北須賀 輝明TERUAKI KITASUKA

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 准教授
ホームページ
メールアドレス
kitasukahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(工学) (奈良先端科学技術大学院大学)
  • 博士(工学) (九州大学)

教育担当

  • 【学士課程】 情報科学部 : 情報科学科 : 計算機科学プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 情報科学プログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 情報科学プログラム

研究分野

  • 情報学 / 計算基盤 / 情報ネットワーク
  • 情報学 / 計算基盤 / 情報ネットワーク

研究キーワード

  • モバイル・コンピューティング,ユビキタス・コンピューティング

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  2. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), プログラミングII
  3. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), プログラミングIV
  4. 2022年, 学部専門, 2ターム, 情報社会とセキュリティ
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 情報科学特別演習A
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 情報科学特別演習A
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 情報科学特別演習B
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 情報科学特別演習B
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 情報科学特別研究
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, Mobile Computing
  11. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 情報科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A heuristic method of generating diameter 3 graphs for order/degree problem, 2016 10th IEEE/ACM International Symposium on Networks-on-Chip, NOCS 2016, 20160928
  2. Shared MPR sets for moderately dense wireless multihop networks, International Journal of Distributed Sensor Networks, 2015巻, 20150101
  3. Energy-efficient fragmentation scheme for IEEE 802.11 DCF: Delay and Fairness considerations, Journal of Internet Technology, 15巻, 4号, pp. 625-634, 20140101
  4. Development of a modeling education program for novices using model-driven development, Proceedings of the 2012 Workshop on Embedded and Cyber-Physical Systems Education, WESE 2012, 20131024
  5. Finding more efficient multipoint relay set to reduce topology control traffic of OLSR, 2013 IEEE 14th International Symposium on a World of Wireless, Mobile and Multimedia Networks, WoWMoM 2013, 20130916
  6. Efficient survey database construction using location fingerprinting interpolation, Proceedings - International Conference on Advanced Information Networking and Applications, AINA, pp. 469-476, 20130808
  7. Performance evaluation of probabilistic relay in ad hoc on-demand distance vector and Ad hoc on-demand multipath distance vector under highly dynamic environments, Journal of Computer Science, 9巻, 7号, pp. 905-921, 20130719
  8. A preliminary study of the number of votes under majority rule in crowdsourcing, Procedia Computer Science, 22巻, pp. 537-543, 20130101
  9. Test collection recycling for semantic text similarity, ACM International Conference Proceeding Series, pp. 286-289, 20121201
  10. Performance evaluation of AODV and AOMDV with probabilistic relay in VANET environments, Proceedings of the 2012 3rd International Conference on Networking and Computing, ICNC 2012, pp. 259-263, 20121201
  11. Economical and fault-tolerant load balancing in distributed stream processing systems, IEICE Transactions on Information and Systems, E95-D巻, 4号, pp. 1062-1073, 20120101
  12. An effectively focused crawling system, Studies in Computational Intelligence, 376巻, pp. 61-76, 20120101
  13. Density of multipoint relays in dense wireless multi-hop networks, Proceedings - 2011 2nd International Conference on Networking and Computing, ICNC 2011, pp. 134-140, 20111201
  14. An evaluation of routing protocols with probabilistic relay in VANETs, IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON, pp. 187-191, 20111201
  15. A web browsing behavior recording system, Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 6884 LNAI巻, PART 4号, pp. 53-62, 20110929
