田中 暁生AKIO TANAKA

Last Updated :2021/09/16

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 准教授
自己紹介
難治性のアトピー性皮膚炎や蕁麻疹の患者さんを数多く診察しています。皮膚の知覚やアトピー性皮膚炎の病態に関する研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2017年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 准教授

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 皮膚科学

研究キーワード

  • アトピー性皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 瘙痒、皮膚の知覚

所属学会

  • アトピー性皮膚炎治療研究会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本研究皮膚科学会
  • 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会
  • 日本遺伝カウンセリング学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2021年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2021年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  4. 2021年, 学部専門, 2ターム, 皮膚科学
  5. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 皮膚科学特別研究
  6. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 皮膚科学特別演習
  7. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 皮膚科学特別演習
  8. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 皮膚科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Iatrogenic cutaneous lymphoid hyperplasia induced by squaric acid dibutyl ester., Contact Dermatitis, 85巻, 1号, pp. 88-90, 202107
  2. ★, The relationship between the development of erythroderma in patients with atopic dermatitis and the avoidance of anti-inflammatory topical drugs., Allergol Int, 70巻, 3号, pp. 376-378, 202107
  3. ★, Time course of disease severity from birth to 19 years old in patients with moderate to severe atopic dermatitis in adulthood., J Dermatol, 48巻, 5号, pp. e205-e206, 202105
  4. Survey of actual conditions of erythema marginatum as a prodromal symptom in Japanese patients with hereditary angioedema, WORLD ALLERGY ORGANIZATION JOURNAL, 14巻, 2号, 202102
  5. Analysis of the long-term economic burden of omalizumab on patients with chronic spontaneous urticaria, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 48巻, 1号, pp. 56-63, 202101
  6. Histamine- or vascular endothelial growth factor-induced tissue factor expression and gap formation between vascular endothelial cells are synergistically enhanced by lipopolysaccharide, tumor necrosis factor-alpha, interleukin (IL)-33 or IL-1 beta, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 47巻, 11号, pp. 1293-1300, 202011
  7. Calculation of practical skin donor area for meshed skin grafting in real-world surgery, DERMATOLOGIC THERAPY, 33巻, 6号, 202011
  8. Exploration of biomarkers to predict clinical improvement of atopic dermatitis in patients treated with dupilumab A study protocol, MEDICINE, 99巻, 38号, 20200918
  9. Rechallenge of programmed cell death 1 inhibitor after an interval with dacarbazine treatment may be effective for advanced malignant melanoma, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 47巻, 8号, pp. 907-910, 202008
  10. A case of millet allergy that developed into wheat-induced anaphylaxis by cross-reaction between millet and wheat antigens, Allergology International, 69巻, 3号, pp. 471-473, 202008
  11. Japanese guidelines for atopic dermatitis 2020, Allergology International, 69巻, 3号, pp. 356-369, 202007
  12. Japanese guidelines for atopic dermatitis 2020, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 69巻, 3号, pp. 356-369, 202007
  13. アトピー性皮膚炎に対するプロアクティブ療法, アレルギーの臨床, 40巻, 6号, pp. 447-450, 202006
  14. Randomized double-blind cross-over trial of bath additive containing tannic acid in patients with atopic dermatitis, JOURNAL OF CUTANEOUS IMMUNOLOGY AND ALLERGY, 3巻, 3号, pp. 56-61, 202006
  15. Increase of tissue factor expression on the surface of peripheral monocytes of patients with chronic spontaneous urticaria, Allergy, 75巻, 4号, pp. 971-974, 202004
  16. High histamine concentrations in human sweat in association with type I allergy to the semi-purified sweat antigen, Allergology International, 69巻, 2号, pp. 307-309, 202004
