山本 祥也YOSHINARI YAMAMOTO

Last Updated :2024/06/06

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
yamamo59hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
食品や微生物による免疫調節作用を探索し、その機能性を活かして感染症や炎症性疾患、アレルギーを予防・軽減する機能性食品の開発を目指しています。

基本情報

主な職歴

  • 2016年04月, 2018年03月, 日本学術振興会, 特別研究員(DC2)
  • 2018年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 助教
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 助教

学歴

  • 信州大学, 大学院総合工学系研究科, 生物・食料科学専攻 博士課程後期, 日本, 2015年04月, 2018年03月
  • 信州大学, 大学院農学研究科, 機能性食料開発学専攻 博士課程前期, 日本, 2013年04月, 2015年03月
  • 信州大学, 農学部, 食料生産科学科, 日本, 2009年04月, 2013年03月

学位

  • 修士(農学) (信州大学)
  • 博士(農学) (信州大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科 : 食品科学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 食品科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 動物生命科学 / 統合動物科学
  • 農学 / 農芸化学 / 食品科学
  • 生物学 / 生物科学 / 分子生物学

研究キーワード

  • オリゴ核酸
  • 乳酸菌
  • 母子免疫
  • 機能性食品
  • 敗血症
  • 新生児疾患
  • アレルギー
  • マウス

所属学会

  • 日本乳酸菌学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本畜産学会
  • 日本食品免疫学会
  • 日本酪農科学会
  • 日本栄養・食糧学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 3ターム, 食の安心・安全と健康科学
  2. 2024年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 基礎物理学実験
  4. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  5. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文III
  7. 2024年, 学部専門, 集中, 食品化学実験
  8. 2024年, 学部専門, 2ターム, 食品科学外書講読
  9. 2024年, 学部専門, 1ターム, 食品機能学
  10. 2024年, 学部専門, 集中, 畜産食品製造学実験実習
  11. 2024年, 学部専門, 集中, (AIMS) Modern Food Science
  12. 2024年, 学部専門, 3ターム, Modern Food Science
  13. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  14. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  15. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  16. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  17. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Recombinant mouse calcitonin gene-related peptide secreted by Lactococcus lactis inhibits lipopolysaccharide-induced inflammatory response in macrophages., Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 89巻, 12号, 2018
  2. Naringenin promotes recovery from colonic damage through suppression of epithelial tumor necrosis factor-α production and induction of M2-type macrophages in colitic mice., Nutrition research (New York, N.Y.), 64巻, 2019
  3. Oral Administration of Flavonifractor plautii Strongly Suppresses Th2 Immune Responses in Mice., Frontiers in immunology, 11巻, 2020
  4. Fermentable fibers upregulate suppressor of cytokine signaling1 in the colon of mice and intestinal Caco-2 cells through butyrate production., Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 84巻, 11号, 2020
  5. Citrus limon Peel Powder Reduces Intestinal Barrier Defects and Inflammation in a Colitic Murine Experimental Model., Foods (Basel, Switzerland), 10巻, 2号, 2021
  6. Fermented date residue extract mix containing gamma-aminobutyric acid augments the immune function of mouse splenocytes., Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 85巻, 7号, 2021
  7. Curcumin increases heat shock protein 70 expression via different signaling pathways in intestinal epithelial cells., Archives of biochemistry and biophysics, 707巻, 2021
  8. Propionate and Dietary Fermentable Fibers Upregulate Intestinal Heat Shock protein70 in Intestinal Caco-2 Cells and Mouse Colon., Journal of agricultural and food chemistry, 69巻, 30号, 2021
  9. 3,5,7,3',4'-Pentamethoxyflavone Enhances the Barrier Function through Transcriptional Regulation of the Tight Junction in Human Intestinal Caco-2 Cells., Journal of agricultural and food chemistry, 69巻, 35号, 2021
  10. Ammonia impairs tight junction barriers by inducing mitochondrial dysfunction in Caco-2 cells., FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 35巻, 11号, 2021
  11. Hydrogen sulfide suppresses the proliferation of intestinal epithelial cells through cell cycle arrest., Archives of biochemistry and biophysics, 712巻, 2021
  12. N-butyrate increases heat shock protein 70 through heat shock factor 1 and AMP-activated protein kinase pathways in human intestinal Caco-2 cells, ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 736巻, 20230301
  13. Lentilactobacillus hilgardii H-50 strongly inhibits lipopolysaccharide-induced inflammatory responses in mouse splenocytes via its specific surface layer proteins, JOURNAL OF APPLIED MICROBIOLOGY, 134巻, 3号, 20230301
  14. Screening of Optimal CpG-Oligodeoxynucleotide for Anti-Inflammatory Responses in the Avian Macrophage Cell Line HD11, JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 60巻, 1号, 202301
