北嶋 康雄YASUO KITAJIMA

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
広島大学 助教
ホームページ
メールアドレス
kitajimahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
骨格筋の恒常性維持機構について、骨格筋や幹細胞の分野から研究を行っております。

基本情報

主な職歴

  • 2020年12月01日, 文部科学省, 卓越研究員
  • 2020年12月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 助教
  • 2019年04月, 2020年11月, 熊本大学, 発生医学研究所, 助教
  • 2016年04月, 2019年03月, 日本学術振興会特別研究員 SPD
  • 2014年04月, 2016年03月, 東北大学, 医工学研究科, 特任助教

学位

  • 博士(医学) (東北大学)

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学
  • 総合生物 / 実験動物学 / 実験動物学
  • 複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究キーワード

  • サテライト細胞、基礎医学、筋幹細胞、組織幹細胞
  • 再生医学、筋再生、骨格筋、分子生物学、運動生理学
  • プロテアソーム、サルコペニア、筋萎縮

所属学会

  • 日本分子生物学会
  • 日本筋学会
  • 日本基礎老化学会
  • 日本体力医学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  2. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  3. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  4. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  5. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  6. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  7. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  8. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  9. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 免疫学特別演習
  10. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 免疫学特別演習
  11. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 免疫学特別研究
  12. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 免疫学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Hoxa10 mediates positional memory to govern stem cell function in adult skeletal muscle, SCIENCE ADVANCES, 7巻, 24号, 202106
  2. Efficient Isolation of Lymphocytes and Myogenic Cells from the Tissue of Muscle Regeneration, CELLS, 11巻, 11号, 202206
  3. siRNA knockdown of alanine aminopeptidase impairs myoblast proliferation and differentiation, Experimental Cell Research, 20201201
  4. The ubiquitin-proteasome system in regulation of the skeletal muscle homeostasis and atrophy: from basic science to disorders., The journal of physiological sciences : JPS, 70巻, 1号, pp. 40-40, 20200916
  5. The Body Region Specificity in Murine Models of Muscle Regeneration and Atrophy, Acta Physiologica, 202101
  6. Inducible Rpt3, a Proteasome Component, Knockout in Adult Skeletal Muscle Results in Muscle Atrophy, Frontiers in Cell and Developmental Biology, 8巻, 20200902
  7. Damaged Myofiber-Derived Metabolic Enzymes Act as Activators of Muscle Satellite Cells, Stem Cell Reports, 202009
  8. A Modified Pre-plating Method for High-Yield and High-Purity Muscle Stem Cell Isolation From Human/Mouse Skeletal Muscle Tissues, Frontiers in Cell and Developmental Biology, 8巻, 20200813
  9. AMPK complex activation promotes sarcolemmal repair in dysferlinopathy, Molecular Therapy, 28巻, 4号, pp. 1133-1153, 20200408
  10. 骨格筋および骨格筋幹細胞におけるプロテアソーム機構の役割, 基礎老化研究, 44巻, 1号, 202001
  11. Aberrant axon branching via Fos-B dysregulation in FUS-ALS motor neurons., EBioMedicine, 45巻, pp. 362-378, 201907
  12. The Ubiquitin-Proteasome System Is Indispensable for the Maintenance of Muscle Stem Cells., Stem cell reports, 11巻, 6号, pp. 1523-1538, 20181211
  13. Antagonizing bone morphogenetic protein 4 attenuates disease progression in a rat model of amyotrophic lateral sclerosis., Experimental neurology, 307巻, pp. 164-179, 201809
  14. Visualization of PAX7 protein dynamics in muscle satellite cells in a YFP knock-in-mouse line., Skeletal muscle, 8巻, 1号, pp. 26, 201808
  15. Histone H3.3 sub-variant H3mm7 is required for normal skeletal muscle regeneration., Nature communications, 9巻, 1号, pp. 1400, 201804
  16. Aberrant astrocytic expression of chondroitin sulfate proteoglycan receptors in a rat model of amyotrophic lateral sclerosis, JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 96巻, 2号, pp. 222-233, 201802
  17. Notch1 and Notch2 Coordinately Regulate Stem Cell Function in the Quiescent and Activated States of Muscle Satellite Cells., Stem cells (Dayton, Ohio), 36巻, 2号, pp. 278-285, 201802
  18. Activation of the hypoxia-inducible factor pathway induced by prolyl hydroxylase domain 2 deficiency enhances the effect of running training in mice, ACTA PHYSIOLOGICA, 220巻, 1号, pp. 99-112, 201705
  19. Role of the Ubiquitin-Proteasome Pathway in Skeletal Muscle, Springer Nature, 201703
  20. Nrf2-Mediated Regulation of Skeletal Muscle Glycogen Metabolism, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 36巻, 11号, pp. 1655-1672, 201606
  21. 骨格筋萎縮過程における代謝物質の網羅解析および代謝特性の解明, デサントスポーツ科学, 37巻, pp. 213-220, 201606
  22. Prolyl hydroxylase domain 2 deficiency promotes skeletal muscle fiber-type transition via a calcineurin/NFATc1-dependent pathway., Skeletal muscle, 6巻, pp. 5-5, 2016
  23. Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy (3rd edition)., Autophagy, 12巻, 1号, pp. 1-222, 2016
  24. Visualizing the Functional Heterogeneity of Muscle Stem Cells., Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 1516巻, pp. 183-193, 2016
  25. The serine protease inhibitor camostat inhibits influenza virus replication and cytokine production in primary cultures of human tracheal epithelial cells., Pulmonary pharmacology & therapeutics, 33巻, pp. 66-74, 201508
  26. Proteasome dysfunction induces muscle growth defects and protein aggregation., Journal of cell science, 127巻, Pt 24号, pp. 5204-17, 20141215
  27. スロージョギングの有効性に関する研究 : 低速走行と歩行の生理学的データの比較から, ランニング学研究, 25巻, 1号, pp. 19-27, 201402
  28. Characterization of contraction-induced IL-6 up-regulation using contractile C2C12 myotubes., Endocrine journal, 60巻, 2号, pp. 137-147, 2013
  29. Puromycin sensitive aminopeptidase is required for C2C12 myoblast proliferation and differentiation, Journal of Cellular Physiology, 202107

