中里 亮太RYOTA NAKAZATO

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教
メールアドレス
nakazatohiroshima-u.ac.jp
自己紹介
「時計遺伝子に関する解剖学及び発生学研究」をテーマに研究を行っています。  睡眠と覚醒など、多くの生命現象は約24時間周期のリズムを刻むことが知られており、いわゆる「体内時計」の部品となるのが『時計遺伝子』です。本テーマでは、時計遺伝子の機能や役割を解剖学および発生学の観点から解き明かし、生命現象の理解を目指します。  また、教育分野では人体解剖学、人体発生学を担当し、未来の医療従事者や研究者の育成に貢献することを目指します。

基本情報

主な職歴

  • 2019年.7月, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 助教
  • 2019年.4月, 2019年.6月, 岡山大学, 研究員
  • 2018年.1月, 2019年.3月, 大阪大学, 特任助教
  • 2016年.5月, 2018年.9月, 金沢大学がん進展制御研究所, 助教
  • 2015年.4月, 2016年.4月, 金沢大学がん進展制御研究所, 博士研究員
  • 2012年.4月, 2015年.3月, 日本学術振興会, 特別研究員

学歴

  • 金沢大学大学院, 医薬保健学総合研究科, 博士後期課程、創薬科学専攻, 日本, 2012年.4月, 2015年.3月
  • 金沢大学大学院, 医系科学研究科, 博士前期課程、創薬科学専攻, 日本, 2010年.4月, 2012年.3月
  • 金沢大学, 薬学部, 創薬科学科, 日本, 2006年.4月, 2010年.3月

学位

  • 修士(創薬科学) (金沢大学)
  • 博士(創薬科学) (金沢大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム
  • 生命科学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学
  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)

