中島 拓TAKU NAKASHIMA

Last Updated :2022/10/03

所属・職名
病院(医) 助教
ホームページ
メールアドレス
tnakahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 広島大学病院医学部中央研究棟2階
TEL:082-257-5196
自己紹介
マウス疾患モデルを用いて大学院生と共に、肺線維症、間質性肺疾患、組織幹細胞、骨髄細胞、肺癌、肺障害に関する基礎研究、臨床研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2001年04月01日, 2003年03月31日, 国家公務員共済組合連合会, 呉共済病院 内科, 研修医
  • 2003年04月01日, 2004年06月30日, 広島大学, 医学部付属病院 呼吸器内科, 医員
  • 2007年04月01日, 2009年03月31日, 広島鉄道病院, 呼吸器内科, 医長
  • 2009年04月01日, 2010年03月31日, 県立広島病院, 呼吸器内科, 副部長
  • 2010年04月01日, 2012年06月30日, ミシガン大学, 病理部門, 博士研究員(ポスドク)
  • 2012年07月01日, 2012年11月30日, 広島大学, 病院 集中治療部, 助教
  • 2012年12月01日, 広島大学, 病院 呼吸器内科, 助教
  • 2017年10月01日, 広島大学病院, 呼吸器内科, 診療講師

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 展開医科学専攻, 日本, 2003年04月, 2008年05月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1995年04月, 2001年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 呼吸器内科学

研究キーワード

  • 肺線維症、間質性肺疾患、組織幹細胞、骨髄細胞、肺癌、肺障害

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学I
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  4. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Suppressor of cytokine signaling1 inhibits pulmonary inflammation and fibrosis, J Allergy Clin Immun, 121巻, 5号, pp. 1269-1276, 20080201
  2. IL-12p40 is essential for the down-regulation of airway hyperresponsiveness in a mouse model of bronchial asthma with prolonged antigen exposure., Clin Exp Allergy, 20081101
  3. ★, Circulating KL-6/MUC1 as an independent predictor for disseminated intravascular coagulation in acute respiratory distress syndrome., J Intern Med, 263巻, 4号, pp. 432-439, 20080401
  4. Overproduction of collagen and diminished SOCS1 expression are causally linked in fibroblasts from idiopathic pulmonary fibrosis., Biochem Biophys Res Commun, 353巻, 4号, pp. 1004-1010, 20070201
  5. Nicergoline improves Dysphagia by upregulating substance p in the elderly, Medicine (Baltimore), 90巻, 4号, pp. 279-283, 20110701
  6. FIZZ2/RELM-β induction and role in pulmonary fibrosis, J Immunol 159, 187巻, 1号, pp. 450-461, 20110701
  7. Mesenchymal-specific deletion of C/EBPβ suppresses pulmonary fibrosis, Am J Pathol, 180巻, 6号, pp. 2257-2267, 20120601
  8. ★, Essential role of stem cell factor - c-Kit signalling pathway in bleomycin-induced pulmonary fibrosis, J Pathol, 230巻, 2号, pp. 205, 20130601
  9. ★, Lung Bone Marrow-Derived Hematopoietic Progenitor Cells Enhance Pulmonary Fibrosis, Am J Respir Crit Care Med, 20130901
  10. ★, Mucins Carrying Selectin Ligands as Predictive Biomarkers of Disseminated Intravascular Coagulation Complication in ARDS, CHEST, 139巻, 2号, pp. 296-304, 201102
  11. A systematic review and meta-analysis assessing adverse event profile and tolerability of nicergoline, BMJ OPEN, 4巻, 7号, 2014
  12. MT95-4, a fully humanized antibody raised against aminopeptidase N, reduces tumor progression in a mouse model, CANCER SCIENCE, 106巻, 7号, pp. 921-928, 201507
  13. Histological Quantification of Gene Silencing by Intratracheal Administration of Dry Powdered Small-Interfering RNA/Chitosan Complexes in the Murine Lung, PHARMACEUTICAL RESEARCH, 32巻, 12号, pp. 3877-3885, 201512
  14. Inhibition of Plasminogen Activator Inhibitor-1 Attenuates Transforming Growth Factor-beta-Dependent Epithelial Mesenchymal Transition and Differentiation of Fibroblasts to Myofibroblasts, PLOS ONE, 11巻, 2号, 20160209
  15. Comparative Study of Circulating MMP-7, CCL18, KL-6, SP-A, and SP-D as Disease Markers of Idiopathic Pulmonary Fibrosis, DISEASE MARKERS, 2016
  16. Bone Marrow CD11c(+) Cell-Derived Amphiregulin Promotes Pulmonary Fibrosis, JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 197巻, 1号, pp. 303-312, 20160701
  17. Clinically remitted childhood asthma is associated with airflow obstruction in middle-aged adults, RESPIROLOGY, 22巻, 1号, pp. 86-92, 201701
  18. ★, Suplatast tosilate protects the lung against hyperoxic lung injury by scavenging hydroxyl radicals, FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 106巻, pp. 1-9, 201705
  19. Chronic hepatitis C virus infection is associated with more severe asthma., Allergol Int, 60巻, 3号, pp. 299-304, 201109
  20. Chronic Intestinal Pseudo-obstruction and Orthostatic Hypotension Associated with Small Cell Lung Cancer that Improved with Tumor Reduction after Chemoradiotherapy, INTERNAL MEDICINE, 56巻, 19号, pp. 2627-2631, 2017
  21. AGER rs2070600 polymorphism elevates neutrophil-lymphocyte ratio and mortality in metastatic lung adenocarcinoma, ONCOTARGET, 8巻, 55号, pp. 94382-94392, 20171107
  22. Additional Octreotide Therapy to Sirolimus Achieved a Decrease in Sirolimus-refractory Chylous Effusion Complicated with Lymphangioleiomyomatosis, INTERNAL MEDICINE, 56巻, 24号, pp. 3327-3331, 2017
  23. The extent of ground-glass attenuation is a risk factor of chemotherapy-related exacerbation of interstitial lung disease in patients with non-small cell lung cancer, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 81巻, 1号, pp. 131-139, 201801
  24. Nivolumab-induced severe pancytopenia in a patient with lung adenocarcinoma, LUNG CANCER, 119巻, pp. 21-24, 201805
  25. ★, Aminopeptidase N/CD13 as a potential therapeutic target in malignant pleural mesothelioma, EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL, 51巻, 5号, 20180501
  26. 重症難治性気管支喘息に対する気管支サーモプラスティ, 広島医学, 70巻, pp. 291-292
  27. 放射線治療によって改善を認めた肺腺癌の下垂体転移を原因とする中枢性尿崩症の1 例, 癌と化学療法, 44巻, pp. 513-516
  28. Bevacizumab with Single-agent Chemotherapy in Previously Treated Non-squamous Non-small-cell Lung Cancer: Phase II Study, IN VIVO, 32巻, 5号, pp. 1155-1160, SEP-OCT 2018
  29. Intratracheal Administration of siRNA Dry Powder Targeting Vascular Endothelial Growth Factor Inhibits Lung Tumor Growth in Mice, MOLECULAR THERAPY-NUCLEIC ACIDS, 12巻, pp. 698-706, SEP 7 2018
  30. Plasminogen activator inhibitor-1 serves an important role in radiation-induced pulmonary fibrosis, EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE, 16巻, 4号, pp. 3070-3076, OCT 2018
  31. Alternate-day administration of S-1 for elderly patients with advanced non-small-cell lung carcinoma: A prospective feasibility study, MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY, 9巻, 5号, pp. 539-544, 201811
  32. Serial measurements of KL-6 for monitoring activity and recurrence of interstitial pneumonia with anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibody A retrospective cohort study, MEDICINE, 97巻, 49号, 201812
  33. Anti-KL-6/MUC1 monoclonal antibody reverses resistance to trastuzumab-mediated antibody-dependent cell-mediated cytotoxicity by capping MUC1, CANCER LETTERS, 442巻, pp. 31-39, 2019
  34. High preoperative C-reactive protein level is a risk factor for acute exacerbation of interstitial lung disease after non-pulmonary surgery, MEDICINE, 98巻, 5号, 201902
  35. Cerebral embolism during edoxaban administration for venous thromboembolism in a patient with lung adenocarcinoma A case report, MEDICINE, 98巻, 12号, 201903
  36. Inhibition of PAI-1 limits chemotherapy resistance in lung cancer through suppressing myofibroblast characteristics of cancer-associated fibroblasts, JOURNAL OF CELLULAR AND MOLECULAR MEDICINE, 23巻, 4号, pp. 2984-2994, 201904
  37. Performance Status Is a Risk Factor for Depression before the Diagnosis of Lung Cancer Patients, INTERNAL MEDICINE, 58巻, 7号, pp. 915-920, 2019