  15. Fermentable fibers upregulate suppressor of cytokine signaling1 in the colon of mice and intestinal Caco-2 cells through butyrate production, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2020
  16. Oral Administration of Flavonifractor plautii Strongly Suppresses Th2 Immune Responses in Mice, FRONTIERS IN IMMUNOLOGY, 11巻, 2020
  17. Naringenin promotes recovery from colonic damage through suppression of epithelial tumor necrosis factor-α production and induction of M2-type macrophages in colitic mice., Nutrition research (New York, N.Y.), 64巻, 2019
  18. Exopolysaccharides from Leuconostoc mesenteroides attenuate chronic kidney disease in mice by protecting the intestinal barrier, JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS, 52巻, pp. 276-283, 201901
  19. Recombinant mouse calcitonin gene-related peptide secreted by Lactococcus lactis inhibits lipopolysaccharide-induced inflammatory response in macrophages., Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 2018
  20. Recombinant Mouse Osteocalcin Secreted by Lactococcus lactis Promotes Glucagon-Like Peptide-1 Induction in STC-1 Cells., Current microbiology, 75巻, 1号, 2018
  21. Immune synergistic oligodeoxynucleotide from Lactobacillus rhamnosus GG enhances the immune response upon co-stimulation by bacterial and fungal cell wall components., Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 89巻, 10号, 2018
  22. Secretion of an immunoreactive single-chain variable fragment antibody against mouse interleukin 6 by Lactococcus lactis., Applied microbiology and biotechnology, 101巻, 1号, 2017
  23. Synergistic oligodeoxynucleotide strongly promotes CpG-induced interleukin-6 production., BMC immunology, 18巻, 1号, 2017
  24. ★, Class A CpG Oligonucleotide Priming Rescues Mice from Septic Shock via Activation of Platelet-Activating Factor Acetylhydrolase., Frontiers in immunology, 8巻, 2017
  25. Genetically modified Lactococcus lactis producing a green fluorescent protein-bovine lactoferrin fusion protein suppresses proinflammatory cytokine expression in lipopolysaccharide-stimulated RAW 264.7 cells., Journal of Dairy Science
  26. ★, Development of a simple IgE-independent anaphylactic model using buckwheat antigen and B-type CpG oligodeoxynucleotide from Streptococcus thermophilus., Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 87巻, 5号, 2016
  27. Oral delivery of Lactococcus lactis that secretes bioactive heme oxygenase-1 alleviates development of acute colitis in mice., Microbial cell factories, 14巻, 2015
  28. ★, Inhibitory/suppressive oligodeoxynucleotide nanocapsules as simple oral delivery devices for preventing atopic dermatitis in mice., Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy, 23巻, 2号, 2015
  29. Generation of dipeptidyl peptidase-IV-inhibiting peptides from β-lactoglobulin secreted by Lactococcus lactis., BioMed research international, 2014巻, 2014
  30. Citrus limon Peel Powder Reduces Intestinal Barrier Defects and Inflammation in a Colitic Murine Experimental Model, FOODS, 10巻, 2号, 202102
  31. Curcumin increases heat shock protein 70 expression via different signaling pathways in intestinal epithelial cells, ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 707巻, 20210815
  32. Fermented date residue extract mix containing gamma-aminobutyric acid augments the immune function of mouse splenocytes, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 85巻, 7号, pp. 1753-1758, 20210624
  33. Propionate and Dietary Fermentable Fibers Upregulate Intestinal Heat Shock protein70 in Intestinal Caco-2 Cells and Mouse Colon, JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 69巻, 30号, pp. 8460-8470, 20210804
  34. 5,7-Dimethoxyflavone enhances barrier function by increasing occludin and reducing claudin-2 in human intestinal Caco-2 cells, JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS, 85巻, 202110
  35. 3,5,7,3 ',4 '-Pentamethoxyflavone Enhances the Barrier Function through Transcriptional Regulation of the Tight Junction in Human Intestinal Caco-2 Cells, JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 69巻, 35号, pp. 10174-10183, 20210908
  36. Hydrogen sulfide suppresses the proliferation of intestinal epithelial cells through cell cycle arrest, ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 712巻, 20211115
  37. Ammonia impairs tight junction barriers by inducing mitochondrial dysfunction in Caco-2 cells, FASEB JOURNAL, 35巻, 11号, 202111
  38. Supplemental Leuconostoc mesenteroides strain NTM048 attenuates imiquimod-induced psoriasis in mice, JOURNAL OF APPLIED MICROBIOLOGY, 131巻, 6号, pp. 3043-3055, 202112

