伊藤 公訓Masanori Ito

Last Updated :2021/04/05

所属・職名
病院(医) 教授
自己紹介
胃癌一次予防など予防医学を専門にしています。

基本情報

主な職歴

  • 2007年07月01日, 2016年03月31日, 広島大学, 病院消化器内科, 講師
  • 1994年04月01日, 1996年05月31日, 済生会呉病院, 医員
  • 1996年06月01日, 2000年05月31日, 広島鉄道病院, 医長
  • 2000年06月01日, 2002年09月30日, 広島大学, 保健管理センター, 助手
  • 2002年10月01日, 2007年06月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 助手
  • 2016年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 准教授
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 准教授
  • 2019年10月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 総合内科・総合診療科, 教授

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 日本, 1988年04月, 1992年03月
  • 広島大学, 医学部, 日本, 1982年04月, 1988年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 消化器内科学

研究キーワード

  • 胃癌
  • 胃炎
  • 慢性胃炎

所属学会

  • 日本内科学会、日本消化器病学会、日本癌学会、日本ヘリコバクター学会、日本がん検診学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), コミュニケーション学
  2. 2021年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  3. 2021年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学I
  4. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 公衆衛生学特別研究(保健行政・医療管理学)
  5. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 公衆衛生学特別研究(保健行政・医療管理学)
  6. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 総合医療実践学特論
  7. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 総合診療医学特別演習
  8. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 総合診療医学特別演習
  9. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 総合診療医学特別研究
  10. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 総合診療医学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Minute carcinoid arising in gastric tubular adenoma, Histopathology., 15巻, 1号, pp. 96-99, 19890701
  2. Epidermal growth factor induces the expression of its receptor gene in human gastric carcinoma cell line TMK-1, Jpn J Cancer Res, 80巻, 8号, pp. 743-746, 19890801
  3. Expression of TGF-β and procollagen type I and type III in human gastric carcinomas, Int J Cancer., 44巻, 3号, pp. 394-398, 19890901
  4. Cytogenetical analysis of the human gastric carcinoma cell line TMK-1, Hiroshima J Med Sci, 38巻, 3号, pp. 121-124, 19890901
  5. Papillary adenoma of the stomach. Pathologic and immunohistochemical study., Arch Pathol Lab Med., 113巻, 9号, pp. 1030-4, 19890901
  6. セリンプロテアーゼインヒビター(TAPP-Br)のヒト胃癌培養細胞に対する増殖抑制効果, 消化器癌の発生と進展, 2号, pp. 295-299, 19900101
  7. 増殖因子からみたヒト消化器癌, Oncologia, pp. 22: 39-44, 19900101
  8. EGF and TGF-α, the ligands of hyperproduced EGFR in human esophageal carcinoma cells, act as autocrine growth factors, Int J Cancer, 45巻, 1号, pp. 131-135, 19900101
  9. Expression of several growth factors and their receptor genes in human colon carcinomas., Virchows Arch B Cell Pathol Incl Mol Pathol, 59巻, 3号, pp. 173-8., 19900101
  10. Effect of epidermal growth factor on rat stomach carcino-genesis induced by N-methyl-N’-nitro-N-nitrosoguanidine, Acta Pathol Jpn, 40巻, 3号, pp. 165-71, 19900301
  11. Expression of several growth factors and their receptor genes in human colon carcinomas, Virchows Arch B Cell Pathol Incl Mol Pathol., 59巻, 3号, pp. 173-178, 19900401
  12. Expression of ERBB2 in human gastric carcinomas: Relationship between p185ERBB2 expression and the gene amplification, 8002-8009, 50巻, 24号, pp. 8002-9, 19901201
  13. 移植腎病理組織診断におけるmicrowave固定法の応用, 移植, pp. 26: 246-252,, 19910101
  14. 消化管・消化器疾患のとらえかた 眼で見るベットサイドの病態生理, 文光堂, 19910101
  15. 胃癌の新しい予後因子, 癌と化学療法, pp. 19: 26-33, 19920101
  16. 癌の増殖、進展におけるTGFβの役割, 実験医学, pp. 10: 89-93, 19920101
  17. Reduced levels of transforming growth factor-beta type I receptor in human gastric carcinomas., Jpn J Cancer Res, 83巻, 1号, pp. 86-92, 19920101
  18. 肝線維化マーカーとしてのアポリポ蛋白A1の臨床的検討, 医療, 46巻, pp. 980-984, 19920101
  19. monoclonal antibody capable of detecting new differentiation antigen of the stomach, Int J Cancer, 50巻, 4号, pp. 523-7, 19920201
  20. Growth inhibition of TGF β on human gastric carcinoma cells : Receptor and Post receptor signaling, Cancer Research, 52巻, pp. 295-300, 19920401
  21. Reduced levels of TGF-β type I receptor in Human gastric cancinomas, Jpn.J.Cancer Res., 83巻, pp. 86-92, 19920401
  22. Reduced tumorigenicity and cell motility of a gastric-carcinoma cell-line by introduction of wild-type p53 gene., Int J Oncol, 3巻, 2号, pp. 265-71, 19930801
  23. 十二指腸潰瘍の臨床像とHp感染, 消化器の臨床, pp. 1,51-54, 19950101
  24. Helicobacter pylori除菌治療の成績と副作用についての検討, 消化器科, 23巻, pp. 692-698, 19960401
  25. Helicobacter pylori (Hp) 除菌後に発生した逆流性食道炎, クリニカ, 23巻, pp. 7-10, 19960401
  26. 大腸カルチノイド112病変の臨床病理学的検討?内視鏡的切除適応基準について?, 49巻, 8号, pp. 1033-1040, 19960401
  27. 胃粘膜の組織所見と胃粘膜内IL-8含量の対比 ?レバミピド投与前後の変化を含めて-。, 消化器科, 24巻, pp. 681-688, 19970401
  28. 酸分泌抑制剤治療と胃粘膜萎縮, 消化器科, 24巻, pp. 112-116, 19970401
  29. Changing pattern of gastric cancer in Japan, 2nd International Gastric Cancer Congress= Munich, 19970612
  30. Enhanced expression of inducible Nitric Oxide Synthase and Nitrotyrosine in gastric mucosa of gastric cancer patients, Clin Cancer Res, 5巻, 6号, pp. 1411-5., 19990601
  31. Expression of cell cycle regulators and growth factor/receptor systems in gastric carcinoma in young adults: Association with Helicobacter pylori infection, Int. J. Molecular Med., pp. 5: 185-190, 20000101
  32. Helicobacter pylori infection is a major risk factor for gastric carcinoma in young patients, Scand J Gastroenterol, 35巻, 3号, pp. 255-259, 20000301
  33. 血中ペプシノゲンによる胃癌検診法についての調査(第8報), 53巻, 12号, pp. 1161-1163, 20000401
  34. 便潜血による大腸癌集団検診法についての調査(第15報);, 53巻, 12号, pp. 1164-1168, 20000401
  35. Non-ulcer dyspepsiaに対するH.pylori除菌治療の効果, 消化器科, 31巻, 3号, pp. 259-264, 20000401
  36. 胃炎の治療はどのようにして行うのか?, Progress in Medicine, 20巻, pp. 1767-1771, 20000401
  37. H pylori 除菌後の胃粘膜の組織学的形態と機能の変化, Therapeutic Research, pp. 22(8) 1917-1921, 20000426
  38. Reduction in the incidence of Helicobacter pylori-associated carcinoma in Japanese young adults, ONCOLOGY REPORTS, 8巻, 3号, pp. 633-636, 2001
  39. NSAID起因性胃病変, 医学と薬学, 45巻, pp. 190-195, 20010101
  40. ペプシノゲン陰性胃がんとその対策, ペプシノゲン法ハンドブック, pp. 50-52, 20010101
  41. EMBのための臨床データブック, 臨床医27, pp. 340-341, 20010101
  42. Helicobacter pyloriと胃ポリープ、胃がん, 内科, 87巻, pp. 1120-2, 20010101
  43. 内視鏡診断の普及と胃食道逆流症の診断率向上, 総合臨床, 50巻, pp. 2026-28, 20010101
  44. Helicobacter pyloriの感染症の疫学, 最新医学, 56巻, pp. 982-8, 20010101
  45. 胃炎の治療はどのようにして行うのか, 20巻, pp. 1767-1771, 20010101
  46. 医・歯学部学生、職員のツベルクリン反応におけるブースター効果に関する検討, 総合保健科学, 17巻, pp. 7-11, 20010101
  47. 腹部超音波検査にて発見された腸重積症を伴う大腸癌の一例, 広島医学, 52巻, pp. 383-387, 20010101
  48. Helicobacter pylori感染症と疾患多様性について, 広島医学, 48巻, pp. 605-607, 20010101
  49. rIFN-alpha-2b治療中に急性腎不全を発症したC型慢性肝炎の1例, 広島医学, 47巻, pp. 589-592, 20010101
  50. 大腸内視鏡的治療, 広島医学, 47巻, pp. 1624-1626, 20010101
  51. 高齢者に発症した壊死性リンパ節炎の1例-典型例との免疫組織化学的比較を含めて, 臨床と研究, 71巻, pp. 139-141, 20010101
  52. 慢性B型肝炎に対するインターフェロン-alpha再治療の効果, 広島医学, 46巻, pp. 692-696, 20010101
  53. HCV関連肝細胞癌の臨床的検討-とくにその予後に関して, 医療, 47巻, pp. 92-98, 20010101
  54. 慢性C型肝炎に対するインターフェロン療法-血清TNF-alphaの反応に関して, 医療, 47巻, pp. 394-398, 20010101
  55. 肝線維化マーカーとしての血清ヒアルロン酸の臨床的検討, 広島医学, 46巻, pp. 1305-1308, 20010101
  56. 心転移をきたした膵ラ氏島癌の3例, 胆と膵, 14巻, pp. 1203-1206, 20010101
  57. New prognostic factors in human gastric carcinomas, 癌と化学療法, 19巻, 1号, pp. 26-33, 20010101
  58. 血清PⅢP、IVコラーゲン7S、ラミニンP1と腹腔鏡所見の比較検討, 広島医学, 45巻, pp. 999-1001, 20010101
  59. スキルス胃癌の間質形成に及ぼすTGFーβの役割, Biotherapy, 5巻, pp. 1424-1430, 20010101
  60. 高齢者食道未分化癌, 癌の臨床, 36巻, pp. 1014-1018, 20010101
  61. 病理組織診断学における免疫組織化学の応用と実際-パラフィン包埋ブロックを用いた 酵素抗体法-III. Hybridization histochemistoryと酵素抗体法の比較, 広島医学, 42巻, pp. 886-892, 20010101
  62. 胃腺腫の細胞構築と組織発生, 消化器癌の発生と進展, 1巻, pp. 23-27, 20010101
  63. 胃ポリープ, 臨床医, 21巻, pp. 1250-1251, 20010101
  64. 住民がん検診及び基本健康診査専門委員会 血中ペプシノゲンによる胃癌検診法についての調査, 広島医学, 54巻, 12号, pp. 978-981, 20010301
  65. H.pylori除菌後の胃粘膜の組織学的形態と機能の変化—長期経過例について—, Ther Res, 22巻, 8号, pp. 1917-1922, 20010301
  66. 特集 Helicobacter pylori除菌失敗例の取り扱い粘膜防御因子増強薬併用, Helicobacter Research, 5巻, 5号, pp. 473-478, 20010301
  67. 健康診断における生活習慣病危険因子とその推移, 総合保健科学-広島大学保健管理センター研究論文集-, 17巻, pp. 47-52, 20010301
  68. Helicobacter pylori eradication therapy for high-grade mucosa-associated lymphoid tissue lymphomas of the stomach with nalysis of p53 and K-ras alteration and microsatellite instability, Int J Oncol, 18巻, pp. 1207-1212, 20010401
  69. Microsatellite instability at D18S61 is associated with no regression of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma after Helicobacter pylori eradication, Oncol.Rep., 8巻, pp. 293-297, 20010401
  70. Helicobacter pylori除菌治療により消失した胃多発性過形成性ポリープの2例, 消化器内視鏡, 13巻, pp. 854-858, 20010401
  71. Reduction in the incidence of Helicobacter pylori-associated carcinoma in Japanese young adalts, Oncol.Rep., 8巻, pp. 633-636, 20010401
  72. Helicobacter pyloriの感染症の疫学, 最新医学, 56巻, 5号, pp. 982-988, 20010401
  73. Helicobacter pylori除菌後の急性十二指腸びらんの特徴, 消化器内視鏡, 13巻, 5号, pp. 785-790, 20010401
  74. Helicobacter pyloriと胃ポリープ・胃癌, 内科, 87巻, 6号, pp. 1120-1122, 20010401
  75. 粘膜防御因子増強薬併用, Helicobacter Research, 5巻, pp. 473-478, 20010401
  76. Helicobacter pylori除菌失敗例の取り扱い。粘膜防御因子増強薬併用。, Helicobacter Research, 5巻, pp. 473-478, 20010401
  77. Microsatellite instability at D18S61 is associated with no regression of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma after Helicobacter pylori eradication., Oncol Rep, 8巻, 2号, pp. 293-7, 20010401
  78. c-myc gene mutation in gastric mucosa-associated lymphoid tissue (MALT) lymphoma and diffuse large B-cell lymphoma, Oncol Rep, 8巻, 2号, pp. 289-92, 20010401
  79. H.pyloriによる胃粘膜障害, 2巻, 3-4号, pp. 10, 20010401
  80. Reduction in the incidence of Helicobacter pylori-associated carcinoma in Japanese young adults, Oncol Rep, 8巻, 3号, pp. 633-6, 20010501
  81. Helicobacter pylori eradication therapy for high-grade mucosa-associated lymphoid tissue lymphomas of the stomach with analysis of p53 and K-ras alteration and microsatellite instability, Int J Oncol, 18巻, 6号, pp. 1207-12, 20010601
  82. 血清ペプシノゲン法による10年間の地域胃集検、胃検診の逐年検診と推移, 日本消化器集団検診学会雑誌, pp. 39(5) 403-408, 20011001
  83. ペプシノゲン測定試薬(オートエースPGペプシノゲンIおよびオートエースPGペプシノゲンII)およびヘリコバクターピロリ検出用試薬(オートエースH.ピロリG)の臨床有用性の検討-胃炎例および胃癌例における臨床評価-, 医学と薬学, pp. 46(3) 427-436, 20011023
  84. Serological comparison of serum pepsinogen and antiparietal cell antibody levels between Japanese and German patients, EUROPEAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY, 14巻, 2号, pp. 123-127, 200202
  85. Serological comparison of serum pepsinogen and anti-parietal cell antibody levels between Japanese and German patients., Eur J Gastroenterol Hepatol., 14巻, 2号, pp. 123-127, 20020201
  86. Role of anti-parietal cell antibody in Helicobacter pylori-associated atrophic gastritis: Evaluation in a country of high prevalence of atrophic gastritis, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 37巻, 3号, pp. 287-293, 200203
  87. Role of anti-parietal cell antibody in Helicobacter pylori-associated atrophic gastritis: evaluation in a country of high prevalence of atrophic gastritis., Scand J Gastroenterol., 37巻, 3号, pp. 287-293, 20020301
  88. 中等度以上の萎縮性胃炎除菌後の長期経過について, Ther Res, 23巻, 6号, pp. 51-57, 20020301
  89. ペプシノゲン法(間接X線同時併用) PG(+),X線(−)にて発見した症例2, これからの胃がんスクリーニング 症例から考えるX線法.ペプシノゲン法によるベストアプローチ, pp. 108-111, 20020301
  90. 高齢者潰瘍の臨床的特徴とHelicobacter pylori除菌治療の意義づけ, これからの胃がんスクリーニング 症例から考えるX線法.ペプシノゲン法によるベストアプローチ, pp. 108-111, 20020301
  91. H.pylori時代の消化性潰瘍学-H.pylori発見20周年を記念して- XII.除菌後の長期予後 除菌後再発潰瘍の分析, 日本臨牀, 60巻, 2号, pp. 501-505, 20020301
  92. 特集 胃.食道疾患の最新情報−Helicobacter pylori除菌時代の知見を中心に<除菌後の問題点>今後の胃癌検診に与える影響, 内科, 89巻, 3号, pp. 480-483, 20020301
  93. 今後の胃癌検診に与える影響, 内科, 89巻, 3号, pp. 480-483, 20020301
  94. Long-term rebamipide therapy improves Helicobacter pylori-associated chronic gastritis, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 47巻, 4号, pp. 862-867, 200204
  95. 大学保健管理におけるリスクマネージメント, 総合保健科学-広島大学保健管理センター研究論文集-, 18巻, pp. 45-48, 20020401
  96. 消化器疾患の定番 -消化性潰瘍一酸、H.pylori,NSAID-, 消化器疾患のとらえかた-眼でみるベッドサイドの病態整理-, 1巻, 1号, pp. 65-72, 20020401
  97. 拡大内視鏡観察が深達度診断に有用であった大腸sm癌の1例, 消化器の臨床, 8巻, pp. 93-96, 20020401
  98. NSAIDとHelicobacter pylori 上皮細胞虚血マーカーの解析による一考察, 消化管の臨床, 8巻, pp. 93-96, 20020401
  99. Helicobacter pylori除菌療法後に発生した逆流性食道炎の長期経過, Ther Res, 23巻, 5号, pp. 18-20, 20020401
  100. H. pylori時代の消化性潰瘍学-H. pylori発見20周年を記念して-, 日本臨床, 60巻, pp. 774-778, 20020401
  101. H. pylori陽性者におけるニザチジンおよびポラプレジンクの13C-尿素呼気試験に与える影響, 新薬と臨床, 51巻, pp. 281-287, 20020401
  102. 10年以上の長期経過観察を行なったクローン病の臨床的検討, 広島医学, 55巻, pp. 93-96, 20020401
  103. Helicobacter pylori除菌後の胃・十二指腸びらん, 胃と腸, 37巻, pp. 545-551, 20020401
  104. 尿素呼気試験に対するテプレノン長期投与の影響, 臨床と研究, 79巻, pp. 873-876, 20020401
  105. NSAIDとHelocobacter pylori: 上皮細胞虚血マーカーの解析による一考察, 消化管の臨床, 80巻, pp. 35-40, 20020401
  106. Long-term rebamipide therapy improves Helicobacter pylori-associated chronic gastritis., Dig Dis Sci., 47巻, 4号, pp. 862-867, 20020401
  107. Implication of anti-parietal cell antibody levels in gastrointestinal diseases, including gastric carcinogenesis, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 47巻, 5号, pp. 1080-1085, 200205
  108. Implication of anti-parietal cell antibody levels in gastrointestinal diseases, including gastric carcinogenesis., Dig Dis Sci., 47巻, 5号, pp. 1080-1085, 20020501
  109. p53 Codon 72 polymorphism in gastric cancer susceptibility in patients with Helicobacter pylori-associated chronic gastritis., Int J Cancer., 100巻, 3号, pp. 304-308, 20020701
  110. p53 codon 72 polymorphism in gastric cancer susceptibility in patients with Helicobacter pylori-associated chronic gastritis, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 100巻, 3号, pp. 304-308, 20020720
  111. Helicobacter pylori eradication therapy improves atrophic gastritis and intestinal metaplasia: a 5-year prospective study of patients with atrophic gastritis., Aliment Pharmacol Ther., 16巻, 8号, pp. 1449-1456, 20020801
  112. Single administration of ecabet sodium diminishes the level of delta-13CO2 in urea breath test., J Gastroenterol., 37巻, 8号, pp. 674-675, 20020801
  113. 塩酸ラニチジンの臨床的メリットを薬理作用の面から探る, Medical Tribune, pp. 41-43, 20030301
  114. Helicobacter pylori 除菌後再発潰瘍の扱い—実態とその対策—, Helicobacter Research, 7巻, 5号, pp. 41-45, 20030301
  115. 当施設におけるHelicobacter pylori 除菌療法の実際と問題点, Helicobacter Research, 7巻, 3号, pp. 70-75, 20030301
  116. Significance of an exaggerated meal-stimulated gastrin response in pathogenesis of Helicobacter pylori-negative duodenal ulcer, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 48巻, 4号, pp. 644-651, 200304
  117. Isolated granulomatous gastritis successfully treated by Helicobacter pylori eradication: a possible association between granulomatous gastritis and Helicobacter pylori, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 38巻, 4号, pp. 371-375, 200304
  118. 大腸内視鏡治療後の遺残再発例の内視鏡的特徴像, 消化器内視鏡, 15巻, pp. 945-950, 20030401
  119. 大学における摂食障害学生に対するチーム医療の検討 -精神科と内科の連携の重要性-, 広島大学保健管理センター研究論文集, 19巻, pp. 7-12, 20030401
  120. 再生不良性貧血経過中に発症した再燃緩解型潰瘍性大腸炎の1例, 広島医学, 56巻, pp. 704-708, 20030401
  121. iNOS発現胃炎に対する血清マーカー, Progress in Medicine, 23巻, 8号, pp. 2223-2227, 20030401
  122. 再生不良性貧血経過中に発症した再燃緩解型潰瘍性大腸炎の1例, 広島医学, 56巻, 11号, pp. 704-708, 20030401
  123. 重症型逆流性食道炎の臨床像, 消化管の臨床, 9巻, pp. 103-106, 20030401
  124. 高齢者消化性潰瘍の臨床的検討, 消化管の臨床, 9巻, pp. 107-110, 20030401
  125. 大腸内視鏡治療後の遺残再発例の内視鏡的特徴像, 消化器内視鏡, 15巻, 7号, pp. 945-950, 20030401
  126. ペプシノゲン法による胃がん検診の有効性と評価について, 日本がん検診・診断学会, 10巻, 2号, pp. 72-75, 20030401
  127. Expression of hypoxia-inducible factor-l alpha is associated with tumor vascularization in human colorectal carcinoma, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 105巻, 2号, pp. 176-181, 20030610
  128. Review article: clinical significance of mucosal-protective agents: acid, inflammation, carcinogenesis and rebamipide, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 18巻, pp. 153-159, 200307
  129. Somatic mutation of mitochondrial DNA in Helicobacter pylori-associated chronic gastritis in patients with and without gastric cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 12巻, 2号, pp. 169-174, 200308
  130. Clinical significance of Fhit expression in development of colorectal carcinoma of various macroscopic types, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 12巻, 4号, pp. 437-442, 200310
  131. Helicobacter pylori infection influences expression of genes related to angiogenesis and invasion in human gastric carcinoma cells, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 311巻, 4号, pp. 809-814, 20031128
  132. Clinical significance of angiopoietin-2 expression at the deepest invasive tumor site of advanced colorectal carcinoma, Int J Oncol, 24巻, pp. 539-547, 20040201
  133. Clinicopathologic and endoscopic features of colorectal serrated adenoma:differences between polypoid and superficial types, Gastrointest Endosc, 59巻, 2号, pp. 213-219, 20040201
  134. Helicobacter pylori感染と酸分泌調節, Helicobacter Research, 8巻, 2号, pp. 31-37, 20040201
  135. 胃MALTリンパ腫に対するH.Pylori除菌治療後にdiffuse large B-cell lymphomaが出現した1例, 胃と腸, 39巻, 3号, pp. 316-322, 20040301
  136. 9.消化管粘膜下腫瘍の治療 1) 内視鏡的治療, 胃と腸, 39巻, 4号, pp. 511-520, 20040301
  137. Helicobacter pylori感染と酸分泌調節, Helicobacter Research, 31巻, 37号, pp. 31-37, 20040301
  138. III 高齢者におけるラニチジンの副作用と投与上の注意, Ranitidine Manual ラニチジン−20年の足跡−, pp. 46-50, 20040301
