木下 恵美子Emiko Kinoshita

Last Updated :2021/10/05

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) 助教
ホームページ
メールアドレス
kikutahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
734-8551 広島市南区霞1-2-3薬学部 医薬分子機能科学講座
TEL:082-257-5281 FAX:082-257-5336
自己紹介
生命科学の基礎研究に役立つ技術の開発を行っています。私たちは「フォスタグ」というリン酸基を捉える機能性分子を開発しました。これは,細胞の中で重要な働きをし,ときにはガンなどの病気の原因となることもある「リン酸化タンパク質」の機能を解析するためのツールです。世界中の生命科学の研究者にこのツールを使ってもらえるように,私たち自身も様々なリン酸化タンパク質の研究を発信しています。

基本情報

主な職歴

  • 2007年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院医系科学研究科, 医薬分子機能科学, 助教
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 助教

学歴

  • 広島大学, 医学系研究科, 分子薬学系専攻, 日本, 1995年04月, 1997年03月
  • 広島大学, 医学部, 総合薬学科, 日本, 1991年04月, 1995年03月

学位

  • 博士(薬学) (広島大学)
  • 修士(薬学) (広島大学)
  • 学士(薬学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科 : 薬学プログラム
  • 【学士課程】 薬学部 : 薬科学科 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 薬学プログラム
  • 薬科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 物理系薬学

研究キーワード

  • 1塩基多型
  • リン酸化プロテオーム
  • サイクレン
  • フォスタグ
  • 亜鉛
  • リン酸化

所属学会

  • 日本生化学会
  • 日本薬学会
  • 日本ヒトプロテオーム学会(JHUPO)
  • 日本電気泳動学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 1ターム, 薬品物理化学
  2. 2021年, 学部専門, 3ターム, 日本薬局方演習
  3. 2021年, 学部専門, 2ターム, 生物物理化学
  4. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 物理化学実習
  5. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 研究方法特論
  6. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 研究方法特論
  7. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 研究方法論A
  8. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 研究方法論B