  17. Type-I-hypersensitivity to 15 kDa, 28 kDa and 54 kDa proteins in vitellogenin specific to Gadus chalcogrammus roe, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 69巻, 2号, pp. 253-260, 202004
  18. Increase of tissue factor expression on the surface of peripheral monocytes of patients with chronic spontaneous urticaria, ALLERGY, 75巻, 4号, pp. 971-974, 202004
  19. Three cases of advanced cutaneous squamous cell carcinoma treated with a combination of carboplatin and epirubicin, European Journal of Hospital Pharmacy, 27巻, 2号, pp. 128-128, 202003
  20. 蕁麻疹・血管性浮腫/アナフィラキシーショックまで, 月刊レジデント, 12巻, 1号, pp. 67-73, 201912
  21. ★, Reduction of serum thymus and activation-regulated chemokine after short-term intensive therapy may predict better prognosis of moderate to severe atopic dermatitis, 46巻, 12号, pp. e486-e487, 201912
  22. Clinical practice guidelines for the management of atopic dermatitis 2018, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 46巻, 12号, pp. 1053-1101, 201912
  23. アトピー性皮膚炎と免疫療法, チャイルド ヘルス, 22巻, 7号, pp. 504-505, 201907
  24. 最新の知識 従来の治療法の新しい考え方 外用療法 d)保湿外用薬, 皮膚科の臨床, 61巻, 6号, pp. 863-868, 201905
  25. 皮疹(皮膚所見)からの診断と治療へのアプローチ<部位別> 全身 かゆい皮疹がでたり引っ込んだりする, 診断と治療, 107巻, Suppl号, pp. 314-315, 201903
  26. 皮疹(皮膚所見)からの診断と治療へのアプローチ<部位別> 顔 急に目の周りが腫れて開かなくなった, 診断と治療, 107巻, Suppl号, pp. 72-73, 201903
  27. Activation of Human Peripheral Basophils in Response to High IgE Antibody Concentrations without Antigens, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 20巻, 1号, 20190101
  28. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018, アレルギー, 67巻, 10号, pp. 1297-1367, 201812
  29. Neuromedin U directly induces degranulation of skin mast cells, presumably via MRGPRX2., Allergy, 73巻, 11号, pp. 2256-2260, 201811
  30. Sweat allergy, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 67巻, 4号, pp. 435-441, 201810
  31. A case of Kaposi varicelliform eruption progressing to herpes simplex virus hepatitis in an immunocompetent patient., Clin Exp Dermatol., 43巻, 5号, pp. 636-638, 201807
  32. A unique clinical phenotype of a patient bearing a newly identified deletion mutation in the PSENEN gene along with the pathogenic serum desmoglein-1 antibody., Clin Exp Dermatol., 43巻, 3号, pp. 329-332, 201804
  33. Pityriasis lichenoides et varioliformis acuta after vaccination, J Cutan Immunol Allergy, 1巻, 1号, pp. 37-38, 201802
  34. Presymptomatic genetic diagnosis of two siblings with hereditary angioedema, presenting with unusual normal levels of serum C4., J Dermatol., 45巻, 2号, pp. e31-e32, 201802
  35. Prognosis of adult-onset clinically amyopathic dermatomyositis treated with only topical therapy., J Dermatol., 44巻, 7号, pp. e178-e179, 201707
  36. Contact urticaria syndrome with IgE antibody against a cefotiam-unique structure, evoked by nonapparent exposure to cefotiam, CLINICAL AND EXPERIMENTAL DERMATOLOGY, 42巻, 5号, pp. 527-531, 201707
  37. ★, ATR gene mutations in HPV negative oropharyngeal cancer., Oral Oncol, 65巻, pp. 121-123, 201702
  38. 第116回日本皮膚科学会総会「Neo-Dermatologyを生き抜く」に参加して, 皮膚科の臨床, 59巻, 11号, pp. 1709-1711, 2017
  39. 第116回日本皮膚科学会総会印象記, 臨床皮膚科, 71巻, 10号, pp. 842-844, 2017
  40. 汗とアトピー性皮膚炎, 小児内科, 49巻, 1号, pp. 118-121, 2017
  41. アトピー性皮膚炎, 皮膚科の臨床, 59巻, 6号, pp. 703-709, 2017
  42. Novel splice site mutation in LIPH identified in a Japanese patient with autosomal recessive woolly hair., J Dermatol, 43巻, 11号, pp. 1384-1385, 201611
  43. ★, Clinical Practice Guidelines for the Management of Atopic Dermatitis 2016, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 43巻, 10号, pp. 1117-1145, 201610
  44. Oral administration of -carotene or lycopene prevents atopic dermatitis-like dermatitis in HR-1 mice, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 43巻, 10号, pp. 1188-1192, 201610
  45. ★, アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版, 日皮会誌, 126巻, pp. 121-155, 2016
  46. アトピー性皮膚炎の疫学, 医学のあゆみ, 256巻, pp. 5-9, 2016
  47. 原発性免疫不全症候群 先天性食細胞機能不全症及び欠損症 先天性好中球減少症 Clericuzio症候群(好中球減少症を伴う多形皮膚萎縮症)., 日本臨床別冊免疫症候群III, pp. 600-604, 2016