  139. 胃炎−胃粘膜の障害と修復−, Mebio, 21巻, 7号, pp. 8-13, 20040301
  140. 胃の炎症の質的診断とその治療, メディカル朝日, 34巻, 4号, pp. 3, 20040301
  141. Magnifying gastroendoscopy for diagnosis of histologic gastritis in the gastric antrum, DIGESTIVE AND LIVER DISEASE, 36巻, 4号, pp. 286-291, 200404
  142. 医師の説明に対する期待と法的に求められる医療水準。, 広島医学, 57巻, pp. 901-907, 20040401
  143. 消化管粘膜下腫瘍の治療 1) 内視鏡的治療, 胃と腸, 39巻, 4号, pp. 511-520, 20040401
  144. 大腸sm 癌における浸潤度の臨床診断 -拡大内視鏡診断を中心に-, 胃と腸, 39巻, 10号, pp. 1363-1373, 20040401
  145. Angiogenic switch occurs during the precancerous stage of human esophageal squamous cell carcinoma, Oncol Rep, 11巻, pp. 315-319, 20040401
  146. Chronic gastritis with expression of inducible nitric oxide synthase is associated with high expression of interleukin-6 and hypergastrinaemia, Aliment Pharmacol Ther, 19巻, pp. 1309-1314, 20040401
  147. Frequent loss of heterozygosity on chromosome 10p14-p15 in esophageal dysplasia and squamous cell carcinoma, Oncol Rep, 12巻, pp. 333-337, 20040401
  148. Magnifying gastroendoscopy for diagnosis of histologic gastritis in the gastric antrum, Dig Liver Dis, 36巻, pp. 286-291, 20040401
  149. Mucin phenotype and background mucosa of intramucosal differentiated-type adenocarcinoma of the stomach, Oncology, 66巻, 8号, pp. 379-387, 20040401
  150. クローン病に特徴的な対外式超音波像に関する検討, 消化管の臨床, 10巻, pp. 27-33, 20040401
  151. Chromosomal and microsatellite instability in sporadic gastric cancer, J Gastroenterol Hepatol, 19巻, pp. 756-760, 20040501
  152. Clinicopathologic features and endoscopic resection of early primary nonampullary duodenal carcinoma, J Clin Gastroenterol, 37巻, 5号, pp. 381-386, 20040501
  153. Magnifying colonoscopic features of ulcerative colitis reflect histologic inflammation, Inflamm Bowel Dis, 10巻, 6号, pp. 737-744, 20040601
  154. Chronic gastritis with expression of inducible nitric oxide synthase is associated with high expression of interleukin-6 and hypergastrinaemia, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 19巻, 12号, pp. 1309-1314, 20040615
  155. Magnifying colonoscopic features of ulcerative colitis reflect histologic inflammation, INFLAMMATORY BOWEL DISEASES, 10巻, 6号, pp. 737-744, 200411
  156. 医師の説明に対する期待と法的に求められる医療水準, 広島医学, 57巻, 11号, pp. 901-907, 20041101
  157. 炎症性腸疾患患者における妊娠出産に関する検討, 広島医学, 57巻, 11号, pp. 883-886, 20041101
  158. 内視鏡治療のみで経過観察可能な大腸 sm 癌の条件 臨床経過からの検証, 胃と腸, 39巻, 13号, pp. 1731-1743, 20041201
  159. Involvement of proinflammatory cytokines IL-1 beta and IL-6 in progression of human gastric carcinoma, ANTICANCER RESEARCH, 25巻, 2A号, pp. 709-713, 2005
  160. Biomarkers in patients with gastric inflammation: A systematic review, DIGESTION, 72巻, 2-3号, pp. 164-180, 2005
  161. Eradication of Helicobacter pylori increases the incidence of hyperlipidaemia and obesity in peptic ulcer patients, DIGESTIVE AND LIVER DISEASE, 37巻, 1号, pp. 39-43, 200501
  162. Effect of long-term half-dose famotidine therapy on corpus gastritis in peptic ulcer desease.;, Aliment Pharmacol Ther, 21巻, pp. 99-104, 20050101
  163. Eradication of Helicobacter pylori increases the incidence of hyperlipidaemia and obesity in peptic ulcer patients, Dig Liver Dis, 37巻, pp. 39-43, 20050101
  164. Infliximab therapy for Crohn’s disease in a patient with chronic hepatitis B, Dig Dis Sci, 50巻, 1号, pp. 163-166, 20050101
  165. 組織学的胃炎評価の臨床的意義と問題点, 消化器科, 41巻, 2号, pp. 128-133, 20050201
  166. 特集 胃癌危険群の設定をめぐって 5 萎縮性胃炎,腸上皮化生, The GI Forefront, 1巻, 2号, pp. 19-21, 20050201
  167. Involvement of proinflammatory cytokines IL-1β and IL-6 in progression of human gastric carcinoma, Anticancer Res, 25巻, pp. 709-714, 20050301
  168. Morphological changes in human gastric tumours after eradication therapy of Helicobacter pylori in a short-term follow-up, Aliment Pharmacol Ther, 21巻, pp. 559-566, 20050301
  169. H.pylori と胃炎,胃潰瘍, 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[上部消化管], pp. 279, 20050301
  170. 胃炎(Schindler 分類/木村・竹本分類/Sydney system), 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[上部消化管], pp. 288-290, 20050301
  171. 表層性胃炎病的意義はあるのか? 治療の適応は?, 臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス, pp. 96-97, 20050301
  172. Morphological changes in human gastric tumours after eradication therapy of Helicobacter pylori in a short-term follow-up, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 21巻, 5号, pp. 559-566, 20050301
  173. 消化管出血に対する画像診断法と今後の展開、体外式消化管超音波検査新しい画像検査, 胃と腸, 40巻, pp. 463-472, 20050401
  174. 症候性GERDの長期経過からみた病態と治療, 消化器科, 40巻, 3号, pp. 281-285, 20050401
  175. 慢性胃炎患者における胃癌予知因子, 消化管Network,小林絢三編,朝日新聞社事業開発部消化管Network編集室,東京,20050401, 6巻, 2号, pp. 36, 20050401
  176. Carditisは実在する疾患か?, Current Review Of Gastroenterology, 10巻, 1号, pp. 2月6日, 20050401
  177. 第91回日本消化器病学会総会 学会印象記, 胃と腸, 40巻, 8号, pp. 1116, 20050401
  178. Helicobacter oylori ニュース;第11回日本ヘリコバクター学会-臨床編-, Helicobacter Research, 9巻, 5号, pp. 66-67, 20050401
  179. Helicobacter pylori CagAから胃癌を考える, 消化管の臨床, 11巻, pp. 19-23, 20050401
  180. Biomarkers in patients with gastic inflammation: a systematic review., Digestion, 72巻, pp. 164-180, 20050401
  181. Relationship between histopathological features and type V pit pattern determined by magnifying videocolonoscopy in early colorectal carcinoma, Dig Endos, 17巻, pp. 117-122, 20050401
  182. ヘリコバクター・ピロリ感染と胃癌発生からみた胃内視鏡検診間隔, 日消集検誌, 43巻, pp. 449-457, 20050401
  183. Clinical features of gastric cancer discovered after successful eradication of Helicobacter pylori: results from a 9-year prospective follow-up study in Japan, Aliment Pharmacol Ther, 21巻, pp. 1121-1126, 20050501
  184. Clinical features of gastric cancer discovered after successful eradication of Helicobacter pylori: results from a 9-year prospective follow-up study in Japan, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 21巻, 9号, pp. 1121-1126, 20050501
  185. Effect of long-term half-dose famotidine therapy on corpus gastritis in peptic ulcer disease, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 21巻, pp. 99-104, 200506
  186. Effect of long-term half-dose famotidine therapy on corpus gastritis in peptic ulcer disease, Aliment Pharmacol Ther, 21巻, pp. 99-104, 20050601
  187. A combination of the Helicobacter pylori stool antigen test and urea breath test is useful for clinical evaluation of eradication therapy: A multicenter study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 20巻, 8号, pp. 1241-1245, 200508
  188. A combination of the Helicobacter pylori stool antigen test and urea breath test is useful for clinical evalution of eradication therapy : a multicenter study., J Gastroenterol Hepatol, 20巻, pp. 1241-1245, 20050801
  189. 潰瘍性大腸炎治療における免疫抑制剤(Azathioprine)の有用性, 広島医学, 58巻, 8号, pp. 472-477, 20050801
  190. Cardiac glands hyperplastic polyp of the stomach, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 20巻, 9号, pp. 1461-1463, 200509
  191. Loss of heterozygosity on chromosome 10p14-p15 in colorectal carcinoma, Pathobiology, 72巻, pp. 220-224, 20050901
  192. 難治性潰瘍性大腸炎における体外式超音波所見の有用性, 胃と腸, 40巻, 10号, pp. 1361-1370, 20051001
  193. ダブルバルーン小腸内視鏡が診断過程で有用であった小腸結核の1例, 胃と腸, 40巻, 11号, pp. 1553-1558, 20051101
  194. ダブルバルーン小腸内視鏡検査の有用性 体外式超音波検査および小腸造影との比較, 胃と腸, 40巻, 11号, pp. 1529-1538, 20051101
  195. Corrrespondence, Dig Liver Dis, 37巻, pp. 982, 20051201
  196. Evaluation of an ELISA for detection of anti-parietal cell antibody, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 53巻, 67号, pp. 11-14, 2006
  197. Development of a novel method to detect Helicobacter pylori cagA genotype from paraffin-embedded materials: Comparison between patients with duodenal ulcer and gastric cancer in young Japanese, DIGESTION, 73巻, 1号, pp. 47-53, 2006
  198. Causal role of Helicobacter pylori infection and eradication therapy in gastric carcinogenesis., World J Gastroenterol, 12巻, 1号, pp. 10-16, 20060101
  199. Lymphatic vessel density at the site of deepest penetration as a predictor of lymph node metastasis in submucosal colorectal cancer, Dis Colon Rectum, 50巻, 1号, pp. 13-21, 20060101
  200. 慢性胃炎の診断と分類, 臨床に役立つ消化器疾患の診断基準・病型分類・重症度の用い方, pp. 36-38, 20060301
  201. The effect of Helicobacter pylori eradication therapy on gastric ulcer healing after endoscopic mucosal resection, JOURNAL OF CLINICAL GASTROENTEROLOGY, 40巻, 4号, pp. 293-296, 200604
  202. The effect of Helicobacter pylori eradication therapy on gastric ulcer healing after endoscopic mucosal resection, J Clin Gastroenterol, 40巻, 4号, pp. 293-296, 20060401
  203. 大腸EMR,ESDの標準的適応。, 消化器内視鏡, 18巻, pp. 1158-1165, 20060401
  204. 「食道炎:食道腺癌の発生率とリスク(地域住民をベースにしたコホート研究)」Am J Gastroenterol 20060401, 101, 1260-1267の要約, Am J Gastroenterol 日本語版, 1巻, 3号, pp. 8月8日, 20060401
  205. 抗壁細胞抗体と血清ペプシノゲン法を用いた胃癌スクリーニング, 消化器科, 43巻, 2号, pp. 128-133, 20060401
  206. 抗ウイルス剤と白血球除去療法の併用にて粘膜の改善を認めた難治性潰瘍性大腸炎の1例, 広島医学, 59巻, 9号, pp. 719-722, 20060401
  207. 好酸球性胃炎・肉芽腫性胃炎・リンパ球性胃炎, Helicobacter Research, 10巻, 1号, pp. 25-29, 20060401
  208. Ⅰ. 未病の臨床;4. 消化器と未病 ?消化器疾患の未病と対策;A. 消化器疾患と未病(ピロリ菌を中心に), 次世代の医学・医療がわかる未病医学 臨床;日本未病システム学会 株式会社金芳堂 20060401, pp. 65-69, 20060401
  209. A case of crohn’s dissease with hydronephrosis caused by ureteropelvic junction obstruction., Eur J Gastroenterol Hepatol, 18巻, 9号, pp. 1015-1017, 20060401
  210. Development of a novel method to detect Helicobacter pylori cagA genotype from paraffin-embedded materials: comparison between patients with duodenal ulcer and gastric cancer in young Japanese, Digestion, 73巻, pp. 47-53, 20060401
  211. 上部消化管内視鏡検診の現状および受診者側の期待度 ?内視鏡検診の標準的方法の策定に向けて?, 日消がん検診誌, 44巻, 4号, pp. 406-416, 20060401
  212. Surface structure of antral gastric mucosa represents the status of histologic gastritis: Fundamental evidence for the evaluation of antral gastritis by magnifying endoscopy, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 21巻, 5号, pp. 837-841, 200605
  213. Anti-parietal cell antibody and serum pepsinogen assessment in screening for gastric carcinoma, DIGESTIVE AND LIVER DISEASE, 38巻, 5号, pp. 303-307, 200605
  214. Surface structure of antral gastric mucosa represents the status of histologic gastritis: fundamental evidence for the evaluation of antral gastritis by magnifying endoscopy., J Gastroenterol Hepatol, 21巻, pp. 837-841, 20060501
  215. EMR・ESD の標準的適応 ?EMRと ESD の使い分け?, 消化器内視鏡, 18巻, 7号, pp. 1158-1165, 20060701
  216. UC10万人時代の大腸内視鏡検査:治療効果判定の画像検査は, いつ, どのように行うか ?体外式超音波検査を含めて?, 消化器内視鏡, 18巻, 8号, pp. 1241-1250, 20060801
  217. A case of Crohn's disease with hydronephrosis caused by ureteropelvic junction obstruction, EUROPEAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY, 18巻, 9号, pp. 1015-1018, 200609
  218. Helicobacter pylori infection is the major risk factor for gastric inflammation in the cardia, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 51巻, 9号, pp. 1582-1588, 200609
  219. Helicobacter pylori infection is the major risk factor for gastric inflammation in the cardia, Dig Dis Sci, 51巻, pp. 1582-1588, 20060901
  220. 胃カルチノイドの診断と治療, 臨牀消化器内科, 21巻, 10号, pp. 1393-1398, 20061001
  221. 難治性口内炎に対するエカベトナトリウムの効果の検討, 新薬と臨牀, 55巻, 10号, pp. 46-54, 20061001
  222. ダブルバルーン内視鏡が診断に有用であった空腸癌の 1例, 胃と腸, 41巻, 12号, pp. 1707-1711, 20061201
  223. クローン病における mucosal healing(粘膜治癒)の重要性, IBD Research, 1巻, 2号, pp. 120-124, 20070201
  224. Immune response to cagA protein is associated with improved platelet count after Helicobacter pylori eradication in patients with idiopathic thrombocytopenic purpura, Helicobacter, 12巻, pp. 36-42, 20070201
  225. Meta-analysis of the effects of prokinetic agents in patients with functional dyspepsia, J Gastroenterol Hepatol, 22巻, pp. 304-310, 20070301
  226. Host factors contributing to the discovery of gastric cancer after successful eradication therapy of Helicobacter pylori:preliminary report, J Gastroenterol Hepatol, 22巻, pp. 571-576, 20070401
  227. Helicobacter pylori-associated gastritisis related to babA2expression without heterogeneity of the 3' region of the cagA genotype in Gastric Biopsy Specimens, Pathobiology, 74巻, 5号, pp. 1-7, 20070401
  228. 消化性潰瘍のために入院した手術患者と非手術患者における胃癌の部位別の長期リスク, Am J Gastroenterol 日本語版(論文要約), 2巻, 3号, pp. 16-17, 20070401
  229. Narrow Band Imaging (NBI) 拡大観察が範囲診断に有用であった Barrett 食道腺癌の1例, 消化管の臨床, 13巻, pp. 31-37, 20070401
  230. Helicobacter pylori 陽性胃癌と陰性胃癌の比較 臨床の立場から, 胃と腸, 42巻, 6号, pp. 981-988, 20070501
  231. Reduction in gastric cancer mortality by screening based on serum pepsinogen concentration: A case-control study, Scand J Gastroenterol, 42巻, pp. 760-764, 20070601
  232. Efficacy of rabeprazole on heartburn symptom resolution in patients with non-erosive and erosive gastro-oesophageal reflux disease: a multicenter study from Japan, Aliment Pharmacol Ther, 26巻, pp. 677-679, 20070701
  233. Helicobacter pylori 感染と胃悪性腫瘍のリスク, Am J Gastroenterol 日本語版(論文要約, 2巻, 2号, pp. 10-11, 20070701
  234. Reg IV is a serum biomarker for gastric cancer patients and predicts response to 5-fluorouracil-based chemotherapy., Oncogene, 26巻, 30号, pp. 4383-4393, 20070701
  235. Efficacy of rabeprazole on heartburn symptom resolution in patients with non-erosive and erosive gastro-oesophageal reflux disease: a multicenter study from Japan, ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 26巻, 1号, pp. 69-77, 20070701
  236. Serum pepsinogen levels in the Japanese population: Prospective study of 9 years of follow-up, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 54巻, 78号, pp. 1887-1890, 200709
  237. Helicobacter pylori と除菌後判定, 予後, 臨牀消化器内科, 22巻, 9号, pp. 1185-1190, 20070901
  238. Treatment of functional dyspepsia with serotonin agonists: A meta-analysis of randomized controlled trials, J Gastroenterol Hepatol, 22巻, pp. 1566-1570, 20071001
  239. Helicobacter pylori 検査を検診に導入する意義は?, Helicobacter Research, 11巻, 6号, pp. 14-19, 20071201
  240. Serum concentration of Reg IV in patients with colorectal cancer: Overexpression and high Reg IV serum level is associated with liver metastasis., Oncology, IN PRESS巻, 20071201
  241. Role of Helicobacter pylori infection and chronic inflammation in gastric cancer in the cardia, Jpn J Clin Oncol, 37巻, pp. 365-369, 20071213
  242. Relation between histologic gastritis and gastric motility in Japanese patients with functional dyspepsia: evaluation by transabdominal ultrasonography, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 43巻, 5号, pp. 332-337, 2008
  243. Role of the Gastrin-Gastrin Receptor System in the Expansive Growth of Human Gastric Neoplasms, DIGESTION, 78巻, 2-3号, pp. 163-170, 2008
  244. Presence of Poorly Differentiated Component Correlated with Submucosal Invasion in the Early Diffuse-type Gastric Cancer, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 55巻, 88号, pp. 2264-2268, 2008
  245. Helicobacter pylori Q&A No.127 Helicobacter pylori 除菌治療後の胃癌をみつけるコツを教えてくださいに対する回答, Helicobacter Research, 12巻, 5号, pp. 64-66, 20080117
  246. 腸型Behcet病・単純性潰瘍, 消化器内視鏡, 20巻, 8号, pp. 1293-1299, 20080124
  247. 胃癌 gastric cancer, 病気と薬パーフェクトBOOK 2008, pp. 1412-1416, 20080301
  248. (6) 非上皮性腫瘍と鑑別の必要な疾患 a. 粘膜下腫瘍様形態の大腸癌, 早期大腸癌, pp. 1412-1416, 20080301
  249. Helicobacter pylori 除菌治療後の胃癌をみつけるコツを教えてください, Helicobacter Research, 12巻, 5号, pp. 64-66, 20080301
  250. 7. 小腸腫瘍性疾患の内視鏡診断, 胃と腸, 43巻, 4号, pp. 477-488, 20080613
  251. 1. 小腸腫瘍性疾患 5)脂肪腫, 胃と腸, 43巻, 4号, pp. 553-558, 20080613
  252. 大腸腫瘍性病変に対する narrow band imaging (NBI) の有用性, 胃と腸, 43巻, 6号, pp. 881-891, 20080624
  253. Evaluation of gastric cancer risk using topography of histological gastritis: A large-scaled cross-sectional study, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 53巻, 7号, pp. 1818-1823, 200807
  254. 食道の運動機能検査 インフュージョンカテーテル法による食道内圧検査, 消化管Network,吉川敏一編,朝日新聞社事業開発部消化管Network編集室,東京,2008, pp. 72-73, 20080930
  255. Relation between histologic gastritis and gastric motility in Japanese patients with functional dyspepsia: evaluation by transabdominal ultrasonography, J Gastroenterol, 43巻, pp. 332-227, 20081201
  256. Role of the gastrin-gastrin receptor system in the expansive growth of human gastric neoplasms, Digestion, 78巻, pp. 163-170, 20081201
  257. 本邦における NSAID 起因性胃粘膜障害予防のための併用薬調査, 消化器の臨床, 14巻, pp. 7-9, 20081201
  258. Helicobacter pylori 除菌後に発見された胃癌症例の臨床病理学的特徴 多施設集計 100症例の検討から, 胃と腸, 43巻, 12号, pp. 1810-1819, 20081201
  259. 第4章 食道の運動機能 4 その他の食道運動異常, 臨牀消化器内科, 23巻, 7号, pp. 63-69, 20081201
  260. 専門医に聞くこの病気 胃潰瘍を知ろう<前編>, RE・CREA Style, pp. 15, 20090301
  261. One point adovice: ピロリ菌除菌治療と急性出血性大腸炎, RE・CREA Style, pp. 15, 20090301
  262. One point adovice: ピロリ菌除菌治療と急性出血性大腸炎, Medical Practice, 29巻, 8号, pp. 1414, 20090301
  263. 第8章 消化器系 3.抗潰瘍薬, ナースのための読み解く薬理学, pp. 150-156, 20090301
  264. Q1 H2受容体拮抗薬(H2RA)とプロトンポンプ阻害薬(PPI)は, どのように使い分けるのでしょうか?についての回答, ナースのための読み解く薬理学, pp. 157, 20090301
  265. Q2 ヘリコバクター・ピロリ除菌治療後の効果判定は, どのようにするのでしょうか?についての回答, ナースのための読み解く薬理学, pp. 158, 20090301
  266. 脂肪吸収不全症 lipid malabsorption, 内科学書 , pp. 350-351, 20090301
  267. 「抄訳・解説」消化性潰瘍患者において早期の除菌治療が胃癌リスクを減少させる, The GI Forefront, 5巻, 2号, pp. 77, 20090301
  268. Cheilitis granulomatosa as an early manifestation of Crohn's disease, Clin J Gastroenterol, 2巻, pp. 190-193, 20090501
  269. Pathogenetic role of the tyrosine-phosphorylated CagA EPIYA sequence of Helicobacter pylori in histological gastritis in Japanese patients, J Gastroenterol, 44巻, 5号, pp. 405-411, 20090501
