田原 栄俊Hidetoshi Tahara

Last Updated :2024/02/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) 教授
ホームページ
メールアドレス
toshihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県広島市南区霞1-2-3 大学院医系科学研究科、薬学棟5階502
TEL:082-257-5290 FAX:082-257-5294
自己紹介
テロメア、マイクロRNA、エクソソームの研究を細胞老化、癌化の分野で進めています。新型コロナウイルス自動機器(前処理・PCR検査)の開発を推進

基本情報

主な職歴

  • 2022年10月01日, 広島大学, PSI GMP教育研究センター, センター長
  • 2012年04月01日, 2020年03月31日, 株式会社ミルテル, 代表取締役会長
  • 2008年04月01日, 日本癌学会, 評議員
  • 2008年04月01日, 日本RNAi研究会, 会長
  • 2021年04月01日, 広島大学, 副学長(産学連携担当)
  • 2019年04月01日, 2021年03月31日, 広島大学, 副理事
  • 2019年04月01日, 広島大学大学院医系科学研究科, 教授
  • 2018年04月01日, 2021年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究科, 副研究科長
  • 2017年04月01日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究科, 教授
  • 2017年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 創薬バイオマーカー拠点, 拠点長
  • 2016年04月01日, 広島大学 薬学部 , 薬学科, 学科長
  • 2016年04月01日, 2018年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院, 基礎生命科学部門, 部門長
  • 2014年04月01日, 2006年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院, 細胞分子生物学研究室, 教授
  • 2006年04月01日, 2014年03月31日, 広島大学大学院医歯薬学総合研究科 , 創生医科学専攻 病態探究医科学講座 細胞分子生物学研究室, 教授
  • 2001年04月01日, 2005年03月31日, 広島大学 医学部, 総合薬学科 , 文部教官助手
  • 1998年01月01日, 2000年01月31日, アメリカ国立衛生研究所, 客員研究員
  • 1994年10月01日, 2001年03月31日, 広島大学 医学部, 総合薬学科, 文部教官助手

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 分子薬学系専攻, 日本, 1991年04月, 1994年03月
  • 東京薬科大学, 薬学部, 製薬学科, 日本, 1985年04月, 1989年03月

学位

  • 博士(薬学) (広島大学)
  • 薬学修士 (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科 : 薬学プログラム
  • 【学士課程】 薬学部 : 薬科学科 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 薬学専門プログラム

研究分野

  • 総合生物 / 腫瘍学 / 腫瘍生物学
  • 総合生物 / 腫瘍学 / 腫瘍診断学

研究キーワード

  • テロメラーゼ
  • 不死化
  • テロメア
  • 細胞の老化
  • マイクロRNA
  • エクソソーム
  • 細胞外小胞
  • バイオマーカー

所属学会

  • がん研究会
  • 国際個別化医療学会
  • 日本組織培養学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 2000年, 2002年
  • アメリカ癌学会
  • 日本分子標的治療研究会
  • 日本分子生物学会
  • 日本生化学会
  • 日本癌学会
  • 日本細胞生物学会
  • 日本薬学会
  • 日本RNAi研究会, 2008年
  • 日本細胞外小胞学会, 2014年

