高橋 治子HARUKO TAKAHASHI

Last Updated :2023/03/03

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
harukothiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島県東広島市鏡山1−3−1 理学部A棟A-309
TEL:082-424-7441
自己紹介
生体外(in vitro)で「3次元的ながん組織」を再構築・モデル化し、画像やオミックスデータを合わせた統合的な解析により、がん悪性化の分子メカニズムの解明や、創薬・診断ツールなどへの応用を目指す。

基本情報

主な職歴

  • 2010年04月, 2012年03月, 日本学術振興会, 特別研究員(DC)
  • 2012年04月, 2013年03月, 日本学術振興会, 特別研究員(PD)
  • 2012年07月, 2015年12月, 米国ミシガン大学歯学部, 博士研究員
  • 2014年04月, 2015年12月, 日本学術振興会, 海外特別研究員
  • 2016年01月01日, 2018年03月31日, 東京大学, 生産技術研究所, 特任助教
  • 2018年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 助教
  • 2019年04月01日, 広島大学, 統合生命科学研究科, 助教

学位

  • 修士(医科学) (東京医科歯科大学)
  • 博士(学術) (東京医科歯科大学)

担当主専攻プログラム

  • 生物学プログラム

研究分野

  • 複合領域 / 人間医工学 / 生体医工学・生体材料学
  • 総合理工 / ナノ・マイクロ科学 / ナノマイクロシステム
  • 総合生物 / 腫瘍学 / 腫瘍生物学

研究キーワード

  • 分子生物学, 腫瘍モデル, 生体材料学, 生体医工学

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 3ターム, 生物学入門
  2. 2022年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  3. 2022年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  4. 2022年, 学部専門, 2ターム, 発生生物学B
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 発生生物学演習
  6. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  7. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  8. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験III
  9. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  10. 2022年, 学部専門, 4ターム, 情報生物学
  11. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 発生生物学演習
  12. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 発生生物学演習
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎生物学特別演習A
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎生物学特別演習A
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎生物学特別演習B
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎生物学特別演習B
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, セルダイナミクス・ゲノミクス学特論
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  19. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー B
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 先端生命技術概論
  21. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  22. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーD
  23. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーE

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Radiomic analysis for pretreatment prediction of recurrence post-radiotherapy in cervical squamous cell carcinoma cancer, Diagnostics, 12巻, pp. 2346, 2022
  2. Biomimetic antimicrobial polymers – Design, characterization, antimicrobial and novel applications, WIREs Nanomedicine & Nanobiotechnology, 2022
  3. Understanding Breast cancers through spatial and high-resolution visualization using imaging technologies, Cancers, 14巻, pp. 4080, 2022
  4. Methylome data derived from maternal-zygotic DNA methyltransferase 3aa-/- zebrafish, Data in Brief, 44巻, pp. 108514, 2022
  5. Identification of aberrant transcription termination at specific gene loci with DNA hypomethylated transcription termination sites caused by DNA methyltransferase deficiency, Genes & Genetic Systems, 2022
  6. ★, Analysis of melanoma gene expression signatures at the single-cell level uncovers 45-gene signature related to prognosis, Biomedicines, 10巻, 7号, pp. 1478, 2022
  7. ★, 3D in vitro co-culture disc for spatiotemporal image analysis of cancer-stromal cell interaction, Biomaterials Science, 9巻, pp. 4448-4458, 2021
  8. Amphiphilic Polymer therapeutics: An alternative platform in the fight against antibiotic resistant bacteria, Biomaterials Science, 9巻, pp. 2758-2767, 2021
  9. Synthetic Biomimetic polymethacrylates: Promising platform for the design of anti-cyanobacterial and anti-algal agents, Polymers, 13巻, pp. 1025, 2021
  10. ★, Anticancer polymers designed for killing dormant prostate cancer cells, Scientific Reports, 9巻, pp. 1096, 2019
  11. Branched Poly(ethylene imine)s as Anti‐algal and Anti‐cyanobacterial Agents with Selective Flocculation Behavior to Cyanobacteria over Algae, Macromolecular Bioscience, 18巻, pp. 1800187, 2018
  12. A 3D in vitro pericyte-supported microvessel model: visualisation and quantitative characterisation of multistep angiogenesis, Journal of Materials Chemistry B, 6巻, pp. 1085-1094, 2018
  13. A vascular endothelial growth factor-dependent sprouting angiogenesis assay based on an in vitro human blood vessel model for the study of anti-angiogenic drugs, EBioMedicine, 27巻, pp. 225-236, 2018
  14. Synthetic random copolymers as a molecular platform to mimic host-defense antimicrobial peptides, Bioconjugate Chemistry, 28巻, pp. 1340-1350, 2017
  15. Bundle gel fibers with tunable microenvironment for in vitro neuron cell guiding, ACS Applied Materials and Interfaces, 9巻, pp. 43250-43257, 2017
  16. A vascular permeability assay using an in vitro human microvessel model mimicking the inflammatory condition, Nanotheranostics, 1巻, pp. 103-113, 2017
  17. ★, Visualizing dynamics of angiogenic sprouting from a three-dimensional microvasculature model using stage-top optical coherence tomography, Scientific Reports, 7巻, pp. 42426, 2017
  18. Cationic amphiphilic polymers with antimicrobial activity for oral care applications: Eradication of S. mutans biofilm, Biomacromolecules, 18巻, pp. 257-265, 2017
  19. A cationic amphiphilic random copolymer with pH-responsive activity against methicillin-resistant Staphylococcus aureus, PLoS ONE, 12巻, pp. e0169262, 2017
  20. Radical-medicated end-group transformation of amphiphilic methacrylate random copolymers for modulation of antimicrobial and hemolytic activities, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 55巻, pp. 304-312, 2017
  21. Multiwalled carbon nanotube reinforced biomimetic bundled gel fibres, Biomaterials Science, 4巻, pp. 1197-1201, 2016
  22. Affinity-mediated capture and release of amphiphilic copolymers for controlling antimicrobial activity, Chemical Communications, 51巻, pp. 12597-12600, 2015
  23. Nanogel-based pneumococcal surface protein A nasal vaccine induces microRNA-associated Th17 cell responses with neutralizing antibodies against Streptococcus pneumoniae in macaques, Mucosal Immunology, 8巻, pp. 1144-1153, 2015
  24. Molecular design, structures, and activity of antimicrobial peptide-mimetic polymers, Macromolecular Bioscience, 13巻, pp. 1285-1299, 2013
  25. Nanogel-based antigen-delivery system for nasal vaccines, Biotechnology and Genetic Engineering Reviews, 29巻, pp. 61-72, 2013
  26. Amphiphilic nanogel of enzymatically synthesized glycogen as an artificial molecular chaperone for effectcive protein refolding, RSC Advences, 3巻, pp. 25716-25718, 2013
  27. Cationic amphiphilic polysaccharide nanoballs: protein stabilization and intracellular delivery by nano-encapsulation, Biomaterials Science, 1巻, pp. 842-849, 2013
  28. Activation of platelets upon contact with a vitamin E-coated/non-coated surface, Journal of Artificial Organs, 16巻, pp. 193-205, 2013
  29. Nanogel-based PspA intranasal vaccine prevents invasive disease and nasal colonization by Streptococcus pneumoniae, Infection and Immunity, 81巻, pp. 1625-1634, 2013
  30. Self-assembled pH-sensitive cholesteryl pullulan nanogel as a protein delivery vehicle, Biomacromolecules, 14巻, pp. 56-63, 2013
  31. Artificial chaperone polysaccharide nanogels for protein delivery: a thermodynamic study of protein-nanogel interactions using fluorescence correlation spectroscopy, Current Drug Discovery Technologies, 8巻, pp. 308-313, 2011
  32. Amphiphilic polysaccharide nanoballs: a new building block for nanogel biomedical engineering and artificial chaperones, ACS nano, 5巻, pp. 337-345, 2011
  33. Nanogel antigenic protein-delivery system for adjuvant-free intranasal vaccines, Nature materials, 9巻, pp. 572-578, 2010
  34. The binding of pullulan modified cholesteryl nanogels to AB oligomers and their suppression of cytotoxicity, Biomaterials, 30巻, pp. 5583-5591, 2009