  270. Clinical prevention of gastric cancer by Helicobacter pylori eradication therapy: a systematic review, J Gastroenterol, 44巻, 5号, pp. 365-371, 20090501
  271. Little necessity of acid inhibition against proton pump inhibitor rebound effects and prior Helicobacter pylori eradication therapy in gastric ulcer patients: a randomized prospective study, Hepatogastroenterology, 56巻, 91-92号, pp. 624-628, 20090601
  272. Ecabet sodium induces neuronal nitric oxide synthase-derived nitric oxide synthesis and gastric adaptive relaxation in the human stomach, J Gastroenterol, 44巻, 8号, pp. 1118-1124, 20090801
  273. 胃底腺ポリープ頂部に発生した胃癌の1例, 消化管Network,吉川敏一編,朝日新聞社事業開発部消化管Network編集室,東京,2009, 10巻, 1号, pp. 9, 20091001
  274. ガストリノーマ, Medical Practice, 26巻, 2号, pp. 332-333, 20091001
  275. Helicobacter pylori の除菌後に発見された胃癌症例の臨床像, Helicobacter Research, 13巻, 1号, pp. 16-20, 20091001
  276. Evaluation of gastric cancer risk using topography of histological gastritis: a large-scaled cross-sectional study, Dig Dis Sci, 58巻, pp. 1818-1823, 20091001
  277. 第6章 良性疾患の解説 4. 慢性胃炎, 症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 食道・胃・十二指腸診断, 田尻久雄・小山恒男編, 羊土社, 東京, 2009, pp. 369-370, 20091001
  278. 第6章 良性疾患の解説 5. 鳥肌胃炎, 症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 食道・胃・十二指腸診断, 田尻久雄・小山恒男編, 羊土社, 東京, 2009, pp. 371-372, 20091001
  279. マウス Oxazolone 腸炎に対する粉砕 Konjac glucomannan (PKGM) の効果, 消化器と免疫, 46巻, pp. 168-171, 20091001
  280. Presence of poorly differentiated component correlated with submucosal invasion in the early diffuse-type gastric cancer., Hepato-Gastroenterology, 55巻, pp. 2264-2268, 20091001
  281. A case of gastric adenocarcinoma arising from a fundic gland polyp, Clin J Gastroenterol, 2巻, pp. 279-283, 20091001
  282. Infliximab treatment for Crohn's disease in a patient with IgA nephropathy, Clin J Gastroenterol, 2巻, pp. 380-383, 20091001
  283. Ecabet sodium induces neuronal nitric oxide synthase-derived nitric oxide synthesis and gastric adaptive relaxation in the human stomach, J Gastroenterol, 44巻, pp. 1118-1124, 20091101
  284. Helicobacter pylori 陰性胃癌の特徴, Helicobacter Research, 13巻, 6号, pp. 40275, 20091201
  285. 胃癌リスク設定による効率的な胃癌検診ストラテジー, 消化器科, 49巻, 4号, pp. 305-307, 20091201
  286. Infliximab treatment for Crohn's disease in a patient with IgA nephropathy, Clin J Gastroenterol, 2巻, pp. 380-383, 20091201
  287. Relationship between Helicobacter pylori Tyrosine-Phosphorylated CagA-Related Markers and the Development of Diffuse-Type Gastric Cancers: A Case-Control Study, DIGESTION, 82巻, 1号, pp. 10-17, 2010
  288. A Water-soluble extract from culture medium of ganoderma lucidum mycelia suppresses the development of colorectal adenoma, Hiroshima J Med Sci, 59巻, 1号, pp. 1月6日, 20100101
  289. 胃切除後症候群, 今日の診断指針, pp. 714-715, 20100301
  290. NSAID 潰瘍についての最近の話題, Salvus, 4巻, 2号, 20100301
  291. 6. 早期大腸癌の精密画像診断 5) 画像強調・拡大観察 NBI, 胃と腸, 45巻, 5号, pp. 829-840, 20100301
  292. マウスoxazolone 腸炎に対する粉砕 Konjac glucomannan(PKGM)の効果, 消化器と免疫, 46巻, pp. 168-171, 20100301
  293. 薬剤性消化管傷害のリスクと対策, 大塚製薬株式会社刊行物, pp. 1-5, 20100301
  294. Helicobacter pylori 除菌治療により形態変化を呈する胃腫瘍の特性, 消化器内科, 51巻, 3号, pp. 258-261, 20100301
  295. Helicobacter pylori 除菌後の胃癌, 胃と腸, 46巻, 1号, pp. 83-87, 20100301
  296. 潰瘍性大腸炎寛解維持療法におけるアザチオプリンによる粘膜治癒の意義, 消化管の臨床, 16巻, pp. 17-20, 20100301
  297. Helicobacter pylori dupA and gastric acid secretion are negatively associated with gastric cancer development, JOURNAL OF MEDICAL MICROBIOLOGY, 59巻, 12号, pp. 1484-1489, 201012
  298. Oxazolon腸炎モデルにおける粉砕Konjac Glucomannanの経口摂取の効果, 消化器内科, 51巻, 4号, pp. 349-352, 20101201
  299. Plaunotol Induces a Comparative Increase of Acidic Mucin Fraction in Gastric Juice, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 58巻, 106号, pp. 663-668, 2011
  300. Histological evaluation of patients with gastritis at high risk of developing gastric cancer using a conventional index, PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 207巻, 6号, pp. 354-358, 2011
  301. Plaunotol induces a comparative increase of acidic mucin fraction in gastric juice, Hepatogastroenterology, 58巻, 106号, pp. 663-668, 20110301
  302. Helicobacter Pylori 除菌後長期経過による内視鏡所見の変化, Helicobacter Research, 15巻, 11号, pp. 4-6, 20110301
  303. Histological evaluation of patients with gastritis at high risk of developing gastric cancer using a conventional index., Pathol Res Pract., 207巻, 6号, pp. 354-358, 20110601
  304. 当院におけるカプセル内視鏡検査の現況, 広島医学, 64巻, 8号, pp. 375-381, 20110801
  305. 若年者胃癌の特徴 中高年に認める胃癌との相違-若年者胃癌のリスク, 胃と腸, 49巻, 6号, pp. 1325-1332, 20110801
  306. Helicobacter pylori cagA polymorphism and gastric inflammation: An international comparison between Japanese and Brazilian patients, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 46巻, 9号, pp. 1051-1056, 201109
  307. 内視鏡検診で発見された未分化型早期胃癌の2例, 日本消化器がん検診学会雑誌, 49巻, 6号, pp. 1121-1126, 20111101
  308. Low Prevalence of Helicobacter pylori-negative Gastric Cancer among Japanese, HELICOBACTER, 16巻, 6号, pp. 415-419, 201112
  309. Helicobacter pylori 除菌後の胃癌, 胃と腸, 46巻, 1号, pp. 83-87, 20111201
  310. 胃癌の背景胃粘膜, 胃がんperspective, 3巻, 4号, pp. 16-22, 20111201
  311. Helicobacter Pylori 除菌後長期経過による内視鏡所見の変化, Helicobacter Research, 15巻, 6号, pp. 4-6, 20111201
  312. Evaluation of Individual Risk in Nonvariceal Gastrointestinal Bleeding Patients with NSAID Administration: A Multicenter Study in Japan, DIGESTION, 86巻, 3号, pp. 187-193, 2012
  313. Gastric Cancer Development after Helicobacter pylori Eradication Therapy: A New Form of Gastric Neoplasia, DIGESTION, 85巻, 1号, pp. 61-67, 2012
  314. Serum screening for detection of high-risk group for early-stage diffuse type gastric cancer in Japanese, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 27巻, 3号, pp. 598-602, 201203
  315. 錠剤型経口腸管洗浄剤を用いた大腸内視鏡前処置法の工夫と有用性−患者受容性および腸管洗浄効果に関する無作為比較試験−, 日本消化器がん検診学会雑誌, 50巻, 1号, pp. 20-28, 20120301
  316. 「抄訳・解説」 Helicobacter pylori 感染スナネズミにおいてPPI長期投与は慢性胃炎を増悪させ胃癌の発生を促進する, The GI Forefront, 7巻, 2号, pp. 78, 20120301
  317. H.pylori陰性胃癌の特徴, 日本臨牀, 70巻, 10号, pp. 1802-1806, 20120301
  318. Helicobacter pylori 除菌後10年以上経過して発見された胃癌症例の検討, 胃と腸, 47巻, 11号, pp. 1623-1629, 20120301
  319. Predicting the efficacy of proton pump inhibitors in patients with non-erosive reflux disease before therapy using dual-channel 24-h esophageal pH monitoring, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 27巻, 5号, pp. 899-906, 201205
  320. Efficacy of adding sodium alginate to omeprazole in patients with nonerosive reflux disease: a randomized clinical trial, DISEASES OF THE ESOPHAGUS, 25巻, 5号, pp. 373-380, 201207
  321. Bile Acid Promotes Intestinal Metaplasia and Gastric Carcinogenesis, CANCER EPIDEMIOLOGY BIOMARKERS & PREVENTION, 21巻, 11号, pp. 2101-2107, 201211
  322. High Expression of Gastrin Receptor Protein in Injured Mucosa of Helicobacter pylori-Positive Gastritis, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 58巻, 3号, pp. 634-640, 201303
  323. Histology of symptomatic gastroesophageal reflux disease: Is it predictive of response to proton pump inhibitors?, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 28巻, 3号, pp. 479-487, 201303
  324. Changes in endoscopic findings of gastritis after cure of H.pylori infection: Multicenter prospective trial, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 25巻, 3号, pp. 264-273, 201305
  325. Relation between bile acid reflux into the stomach and the risk of atrophic gastritis and intestinal metaplasia: A multicenter study of 2283 cases, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 25巻, 5号, pp. 519-525, 201309
  326. Characteristics of Metachronous Gastric Tumors after Endoscopic Submucosal Dissection for Gastric Intraepithelial Neoplasms, GASTROENTEROLOGY RESEARCH AND PRACTICE, 2014
  327. Advanced Method for Evaluation of Gastric Cancer Risk By Serum Markers: Determination of True Low-Risk Subjects for Gastric Neoplasm, HELICOBACTER, 19巻, 1号, pp. 1-8, 201402
  328. Advanced method for evaluation of gastric cancer risk by serum markers: determination of true low-risk subjects for gastric neoplasm, Helicobacter, 19巻, 1号, pp. 1-8, 20140201
  329. Management and clinical outcomes of type I gastric carcinoid patients: Retrospective, multicenter study in Japan, DIGESTIVE ENDOSCOPY, 26巻, 3号, pp. 377-384, 201405
  330. Characteristic Epithelium with Low-Grade Atypia Appears on the Surface of Gastric Cancer after Successful Helicobacter pylori Eradication Therapy, HELICOBACTER, 19巻, 4号, pp. 289-295, 201408
  331. Rebamipide Improves Chronic Inflammation in the Lesser Curvature of the Corpus after Helicobacter pylori Eradication: A Multicenter Study, BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL, 2015
  332. Time trends in Helicobacter pylori Infection and atrophic gastritis over 40 years in Japan, Helicobacter, 12193巻, 2015
  333. nterobserver and intraobserver agreement for gastric mucosa atrophy, BMC Gastroenterol, 15巻, pp. 95, 2015
  334. Diagnosis of helicobacter pylori-induced gastritis by serum pepsinogen levels , J Gastroenterol Hepatol, 30巻, 10号, pp. 1473-1477, 2015
  335. ate of unintended Helicobacter pylori eradication in the Vietnamese, Helicobacter, 20巻, 2号, pp. 156-157, 2015
  336. Rebamipide improves chronic inflammation in the lesser curvature of the corpus after Helicobacter pylori eradication: a multicenter study, Gut, 64巻, 9号, pp. 1353-1367, 2015
  337. Helicobacter pylori陰性胃癌, 消化器の臨床, 18巻, 2号, pp. 133-136, 2015
  338. 酸分泌抑制薬の歴史, 日本医事新報No4751, 4751巻, pp. 20-23, 2015
  339. Time Trends in Helicobacter pylori Infection and Atrophic Gastritis Over 40Years in Japan, HELICOBACTER, 20巻, 3号, pp. 192-198, 201506
  340. Interobserver and intraobserver agreement for gastric mucosa atrophy, BMC GASTROENTEROLOGY, 15巻, 20150804
  341. Diagnosis of Helicobacter pylori-induced gastritis by serum pepsinogen levels, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 30巻, 10号, pp. 1473-1477, 201510
  342. 本邦における40年間のH.pylori感染率および組織学的胃炎の推移, 日本ヘリコバクター学会誌, 17巻, 2号, pp. 6-9, 2016
  343. プロトンポンプ阻害薬投与に伴う胃粘膜, 胃と腸, 51巻, 4号, pp. 491-496, 2016
  344. 除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴と病理像—Helicobacter pylori除菌治療により胃腫瘍は正常化するのか?—, 胃と腸, 51巻, 6号, pp. 759-765, 2016
  345. ABC検診における偽A群問題について, 日本ヘリコバクター学会誌, 18巻, 1号, pp. 11-13, 2016
  346. Reduced human α-defensin 6 in noninflamed jejunal tissue of patients with crohn's disease, Inflamm Bowel Dis, 22巻, 5号, pp. 1119-1128, 2016
  347. Endoscopic findings of the gastric mucosa during long-term use of proton pump inhibitor - a multicenter study, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 8号, pp. 828-832, 2017
  348. Indications for Small-bowel Capsule Endoscopy in Patients with Chronic Abdominal Pain, INTERNAL MEDICINE, 56巻, 12号, pp. 1453-1457, 2017
  349. Serological Evaluation of Gastric Cancer Risk Based on Pepsinogen and Helicobacter pylori Antibody: Relationship to Endoscopic Findings, DIGESTION, 95巻, 4号, pp. 314-318, 2017
  350. コークスクリュー様所見, 胃と腸, 52巻, 5号, pp. 561-561, 2017
  351. Helicobacter pylori除菌後の胃がんの頻度, Helicobacter Research, 21巻, 2号, pp. 107-110, 2017
  352. 除菌後胃癌の特徴と内視鏡所見, 日本医事新報, 4881巻, pp. 32-36, 2017
  353. Helicobacter pyloriと胃がんの自然史, Helicobacter Research, 21巻, 6号, pp. 664-666, 2017
  354. Helicobacter pylori傷害機序の新知見, Helicobacter Research, 21巻, 5号, pp. 33-40, 2017
  355. 韓国におけるHelicobacter pylori除菌と胃がん対策, Helicobacter Research, 21巻, 4号, pp. 28-31, 2017
  356. Characteristics of gastric cancer in negative test of serum anti-Helicobacter pylori antibody and pepsinogen test: a multicenter study, GASTRIC CANCER, 20巻, 5号, pp. 764-771, 201709
  357. Clinical Significance of Reddish Depressed Lesions Observed in the Gastric Mucosa after Helicobacter pylori Eradication, DIGESTION, 98巻, 1号, pp. 48-55, 2018
  358. Helicobacter pylori除菌後の胃がん, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 60巻, 1号, pp. 5-13, 2018
  359. 胃がんリスク評価に資する抗体法適正化に関する多施設研究, 日本ヘリコバクター学会誌, 19巻, 2号, pp. 133-138, 2018
  360. 医療連携Q&A B. 診療上のギモン 6. 胃がん疑いの病変を認めました. ピロリ菌が陽性であれば紹介する前に除菌したほうがよいですか?, 内科, 122巻, 3号, pp. 685-685, 2018
  361. プロトンポンプ阻害薬投与に伴う胃病変, 日本医事新報, 4931巻, pp. 39-42, 2018,10,27
  362. Gastric Cancer with Submucosal Invasion after Successful Helicobacter pylori Eradication: A Propensity Score-Matched Analysis of Patients with Annual Patient Endoscopic Survey, DIGESTION, 99巻, 1号, pp. 59-65, 2019
  363. Rectal Lymphoid Follicle Aphthous Lesions Frequently Progress to Ulcerative Colitis with Proximal Extension, INTERNAL MEDICINE, 58巻, 5号, pp. 625-631, 2019
  364. 日本小児栄養消化器肝臓学会ガイドラインでの扱い, Helicobacter Research, 23巻, 2号, pp. 25-26, 2019
  365. Optimal Criteria and Diagnostic Ability of Serum Pepsinogen Values for Helicobacter pylori Infection, JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 29巻, 4号, pp. 147-154, 201904
  366. 若年者除菌の問題提起を胃がん撲滅戦略につなげる, Helicobacter Research, 23巻, 1号, 20190501
  367. 文献紹介 ヘリコバクター・ピロリ除菌治療による異時性胃癌の抑制, 胃がんperspective, 10巻, 3号, pp. 228-229, 20190501
  368. 消化器内科 Q ピロリ菌の除菌後に胃炎が再発しました, NHKテキストきょうの健康6月号, 6巻, pp. 114, 20190521
  369. 「抄訳・解説」 Genetic analysis of a case of Helicobacter pylori-uninfected intramucosal gastric cancer in a family with hereditary diffuse gastric cancer, The GI Forefront, 15巻, 1号, 20190601
  370. Genomic landscape of epithelium with low-grade atypia on gastric cancer after Helicobacter pylori eradiation therapy, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 54巻, 10号, pp. 907-915, 201910
  371. A case of primary malignant melanoma of the esophagus with a widely expanded surface area, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 12巻, 5号, pp. 424-428, 201910
  372. ピロリ菌未感染胃がん:粘膜内印環細胞癌の1例, 広島医学, 72巻, 10号, pp. 431-432, 201910
  373. 除菌後早期胃癌の内視鏡的特徴と診断のピットフォール, 胃がんperspective, 10巻, 4号, pp. 298-301, 20191001
  374. Potential of Helicobacter pylori-uninfected signet ring cell carcinoma to invade the submucosal layer, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 34巻, 11号, pp. 1955-1962, 201911
  375. 除菌後胃癌の臨床的特徴, 臨床消化器内科, 34巻, 13号, pp. 1609-1613, 20191120
  376. 重要な所見「腸上皮化生」, 消化器内科, 1号, 20191125
  377. 9 除菌後胃癌の臨床的特徴, 臨牀消化器内科, 34巻, 13号, pp. 1609-1613, 20191230
  378. A型胃炎(自己免疫性胃炎), 日本臨床 領域別症候群シリーズ No.9 消化管症候群(第3版), pp. 53-56, 20191231
  379. A case of Fusobacterium nucleatum infection causing thrombophlebitis of the cavernous sinus diagnosed by lung abscess sampling under video-assisted thoracic surgery, JHGM, 2巻, 5号, pp. 120-126, 2020
  380. Multicenter study of autoimmune gastritis in Japan: Clinical and endoscopic characteristics, Dig Endosc, 32巻, 3号, pp. 364-372, 2020
  381. The evaluation of esophageal motility using infusion manometry with a trans-nasal endoscope: A preliminary study, Intern Med, 59巻, 7号, pp. 887-890, 2020
  382. Senescent hepatic stellate cells caused by deoxycholic acid modulates malignant behavior of hepatocellular carcinoma, J Cancer Res Clin Oncol, 146巻, 12号, pp. 3255-3268, 2020
  383. 除菌後胃癌における低異型度上皮の遺伝子解析, 日本ヘリコバクター学会誌, 22巻, 1号, pp. 39-40, 2020,05,15
  384. 胃癌リスク評価に資する抗体法適正化に関する多施設研究(第二報), 日本ヘリコバクター学会誌, 22巻, 1号, pp. 51-57, 2020,05,15
  385. Clinical Usefulness of Dual Red Imaging in Gastric Endoscopic Submucosal Dissection: A Pilot Study, Clin Endosc, 53巻, 1号, pp. 54-59, 202001
  386. H. pylori未感染胃粘膜に生じる印環細胞癌, 消化器内視鏡, 32巻, 1号, pp. 83-87, 202001
  387. Genomic characterization of non-invasive differentiated-type gastric cancer in the Japanese population, Cancers (Basel), 12巻, 2号, pp. 510, 202002
  388. 病院総合診療医が知っておきたい消化管 Point-of-care US (POCUS), 日本病院総合診療医学会雑誌, 16巻, 2号, pp. 98-106, 20200331
  389. Serum amyloid A is a better predictive biomarker of mucosal healing than C-reactive protein in ulcerative colitis in clinical remission, BMC Gastroenterol, 20巻, 1号, pp. 85, 20200403
  390. Characteristics and early diagnosis of gastric cancer discovered after Helicobacter pylori eradication, Gut and Liver, 20200424
  391. Helicobacter pyloriと非悪性疾患とのかかわり, Helicobacter Research, 24巻, 1号, pp. 38-40, 20200501
  392. Periostin Antisense Oligonucleotide Prevents Hepatic Steatosis and Fibrosis in a Mouse Model of Non-Alcoholic Steatohepatitis, J Gastroenterol Hepatol, 35巻, 12号, pp. 2140-2150, 20200504
  393. Modifying effect of chronic atrophic gastritis on radiation risk for noncardia gastric cancer according to histological type, Radiat Res, 194巻, 2号, pp. 180-187, 20200618
  394. Two Patients with Paget-Schroetter Syndrome that were Successfully Diagnosed by Doppler Ultrasonography: Case studies with a Literature Review, Intern Med, 59巻, 20号, pp. 2623-2627, 20200623
  395. Clinical and genomic characteristics of mucosal signet-ring cell carcinoma in Helicobacter pylori-uninfected stomach, BMC Gastroenterol, 20巻, 1号, pp. 243, 20200729
  396. Granulocyte colony-stimulating factor-induced aortitis with lung injury, splenomegaly, and a rash during treatment for recurrent extraosseous mucinous chondrosarcoma, Intern Med, pp. in press, 20201116
  397. Helicobacter pylori除菌後に観察される早期胃がん表層の胃炎様変化の遺伝子解析. 特集Ⅱ Helicobacter Topics! – 「旬の Helicobacter」を知り, 驚き, 理解を深め, 楽しむ -, Helicobacter Research, 24巻, 2号, pp. 197-201, 20201210
  398. Helicobacter pyloriと自己免疫性胃炎との関連. 特集 Helicobacter pylori感染症:残された課題, 日本内科学会雑誌, 101巻, 1号, pp. 42-46, 20210106

