吾郷 由希夫YUKIO AGO

Last Updated :2024/04/03

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 教授
メールアドレス
yukioagohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
高次脳・精神機能に作用する分子・神経回路と薬の仕組みの解明に取り組んでいます。遺伝的要因と環境的要因の複雑な相互作用によって発症する脳疾患を理解するために、モデル動物や細胞を用いて研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2020年03月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 教授
  • 2018年06月01日, 2020年02月29日, 大阪大学, 国際医工情報センター, 准教授(兼任)
  • 2018年05月15日, 2020年02月29日, 大阪大学, 次世代食品開発学(三井農林)共同研究講座, 准教授(兼任)
  • 2018年04月01日, 2020年02月29日, 大阪大学, 大学院歯学研究科, 准教授(兼任)
  • 2018年04月01日, 2020年02月29日, 大阪大学, 大学院薬学研究科, 准教授
  • 2007年04月01日, 2018年03月31日, 大阪大学, 大学院薬学研究科, 助教
  • 2017年04月01日, 2018年03月31日, 大阪大学, 大学院歯学研究科, 助教(兼任)
  • 2013年07月17日, 2015年06月30日, カリフォルニア大学ロサンゼルス校, David Geffen医科大学院, 客員研究員
  • 2010年09月01日, 2013年03月31日, 理化学研究所, 分子イメージング科学研究センター, 客員研究員
  • 2005年04月01日, 2007年03月31日, 大阪大学, 大学院薬学研究科, 助手

学歴

  • 大阪大学, 大学院薬学研究科 博士課程, 応用医療薬科学専攻, 日本, 2003年04月, 2005年03月
  • 大阪大学, 大学院薬学研究科 修士課程, 応用医療薬科学専攻, 日本, 2001年04月, 2003年03月
  • 大阪大学, 薬学部 薬学科, 日本, 1997年04月, 2001年03月

学位

  • 博士(薬学) (大阪大学)
  • 修士(薬学) (大阪大学)

担当主専攻プログラム

  • 歯学プログラム
  • 口腔保健学プログラム
  • 口腔工学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 薬理学一般
  • 医歯薬学 / 薬学 / 薬理系薬学
  • 医歯薬学 / 境界医学 / 応用薬理学
  • 総合生物 / 神経科学 / 神経化学・神経薬理学
  • 生物学 / 基礎生物学 / 動物生理・行動