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A novel procedure for simple and efficient genotyping of single nucleotide polymorphisms by using the Zn2+-cyclen complex, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 30巻, 22号, 20021115
  2. A heteroduplex-preferential T-m depressor for the specificity-enhanced DNA polymerase chain reactions, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 337巻, 1号, pp. 154-160, 20050201
  3. Novel immobilized zinc(II) affinity chromatography for phosphopeptides and phosphorylated proteins, JOURNAL OF SEPARATION SCIENCE, 28巻, 2号, pp. 155-162, 200502
  4. An alkoxide-bridged dinuclear zinc(II) hexaazacryptate: A novel phosphate capture molecule in aqueous solution, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 78巻, 1号, pp. 125-131, 20050115
  5. Phosphate-binding tag, a new tool to visualize phosphorylated proteins, MOLECULAR & CELLULAR PROTEOMICS, 5巻, 4号, pp. 749-757, 200604
  6. A mobility shift detection method for DNA methylation analysis using phosphate affinity polyacrylamide gel electrophoresis, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 378巻, 1号, pp. 102-104, 20080701
  7. Detection of the Gua/Cyt-to-Cyt/Gua mutation in a Gua/Cyt-lined sequence using Zn2+-cyclen polyacrylamide gel electrophoresis, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 380巻, 1号, pp. 122-127, 20080901
  8. Separation of phosphoprotein isotypes having the same number of phosphate groups using phosphate-affinity SDS-PAGE, PROTEOMICS, 8巻, 15号, pp. 2994-3003, 200808
  9. Specific recognition and detection of phosphorylated proteins using characteristics of metal ion, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 127巻, 12号, pp. 1897-1913, 200712
  10. FANCI phosphorylation functions as a molecular switch to turn on the Fanconi anemia pathway, NATURE STRUCTURAL & MOLECULAR BIOLOGY, 15巻, 11号, pp. 1138-1146, 200811
  11. Two-dimensional phosphate-affinity gel electrophoresis for the analysis of phosphoprotein isotypes, ELECTROPHORESIS, 30巻, 3号, pp. 550-559, 200902
  12. A Phos-tag-based fluorescence resonance energy transfer system for the analysis of the dephosphorylation of phosphopeptides, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 388巻, 2号, pp. 235-241, 20090515
  13. Mobility shift detection of phosphorylation on large proteins using a Phos-tag SDS-PAGE gel strengthened with agarose, PROTEOMICS, 9巻, 16号, pp. 4098-4101, 200908
  14. Genotyping and mapping assay of single-nucleotide polymorphisms in CYP3A5 using DNA-binding zinc(II) complexes, CLINICAL BIOCHEMISTRY, 43巻, 3号, pp. 302-306, 201002
  15. Separation and detection of large phosphoproteins using Phos-tag SDS-PAGE, NATURE PROTOCOLS, 4巻, 10号, pp. 1513-1521, 2009
  16. The DNA-binding activity of mouse DNA methyltransferase 1 is regulated by phosphorylation with casein kinase 1 delta/epsilon, BIOCHEMICAL JOURNAL, 427巻, pp. 489-497, 20100501
  17. Zinc(II)-cyclen polyacrylamide gel electrophoresis for detection of mutations in short Ade/Thy-rich DNA fragments, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 408巻, 2号, pp. 348-350, 20110115
  18. Improved Phos-tag SDS-PAGE under neutral pH conditions for advanced protein phosphorylation profiling, PROTEOMICS, 11巻, 2号, pp. 319-323, 201101
  19. A Phos-tag-based fluorescence resonance energy transfer system for the analysis of the kinase reaction of a substrate peptide, ANALYTICAL METHODS, 3巻, 6号, pp. 1303-1309, 201106
  20. Phos-tag SDS-PAGE systems for phosphorylation profiling of proteins with a wide range of molecular masses under neutral pH conditions, PROTEOMICS, 12巻, 2号, pp. 192-202, 201201
  21. Highly sensitive detection of protein phosphorylation by using improved Phos-tag Biotin, PROTEOMICS, 12巻, 7号, pp. 932-937, 201204
