祢津 智久TOMOHISA NEZU

Last Updated :2024/07/05

所属・職名
病院(医) 講師
メールアドレス
tomonezuhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
脳神経疾患全般の診療を行っています。脳血管障害を中心に、疫学研究、脳循環代謝、脳神経超音波の研究を行っています。国内の共同機関とネットワークをつくり脳卒中診療の向上を目指しています。さらに、血液バイオマーカーや医療機器の開発などにも注目して関連部署と協力して研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2011年04月01日, 2014年03月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2022年04月01日, 広島大学, 病院, 講師
  • 2005年04月01日, 2007年03月31日, 呉共済病院 , 初期研修医
  • 2007年04月01日, 2008年03月31日, 広島大学病院, 脳神経内科, 医科診療医
  • 2008年04月01日, 2011年03月31日, 国立循環器病研究センター, 脳血管内科, レジデント
  • 2011年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学大学院, 大学院生
  • 2015年04月01日, 2015年09月30日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 特任助教
  • 2015年10月01日, 2016年03月31日, 川崎医科大学, 脳卒中医学, 講師
  • 2016年04月01日, 2017年03月31日, 広島大学病院, 脳神経内科, 助教
  • 2017年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 助教
  • 2019年04月01日, 2022年03月31日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 助教

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 2005年03月
  • 広島大学大学院医歯薬学総合研究科, 2015年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 神経内科学