研究キーワード

  • 精神疾患 / 発達障害 / 脳機能 / 遺伝-環境相互作用 / 動物モデル / 薬物療法

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 4ターム, 生命科学
  2. 2024年, 学部専門, 3ターム, 歯科薬理学I
  3. 2024年, 学部専門, 4ターム, 歯科薬理学II
  4. 2024年, 学部専門, 1ターム, 薬理学実習
  5. 2024年, 学部専門, 1ターム, 歯学研究特論I
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習I(細胞分子薬理学)
  7. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 歯学研究実習II(細胞分子薬理学)
  8. 2024年, 学部専門, 2ターム, 基礎・臨床総合示説
  9. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習III(細胞分子薬理学)
  10. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), Dental Research Practices IV (Cellular and Molecular Pharmacology)
  11. 2024年, 学部専門, 2ターム, 薬理学・歯科薬理学
  12. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎オーラルサイエンス実習
  13. 2024年, 学部専門, 2ターム, 薬理学・歯科薬理学
  14. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  15. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  16. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  17. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  18. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  19. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  20. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  21. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  22. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 総合薬理学
  23. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞分子薬理学特別演習
  24. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞分子薬理学特別演習
  25. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞分子薬理学特別研究
  26. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞分子薬理学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Overexpression of VIPR2 in mice results in microencephaly with paradoxical increased white matter volume, Exp Neurol, 362巻, pp. 114339, 2023
  2. 統合失調症治療を目指した血管作動性腸管ペプチド受容体2(VIPR2)アンタゴニストペプチドの開発, 日本薬理学雑誌, 158巻, 3号, pp. 242-245, 2023
  3. Suppressive effect of black tea polyphenol theaflavins in a mouse model of ovalbumin-induced food allergy, J Nat Med, 77巻, 3号, pp. 604-609, 2023
  4. N-methyl-D-aspartate receptors and glycinergic transmission, respectively, mediate muscle relaxation and immobility of pentobarbital in mice, Neurosci Lett, 802巻, pp. 137175, 2023
  5. Vasoactive intestinal peptide receptor 2 signaling promotes breast cancer cell proliferation by enhancing the ERK pathway, Peptides, 161巻, pp. 170940, 2023
  6. Roles of the monoaminergic system in the antidepressant effects of ketamine and its metabolites, Neuropharmacology, 223巻, 2023
  7. Physiological concentrations of glucocorticoids induce pathological DNA double-strand breaks, Genes Cells, 28巻, 1号, pp. 53-67, 2023
  8. メスマウスを用いたうつ様行動の新しい評価法, 日本薬理学雑誌, 158巻, 1号, pp. 35-38, 2023
  9. Vasoactive intestinal peptide-VIPR2 signaling regulates tumor cell migration, Front Oncol, 12巻, 2022
  10. AlphaFold version 2.0 elucidates the binding mechanism between VIPR2 and KS-133, and reveals an S-S bond (Cys(25)-Cys(192)) formation of functional significance for VIPR2, Biochem Biophys Res Commun, 636巻, pp. 10-16, 2022
  11. Prenatal exposure to valproic acid causes allodynia associated with spinal microglial activation, Neurochem Int, 160巻, 2022
  12. Phospholipase C-related catalytically inactive protein enhances cisplatin-induced apoptotic cell death, Eur J Pharmacol, 933巻, 2022
  13. Anti-interleukin-6 receptor antibody improves allodynia and cognitive impairment in mice with neuropathic pain following partial sciatic nerve ligation, Int Immunopharmacol, 112巻, 2022
  14. Autism spectrum disorder model mice induced by prenatal exposure to valproic acid exhibit enhanced empathy-like behavior via oxytocinergic signaling, Biol Pharm Bull, 45巻, 8号, pp. 1124-1132, 2022
  15. High-mobility group box 1-mediated hippocampal microglial activation induces cognitive impairment in mice with neuropathic pain, Exp Neurol, 355巻, pp. 114146, 2022
  16. Claustrum mediates bidirectional and reversible control of stress-induced anxiety responses, Sci Adv, 8巻, 11号, pp. eabi6375, 2022
  17. Oxytocin ameliorates impaired social behavior in a mouse model of 3q29 deletion syndrome, Mol Brain, 15巻, 1号, pp. 26, 2022
  18. Physicochemical and biochemical evaluation of amorphous solid dispersions of naringenin prepared using hot-melt extrusion, Front Nutr, 9巻, pp. 850103, 2022
  19. Examination of dissolution ratio of beta-carotene in water for practical application of beta-carotene amorphous solid dispersion, J Food Sci Technol, 59巻, pp. 114-122, 2022
  20. Generation of KS-133 as a novel bicyclic peptide with a potent and selective VIPR2 antagonist activity that counteracts cognitive decline in a mouse model of psychiatric disorders, Front Pharmacol, 12巻, pp. 751587, 2021
  21. Multiple alterations in glutamatergic transmission and dopamine D2 receptor splicing in induced pluripotent stem cell-derived neurons from patients with familial schizophrenia, Transl Psychiatry, 11巻, 1号, pp. 548, 2021
  22. Investigation of direct nose-to-brain peptide delivery enhanced by coadministration with penetratin, Pharmaceutics, 13巻, pp. 1745, 2021
  23. Intranasal oxytocin administration ameliorates social behavioral deficits in a POGZ WT/Q1038R mouse model of autism spectrum disorder, Mol Brain, 14巻, 1号, pp. 56, 2021
  24. The pivotal role of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide for lactate production and secretion in astrocytes during fear memory, Pharmacol Rep, 73巻, 4号, pp. 1109-1121, 2021
  25. Safety and efficacy of an anti-claudin-5 monoclonal antibody to increase blood-brain barrier permeability for drug delivery to the brain in a non-human primate, J Control Release, 336巻, pp. 105-111, 2021
  26. Probing the VIPR2 Microduplication Linkage to Schizophrenia in Animal and Cellular Models, Front Neurosci, 15巻, pp. 717490, 2021
  27. Pathogenic POGZ mutation causes impaired cortical development and reversible autism-like phenotypes, Nat Commun, 11巻, 1号, pp. 859, 2020
  28. Direct visualization of an antidepressant analog using surface-enhanced Raman scattering in the brain, JCI Insight, 5巻, 6号, pp. 133348, 2020
  29. Valproic acid attenuates CCR2-dependent tumor infiltration of monocytic myeloid-derived suppressor cells, limiting tumor progression, OncoImmunology, 9巻, 1号, pp. 1734268, 2020
  30. (S)-norketamine and (2S,6S)-hydroxynorketamine exert potent antidepressant-like effects in a chronic corticosterone-induced mouse model of depression, Pharmacol Biochem Behav, 191巻, pp. 172876, 2020
  31. Improved Bioavailability of β-Carotene by Amorphous Solid Dispersion Technology in Rats, J Nutr Sci Vitaminol, 66巻, 2号, pp. 207-210, 2020
  32. Activation of the VPAC2 Receptor Impairs Axon Outgrowth and Decreases Dendritic Arborization in Mouse Cortical Neurons by a PKA-Dependent Mechanism, Front Neurosci, 14巻, pp. 521, 2020
  33. Lipocalin-type prostaglandin D synthase regulates light-induced phase advance of the central circadian rhythm in mice, Commun Biol, 3巻, 1号, pp. 557, 2020
  34. 精神神経機能障害における遺伝/環境因子の役割, 広島大学歯学雑誌, 52巻, 2号, pp. 55-61, 2020
  35. Autism-associated protein kinase D2 regulates embryonic cortical neuron development, Biochem Biophys Res Commun, 519巻, 3号, pp. 626-632, 2019
  36. (R)-Ketamine Induces a Greater Increase in Prefrontal 5-HT Release Than (S)-Ketamine and Ketamine Metabolites via an AMPA Receptor-Independent Mechanism, Int J Neuropsychopharmacol, 22巻, 10号, pp. 665-674, 2019
  37. Psychiatric-disorder-related behavioral phenotypes and cortical hyperactivity in a mouse model of 3q29 deletion syndrome, Neuropsychopharmacology, 44巻, 12号, pp. 2125-2135, 2019
  38. Whole-brain block-face serial microscopy tomography at subcellular resolution using FAST, Nat Protoc, 14巻, 5号, pp. 1509-1529, 2019
  39. Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide Modulates Dendritic Spine Maturation and Morphogenesis via MicroRNA-132 Upregulation, J Neurosci, 39巻, 22号, pp. 4208-4220, 2019
  40. Kamiuntanto increases prefrontal extracellular serotonin levels and ameliorates depression-like behaviors in mice, J Pharmacol Sci, 139巻, 2号, pp. 72-76, 2019
  41. The Robo4-TRAF7 complex suppresses endothelial hyperpermeability in inflammation, J Cell Sci, 132巻, 1号, pp. jcs220228, 2019
  42. mS-11, a mimetic of the mSin3-binding helix in NRSF, ameliorates social interaction deficits in a prenatal valproic acid-induced autism mouse model, Pharmacol Biochem Behav, 176巻, pp. 1-5, 2019
  43. LY341495, an mGluR2/3 Antagonist, Regulates the Immunosuppressive Function of Myeloid-Derived Suppressor Cells and Inhibits Melanoma Tumor Growth, Biol Pharm Bull, 41巻, 12号, pp. 1866-1869, 2018
  44. Valproic acid attenuates immunosuppressive function of myeloid-derived suppressor cells, J Pharmacol Sci, 137巻, 4号, pp. 359-365, 2018
  45. Repeated social defeat stress impairs attentional set shifting irrespective of social avoidance and increases female preference associated with heightened anxiety, Sci Rep, 8巻, 1号, pp. 10454, 2018
  46. β-Arrestin1 and 2 differentially regulate PACAP-induced PAC1 receptor signaling and trafficking, PLoS ONE, 13巻, 5号, pp. e0196946, 2018
  47. 精神疾患におけるVPAC2受容体の病態生理学的役割, 日本薬理学雑誌, 151巻, 6号, pp. 249-253, 2018
  48. Knockdown of the mitochondria-localized protein p13 protects against experimental parkinsonism, EMBO Rep, 19巻, 3号, pp. e44860, 2018
  49. うつ/不安症状に対するσ1受容体-セロトニン1A受容体の機能的相互作用による治療・創薬戦略, 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 49巻, 8号, pp. 550-556, 2018
  50. Impaired extinction of cued fear memory and abnormal dendritic morphology in the prelimbic and infralimbic cortices in VPAC2 receptor (VIPR2)-deficient mice, Neurobiol Learn Mem, 145巻, pp. 222-231, 2017
  51. Oxytocin attenuates deficits in social interaction but not recognition memory in a prenatal valproic acid-induced mouse model of autism, Horm Behav, 96巻, pp. 130-136, 2017
  52. Risperidone and aripiprazole alleviate prenatal valproic acid-induced abnormalities in behaviors and dendritic spine density in mice, Psychopharmacology, 234巻, 21号, pp. 3217-3228, 2017
  53. Prenatal exposure to valproic acid increases miR-132 levels in the mouse embryonic brain, Mol Autism, 8巻, pp. 33, 2017
  54. Environmental enrichment attenuates behavioral abnormalities in valproic acid-exposed autism model mice, Behav Brain Res, 333巻, pp. 67-73, 2017
  55. High-Speed and Scalable Whole-Brain Imaging in Rodents and Primates, Neuron, 94巻, 6号, pp. 1085-1100, 2017
  56. Psychopharmacology of combined activation of the serotonin1A and σ1 receptors., Eur J Pharmacol, 809巻, pp. 172-177, 2017
  57. Decreased cohesin in the brain leads to defective synapse development and anxiety-related behavior, J Exp Med, 214巻, 5号, pp. 1431-1452, 2017
  58. Role of Prefrontal Serotonergic and Dopaminergic Systems in Encounter-Induced Hyperactivity in Methamphetamine-Sensitized Mice, Int J Neuropsychopharmacol, 20巻, 5号, pp. 410-421, 2017
  59. 幼若期の環境要因による情動行動変化, 日本薬理学雑誌, 149巻, 2号, pp. 76-78, 2017
  60. Anti-anhedonic effect of selective serotonin reuptake inhibitors with affinity for sigma-1 receptors in picrotoxin-treated mice, Br J Pharmacol, 174巻, 4号, pp. 314-327, 2017
  61. うつ病モデル動物の新しい行動評価法と抗うつ薬の新しい標的候補分子, ファルマシア, 53巻, 7号, pp. 686-690, 2017
  62. 神経ペプチドPACAPおよびその受容体をターゲットとした臨床応用, Clinical Neuroscience, 35巻, 10号, pp. 1150-1151, 2017
  63. 神経ペプチドPACAPおよびその受容体の発現分布と生理的作用, Clinical Neuroscience, 35巻, 9号, pp. 1034-1036, 2017
  64. 神経ペプチドPACAPおよびその受容体の種類と構造, Clinical Neuroscience, 35巻, 8号, pp. 912-913, 2017
  65. 発育期環境要因による神経精神疾患発症の制御, 日本生物学的精神医学会誌, 28巻, 1号, pp. 22-26, 2017
  66. Distribution of Silver Nanoparticles to Breast Milk and Their Biological Effects on Breast-Fed Offspring Mice, ACS Nano, 10巻, 9号, pp. 8180-8191, 2016
  67. Prostaglandin D2 signaling mediated by the CRTH2 receptor is involved in MK-801-induced cognitive dysfunction, Behav Brain Res, 314巻, pp. 77-86, 2016
  68. Involvement of GABAA receptors in 5-HT1A and σ1 receptor synergism on prefrontal dopaminergic transmission under circulating neurosteroid deficiency, Psychopharmacology, 233巻, 17号, pp. 3125-3134, 2016
  69. Prenatal Exposure to Histone Deacetylase Inhibitors Affects Gene Expression of Autism-Related Molecules and Delays Neuronal Maturation, Neurochem Res, 41巻, 10号, pp. 2574-2584, 2016
  70. High-resolution characterization of a PACAP-EGFP transgenic mouse model for mapping PACAP-expressing neurons, J Comp Neurol, 524巻, 18号, pp. 3827-3848, 2016
  71. 雌選択性試験:マウス間相互作用を基盤とした新規意欲/報酬探索行動評価系, 日本薬理学雑誌, 147巻, 4号, pp. 230-234, 2016
  72. Improvement by methylphenidate and atomoxetine of social interaction deficits and recognition memory impairment in a mouse model of valproic acid-induced autism, Autism Res, 9巻, 9号, pp. 926-939, 2016
  73. Rivastigmine improves isolation rearing-induced prepulse inhibition deficits via muscarinic acetylcholine receptors in mice, Psychopharmacology, 233巻, 3号, pp. 521-528, 2016
  74. Decreased expression of hippocampal Na⁺/Ca²⁺ exchanger isoform-1 by pentylenetetrazole kindling in mice, Epilepsy Res, 115巻, pp. 109-112, 2015
  75. The Female Encounter Test: A Novel Method for Evaluating Reward-Seeking Behavior or Motivation in Mice, Int J Neuropsychopharmacol, 18巻, 11号, pp. pyv062, 2015
  76. Pharmacological profile of encounter-induced hyperactivity in isolation-reared mice, Behav Pharmacol, 26巻, pp. 681-690, 2015
  77. p13 overexpression in pancreatic β-cells ameliorates type 2 diabetes in high-fat-fed mice, Biochem Biophys Res Commun, 461巻, 4号, pp. 612-617, 2015
  78. Atomoxetine reverses locomotor hyperactivity, impaired novel object recognition, and prepulse inhibition impairment in mice lacking pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide, Neuroscience, 297巻, pp. 95-104, 2015
  79. Reduced prefrontal dopaminergic activity in valproic acid-treated mouse autism model, Behav Brain Res, 289巻, pp. 39-47, 2015
  80. PACAP enhances axon outgrowth in cultured hippocampal neurons to a comparable extent as BDNF, PLoS ONE, 10巻, 3号, pp. e0120526, 2015
  81. Role of the 5-HT1A autoreceptor in the enhancement of fluvoxamine-induced increases in prefrontal dopamine release by adrenalectomy/castration in mice, J Pharmacol Sci, 127巻, 2号, pp. 232-235, 2015
  82. Simultaneous neuron- and astrocyte-specific fluorescent marking, Biochem Biophys Res Commun, 459巻, 1号, pp. 81-86, 2015
  83. Shp2 in forebrain neurons regulates synaptic plasticity, locomotion, and memory formation in mice, Mol Cell Biol, 35巻, 9号, pp. 1557-1572, 2015
  84. CRTH2, a prostaglandin D2 receptor, mediates depression-related behavior in mice, Behav Brain Res, 284巻, pp. 131-137, 2015
  85. Anxiolytic-like effects of restraint during the dark cycle in adolescent mice, Behav Brain Res, 284巻, pp. 103-111, 2015
  86. Reductions in synaptic proteins and selective alteration of prepulse inhibition in male C57BL/6 mice after postnatal administration of a VIP receptor (VIPR2) agonist, Psychopharmacology, 232巻, 12号, pp. 2181-2189, 2015