  38. Photochemical generation of the 2,2,6,6-tetramethylpiperidine-1-oxyl (TEMPO) radical from caged nitroxides by near-infrared two-photon irradiation and its cytocidal effect on lung cancer cells, BEILSTEIN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 15巻, pp. 863-873, 20190410
  39. Suplatast tosilate reduces radiation-induced lung injury in mice through suppression of oxidative stress, FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 136巻, pp. 52-59, 20190520
  40. Comparison of anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibody-related and idiopathic non-specific interstitial pneumonia, RESPIRATORY MEDICINE, 152巻, pp. 44-50, 201906
  41. Pre-existing interstitial lung abnormalities are risk factors for immune checkpoint inhibitor-induced interstitial lung disease in non-small cell lung cancer, RESPIRATORY INVESTIGATION, 57巻, 5号, pp. 451-459, 201909
  42. C-C Motif Chemokine Ligand 15 May Be a Useful Biomarker for Predicting the Prognosis of Patients with Chronic Hypersensitivity Pneumonitis, RESPIRATION, 98巻, 3号, pp. 212-220, 201909
  43. Chemotherapy-associated Acute Exacerbation of Interstitial Lung Disease Shortens Survival Especially in Small Cell Lung Cancer, ANTICANCER RESEARCH, 39巻, 10号, pp. 5725-5731, 201910
  44. ★, Role of B7H3/IL-33 Signaling in Pulmonary Fibrosis-induced Profibrogenic Alterations in Bone Marrow, AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE, 200巻, 8号, pp. 1032-1044, 20191015
  45. Non-small Cell Lung Cancer Treated by an Anti-programmed Cell Death-1 Antibody without a Flare-up of Preexisting Granulomatosis with Polyangiitis, INTERNAL MEDICINE, 58巻, 21号, pp. 3129-3132, 2019
  46. Albumin-globulin ratio is a predictive biomarker of antitumor effect of anti-PD-1 antibody in patients with non-small cell lung cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 25巻, 1号, pp. 74-81, 202001
  47. Albumin-globulin ratio is a predictive biomarker of antitumor effect of anti-PD-1 antibody in patients with non-small cell lung cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 25巻, 1号, pp. 74-81, 202001
  48. Treatment rationale and design of the PROLONG study: safety and efficacy of pembrolizumab as first-line therapy for elderly patients with non-small cell lung cancer, JOURNAL OF THORACIC DISEASE, 12巻, 3号, pp. 1079-1084, 202003
  49. Serum high-mobility group box 1 is associated with the onset and severity of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIROLOGY, 25巻, 3号, pp. 275-280, 202003
  50. Reduced endogenous secretory RAGE in blood and bronchoalveolar lavage fluid is associated with poor prognosis in idiopathic pulmonary fibrosis, RESPIRATORY RESEARCH, 21巻, 1号, 20200611
  51. 特徴的なCT所見を呈した気管支閉鎖症の1例, 広島医学, 72巻, 2019
  52. Serum high-mobility group box 1 as a predictive marker for cytotoxic chemotherapy-induced lung injury in patients with lung cancer and interstitial lung disease, RESPIRATORY MEDICINE, 172巻, 202010
  53. Extent of pulmonary fibrosis on high-resolution computed tomography is a prognostic factor in patients with pleuroparenchymal fibroelastosis, RESPIRATORY INVESTIGATION, 58巻, 6号, pp. 465-472, 202011
  54. Coexisting TIF1 gamma-positive Primary Pulmonary Lymphoepithelioma-like Carcinoma and Anti-TIF1 gamma Antibody-positive Dermatomyositis, INTERNAL MEDICINE, 59巻, 20号, pp. 2553-2558, 2020
  55. Association of Preexisting Interstitial Lung Abnormalities With Immune Checkpoint Inhibitor-Induced Interstitial Lung Disease Among Patients With Nonlung Cancers, JAMA NETWORK OPEN, 3巻, 11号, 20201112
  56. Clinical significance of BIM deletion polymorphism in chemoradiotherapy for non-small cell lung cancer, CANCER SCIENCE, 112巻, 1号, pp. 369-379, 202101
  57. Correlations of forced oscillometric bronchodilator response with airway inflammation and disease duration in asthma, CLINICAL RESPIRATORY JOURNAL, 15巻, 1号, pp. 48-55, 202101
  58. Two Cases of Cranial Nerve Metastasis Treated with Radiotherapy and Chemotherapy in Patients with Lung Adenocarcinoma, CASE REPORTS IN ONCOLOGY, 13巻, 3号, pp. 1495-1500, 2020
  59. Alectinib-induced Immune Hemolytic Anemia in a Patient with Lung Adenocarcinoma, INTERNAL MEDICINE, 60巻, 4号, pp. 611-615, 2021
  60. Concomitant emphysema might increase the false-negative rate of urinary antigen tests in patients with pneumococcal pneumonia: results from a retrospective study, EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY & INFECTIOUS DISEASES, 40巻, 4号, pp. 871-877, 202104
  61. Autoantibody Positivity Is a Risk Factor for Chemotherapy-induced Exacerbation of Interstitial Pneumonia in Lung Cancer, ANTICANCER RESEARCH, 41巻, 3号, pp. 1497-1506, 202103
  62. Pulmonary lymphangitic carcinomatosis from recurrent gastric cancer 19 years after primary resection: a case report, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 14巻, 2号, pp. 484-488, 202104
  63. Pulmonary arteriovenous malformation exhibiting recanalization >10 years after coil embolization Two case reports, MEDICINE, 99巻, 2号, 202001
  64. Prognostic Significance of EGFR Gene Mutation in Patients With EGFR Mutated Non-small Cell Lung Cancer Who Received Best Supportive Care Alone, ANTICANCER RESEARCH, 41巻, 5号, pp. 2661-2667, 202105
  65. Predictive role of circulatory HMGB1 in postoperative acute exacerbation of interstitial lung disease in lung cancer patients, SCIENTIFIC REPORTS, 11巻, 1号, 20210512
  66. Risk factors associated with increased discontinuation rate of trimethoprim-sulfamethoxazole used as a primary prophylaxis for Pneumocystis pneumonia: A retrospective cohort study, PULMONARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 67巻, 202104
  67. D-dimer can be a diagnostic marker for cisplatin-related aortic thrombosis A case report, MEDICINE, 100巻, 7号, 20210219
  68. A machine-learning based approach to quantify fine crackles in the diagnosis of interstitial pneumonia A proof-of-concept study, MEDICINE, 100巻, 7号, 20210219
  69. IL-18 binding protein can be a prognostic biomarker for idiopathic pulmonary fibrosis, PLOS ONE, 16巻, 6号, 20210604
  70. Quantitative parameters of lymphocyte nuclear morphology in bronchoalveolar lavage fluid as novel biomarkers for sarcoidosis, ORPHANET JOURNAL OF RARE DISEASES, 16巻, 1号, 20210703
  71. Prediction of radiation pneumonitis after definitive radiotherapy for locally advanced non-small cell lung cancer using multi-region radiomics analysis, SCIENTIFIC REPORTS, 11巻, 1号, 20210810

著書等出版物

  1. Acute Respiratory Distress Syndrome, Serum markers of ARDS: How can we know the severity and prognosis from the serum markers?, Springer Nature, 単行本(学術書), 共著, English, Nakashima T, Hattori N
  2. 2014年, Respiratory Medical Research, 間質性肺炎のバイオマーカー, 先端医学社, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 中島 拓,服部 登,河野修興
  3. 2014年, インフォームドコンセントのための図説シリーズ, びまん性肺疾患と特発性間質性肺炎, 特発性器質化肺炎 (COP), 医薬ジャーナル社, 2014年, 単行本(学術書), 共著
  4. 2014年, 呼吸器内科, 肺線維症と骨髄由来細胞, 科学評論社, 単行本(学術書), 単著
  5. 2016年12月15日, 特発性間質性肺炎診断と治療の手引き, 気管支肺胞洗浄 (BAL), 教科書, 共著, 2
  6. 2018年, 「ARDSのすべて」, ARDSの血清マーカー, 科学評論社, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 中島 拓,服部 登
  7. 2018年, 「間質性肺炎・肺線維症のトピックス」, 注目される新規バイオマーカー, 科学評論社, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 中島 拓,服部 登