  48. アレルギー性皮膚疾患診療の勘所., 日内会誌, 105巻, pp. 1942-1951, 2016
  49. Evaluation of recombinant MGL_1304 produced by Pichia pastoris for clinical application to sweat allergy, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 64巻, 3号, pp. 266-271, 201507
  50. 蕁麻疹・血管性浮腫の重症度とQOL, Derma, 227号, pp. 37-42, 201502
  51. A human monoclonal IgE antibody that binds to MGL_1304, a major allergen in human sweat, without activation of mast cells and basophils, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 468巻, 1-2号, pp. 99-104, 2015
  52. 蕁麻疹治療の達人技を学ぶ ステロイドを必要とする蕁麻疹, 日本皮膚科学会雑誌, 124巻, 13号, pp. 2621-2623, 20141215
  53. Elevated Serum IgE against MGL_1304 in Patients with Atopic Dermatitis and Cholinergic Urticaria, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 63巻, 1号, pp. 83-93, 201403
  54. 蕁麻疹治療の達人技を学ぶ ステロイドを必要とする蕁麻疹., 日皮会誌, 124巻, pp. 2621-2623, 2014
  55. Novel and recurrent C1 inhibitor gene mutations in nine Japanese patients with hereditary angioedema., J Dermatol Sci, 68巻, 1号, pp. 68-70, 201210
  56. A large heterozygous deletion including the entire C1 inhibitor gene in a sporadic case of hereditary angio-oedema, CLINICAL AND EXPERIMENTAL DERMATOLOGY, 37巻, 1号, pp. 20-23, 201201
  57. ★, Germ line Mutation in ATR in Autosomal-Dominant Oropharyngeal Cancer Syndrome, AMERICAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 90巻, 3号, pp. 511-517, 2012
  58. HB-EGF induces COL7A1 expression in keratinocytes and fibroblasts: possible mechanism underlying allogeneic fibroblast therapy in recessive dystrophic epidermolysis Bullosa., J Invest Dermatol, 131巻, 8号, pp. 1771-1774, 201108
  59. Common IL-31 gene haplotype associated with non-atopic eczema is not implicated in epidermolysis bullosa pruriginosa., Acta Derm Venereol, 90巻, 6号, pp. 631-632, 201011
  60. Revertant mosaicism in recessive dystrophic epidermolysis bullosa., J Invest Dermatol, 130巻, 7号, pp. 1937-1940, 201007
  61. Identification of a homozygous deletion mutation in C16orf57 in a family with Clericuzio-type poikiloderma with neutropenia., Am J Med Genet A, 152A巻, 6号, pp. 1347-1348, 201006
  62. The molecular skin pathology of familial primary localized cutaneous amyloidosis., Exp Dermatol, 19巻, 5号, pp. 416-423, 201005
  63. Novel IL31RA gene mutation and ancestral OSMR mutant allele in familial primary cutaneous amyloidosis., Eur J Hum Genet, 18巻, 1号, pp. 26-32, 201001
  64. ★, New insight into mechanisms of pruritus from molecular studies on familial primary localized cutaneous amyloidosis., Br J Dermatol, 161巻, 6号, pp. 1217-1224, 200912
  65. ★, Recurrent European missense mutation in the F12 gene in a British family with type III hereditary angioedema., J Dermatol Sci, 56巻, 1号, pp. 62-64, 200910
  66. Loss-of-function FERMT1 mutations in kindler syndrome implicate a role for fermitin family homolog-1 in integrin activation., Am J Pathol, 175巻, 4号, pp. 1431-1441, 200910
  67. Novel truncating mutations in PKP1 and DSP cause similar skin phenotypes in two Brazilian families., Br J Dermatol, 160巻, 3号, pp. 692-697, 200903
  68. Kindler syndrome: a focal adhesion genodermatosis., Br J Dermatol, 160巻, 2号, pp. 233-242, 200902
  69. New glycine substitution mutations in type VII collagen underlying epidermolysis bullosa pruriginosa but the phenotype is not explained by a common polymorphism in the matrix metalloproteinase-1 gene promoter., Acta Derm Venereol,, 89巻, 1号, pp. 6-11, 2009
  70. Semi-purification of the IgE-sweat antigen acting on mast cells and basophils in atopic dermatitis., Exp. Dermatol., 15巻, pp. 283-290, 20060101
  71. 末梢血好塩基球からのヒスタミン遊離試験によるアトピー性皮膚炎患者の汗に対する過敏性試験, 皮膚の科学, 増5巻, pp. 128-132, 20050101
  72. 大型・深部の浮腫を特徴とする蕁麻疹 血管性浮腫 特発性., Visual Dermatology, 4巻, pp. 714-715, 2005
  73. Pelodera strongyloides infection presenting as pruritic dermatitis., J Am Acad Dermatol, 51巻, pp. S181-184, 20040401
  74. 転移病巣への放射線照射が有効であったEccrine Porocarcinoma., 皮膚臨床, 46巻, 13号, pp. 2058-2062, 20040101

