安藤 俊範TOSHINORI ANDO

Last Updated :2024/05/20

所属・職名
病院口腔検査センター 講師
ホームページ
メールアドレス
toando19hiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
734-8551 広島市南区霞1-2-3 広島大学病院口腔検査センター
TEL:082-257-5727
自己紹介
広島大学病院口腔検査センターにて、口腔病理診断を主に担当しています。口腔・頭頸部扁平上皮癌, 唾液腺腫瘍, 歯原性腫瘍, 肉腫を対象とし, 遺伝子異常とシグナル異常が癌の発生・進行を引き起こす機構を明らかにすることで, 癌患者の新たな検査診断・治療法の開発に繋げる研究を行っています。特にHippo経路, mTOR経路に着目しています。腫瘍免疫に関する研究も行っています。分子病理学的, 分子生物学的手法, Bioinformatics, mouse geneticsなどの方法で研究を行っています。 資格:死体解剖資格, 口腔病理専門医・研修指導医, 細胞診専門歯科医・教育研修指導医, 分子病理専門医(口腔), 日本口腔科学会認定医, 歯科医師臨床研修指導歯科医講習会:受講済

基本情報

主な職歴

  • 2024年04月01日, 広島大学病院 口腔検査センター, 講師
  • 2020年10月01日, 広島大学病院, 口腔検査センター, 助教
  • 2020年04月01日, 2020年09月30日, 広島大学病院, 口腔検査センター, 歯科診療医
  • 2018年09月01日, 2020年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 特任助教 (UCSDとのクロスアポイントメント制度)
  • 2017年09月01日, 2020年03月16日, University of California, San Diego, Moores Cancer Center (PI: J. Silvio Gutkind), Postdoctoral employee
  • 2015年03月01日, 2017年08月29日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 助教
  • 2013年04月01日, 2015年02月28日, 広島大学, 病院特殊歯科総合治療部, クリニカル・スタッフ
  • 2012年04月01日, 2015年02月28日, 日本学術振興会, 特別研究員(DC1)
  • 2011年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 病院, 歯科診療医
  • 2010年04月07日, 2011年03月31日, 広島大学, 病院, 歯科研修医
  • 2010年04月01日, 2010年04月06日, 広島大学, 病院, 歯科研修医心得

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 創生医科学専攻, 日本, 2011年04月, 2015年03月
  • 広島大学, 歯学部, 歯学科, 日本, 2004年04月, 2010年03月

学位

  • 博士(歯学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 病態科学系歯学・歯科放射線学

研究キーワード

  • 口腔扁平上皮癌,頭頸部扁平上皮癌,唾液腺腫瘍,歯原性腫瘍,肉腫,EGFR,チロシンキナーゼ,Cetuximab,Hippo pathway,YAP/TAZ,mTOR pathway,分子生物学,シグナル解析,バイオインフォマティクス,マウスジェネティクス

所属学会

  • 日本病理学会(資格:口腔病理専門医, 口腔病理専門医研修指導医, 分子病理専門医(口腔))
  • 日本臨床口腔病理学会
  • 日本臨床細胞学会(資格:細胞診専門歯科医, 細胞診専門歯科医教育研修指導医)
  • 日本癌学会
  • 日本口腔科学会(資格:日本口腔科学会認定医)
  • 日本口腔腫瘍学会
  • 日本口腔外科学会
  • International Association for Dental Research
  • 歯科基礎医学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本口腔検査学会, 2021年01月