著書等出版物

  1. 2002年, これからの胃癌スクリーニング PG(+), X線(-)にて発見した症例2 , メジカルビュー社, 2002年, 単行本(学術書), 共著, 伊藤 公訓
  2. 2005年04月, 表層性胃炎;病的意義はあるのか?治療の適応は?, 臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス, 上村直実・菅野健太郎編, 文光堂, 東京, 2005, 2005年, 04, 単行本(学術書), 単著, 96
  3. 2005年04月, 胃炎(Schindler 分類/木村・竹本分類/Sydney system) , 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[上部消化管], 長南明道・田尻久雄・田中信治編, 日本メディカルセンター, 東京, 2005, 2005年, 04, 単行本(学術書), 単著, 288
  4. 2005年04月, H.pyloriと胃炎, 胃潰瘍 , 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[上部消化管], 長南明道・田尻久雄・田中信治編, 日本メディカルセンター, 東京, 2005, 2005年, 04, 単行本(学術書), 単著, 279
  5. 2005年04月, H. pyloriと胃癌, MALTリンパ腫 , 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[上部消化管], 長南明道・田尻久雄・田中信治編, 日本メディカルセンター, 東京, 2005, 2005年, 04, 単行本(学術書), 単著, 299
  6. 2006年04月, 慢性胃炎の診断と分類 , 臨床に役立つ消化器疾患の診断基準・病型分類・重症度の用い方, 棟方昭博・小池和彦・田尻久雄編, 日本メディカルセンター, 東京, 2006, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, Tanaka S , 36
  7. 2006年04月, 慢性胃炎の診断と分類 , 臨床に役立つ消化器疾患の診断基準・病型分類・重症度の用い方, 棟方昭博・小池和彦・田尻久雄編, 日本メディカルセンター, 東京, 2006, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, 36
  8. 2006年04月, 4 消化器と未病 ?消化器疾患の未病と対策? , 次世代の医学・医療がわかる 未病医学 臨床, 日本未病システム学会編, 金芳堂, 京都, 2006, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, 梶山梧朗 , 65
  9. 2006年04月, Molecular pathologic application as a predictor of lymph node metastasis in submucosal colorectal carcinoma:implication of immunohistochemical alterations at the deepest invasive margin , Muto T, Mochizuki H, Masaki T, Edt. Tumor budding in colorectal cancer: Recent progress in colorectal cancer research. p171-180, NOVA, Hauppauge, NY, 2006, 2006年, 04, 単行本(学術書), 共著, 岡 志郎 田村忠正 伊藤 公訓 日山 亨 上野 義隆 北台 靖彦 , 171
  10. 2009年11月, ナースのための読み解く薬理学, 柳澤克之編第8章 消化器系 3. 抗潰瘍薬, メディカルレビュー社, 2009年, 11, 単行本(学術書), 共編著
  11. 2009年11月, ナースのための読み解く薬理学, 柳澤克之編Q1 H2受容体拮抗薬(H2RA)とプロトンポンプ阻害薬(PPI)は, どのように使い分けるのでしょうか?についての回答, メディカルレビュー社, 2009年, 11, 単行本(学術書), 共編著
  12. 2009年11月, ナースのための読み解く薬理学, 柳澤克之編Q2 ヘリコバクター・ピロリ除菌治療後の効果判定は, どのようにするのでしょうか?についての回答, メディカルレビュー社, 2009年, 11, 単行本(学術書), 共編著
  13. 2009年11月, 内科学書 改訂第7版脂肪吸収不全症 lipid malabsorption, 中山書店, 2009年, 11, 教科書, 共編著
  14. 2015年, Helicobacter pylori未感染胃癌の臨床病理学的特徴, Helicobacter pylori未感染胃癌の臨床病理学的特徴, Helicobacter pylori未感染胃癌の臨床病理学的特徴, Helicobacter Research, 2015年, 2015, その他, 共著, 松尾泰治, 伊藤公訓, 小刀崇弘, 北村陽子, 保田智之, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰
  15. 2015年, NHKきょうの健康, ピロリ菌検査・除菌で予防, ピロリ菌検査・除菌で予防, ピロリ菌検査・除菌で予防, NHK出版, 2015年, その他, 単著
  16. 2015年, NHKきょうの健康, 内視鏡治療どんな場合に行う?, 内視鏡治療どんな場合に行う?, 内視鏡治療どんな場合に行う?, NHK出版, 2015年, その他, 単著
  17. 2015年, Helicobacter pylori 陰性胃癌(未感染胃癌)と除菌後胃癌(既感染胃癌)の診断, Helicobacter pylori 陰性胃癌(未感染胃癌)と除菌後胃癌(既感染胃癌)の診断, Helicobacter pylori 陰性胃癌(未感染胃癌)と除菌後胃癌(既感染胃癌)の診断, Helicobacter pylori 陰性胃癌(未感染胃癌)と除菌後胃癌(既感染胃癌)の診断, 本ヘリコバクター学会誌, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 保田智之, 伊藤公訓, 小刀崇弘, 松尾泰治, 北村陽子, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰
  18. 2015年, ヒト胃における細胞系統分布図で認められた胃幽門部の不均一な腺構成成分, ヒト胃における細胞系統分布図で認められた胃幽門部の不均一な腺構成成分, ヒト胃における細胞系統分布図で認められた胃幽門部の不均一な腺構成成分, ヒト胃における細胞系統分布図で認められた胃幽門部の不均一な腺構成成分, GUT (日本語版), 2015年, 単行本(学術書), 単著
  19. 2015年, 日常診療における胃前癌病変の検出:イタリア全国内での調査, 日常診療における胃前癌病変の検出:イタリア全国内での調査, 日常診療における胃前癌病変の検出:イタリア全国内での調査, 日常診療における胃前癌病変の検出:イタリア全国内での調査, Helicobacter(日本語抄訳版), 2015年, 単行本(学術書), 単著
  20. 2015年, 8. 鳥肌胃炎, 鳥肌胃炎, 食道・胃腫瘍診断 改訂版, 鳥肌胃炎, 羊土社, 2015年, 単行本(学術書), 単著
  21. 2015年, H.pylori陰性胃癌の現状, H.pylori陰性胃癌の現状, The GI Forefront, H.pylori陰性胃癌の現状, The GI Forefront, 2015年, 単行本(学術書), 共著
  22. 2015年, 5 Demonstration of the usefulness of epigenetic cancer risk prediction by a multicentre prospective cohort study, エピジェネティックがん予測マーカーの有用性に関する多施設前向きコホート研究, エピジェネティックがん予測マーカーの有用性に関する多施設前向きコホート研究, The GI Forefront, 2015年, 単行本(学術書), 単著
  23. 2015年, 除菌診療クエスチョン&アドバンス, 除菌診療クエスチョン&アドバンス, 除菌診療クエスチョン&アドバンス, 除菌診療クエスチョン&アドバンス, Helicobacter Research, 2015年, 単行本(学術書), 共著
  24. 2015年, 6 ピロリ未感染胃に発生する胃がんの頻度と特徴, 6 ピロリ未感染胃に発生する胃がんの頻度と特徴, ピロリ除菌治療パーフェクトガイド, ピロリ未感染胃に発生する胃がんの頻度と特徴, 日本医事新報社, 2015年, 単行本(学術書), 単著
  25. 2015年, 偽A群問題について A群の中のHp感染群の問題, 偽A群問題について A群の中のHp感染群の問題, 血清ABC検診で内視鏡でX線で胃炎をどうする?, 偽A群問題について A群の中のHp感染群の問題, 日本医事新報社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 吉原正治, 伊藤公訓, 保田智之
  26. 2015年, 5 Hp未感染胃がん, 5 Hp未感染胃がん, 血清ABC検診で内視鏡でX線で胃炎をどうする?, Hp未感染胃がん, 日本医事新報社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 伊藤公訓, 吉原正治, 松尾泰治
  27. 2015年, 6 血清PG値を用いたHp感染胃炎の診断, 6 血清PG値を用いたHp感染胃炎の診断, 血清ABC検診で内視鏡でX線で胃炎をどうする?, 血清PG値を用いたHp感染胃炎の診断, 日本医事新報社, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 伊藤公訓, 吉原正治
  28. 2015年, Rate of unintended Helicobacter pylori eradication in the Vietnamese, Rate of unintended Helicobacter pylori eradication in the Vietnamese, Rate of unintended Helicobacter pylori eradication in the Vietnamese, 2015年, 単行本(学術書), 共著
  29. 2015年, Time trends in Helicobacter pylori Infection and atrophic gastritis over 40 years in Japan, 2015年, 単行本(学術書), 共著
  30. 2015年, 7. 慢性胃炎, 慢性胃炎, 食道・胃腫瘍診断 改訂版, 慢性胃炎, 羊土社, 単行本(学術書), 単著
  31. 2016年, 第22回日本ヘリコバクター学会学術集会<臨床から>, 第22回日本ヘリコバクター学会学術集会<臨床から>, 2016年, その他, 単著, 97-100
  32. 2016年, [文献] ヘリコバクター・ピロリ1次除菌療法としてのビスマス+ランソプラゾール+アモキシシリン+メトロニダゾールまたはクラリスロマイシン, [文献] ヘリコバクター・ピロリ1次除菌療法としてのビスマス+ランソプラゾール+アモキシシリン+メトロニダゾールまたはクラリスロマイシン, Gut (日本語版), 2016年, その他, 単著, 6-7
  33. 2016年, 広島大学第一内科での胃炎研究, 広島大学第一内科での胃炎研究, 第10回消化管の炎症を考える会 記念講演会 記録集, 2016年, 調査報告書, 単著
  34. 2017年, GAVEとDAVE, GAVEとDAVE, 中山書店, 2017年, 単行本(学術書), 単著, 304-306
  35. 2017年, 《Award Report》 A群(血清抗ヘリコバクターピロリ抗体価陰性およびペプシノゲン法陰性)から発生した胃癌に関する多施設共同研究, 《Award Report》 A群(血清抗ヘリコバクターピロリ抗体価陰性およびペプシノゲン法陰性)から発生した胃癌に関する多施設共同研究, 日本ヘリコバクター学会誌, 2017年, その他, 共著, 木曽まり子, 吉原正治, 伊藤公訓, 井上和彦, 加藤勝章, 中島滋美, 間部克裕, 小林正夫, 上村直実, 矢田智之, 岡 政志, 河合 隆, 保田智之, 小刀崇弘, 田中信治, 茶山一彰.
  36. 2018年, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 978-981-13-1120-8
  37. 2018年, 胃炎の京都分類 改訂第2版,監修 春間 賢,加藤元嗣・井上和彦・村上和成・鎌田智有編,日本メディカルセンター,東京,154, 2018., Collagenous gastritisの1例②, 2018年, 単行本(学術書), 共著
  38. 2019年12月01日, 消化器内科, 『胃炎の京都分類』の使い方 重要な所見「腸上皮化症」, 医学出版, 2019年, 12, 単行本(学術書), 共著, 伊藤公訓,小刀崇弘,田中信治,茶山一彰, 978-4-287-92001-5, 59-63
  39. 2019年12月01日, 胃がんリスク層別化検診(ABC検診)胃がんを予知・予防し,診断・治療するために, 第1章 胃がんリスク層別検査と胃がん発生のメカニズム 5. ピロリ菌未感染群からの胃がん発生, 南山堂, 2019年, 12, 単行本(学術書), 共著, 978-4-525-21281-0
  40. 2020年, 内科. 消化性潰瘍診療ガイドライン2020 改訂版3版, ピロリ菌陰性時代の胃がん診療. 第7章消化管., 南江堂, 2020年, 単行本(学術書), 共著, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 544-8
  41. 2020年, Helicobacter 日本語抄訳版 Vol.19 No.3 October 2020, 胃癌多発地域における「萎縮判定不能」胃生検標本の臨床的意義, 胃癌多発地域における「萎縮判定不能」胃生検標本の臨床的意義, WILEY, 2020年, 10, 単行本(学術書), 単著, 伊藤公訓, 43, 31-34
  42. 2020年03月01日, 消化器内科, 特集 ピロリ菌除菌後胃がん 除菌後胃がんの表層粘膜の特徴と内視鏡所見, 医学出版, 単行本(学術書), 共著, 伊藤公訓,田中信治,茶山一彰, 978-4-287-92004-6, 46-50
  43. 2020年06月01日, 消化性潰瘍 診療ガイドライン2020 改訂第3版 編集 日本消化器病学会 協力学会:日本消化管学会, 日本消化器内視鏡学会, 南江堂, 2020年, 06, 単行本(学術書), 共著, 伊藤公訓, 200
  44. 2020年10月01日, 消化器内科, 特集 ピロリ菌未感染および除菌後の早期胃癌の診断 3.5 除菌後の組織学的変化(低異形度上皮)が内視鏡診断,治療に及ぼす影響, 医学出版, 2020年, 10, 単行本(学術書), 共著, 小刀崇弘,伊藤公訓,田中信治,茶山一彰, 978-4-287-92011-4, 105, 91-96
  45. 2020年10月01日, 消化器内科, 特集 ピロリ菌未感染および除菌後の早期胃癌の診断 3.5. 除菌後の組織学的変化(低異型度上皮)が内視鏡診断,治療に及ぼす影響, 医学出版, 2020年, 202010, 単行本(学術書), 共著, 小刀崇弘,伊藤公訓,田中信治,茶山一彰, 978-4-287-92011-4, 105, 91-96
  46. 2020年10月31日, ピロリ除菌治療パーフェクトガイド3版, 8 ピロリ未感染胃に発生する胃癌の頻度と特徴 ピロリ菌の関与のない胃癌はあるか?, ピロリ菌,ピロリ菌未感染胃,胃癌, 日本医事新報社, 2020年, 202010, 単行本(学術書), 単著, 伊藤公訓, 978-4-7849-4497-2, 233, 228-9

