菊谷 知也KAZUYA KIKUTANI

Last Updated :2024/02/01

所属・職名
病院集中治療部 助教
メールアドレス
kikutanihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 2007年, 2013年

学位

  • 博士(医学) (広島大学)
  • 学士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 救急医学

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本呼吸療法医学会
  • 日本内科学会
  • 日本中毒学会

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  2. 2023年, 学部専門, 集中, 臨床実習I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Fulminant myocarditis proven by early biopsy and outcomes, Eur Heart J, 20231106
  2. Prediction of the neurological outcomes post-cardiac arrest: A prospective validation of the CAST and rCAST, The American Journal of Emergency Medicine, 20231020
  3. 敗血症性脳症 感染と敗血症に伴うせん妄研究の中での脳波利用, 日本臨床麻酔学会誌, 43巻, 4号, pp. 342-346, 202307
  4. Medical equipment that improve safety and outcomes of inter-facility transportation of critically ill patients: A systematic review, Medicine (Baltimore), . 2023 Jun 2;102(22):e33865.巻, 20230602
  5. 災害時の多数傷病者発生に対するICU体制:コロナ第5波中に開催されたオリパラ前後のアンケート調査, 日本集中治療医学会雑誌, 30巻, 3号, 202305
  6. ★, GENETIC DELETION OF TRANSLOCATOR PROTEIN EXACERBATES POST-SEPSIS SYNDROME WITH ACTIVATION OF THE C1Q PATHWAY IN SEPTIC MOUSE MODEL, SHOCK, 59巻, pp. 82-90, 202301
  7. 広島大学病院での重症COVID-19患者の診療 -第1~3波と第4~5波の比較-, 広島医学, 75巻, 6号, 20220628
  8. Quantification of respiratory sounds by a continuous monitoring system can be used to predict complications after extubation: a pilot study, J Clin Monit Comput, 20220622
  9. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2020 (J-SSCG 2020), ACUTE MEDICINE & SURGERY, 8巻, 1号, 202101
  10. A novel system that continuously visualizes and analyzes respiratory sounds to promptly evaluate upper airway abnormalities: a pilot study, JOURNAL OF CLINICAL MONITORING AND COMPUTING, 36巻, 1号, pp. 221-226, 202202
  11. Regional respiratory sound abnormalities in pneumothorax and pleural effusion detected via respiratory sound visualization and quantification: case report, Journal of clinical monitoring and computing, 20220211
  12. Microglial translocator protein and stressor-related disorder, Neurochem Int ., 20200924
  13. Early PaCO2 Changes after Initiating Extracorporeal Membrane Oxygenation: Considerations for Future Research, Am J Respir Crit Care Med ., 2020 Dec 1;202(11):号, pp. 1600-1601
  14. Pharmacological and Genetic Inhibition of Translocator Protein 18 kDa Ameliorated Neuroinflammation in Murine Endotoxemia Model, Shock, 2020 Dec 4号
  15. A Ruptured Mediastinal Bronchial Artery Aneurysm Treated with Urgent Thoracic Endovascular Aortic Repair, Intern Med., 2020 May 15;59(10):号, pp. 1283-1286
  16. Potential Confounders of Procalcitonin-Guided Antibiotic Therapy for Sepsis, Crit Care Med ., 2017 Dec;45(12)号, pp. e1310-e1311, 2017
  17. Potential confounders affecting the reintubation rate : Discussion on "Reconnection to mechanical ventilation for 1 h after a successful spontaneous breathing trial reduces reintubation in critically ill patients: a multicenter randomized controlled trial", Intensive Care Med, 2018 Apr;44(4):号, pp. 542-543, 2018
  18. Appendicitis complicated by appendiceal metastasis via peritoneal dissemination from lung cancer, Respirol Case Rep., 2016 May 5;4(4):e00164.号, 2016
  19. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2020 (J-SSCG 2020), J Intensive Care, 20210825
  20. A Novel Microcontroller-Based System for the Wheel-Running Activity in Mice, ENEURO, 8巻, 6号, 2021
  21. Differential Effectiveness of Hypothermic Targeted Temperature Management According to the Severity of Post-Cardiac Arrest Syndrome, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 10巻, 23号, 202112
  22. Short- versus prolonged-course antibiotic therapy for sepsis or infectious diseases in critically ill adults: a systematic review and meta-analysis, INFECTIOUS DISEASES, 54巻, 3号, pp. 213-223, 20220304

著書等出版物

  1. 2023年05月02日, 集中治療医学, 単行本(学術書), 共著, 一般社団法人日本集中治療医学会(編)
  2. 救急・集中治療 最新ガイドライン 2022-’23, 外傷後の大量出血・凝固障害に対する治療ガイドライン, 2022年, 03, 単行本(学術書), 分担執筆
  3. 臨床麻酔, 小児の蘇生:CoSTR や各蘇生議会のガイドラインからみる最新エビデンス, 真興交易(株)医書出版部
  4. Clinical Neuroscience, ストレス感受性制御と神経回路, 単行本(学術書), 共著