  16. Design and implementation of a system for finding appropriate tags to photos in Flickr from Web browsing behaviour, International Journal of Web and Grid Services, 7巻, 1号, pp. 75-90, 20110201
  17. Probabilistic broadcast-based cache invalidation scheme for location dependent data in mobile environments, IEICE Transactions on Information and Systems, E94-D巻, 8号, pp. 1590-1601, 20110101
  18. Collaborative filtering for position estimation error correction in WLAN positioning systems, IEICE Transactions on Communications, E94-B巻, 3号, pp. 649-657, 20110101
  19. Exploitation of backup nodes for reducing recovery cost in high availability stream processing systems, ACM International Conference Proceeding Series, pp. 61-63, 20101215
  20. Cooperative MPR selection to reduce topology control packets in OLSR, IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON, pp. 293-298, 20101201
  21. A self-recovery technique for highly-available stream processing over local area networks, IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON, pp. 2406-2411, 20101201
  22. Where to crawl next for focused crawlers, Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 6279 LNAI巻, PART 4号, pp. 220-229, 20101129
  23. A common key generation technique based on similarity of received signal strength for secure wireless face-to-face communication, 8th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies, APSITT 2010, 20100916
  24. Symbolic device for short-range wireless pairwise communication, 8th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies, APSITT 2010, 20100916
  25. Improving a news recommendation system in adapting to interests of a user with storage of a constant size, Advances in Web Technologies and Applications - Proceedings of the 12th Asia-Pacific Web Conference, APWeb 2010, pp. 109-115, 20100709
  26. Tag recommendation for Flickr using web browsing behavior, Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 6017 LNCS巻, PART 2号, pp. 412-421, 20100520
  27. Redundant TC message senders in OLSR, IEICE Transactions on Information and Systems, E93-D巻, 12号, pp. 3269-3272, 20100101
  28. Estimation algorithms of popular objects on distributed hash table using local lookup logs, Proceedings of the 2009 2nd International Conference on Computer Science and Its Applications, CSA 2009, 20091201
  29. Highly efficient multipoint relay selections in link state QoS routing protocol for multi-hop wireless networks, 2009 IEEE International Symposium on a World of Wireless, Mobile and Multimedia Networks and Workshops, WOWMOM 2009, 20091201
  30. Introducing group participation support into P2P web caching systems, Proceedings - International Conference on Advanced Information Networking and Applications, AINA, pp. 868-875, 20091005
  31. Name resolution middleware using relative positional relationship to support wireless visiblearea communication, Proceedings - International Conference on Advanced Information Networking and Applications, AINA, pp. 443-450, 20091005
  32. A mutual authentication method on wireless visible area network, Research Reports on Information Science and Electrical Engineering of Kyushu University, 14巻, 2号, pp. 77-82, 20090901
  33. Large scale business-academia collaboration in master education course, CSEDU 2009 - Proceedings of the 1st International Conference on Computer Supported Education, 2巻, pp. 159-166, 20090721
  34. Multipoint relay selections with QoS support in link state routing protocol for multi-hop wireless networks, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E92-A巻, 9号, pp. 2118-2226, 20090101
