 髙田 隆., 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語
  4. Porphyromonas gingivalis 歯性感染は非アルコール性脂肪性肝炎の病態を増悪させる., 古庄 寿子, 第25回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2014年08月29日, 通常, 日本語
  5. 歯周病原細菌 Porphyromonas gingivalis の歯性感染はNASHの病態を増悪する., 宮内睦美, 古庄寿子,長崎敦洋,高田 隆., Clinical Lipid Seminar 2014, 2014年09月04日, 通常, 日本語
  6. Porphyromonas gingivalis (Pg)歯性感染は非アルコール性脂肪性肝炎の病態を進行させる –Pg 感染や Pg-LPSが肝細胞に及ぼす影響-., 平田真弓, 古庄寿子,宮内睦美,高田 隆., 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2014年09月26日, 通常, 日本語
  7. Porphyromonas gingivalis歯性感染は早産を誘導する., 宮内睦美, 古庄寿子,長崎敦洋,占部 智,小西晴久,三好博史,工藤美樹,高田 隆., 第22回日本胎盤学会学術集会, 2014年10月04日, 通常, 日本語
  8. 2014年10月21日, 通常, 英語
  9. 2014年12月05日, 通常, 日本語
  10. Dental infection of Porphyromonas gingivalis (P.g.) exacerbates progression of non-alcoholic steatohepatitis –Effects of P.g. infection and P.g.-LPS on Hepatocytes, Miyauchi M, Furusho H, Nagasaki A, Takata T., 93rd General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, 2015年03月14日, 通常, 英語, the International Association for Dental Research, アメリカ合衆国、ボストン
  11. TLR2 plays a key role in P.gingivalis-induced NASH progeression., Furusho H, Miyauchi M, Nagasaki A, Sakamoto S, Takata T., 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2015年10月24日, 通常, 英語, Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 広島市
  12. Dental Infection of Porphyromonas gingivalis Exacerbates Pathological Progression of Non-Alcoholic Steatohepatitis (NASH)., Miyauchi M, Furusho H, Nagasaki A, Sakamoto S, Ouhara K, Kurihara H, Takata T., 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2015年10月23日, 通常, 英語
  13. 歯周病は肝臓の病気に悪影響を及ぼす-歯周病原細菌の検査と歯科治療の重要性について-., 宮内睦美,古庄寿子,長﨑敦洋,新谷智章,栗原英見,茶山一彰,髙田 隆., 第8回日口腔検査学会総会・学術大会, 2015年10月04日, 通常, 日本語, 横須賀
  14. TLR2 plays a key role in P.gingivalis-induced NASH progeression, Furusho H, Miyauchi M, Nagasaki A, Sakamoto S, Takata T., 第63回JADR総会・学術大会, 2015年10月30日, 通常, 英語
  15. Key roles of TLR2 in NASH progression by P.g.-odontogenic infection, 古庄 寿子, 長﨑 敦洋、坂本 真一、宮内 睦美、髙田 隆, 第64回国際歯科研究学会日本支部 総会・学術大会, 2016年06月25日, 通常, 英語, 韓国、ソウル
  16. Porphyromonas gingivalis 歯性感染は肝星細胞を活性化し、非アルコール性脂肪性肝炎の病態を増悪する, 宮内睦美, 長﨑敦洋,坂本真一,古庄寿子,髙田 隆, 第60回 春季日本歯周病学会学術大会, 2017年05月13日, 通常, 日本語
  17. Porphyromonas gingivalis の歯性感染は非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病態を増悪する, 宮内睦美, 古庄寿子, 坂本真一, 應原和久, 栗原英見, 高田 隆, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月16日, 通常, 日本語
  18. 第65回国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会, 2017年11月17日, 通常, 英語
  19. Porphyromonas gingivalis (P.g.) 感染が肝癌の発生及び進展に与える影響, 坂本真一, 坂本真一,古庄寿子,宮内睦美, 田原栄俊,髙田 隆, 日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月16日, 通常, 英語
  20. 軟口蓋腫瘍 (Desmoid-type fibromatosis), 古庄 寿子, 大林真理子, 小川郁子, 藤田善教, 菅田辰海,藤原 恵, 髙田 隆, 第28回日本臨床口腔病理学会, 2017年08月24日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2014年08月28日, 日本臨床口腔病理学会 奨励賞, 日本臨床口腔病理学会理事長
  2. 2015年10月25日, ポスター賞, Hiroshima Conference
  3. 2016年09月10日, 2016年度JADR/GC 学術奨励賞, 国際歯科研究学会日本部会(JADR)会長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), P. gingivalis歯性感染によるNASH病態増悪におけるTLR2の役割, 2014年, 2015年
  2. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), 歯性感染による非アルコール性脂肪性肝炎病態増悪メカニズムの解明と歯科治療の効果, 2012年, 2013年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 歯周病原細菌歯性感染による非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)病態増悪機構の解明, 2013年, 2015年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), TLR2経路を介したred complex歯性感染のNASH病態増悪機構の解明, 2016年, 2018年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2014年04月, 2015年03月, 広島県立広島皆実高等学校
  2. 非常勤講師, 2015年04月, 2015年12月, 広島県立広島皆実高等学校
  3. 非常勤講師, 2016年04月, 2017年01月, 広島県立広島皆実高等学校
  4. 非常勤講師, 2017年04月, 2017年11月, 広島県立広島皆実高等学校
  5. 広島県立広島皆実高等学校, 2018年04月, 2018年11月, 非常勤講師