  22. Separation and identification of four distinct serine-phosphorylation states of ovalbumin by Phos-tag affinity electrophoresis, ELECTROPHORESIS, 33巻, 5号, pp. 849-855, 201203
  23. Phos-tag Technology for Phosphoproteomics, BUNSEKI KAGAKU, 61巻, 6号, pp. 469-487, 201206
  24. A Phos-tag-based magnetic-bead method for rapid and selective separation of phosphorylated biomolecules, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES, 925巻, pp. 86-94, 20130415
  25. Sandwich assay for phosphorylation of protein multiplexes by using antibodies and Phos-tag, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 438巻, 2号, pp. 104-106, 20130715
  26. Increase in Lipophilicity of Enalaprilat by Complexation with Copper (II) or Zinc (II) Ions, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 133巻, 10号, pp. 1135-1141, 201310
  27. A macrocyclic zinc(II) fluorophore as a detector of apoptosis, Proceedings of the National Academy of Sciences of USA, 100巻, 7号, pp. 3731-3736, 20030401
  28. Non-SCN5A Related Brugada Syndromes: Verification of Normal Splicing and Trafficking of SCN5A without Exonic Mutations, Annals of Human Genetics, 71巻, pp. 8-17, 20070101
  29. Separation of a phosphorylated-His protein using phosphate-affinity polyacrylamide gel electrophoresis, Analytical Biochemistry, 360巻, pp. 160-162, 20070101
  30. Label-free kinase profiling using phosphate affinity polyacrylamide gel electrophoresis, Molecular & Cellular Proteomics, 6巻, 2号, pp. 356-366, 20070201
  31. Identification on membrane and characterization of phosphoproteins using an alkoxide-bridged dinuclear metal complex as a phosphate binding tag molecule, Journal of Biomolecular Techniques, 18巻, 5号, pp. 278-286, 20071201
  32. A single nucleotide polymorphism genotyping method using phosphate-affinity polyacrylamide gel electrophoresis, Analytical Biochemistry, 361巻, pp. 294-298, 20070201
  33. Natural and synthetic double-stranded DNA binding studies of macrocyclic tetraamine complexes., Journal of biological inorganic chemistry, 4巻, pp. 431-440, 19990801
  34. A new type of potent inhibitors of HIV-1 TAR RNA-Tat peptide binding by zinc(II)?macrocyclic tetraamine complexes, Journal of the American Chemical Society, 123巻, pp. 7911-7912, 19990901
  35. New potent agents binding to a poly(dT) sequence in double-stranded DNA: bis(Zn2+?cyclen) and tris (Zn2+?cyclen) complexes, Journal of Biological Inorganic Chemistry, 7巻, pp. 473-482, 20020101
  36. A novel phosphate-affinity bead immobilized with Phos-tag for separation and enrichment of phosphopeptides and phosphoproteins, Journal of Integrated Omics, 1巻, 1号, pp. 157-169, 20110201
  37. A Laborsaving, Timesaving, and More Reliable Strategy for Separation of Low-Molecular-Mass Phosphoproteins in Phos-tag Affinity Electrophoresis, Intrenational Journal of Chemistry, 4巻, 5号, pp. e1-e8, 20120901
  38. Phos-tag beads as an immunoblotting enhancer for selective detection of phosphoproteins in cell lysates, Analytical Biochemistry, 389巻, 1号, pp. 83-85, 20090601
  39. キナーゼプロファイリングのための新しいリン酸アフィニティー電気泳動法, 生物物理化学(日本電気泳動学会編), 51巻, 3号, pp. 199-206, 20070901
  40. Selective recognition of consecutive G sequence in double-stranded DNA by a Zinc(II)-macrocyclic tetraamine complex appended with an anthraquinone, Journal of Inorganic Biochemistry, 82巻, pp. 239-249, 20001001
  41. Controlling gene expression by zinc(II)-macrocyclic tetraamine complexes, Journal of Inorganic Biochemistry, 79巻, pp. 253-259, 20000101
  42. Novel Recognition of Thymine Base in Double-Stranded DNA by Zinc(II)-Macrocyclic Tetraamine Complexes Appended with Aromatic Groups, Journal of American Chemical Society, 121巻, 23号, pp. 5426-5436, 19990701
  43. タンパク質リン酸化修飾の高感度検出法と新しいオミクス技術としての展開, 生化学(日本生化学会機関誌), 85巻, 6号, pp. 447-455, 20130601