著書等出版物

  1. 2017年05月, アトピー性皮膚炎, 皮膚科の臨床, 田中 暁生
  2. 2016年01月02日, アトピー性皮膚炎の疫学, 医学のあゆみ, 田中 暁生
  3. 2016年10月10日, アレルギー性皮膚疾患診療の勘所, 日本内科学会雑誌, 秀 道広;田中 暁生
  4. 2017年10月, 学会印象記 第116回日本皮膚科学会総会「Neo-dermatologyの時代を生き抜く」に参加して, 皮膚科の臨床, 田中 暁生
  5. 2014年12月, ステロイドを必要とする蕁麻疹, 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology, 田中 暁生
  6. 2017年09月, 第116回日本皮膚科学会総会印象記, 臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology, 田中 暁生
  7. 2016年, アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版, 日本皮膚科学会雑誌, 日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会;加藤 則人;佐伯 秀久;中原 剛士;田中 暁生;椛島 健治;菅谷 誠;室田 浩之;海老原 全;片岡 葉子;相原 道子;江藤 隆史
  8. 2020年, アトピー性皮膚炎についてお医者さんに相談してみよう, QLife, QLife 制作 ; 田中暁生 監修;QLife;田中, 暁生
  9. 2014年11月05日, エキスパートが答えるアトピー性皮膚炎Q&A55, 保湿外用剤の必要性と処方する際に注意すべきポイントを教えてください, 診断と治療社, 2014年, 11, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 田中暁生, ISBN978-4-7878-2129-4, 153, 76-77
  10. 2016年, 達人が伝授する日常皮膚診療の極意と裏ワザ, 蕁麻疹寛解後いつまで抗ヒスタミン薬を内服すべきか, 全日本病院出版社, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 田中暁生, 118-122
  11. 2016年, マイスターから学ぶ皮膚科治療薬の服薬指導術, 抗ヒスタミン薬の漸減法について教えてください, メディカルレビュー社, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 田中暁生, 66-67
  12. 2016年, WHAT’S NEW in 皮膚科学 2016-2017, アトピー性皮膚炎の疫学調査からわかったこと., メディカルレビュー社, 2016年, 単行本(学術書), 単著, 田中暁生, 48-49
  13. 2017年06月10日, 専門医でも聞きたい 皮膚科診療100の質問, ステロイドを必要とする蕁麻疹は?, 2017年, 6, 単行本(学術書), 共著, 編集 宮地良樹, 231
  14. 2018年10月, 成人アトピー性皮膚炎, アレルギー・免疫 / 医薬ジャーナル社 [編], 2018年, 単行本(学術書), 単著, 森桶 聡;田中 暁生;秀 道広
  15. 2018年09月, 糖尿病で起こりやすい皮膚感染症, 内分泌・糖尿病・代謝内科 = Endocrinology, diabetology & metabolism / 内分泌・糖尿病・代謝内科編集委員会 編, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 馬場 隆太;米田 真康;田中 暁生;秀 道広
  16. 2018年12月, 日本アレルギー学会・日本皮膚科学会作成 ガイドライン アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018, アレルギー = Japanese journal of allergology, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 加藤 則人;大矢 幸弘;池田 政憲;海老原 全;片山 一朗;佐伯 秀久;下条 直樹;田中 暁生;中原 剛士;長尾 みづほ;秀 道広;藤田 雄治;藤澤 隆夫;二村 昌樹;益田 浩司;室田 浩之;山本 貴和子
  17. 2018年11月, 日本皮膚科学会ガイドライン アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018, 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 加藤 則人;大矢 幸弘;池田 政憲;海老原 全;片山 一朗;佐伯 秀久;下条 直樹;田中 暁生;中原 剛士;長尾 みづほ;秀 道広;藤田 雄治;藤澤 隆夫;二村 昌樹;益田 浩司;室田 浩之;山本 貴和子
  18. 2018年06月, 乳児・幼児・学童期のアトピー性皮膚炎, デルマ, 2018年, 単行本(学術書), 単著, 田中 暁生
  19. 2018年11月27日, 最新小児皮膚疾患ガイド, 日本小児医事出版社, 2018年, 11, 単行本(学術書), 共訳, 監修: 秀 道広, 小林正夫. 翻訳: 松尾佳美, 森桶 聡, 河合幹雄, 田中暁生, 高萩俊輔, 岩本和真, 菅 崇暢, 亀頭晶子, 平郡真記子, 森脇昌哉, 齋藤 怜, 鍋島裕紀子, 吉賀哲郎, 岡本真由美, 原田直江, 天野愛純香, 沼田智史, 牛尾由希子, 金本麻裕, 坂本拓海, 戸田さゆり, 鼻岡佳子, 木下ひとみ, 小刀茉耶, 川口浩史, 浅野孝基, 今中雄介, 坂田園子, 齋藤聡志, 西村志帆, 郷田 聡, 冨岡啓太.
  20. 2019年12月, 日本医事新報, 重症アトピー性皮膚炎の治療とデュピルマブの位置づけ 初めに適切な外用治療を行うことが大切。それでも重症な患者に対してデュピルマブを併用(Q&A), 日本医事新報社, 2019年, 12, 単行本(学術書), 共著, 田中 暁生, 永瀬 浩太郎, 2
  21. 2019年11月10日, 新しい薬疹, 抗IL-4/IL-13受容体抗体による結膜炎, 文光堂, 2019年, 11, 単行本(学術書), 共著
  22. 2019年05月30日, 皮膚科トラブル対応テキスト, ステロイド内服による副作用をきたした難治性蕁麻疹, 文光堂, 2019年, 単行本(学術書), 共著, 田中暁生
  23. 2020年03月, 日本医事新報, コリン性蕁麻疹の治療について コリン性蕁麻疹のサブタイプを理解して、サブタイプに応じた治療アプローチが重要である(Q&A), 日本医事新報社, 2020年, 03, 単行本(学術書), 共著, 福永 淳, 田中 暁生, 2

