河原 大輔DAISUKE KAWAHARA

Last Updated :2021/09/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教
メールアドレス
daika99hiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(医科学) (広島大学)
  • 博士(医学) (広島大学)

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 核医学物理学演習
  2. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 科学英語

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Predictive gamma passing rate for three-dimensional dose verification with finite detector elements via improved dose uncertainty potential accumulation model, MEDICAL PHYSICS, 47巻, 3号, pp. 1349-1356, 202003
  2. Assessment of biological dosimetric margin for stereotactic body radiation therapy, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 21巻, 4号, pp. 31-41, 202004
  3. Optimization of irradiation interval for fractionated stereotactic radiosurgery by a cellular automata model with reoxygenation effects, PHYSICS IN MEDICINE AND BIOLOGY, 65巻, 8号, 20200421
  4. Development of a CT number calibration audit phantom in photon radiation therapy: A pilot study, MEDICAL PHYSICS, 47巻, 4号, pp. 1509-1522, 202004
  5. Analysis of cardiac toxicity after definitive chemoradiotherapy for esophageal cancer using a biological dose-volume histogram, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 2号, pp. 298-306, 202003
  6. Evaluation of metal artefact techniques with same contrast scale for different commercially available dual-energy computed tomography scanners, PHYSICAL AND ENGINEERING SCIENCES IN MEDICINE, 43巻, 2号, pp. 539-546, 202006
  7. Dose compensation based on biological effectiveness due to interruption time for photon radiation therapy, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 93巻, 1111号, 2020
  8. A Single Institution's Experience of Definitive Radiotherapy Using Volumetric-modulated Arc Therapy for Hypopharyngeal Cancers, ANTICANCER RESEARCH, 40巻, 7号, pp. 4183-4190, 202007
  9. Synthesized effective atomic numbers for commercially available dual-energy CT, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 25巻, 4号, pp. 692-697, 2020
  10. Tolerance levels of mass density for CT number calibration in photon radiation therapy, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 20巻, 6号, pp. 45-52, 201906
  11. Photon and electron backscatter dose and energy spectrum analysis around Lipiodol using flattened and unflattened beams, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 20巻, 6号, pp. 178-183, 201906
  12. A novel risk analysis of clinical reference dosimetry based on failure modes and effects analysis, Physica Medcia, 58巻, pp. 59-65, 201902
  13. Metal artifact reduction techniques for single energy CT and dual-energy CT with various metal materials, The British Institute of Radiology Open, 201907
  14. Tolerance levels of mass density for CT number calibration in photon radiation therapy, Journal of Applied Clinical Medical Physics, 20巻, 6号, pp. 45-52, 201906