著書等出版物

  1. 2015年, Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials, Vaccine, Springer, 2015年, English, Haruko Takahashi, Kazunari Akiyoshi
  2. 2012年, 先端バイオマテリアルハンドブック, 免疫とDDS, エヌ・ティー・エス, 2012年, 日本語, 高橋治子, 秋吉一成
  3. 2010年, 酵素利用技術体系-基礎・解析から改変・高機能化・産業利用まで-, 人工分子シャペロンシステム, エヌ・ティー・エス, 2010年, 日本語, 高橋治子, 秋吉一成
  4. 2009年, ヘルスケアとバイオ医療のための先端デバイス機器, DDSナノデバイス, シーエムシー出版, 2009年, 日本語, 高橋治子, 秋吉一成

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. アッセンブロイドを利用したマウス胚四肢における筋―腱接合部形成過程の解析, 高橋治子, 第40回日本骨代謝学会学術集会, 2022年07月, 通常, 日本語
  2. Disc-type 3D in vitro cancer modeling system for spatiotemporal visualization of cell-cell interaction, Haruko Takahashi, 2nd International Congress of Asian Oncology Society, 2nd International Congress of Asian Oncology Society, 2022年06月, 招待, 英語
  3. Synthetic anti-cancer polymer therapeutics to target cancer cell membrane, Haruko Takahashi, 3rd International Conference on Materials Science & Engineering (Materials2022), 2022年04月, 招待, 英語
  4. 工学的手法を用いた筋・腱アッセンブロイドによる筋―腱接合部形成機構の解析, 高橋治子, Shin-Yu Lee, 雲山一慧, Ruolin Hao, 池田皓, Mingcong Xu, 永樂元次, 菊池裕, 第44回 日本分子生物学会年会, 2021年12月, 招待, 英語
  5. 3D in vitro cancer and stromal cell co-culture disc for spatiotemporal image analysis, Haruko Takahashi, Yutaka Kikuchi, 1st JCA-AACR Precision Cancer Medicine International Conference, 2021年09月, 通常, 英語
  6. 哺乳類における運動器の筋―腱接合部の形成と成熟機構の統合的理解, 高橋治子, 山本泰久, 雲山一慧, 池田皓, 徐銘聡, 菊池裕, 第43回 日本分子生物学会年会, 2020年12月, 招待, 英語
  7. 3次元in vitro培養系によるがん微小環境理解のための組織構成的アプローチ, 高橋治子, 菊池裕, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月, 招待, 日本語
  8. 3次元共培養法によるがん―周辺線維芽細胞相互作用の時空間的解析, 高橋治子, 菊池裕, 第3回がん三次元培養研究会, 2019年11月, 通常, 日本語
  9. ヒト細胞の3次元培養によるがん微小環境の構築と解析, 高橋治子, 第71回 日本生物工学会大会, 2019年09月, 招待, 日本語
  10. Molecular engineering of antimicrobial polymers to target biofilms, Haruko Takahashi, ACS 257th National Meeting & Exposition, 2019年04月, 招待, 英語
  11. In vitroにおけるがんおよび周辺細胞の微小環境形成過程の解析, 高橋治子, 菊池裕, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 通常, 日本語
  12. In vitro 3次元培養によるがん関連線維芽細胞形成過程の解析, 高橋治子, 菊池裕, 第2回がん三次元培養研究会, 2018年11月, 通常, 日本語