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 3ターム, 口腔病理学I
  2. 2024年, 学部専門, 4ターム, 口腔病理学II
  3. 2024年, 学部専門, 1ターム, 口腔病理学実習I
  4. 2024年, 学部専門, 2ターム, 口腔病理学実習II
  5. 2024年, 学部専門, 3ターム, 診断・検査学
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習I(口腔検査センター)
  7. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 歯学研究実習II(口腔検査センター)
  8. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習III(口腔検査センター)
  9. 2024年, 学部専門, 年度, 臨床実習(口腔検査学)
  10. 2024年, 学部専門, 1ターム, 歯科医療管理学示説A
  11. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健工学臨床的実習
  12. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔保健工学臨床的実習
  13. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健工学臨床的実習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Relationship of oral bacterial number with medical hospitalization costs in analysis of Diagnosis Procedure Combination database from single institution in Japan, Scientific Reports, 14巻, 1号, pp. 11114, 20240515
  2. Extranodal extension in oral squamous cell carcinoma: clinical and histopathological analysis, Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology, in press巻, 20240322
  3. A case of supermassive cemento-ossifying fibroma in the mandible, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, in press巻, 20230207
  4. Transformation of an odontogenic keratocyst into a solid variant of odontogenic keratocyst/keratoameloblastoma during long‑term follow‑up: A case report, Molecular Medicine Reports, 29巻, 44号, 20240119
  5. Distinctive Biological Properties between Mesenchymal Stem Cell Spheroids and Clumps of Mesenchymal Stem Cells/Extracellular Matrix Complexes in 3D Culture Systems, Applied Sciences, 13巻, 23号, pp. 12790, 20231129
  6. Mechanosignaling YAP/TAZ-TEAD Axis Regulates the Immunomodulatory Properties of Mesenchymal Stem Cells, Stem Cell Reviews and Reports, 20231102
  7. YAP/TAZ interacts with RBM39 to confer resistance against indisulam, preprint, 20231018
  8. A kinome-wide synthetic lethal CRISPR/Cas9 screen reveals that mTOR inhibition prevents adaptive resistance to CDK4/CDK6 blockade in HNSCC, preprint, 20230807
  9. Ultrasonographic features of mass lesions in the oral submucosal epithelium using intraoral ultrasonography, Head & Neck, 45巻, 11号, pp. 2829-2838, 20230907
  10. Relationship between CD4+ T-cell counts at baseline and initial periodontal treatment efficacy in patients undergoing treatment for HIV infection: A retrospective observational study, Journal of Clinical Periodontology, 50巻, 11号, pp. 1520-1529, 20230904
  11. Taste-taste associations in chemotherapy-induced subjective taste alterations: findings from a questionnaire survey in an outpatient clinic, Supportive Care in Cancer, 31巻, 9号, pp. 552, 20230902
  12. ★, AXL activates YAP through the EGFR–LATS1/2 axis and confers resistance to EGFR-targeted drugs in head and neck squamous cell carcinoma, Oncogene, 20230817
  13. A case report of allergic reaction with acute facial swelling: a rare complication of dental acrylic resin, Journal of International Medical Research, 51巻, 7号, 20230722
  14. Resting saliva volume as a risk factor for hypogeusia: A retrospective study, Physiology & Behavior, 267巻, 20230801
  15. Ghost cell odontogenic carcinoma arising in dentinogenic ghost cell tumor, peripheral: A case report, Pathology International, pp. 1-6, 20230704
  16. A Cartilaginous Construct with Bone Collar Exerts Bone-Regenerative Property Via Rapid Endochondral Ossification, Stem Cell Reviews and Reports, 20230511
  17. A case of multiple myeloma diagnosed by extramedullary disease in the submandibular region, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, 35巻, 3号, pp. 247-250, 202305
  18. Secretory carcinoma of the minor salivary gland in the lip with ETV6-NTRK3 fusion: case report and literature review, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, 35巻, 3号, pp. 251-257, 202305
  19. Primary intraosseous carcinoma complicated by cervical hodgkin lymphoma: A rare case report, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, in press巻, 20230427
  20. Retrospective study on the therapeutic efficacy of zinc acetate hydrate administration to patients with hypozincemia-induced dysgeusia, BMC Oral Health, 23巻, 1号, pp. 159-159, 20230318
  21. A Third Supernumerary Tooth Occurring in the Same Region: A Case Report, dentistry journal, 11巻, 2号, pp. 49, 20230212
  22. Bovine Lactoferrin Suppresses Tumor Angiogenesis through NF-kB Pathway Inhibition by Binding to TRAF6, pharmaceutics, 15巻, 1号, pp. 165, 20230103
  23. 免疫チェックポイント阻害剤投与口腔癌患者の臨床的検討, 日本口腔科学会雑誌, 71巻, 3号, pp. 161-172, 20221012
  24. AYA世代舌癌患者の肺転移に対する薬物療法中にTrousseau症候群を発症した1例, 日本口腔外科学会雑誌, 68巻, 9号, pp. 362-369, 20220628
  25. Integrating Genetic Alterations and the Hippo Pathway in Head and Neck Squamous Cell Carcinoma for Future Precision Medicine, Journal of Personalized Medicine, 12巻, 10号, pp. 1544, 20220920
  26. 口蓋に発症した嚢胞腺腫の1例, 広島大学歯学雑誌, 54巻, 1号, pp. 34-38, 20220601
  27. Non-sebaceous lymphadenoma-like mucoepidermoid carcinoma: A case report, Pathology International, 20220521
  28. Oral administration of bovine lactoferrin suppresses the progression of rheumatoid arthritis in an SKG mouse model, PLoS One, 17巻, 2号, pp. e0263254, 20220211
  29. ★, EGFR Regulates the Hippo pathway by promoting the tyrosine phosphorylation of MOB1, Communications biology, 4巻, 1237号, 20211101
  30. A case of maxillary ameloblastic carcinoma with atypical histology, JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY, 33巻, 5号, pp. 536-545, 202109
  31. 口腔に発生した唾液腺MALTリンパ腫の4例, 広島大学歯学雑誌, 53巻, 1号, pp. 30-37, 20210601
  32. Development of Kikuchi-Fujimoto disease after a cervical lymph node metastasis of mucoepidermoid carcinoma: a case report., Oral and Maxillofacial Surgery, 25巻, 1号, pp. 133-137, 202103
  33. Pathway-Specific Genome Editing of PI3K/mTOR Tumor Suppressor Genes Reveals that PTEN Loss Contributes to Cetuximab Resistance in Head and Neck Cancer, MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS, 19巻, 7号, pp. 1562-1571, 2020
  34. Muscarinic receptors promote castration-resistant growth of prostate cancer through a FAK-YAP signaling axis, ONCOGENE, 39巻, 20号, pp. 4014-4027, 2020
  35. Metformin Inhibits Progression of Head and Neck Squamous Cell Carcinoma by Acting Directly on Carcinoma-Initiating Cells, CANCER RESEARCH, 79巻, 17号, pp. 4360-4370, 2019
  36. ★, The transition of tissue inhibitor of metalloproteinases from-4 to-1 induces aggressive behavior and poor patient survival in dedifferentiated liposarcoma via YAP/TAZ activation, CARCINOGENESIS, 40巻, 10号, pp. 1288-1297, 2019
  37. ★, Tissue inhibitor of metalloproteinase-1 promotes cell proliferation through YAP/TAZ activation in cancer, ONCOGENE, 37巻, 2号, pp. 263-270, 2018
  38. Comparison of the bone regeneration ability between stem cells from human exfoliated deciduous teeth, human dental pulp stem cells and human bone marrow mesenchymal stem cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 497巻, 3号, pp. 876-882, 2018
  39. Central mucoepidermoid carcinoma arising from glandular odontogenic cyst confirmed by analysis of MAML2 rearrangement: A case report, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 68巻, 1号, pp. 31-35, 2018
  40. Galectin-3 Plays an Important Role in Preterm Birth Caused by Dental Infection of Porphyromonas gingivalis, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 2018
  41. A case of primordial odontogenic tumor: A new entity in the latest WHO classification (2017), PATHOLOGY INTERNATIONAL, 67巻, 7号, pp. 365-369, 201707
  42. ★, Ameloblastin induces tumor suppressive phenotype and enhances chemosensitivity to doxorubicin via Src-Stat3 inactivation in osteosarcoma, SCIENTIFIC REPORTS, 7巻, 2017
  43. N-terminal region of human ameloblastin synthetic peptide promotes bone formation, ODONTOLOGY, 105巻, 1号, pp. 116-121, 201701
  44. 摘出開窓後20年で再発を認めたエナメル上皮腫の1例, 広島大学歯学雑誌, 49巻, pp. 53-58, 2017
  45. ケルビズムと診断された両側下顎骨中心性巨細胞病変の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 61巻, pp. 543-547, 2015
  46. Infection with Porphyromonas gingivalis Exacerbates Endothelial Injury in Obese Mice, PLOS ONE, 9巻, 10号, 2014
  47. 症例報告 かかりつけ歯科医による経過観察が診断に有用であった両側下顎骨限局性骨性異形成症の1例, 広島大学歯学雑誌 = The journal of Hiroshima University Dental Society, 45巻, 1号, pp. 33-38, 201306
  48. 臨床研究 歯科用金属アレルギーの動向 : 過去10年間に広島大学病院歯科でパッチテストを行った患者データの解析, 日本口腔検査学会雑誌, 4巻, 1号, pp. 23-29, 2012
  49. Periostin Directly and Indirectly Promotes Tumor Lymphangiogenesis of Head and Neck Cancer, PLOS ONE, 7巻, 8号, 2012
  50. カンボジアの小学校における歯科支援活動報告, 広島大学歯学雑誌, 43巻, 1号, pp. 51-56, 20110601
  51. Nuclear Survivin expression is correlated with malignant behaviors of head and neck cancer together with Aurora-B, ORAL ONCOLOGY, 46巻, 4号, pp. 263-270, 2010