  15. Evaluation of raw-data-based and calculated electron density for contrast media with a dual-energy CT technique., Reports of Practical Oncology and Radiotherapy, 24巻, 5号, pp. 499-506, 201909
  16. Improving automatic contrast agent extraction system using monochromatic CT number, Australasian Physical & Engineering Sciences in Medicine, 42巻, 3号, pp. 819-826, 201908
  17. Biological dose-enhancement analysis with Monte Carlo simulation for Lipiodol for photon beams, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 24巻, 6号, pp. 681-687, 2019
  18. Tolerance levels of CT number to electron density table for photon beam in radiotherapy treatment planning system, Journal of Applied Clinical Medical Physics, 19巻, 1号, pp. 271-275, 201801
  19. Accuracy of the raw-data-based effective atomic numbers and monochromatic CT numbers for contrast medium with a dual-energy CT technique., The British journal of radiology, 91巻, 1082号, 201802
  20. Interfractional diaphragm changes during breath-holding in stereotactic body radiotherapy for liver cancer, Reports of Practical Oncology and Radiotherapy, 23巻, 2号, pp. 84-90, 201803
  21. Dosimetric impact of Lipiodol in stereotactic body radiation therapy on liver after trans-arterial chemoembolization, 2018
  22. Energy spectrum and dose enhancement due to the depth of the Lipiodol position using flattened and unflattened beams, Reports of Practical Oncology & Radiotherapy, 23巻, 1号, pp. 50-56, 201802
  23. Estimation of patient-specific imaging dose for real-time tumor monitoring in lung patients during respiratory-gated radiotherapy., Physics in Medicine & Biology, 63巻, 6号, 201803
  24. Effect of dose-delivery time for flattened and flattening filter-free photon beams based on microdosimetric kinetic model, PLOS ONE, 13巻, 11号, 201811
  25. Automatic contrast medium extraction system using electron density data with dual-energy CT, The British journal of radiology, 91巻, 1090号, 201810
  26. A novel verification method using a plastic scintillator imagining system for assessment of gantry sag in radiotherapy, Medical Physics, 45巻, 6号, pp. 2411-2424, 201806
  27. Relative biological effectiveness study of Lipiodol based on microdosimetric-kinetic model, Physica Medica, 46巻, pp. 89-95, 201802
  28. Effect of secondary electron generation on dose enhancement in Lipiodol with and without a flattening filter, Journal of Applied Clinical Medical Physics, 19巻, 2号, pp. 211-217, 201803
  29. Evaluation of beam modeling for small fields using a flattening filter-free beam, Radiological Physics and Technology, 10巻, 1号, pp. 33-40, 201705
  30. 画像誘導放射線治療(IGRT)におけるCBCT の吸収線量評価―施設,装置間比較―, 日本放射線技術学会雑誌, 73巻, 4号, pp. 309-316, 201704
  31. Split-VMAT technique to control the expiratory breath-hold time in liver stereotactic body radiation therapy, Physica Medica, 40巻, pp. 17-23, 201708
  32. Marginal prescription equivalent to the isocenter prescription in lung stereotactic body radiotherapy: preliminary study for Japan Clinical Oncology Group trial (JCOG1408), Journal of Radiation Research, 58巻, 1号, pp. 149-154, 201701