  44. Phos-tag-Based Microarray Techniques Advance Phosphoproteomics, Journal of Proteomics & Bioinformatics, S6巻, 1号, pp. 8, 20130601
  45. プロトコール集 フォスタグテクノロジーを用いたリン酸化タンパク質解析法, 生物物理化学(日本電気泳動学会編), 56巻, pp. s51-s75, 20120101
  46. 今後の展望2 蛍光性Phos-tagを用いたタンパク質リン酸化反応の解析法, 生物物理化学(日本電気泳動学会編), 56巻, pp. s45-s49, 20120101
  47. 今後の展望1 中性条件で泳動を行うPhos-tag SDS-PAGEを用いたリン酸化タンパク質解析, 生物物理化学(日本電気泳動学会編), 56巻, pp. s41-s44, 20120101
  48. フォスタグケミストリー, 生物物理化学(日本電気泳動学会編), 56巻, pp. s3-s7, 20120101
  49. Phos-tagを用いた高分子量リン酸化タンパク質の質的・量的変動モニタリング法, 生化学(日本生化学会機関誌), 82巻, 9号, pp. 857-862, 20100901
  50. Phosphate-affinity Gel Electrophoresis Using a Phos-tag Molecule for Phosphoproteome Study, Current Proteomics, 6巻, pp. 104-121, 20090701
  51. Phos-tag affinity electrophoresis for protein kinase profiling, in Protein Kinase Technology (ed. by Mukai, H), Neuromethods (Springer, New York), 68巻, pp. 13-34, 20120601
  52. Phosphate-affinity polyacrylamide gel electrophoresis for SNP genotyping, in Single Nucleotide Polymorphisms (ed. by Komar AA), Methods in Molecular Biology (Humana Press), 578巻, pp. 183-192, 20091101
  53. Zn(II)-cyclen polyacrylamide gel electrophoresis for SNP detection, in Single Nucleotide Polymorphisms (ed. by Komar AA), Methods in Molecular Biology (Humana Press), 578巻, pp. 169-182, 20091101
  54. A new type of potent inhibitors of HIV-1 TAR RNA-Tat peptide binding by zinc(II)-macrocyclic tetraamine complexes, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 123巻, 32号, pp. 7911-7912, 20010815
  55. Reliable and cost-effective screening of inherited heterozygosity by Zn2+-cyclen polyacrylamide gel electrophoresis, CLINICAL CHEMISTRY, 51巻, 11号, pp. 2195-2198, 200511
  56. Enrichment of phosphorylated proteins from cell lysate using a novel phosphate-affinity chromatography at physiological pH, PROTEOMICS, 6巻, 19号, pp. 5088-5095, 200610
  57. Phosphate-Affinity Gel Electrophoresis Using a Phos-Tag Molecule for Phosphoproteome Study, CURRENT PROTEOMICS, 6巻, 2号, pp. 104-121, 200907
  58. Profiling of protein thiophosphorylation by Phos-tag affinity electrophoresis: Evaluation of adenosine 5-O-( 3-thiotriphosphate) as a phosphoryl donor in protein kinase reactions, PROTEOMICS, 14巻, 6号, pp. 668-679, 201403
  59. Simple enrichment of thiol-containing biomolecules by using zinc(II)-cyclen-functionalized magnetic beads, JOURNAL OF SEPARATION SCIENCE, 37巻, 13号, pp. 1601-1609, 201407
  60. Tips on improving the efficiency of electrotransfer of target proteins from Phos-tag SDS-PAGE gel, PROTEOMICS, 14巻, 21-22号, pp. 2437-2442, 201411
  61. Advances in Phos-tag-based methodologies for separation and detection of the phosphoproteome, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS, 1854巻, 6号, pp. 601-608, 201506
  62. Functional Characterization of the Receiver Domain for Phosphorelay Control in Hybrid Sensor Kinases, PLOS ONE, 10巻, 7号, pp. e0132598-e0132598, 201507
  63. Improving the Electrotransfer Efficiency of Target Phosphoprotein from Phos-tag SDS-PAGE Gel, BUNSEKI KAGAKU, 64巻, 7号, pp. 501-509, 201507
  64. The cutting edge of affinity electrophoresis technology, Proteomes, 3巻, pp. 42-55, 2015
  65. Neutral phosphate affinity SDS-PAGE system for profiling of protein phosphorylation, Methods Mol. Biol., 1295巻, pp. 323-354, 2015
  66. A Phos-tag-based fluorescence quenching system for activity assay and inhibitor screening for alkaline phosphatase., Americam Journal of Analitycal Chemistry, 5巻, pp. 796-804, 2014
  67. アフィニティー電気泳動技術の最前線, ぶんせき, 7巻, pp. 365-371, 2014
  68. Identification of two phosphorylated species of β-catenin involved in the ubiquitin-proteasomepathway by using two- dimensional Phos-tag affinity electrophoresis., Journal of Electrophoresis, 58巻, pp. 1-4, 2014
  69. Validation of Cis and Trans Modes in Multistep Phosphotransfer Signaling of Bacterial Tripartite Sensor Kinases by Using Phos-Tag SDS-PAGE, PLOS ONE, 11巻, 2号, pp. e0148294, 20160201