  8. 2018年, 間質性肺炎・肺線維症と類縁疾患, 治療の目標と管理, 中山書店, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 中島 拓,服部 登
  9. 2018年, 今日の診断指針 第8版, 慢性好酸球性肺炎 (Chronic Eosinophilic Pneumonia), 医学書院, 2018年, 単行本(学術書), 単著, 中島 拓

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. サルコイドーシスの診断における小型円形リンパ球分画の有用性, 堀益靖,山口覚博,坂本信二郎,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第61回日本呼吸器学会学術講演会, 2021年04月23日, 通常, 日本語
  2. 特発性肺線維症におけるIL-18 binding proitenの有用性に関する検討, 中西雄,堀益靖,山口覚博,坂本信二郎,益田武,中島拓,宮本真太郎 岩本博志,大下慎一郎,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第61回日本呼吸器学会学術講演会, 2021年04月23日, 通常, 日本語
  3. 自己抗体陽性の間質性肺炎合併肺癌患者における化学療法による急性増悪の特徴の検討, 伊藤徳明,益田武,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖, 宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第61回日本呼吸器学会学術講演会, 2021年04月23日, 通常, 日本語
  4. Preserved Ratio Impaired Spirometryの臨床的特徴の検討, 三浦慎一朗,岩本博志,大森慶太郎,山口覚博, 坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓, 藤高一慶,濱田泰伸,横山彰仁,服部登, 第61回日本呼吸器学会学術講演会, 2021年04月23日, 通常, 日本語
  5. 間質性肺炎合併肺癌における肺切除後の間質性肺炎急性増悪発症予測因子としての血中sRAGEの有用性, 中尾聡志,山口覚博,鍵本篤志,半田良憲,坂本信二郎,堀益靖,益田武,見前隆洋,宮本真太郎,中島拓,津谷康大,岩本博志,藤高一慶,宮田義浩,濱田泰伸,岡田守人,服部登, 第61回日本呼吸器学会学術講演会, 2021年04月23日, 通常, 日本語
  6. マウス肺aldehyde dehydrogenase高発現細胞の抗線維化作用, 高橋広,中島拓,益田武,難波将史,坂本信二郎, 山口覚博,堀益靖,宮本真太郎,岩本博志,藤高一慶,濱田 泰伸,服部登, 第61回日本呼吸器学会学術講演会, 2021年04月23日, 通常, 日本語
  7. ニボルマブ投与中にPeritumoral infiltrationを認め,気管支鏡検査を施行したEGFR遺伝子変異陽性肺癌の1例, 野村晃生,山口 覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田 武, 宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,服部登, 第44回呼吸器内視鏡学会学術集会, 2021年06月24日, 通常, 日本語
  8. フェブキソスタットによる薬剤性肺障害と考えられた一例, 渡直和,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武, 宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,服部登, 第44回呼吸器内視鏡学会学術集会, 2021年06月24日, 通常, 日本語
  9. 気管支鏡検査が有用であった脳死両肺移植後に発症した続発性肺胞蛋白症の1例, 坂本信二郎,高橋達紀,山口覚博,堀益靖,益田武, 宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第44回呼吸器内視鏡学会学術集会, 2021年06月24日, 通常, 日本語
  10. 実臨床における喘息患者の吸入治療薬に対する嗜好性に関連する因子についての検討, 中西雄,岩本博志,中尾聡,檜垣直子,山口覚博, 坂本信二郎,堀益靖,益田武,松本奈穂子,中島拓, 宮本真太郎,大成洋二郎,藤高一慶,春田吉則,濱田泰伸,保澤総一郎,服部登, 第70回日本アレルギー学会学術大会, 2021年10月08日, 通常, 日本語
  11. 無血清培地で培養した間葉系幹細胞を用いたブレオマイシン肺線維症に対する治療効果, 高尾俊,中島拓,益田武,難波将史,坂本信二郎,中島歩,服部登, 第30回Pneumo Forum, 2021年10月30日, 通常, 日本語
  12. MET遺伝子変異陽性非小細胞肺癌のCT所見の特徴, 渡直和,山口覚博,寺田大晃,坂本信二郎,西村好史,堀益靖,益田武,濵井宏介,益田健,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,庄田浩康,石川暢久,藤高一慶,宮﨑こずえ,宮田義浩,濱田泰伸,粟井和夫,服部登, 第62回日本肺癌学会学術集会, 2021年11月26日, 通常, 日本語
  13. 免疫チェックポイント阻害薬による肺障害の発症を予測する血液マーカーとしてのHMGB1の有用性の検討, 棚橋弘貴,山口覚博,黒瀬浩史,坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤髙一慶,濱田泰伸,小賀徹,岡三喜男,服部登, 第62回日本肺癌学会学術集会, 2021年11月26日, 通常, 日本語
  14. 自己抗体陽性の間質性肺炎合併肺癌患者における化学療法による急性増悪の特徴の検討, 伊藤徳明,益田武,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖, 宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第62回日本肺癌学会学術集会, 2021年11月26日, 通常, 日本語
  15. PAI-1はEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌の EGFRチロシンキナーゼ阻害薬に対する 耐性獲得に関与する, 徳毛健太郎,益田武,難波将史,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,宮本真太郎 中島拓,岩博志,藤高一慶, 濱田泰伸,服部登, 第62回日本肺癌学会学術集会, 2021年11月26日, 通常, 日本語
  16. Predictive role of circulatory HMGB1 for radiation pneumonitis in patients with NSCLC treated with definitive thoracic radiotherapy, 磯山正子,山口覚博,今野伸樹,坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,永田靖,服部登, 第19回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2022年02月17日, 通常, 英語
  17. 関節リウマチの治療中に水痘・帯状疱疹ウイルスによる肺炎と髄膜炎を発症した1例, 東野諒,伊藤徳明,益田武,堀益靖,宮本真太郎, 中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第118回日本内科学会総会・講演会, 2021年04月10日, 通常, 日本語
  18. Mesenchymal stem cells cultured in serum-free medium suppress murine bleomycin-induced pulmonary fibrosis by enhancing regulatory T cell induction, Takao S, Nakashima T, Masuda T, Namba M, Sakamoto S, Yamaguchi K, Horimasu Y, Miyamoto S, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Nakashima A, Hattori N, 2021年11月20日, 通常, 英語
  19. 肺線維症マウスにおける骨髄性質の変化, 中島拓, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 招待, 日本語, 日本呼吸器学会, 名古屋
  20. 留学のすすめ/留学を考えているヒトへの処方箋, 中島拓, 第58回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2017年10月28日, 招待, 日本語
  21. 肺線維症と骨髄由来細胞, 中島 拓, 日本呼吸器学会学術講演会, 2013年04月19日, 招待, 日本語, 日本呼吸器学会, 東京,日本
  22. Association between glucose intolerance and chemotherapy-induced lung injury in lung cancer with interstitial pneumonia, Otani T, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2021年02月18日, 通常, 英語
  23. Association of Pre-Existing Interstitial Lung Abnormalities with Immune Checkpoint Inhibitor-Induced Interstitial Lung Disease Among Patients with Non-Lung Cancers, Shimoji K, Masuda T, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Nakashima T, MiyamotoS, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Takeno S, Hide M, Teishima J, Ohdan H, Hattori N., 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2021年02月18日, 通常, 英語
  24. 間質性肺炎合併肺癌における化学療法による間質性肺炎急性増悪発症予測因子としての血中HMGB1・sRAGEの有用性, 中尾聡志, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第61回日本肺癌学会学術総会, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  25. NLRとAGRを用いたNSCLCに対するimmune checkpoint inhibitorの効果予測因子の検討, 中西雄, 益田武, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 見前隆洋, 中島拓, 宮本真太郎, 津谷康大, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 宮田義浩, 岡田守人, 服部登, 第61回日本肺癌学会学術総会, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  26. BIM遺伝子欠失多型を有する非小細胞肺癌患者では化学放射線療法の効果が減弱する, 若林優, 益田武, 下地清史, 山口覚博, 坂本信二郎, 西村好史, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第61回日本肺癌学会学術総会, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  27. PAI-1はEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌のチロシンキナーゼ阻害薬に対する耐性獲得に関与する, 徳毛健太郎, 益田武, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第61回日本肺癌学会学術総会, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  28. EGFR遺伝子変異はBSC患者の予後因子となるのか?-EGFR遺伝子変異陽性NSCLCにおける検討, 益田武, 若林優, 下地清史, 山口覚博, 坂本信二郎, 西村好史,宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第61回日本肺癌学会学術総会, 2020年11月12日, 通常, 日本語
  29. 肺炎球菌尿中抗原偽陰性に関わる患者側背景因子の検討, 小林英里佳, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  30. 呼吸器疾患を有する患者におけるST合剤0.5錠連日投与のニューモシスチス肺炎予防効果 単施設後方視的検, 大谷俊人, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 平田信太郎, 藤高一慶, 濱田泰伸, 杉山英二, 服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  31. 間質性肺炎合併肺癌における間質性肺炎急性増悪の発症予測としてのCRP/Alb比の有用性に関する検討, 中尾聡志, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登., 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  32. 肺炎患者における呼吸音定量化の試み, 堀益靖, 大下慎一郎, 菊谷知也, 棚橋弘貴, 松本悠, 中尾聡志, 山口覚博, 坂本信二郎, 益田武, 中島拓, 宮本真太郎, 岩本博志, 藤高一慶, 貞森拓磨, 志馬伸朗, 服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  33. 小児喘息の既往を有する成人の呼吸機能の経年変化に関する検討, 三浦慎一朗, 岩本博志,大森慶太郎,山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 藤高一慶, 濱田泰伸, 横山彰仁*,服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  34. HRCT所見における線維化の広がりはPleuroparenchymal Fibroelastosisの予後不良因子である, 難波将史, 益田武, 高尾俊, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  35. 当院におけるIPF患者に対する抗線維化薬の使用経験, 中西雄, 堀益靖, 山口覚博, 坂本信二郎, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第60回日本呼吸器学会学術講演会, 2020年09月20日, 通常, 日本語
  36. Decline of lung function in adults with a history of childhood asthma, Miura S, Iwamoto H, Omori K, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Fujitaka K, Hamada H, Yokoyama A, Hattori N., JSA/WAO Joint Congress 2020, 2020年09月17日, 通常, 英語