  35. A spam filtering method learning from web browsing behavior, Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 5178 LNAI巻, PART 2号, pp. 774-781, 20081224
  36. Extracting user preference from Web browsing behaviour for spam filtering, International Journal of Advanced Intelligence Paradigms, 1巻, 2号, pp. 126-138, 20080401
  37. Introducing fault tree analysis into product line software engineering for exception handling feature exploitation, Proceedings of the IASTED International Conference on Software Engineering, SE 2007, pp. 229-234, 20071201
  38. UDSS: Sensor device for context awareness in home network, 4th International Conference on Networked Sensing Systems, INSS, pp. 196-200, 20071201
  39. WiPS: Location and motion sensing technique of IEEE 802.11 devices, Proceedings - 3rd International Conference on Information Technology and Applications, ICITA 2005, II巻, pp. 346-349, 20051201
  40. Positioning technique of wireless LAN terminals using RSSI between terminals, Proceedings of the 2005 International Conference on Pervasive Systems and Computing, PSC'05, pp. 47-53, 20051201
  41. Access point determination method considering route stability on the hybrid Ad-hoc network, Proceedings of the 2005 International Conference on Wireless Networks, ICWN'05, pp. 348-353, 20051201
  42. Design of a context-aware message exchange system in an ad-hoc network, Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, PDPTA'04, 3巻, pp. 1142-1146, 20041201
  43. Product line based component unification and exploiting unified components in FORM, Proceedings - Asia-Pacific Software Engineering Conference, APSEC, pp. 559-563, 20041201
  44. Node mobility aware routing for mobile ad hoc network, IEICE Transactions on Communications, E87-B巻, 7号, pp. 1926-1930, 20040101
  45. A context-aware middleware mapping processes and user-context subspaces, Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 4巻, pp. 1591-1597, 20031201
  46. Proposal of wireless peer-to-peer system using the wireless multi-hop network to access wireless hot spot, Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2巻, pp. 877-881, 20031201
  47. Design of a context-aware email delivery system, Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, 2巻, pp. 744-750, 20031201
  48. Mobility Based Algorithm for Mobile Ad-hoc Network, IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings, I巻, pp. 334-337, 20031107
  49. Wireless LAN Based Indoor Positioning System WiPS and Its Simulation, IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings, I巻, pp. 272-275, 20031107
  50. Design and implementation of the Lambda μ-kernel based operating system for embedded systems, Proceedings of the 10th Workshop on ACM SIGOPS European Workshop, EW 10, pp. 178-181, 20021201
  51. Location estimation system using wireless ad-hoc network, International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications, WPMC, 1巻, pp. 305-309, 20020101
  52. Loop parallelization technique for linear dependence vector, Parallel Architectures and Compilation Techniques - Conference Proceedings, pp. 285-289, 19950101
  53. Low-cost IMU and GPS Fusion Strategy for Apron Vehicle Positioning, Proc. 2017 IEEE Region 10 Conference (TENCON’17), pp. 1-6, 20171105
  54. 準計画的接触モデルと遅延耐性ネットワークの配信時刻予測についての基礎検討, 電子情報通信学会技術研究報告, 117巻, 115号, pp. 37-41, 20170706
  55. 無線LANを用いた屋内向け測位方式WiPSのための予備実験, 情処マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2003) シンポジウム論文集, pp. 401-404, 2003
  56. 無線通信網を用いた屋内向け測位方式, 情処マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2002) シンポジウム論文集, Nov., 2002
  57. 無線通信網を用いた屋内向け測位方式, 情処マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2002) シンポジウム論文集, Nov., 2002