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 通常, 日本語
  2. ガイドラインを紐解く小児アトピー性皮膚炎治療の実践 ~寛解導入期と寛解維持期の治療のコツと落とし穴~, 田中暁生, 第35回日本小児臨床アレルギー学会, 招待, 日本語
  3. Pruritus and Amyloidosis., Tanaka Akio, 6th World Congress on Itch 2011, 2011年, 招待, 英語, Brest, France
  4. HAE in Japan., Tanaka Akio, 2013 Asia Pacific Congress of Allergy, Asthma, and Clinical Immunology., 2013年, 招待, 英語, Taipei, Taiwan
  5. ステロイドを必要とする蕁麻疹, 田中暁生, 第113回日本皮膚科学会総会, 2014年05月31日, 招待, 日本語, 京都市
  6. 食物(多糖類)によるIgE産生抑制機構, 田中暁生, 第13回皮膚科EBMフォーラム, 2014年07月12日, 招待, 日本語, 日本皮膚科学会, 東京
  7. アトピー性皮膚炎(AD)患者の症状の経年的な変化の検討, 静川 寛子, 田中 暁生, 森桶 聡, 第135回日本皮膚科学会広島地方会, 2014年09月07日, 通常, 日本語
  8. 巨大皮下血腫を生じたEhlers-Danlos症候群 古庄型の1例, 渡部茉耶, 河合幹雄、田中暁生、森崎裕子、秀道広, 第66回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会西部支部, 高松
  9. 血管性浮腫の日本語版QOL調査票の作成, 森桶 聡, 田中暁生, 横林ひとみ, 亀好良一, 秀 道広, 第66回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会西部支部, 高松
  10. 広島大学病院皮膚科を受診した成人アトピー性皮膚炎患者76名の経年的症状の変化, 田中暁生、森桶 聡、静川寛子、秀 道広, 第66回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 高松市
  11. アトピー性皮膚炎患者の治療実態と薬剤忌避に関するWeb調査, 静川寛子, 田中暁生, 森桶 聡, 秀 道広, 日本皮膚科学会 第136回 広島地方会, 2015年03月01日, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会 広島地方会, 広島
  12. A web-based epidemiological study of the clinical course of atopic dermatitis in Japan., Akio Tanaka, Satoshi Morioke, Hiroko Shizukawa, Michihiro Hide, Yukihiro Ohya, Naoki Shimojyo, Akira Akazawa., 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年05月26日, 通常, 英語, 日本アレルギー学会, 東京
  13. アトピー性皮膚炎:現在から未来へ アトピー性皮膚炎の疫学調査, 田中暁生, 第114回 日本皮膚科学会総会, 2015年05月29日, 招待, 日本語, 日本皮膚科学会, 横浜
  14. 鶏サルモネラ症不活化ワクチン誤注射により皮下脂肪織炎を呈した1例, 北野文朗, 田中暁生, 日本皮膚科学会 第137回 広島地方会, 2015年09月06日, 通常, 日本語
  15. Development of a questionnaire for secular change of atopic dermatitis from birth to 19- year-old., Akio Tanaka, Satoshi Morioke, Hiroko Shizukawa, Michihiro Hide, Yukihiro Ohya, Naoki Shimojyo, Akira Akazawa., XXIV World Allergy Congress, 2015年10月14日, 通常, 英語, The World Allergy Organization, Seoul, Korea
  16. 患者目線からみるアトピー性皮膚炎治療:アトピー性皮膚炎の過去と現在., 田中暁生, 第115回日本皮膚科学会総会, 2016年06月05日, 招待, 日本語, 日本皮膚科学会, 京都
  17. Novel splice site mutation in LIPH identified in a Japanese patient with autosomal recessive woolly hair., Tanaka A, Matsuo Y, Shimomura Y, Hide M., 46th Annual ESDR Meeting, 2016年09月07日, 通常, 英語, European Society for Dermatological Research, Munich, Germany
  18. HAE in Japan, Tanaka Akio, Joint Congress of APAAACI & APAPARI 2016., 2016年10月17日, 招待, 英語, Kuala Lumpur, Malaysia
  19. プロアクティブ療法は市民権を得たか, 田中暁生, 第116回日本皮膚科学会総会, 2017年06月04日, 招待, 日本語
  20. 広島大学病院皮膚科における脛骨前粘液水腫の4例, 末廣 昌敬, 田中 暁生, 第141回広島地方会, 2017年09月03日, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会, 広島
  21. 当院におけるアトピー性皮膚炎患者の血清TARC値の推移, 齋藤 怜, 田中 暁生, 平郡 隆明 , 鍋島 由紀子, 田中 麻衣子, 高萩 俊輔, 岩本 和真, 森桶 聡, 平郡 真記子, 秀 道広, 第141回広島地方会, 2017年09月03日, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会, 広島
  22. 甲状腺機能亢進症に随伴した脛骨前粘液水腫, 末廣昌敬、田中暁生、北野雅朗、田中麻衣子、有広光司、秀道広, 第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会, 熊本
  23. Hereditary Angioedema - Disease State & Treatment, Akio Tanaka, HAE symposium 2017, 2017年11月03日, 招待, 英語, HAE symposium 2017, Seoul
  24. Angioedema in Japan, Akio Tanaka, Korean Academy of Asthma, Allergy and Clinical Immunology, 2017年11月05日, 招待, 英語, Korean Academy of Asthma, Allergy and Clinical Immunology, Muju
  25. 当科での特発性の慢性蕁麻疹に対するオマリズマブの使用経験, 森脇昌哉 森桶聡 平郡真紀子 岩本和真 高萩俊輔 田中暁生 秀道広, 第47回日本アレルギー接触皮膚炎学会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 日本アレルギー接触皮膚炎学会, 鹿児島
  26. 遺伝性血管性浮腫の診療ガイドラインについて ~日本の現状と国際診療ガイドライン~, 田中暁生, 第4回総合アレルギー講習会, 2017年12月16日, 招待, 日本語, 日本アレルギー学会, 東京