  37. Real-world study of prescription pattern of inhaled corticosteroids in adult asthma, Nakanishi Y, Iwamoto H, Nakao S, Higaki N, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Matsumoto N, Nakashima T, Miyamoto S, Onari Y, Fujitaka K, Haruta Y, Hamada H, Hozawa S, Hattori N., JSA/WAO Joint Congress 2020, 2020年09月17日, 通常, 英語
  38. Correlations of forced oscillometric bronchodilator response with airway inflammation and disease duration in asthma, Higaki N, Iwamoto H, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., JSA/WAO Joint Congress 2020, 2020年09月17日, 通常, 英語
  39. Pivotal role of the HMGB1/sRAGE axis in drug-induced lung injury in advanced lung cancer with pre-existing interstitial lung disease, Nakao S, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Ohshimo S, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., 30th International Congress of the European Respiratory Society, 2020年09月05日, 通常, 英語
  40. IL-18 binding protein can be a prognostic biomarker for idiopathic pulmonary fibrosis, Nakanishi Y, Horimasu Y, Yamaguchi K, Sakamoto S, Masuda T, Nakashima T, Miyamoto S, Iwamoto H, Ohshimo S, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N. , 30th International Congress of the European Respiratory Society, 2020年09月05日, 通常, 英語
  41. Reduced endogenous secretory RAGE in blood and bronchoalveolar lavage fluid is associated with poor prognosis in idiopathic pulmonary fibrosis, Yamaguchi K, Iwamoto H, Mazur W*, Miura S, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Ohshimo S, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., 30th International Congress of the European Respiratory Society, 2020年09月05日, 通常, 英語
  42. Increased fraction of small round lymphocyte in BALF is a diagnostic indicator for sarcoidosis, Horimasu Y, Yamaguchi K, Sakamoto S, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., 30th International Congress of the European Respiratory Society, 2020年09月05日, 通常, 英語
  43. 粟粒陰影を呈し、結核との鑑別に苦慮した播種性クリプトコッカス症の1症例, 小林英里佳, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2020年06月26日, 通常, 日本語
  44. 特発性肺線維症の急性増悪とBALFの細胞分画の関連についての検討, 大谷俊人,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2020年06月26日, 通常, 日本語
  45. 特発性肺線維症における急性増悪の発症予測と予後予測としてのBALF中のsRAGEの有用性に関する検討, 中尾聡志, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2020年06月26日, 通常, 日本語
  46. Fibrosing ILDとnon-fibrosing ILDにおける気管支肺胞洗浄液中M2型肺胞マクロファージ割合の比較検討, 高尾俊, 益田武, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 中島拓, 宮本真太郎, 岩本博志, 藤髙一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2020年06月26日, 通常, 日本語
  47. BALFの小型円形リンパ球分画はサルコイドーシスの診断に有用である, 堀益靖, 山口覚博, 坂本信二郎, 益田武, 中島拓, 宮本真太郎, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2020年06月26日, 通常, 日本語
  48. Pre-existing interstitial lung abnormalities are risk factors for immune checkpoint inhibitor-induced interstitial lung disease in non-NSCLC cancers., Shimoji K, Masuda T, Nakanishi Y, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Nakashima T, Miyamoto S, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., 2020 ASCO Annual Meeting, 2020年05月29日, 通常, 英語
  49. Clinical significance of BIM deletion polymorphism on chemoradiotherapy in patients with non-small cell lung cancer, Wakabayashi Y, Masuda T, Nakashima T, Fujitaka K, Yamaguchi K, Sakamoto S, Nishimura Y, Horimasu Y, Miyamoto S, Senoo T, IwamotoH, Ohshimo S, Hamada H, Hattori N., 2020 ASCO Annual Meeting, 2020年05月29日, 通常, 英語
  50. EGFR gene mutation is not a significant risk factor in patients with EGFR mutated non-small cell lung cancer who receive best supportive care alone, Masuda T, Wakabayashi Y, Shimoji K, Yamaguchi K, Sakamoto S, Nishimura Y, Horimasu Y, Nakashima T, Miyamoto S, Senoo T, Iwamoto H, Ohshimo S, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., 2020 ASCO Annual Meeting, 2020年05月29日, 通常, 英語
  51. ベンラリズマブが無効であった好酸球性副鼻腔炎合併喘息に対しデュピルマブが奏効した1例, 檜垣直子,岩本博志,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第2回日本アレルギー学会中国・四国地方会, 2020年03月07日, 通常, 日本語
  52. 当科における非小細胞肺癌に対する抗PD-1抗体の使用経験, 奥本穣, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第60回日本肺癌学会学術集会, 2019年12月06日, 通常, 日本語
  53. 非小細胞肺癌に対する化学放射線療法後のデュルバルマブ療法における間質性肺炎発症頻度とリスク因子の検討, 大道和佳子,益田武,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,中島拓,宮本真太郎,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 庄田浩康,高山裕介, 山﨑正弘,松本奈穂子., 第60回日本肺癌学会学術集会, 2019年12月06日, 通常, 日本語
  54. 非肺癌症例における抗PD-1抗体による薬剤性肺障害に対するリスク因子の検討, 下地清史,益田武,中西雄,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第60回日本肺癌学会学術集会, 2019年12月06日, 通常, 日本語
  55. PAI-1はEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌のチロシンキナーゼ阻害薬に対する耐性獲得に関与する, 徳毛健太郎,益田武,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第60回日本肺癌学会学術集会, 2019年12月06日, 通常, 日本語
  56. 複数のバイオマーカーを用いたNSCLCに対する immune checkpoint inhibitorの効果予測因子の検討, 中西雄, 益田武, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 見前隆洋, 中島拓, 宮本真太郎, 津谷康大, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 宮田義浩, 岡田守人, 服部登, 第60回日本肺癌学会学術集会, 2019年12月06日, 通常, 日本語
  57. Interstitial lung abnormalitiesの存在はPD-1/PD-L1阻害剤による肺障害に対するリスク因子となる, 益田武,中西雄,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第60回日本肺癌学会学術集会, 2019年12月06日, 通常, 日本語
  58. 重症の肺胞蛋白症による呼吸不全が気管支鏡を用いた区域洗浄により改善した1例, 高橋達紀,益田武,松本悠,山口覚博,坂本信二郎, 橋本香莉,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志, 藤高一慶,山崎正弘,濱田泰伸,服部登, 第62回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2019年11月23日, 通常, 日本語
  59. PVL産生株による 市中感染型MRSA肺炎の1例, 植田真智, 稲田修吾, 棚橋弘貴,益田武,山口覚博,坂本信二郎, 堀益靖,大森慶太郎,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤髙一慶,濱田泰伸,服部登, 第62回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2019年11月23日, 通常, 日本語
  60. Albumin-globulin ratio is a predictive biomarker of antitumor effect of anti-PD-1 antibody in patients with non-small cell lung cancer, Nakanishi Y, Masuda T, Sakamoto S, Yamaguchi K, Horimasu Y, Nakashima T, Miyamoto S, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., The 24th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology (APSR 2019), 2019年11月14日, 通常, 英語
  61. The incidence and risk factors for acute exacerbation of interstitial lung disease after non-pulmonary surgery, Takao S, Masuda T, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., The 24th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology (APSR 2019), 2019年11月14日, 通常, 英語
  62. Pre-existing interstitial lung abnormalities are risk factors for immune checkpoint inhibitor-induced interstitial lung disease in non-small cell lung cancer, Masuda T, Nakanishi Y, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., The 24th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology (APSR 2019), 2019年11月14日, 通常, 英語
  63. FOLFOX療法中に発症した薬剤性好酸球性肺炎の1例, 伊藤洋行, 奥本穣, 坂本信二郎, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 日本内科学会第121回中国地方会, 2019年10月05日, 通常, 日本語
  64. Clinical Utility of BALF CCL15 as a prognostic biomarker for Chronic Hypersensitivity Pneumonitis, Watanabe M,Horimasu Y, Iwamoto H, Yamaguchi K, Sakamoto S, Masuda T, Nakashima T, Miyamoto S, Ohshimo S, Fujitaka K, Hamada H, Kohno N, Hattori N., European Respiratory Society International Congress 2019, 2019年09月28日, 通常, 英語
  65. Serum high mobility group box 1 is associated with the onset and severity of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis, Yamaguchi K, Iwamoto H, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Ohshimo S, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N., European Respiratory Society International Congress 2019, 2019年09月28日, 通常, 英語