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Helicobacter pylori除菌後発見早期胃癌の内視鏡的非治癒切除の検討 Study on endoscopic non-curative resection of early gastric cancer discovered after eradication, 小刀崇弘,, 保田智之,田中信二,頼田尚樹,木曽まり子,二宮悠樹,Madina Abuduwaili,長崎直子,岡志郎,日山亨,伊藤公訓,吉原正治,茶山一彰, 第93回日本胃癌学会総会学術集会, 2021年03月03日, 通常, 日本語, 日本胃癌学会, 大阪府 大阪国際会議場
  2. Helicobacter pylori除菌後胃癌・未感染胃癌の現況と課題 Helicobacter pylori未感染未分化型浸潤癌の臨床的特徴, 小刀崇弘, 頼田尚樹,保田智之,二宮悠樹,Madina Abuduwaili,長崎直子,岡志郎,日山亨,伊藤公訓,吉原正治,田中信治,茶山一彰, 第17回日本消化管学会学術集会, 2021年02月19日, 通常, 日本語, 日本消化管学会, 大阪
  3. 胃がん検診における課題と展望, 伊藤公訓, 鳥取県東部消化器フォーラム, 2021年01月15日, 招待, 日本語, 鳥取県東部医師会, 大塚製薬株式会社, 武田薬品工業株式会社, 鳥取県東部医師会館
  4. 胃癌リスク評価に資する抗体法適正化に関する他施設研究:日本ヘリコバクター学会胃癌リスク評価に資する抗体法適正化委員会からの報告, 伊藤公訓, 第26回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2021年01月09日, 招待, 日本語, 日本ヘリコバクター学会, 浜松
  5. 日本ヘリコバクター学会 胃癌リスク評価に資する抗体法適正化委員会 胃癌リスク評価に資する抗体法適正化に関する多施設研究報告(基調講演), 伊藤公訓, 第26回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2021年01月09日, 招待, 日本語, 日本ヘリコバクター学会, 浜松
  6. 消化性潰瘍診療ガイドライン2020改訂のポイント, 伊藤公訓, 第32回広島消化管病態機能研究会, 2020年09月15日, 招待, 日本語, 広島消化管病態機能研究会,アストラゼネカ株式会社,第一三共株式会社, 広島県 広島コンベンションホール3階 大ホール3A/3B
  7. ピロリ感染を考慮した胃内視鏡検査:検査のポイントとその限界, 伊藤公訓, 第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 セッション:学会ジョイントプログラム5 プライマリケア医に必要な内視鏡スキルとHP診療, 2020年08月06日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会, 広島市 WEB開催(オンデマンド配信,ライブ配信)
  8. 40歳未満における大腸内視鏡検査の意義に関する研究, 槙坪義時, 橋本義政, 春間賢, 宮森大輔, 吉田秀平, 伊藤公訓, 第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2020年07月16日, 通常, 日本語, 日本プライマリ・ケア連合学会
  9. ピロリ陰性時代の新しい胃病変, 伊藤公訓, 第9回GI Symposium, 2020年02月27日, 招待, 日本語, 兵庫県(神戸市)
  10. 多施設によるWebテストを用いた漢方教育の標準化への試み, 宮森大輔, 松本正俊,重信友宇也,柿本聖樹,河原章浩,小林知貴,菊地由花,大谷裕一郎,岸川暢介,菅野啓司,瓜田純久,大塚文男,鍋島茂樹,藤本眞一,伊藤公訓,田妻進, 第20回日本総合診療医学会 学術総会, 2020年02月21日, 通常, 日本語, 一般社団法人 日本総合診療学会 事務局, ヒルトン福岡シーホーク
  11. MDS経過観察中に発症した壊疽性膿皮症及びMRSA菌血症の治療後にニューモシスチス肺炎を合併した1例, 金原誠, 宮森大輔,田辺裕雅,亀谷貴浩,重信友宇也,柿本聖樹,河原章浩,小林知貴,菊地由花,大谷裕一郎,岸川暢介,菅野啓司,伊藤公訓, 第20回日本総合診療医学会 学術総会, 2020年02月21日, 通常, 日本語, 一般社団法人 日本総合診療学会 事務局, ヒルトン福岡シーホーク
  12. 総合診療医に知ってほしい酸関連疾患治療のポイント, 伊藤公訓, 東広島消化器病セミナー, 2020年02月18日, 招待, 日本語, 社会医療法人 千秋会 井野口病院, 広島県 東広島市
  13. ピロリ未感染胃癌, 伊藤公訓, 第47回重点卒後教育セミナー, 2020年02月16日, 招待, 日本語, 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会, 神奈川県 パシフィコ横浜会議センター 1Fメインホール
  14. 「スクリーニング検査における標準的観察方法」-見逃しの少ない胃内視鏡診断を目指して-, 伊藤公訓, 消化器内視鏡セミナー, 2020年02月13日, 招待, 日本語, 広島県,オリンパス株式会社,「がん検診へ行こうよ」推進会議, 広島県 広島コンベンションホール3F
  15. 総合診療医に知ってほしい酸関連疾患治療のポイント, 伊藤公訓, 第54回安佐消化器病フォーラム, 2020年02月04日, 招待, 日本語, 安佐消化器病フォーラム,アストラゼネカ株式会社,第一三共株式会社, 広島県 安佐医師会館 大講堂
  16. Helicobacter pylori感染とFunctional dyspepsia, 伊藤公訓, 第47回日本腫瘍学会/第21回日本神経消化器病学会 サンセット(イブニング)シンポジウムⅠ, 2020年01月16日, 招待, 日本語, 日本腫瘍学会/日本神経消化器病学会, 神奈川県
  17. H. pylori陰性時代の胃内視鏡診断, 伊藤公訓, 第29回日本消化器内視鏡学会中国セミナー, 2020年01月13日, 通常, 日本語, 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会, 岡山市
  18. ピロリ菌未感染の胃がんと除菌後の胃がん, 伊藤公訓, 第246回内科臨床談話会, 2019年12月11日, 招待, 日本語, 内科臨床談話会,アストラゼネカ株式会社, 広島県 ホテルメルパルク広島4階松の間
  19. ヘリコバクターピロリ陰性時代の胃がん検診 -特に除菌者における留意点-, 畑幸作, 吉原正治,伊藤公訓,日山亨,長崎直子,Abuduwaili Maidina, 頼田尚樹,黒木一峻,小刀崇弘,保田智之,田中信治,茶山一彰, 第50回日本消化器がん検診学会 中国四国地方会, 2019年12月07日, 通常, 日本語, 一般社団法人 日本消化器がん検診学会, 高知県
  20. ピロリ陰性の胃癌, 伊藤公訓, 第32回岡山消化器検診研究会, 2019年12月05日, 招待, 日本語, 岡山消化器検診研究会, 川崎医科大学(岡山県)
  21. ピロリ陰性時代の上部消化管診療, 伊藤公訓, 第8回 安佐南区GIフォーラム, 2019年12月03日, 招待, 日本語, 広島共立病院
  22. ESD後早期胃癌患者の酸分泌抑制薬投与前後の血清ガストリンレベルの検討, Abuduwaili Madina, 保田智之, 伊藤公訓, 小刀崇弘, 木曽まり子, 畑幸作, 頼田尚樹, 長﨑直子, 黒木一峻, 栗原美緒, 岡志郎, 北台靖彦, 田中信治, 茶山一彰, 第112回日本消化器病学会中国支部例会, 第123回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 一般財団法人日本消化器病学会中国支部,一般社団法人日本消化器内視鏡学会, 広島県 県立広島大学広島キャンパス
  23. Helicobacter pylori未感染胃に異なる深達度からなる未分化型癌を認めた1例, 河原倫彦, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 二宮悠樹, Abuduwaili Madina, 長﨑直子, 頼田尚樹, 畑幸作, 黒木一峻, 田邊和照, 岡志郎, 日山亨, 吉原正治, 品川慶, 三宅弘明, 北台靖彦, 田中信治, 茶山一彰., 第112回日本消化器病学会中国支部例会, 第123回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 一般財団法人日本消化器病学会中国支部,一般社団法人日本消化器内視鏡学会中国支部, 広島県 県立広島大学広島キャンパス
  24. ウステキヌマブ投与中に四肢に皮疹を生じたクローン病の1例, 若井雅貴, 林亮平, 田中信治, 高砂健, 門田紘樹, 内藤聡雄, 中村耕樹, 弓削亮, 保田智之, 卜部祐司, 岡志郎, 上野義隆, 伊藤公訓, 茶山一彰., 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2019年11月29日, 通常, 日本語, 特定非営利活動法人 日本炎症性腸疾患学会, 福岡県 アクロス福岡
  25. Helicobacter pylori未感染胃に生じた印環細胞癌の病態解析, 木曽まり子, 伊藤公訓, 茶山一彰., JDDW2019 第98回日本消化器内視鏡学会総会, 第61回日本消化器病学会大会, 第57回日本消化器がん検診学会大会, 第17回日本消化器外科学会大会, 2019年11月21日, 通常, 日本語, JDDW 2019 運営委員会, 兵庫県 神戸コンベンションセンター
  26. 増えてきたピロリ陰性胃癌と除菌後胃癌ー検診・診療での心得ー, 伊藤公訓, 第27回日本消化器関連学会週間 JDDW 2019 KOBE, 2019年11月21日, 招待, 日本語, 一般社団法人 日本消化器関連学会機構, 兵庫県(神戸市)神戸国際会議場 メインホール
  27. 胃炎・胃潰瘍治療の基本について, 伊藤公訓, 兵庫県保険医協会 薬科部11月研究会, 2019年11月09日, 招待, 日本語, 兵庫県保険医協会薬科部,大塚製薬株式会社, 兵庫県 兵庫県保険医協会6階会議室
  28. 遺伝子異常から考察する除菌後発見胃癌の組織構造, 伊藤公訓, 除菌時代について考える会-胃がん、食道腺がんの最新知見 今後の対応は?-, 2019年11月02日, 招待, 日本語, 武田薬品工業株式会社, 東京都
  29. JNET分類の診断能に関する教育効果の検討, 岡本由貴, 田中信治, 岡志郎, 下原康嗣, 西村朋之, 稲垣克哲, 田中秀典, 松本健太, 山下賢, 保田和毅, 住元旭, 二宮悠樹, 伊藤公訓, 北台靖彦, 茶山一彰., 第37回日本大腸検査学会総会, 2019年11月01日, 通常, 日本語, 日本大腸検査学会, 東京都 JA共済ビル カンファレンスホール
  30. ピロリ除菌後の胃がん, 伊藤公訓, 第21回岩国・広島西地区消化器疾患懇話会, 2019年10月31日, 招待, 日本語, 岩国・広島西地区消化器疾患懇話会 大竹市医師会 アストラゼネカ株式会社, 広島県 独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター 3階大講堂
  31. Re-Differentiation of gastric carcinoma after successful Hericobacter Pylori eradication therapy, Urabe Y, Ito M, Tanaka S, Nakamura K, Masuda K, Kotachi T, Boda T, Ono A, Oka S, Hayes CN, Chayama K.Urabe Y, 27th United European Gastroenterology Week (UEGW) 2019, 2019年10月19日, 通常, 日本語, Barcelona, Spain
  32. Preceding endoscopic submucosal dissection does not affect for the prognosis of patients with gastric carcinoma with submucosal deep invasion after additional surgery:A propensity score-matched analysis, Kuroki K, Oka S, Tanaka S, Yorita N, Hata K, Kotachi T, Ninomiya Y, Boda T, Ito M, Arihiro K, Chayama K, 27th United European Gastroenterology Week (UEGW) 2019, 2019年10月19日, 通常, 日本語, Barcelona, Spain
  33. 青黛による副作用と思われる腸管病変を来した潰瘍性大腸炎の3例, 若井雅貴, 林亮平, 田中信治, 高砂健, 内藤聡雄, 日山亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 茶山一彰., 第121回日本内科学会中国地方会, 2019年10月05日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本内科学会, 岡山県 岡山大学医学部(鹿田キャンパス),Jホール他
  34. Long-term effects of Helicobacter pylori eradication in the Asia-Pacific region: Other benefits or concerns? Gastric cancer after H. pylori eradication therapy in Japan, 伊藤公訓, The 3rd Joint Session between TDDW - JDDW - KDDW, 2019年09月28日, 招待, 英語, TDDW 台湾消化器病学会週間
  35. 興味深い発育形態を呈した径10mm大0-Is+IIc型T1癌の1例, 西村朋之, 西村朋之, 田中信治, 山下賢, 下原康嗣, 岡本由貴, 稲垣克哲, 松本健太, 田中秀典, 保田和毅, 住元旭, 二宮悠樹, 岡志郎, 伊藤公訓, 北台靖彦, 茶山一彰, 有廣光司, 嶋本文雄., 第29回大腸IIc研究会, 2019年09月15日, 通常, 日本語, 東京都 ベルサール汐留
  36. 拡大観察が有用であった陥凹内隆起を有する LST-NG pseudo-depressed type の1例, 下原康嗣, 田中信治, 保田和毅, 西村朋之, 稲垣克哲, 岡本由貴, 田中秀典, 松本健太, 山下賢, 住元旭, 二宮悠樹, 岡 志郎, 日山亨, 伊藤公訓, 北台靖彦, 茶山一彰, 有廣光司, 嶋本文雄., 第29回大腸IIc研究会, 2019年09月15日, 通常, 日本語, 東京都 ベルサール汐留
  37. 浅い陥凹を伴った0-IIa型直腸T1a癌の1例, 高砂 健, 二宮悠樹, 岡志郎, 下原康嗣, 西村朋之, 稲垣克哲, 岡本由貴, 田中秀典, 松本健太, 保田和毅, 山下賢, 住元旭, 伊藤公訓, 北台靖彦, 田中信治, 茶山一彰, 有廣光司, 嶋本文雄, 第29回大腸IIc研究会, 2019年09月15日, 通常, 日本語, 東京都 ベルサール汐留
  38. ESD前のNBI拡大観察にて分化型優位組織混在型早期胃癌と診断した1例, 黒木一峻, 小刀崇弘, 岡志郎, 頼田尚樹, 畑幸作, 保田智之, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 有廣光司., 第16回拡大内視鏡研究会, 2019年09月14日, 通常, 日本語, 東京都 ベルサール汐留
  39. ピロリ感染を考慮した胃がん検診:検査のポイントとその限界, 伊藤公訓, 第82回山口県消化器がん検診講習会, 2019年08月31日, 招待, 日本語, 山口県
  40. ピロリ除菌後の胃癌, 伊藤公訓, 第155回相模原胃と腸研究会特別講演会, 2019年07月24日, 招待, 日本語
  41. 胃内視鏡検診の基礎知識 いまさら訊(き)けない、あんなこと、こんなこと, 伊藤公訓, 第122回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2019年06月30日, 招待, 日本語, 広島県 広島国際会議場
  42. 食道アカラシア術後の長期経過中に多発食道表在癌を認めESDを施行した 1 例, 浦田一樹, 二宮悠樹, 岡 志郎, 稲垣克哲, 岡本由貴, 田中秀典, 松本健太, 保田和毅, 山下賢, 住元旭, 小刀崇弘, 保田智之, 卜部祐司, 日山亨, 伊藤公訓, 北台靖彦, 田中信治, 茶山一彰, 第122回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2019年06月30日, 通常, 日本語, 広島県 広島国際会議場
  43. 青黛を含む漢方薬を内服中に虚血性小腸炎を発症した潰瘍性大腸炎の 1 例, 高砂 健, 林亮平, 田中信治, 門田紘樹, 若井雅貴, 内藤聡雄, 中村耕樹, 野村元宣, 弓削亮, 保田智之, 卜部祐司, 岡志郎, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 茶山一彰., 第122回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2019年06月30日, 通常, 日本語, 広島県 広島国際会議場
  44. 長期経過観察中に形態変化を来した異所性胃粘膜由来の十二指腸癌の 1 例, 林花林, 保田智之, 岡志郎, 頼田尚樹, 畑幸作, 二宮悠樹, 林亮平, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰., 第122回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2019年06月30日, 通常, 日本語, 広島県 広島国際会議場
  45. Re-differentiation of gastric carcinoma after successful Herlicobacter eradication therapy, Urabe Y, Masuda K, Ito M, Ono A, Hayes CN, Nakamura K, Kotachi T, Boda T, Tanaka S, Chayama K., GI Research Academy 2019, 2019年06月28日, 通常, 日本語
  46. 胃がん内視鏡検診の現状と問題点, 伊藤公訓, 第268回呉消化器病研究会 消化器疾患CPC及び特別講演会, 2019年06月25日, 招待, 日本語, 呉消化器病研究会, 広島県呉市
  47. Helicobacter pylori未感染胃がんに関する臨床的および遺伝学的検討, 木曽まり子, 卜部祐司, 伊藤公訓, 益田和彦, 保田智之, 小刀崇弘, 畑幸作, 頼田尚樹, 長﨑直子, Abuduwaili Madina, 檜山雄一, 田中信治, 茶山一彰., 第25回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2019年06月22日, 通常, 日本語, 第25回日本ヘリコバクター学会学術集会, 愛知県 ウインクあいち
  48. 胃 MALT リンパ腫除菌後に発生する胃癌の検討, 弓削 亮, 北台靖彦, 瀧川英彦, 内藤聡雄, 頼田尚樹, 稲垣克哲, 門田紘樹, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰., 第25回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2019年06月21日, 通常, 日本語, 第25回日本ヘリコバクター学会学術集会, 愛知県 ウインクあいち
  49. Helicobacter pylori未感染胃に生じた多発粘膜内印環細胞癌の1例, 三好彩加, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 二宮悠樹, Maidina A, 長﨑直子, 頼田尚樹, 畑幸作, 黒木一峻, 木曽まり子, 田邊和照, 岡志郎, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰, 第111回日本消化器病学会中国支部例会, 2019年06月15日, 通常, 日本語, 第111回日本消化器病学会中国支部例会, 鳥取県 米子コンベンションセンターBiG SHiP
  50. 本学学生を対象としたHelicobacter pylori感染test and treatの試み, 伊藤公訓, 河村徹, 河村譲, 保田智之, 小刀崇弘, 益田和彦, 木曽まり子, 畑幸作, 頼田尚樹, 長﨑直子, Maidina A, 松尾泰治, 田中信治, 茶山一彰., 第111回日本消化器病学会中国支部例会, 2019年06月15日, 通常, 日本語, 第111回日本消化器病学会中国支部例会, 鳥取県 米子コンベンションセンターBiG SHiP
  51. ピロリ陰性時代の胃がん内視鏡検診, 伊藤公訓, 第58回日本消化器がん検診学会総会, 2019年06月08日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本消化器がん検診学会, 岡山県 岡山コンベンションセンター
  52. ヘリコバクターピロリ除菌後胃癌から考察する除菌後症例への適切な対応, 伊藤公訓, 吉原正治, 畑幸作, 頼田尚樹, 日山亨, 保田智之, 小刀崇弘, 木曽まり子, 長﨑直子, Maidina A, 松尾泰治, 田中信治, 茶山一彰, 第58回日本消化器がん検診学会総会, 2019年06月07日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本消化器がん検診学会, 岡山県 岡山コンベンションセンター
  53. H. pylori未感染胃に生じた未分化型早期胃癌の特性, 頼田尚樹, 伊藤公訓, 茶山一彰., 第97回日本消化器内視鏡学会総会, 2019年05月31日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本消化器内視鏡学会, 東京都 グランドプリンスホテル新高輪/国際館パミール
  54. 増えてきたピロリ陰性胃癌と除菌後胃癌知っておきたい診療のコツ, 伊藤公訓, 第46回安佐消化器病フォーラム, 2019年04月26日, 招待, 日本語, 安佐消化器病フォーラム, 広島県
  55. ピロリ陰性時代の上部消化管診療, 伊藤公訓, 安芸地区医師会学術講演会, 2019年04月25日, 招待, 日本語, 安芸地区医師会, 広島県
  56. 胃炎・胃潰瘍治療の基本について, 伊藤公訓, 平成31年度 第1回兵庫県病院薬剤師会 尼崎支部学術講演会, 2019年04月18日, 招待, 日本語, 兵庫県病院薬剤師会, 兵庫県