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 学部専門, 3ターム, 生化学V
  2. 2023年, 学部専門, 集中, 生化学V
  3. 2023年, 学部専門, 3ターム, 薬学概論
  4. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 薬学研究方法論演習A
  5. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 薬学研究方法論演習B
  6. 2023年, 学部専門, セメスター(前期), 生体機能分子動態学演習
  7. 2023年, 学部専門, 4ターム, 生化学VI
  8. 2023年, 学部専門, 4ターム, 細胞生物学
  9. 2023年, 学部専門, 3ターム, 日本薬局方演習
  10. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 細胞分子生物学実習
  11. 2023年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  12. 2023年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  13. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎研究III
  14. 2023年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  15. 2023年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  16. 2023年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  17. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 医療政策・国際保健概論
  18. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 研究方法論A
  19. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 研究方法論B
  20. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, バイオメディカルサイエンスの創生展開
  21. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞分子生物学特別演習
  22. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞分子生物学特別演習
  23. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞分子生物学特別研究
  24. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞分子生物学特別研究
  25. 2023年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 薬科学特論
  26. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬科学特講
  27. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 細胞再生機構特論
  28. 2023年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 細胞再生機構特論演習
  29. 2023年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 細胞再生機構特論演習
  30. 2023年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 細胞再生機構特別研究
  31. 2023年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 細胞再生機構特別研究
  32. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞分子生物学特別演習
  33. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞分子生物学特別演習
  34. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞分子生物学特別研究
  35. 2023年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞分子生物学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Immunocyte Derived Exosomes: Insight into the Potential Chemo- immunotherapeutic Nanocarrier Targeting the Tumor Microenvironment, ACS BIOMATERIALS SCIENCE & ENGINEERING, 9巻, 1号, pp. 20-39, 20230109
  2. Plasma MicroRNAs as noninvasive diagnostic biomarkers in patients with Brugada syndrome, PLOS ONE, 17巻, 5号, 20220526
  3. Leukocyte Telomeric G-Tail Length Shortening Is Associated with Esophageal Cancer Recurrence, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 11巻, 24号, 202212
  4. Multiple Pre-Treatment miRNAs Levels in Untreated Major Depressive Disorder Patients Predict Early Response to Antidepressants and Interact with Key Pathways, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 23巻, 7号, 202204
  5. Generation of disease-specific and CRISPR/Cas9-mediated gene-corrected iPS cells from a patient with adult progeria Werner syndrome, STEM CELL RESEARCH, 53巻, 202105
  6. Mass Screening of SARS-CoV-2 Variants using Sanger Sequencing Strategy in Hiroshima, Japan, SCIENTIFIC REPORTS, 12巻, 1号, 20220214
  7. Overexpression of the orotate phosphoribosyl-transferase gene enhances the effect of 5-fluorouracil on gastric cancer cell lines, ONCOLOGY, 70巻, 6号, pp. 458-464, 2006
  8. Establishment of functional telomerase immortalized human hepatocytes and a hepatic stellate cell line for telomere-targeting anticancer drug development, CANCER SCIENCE, 101巻, 7号, pp. 1678-1685, 201007
  9. Increased telomerase activity and hTERT expression in human salivary gland carcinomas, ONCOLOGY LETTERS, 2巻, 5号, pp. 845-850, 2011
  10. Two unrelated patients with MRE1 1A mutations and Nijmegen breakage syndrome-like severe microcephaly, DNA REPAIR, 10巻, 3号, pp. 314-321, 20110307
  11. miR-22 represses cancer progression by inducing cellular senescence, JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 193巻, 2号, pp. 409-424, 20110418
  12. Mutations in UVSSA cause UV-sensitive syndrome and destabilize ERCC6 in transcription-coupled DNA repair, NATURE GENETICS, 44巻, 5号, pp. 593-+, 201205
  13. Human telomerase reverse transcriptase and glucose-regulated protein 78 increase the life span of articular chondrocytes and their repair potential, BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS, 13巻, 20120402
  14. Matrix Metalloproteinase-13 (MMP-13) Directly and Indirectly Promotes Tumor Angiogenesis, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 287巻, 46号, pp. 38716-38728, 20121109
  15. The role of exosomes and microRNAs in senescence and aging, ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 65巻, 3号, pp. 368-375, 201303
  16. Two Distinct Modes of ATR Activation Orchestrated by Rad17 and Nbs1, CELL REPORTS, 3巻, 5号, pp. 1651-1662, 201305
  17. 胃の前癌性病変および表在胃癌における遺伝子異常, 消化器内視鏡, 8巻, 1号, pp. 33-40, 19960401
  18. 遺伝子異常からみた胃の腸上皮化生、腺腫と腺癌, 病理と臨床, 16巻, pp. 24-29, 19980401
  19. In situ mRNA hybridization法を用いた胃前癌性病変および癌におけるテロメラーゼRNA発現の検索, 日本臨床, 56巻, 5号, pp. 98-101, 19980401
  20. 消化器癌とテロメラーゼ, 最新医学, 53巻, pp. 1812-1816, 19980401
  21. 胃癌診断とテロメラーゼ, 消化器科, 27巻, 3号, pp. 261-266, 19980401
  22. Molecular-pathological diagnosis of gastrointestinal tissues and its contribution to cancer histopathology, Pathol. Int., 49巻, pp. 763-774, 19990401
  23. 細胞老化とインターフェロン, 実験医学, 12巻, 12号, pp. 71-74, 19940401
  24. 細胞の老化・不死化に関わる遺伝子, Mebio, 11巻, 6号, pp. 8-13, 19940401
  25. DNA-DNA Subtractive cDNA cloning using Oigo (dt)(30) -Latex and PCR-identification of cellular genes which are overexpressed in senescent human diploid fibroblasts., Anal Biochem, 214巻, pp. 58-64, 19930401
  26. Preparation of subtractive cDNA library enriches in cDNAs which expressed at high level in cultured senescent human fibroblasts, Biochem. Biophys. Res. Commun., 199巻, pp. 1108-1112, 19940401
  27. Telomerase activity in human liver tissues : Comparison between chronic liver disease and hepato cellular carcinoma., Cancer Research, 55巻, pp. 2734-2736, 19950401
  28. Increase in expression level of p21┣D1sdil/cipl/wafl┫D1 with increasing division age in both normal and SV40 - transformed human fibroblasts, Oncogene, 10巻, pp. 835-840, 19940401
  29. Increase in expression level of interferon-inducible genes in senescent human diploid fibroblasts and in SV40-transformed human fibroblasts with extended lifespan, Oncogene, 10巻, pp. 1125-1132, 19950401
  30. Inhibitors of cGMP-dependent protein kinase block seescence induced by inactivation of T antigen in SV40-fransformed immortal human fibroblasts, Oncogene, 11巻, pp. 627-634, 19950401
  31. Telomerase activity in preneoplastic and neoplastic gastric and colovectal lesions, Clinical Cancer Research, 1巻, pp. 1245-1251, 19950401
  32. テロメラーゼの発現調節と分裂寿命, 実験医学, 13巻, pp. 1505-1510, 19950401
  33. 胃の前癌病変と表皮癌における遺伝子異常, 消化器内視鏡, 8巻, pp. 33-40, 19960401
  34. Inhibition of cell growth by transforming growth factor βl is associated with p53-independent induction of p21 in gastric carcinoma cells, Jpn. J. Cancer Research, 87巻, pp. 377-384, 19960401
  35. テロメラーゼ, 癌と化学療法, 23巻, pp. 247-256, 19960401
  36. A hVti1 homologue : Its expression depends on population doubling levels in both normal and SV40-transformed human fibroblasts., Biochem. Biophys. Res. Commun., 247巻, pp. 70-74, 19980401
  37. Telomerase activation by the catalytic component gene TRT in human primary fibroblasts and hepatocellular carcinomas., Nature genetics, 18巻, pp. 65-68, 19980401
  38. Abnormal telomere dynamics of B-lymphoblastoid cell strains from Werner’s syndrome patients transformed by Epstein-Barr virus., Oncogene, 15巻, pp. 1911-1920, 19970401
  39. Alteration of telomeric repeat length in hepatocellular carcinoma is independent of telomerase activity., Int J Oncol, 11巻, pp. 139-143, 19970401
  40. Immortakization of immunologically committed Epstein-Barr virus-transformed human B-lymphoblastoid cell lines accompanied by a strong telomerase activity., Differentiation, 62巻, pp. 203-211, 19970401
  41. Telomerase activity in ovarian tumors., Cancer, 80巻, pp. 1085-1092, 19970401
  42. Significance of telomerase activity in the diagnosis of small differentiated hepatocellular carcinomas., Int J Cancer, 74巻, pp. 141-147, 19970401
  43. Loss of amplified telomeric sequences associated with senescence in telomerasenegative SUSM-1 cells by introduction of human chromosome 7., Exp Cell Res, 235巻, pp. 345-353, 19970401
  44. A rapid, useful and quantitative method to measure telomerase activity by hybridization protection assay(HPA)connected with telomeric repeat amplification protocol(TRAP)., J. Cancer Res. Oncol., 123巻, pp. 337-344, 19970401
  45. テロメラーゼ-新しい胃癌診断マーカー-, 消化器内視鏡, 10巻, pp. 331-339, 19980401
  46. HPAによるテロメラーゼ活性の検出, 組織培養, 23巻, pp. 37-39, 19970401
  47. 消化器癌のテロメラーゼ, 最新医学, 52巻, pp. 371-378, 19970401
  48. テロメラーゼ, 消化器癌, 7巻, pp. 65-69, 19970401
  49. 胃・大腸癌とテロメラーゼ, 組織培養, 23巻, pp. 33-36, 19970401
  50. テロメア・テロメラーゼ関連遺伝子, 癌と化学療法, 24巻, pp. 2196-2201, 19970401
  51. ヒトの老化・癌化とテロメラーゼ, 蛋白質 核酸 酵素, 42巻, pp. 1351-1374, 19970401
  52. Expression of telomerase catalytic component, telomerase reverse transcriptase, in human gastric carcinogenesis, Jpn.J.Cancer Res., 89号, pp. 1187-1194, 19980401
  53. Telomerase activity and the expression of telomerase components in pituitary adenoma with malignant transformation., Surg. Neural, 53号, pp. 267-274, 20000401
  54. Telomerase activity in primary and secondary glioblastomas multiforme as a novel molecular tumor marker., J Neurosurg, 93号, pp. 618-625, 20000401
  55. DNA hypermethylation at the pS2 promoter region is associated with early stage of stomach carcinogenesis, Cancer Letters, 149巻, pp. 125-134, 20000401
  56. Inhibition of membrane Ca2+ ATPase of Saccharomyces cerevisiae by mating pheromone a factor in vitro, J. Gen. Microbiol.=, 137巻, pp. 1-4, 19920401
  57. Expression of telomerase component genes in hepatocellular carcinomas., Eur. J. Cancer, 36巻, pp. 496-502, 20000401
  58. Immuno-histochemical detection of human telomerase reverse transcriptase in human liver tissues., Oncogene, 19巻, pp. 3888-3893, 20000401
  59. Telomerase activity in primary and secondary glioblastomas multiforme as a novel molecular tumor marker., J Neurosurg, 93巻, pp. 618-625, 20000401
  60. Growth inhibition of human glioma cells by transfection-induced P21 and its effects on telomerase activity., J. Neurooncol., 47巻, pp. 39-46, 20000401
  61. Immuno-histochemical detection of human telomerase catalytic component, hTERT, in human colorectal tumor and non-tumor tissue sections., Oncogene, 18巻, pp. 1561-1567, 19990401
  62. Immunohistochemical detection of human telomerase reverse transcriptase in normal mucosa and precancerous lesions of the stomach., Jpn.J.Cancer Res., 90巻, pp. 589-595, 19990401
  63. Telomerase activity in central nervous system malignant lymphoma., Cancer, 86巻, pp. 1050-1055, 19990401
  64. Telomerase activity in hybrids between telomerase-negative and telomerase-positive immortal human cells is repressed in the different complementation groups but not in the same complementation group of immortality., Mech. Ageing Dev., 110巻, pp. 175-193, 19990401
  65. Quantitative re-evaluation of telomerase activity in cancerous and noncancerous gastrointestinal tissues., Mol. Carcinog., 26巻, pp. 312-320, 19990401
  66. Telomerase activation by the catalytic component gene TRT in human primary fibroblasts and hepatocelluar carcinomas., Nature Genet., 18巻, pp. 65-68, 19980401
  67. Extra-chromosomal telomere repeat DNA in telomerase-negative immortalized cell lines., Biochem. Biophys. Res. Commun., 247巻, pp. 765-772, 19980401
  68. A hVti1 homologue: its expression depends on population doubling levels in both normal and SV40-transformed human fibroblasts., Biochem. Biophys. Res. Commun., 247巻, pp. 70-74, 19980401
  69. A new method to detect and measure telomerase activity by transcription-mediated amplification (TMA) and hybridization protection assay (HPA)., Clinical Chem., 44巻, pp. 2446-2452, 19980401
  70. In situ mRNA hybridization technique for analysis of human telomerase RNA in gastric precancerous and cancerous lesions., Jpn.J.Cancer Res., 89巻, pp. 1099-1103, 19980401
  71. Expression of telomerase catalytic component, telomerase reverse transcriptase, in human gastric carcinomas., Jpn.J.Cancer Res., 89巻, pp. 1187-1194, 19980401
  72. Abnormal telomere dynamics of B-lymphoblastoid cell strains from Werner’s syndrome patients transformed by Epstein-Barr virus., Oncogene, 15巻, pp. 1911-1920, 19970401
  73. Alteration of telomeric repeat length in hepatocellular carcinoma is independent of telomerase activity., Int J Oncol, 11巻, pp. 139-143, 19970401
  74. Telomerase activity in ovarian tumors., Cancer, 80巻, pp. 1085-1092, 19970401
  75. Significance of telomerase activity in the diagnosis of small differentiated hepatocellular carcinomas., Int J Cancer, 74巻, pp. 141-147, 19970401
  76. Loss of amplified telomeric sequences associated with senescence in telomerase-negative SUSM-1 cells by introduction of human chromosome 7., Exp Cell Res, 235巻, pp. 345-353, 19970401
  77. A rapid, useful and quantitative method to measure telomerase activity by hybridization protection assay (HPA) connected with telomeric repeat amplification protocol (TRAP)., J Cancer Res Clin Oncol, 123巻, pp. 337-344, 19970401
  78. Immortalization of immunologically committed Epstein-Barr virus-transformed human B-lymphoblastoid cell lines accompanied by a strong telomerase activity., Diffrentiation, 52巻, pp. 203-211, 19970401
  79. Telomerase in hepatocellular carcinogenesis., Human Cell, 9巻, pp. 283-286, 19960401
  80. Telomerase activity in normal human epithelial cells., Oncogene, 13巻, pp. 433-439, 19960401
  81. Telomerase activity in human breast cancer and benign breast lesions: Diagnostic applications in clinical specimens, including fine needle aspirates., Int J Cancer, 69巻, pp. 301-306, 19960401
  82. Telomerase activity in human liver tissues: Comparison between chronic liver disease and hepatocellular carcinomas., Cancer Res., 55巻, pp. 2734-2736, 19950401
  83. Increase in expression level of p21sdi1/cip1/waf1 with increasing division age in both normal and SV40-transformed human fibroblasts., Oncogene, 10巻, pp. 835-840, 19950401
  84. Increase in expression levels of interferon-inducible genes in senescent human diploid fibroblasts and in SV40-transformed human fibroblasts with extended lifespan., Oncogene, 11巻, pp. 1125-1132, 19950401
  85. Inhibitors of cGMP-dependent protein kinase block senescence induced by inactivation of T antigen in SV40-transformed immortal human fibroblasts., Oncogene, 11巻, pp. 627-634, 19950401
  86. Restoration of the cellular senescence program and repression of telomerase by human chromosome 3., Jpn.J.Cancer Res., 86巻, pp. 899-904, 19950401
  87. Telomerase activity in precancerous and cancerous lesions of gastric and colorectal tissues., Clinical Cancer Res., 1巻, pp. 1245-1251, 19950401
  88. Preparation of a substractive cDNA library enriched in cDNAs which expressed at a high level in cultured senescent human fibroblasts., Biochem. Biophys. Res. Commun., 199巻, pp. 1108-1112, 19940401
  89. DNA-DNA subtractive cDNA cloning using oligo(dT)30-latex and PCR: Identification of cellular genes which are overexpressed in senescent human diploid fibroblasts., Anal Biochem, 214巻, pp. 58-64, 19930401
  90. In situ mRNA hybridization法を用いた胃前癌性病変および癌におけるテロメラーゼRNA発現の検索, 日本臨床, 56巻, pp. 1190-1193, 19980501
  91. 脳腫瘍におけるテロメア・テロメラーゼRNA発現の検討, 13巻, pp. 165-167
  92. Telomerase activity in various precancerous and cancer tissues, The Proceedings of 87th Annual Meeting of the American Association for Cancer Reserch, 19960401
  93. Expression of telomeric repeat binding factor 1 and 2 and TRF1-interacting nuclear protein 2 in human gastric carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 19巻, 3号, pp. 507-512, 20010401
  94. Distinct pattern of p53 phosphorylation in human tumors, Oncogene, 20巻, 26号, pp. 3341-3347, 20010401
  95. DNA hypermethylation at the pS2 promoter region is associated with early stage of stomach carcinogenesis, Cancer Letters, 149巻, 2001/01/02号, pp. 125-134, 20000401
  96. Telomerase activity in primary and secondary glioblastomas multiforme as a novel molecular tumor marker, Journal of Neurosurgery, 93巻, 4号, pp. 618-625, 20000401
  97. Growth inhibition of human glioma cells by transfection-induced P21 and its effects on telomerase activity, Journal of Neuro-Oncology, 47巻, 1号, pp. 39-46, 20000401
  98. Telomerase activity and the expression of telomerase components in pituitary adenoma with malignant transformation, Surgical Neurology, 53巻, 3号, pp. 267-274, 20000401
  99. Immuno-histochemical detection of human telomerase reverse transcriptase in human liver tissues, Oncogene, 19巻, 34号, pp. 3888-3893, 20000401
  100. Immortalization of mammary cells from estrogen receptor alpha knock-out and wild-type mice, In Vitro Cellular of Developmental Biology, 36巻, 10号, pp. 620-624, 20000401
  101. Expression of telomerase component genes in hepatocellular carcinomas, European Journal of Cancer, 36巻, 4号, pp. 496-502, 20000401
  102. Cloning of a human hepatocyte growth factor/scatter factor transcription variant from a gastric cancer cell line HSC-39, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 16巻, 1号, pp. 105-108, 20000401
  103. Telomerase activity in central nervous system malignant lymphoma, Cancer, 86巻, 6号, pp. 1050-1055, 19990401
  104. Telomerase activity in hybrids between telomerase-negative and telomerase-positive immortal human cells is repressed in the different complementation groups but not in the same complementation group of immortality, Mechanisms of Ageing and Development, 110巻, 3号, pp. 175-193, 19990401
  105. Effect of antisense human telomerase RNA transfection on the growth of human gastric cancer cell lines, 生化的生物物理学的研究報告集, 255巻, 3号, pp. 753-758, 19990401
  106. Quantitative reevaluation of telomerase activity in cancerous and noncancerous gastrointestinal tissues, Molecular Carcinogenesis, 26巻, 4号, pp. 312-320, 19990401
  107. Immuno-histochemical detection of human telomerase catalytic component, hTERT, in human colorectal tumor and non-tumor tissue sections, Oncogene, 18巻, 8号, pp. 1561-1567, 19990401
  108. Molecular-pathological diagnosis of gastrointestinal tissues and its contribution to cancer histopathology, Pathology International, 49巻, 9号, pp. 763-774, 19990401
  109. Immunohistochemical detection of human telomerase reverse transcriptase in normal mucosa and precancerous lesions of the stomach, Japanese Journal of Cancer Research, 90巻, 6号, pp. 589-595, 19990401
  110. Telomerase activity in lesions of the thyroid: Application to diagnosis of clinical samples including fine-needle aspirates, Clinical Cancer Research, 4巻, 8号, pp. 1965-1970, 19980401
  111. New method to measure telomerase activity by transcription-mediated amplification and hybridization protection assay, Clinical Chemistry, 44巻, 12号, pp. 2446-2452, 19980401
  112. In situ mRNA hybridization technique for analysis of human telomerase RNA in gastric precancerous and cancerous lesions, Japanese Journal of Cancer Research, 89巻, 11号, pp. 1187-1194, 19980401
  113. A hVti1 homologue: Its expression depends on population doubling levels in both normal and SV40-transformed human fibroblasts, 生化的生物物理学的研究報告集, 247巻, 1号, pp. 70-74, 19980401
  114. Diagnostic value of telomerase activity in gynecologic malignancies, International Journal of Gynecological Cancer, 8巻, 6号, pp. 481-488, 19980401
  115. ★, Telomerase activation by hTRT in human normal fibroblasts and hepatocellular carcinomas, Nature genetics, 18巻, 1号, pp. 65-68, 19980401
  116. A quantitative method to measure telomerase activity by hybridization protectin assay (HPA) connected with TRAP for the diagnosis of hepatocellular carcinoma (HCC)., Gastroenterology, 114巻, 4号, pp. A1351-A1351, 19980401
  117. Extra-chromosome telomere repeat DNA in telomerase-negative immortalized cell lines, 生化的生物物理学的研究報告集, 247巻, 3号, pp. 765-772, 19980401
  118. Expression of telomerase catalytic component, telomerase reverse transcriptase, in human gastric carcinomas, Japanese Journal of Cancer Research, 89巻, 11号, pp. 1099-1103, 19980401
  119. A rapid, useful and quantitative method to measure telomerase activity by hybridization protection assay connected with a telomeric repeat amplification protocol, Journal of Cancer Research and Clinical Oncology, 123巻, 6号, pp. 337-344, 19970401
  120. Telomerase activity in premalignant and malignant lesions of human oral mucosal, Cancer Epidemiology Biomarkers & Prevention, 6巻, 6号, pp. 413-420, 19970401
  121. Immortalization of immunologically committed Epstein-Barr virus-transformed human B-lymphoblastoid cell lines accompanied by a strong telomerase activity, Differentiation, 62巻, 4号, pp. 203-211, 19970401
  122. Expression of human telomerase RNA is an early event of stomach carcinogenesis, Japanese Journal of Cancer Research, 88巻, 2号, pp. 103-107, 19970401
  123. Growth inhibitory effect of interferon-beta is associated with the induction of cyclin-dependent kinase inhibitor p27(Kip1) in a human gastric carcinoma cell line, Cell Growth & Differentiation, 8巻, 1号, pp. 47-52, 19970401
  124. Telomerase activity in ovarian tumors, Cancer, 80巻, 6号, pp. 1085-1092, 19970401