研究キーワード

  • 神経内科学、脳卒中医学

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本神経学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本脳神経超音波学会
  • 日本脳循環代謝学会
  • 日本動脈硬化学会
  • 日本頭痛学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  2. 2024年, 学部専門, 通年, 脳神経医学III
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  4. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Acute Amnesic Symptoms Due to Bilateral Fornix Column Infarction: a Case Report, 5巻, 238号, 20231005
  2. Diffusion-Weighted Imaging Hyperintensities in Acute and Subacute-Phase Intracerebral Hemorrhage, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 31巻, 8号, 202208
  3. Short-term or long-term outcomes for stroke patients with cancer according to biological markers, JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES, 436巻, 20220515
  4. Liver fibrosis index is associated with functional outcome among acute ischemic stroke patients, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 33巻, 2号, 202402
  5. Peak expiratory flow, but not tongue pressure, can predict pneumonia development in older adults, EUROPEAN GERIATRIC MEDICINE, 14巻, 1号, pp. 211-217, 202302
  6. 'Raisin bread sign' feature of pontine autosomal dominant microangiopathy and leukoencephalopathy, BRAIN COMMUNICATIONS, 5巻, 6号, 20231101
  7. Association between Carotid Wall Shear Stress-Based Vascular Vector Flow Mapping and Cerebral Small Vessel Disease, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 30巻, 9号, pp. 1165-1175, 2023
  8. A case of ischemic stroke associated with protein-losing gastroenteropathy and protein S deficiency, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 32巻, 7号, 202307
  9. Paradoxical effects of levetiracetam in people with epilepsy with rhythmic epileptiform discharges, EPILEPSY & BEHAVIOR, 143巻, 202306
  10. Novel partial deletions, frameshift and missense mutations of CSF1R in patents with CSF1R-related leukoencephalopathy, EUROPEAN JOURNAL OF NEUROLOGY, 30巻, 7号, pp. 1861-1870, 202307
  11. Screening for non-convulsive status epilepticus with density spectrum array in critical care EEG, QJM ., 202201
  12. Editorial: Consequences of the COVID-19 Pandemic on Care for Neurological Conditions, 2021
  13. ★, Short-term or long-term outcomes for stroke patients with cancer according to biological markers, 202203
  14. Diffusion-Weighted Imaging Hyperintensities in Acute and Subacute-Phase Intracerebral Hemorrhage, J Stroke Cerebrovasc Dis ., 202208
  15. Association between Carotid Wall Shear Stress-Based Vascular Vector Flow Mapping and Cerebral Small Vessel Disease, J Atheroscler Thromb ., 202211
  16. Peak expiratory flow, but not tongue pressure, can predict pneumonia development in older adults, Eur Geriatr Med ., 202301
  17. ★, A case of ischemic stroke associated with protein-losing gastroenteropathy and protein S deficiency, J Stroke Cerebrovasc Dis ., 202307
  18. Paradoxical effects of levetiracetam in people with epilepsy with rhythmic epileptiform discharges, Epilepsy Behav ., 202301
  19. ★, The association between nutritional intake one week after admission and outcome in acute ischemic stroke patients, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 31巻, 11号, 202211
  20. Are patients with Parkinson's disease at a lower risk of catching the common cold? Propensity score matching, PARKINSONISM & RELATED DISORDERS, 106巻, 202301
  21. ★, Various effects of nutritional status on clinical outcomes after intracerebral hemorrhage, INTERNAL AND EMERGENCY MEDICINE, 17巻, 4号, pp. 1043-1052, 202206
  22. ★, Assessment of Serum IgG Titers to Various Periodontal Pathogens Associated with Atrial Fibrillation in Acute Stroke Patients, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 31巻, 3号, 202203
  23. ★, Clinical characteristics and tumor markers in ischemic stroke patients with active cancer, INTERNAL AND EMERGENCY MEDICINE, 17巻, 3号, pp. 735-741, 202204
  24. Clinical Factors Predicting Voluntary Driving Cessation among Patients with Parkinson's Disease, BEHAVIOURAL NEUROLOGY, 2022巻, 20220320
  25. Effects of Meteorological Conditions on the Risk of Ischemic Stroke Events in Patients Treated with Alteplase-HEWS-tPA, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 24巻, 7号, pp. 1500-1505, 2015
  26. ★, Preserved acetazolamide reactivity in lacunar patients with severe white-matter lesions: O-15-labeled gas and H2O positron emission tomography studies, JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM, 32巻, 5号, pp. 844-850, 2012
  27. Association of Serum Anti-Periodontal Pathogen Antibody with Ischemic Stroke, CEREBROVASCULAR DISEASES, 34巻, 5-6号, pp. 385-392, 2012
  28. ★, Alpha2-macroglobulin as a promising biomarker for cerebral small vessel disease in acute ischemic stroke patients, JOURNAL OF NEUROLOGY, 260巻, 10号, pp. 2642-2649, 2013
  29. The Association between Hyperintense Vessel Sign and Final Ischemic Lesion Differ in Its Location, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 23巻, 6号, pp. 1337-1343, 2014
  30. Safety Evaluation of Substituting Clopidogrel for Ticlopidine in Japanese Patients with Ischemic Stroke-Hiroshima Ticlopidine, Clopidogrel Safe Exchange Trial, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 23巻, 6号, pp. 1485-1490, 2014
  31. CD34+/CD144+Circulating Endothelial Cells as an Indicator of Carotid Atherosclerosis, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 24巻, 3号, pp. 583-590, 2015
  32. ★, Endothelial dysfunction is associated with the severity of cerebral small vessel disease, HYPERTENSION RESEARCH, 38巻, 4号, pp. 291-297, 2015
  33. ★, A Case of Recurrent Ischemic Stroke Involving Subacute, Progressive Intracranial Cerebral Arterial Sclerosis Prior to Diagnosis with JAK2-mutated Polycythemia Vera, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 24巻, 12号, pp. E4-E6, 2015