  57. 当科における潰瘍性大腸炎関連腫瘍に対するESDの治療成績, 岡本由貴, 田中信治, 岡志郎, 稲垣克哲, 田中秀典, 松本健太, 保田和毅, 山下賢, 住元旭, 二宮悠樹, 林亮平, 伊藤公訓, 茶山一彰, 有廣光司, 北台靖彦, 第121回広島消化器病研究会, 2019年04月13日, 通常, 日本語, 広島消化器病研究会, 広島県
  58. ESD後早期胃癌患者の酸分泌抑制薬投与前後の血清ガストリンレベルの検討, Maidina A, 栗原美緒, 保田智之, 伊藤公訓, 小刀崇弘, 木曽まり子, 畑幸作, 頼田尚樹, 長﨑直子, 黒木一峻, 岡志郎, 北台靖彦, 田中信治, 茶山一彰., 第121回広島消化器病研究会, 2019年04月13日, 通常, 日本語, 広島消化器病研究会, 広島県
  59. ピロリ菌関連疾患の内視鏡診断と治療, 伊藤公訓, 第27回日本消化器内視鏡学会 中国支部セミナー ランチョンセミナー, 2018年, 招待, 日本語, 日本消化器内視鏡学会
  60. Helicobacter pylori除菌後、逐年内視鏡検査で診断された粘膜下層浸潤胃がんの検討, 畑 幸作, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀崇弘, 木曽まり子, 益田和彦, 松尾泰治, 田中信治, 茶山一彰., 第14回日本消化管学会総会学術集会, 2018年, 通常, 日本語
  61. ピロリ除菌後の胃がん 診断のコツと限界, 伊藤公訓, 第35回安佐消化器病フォーラム, 2018年, 招待, 日本語
  62. Helicobacter pylori除菌後、逐年内視鏡検査で診断された粘膜下層浸潤胃癌の検討, 畑 幸作, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀崇弘, 木曽まり子, 益田和彦, 松尾泰治, 田中信治, 茶山一彰., 第120回広島消化器病研究会, 2018年, 通常, 日本語
  63. ピロリ除菌後の胃がん 分かってきたこと、分からないこと, 伊藤公訓, 第109回日本消化器病学会中国支部例会 ランチョンセミナー1, 2018年, 招待, 日本語
  64. パテンシーカプセルのコーティング膜が14ヶ月間滞留し腸閉塞の一因になったと考えられたクローン病の1例, 飯尾澄夫, 岡 志郎, 田中信治, 稲垣克哲, 岡本由貴, 田中秀典, 壺井章克, 松本健太, 大谷一郎, 保田和毅, 山下 賢, 國原紗代子, 住元 旭, 小刀崇弘, 二宮悠樹, 林 亮平, 保田智之, 日山 亨, 伊藤公訓, 茶山一彰., 第109回日本消化器病学会中国支部例会, 2018年, 通常, 日本語
  65. 粘膜下腫瘍の形態を呈した膵・胃十二指腸組織からなる胃分離腫の1例, 舛田 翔, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 中村耕樹, 長﨑直子, 頼田尚樹, 畑 幸作, 木曽まり子, 栗原美緒, 益田和彦, 城間紀之, 保田智之, 岡 志郎, 有廣光司, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰., 第109回日本消化器病学会中国支部例会, 2018年, 通常, 日本語
  66. 胃内視鏡検査が関係した民事訴訟における裁判所の考え方, 日山 亨, 岡 志郎, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治., 第57回日本消化器がん検診学会総会, 2018年, 通常, 日本語
  67. 高安動脈炎を合併した潰瘍性大腸炎の1例, 熊田純子, 林 亮平, 田中信治, 若井雅貴, 内藤聡雄, 中村耕樹, 藤田 朗, 野村元宣, 瀧川英彦, 弓削 亮, 保田智之, 卜部祐司, 岡 志郎, 上野義隆, 伊藤公訓, 茶山一彰., 第109回日本消化器病学会中国支部例会, 2018年, 通常, 日本語
  68. Helicobacter pylori除菌治療は、粘膜下層浸潤を伴う分化型胃癌の頻度を増加させる, 畑 幸作, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀崇弘, 木曽まり子, 益田和彦, 松尾泰治, 田中信治, 茶山一彰., 第24回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2018年, 通常, 日本語
  69. 除菌治療後に発見される胃がんの特性と適正な診断, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀崇弘, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 長﨑直子, 栗原美緒, 黒木一峻, 頼田尚樹, Abuduwaili M, 松尾泰治, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰., 第24回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2018年, 通常, 日本語
  70. 術前診断に苦慮した大腸神経節細胞腫の1例, 下江奈津美, 二宮悠樹, 田中信治, 稲垣克哲, 岡本由貴, 田中秀典, 松本健太, 保田和毅, 山下 賢, 住元 旭, 小刀崇弘, 保田智之, 岡 志郎, 日山 亨, 伊藤公訓, 茶山一彰., 第120回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2018年, 通常, 日本語
  71. 症例提示−ダブルチェックの現状−, 伊藤公訓., 平成30年度広島市胃がん検診(胃内視鏡検査)実施医療機関研修会, 2018年, 招待, 日本語
  72. 除菌後胃癌診断のピットフォール, 伊藤公訓, 第300回広島胃と腸疾患研究会, 2018年, 通常, 日本語
  73. 異所性胃粘膜由来の早期十二指腸癌の1例, 二宮悠樹, 岡 志郎, 田中信治, 稲垣克哲, 岡本由貴, 田中秀典, 松本健太, 保田和毅, 山下 賢, 住元 旭, 伊藤公訓, 茶山一彰, 嶋本文雄., 第15回拡大内視鏡研究会, 2018年, 通常, 日本語
  74. 高齢者に発生した多発胃粘膜内印環細胞癌の1例, 小刀崇弘, 岡 志郎, 長﨑直子, 頼田尚樹, 畑 幸作, 栗原美緒, 益田和彦, 保田智之, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰., 第15回拡大内視鏡研究会, 2018年, 通常, 日本語
  75. ピロリ菌陰性の胃がん, 伊藤公訓., 消化管オープンカンファレンス, 2018年, 招待, 日本語
  76. 胃がん内視鏡検診の現状と問題点, 伊藤公訓., 第79回広島共立病院オープンカンファレンス, 2018年, 招待, 日本語
  77. 上部消化管内視鏡・X線検査が関係した民事医療訴訟事例のまとめ, 日山 亨, 岡 志郎, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治, JDDW2018 第56回日本消化器がん検診学会大会, 2018年, 通常, 日本語
  78. ピロリ感染を考慮した新しい胃がん診療ストラテジー, 伊藤公訓., 二葉の里消化器病研究会, 2018年, 招待, 日本語
  79. 胃癌予防と除菌後胃癌, 伊藤公訓., 日本ヘリコバクター学会 平成30年度第2回教育講演会, 2018年, 招待, 日本語
  80. 臨床的寛解潰瘍性大腸炎患者における内視鏡的活動性予測マーカーとしてのSAAの有用性, 若井雅貴, 林 亮平, 田中信治, 内藤聡雄, 中村耕樹, 熊田純子, 藤田 朗, 野村元宣, 上野義隆, 伊藤公訓, 茶山一彰., 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会, 2018年, 通常, 日本語
  81. 当科における潰瘍性大腸炎関連腫瘍に対するESDの治療成績, 松本健太, 田中信治, 岡 志郎, 稲垣克哲, 岡本由貴, 田中秀典, 保田和毅, 山下 賢, 住元 旭, 二宮悠樹, 林 亮平, 伊藤公訓, 茶山一彰, 有廣光司., 第121回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2018年, 通常, 日本語
  82. H.pylori未感染胃に生じた未分化型粘膜下層浸潤癌の特性, 頼田尚樹, 伊藤公訓, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 第110回日本消化器病学会中国支部例会, 2018年, 通常, 日本語
  83. 食道ESDと追加化学放射線療法後の難治性食堂狭窄に対してRedial Incision and Cuttingが有効であった1例, 中村耕樹, 卜部祐司, 岡 志郎, 鳩岡晴奈, 内藤聡雄, 若井雅貴, 瀧川英彦, 野村元宣, 益田和彦, 弓削 亮, 林 亮平, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰., 第121回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2018年, 通常, 日本語
  84. 5-ASA製剤内服により軽快した憩室性大腸炎の1例, 野村理紗, 二宮悠樹, 田中信治, 稲垣克哲, 岡本由貴, 田中秀典, 松本健太, 保田和毅, 山下 賢, 住元 旭, 小刀崇弘, 林 亮平, 保田智之, 岡 志郎, 日山 亨, 伊藤公訓, 茶山一彰., 第110回日本消化器病学会中国支部例会, 2018年, 通常, 日本語
  85. Helicobacter pylori未感染胃に生じた未分化型粘膜下層深部浸潤癌の1例, 木村文香, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 長﨑直子, 頼田尚樹, 畑 幸作, 木曽まり子, 栗原美緒, 益田和彦, 保田智之, 田邊和照, 岡 志郎, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰., 第121回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2018年, 通常, 日本語
  86. 消化器がん検診におけるガイドラインの取り扱いについて, 日山 亨, 岡 志郎, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治., 第49回日本消化器がん検診学会中国四国地方会, 2018年, 通常, 日本語
  87. 胃がん検診における課題と展望-広島県の現状からの考察-, 伊藤公訓, 吉原正治, 日山 亨, 保田智之, 小刀崇弘, 益田和彦, 木曽まり子, 栗原美緒, 畑 幸作, 頼田尚樹, 長﨑直子, Madina abduwali, 松尾泰治, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 第49回日本消化器がん検診学会中国四国地方会, 2018年, 通常, 日本語
  88. Helicobacter pylori未感染胃に生じた粘膜内印環細胞癌の発症要因, 木曽まり子, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀崇弘, 益田和彦, 畑 幸作, 松尾泰治, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰., 木曽まり子, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀崇弘, 益田和彦, 畑 幸作, 松尾泰治, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰., 第23回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2017年06月30日, 通常, 日本語, 日本ヘリコバクター学会
  89. 除菌後胃粘膜に出現する発赤陥凹性変病に対する内視鏡診断と良性発赤陥凹性変病の病理学的特徴, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰., 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰., 第23回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2017年06月30日, 通常, 日本語, 日本ヘリコバクター学会
  90. Helicobacter pylori除菌後、逐年内視鏡検査で発見された粘膜下層浸潤胃癌の検討, 畑 幸作, 伊藤公訓, 保田智之, 田中信治, 茶山一彰., 畑 幸作, 伊藤公訓, 保田智之, 田中信治, 茶山一彰., 第23回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2017年06月30日, 通常, 日本語, 日本ヘリコバクター学会
  91. 特異な内視鏡形態を呈したA型胃炎の1例, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 林 亮平, 田中信治, 茶山一彰., 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 林 亮平, 田中信治, 茶山一彰., 第118回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2017年06月25日, 通常, 日本語, 日本消化器内視鏡学会中国支部
  92. ダビガトランが原因と考えられた小腸主体の全消化管粘膜傷害の1例, 安藤友希, 保田智之, 伊藤公訓, 大谷一郎, 畑 幸作, 木曽まり子, 國原紗代子, 益田和彦, 小刀崇弘, 松尾泰治, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 安藤友希, 保田智之, 伊藤公訓, 大谷一郎, 畑 幸作, 木曽まり子, 國原紗代子, 益田和彦, 小刀崇弘, 松尾泰治, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 第118回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2017年06月25日, 通常, 日本語, 日本消化器内視鏡学会中国支部
  93. 原発性硬化性胆管炎を併発した高齢発症潰瘍性大腸炎の1例, 藤田 朗, 上野義隆, 田中信治, 若井雅貴, 熊田純子, 林 亮平, 岡 志郎, 日山 亨, 伊藤公訓, 吉原正治, 茶山一彰., 藤田 朗, 上野義隆, 田中信治, 若井雅貴, 熊田純子, 林 亮平, 岡 志郎, 日山 亨, 伊藤公訓, 吉原正治, 茶山一彰., 第118回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2017年06月25日, 通常, 日本語, 日本消化器内視鏡学会中国支部
  94. 血清Helicobacter pylori抗体価を用いた胃がんリスク評価, 伊藤公訓, 吉原正治, 茶山一彰., 伊藤公訓, 吉原正治, 茶山一彰., 第56回日本消化器がん検診学会総会, 2017年06月23日, 通常, 日本語, 日本消化器がん検診学会
  95. 大腸内視鏡検査による腸管穿孔が関係した訴訟事例の検討, 日山 亨, 岡 志郎, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治., 日山 亨, 岡 志郎, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治., 第56回日本消化器がん検診学会総会, 2017年06月23日, 通常, 日本語, 日本消化器がん検診学会
  96. 胃がんリスク評価を加味した検診体制の構築について, 益田和彦, 吉原正治, 伊藤公訓, 畑 幸作, 木曽まり子, 小刀崇弘, 保田智之, 松尾泰治, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 益田和彦, 吉原正治, 伊藤公訓, 畑 幸作, 木曽まり子, 小刀崇弘, 保田智之, 松尾泰治, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 第56回日本消化器がん検診学会総会, 2017年06月23日, 通常, 日本語, 日本消化器がん検診学会
  97. ピロリ菌と胃癌について, 日本消化器病学会中国支部 第79回市民公開講座, 2017年06月18日, 招待, 日本語, 日本消化器病学会中国支部
  98. 診療ガイドラインが関係した消化器内科疾患関連訴訟事例の検討, 日山 亨, 岡 志郎, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治., 日山 亨, 岡 志郎, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治., 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年06月17日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部
  99. "腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS) を施行した巨大有茎性食道癌肉腫の1例 ", 松原由佳, 佐野村洋次, 田中信治, 黒木一峻, 栗原美緒, 水本 健, 吉福良公, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 吉原正治, 有廣光司, 茶山一彰., 松原由佳, 佐野村洋次, 田中信治, 黒木一峻, 栗原美緒, 水本 健, 吉福良公, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 吉原正治, 有廣光司, 茶山一彰., 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年06月17日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部
  100. EMR/ESD非治癒切除早期胃癌・大腸癌症例に対するテガフール・ウラシル投与の有用性に関する探索的検討, 吉福良公, 岡 志郎, 田中信治, 水本 健, 弓削 亮, 保田智之, 佐野村洋次, 卜部祐司, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 茶山一彰., 吉福良公, 岡 志郎, 田中信治, 水本 健, 弓削 亮, 保田智之, 佐野村洋次, 卜部祐司, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 茶山一彰., 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年06月17日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部
  101. 本学学生における血清抗Helicobacter pylori抗体価から考案する若年者胃がんリスク診断, 木曽まり子, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀嵩弘, 益田和彦, 畑 幸作, 松尾泰治, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰., 木曽まり子, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀嵩弘, 益田和彦, 畑 幸作, 松尾泰治, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰., 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年06月17日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部
  102. PPI投与によって胃底腺ポリープの増大をみとめたFAPの1例, 中村耕樹, 卜部祐司, 平野大樹, 益田和彦, 弓削 亮, 林 奈那, 保田智之, 林 亮平, 松尾泰治, 佐野村洋次, 岡 志郎, 上野義隆, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰., 中村耕樹, 卜部祐司, 平野大樹, 益田和彦, 弓削 亮, 林 奈那, 保田智之, 林 亮平, 松尾泰治, 佐野村洋次, 岡 志郎, 上野義隆, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰., 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年06月17日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部
  103. "Dual Red Imaging(DRI)観察が術中止血に有用であった胃ESDを施行した1例 ", 黒木一峻, 佐野村洋次, 田中信治, 水本 健, 栗原美緒, 吉福良公, 岡 志郎, 伊藤公訓, 茶山一彰, 有廣光司., 黒木一峻, 佐野村洋次, 田中信治, 水本 健, 栗原美緒, 吉福良公, 岡 志郎, 伊藤公訓, 茶山一彰, 有廣光司., 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年06月17日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部
  104. 術後1年目にリンパ節転移をきたした微小大腸T1(SM)癌の1例, 二宮悠樹, 田中信治, 岡 志郎, 保田和毅, 山下 賢, 住元 旭, 平野大樹, 田丸弓弦, 林 奈那, 伊藤公訓, 惠木浩之, 大段秀樹, 茶山一彰, 有廣光司., 二宮悠樹, 田中信治, 岡 志郎, 保田和毅, 山下 賢, 住元 旭, 平野大樹, 田丸弓弦, 林 奈那, 伊藤公訓, 惠木浩之, 大段秀樹, 茶山一彰, 有廣光司., 第107回日本消化器病学会中国支部例会, 2017年06月17日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部
  105. 当院における経鼻内視鏡併用食道内圧測定検査の現状, 畑 幸作, 伊藤公訓, 保田智之, 田中信治, 茶山一彰., 畑 幸作, 伊藤公訓, 保田智之, 田中信治, 茶山一彰., 第71回日本食道学会学術集会, 2017年06月15日, 通常, 日本語, 日本食道学会
  106. 2017年05月06日, 通常, 英語