研究キーワード

  • 時計遺伝子
  • 繊毛
  • 細胞外小胞

所属学会

  • 日本薬理学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本癌学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 4ターム, 人間理解のための人体解剖学II[1医医,1薬 ,1歯]
  2. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 人体構造学
  3. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  4. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  7. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  8. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  9. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  10. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 人体の構造
  12. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 解剖学及び発生生物学特別演習
  13. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 解剖学及び発生生物学特別演習
  14. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 解剖学及び発生生物学特別研究
  15. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 解剖学及び発生生物学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A pair of primers facing at the double-strand break site enables to detect NHEJ-mediated indel mutations at a 1-bp resolution, SCIENTIFIC REPORTS, 12巻, 1号, 20220708
  2. A negative feedback loop between JNK-associated leucine zipper protein and TGF-β1 regulates kidney fibrosis, Communications Biology, 3巻, 288号, 20200605
  3. Inhibition of the glutamine transporter SNAT1 confers neuroprotection in mice by modulating the mTOR-autophagy system, Communications Biology, 2巻, 346号, 20190918
  4. 線毛由来小胞の放出機構と機能, 腎と透析, 87巻, 5号, pp. 692-696, 201911
  5. 体内時計が血液脳関門の維持に重要, Medical Science Digest 2018年 10月号, 44巻, 11号, pp. 11-14, 20181025
  6. JLP-JNK signaling protects cancer cells from reactive oxygen species-induced cell death., Biochemical and biophysical research communications, 501巻, 3号, pp. 724-730, 2018
  7. Selective upregulation of Per1 mRNA expression by ATP through activation of P2X7 purinergic receptors expressed in microglial cells., Journal of pharmacological sciences, 116巻, 4号, pp. 350-361, 2011
  8. Requirement of both NR3A and NR3B subunits for dominant negative properties on Ca2+ mobilization mediated by acquired N-methyl-D-aspartate receptor channels into mitochondria., Neurochemistry international, 57巻, 7号, pp. 730-737, 2010
  9. Gradual downregulation of protein expression of the partner GABA(B)R2 subunit during postnatal brain development in mice defective of GABA(B)R1 subunit., Journal of pharmacological sciences, 115巻, 1号, pp. 45-55, 2011
  10. Exacerbated vulnerability to oxidative stress in astrocytic C6 glioma cells with stable overexpression of the glutamine transporter slc38a1., Neurochemistry international, 58巻, 4号, pp. 504-511, 2011
  11. A possible pivotal role of mitochondrial free calcium in neurotoxicity mediated by N-methyl-d-aspartate receptors in cultured rat hippocampal neurons., Neurochemistry international, 59巻, 1号, pp. 10-20, 2011
  12. Selective downregulation of N-methyl-D-aspartate receptor (NMDAR) rather than non-NMDAR subunits in ipsilateral cerebral hemispheres in rats with middle cerebral artery occlusion., Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology, 31巻, 4号, pp. 187-194, 2011
  13. Possible involvement of mitochondrial uncoupling protein-2 in cytotoxicity mediated by acquired N-methyl-D-aspartate receptor channels., Neurochemistry international, 61巻, 4号, pp. 498-505, 2012
  14. Possible neuroprotective property of nicotinic acetylcholine receptors in association with predominant upregulation of glial cell line-derived neurotrophic factor in astrocytes., Journal of neuroscience research, 90巻, 11号, pp. 2074-2085, 2012
  15. Promoted neuronal differentiation after activation of alpha4/beta2 nicotinic acetylcholine receptors in undifferentiated neural progenitors., PloS one, 7巻, 10号, pp. e46177, 2012
  16. An analysis of skeletal development in osteoblast-specific and chondrocyte-specific runt-related transcription factor-2 (Runx2) knockout mice., Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research, 28巻, 10号, pp. 2064-2069, 2013
  17. Selective inhibition by ethanol of mitochondrial calcium influx mediated by uncoupling protein-2 in relation to N-methyl-D-aspartate cytotoxicity in cultured neurons., PloS one, 8巻, 7号, pp. e69718, 2013
  18. Constitutive and functional expression of runt-related transcription factor-2 by microglial cells., Neurochemistry international, 74巻, pp. 24-35, 2014
  19. Upregulation of Runt-Related Transcription Factor-2 Through CCAAT Enhancer Binding Protein-β Signaling Pathway in Microglial BV-2 Cells Exposed to ATP., Journal of cellular physiology, 230巻, 10号, pp. 2510-2521, 2015
  20. Daily oral intake of theanine prevents the decline of 5-bromo-2'-deoxyuridine incorporation in hippocampal dentate gyrus with concomitant alleviation of behavioral abnormalities in adult mice with severe traumatic stress., Journal of pharmacological sciences, 127巻, 3号, pp. 292-297, 2015
  21. Upregulation of Slc38a1 Gene Along with Promotion of Neurosphere Growth and Subsequent Neuronal Specification in Undifferentiated Neural Progenitor Cells Exposed to Theanine., Neurochemical research, 41巻, 1-2号, pp. 5-15, 2016
  22. Critical role of JSAP1 and JLP in axonal transport in the cerebellar Purkinje cells of mice., FEBS letters, 589巻, 19 Pt B号, pp. 2805-2811, 2015
  23. Genetic analysis of Runx2 function during intramembranous ossification., Development (Cambridge, England), 143巻, 2号, pp. 211-218, 2016
  24. ★, The intrinsic microglial clock system regulates interleukin-6 expression., Glia, 65巻, 1号, pp. 198-208, 2017
  25. Bone Resorption Is Regulated by Circadian Clock in Osteoblasts., Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research, 32巻, 4号, pp. 872-881, 2017
  26. Scaffold protein JLP mediates TCR-initiated CD4+T cell activation and CD154 expression., Molecular immunology, 87巻, pp. 258-266, 2017
  27. Critical role of glioma-associated oncogene homolog 1 in maintaining invasive and mesenchymal-like properties of melanoma cells., Cancer science, 108巻, 8号, pp. 1602-1611, 2017
  28. ★, Disruption of Bmal1 Impairs Blood-Brain Barrier Integrity via Pericyte Dysfunction., The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 37巻, 42号, pp. 10052-10062, 2017
  29. Possible activation by the green tea amino acid theanine of mammalian target of rapamycin signaling in undifferentiated neural progenitor cells in vitro., Biochemistry and biophysics reports, 5巻, pp. 89-95, 2016

著書等出版物

  1. EVs 細胞外小胞の生物学, 細胞外小胞と一次繊毛の最新知見ー繊毛による受信、繊毛からの放出、そして線毛を介した発射, 羊土社, 2021年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 中里亮太、池上浩司
  2. 2019年11月01日, 実験医学(増刊) 脳の半分を占めるグリア細胞 脳と心と体をつなぐ❝膠❞, ペリサイト機能欠損による血液脳関門の破綻, 羊土社, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 中里亮太、山田大祐、宝田剛志