著書等出版物

  1. 2023年05月01日, DENTAL DIAMOND Dd診断力テスト 上唇の腫瘤 第48巻第7号 通巻713号 p21,22, デンタルダイヤモンド社, 2023年, 05, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 植月 亮、水田邦子、安藤俊範、相川友直
  2. Medical Technology, 悪性腫瘍の早期発見に必要な細胞診の目を養う 2. 早期発見に必要な目の付け所 3) 唾液腺, 唾液腺, 細胞診, 医歯薬出版, 2022年, 06, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 坂本 真一, 安藤 俊範, 安村 奈緒子, 齋藤 彰久, 倉岡 和矢, 河本 涼助, 山本 利枝, 西阪 隆, 宮内 睦美, 小川 郁子, B0B289X27K
  3. 2021年03月01日, 病理と臨床 2021 vol.39 No.3, 悪性腫瘍と誤りやすい疾患, 文光堂, 2021年, 2021, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 小川郁子, 安藤俊範, 宮内睦美, 頭頸部領域
  4. 2016年04月21日, 病理と臨床 2016年臨時増刊号 癌の分子病理学, 文光堂, 2016年, 201604, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 安藤俊範, 小川郁子, 髙田 隆, 9784011203400, 359, B 臓器癌 3. 歯原性腫瘍