  107. 除菌後胃癌の内視鏡診断におけるNBI拡大観察の重要性, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 佐野村洋次, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 佐野村洋次, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 第49回胃病態機能研究会, 2017年02月18日, 通常, 日本語, 胃病態機能研究会
  108. 当院における経鼻内視鏡併用食道内在測定検査の現況, 畑 幸作, 伊藤公訓, 保田智之, 田中信治, 茶山一彰., 畑 幸作, 伊藤公訓, 保田智之, 田中信治, 茶山一彰., 第117回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2016年11月13日, 通常, 日本語, 日本消化器内視鏡学会中国支部
  109. ESDにて完全一括摘除した虫垂内進展局所遺残再発Tis癌の1例, 保田和毅, 田中信治, 岡 志郎, 住元 旭, 檜山雄一, 平野大樹, 瀧川英彦, 二宮悠樹, 田丸弓弦, 影本賢一, 鴫田賢次郎, 林 奈那, 日山 亨, 伊藤公訓, 吉原正治, 茶山一彰., 保田和毅, 田中信治, 岡 志郎, 住元 旭, 檜山雄一, 平野大樹, 瀧川英彦, 二宮悠樹, 田丸弓弦, 影本賢一, 鴫田賢次郎, 林 奈那, 日山 亨, 伊藤公訓, 吉原正治, 茶山一彰., 第117回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2016年11月12日, 通常, 日本語, 日本消化器内視鏡学会中国支部
  110. ESDを施行した粘膜下異所性胃腺を伴う胃乳頭腺癌の1例, 小根森陽子, 佐野村洋次, 田中信治, 黒木一峻, 栗原美緒, 水本 健, 吉福良公, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 吉原正治, 有廣光司, 茶山一彰., 小根森陽子, 佐野村洋次, 田中信治, 黒木一峻, 栗原美緒, 水本 健, 吉福良公, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 吉原正治, 有廣光司, 茶山一彰., 第117回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2016年11月12日, 通常, 日本語, 日本消化器内視鏡学会中国支部
  111. 食道アカラシアに対しバルーン拡張術が奏功したAllgrove症候群(AAA症候群)の1例, 平原 慧, 保田智之, 伊藤公訓, 畑 幸作, 木曽まり子, 益田和彦, 小刀崇弘, 岡 志郎, 香川礼子, 田中信治, 茶山一彰., 平原 慧, 保田智之, 伊藤公訓, 畑 幸作, 木曽まり子, 益田和彦, 小刀崇弘, 岡 志郎, 香川礼子, 田中信治, 茶山一彰., 第106回日本消化器病学会中国支部例会, 2016年11月12日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部
  112. 小腸angioectasiaから出血を繰り返した限局皮膚硬化型全身性強皮症の1例, 大谷一郎, 岡 志郎, 田中信治, 國原紗代子, 水本 健, 益田和彦, 野村元宣, 瀧川英彦, 井川 敦, 佐野村洋次, 伊藤公訓, 松尾佳美, 茶山一彰., 大谷一郎, 岡 志郎, 田中信治, 國原紗代子, 水本 健, 益田和彦, 野村元宣, 瀧川英彦, 井川 敦, 佐野村洋次, 伊藤公訓, 松尾佳美, 茶山一彰., 第117回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2016年11月11日, 通常, 日本語, 日本消化器内視鏡学会中国支部
  113. H.pylori除菌後に出現する発赤陥凹性病変に対する適正な内視鏡診断, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 茶山一彰., 小刀崇弘, 伊藤公訓, 茶山一彰., JDDW2016 第58回日本消化器病学会大会,第92回日本消化器内視鏡学会総会,第54回日本消化器がん検診学会大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会
  114. プロトンポンプ阻害薬内服者における内視鏡的胃粘膜所見の特徴, 木曽まり子, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀崇弘, 松尾泰治, 益田和彦, 佐々木敦紀, 河村 徹, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰., 木曽まり子, 伊藤公訓, 保田智之, 小刀崇弘, 松尾泰治, 益田和彦, 佐々木敦紀, 河村 徹, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰., JDDW2016 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 日本消化器内視鏡学会
  115. 造影CT撮影時の偶発症が関係した訴訟事例の検討, 日山 亨, 松尾泰治, 岡 志郎, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治., 日山 亨, 松尾泰治, 岡 志郎, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治., JDDW2016 第54回日本消化器がん検診学会大会, 2016年11月03日, 通常, 日本語, 日本消化器がん検診学会
  116. 幽門輪の全周性早期胃癌に対しESDを施行した1例, 板倉文乃, 佐野村洋次, 田中信治, 水本 健, 栗原美緒, 吉福良公, 林 亮平, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 有廣光司, 茶山一彰., 板倉文乃, 佐野村洋次, 田中信治, 水本 健, 栗原美緒, 吉福良公, 林 亮平, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 有廣光司, 茶山一彰., 第116回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2016年06月26日, 通常, 日本語, 日本消化器内視鏡学会中国支部
  117. 胃がんリスク評価ABC分類の正しい運用のために-問診、数値の解釈、指導のポイント-, 第22回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 日本ヘリコバクター学会
  118. 血清抗ヘリコバクター抗体陰性およびペプシノゲン法陰性の胃癌症例に関する多施設共同研究, 木曽まり子, 吉原正治, 伊藤公訓, 井上和彦, 中島滋美, 問部克裕, 小林正夫, 上村直実, 矢田智之, 岡 正志, 河合 隆, 保田智之, 松尾泰治, 小刀崇弘, 田中信治, 茶山一彰., 木曽まり子, 吉原正治, 伊藤公訓, 井上和彦, 中島滋美, 問部克裕, 小林正夫, 上村直実, 矢田智之, 岡 正志, 河合 隆, 保田智之, 松尾泰治, 小刀崇弘, 田中信治, 茶山一彰., 第22回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 日本ヘリコバクター学会
  119. 2016年06月24日, 通常, 英語
  120. 除菌後胃粘膜に出現する発赤陥凹性病変の特徴と適正な内視鏡的診断, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰., 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 木曽まり子, 益田和彦, 畑 幸作, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰., 第22回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 日本ヘリコバクター学会
  121. 病院受診群における血清抗Helicobacter pylori抗体価実測値によるHp未感染診断の精度, 保田智之, 伊藤公訓, 吉原正治, 畑 幸作, 木曽まり子, 益田和彦, 小刀崇弘, 田中信治, 茶山一彰., 保田智之, 伊藤公訓, 吉原正治, 畑 幸作, 木曽まり子, 益田和彦, 小刀崇弘, 田中信治, 茶山一彰., 第22回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2016年06月24日, 通常, 日本語, 日本ヘリコバクター学会
  122. 胃癌リスク分類A群中のHp感染群の生年区分別検討, 益田和彦, 吉原正治, 伊藤公訓, 木曽まり子, 小刀崇弘, 保田智之, 松尾泰治, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 益田和彦, 吉原正治, 伊藤公訓, 木曽まり子, 小刀崇弘, 保田智之, 松尾泰治, 岡 志郎, 田中信治, 茶山一彰., 第55回日本消化器がん検診学会総会, 2016年06月11日, 通常, 日本語, 日本消化器がん検診学会
  123. 好酸球性食道炎が疑われステロイドが著効したびまん性食道痙攣の1例, 槇坪良時, 保田智之, 伊藤公訓, 畑 幸作, 保田和毅, 木曽まり子, 益田和彦, 小刀崇弘, 松尾泰治, 岡 志郎, 上野義隆, 北台靖彦, 有廣光司, 田中信治, 茶山一彰., 槇坪良時, 保田智之, 伊藤公訓, 畑 幸作, 保田和毅, 木曽まり子, 益田和彦, 小刀崇弘, 松尾泰治, 岡 志郎, 上野義隆, 北台靖彦, 有廣光司, 田中信治, 茶山一彰., 第105回日本消化器病学会中国支部例会, 2016年06月11日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部
  124. 2016年05月21日, 通常, 英語
  125. 2016年05月21日, 通常, 英語
  126. 非典型的な形態を呈したA型胃炎に伴う胃カルチノイドの1例, 伊藤林太郎, 保田智之, 伊藤公訓, 松尾泰治, 平野大樹, 佐野村洋次, 岡 志郎, 田邉和照, 有廣光司, 白神邦浩, 田中信治, 茶山一彰, 伊藤林太郎, 保田智之, 伊藤公訓, 松尾泰治, 平野大樹, 佐野村洋次, 岡 志郎, 田邉和照, 有廣光司, 白神邦浩, 田中信治, 茶山一彰, 第104回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年12月05日, 通常, 日本語
  127. ヘリコバクター・ピロリ除菌後胃粘膜に認められる発赤陥凹病変の臨床的意義, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 田中信治, 茶山一彰, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 田中信治, 茶山一彰, 第115回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2015年12月05日, 通常, 日本語
  128. 短期間に形態変化した胃inflammatory fibroid polypの1例, 井佳奈, 松尾泰治, 西山宗希, 佐野村洋次, 保田智之, 岡 志郎, 伊藤公訓, 北台靖彦, 田中信治, 茶山一彰, 井佳奈, 松尾泰治, 西山宗希, 佐野村洋次, 保田智之, 岡 志郎, 伊藤公訓, 北台靖彦, 田中信治, 茶山一彰, 第115回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2015年12月05日, 通常, 日本語
  129. 潰瘍性大腸炎に合併した肝膿瘍の1例, 藤田 朗, 上野義隆, 田中信治, 野村元宣, 佐上晋太郎, 西山宗希, 林 亮平, 岡 志郎, 日山 亨, 伊藤公訓, 北台靖彦, 吉原正治, 茶山一彰, 藤田 朗, 上野義隆, 田中信治, 野村元宣, 佐上晋太郎, 西山宗希, 林 亮平, 岡 志郎, 日山 亨, 伊藤公訓, 北台靖彦, 吉原正治, 茶山一彰, 第104回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年12月05日, 通常, 日本語
  130. 2015年12月03日, 通常, 英語
  131. 胃がん検診における胃がんリスク評価活用の課題と展望, 木曽まり子, 吉原正治, 伊藤公訓, 益田和彦, 小刀崇弘, 北村陽子, 保田智之, 松尾泰治, 日山 亨, 田中信治, 茶山一彰, 木曽まり子, 吉原正治, 伊藤公訓, 益田和彦, 小刀崇弘, 北村陽子, 保田智之, 松尾泰治, 日山 亨, 田中信治, 茶山一彰, 第46回日本消化器がん検診学会中国四国地方会, 2015年11月28日, 通常, 日本語
  132. ピロリ菌感染と胃がん, 伊藤公訓, 第55回日本臨床化学会年次学術集会, 2015年10月31日, 通常, 日本語
  133. 高脂肪食併用DSS腸炎におけるNKT細胞の検討, 第43回日本臨床免疫学会, 2015年10月22日, 通常, 日本語
  134. Helicobacter pylori未感染胃癌の特徴, 2015年10月10日, 通常, 日本語
  135. H.pylori除菌後胃粘膜に認められる発赤陥凹病変の臨床的意義, JDDW2015 第90回日本消化器内視鏡学会総会,第57回日本消化器病学会大会, 2015年10月10日, 通常, 日本語
  136. 血清抗Helicobacter pylori抗体と血清Pepsinogen値による偽A群抽出の可能性, 2015年10月08日, 通常, 日本語
  137. ベトナムにおける大腸がん検診を考える, JDDW2015 第53回日本消化器がん検診学会大会, 2015年10月08日, 通常, 日本語
  138. 2015年07月14日, 通常, 英語
  139. 2015年07月14日, 通常, 英語
  140. 胃幽門腺型粘膜下層浸潤癌の1例, 小畠彩子, 佐野村洋次, 田中信治, 吉福良公, 実綿倫宏, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 有廣光司, 茶山一彰, 小畠彩子, 佐野村洋次, 田中信治, 吉福良公, 実綿倫宏, 岡 志郎, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 有廣光司, 茶山一彰, 第114回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2015年06月28日, 通常, 日本語
  141. H.pylori除菌治療により範囲診断が困難となった胃腺腫の1例, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 松尾泰治, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 松尾泰治, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰, 2015年06月28日, 通常, 日本語
  142. Helicobacter pylori感染症の診断と治療, 伊藤公訓, 第21回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2015年06月27日, 通常, 日本語
  143. Helicobacter pylori除菌後胃粘膜に認められる発赤陥凹病変の臨床的意義, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 松尾泰治, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰, 小刀崇弘, 伊藤公訓, 保田智之, 松尾泰治, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰, 第21回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2015年06月26日, 通常, 日本語
  144. 血清抗Helicobacter pylori抗体価実測値による未感染者同定法の検証, 保田智之, 伊藤公訓, 吉原正治, 松尾泰治, 小刀崇弘, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 田中信治, 茶山一彰, 保田智之, 伊藤公訓, 吉原正治, 松尾泰治, 小刀崇弘, 北村陽子, 木曽まり子, 益田和彦, 田中信治, 茶山一彰, 第21回日本ヘリコバクター学会学術集会, 2015年06月26日, 通常, 日本語
  145. 2015年06月18日, 通常, 英語
  146. 肺炎を契機に発見された胃重複嚢胞の1例, 友清せらみ, 松尾泰治, 伊藤公訓, 保田智之, 北村陽子, 小刀崇弘, 木曽まり子, 益田和彦, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰, 友清せらみ, 松尾泰治, 伊藤公訓, 保田智之, 北村陽子, 小刀崇弘, 木曽まり子, 益田和彦, 吉原正治, 田中信治, 茶山一彰, 第103回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年06月13日, 通常, 日本語
  147. パテンシーカプセルのコーティング膜が停滞したクローン病の1例, 中野 誠, 岡 志郎, 田中信治, 國原紗代子, 井川 敦, 保田智之, 佐野村洋次, 卜部祐司, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 吉原正治, 茶山一彰, 中野 誠, 岡 志郎, 田中信治, 國原紗代子, 井川 敦, 保田智之, 佐野村洋次, 卜部祐司, 日山 亨, 上野義隆, 伊藤公訓, 北台靖彦, 吉原正治, 茶山一彰, 第103回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年06月13日, 通常, 日本語
  148. 日本およびベトナムの内視鏡医による胃粘膜萎縮判定のinterobserverおよびintraobserver agreementに関する検討, 日山 亨, 松尾泰治, 岡 志郎, 吉田成人, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治, 青木利佳, 日山 亨, 松尾泰治, 岡 志郎, 吉田成人, 伊藤公訓, 田中信治, 茶山一彰, 吉原正治, 青木利佳, 第54回日本消化器がん検診学会総会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  149. 胃内視鏡検査による萎縮判定からみた胃癌リスク(ABC)分類の検討, 小刀崇弘, 北村陽子, 保田智之, 松尾泰治, 岡 志郎, 吉田成人, 日山 亨, 伊藤公訓, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰, 小刀崇弘, 北村陽子, 保田智之, 松尾泰治, 岡 志郎, 吉田成人, 日山 亨, 伊藤公訓, 田中信治, 吉原正治, 茶山一彰, 第54回日本消化器がん検診学会総会, 2015年06月05日, 通常, 日本語
  150. 2015年05月16日, 通常, 英語
  151. SAIDs長期内服中の高齢者における小腸粘膜傷害の特徴, 中野 誠, 岡 志郎, 田中信治, 井川 敦, 青山大輝, 佐野村洋次, 上野義隆, 日山 亨, 伊藤公訓, 北台靖彦茶山一彰, 中野 誠, 岡 志郎, 田中信治, 井川 敦, 青山大輝, 佐野村洋次, 上野義隆, 日山 亨, 伊藤公訓, 北台靖彦茶山一彰, 第117回広島消化器病研究会, 2015年04月04日, 通常, 日本語
  152. 酸関連疾患の Next Step ~ Life before GERD を目指して~, 伊藤 公訓, 宇和島医師会学術講演会, 2011年11月, 招待, 日本語
  153. NSAIDs による胃粘膜障害とその対策, 伊藤 公訓, 千葉整形外科フォーラム2011, 2011年11月, 招待, 日本語
  154. NSAIDs による胃粘膜傷害とその対策, 伊藤 公訓, 大塚 Live on Seminar, 2011年11月, 招待, 日本語
  155. NSAIDS による消化管傷害と治療戦略, 伊藤 公訓, 熱海医師会学術講演会, 2011年11月, 招待, 日本語
  156. 酸関連疾患の Next Step ~ Life before GERD を目指して~, 伊藤 公訓, 高松十人会 第111回例会, 2011年11月, 招待, 日本語
  157. NSAIDs 胃粘膜障害の予防と治療における各種抗潰瘍薬の使い分けについて, 伊藤 公訓, 萩市・長門市医師会講演会, 2011年10月, 招待, 日本語
  158. 酸関連疾患の時代変遷と今後の展望, 伊藤 公訓, Nexium Symposium in Hiroshima, 2011年09月, 招待, 日本語
  159. 胃炎と胃癌スクリーニング:重要な内視鏡所見は?, 伊藤 公訓, 第35回日本消化器内視鏡学会セミナー, 2011年08月, 招待, 日本語
  160. 薬剤性胃粘膜障害の診断と治療 新たな展開, 伊藤 公訓, 第136回北九州臨床整形外科医会学術講演会, 2011年04月, 招待, 日本語
  161. NSAIDs 処方を継続する為に気をつける事-潰瘍リスクを考慮して-, 伊藤 公訓, SCG学術講演会, 2011年01月, 招待, 日本語
  162. NSAIDs による消化管傷害治療戦略, 伊藤 公訓, KYUSHU GI Forum 2011, 2011年01月, 招待, 日本語
  163. 胃がん検診の現状とリスク分類を加味した展開, 伊藤 公訓, 第42回日本消化器がん検診学会中国四国地方会, 2011年, 通常, 日本語
  164. 内視鏡による H.pylori 除菌診断, 伊藤 公訓, 第81回日本消化器内視鏡学会総会附置研究会「慢性胃炎の内視鏡診断確立のための研究会」報告会, 2011年, 通常, 日本語
  165. 胃がん検診における検体検査による胃がんハイリスク絞り込み, 伊藤 公訓, 第50回日本消化器がん検診学会総会, 2011年, 通常, 日本語
  166. 胃癌の増生における腫瘍浸潤マクロファージの役割, 伊藤 公訓, MAGIC2001, 2001年09月, 招待, 日本語
  167. 慢性胃炎に対するムコスタの長期投与, 伊藤 公訓, Conference on Gastric Inflammation & Its Management, 2000年11月, 招待, 日本語
  168. 気をつけたい胃腸・肝臓の病気-食生活とのかかわり-, 司会:伊藤公訓, 日本消化器病学会中国支部 第84回市民公開講座, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部/後援:広島県,広島市, 県立広島大学 広島キャンパス