  125. Decrease in amplified telomeric sequences and induction of senescence markers by introduction of human chromosome 7 or its segments in SUSM-1, 実験的細胞研究, 235巻, 2号, pp. 345-353, 19970401
  126. Alteration of telomeric repeat length in hepatocellular carcinoma is independent of telomerase activity, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 11巻, 1号, pp. 139-143, 19970401
  127. Significance of telomerase activity in the diagnosis of small differentiated hepatocellular carcinoma, International journal of cancer, 74巻, 2号, pp. 141-147, 19970401
  128. Modified trap assay for the diagnosis of small differentiated hepatocellular carcinoma (HCC)., Gastroenterology, 112巻, 4号, pp. A1344-A1344, 19970401
  129. Abnormal telomere dynamics of B-lymphoblastoid cell strains from Werner’s syndrome patients transformed by Epstein-Barr virus, Oncogene, 15巻, 16号, pp. 1911-1920, 19970401
  130. Telomerase activity in bladder carcinoma and its implication for noninvasive diagnosis by detection of exfoliated cancer cells in urine, Cancer, 79巻, 2号, pp. 362-369, 19970401
  131. Inhibition of cell growth by transforming growth factor beta 1 is associated with p53-independent induction of p21 in gastric carcinoma cells, Jpn.J.Cancer Res., 87巻, 4号, pp. 377-384, 19960401
  132. Genetic status and expression of the cyclin-dependent kinase inhibitors in human gastric carcinoma cell lines, Jpn.J.Cancer Res., 87巻, 8号, pp. 824-830, 19960401
  133. Regulation of p16CDKN2 expression and its implications for cell immortalization and senescence, Mol. Cell. Biol., 16巻, 3号, pp. 859-867, 19960401
  134. Telomerase in hepatocellular carcinogenesis, Hum Cell, 9巻, 4号, pp. 283-286, 19960401
  135. Telomerase activity in human breast cancer and benign breast lesions: diagnostic applications in clinical specimens, including fine needle aspirates, Int J Cancer, 69巻, 4号, pp. 301-306, 19960401
  136. Molecular biological observations in gastric cancer, Semin Oncol, 23巻, 3号, pp. 307-315, 19960401
  137. Telomerase activity in normal human epithelial cells, Oncogene, 13巻, 2号, pp. 433-439, 19960401
  138. Inhibitors of cGMP-dependent protein kinase block senescence induced by inactivation of T antigen in SV40-transformed immortal human fibroblasts, Oncogene, 11巻, 4号, pp. 627-634, 19950401
  139. Restoration of the cellular senescence program and repression of telomerase by human chromosome 3, Jpn.J.Cancer Res., 86巻, 10号, pp. 899-904, 19950401
  140. Telomerase activity in preneoplastic and neoplastic gastric and colorectal lesions, Clin. Cancer Res., 1巻, 11号, pp. 1245-1251, 19950401
  141. Increase in expression levels of interferon-inducible genes in senescent human diploid fibroblasts and in SV40-transformed human fibroblasts with extended lifespan, Oncogene, 11巻, 6号, pp. 1125-1132, 19950401
  142. ★, Telomerase activity in human liver tissues: comparison between chronic liver disease and hepatocellular carcinomas, Cancer Res., 55巻, 13号, pp. 2734-2736, 19950401
  143. ★, Increase in expression level of p21sdi1/cip1/waf1 with increasing division age in both normal and SV40-transformed human fibroblasts, Oncogene, 10巻, 5号, pp. 835-840, 19950401
  144. Preparation of a subtractive cDNA library enriched in cDNAs which expressed at a high level in cultured senescent human fibroblasts, Biochem. Biophys. Res. Commun., 199巻, 3号, pp. 1108-1112, 19940401
  145. DNA-DNA subtractive cDNA cloning using oligo(dT)30-Latex and PCR: identification of cellular genes which are overexpressed in senescent human diploid fibroblasts, Anal Biochem, 214巻, 1号, pp. 58-64, 19930401
  146. No Point Mutations but a Codon 31 Polymorphism and Decreased Expression of the p21SDI1/WAF1/CIP1/MDA6 Gene in Human Gastric Carcinomas, Molecular and Cellular Differentiation, 4巻, pp. 187-198
  147. Genetic Status and Expression of the Cyclin-dependent Kinase Inhibitors in Human Gastric Carcinoma cell Lines, Jpn.J.Cancer Res., 87巻, pp. 824-830, 19960101
  148. Expression of CDK inhibitor p21 and CDK2 in human colorectal carcinoma cell lines: relation with p53 status, Recent Advances in Gastroenterological Carcinogenesis., pp. 749-753
  149. Involvement of telomere shortening and telomerase in cell aging and immortalization (M. Goto Ed.),, pp. 147-163, 20010401
  150. Telomere and telomerase in Gastrointestinal cancers, pp. 245-259., 19970401
  151. In situ hybridization 法を用いた胃前癌性病変および癌におけるテロメラーゼRNA発現の検索., 日本臨症, 56巻, pp. 1190-1193, 19980401
  152. Expression of MRE11 complex (MRE11, RAD50, NBS1) and hRap1 and its relation with telomere regulation, telomerase activity in human gastric carcinomas., Pathobiology, 69巻, pp. 219-224, 20010401
  153. Expression and distribution of human telomerqase catalytic component, hTERT, in human breast tissues., Anticancer Research, 22巻, pp. 4101-4108, 20020401
  154. In vitro establishment of tumorigenic human B-lymphoblastoid cell lines transformd by Epstein-Barr virus., DNA and Cell Biology, 20030401
  155. 胃癌診断とテロメラーゼ, 消化器科, 27巻, pp. 261-266, 19980401
  156. Steps involved in immortalization and tumorigenesis in human B-lymphoblastoid cell lines transformed by Epstein-Barr virus., Cancer Research, 64巻, pp. 3361-3364, 20040401
  157. WRN gene and other genetic factors affecting immortalization of human B-lymphoblastoid cell lines transformed by Epstein-Barr virus. Cancer Genet., Cytogenet., 152巻, pp. 95-100, 20040401
  158. Establishment of lifespan-extended human astrocytes with normal phenotypes by introduction of telomerase gene., Tissue Cult. Res. Commun., 23巻, pp. 59-69, 20040401
  159. Telomeres and telomerase in hepatocellular carcinoma., Recent Res. Devel. Cancer, 6巻, pp. 191-210, 20040401
  160. Terminal telomere repeats are actually short in telomerase-negative immortal human cells., Biol. Pharm. Bull., 27巻, pp. 1932-1938, 20040401
  161. G1P3, An interferon inducible gene 6-16, is expressed in gastric cancers and inhibits mitochondrial mediated apoptosis in gastric cancer cell line TMK-1., Cancer Immunol. Immunoth., 54巻, 8号, pp. 729-740, 20050401
  162. 不死化細胞株を用いた制癌剤のスクリーニングおよび評価システム, 細胞, 36巻, pp. 454-457, 20040401
  163. Establishment of cementoblast cell lines from rat cementum lining cells by transfection with temperature-sensitive simian virus-40 T-antigen gene., BONE, 37巻, pp. 220-226, 20050401
  164. Microgravity potentiates stem cell proliferation while sustaining the capability of differentiation., Stem Cells Dev, 15巻, 6号, pp. 921-929, 20061201
  165. Immortalization and characterization of human dental pulp cells with odontoblastic differentiation., Archives of Oral Biology, 52巻, 8号, pp. 727-731, 20070801
  166. Characterization of established cementoblast-like cell lines from human cementum lining cells in vitro and in vivo., Bone, 39巻, 5号, pp. 1035-1042, 20061101
  167. Telomerase activation induces elongation of the telomeric single-stranded overhang, but does not prevent chromosome aberrations in human vascular endothelial cells., Biochemical and biophysical research communications, 4353号, pp. 926-932, 20070223
  168. Terminal telomere repeats are actually short in telomerase-negative immortal human cells., Biological & Pharmaceutical Bulletin, 27巻, pp. 1932-1938, 20041201
  169. ★, G-Quadruplex stabilization by telomestatin induces TRF2 protein dissociation from telomeres and anaphase bridge formation accompanied by loss of the 3' telomeric overhang in cancer cells., Oncogene, 25巻, 13号, pp. 1955-1966, 20060323
  170. Establishment of immortalized clonal cells derived from periodontal ligament cells by induction of the hTERT gene., Journal of Oral Science, 47巻, 4号, pp. 177-184, 20051201
  171. ★, G-tail telomere HPA: simple measurement of human single-stranded telomeric overhangs, Nature Methods, 2巻, 11号, pp. 829-831, 20051101
  172. Pot1 deficiency initiates DNA damage checkpoint activation and aberrant homologous recombination at telomeres., Cell, 126巻, 1号, pp. 49-62, 20060714
  173. POT1b protects telomeres from end-to-end chromosomal fusions and aberrant homologous recombination., European Molecular Biology Organization, 25巻, 21号, pp. 5180-5190, 20061101
  174. Mitogenic signalling and the p16INK4a-Rb pathway cooperate to enforce irreversible cellular senescence., Nature Cell Biology, 8巻, 11号, pp. 1291-1297, 20061101
  175. Monoallelic BUB1B mutations and defective mitotic-spindle checkpoint in seven families with premature chromatid separation (PCS) syndrome., American Journal of Medical Genetics, 140巻, 4号, pp. 358-367, 20060215
  176. Quantitative proteomic analysis of human breast epithelial cells with differential telomere length, BBRC, 356巻, 4号, pp. 942-947, 20070318
  177. Telomerase activation induces elongation of the telomeric single-stranded overhang, but does not prevent chromosome aberrations in human vascular endothelial cells., BBRC, 353巻, 4号, pp. 926-932, 20070223
  178. Immortalization and characterization of pleomorphic adenoma cells by transfection with the hTERT gene., International Journal Of Oncology, 31巻, 2号, pp. 339-344, 20070801
  179. IL-6-induced Bcl6 variant 2 supports IL-6-dependent myeloma cell proliferation and survival through STAT3., Biochem. Biophys. Res. Commun., 337巻, 1号, pp. 201-208, 20051111
  180. Two unrelated patients with MRE11A mutations and Nijmegen breakage syndrome-like severe microcephaly., DNA Repair (Amst), 20110301
  181. Telomere G-Overhang Length Measurement Method 2: G-Tail Telomere HPA, Methods in Molecular Biology, 735巻, pp. 55-61, 20110301
  182. Introduction of a Single Transporter Gene ABCA3 Directs RLE–6TN to More Type II–like Alveolar Epithelial Cells, MEMBRANE, 38巻, 5号, pp. 246-253, 20130801
  183. Telomerase activity in primary and secondary glioblastomas multiforme as a novel molecular tumor marker, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 93巻, 4号, pp. 618-625, 200010
  184. Distinct pattern of p53 phosphorylation in human tumors, ONCOGENE, 20巻, 26号, pp. 3341-3347, 20010607
  185. Expression of telomeric repeat binding factor 1 and 2 and TRF1-interacting nuclear protein 2 in human gastric carcinomas, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 19巻, 3号, pp. 507-512, 200109
  186. Expression of MRE11 complex (MRE11, RAD50, NBS1) and hRap1 and its relation with telomere regulation, telomerase activity in human gastric carcinomas, PATHOBIOLOGY, 69巻, 4号, pp. 219-224, 2001
  187. Association of p16(INK4a) and pRb inactivation with immortalization of human cells, CARCINOGENESIS, 23巻, 12号, pp. 2111-2117, 200212
  188. Expression and distribution of human telomerase catalytic component, hTERT, in human breast tissues, ANTICANCER RESEARCH, 22巻, 6C号, pp. 4101-4107, 2002
  189. In vitro establishment of tumorigenic human B-lymphoblastoid cell lines transformed by Epstein-Barr virus, DNA AND CELL BIOLOGY, 22巻, 11号, pp. 727-735, 200311
  190. Steps involved in immortalization and tumorigenesis in human B-lymphoblastoid cell lines transformed by Epstein-Barr virus, CANCER RESEARCH, 64巻, 10号, pp. 3361-3364, 20040515
  191. WRN gene and other genetic factors affecting immortalization of human B-lymphoblastoid cell lines transformed by Epstein-Barr virus, CANCER GENETICS AND CYTOGENETICS, 152巻, 2号, pp. 95-100, 20040715
  192. Terminal telomere repeats are actually short in telomerase-negative immortal human cells, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 27巻, 12号, pp. 1932-1938, 200412
  193. G1P3, an interferon inducible gene 6-16, is expressed in gastric cancers and inhibits mitochondrial-mediated apoptosis in gastric cancer cell line TMK-1 cell, CANCER IMMUNOLOGY IMMUNOTHERAPY, 54巻, 8号, pp. 729-740, 200508
  194. IL-6-induced Bcl6 variant 2 supports IL-6-dependent myeloma cell proliferation and survival through STAT3, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 337巻, 1号, pp. 201-208, 20051111
  195. G-taff teLomere HPA: simple measurement of human single-stranded telomeric overhangs, NATURE METHODS, 2巻, 11号, pp. 829-831, 200511
  196. Monoallelic BUB1B mutations and defective mitotic-spindle checkpoint in seven families with premature chromatid separation (PCS) syndrome, AMERICAN JOURNAL OF MEDICAL GENETICS PART A, 140A巻, 4号, pp. 358-367, 20060215
  197. G-quadruplex stabilization by telomestatin induces TRF2 protein dissociation from telomeres and anaphase bridge formation accompanied by loss of the 3 ' telomeric overhang in cancer cells, ONCOGENE, 25巻, 13号, pp. 1955-1966, 20060323
  198. Telomere and telomerase in age related diseases, SEIKAGAKU, 78巻, 3号, pp. 230-241, 200603
  199. Pot1 deficiency initiates DNA damage checkpoint activation and aberrant homologous recombination at telomeres, CELL, 126巻, 1号, pp. 49-62, 20060714
  200. Mitogenic signalling and the p16(INK4a)-Rb pathway cooperate to enforce irreversible cellular senescence, NATURE CELL BIOLOGY, 8巻, 11号, pp. 1291-U63, 200611
  201. Telomerase activation induces elongation of the telomeric single-stranded overhang, but does not prevent chromosome aberrations in human vascular endothelial cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 353巻, 4号, pp. 926-932, 20070223
  202. Characterization of established cementoblast-like cell lines from human cementum-lining cells in vitro and in vivo, BONE, 39巻, 5号, pp. 1035-1042, 200611
  203. POT1b protects telomeres from end-to-end chromosomal fusions and aberrant homologous recombination, EMBO JOURNAL, 25巻, 21号, pp. 5180-5190, 20061101
  204. Quantitative proteomic analysis of human breast epithelial cells with differential telomere length, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 356巻, 4号, pp. 942-947, 20070518
  205. Telomere elongation by a mutant tankyrase 1 without TRF1 poly(ADP-ribosyl)ation, EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 314巻, 5号, pp. 1115-1124, 20080310
  206. Role of menin in the regulation of telomerase activity in normal and cancer cells, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 33巻, 2号, pp. 333-340, 200808
  207. A Chiral Wedge Molecule Inhibits Telomerase Activity, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 132巻, 11号, pp. 3778-3782, 20100324
  208. Cooperation of DNA-PKcs and WRN helicase in the maintenance of telomeric D-loops, AGING-US, 2巻, 5号, pp. 274-284, 201005
  209. Pin1 Associates with and Induces Translocation of CRTC2 to the Cytosol, Thereby Suppressing cAMP-responsive Element Transcriptional Activity, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 285巻, 43号, pp. 33018-33027, 20101022
  210. MicroRNAs in Cancer: The 22nd Hiroshima Cancer Seminar/The 4th Japanese Association for RNA Interference Joint International Symposium, 30 August 2012, Grand Prince Hotel Hiroshima, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 43巻, 5号, pp. 579-582, 201305
  211. Generation of Human Induced Pluripotent Stem (Ips) Cells in Serum- and Feeder-Free Defined Culture and TGF-B1 Regulation of Pluripotency, PLOS ONE, 9巻, 1号, 20140129
  212. CBP-93872 Inhibits NBS1-Mediated ATR Activation, Abrogating Maintenance of the DNA Double-Strand Break-Specific G(2) Checkpoint, CANCER RESEARCH, 74巻, 14号, pp. 3880-3889, 20140715
  213. TERT attenuated ER stress-induced cell death, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 447巻, 2号, pp. 378-382, 20140502
  214. DSE-FRET: A new anticancer drug screening assay for DNA binding proteins, CANCER SCIENCE, 105巻, 7号, pp. 870-874, 201407
  215. Decreased Amyloid-beta Pathologies by Intracerebral Loading of Glycosphingolipid-enriched Exosomes in Alzheimer Model Mice, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 289巻, 35号, pp. 24488-24498, 20140829
  216. Infection with Porphyromonas gingivalis Exacerbates Endothelial Injury in Obese Mice, PLOS ONE, 9巻, 10号, 20141021
  217. A potential function for neuronal exosomes: Sequestering intracerebral amyloid-beta peptide, FEBS LETTERS, 589巻, 1号, pp. 84-88, 20150102
  218. EVpedia: a community web portal for extracellular vesicles research, BIOINFORMATICS, 31巻, 6号, pp. 933-939, 20150515
  219. Reprogramming Suppresses Premature Senescence Phenotypes of Werner Syndrome Cells and Maintains Chromosomal Stability over Long-Term Culture, PLOS ONE, 9巻, 11号, 20141112
  220. Telomeric G-Tail Length and Hospitalization for Cardiovascular Events in Hemodialysis Patients, CLINICAL JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY, 9巻, 12号, pp. 2117-2122, 201408
  221. Mutations in the Gene Encoding the E2 Conjugating Enzyme UBE2T Cause Fanconi Anemia, AMERICAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 96巻, 6号, pp. 1001-1007, 20150604
  222. Telomere G-tail Length is a Promising Biomarker Related to White Matter Lesions and Endothelial Dysfunction in Patients With Cardiovascular Risk: A Cross-sectional Study, EBIOMEDICINE, 2巻, 8号, pp. 960-967, 201508
  223. microRNA-203 suppresses invasion and epithelial-mesenchymal transition induction via targeting NUAK1 in head and neck cancer, ONCOTARGET, 7巻, 7号, pp. 8223-8239, 20160216
  224. Inhibition of telomerase causes vulnerability to endoplasmic reticulum stress-induced neuronal cell death, NEUROSCIENCE LETTERS, 629巻, pp. 241-244, 20160826
  225. Obstacles and opportunities in the functional analysis of extracellular vesicle RNA - an ISEV position paper, JOURNAL OF EXTRACELLULAR VESICLES, 6巻, 2017
  226. Werner Syndrome-specific induced pluripotent stem cells: recovery of telomere function by reprogramming, FRONTIERS IN GENETICS, 6巻, 20150129
  227. Concise Review: Developing Best-Practice Models for the Therapeutic Use of Extracellular Vesicles, STEM CELLS TRANSLATIONAL MEDICINE, 6巻, 8号, 201708
  228. Graft-Versus-Host Disease Amelioration by Human Bone Marrow Mesenchymal Stromal/Stem Cell-Derived Extracellular Vesicles Is Associated with Peripheral Preservation of Naive T Cell Populations, STEM CELLS, 36巻, 3号, pp. 434-445, 201803
  229. Levels of tight junction protein CLDND1 are regulated by microRNA-124 in the cerebellum of stroke-prone spontaneously hypertensive rats, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 498巻, 4号, pp. 817-823, 20180415
  230. TERT enhances the survival rate of human fibroblasts under endoplasmic reticulum, Golgi apparatus, and lysosomal stresses, BIOTECHNOLOGY LETTERS, 40巻, 6号, pp. 915-922, 201806
  231. Summary of the ISEV workshop on extracellular vesicles as disease biomarkers, held in Birmingham, UK, during December 2017, JOURNAL OF EXTRACELLULAR VESICLES, 7巻, 1号, 20180517
  232. Chromosome 4q25 Variant rs6817105 Bring Sinus Node Dysfunction and Left Atrial Enlargement, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 20181001
  233. Cell-based chemical fingerprinting identifies telomeres and lamin A as modifiers of DNA damage response in cancer cells, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 20181004
  234. Minimal information for studies of extracellular vesicles 2018 (MISEV2018): a position statement of the International Society for Extracellular Vesicles and update of the MISEV2014 guidelines, JOURNAL OF EXTRACELLULAR VESICLES, 8巻, 1号, 20190101
  235. Minimal information for studies of extracellular vesicles 2018 (MISEV2018): a position statement of the International Society for Extracellular Vesicles and update of the MISEV2014 guidelines, JOURNAL OF EXTRACELLULAR VESICLES, 7巻, 1号, 20181123
  236. Influence of donor liver telomere and G-tail on clinical outcome after living donor liver transplantation, PLOS ONE, 14巻, 3号, 20190307
  237. Targeting DNA binding proteins for cancer therapy, CANCER SCIENCE, 111巻, 4号, pp. 1058-1064, 202004
  238. Diagnostic performance of peripheral leukocyte telomere G-tail length for detecting breast cancer, CANCER SCIENCE, 111巻, 5号, pp. 1856-1861, 202005
  239. Circulating microRNA/isomiRs as novel biomarkers of esophageal squamous cell carcinoma, PLOS ONE, 15巻, 4号, 20200406
  240. Predicting the presence of breast cancer using circulating small RNAs, including those in the extracellular vesicles, CANCER SCIENCE, 111巻, 6号, pp. 2104-2115, 202006
  241. Cerebrospinal fluid ctDNA and metabolites are informative biomarkers for the evaluation of CNS germ cell tumors, SCIENTIFIC REPORTS, 10巻, 1号, 20200831
  242. Identification of a Selective RelA Inhibitor Based on DSE-FRET Screening Methods, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 21巻, 23号, 202012
  243. Molecular characterization and the mutation pattern of SARS-CoV-2 during first and second wave outbreaks in Hiroshima, Japan, PLOS ONE, 16巻, 2号, 20210205
  244. PRPF19 regulates p53-dependent cellular senescence by modulating alternative splicing of MDM4 mRNA, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 297巻, 1号, 202107
  245. The power of imaging to understand extracellular vesicle biology in vivo, NATURE METHODS, 18巻, 9号, pp. 1013-1026, 202109
  246. Peptide-based electrochemical sensor with nanogold enhancement for detecting rheumatoid arthritis, TALANTA, 236巻, 20220101
  247. Continuous polymerase chain reaction microfluidics integrated with a gold-capped nanoslit sensing chip for Epstein-Barr virus detection, BIOSENSORS & BIOELECTRONICS, 195巻, 20220101
  248. Nanoplasmonic Structure of a Polycarbonate Substrate Integrated with Parallel Microchannels for Label-Free Multiplex Detection, POLYMERS, 13巻, 19号, 202110
  249. A nanofluidic preconcentrator integrated with an aluminum-based nanoplasmonic sensor for Epstein-Barr virus detection, SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL, 355巻, 20220315
  250. Development of a water refractive index-matched microneedle integrated into a light sheet microscopy system for continuous embryonic cell imaging, LAB ON A CHIP, 22巻, 3号, pp. 584-591, 20220201