  27. いま変わりつつあるアトピー性皮膚炎の治療~最新の診療ガイドラインの目指すものとは~, 田中暁生, 角膜カンファランス2018, 2018年02月16日, 招待, 日本語, 日本角膜学会/日本角膜移植学会, 広島
  28. 血管性浮腫にどう対応するか~遺伝性血管性浮腫(HAE)と非遺伝性の血管性浮腫~, 田中暁生, 第34回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会, 2018年04月, 招待, 日本語
  29. Japanese Guidelines for Atopic Dermatitis (AD) and clinical experiences with a new drug for AD, Dupilumab, Akio Tanaka, Korean Dermatological Association The 70th Spring Meeting, 2018年04月, 招待, 英語
  30. アトピー性皮膚炎診療における保湿外用剤の効果的な使い方について, 田中暁生, 第117回日本皮膚科学会総会, 2018年06月, 招待, 日本語
  31. プロアクティブ療法におけるステロイド外用剤の功罪, 田中暁生, 第117回日本皮膚科学会総会, 2018年06月, 招待, 日本語
  32. 現在のアトピー性皮膚炎診療に足りないもの ~ 新規治療薬 Dupilumab の役割について ~, 田中暁生, 第117回日本皮膚科学会総会, 2018年06月, 招待, 日本語
  33. アトピー性皮膚炎診療におけるTARC値の有用性, 田中暁生, 第117回日本皮膚科学会総会, 2018年06月, 招待, 日本語
  34. アトピー性皮膚炎の診療のコツ ~中等症以上の症例をどうやって治すか~, 田中暁生, 日本皮膚科学会第224回熊本地方会, 2018年09月, 招待, 日本語
  35. 皮膚アレルギー, 田中暁生, 第1回臨床アレルギー講習会, 2018年09月, 招待, 日本語
  36. 皮膚アレルギー アトピー性皮膚炎を中心に, 田中暁生, 第5回総合アレルギー講習会, 2018年12月, 招待, 日本語
  37. 長期寛解維持を目指して~デュピルマブの役割~, 田中暁生, アトピー性皮膚炎治療研究会 第24回シンポジウム, 2019年02月, 通常, 日本語
  38. ガイドラインを紐解くアトピー性皮膚炎の止痒戦略~効果的な外用方法とスキンケアについて考える~, 田中暁生, 第35回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会, 2019年04月, 通常, 日本語, 日本臨床皮膚科学会, 松山市
  39. Importance of maintaining long-term remission for AD patients, Akio Tanaka, 第118回日本皮膚科学会総会, 2019年06月, 通常, 英語, 日本皮膚科学会, 名古屋市
  40. 湿疹・アトピー性皮膚炎続発紅皮症の病態と対応, 田中暁生, 第118回日本皮膚科学会総会, 2019年06月, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会, 名古屋市
  41. Common drug をどう使っていますか?外用ステロイド, 田中暁生, 第68回日本アレルギー学会学術大会, 2019年06月, 通常, 日本語, 日本アレルギー学会, 東京
  42. アトピー性皮膚炎患者に皮膚科医ができること, 田中暁生, 第124回日本皮膚科学会静岡地方会, 2019年06月, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会静岡地方会, 静岡市
  43. アトピー性皮膚炎の抗炎症外用薬の効果的な使い方, 田中暁生, 第43回日本小児皮膚科学会学術大会, 2019年08月, 通常, 日本語, 日本小児皮膚科学会, 大宮市
  44. 皮膚アレルギー アトピー性皮膚炎を中心に, 田中暁生, 第2回臨床アレルギー講習会, 2019年08月, 通常, 日本語, 日本アレルギー学会, 東京
  45. Impaired CCL2 expression caused by the OSMR gene mutations in familial primary localized cutaneous amyloidosis, Akio Tanaka, Ryo Saito, Kazue Uchida, Tomoko Kawaguchi, John McGrath, Michihiro Hide, 49th Annual ESDR Meeting, 2019年09月, 通常, 英語, The European Society for Dermatological Research, France, Bordeaux
  46. Atopic Dermatitis in France and Japan From Treatment Guidelines to Patient Benefit, Akio Tanaka, France-Japan Joint Workshop for Skin Care in Bordeaux 2019, 2019年09月21日, 通常, 英語, NAOS, France, Bordeaux
  47. 効果的な外用療法をマスターする, 田中暁生, 第56回日本小児アレルギー学会学術大会, 2019年11月, 通常, 日本語, 日本小児アレルギー学会, 千葉市
  48. 長期寛解維持を目指して~デュピルマブの役割~, 田中暁生, 第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 2019年11月, 通常, 日本語, 日本皮膚免疫アレルギー学会, 横浜市
  49. A web-based epidemiological study of the clinical course of atopic dermatitis in Japan., Akio Tanaka, Satoshi Morioke, Michihiro Hide, Yukihiro Ohya, Naoki Shimojyo, Akira Akazawa., The 44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, 2019年11月, 通常, 英語, the Japanese Society for Investigative Dermatology, 青森
  50. アトピー性皮膚炎における抗炎症外用剤の効果的な使い方, 田中暁生, 第70回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2019年11月, 招待, 日本語
  51. 眼科と皮膚科が協力してアトピー性皮膚炎を治す!, 田中暁生, 第35回日本視機能看護学会学術総会, 2019年11月04日, 通常, 日本語, 日本視機能看護学会, 広島
  52. 皮膚アレルギー アトピー性皮膚炎を中心に, 田中暁生, 第6回総合アレルギー講習会, 2019年12月, 通常, 日本語, 日本アレルギー学会, 横浜市
  53. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018に基づく効果的な外用療法, 田中暁生, 第6回総合アレルギー講習会, 2019年12月, 通常, 日本語, 日本アレルギー学会, 横浜市
  54. (遺伝性)血管性浮腫, 田中暁生, 2019年度日本皮膚科学会研修講習会 選択(冬), 2020年01月, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会, 東京都
  55. アトピー性皮膚炎診療における保湿スキンケアの意義, 田中暁生, アトピー性皮膚炎治療研究会 第25回シンポジウム, 2020年02月, 通常, 日本語, 日本皮膚科学会, 盛岡市