  87. Identification of the role of bone morphogenetic protein (BMP) and transforming growth factor-β (TGF-β) signaling in the trajectory of serotonergic differentiation in a rapid assay in mouse embryonic stem cells in vitro, J Neurochem, 132巻, 4号, pp. 418-428, 2015
  88. Behavioral characterization of mice overexpressing human dysbindin-1, Mol Brain, 7巻, pp. 74, 2014
  89. Chronic treatment with valproic acid or sodium butyrate attenuates novel object recognition deficits and hippocampal dendritic spine loss in a mouse model of autism, Pharmacol Biochem Behav, 126巻, pp. 43-49, 2014
  90. An enriched environment ameliorates memory impairments in PACAP-deficient mice, Behav Brain Res, 272巻, pp. 269-278, 2014
  91. 発育期隔離飼育マウスのエンカウンター刺激誘発異常行動とその神経化学的基盤, 日本神経精神薬理学雑誌, 34巻, 4号, pp. 101-107, 2014
  92. Potential role of serotonin1A receptors in post-weaning social isolation-induced abnormal behaviors in rodents, J Pharmacol Sci, 125巻, 3号, pp. 237-241, 2014
  93. The role of Pak-interacting exchange factor-β phosphorylation at serines 340 and 583 by PKCγ in dopamine release, J Neurosci, 34巻, 28号, pp. 9268-9280, 2014
  94. Galantamine promotes adult hippocampal neurogenesis via M₁ muscarinic and α7 nicotinic receptors in mice, Int J Neuropsychopharmacol, 17巻, 12号, pp. 1957-1968, 2014
  95. Social crowding in the night-time reduces an anxiety-like behavior and increases social interaction in adolescent mice, Behav Brain Res, 270巻, pp. 37-46, 2014
  96. Atomoxetine-induced increases in monoamine release in the prefrontal cortex are similar in spontaneously hypertensive rats and Wistar-Kyoto rats, Neurochem Res, 39巻, 5号, pp. 825-832, 2014
  97. Effects of acute and chronic administration of venlafaxine and desipramine on extracellular monoamine levels in the mouse prefrontal cortex and striatum, Eur J Pharmacol, 729巻, pp. 86-93, 2014
  98. Involvement of prefrontal AMPA receptors in encounter stimulation-induced hyperactivity in isolation-reared mice, Int J Neuropsychopharmacol, 17巻, 6号, pp. 883-893, 2014
  99. Isolation rearing reduces mechanical allodynia in a mouse model of chronic inflammatory pain, Pharmacol Biochem Behav, 113巻, pp. 46-52, 2013
  100. Synergistic effect of 5-HT1A and σ1 receptor activation on prefrontal dopaminergic transmission under circulating steroid deficiency, Neuropharmacology, 75巻, pp. 53-61, 2013
  101. Methylphenidate and venlafaxine attenuate locomotion in spontaneously hypertensive rats, an animal model of attention-deficit/hyperactivity disorder, through α2-adrenoceptor activation, Behav Pharmacol, 24巻, 4号, pp. 328-331, 2013
  102. Effect of overexpression of the brain-specific Na(+)/Ca(2+) exchanger splice variant NCX1.5 on NO cytotoxicity in HEK293 cells, J Pharmacol Sci, 121巻, 4号, pp. 351-354, 2013
  103. The glial sodium-calcium exchanger: a new target for nitric oxide-mediated cellular toxicity, Curr Protein Pept Sci, 14巻, 1号, pp. 43-50, 2013
  104. mGlu2/3 and mGlu5 receptors: potential targets for novel antidepressants, Neuropharmacology, 66巻, pp. 40-52, 2013
  105. Role of social encounter-induced activation of prefrontal serotonergic systems in the abnormal behaviors of isolation-reared mice, Neuropsychopharmacology, 38巻, 8号, pp. 1535-1547, 2013
  106. Effects of serotonin-norepinephrine reuptake inhibitors on locomotion and prefrontal monoamine release in spontaneously hypertensive rats, Eur J Pharmacol, 702巻, 1-3号, pp. 250-257, 2013
  107. Involvement of spinal 5-HT1A receptors in isolation rearing-induced hypoalgesia in mice, Psychopharmacology, 227巻, 2号, pp. 251-261, 2013
  108. The selective metabotropic glutamate 2/3 receptor agonist MGS0028 reverses psychomotor abnormalities and recognition memory deficits in mice lacking the pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide, Behav Pharmacol, 24巻, 1号, pp. 74-77, 2013
  109. Metabotropic glutamate 2/3 receptor antagonists improve behavioral and prefrontal dopaminergic alterations in the chronic corticosterone-induced depression model in mice, Neuropharmacology, 65巻, pp. 29-38, 2013
  110. Galantamine increases hippocampal insulin-like growth factor 2 expression via α7 nicotinic acetylcholine receptors in mice, Psychopharmacology, 225巻, 3号, pp. 543-551, 2013
  111. Autism-like behaviours with transient histone hyperacetylation in mice treated prenatally with valproic acid, Int J Neuropsychopharmacol, 16巻, 1号, pp. 91-103, 2013
  112. グリア細胞Na+/Ca2+交換系の病態生理学的役割, 生体の科学, 64巻, 5号, pp. 384-385, 2013
  113. うつ病における海馬, Clinical Neuroscience, 31巻, 12号, pp. 1438-1440, 2013
  114. Increase of 20-HETE synthase after brain ischemia in rats revealed by PET study with 11C-labeled 20-HETE synthase-specific inhibitor, J Cereb Blood Flow Metab, 32巻, 9号, pp. 1737-1746, 2012
  115. アルツハイマー病治療薬ガランタミンの薬理学的特性とムスカリン受容体, 日本神経精神薬理学雑誌, 32巻, 1号, pp. 1-8, 2012
  116. Neuronal nitric oxide synthase inhibition attenuates the development of L-DOPA-induced dyskinesia in hemi-Parkinsonian rats, Eur J Pharmacol, 683巻, 1-3号, pp. 166-173, 2012
  117. Effect of prenatal valproic acid exposure on cortical morphology in female mice, J Pharmacol Sci, 118巻, 4号, pp. 543-546, 2012
  118. The selective metabotropic glutamate 2/3 receptor agonist MGS0028 reverses isolation rearing-induced abnormal behaviors in mice, J Pharmacol Sci, 118巻, 2号, pp. 295-298, 2012
  119. Lithium attenuates methamphetamine-induced hyperlocomotion and behavioral sensitization via modulation of prefrontal monoamine release, Neuropharmacology, 62巻, 4号, pp. 1634-1639, 2012
  120. 妊娠と“くすり” ―出生児の精神疾患との関連より―, 脳21, 15巻, 1号, pp. 79-82, 2012
  121. フルボキサミンの薬理作用におけるシグマ1受容体の関与, ストレス科学, 27巻, 1号, pp. 104-111, 2012
  122. SEA0400, a specific Na+/Ca2+ exchange inhibitor, prevents dopaminergic neurotoxicity in an MPTP mouse model of Parkinson's disease, Neuropharmacology, 61巻, 8号, pp. 1441-1451, 2011
  123. Donepezil, but not galantamine, blocks muscarinic receptor-mediated in vitro and in vivo responses, Synapse, 65巻, 12号, pp. 1373-1377, 2011
  124. Preventive effects of an enriched environment on rodent psychiatric disorder models, J Pharmacol Sci, 117巻, 2号, pp. 71-76, 2011
  125. Pharmacological aspects of the acetylcholinesterase inhibitor galantamine, J Pharmacol Sci, 116巻, 1号, pp. 6-17, 2011
  126. The specific Na(+)/Ca(2+) exchange inhibitor SEA0400 prevents nitric oxide-induced cytotoxicity in SH-SY5Y cells, Neurochem Int, 59巻, 1号, pp. 51-58, 2011
  127. Fluvoxamine enhances prefrontal dopaminergic neurotransmission in adrenalectomized/castrated mice via both 5-HT reuptake inhibition and σ(1) receptor activation, Psychopharmacology, 217巻, 3号, pp. 377-386, 2011
  128. Activation of metabotropic glutamate 2/3 receptors attenuates methamphetamine-induced hyperlocomotion and increase in prefrontal serotonergic neurotransmission, Psychopharmacology, 217巻, 3号, pp. 443-452, 2011
  129. Role of endogenous pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide in adult hippocampal neurogenesis, Neuroscience, 172巻, pp. 554-561, 2011
  130. Involvement of decreased muscarinic receptor function in prepulse inhibition deficits in mice reared in social isolation, Br J Pharmacol, 162巻, 3号, pp. 763-772, 2011
  131. Increased binding of cortical and hippocampal group II metabotropic glutamate receptors in isolation-reared mice, Neuropharmacology, 60巻, 2-3号, pp. 397-404, 2011
  132. Stress-evoked tyrosine phosphorylation of signal regulatory protein α regulates behavioral immobility in the forced swim test, J Neurosci, 30巻, 31号, pp. 10472-10483, 2010
  133. The Na+/Ca2+ exchanger-mediated Ca2+ influx triggers nitric oxide-induced cytotoxicity in cultured astrocytes, Neurochem Int, 57巻, 1号, pp. 58-66, 2010
  134. Effects of acute and chronic administration of atomoxetine and methylphenidate on extracellular levels of noradrenaline, dopamine and serotonin in the prefrontal cortex and striatum of mice, J Neurochem, 114巻, 1号, pp. 259-270, 2010
  135. Environmental factors during early developmental period influence psychobehavioral abnormalities in adult PACAP-deficient mice, Behav Brain Res, 209巻, 2号, pp. 274-280, 2010
  136. Galantamine improves apomorphine-induced deficits in prepulse inhibition via muscarinic ACh receptors in mice, Br J Pharmacol, 156巻, 1号, pp. 173-180, 2009
  137. Role of prefrontal dopaminergic neurotransmission in glucocorticoid receptor-mediated modulation of methamphetamine-induced hyperactivity, Synapse, 63巻, 1号, pp. 7-14, 2009
  138. うつ病と副腎皮質ステロイドホルモン受容体, 日本薬理学雑誌, 134巻, 6号, pp. 304-308, 2009
  139. ミトコンドリア障害と神経系のアポトーシス ―アルツハイマー病解明へのアプローチ―, 日本薬理学雑誌, 134巻, 4号, pp. 180-183, 2009
  140. 代謝型グルタミン酸受容体と精神疾患, 脳21, 12巻, 3号, pp. 333-339, 2009
  141. ガランタミンによるムスカリン性アセチルコリン受容体活性化の機構, 生体の科学, 60巻, 5号, pp. 408-409, 2009
  142. Antidepressant-like effects of the glucocorticoid receptor antagonist RU-43044 are associated with changes in prefrontal dopamine in mouse models of depression, Neuropharmacology, 55巻, 8号, pp. 1355-1363, 2008
  143. A neuroprotective agent, T-817MA (1-{3-[2-(1-benzothiophen-5-yl)ethoxy]propyl} azetidin-3-ol maleate), prevents 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine-induced neurotoxicity in mice, Neuropharmacology, 55巻, 5号, pp. 654-660, 2008
  144. メタンフェタミン誘発行動感作への前頭葉セロトニン神経系の関与, 日本神経精神薬理学雑誌, 28巻, 2号, pp. 85-91, 2008
  145. The radical scavenger edaravone counteracts diabetes in multiple low-dose streptozotocin-treated mice, Eur J Pharmacol, 583巻, 1号, pp. 164-169, 2008
  146. Galantamine and donepezil differently affect isolation rearing-induced deficits of prepulse inhibition in mice, Psychopharmacology, 196巻, 2号, pp. 293-301, 2008
  147. Neuropsychotoxicity of abused drugs: effects of serotonin receptor ligands on methamphetamine- and cocaine-induced behavioral sensitization in mice, J Pharmacol Sci, 106巻, 1号, pp. 15-21, 2008
  148. 精神機能と環境因子, 脳21, 11巻, 2号, pp. 253-259, 2008
  149. Methamphetamine-induced hyperactivity and behavioral sensitization in PACAP deficient mice, Peptides, 28巻, 9号, pp. 1674-1679, 2007
  150. Nitric oxide-induced apoptosis in cultured rat astrocytes: protection by edaravone, a radical scavenger, Glia, 55巻, 13号, pp. 1325-1333, 2007
  151. Ritanserin reverses repeated methamphetamine-induced behavioral and neurochemical sensitization in mice, Synapse, 61巻, 9号, pp. 757-763, 2007
  152. Anxiety-like and exploratory behaviors of isolation-reared mice in the staircase test, J Pharmacol Sci, 104巻, 2号, pp. 153-158, 2007
  153. Edaravone (3-methyl-1-phenyl-2-pyrazolin-5-one), a radical scavenger, prevents 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine-induced neurotoxicity in the substantia nigra but not the striatum, J Pharmacol Exp Ther, 322巻, 1号, pp. 274-281, 2007
  154. Edaravone, a radical scavenger, inhibits mitochondrial permeability transition pore in rat brain, J Pharmacol Sci, 103巻, 4号, pp. 434-437, 2007
  155. Role of postsynaptic serotonin1A receptors in risperidone-induced increase in acetylcholine release in rat prefrontal cortex, Eur J Pharmacol, 559巻, 2-3号, pp. 155-160, 2007
  156. 統合失調症とセロトニン1A受容体, 脳21, 10巻, 3号, pp. 256-260, 2007
  157. Lack of enhanced effect of antipsychotics combined with fluvoxamine on acetylcholine release in rat prefrontal cortex, J Pharmacol Sci, 102巻, 4号, pp. 419-422, 2006
  158. Role of serotonin type 1A receptors in fluvoxamine-induced inhibition of marble-burying behavior in mice, Behav Pharmacol, 17巻, 7号, pp. 637-640, 2006
  159. Effects of osemozotan, ritanserin and azasetron on cocaine-induced behavioral sensitization in mice, Pharmacol Biochem Behav, 85巻, 1号, pp. 198-205, 2006
  160. Modification of cocaine-induced behavioral and neurochemical effects by serotonin1A receptor agonist/antagonist in mice, Synapse, 60巻, 7号, pp. 479-484, 2006
  161. Expression of prokineticin receptors in mouse cultured astrocytes and involvement in cell proliferation, Brain Res, 1112巻, 1号, pp. 65-69, 2006
  162. Serotonergic inhibition of intense jumping behavior in mice lacking PACAP (Adcyap1-/-), Ann N Y Acad Sci, 1070巻, pp. 545-549, 2006
  163. Attenuation by the 5-HT1A receptor agonist osemozotan of the behavioral effects of single and repeated methamphetamine in mice, Neuropharmacology, 51巻, 4号, pp. 914-922, 2006
  164. Protective effect of the radical scavenger edaravone against methamphetamine-induced dopaminergic neurotoxicity in mouse striatum, Eur J Pharmacol, 542巻, 1-3号, pp. 92-99, 2006
  165. Psychostimulant-induced attenuation of hyperactivity and prepulse inhibition deficits in Adcyap1-deficient mice, J Neurosci, 26巻, 19号, pp. 5091-5097, 2006
  166. T-817MA, a novel neurotrophic agent, improves sodium nitroprusside-induced mitochondrial dysfunction in cortical neurons, Neurochem Int, 48巻, 2号, pp. 124-130, 2006
  167. Effect of zotepine on dopamine, serotonin and noradrenaline release in rat prefrontal cortex, Eur J Pharmacol, 528巻, 1-3号, pp. 95-98, 2005
  168. Antidepressant-like effect of coadministration of sulpiride and fluvoxamine in mice, Eur J Pharmacol, 520巻, 1-3号, pp. 86-90, 2005
  169. SEA0400, a specific inhibitor of the Na+-Ca2+ exchanger, attenuates sodium nitroprusside-induced apoptosis in cultured rat microglia, Br J Pharmacol, 144巻, 5号, pp. 669-679, 2005
  170. Sulpiride in combination with fluvoxamine increases in vivo dopamine release selectively in rat prefrontal cortex, Neuropsychopharmacology, 30巻, 1号, pp. 43-51, 2005
  171. スルピリドとフルボキサミンの併用による抗うつ様作用と前頭葉ドパミン遊離促進作用, 新薬と臨床, 53巻, 11号, pp. 48-53, 2004
  172. Possible involvement of astrocytes in neuroprotection by the cognitive enhancer T-588, Neurochem Res, 28巻, 12号, pp. 1779-1783, 2003
  173. Regulation by 5-HT1A receptors of the in vivo release of 5-HT and DA in mouse frontal cortex, Neuropharmacology, 45巻, 8号, pp. 1050-1056, 2003
  174. Protective effect of T-588 on toxic damage by serum deprivation and amyloid-beta protein in cultured neurons, J Pharmacol Sci, 92巻, 2号, pp. 153-156, 2003
  175. The 5-HT1A receptor agonist MKC-242 reverses isolation rearing-induced deficits of prepulse inhibition in mice, Psychopharmacology, 170巻, 1号, pp. 73-79, 2003
  176. The 5-HT1A receptor agonist MKC-242 increases the exploratory activity of mice in the elevated plus-maze, Eur J Pharmacol, 458巻, 1-2号, pp. 141-144, 2003
  177. 長期隔離飼育マウス脳の無拘束マイクロダイアリシス法, 日本薬理学雑誌, 122巻, 2号, pp. 135-140, 2003
  178. Modulation by 5-hT2A receptors of aggressive behavior in isolated mice, Jpn J Pharmacol, 89巻, 1号, pp. 89-92, 2002
  179. Selective reduction by isolation rearing of 5-HT1A receptor-mediated dopamine release in vivo in the frontal cortex of mice, J Neurochem, 83巻, 2号, pp. 353-359, 2002
  180. Involvement of benzodiazepine binding sites in an antiaggressive effect by 5-HT(1A) receptor activation in isolated mice, Eur J Pharmacol, 432巻, 2-3号, pp. 163-166, 2001
  181. Functional alteration of brain dopaminergic system in isolated aggressive mice, 日本神経精神薬理学雑誌, 21巻, 3号, pp. 71-76, 2001