著書等出版物

  1. 2004年01月, がん治療の現状と今後の展望,新しいコンセプトの抗癌剤の可能性 , 国際商業出版, 2004年, 01, 単行本(学術書), 共編著
  2. 2001年, Involvement of telomere and telomerase in aging and cell immortalization , Cann Monograph on Cancer Research No.49, 2001年
  3. 1996年, Telomerase activity and genetic changes in human colorectal cancers , New strategies for Treatment of Hereditary colovectal cancers, 1996年
  4. 2004年04月, 細胞の不死化、培養細胞実験ハンドブック , 羊土社, 2004年, 04, 教科書, 共著, 井出 利憲
  5. 2004年04月, ヒト体細胞のhTERT導入による不死化 , ニュー・サイエンス社, 2004年, 04, 単行本(学術書), 共編著
  6. 2004年04月, がん治療の現状と今後の展望,新しいコンセプトの抗癌剤の可能性 , 国際商業出版, 2004年, 04, 単行本(学術書), 共編著
  7. 2004年04月, 細胞周期研究法、培養細胞実験ハンドブック , 羊土社, 2004年, 04, 教科書, 共著, 井出 利憲
  8. 1995年, ヒト線維芽細胞の老化とサイトカイン , ヒト細胞の老化・癌化(共立出版), 1995年, 田原 栄俊
  9. 1996年, 消化器癌におけるテロメラーゼ , 消化器病セミナー63・消化器病と癌遺伝子(へるす出版), 1996年, 田原 栄俊
  10. 2000年04月, がんの健康科学 放送大学 , 放送大学教育振興会, 2000年, 04, 教科書, 共編著, 田原 栄俊
  11. 2001年, テロメラーゼ、in 医学研究のためのテクニカルガイダンス(谷口直之編) , メディカルレビュー社, 2001年, 単行本(学術書), 共編著, 田原栄治 田原栄一 田原 栄俊 井出 利憲 谷口直之編 , 7
  12. 2010年, 細胞培養入門ノート, 羊土, 井出利憲, 田原栄俊著, 9784897069296
  13. 2008年, テロメア一本鎖突出末端G-tailの生物学的意義の解明と老化関連疾患への応用, 広島大学大学院医歯薬学総合研究, 研究代表者 田原栄俊
  14. 2006年, テロメラーゼ活性を誘導または抑制する新規因子の探索, 広島大学大学院医歯薬学総合研究, 研究代表者 田原栄俊
  15. 2002年, テロメア短縮は個体老化の原因か, [田原栄俊, 研究代表者 田原栄俊

