中山 達哉TATSUYA NAKAYAMA

Last Updated :2024/04/03

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
ホームページ
メールアドレス
t-nakayamahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
微生物を理解することで食の安全に貢献することをモットーに研究を行っている。 現在以下の研究を行っている。 1. 食中毒菌に関する研究(カンピロバクターやセレウス菌等の食中毒菌の分子疫学的研究) 2. 薬剤耐性菌に関する研究(プラスミド性薬剤耐性菌に関する分子疫学的研究、ヒト薬剤耐性菌保菌に関する研究) 3. 微生物細菌叢に関する研究(環境、生産現場における微生物細菌叢および食品喫食による腸内細菌叢に関する研究)

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月, 2006年08月, 筑波大学, 大学院生命環境科学研究科, 特別博士研究員
  • 2006年08月, 2008年08月, University of Dundee, Ninewells hospital and Medical school, Postdoctoral Fellow
  • 2008年10月, 2009年03月, 国際農林水産業研究センター, 特別研究員
  • 2009年04月, 2013年10月, 大阪大学, 微生物病研究所, 特任研究員
  • 2013年10月, 2015年03月, 大阪大学, グローバルコラボレーションセンター, 特任助教
  • 2015年04月, 2016年03月, 大阪府立大学, 大学院生命環境科学研究科, 特任助教
  • 2016年04月, 2017年03月, 大阪大学, 大学院薬学研究科, 特任助教
  • 2017年07月, 2021年03月, 国立医薬品食品衛生研究所, 食品衛生管理部, 主任研究官
  • 2021年04月01日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 准教授

学位

  • 修士(生物工学) (筑波大学)
  • 博士(生物工学) (筑波大学)