著書等出版物

  1. 2021年01月, 細胞, PACAPシグナル系を介したストレスが誘発する精神疾患の発症機序の解明と治療薬の開発, (株)ニューサイエンス社, 2021年, 1, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 早田敦子, 吾郷由希夫, 橋本 均
  2. 2020年06月, メディカル・サイエンス・ダイジェスト, PACAPシグナル系を介したストレスが誘発する精神疾患の発症機序の解明と治療薬の開発, ニューサイエンス社, 2020年, 6, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 早田敦子, 吾郷由希夫, 橋本 均
  3. 2018年04月, 実験医学増刊「超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス」, 骨格筋活動と精神疾患, 羊土社, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 吾郷由希夫,深田宗一朗, 978-4-7581-0370-1, 230, 138-142
  4. 2016年04月, Neuropathology of Drug Addictions and Substance Misuse, Volume 2: Stimulants, Club and Dissociative Drugs, Hallucinogens, Steroids, Inhalants, and International Aspects, Methamphetamine-induced hyperlocomotion: a focus on the role of the prefrontal serotonergic system, Academic Press, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 英語, Ago Y, Takuma K, Matsuda T, 978-0128002124, 1182, 320-328
  5. 2016年, Pituitary Adenylate Cyclase Activating Polypeptide — PACAP, PACAP modulation of CNS and peripheral inflammation, Springer, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 英語, Ago Y, Condro MC, Rajbhandari AK, Van C, Jayaram B, May V, Waschek JA, 978-3-319-35133-9, 651-670
  6. 2016年, Pituitary Adenylate Cyclase Activating Polypeptide — PACAP, Implications of PACAP signaling in psychiatric disorders, Springer, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 英語, Hashimoto H, Shintani N, Ago Y, Hayata-Takano A, Nakazawa T, Hashimoto R, Matsuzaki S, Katayama T, Tohyama M, Matsuda T, Baba A, 978-3-319-35133-9, 757-766
  7. 2009年12月, ストレス百科事典, 抗うつ薬の作用,グルココルチコイド受容体に対する, 丸善出版, 2009年, 事典・辞書, 共訳, 日本語, 吾郷 由希夫, 978-4-621-08111-2, 3056, 782-790