  66. Fine crackles quantitative value can help the diagnosis of interstitial lung diseases – Clinical utility of the innovative analyzing system of respiratory sounds, Horimasu Y, Ohshimo S, Yamaguchi K, Sakamoto S, Masuda T, Nakashima T, Miyamoto S, Iwamoto H, Sadamori T*, Fujitaka K, Hamada H, Shime N*, Hattori N., European Respiratory Society International Congress 2019, 2019年09月28日, 通常, 英語
  67. B7H3 / IL-33シグナルを介した肺線維症マウス骨髄の性質変化, 中島拓, Sem H. Phan, 服部登, 第22回間質性肺炎細胞分子病態研究会, 2019年08月24日, 通常, 日本語
  68. 小細胞肺癌患者におけるKL-6の予後予測因子としての検討, 荒木佑亮,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本 真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年07月18日, 通常, 日本語
  69. 肺腺癌の脳神経転移に対して放射線治療と化学療法を施行した2症例, 小林英里佳,益田武,中尾聡志,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,服部登, 第58回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会, 2019年07月14日, 通常, 日本語
  70. EGFRチロシンキナーゼ阻害剤耐性化においてT790M変異と肉腫様成分を認めたEGFR遺伝子変異陽性肺癌の1例, 角本慎治,下地清史,益田武,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第61回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2019年07月14日, 通常, 日本語
  71. Impulse oscillometryによる治療下喘息患者における気道可逆性の検討, 檜垣直子,岩本博志,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第68回日本アレルギー学会学術大会, 2019年06月14日, 通常, 日本語
  72. アレクチニブによる溶血性貧血を呈した肺腺癌の1例, 池田昂輝,奥本穣,坂本信二郎,益田武,宮本真太郎,中島拓, 岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第116回日本内科学会総会・講演会, 2019年04月26日, 通常, 日本語
  73. 呼吸音可視化・解析システムの臨床的有用性に関する検討, 堀益靖,大下慎一郎,岩本博志,中島拓,宮本真太郎,藤高一慶,貞森拓磨,志馬伸朗,濱田泰伸,服部登, 第116回日本内科学会総会・講演会, 2019年04月26日, 通常, 日本語
  74. 呼吸音の可視化・解析システムの臨床応用へ向けた検討-間質性肺炎の診断における有用性-, 堀益靖,大下慎一郎,岩本博志,山口覚博,坂本信二郎,益田武,中島拓,宮本真太郎,貞森拓磨,藤高一慶,濱田泰伸,志馬伸朗,服部登, 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月14日, 通常, 日本語
  75. 間質性肺炎合併肺癌において全身化学療法による間質性肺炎の急性増悪が予後に与える影響についての検討, 中尾聡志,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登., 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月12日, 通常, 日本語
  76. IPF患者におけるBALF中endogenous secretary RAGEの検討, 三浦慎一朗, 山口覚博, 坂本信二郎, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月12日, 通常, 日本語
  77. Best Supportive Careが行われたEGFR遺伝子活性化変異陽性進行非小細胞肺癌患者の予後の検討, 若林優,村上功,益田武,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,宮本 真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部 登, 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月12日, 通常, 日本語
  78. スプラタストトシル酸塩による放射線肺障害の抑制効果, 泉祐介,中島拓,益田武,塩谷咲千子,福原和秀,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,宮本真太郎,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月12日, 通常, 日本語
  79. 特発性肺線維症患者における血中High mobility group box 1の検討, 山口覚博,岩本博志,坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,藤高一慶,濱田泰伸,服部登., 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月12日, 通常, 日本語
  80. 毒ガス障害者における誘発喀痰中のNeutrophil gelatinase-associated lipocalinの検討, 檜垣直子,岩本博志,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,藤高一慶,濱田泰伸,Gao Jing,Manzur Witold,服部登, 第59回日本呼吸器学会学術講演会, 2019年04月12日, 通常, 日本語
  81. 当院における重症喘息に対するBenralizumabの投与経験, 檜垣直子,岩本博志,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武,中島拓,宮本真太郎,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第1回日本アレルギー学会中国・四国地方会, 2019年02月02日, 通常, 日本語
  82. シスプラチンおよびエトポシドを用いた化学放射線療法が奏効した浸潤性胸腺腫の1例, 角本慎治、下地清史、益田武、山口覚博、坂本信二郎、堀益靖、中島拓、宮本真太郎、岩本博志、藤高一慶、濱田泰伸、服部登, 第60回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2018年12月15日, 通常, 日本語
  83. 免疫チェックポイント阻害薬奏効後にサルベージ手術を施行した原発不明癌の1例, 長谷川 博司,大道 和佳子,堀益 靖,山口 覚博,坂本 信二郎,益田 武,中島 拓,宮本 真太郎,岩本 博志,藤高 一慶,濱田 泰伸,服部 登, 第60回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2018年12月15日, 通常, 日本語
  84. すりガラス陰影の広がりは化学療法による間質性肺炎急性増悪発症のリスク因子となるNSCLC患者における検討, 益田 武, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 堀益 靖, 宮本 真太郎, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 服部 登, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月29日, 通常, 日本語
  85. PAI-1はEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌のチロシンキナーゼ阻害薬に対する耐性獲得に関与する, 徳毛 健太郎、益田 武、山口 覚博、坂本 信二郎、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月29日, 通常, 日本語
  86. NSCLCと他癌腫における抗PD-1抗体の投与による薬剤肺障害発症頻度の比較, 下地清史、山口覚博、益田武、中西雄、堀益靖、宮本真太郎、中島拓、岩本博志、藤高一慶、宮田義浩、濱田泰伸、岡田守人、服部登, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月29日, 通常, 日本語
  87. NSCLC患者における中枢神経病変と中枢神経外病変に対する抗PD-1抗体の効果の比較, 三浦慎一朗, 益田武, 中西雄, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 宮田義浩, 濱田泰伸, 岡田守人, 服部登, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月29日, 通常, 日本語
  88. NSCLC患者における抗PD-1抗体の効果予測因子の検討因子の検討, 中西 雄, 益田 武, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 堀益 靖, 宮本真太郎, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 宮田 義浩, 岡田 守人, 服部 登, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月29日, 通常, 日本語
  89. 胸腔内穿破し緊急手術を要した 肺血管腫の1例, 奥本 穣, 山口 覚博, 益田 武, 堀益 靖, 宮本 真太郎, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 服部 登, 第119回日本内科学会中国地方会, 2018年11月17日, 通常, 日本語
  90. 多発血管炎性肉芽腫症を合併した肺癌患者に抗PD-1抗体を安全に投与できた1例, 城山枝里、山田貴弘、益田武、宮本真太郎、中島拓、岩本博志、平田信太郎、藤高一慶、濱田泰伸、服部登, 第119回日本内科学会 中国地方会, 2018年11月17日, 通常, 日本語
  91. 既治療非扁平上皮非小細胞肺癌の2次治療以降におけるDTXもしくはPEMとBevacizumab併用療法の第2相試験, 山口覚博, 実綿 慶, 坂本信二郎, 堀益 靖, 益田 武, 濱井宏介, 宮本真太郎, 中島 拓, 岩本博志, 岡本與平, 石川暢久, 藤高一慶, 宮田義浩, 岡田守人, 濱田泰伸, 服部 登, 第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年07月19日, 通常, 日本語
  92. 難治性喘息と併存症に関する検討, 檜垣直子,岩本博志,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,益田武,中島拓,宮本真太郎,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第67回日本アレルギー学会学術大会, 2018年06月22日, 通常, 日本語
  93. びまん性肺疾患におけるBALFリンパ球形態解析, 堀益 靖, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 益田 武, 中島 拓, 宮本 真太郎, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 服部 登, 第41回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2018年05月24日, 通常, 日本語
  94. EBUS-TBNAを行った直後の喀痰から結核菌が培養されたインドネシア人の縦隔リンパ節結核の1例, 梶原 俊毅、山口 覚博、坂本 信二郎、堀益 靖、益田 武、中島 拓、宮本 真太郎、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第41回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2018年05月24日, 通常, 日本語
  95. Extent of the Honeycombing Area and the Presence of Traction Bronchiectasis are Risk Factors for Poorer Prognosis in Patients with Pleuroparenchymal Fibroelastosis., Namba M, Masuda T, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Ohshimo S, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N, ATS 2018 International Conference, 2018年05月18日, 通常, 英語
  96. Vascular Endothelial Growth Factor Knockdown by Intratracheal administration of Small-Interfering RNA Dry Powder Inhibits Tumor Growth In a Mouse Lung Metastasis Model., Miwata K, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N, ATS 2018 International Conference, 2018年05月18日, 通常, 英語
  97. 肺外臓器手術後の間質性肺炎急性増悪発症に対するリスク因子の検討, 高尾 俊、益田 武、山口 覚博、坂本 信二郎、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第58回 日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 通常, 日本語
  98. 癌関連線維芽細胞の筋線維芽細胞への分化による腫瘍進展促進 PAI-1の関与の検討, 益田 武, 難波 将史, 中島 拓, 堀益 靖, 宮本 真太郎, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 服部 登, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 通常, 日本語
  99. 抗PD-1抗体による薬剤性間質性肺炎発症に対するリスク因子の検討, 中西 雄, 益田 武, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 堀益 靖, 宮本真太郎, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 濱田 泰伸, 宮田 義浩, 岡田 守人, 服部 登, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 通常, 日本語