  33. ★, Dosimetric impact of Lipiodol in stereotactic body radiation therapy on liver after trans-arterial chemoembolization, Medical physics, 44巻, 1号, pp. 342-348, 201701
  34. 肝臓癌に対する定位放射線治療の現状 ─ 技術的ポイント, インナービジョン, 201708
  35. Availability of applying diaphragm matching with the breath-holding technique in stereotactic body radiation therapy for liver tumors, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 32巻, 4号, pp. 557-561, 201606
  36. Impact of reduction of flux overlap region on kilovoltage cone-beam computed tomography image quality and patients’ exposure dose, Reports of practical oncology and radiotherapy, 21巻, 5号, pp. 460-465, 201609
  37. 広島大学病院における放射線治療, 映像情報Medical, 48巻, 12号, pp. 22-28, 201611
  38. 2016年米国医学物理学会年次大会(AAPM 2016) 参加報告, Rad Fan 2016年11月臨時増刊号 放射線治療情報BOOK 2016, 201611
  39. Absorbed dose and image quality of Varian TrueBeam CBCT compared with OBI CBCT, Physica Medica, 32巻, 12号, pp. 1628-1633, 201612
  40. Availability of Using Diaphragm Matching in Stereotactic Body Radiotherapy (SBRT) in Breath-Holding SBRT for Liver Cancer, 2016
  41. 肝癌に対する呼吸停止下体幹部定位照射における横隔膜面を基準とした照合法の有用性, 日本放射線技術学会雑誌, 70巻, 1号, pp. 51-56, 201401

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Predictive gamma passing rate of 3D detector array-based VMAT QA for prostate cancer using deep learning, Takaaki Matsuura, Daisuke Kawahara, Akito Saito, Hideharu Miura, Kiyoshi Yamada, Shuichi Ozawa, Yasushi Nagata, 2020 Joint AAPM/COMP Meeting, 通常, 英語
  2. A study of the Effects of Vascular Damage On Tumor Volume After Hypo-Fraction Radiotherapy by Using a Cellular Automata model, Daisuke Kawahara, Daisuke Kawahara, Yasushi Nagata, Yoichi Watanabe, 2020 Joint AAPM/COMP Meeting, 2020年07月12日, 通常, 英語
  3. A margin for fractionation effects in stereotactic radiation therapy, Daisuke Kawahara, Shuichi Ozawa, Akito Saito, Kento Tsubouchi, Tomoki Kimura, Yuji Murakami, Yasushi Nagata, 第78回日本放射線技術学会総会, 2019年04月14日, 通常, 日本語
  4. 高精度リニアック体幹部定位の実際 –VARIAN装置–, 河原大輔, 第78回日本放射線技術学会総会放射線治療部会, 2019年04月14日, 招待, 日本語
  5. 胸腹壁運動信号増幅装置を用いた呼吸同期信号波形の改善, 越智悠介, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,河合信太朗,河原大輔、永田靖, 第23回日本放射線腫瘍学会, 2010年, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート
  6. セットアップエラーにおけるオンライン、オフライン照合に関する検討, 河合信太朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河原大輔、永田靖, 第6回中国四国放射線医療技術フォーラム, 2010年, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会中四国支部
  7. 妊婦に対する放射線治療における胎児の被曝線量, 河原大輔, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗、永田靖, 第6回中国四国放射線医療技術フォーラム, 2010年, 通常, 日本語, 高知コンベンションセンター
  8. 福島原発における活動, 河原大輔, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗、奥村拓朗、永田靖, 第110回広島県放射線治療技術研究会, 2011年, 通常, 日本語, 広島県放射線治技術研究会
  9. 呼吸停止下肝定位放射線治療における横隔膜面を基準とした照合法の有用性, 河原大輔, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗、奥村拓朗、永田靖, 第39回日本放射線技術学会 秋季学術大会, 2011年, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会