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 胎生期中枢神経系におけるVPAC2受容体の過剰発現は脳の萎縮と白質の増加、感覚情報処理機能の障害を引き起こす, 吾郷由希夫, Allan J. MacKenzie-Graham, 橋本 均, James A. Waschek, 第143回日本薬理学会近畿部会, 2023年06月24日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, 名古屋
  2. 血管作動性腸管ペプチド受容体2シグナルはERK経路を介した乳癌細胞増殖に関与している, 浅野智志, 小野亜美, 坂元孝太郎, 早田敦子, 中澤敬信, 谷本幸太郎, 橋本 均, 吾郷由希夫, 第143回日本薬理学会近畿部会, 2023年06月24日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, 名古屋
  3. Role of the VPAC2 receptor overactivation implicated in schizophrenia susceptibility, Ami Ono, Daichi Koan, Tatsunori Miyaoka, Satoshi Asano, Shinsaku Nakagawa, James A. Waschek, Kotaro Tanimoto, Yukio Ago, 第56回広島大学歯学会総会, 2023年06月03日, 通常, 日本語, 広島大学歯学会総会, 広島
  4. 統合失調症の薬物治療における課題と新たな創薬展開, 吾郷 由希夫, 和歌山県立医科大学薬学部 特別講義, 2023年05月15日, 招待, 日本語, 和歌山
  5. ヒト染色体3q29領域欠失を導入した自閉スペクトラム症モデルマウスの社会性行動異常はオキシトシンの投与により回復する, 竹本智哉, 馬場優志, 北川航平, 永安一樹, 勢力 薫,早田敦子, 笠井淳司, 吾郷由希夫, 田熊一敞, 橋本亮太, 橋本 均, 中澤敬信, 日本薬学会第143年会, 2023年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 札幌
  6. 精神疾患の治療を目指したVIPR2阻害剤の中分子創薬, 吾郷由希夫, 山田めゐ, 宮岡辰典, 陳 露, 石本憲司, 樋野展正, 中川晋作, 坂元孝太郎, 浅野智志, 日本薬学会第143年会, 2023年03月26日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 札幌
  7. VIPR2 copy number variants as a risk factor for schizophrenia, Yukio Ago, 沖縄科学技術大学院大学(OIST) セミナー, 2023年02月15日, 招待, 英語, 沖縄
  8. Regulation of cancer migration by VIP−VPAC2 receptor signaling, Yukio Ago, 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 特別講義, 2023年02月15日, 招待, 英語, 沖縄
  9. Activation of the rostral agranular insular cortex is involved in the antidepressant actions of arketamine, Yukio Ago, Rei Yokoyama, Atsushi Kasai, Masato Tanuma, Misuzu Hayashida, Yuto Shimazaki, Momoko Higuchi, Hisato Igarashi, Kaoru Seiriki, Shun Yamaguchi, Takanobu Nakazawa, Kenji Hashimoto, Hitoshi Hashimoto, The 61st Annual Meeting of the American College of Neuropsychopharmacology (ACNP), 2022年12月07日, 通常, 英語, American College of Neuropsychopharmacology, Phoenix, Arizona, USA
  10. Claustrum mediates stress-induced anxiety responses and stress resistance, Hitoshi Hashimoto, Misaki Niu, Masato Tanuma, Kaoru Seiriki, Yukio Ago, Shun Yamaguchi, Atsushi Kasai, The 61st Annual Meeting of the American College of Neuropsychopharmacology (ACNP), 2022年12月07日, 通常, 英語, American College of Neuropsychopharmacology, Phoenix, Arizona, USA
  11. アールケタミンの抗うつ作用発現には島皮質が関与する, 横山 玲, 吾郷由希夫, 笠井淳司, 田沼将人, 林田美鈴, 島﨑雄人, 樋口桃子, 五十嵐久人, 勢力 薫, 山口 瞬, 中澤敬信, 橋本謙二, 橋本 均, 第96回日本薬理学会年会, 2022年12月03日, 通常, 英語, 日本薬理学会, 横浜
  12. 胎生期のヒストン脱アセチル化酵素阻害は脊髄ミクログリアの活性化と機械的アロディニアを引き起こす, 今戸瑛二, Sun Samnang, Huynh Ngoc Bao Tran, 中村庸輝, 中島一恵, 森岡徳光, 木口倫一, 浅野智志, 吾郷由希夫, 第96回日本薬理学会年会, 2022年12月02日, 通常, 英語, 日本薬理学会, 横浜
  13. TRPV1アンタゴニストAMG517は胎生期バルプロ酸投与誘発の自閉症モデルマウスにおいて痛覚感受性の異常と社会性行動障害を改善する, 田原 孟, 今戸瑛二, 川瀬啓生, 樋口桃子, 山川英訓, 小川公一, 古武弥一郎, 田熊一敞, 橋本 均, 浅野智志, 吾郷由希夫, 第96回日本薬理学会年会, 2022年12月02日, 通常, 英語, 日本薬理学会, 横浜
  14. 自閉スペクトラム症の新しい治療戦略:社会性障害の回復機構における脳部位特異的オピオイドシステムバランスの役割, 吾郷由希夫, 第96回日本薬理学会年会, 2022年11月30日, 招待, 英語, 日本薬理学会, 横浜
  15. PLC様タンパク質PRIP1のPH domain内包リポソームはシスプラチン耐性乳ガン細胞のアポトーシス細胞死を促進する, 浅野智志, 吾郷由希夫, 兼松 隆, 第96回日本薬理学会年会, 2022年11月30日, 通常, 英語, 日本薬理学会, 横浜
  16. Intranasal oxytocin administration suppresses social contact-induced neural activity in a POGZ-Q1038R mutant mouse model of autism spectrum disorder, Kohei Kitagawa, Masayuki Baba, Tomoya Takemoto, Masato Tanuma, Misuzu Hayashida, Shun Yamaguchi, Yukio Ago, Kaoru Seiriki, Atsuko Hayata-Takano, Kazuhiro Takuma, Atsushi Kasai, Hitoshi Hashimoto, Takanobu Nakazawa, The 52nd Annual Meeting of the Society for Neuroscience (Neuroscience 2022), 2022年11月15日, 通常, 英語, Society for Neuroscience, San Diego, USA
  17. Agranular insular cortex mediates the antidepressant actions of arketamine, Rei Yokoyama, Yukio Ago, Atsushi Kasai, Masato Tanuma, Misuzu Hayashida, Yuto Shimazaki, Momoko Higuchi, Hisato Igarashi, Kaoru Seiriki, Shun Yamaguchi, Takanobu Nakazawa, Kenji Hashimoto, Hitoshi Hashimoto, The 52nd Annual Meeting of the Society for Neuroscience (Neuroscience 2022), 2022年11月13日, 通常, 英語, Society for Neuroscience, San Diego, USA
  18. 自閉スペクトラム症の病態基盤解明と創薬を目指して, 吾郷由希夫, 第39回日本障害者歯科学会, 2022年11月06日, 招待, 日本語, 回日本障害者歯科学会, 倉敷
  19. 鎮痛作用を示さない低用量μオピオイド受容体アゴニストは自閉スペクトラム症モデルマウスの社会性行動障害を改善する, 吾郷由希夫, 内藤 恵, 川瀬啓生, 樋口桃子, 山川英訓, 大波壮一郎, 小川公一, 中邨篤史, 河内貴弘, 今戸瑛二, 田原 孟, 浅野智志, 古武弥一郎, 田熊一敞, 橋本 均, 第44回日本生物学的精神医学会年会、第32回日本臨床精神神経薬理学会年会、第52回日本神経精神薬理学会年会、第6回日本精神薬学会総会・学術集会 4学会合同年会(BPCNPNPPP4学会合同年会), 2022年11月04日, 通常, 日本語, 東京
  20. KS-133, a novel peptide antagonist targeting VIPR2 for the treatment of schizophrenia, Yukio Ago, Kotaro Sakamoto, Satoshi Asano, VPAC ISBAP 2022 (Joint symposium of the 1st Meeting of the International Society for Bioactive Peptides and the 15th International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides), 2022年11月01日, 招待, 英語, International Society for Bioactive Peptides International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides, Osaka, Japan
  21. The VIP/VIPR2 pathway regulates breast cancer cell migration, Satoshi Asano, Misa Yamasaka, Kairi Ozasa, Kotaro Sakamoto, Atsuko Hayata-Takano, Takanobu Nakazawa, Hitoshi Hashimoto, James A. Waschek, Yukio Ago, VPAC ISBAP 2022 (Joint symposium of the 1st Meeting of the International Society for Bioactive Peptides and the 15th International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides), 2022年10月31日, 通常, 英語, International Society for Bioactive Peptides International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides, Osaka, Japan
  22. Neuron-specific overexpression of human VPAC2 receptors in mice causes cognitive dysfunction, Ami Ono, Daichi Koan, Satoshi Asano, Tatsunori Miyaoka, Lu Chen, Mei Yamada, Shinsaku Nakagawa, Atsuko Hayata-Takano, Takanobu Nakazawa, Akihiro Harada, Hitoshi Hashimoto, James A. Waschek, Yukio Ago, VPAC ISBAP 2022 (Joint symposium of the 1st Meeting of the International Society for Bioactive Peptides and the 15th International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides), 2022年10月30日, 通常, 英語, International Society for Bioactive Peptides International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides, Osaka, Japan
  23. Impaired neurodevelopment in iPS cell-derived neural stem cells from psychiatric patients with 7q36.3 microduplication, Kohei Kitagawa, Masayuki Baba, Tomoya Takemoto, Kazuki Nagayasu, Atsushi Kasai, Kazuhiro Takuma, Ryota Hashimoto, Hitoshi Hashimoto, Yukio Ago, Takanobu Nakazawa, VPAC ISBAP 2022 (Joint symposium of the 1st Meeting of the International Society for Bioactive Peptides and the 15th International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides), 2022年10月30日, 通常, 英語, International Society for Bioactive Peptides International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides, Osaka, Japan
  24. 静脈麻酔から覚醒後の悪心・嘔吐におけるラット延髄最後野のドーパミン神経とセロトニン神経の関与-行動薬理学実験及び脳マイクロダイアリシス法による検討-, 佐々木詩佳, 入舩正浩, 今戸瑛二, 本池芹佳, 小田 綾, 大植香菜, 吉田充広, 吾郷由希夫, 第50回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2022年10月28日, 通常, 日本語, 日本歯科麻酔学会, 東京
  25. 自閉スペクトラム症モデルマウスにおける持続的なアロディニアの発現と脊髄内ミクログリア活性化の関与, 今戸瑛二, 入舩正浩, 吾郷由希夫, 第50回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2022年10月28日, 通常, 日本語, 日本歯科麻酔学会, 東京