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 「テロメアで測る生物学的年齢」, 田原 栄俊, 日本抗加齢医学会, 2023年06月11日, 招待, 日本語
  2. miRNAとバイオ医薬品製造, 田原 栄俊, よこはまNMR研究会, 2023年03月10日, 招待, 日本語
  3. 先端技術事業化論2(デジタル×メディカル/ヘルスケア), 田原 栄俊, PARKSセミナー, 2022年12月17日, 招待, 日本語
  4. Co-Create the Next Value with Bio Ecosystems in Japan, 田原 栄俊, BIO-EUROPE2022, 2022年10月24日, 通常, 日本語
  5. Investigator-initiated clinical trial of MIRX002, an anti-tumor nucleic acid medicine for malignant pleural mesothelioma, 田原 栄俊, MOPM2022 conference, 2022年11月19日, 招待, 日本語
  6. First-in-human investigator-initiated clinical trial of a nucleic acid medicine for malignant pleural mesothelioma, 田原 栄俊, 2022年09月07日, 招待, 日本語
  7. 悪性胸膜中皮腫を対象としたMIRX002核酸医薬の開発と臨床試験, 田原 栄俊, 第3回日本石綿・中皮腫学会学術集会_市民講座, 2022年09月17日, 招待, 日本語
  8. テロメア・マイクロRNAを用いた未病対策, 田原 栄俊, 一般社団法人日本抗加齢医学会 抗加齢ゲノム医学研究委員会講習会, 2022年09月24日, 招待, 日本語
  9. シンポジウム28(NP企画シンポジウム)における演者 「ストレス/精神疾患と細胞老化」, 田原 栄俊, BPCNPNPPP4学会合同年会, 2022年11月05日, 招待, 日本語
  10. 日本初のマイクロRNA核酸医薬の実用化をめざして, 田原 栄俊, 第13回 日本製薬医学会年次大会, 2022年07月30日, 招待, 日本語
  11. ワークショップ10「エピゲノム・核酸医薬」, 田原 栄俊, 第26回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2022年04月28日, 通常, 日本語
  12. LBの臨床応用がもたらす新たな診断・治療, 田原 栄俊, 第28回日本乳腺疾患研究会 第28回日本産婦人科乳腺医学会, 招待, 日本語
  13. miRNA創薬, 田原 栄俊, 第 1 7 回 ト ラ ン ス レ ー シ ョ ナ ル リ サ ー チ (T R ) ワ ー ク シ ョ ッ プ, 2022年01月28日, 招待, 日本語
  14. テロメアおよびmicroRNAを用いたがんゲノム医療の新展開, 田原 栄俊, 第10回先端的がん薬物療法研究会, 2022年01月09日, 招待, 日本語
  15. マイクロRNAを用いた核酸医薬抗がん剤の開発, 田原 栄俊, 日本消化器癌発生学会総会・国際消化器癌発生会議シンポジウム, 2021年11月26日, 招待, 日本語
  16. 次世代歯科医療の実現に向けたチャレンジ〜遺伝子検査の導入を探る〜, 田原 栄俊, 第14回日本口腔検査学会学術大会, 2021年08月21日, 招待, 日本語
  17. 悪性胸膜中皮腫を対象した抗腫瘍核酸医薬MIRX002の非臨床試験・医師主導治験, 田原 栄俊, 日本核酸医薬学会, 2021年06月29日, 通常, 日本語
  18. コロナウイルスの迅速・高精度の診断機器の開発, 田原 栄俊, 第59回日本人工臓器学会大会, 2021年11月26日, 招待, 日本語
  19. 癌診断・治療におけるトランスレーショナルリサーチ, 田原栄俊, Oncology seminar, 2020年04月07日, 招待, 日本語, 原爆放射線医科学研究所, 広島大学
  20. 田原栄俊, MIRAI2.0 Covid-19 webinar, 2020年10月08日, 招待, 英語, スウェーデン(web)
  21. 血清中循環型小分子RNA を用いた乳癌診断バイオマーカーの探索, 厚井 裕三子、山本 佑樹、高橋 陵宇、岡田 守人、田原 栄俊, 日本癌学会学術集会, 2020年10月03日, 通常, 日本語
  22. 細胞老化におけるMDM4 のスプライシング変換を制御するPRPF19 の機能解析, 矢野 公義、管 仕成、阪上 拓樹、高橋 陵宇、田原 栄俊, 日本癌学会学術集会, 2020年10月03日, 通常, 日本語
  23. 新規老化関連miRNA の悪性胸膜中皮腫への治療応用, 山本 佑樹,矢野 公義,松田 範昭,高橋 陵宇,岡田 守人,田原栄俊, 日本癌学会学術集会, 2020年10月03日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 広島リーガロイヤルホテル
  24. 田原栄俊, 日本癌学会学術集会, 2020年10月03日, 招待, 日本語, 日本癌学会, 広島リーガロイヤルホテル
  25. 悪性胸膜中皮腫を対象とした局所投与型マイクロRNA核酸医薬の非臨床試験, 田原栄俊, 日本癌学会学術集会, 2020年10月03日, 招待, 日本語, 日本癌学会, 広島リーガロイヤルホテル
  26. 田原栄俊, ミルテルセミナー, 2020年09月03日, 招待, 日本語, 株式会社ミルテル, 広島市
  27. 田原栄俊, 慶應義塾大学 コンソーシアム勉強会・トークセッション, 2020年08月28日, 招待, 日本語, 慶應義塾大学, 神奈川県
  28. 核酸医薬抗がん剤を用いた呼吸器・消化器領域の治療の最前線, 田原 栄俊, 最新癌治療セミナー2020, 2020年01月21日, 招待, 日本語, 広島市
  29. 培養上清・血清などをもちいたエクソソーム研究, 田原 栄俊, エクソソームセミナー, 2019年12月13日, 招待, 日本語, 東京都
  30. スプライシング因子PRPF19を標的とした難治性膵癌治療法の開発, 管 仕成,矢野 公義,高橋 陵宇,田原 栄俊, 第42回分子生物学会年会, 2019年12月06日, 通常, 日本語
  31. 膵臓がんに対する新規老化関連マイクロRNAの効果, 西浦 彩花,山本 佑樹,高木 翔太,澁谷 一成,高橋 陵宇,田原 栄俊, 第42回分子生物学会年会, 2019年12月06日, 通常, 日本語, 福岡市
  32. 乳がん早期発見につなげる新しいがん保険, 田原栄俊, 日本乳癌検診学会セミナー, 2019年11月08日, 招待, 日本語, 福井市
  33. テロメアGテール長測定による未病改善への挑戦, 田原 栄俊, A4M国際学会 日本会議2019, 2019年10月26日, 招待, 日本語, 神戸市
  34. 核酸医薬抗がん剤の開発Up To Date, 田原 栄俊, 広島腫瘍セミナー, 2019年10月08日, 招待, 日本語, 広島市
  35. ハイコンテントスクリーニングを用いた悪性胸膜中皮腫を抑制する新 規老化関連マイクロ RNA の同定, 山本 佑樹,矢野 公義,高橋 陵宇,岡田 守人,田原 栄俊, 第78回日本癌学会学術総会, 2019年09月26日, 通常, 日本語, 京都市
  36. 悪性胸膜中皮腫を対象とした核酸医薬開発の現状報告 ー非臨床から臨床へー, 第11回日本RNAi研究会, 2019年08月29日, 招待, 日本語, 広島市
  37. 乳がんの早期発見バイオマーカーの開発, 第11回日本RNAi研究会, 2019年08月29日, 通常, 日本語, 広島市
  38. 老化関連マイクロRNA;miR-27b-3pの新規標的遺伝子PRPF19の同定, 矢野公義,管仕成,阪上拓樹,高橋陵宇,田原栄俊, 第11回日本RNAi研究会, 2019年08月29日, 通常, 日本語, 広島市
  39. 悪性胸膜中皮腫に対する新規核酸医薬の開発, 西浦彩花,山本佑樹,矢野公義,福永早央里,澁谷一成,高橋陵宇,田原栄俊, 第11回日本RNAi研究会, 2019年08月28日, 通常, 日本語, 広島市
  40. テロメアテストによるアンチエイジング及び自費診療への導入の可能性, 田原 栄俊, 自費研フェスティバル2019, 2019年08月09日, 招待, 日本語, 東京都
  41. microRNAと乳がんスクリーニング, 田原栄俊, 第27回日本乳癌学会学術総会, 2019年07月11日, 招待, 日本語, 埼玉医科大学国際医療センター 佐伯 俊昭, 東京都
  42. 老化関連遺伝子PRPF19を標的とした新規膵癌治療法の開発, 管 仕成,矢野 公義,高橋 陵宇,田原 栄俊, 第23回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2019年06月13日, 通常, 日本語, 近畿大学医学部ゲノム生物学講座 西尾和人, 大阪市
  43. 悪性胸膜中皮腫を標的とした新規核酸医薬の開発, 西浦 彩花,山本 佑樹,矢野 公義,高橋 陵宇,田原 栄俊, 第23回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2019年06月13日, 通常, 日本語, 近畿大学医学部ゲノム生物学講座 西尾和人, 大阪市
  44. Liquid Biopsy の現状と課題, 田原栄俊, 2019年05月21日, 招待, 日本語, 日本化薬株式会社, 広島市
  45. 2019年04月27日, 通常, 英語, 京都市
  46. 西山 有希恵,厚井 裕三子,西村彦輝,小島絵梨,岡田 守人,田原 栄俊, 2019年04月27日, 通常, 英語, 京都市
  47. 2019年04月26日, 通常, 英語
  48. 幾尾 真理子, 2019年04月26日, 通常, 英語, 京都市
  49. マイクロRNA研究の最前線, 田原 栄俊, 日本農芸化学会大会シンポジウム, 2019年03月26日, 招待, 日本語, 東京都
  50. 2019年03月18日, 招待, 英語
  51. 体液バイオマーカー最前線, 田原 栄俊, 大阪府臨床細胞学会, 2019年03月09日, 招待, 日本語, 大阪市
  52. 悪性胸膜中皮腫を対象としての核酸医薬の非臨床試験の現状と臨床試験計画, 田原 栄俊, Oncology Conference, 2019年01月22日, 招待, 日本語, 広島市
  53. マイクロRNAを用いた再発しない革新的抗腫瘍核酸医薬の開発, 第7回公益財団法人広島がんセミナー先端的がん薬物療法研究会, 田原 栄俊, 2019年01月13日, 招待, 日本語, 広島市
  54. 細胞老化とがん化における細胞外小胞エクソソームと小分子RNA, 田原 栄俊, 第25回福岡血液研究会, 2018年11月30日, 招待, 日本語, 福岡市
  55. テロメア・マイクロRNAによる細胞と個体の老化制御と健康長寿への挑戦, 田原 栄俊, 第29回フォーラム・イン・ドージン, 2018年11月22日, 招待, 日本語
  56. 細胞外小胞・エクソソームとマイクロRNAの臨床応用の可能性, 田原 栄俊, 日本ラクトフェリン学会第8回学術集会, 2018年10月27日, 招待, 日本語
  57. テロメアとマイクロRNAの血液検査が知らせる疾患リスク, 田原 栄俊, 第80回日本血液学会学術集会, 2018年10月14日, 招待, 日本語, 大阪市
  58. 田原 栄俊, 広島大学健康長寿研究拠点(HiHA)国際ワークショップ, 2018年10月10日, 招待, 日本語
  59. MicroRNAs,isomiRsおよびtRFは革新的な乳がんのリキッドバイオプシーバイオマーカーである, 厚井 裕三子,岡田 守人,田原 栄俊, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語
  60. 健康長寿達成における細胞外小胞およびマイクロRNAの有用性, oral 田原 栄俊, バイオメディカル研究部門セミナー, 2018年09月14日, 招待, 日本語, つくば市
  61. スプライシング因子PRPF19によるp53依存的細胞老化制御機構の解明, 矢野 公義,管 仕成,高橋 陵宇,嶋本 顕,田原 栄俊, 第10回日本RNAi研究会, 2018年08月31日, 通常, 日本語, 広島市
  62. 新規老化誘導マイクロRNAによる悪性胸膜中皮腫の抑制, 山本 佑樹,西浦 彩花,矢野 公義,福永 早央里,木根原 匡希,高橋 陵宇.田原 栄俊, 第10回日本RNAi研究会, 2018年08月31日, 通常, 日本語, 広島市
  63. スプライシング因子PRPF19によるp53依存的細胞老化制御機構の解明, 矢野 公義,管 仕成,高橋 陵宇,嶋本 顕,田原 栄俊, 第10回日本RNAi研究会, 2018年08月30日, 通常, 日本語, 広島市
  64. 次世代シーケンサー解析による溶血の影響が大きい小分子ノンコーディングRNAの探索, 中村 真由奈,西山 有希恵,高橋 陵宇,田原 栄俊, 第10回日本RNAi研究会, 2018年08月30日, 通常, 日本語
  65. 新規老化誘導マイクロRNAによる悪性胸膜中皮腫の抑制, 山本 佑樹,西浦 彩花,矢野 公義,福永 早央里,木根原 匡希,高橋 陵宇.田原 栄俊, 第10回日本RNAi研究会, 2018年08月29日, 通常, 日本語, 広島市
  66. 老化における血清中細胞外小胞の終末糖化産物に関する研究, 韓 佳延,西山 有希,矢野 公義,幾尾 真理子,田原 栄俊, 第10回日本RNAi研究会, 2018年08月29日, 通常, 日本語
  67. 老化に伴って発現が変動するcirculating small non-coding RNAの探索, 佐久間 裕,小島 絵梨,西山 有希恵,中島 由恵,高橋 陵宇,田原 栄俊, 第10回日本RNAi研究会, 2018年08月29日, 通常, 日本語
  68. 最先端バイオマーカー・がん治療薬の医療実装を考える, 田原 栄俊, 最新癌治療セミナー2018, 2018年07月17日, 招待, 日本語, 広島市
  69. 小分子RNAによるプレシジョン・メディシンの実現〜がん・認知症の超早期発見と治療〜, 田原 栄俊, メディエンスFORUM2018, 2018年07月14日, 招待, 日本語, 東京都
  70. 小分子/エクソソームを用いたバイオマーカー研究の最前線, 田原 栄俊, 第36回物性物理化学研究会, 2018年07月06日, 招待, 日本語
  71. アンチエイジングのためのテロメア・マイクロRNA検査, 田原 栄俊, 第18回日本抗加齢医学会総会, 2018年05月26日, 招待, 日本語, 大阪市
  72. DSE-FRET assay を用いた RelA-DNA 結合阻害化合物の探索及び機能解析, 藤田 豪,城間 喜智,木根原 匡希,田原 栄俊, 第22回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2018年05月17日, 通常, 日本語, 東京都
  73. 悪性胸膜中皮腫モデルマウスにおける老化関連マイクロRNAの腫瘍抑制効果, 山本 佑樹,木根原 匡希,矢野 公義,田原 栄俊, 第22回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2018年05月16日, 通常, 日本語, 東京都
  74. 2018年05月05日, 通常, 英語
  75. 2018年05月05日, 通常, 英語
  76. 2018年05月02日, 通常, 英語
  77. 未病・超早期診断そして次世代核酸医薬治療による医療革新をめざして, 田原栄俊, 呉循環器病研究会, 2018年03月, 招待, 日本語, 呉市
  78. 最先端の未病・がん・認知症検査の実用化 ミルテル検査「病気にさせない・手遅れを防ぐ最先端検査」, 田原栄俊, 第73回ヘルスケアセミナー, 2018年02月20日, 招待, 日本語
  79. がん・認知症のトランスレーショナルリサーチから健康長寿イノベーションめざした社会実装, 田原栄俊, 薬事法研究会, 2018年02月16日, 招待, 日本語
  80. バイオバンク利活用を考える, 田原栄俊, 第3回バイオバンク連絡会, 2018年02月10日, 招待, 日本語, 東京都
  81. 悪性胸膜中皮腫を対象とした核酸医薬の非臨床試験研究の現状, 田原栄俊, Oncology Seminar, 2018年01月16日, 招待, 日本語, 広島市
  82. 2017年12月13日, 通常, 英語, バッキンガム(イギリス)
  83. 老化細胞による細胞外分泌小胞を介したがん抑制活性, 幾尾 真理子,岡田 恵,寺西 茂之,木根原 匡希,田原 栄俊, 第40回日本分子生物学会, 2017年12月09日, 通常, 日本語
  84. 老化細胞による細胞外分泌小胞を介したがん抑制活性, 幾尾 真理子,岡田 恵,寺西 茂之,木根原 匡希,田原 栄俊, 第40回日本分子生物学会, 2017年12月08日, 通常, 日本語, 神戸市
  85. 膵臓癌の診断バイオマーカーとなりうる小分子ノンコーディングRNA, 西山 有希恵,茶山 一彰,小泉 洋平,日浅 陽一,田原 栄俊, 第40回日本分子生物学会, 2017年12月07日, 通常, 日本語, 神戸市
  86. DSE-FRET assay を用いたテロメア結合タンパク質阻害剤開発と機能解析, 城間 喜智,藤田 豪,木根原 匡希,幾尾 真理子,嶋本 顕,田原 栄俊, 第40回日本分子生物学会, 2017年12月07日, 通常, 日本語, 神戸市
  87. NF-kB DSE-FRET assayを用いたRelA-DNA結合阻害剤の発見及び機能解析, 藤田 豪,城間 喜智,木根原 匡希,幾尾 真理子,嶋本 顕,田原 栄俊, 第40回日本分子生物学会, 2017年12月07日, 通常, 日本語, 神戸市
  88. 血清中の細胞外小胞表面タンパク質の糖化と加齢の関連, 韓 佳延,西山 有希惠,矢野 公義,幾尾 真理子,田原 栄俊, 第40回日本分子生物学会, 2017年12月06日, 通常, 日本語, 神戸市
  89. 悪性胸膜中皮腫を標的とした老化関連マイクロRNAの機能解析, 山本 佑樹,木根原 匡希,矢野 公義,福永 早央里,嶋本 顕,田原 栄俊, 第40回日本分子生物学会, 2017年12月06日, 通常, 日本語, 神戸市
  90. 老化誘導 microRNAを利用した抗腫瘍核酸医薬の可能性, 福永 早央里,矢野 公義,山本 佑樹,木根原 匡希,嶋本 顕,田原 栄俊, 第40回日本分子生物学会, 2017年12月06日, 通常, 日本語, 神戸市
  91. 細胞老化におけるスプライシング因子PRPF19発現抑制を介したp53活性化機構, 矢野 公義,塩谷 文章,木根原 匡希,嶋本 顕,田原 栄俊, 第40回日本分子生物学会, 2017年12月06日, 通常, 日本語, 神戸市
  92. 細胞外小胞・エクソソームとマイクロRNAの臨床応用の可能性, 田原栄俊, 日本唾液腺学会, 2017年11月25日, 招待, 日本語, 東京都
  93. 頭頸部がんに領域における核酸医薬治療の可能性, 田原栄俊, 第395回東北医学会例会シンポジウム, 2017年11月17日, 招待, 日本語, 仙台市
  94. 田原栄俊, 第5回JMACシンポジウム, 2017年11月01日, 招待, 英語, 東京都
  95. Dox 誘導性がん幹細胞モデルによって誘導されるがん休眠状態はBMP シグナル経路によって維持される, 嶋本顕,矢野公義,田原栄俊, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月30日, 通常, 日本語, 横浜市