  10. kVCBCTのHalf Fan scanにおける中心付近の吸収線量の検討, 河原大輔, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗、奥村拓朗、永田靖, 第7回中国四国放射線医療技術フォーラム, 2011年, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会中四国支部
  11. Volumetric Modulated Arc Therapy(VMAT)治療計画におけるコリメータ角度設定の最適化への影響, 中島健雄, 河合信太朗,越智悠介,河原大輔,奥村拓朗,相田雅道,大野吉美, 第68回日本放射線技術学会総会学術大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会
  12. VMATにおけるArcCHECKの測定結果と 3DVHによる患者線量予測結果の比較, 中島健雄, 河合信太朗,大野吉美,相田雅道,越智悠介,河原大輔 ,増田弘和, 奥村拓朗, 日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会
  13. 仮想ファントムを用いた市販レジストレーションソフトウェアのROIレジストレーション精度の検討, 河原大輔, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗、奥村拓朗、増田弘和、永田靖, 日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会
  14. 前立腺がんIMRTにおける直腸ガスによる線量分布変化の解析, 河合信太朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河原大輔,奥村拓朗,増田弘和, 第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会中四国支部
  15. 新型2次元イオンチェンバアレイの性能評価, 河合信太朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河原大輔,奥村拓朗,増田弘和, 第68回日本放射線技術学会総会学術大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会
  16. 知っ得!!!肝臓の解剖と機能, 奥村拓朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗,河原大輔,増田弘和, 第114回広島県放射線治療技術研究会, 2012年, 通常, 日本語
  17. 中国・四国広域における放射線治療技術者の地域連携と人材育成の課題(がんプロ修了生の現状, 奥村拓朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗,河原大輔,増田弘和, 第11回岡山大学医学物理士インテンシブコース地域連携セミナー, 2012年, 通常, 日本語, 中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム
  18. 治療計画変更時再輪郭入力時におけるDeformable Image Registration法の有用性の検討, 奥村拓朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗,河原大輔,増田弘和, 日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年, 通常, 日本語
  19. 仮想ファントムを用いた市販レジストレーションソフトウェアのROIレジストレーション精度の検討, 河原大輔, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗、奥村拓朗、増田弘和、永田靖, 日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会
  20. 仮想ファントムを用いた市販レジストレーションソフトウェアのROIレジストレーション精度の検討, 河原大輔, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗、奥村拓朗、増田弘和、永田靖, 第8回中国四国放射線医療技術フォーラム, 2012年, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会中四国支部
  21. CT値-電子密度変換テーブル, 越智悠介, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,河合信太朗,河原大輔,奥村拓朗,増田弘和, 第117回広島県放射線治療技術研究会, 2013年, 通常, 日本語
  22. 頭頸部癌に対する VMATにおける 患者の体型変化に伴う 治療計画変更の妥当性評価, 奥村拓朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,津田信太朗,河原大輔,増田弘和, 第9回中四国放射線医療技術フォーラム, 2013年, 通常, 日本語
  23. 肝臓SBRTにおける 処方の違いによる 位置誤差許容範囲の比較, 奥村拓朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,津田信太朗,河原大輔,増田弘和, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会
  24. vs 平行平板型電離箱, 津田信太朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河原大輔,奥村拓朗,増田弘和, 第121回広島県放射線治療技術研究会, 2013年, 通常, 日本語
  25. Varian新規リニアックTrueBeam導入から臨床開始まで, 津田信太朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河原大輔,奥村拓朗,増田弘和, 第117回広島放射線治療研究会, 2013年, 通常, 日本語, 広島県放射線治技術研究会
  26. vs スケーリング補正係数, 津田信太朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河原大輔,奥村拓朗,増田弘和, 第118回広島県放射線治療技術研究会, 通常, 日本語
  27. kV-CBCTの線束重複領域の縮小が画質に及ぼす影響, 河原大輔, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗、奥村拓朗、増田弘和、永田靖, 第41回日本放射線技術学会秋季学術大会, 通常, 日本語