  26. 神経ペプチド受容体VIPR2はPI3K経路を介してがん細胞遊走を制御する, 浅野智志, 吾郷由希夫, 第64回歯科基礎医学会学術大会, 2022年09月19日, 通常, 日本語, 歯科基礎医学会, 徳島
  27. Possible role of histone deacetylase inhibition in tactile hypersensitivity in a mouse model of autism spectrum disorder, Samnang Sun, Eiji Imado, Tran Ngoc Bao Huynh, Yoki Nakamura, Kazue Hisaoka-Nakashima, Norimitsu Morioka, Norikazu Kiguchi, Satoshi Asano, Yukio Ago, 第37回創薬・薬理フォーラム岡山, 2022年07月23日, 通常, 英語, 創薬・薬理フォーラム岡山
  28. マウス胎生期のバルプロ酸曝露は脊髄でのミクログリアの増殖とアロディニアを引き起こす, 吾郷由希夫, 今戸瑛二, Samnang Sun, 中村庸輝, 中島一恵, 森岡徳光, 田熊一敞, 木口倫一, 浅野智志, Neuro2022 (第45回日本神経科学大会・第65回日本神経化学会大会・第32回日本神経回路学会大会 合同大会), 2022年06月30日, 通常, 英語
  29. A potential role of neuropeptide receptor VIPR2 signaling in tumor cell migration, Satoshi Asano, Misa Yamasaka, Kairi Ozasa, James Waschek, Yukio Ago, 第55回広島大学歯学会総会, 2022年06月11日, 通常, 英語, 広島大学歯学会
  30. Abnormal pain sensitivity associated with spinal microglial activation in a prenatal valproic acid-induced mouse model of autism, Eiji Imado, Sun Samnang, Abrar Rizal Abawa, Satoshi Asano, Kazuhiro Tsuga, Masahiro Irifune, Yukio Ago, 第55回広島大学歯学会総会, 2022年06月11日, 通常, 英語, 広島大学歯学会
  31. 抗てんかん薬による発達障害モデルマウスの社会性行動異常の回復に関連する脳活動の同定, 植野寛貴, 笠井淳司, 彌永祐輔, 原 雄大, 三浦大樹, 田沼将人, 横山 玲, 大久保 仁, 中井悠花, 勢力 薫, 山口 瞬, 吾郷由希夫, 中澤敬信, 田熊一敞, 橋本 均, 日本薬学会第142年会, 2022年03月28日, 通常, 日本語, 日本薬学会, オンライン
  32. 緑茶カテキン代謝物EGC-M5はマウスの認知機能障害と抑うつ様行動を軽減する, 山口拓海, 片平海雅, 山口稜太, 石本憲司, 樋野展正, 高垣晶子, 大木渉吾, 鈴木壯幸, 中川晋作, 吾郷由希夫, 日本薬学会第142年会, 2022年03月26日, 通常, 日本語, 日本薬学会, オンライン
  33. イミダゾールジペプチドの中枢作用に関する検討, 山口稜太, 山口拓海, 中川晋作, 浅野智志, 松浦圭介, 中川正則, 吾郷由希夫, 日本薬学会第142年会, 2022年03月26日, 通常, 日本語, 日本薬学会, オンライン
  34. 統合失調症治療を目指したクラスB GPCR VIPR2アンタゴニストペプチドの薬理学的研究, 吾郷 由希夫, 坂元孝太郎, 第95回日本薬理学会年会, 2022年03月09日, 招待, 日本語, 日本薬理学会, 福岡
  35. 神経ペプチド受容体VIPR2のオリゴマー化とその機能的意義, 浅野智志, 小笹かいり, 中澤敬信, Waschek James, 吾郷由希夫, 第95回日本薬理学会年会, 2022年03月09日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, 福岡
  36. 神経ペプチドVIPはVPAC2受容体を介するPI3K経路の活性化により細胞遊走を引き起こす, 小笹かいり, 浅野智志, 山坂美紗, 早田敦子, 中澤敬信, 橋本 均, Waschek James, 吾郷由希夫, 第95回日本薬理学会年会, 2022年03月09日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, 福岡
  37. 神経障害性疼痛マウスにおける認知機能障害に対するHMGB1中和抗体の効果に関する検討, 吉本夏輝, 中島一恵, 大畑一努, 中村庸輝, 王 登莉, 劉 克約, 和氣秀徳, 吾郷由希夫, 西堀正洋, 森岡徳光, 第95回日本薬理学会年会, 2022年03月08日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, 福岡
  38. 神経発達障害モデルマウスにおける機械的アロディニアの発症とミクログリアの関与, 今戸瑛二, Samnang Sun, Abawa Abrar, 浅野智志, 中村庸輝, 中島一恵, 森岡徳光, 津賀一弘, 入舩正浩, 田熊一敞, 木口倫一, 吾郷由希夫, 第95回日本薬理学会年会, 2022年03月08日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, 福岡
  39. ASDモデルマウスの社会性行動と前頭前皮質の機能異常, 笠井淳司, 彌永祐輔, 植野寛貴, 中井悠花, 原 雄大, 三浦大樹, 田沼将人, 林田美鈴, 横山 玲, 大久保 仁, 勢力 薫, 早田-高野敦子, 山口 瞬, 北岡志保, 古屋敷智之, 吾郷由希夫, 中澤敬信, 田熊一敞, 橋本 均, 第95回日本薬理学会年会, 2022年03月08日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, 福岡
  40. 抗うつ薬・抗うつ薬候補の反応性からみるモデル動物の役割, 吾郷 由希夫, 第95回日本薬理学会年会, 2022年03月07日, 招待, 日本語, 日本薬理学会, 福岡
  41. レアバリアントから迫る精神疾患の病態解明と創薬研究, 吾郷由希夫, 第36回創薬・薬理フォーラム岡山, 2021年12月25日, 招待, 日本語, 創薬・薬理フォーラム岡山
  42. A potent and highly selective VPAC2 receptor antagonist peptide KS-133 counteracts cognitive impairment in a mouse model relevant to schizophrenia, Yukio Ago, Lu Chen, Tatsunori Miyaoka, Mei Yamada, Teruaki Masutani, Kenji Ishimoto, Shinsaku Nakagawa, Satoshi Asano, Kotaro Sakamoto, The 60th Annual Meeting of the American College of Neuropsychopharmacology (ACNP), 2021年12月05日, 通常, 英語, American College of Neuropsychopharmacology (ACNP), Puerto Rico
  43. 生体内で薬効を示す VIPR2 選択的アンタゴニストペプチドの創製, 坂元孝太郎, 吾郷由希夫, 第16回GPCR研究会, 2021年11月20日, 通常, 日本語, GPCR研究会, オンライン
  44. 新規選択的VPAC2受容体アンタゴニストペプチドの創製とその中枢薬理作用, 山田めゐ, 陳 露, 宮岡辰典, 桝谷晃明, 石本憲司, 樋野展正, 中川晋作, 浅野智志, 坂元孝太郎, 吾郷由希夫, 第140回日本薬理学会近畿部会, 2021年11月13日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, 奈良
  45. ヒト染色体3q29領域欠失を導入した自閉スペクトラム症モデルマウスの社会性行動異常はオキシトシンの投与により回復する, 竹本智哉, 馬場優志, 北川航平, 永安一樹, 勢力 薫, 早田敦子, 笠井淳司, 吾郷由希夫, 田熊一敞, 橋本 均, 中澤敬信, 第140回日本薬理学会近畿部会, 2021年11月13日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, 奈良
  46. 神経障害性疼痛モデルマウスにおける海馬での神経可塑性変化に関する検討, 吉本夏輝, 中島一恵, 中村庸輝, 吾郷由希夫, 森岡徳光, 第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2021年10月23日, 通常, 日本語
  47. 精神疾患の創薬を目指した脳研究~マウスでみてきたこと~, 吾郷由希夫, 第40回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2021年10月23日, 招待, 日本語, 躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会
  48. Overexpression of VIPR2 in neurons causes defects in dendritic growth and cognitive impairment, Tatsunori Miyaoka, Lu Chen, Mei Yamada, Daichi Koan, Satoshi Asano, Kenji Ishimoto, Shinsaku Nakagawa, Atsuko Hayata, Takanobu Nakazawa, Akihiro Harada, Hitoshi Hashimoto, James A. Waschek, Yukio Ago, The 7th Congress of the Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP), 2021年10月22日, 通常, 英語, Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP), オンライン
  49. 神経ペプチドVIP-VPAC2受容体シグナルは、がん細胞遊走を制御する新規の分子機構である, 浅野智志, 吾郷由希夫, 第63回歯科基礎医学会学術大会, 2021年10月09日, 通常, 日本語, オンライン
  50. 7q36.3領域微小重複を有する精神疾患患者のiPS細胞由来分化神経幹細胞を用いた分子病態解析, 北川航平, 馬場優志, 竹本智哉, 永安一樹, 笠井淳司, 橋本亮太, 橋本 均, 吾郷由希夫, 中澤敬信, 次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2021, 2021年08月28日, 通常, 日本語, 札幌
  51. 7q36.3領域微小重複を有する精神疾患患者のiPS細胞由来分化神経幹細胞を用いた分子病態解析, 北川航平, 馬場優志, 竹本智哉, 永安一樹, 笠井淳司, 橋本亮太, 橋本 均, 吾郷由希夫, 中澤敬信, 生体機能と創薬シンポジウム2021, 2021年08月26日, 通常, 日本語, 札幌
  52. 精神疾患と創薬~動物のこころを見る~, 吾郷由希夫, 広島大学医学部公開講座「先端医療は今―広島から世界へ2021」, 2021年08月07日, 招待, 日本語, 広島大学医学部, 広島
  53. Abnormal pain sensitivity in a prenatal valproic acid-induced mouse model of autism spectrum disorder, Eiji Imado, Sun Samnang, Abrar Rizal Abawa, Satoshi Asano, Kazuhiro Tsuga, Masahiro Irifune, Yukio Ago, The 6th Joint Scientific Meeting in Dentistry, 2021年07月30日, 通常, 英語, オンライン
  54. Regulation of tumor cell migration by vasoactive intestinal peptide (VIP)−VPAC2 receptor signaling, Satoshi Asano, Misa Yamasaka, Kairi Ozasa, James A. Waschek, Yukio Ago, The 6th Joint Scientific Meeting in Dentistry, 2021年07月30日, 通常, 英語, オンライン
  55. 神経障害性疼痛マウスの認知機能低下に対するHMGB1中和抗体の効果に関する検討, 吉本夏輝, 大畑一努, 中島一恵, 中村庸輝, 吾郷由希夫, 王 登莉, 劉 克約, 和氣秀徳, 西堀正洋, 森岡徳光, 第35回創薬・薬理フォーラム岡山, 2021年07月17日, 通常, 日本語, オンライン
  56. ヒトVPAC2受容体の過剰発現を細胞種特異的かつ時空間的に制御可能な新しいトランスジェニックマウスモデルの開発, 宮岡辰典, 陳 露, 山田めゐ, 古庵大地, 浅野智志, 石本憲司, 中川晋作, 早田敦子, 中澤敬信, 原田彰宏, 橋本 均, Waschek James, 吾郷由希夫, 第43回日本生物学的精神医学会・第51回日本神経精神薬理学会 合同年会, 2021年07月16日, 通常, 日本語, 京都
  57. 機能性食品の創出を目指した非晶質ナリンゲニンの消化管吸収性と機能性評価, 石本憲司, 島田有希子, 大野 茜, 大谷修一, 前田壮矢, 吾郷由希夫, 中川晋作, 第37回日本DDS学会, 2021年06月29日, 通常, 日本語, 千葉
  58. 骨髄由来免疫抑制細胞の腫瘍への移行に対するバルプロ酸のDe-Targeting効果, 謝 智奇, 吾郷由希夫, 岡田直貴, 立花雅史, 第37回日本DDS学会, 2021年06月29日, 通常, 日本語, 千葉
  59. 胎生期バルプロ酸投与マウスは熱刺激およびカプサイシン誘発痛の増大と機械的アロディニアを示す, 今戸瑛二, 浅野智志, 中村庸輝, 中島一恵, 森岡徳光, 津賀一弘, 入舩正浩, 田熊一敞, 吾郷由希夫, 第139回日本薬理学会近畿部会, 2021年06月26日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, オンライン
  60. β-カロテン非晶質固体分散体の実用化を目指した水への溶解率改善に関する基礎的検討, 石本憲司, 中村悠太, 大谷修一, 三木祥平, 前田壮矢, 岩本泰樹, 小西佑磨, 吾郷由希夫, 中川晋作, 日本薬剤学会第36年会, 2021年05月13日, 通常, 日本語, オンライン
  61. VPAC2受容体の制御する細胞遊走メカニズム, 山坂美紗, 浅野智志, 早田敦子, 中澤敬信, 橋本 均, Waschek James, 吾郷由希夫, 日本薬学会第141年会, 2021年03月29日, 通常, 日本語, 広島
  62. 茶由来成分エピガロカテキンガレートの抗アレルギー作用に関する基礎的検討, 小西佑磨, 石本憲司, 大植 楓, 大谷修一, 前田壮矢, 吾郷由希夫, 中川晋作, 日本薬学会第141年会, 2021年03月29日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 広島