  34. ★, Greater Severity of Neurological Defects in Women Admitted With Atrial Fibrillation-Related Stroke, CIRCULATION JOURNAL, 80巻, 1号, pp. 250-+, 2015
  35. ★, Telomere G-tail Length is a Promising Biomarker Related to White Matter Lesions and Endothelial Dysfunction in Patients With Cardiovascular Risk: A Cross-sectional Study., EBioMedicine, 2巻, 8号, 2015
  36. ★, Carotid Intima-Media Thickness for Atherosclerosis., Journal of atherosclerosis and thrombosis, 23巻, 1号, 2016
  37. The Japan Statin Treatment Against Recurrent Stroke (J-STARS): A Multicenter, Randomized, Open-label, Parallel-group Study., EBioMedicine, 2巻, 9号, 2015
  38. Changes over Time in Intracranial Air in Patients with Cerebral Air Embolism: Radiological Study in Two Cases., Case reports in neurological medicine, 2015巻, 2015
  39. Intravenous alteplase at 0.6 mg/kg for acute stroke patients with basilar artery occlusion: the stroke acute management with urgent risk factor assessment and improvement (SAMURAI) Recombinant tissue plasminogen activator registry., Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 22巻, 7号, 2013
  40. CHADS2 score is associated with 3-month clinical outcomes after intravenous rt-PA therapy in stroke patients with atrial fibrillation: SAMURAI rt-PA Registry., Journal of the neurological sciences, 306巻, 1-2号, 2011
  41. Intravenous recombinant tissue plasminogen activator therapy for stroke patients receiving maintenance hemodialysis: the Stroke Acute Management with Urgent Risk-Factor Assessment and Improvement (SAMURAI) rt-PA registry., European neurology, 66巻, 1号, 2011
  42. ★, Early ischemic change on CT versus diffusion-weighted imaging for patients with stroke receiving intravenous recombinant tissue-type plasminogen activator therapy: stroke acute management with urgent risk-factor assessment and improvement (SAMURAI) rt-PA registry., Stroke; a journal of cerebral circulation, 42巻, 8号, 2011
  43. ★, Small-vessel disease in the basal ganglia: lacune or microbleed?, Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 21巻, 8号, 2012
  44. Effects of hyperacute blood pressure and heart rate on stroke outcomes after intravenous tissue plasminogen activator., Journal of hypertension, 29巻, 10号, 2011
  45. Nationwide survey of neuro-specialists' opinions on anticoagulant therapy after intracerebral hemorrhage in patients with atrial fibrillation., Journal of the neurological sciences, 312巻, 1-2号, 2012
  46. ★, ASPECTS-DWIにおける領域別早期虚血変化とrt-PA静注療法後の脳梗塞患者の転帰, 脳卒中, 31巻, 5号, pp. 366-373, 20090925
  47. 脳細小血管障害における血管内皮機能と血液バイオマーカーに関する研究, 心臓, 46巻, 12号, pp. 1659-1-1659-1, 2014
  48. ★, Central apnoea associated with subcortical haemorrhage in the left temporal lobe, J Neurol Neurosurg Psychiatry, 81巻, pp. 299-301, 2010
  49. ★, Pretreatment ASPECTS on DWI predicts 3-month outcome following rt-PA: SAMURAI rt-PA Registry., Neurology, 75巻, pp. 555-561, 2010
  50. The Multidisciplinary Swallowing Team Approach Decreases Pneumonia Onset in Acute Stroke Patients, PLOS ONE, 11巻, 5号, 2016
  51. ★, Carotid Intima-Media Thickness for Atherosclerosis, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 23巻, 1号, pp. 18-31, 2016
  52. ★, Temporal Trends in Stroke Severity and Prior Antithrombotic Use Among Acute Ischemic Stroke Patients in Japan, CIRCULATION JOURNAL, 80巻, 9号, pp. 2033-2036, 201609
  53. ★, Multiple Infarcts Are Associated With Long-Term Stroke Recurrence and All-Cause Mortality in Cryptogenic Stroke Patients, STROKE, 47巻, 9号, pp. 2209-2215, 201609
  54. Association Between Absolute Eosinophil Count and Complex Aortic Arch Plaque in Patients With Acute Ischemic Stroke, STROKE, 48巻, 4号, pp. 1074-1076, 2017
  55. Blood pressure control with cilnidipine treatment in Japanese post-stroke hypertensive patients: The CA-ATTEND study, CLINICAL AND EXPERIMENTAL HYPERTENSION, 39巻, 3号, pp. 225-234, 2017
  56. Various meteorological conditions exhibit both immediate and delayed influences on the risk of stroke events: The HEWS-stroke study, PLOS ONE, 12巻, 5号, 2017
  57. A case of hypertensive encephalopathy with enlarged optic nerve sheath measured by transorbital sonography., J Stroke Cerebrovasc Dis, 26巻, pp. e20-e21, 2017
  58. ASPECTS‐DWIにおける領域別早期虚血変化とrt‐PA静注療法後の脳梗塞患者の転帰, 脳卒中, 31巻, 5号, pp. 366-373, 2009
  59. Long-Term Effect of Pravastatin on Carotid Intima-Media Complex Thickness The J-STARS Echo Study (Japan Statin Treatment Against Recurrent Stroke), STROKE, 49巻, 1号, pp. 107-+, 2018
  60. Pravastatin Reduces the Risk of Atherothrombotic Stroke when Administered within Six Months of an Initial Stroke Event, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 25巻, 3号, pp. 262-268, 2018
  61. ★, Impact of D-dimer levels for short-term or long-term outcomes in cryptogenic stroke patients, JOURNAL OF NEUROLOGY, 265巻, 3号, pp. 628-636, 2018
  62. Blood Pressure Variability in Acute Ischemic Stroke: Influence of Infarct Location in the Insular Cortex, EUROPEAN NEUROLOGY, 79巻, 1-2号, pp. 90-99, 2018
  63. ★, Alpha-2-macroglobulin as a Promising Biological Marker of Endothelial Function, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 25巻, 4号, pp. 350-358, 2018
  64. Factors Associated with Intima-Media Complex Thickness of the Common Carotid Artery in Japanese Noncardioembolic Stroke Patients with Hyperlipidemia: The J-STARS Echo Study, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 25巻, 4号, pp. 359-373, 2018
  65. Desirable Low-Density Lipoprotein Cholesterol Levels for Preventing Stroke Recurrence A Post Hoc Analysis of the J-STARS Study (Japan Statin Treatment Against Recurrent Stroke), STROKE, 49巻, 4号, pp. 865-+, 2018