受賞

  1. 2012年05月12日, SID/JSID Young Fellow Collegiality Awards, The Japanese Society for Investigative Dermatology
  2. 2012年10月27日, 第64回 日本皮膚科学会西部支部学術大会 ポスター賞(銀賞), 日本皮膚科学会西部支部

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 類洞内皮細胞を利用した食物アレルギーの予防法の開発, 2014年, 2016年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), OSMRβの機能異常からみる皮膚そう痒の新規機序, 2019年, 2021年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員, 2015年04月, 2018年03月, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会
  2. 委員, 2013年09月, 2016年03月, 日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会
  3. 評議員, 2015年06月19日, 2018年06月, 日本研究皮膚科学会
  4. 代議員, 2017年04月, 2025年04月, 日本皮膚科学会
  5. 臨床アレルギー講習会ワーキンググループ委員, 2017年04月, 2025年04月, 日本アレルギー学会
  6. 評議員, 2015年06月, 2025年04月, 日本研究皮膚科学会
  7. 評議員, 2018年04月, 2025年04月, 日本皮膚免疫アレルギー学会
  8. 幹事, 2017年06月, 2025年04月, アトピー性皮膚炎治療研究会
  9. 評議員, 2018年04月, 2025年04月, 日本皮膚科心身医学会
  10. 代議員, 2019年06月, 2020年06月, 日本アレルギー学会
  11. 試験問題作成委員, 2019年06月, 2021年06月, 日本アレルギー学会
  12. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員, 2019年04月, 2022年04月, 日本皮膚科学会
  13. 会員拡充ワーキンググループ委員, 2019年07月, 2021年07月, 日本アレルギー学会
  14. アトピー性皮膚炎部会委員, 2019年11月, 2025年04月, 日本皮膚免疫アレルギー学会