受賞

  1. 2021年05月, 統合生命科学研究科奨励賞, 広島大学統合生命科学研究科
  2. 2017年11月, 学会賞, 第12回ナノ・バイオメディカル学会大会
  3. 2009年11月, 大会長賞, 第31回日本バイオマテリアル学会大会
  4. 2009年07月, ベストポスター賞, 第25回日本DDS学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 2022年度「ウイルス・幹細胞システム医生物学共同研究拠点」共同研究課題, 配向制御型3次元細胞培養システムを利用した筋・腱複合組織の作製と筋―腱接合部形成機構の解明, 2022年04月, 2023年03月
  2. 国際共同研究強化(B), 筋骨格システムを制御する腱・靱帯のメカノバイオロジー機構の解明, 2021年10月, 2026年03月
  3. 科学研究費助成事業基盤研究(C), 3次元培養系を利用したがん幹細胞性・薬剤耐性に対する抗がん性高分子の高機能化, 2021年04月, 2024年03月
  4. 科学研究費助成事業基盤研究(C), DNAメチル化による転写終結位置制御機構の解明, 2021年04月, 2024年03月
  5. 2021年度「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」共同研究課題, 生体外3次元筋・腱複合組織の作製と筋-腱接合部形成・成熟過程の解明 ―組織内の細胞配向を可能にする3次元細胞培養材料の活用―, 2021年04月, 2022年03月
  6. 令和3年度 金沢大学がん進展制御研究所共同研究, がん幹細胞のストレス耐性を制御するmiRNAの機構解明, 2021年04月, 2022年03月
  7. 令和2年度金沢大学がん進展制御研究所共同研究, がん幹細胞維持に関わるmiRNAの探索と機構解明, 2020年04月, 2021年03月
  8. 令和元年度広島大学女性研究者国際共同研究助成, がん細胞膜を標的とした抗がん性ポリマーの開発と評価, 2020年04月, 2021年03月
  9. 科学研究費助成事業若手研究, 生体模倣設計に基づいた抗がん性ナノ粒子の設計と評価, 2018年04月, 2020年03月
  10. 公益財団法人野口研究所野口遵研究助成金, 抗がんナノメディシン評価のためのがん微小環境モデルデバイスの構築, 2018年04月, 2019年12月
  11. 国立研究開発法人科学技術振興機構地域産学バリュープログラム, 薬剤耐性を誘導しない衛生材料用ポリマー抗菌剤の開発, 2017年10月, 2018年09月
  12. 科学研究費助成事業研究活動スタート支援, 曲率を制御した足場材料によるin vitro 3次元微小血管新生モデルの構築, 2016年10月, 2018年03月

社会活動

委員会等委員歴

  1. 専門調査員, 2022年04月, 2023年03月, 文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター
  2. 共同研究員, 2021年04月, 2022年03月, 金沢大学がん進展制御研究所
  3. 専門調査員, 2021年04月, 2022年03月, 文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター
  4. 共同研究員, 2020年04月, 2021年03月, 金沢大学がん進展制御研究所
  5. 専門調査員, 2020年04月, 2021年03月, 文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 科学の芽育成講座, 生き物の身体ができる不思議, 東広島市, 2022年/07月, 講師, 出前授業, 小学生
  2. 科学の芽育成講座, 生き物の身体ができる不思議, 東広島市, 2019年/10月, 講師, 出前授業, 小学生
  3. グローバルサイエンスキャンパス(GSC)広島, 第4回ステップステージ分野別セミナー, ゼブラフィッシュ胚を用いた初期発生の観察, 2019年/10月, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  4. Interview in "Female Researchers", Science Communication Fellowship Program, 2019年/05月, インタビュイー
  5. 出前授業, がんを"作って"、"知ろう" —生命医科学研究を目指して—, 2018年/09月, 熊本信愛女学院高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  6. 理学部・理学研究科キャリアサポートガイダンス, 研究者への道, 2018年/06月, 講師, セミナー・ワークショップ, 大学生