中村 隆治RYUUJI NAKAMURA

Last Updated :2022/07/01

所属・職名
病院(医) 講師
メールアドレス
r-nacamurahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
手術中の自律神経機能を測定し、それによって手術中に患者さんが”痛がっているか?”、”鎮痛薬が足りているか?”を判断するシステムの開発を行っています。

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 境界医学 / 疼痛学

研究キーワード

  • 血管インピーダンス

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  4. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 緩和ケアカンファレンス
  5. 2022年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  6. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  7. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  8. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 緩和ケアカンファレンス

教育に関する受賞

  • 日本麻酔科医学会ソフトウェアコンテスト優秀賞受賞, 日本麻酔学会
  • Hiroshima Journal of Medical Sciences 第9回優秀論文賞, 広仁会
  • 第45回日本人間工学会中国・四国支部大会優秀論文賞, 日本人間工学会中国・四国支部

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A novel online method to monitor autonomic nervous activity based on arterial wall impedance and heart rate variability, MEDICAL & BIOLOGICAL ENGINEERING & COMPUTING, 48巻, 4号, pp. 351-359, 201004
  2. A case of coronary artery spasm caused by manipulation of the neck: heart rate variability analysis, JOURNAL OF ANESTHESIA, 26巻, 6号, pp. 905-909, 201212
  3. Distinctive spontaneous regional neural activity in patients with somatoform pain disorder: A preliminary resting-state fMRI study, PSYCHIATRY RESEARCH-NEUROIMAGING, 221巻, 3号, pp. 246-248, 20140330
  4. エアウェイスコープでダブルルーメン気管支チューブを挿入するための特殊イントロックの開発と有用性の検討, 麻酔, 56巻, 7号, pp. 817-819, 20070701
  5. エアウェイスコープで抜管前の声門視認が可能か?, 日本集中治療医学会雑誌, 16巻, 1号, pp. 77-78, 20090101
  6. 流量変化に対するVigilanceTMのSTATモードにおける連続心拍出量値の変化に要する時間の検討, 麻酔, 55巻, 5号, pp. 630-634, 20060501
  7. ★, Arterial Mechanical Impedance is a Sensitive Stress Response Monitor During General Anesthesia., Hiroshima J Med Sci, 58巻, 4号, pp. 75-82, 20091201
  8. 【慢性心不全患者の麻酔】 拡張型心筋症合併患者の全身麻酔による下肢血行再建, LiSA, 16巻, 3号, pp. 254-258, 20090501
  9. コンパクトデジタルカメラを用いた携帯型ビデオ気管支ファイバースコープシステムの試作, 麻酔と蘇生, 46巻, 3号, pp. 39-43, 20100901
  10. ERAS (Enhanced Recovery After Surgery)について, 臨床麻酔, 34巻, 1号, pp. 77-82, 20100101
  11. 携帯電話機を使った麻酔薬のオフライン血中濃度シミュレーターの開発と評価, 第26回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会抄録, 20091201
  12. 周術期の血管緊張度モニタリング:血管内圧の影響, 第26回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会抄録, 20091201
  13. パルスオキシメータ., 麻酔科学レクチャー, 1巻, 2号, pp. 299-305, 20090701
  14. 拡張型心筋症合併患者の全身麻酔による下肢血行再建, LiSA, 16巻, 3号, pp. 254-258, 20090301
  15. エアウエイスコープでダブルルーメン気管支チューブを挿入するための特殊イントロックの開発と有用性の検討, 麻酔, 56巻, 7号, pp. 817-819, 20070701
  16. Alteration of Arterial Mechanical Impedance Greater than that of Photoplethysmogram and Laser Doppler Flowmetry during Endoscopic Thoracic Sympathectomy, JOURNAL OF MEDICAL AND BIOLOGICAL ENGINEERING, 37巻, 6号, pp. 820-825, 201712
  17. Quantitative Evaluation of Pain during Electrocutaneous Stimulation using a Log-Linearized Peripheral Arterial Viscoelastic Model, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 20180215
  18. ★, A new arterial mechanical property indicator reflecting differences in invasive stimulus intensity induced by alteration of remifentanil concentration during laryngoscopy, MINERVA ANESTESIOLOGICA, 84巻, 3号, pp. 311-318, 201803
  19. Assessment of Lower-limb Vascular Endothelial Function Based on Enclosed Zone Flow-mediated Dilation, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 20180618