  58. アドホックネットワークルーティングプロトコルの音声通信性能の検証, 情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL), 2004巻, 44号, pp. 75-80, 20040514
  59. 測位方式WiPSを用いた無線LAN端末の動き検出の応用, 情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL), 2004巻, 114号, pp. 95-102, 20041111
  60. 無線LANにおけるアドホックネットワークの通信グレーゾーン問題の検討, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2004巻, 62号, pp. 7-11, 20040611
  61. プログラム特化適用法による速度とコードサイズのトレードオフ評価, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2004巻, 62号, pp. 29-34, 20040611
  62. アドホックネットワークにおけるコンテキストアウェアメッセージ交換システムのキャッシング方式の検討, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2004巻, 106号, pp. 37-42, 20041104
  63. アドホックネットワークルーティングにおけるグレーゾーン問題の検討, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2005巻, 34号, pp. 1-6, 20050323
  64. 無線通信網を用いた屋内向け測位方式, 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS), 44巻, 10号, pp. 131-140, 20030715
  65. 自動モノリシック化機能を持つ組込み向けマイクロカーネル構成オペレーティングシステム, 情報処理学会論文誌, 43巻, 6号, pp. 1725-1734, 20020615
  66. 自動モノリシック化機能を持つ組込み向けマイクロカーネル構成オペレーティングシステム, 情報処理学会論文誌, 43巻, 6号, pp. 1725-1734, 20020615
  67. A Case Study of Development of a Java Bytecode Analyzer Framework Using AspectJ, 情報処理学会論文誌プログラミング(PRO), 46巻, 1号, pp. 65-77, 20050115
  68. Logic-based Binding Time Analysis for Java Using Reaching Definitions, 情報処理学会論文誌プログラミング(PRO), 46巻, 1号, pp. 121-133, 20050115
  69. 異常状態の大域的検出と要求駆動型例外処理に関する一考察, 情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS), 2003巻, 19号, pp. 7-13, 20030227
  70. アドホックネットワークを利用したインターネット接続システムの管理方法に関する考察, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), 2004巻, 46号, pp. 111-116, 20040514
  71. 線形依存ベクトルのループの並列性抽出法, 情報処理学会研究報告. [プログラミング-言語基礎実践-], 94巻, 65号, pp. 25-32, 19940721
  72. 汎用OSのアプリケーション特化の半自動化, 情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS), 2002巻, 13号, pp. 95-100, 20020214
  73. 組込向けマイクロカーネルOS Lambdaのメモリ管理機構の実装, 情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS), 2002巻, 13号, pp. 141-146, 20020214
  74. LambdaオペレーティングシステムのLinux上での実現, 情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS), 2002巻, 60号, pp. 133-140, 20020627
  75. 模型を使った組込みソフトウェア設計教育試行とその評価, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2005巻, 118号, pp. 31-36, 20051122
  76. 再接続時間を短縮したアドホックネットワークルーティングプロトコルの提案と評価, 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム, 103巻, 10号, pp. 1-4, 20030418
  77. [奨励論文] アドホックネットワークにおける複数の経路維持手法の考察, 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム, 103巻, 386号, pp. 45-48, 20031017
  78. アドホックネットワークルーティングプロトコルの音声通信性能の検証, 電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信, 104巻, 38号, pp. 5-10, 20040507
  79. シミュレータを利用した組み込み向けソフトウェア開発方法論の提案, 電子情報通信学会技術研究報告, 103巻, 102号, pp. 25-30, 20030530
  80. 環境適応性向上のためのコンテキストの加工・解釈手法の一検討, 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム, 105巻, 357号, pp. 33-36, 20051013
  81. 汎用OSのアプリケーション特化の半自動化, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2002巻, 13号, pp. 95-100, 20020214
  82. 組込向けマイクロカーネルOS Lambdaのメモリ管理機構の実装, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2002巻, 13号, pp. 141-146, 20020214
  83. 社会の未来を拓くネットワーク情報共有空間 : 4.情報共有空間のためのシームレスコンピューティング, 情報処理, 48巻, 2号, pp. 142-147, 20070215
  84. 既存フィーチャモデルのUML表現についての一考察, 電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス, 106巻, 522号, pp. 31-36, 20070125
  85. プロダクトライン開発方法論PLUSへのユーザインタフェースモデリングの導入, 電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス, 106巻, 523号, pp. 37-42, 20070126
  86. 性能と信頼性を考慮したコンテキストアウェアミドルウェアCAMPUS, 情報処理学会研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI), 2004巻, 4号, pp. 69-76, 20040120
  87. 電池残量を考慮したアドホックネットワークルーティングの提案とその予備評価, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2002巻, 55号, pp. 13-18, 20020607
  88. 負荷分散を考慮したアドホックネットワークルーティングの提案とその予備評価, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2002巻, 55号, pp. 19-24, 20020607