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Hippo経路の破綻はPD-L2の転写を促進してがん免疫回避を誘導する, 安藤俊範, 第6回口腔医科学フロンティア, 2024年05月18日, 招待, 日本語, 口腔医科学フロンティア, 札幌
  2. YAP/RBM39の相互作用は口腔扁平上皮癌におけるindisulamに対する耐性を制御する, Ando T, Okamoto K, Shintani T, Yanamoto S, Miyauchi M, Kajiya M, 第113回日本病理学会総会, 2024年03月28日, 通常, 英語, 日本病理学会, 愛知
  3. 歯科材料関連アレルギーが疑われる患者に対する口腔検査センターの取り組み, 大林奈美, 新谷智章, 岡 広子, 安藤俊範, 河口浩之, 加治屋幹人, 第62回広島県歯科医学会 第107回広島大学歯学会例会, 2023年11月26日, 通常, 日本語, 広島県歯科医師会, 広島市
  4. 口腔扁平上皮癌における頸部リンパ節転移の節外浸潤進達度の予後に及ぼす影響, 檜垣美雷, 小泉浩一, 安藤俊範, 濱田充子, 伊藤奈七子, 大林史誠, 麻田恭之, 上田結芽, 上原 輝, 小田原愛里, 山﨑恵里佳, 烏帽子田夏希, 松山たまも, 岡本健人, 福谷多恵子, 田口有紀, 山﨑佐知子, 浜名智昭, 吉岡幸男, 谷 亮治, 柳本惣市, 第62回広島県歯科医学会 第107回広島大学歯学会例会, 2023年11月26日, 通常, 日本語, 広島県歯科医師会, 広島市
  5. 下顎骨嚢胞(Developmental odontogenic cyst with characteristic features of glandular odontogenic cyst and odontogenic keratocyst), 片岡奈菜子, 安藤俊範, 麻田恭之, 福谷多恵子, 谷 亮治, 末井良和, 柿本直也, 柳本惣市, 宮内睦美, 小川郁子, 加治屋幹人, 日本病理学会中国四国支部学術集会(第142回スライドカンファレンス), 2023年11月25日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, Web
  6. 口底部に生じた孤立性線維性腫瘍の1例, 大井 尚志, 島末 洋, 石田 陽子, 安藤 俊範, 小野 重弘, 相川 友直, 第68回 日本口腔外科学会総会・学術大会, 2023年11月11日, 通常, 日本語, 日本口腔外科学会, 大阪
  7. T1-2N0舌癌切除症例におけるハイリスク因子に関する後方視的検討, 大林 史誠, 小泉 浩一, 檜垣 美雷, 濱田 充子, 伊藤 奈七子, 安藤 俊範, 浜名 智昭, 吉岡 幸男, 谷 亮治, 柳本 惣市, 第68回 日本口腔外科学会総会・学術大会, 2023年11月10日, 通常, 日本語, 大阪
  8. 長期経過観察中に歯原性角化嚢胞からSOKC/Keratoameloblastomaへとtransformした1例, 山崎 佐知子, 新谷 智章, 林堂 安貴, 安藤 俊範, 宮内 睦美, 柳本 惣市, 第68回 日本口腔外科学会総会・学術大会, 2023年11月11日, 通常, 日本語, 日本口腔外科学会, 大阪
  9. 口腔扁平上皮癌における頸部リンパ節転移の節外浸潤進達度の臨床的意義, 檜垣美雷, 小泉浩一, 安藤俊範, 大林史誠, 伊藤奈七子, 新谷智章, 浜名智昭, 吉岡幸男, 谷亮治, 柳本惣市, 第68回 日本口腔外科学会総会・学術大会, 2023年11月10日, 通常, 日本語
  10. AXLはYAPを活性化しEGFR阻害薬への耐性を付与する, 岡本健人, 安藤俊範, 加治屋幹人, 宮内睦美, 柳本惣市, 第68回 日本口腔外科学会総会・学術大会, 2023年11月10日, 通常, 日本語, 日本口腔外科学会, 大阪
  11. 頭頸部扁平上皮癌において YAP/TAZ はスプライシング阻害薬に対する耐性を付与する, 安藤 俊範, 岡本 健人, 新谷 智章, 柳本 惣市, 宮内 睦美, 加治屋 幹人, 第82回 日本癌学会学術総会, 2023年09月23日, 通常, 英語, 日本癌学会, 横浜
  12. Hippo経路の破綻が導くがん免疫回避機構の解明, 安藤俊範, 岡本健人, 柳本惣市, 宮内睦美, 加治屋幹人, 第34回 日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2023年08月26日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 大阪
  13. 広島大学病院における口腔細胞診と組織診断の対比, 畝原璃夢, 神尾百香, 中村桃子, 森智紀, 藤田奈央, 三島聡子, 越智真悠, 大上由加里, 清水智美, 金子佳恵, 石田克成, 安藤俊範, 小川郁子, 宮内睦美, 有廣光司, 第37回 日本臨床細胞学会中国四国連合会総会・学術大会, 2023年07月29日, 通常, 日本語, 日本臨床細胞学会中国四国連合会, 広島
  14. YAP/TAZの新規分子間相互作用を標的としたペプチドによる革新的がん免疫治療法, 安藤 俊範, BioJapan 2022, 2022年10月12日, 通常, 日本語, BioJapan, 横浜
  15. AXLによる新たなHippo経路制御機構の解明, 安藤 俊範, 岡本 健人, 柳本 惣市, 宮内 睦美, 3学会合同学術大会(第32回日本口腔内科学会・第33回 日本臨床口腔病理学会・第35回日本口腔診断学会), 2022年09月23日, 通常, 日本語, 日本口腔内科学会・日本臨床口腔病理学会・日本口腔診断学会, 札幌
  16. AXL activates YAP and confers resistance to EGFR inhibitors in oral squamous cell carcinoma, Okamoto K, Ando T, Kajiya M, Yanamoto S, Miyauchi M, 第55回広島大学歯学会, 2022年06月11日, 通常, 英語, 広島大学歯学会, Hiroshima
  17. 口腔扁平上皮癌におけるAXLのYAP活性化およびEGFR阻害薬耐性機構の解明, 岡本健人, 安藤俊範, 虎谷茂昭, 柳本惣市, 宮内睦美, 第76回NPO法人 日本口腔科学会学術集会, 2022年04月21日, 通常, 日本語, 日本口腔科学会, 福岡
  18. 癌の遺伝子異常によるHippo経路制御機構, 安藤 俊範, 第72回 HiHA Webセミナー, 2022年03月03日, 招待, 日本語, 広島大学健康長寿研究拠点 (HiHA), 広島
  19. 下顎骨に発生した周辺性象牙質形成性幻影細胞腫由来の幻影細胞性歯原性癌の1例, 加藤大喜, 水田邦子, 植月 亮, 佐々木和起, 小野重弘, 坂本真一, 安藤俊範, 宮内睦美, 柿本直也, 第40回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2022年02月14日, 通常, 日本語, 日本口腔腫瘍学会, WEB開催
  20. 下顎頭に生じた巨細胞腫の1例, 伊藤奈七子,小泉浩一,大林史誠,坂本真一,安藤俊範,虎谷茂昭, 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語, 日本口腔外科学会, 幕張, Hybrid
  21. 非脂腺型リンパ腺腫様粘表皮癌の1例, 坂本真一, 安藤俊範, 宮内睦美, 藤原恵, 中黒匡人, 長尾俊孝, 小川郁子, 第65回 日本唾液腺学会学術集会, 2021年11月27日, 通常, 日本語, 日本唾液腺学会, 東京
  22. EWSR1-ATF1融合遺伝子の同定により診断し得た明細胞癌の一例, 檜垣美雷, 吉岡幸男, 岡本健人, 坂本真一, 安藤俊範, 岡本康正, 宮内睦美, 虎谷茂昭, 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語, 日本口腔外科学会, 幕張, Hybrid
  23. 口蓋腫瘍 (Polymorphous adenocarcinoma), 古庄 寿子, 坂本 真一, 安藤 俊範, 小野 重弘, 水田 邦子, 石田 陽子, 植月 亮, 長崎 信一, 武知 正晃, 宮内 睦美, 日本病理学会中国四国支部学術集会(第136回スライドカンファレンス), 2021年10月23日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 香川(Web)
  24. 口腔癌における遺伝子異常と Hippo シグナル経路異常の解析, 安藤 俊範, 第14回日本口腔検査学会総会・学術大会, 2021年08月21日, 招待, 日本語, 日本口腔検査学会, 広島(WEB)