著書等出版物

  1. 2022年11月10日, つくると食べるをつなぐサイエンス 最先端の生物生産学図鑑, 共著, J, 978-4-7699-1685-7

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 抗アレルギー作用を発揮する火落菌の選抜, 2023年 酪農科学シンポジウム, 2023年09月01日, 通常, 英語
  2. Lentilactobacillus hilgardii strain H-50の炎症応答抑制作用機構の解明, 安井 健太、鈴木 卓弥、山本 祥也, 2023年 酪農科学シンポジウム, 2023年09月01日, 通常, 日本語
  3. Lentilactobacillus hilgardii H-50株による免疫グロブリンAの誘導効果とその機構の解明, 金沢 里奈、服部 圭優、鈴木 卓弥、三本木 至宏、山本 祥也, 日本乳酸菌学会2023年度大会, 2023年07月07日, 通常, 日本語
  4. 2022年10月11日, 通常, 英語
  5. 抗アレルギー特性を有する火落菌の探索, Fan Rong、尾原 英、山口 智史、安井 健太、鈴木 卓弥、山本 祥也, 日本乳酸菌学会2022年度大会, 2022年07月08日, 通常, 日本語
  6. 抗炎症特性を有するLentilactobacillus hilgardii H-50株の構成成分の機能解析, 安井 健太、山口 智史、市川 健之助、Fan Rong、鈴木 卓弥、山本 祥也, 日本乳酸菌学会2022年度大会, 2022年07月08日, 通常, 日本語
  7. Lactobacillus hilgardii H-50株の炎症抑制作用機構の解明, 安井 健太、山口 智史、市川 健之助、鈴木 卓弥、山本 祥也, 日本農芸化学会2021年度西日本・中四国・関西支部合同大会, 2021年09月25日, 通常, 日本語
  8. 炎症抑制効果を発揮する火落菌の探索, 山口 智史, 尾原 英, 鈴木 卓弥, 山本 祥也, 日本農芸化学会中四国支部 第59回講演会, 2021年06月12日, 通常, 日本語
  9. 発酵デーツ残渣エキス混合物による自然免疫応答の増強機構の解析, 服部 圭優, 三本木 至宏, 藤井 創太郎, Thanutchaporn Kumrungsee 長谷川 桃子, 吉田 充史, 鈴木 卓弥, 山本 祥也, 日本農芸化学会中四国支部 第59回講演会, 2021年06月12日, 通常, 日本語
  10. IgA誘導におけるClass A CpGオリゴDNAのアジュバント効果, 山本 祥也, 大館 佳歩, 鈴木 卓弥, 日本農芸化学会2021年度大会, 2021年03月19日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会
  11. 抗アレルギー特性を有する火落乳酸菌の探索, 尾原 英, 鈴木 卓弥, 山本 祥也, 日本農芸化学会2020年度中四国支部大会(第58回講演会), 2021年01月23日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部
  12. デーツ残渣発酵物による免疫調節作用の探索, 服部 圭優, 三本木 至宏, 長谷川 桃子, 吉田 充史, 山本 祥也, 日本農芸化学会2020年度中四国支部大会(第57回講演会), 2020年09月18日, 通常, 日本語