  89. 負荷分散を考慮したアドホックネットワークルーティングの提案とその予備評価, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2002巻, 55号, pp. 19-24, 20020607
  90. 無線LANを用いた屋内向け測位方式WiPSの予備評価, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2003巻, 26号, pp. 27-32, 20030307
  91. プロダクトライン開発におけるコアアセット変更コストの見積り, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2007巻, 112号, pp. 17-24, 20071119
  92. ホームネットワークにおいてセンサによる高度なイベント通知を実現するフレームワークの提案, 情報処理学会研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI), 2007巻, 118号, pp. 1-8, 20071129
  93. OLSRに基づくリンク品質を考慮した経路制御プロトコル, 電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信, 107巻, 446号, pp. 31-36, 20080117
  94. WiPS : 無線LAN機器を用いた位置測定システム, 電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信, 107巻, 446号, pp. 81-82, 20080117
  95. ホームネットワーム向けセンサデバイスのためのフレームワーク, 電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信, 107巻, 446号, pp. 83-84, 20080117
  96. WiPS : 無線LAN機器を用いた位置測定システム, 電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク : IEICE technical report, 107巻, 447号, pp. 97-98, 20080117
  97. プロダクトライン開発のためのフィーチャ指向単体テストの一手法, 電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス, 107巻, 505号, pp. 1-6, 20080225
  98. MANETにおける通信グレーゾーン問題を考慮した高スループット経路の選択手法の提案と評価, 情報処理学会研究報告システム評価(EVA), 2008巻, 60号, pp. 1-8, 20080620
  99. RASを用いたソフトウェアプロダクトライン開発資産表現, 電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス, 108巻, 242号, pp. 7-12, 20081009
  100. B-15-1 無線可視領域ネットワークのための端末相互認証手法における視覚情報の効果(B-15.モバイルマルチメディア通信,一般セッション), 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2009巻, 1号, 20090304
  101. 相対位置情報を利用した無線可視領域における通信を支援する名前解決ミドルウェアの設計と評価, 電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信, 108巻, 290号, pp. 45-50, 20081106
  102. 無線LAN環境における主成分分析を用いたハイブリッド位置推定手法, 電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信, 108巻, 290号, pp. 39-44, 20081106
  103. 無線 LAN を用いた位置推定システムのためのデバイス正規化手法, 研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL), 2009巻, 8号, pp. 79-85, 20090122
  104. 相対位置情報を利用した名前解決ミドルウェアのための負荷分散手法の評価, 電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信, 109巻, 22号, pp. 89-94, 20090430
  105. 無線可視領域ネットワークにおける端末相互認証手法の評価, 電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信, 108巻, 448号, pp. 13-18, 20090226
  106. ホームネットワークのためのセンサ連携を支援するイベント駆動フレームワーク, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B, 92巻, 7号, pp. 1050-1060, 20090701
  107. 無線可視領域通信を支援する相対位置情報を利用した名前解決ミドルウェア, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B, 92巻, 4号, pp. 643-655, 20090401
  108. 無線LAN環境における主成分分析を用いたハイブリッド位置推定手法, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition), 93巻, 10号, pp. 1876-1884, 20101001
  109. 無線LAN位置推定システムにおける正準相関分析を用いたデバイス適応手法, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition), 93巻, 10号, pp. 1885-1893, 20101001
  110. ペースの異なる同一動作を認識するためのDTW距離の一検討, 電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信, 109巻, 380号, pp. 69-74, 20100114
  111. OLSRにおけるTCメッセージ送信ノード数に関する一考察, 電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信, 109巻, 380号, pp. 75-79, 20100114
  112. 大規模な産学連携による高度ICT人材育成に向けての取り組み, 情報処理学会論文誌, 49巻, 8号, pp. 2830-2842, 20080815
  113. VODサービスのためのサーバ・P2P統合ストリーミングシステム, 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ, 110巻, 21号, pp. 37-42, 20100419
  114. DTW法を用いた単純行動の認識を組み合わせた日常行動の認識方法の検討, 全国大会講演論文集, 72巻, 0号, pp. 87-88, 20100308
  115. 加速度計を用いた歩行分析による疲労推定特徴量の検討, 研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL), 2011巻, 27号, pp. 1-8, 20110228
  116. DTW法を用いた行動の切替り時刻推定手法の検討, 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI), 2011巻, 28号, pp. 1-8, 20110228
  117. マーカーレスモーションキャプチャ装置を用いた歩容による個人識別法の検討, 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI), 2012巻, 9号, pp. 1-7, 20120707