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Low serum zonulin concentrations are associated with an unfavorable outcome in patients with sepsis, Kazuya Kikutani, Nobuaki Shime, Mitsuaki Nishikimi, Kohei Ota, Miyuki Hattori, Shinichiro Ohshimo, 2nd Joint Scientific Congress of JSICM/TSCCM, 2023年10月14日, 通常, 英語
  2. Increase in Burden of Patients With Severe COVID-19 Nationwide Was Associated With Higher Mortality Rate of Patients With COVID-19 Requiring Mechanical Ventilation: An Observational Study of a National Database in Japan, Kazuya Kikutani, Mitsuaki Nishikimi, Shinichiro Ohshimo, Nobuaki Shime, ATS 2023 International Conference, 2023年05月24日, 通常, 日本語
  3. Quantification of respiratory sounds by continuous monitoring system can be used to predict complications after extubation: A pilot study, Kazuya Kikutani, Shinichiro Ohshimo, Takuma Sadamori, Shingo Ohki, Hiroshi Giga, Junki Ishii, Hiromi Miyoshi, Kohei Ota, Nobuaki Shime, The 22nd KSCCM-JSICM Joint Congress, 2022年, 通常, 英語
  4. COVID-19重症例の診療変化(第1-3波と第4波の比較)-後ろ向き観察研究-, 菊谷知也,錦見満暁,山賀聡之,大下慎一郎,志馬伸朗, 第49回日本集中治療医学会, 2022年03月20日, 通常, 日本語
  5. 災害時の多数傷病者発生に対するICU体制:オリパラ前後のアンケート調査, 菊谷知也,大下慎一郎,水野浩利,森村尚登,櫻井淳,坂口嘉郎,竹田晋浩,成松英智,黒田泰弘,川前金幸, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月18日, 通常, 日本語
  6. 敗血症と集中治療後症候群におけるミトコンドリアタンパク質TSPOの役割, 菊谷知也,儀賀普嗣,松股美穂,Meina Zhu,細川康二,太田浩平,志馬伸朗,相澤秀紀, 第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年03月18日, 通常, 日本語
  7. 下部下行大動脈損傷・後縦隔出血の一例, 山崎悠司、菊谷知也 、板井純治、中川五男 、儀賀普嗣、芳野由弥、志馬伸朗, 第49回日本救急医学会総会・学術集会, 2021年11月23日, 通常, 日本語
  8. 呼吸音連続モニタリングシステムによる呼吸音の定量化は抜管後の合併症予測に用いうる., 菊谷知也,大下慎一郎,貞森拓磨、石井潤貴, 三好博実, 志馬伸朗, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 京都, 2020, 2020年, 通常, 日本語
  9. 呼吸音連続モニタリングシステムにより呼吸音異常を可視化・定量化した2症例., 菊谷 知也, 大下 慎一郎, 貞森 拓磨, 山賀 聡之, 儀賀 普嗣, 大木 伸吾, 石井 潤貴, 三好 博実, 志馬 伸朗:, 第47回日本集中治療医学会学術集会,名古屋,2020, 2020年, 通常, 日本語
  10. 縦隔型気管支動脈瘤破裂に対して大動脈遮断バルーン挿入後に胸部大動脈ステントグラフト内挿術により止血し得た一例, 菊谷知也, 板井純治, 太田浩平, 志馬伸朗 :, 第35回日本救急医学会中国四国地方会, 倉敷, 2019, 2019年, 通常, 日本語
  11. Utility of continuous monitoring and visualizing system for respiratory sounds., 第46回日本集中治療医学会学術集会, 京都, 2019, 通常, 英語
  12. Characteristics of wound infections among patients injured during torrential rain and landslides, in the 2018 disaster in West Japan,, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 京都, 2019, 通常, 英語
  13. Acinetobacter baumanniiによる市中肺炎の一例, 菊谷 知也, 中川 五男, 岩崎 裕亮, 西田 翼, 第44回日本集中治療医学会学術集会,札幌,2017, 2017年, 通常, 日本語
  14. BystanderによるCPRとその後の医療連携により神経学的後遺症なく救命し得た心停止の一例., 菊谷 知也, 佐々木 貫太郎, 西田 翼, 中川 五男:, 第43回日本救急医学会総会・学術集会,東京,2015, 2015年, 通常, 日本語
  15. 肺腺癌の化学療法中に虫垂炎を合併し、虫垂切除により腹膜播種、虫垂浸潤を診断した1例., 菊谷 知也, 塩田 直樹, 大久保 恵子, 風呂中 誠, 佐藤 浩毅, 藤崎 成至, 第55回日本肺癌学会学術集会,京都,2014, 2014年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2022年, 広島大学大学院 エクセレントスチューデント・スカラシップ
  2. Excellent Abstract Award, 22nd KSCCM-JSICM Joint Congress, Quantification of respiratory sounds by a continuous monitoring system can be used to predict complications after extubation: A pilot study

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 敗血症とその後の集中治療後症候群におけるミトコンドリアタンパクの役割, 2022年, 2024年
  2. 広島大学 サタケ基金 令和3年度研究助成金, 2021年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 集中治療を要する重症患者の広域搬送ガイドライン作成委員会システマティックレビュー ワーキンググループ
  2. 日本集中治療医学会 危機管理委員会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. ラジオNIKKEI「感染症TODAY」, 土砂災害における外傷創部感染症, 2019年/06月/12日, 出演, テレビ・ラジオ番組

学術雑誌論文査読歴

  1. 2023年, Acute Medicine & Surgery, reviewer 2
  2. 2023年, Scientific Reports, その他, reviewer 2