著書等出版物

  1. 2022年01月20日, 実験医学増刊 Vol.40 No.2 健康寿命の鍵を握る骨格筋, 骨格筋研究のための遺伝子改変マウスの現状とこれから, 羊土社, 2022年, 1, 単行本(学術書), 共著, 978-4-7581-0400-5
  2. 2017年03月, Role of the Ubiquitin-Proteasome Pathway in Skeletal Muscle, Role of the Ubiquitin-Proteasome Pathway in Skeletal Muscle, Springer Nature, 2017年03月, 分担執筆, Yasuo Kitajima

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 新しい骨格筋幹細胞解析ツールによる新規Pax7標的遺伝子の同定, 北嶋康雄, 第76回日本体力医学会大会 シンポジウム, 2021年09月18日, 招待, 日本語
  2. 骨格筋恒常性の維持のためのプロテアソーム系の役割, 北嶋康雄, 第76回日本体力医学会大会 シンポジウム, 2021年09月17日, 招待, 日本語
  3. サテライト細胞解析の新たなツールによる新規Pax7標的遺伝子の同定, 北嶋康雄, 第42回日本分子生物学会 ワークショップ, 2019年12月03日
  4. 骨格筋幹細胞の維持機構とその解析ツール, 北嶋 康雄, 第11回分子骨格筋代謝研究会, 2019年07月14日
  5. 骨格筋幹細胞におけるプロテアソーム系の役割およびサテライト細胞研究の新たなツールと応用, 北嶋 康雄, 東北大学大学院医学系研究科 創生応用医学研究センター スポーツ医科学コアセンター特別セミナー, 2018年11月15日
  6. 体力科学分野における科学的検証法~分野間における共通点と違い~ 分子生物学分野における研究目的と用いられる研究手法, 北嶋 康雄, 第71回日本体力医学会大会 シンポジウム, 2016年09月23日
  7. 骨格筋量調節機構の分子生物学-たんぱく分解系に着目して-, 北嶋 康雄, 身体活動研究所セミナー 福岡大学基盤研究機関 身体活動研究所, 2016年03月23日
  8. 骨格筋および筋幹細胞におけるプロテアソームの解析, 北嶋 康雄, 第5回Multidisciplinary meeting on atherosclerosis 第一三共株式会社, 2015年01月09日
  9. Proteasome Dysfunction Induces Muscle Growth Defects And Protein Aggregation, 北嶋 康雄, 第61回米国スポーツ医学会 アメリカフロリダ, 2014年05月27日
  10. 骨格筋ホメオスタシスにおけるプロテアソームの貢献-骨格筋及び骨格筋幹細胞に着目して-, 北嶋 康雄, 第6回骨格筋代謝研究会, 2014年05月18日
  11. 骨格筋におけるプロテアソームの役割, 北嶋 康雄, 第3回骨格筋生物学研究会 オーガナイザー, 2014年03月06日
  12. 骨格筋特異的プロテアソーム欠損マウスの解析, 北嶋 康雄, スポーツ医科学コアセンター特別セミナー 東北大学, 2014年02月21日
  13. 骨格筋特異的プロテアソーム機能不全は筋成長不全ならびに異常タンパク質の蓄積を引き起こす, 北嶋 康雄, 第68回日本体力医学会大会 ワークショップ, 2013年09月21日
  14. Proteasome dysfunction induces muscle growth defects and protein aggregation, 北嶋 康雄, EMBO Workshop: Molecular mechanisms of muscle growth and wasting in health and disease スイス, 2013年09月15日