  25. シェーグレン症候群診断における抗セントロメア抗体の重要性:口腔内所見に焦点を当てて, 北川 雅恵, 杉本 智裕, 安藤 俊範, 加治屋 幹人, 小川 郁子, 柴 秀樹, 杉山 英二, 第14回 日本口腔検査学会総会・学術大会, 2021年08月21日, 通常, 日本語, 日本口腔検査学会, 広島 (WEB)
  26. 上顎骨腫瘍(Odontogenic fibroma, amyloid variant), 坂本真一, 安藤俊範, 伊藤奈七子,神田 拓, 末井良和, 虎谷茂昭,宮内睦美, 第32回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2021年08月12日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 神奈川, WEB
  27. 広島大学病院口腔外科における免疫チェックポイント阻害薬投与症例の検討, 吉岡幸男,小野重弘,谷亮治,水田邦子,中川貴之,安藤俊範,坂本真一,武知正晃,虎谷茂昭,岡本哲治, 第115回広島がん治療研究会, 2021年07月03日, 通常, 日本語, 広島がん治療研究会, 広島
  28. 上顎腫瘍(Clear cell carcinoma), 安藤 俊範, 坂本 真一, 檜垣 美蕾, 岡本 健人, 吉岡 幸男, 虎谷 茂昭, 中元 崇, 岡本 康正, 松浦 博夫, 金子 真弓, 小川 郁子, 宮内 睦美, 日本病理学会中国四国支部学術集会 第135回スライドカンファレンス, 2021年06月19日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 香川 WEB
  29. Third supernumerary tooth occurring in the same region during follow-up after the second supernumerary tooth extraction, Akimoto T, Asao Y, Iwamoto Y, Mitsuhata C, Ando T, Sakamoto S, Kozai K, The 28th Congress of the International Association of Paediatric Dentistry (IAPD), 2021年06月10日, 通常, 英語, International Association of Paediatric Dentistry, Virtual Congress
  30. ワークショップ 9/唾液腺細胞診断 ─ミラノシステムの適用と解説─ WS9-2 口腔領域の唾液腺腫瘍, 坂本真一,安藤俊範,小川郁子,宮内睦美, 第62回日本臨床細胞学会総会春期大会, 2021年06月04日, 招待, 日本語, 日本臨床細胞学会, 千葉
  31. 著しい咬合偏位を呈した下顎頭骨軟骨腫の1例, 中川貴之,小野重弘,福井暁子,佐々木和起,坂本真一,安藤俊範,宮内睦美,武知正晃, 第75回日本口腔科学会学術集会, 2021年05月12日, 通常, 日本語, 日本口腔科学会
  32. 広島大学病院口腔外科における免疫チェックポイント阻害薬投与症例の検討, 吉岡幸男,小野重弘,谷亮治,水田邦子,中川貴之,安藤俊範,坂本真一,武知正晃,虎谷茂昭,岡本哲治, 第75回NPO法人口腔科学会学術集会, 2021年05月12日, 通常, 日本語, 日本口腔科学会, 大阪, Web
  33. 口腔扁平上皮癌におけるEGFRのMOB1リン酸化を介したYAP/TAZ活性化機構, 安藤 俊範, 第39回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2021年01月28日, 通常, 日本語, 日本口腔腫瘍学会, Web開催
  34. 上顎骨腫瘍(Odontogenic fibroma, amyloid variant), 坂本真一, 安藤俊範, 神田 拓, 末井良和, 西田俊博, 小川郁子, 宮内睦美, 日本病理学会中国四国支部学術大会(第133回スライドカンファレンス), 2020年11月28日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 広島
  35. EGFRはMOB1を直接リン酸化してHippo経路を制御する, 安藤俊範, 第59回広島県歯科医学会 第104回広島大学歯学会例会, 2020年11月15日, 通常, 日本語
  36. Role of EGFR-mediated MOB1 phosphorylation on Hippo pathway regulation, 安藤俊範, 第68回国際歯科研究学会日本部会[JADR]総会・学術大会, 2020年11月07日, 通常, 英語, 国際歯科研究学会 日本部会 (JADR), オンライン
  37. Regulation of the Hippo Pathway by the EGFR-mediated tyrosine phosphorylation of MOB1., 安藤 俊範, 第31回 日本臨床口腔病理学会 総会・学術大会, 2020年10月06日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 名古屋
  38. 下顎歯肉腫瘍(Ghost cell odontogenic carcinoma arising in dentinogenic ghost cell tumor), 坂本真一,安藤俊範,水田邦子,石田扶美,加藤大喜,小野重弘,小西 勝,宮内睦美,小川郁子, 第31回 日本臨床口腔病理学会 総会・学術大会, 2020年10月06日, 通常, 日本語, 日本臨床口腔病理学会, 名古屋
  39. 緊急気道管理を行なったヘルペス初感染類似症状を呈した1例, 神田 拓,櫻井 繁,岩政美郷,岡本健人,小泉浩一,安藤俊範,吉岡幸男,虎谷茂昭,岡本哲治, 第30回日本口腔内科学会学術大会, 2020年10月05日, 通常, 日本語, 日本口腔検査学会, ウェブ開催
  40. EGFRはMOB1のリン酸化を介してHippo経路を制御する, 安藤俊範, 第79回 日本癌学会学術総会, 2020年10月01日, 通常, 英語, 日本癌学会, 広島
  41. EGFR Regulates the Hippo Pathway by the Direct Tyrosine Phosphorylation of MOB1, Ando T, Happy hour lecture in Moores Cancer Center, 2020年02月06日, 招待, 英語, Moores Cancer Center, University of California, San Diego, San Diego
  42. Regulation of the Hippo pathway through EGFR-mediated tyrosine phosphorylation of MOB1, Ando T, Arang N, Costea DE, Feng X, Goto Y, Izumi H, Gilardi M, Gutkind JS, MCC Annual Scientific Retreat, 2019年10月01日, 通常, 英語, Moores Cancer Center, University of California, San Diego, San Diego, USA
  43. The transition of tissue inhibitor of metalloproteinase-4 to -1 expression modulates YAP/TAZ mediated aggressive phenotype in liposarcoma., Madhu Shrestha, Toshinori Ando, Ikuko Ogawa, Mutsumi Miyauchi, Takashi Takata, Joint International Association of Oral Pathology and American Academy of Oral & Maxillofacial Pathology Meeting, 2018年06月22日, 通常, 英語, International Association of Oral Pathology, Vancouver
  44. The transition of tissue inhibitor of metalloproteinase-1 and -4 expressions induces aggressive behavior and poor patient survival in dedifferentiated liposarcoma via YAP/TAZ activation., Madhu Shrestha, Toshinori Ando, Chea Chanbora, Ikuko Ogawa, Mutsumi Miyauchi, Takashi Takata, 7th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2018年03月29日, 通常, 日本語, Hiroshima University, Hiroshima