  70. Expression and phosphorylation state analysis of intracellular protein kinases using Multi-PK antibody and Phos-tag SDS-PAGE, METHODSX, 2巻, pp. 469-474, 2015
  71. A Phos-tag SDS-PAGE method that effectively uses phosphoproteomic data for profiling the phosphorylation dynamics of MEK1, PROTEOMICS, 16巻, 13号, pp. 1825-1836, 201607
  72. A novel thiol-affinity micropipette tip method using zinc(II)-cyclen-attached agarose beads for enrichment of cysteine-containing molecules, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES, 1031巻, pp. 195-201, 20160915
  73. Specific glutamic acid residues in targeted proteins induce exaggerated retardations in Phos-tag SDS-PAGE migration, ELECTROPHORESIS, 38巻, 8号, pp. 1139-1146, 201704
  74. TAMRA/TAMRA Fluorescence Quenching Systems for the Activity Assay of Alkaline Phosphatase., Sensors, 17巻, 8号, pp. 1877-1-1877-12, 201708
  75. A Phos-tag-based micropipette-tip method for rapid and selective enrichment of phosphopeptides, ELECTROPHORESIS, 38巻, 19号, pp. 2447-2455, 201710
  76. A simple method for determining the ligand affinity toward a zinc-enzyme model by using a TAMRA/TAMRA interaction, DALTON TRANSACTIONS, 47巻, 6号, pp. 1841-1848, 20180214
  77. The Cutting Edge of Affinity Electrophoresis Technology, PROTEOMES, 3巻, 1号, pp. 42-55, 201503
  78. Increase in constitutively active MEK1 species by introduction of MEK1 mutations identified in cancers, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, 2018
  79. A method for profiling the phosphorylation state of tyrosine protein kinases, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomic, 2018
  80. A simple method for determining the ligand affinity toward a zinc-enzyme, Dalton transaction, 47巻, pp. 1840-1848, 2018
  81. Zn(II)–Phos-tag SDS-PAGE for Separation and Detection of a DNA Damage-Related Signaling Large Phosphoprotein, ATM Kinase: Methods and Protocols, Methods in Molecular Biology, 1599巻, 1599号, pp. 113-126, 2017
  82. Phos-tag SDS-PAGE methodology that effectively uses phosphoproteomic data for profiling the phosphorylation dynamics of MEK1, Journal of electrophoresis, 61巻, pp. 9-15, 2017
  83. Increase in constitutively active MEK1 species by introduction of MEK1 mutations identified in cancers, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS, 1867巻, 1号, pp. 62-70, 201901
  84. A method for profiling the phosphorylation state of tyrosine protein kinases, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS, 1867巻, 1号, pp. 71-75, 201901
  85. Gel-based analysis of protein phosphorylation status by rapid fluorometric staining using TAMRA-labeled Phos-tag., Journal of Electrophoresis, 63巻, pp. 25-32, 2019
  86. Quantitative monitoring of His and Asp phosphorylation in a bacterial signaling system by using Phos-tag Magenta/Cyan fluorescent dyes, Electrophoresis, 2019
  87. Quantitative monitoring of His and Asp phosphorylation in a bacterial signaling system by using Phos-tag Magenta/Cyan fluorescent dyes, ELECTROPHORESIS, 40巻, 22号, pp. 3005-3013, 201911
  88. A strategy to identify protein-N-myristoylation-dependent phosphorylation reactions of cellular proteins by using Phostag SDS-PAGE, PLOS ONE, 14巻, 11号, 20191121
  89. An immuno-dot blot assay for screening histidine kinase inhibitors, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 600巻, 20200701
  90. Phos-tag-based micropipette-tip method for analysis of phosphomonoester-type impurities in synthetic oligonucleotides, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES, 1151巻, 20200815
  91. ★, Ptorein-N-myristylation-dependent phosphorylation of serine 13 or tyrosine kinase Lyn by casein kinase 1gamma at the Golgi during intracellular protein traffic, Scientific Report, 10巻, pp. 16273, 2020