  28. Cone Beam CTにおける市販画像解析ソフトを使用した品質管理の有用性, 河原大輔, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河合信太朗、奥村拓朗、増田弘和、永田靖, 第9回中国四国放射線医療技術フォーラム, 2013年, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会中四国支部
  29. 前立腺IMRTにおけるターゲットの位置変化が線量分布に及ぼす影響の解析, 津田信太朗, 大野吉美,中島健雄,相田雅道,越智悠介,河原大輔,奥村拓朗,増田弘和, 第107回日本医学物理学会術大会, 2014年, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会
  30. Evaluation of beam modeling for small field using flattening filter free beam, 河原大輔, 小澤修一、中島健雄、相田雅道、津田信太朗、越智悠介、奥村拓朗、増田弘和、大野吉美、永田靖, 第107回日本医学物理学会学術大会, 2014年, 通常, 英語, 日本放射線技術学会
  31. Availability of Using Diaphragm Matching in Stereotactic Body Radiotherapy (SBRT) at the Time in Breath-Holding SBRT for Liver Cancer, 河原大輔, 小澤修一、中島健雄、相田雅道、津田信太朗、越智悠介、奥村拓朗、増田弘和、大野吉美、永田靖, AAPM 56th Annual Meeting & Exhibition, 2014年, 通常, 英語
  32. Usability of Using Diaphragm Matching in Stereotactic Body Radiotherapy (SBRT) in Breath-Holding SBRT for Liver Cancer, 河原大輔, 小澤修一、中島健雄、相田雅道、津田信太朗、越智悠介、奥村拓朗、増田弘和、大野吉美、永田靖, 2014Korea-Japan Joint Meeting, 2014年, 通常, 日本語
  33. 電子線相互校正における校正条件の違いによる水吸収線量の比較, 奥村拓朗, 中島健雄,相田雅道,越智悠介,津田信太朗,河原大輔,増田弘和,日置一成,大野吉美,永田靖, 第10回中四国放射線医療技術フォーラムCSFRT2014, 2014年, 通常, 日本語
  34. ガントリ回転同期型2次元電離箱検出器システムによる線量検証の基礎的検討, 増田弘和, 中島健雄,相田雅道,越智悠介,津田信太朗,奥村拓朗,河原大輔,日置一成,大野吉美,永田靖, 第10回中四国放射線医療技術フォーラムCSFRTin岡山, 2014年, 通常, 日本語
  35. 肝動脈化学塞栓術後のリピオドールが線量分布計算に及ぼす影響, 日置一成, 中島健雄,相田雅道,越智悠介,津田信太朗,河原大輔,奥村拓朗,増田弘和,大野吉美,永田靖, 第10回中四国放射線医療技術フォーラム, 2014年, 通常, 日本語
  36. Lipiodol Impact On Dose Distribution in Liver SBRT After TACE, 河原大輔, 小澤修一、中島健雄、相田雅道、津田信太朗、越智悠介、奥村拓朗、増田弘和、日置一成、大野吉美、永田靖, AAPM 57th Annual Meeting & Exhibition, 2014年, 通常, 英語
  37. Evaluation of beam modeling for small field using flattening filter free beam, 河原大輔, 小澤修一、中島健雄、相田雅道、津田信太朗、越智悠介、奥村拓朗、増田弘和、日置一成、大野吉美、永田靖, 15th International Congress of Radiation Research, 2015年, 通常, 日本語
  38. 放射線治療領域におけるCBCT, 河原大輔, 2015年, 通常, 日本語
  39. リピオドールが体幹部定位放射線治療の線量計算精度に及ぼす影響, 日置一成, 河原大輔,中島健雄,相田雅道,越智悠介,津田信太朗,奥村拓朗,増田弘和,大野吉美,永田靖, 第109回日本医学物理学会学術大会, 2015年, 通常, 日本語
  40. Lipiodol Impact On Dose Distribution in Liver SBRT After TACE, 河原大輔, 小澤修一、斎藤明登、田中創大、中島健雄、恒田雅人、鈴木龍彦、大野吉美、永田靖, 第66回 中国・四国放射線治療懇話会, 2015年, 通常, 日本語
  41. The study of the prescribing method for Planning Target Volume coverage in stereotactic body radiotherapy for stage I Non-small Cell Lung Cancer, Kawahara D, Ozawa S, Nakashima T, Aita M, Ochi Y, Kawai S, Okumura T, Masuda H, Ohno Y, Nagata Y, 第28回日本放射線腫瘍学会, 2015年, 通常, 英語
  42. ガントリー回転同期型検出器システムによるVMAT患者QAにおける線量分布再構成ボクセルサイズの影響, 奥村拓朗, 中島健雄、相田雅道、越智悠介、津田信太朗、河原大輔、増田弘和、日置一成、大野吉美、永田靖, 2015年, 通常, 日本語
  43. モンテカルロシミュレーションによる画像誘導放射線治療用kV-CBCTのビーム特性比較, 日置一成, 中島健雄,相田雅道,越智 悠介,河原大輔,奥村 拓朗,増田弘和,大野吉美,荒木不次男,永田靖, 第11回中四国放射線医療技術フォーラム, 2015年, 通常, 日本語
  44. JawTracking機能を用いたVMATの照射精度評価, 奥村拓朗, 中島健雄、相田雅道、越智悠介、津田信太朗、河原大輔、増田弘和、日置一成、大野吉美、永田靖, 第67回中国・四国放射線治療懇話会, 2015年, 通常, 日本語
  45. 体幹部放射線治療におけるTrueBeam CBCTの画質及び吸収線量の検討, 河原大輔, 小澤修一、斎藤明登、田中創大、中島健雄、恒田雅人、鈴木龍彦、大野吉美、永田靖, 第29回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2016年, 通常, 日本語