担当主専攻プログラム

  • 食品科学プログラム

研究キーワード

  • 食品衛生学/食品微生物学/細菌学/薬剤耐性菌/腸内細菌

所属学会

  • アメリカ微生物学会
  • カンピロバクター研究会
  • 日本防菌防黴学会
  • 日本細菌学会
  • 日本食品衛生学会
  • 日本食品微生物学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 4ターム, Food and Life Science[旧パッケージ]
  2. 2024年, 教養教育, 3ターム, 食の安心・安全と健康科学
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 基礎生物学実験I
  4. 2024年, 学部専門, 4ターム, Introduction to Applied Biological Science II
  5. 2024年, 学部専門, 2ターム, 微生物学入門
  6. 2024年, 学部専門, 4ターム, 食品生命科学リサーチフロント
  7. 2024年, 学部専門, 3ターム, 公衆衛生学
  8. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  9. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  10. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文III
  11. 2024年, 学部専門, 3ターム, 食品衛生学
  12. 2024年, 学部専門, 集中, 食品衛生学実験
  13. 2024年, 学部専門, 2ターム, 食品科学外書講読
  14. 2024年, 学部専門, 集中, (AIMS) Modern Food Science
  15. 2024年, 学部専門, 3ターム, Modern Food Science
  16. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 統合生命科学特別講義
  17. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  18. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  19. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  20. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  21. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究
  22. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品衛生微生物学Ⅰ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Analysis of the relationship between luminescence and toxicity of Vibrio carchariae pathogenic to shrimp, Fisheries Science, 71巻, 6号, pp. 1236-1242, 2005
  2. Comparison of Vibrio harveyi strains isolated from shrimp farms and from culture collection in terms of toxicity and antibiotic resistance, FEMS Microbiology Letter, 258巻, 2号, pp. 194-199, 2006
  3. Study on the relationship of protease production and luminescence in Vibrio harveyi, Journal of Applied Microbiology, 101巻, 1号, pp. 200-205, 2006
  4. The effect of copper concentration on the virulence of pathogenic Vibrio harveyi, Journal of Applied Microbiology, 102巻, 5号, pp. 1300-1306, 2007
  5. Inhibitory effects of Bacillus probionts on growth and toxin production of Vibrio harveyi pathogens of shrimp, Letters in Applied Microbiology, 49巻, 6号, pp. 679-84, 2009
  6. The gut microbiota in inflammatory bowel disease, Current Pharmaceutical Design, 15巻, 13号, pp. 1528-1536, 2009
  7. Use of targeted antibiotics to treat ulcerative colitis, Gut, 58巻, 2009
  8. Streptococcus suis infection induces bacterial accumulation in the kidney, Microbial Pathogenesis, 50巻, 2号, pp. 87-93, 2011
  9. Genotypic profile of Streptococcus suis serotype 2 and clinical features of infection in humans, Thailand, Emerging Infectious Diseases, 17巻, 5号, pp. 835-842, 2011
  10. Population-based study of Streptococcus suis infection in humans in Phayao province in northern Thailand, PLoS ONE, 7巻, 2号, pp. e31265, 2012
  11. Influence of coffee ( Coffea arabica ) and galacto-oligosaccharide consumption on intestinal microbiota and the host responses, FEMS Microbiology Letter, 343巻, 2号, 2013
  12. Alcohol consumption promotes the intestinal translocation of Streptococcus suis infections, Microbial Pathogenesis, 65巻, 2013
  13. The contribution of suilysin to the pathogenesis of Streptococcus suis meningitis, The Journal of Infectious Diseases, 209巻, 10号, 2013
  14. ★, Colloidal gold-based immunochromatographic strip test compromising optimised combinations of anti-S. suis capsular polysaccharide polyclonal antibodies for detection of Streptococcus suis, Biosensors and Bioelectronics, 60巻, pp. 175-179, 2014
  15. Heat incubation inactivates streptococcal exotoxins and recombinant cholesterol-dependent cytolysins: suilysin, pneumolysin and streptolysin O, Current Microbiology, 69巻, 5号, 2014