  13. Class C CpGオリゴDNAによる抗菌ペプチドLipocalin2の誘導効果, 山口 智史, 鈴木 卓弥, 山本 祥也, 日本農芸化学会2020年度中四国支部大会(第57回講演会), 2020年09月18日, 通常, 日本語
  14. A型オリゴDNAの自由摂取による生体防御機能への影響, 石丸 絢也香, 鈴木 卓弥, 山本 祥也, 第52回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2019年10月27日, 通常, 日本語
  15. 微生物由来オリゴDNAを用いた生体防御機能を増強する機能性食品・飼料素材の開発, 山本祥也, 石丸絢也香, 鈴木卓弥, 超異分野学会 益田フォーラム2019, 2019年07月25日, 通常, 日本語, 株式会社リバネス, 島根県芸術文化センター グラントワ
  16. 2019年日本核酸医薬学会第5回年会, 2019年07月10日, 通常, 日本語, 日本核酸医薬学会, 大阪府 阪急エキスポパーク
  17. 微生物由来核酸分子を用いた敗血症の予防効果と機能性食品素材への応用, 山本祥也, 石丸絢也香, 鈴木卓弥, 2019年度日本乳酸菌学会泊まり込みセミナー, 2019年05月10日, 通常, 日本語, 日本乳酸菌学会, 愛媛県県民文化会館ひめぎんホール
  18. Flavonifractor plautiiの経口投与によるTh2免疫応答の抑制効果, 荻田佑、山本祥也、三上彩音、下里剛士, 荻田佑、山本祥也、三上彩音、下里剛士, 日本農芸化学会大会2019, 2019年03月25日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 東京農業大学
  19. グァーガム摂取による腸管上皮SOCS1上昇は抗生物質投与により消失する, 御手洗綾, 山本祥也, 鈴木卓弥, 第51回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, 日本栄養・食糧学会, 広島大学
  20. 慢性腎臓病における腸管バリア損傷の分子機序の探索, 赤谷俊亮, 山本祥也, 鈴木卓弥, 第51回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, 日本栄養・食糧学会, 広島大学
  21. 乾癬モデルマウスは腸管のバリア損傷と炎症を引き起こす, 中野智裕, 山本祥也, 鈴木卓弥, 第51回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, 日本栄養・食糧学会
  22. 乳業用乳酸菌由来オリゴDNAによるCXCL5誘導作用, ZAYADORJ TSEND-AYUSH, 安倍暢大, 山本祥也, 荻田佑, 下里剛士, 日本畜産学会第125回大会, 2018年03月28日, 通常, 日本語, 日本畜産学会, 麻布大学

受賞

  1. 統合生命科学研究科奨励賞, 広島大学

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究), Class A CpGオリゴDNAナノカプセルを用いた経口粘膜アジュバントの開発, 2021年, 2022年
  2. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), オリゴDNAナノカプセルを用いた敗血症に対する機能性食品の創製研究, 2018年, 2019年

社会活動

学術雑誌論文査読歴

  1. 2019年, その他, 1