  100. CHP患者におけるBALFおよび血中のCCL15の検討, 渡部雅子、堀益靖、岩本博志、山口覚博、坂本信二郎、益田武、宮本真太郎、中島拓、大下慎一郎、藤高一慶、濱田泰伸、服部登, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 通常, 日本語
  101. 特発性と抗ARS抗体陽性の非特異性間質性肺炎における臨床的特徴の検討, 塩谷 咲千子、益田 武、山口 覚博、坂本 信二郎、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 通常, 日本語
  102. IPF患者における血中endogenous secretary RAGEの検討, 山口覚博, 岩本博志, 坂本信二郎, 堀益 靖, 益田 武, 宮本真太郎, 中島 拓, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部 登, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 通常, 日本語
  103. IPFの遺伝子素因 MUC5B遺伝子多型を中心に, 堀益 靖, 山口 覚博, 坂本 信二郎, 益田 武, 中島 拓, 岩本 博志, 藤高 一慶, 服部 登, 第58回日本呼吸器学会学術講演会, 2018年04月27日, 招待, 日本語
  104. コイル塞栓術後、長期間経過した後に再開通を来たし、脳塞栓症を発症した肺動静脈瘻の2例, 高田 祐衣、高尾 俊、益田 武、山口 覚博、坂本 信二郎、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第115回 日本内科学会総会, 2018年04月13日, 通常, 日本語
  105. Pleuroparenchymal fibroelastosisと特発性肺線維症の臨床的相違点の検討, 難波将史,益田武,山口覚博,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第115回日本内科学会総会, 2018年04月13日, 通常, 日本語
  106. コイル塞栓術後から13年経過した肺動静脈瘻の再開通により脳塞栓症を発症した1例, 藤井賢治,高尾俊,益田武,坂本信二郎,堀益靖,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第117回日本内科学会中国地方会, 2017年11月18日, 通常, 日本語
  107. 当院におけるEGFR遺伝子変異陽性の既治療非小細胞肺癌に対する再生検の現状, 三浦慎一朗,堀益靖,山口覚博,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第70回広島医学会総会, 2017年11月12日, 通常, 日本語
  108. 気管支肺胞洗浄液 (BALF) リンパ球形態解析を用いたびまん性肺疾患の鑑別診断, 堀益靖,益田武,中島拓,宮本真太郎,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第26回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会, 2017年10月28日, 通常, 日本語
  109. 無症候の下肢静脈と肺動脈血栓症に対してエドキサバン投与中に多発性脳塞栓症を発症した肺腺癌の1例, 伊藤徳明,中尾聡志,益田武,山口覚博,坂本信二郎,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤髙一慶,濱田泰伸,服部登, 第58回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2017年10月28日, 通常, 日本語
  110. ALK遺伝子転座陽性肺多形癌に対してアレクチニブを使用した一例, 太田沙綾,三浦慎一朗,北島真紀子,堀益靖,益田武,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第58回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2017年10月28日, 通常, 日本語
  111. 肺腺癌におけるTTF-1発現とPemetrexedの治療効果に関する検討, 徳毛健太郎,益田武,三浦慎一朗,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,吉田敬,近藤丈博,濱田泰伸,服部登, 第58回日本肺癌学会学術集会, 2017年10月14日, 通常, 日本語
  112. 癌関連線維芽細胞の筋線維芽細胞への分化による腫瘍進展促進:PAI-1の関与の検討, 益田武,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志 藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第58回日本肺癌学会学術集会, 2017年10月14日, 通常, 日本語
  113. Nivolumabによる薬剤性間質性肺疾患の発症に対するリスク因子の検討, 中西雄,益田武,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,岡田守人,服部登, 第58回日本肺癌学会学術集会, 2017年10月14日, 通常, 日本語
  114. 肺癌診断前における肺癌患者の抑うつの評価、臨床背景因子の検討, 実綿慶,益田武,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第58回日本肺癌学会学術集会, 2017年10月14日, 通常, 日本語
  115. 既治療の高齢者進行非小細胞肺癌患者に対するS-1隔日投与法の実施可能性試験, 渡部雅子,藤高一慶,濱井宏介,石川暢久,土井美帆子,北口聡一,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,妹尾直,濱田泰伸,服部登, 第58回日本肺癌学会学術集会, 2017年10月14日, 通常, 日本語
  116. Airway reversibility assessed by oscillometry in patients with asthma, Higaki N, Iwamoto H, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Fujitaka K, Hamada H, hattori N., European Respiratory Society 2017, 2017年09月09日, 通常, 英語
  117. 肺腺癌患者のrs2070600 polymorphismとneutrophil-lymphocyte ratioの関連についての検討, 山口覚博,岩本博志,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2017年07月27日, 通常, 日本語
  118. BALFで好中球分画の著明な上昇を認め、感染症との鑑別に難渋したAcute fibrinous and organizing pneumoniaの1例, 高畑洋子,荒木佑亮,坂本信二郎,堀益靖,益田武,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第57回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2017年07月14日, 通常, 日本語
  119. 小細胞癌に形質転換したと思われるEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌の一例, 福岡聖菜,三浦慎一朗,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第56回日本肺癌学会中国・四国支部学術集会, 2017年07月14日, 通常, 日本語
  120. 内視鏡所見を経時的に観察しえた原発性気管支動脈蔓状血管腫の一例, 泉祐介,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,服部登, 第40回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2017年06月09日, 通常, 日本語
  121. 当院におけるサルコイドーシス診断の後方視的検討, 平野千尋,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,服部登, 第40回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2017年06月09日, 通常, 日本語
  122. びまん性肺疾患の鑑別診断における気管支肺胞洗浄液(BALF)リンパ球形態解析の有用性, 堀益靖,益田武,中島拓,宮本真太郎,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第40回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2017年06月09日, 通常, 日本語
  123. 小細胞癌による難治性抗利尿ホルモン不適合分泌症候群に対しトルバプタンが奏功した一例, 小林英里佳,中西雄,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,服部登, 第116回内科学会地方会・中国地方会, 2017年06月03日, 通常, 日本語
  124. 癌関連線維芽細胞の筋線維芽細胞への分化による腫瘍進展促進:PAI-1の関与の検討, 益田武,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第57回日本呼吸器学会総会, 2017年04月21日, 通常, 日本語
  125. siRNA粉末製剤の経気道投与による抗腫瘍効果の検討, 実綿慶,井原大輔,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第57回日本呼吸器学会総会, 2017年04月21日, 通常, 日本語
  126. 抗ARS抗体陽性間質性肺炎におけるKL-6のdisease-monitoring markerとしての有用性の検討, 山口覚博,岩本博志,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,藤高一慶,濱田泰伸,河野修興,服部登, 第57回日本呼吸器学会総会, 2017年04月21日, 通常, 日本語
  127. Nivolumab投与により汎血球減少を来した肺腺癌の一例, 井料崇文,徳毛健太郎,益田武,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登, 第114回日本内科学会総会, 2017年04月14日, 通常, 日本語
  128. 縦隔リンパ節結核が気管穿孔し気管癌との鑑別を要した1例, 藤田 聡、上野 沙弥香、掘益 靖、益田 武、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部 登, 第25回日本呼吸器内視鏡学会中国・四国支部会, 2016年12月23日, 通常, 日本語
  129. 経気管支肺生検が診断に有用であった肺、腎、神経病変を有するリンパ腫様肉芽腫症の1例, 石田 貢一、徳毛 健太郎、益田 武、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、濵田 泰伸、服部 登, 第56回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2016年12月23日, 通常, 日本語
  130. 間質性肺炎合併非小細胞癌に対する2次以降化学療法の安全性の検討 -急性増悪のリスク因子の検討を含めて-, 益田 武、堀益 靖、宮本真太郎、中島 拓、岩本博志、藤高一慶 、濱田泰伸、服部 登, 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016年12月19日, 通常, 日本語
  131. 肝転移と考えられた病変が原発性肝細胞癌と診断された肺非定型カルチノイドの1例, 黒住 悟之、益田  武、堀益  靖、宮本真太郎、中島  拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部  登, 第55回日本肺癌学会中国・四国地方会, 2016年07月09日, 通常, 日本語
  132. Sirolimus投与中に貯留した乳糜胸腹水がoctreotideにより減少を認めたLAMの1例, 中村 貴志、難波 将史、益田  武、堀益  靖、宮本真太郎、中島  拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部  登, 第55回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2016年07月09日, 通常, 日本語
  133. 免疫抑制剤により救命しえた抗MDA-5抗体陽性の急速進行性間質性肺炎の1例, 山本優美子、上野沙弥香、泉  祐介、堀益  靖、益田  武、宮本真太郎、中島  拓、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、服部  登、河野 修興, 第55回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2016年07月09日, 通常, 日本語
  134. Impulse oscillation system(IOS)を用いた気道可逆性の検討, 檜垣 直子, 河内 礼子, 杉山 文, 中川 三沙, 宮本 真太郎, 中島 拓, 岩本 博志, 濱田 泰伸, 服部 登, 河野 修興, 日本アレルギー学会総会, 2016年06月17日, 通常, 日本語
  135. PAI-1 plays an important role in radiation-induced pulmonary fibrosis, Sachiko Shioya , Noboru Hattori , Takeshi Masuda , Tadashi Senoo , Yasushi Horimasu , Taku Nakashima , Hiroshi Iwamoto , Kazunori Fujitaka , Nobuoki Kohno, ATS 2016, 2016年05月13日, 通常, 英語
  136. Anti-Tumor Effect of MT95-4, a Fully Humanized Anti-Aminopeptidase N Monoclonal Antibody, on Tumor Progression in an Animal Model of Malignant Pleural Mesothelioma, Takahiko Otsuki , Noboru Hattori , Hironobu Hamada , Yusuke Takayama , Yasushi Horimasu , Takeshi Masuda , Shintarou Miyamoto , Taku Nakashima , Hiroshi Iwamoto , Kazunori Fujitaka , Nobuoki Kohno, ATS 2016, 2016年05月13日, 通常, 日本語
  137. PAI-1 plays an important role in lung cancer progression through the association with differentiation of cancer-associated fibroblasts to myofibroblasts, Takeshi Masuda , Noboru Hattori , Yasushi Horimasu , Shintarou Miyamoto , Taku Nakashima , Hiroshi Iwamoto , Kazunori Fujitaka , Nobuoki Kohno, 2016年米国胸部疾患学会, 2016年05月13日, 通常, 英語