  16. ★, Wide dissemination of extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli in community residents in the Indochinese peninsula, Infection and Drug Resistance, pp. 1-5, 2015
  17. Characteristics of Extended-Spectrum beta-Lactamase–Producing Escherichia coli in Retail Meats and Shrimp at a Local Market in Vietnam, Foodborne Pathogens and Disease, 12巻, 8号, 2015
  18. Widespread dissemination of extended-spectrum beta-lactamase-producing, multidrug-resistant Escherichia coli in livestock and fishery products in Vietnam, International Journal of Food Contamination, 2巻, 1号, 2015
  19. Spread of Antibiotic and Antimicrobial Susceptibility of ESBL-Producing Escherichia coli Isolated from Wild and Cultured Fish in the Mekong Delta, Vietnam, Fish Pathology, 2015
  20. ★, Frequent use of colistin-based drug treatment to eliminate extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli in backyard chicken farms in Thai Binh Province, Vietnam, Tropical Animal Health and Production, 49巻, 1号, 2017
  21. ★, Water metagenomic analysis reveals low bacterial diversity and the presence of antimicrobial residues and resistance genes in a river containing wastewater from backyard aquacultures in the Mekong Delta, Vietnam, Environmental Pollution, 222巻, 2017
  22. ★, Common findings of bla CTX-M-55-encoding 104–139 kbp plasmids harbored by extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli in pork meat, wholesale market workers, and patients with urinary tract infection in Vietnam, Current Microbiology, 74巻, 2号, 2017
  23. Impact of a Food Safety Campaign on Streptococcus suis Infection in Humans in Thailand, The American journal of tropical medicine and hygiene, 96巻, 6号, 2017
  24. Consumption of edible ice contaminated with Acinetobacter , Pseudomonas , and Stenotrophomonas is a risk factor for fecal colonization with extended spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli in Vietnam, Journal of Water and Health, 15巻, 5号, 2017
  25. Extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli contributes to the survival of cefotaxime-susceptible E. coli under high concentrations of cefotaxime by acquisition of increased AmpC expression, FEMS Microbiology Letter, 365巻, 5号, 2018
  26. ★, Carriage of colistin-resistant, extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli harboring the mcr-1 resistance gene after short-term international travel to Vietnam, Infection and Drug Resistance, 11巻, pp. 391-395, 2018
  27. The Presence of Colisitn resistance gene mcr-1 and -3 in ESBL producing Escherichia coli isolated from food in Ho Chi Minh City, Vietnam, FEMS Microbiology Letter, 365巻, 11号, 2018
  28. Quantification and long-term carriage study of human extended-spectrum/AmpC beta-lactamase-producing Escherichia coli after international travel to Vietnam, Journal of Global Antimicrobial Resistance, 21巻, 2019
  29. Draft genome sequence of Stenotrophomonas maltophilia CRB139-1, Isolated from poultry meat in Japan, Microbiology Resource Announcements, 9巻, 12号, 2020
  30. ベトナムの食品から分離される薬剤耐性菌について―食品からヒトへのつながりを考える―, 日本食品微生物学会誌, 37巻, 3号, pp. 91-111, 2020
  31. Long-term grow-out affects Campylobacter jejuni colonization fitness in coincidence with altered microbiota and lipid composition in the cecum of laying hens, Frontiers in Veterinary Science, 8巻, 2022
  32. ハノイ・バビ県・チューミン村における薬剤耐性菌感染を減少させるための介入研究, 日本防菌防黴学会, 47巻, 3号, pp. 103-110, 2019
  33. ベトナムの水産現場における薬剤耐性菌の現状, 日本防菌防黴学会, 46巻, 11号, pp. 503-511, 2018
  34. 冷却工程での各種殺菌剤利用を通じた食鳥と体におけるカンピロバクター汚染提言効果に関する検討, 食品衛生研究, 70巻, 17号, pp. 17-25, 2020