  46. モンテカルロシミュレーションを用いた線量検証システムの開発, 日置一成, 中島健雄,相田雅道,越智 悠介,河原大輔,奥村 拓朗,増田弘和,内藤浩司,大野吉美,永田靖, 第12回中四国放射線医療技術フォーラム(CSFRT2015), 2016年, 通常, 日本語
  47. 治療計画概論, 河原大輔, 2016年, 招待, 日本語
  48. Verification of mechanical and dosimetric accuracy for Head and Neck Volumetric Modulated Arc Therapy with jaw-tracking, Okumura T, Nakashima T, Ochi Y, Kawahara D, Masuda H, Hioki K, Ohno Y, Saito A, Nagata Y, American Society for Radiation Oncology (ASTRO) 58th Annual Meeting, 2016年, 通常, 英語
  49. Analysis of DEF and energy spectrum with PHITS on Lipiodol using the FF and FFF photon beams, 河原大輔, 小澤修一、斎藤明登、田中創大、中島健雄、恒田雅人、鈴木龍彦、大野吉美、永田靖, 第112回日本放射線医学物理学会, 2016年, 通常, 英語
  50. Comparison between mechanical parameters of jaw-tracking and fixed-jaw Volumetric Modulated Arc Therapy for head and neck cancer, Okumura T, Nakashima T, Ochi Y, Kawahara D, Masuda H, Hioki K, Ohno Y, Saito A, Nagata Y, 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年, 通常, 日本語
  51. 頭頸部VMAT(volumetric modulated arc therapy)において体厚増加がもたらす線量変化の検討, 増田弘和, 河原大輔,中島健雄,相田雅道,越智悠介,奥村拓朗,日置一成,大野吉美,永田靖, 第12回中四国放射線医療技術フォーラム(CSFRT2016), 2016年, 通常, 日本語
  52. Availability of applying diaphragm matching with the breath-holding technique in SBRT for liver tumors, Kawahara D, Ozawa S, Saito A, Tanaka S, Nakashima T, Tsuneda M, Suzuki T, Ohno Y, Nagata Y, 22nd International Conference on Medical Physics, 16th Asia-Oceania Congress of Medical Physics, 2016年, 通常, 英語
  53. Development of novel quality assurance method of radiation dosimetry measurement based on failure mode and effects analysis, Saito A, Saito A, 22nd International Conference on Medical Physics, 16th Asia-Oceania Congress of Medical Physics, 2016年, 通常, 英語
  54. Dual Energy CT を用いた造影剤物質特定及び線量計算システム構築に向けた最適な造影剤抽出方法の検討, 河原大輔, 小澤修一、斎藤明登、田中創大、中島健雄、恒田雅人、鈴木龍彦、大野吉美、永田靖, The 73th Annual Meeting of the JSRT, 2017年, 通常, 日本語
  55. Ideally calculated three-dimensional dose distribution for intensity modulated radiation therapy using geometric information, Hioki K, Nakashima T, Miki K, Masuda H, Okumura, T, Kawahara D, Ochi Y, Aita M, Ohno Y, Nagata Y, Japan- Korea Meeting on Medical Physics, 通常, 英語
  56. Kompeito-shot: Improving accuracy of verification system for three-dimension beam alignment, 恒田雅人, 西尾禎治、斉藤明登、小澤修一、河原大輔、田中創大、鈴木龍彦、永田靖, 第114回日本医学物理学会, 2017年, 通常, 日本語
  57. Contrast medium extraction system using direct-electron density- CT number method and dual CT number method with Dual energy-CT, Kawahara D, Ozawa S, Saito A, Tanaka S, Nakashima T, Tsuneda M, Suzuki T, Ohno Y, Nagata Y, The 3rd International Conference on Radiological Science and Technology (ICRST), 2017年, 通常, 英語
  58. 研究に対する向き合い方, 河原大輔, 第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2017年, 招待, 日本語
  59. 前立腺癌の放射線治療におけるbiological dosimetric marginの検討, 坪内健人, 河原大輔、中島健雄、相田雅道、奥村拓朗、増田弘和、内藤浩司、大野吉美、隅田博臣、永田靖, 第13回中四国放射線医療技術フォーラム(CSFRT2017), 2017年, 通常, 日本語
  60. 研究班設立について, 河原大輔, 第136回広島県放射線治療技術研究会, 2017年, 通常, 日本語