著書等出版物

  1. 2019年, 共著, 978-1-61779-111-6
  2. 2020年01月, 電気泳動 2020 64 35-39, Phos-tagを用いたバクテリア2成分伝達系リン酸化タンパク質の定量解析法, 2020年, 共著, 木下恵美子,木下英司,小池透
  3. 2017年, ATM Kinase: Methods and Protocols, Methods in Molecular Biology, vol. 1599,113-126,2017, Zn(II)–Phos-tag SDS-PAGE for Separation and Detection of a DNA Damage-Related Signaling Large Phosphoprotein, 2017年, 単行本(学術書), 共著, 英語, Eiji Kinoshita, Emiko Kinoshita-Kikuta, and Tohru Koike
  4. 2016年, Kinoshita-Kikuta, E., Eiji Kinoshita, and Koike, T. in Phospho-proteomics: 1355 (ed. by Stechow, L); Springer, New York, 17–29 (2016)., Phosphopeptide detection with biotin-labeled Phos-tag., 2016年, 単行本(学術書), 共著, 英語, Kinoshita-Kikuta, E., Eiji Kinoshita, and Koike, T.
  5. 2015年, Phos-tag-based affinity chromatography techniques for enrichment of the phosphoproteome. Eiji Kinoshita, Kinoshita-Kikuta, E., and Koike, T. in Protein Modifications in Pathogenic Dysregulation of Signaling. (eds. by Inoue, J and Takekawa, M); Springer, New York, 17–30 (2015)., 2015年, 単行本(学術書), 共著, English, Eiji Kinoshita, Kinoshita-Kikuta, E., Koike, T
  6. 2015年, Phos-tag technology for kinomics. Kinoshita-Kikuta, E., Eiji Kinoshita, and Koike, T. in Kinomics: Approaches and Applications. (eds. by Kraatz, H.-B. and Martic, S); Wiley-VCH, Weinheim, 195–210 (2015)., Wiley-VCH, 2015年, 2015, 単行本(学術書), 共著, English, Kinoshita-Kikuta, E., Eiji Kinoshita, Koike, T
  7. 2013年, タンパク質リン酸化修飾の高感度検出法と新しいオミクス技術としての展開.生化学,85: (日本生化学会)447–455., 日本生化学会, 2013年
  8. 2013年, 68. Phos-tag-based microarray techniques advance phosphoproteomics.J. Proteomics Bioinform. S6: 008. (2013)., 2013年
  9. 2012年, Kinoshita, E., Kinoshita-Kikuta, E., and Koike, T. Gel-based methods using DNA-binding zinc(II) complexes for the detection of DNA mutations. in DNA Replication and Mutation (ed. by Leitner, RP); Nova Science Publishers, New York, 91–111 (2012), 2012年
  10. 2012年05月, Phos-tag ゲルによるリン酸化タンパク質の分離・同定法.臨床プロテオミクス~バイオマーカー探索から個別化医療へ pp. 271-274, 金原出版, 2012年, 05, 単行本(学術書), 共著, 9784307004701, 4
  11. 2012年, Kinoshita, E., Kinoshita-Kikuta, E., and Koike, T. Phos-tag affinity electrophoresis for protein kinase profiling. in Protein Kinase Technology, Neuromethods, 68, (ed. by Mukai, H); Springer, New York, 13-34 (2012), 2012年
  12. 2012年03月, リン酸基アフィニティ電気泳動法(Phos-tag SDS-PAGE)を用いたタンパク質リン酸化修飾の高感度検出.実験医学,30,増刊号「シグナル伝達研究最前線2012」 pp. 686-692, 羊土社, 2012年, 03, 単行本(学術書), 共著, 9784758103213, 7
  13. 2011年, フォスタグケミストリー. 日本電気泳動学会誌 生物物理化学, 56, s3-s7 (2011), 日本電気泳動学会, 2011年
  14. 2011年, 中性条件で泳動を行う改良型Phos-tagSDS-PAGEを用いた リン酸化タンパク質解析. 日本電気泳動学会誌 生物物理化学, 56, s41-s44 (2011), 日本電気泳動学会, 2011年
  15. 2011年, 蛍光性Phos-tagを用いたタンパク質リン酸化反応の解析法 日本電気泳動学会誌 生物物理化学, 56, s45-s50 (2011), 日本電気泳動学会, 2011年
  16. 2011年, プロトコール集 フォスタグテクノロジーを用いたリン酸化タンパク質解析法.日本電気泳動学会誌 生物物理化学, 56, s51-s75(2011), 日本電気泳動学会, 2011年
  17. 2010年, Phos-tag電気泳動を用いた高分子量リン酸化タンパク質の質的・量的変動モニタリング法. 日本生化学会誌 生化学,82, 857-862(2010), 日本生化学会, 2010年
  18. 2009年09月, 細胞内リン酸化タンパク質を高精度に検出するためのPhos-tagビーズによるサンプル前処理法.細胞工学,28, pp. 934-938, 秀潤社, 2009年, 09, 共著, 6
  19. 2009年, Zn(II)–cyclen polyacrylamide gel electrophoresis for SNP detection. in Single Nucleotide Polymorphisms, Methods in Molecular Biology, 578 (ed. by Komar AA); Humana Press, p169–182. (2009), 2009年
  20. 2009年, Phosphate-affinity polyacrylamide gel electrophoresis for SNP genotyping. in Single Nucleotide Polymorphisms, Methods in Molecular Biology, 578 (ed. by Komar AA); Humana Press, p183–192 (2009), 2009年
  21. 2007年05月, リン酸基アフィニティー電気泳動法を利用した細胞内タンパク質リン酸化反応の解析法.実験医学,25,pp. 1129-1235, 羊土社, 2007年, 05, 共著, 7
  22. 2007年03月, リン酸基親和性クロマトグラフィーを用いた細胞内のリン酸化タンパク質の網羅的精製. バイオテクノロジージャーナル,7,pp. 217-220, 羊土社, 2007年, 03, 共著, 4
  23. 2007年, キナーゼプロファイリングのための新しいリン酸アフィニティ電気泳動法. 日本電気泳動学会誌 生物物理化学, 51,199-206 (2007), 日本電気泳動学会, 2007年
  24. 2007年, 金属イオンの特性を利用したリン酸化タンパク質の特異的認識と検出.      薬学雑誌,127, 1897–1913 (2007), 日本薬学会, 2007年
  25. 2007年12月, リン酸基アフィニティー電気泳動法を利用した遺伝子診断法.実験医学,25,pp. 3033-3039, 羊土社, 2007年, 12, 共著, 7
  26. 2006年11月, Phos-tagを用いたリン酸化タンパク質の検出法②アクリルアミド化Phos-tagを用いたリン酸アフィニティー電気泳動.実験医学,24,pp. 2649-2654, 羊土社, 2006年, 11, 共著
  27. 2006年10月, Phos-tagを用いたリン酸化タンパク質の検出法①ビオチン化Phos-tagを用いたケミルミ検出.実験医学,24,pp. 2523-2528, 羊土社, 2006年, 10, 共著
  28. 2019年04月, 和光純薬時報, Phos-tag を用いたタンパク質のリン酸化解析, 2019年, 04, その他, 共著, 木下恵美子,木下英司,小池透, ISSN 1347-4804, 32