  35. Untargeted phylogenetic group III of multi-drug-resistant Bacillus cereus isolated using Fraser medium from retail chickens in Ho Chi Minh City, Current Microbiology, 78巻, 8号, pp. 3115-3123, 2021
  36. Extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli harbouring sul and mcr-1 genes isolates from fish gut contents in the Mekong Delta, Vietnam, Letters in Applied Microbiology, 71巻, 71号, pp. 78-85, 2020
  37. 輸入水産食品におけるプラスミド伝播が推定されるセフェム系およびカルバペネム系プラスミド性薬剤耐性菌の汚染状況, 日本食品微生物学会誌, 38巻, 2号, pp. 67-77, 2021
  38. Streptococcal meningitis reveals the presence of residual streptococci and down-regulated aquaporin 4 in the brain, ARCHIVES OF MICROBIOLOGY, 203巻, 10号, pp. 6329-6335, 202112
  39. Isolation of carbapenem-resistant Enterobacteriaceae harbouring NDM-1, 4, 5, OXA48 and KPC from river fish in Vietnam, FOOD CONTROL, 133巻, 202203
  40. Abundance of colistin-resistant Escherichia coli harbouring mcr-1 and extended-spectrum beta-lactamase-producing E. coli co-harbouring bla(CTX-M-55) or (-65) with bla(TEM) isolates from chicken meat in Vietnam, ARCHIVES OF MICROBIOLOGY, 204巻, 2号, 202202
  41. Genome Sequence of Carbapenemase-Producing Enterobacter cloacae 0102-4P-1 Harboring the IncC-Type Plasmid with a Multidrug Resistance Site Encoding bla(NDM)(-1), Isolated from Commercially Imported Shrimp, MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS, 11巻, 5号, 20220519
  42. Prevalence and Characterization of Gentamicin Resistance Genes in Escherichia coli Isolates from Beef Cattle Feces in Japan, CURRENT MICROBIOLOGY, 79巻, 8号, 202208
  43. Frequent contamination of edible freshwater fish with colistin-resistant Escherichia coli harbouring the plasmid-mediated mcr-1 gene, MARINE POLLUTION BULLETIN, 184巻, 2022
  44. IncHI2 Plasmid Encoding bla(CTX-M-55) and mcr-1.1 in Salmonella enterica SE20-C72-2 and Escherichia coli EC20-C72-1 Isolates from the Edible River Fish Anabas testudineus, MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS, 12巻, 7号, 20230718
  45. Common presence of plasmid encoding blaCTX-M-55 in extended- spectrum /3-lactamase-producing Salmonella enterica and Escherichia coli isolates from the same edible river fish, JOURNAL OF MICROORGANISM CONTROL, 28巻, 2号, pp. 49-56, 2023
  46. Carbapenem-Resistant Citrobacter freundii and Escherichia coli Harboring a Common IncC-Type Plasmid Encoding IS26 Upstream of bla(NDM-1,) sul1, aph(3 ')-VI, and qacE Isolated from Edible Mastacembelidae Fish, MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS, 12巻, 5号, 20230517
  47. ESBL-producing Vibrio vulnificus and V. alginolyticus harbour a plasmid encoding ISEc9 upstream of bla(CTX-M-55) and qnrS2 isolated from imported seafood, ARCHIVES OF MICROBIOLOGY, 205巻, 6号, 202306
  48. Detection of chromosome-mediated blaNDM-1-carrying Aeromonas spp. in the intestinal contents of fresh water river fish in Ho Chi Minh City, Vietnam, Marine Pollution Bulletin, 198巻, pp. 115812, 20231202
  49. Simple and quick detection of extended-spectrum β-lactamase and carbapenemase-encoding genes using isothermal nucleic acid amplification techniques, Journal of Microorganism Control, 202312
  50. IncA/C plasmid encoding blaCTX-M-55, in non-O1 Vibrio cholerae isolates from the edible river fish Mastacembelus sp., Microbiology Resource Announcement, 202401
  51. Edible river fish-derived extended-spectrum β-lactamase (ESBL)-producing Enterobacterales harboring transferable plasmids encoding blaCTX-M-15, blaCTX-M- 27, and blaCTX-M-55, One Health, 202401
  52. Acquisition of third-generation cephalosporin resistance genes blaCTX-M-55, blaCTX-M-65, and blaCMY-2 leads to quinolone resistance in colistin-resistant Escherichia coli harbouring mcr-1 gene, Journal of Food Saftey, 202402