  66. Changes over Time in Intracranial Air in Patients with Cerebral Air Embolism: Radiological Study in Two Cases, CASE REPORTS IN NEUROLOGICAL MEDICINE, 2015
  67. ★, Effects of Cilnidipine, an L/N-Type Calcium Channel Blocker, on Carotid Atherosclerosis in Japanese Post-Stroke Hypertensive Patients: Results from the CA-ATTEND Study, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 25巻, 6号, pp. 490-504, 2018
  68. ★, Antithrombotic Therapy Strategy for Cancer-Associated Ischemic Stroke: A Case Series of 26 Patients, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 27巻, 9号, pp. E206-E211, 2018
  69. ★, Controlling nutritional status score for predicting 3-mo functional outcome in acute ischemic stroke, NUTRITION, 55-56巻, pp. 1-6, 2018
  70. Screening for Fabry Disease in Japanese Patients with Young-Onset Stroke by Measuring alpha-Galactosidase A and Globotriaosylsphingosine, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 27巻, 12号, pp. 3563-3569, 201812
  71. Warm Front Passage on the Previous Day Increased Ischemic Stroke Events, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 28巻, 7号, pp. 1873-1878, 201907
  72. Baseline Carotid Intima-Media Thickness and Stroke Recurrence During Secondary Prevention With Pravastatin, STROKE, 50巻, 6号, pp. 1586-1589, 201906
  73. ★, Steroid-responsive Nivolumab-induced Involuntary Movement with Anti-thyroid Antibodies, INTERNAL MEDICINE, 58巻, 24号, pp. 3577-3581, 2019
  74. Increased blood pressure variability during the subacute phase of ischemic stroke is associated with poor functional outcomes at 3 months, SCIENTIFIC REPORTS, 10巻, 1号, 20200121
  75. ★, Effect of tooth loss and nutritional status on outcomes after ischemic stroke, NUTRITION, 71巻, 202003
  76. Increased blood pressure variability during the subacute phase in patients with ischemic stroke presenting with a low ankle-brachial index, GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL, 20巻, 5号, pp. 448-454, 202005
  77. Different Influences of Statin Treat en in Preventing At-Risk Stroke Subtypes A Post Hoc Analysis of J-STARS, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 27巻, 5号, pp. 449-460, 2020
  78. Serum immunoglobulin G antibody titer to Fusobacterium nucleatum is associated with unfavorable outcome after stroke, CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 200巻, 3号, pp. 302-309, 202006
  79. ★, Effect of Statin on Stroke Recurrence Prevention at Different Infarction Locations: A Post Hoc Analysis of The J-STARS Study, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 27巻, 6号, pp. 524-533, 2020
  80. ★, Treatment of intractable resting tremor of spinocerebellar ataxia 42 with zonisamide, J Neurol Sci ., 15巻, 396号, pp. 119-120, 2019
  81. ★, Conus Medullaris Infarction Involving the Paraspinal Muscles and Nerve Roots, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 29巻, 8号, 202008
  82. Serum IgG titers to periodontal pathogens predict 3-month outcome in ischemic stroke patients, PLOS ONE, 15巻, 8号, 20200806
  83. ★, Usefulness of Carotid Ultrasonography for Risk Stratification of Cerebral and Cardiovascular Disease, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 27巻, 10号, pp. 1023-1035, 2020
  84. ★, Association between periodontal disease due to Campylobacter rectus and cerebral microbleeds in acute stroke patients, PLOS ONE, 15巻, 10号, 20201008
  85. Serum IgG titers against periodontal pathogens are associated with cerebral hemorrhage growth and 3-month outcome, PLOS ONE, 15巻, 10号, 20201028
  86. ★, Effects of vascular compression on the rostral ventrolateral medulla for blood pressure variability in stroke patients, JOURNAL OF HYPERTENSION, 38巻, 12号, pp. 2443-2450, 202012
  87. ★, Prognostic role of the controlling nutritional status score in acute ischemic stroke among stroke subtypes, JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES, 416巻, 20200915
  88. cnm-Positive Streptococcus mutans and diffusion-weighted imaging hyperintensities in acute intracerebral hemorrhage, EUROPEAN JOURNAL OF NEUROLOGY, 28巻, 5号, pp. 1581-1589, 202105
  89. Impact of anatomical variations on ultrasonographic reference values of lower extremity peripheral nerves, MUSCLE & NERVE, 63巻, 6号, pp. 890-896, 202106
  90. Giant Cell Arteritis with Internal Carotid Artery Occlusion in the Absence of Typical Clinical Features, INTERNAL MEDICINE, 60巻, 8号, pp. 1293-1297, 202104
  91. ★, Case of neuronal intranuclear inclusion disease with dynamic perfusion changes lacking typical signs on diffusion-weighted imaging, Neurol Genet., 7:e601巻, 2021
  92. ★, Predictors of stroke outcome extracted from multivariate linear discriminant analysis or neural network analysis., J Atheroscler Thromb., 2021
  93. ★, Utility of magnetic resonance spectroscopy for the progression of neurological symptoms in lenticulostriate artery territory infarction., J Stroke Cerebrovasc Dis, 30巻, pp. 105747, 2021
  94. Increased serum alkaline phosphatase and functional outcome in patients with acute ischemic stroke presenting a low ankle-brachial index., J Atheroscler Thromb., 2021
  95. ★, Case of Neuronal Intranuclear Inclusion Disease With Dynamic Perfusion Changes Lacking Typical Signs on Diffusion-Weighted Imaging, NEUROLOGY-GENETICS, 7巻, 4号, 202108
  96. ★, Utility of Magnetic Resonance Spectroscopy for the Progression of Neurological Symptoms in Lenticulostriate Artery Territory Infarction, JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 30巻, 6号, 202106
  97. ★, Predictors of Stroke Outcome Extracted from Multivariate Linear Discriminant Analysis or Neural Network Analysis, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 29巻, 1号, pp. 99-110, 2022