  45. Ameloblastin induces tumor suppressive phenotype and enhances chemosensitivity to doxorubicin via Src-Stat3 inactivation in osteosarcoma., 安藤俊範, 第28回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2017年08月24日, 通常, 日本語, 埼玉, 学会奨励賞講演
  46. The transition of tissue inhibitor of metalloproteinase-1 and -4 expressions induces aggressive behavior and poor patient survival in dedifferentiated liposarcoma via YAP/TAZ activation., Shrestha M, Ando T, Ogawa I, Miyauchi M, Takata T, 第28回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2017年08月24日, 通常, 英語
  47. The transition of tissue inhibitor of metalloproteinase-1 and -4 expressions induces aggressive behavior and poor patient survival in dedifferentiated liposarcoma via YA P/TAZ activation., Shrestha M, Ando T, Ogawa I, Miyauchi M, Takata T., 50th General meeting of the Hiroshima University Dental Society, 2017年, 通常, 英語, Hiroshima University
  48. TIMP-1はYAP活性化を介して腫瘍細胞の増殖を促進する, 安藤俊範, Madhu Shreastha, 小川郁子, 宮内睦美, 髙田 隆, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月28日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 東京
  49. 転移巣が黒色であったエプーリス様上顎歯肉悪性黒色腫の 1 例, 清野沙矢香,島末 洋,太田耕司,安藤俊範,小川郁子,武知正晃, 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2016年, 通常, 日本語, 日本口腔外科学会, 幕張
  50. 腺性歯原性嚢胞から悪性化したと考えられる粘表皮癌の 1 例, 内迫香織,小泉浩一,檜垣美雷,石田康隆,虎谷茂昭,長﨑敦洋,安藤俊範,小川郁子,岡本哲治, 第 45 回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2016年, 通常, 日本語, 日本口腔外科学会中国四国支部, 広島
  51. 口蓋腫瘍(Mucoepidermoid carcinoma, clear cell variant), 小川郁子,安藤俊範,長﨑敦洋,岡本康正,谷 亮治,小西 勝,髙田 隆, 日本病理学会中国四国支部学術集会 (第 119 回スライドカンファレンス), 2016年, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 宇部
  52. Ameloblastin induces tumor suppression and chemosensitivity in osteosarcoma., Ando T, Shrestha M, Kudo Y, Tsunematsu T, Ogawa I, Miyauchi M, Takata T, 18th International Congress on Oral Pathology and Medicine & XXV Conference of Indian Association of Oral and Maxillofacial Pathologists, 2016年09月11日, 通常, 英語, India, Chennai
  53. Novel regulation of tumor growth by tissue inhibitor of metalloproteinases (TIMP-1 and 4) in sarcomas, Shrestha M, Ando T, Nishisaka T, Ogawa I, Miyauchi M, Takata T, 18th International Congress on Oral Pathology and Medicine & XXV Conference of Indian Association of Oral and Maxillofacial Pathologists, 2016年09月11日, 通常, 英語, India, Chennai
  54. Oncogenic role of tissue inhibitor of metalloproteinase-1, TIMP-1, through regulation of YAP in HNSCC, Dyshafilia Charindra, Shrestha M, Ando T, Takata T, The 27th annual meeting of the Japanese Society of Oral Pathology, 2016年08月12日, 通常, 英語, Hiroshima
  55. 胆嚢腫瘍 (Carcinosarcoma), 山中陽介, 倉岡正嗣, 嶋本文雄, 立山義朗, 櫛谷 桂, 安藤俊範, 服部 結, 大下彰彦, 眞次康弘, 板本敏行, 西阪 隆, 第65回広島病理集談会, 2015年, 通常, 日本語, 広島大学, 広島
  56. 下顎骨病変 (Cherubism), 辻 浩紀, 安藤俊範, 神田 拓, 原 潤一, 米原修治, 小川郁子, 髙田 隆, 第65回広島病理集談会, 2015年, 通常, 日本語, 広島大学, 広島
  57. 顎骨中心性に発生した粘表皮癌の 1 例, 木村直大,末松美玲,安藤俊範,谷 亮治,小川郁子,林堂安貴,虎谷茂昭,岡本哲治, 第 63 回日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2015年, 通常, 日本語, 日本口腔科学会中国・四国地方部会, 岡山
  58. 摘出開窓術 20 年後に再発を認めたエナメル上皮腫の 1 例, 神田 拓, 中峠洋隆, 大林史誠, 安井多恵子,安藤俊範, 谷 亮治, 小川郁子, 林堂安貴, 虎谷茂昭, 岡本哲治, 第 63 回日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2015年, 通常, 日本語, 日本口腔科学会中国・四国地方部会, 岡山
  59. 口蓋粘表皮癌の頚部リンパ節転移術後に発症した組織球性壊死性リンパ節炎(菊池病)の 1 例, 檜垣美雷,神田 拓,安井多恵子,安藤俊範,谷 亮治,小川郁子,虎谷茂昭,岡本哲治, 第 25 回日本口腔内科学会, 2015年, 通常, 日本語, 日本口腔内科学会, 吹田
  60. Ameloblastin induces tumor suppression and chemosensitivity in osteosarcoma doxorubicin in osteosarcoma, Ando T, Umehara H, Miyauchi M, Ogawa I, Takata T, The 26th Annual Meeting of the Japanese Society of Oral Pathology, 2015年07月31日, 通常, 日本語, Sapporo
  61. Feedback activation of Stat3 induces resistance to doxorubicin in osteosarcoma, Umehara H, Ando T, Takata T, The 26th Annual Meeting of the Japanese Society of Oral Pathology, 2015年07月31日, 通常, 日本語, Sapporo