学術会議等の主催

  1. 第22回日本ヒスタミン学会, 事務局長, 2020年02月, 2020年02月
  2. 第1回日本アレルギー学会中国・四国支部地方会, 事務局長, 2019年02月, 2019年02月
  3. 第117回日本皮膚科学会, 事務局長, 2018年05月, 2018年06月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 皮膚の日市民公開講座, いま変わりつつあるアトピー性皮膚炎の治療 ~かゆみのない美しい肌を目指して~, 日本臨床皮膚科学会, 2017年/11月/19日, 2017年/11月/19日, 広島, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  2. 第 26 回 東海皮膚アレルギー研究会, 成人のアトピー性皮膚炎は治るのか?, 東海皮膚アレルギー研究会, 2019年/04月/06日, 2019年/04月/06日, 名古屋市, 講師, 講演会, 学術団体
  3. Atopic Dermatitis Experts Seminar in Kawaguchi, これからのアトピー性皮膚炎治療~既存治療とデュピクセントの使い分け~, Atopic Dermatitis Experts Seminar in Kawaguchi, 2019年/04月/15日, 2019年/04月/15日, 川口市, 講師, 講演会, 学術団体
  4. 広島皮膚科医会 4月例会, アトピー性皮膚炎診療~寛解維持が難しいときのアプローチショット~, 広島皮膚科医会, 2019年/04月/17日, 2019年/04月/17日, 広島市, 講師, 講演会, 学術団体
  5. アトピー性皮膚炎治療を考える会, これからのアトピー性皮膚炎治療~既存治療とデュピクセントの使い分け~, アトピー性皮膚炎治療を考える会, 2019年/04月/25日, 2019年/04月/25日, 名古屋市, 講師, 講演会, 学術団体
  6. 小児皮膚疾患カンファレンス, 小児アトピー性皮膚炎診療における効果的なスキンケアと外用療法について考える, 福岡市小児科医会、福岡市皮膚科医会, 2019年/06月/12日, 2019年/06月/12日, 福岡市, 講師, 講演会, 学術団体
  7. 第2回相模原アトピーフォーラム, アトピー性皮膚炎診療 ~寛解維持が難しいときのアプローチショット~, 相模原アトピーフォーラム, 2019年/06月/13日, 2019年/06月/13日, 横浜市, 講師, 講演会, 学術団体
  8. 第2回TOYO Allergy Symposium, 皮膚アレルギー疾患の対処のポイント, 東予皮膚科医会, 2019年/06月/28日, 2019年/06月/28日, 新居浜市, 講師, 講演会, 学術団体
  9. Dermatology Seminar in SAGA, 蕁麻疹・アトピー性皮膚炎治療のコツと落とし穴, 佐賀皮膚科医会, 2019年/07月/04日, 2019年/07月/04日, 佐賀市, 講師, 講演会, 学術団体
  10. 第 50 回 神奈川皮膚科免疫アレルギー懇話会, アトピー性皮膚炎の外来診療~重症患者に対して皮膚科医ができること~, 神奈川皮膚科免疫アレルギー懇話会, 2019年/07月/18日, 2019年/07月/18日, 横浜市, 講師, 講演会, 学術団体
  11. 広島市学校保健大会分科会, どんどん変わってきたアトピー性皮膚炎の診療と学校での対策, 広島市学校保健, 2019年/08月/01日, 2019年/08月/01日, 広島, 講師, 講演会, 教育関係者
  12. 札幌皮膚病懇話会, アトピー性皮膚炎診療における効果的なスキンケアと外用療法について考える, 札幌皮膚科医会, 2019年/09月/06日, 2019年/09月/06日, 札幌, 講師, 講演会, 学術団体
  13. ケアネット会員動画, アトピー性皮膚炎治療における保湿スキンケアの工夫, ケアネット, 2019年/09月/24日, 2019年/09月/24日, 全国, 講師, インターネット, 学術団体
  14. 第3回広島スキンケアワークショップ, アトピー性皮膚炎の子供とお母さんに外用指導をするコツ, 広島スキンケアワークショップ, 2019年/09月/26日, 2019年/09月/26日, 広島, 講師, 講演会, 学術団体
  15. 堺市皮膚科学術講演会, 明日からのアトピー性皮膚炎診療に自信が持てる外用療法, 堺市皮膚科医会, 2019年/09月/28日, 2019年/09月/28日, 堺市, 講師, 講演会, 学術団体
  16. 第28回広島皮膚アレルギーワークショップ, 小児のアトピー性皮膚炎はどのような経過をたどるのか?~驚くべき世代間の違い, 広島皮膚アレルギーワークショップ, 2019年/10月/10日, 2019年/10月/10日, 広島市, 講師, 講演会, 学術団体
  17. 東広島皮膚科会講演会, アトピー性皮膚炎診療におけるメディカルスタッフの大切さ, 東広島皮膚科医会, 2019年/10月/30日, 2019年/10月/30日, 東広島市, 講師, 講演会, 学術団体
  18. デルマ会, 蕁麻疹治療上達のためのコツ, 宇部市皮膚科医会, 2019年/11月/07日, 2019年/11月/07日, 宇部市, 講師, 講演会, 学術団体
  19. 豊田加茂小児科医会セミナー, アトピー性皮膚炎の実践 寛解導入と寛解維持のコツ, 豊田加茂小児科医会, 2019年/11月/16日, 2019年/11月/16日, 豊田市, 講師, 講演会, 学術団体
  20. 皮ふの日 市民公開講座, ここまで進んだアトピー性皮膚炎対策 ~で、結局なにをすれば良いの?, 日本臨床皮膚科医会、広島皮膚科医会, 2019年/11月/17日, 2019年/11月/17日, 広島, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 市民団体
  21. 第560回北九州地区小児科医会, アトピー性皮膚炎の子供とお母さんに外用指導をするコツ, 北九州地区小児科医会, 2019年/11月/21日, 2019年/11月/21日, 北九州市, 講師, 講演会, 学術団体
  22. 第 56 回 横浜北部皮膚科臨床懇話会, 明日からのアトピー性皮膚炎診療に自信が持てる外用療法, 横浜北部皮膚科臨床懇話会, 2019年/11月/28日, 2019年/11月/28日, 横浜市, 講師, 講演会, 学術団体
  23. 播州小児皮膚研究会学術講演会, 小児アトピー性皮膚炎診療における効果的なスキンケアと外用療法について考える, 播州小児皮膚研究会, 2019年/12月/05日, 2019年/12月/05日, 姫路, 講師, 講演会, 学術団体
  24. 検体採取等に関する厚生労働省指定講習会, 微生物学的検査等における検体採取に必要な知識・技能・態度, 日本臨床検査技師会, 2019年/12月/07日, 2019年/12月/07日, 広島, 講師, 資格認定講習, 学術団体
  25. 皮膚疾患ケア看護師ネットワーク ~ 2nd Stage ~, アトピー性皮膚炎にメディカルスタッフができること, 名古屋市皮膚疾患ケア看護師ネットワーク, 2020年/01月/23日, 2020年/01月/23日, 名古屋市, 講師, 講演会, 学術団体
  26. 第 22 回 岐阜臨床皮膚科懇話会, 明日からのアトピー性皮膚炎診療に自信が持てる外用療法, 岐阜皮膚科医会, 2020年/01月/25日, 2020年/01月/25日, 岐阜市, 講師, 講演会, 学術団体
  27. 第307回呉小児科医会学術講演会, 広島から発信するアトピー性皮膚炎の話, 呉小児科医会, 2020年/01月/30日, 2020年/01月/30日, 呉市, 講師, 講演会, 学術団体
  28. 安芸地区学校医・養護教諭連絡協議会, 変わってきたアトピー性皮膚炎の対策と治療, 安芸地区学校医・養護教諭連絡協議会, 2020年/02月/06日, 2020年/02月/06日, 海田町, 講師, 講演会, 教育関係者
  29. 岡山県医師会皮膚科部会講演会, 明日からのアトピー性皮膚炎診療に自信が持てる外用療法, 岡山県医師会, 2020年/02月/18日, 2020年/02月/18日, 岡山市, 講師, 講演会, 学術団体