著書等出版物

  1. 2017年, 食中毒菌の薬剤耐性獲得のリスクマネージメントに関する研究, 厚生労働省科学研究費報告書, 2017年
  2. 2017年, わが国のと畜場ならびに大規模食鳥処理場施設におけるHACCPシステム評価法の検討とと畜場へのHACCP導入を支援する情報収集, 厚生労働省科学研究費報告書, 2017年
  3. 2018年, 食品由来サルモネラ、大腸菌、カンピロバクター等の耐性分布と遺伝特性に関する研究, 厚生労働省科学研究費報告書, 2018年
  4. 2018年, わが国のと畜場ならびに大規模食鳥処理施設におけるHACCPシステム評価法の実証試験, 厚生労働省科学研究費報告書, 2018年
  5. 2018年, 国内製品・製造施設の衛生実態に関する研究, 厚生労働省科学研究費報告書, 2018年
  6. 2019年, 食品由来サルモネラ、大腸菌、カンピロバクター等の耐性分布と遺伝特性に関する研究, 厚生労働省科学研究費報告書, 2019年
  7. 2022年11月01日, つくると食べるをつなぐサイエンス, 恒星社厚生閣, J
  8. 2023年, 核酸等温増幅反応を用いた食品遺伝子検査の新規プラットフォーム開発に係る研究, 2023年