  138. 骨転移による股関節膿瘍を契機に発見された肺腺癌の一例, 兒島 正人,渡部 雅子,堀益 靖,益田 武,宮本 真太郎,中島 拓,岩本博志,藤高一慶,服部 登,河野修興, 第114回日本内科学会中国地方会, 2016年05月07日, 通常, 日本語
  139. 気管支サーモプラスティが奏功した重症難治性気管支喘息の一例, 高橋広, 高山裕介, 堀益靖, 益田武, 宮本真太郎, 中島拓, 岩本博志, 藤高一慶, 濱田泰伸, 服部登, 河野修興, 第114回日本内科学会中国地方会, 2016年05月07日, 通常, 日本語
  140. Decreased circulatory receptor for advanced glycation end-products is associated with poorer survival in patients with idiopathic pulmonary fibrosis, Kakuhiro Yamaguchi、Hiroshi Iwamoto、Yasushi Horimasu、Takeshi Masuda、Taku Nakashima、Shintaro Miyamoto、Kazunori Fujitaka、Noboru Hattori、Witold Mazur、Nobuoki Kohno, 56th International conference, JRS, 2016年04月08日, 通常, 英語
  141. 癌関連線維芽細胞の筋線維芽細胞への分化による腫瘍進展促進:PAI-1の関与の検討, 益田  武、堀益  靖、宮本 真太郎、中島  拓、岩本 博志、藤高 一慶、服部  登、河野 修興, 第56回日本呼吸器学会学術講演会, 2016年04月08日, 通常, 日本語
  142. ヒト型抗APN抗体の抗腫瘍効果ー悪性中皮腫マウスモデルにおける検討, 大月 鷹彦、服部  登、高山 裕介、掘益  靖、益田  武、中島  拓、宮本 真太郎、岩本 博志、藤高 一慶、濱田 泰伸、河野 修興, 第56回日本呼吸器学会学術講演会, 2016年04月08日, 通常, 日本語
  143. 急性腎障害とARDSを合併するも救命しえたレジオネラ肺炎の1例, 佐藤祐毅,高橋広,高山裕介,堀益靖,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,服部登,河野修興, 第54回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2015年12月19日, 通常, 日本語
  144. 傍腫瘍性神経症候群の 慢性偽性腸閉塞が腫瘍の縮小と ともに改善した小細胞癌の1例, 鍋島新志、泉祐介、益田武、堀益靖、宮本真太郎、中島拓、岩本博志、藤高一慶、服部登、河野修興, 第54回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2015年12月19日, 通常, 日本語
  145. 成人で気管支閉鎖症と診断された2例, 唐口望実,若林優,益田武,堀益靖 ,宮本真太郎,中島拓,岩本博志 ,藤高一慶 ,服部登 ,河野修興, 第24回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 中国四国支部会, 2015年12月19日, 通常, 日本語
  146. 長期にわたる潰瘍性大腸炎、関節リウマチの治療中に発症した薬剤性肺障害の1例, 渡邊 友彬、実綿 慶、中島 拓、堀益 靖、益田 武、宮本 真太郎、岩本 博志、藤高 一慶、服部 登、河野 修興, 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月12日, 通常, 日本語
  147. リツキシマブ投与後の2 次性低γグロブリン血症を伴った難治性緑膿菌肺炎の 1 例, 山口覚博, 岩本博志, 堀益  靖, 益田  武, 宮本真太郎, 中島  拓, 藤高一慶, 服部  登, 河野修興., 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月12日, 通常, 日本語
  148. 気管支喘息発作との鑑別が困難であった肺血栓塞栓症の一例, 濱田 亜理沙, 難波 将史, 中島 拓, 堀益 靖, 益田 武, 宮本 真太郎, 岩本 博志, 藤高 一慶, 服部 登, 河野 修興, 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月12日, 通常, 日本語
  149. 癌関連線維芽細胞の筋線維芽細胞への分化による腫瘍進展促進:PAI-1の関与の検討, 益田 武、服部 登、堀益 靖、中島 拓、妹尾 直、岩本博志、大下慎一郎、藤高一慶 、河野修興, 第56回日本肺癌学会学術集会, 2015年11月26日, 通常, 日本語
  150. 当院での肺癌患者におけるうつの評価、臨床背景因子の検討, 実綿 慶、益田 武、藤高 一慶、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、濱田 泰伸、服部 登、河野 修興, 第56回日本肺癌学会学術集会, 2015年11月26日, 通常, 日本語
  151. 非小細胞肺癌に対するBevacizumab併用化学療法の効果予測因子としての内臓脂肪面積の有用性, 難波将史,藤高一慶,益田武,堀益靖,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,濱田泰伸,服部登, 河野修興, 第56回日本肺癌学会学術集会, 2015年11月26日, 通常, 日本語
  152. Clinically remitted childhood asthma is a risk factor for airflow obstruction in middle-aged adults, Keitaro Omori, Noboru Hattori, Hiroshi Iwamoto, Takashi Yamane, Taku Nakashima, Yoshinori Haruta, Akihito Yokoyama, Nobuoki Kohno, European respiratory society annual congress 2015, 2015年09月26日, 通常, 英語, European Respiratory Society, Amsterdam, Netherlands
  153. 肺腺癌の 1 次治療における Pemetrexed と Taxane 系抗癌剤の有効性の比較と薬剤選択についての検討, 山口覚博, 実綿  慶, 堀益  靖, 益田  武, 宮本真太郎, 中島  拓, 岩本博志, 藤高一慶, 服部  登, 河野修興., 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015年07月16日, 通常, 日本語
  154. Birt-Hogg-Dubé症候群の1例, 伊達真琴、泉祐介、岡本與平、益田武、堀益靖、宮本真太郎、中島拓、岩本博志、藤高一慶、服部登、河野修興, 2015年07月03日, 通常, 日本語
  155. 薬剤性浮腫のためクリゾチニブが継続不能となったALK陽性肺癌に対しアレクチニブが奏効した1例, 新宮原久美,難波将史,堀益靖,岡本與平,益田武,宮本真太郎,中島拓,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部登,河野修興, 第53回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2015年07月03日, 通常, 日本語
  156. 膠原病肺における血清・BALF中 the receptor for advanced glycation end-product と肺機能・画像パターンの相関についての検討, 山口覚博, 岩本博志, 堀益  靖, 益田  武, 宮本真太郎, 中島  拓, 藤高一慶, 服部  登, 河野修興., 2015年06月11日, 通常, 日本語
  157. 抗アミノアシルtRNA合成酵素(ARS)抗体症候群と特発性NSIPの気管支肺胞洗浄(BAL)所見の比較検討, 塩谷 咲千子、益田 武、堀益 靖、宮本 真太郎、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、服部 登、河野 修興, 第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2015年06月11日, 通常, 日本語
  158. Suplatast tosilateの高酸素肺障害抑制効果、hydroxyl radical消去能についての検討, 福原 和秀, 益田 武, 岩本 博志, 中島 拓, 服部 登, 河野 修興, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年05月26日, 通常, 日本語
  159. 脈絡膜転移による視覚障害が発見契機となった肺腺癌の1例, 友清 せらみ、益田 武、堀益 靖、中島 拓、宮本 真太郎、岩本 博志、藤高 一慶 濱田 泰伸、服部 登、河野 修興, 第112回日本内科学会中国地方会, 2015年05月16日, 通常, 日本語
  160. 喉頭摘出術により制御し退院可能となった反復性誤嚥性肺炎の一例, 濱田亜理沙,中島 拓,堀益 靖,益田 武,岩本博志,藤高一慶,濱田泰伸,服部 登,河野修興, 第112回日本内科学会中国地方会, 2015年05月16日, 通常, 日本語
  161. 放射線肺線維症マウスモデルにおける肺の線維化とPAI-1(plasminogen activator inhibitor-1)の関与についての検討, 塩谷 咲千子、服部 登、平野 有美、妹尾 直、益田 武、堀益 靖、中島 拓、岩本 博志、藤高 一慶、河野 修興, 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 2015年04月17日, 通常, 日本語
  162. 癌関連線維芽細胞の筋線維芽細胞への分化による腫瘍進展促進:PAI-1の関与の検討, 益田 武、服部 登、堀益 靖、中島 拓、妹尾 直、岩本博志、大下慎一郎、藤高一慶 、河野修興, 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 2015年04月17日, 通常, 日本語
  163. DICを合併した肺小細胞癌による 播種性骨髄癌症の1例, 熊田 寛子,泉 祐介,堀益 靖 ,益田 武 ,中島 拓 ,岩本 博志 ,藤高 一慶 ,服部 登,河野 修興, 第112回日本内科学会総会, 2015年04月10日, 通常, 日本語
  164. ステロイドが奏効したイマチニブによる薬剤性肺障害の1例, 小畠彩子,山口覚博,益田武,中島拓,岩本博志,藤高一慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第23回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会, 2015年02月28日, 通常, 日本語
  165. 中枢性尿崩症を合併した肺腺癌の1例, 鍋島新志,泉祐介,益田武,中島拓,藤高ー慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第52回日本呼吸器学会中国・四園地方会, 2014年12月13日, 通常, 日本語
  166. 結核性胸膜炎治療中に胸膜結核腫を発症した一例, 石川洗,難波将史,堀益靖,益田武,中島拓,岩本博志,藤高一慶,村井博,服部登,河野修興, 第52回日本呼吸器学会中国・四園地方会, 2014年12月13日, 通常, 日本語
  167. プラチナ既治療非小細胞肺癌に対するアブラキサンの単剤療法とカルボプラチン併用療法の比較検討, 濵井宏介,藤高ー慶,益田武,中島拓,妹尾直,岩本博志,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014年11月14日, 通常, 日本語
  168. 間質性肺炎合併進行期非小細胞肺癌治療における臨床的問題点, 益田武,堀益靖,中島拓,岩本博志,藤高ー慶,演田泰伸,村井博,服部登,河野修興, 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014年11月14日, 通常, 日本語
  169. 切除不能肺腺癌における予後予測マーカーとしての血清KL-6の有用性, 堀益靖,服部登,益田武,中島拓,岩本博志,妹尾直, 大下慎一郎,石川暢久,藤高一慶,春田吉則,村井博, 宮田義浩*,岡田守人*,演田泰伸,河野修興, 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014年11月14日, 通常, 日本語
  170. ベメトレキセドを含む化学療法中の発熱に関する後方視検討, 濵井宏介,藤高ー慶,益田武,中島拓,岩本博志,妹尾直,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第67回広島医学会総会, 2014年11月09日, 通常, 日本語
  171. 関節リウマチと同時に発症した器質化肺炎の1例, 前田憲志,山岡千尋,堀益靖,益田武,中島拓,服部登,河野修興,山崎聡士,熊谷和彦,杉山英二, 第111回日本内科学会中国地方会, 2014年11月08日, 通常, 日本語
  172. Annual changes in pulmonary function are independent prognostic factors for the patiets with chronic hypersensitivity pneumonia, Horimasu Y,Ishikawa N,Nakashima T,Iwamoto H,Senoo T,Ohshimo S,Fitaka K,Haruta Y,Murai H,Hattori N,Kohno N, European Respiratory Society Annual Congress, 2014年09月06日, 通常, 英語
  173. Decreased circulatory receptor for advanced glycation end-products is associated with poorer survival in patients with idiopathic pulmonary fibrosis, Iwamoto H,Horimasu Y,Nakashima T,Senoo T,Ohshimo S,Ishikawa N,Fujitaka K,Haruta Y,Murai H,Hattori N,M azur W,Kohno N, European Respiratory Society Annual Congres, 2014年09月06日, 通常, 英語
  174. ベメトレキセドを含む化学療法中の発熱に関する後方視検討, 濵井宏介,藤高ー慶,石川暢久,中島拓,妹尾直,岩本博志,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第12回日本臨床腫揚学会学術総会, 2014年07月17日, 通常, 日本語
  175. 19年前に切除された胃癌の術後再発による肺癌性リンパ管症の1例, 吉川徹,塩谷咲千子,岩本博志,益田武,中島拓,藤高ー慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第53回日本肺癌学会中国・四国支部会, 2014年07月11日, 通常, 日本語
  176. 気管支晴息発作に対する全身ステロイド投与中に侵襲性肺アスペルギルス症を発症した1例, 難波将史,山岡千尋,堀益靖,益田武,中島拓,岩本博志,藤高ー慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第51回日本呼吸器学会中国・四園地方会, 2014年07月11日, 通常, 日本語
  177. クリゾチニブ投与により制御可能であった癌性心膜炎の1例, 大崎慶子,中島拓,山口覚博,益田武,岩本博志,藤高ー慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第51回日本呼吸器学会中国・四園地方会, 2014年07月11日, 通常, 日本語