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 概日リズムにおける一次線毛の解析, 中里亮太、松田悠生、池上浩司, 第127回日本解剖学会全国学術集会, 2022年03月28日, 通常, 日本語
  2. 時計遺伝子による一次線毛の形態制御, 中里亮太、松田 悠生、池上浩司, 第75回 日本解剖学会中国・四国支部学術集会, 2021年10月30日, 通常, 日本語
  3. 高浸透圧ショックによる一次繊毛の形態変化, 大谷拓史, 中里亮太, 池上浩司, 第73回日本細胞生物学会大会, 2021年07月02日, 通常, 日本語
  4. ペリサイトによる血液脳関門の機能制御と時計遺伝子の関係性, 中里亮太, 宝田剛志, 第11回トランスポーター研究会九州部会, 2019年11月23日, 招待, 日本語, 鹿児島, 実験データ
  5. 染色体分配制御におけるJSAPの機能解析, 中里亮太、Jambaldorj Boldbaatar、Dewi Yuliana、鈴木隆介、善岡克次, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月06日, 通常, 日本語, 神戸
  6. 細胞分裂制御機構およびがんにおけるJSAPの役割, 中里亮太、善岡克次, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 横浜
  7. 足場タンパク質JSAPによる細胞分裂制御機構, 中里亮太、佐藤時春、善岡克次, BMB2015, 2015年12月01日, 通常, 日本語, 神戸
  8. ミクログリア細胞における骨形成マスターレギュレーターRunx2の機能解析, 中里亮太、宝田剛志、米田幸雄, 第57回日本神経化学会大会, 2014年09月29日, 通常, 日本語, 奈良
  9. ミクログリア細胞に発現する時計遺伝子の機能解析, 中里亮太、中村早希、宝田剛志、程肇、檜井栄一、米田幸雄, 第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月24日, 通常, 日本語, 和歌山
  10. Proliferation and differentiation of neural progenitors exposed to nicotine, Ryota Nakazato, Takeshi Takarada and Yukio Yoneda, ISAM 2014, 2014年10月03日, 通常, 英語, Yokohama, Japan
  11. 骨制御因子Runx2のミクログリア細胞における機能, 中里亮太、宝田剛志、米田幸雄, 第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年06月20日, 通常, 日本語
  12. ミクログリア細胞に発現する骨制御因子Runx2の機能, 中里亮太、宝田剛志、米田幸雄, 第87回日本薬理学会薬理学会年会, 2014年03月19日, 通常, 日本語, 仙台
  13. ミクログリア細胞のP2X7受容体活性化を介するRunx2発現上昇, 中里亮太、宝田剛志、米田幸雄, Neuro2013, 2013年06月20日, 通常, 日本語, 京都
  14. Upregulation by ATP of Runx2 expression in microglial cells, Nakazato R., Takarada T., Yoneda Y., 24th Meeting of the International Society for Neurochemistry, 2013年04月20日, 通常, 英語, Cancun (Mexico)
  15. ミクログリア細胞におけるATP応答性Runx2発現上昇機構の解明, 中里亮太、宝田剛志、米田幸雄, 日本薬学会北陸支部第124回例会, 2012年11月08日, 通常, 日本語
  16. Expression of runt related transcription factor-2 in microglial cells, Ryota Nakazato, Takeshi Takarada and Yukio Yoneda, 11th Biennial Meeting of APSN and 55th Meeting of JSN, 2012年10月02日, 通常, 英語, Kobe, Japan

受賞

  1. 2012年10月02日, Best Student Poster Presentation Award 2012 11 th Biennial Meeting of APSN and 55th Meeting of JSN, アジア太平洋神経化学会
  2. 2012年11月08日, 日本薬学会北陸支部第124回例会 学生優秀発表賞, 日本薬学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 若手研究, 時計遺伝子による新細胞間コミュニケーションの制御メカニズムと生理機能の解明, 2020年, 2022年
  2. 若手研究(B), JSAPによる染色体分配制御とその破綻がもたらすがんの発生・悪性化の分子機構, 2017年, 2018年
  3. 研究活動スタート支援, 足場タンパク質JSAPによる細胞のがん化と細胞分裂制御機構, 2015年, 2017年
  4. 特別研究員奨励費, 脳内ミクログリア細胞に発現する骨関連遺伝子の機能解析, 2012年, 2015年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2022年05月, 2022年10月, 広島県立三次看護専門学校