  96. 新規老化関連マイクロ RNA は難治性がん細胞の増殖を抑制する, 山本佑樹,矢野公義,嶋本 顕,田原栄俊, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月30日, 通常, 日本語, 横浜市
  97. テロメア結合タンパク質 TRF2 の結合阻害剤ががん細胞に及ぼす影響, 城間喜智,木根原匡希,嶋本顕,田原栄俊, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月30日, 通常, 日本語, 横浜市
  98. スプライシング因子 PRPF19 はがん抑制における新規分子標的である, 矢野公義,塩谷文章,福永早央里,嶋本顕,田原 栄俊, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月30日, 通常, 日本語, 横浜市
  99. 2017年09月05日, 通常, 英語
  100. 安定した循環型ノンコーディングRNAのプロファイルを得るための血清の調整方法の確立, 西村彦輝,西山有希恵,田原栄俊, 第9回日本RNAi研究会, 2017年08月31日, 通常, 日本語, 広島市
  101. 次世代シーケンサーを用いた培養細胞由来エクソソーム中small RNA解析法の確立, 小島絵梨,西山有希恵,幾尾真理子,田原栄俊, 第9回日本RNAi研究会, 2017年08月30日, 通常, 英語, 広島市
  102. 田原栄俊, 東京医科大学国際シンポジウム, 2017年08月28日, 招待, 英語, 東京都
  103. DNA解析装置とがん早期発見システム, 田原栄俊, 第25回日本がん検診・診断学会総会, 2017年08月26日, 招待, 日本語, 広島市
  104. 動脈硬化におけるバイオマーカー, 田原栄俊, 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年07月06日, 招待, 日本語, 広島市
  105. マイクロRNAを用いた革新的抗癌剤の開発, 田原栄俊, Oncology Seminar, 2017年07月06日, 招待, 日本語, 広島市
  106. テトラサイクリン誘導性リプログラミングシステムを用いたがん幹細胞の休眠・再発モデル, 日本組織培養学会第90回大会, 2017年07月01日, 招待, 日本語, 岡山市
  107. がん治療を目指した老化誘導能を有するmicroRNAsの探索, 木根原匡希,山本佑樹,嶋本顕,田原栄俊, 日本組織培養学会第90回大会, 2017年07月01日, 通常, 日本語, 岡山市
  108. 日本基礎老化学会, 2017年06月15日, 招待, 英語
  109. ドキシサイクリン誘導性リプログラミングシステムを用いたがん幹細胞の休眠・再発モデル, 嶋本顕,矢野公義,木根原匡希,田原栄俊, 第21回日本がん分子標的治療学会, 2017年06月15日, 通常, 日本語, 福岡市
  110. DSE-FRET assayを応用して得られたTRF2-telomere DNA 結合阻害剤, 城間喜智,木根原匡希,嶋本顕,田原栄俊, 第21回日本がん分子標的治療学会, 2017年06月15日, 通常, 日本語, 福岡市
  111. 老化誘導マイクロRNAによる腫瘍抑制効果, 山本佑樹,木根原匡希,嶋本顕,田原栄俊, 第21回日本がん分子標的治療学会, 2017年06月15日, 通常, 日本語, 福岡市
  112. 難治性膵臓がんを標的としたPRPF19に対するsiRNAの核酸医薬への応用, 矢野公義,塩谷文章,木根原匡希,嶋本顕,田原栄俊, 第21回日本がん分子標的治療学会, 2017年06月15日, 通常, 日本語, 福岡市
  113. マイクロRNA・エクソソームの臨床応用, 田原栄俊, 第17階日本抗加齢医学学会総会, 2017年06月04日, 招待, 日本語, 東京都
  114. 2017年05月19日, 通常, 英語
  115. 2017年01月16日, 通常, 日本語
  116. 難治性がん抑制性老化誘導 microRNA の表現系スクリーニング, 山本 佑樹, 木根原 匡希, 福永 早央里, 高木 翔太, 嶋本 顕, 田原 栄俊, 日本分子生物学会, 2016年12月01日, 通常, 日本語
  117. 強力な老化誘導microRNAによるがん治療の可能性, 木根原 匡希, 山本 佑樹, 嶋本 顕, 田原 栄俊, 日本分子生物学会, 2016年11月30日, 通常, 日本語, 横浜市
  118. 初期の膵臓がんを検出できる新規バイオマーカーとしての血清中マイクロRNAの探索, 西山(光田)有希恵,岡本 沙矢香,茶山 一彰,小泉 光仁,日浅 洋一,田原 栄俊, 日本分子生物学会, 2016年11月30日, 通常, 日本語, 横浜市
  119. マイクロRNAが変える未来の次世代診断・治療, 田原 栄俊, AMEDマイクロRNAプロジェクト・国際シンポジウム, 2016年11月10日, 招待, 英語, 東京都
  120. 抗がん作用を示す老化関連 microRNA の探索, 山本 佑樹,福永 早央里,嶋本 顕,田原 栄俊, 日本癌学会, 2016年10月08日, 通常, 日本語, 横浜市
  121. 細胞老化における細胞外小胞分泌の生物学的意義の探索, 寺西 茂之,嶋本 顕,田原 栄俊, 日本癌学会, 2016年10月08日, 通常, 日本語, 横浜市
  122. 老化誘導マイクロ RNA を用いたがん治療の可能性, 田原 栄俊, 日本癌学会, 2016年10月06日, 招待, 日本語, 横浜市
  123. ドキシサイクリン誘導性リプログラミングによるがん幹細胞の休眠状態と再発の誘導, 嶋本 顕,矢野 公義,田原 栄俊, 日本癌学会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜市
  124. 細胞老化エクソソームとがん, 田原 栄俊, 千里LFセミナーK3「エクソソーム研究の最前線:疾患のメカニズム解明から診断・治療まで」, 2016年09月16日, 招待, 日本語, 大阪市
  125. がん治療を目的としたPRPF19 siRNAの核酸医薬への応用, 矢野公義,塩谷文章,福永早央里,高木翔太,木根原匡希,嶋本顕,田原栄俊, 先端モデル動物支援若手技術講習会, 2016年09月14日, 通常, 日本語, 茅野市
  126. がん治療を目的としたPRPF19siRNAの核酸医薬への応用, 矢野公義,塩谷文章,福永早央里,高木翔太,木根原匡希,嶋本顕,田原栄俊, 第8回日本RNAi研究会, 2016年09月01日, 通常, 日本語, 広島市
  127. 老化細胞由来エクソソームのmiRNA機能解析, 寺西茂之,岡田恵,木根原匡希,嶋本顕,田原栄俊, 第8回日本RNAi研究会, 2016年08月31日, 通常, 日本語, 広島市
  128. ヒト膵がん細胞における老化誘導microRNAのp16依存的な細胞死誘導, 高木翔太,福永早央里,山本佑樹,木根原匡希,嶋本顕,田原栄俊, 第8回日本RNAi研究会, 2016年08月31日, 通常, 日本語, 広島市
  129. テロメアGテールとマイクロRNAを活用した未病検知システム, 田原 栄俊, 情報計算化学生物学会(CBI), 2016年08月02日, 招待, 日本語
  130. マイクロRNAを活用した近未来がん診療, 田原 栄俊,山本佑樹,高木翔太,矢野公義,木根原匡希, 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2016年07月30日, 招待, 日本語, 神戸市
  131. マイクロRNAを用いた核酸薬の開発, 田原 栄俊, 2016年07月28日, 招待, 日本語, 広島市
  132. テロメア・マイクロRNA検査で健康長寿をめざせ, 田原 栄俊, 第12回アンチエイジング静岡カンファランス, 2016年07月27日, 招待, 日本語, 静岡市
  133. 2016年07月12日, 通常, 英語
  134. 老化、がんにおけるエクソソーム新展開, 田原 栄俊, 第23回肝細胞研究会, 2016年07月07日, 招待, 日本語, 大阪市
  135. 第35回札幌国際がんシンポジウム, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 札幌市
  136. 細胞外小胞・マイクロRNA研究の新展開, 田原 栄俊, 日本薬学会中国四国支部例会, 2016年06月18日, 招待, 日本語, 福山市
  137. 核酸医薬の開発の現状と将来展望, 田原 栄俊, 第20回がん分子標的治療学会, 2016年05月31日, 通常, 日本語, 別府市
  138. 抗腫瘍効果を示す細胞老化誘導マイクロRNAの探索と同定, 山本 佑樹,嶋本 顕,田原 栄俊, 第20回がん分子標的治療学会, 2016年05月31日, 通常, 日本語, 別府市
  139. DSE-FRET法を用いて得られたテロメア結合タンパク質TRF2阻害剤, 城間 喜智,新家 一男,嶋本 顕,田原 栄俊, 第20回がん分子標的治療学会, 2016年05月31日, 通常, 日本語, 別府市
  140. 老化誘導miRNAによるがん細胞の増殖抑制, 木根原匡希,山本佑樹,高木翔太,嶋本顕,田原栄俊, 日本組織培養学会第89回大会, 2016年05月25日, 通常, 日本語, 豊中市
  141. マイクロRNA、細胞外小胞における癌研究最前線, 田原 栄俊, 第18回外科分子細胞治療研究会, 2016年04月15日, 招待, 日本語, 大阪市
  142. 「基礎研究から発信する診断薬・治療薬の開発とその実用化」, 田原 栄俊, 理事・臨床系教授連絡会, 2016年04月07日, 通常, 日本語, 広島大学
  143. 細胞外小胞・マイクロRNA研究の最前線, 田原栄俊, 一丸ファルコス株式会社講演会, 2016年03月25日, 招待, 日本語, その他
  144. マイクロRNAを用いた抗がん剤の開発とコンパニオン診断, 田原 栄俊, 最新癌治療セミナー2016, 2016年03月24日, 招待, 日本語, その他
  145. Tenth AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research, 2016年02月18日, 通常, 英語, その他
  146. 膵臓がんの抑制と悪性化に関わる miR-486 の機能, 福永 早央里,山本 佑樹,木根原 匡希,村岡 賢,嶋本 顕,田原 栄俊, BMB2015, 2015年12月03日, 通常, 日本語, その他
  147. 矢野 公義,福永 早央里,高木 翔太,塩谷 文章,木根原 匡希,村岡 賢,嶋本 顕,田原 栄俊, BMB2015, 2015年12月03日, 通常, 日本語, その他
  148. 疾患特異的多能性幹細胞を用いた早老症ウェルナー症候群の早期老化発症機序の解明, 嶋本 顕,加藤 尚也,横手 幸太郎,田原 栄俊, BMB2015, 2015年12月02日, 通常, 日本語, その他
  149. 細胞老化誘導miRNAの網羅的探索, 山本 佑樹,高木 翔太,福永 早央里,木根原 匡希,村岡 賢,嶋本 顕,田原 栄俊, BMB2015, 2015年12月02日, 通常, 日本語, その他
  150. 木根原 匡希,蔵元 達谷,山本 佑樹,村岡 賢,嶋本 顕,田原 栄俊, BMB2015, 2015年12月02日, 通常, 日本語, その他
  151. 新規老化誘導microRNAはヒト膵癌細胞株の細胞死を誘導する, 高木 翔太,福永 早央里,山本 祐樹,木根原 匡希,村岡 賢,嶋本 顕,田原 栄俊, BMB2015, 2015年12月02日, 通常, 日本語, その他
  152. マイクロRNA・エクソソームを用いた膵がんバイオマーカー, 田原栄俊, BMB2015, 2015年12月01日, 通常, 日本語, その他
  153. がん微小環境における細胞外小胞エクソソームの機能, 田原 栄俊, 癌と骨病変研究会, 2015年11月13日, 招待, 日本語, その他
  154. マイクロRNAによる疾患予防と超早期判断, 田原 栄俊, 情報計算化学生物学会, 2015年11月12日, 招待, 日本語, その他
  155. miRNAが医療を変える, 田原 栄俊, 第14期 バイオファイナンスギルド 第4回セミナー, 2015年11月12日, 招待, 日本語, その他
  156. マイクロRNAによる疾患予防と超早期判断, 田原 栄俊, 情報計算化学生物学会, 2015年11月05日, 招待, 日本語, その他
  157. 膵臓がんにおける miR-486 の機能の解明, 福永 早央里,山本 佑樹,木根原 匡希,村岡 賢,嶋本 顕,田原 栄俊, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月10日, 通常, 日本語, その他
  158. PRPF19をノックダウンしたことによる細胞老化誘導と細胞死誘導の制御機構の解明, 矢野公義,福永早央里,塩谷文章,木根原匡希,村岡賢,嶋本顕,田原栄俊, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月10日, 通常, 日本語, その他
  159. 新規標的分子としてのがん促進的な転写因子の探索, 城間喜智,村岡賢,嶋本顕,田原栄俊, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月10日, 通常, 日本語, その他
  160. 正常細胞における新規老化関連microRNAの同定, 山本佑樹,福永早央里木根原匡希,村岡賢,嶋本顕,田原栄俊, 第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月08日, 通常, 日本語, その他
  161. エクソソーム研究の最前線ーその基礎から臨床応用まで, 田原 栄俊, 第34回日本認知症学会学術集会, 2015年10月02日, 招待, 日本語, その他
  162. テロメア・マイクロRNAを用いた体液診断, 田原 栄俊, 2015年09月04日, 招待, 日本語, その他
  163. 新規核酸医薬としての miR-486 の可能性, 福永早央里,山本佑樹,木根原匡希,村岡賢,嶋本顕,田原栄俊, 第7回日本RNAi研究会, 2015年08月27日, 通常, 日本語, 発表資料
  164. 新規老化誘導マイクロ RNA による膵癌細胞株 の増殖抑制, 高木翔太,福永早央里,山本佑樹,木根原匡希,村岡賢,嶋本顕,田原 栄俊, 第7回日本RNAi研究会, 2015年08月27日, 通常, 日本語, 発表資料
  165. PRPF19 siRNA を用いた抗腫瘍効果の機構解明, 矢野公義,福永早央里,高木翔太,塩谷文章,木根原匡希,村岡賢, 嶋本顕,田原栄俊, 第7回日本RNAi研究会, 2015年08月27日, 通常, 日本語, 発表資料
  166. 正常細胞由来細胞外小胞は細胞老化機構を制 御している, 佐古直紀,村岡賢,木根原匡希,岡田恵,嶋本顕,田原栄俊, 第7回日本RNAi研究会, 2015年08月27日, 通常, 日本語, 発表資料
  167. 細胞老化における細胞外小胞分泌の生物学的意義の探索, 岡田恵,村岡賢,寺西茂之,佐古直紀,木根原匡希,嶋本顕,田原栄俊, 第7回日本RNAi研究会, 2015年08月27日, 通常, 日本語, 発表資料
  168. 未病検知の遺伝子検査と血液でわかる癌・認知症の早期診断, 田原 栄俊, 平成27年度ヒロシマ薬剤師研修会, 2015年07月26日, 招待, 日本語, その他
  169. ミルテル検査を通じたバイオビジネスイノベーションの可能性, 田原 栄俊, 広島発!医療健康分野の技術説明会, 2015年07月24日, 招待, 日本語, その他
  170. プロテオミクスにおけるファージディスプレイ技術の役割, 村岡 賢、田原 栄俊, 日本プロテオーム学会2015年会, 2015年07月23日, 通常, 日本語, その他
  171. 膵がんを標的とした体液診断・治療薬の開発, 田原 栄俊, 第19回日本分子標的治療学会学術集会, 2015年06月11日, 通常, 日本語, その他
  172. PKCとERK経路の二重阻害によるヒト多能性幹細胞の安定維持培養, 木根原 匡希, 田原 栄俊, 古江—楠田 美保, 日本組織培養学会 第88回大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語, その他
  173. スキルス胃癌膜タンパク質の大規模プロテオーム解析, 村岡賢, 久米秀明, 橋口一成, 足立淳, 朝長毅, 松原久裕, 木根原匡希, 嶋本 顕, 田原栄俊, 日本組織培養学会 第88回大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語, その他
  174. 細胞老化を誘導する microRNA の網羅的スクリーニングとその機能解析, 山本 佑樹, 福永早央里, 高木翔太, 木根原匡希, 村岡賢, 塩谷文章, 嶋本顕, 田原栄俊, 日本組織培養学会 第88回大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語, その他
  175. 老化関連 microRNA による膵臓がん抑制メカニズムの解析, 日本組織培養学会 第88回大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語, その他
  176. ウェルナー症候群iPS細胞の樹立と応用に向けた課題, 嶋本 顕, 田原栄俊, 日本組織培養学会 第88回大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語, その他
  177. 第15回国際放射線研究会議, 2015年05月25日, 通常, 英語, その他
  178. 2015年04月25日, 通常, 英語, 実験データ
  179. 健康長寿を達成させる最先端未病検知・疾患早期診断検査, 田原 栄俊, 医総会WEEK, 2015年04月05日, 招待, 日本語, その他
  180. マイクロRNAを用いたバイオマーカーおよび核酸医薬の開発, 田原 栄俊, 第59回分子病態医学セミナー&TRCセミナー合同セミナー, 2015年04月03日, 招待, 日本語, 愛媛大学, 愛媛大学, その他
  181. Senescence-associated microRNAs, a novel approach to tumor suppression, 田原 栄俊, 9th AACR-JCA Joint Conference, 2013年02月, 招待, 日本語
  182. Senescence associated microRNAs and exosomes coordinately regulate cellular senescence and tumor microenvironment, 田原 栄俊, CSH Asia / ICMS (The International Cancer Microenvironment Society) Joint Conference on Tumor Microenvironment, 2012年11月, 招待, 日本語
  183. Purification and characterization of exosome from blood plasma., 田原 栄俊, ISEV Research Seminar: Analysis and function of RNA in extracellular vesicles (evRNA), 2012年10月, 招待, 日本語