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 細胞内のタンパク質のN-ミリストイル化に依存したリン酸化反応, 木下恵美子,木下英司,内海俊彦,小池透, 第71回日本電気泳動学会総会, 2020年11月, 通常, 日本語, Web
  2. チロシンキナーゼ Lyn は細胞膜への輸送の過程でゴルジ体においてcasein kinase 1γによってセリン13をリン酸化される, 木下恵美子,内海俊彦,木下英司、小池透 , 第93回日本生化学会, 2020年09月, 通常, 日本語, Web
  3. チロシンキナーゼ Lyn は細胞膜への輸送の過程でゴルジ体においてcasein kinase 1γによってセリン13をリン酸化される, 木下恵美子,内海俊彦,木下英司、小池透 , 第93回日本生化学会, 通常, 日本語
  4. Phos-tag 蛍光ゲル染色剤を用いた細菌の2成分伝達系のHis/Asp定量的リン酸化解析, 斧尚吾,木下恵美子,木下英司,小池透, 第93回日本生化学会, 2020年09月14日, 通常, 日本語
  5. 蛍光Phos-tag誘導体によるブロット膜上のリン酸化タンパク質の定量解析法の開発, 赤山圭佑,木下恵美子,木下英司,小池透, 93回日本生化学会, 2020年09月14日, 通常, 日本語, 日本生化学会, オンライン
  6. TAMRA-Phostagを用いたリン酸化タンパク質のゲル染色法, 草本寛,西村朋世,木下恵美子,木下英司,小池透, 第91回日本生化学会大会, 2018年09月25日, 通常, 日本語
  7. TAMRA-Phostagを用いたリン酸化タンパク質のゲル染色法 , 草本寛,西村朋世,木下恵美子,木下英司,小池透, 第69回日本電気泳動学会, 2018年08月07日, 通常, 日本語
  8. N-ミリストイル化依存的なタンパク質リン酸化反応のPhos-tag SDS-PAGEを用いた解析法の確立, 谷川 綾音、木下 恵美子、黄波戸 亜哉、守屋 康子、木下 英司、小池 透、内海 俊彦, 第59回日本生化学会 中国四国支部例会, 2018年05月10日, 通常, 日本語
  9. Phos-tag SDS-PAGEを用いたN-ミリストイル化依存的なタンパク質リン酸化反応の解析, 谷川 綾音、木下 恵美子、黄波戸 亜哉、守屋 康子、木下 英司、小池 透、内海 俊彦, 日本農芸化学会大会, 2018年03月01日, 通常, 日本語
  10. 亜鉛酵素モデルに対するリガンドの親和性を解析する新規分光分析法の開発, 草本 寛,芝 晃生,常弘 昌弥,藤岡 晴人,木下 恵美子,木下 英司,小池 透, 日本薬学会第138年会, 2018年03月28日, 通常, 日本語
  11. 蛍光クエンチングを用いるアルカリホスファターゼ分析の新規蛍光分析法の開発, 芝 晃生,木下 恵美子,木下 英司,小池 透, 日本薬学会第138年会, 2018年03月28日, 通常, 日本語
  12. プロテインキナーゼのリン酸化動態のプロファイリング法の開発, 上里裕樹、木下英司、木下恵美子、小池透、亀下勇、杉山康憲, 2017年度生命科学系学会合同年会 ComBio2017, 2017年12月08日, 通常, 日本語
  13. Phos-tagを基盤としたin vitro キナーゼアッセイ法:宿主細胞に由来する偽陽性のキナーゼ活性を見極める有効手段, 木下英司,木下恵美子,小池 透, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017), 2017年12月08日, 通常, 日本語
  14. Phos-tag SDS-PAGEを基盤としたin vitro キナーゼアッセイ法: 宿主細胞に由来する偽陽性のキナーゼ活性を見極める, 藤田萌々子・木下恵美子・木下英司・小池透, 第68回日本電気泳動学会, 2017年11月24日, 通常, 日本語
  15. ハイブリッドヒスチジンキナーゼにおけるリン酸基転移反応様式の検証, 池上まどか・木下恵美子・木下英司・小池透, 第68回日本電気泳動学会, 2017年11月24日, 通常, 日本語
  16. 細胞内情報伝達におけるMEK1リン酸化種の動態解析, 谷口翼・上田爽夏・石山美帆・木下恵美子・木下英司・小池透, 第68回日本電気泳動学会, 2017年11月24日, 通常, 日本語
  17. Phos-tag SDS-PAGEの移動度に影響を及ぼすリン酸基以外の要因, 木下恵美子・山戸護久・西山敦洋・河野敏己・木下英司・小池透, 第68回日本電気泳動学会, 2017年11月24日, 通常, 日本語
  18. マルチPK抗体とPhos-tag 2D-PAGEを組み合わせたプロテインキナーゼのプロファイル法, 上里裕樹, 木下英司, 木下恵美子, 小池透,亀下勇, 杉山康憲, 第68回日本電気泳動学会, 2017年11月24日, 通常, 日本語
  19. タンパク質のリン酸化分子種全体を見える化するPhos-tag SDS-PAGE, 木下恵美子, 日本プロテオーム学会2017年大会, 2017年07月28日, 通常, 日本語
  20. フォスタグ技術とプロテオミクス情報を活用した細胞内MEK1リン酸化ダイナミクスのプロファイリング, 木下英司,木下恵美子,小池透, 第137回日本薬学会年会, 2017年03月24日, 通常, 日本語
  21. フォスタグ技術とプロテオミクス情報を活用した細胞内MEK1リン酸化ダイナミクスのプロファイリング, 木下英司,木下恵美子,小池透, 第137回日本薬学会年会, 2017年03月24日, 通常, 日本語
  22. リン酸化タンパク質選択的な電気泳動ゲル蛍光染色法, 草本寛・木下恵美子・木下英司・小池透, 日本プロテオーム学会JPrOS2019,日本電気泳動学会JES2019合同年会, 2019年07月25日, 通常, 日本語, 日本プロテオーム学会,日本電気泳動学会, 宮崎市
  23. Phos-tag を用いたリン酸化タンパク質の解析法, 木下恵美子, 日本プロテオーム学会JPrOS2019,日本電気泳動学会JES2019合同年会, 2019年07月25日, 通常, 日本語
  24. 錯体医薬における亜鉛酵素阻害剤の親和性解析, 草本 寛,木下 恵美子,木下 英司,小池 透, 医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年07月13日, 通常, 日本語, 広島市