  178. 後期高齢者に発症したCADM合併急速進行性間質性肺炎に,ステロイドと免疫抑制剤の併用療法が奏効した1例, 河野紘輝,山口覚博,益田武,中島拓,岩本博志,藤高ー慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第51回日本呼吸器学会中国・四園地方会, 2014年07月11日, 通常, 日本語
  179. 質問票による喘息患者の末梢気道病変の実態調査, 中川三沙,春田吉則,杉山文,中島拓,岩本博志,石川暢久,藤高ー慶,村井博,服部登,演田泰伸,保津総一郎,河野修興, 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2014年05月09日, 通常, 日本語
  180. インパルスオシレーション法による高齢者喘息のリアクタンス呼吸周期性変動に関する検討, 杉山文,春田吉則,中川三沙,中島拓,岩本博志,石川暢久,藤高一慶,演田泰伸,村井博,服部登,河野修興, 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2014年05月09日, 通常, 日本語
  181. Intratracheal administration of dry powdered low-molecular-weight chitosan/siRNA suppressed gene expression in the airway, alveoli, and tumors in murine lung, Ihara D,Hattori N,Nakashima T,Iwamoto H,Ishikawa N,Fujitaka K,Haruta Y,Murai H,Kohno N, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 英語
  182. KL-6 as serum biomarkers for early detection of interstitial lung diseases, Hamai K, Ishikawa N,Nakashima T,Iwamoto H,O hshimo S,Fujitaka K,Haruta Y,Murai H,Hattori N,Kohno N, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 英語
  183. PAI-l阻害剤SK-216は,TGF-β誘導EMTを抑制することで肺線維症に対して抗線維化効果を発揮する, 大森慶太郎,服部登,益田武,中島拓,妹尾直,岩本博志,石川暢久,藤高ー慶,春田吉則,村井博,河野修興, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 日本語
  184. インパルスオッシレーション法(IOS)を用いた特発性肺線維症(IPF)の臨床的評価, 杉山文,春田吉則,中川三沙,中島拓,岩本博志,石川暢久,藤高ー慶,村井博,服部登,河野修興, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 日本語
  185. 間質性肺炎合併肺癌における臨床的特徴の検討, 益田武,堀益靖,中島拓,岩本博志,藤高ー慶,演田泰伸,村井博,服部登,河野修興, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 日本語
  186. Bronchoalveolar lavage cellular pattern can predict the prognosis of patients with chronic hypersensitivity pneumonia, Horimasu Y,Ishikawa N,Nakashima T,Senoo T,O hshimo S,Fujitaka K,Haruta Y,Murai H,Hattori N,Kohno N, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 英語
  187. Suplatast tosilate inhibits hyperoxic lung injury in vivo and exhibits antioxidant activity in vitro, 福原和秀,益田武,中島拓,岩本博志,藤高ー慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 英語
  188. 血清NSEの推移による小細胞肺癌治療効果の予測, 大月鷹彦,中島拓,岡本奥平,岩本博志,石川暢久,藤高ー慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 日本語
  189. impulse oscillation system (IOS) は中枢気道狭窄病変の評価法として有用か, 塩谷咲千子,春田吉則,藤高ー慶,中島拓,岩本博志, 石川暢久,村井博,服部登,河野修興, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 日本語
  190. 慢性過敏性肺炎の遺伝的背景の検討, 山岡千尋,堀益靖,中島拓,岩本博志,石川暢久,藤高一慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 日本語
  191. 毒ガス傷害者における誘発曙疾の解析, 山口覚博,岩本博志,益田武,中島拓,石川暢久,藤高ー慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 日本語
  192. アンギオテンシン変換酵素阻害薬による嚥下改善作用は女性でより顕著である, 中島拓,服部登,中増昭久,沖本真史,柳田実郎,岩本博志,石川暢久,藤高ー慶,春田吉則,村井博,河野修興, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 日本語
  193. Clinically amyopathic dermatomyositis関連間質性肺炎の臨床像の検討, 井原大輔,石川暢久,中島拓,岩本博志,藤高ー慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014年04月25日, 通常, 日本語
  194. Bubble like appear組問を呈する肺腺癌における気管支鏡検査の有用性, 漬井宏介,石川暢久,中島拓,岩本博志,妹尾直,大下慎一郎,藤高一慶,春田吉則,演田泰伸,村井博,服部登,河野修興, 第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2014年04月14日, 通常, 日本語
  195. CPFEの病態解明のための検討, 山岡千尋,堀益靖,松田智代,中島拓,岩本博志,石川暢久,藤高一慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2014年04月14日, 通常, 日本語
  196. 原発性肺癌における術前気管支鏡検査の組織型正診率の検討, 山口覚博,石川暢久,益田武,中島拓,岩本博志,藤高ー慶,春田吉則,村井博,服部登,河野修興, 第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2014年04月14日, 通常, 日本語
  197. Annual decline in lung function can predict the prognosis of patients with chronic hypersensitivity pneumonia, Horimasu Y,Ishikawa N,Nakashima T,Iwamoto H,Senoo T, Ohshimo S,Fujitaka K,Haruta Y,Murai H,Hattori N,Kohno N, American Thoracic Society 2014, 2014年, 通常, 英語, American Thoracic Society
  198. Bone marrow-derived cells accelerate bleomycin induced pulmonary fibrosis in mice, 中島 拓, American Thoracic Society International Conference, 2012年, 通常, 英語
  199. Suppressor of cytokine signaling1 inhibits pulmonary inflammation and fibrosis in mice, 中島 拓, American Thoracic society international Conference, 2008年, 通常, 英語
  200. Acute increase in KL-6/MUC1 mucin as a potential trigger of disseminated intravascular coagulation in acute respiratory distress syndrome, 中島 拓, The 16th European Respiratory Society Annural Congress, 2006年, 通常, 英語
  201. KL-6/MUC1 mucin with selectin ligands as a potential trigger of disseminated intravascular coagulation in patients with acute respiratory distress syndrome, 中島 拓, The 11th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology, 2006年, 通常, 英語
  202. 肺機能が良好な患者におけるIOSを用いた気道可逆性試験の検討, 檜垣直子,河内礼子,杉山文,中川三沙,中島拓,宮本真太郎,岩本博志,濱田泰伸,服部登, 第66回日本アレルギー学会学術大会, 通常, 日本語
  203. 経気管支肺生検によりNivolumabによる薬剤性肺炎と診断した1例, 小根森陽子,中西 雄, 堀益 靖, 益田 武, 宮本真太郎, 中島 拓, 岩本博志, 藤高一慶, 服部 登, 第115回日本内科学会中国地方会, 通常, 日本語
  204. AHQ-JAPANと強制オシレーション法の測定値との相関についての検討, 中川三沙,春田吉則,杉山文,中島拓,岩本博志,石川暢久,藤高ー慶,村井博,服部登,潰田泰伸,保津総一郎,河野修輿, 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 通常, 日本語
  205. Autoantibody positivity is a risk factor for chemotherapy-induced exacerbation of interstitial pneumonia in lung cancer, Ito N, Masuda T, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N, 2021年11月20日, 通常, 英語
  206. The role of circulatory high-mobility group box 1 for predicting checkpoint inhibitor pneumonitis caused by anti-PD-1/PD-L1 antibody monotherapy, Yamaguchi K, Tanahashi H, Kurose K, Nakao S, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Oga T, Oka M, Hattori N, 2021年11月20日, 通常, 英語
  207. Antifibrotic effect of lung-resident progenitor cells with high aldehyde dehydrogenase activity, Takahashi H, Nakashima T, Masuda T, Namba M, Sakamoto S, Yamaguchi K, Horimasu Y, Miyamoto S, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N, 2021年11月20日, 通常, 英語
  208. Clinical characteristics of Preserved Ratio Impaired Spirometry in Japan, Miura S, Iwamoto H, Omori K, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Fujitaka K, Hamada H, Yokoyama A, Hattori N, 2021年11月20日, 通常, 英語
  209. A case of pulmonary alveolar proteinosis with severe respiratory failure improved by segmental lung lavage with fiberoptic bronchoscopy under general anesthesia, Matsumoto Y, Masuda T, Takahashi H, Hashimoto K, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Nakashima T, Miyamoto S, Iwamoto H, Ohshimo S, Fujitaka K, Yamasaki M, Hamada M, Hattori N, 2021年11月20日, 通常, 英語
  210. The associations between patients' preference for inhaled medications and asthma control, Nakanishi Y, Iwamoto H, Miyamoto S, Nakao S, Higaki N, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Matsumoto N, Nakashima T, Onari Y, Fujitaka K, Haruta Y, Hamada H, Hozawa S, Hattori N, 2021年11月20日, 通常, 英語

受賞

  1. 2009年06月, 第27回広仁会賞, 広島大学医学部広仁会, KL-6/MUC1はARDSにおけるDICの独立した予測因子である
  2. 2008年05月, ATS Travel Award, Suppressor of cytokine signaling1 inhibits pulmonary inflammation and fibrosis

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. サタケ技術振興財団 研究助成金, 腸内細菌叢の変化は肺線維症を悪化させるか, 2020年04月01日, 2021年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 肺線維症において骨髄に保存される傷害記憶システムの解明, 2013年, 2014年
  3. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 薬剤に対してプライムされた骨髄細胞に焦点を当てた薬剤性肺障害の病態解明, 2015年, 2016年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 国際共同研究による間質性肺炎の新規バイオマーカーの開発と創薬の試み, 2013年, 2016年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ALDH活性を指標とした肺組織幹細胞の検出と肺線維症への治療応用, 2017年, 2019年
  6. 高橋産業経済研究財団 研究助成, 胸部疾患に対する新規光解離性保護基を用いたプロドラッグデリバリーとswitch on-off制御, 2017年04月01日, 2019年03月31日
  7. 2015年度 GSKジャパン研究助成