  62. Feedback activation of Stat3 induces resistance to doxorubicin in osteosarcoma, Umehara H, Charindra D, Ando T, Takata T, 48th annual meeting of the Dental Association of Hiroshima University, 2015年06月27日, 通常, 日本語, Hiroshima
  63. Ameloblastin enhances chemosensitivity to doxorubicin via Src-Stat3 inactivation in osteosarcoma, Ando T, Ogawa I, Miyauchi M, Takata T, The 104th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology, 2015年05月01日, 通常, 英語, Nagoya
  64. Ameloblastin Induces Tumor Suppression and Chemosensitivity in Osteosarcoma., Ando T, Ogawa I, Miyauchi M, Takata T, 93rd General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, 2015年03月13日, 通常, 英語, Boston
  65. 耳下腺腫瘍 (Mammary analogue secretory carcinoma of salivary gland), 安藤俊範,長﨑敦洋,西阪 隆,小川郁子,髙田 隆, 第63回広島病理集談会, 2014年, 通常, 日本語, 広島大学, 広島
  66. Significance of fusion gene analysis for the differential diagnosis of mucoepidermoid carcinoma., Nagasaki A, Ando T, Obayashi M, Ogawa I, Takata T., 17th International Congress on Oral Pathology and Medicine, 2014年05月29日, 通常, 日本語
  67. TIMP1の肉腫における腫瘍促進因子としての役割の解明, 安藤俊範, 梅原華子, 西阪 隆, 宮内睦美, 髙田 隆, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 広島
  68. Tumor suppressive role of Ameloblastin through Src inactivation in osteosarcoma, Ando T, Kudo Y, Iizuka S, Tsunematsu T, Matsuo T, Kubo T, Shimose S, Ochi M, Arihiro K, Miyauchi M, Ogawa I, and Takata T, 5th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2013年10月12日, 通常, 英語
  69. The novel tumor suppressor function of Ameloblastin in osteosarcoma, Ando T, Tsunematsu T, Kudo Y, Ogawa I, Miyauchi M, and Takata T, 91st General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, 2013年03月20日, 通常, 英語, International Association for Dental Research, Seattle USA, Hatton awardの選考会
  70. The novel tumor suppressor function of Ameloblastin in osteosarcoma, Ando T, Tsunematsu T, Kudo Y, Ogawa I, Miyauchi M, Takata T, 第60回国際歯科研究学会日本部会 (JADR) 総会・学術大会, 2012年12月14日, 通常, 英語, 国際歯科研究学会日本部会 (JADR), 新潟
  71. The novel function of Ameloblastin as a tumor suppressor gene in osteosarcoma, Ando T, Tsunematsu T, Kudo Y, Ogawa I, Miyauchi M, Takata T, The 45th annual meeting of the Dental Association of Hiroshima university, 2012年05月17日, 通常, 英語, 広島大学歯学会, 広島大学
  72. Ameloblastinの癌抑制遺伝子としての役割の解明, 安藤俊範, 常松貴明, 工藤保誠, 小川郁子, 宮内睦美, 高田 隆, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 東京
  73. 筋上皮癌との鑑別を要した ectomesenchymal chondromyxoid tumor の1例, 小川郁子, 常松貴明, 安藤俊範, 大林真理子, 山崎佐知子, 髙田 隆, 第57回日本唾液腺学会, 2012年, 通常, 日本語, 日本唾液腺学会, 東京
  74. 両側下顎骨に生じた骨中心性巨細胞病変の1例, 木村直大, 神田 拓, 原 潤一, 安藤俊範, 小川郁子, 虎谷茂昭, 岡本哲治, 第57回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本口腔外科学会, 横浜
  75. 原発巣を特定し得なかった上顎歯槽部腺癌の1例, 末松美玲, 鍋島 巧, 谷 亮治, 虎谷茂昭, 安藤俊範, 小川郁子, 岡本哲治, 第60回日本口腔科学会 中国・四国地方部会, 2012年, 通常, 日本語, 日本口腔科学会 中国・四国地方部会, 広島
  76. 上顎洞腫瘍(Dedifferentiated adenoid cystic carcinoma), 常松貴明,安藤俊範, 大林真理子, 小川郁子,末井良和,髙田 隆, 日本病理学会中国四国支部学術集会(第107回スライドカンファレンス), 2012年, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 徳島
  77. 口蓋腫瘍, 大林真理子,安藤俊範,谷 亮治,小西 勝,小川郁子,髙田 隆, 日本病理学会中国四国支部学術大会(第 106 回スライドカンファレンス), 2011年, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 岡山
  78. 摘出前に長期経過観察を行った両側下顎骨骨性異形成症 (osseous dysplasia) の 1例, 濱田充子,神田 拓,安藤俊範, 小川郁子,虎谷茂昭,岡本哲治, 日本口腔科学会中国四国支部会, 2011年, 通常, 日本語, 日本口腔科学会中国四国支部, 松山
  79. 下顎骨病変(Osseous dysplasia), 安藤俊範, 古庄寿子, 宮内睦美, 藤田 實, 神田 拓, 虎谷茂昭, 小川郁子, 髙田 隆, 第 56 回広島病理集談会, 2011年, 通常, 日本語, 広島大学, 広島
  80. 下顎骨の両側に発生した骨性異形成症(osseous dysplasia)の1例, 安藤俊範, 神田 拓,古庄寿子,小川郁子,虎谷茂昭,宮内睦美, 髙田 隆, 第 44 回広島大学歯学会総会, 2011年, 通常, 日本語, 広島大学歯学部, 広島
  81. Abnormal expression of Evi5 and its role for cancer development, 安藤俊範, 工藤保誠, 常松貴明, 高田 隆, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常, 日本語, 横浜
  82. Abnormal expression of Evi5 and its role for cancer development, Ando T, Kudo Y, Tsunematsu T, Takata T, 第42回広島大学歯学会, 2009年, 通常, 日本語, 広島大学歯学会, 広島