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ベトナム産食用河川魚から分離されたプラスミド性薬剤耐性サルモネラおよび大腸菌の解析, 日本食品衛生学会, 2023年10月12日, 通常, 日本語
  2. 細菌と健康・運動・食, 群馬大学リカレント教育 運動の生体調節作用, 2023年09月14日, 通常, 日本語
  3. 細菌と健康・運動・食, 群馬大学リカレント教育 運動の生体調節作用, 2023年01月25日, 通常, 日本語
  4. Analysis of the relationship between luxR gene expression and toxicity of cell extracts of Vibrio sp. pathogenic to shrimp, T. Nakayama, Asia-Pacific Aquaculture, 2003年09月23日, 通常, 英語
  5. Copper addition to control virulence of pathogenic Vibrio against penaeid shrimp, T. Nakayama, 7th Asian Fisheries Forum, 2004年12月03日, 通常, 英語
  6. Recognition of various toxins from Vibrio carchariae and Vibrio harveyi, T. Nakayama,, N. Nomura, M. Matsumura, Vibrio 2005, 2005年11月06日, 通常, 英語
  7. The effect of copper on the luminosity, cytotoxicity and toxic substance production of Vibrio harveyi, T.Nakayama,, N.Nomura, M.Matsumura, 11th International symposium on microbial ecology, 2006年08月20日, 通常, 英語
  8. Use of antibiotics to eradicate bacterial pathogens colonising the colonic mucosa in ulcerative colitis patients, T. Nakayama,, K.L. Blackett, H. Steed, S. Macfarlane, N. Reynolds, JH. Cummings and GT. Macfarlane, Society for General Microbiology annual meeting, 通常, 英語
  9. Effects of antibiotics on mucosal bacteria in ulcerative colitis patients, T.Nakayama,, K.L. Blackett, H. Steed, S. Macfarlane, N. Reynolds, JH. Cummings and GT. Macfarlane, American Society for Microbiology 108th general meeting, 2008年06月01日, 通常, 英語
  10. Association of haemolytic activity of human isolates of S. suis serotype 2 with their capacity of crossing the blood-CSF barrier, T. Nakayama, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, 通常, 英語
  11. タイにおけるブタ連鎖球菌serotype2のゲノタイプと病型に関する検討, 中山 達哉, 日本感染症学会中日本地方会, 2011年11月25日, 招待, 日本語
  12. Suilysin plays an important role in intestinal translocation in the mouse loop model, T. Nakayama, 1st International work shop on Streptococcus suis, 2013年08月13日, 通常, 英語
  13. ベトナム渡航者における基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生大腸菌の保菌実態, 中山達哉, 久米田裕子、河原隆二、山本容正, 第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会, 2016年, 通常, 日本語
  14. ベトナム、タイビン省における抗菌剤の販売実態調査及び鶏肉中における薬剤耐性菌の拡がり, 中山達哉, 陣内理生、河原隆二、久米田裕子、住村佳範、山本容正, 第38回日本食品微生物学会学術総会, 2017年, 通常, 日本語
  15. ベトナム渡航者における基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生大腸菌の保菌実態, 中山 達哉, 日本感染症学会中日本地方会, 2017年10月28日, 通常, 日本語
  16. ベトナム飲用氷における薬剤耐性菌汚染状況について, 中山達哉, 河原隆二、久米田裕子、山本容正, 日本防菌防黴学会 第44回年次大会, 2017年, 通常, 日本語
  17. ベトナムの豚肉から分離したmcr-3を有するコリスチン耐性大腸菌の解析, 山口貴弘, 河原隆二*1、照屋志帆乃、原田和生、元岡大祐、中村昇太、中山達哉、山本容正、平田収正, 第91回日本細菌学会総会, 2018年, 通常, 日本語
  18. 食鳥処理場における薬剤耐性大腸菌の汚染実態, 中山達哉, 佐々木貴正、朝倉宏、五十君静信, 第114回日本食品衛生学会学術講演会, 2018年, 通常, 日本語
  19. 採卵鶏農場における薬剤耐性大腸菌汚染実態調査, 中山達哉, 佐々木貴正、山口貴弘、河原隆二、岡田由美子、朝倉宏、五十君靜信, 第39回日本食品微生物学会学術総会, 2018年, 通常, 日本語
  20. 食鳥処理場における鶏肉の広域スペクトラムセファロスポリン耐性サルモネラ汚染, 佐々木貴正, 中山達哉、百瀬愛佳、朝倉宏、五十君静信, 第114回日本食品衛生学会学術講演会, 2018年, 通常, 日本語
  21. わが国のと畜場ならびに大規模食鳥処理場におけるHACCPシステム導入効果の微生物学的検証方法の確立, 吉田梨花, 一川仁美、森田聡志、佐藤真伍、丸山総一、中山達哉、森田幸雄、鎌田洋一、壁谷英則, 第162回日本獣医学会学術集会, 2019年, 通常, 日本語
  22. 採卵鶏及び肉用鶏から分離される薬剤耐性大腸菌の比較解析, 中山達哉, 佐々木貴正、朝倉宏、五十君靜信、渡邉治雄, 第92回日本細菌学会総会, 2019年, 通常, 日本語
  23. Low bacterial diversity and the presence of antimicrobial residues and antimicrobial resistance genes in a river containing wastewater from backyard aquacultures in the Mekong Delta, Vietna, T. Nakayama, 8th Congress of European Microbiologists, 2019年07月07日, 通常, 日本語