  61. Accuracy of the effective atomic numbers and theoretical monochromatic CT numbers for contrast medium with raw-data based dual-energy CT, Kawahara D, Ozawa S, Tanaka S, Yokomachi K, Higaki T, Fujioka C, Saito A, Suzuki T, Tsuneda M, Nakashima T, Ohno Y, Sumida H, Nagata Y, 第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018年04月10日, 通常, 英語
  62. Angular range optimizer for VMAT using geometry-oriented dose uncertainty model, Mori M, Mori M, 第115回日本医学物理学会学術大会, 2018年07月30日, 通常, 英語
  63. Contrast medium extraction method using raw-data based electron density with Dual energy-CT, Kawahara D, Kawahara D, European Society for Radiotherapy & Oncology Annual Mwwting 37, 2018年04月20日, 通常, 英語
  64. Relative biological effectiveness and relative dose-rate effect on Lipiodol based on the microdosimetric-kinetic model, Kawahara D, Ozawa S, Tanaka S, Yokomachi K, Higaki T, Fujioka C, Saito A, Suzuki T, Tsuneda M, Nakashima T, Ohno Y, Sumida H, Nagata Y, European Society for Radiotherapy & Oncology Annual Mwwting 37, 2018年04月20日, 通常, 英語
  65. Structure and aperture-based robustness estimation for volumetric modulated arc therapy, Mori M, Saito A, Kawahara D, Miki K, Murakami Y, Nakashima T, Okumura T, Nagata Y, AAPM2018 60TH ANNUAL MEETING & EXHIBITION, 2018年, 通常, 英語
  66. Automatic Contrast Medium Extraction System Using monochromatic CT number, Kawahara D, Ozawa S, Tanaka S, Yokomachi K, Higaki T, Fujioka C, Saito A, Suzuki T, Tsuneda M, Nakashima T, Ohno Y, Sumida H, Nagata Y, 2018年, 通常, 英語
  67. Biological dose enhancement using Lipiodol in liver SBRT after TACE, Kawahara D, Ozawa S, Saito A, Nakashima T, Ohno Y, Sumida H, Nagata Y, AAPM 60th Annual Meeting & Exhibition, 2018年, 通常, 英語
  68. 不均質ファントムを使用した小照射野線量検証の多施設共同研究に向けて, 河原大輔, 津田信太朗、中野永、藤井康志、小野薫、中尾稔、芝栄志、工藤剛吏、羽原幸作、木村洋司, 第14回中国四国放射線医療技術フォーラム, 2018年, 通常, 日本語
  69. Let's enjoy English! 〜案ずるより産むが易し〜, 河原大輔, 2018年, 招待, 日本語
  70. Title Influence of beam quality and absorbed dose by changing tube voltage and bowtie filter in DECT, 豊田高稔, 河原大輔、横町和志、藤岡知加子、西丸英治、木口雅夫、粟井和夫, 2019 年度 大韓放射線科学会春季学術大会, 2019年04月01日, 通常, 英語
  71. Energy spectrum and dose enhancement due to the depth of the Lipiodol position using flattened and unflattened beams, Kawahara D, Ozawa S, Tanaka S, Yokomachi K, Higaki T, Fujioka C, Saito A, Suzuki T, Tsuneda M, Nakashima T, Ohno Y, Sumida H, Nagata Y, The 18th Asia-Oceania Congress of Medical Physics, 2018年, 通常, 英語
  72. Dual energy CTにおける管電圧、ボウタイフィルタが線質及び線量に及ぼす影響, 豊田高稔, 河原大輔、横町和志、藤岡知加子、西丸英治、木口雅夫、隅田博臣、粟井和夫, 第14回中四国放射線医療技術フォーラム (CSFRT2018), 2018年, 通常, 日本語
  73. FFFを用いた体幹部定位VMAT における呼吸性移動による線量変化の基礎的検討, 増田弘和, 河原大輔,中島健雄,相田雅道,越智悠介,日置一成,大野吉美,隅田博臣,永田靖, 第14回中四国放射線医療技術フォーラム, 2018年, 通常, 日本語
  74. Dual energy CTにおける管電圧、ボウタイフィルタが線質及び線量に及ぼす影響, Toyoda T, Kawahara D, Yokomachi K, Nishimaru E, Kiguchi M, Awai K, 広島県診療放射線技師会 平成30年度第3回研修会, 2019年01月13日, 通常, 日本語
  75. 前立腺癌の放射線治療におけるbiological dosimetric marginの検討, 坪内健人, 河原大輔、中島健雄、相田雅道、津田信太朗、越智悠介、奥村拓朗、増田弘和、日置 一成、大野吉美、隅田博臣、永田靖, 第14回中四国放射線医療技術フォーラム, 2018年, 通常, 日本語
  76. Intensity Modulated Radiation Therapy QA, Kawahara D, HICARE/IAEA International Training Course on Advanced Radiation Therapy (IAEA-RCA Regional Training Course), 2019年02月20日, 招待, 英語