受賞

  1. 2020年11月, ポスター演題優秀賞, 広島医学会, 自己免疫性胃炎の症候として味覚性多汗症を呈した症例

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 革新的がん医療実用化研究事業, ピロリ菌除菌後健常者の中の胃がん高危険度群の高精度補足の前向き臨床研究(症例集積と追跡), 2015年04月01日, 2016年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 選択的除菌治療のための未分化型胃癌発症高危険群同定法の確立, 2010年, 2012年
  3. 土谷記念医学振興基金, Helicobacter pylori CagAシグナル系を標的とした胃癌高危険群同定法の開発, 2006年, 2007年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 胃上皮性腫瘍におけるヘリコバクターピロリ除菌の脱腫瘍化誘導機構の解明, 2016年, 2018年
  5. 革新的がん医療実用化研究事業, 高精度エピゲノム胃がんリスク診断の確立と多層的食道がんリスク診断の開発, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  6. 革新的がん医療実用化研究事業, ピロリ菌除菌後健康人を対象とした世界初エピゲノム発がんリスク診断の実用化, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  7. 科研費 基盤研究(C), 胃上皮性腫瘍におけるヘリコバクターピロリ除菌の脱腫瘍化誘導機構の解明, 2017年, 2017年
  8. 革新的がん医療実用化研究事業, ピロリ菌除菌後健康人を対象とした世界初エピゲノム発がんリスク診断の実用化, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  9. 革新的がん医療実用化研究事業, ピロリ菌除菌後健康人を対象とした世界初エピゲノム発がんリスク診断の実用化, 2019年04月01日, 2020年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 胃部レントゲン読影委員・読影診断委託医師, 2020年04月, 2021年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  2. 和文誌編集委員会査読委員, 2020年03月, 2022年02月, (社)日本消化器内視鏡学会
  3. 学会評議員, 2020年01月, 2020年12月, (財)日本消化器病学会
  4. 研究推進委員会胃癌リスク評価に資する抗体法適正化委員会委員長,血清ペプシノゲン値標準化委員会副委員長, 2019年09月, 2021年09月, 日本ヘリコバクター学会
  5. 医師確保対策専門委員会内科ワーキング会議委員, 2019年08月, 2020年03月, 広島県地域保健対策協議会
  6. 広島市胃内視鏡検査精度管理評価部会委員, 2019年07月, 2021年06月, 広島市健康福祉局
  7. 代議員, 2019年06月, 2021年09月, 日本ヘリコバクター学会
  8. 理事, 2019年06月, 2021年09月, 日本ヘリコバクター学会
  9. 胃部レントゲン読影委員・読影診断委託医師, 2019年04月, 2020年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  10. 胃がん・肝細胞がん予防サーベイランス体制検討WG委員, 2019年04月, 2020年03月, 広島県地域保健対策協議会
  11. 専門委員, 2019年01月, 2020年12月, 広島地方裁判所
  12. 学会評議員, 2019年01月, 2019年12月, (財)日本消化器病学会
  13. 胃がん・肝細胞がん予防サーベイランス体制検討WG委員, 2019年01月, 2019年03月, 広島県地域保健対策協議会
  14. 広島市胃内視鏡検査精度管理評価部会委員, 2017年07月, 2019年06月, 広島市健康福祉局
  15. 胃部レントゲン読影委員・読影診断委託医師, 2017年04月, 2018年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  16. 専門委員, 2017年01月, 2018年12月, 広島地方裁判所
  17. 胃がん・大腸がん専門委員会委員, 2016年09月, 2019年03月, (財)広島県地域保健医療推進機構
  18. 胃部レントゲン読影委員, 2016年04月, 2017年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  19. 学会誌編集委員会委員, 2015年09月01日, 2016年08月31日, 日本ヘリコバクター学会
  20. 試験問題作成委員会委員, 2015年09月01日, 2016年08月31日, 日本ヘリコバクター学会
  21. 国際委員会委員, 2015年09月01日, 2016年08月31日, 日本ヘリコバクター学会
  22. 認定医制度委員会試験問題作成部会委員, 2015年09月, 2016年06月, 日本ヘリコバクター学会
  23. 国際委員会委員, 2015年09月, 2016年06月, 日本ヘリコバクター学会
  24. 学会誌編集委員会委員, 2015年09月, 2016年06月, 日本ヘリコバクター学会
  25. 胃部レントゲン読影委員, 2015年04月, 2016年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  26. 専門委員, 2015年01月, 2016年12月, 広島地方裁判所
  27. 胃部レントゲン読影委員, 2014年04月, 2015年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  28. 編集委員, 2013年11月, 2014年01月, ワイリー・パブリッシング・ジャパン(株)
  29. 代議員(評議員), 2013年06月, 2015年06月, 日本ヘリコバクター学会
  30. A型胃炎を背景にもつ胃カルチノイドの治療指針に関する研究会委員, 2013年04月, 2014年06月, (社)日本消化器内視鏡学会
  31. H.pylori 診断治療委員会委員, 2013年04月, 2015年03月, (財)日本消化器病学会
  32. 胃部レントゲン読影委員, 2013年04月, 2014年03月, (財)広島原爆障害対策協議会
  33. 専門医制度委員, 2013年04月, 2014年03月, 日本消化器病学会中国支部
  34. 和文誌編集委員会査読委員, 2013年03月01日, 2015年02月28日, 日本消化器内視鏡学会
  35. 学会評議員, 2013年01月, 2013年12月, (財)日本消化器病学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. Next Symposium 2016 5th Anniversary in Hiroshima, PPI投与により発生する胃病変, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 社会人・一般
  2. リウマチ患者におけるNSAIDの消化管傷害, 兵庫県整形外科医会, 2012年/03月, 2012年/03月
  3. NSAIDによる薬剤性消化管傷害とその対策, 八女筑後薬剤師会, 2012年/03月, 2012年/03月
  4. 整形外科領域における消化管傷害とその対策, 整形外科フォーラム in Kumamoto, 2012年/03月, 2012年/03月
  5. NSAIDによる薬剤性消化管傷害とその対策, 徳山医師会, 学術講演会, 2012年/07月, 2012年/07月, その他
  6. 酸関連疾患をとりまく日常診療での落とし穴, 呉医師会など, Next Lecture Meeting, 2012年/07月, 2012年/07月, その他
  7. 酸関連疾患をとりまく日常診療での落とし穴, 広島市西部消化器病フォーラム, 2012年/08月, 2012年/08月
  8. Hp陰性症例に発生した胃癌の特徴, 横浜消化器内視鏡医会, 2012年/09月, 2012年/09月, その他
  9. 酸関連疾患をとりまく日常診療での落とし穴, 安芸高田市医師会学術講演会, 2012年/09月, 2012年/09月
  10. 酸関連疾患をとりまく日常診療での落とし穴, 尾三地区整形外科Meeting, 2012年/09月, 2012年/09月
  11. NSAIDによる薬剤性消化管傷害とその対策, 大分県学術講演会, 2012年/09月, 2012年/09月
  12. NSAIDによる薬剤性消化管傷害とその対策, 小倉内科医会, 2012年/10月, 2012年/10月
  13. 内科医からみたムコスタ錠の有用性と臨床上の位置付け, ムコスタ点眼記念講演会, 2012年/10月, 2012年/10月
  14. 胃癌診療の将来像, 北海道Helicobacter pyloriフォーラム, 2012年/12月, 2012年/12月
  15. 胃がん 最新情報, ピロリ菌検査・除菌で予防, NHK, NHK今日の健康, 2015年/02月/02日, 出演, テレビ・ラジオ番組, メディア
  16. Scientific Exchange Meeting 2015 in Hiroshima, PPI長期安全性の検証, Scientific Exchange Meeting 2015 in Hiroshima, Scientific Exchange Meeting 2015 in Hiroshima, 2015年/02月/26日, 2015年/02月/26日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  17. 第8回安佐消化器病フォーラム, 機能性ディスペプシアの最新情報, 第8回安佐消化器病フォーラム, 第8回安佐消化器病フォーラム, 2015年/02月/27日, 2015年/02月/27日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  18. 第15回東京UGI研究会, ヘリコバクター・ピロリがいない胃癌-除菌後癌と陰性癌-, 第15回東京UGI研究会, 第15回東京UGI研究会, 2015年/02月/28日, 2015年/02月/28日, 講師, 講演会, 研究者
  19. 第543回広島市内科医会学術講演会, 国民皆除菌時代の新しい胃がん診療, 第543回広島市内科医会学術講演会, 第543回広島市内科医会学術講演会, 2015年/02月/29日, 2015年/02月/29日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  20. 新時代の酸関連疾患を考える, ピロリ菌除菌治療の最新情報 新規酸分泌抑制薬への期待, 新時代の酸関連疾患を考える, 新時代の酸関連疾患を考える, 2015年/03月/12日, 2015年/03月/12日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  21. タケキャブ錠発売記念講演会, 酸分泌抑制薬 温故知新, タケキャブ錠発売記念講演会, タケキャブ錠発売記念講演会, 2015年/03月/26日, 2015年/03月/26日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  22. 消化器疾患講演会, ピロリ菌除菌治療の最前線, 消化器疾患講演会, 2015年/05月/26日, 2015年/05月/26日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  23. 第1回H.pylori陰性時代の課題を探る, H.pylori陰性時代を迎えての陰性胃癌の疫学, 第1回H.pylori陰性時代の課題を探る, 第1回H.pylori陰性時代の課題を探る, 2015年/06月/13日, 2015年/06月/13日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  24. 佐伯地区医師会学術講演会, ピロリ菌除菌治療の最新情報〜新規酸分泌抑制薬への期待〜, 佐伯地区医師会学術講演会, 佐伯地区医師会学術講演会, 2015年/06月/23日, 2015年/06月/23日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  25. 佐伯クリニシャンズグループ勉強会, ピロリ菌除菌治療の最新情報〜新規酸分泌抑制薬への期待〜, 佐伯クリニシャンズグループ勉強会, 佐伯クリニシャンズグループ勉強会, 2015年/06月/30日, 2015年/06月/30日, 講師, 講演会, 研究者
  26. 平成27年度 第1回平成消化器懇話会, ピロリ菌陰性胃がんについて, 平成27年度 第1回平成消化器懇話会, 平成27年度 第1回平成消化器懇話会, 2015年/07月/17日, 2015年/07月/17日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  27. 第44回広島共立病院オープンカンファレンス, ヘリコバクターピロリ除菌治療の正しい理解,, 第44回広島共立病院オープンカンファレンス, 第44回広島共立病院オープンカンファレンス, 2015年/07月/28日, 広島共立病院, 講師, 講演会, 研究者
  28. メディカル朝日出前センター, 除菌治療の諸問題, メディカル朝日出前センター, メディカル朝日出前センター, 2015年/08月/08日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  29. 第4回大手町勉強会, ピロリ菌除菌治療の最前線, 第4回大手町勉強会, 第4回大手町勉強会, 2015年/08月/27日, 2015年/08月/27日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  30. 呉市医師会第38回健康セミナー, ピロリ菌と胃がんについて, 呉市医師会, 呉市医師会第38回健康セミナー, 2015年/10月/04日, 2015年/10月/04日, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  31. Scientific Exchange Meeting 2015 in Nagoya/Hiroshima, 胃炎の京都分類, Scientific Exchange Meeting 2015 in Nagoya/Hiroshima, Scientific Exchange Meeting 2015 in Nagoya/Hiroshima, 2015年/11月/05日, 2015年/11月/05日, 講師, 講演会, 研究者
  32. 学術講演会, ヘリコバクターピロリ除菌治療の最新情報, 2016年/02月/16日, 2016年/02月/16日, 講師, 講演会, 研究者
  33. タケキャブ錠発売1周年記念講演会 in Hiroshima, 保険診療を行う上で知っておきたいピロリ菌の知識, 武田薬品工業, タケキャブ錠発売1周年記念講演会 in Hiroshima, 2016年/03月/01日, 2016年/03月/01日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  34. タケキャブ錠発売1周年記念講演会 in 呉, 新規酸分泌抑制剤の最新知見, 武田薬品工業, 2016年/03月/08日, 2016年/03月/08日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  35. 三次地区医師会学術講演会, H.pylori除菌に関する最新情報, 三次地区医師会, 2016年/04月/18日, 2016年/04月/18日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  36. 第288回広島胃と腸疾患研究会, 胃炎の内視鏡診断, 広島胃と腸疾患研究会, 2016年/04月/26日, 2016年/04月/26日, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  37. 第55回広島共立病院オープンカンファレンス, 新しい胃がん検診とその問題点, 広島共立病院, 2016年/10月/04日, 2016年/10月/04日, 広島共立病院, 講師, 施設一般公開, 社会人・一般
  38. 胃がん検診研修会 胃炎京都分類・胃がん検診講演会, 特別講演 「新しい胃がん検診と、その問題点」, 胃がん検診研究会, 2017年/02月/10日, 2017年/02月/10日, 講師, 講演会, 研究者
  39. 胃癌・大腸癌検診部会講演会, HP除菌後発見胃がんについて, 胃癌・大腸癌検診部会, 2017年/03月/04日, 2017年/03月/04日, 講師, 講演会, 研究者
  40. 平成28年度広島県市町がん検診胃内視鏡検査従事者研修会(基礎編), 胃内視鏡検診における検査と診断, 広島県, 2017年/03月/19日, 2017年/03月/19日, 講師, 資格認定講習, その他
  41. 平成28年度広島県市町がん検診胃内視鏡検査従事者研修会(基礎編), 胃内視鏡検診における検査と診断, 広島県, 2017年/03月/26日, 2017年/03月/26日, 講師, 資格認定講習, その他
  42. 第15回茨城酸関連疾患研究会, 除菌後胃癌の特性と内視鏡診断について, 茨城酸関連疾患研究会, 2017年/04月/12日, 2017年/04月/12日, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  43. 第504回薬事情報センター定例研修会, 胃食道逆流症の病態と治療, 薬事情報センター, 2017年/04月/15日, 2017年/04月/15日, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  44. H.pylori陰性時代の上部消化管疾患を考える会 in Urawa, H.pylori時代における胃がん, 2017年/05月/17日, 2017年/05月/17日, 講師, 講演会, 研究者
  45. 庄原市医師会学術講演会, "新しい胃がん検診とその問題点 〜上部消化管疾患の話題も含めて〜", 庄原市医師会, 2017年/08月/24日, 2017年/08月/24日, 講師, 講演会, 研究者
  46. Next Symposium 2017 in Hiroshima, ポストピロリ時代の胃病変 この所見、見たことありますか?, 2017年/08月/31日, 2017年/08月/31日, 講師, 講演会, 研究者
  47. 中国新聞, ピロリ菌と胃がん 除菌で予防できる病気に, 中国新聞社, 中国新聞, 2019年/05月/01日, 取材協力, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  48. 中国労災病院 市民公開講座, あなたの胃にもピロリ菌?知っておきたいピロリ菌と胃がんのおはなし, 独立行政法人労働者健康安全寄稿 中国労災病院, 2019年/11月/16日, 広まちづくりセンター(2階), 講師, 講演会, 社会人・一般
  49. 広島大学病院キャンサーボード オンコロジーミーティング, 「ヘリコバクター・ピロリ感染と胃癌」, 広島大学大学院医系科学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン, 2020年/02月/19日, 広島大学病院 臨床管理棟3階 3・4会議室, 講師, 講演会
  50. 広島テレビ テレビ派「かけこみクリニック」コーナー, 『1日2リットルってホント!?水の正しい飲み方』, 広島テレビ放送株式会社, テレビ派, 2020年/09月/08日, 2020年/09月/08日, VTR収録, 講師, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2007年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  2. 2008年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  3. 2009年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  4. 2010年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  5. 2011年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  6. 2012年, Journal of gastroenterology, 編集員, 編集委員
  7. 2017年, 日本ヘリコバクター学会誌, 編集員
  8. 2017年, 日本消化器内視鏡学会誌, その他