  63. RNA修飾制御酵素Alkbh8欠損マウスの認知機能障害機構の解析, 谷川清香, 大川勝也, 北惠郁緒里, 長谷拓明, 神宮司 健太郎, 陳 露, 山口拓海, 吾郷由希夫, 中川晋作, 辻川和丈, 日本薬学会第141年会, 2021年03月29日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 広島
  64. 脳神経細胞でのVPAC2受容体の過剰発現は認知機能障害を引き起こす, 古庵大地, 今戸瑛二, 浅野智志, Chen Lu, 宮岡辰典, 山田めゐ, 石本憲司, 中川晋作, 早田敦子, 中澤敬信, 原田彰宏, 橋本 均, Waschek James, 吾郷由希夫, 日本薬学会第141年会, 2021年03月28日, 通常, 日本語, 広島
  65. オキシトシンの鼻腔内投与はPOGZ-Q1038R点変異マウスの社会性行動異常を改善する, 北川航平, 松村憲佑, 馬場優志, 近藤百香, 竹本智哉, 永安一樹, 吾郷由希夫, 笠井淳司, 田熊一敞, 橋本 均, 中澤敬信, 第94回日本薬理学会年会, 2021年03月08日, 通常, 英語, 札幌
  66. 脳とこころのくすり, 吾郷由希夫, 東京農業大学大学院 動物生命科学特論, 2020年11月25日, 招待, 日本語, オンライン
  67. ヒト染色体3q29欠失モデルマウスを用いた精神疾患の分子病態研究, 馬場優志, 勢力 薫, 近藤百香, 北川航平, 竹本智哉, 笠井淳司, 吾郷由希夫, 永安一樹, 森 大輔, 尾崎紀夫, 山本 雅, 田熊一敞, 橋本亮太, 橋本 均, 中澤敬信, 第138回日本薬理学会近畿部会, 2020年11月14日, 通常, 日本語, 日本薬理学会, オンライン
  68. レアバリアントから迫る統合失調症の病態分子基盤と創薬戦略, 吾郷 由希夫, 第163回日本獣医学会学術集会, 2020年09月08日, 招待, 日本語
  69. ナリンゲニン非晶質固体分散体による脳内アセチルコリン神経伝達の促進と認知機能低下抑制作用, 山口拓海, 吾郷由希夫, 山口稜太, 大野 茜, 島田有希子, 石本憲司, 大谷修一, 中川晋作, 第36回日本DDS学会学術集会, 2020年08月28日, 通常, 日本語, 神戸
  70. 妊娠期の薬物服用に起因する自閉スペクトラム症の病態解明, 田熊一敞, 原 雄大, 吾郷由希夫, 橋本 均, 中澤敬信, 松田敏夫, 第50回日本神経精神薬理学会年会, 第42回日本生物学的精神医学会年会, 第4回日本精神薬学会総会・学術集会 合同年会, 2020年08月21日, 招待, 日本語
  71. 未来への想い, 吾郷 由希夫, 第50回日本神経精神薬理学会年会, 第42回日本生物学的精神医学会年会, 第4回日本精神薬学会総会・学術集会 合同年会, 2020年08月21日, 招待, 日本語, web開催
  72. Epigenetic modulation with valproic acid impedes invasion of monocytic myeloid-derived suppressor cells into tumors, Xie Z, Ago Y, Okada N, Tachibana M, The 27th International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages (MMCB2020), 2020年06月16日, 通常, 英語
  73. 機能性食品を指向した非晶質シリビニンの溶解性と消化管吸収, 岩本泰樹, 大谷修一, 石本憲司, 吾郷由希夫, 中川晋作, 日本薬剤学会第35年会, 2020年05月14日, 通常, 日本語, 誌上開催
  74. バルプロ酸は骨髄由来免疫抑制細胞に作用して抗PD-1抗体療法の有効性を向上させる, 謝 智奇, 池上珠未, 吾郷由希夫, 岡田直貴, 立花雅史, 日本薬剤学会第35年会, 2020年05月14日, 通常, 日本語, 誌上開催
  75. うつ病における骨髄由来免疫抑制細胞の寄与に関する解析, 池上珠未, 吾郷由希夫, 塚田信司, 谷林耕平, 岡田直貴, 立花雅史, 日本薬学会第140年会, 2020年03月25日, 通常, 日本語, 誌上開催
  76. バルプロ酸による腫瘍内単球様骨髄由来免疫抑制細胞の減少と抗PD-1抗体の効果向上, 謝 智奇, 池上珠未, 吾郷由希夫, 岡田直貴, 立花雅史, 日本薬学会第140年会, 2020年03月25日, 通常, 日本語, 誌上開催
  77. 非晶質固体分散体技術によるナリンゲニンの水溶性向上と認知機能低下抑制作用, 吾郷由希夫, 石本憲司, 大谷修一, 中川晋作, 日本薬学会第140年会, 2020年03月25日, 招待, 日本語, 誌上開催
  78. 慢性コルチコステロン投与によるマウスうつ様行動に対するケタミン代謝物の異なる作用, 横山 玲, 吾郷由希夫, 樋口桃子, 田邊 航, 塚田信司, 笠井淳司, 勢力 薫, 中澤敬信, 橋本謙二, 橋本 均, 第93回日本薬理学会年会, 2020年03月16日, 通常, 英語
  79. 3q29欠失症候群モデルマウスにおける精神疾患様の行動異常と大脳皮質神経細胞の過活動, 馬場優志, 横山一剛, 勢力 薫, 松村憲佑, 近藤百香, 山本果奈, 笠井淳司, 吾郷由希夫, 永安一樹, 早田敦子, 山口 瞬, 森 大輔, 尾崎紀夫, 山本 雅, 田熊一敞, 橋本亮太, 橋本 均, 中澤敬信, 第93回日本薬理学会年会, 2020年03月16日, 通常, 英語
  80. 腫瘍切除後に認められるうつ様行動におけるプロスタノイドシグナルの関与, 尾中勇祐, 新谷紀人, 吾郷由希夫, 中澤敬信, 米山雅紀, 山口太郎, 橋本 均, 荻田 喜代一, 第136回日本薬理学会近畿部会, 2019年11月23日, 通常, 日本語
  81. ブチリルコリンエステラーゼの阻害は脳内アセチルコリンとグレリンシグナルの促進により認知機能障害を改善する, 塚田信司, 東野功典, 国本寿美子, 田邊 航, 山口拓海, 中川晋作, Nigel H. Greig, 橋本 均, 吾郷由希夫, 第136回日本薬理学会近畿部会, 2019年11月23日, 通常, 日本語
  82. レアバリアント(rare variant)から迫る精神疾患の病態解明と創薬基盤研究, 吾郷 由希夫, 第23回阪大薬-医薬基盤健栄研ランチミーティング, 2019年11月15日, 招待, 日本語
  83. 骨髄系細胞によるがん随伴うつ発症に関する解析, 池上珠未, 吾郷由希夫, 塚田信司, 谷林耕平, 岡田直貴, 立花雅史, 第3回がんと代謝研究会・若手の会, 2019年11月13日, 通常, 日本語
  84. PACAP signaling involved in the pathophysiological pathway of psychiatric disorders, Hashimoto H, Hayata-Takano A, Shintani Y, Ago Y, The Akira Arimura Memorial VIP/PACAP and Related Peptides Symposium: 30 years after PACAP Discovery, 2019年11月03日, 招待, 英語
  85. ASD-associated de novo POGZ mutations disrupt cortical development, Matsumura K, Seiriki K, Nagase M, Ayabe S, Yamada I, Furuse T, Yamamoto K, Kitagawa K, Baba M, Kasai A, Ago Y, Hayata-Takano A, Shintani N, Iguchi T, Sato M, Yamaguchi S, Tamura M, Wakana S, Yoshiki A, Watabe AM, Okano H, Takuma K, Hashimoto R, Hashimoto H, Nakazawa T, The 49th Annual Meeting of the Society for Neuroscience (Neuroscience 2019), 2019年10月19日, 通常, 英語
  86. In vivo imaging of alkynylated S-citalopram using surface-enhanced Raman scattering, Tanuma M, Kasai A, Bando K, Kotoku N, Higashino K, Ago Y, Kawata S, Fujita K, Hashimoto H, The 49th Annual Meeting of the Society for Neuroscience (Neuroscience 2019), 2019年10月19日, 通常, 英語
  87. バルプロ酸を曝露した動物モデルにおける機能奇形とその改善療法, 田熊一敞, 原 雄大, 吾郷由希夫, 橋本 均, 中澤敬信, 松田敏夫, 第29回日本臨床精神神経薬理学会年会, 2019年10月11日, 招待, 日本語
  88. Differential behavioral and neurochemical effects of ketamine enantiomers and their metabolites, Yukio Ago, Hitoshi Hashimoto, The 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP), 2019年10月11日, 招待, 英語
  89. 担がん病態におけるバルプロ酸の免疫毒性評価, 謝 智奇, 池上珠未, 吾郷由希夫, 岡田直貴, 立花雅史, 第26回日本免疫毒性学会学術年会, 2019年09月09日, 通常, 日本語
  90. 腫瘍切除マウスの海馬におけるミクログリアの形態学的変化, 田中優衣, 尾中勇祐, 新谷紀人, 吾郷由希夫, 中澤敬信, 米山雅紀, 山口太郎, 橋本 均, 荻田 喜代一, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2019, 2019年08月31日, 通常, 日本語
  91. 加味温胆湯は細胞外セロトニン量増加作用と抗うつ様作用を示す, 船間貴博, 榎本太一, 荒井雄樹, 安渕 顕, 吾郷由希夫, 藤原博典, 當銘一文, 松本欣三, 中谷尊史, 荒木良太, 矢部武士, 第36回和漢医薬学会学術大会, 2019年08月31日, 通常, 日本語
  92. 前障の興奮性神経細胞はカテコラミンの放出を介して不安様行動を制御する, 丹生光咲, 笠井淳司, 五十嵐久人, 田邊 航, 桑木崇宏, 田沼将人, 勢力 薫, 吾郷由希夫, 中澤敬信, 山中章弘, 橋本 均, 第42回日本神経科学大会, 第62回日本神経化学会大会 合同大会, 2019年07月25日, 通常, 日本語
  93. 新生仔期VPAC2受容体作動薬投与マウスの認知機能障害はクロザピン特異的に改善される, 竹内修斗, 山内良介, 河内琢也, 宮岡辰典, Chen Lu, 早田敦子, Waschek A. James, 中澤敬信, 田熊一敞, 中川晋作, 橋本 均, 吾郷由希夫, 第42回日本神経科学大会, 第62回日本神経化学会大会 合同大会, 2019年07月25日, 通常, 日本語
  94. レアバリアント(rare variant)から迫る精神疾患の病態解明と創薬研究, 吾郷 由希夫, 第17回関西バイオ創薬研究会, 2019年07月19日, 招待, 日本語, 大阪
  95. 機能性食品を指向したナリンゲニン非晶質体の消化管吸収性に関する検討, 島田有希子, 石本憲司, 大野 茜, 大谷修一, 吾郷由希夫, 中川晋作, 第35回日本DDS学会, 2019年07月04日, 通常, 日本語
  96. 自閉症モデルマウスの社会性行動障害の改善に関わる脳領域の探索, 彌永祐輔, 笠井淳司, 五十嵐久人, 原 雄大, 三浦大樹, 勢力 薫, 田沼将人, 山浦港生, 中澤敬信, 吾郷由希夫, 山口 瞬, 田熊一敞, 橋本 均, 第135回日本薬理学会近畿部会, 2019年06月21日, 通常, 日本語
  97. 腫瘍切除後に持続する情動障害へのシクロオキシゲナーゼ-1の選択的な関与, 尾中勇祐, 田中優衣, 新谷紀人, 吾郷由希夫, 中澤敬信, 米山雅紀, 山口太郎, 荻田喜代一, 橋本 均, 第13回日本緩和医療薬学会年会, 2019年05月31日, 通常, 日本語
  98. 統合失調症様モデルマウスの痛覚感受性低下とセロトニン下行性疼痛抑制系の活性化, 吾郷由希夫, 堀口直剛, 浅田和希, 中川晋作, 松田敏夫, 田熊一敞, 第13回日本緩和医療薬学会年会, 2019年05月31日, 通常, 日本語
  99. 自閉スペクトラム症に対するタンパク質間相互作用阻害剤の創薬, 吾郷 由希夫, 橋本 均, 第13回日本緩和医療薬学会年会, 2019年05月31日, 招待, 日本語
  100. β-カロテン非晶質固体分散体の体内動態解析, 大谷修一, 三木祥平, 中村悠太, 石本憲司, 吾郷由希夫, 中川晋作, 日本薬剤学会第34年会, 2019年05月16日, 通常, 日本語
  101. ゲノムコピー数変異に着目した統合失調症の創薬研究, 吾郷由希夫, 早田敦子, 中澤敬信, 田熊一敞, 橋本 均, 日本薬学会第139年会, 2019年03月20日, 招待, 日本語
  102. 動物モデルを用いた精神疾患の病態メカニズム解析と創薬基盤研究, 吾郷 由希夫, 一般社団法人予防薬理学研究所キックオフシンポジウム, 2019年03月13日, 招待, 日本語, 大阪
  103. Role of the VPAC2 receptor overactivation implicated in schizophrenia susceptibility, Yukio Ago, Oral Neuroscience 2018, 2018年10月07日, 招待, 英語, 大阪大学大学院歯学研究科, 大阪
  104. 血管作動性腸管ペプチド受容体VPAC2の過剰シグナルに着目した難治性統合失調症の創薬研究, 吾郷 由希夫, 生物医工学サロン第68回集会, 2018年08月27日, 招待, 日本語, 大阪
  105. 統合失調症における3型PACAP受容体VPAC2過剰シグナルの病態的意義と創薬モデルへの応用, 吾郷 由希夫, 第5回包括的緩和医療科学学術研究会・第6回Tokyo疼痛緩和次世代研究会 合同研究会, 2018年08月26日, 招待, 日本語, 星薬科大学, 東京
  106. Synergistic neurochemical effect of combined sigma1 and 5-HT1A receptor activation under the circulating neuroactive steroid-deficient conditions, Yukio Ago, APSN/JSN 2012, 2012年, 招待, 英語, アジア太平洋神経化学会/日本神経化学会, 神戸
  107. Antidepressant-like effect of a metabotropic glutamate 2/3 receptor antagonist, Yukio Ago, The 7th International Meeting on Metabotropic Glutamate Receptors, 2011年, 招待, 英語, タオルミーナ(イタリア)
  108. 環境因子に着目した精神機能研究, 吾郷 由希夫, 第1回脳科学若手の会関西部会セミナー, 2011年, 招待, 日本語, 大阪
  109. 環境因子に着目した精神機能研究と創薬, 吾郷 由希夫, 大正製薬株式会社主催学術講演会, 2010年, 招待, 日本語, 大宮
  110. 統合失調症と5-HT1A受容体~環境因子に着目した精神機能研究~, 吾郷 由希夫, 理化学研究所分子イメージング研究プログラムセミナー, 2008年, 招待, 日本語, 神戸