受賞

  1. 2023年11月25日, 学術奨励賞(共同発表者として), 日本病理学会中国四国支部, 下顎骨嚢胞(Developmental odontogenic cyst with characteristic features of glandular odontogenic cyst and odontogenic keratocyst)
  2. 2023年11月12日, 優秀口演発表賞(共同発表者として), 第68回 日本口腔外科学会総会・学術大会, AXLはYAPを活性化しEGFR阻害薬への耐性を付与する
  3. 2022年09月24日, 第32回日本口腔内科学会・第33回日本臨床口腔病理学会・第35回日本口腔診断学会 大会長賞, 第32回日本口腔内科学会・第33回日本臨床口腔病理学会大会長・第35回日本口腔診断学会大会長, AXLによる新たなHippo経路制御機構の解明
  4. 2021年10月23日, 優秀演題賞, 日本病理学会中国四国支部, 上顎腫瘍(Clear cell carcinoma)
  5. 2020年10月06日, 第31回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会 優秀発表賞, 第31回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会大会長, 下顎⻭⾁腫瘍
  6. 2020年11月21日, JADR/GC Young Investigator Award 2020, 国際歯科研究学会日本部会 (JADR), Role of EGFR-mediated MOB1 phosphorylation on Hippo pathway regulation
  7. 2020年10月06日, 優秀発表賞(共同発表者として), 第31回 日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 下顎歯肉腫瘍 (Ghost cell odontogenic carcinoma arising from dentinogenic ghost cell tumor, peripheral type)
  8. 2020年10月06日, 優秀発表賞, 第31回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, EGFRによるMOB1のリン酸化を介したHippo経路の制御
  9. 2017年08月24日, 日本臨床口腔病理学会奨励賞(実験病理部門), 日本臨床口腔病理学会理事長
  10. 2016年09月11日, Poster Prize, International Association of Oral Pathologists, Ameloblastin Induces Tumor Suppression and Chemosensitivity in Osteosarcoma
  11. 2013年10月13日, Poster award, 5th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry
  12. 2013年03月21日, IADR/Unilever Hatton Divisional Award, IADR
  13. 2011年, 広島大学病院歯科医師臨床研修プログラム成績優秀者表彰, 広島大学病院
  14. 2010年, 広島大学歯学部国際交流奨励賞, 広島大学
  15. 2009年, 第42回広島大学歯学会総会奨励賞, 広島大学歯学会
  16. 2008年, 広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ成績優秀学生表彰, 広島大学

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費補助金(基盤研究 B, 代表), Hippo経路の破綻が導くがん微小環境の制御機構の解明と革新的な治療法への展開, 2024年04月01日, 2027年03月31日
  2. がん研究助成金, AXLを標的とするペプチドを用いた新たながん治療法の開発, 2023年03月, 2024年02月
  3. 広島大学基金『のぞみH基金』がん医療研究推進助成金, 癌におけるYAPの新たな核内相互作用因子の解析および治療法の確立, 2022年04月01日, 2023年03月31日
  4. 公益財団法人安田記念医学財団 若手癌研究助成(代表), 唾液腺の上皮筋上皮癌におけるHRAS変異とYAP/TAZ活性化の解析, 2021年01月01日, 2021年12月31日
  5. 科学研究費補助金(若手研究, 代表), Hippo経路を制御する受容体型チロシンキナーゼの探索および頭頸部癌治療への応用, 2020年04月01日, 2023年03月01日
  6. 科学研究費補助金(基盤研究C, 分担), 唾液腺ならびに歯原性腫瘍の分子病理学的診断, 2017年04月01日, 2020年03月31日
  7. 科学研究費補助金(若手研究B, 代表), 腫瘍におけるTIMP-1のYAP制御機構の解明, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  8. 科学研究費補助金 (基盤研究B, 分担), ラクトフェリンの抗破骨細胞形成部位の決定と骨破壊性病変に対するペプチド医薬の開発, 2016年04月01日, 2019年03月31日
  9. 国立大学改革強化推進補助金「特定支援型」, 2014年04月01日, 2015年03月31日
  10. 特別研究員奨励費(DC1), Ameloblastinの癌抑制遺伝子としての働き, 2012年04月01日, 2015年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2023年10月, 2024年03月, IGL医療福祉専門学校
  2. 診療援助医師, 2023年04月, 2024年03月, 県立広島病院
  3. 非常勤講師, 2022年10月, 2023年03月, IGL医療福祉専門学校
  4. 診療援助医師, 2022年12月, 2023年03月, 県立広島病院
  5. 教育委員会, 2022年09月, 日本臨床口腔病理学会
  6. 広報・渉外委員会, 2022年09月, 日本臨床口腔病理学会
  7. 評議員, 2022年09月, 日本臨床口腔病理学会
  8. 非常勤講師, 2022年04月, 2022年06月, 広島県立広島皆実高等学校
  9. 非常勤講師, 2021年10月, 2022年03月, IGL医療福祉専門学校
  10. 診療援助医師, 2017年04月, 2018年03月, 県立広島病院
  11. 非常勤講師, 2016年04月, 2016年12月, 広島県立広島皆実高等学校
  12. 非常勤歯科医師, 2016年04月, 2017年03月, 県立広島病院
  13. 非常勤講師, 2015年04月, 2015年07月, 広島県立広島皆実高等学校

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第14回 日本口腔検査学会総会・学術大会, シンポジウム「口腔・顎顔面領域疾患への遺伝学的検査導入の展望について」, 日本口腔検査学会, 2021年/08月/21日, 2021年/08月/22日, 広島(WEB), 司会, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  2. Family dynamics: Molecules from the same family have different effects in cancer prognosis, AAAS, EurekAlert!, 2019年/05月/13日, 取材協力, インターネット, 社会人・一般
  3. 脂肪肉腫の悪性度を決定するメカニズムを解明 〜分泌タンパクTIMP-4とTIMP-1によるがん促進因子YAP/TAZの制御〜, 広島大学, プレスリリース, 2019年/05月/13日, 広島大学ホームページ, 取材協力, インターネット, メディア
  4. さまざまな癌において生成される分泌タンパク質(TIMP-1)が癌細胞の増殖促進を高めるしくみを解明, 広島大学, 広島大学ホームページ, 2017年/09月/20日, インターネット
  5. 骨肉腫細胞内にがん抑制タンパク質, 読売新聞, 2017年/01月/06日, 読売新聞, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  6. Ameloblastinの骨肉腫における腫瘍抑制因子としての働きを解明, 広島大学, プレスリリース, 2017年/01月/06日, 広島大学ホームページ, 取材協力, インターネット, メディア

学術雑誌論文査読歴

  1. 2024年, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, その他, Reviewer, 1
  2. 2024年, BMC Cancer, その他, Reviewer, 2
  3. 2024年, Oncogene, その他, reviewer, 1
  4. 2023年, Oncogene, その他, reviewer, 2
  5. 2023年, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, その他, reviewer, 5
  6. 2023年, Oral Diseases, その他, reviewer, 1
  7. 2021年, International journal of oral science, その他, reviewer, 2
  8. 2021年, Oral Diseases, その他, Reviewer, 6
  9. 2018年, Oncogene, その他, Reviewer, 1