  118. 無線LANを用いた屋内位置推定における学習コスト削減のための高精度データ補間手法, 情報処理学会論文誌, 54巻, 4号, pp. 1609-1618, 20130415
  119. 無線メッシュネッ トワークにおける伝送タイミング制御に関する一検討, 研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL), 2014巻, 27号, pp. 1-6, 20140508
  120. 3次元仮想空間でのロープワーク実現のためのインタフェースの提案, 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI), 2015巻, 23号, pp. 1-8, 20150223
  121. 無線LAN屋内測位への周波数選択性フェージング応用方法の検討 (モバイルネットワークとアプリケーション), 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114巻, 308号, pp. 25-29, 20141118
  122. メッセージフェリー型DTNにおけるメッセージの到達時刻の推定手法 (モバイルネットワークとアプリケーション), 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114巻, 308号, pp. 49-54, 20141118
  123. B-15-9 履修科目でみる大学生間ソーシャルネットワークの分析事例(B-15.モバイルネットワークとアプリケーション,一般セッション), 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2015巻, 1号, 20150825
  124. Wireless LAN Based Indoor Positioning System WiPS and Its Simulation, IEEE Pacific RIM Conference on Communications, Computers, and Signal Processing - Proceedings, 0巻, pp. 272-275, 2003
  125. 相対位置情報を利用した名前解決ミドルウェアのための負荷軽減手法, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 15巻, 2号, pp. 99-104, 20100924
  126. A Web Browsing Behavior Recording System, Lecture Notes in Computer Science, 6884巻, pp. 53-62, 2011
  127. 無線可視領域ネットワークにおける端末相互認証手法, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 14巻, 2号, pp. 77-82, 200909
  128. 制御パケット削減のためのアドホックネットワーク経路制御プロトコルOLSRの拡張法の提案, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 2009巻, 0号, pp. 112-112, 2009
  129. k-匿名性を用いた車車間通信における位置情報サービスでのプライバシー保護手法, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 2009巻, 0号, pp. 115-115, 2009
  130. 3軸加速度センサを用いた長時間歩行疲労の推定に関する一考察, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 2009巻, 0号, pp. 39-39, 2009
  131. 加速度センサを用いた投球姿勢改善のための熟練者スキル推定手法の一考察, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 2009巻, 0号, pp. 40-40, 2009
  132. 画像検索に位相限定相関法を用いる際の特徴量の検討, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 2013巻, 0号, pp. 341-341, 2013
  133. Amazon EC2における大量ノードによる分散ソフトウェアトランザクショナルメモリ(DSTM)アプリケーションの実行, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 2013巻, 0号, pp. 328-328, 2013
  134. ボリューム・レンダリング向き並列計算機のアーキテクチャ, 情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC), 1992巻, 97号, pp. 113-120, 19921203
  135. 移動性によって端末をグルーピングした無線経路制御手法, 情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL), 2003巻, 21号, pp. 21-26, 20030306
  136. ウェアラブル/移動情報端末におけるコンテキスト指向プロセス管理, 情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL), 2002巻, 115号, pp. 145-151, 20021128
  137. ソフトウェア初学者へのモデリング教育におけるMDDの活用, 組込みシステムシンポジウム2011論文集, 2011巻, pp. 15-1-15-9, 20111012
  138. MANETにおける経路近傍ノードによる確率的再送制御方式, マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2011論文集, 2011巻, pp. 44-51, 20110630
  139. ソフトウェアモデリング教育におけるモデル駆動開発の活用, 研究報告コンピュータと教育(CE), 2012巻, 5号, pp. 1-10, 20120128
  140. 位置情報を使った近くの端末との直感的アドホック通信ソフトウェア, 第47回プログラミング・シンポジウム予稿集, 2006巻, pp. 199-202, 20060110
  141. 伝送周期の調整による無線マルチホップネットワーク上での TCP の輻輳の緩和手法, マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2013論文集, 2013巻, pp. 530-537, 20130703
  142. 視線推定の頭部自由化のための距離画像を利用した頭部姿勢推定, マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2013論文集, 2013巻, pp. 1201-1206, 20130703
  143. 高信頼なデータストリーム処理システムにおけるリカバリ時間短縮手法の提案, 日本データベース学会論文誌, 9巻, 1号, pp. 29-34, 201006
  144. 無線LANを用いた屋内向けユーザ位置測定方式WiPSの実装, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2004) シンポジウム論文集, 2004

受賞

  1. 2016年11月22日, Widest Improvement Award Graph Golf 2016, General Chair of CANDAL Organizing Committee
  2. 2017年11月22日, CANDAR 2017 General Graph Widest Improvement Award & Grid Graph Deepest Improvement Award, CANDAR 2017 Organizing Committee
  3. 2018年11月27日, Graph Golf 2018 General Graph Deepest Improvement Award, CANDAR Organizing Committee