  24. 鶏の生産段階におけるカンピロバクター動態解析, 中山達哉, 山本詩織、朝倉宏、村上覚史、鳥居恭司, 第40回日本食品微生物学会学術総会, 通常, 日本語
  25. 衛生管理のために用いるべき、試験法の動向について, 中山 達哉, 第46回日本防菌防黴学会年次大会, 2019年09月26日, 招待, 日本語
  26. 鶏の生産・食鳥処理・消費段階における Campylobacter spp.の動態解析, 朝倉宏, 山本 詩織,中山 達哉,佐々木 貴正,中村 寛海, 第93回日本細菌学会総会, 2020年, 通常, 日本語
  27. ベトナムにおける料理を汚染している基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生菌及びヒト腸内細菌叢への影響に関する研究., 中山達哉, 久米田裕子、河原隆二、山本容正, 第116回日本食品衛生学会学術講演会, 2020年, 通常, 日本語
  28. ベトナム産鶏肉におけるFraser培地から分離された Bacillus cereusの分子疫学的解析, 中山達哉, 山口貴弘、陳内理生、山本詩織、久米田裕子、長谷篤, 日本食品微生物学会, 2021年09月, 通常, 日本語
  29. 途上国においてESBL産生大腸菌はAmpC型βラクタマーゼ産生菌の耐性誘導の手助けをする, 中山達哉, 久米田裕子、河原隆二、山本容正, 日本細菌学会、中国・四国支部会, 2021年10月03日, 通常, 日本語
  30. 輸入水産食品から分離された薬剤耐性腸内細菌科菌群のゲノム解析に関する研究, 中山達哉, 山口貴弘、陳内理生、久米田裕子、長谷篤, 日本食品衛生学会, 2021年10月, 通常, 日本語
  31. 運動・食習慣と免疫 -新しい知見とコロナ禍での課題-, 中山達哉, 第9回北関東体育学会大会, 2022年02月12日, 招待, 日本語
  32. ベトナム産鶏肉から分離されたプラスミド性薬剤耐性大腸菌の検出状況について, 日本防菌防黴学会, 2022年09月27日, 通常, 日本語
  33. 食品からヒトへと伝播するプラスミド性薬剤耐性菌に関する研究, 中山達哉, 日本食品微生物学会総会, 2022年09月29日, 招待, 日本語, 日本食品微生物学会, 東京
  34. ベトナム食用魚におけるカルバペネム耐性腸内細菌科菌群の汚染実態解析, 中山達哉, 日本食品微生物学会総会, 2022年09月30日, 通常, 日本語, 日本食品微生物学会
  35. 輸入水産食品から分離された薬剤耐性海洋性細菌の実態および分離されたVibrioのゲノム解析に関する研究, 日本食品衛生学会, 2022年11月11日, 通常, 日本語
  36. 食肉及び家畜から分離されたコリスチン低感受性〜耐性大腸菌の解析, 日本臨床微生物学会, 2023年02月04日, 通常, 日本語
  37. ベトナムにおける淡水魚類腸管から検出されたESBL産生大腸菌, 日本細菌学会, 2023年03月16日, 通常, 日本語
  38. ベトナムにおける淡水魚類の腸管内容物から分離したエロモナス属菌の解析, 日本細菌学会, 2023年03月16日, 通常, 日本語
  39. ベトナム産食用河川魚から分離されたサルモネラ汚染実態解析, 日本防菌防黴学会, 2023年08月30日, 通常, 日本語
  40. ベトナムの魚介類加工品の汚染実態調査及び分離したmecA保有Staphylococcus属菌の解析について, 日本食品微生物学会, 2023年09月21日, 通常, 日本語
  41. 食品取扱者が保菌するサルモネラの薬剤耐性状況および耐性遺伝子伝播解析に関する研究, 日本食品微生物学会, 2023年09月22日, 通常, 日本語
  42. ベトナム食用魚におけるmcr保有コリスチン耐性大腸菌の汚染実態解析, 日本食品微生物学会, 2023年09月22日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2022年09月29日, 日本食品微生物学会研究奨励賞, 日本食品微生物学会理事長, 食品からヒトへと伝播するプラスミド性薬剤耐性菌に関する研究
  2. 2016年, 日本感染症学会中日本地方会研究奨励賞・基礎部門, ベトナム渡航者における基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生大腸菌の保菌実態
  3. 2010年, 日本感染症学会中日本地方会研究奨励賞・基礎部門, タイにおけるブタ連鎖球菌serotype2のゲノタイプと病型に関する検討
  4. 2005年, 日本生物工学会東日本支部学生ポスター賞 銀賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 研究費補助金, 核酸等温増幅反応を用いた食品遺伝子検査の新規プラットフォーム開発に係る研究, 2022年
  2. 基盤B, タイで流行するブタレンサ球菌感染症の臨床細菌学的研究, 2009年, 2011年
  3. 民間研究費補助金, コーヒーによる腸管内Bacterial translocationの制御について, 2010年, 2011年
  4. 若手B, 経口ルートによる豚連鎖球菌感染症の発症メカニズムの解明, 2012年, 2014年
  5. 民間研究費補助金, 食事摂取に起因するヒト薬剤耐性遺伝子保有に関する解析, 2017年, 2018年
  6. 食品健康影響評価技術研究, 国内で多発するカンピロバクター食中毒の定量的リスク分析に関する研究, 2018年, 2020年
  7. 国際共同研究強化B, ベトナム南部における食中毒 原因菌の薬剤耐性化に関する調査研究, 2018年, 2022年
  8. 研究費補助金, 国際的な動向を踏まえた乳及び乳製品の衛生管理及び試験法確立のための研究, 2018年, 2021年
  9. 食品健康影響評価技術研究, 食肉由来耐性菌の全ゲノムシーケンスを用いた薬剤耐性特性解析に関する研究, 2021年, 2022年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本食品衛生学会情報委員, 2019年, 2022年, 日本食品衛生学会
  2. 日本食品衛生学会情報委員長, 2023年, 2024年, 日本食品衛生学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学若手研究者による研究シーズ発表会, 広島大学構内から分離されたバチラス属菌の解析, 2023年/08月/31日, 広島ガーデンパレス, 講師, 講演会, 社会人・一般
  2. 広島大学公開講座2022, 広大研究者が語る食の最新トピック, 2022年/12月/03日, 広島大学 東千田キャンパス, 講師, 講演会, 社会人・一般
  3. 広島大学公開講座2022, 広大研究者が語る食の最新トピック, 2022年/11月/26日, 広島大学 東千田キャンパス, 司会, 講演会, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. African Journal of Microbiology Research, 査読者
  2. 日本食品微生物学会誌, 査読者
  3. Biocontrol Science, 査読者
  4. Journal of Veterinary Medical Science, 査読者
  5. Environmental Pollution, 査読者