  77. Stereotactic Body Radiation Therapy, Kawahara D, HICARE/IAEA International Training Course on Advanced Radiation Therapy (IAEA-RCA Regional Training Course), 2019年02月21日, 招待, 英語
  78. 前立腺癌の放射線治療において線量分割の違いが直腸の線量の堅牢性に与える影響の検討, 坪内健人, 河原大輔、中島健雄、相田雅道、津田信太朗、越智悠介、奥村拓朗、増田弘和、日置 一成、松下矩正、大野吉美、隅田博臣、永田靖, 第32回 日本放射線腫瘍学会 高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年04月16日, 通常, 日本語
  79. 高精度リニアック体幹部定位の実際 –VARIAN装置–, 河原大輔, 第78回日本放射線技術学会総会放射線治療部会, 2019年04月17日, 招待, 日本語
  80. A margin for fractionation effects in stereotactic radiation therapy, Kawahara D, Ozawa S, Saito A, Tsubouchi K, Kimura T, Murakami Y, Nagata Y, 第78回日本放射線技術学会総会, 2019年04月16日, 通常, 日本語
  81. Optimization of irradiation interval for fractionated stereotactic radiosurgery by an improved cellular automata model, Kawahara D, WU L, Nagata Y, Watanabe Y, AAPM 60th Annual Meeting & Exhibition, 2019年04月18日, 通常, 英語
  82. Image Synthesis in Multi-Contrast MRI with Deep Convolutional Generative Adversarial Networks, Kawahara D, Ozawa S, Saito S, Miki K, Kimura T, Murakami Y, Nagata Y, AAPM 61th Annual Meeting & Exhibition, 2019年04月18日, 通常, 英語
  83. Predicting the local control of brain metastatic tumor after Gamma Knife radiosurgery from the treatment planning image of tumor by machine learning-based radiomic, Kawahara D, Watanabe Y, Nagata Y, ASTRO 61th Annual Meeting & Exhibition, 2019年04月18日, 通常, 英語

受賞

  1. 2015年05月25日, 15th International Congress of Radiation Research, ICRR, Evaluation of beam modeling for small field using flattening filter free beam
  2. 2015年05月25日, Young Investigation Travel Award (ICRR2015), ICRR
  3. 2016年11月, 広島大学長表彰, 広島大学
  4. 2018年04月16日, 平成29年度日本放射線技術学会表彰:研究奨励賞・技術新人賞(治療分野), 日本放射線技術学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. Varian Research Grant, Predicting treatment response for esophagus cancer after radiosurgery from the radiomics analysis, pathological, and blood data by machine learning, 2020年04月01日, 2022年03月31日
  2. 科学研究費(基盤研究B), 局所進行非小細胞肺癌に対する肺機能画像を用いたオーダーメイド放射線治療法の開発, 2020年04月01日, 2024年03月31日
  3. 科学研究費, 頭頸部癌における人工知能を用いた内視鏡と経口超音波による超高精度診断モデルの開発, 2020年04月01日, 2023年03月31日
  4. 科学研究費, 造影下低エネルギーX線照射による被ばく線量定量化及び新規放射線治療法実現性の検討, 2020年04月01日, 2023年03月31日
  5. がん研究振興財団研究費一般課題B, 2015年, 2015年
  6. がん研究振興財団研究費一般課題B, Dual Energy CTを使用した造影剤濃度分布決定法と線量計算システムの構築, 2016年, 2016年
  7. 平成28年度研究助成金
  8. 科学研究費(若手研究B), Dual Energy CTを使用した造影剤特定及び線量計算システムの構築, 2015年, 2018年
  9. ICMP2016研究成果報告奨励金, 2016年, 2016年
  10. がん研究振興財団研究費一般課題B, 2017年, 2017年
  11. 平成30年度国外短期留学助成金, 2018年, 2018年
  12. 研究助成金, 2018年, 2018年

社会活動

委員会等委員歴

  1. JCOG医学物理, 2020年04月01日, JCOG医学物理ワーキンググループ
  2. 日本放射線医学物理士会教育コース認定委員会, 2020年04月01日, 日本放射線医学物理士会
  3. 国立大学技師会学術サミット委員, 2018年
  4. 非常勤職員, 2019年04月, 2020年03月, 市立三次中央病院
  5. 非常勤職員, 2020年04月, 2021年03月, 市立三次中央病院

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, Radiological Physics and Technology, 編集員, Reviewer, 2
  2. 2018年, Radiological Physics and Technology, 編集員, Reviewer, 2