受賞

  1. 2022年10月23日, NPPR Reviewer Award 2022, Editor in Chief, Neuropsychopharmacology Reports
  2. 2022年03月07日, Journal of Pharmacological Sciences Excellent Reviewer Award 2021, 日本薬理学会
  3. 2019年11月05日, Translational Science Award, The 2019 Akira Arimura Memorial VIP/PACAP and Related Peptides International Symposium
  4. 2019年11月05日, Poster Award, The 2019 Akira Arimura Memorial VIP/PACAP and Related Peptides International Symposium
  5. 2019年10月11日, Neuropsychopharmacology Reports Reviewer Award 2019, 日本神経精神薬理学会
  6. 2018年03月10日, Journal of Pharmacological Sciences Excellent Reviewer Award 2017, 日本薬理学会
  7. 2016年07月02日, JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016, 日本神経精神薬理学会
  8. 2016年05月13日, 第1回松尾研究奨励賞, GPCR研究会
  9. 2014年07月08日, 平成26年度 大阪大学総長奨励賞, 大阪大学
  10. 2014年03月20日, 第29回日本薬理学会 学術奨励賞, 日本薬理学会
  11. 2014年02月18日, 平成25年度 大阪大学総長表彰, 大阪大学
  12. 2013年10月25日, 第2回日本神経精神薬理学会 学術奨励賞, 日本神経精神薬理学会
  13. 2012年09月30日, 第13回日本神経化学会奨励賞, 日本神経化学会
  14. 2011年09月24日, The 2nd Congress of AsCNP Fellowship Award, Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP)
  15. 2010年01月08日, 平成21年度日本薬学会近畿支部奨励賞, 日本薬学会近畿支部
  16. 2007年07月13日, 優秀演題賞, 第29回日本生物学的精神医学会 第37回日本神経精神薬理学会 合同年会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 橋渡し研究プログラム, 新規の統合失調症治療薬の開発, 2022年, 2022年
  2. 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 運動に規定されない環境強化の精神機能障害抑制因子の同定, 2021年, 2022年
  3. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 難治性統合失調症の克服を目指した統合的創薬・薬物治療戦略の基盤構築, 2020年, 2023年
  4. 科学研究費助成事業 基盤研究(C), σ1/5-HT1A受容体間相互作用による前頭葉ドパミン神経調節機構の創薬基盤研究, 2016年, 2018年
  5. 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 精神疾患モデルマウス異常行動を誘発する脳神経シグナル解析に関する創薬基盤研究, 2013年, 2015年
  6. 科学研究費助成事業 若手研究(B), 脳代謝型グルタミン酸2/3受容体の創薬的意義に関する神経薬理学的研究, 2011年, 2012年
  7. 科学研究費助成事業 若手研究(B), 統合失調症の認知機能障害におけるアセチルコリン神経基盤の解明と創薬研究, 2009年, 2010年
  8. 科学研究費助成事業 若手研究(B), 統合失調症治療におけるSSRI併用療法の神経科学的基盤に関する研究, 2006年, 2007年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員, 2023年04月, 2026年03月, 日本神経科学学会
  2. 組織委員, 2023年03月, 2024年05月, 国際神経精神薬理学会2024年世界大会
  3. 執行委員会委員, 2022年11月, 2024年11月, (一社)日本神経精神薬理学会
  4. 総務委員会委員長補佐, 2022年11月, 2024年11月, (一社)日本神経精神薬理学会
  5. トランスレーショナル・メディカル・サイエンス委員会委員, 2022年11月, 2024年11月, (一社)日本神経精神薬理学会
  6. 国際学術委員会委員, 2022年11月, 2024年11月, (一社)日本神経精神薬理学会
  7. 広報委員会委員, 2022年11月, 2024年11月, (一社)日本神経精神薬理学会
  8. 理事, 2022年11月, 2024年11月, (一社)日本神経精神薬理学会
  9. プログラム委員, 2022年10月, 2023年09月, 第53回日本神経精神薬理学会年会
  10. 代議員, 2022年09月, 2024年08月, 日本薬理学会
  11. 組織委員会委員, 2022年09月, 2023年12月, 第97回日本薬理学会年会
  12. 世話人, 2022年06月, 2024年05月, 創薬・薬理フォーラム岡山
  13. 編集委員会委員, 2022年04月, 2024年03月, 日本薬理学会
  14. 大会組織委員, 2021年09月, 2022年11月, VIP/PACAP関連ペプチド国際シンポジウム2022
  15. International Scientific Program Committee, 2021年04月, 2022年06月, International College of Neuropsychopharmacology (CINP)
  16. プログラム委員, 2021年01月, 2022年07月, NEURO2022(第45 回日本神経科学大会・第65 回日本神経化学会大会・第32 回日本神経回路学会大会 合同大会)
  17. 広報委員, 2020年11月, 2024年11月, 日本神経精神薬理学会
  18. 広報委員会委員, 2020年05月, 2024年03月, 日本薬理学会
  19. トランスレーショナル・メディカルサイエンス委員会イノベーションサイエンス部会委員, 2020年04月, 2022年10月, 日本神経精神薬理学会
  20. 招へい教授, 2020年04月, 2024年03月, 大阪大学国際医工情報センター
  21. 招へい教授, 2020年03月, 2024年03月, 大阪大学大学院薬学研究科
  22. 代議員, 2019年02月, 2021年01月, 日本薬学会
  23. 50周年記念事業ワーキンググループ委員, 2018年10月, 2020年08月, 日本神経精神薬理学会
  24. 近畿支部 / 関西支部 委員, 2018年05月, 2020年03月, 日本薬学会
  25. 会員連携促進タスクフォース委員会委員, 2016年11月, 2019年04月, 4. 日本神経精神薬理学会
  26. 代議員, 2016年10月, 2020年09月, 日本薬理学会
  27. 評議員, 2013年06月, 2042年03月, 日本神経化学会
  28. 評議員, 2012年11月, 2042年03月, 日本神経精神薬理学会
  29. 代議員, 2010年10月, 2014年09月, 日本薬理学会
  30. 学術評議員, 2009年04月, 2042年03月, 日本薬理学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学医学部公開講座「先端医療は今―広島から世界へ2021」, 精神疾患と創薬~動物のこころを見る~, 2021年/08月/07日, 広島大学医学部, 講師, 講演会, 高校生

学術雑誌論文査読歴

  1. 2023年, Journal of Pharmacological Sciences, Associate Editor
  2. 2023年, Neurochemistry International, 編集員, Editorial Advisory Board
  3. 2023年, Pharmacology, Biochemistry and Behavior, Editorial Advisory Board
  4. 2023年, Frontiers in Pharmacology, Review Editor
  5. 2022年, Journal of Pharmacological Sciences, Associate Editor
  6. 2022年, Neurochemistry International, 編集員, Editorial Advisory Board
  7. 2022年, Pharmacology, Biochemistry and Behavior, Editorial Advisory Board
  8. 2022年, Frontiers in Pharmacology, Review Editor
  9. 2021年, Neurochemistry International, 編集員, Editorial Advisory Board
  10. 2021年, Pharmacology, Biochemistry and Behavior, Editorial Advisory Board
  11. 2021年, Journal of Pharmacological Sciences, Editorial Advisory Board
  12. 2021年, Frontiers in Pharmacology, Review Editor
  13. 2020年, Pharmacology, Biochemistry and Behavior, Editorial Advisory Board
  14. 2020年, Journal of Pharmacological Sciences, Editorial Advisory Board
  15. 2020年, Frontiers in Pharmacology, Review Editor
  16. 2019年, Pharmacology, Biochemistry and Behavior, Editorial Advisory Board
  17. 2019年, Journal of Pharmacological Sciences, Editorial Advisory Board
  18. 2019年, Journal of Neuroscience Research, Editorial Advisory Board
  19. 2019年, Frontiers in Pharmacology, Review Editor
  20. 2018年, Journal of Pharmacological Sciences, Editorial Advisory Board
  21. 2018年, Journal of Neuroscience Research, Editorial Advisory Board
  22. 2018年, Frontiers in Pharmacology, Review Editor
  23. 2017年, Journal of Neuroscience Research, Editorial Advisory Board
  24. 2017年, Frontiers in Pharmacology, Review Editor
  25. 2016年, Journal of Neuroscience Research, Editorial Advisory Board
  26. 2016年, Frontiers in Pharmacology, Review Editor
  27. 2015年, Frontiers in Pharmacology, Review Editor