  184. 超高齢社会にむけたテロメア・マイクロRNAを用いた次世代診断・治療, 田原 栄俊, 第54回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2012年09月, 招待, 日本語
  185. Senescence-associated miRNA and Extracellulae Vesicles in Aging and Cncer, 田原 栄俊, The 22nd HCS / 4th JARI Joint Simposium, 2012年08月, 招待, 日本語
  186. 体液中を泳ぐ小さなRNAが変える未来の次世代診断・治療, 田原 栄俊, 第19回日本癌学会市民公開講座, 2012年06月, 招待, 日本語
  187. Role of aging associated exosomes in vitro and in vivo, 田原 栄俊, ISEV meeting 2012, 2012年04月, 招待, 日本語
  188. Role of aging associated exosomes in vitro and in vivo, 田原 栄俊, ISEV meeting 2012, 2012年04月, 招待, 日本語
  189. マイクロRNAが変える未来の次世代診断と治療, 田原 栄俊, BIOtech 2012, 2012年04月, 招待, 日本語
  190. テロメア・マイクロRNAを利用したアンチエイジングの可能性, 田原 栄俊, 国際医科学研究会 第5回フォーラム特別講演, 2012年, 招待, 日本語
  191. “Genetic and epigenetic regulation of cell cycle genes in human ageing”, 田原 栄俊, 14th International Symposium of Hiroshima Cancer Seminar, Cancer and Epigenetics ? Basic Research and Clinical implication, 2005年10月, 招待, 日本語
  192. “BORIS/CTCF expression in gastrointestinal cancers”, 田原 栄俊, The 98th meeting of American Association for Cancer Research, 2005年04月, 招待, 日本語
  193. “Telomestatin, G-quadruplex-interactive agent, inhibits TRF2 binding from telomere”, 田原 栄俊, 2005 Cold Spring Harbor meeting on Telomeres & Telomerase, 2005年03月, 招待, 日本語
  194. “Telomere and Human Aging”, 田原 栄俊, 6th Japan-Korea Workshop on Cancer and Ageing Research, 2004年02月, 招待, 日本語
  195. Effect of introduction of telomerase hTERT gene into normal human cells,, 田原 栄俊, "Symposium on Stress Sciences in Nagasaki, Aging and Carcinogenesis", 2000年11月, 招待, 日本語
  196. Telomerase: diagnostic application, 田原 栄俊, "4th International Symposium of Cancer Detection and Prevention, Nice France", 1998年01月, 招待, 日本語
  197. Telomerase Activity in Human Chronic Liver Disease and Premalignant Gastrointestinal Disorder(s),, 田原 栄俊, "Geron Telomerase and Cancer Symposium, in Hawaii, U.S.A.,", 1996年08月, 招待, 日本語
  198. Telomerase Activity in Gastric and Colorectal Lesions;, 田原 栄俊, "National Cancer Institute International Workshop on Telomerase activity and eary detection of cancer, Natcher Conference Center, Na, 1996年06月, 招待, 日本語
  199. ヒト細胞の不死化・癌化とテロメラーゼ, 田原 栄俊, 日本組織培養学会第69回大会シンポジウム, 1996年05月, 招待, 日本語
  200. Telomerase in gastrointestinal cancer,, 田原 栄俊, "Fifth International Symposium of Hiroshima Cancer Seminor,Telomerase and Cancer", 1995年01月, 招待, 日本語
  201. Cellular Senescence and Cytokines, 田原 栄俊, International Conference of Tissues Culture of Japan, 1994年04月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2022年10月06日, EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2022 ジャパン 中国地区大会, EY Japan, 企業名:株式会社PURMX Therapeutics
  2. 2022年09月08日, 大学発ベンチャー表彰 特別賞, 科学技術振興機構理事長,新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長
  3. 2004年03月, 広島大学医学部 学部内表彰 Teacher of the year 2004 広島大学
  4. 2006年, 高松宮妃がん助成金受賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 革新的がん医療実用化研究事業, 進行頭頸部がんに対する術後補助療法の標準治療確立のための多施設共同研究, 2021年04月01日, 2022年03月31日
  2. 革新的がん医療実用化研究事業, 頭頸部癌に対するマイクロRNA解析, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  3. 次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム, がんエピゲノム異常を標的とした治療・診断法の開発(テロメア・マイクロRNAによるがんのリスク診断とマイクロRNAによるエピゲノム調節治療法の開発), 2015年04月01日, 2016年03月31日
  4. 次世代治療・診断実現のため創薬基盤技術開発事業, 体液中マイクロRNA測定技術基盤開発における診断アルゴリズムの他施設臨床検体による検証、選択された診断用miRNAマーカーの機能検証, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  5. がんエピゲノム異常を標的とした治療・診断法の開発(テロメア・マイクロRNAによるがんのリスク診断とマイクロRNAによるエピゲノム調節治療法の開発), 2011年
  6. 民間からの助成金, 老化におけるエピゲノム変化とマイクロRNAの機能解析, 2011年
  7. 染色体不安定性に起因する老化関連疾患のリスク診断キット・装置の開発, 2007年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), テロメア遺伝子年齢を加齢個体差の客観的指標として用いたネオ・ジェロントロジー研究, 2014年, 2016年
  9. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 腫瘍特異的エクソソームをダイレクトに検出するシステムの開発, 2014年, 2015年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 老化関連マイクロRNA標的遺伝子の機能解析とがん治療への応用, 2014年, 2016年
  11. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), がん微小環境ネットワークにおける細胞外小胞エクソソームの機能解明, 2013年, 2014年
  12. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 体液循環miRNA輸送機構を用いたがん特異的新規DDSの開発, 2012年, 2013年
  13. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), ヒト培養細胞分泌のエクソソームによるマイクロRNA核酸医薬デリバリー法の開発, 2011年, 2011年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), CD47-SIRPαシグナルを介した癌細胞免疫回避機構の解明とその制御法の開発, 2011年, 2013年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), がん細胞に老化を誘導し増殖・転移を抑制するマイクロRNAのメカニズムの解明, 2011年, 2013年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ゲノム不安定性の増大が誘導する癌細胞選択的細胞死の機構解明と癌治療への応用, 2008年, 2010年
  17. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 電気刺激を用いた筋ステムセルバイオロジーの開発, 2008年, 2009年
  18. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 染色体末端テロメアGテール測定によるがんのリスク評価, 2008年, 2009年
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 人工無重力下で大量培養した間葉系幹細胞による虚血性損傷脳治療法の最適化, 2008年, 2010年
  20. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 沖縄産亜熱帯植物に由来する新規抗がん剤リード化合物の探索研究, 2008年, 2010年
  21. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 微小重力環境を利用した未分化間葉系幹細胞のダイナミズム, 2007年, 2009年
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 染色体一本鎖テロメア測定によるカリブ海で多発するパーキンソニズムの早期診断, 2007年, 2008年
  23. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), テロメア一本鎖突出末端G-tailの生物学的意義の解明と老化関連疾患への応用, 2006年, 2007年
  24. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 新規開発の染色体テロメアGテイルの測定を指標としたがん・染色体異常のリスク評価, 2006年, 2007年
  25. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), テロメラーゼ活性を誘導または抑制する新規因子の探索, 2003年, 2004年
  26. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 多形性腺腫細胞株の樹立と同細胞株を用いた上皮間葉形質転換に関する検討, 2003年, 2004年
  27. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), テロメア短縮は個体老化の原因か, 2000年, 2001年
  28. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), テロメラーゼcDNA単離とその臨床への応用, 1997年, 1998年
  29. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), テロメラーゼ制御遺伝子のクローニング, 1996年, 1996年
  30. 科学研究費助成事業(重点領域研究), GO期特異的変異株を相補するcDNAのクローニング, 1995年, 1995年
  31. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), インターフェロン誘導性RB・結合タンパク質のクローニング, 1995年, 1995年
  32. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 細胞老化・不死化に関わるcDNAのクローニング, 1995年, 1996年
  33. 厚生労働科学研究, 進行頭頸部がんに対する術後補助療法の標準治療確立のための多施設共同研究, 2014年05月01日, 2015年03月31日
  34. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動, 2010年, 2014年
  35. 革新的がん医療実用化研究事業, 頭頸部癌に対するマイクロRNA解析, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  36. 革新的がん医療実用化研究事業, 頭頸部癌に対するマイクロRNA解析, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  37. 橋渡し研究戦略的推進プログラム, がん幹細胞および抗癌剤耐性がん細胞に作用する革新的抗腫瘍核酸医薬品の開発, 2017年07月01日, 2018年03月31日
  38. 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業, miRNA診断マーカーとmiRNA検査/診断技術の開発/診断アルゴリズムの多施設臨床検体による検証/選択された診断用miRNAマーカーの機能検証, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  39. 革新的がん医療実用化研究事業, 進行頭頸部がんに対する術後補助療法の標準治療確立のための多施設共同研究, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  40. 橋渡し研究戦略的推進プログラム, がん幹細胞および抗癌剤耐性がん細胞に作用する革新的抗腫瘍核酸医薬品の開発, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  41. 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業, 体液中マイクロRNA測定技術基盤開発, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  42. 革新的がん医療実用化研究事業, 進行頭頸部がんに対する術後補助療法の標準治療確立のための多施設共同研究, 2019年04月01日, 2020年03月31日
  43. 革新的がん医療実用化研究事業, 進行頭頸部がんに対する術後補助療法の標準治療確立のための多施設共同研究, 2020年04月01日, 2021年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 設立理事, 2023年01月, 2024年06月, (一社)広島イノベーションベース
  2. プログラム委員, 2022年09月, 2023年06月, 日本がん分子標的治療学会学術集会
  3. アドバイザー, 2022年04月, 2023年03月, (株)ミルテル
  4. 科学諮問委員会委員, 2022年04月, 2023年03月, (株)ミルテル
  5. 代表取締役社長, 2022年03月, 2024年03月, (株)PURMX Therapeutics
  6. アドバイザー, 2021年04月, 2022年03月, (株)ミルテル
  7. 科学諮問委員会委員, 2021年04月, 2022年03月, (株)ミルテル
  8. 非常勤講師, 2021年04月, 2021年09月, 徳島大学
  9. 発起人・代表取締役, 2021年01月, 2022年03月, (株)PURMX Therapeutics
  10. アドバイザー, 2020年07月, 2021年03月, (株)ミルテル
  11. 科学諮問委員会委員, 2020年07月, 2021年03月, (株)ミルテル
  12. 広島産学公連携MICE推進協議会委員, 2020年04月, 2021年03月, (公財)広島観光コンベンションビューロー
  13. 取締役会長, 2019年12月, 2020年03月, (株)ミルテル
  14. 活動評価委員会委員, 2019年06月, 2021年03月, 広島大学産学官連携推進研究協力会
  15. 非常勤講師, 2018年10月, 2019年03月, 九州大学大学院生物資源環境科学府
  16. 長井記念薬学研究奨励支援選考委員, 2018年09月, 2019年03月, 日本薬学会
  17. 取締役会長, 2018年09月, 株式会社ミルテル
  18. 外部評価委員, 2018年02月, 2018年03月, 鳥取大学染色体工学研究センター
  19. コスモバイオニュース執筆者, 2017年09月, 2017年11月, (株)コスモバイオ
  20. 代表取締役会長, 2017年09月, 2019年11月, (株)ミルテル
  21. 革新的医薬品・医療機器・再生医療等製品実用化促進事業にかかるプログラムオフィサー, 2017年06月, 2017年08月, 厚生労働省
  22. 革新的医薬品・医療機器・再生医療等製品実用化促進事業にかかるプログラムオフィサー, 2016年08月, 2017年03月, 厚生労働省
  23. 非常勤講師, 2016年05月, 2016年07月, 広島県立広島皆実高等学校
  24. 非常勤講師, 2015年05月, 2015年06月, 広島県立広島皆実高等学校
  25. 革新的医薬品・医療機器・再生医療等製品実用化促進事業にかかるプログラムオフィサー, 2014年08月, 2015年03月, 厚生労働省
  26. 非常勤講師, 2014年05月, 2014年07月, 広島県立広島皆実高等学校
  27. 革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業にかかるプログラムオフィサー, 2013年08月, 2014年03月, 厚生労働省
  28. 非常勤講師, 2013年04月, 2013年06月, 広島県立広島皆実高等学校
  29. 発起人・取締役, 2012年09月, 2017年08月, (株)ミルテル