取得

  1. 特許権, 電気泳動試薬,電気泳動用組成物および核酸の分離方法
  2. 特許権, リン酸基を有する物質の染色方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費補助金 基盤研究(C), タンパク質のリン酸化状態から疾患の病態をプロファイリングするシステムの開発, 2018年, 2020年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 迅速に進行するリン酸基転移反応の中間体ダイナミクスを可視化する分析技術の創出, 2015年, 2017年
  3. 2014年度 薬学系研究奨励, チオリン酸化反応を利用した脆弱なタンパク質リン酸基転移反応中間体の追跡, 2014年, 2015年
  4. 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP), 亜鉛フォスタグ電気泳動用中性プレキャストゲルの開発, 2012年, 2013年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 広域分子量タンパク質群のリン酸化動態を追跡できるリン酸基親和性電気泳動ゲルの開発, 2012年, 2014年
  6. H22年度産学官連携新産業創出研究会, 生体内リン酸蛋白質を分離精製するためのカラムクロマトデバイスの開発・商品化, 2010年, 2011年
  7. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), リン酸親和性電気泳動に基づく蛋白質二重翻訳後修飾の同時検出法の開発とその応用, 2010年, 2011年
  8. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), リン酸基アフィニティー蛍光ディファレンスゲル二次元電気泳動法の開発, 2008年, 2009年
  9. リン酸アフィニティーマイクロチップ電気泳動法の開発 ~セルロース繊維を利用した生体内リン酸化分子認識ゲル媒体の構築~, 2007年, 2008年
  10. 平成19年度 シーズ発掘試験, リン酸基結合ナノ分子を用いた高感度メチル化DNA検出法の開発, 2007年, 2008年
  11. 平成18年度 シーズ発掘試験, 高流速対応型の新規リン酸アフィニティークロマトグラフィーカラムの開発, 2006年, 2007年
  12. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), オーダーメード医療を目的とした迅速かつ網羅的な疾患遺伝子多型検出法の開発, 2006年, 2007年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 評議員 評議員, 2016年04月, 2017年03月, 日本電気泳動学会
  2. 株式会社フォスラボ, 2018年05月, 2028年04月, 代表取締役社長

学術会議等の主催

  1. 日本電気泳動学会 第68回総会, 事務局長, 2017年11月