  15. 骨格筋特異的プロテアソーム機能不全は筋萎縮ならびに異常タンパク質の蓄積を引き起こす, 北嶋 康雄, 第35回日本分子生物学会 ワークショップ, 2012年12月11日

受賞

  1. 2019年06月, ポスター賞, 第31回日本老年学会総会7学会合同ポスターセッション
  2. 2019年06月, 第42回日本基礎老化学会 奨励賞
  3. 2014年04月, 国際交流事業 米国スポーツ医学会派遣事業 第1位優秀演題賞, 日本体力医学会
  4. 2013年09月, EMBO Workshop: Molecular mechanisms of muscle growth and wasting in health and disease. Travel Award.
  5. 2012年03月, 18th International Symposium of "Global Nano-Biomedical Engineering Education and Research Network Centre” in the East Asian-Pacific Rim Region. Presentation Award.

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽)), タンパク分解系に着目した新たなサルコペニア動物モデルの創出, 2021年, 2023年
  2. 文部科学省 卓越研究員事業, 2020年12月, 2025年03月
  3. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 骨格筋再生における筋幹細胞の新たなダイナミクスの解明, 2020年04月, 2024年03月
  4. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 運動による骨格筋高比重リポ蛋白(HDL)産生システムの発動とその作用解明, 2020年03月, 2024年03月
  5. 科学研究費助成事業 若手研究, 骨格筋幹細胞における老化制御機構の解明, 2018年04月, 2021年03月
  6. 武田科学振興財団 医学系研究助成, 2020年04月
  7. 加齢性筋肉減弱症の病態解明における骨格筋幹細胞の基礎的研究, 2020年04月
  8. 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 運動トレーニング及び肥満への適応は筋幹細胞にメモリーされるか?, 2017年06月30日, 2020年03月31日
  9. 骨格筋幹細胞における老化機構の解明に関する研究, 2018年04月, 2019年03月
  10. 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, タンパク分解系に着目した筋幹細胞調節機構の解明, 2016年04月, 2019年03月
  11. 科学研究費助成事業 若手研究(B), 骨格筋におけるプロテアソームの筋量調節機構の解明, 2015年04月, 2019年03月
  12. 骨格筋再生過程におけるタンパク分解機構の役割解明に関する研究, 2017年04月, 2018年03月
  13. 骨格筋量を決定するタンパク分解系に着目した筋再生メカニズムの解明に関する研究, 2016年04月, 2017年03月
  14. 骨格筋萎縮過程における代謝物質の網羅解析による代謝特性の解明, 2015年04月, 2016年03月
  15. 骨格筋萎縮時における筋代謝特性の解明-骨格筋代謝物質の網羅解析による検証-, 2015年04月, 2016年03月
  16. 骨格筋量決定における蛋白分解処理機構の役割, 2013年04月, 2014年03月