学術会議等の主催

  1. 第13回日本RNAi研究会, 2022年, 2022年
  2. 第12回日本RNAi研究会, 2021年, 2021年
  3. 第4回日本RNAi研究会, 大会実行委員長, 2012年08月
  4. 第7回日本RNAi研究会, 会長, 2015年08月, 2015年08月
  5. 第8回日本RNAi研究会, 会長, 2016年08月, 2016年08月
  6. 第9回日本RNAi研究会, 会長, 2017年08月, 2017年09月
  7. 第10回日本RNAi研究会, 2018年08月, 2018年08月
  8. 第11回日本RNAi研究会, 2019年, 2019年
  9. 2018年, 2018年
  10. 国際細胞外小胞学会, ISEV2019 国際組織委員会 委員長, 2019年04月, 2019年04月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 実験医学, 羊土社, 実験医学, 2022年/11月/17日, 2022年/11月/17日
  2. PURMX Therapeuticsにて行われているアスベストの特効薬開発について, 都市出版株式会社, 月刊東京人 広島大学増刊号, 2022年/12月/01日, 2023年/01月
  3. 変われるか、日本の産学連携, 産学官連携ジャーナル, 2022年/12月/13日, 2023年/03月
  4. 「サンド石井のニッポン白い未来黒い未来」取材, フジテレビ, 2022年/11月/29日, 2022年/11月/29日, 取材協力
  5. ワクチン製造採択について、電話で取材, 日経BP, 2022年/10月/03日, 2022年/10月/03日, インタビュイー
  6. インタビュー, 中国新聞, 2022年/10月/04日, 2022年/10月/04日
  7. ワクチン製造採択について、電話取材, 中国新聞, 2022年/10月/03日, 2022年/10月/03日, インタビュイー
  8. インタビュー, 山口県立大津緑洋高校・大津校舎, 2022年/08月/22日, 2022年/08月/22日, インタビュイー
  9. インタビュー, 共創研究所報, 2022年/06月/09日, 2022年/06月/09日, インタビュイー
  10. 医療健康記事の連載 テロメア, プレジデント, 2023年/01月/05日, 2023年/01月/27日, 2023年1/27発売号 , 新聞・雑誌, 社会人・一般
  11. 審査委員, 日本経済新聞社, 「第4回スタアトピッチJapan」 中国・四国大会, 2022年/11月/15日, 2022年/11月/15日, 広島コンベンションホール
  12. 悪性胸膜中皮腫を対象としたMIRX002核酸医薬の開発と臨床試験, 学会事務局(JAMIG), 第3回日本石綿・中皮腫学会学術集会_市民講座, 2022年/09月/17日, 2022年/09月/18日
  13. 卓越大学院ゲノム編集プログラムのシンポジウム市民公開セミナー・国際セミナー, 広島大学教育室コラボレーションオフィス, 2022年/11月/12日, 2022年/11月/12日
  14. 新幹線サービスについてのオンラインインタビュー回答, 株式会社Rejoui, 2022年/05月/16日, 2022年/05月/16日
  15. 未病検査から目指す未来の健康長寿社会, 京セラ株式会社, 医療・ライフサイエンスビジネスワークショップ, 2022年/07月/27日, 2022年/07月/27日
  16. 経済同友会講演, 私の起業経験と産学連携の重要性, 広島経済同友会創業支援委員会, 2022年/06月/27日, 2022年/06月/27日
  17. 広島バイオテクノロジー推進協議会, 新型コロナウイルス検査,ゲノム変異解析の現状とポストコロナ, 農林水産局 農業技術課, 2021年/06月/18日, 2021年/06月/18日
  18. イルミナ株式会社主催セミナー, NextSeq2000を用いたRNA解析アプリケーション - smallRNA・COVID19など-, イルミナ株式会社, 2021年/03月/24日, 2021年/03月/24日
  19. 最新癌治療セミナー, 癌における抗がん剤治療の最前線, 日本化薬株式会社, 2021年/07月/06日, 2021年/07月/06日
  20. がんにさせない、がんにならない最先端の技術, SOMPOひまわり生命, がんInsurhealthセミナー, 2021年/09月/03日, 2021年/09月/03日
  21. 小分子RNAを標的にしたバイオマーカーおよび創薬研究, 株式会社キアゲン, 2022年/07月/14日, 2022年/07月/14日
  22. PCR検査の実施、ワクチン接種医療提供体制の整備等, 2020年/04月/01日, 2022年/03月/31日
  23. 「老化で変化するマイクロRNA・エクソソームがもたらす生物学的意義」, 東レ株式会社, 広島大学、東レ株式会社共同セミナー, 2012年/06月/18日, 2012年/06月/18日, 運営参加・支援
  24. 細胞培養基礎知識研修、実技指導、培養細胞品質管理研修の講師、等, 広島大学, 医工連携拠点「細胞培養士」人材育成研修プログラム(医工連携拠点), 2012年/10月/20日, 2013年/03月/09日, 調査担当
  25. 培養細胞品質管理研修の講師, 広島大学, 医工連携拠点人材育成研修「培養細胞品質管理研修」, 2013年/03月/09日, 2013年/03月/09日, 調査担当

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, 編集員, 15