著書等出版物

  1. 2021年03月, 脳卒中データバンク2021, 発症前抗血栓療法と入院時神経学的重症度の経年的変化, 中山書店, 2021年, 教科書, 共著
  2. 2010年, 脳卒中レジデントマニュアル, アテローム血栓性脳梗塞, 中外医学社
  3. 2009年04月, 知っておきたい血管医学用語(28)Cerebral Microbleeds, Vascular medicine : journal of vascular medicine / 「Vascular medicine」編集委員会 編, 祢津 智久;横田 千晶
  4. 2009年12月, 超急性期の血栓溶解療法, 臨牀と研究, 祢津 智久;峰松 一夫
  5. 2015年11月, 薬物使用過多による頭痛の臨床的検討, 広島医学, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 5, 祢津 智久;小畠 敬太郎;山崎 雄;丸山博文;松本昌泰
  6. 2010年, Vascular Lab, 血管疾患の診断と治療 「脳血管障害」
  7. 2011年, Medicina, 脳卒中の二次予防
  8. 2013年, 脳と循環, 虚血性脳卒中による入院中のスタチン投与は脳卒中後の生存率改善と強く関連している
  9. 2013年, Jmed Mook, 脳卒中の予防法
  10. 2013年, 血栓と循環, 幼児、小児における脳卒中治療‐AHA
  11. 2015年, 週刊日本医事新報, 脳血管内科学, 2015年, 単行本(学術書), 共著
  12. 2015年, 脳卒中データバンク2015, 心房細動例におけるCHADS2スコアと重症度、予後, 中山書店, 2015年, 単行本(一般書), 共著
  13. 2016年, 分子脳血管病, テロメア長・マイクロRNA, 先端医学社, 祢津智久, 田原栄俊, 松本昌泰
  14. 2017年, Treatment of Non-vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants, New Approaches for the Secondary Prevention of Cryptogenic Stroke Using Non-vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants., 2017年, 単行本(学術書), 共著, Tomohisa Nezu, Yoshiki Yagita
  15. 2017年20月17日, 動脈硬化予防, 頸部エコー検査による内膜中膜複合厚の疫学とその臨床的意義, MEDICALVIEW, 2017年, 2017, 単行本(学術書), 共著, 祢津智久、細見直永
  16. 2017年, Stroke Revisited: Diagnosis and Treatment of Ischemic Stroke, Selections of Antithrombotic Agents During Acute Stage., Springer, 2017年, 教科書, 共著, Tomohisa Nezu, Naohisa Hosomi, Masayasu Matsumoto, 135-143
  17. 2019年, 患者がみえる新しい「病気の教科書」かんテキ 脳神経, 血管性認知症 レビー小体型認知症, メディカ出版, 2019年, 教科書, 共著, 日本語, 祢津智久, 9

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Usefulness of myelin quantification with synthetic MRI for predicting outcomes among stroke patients., 第65回日本神経学会学術大会., 2024年05月30日, 通常, 英語, 発表資料
  2. 硬膜動静脈瘻によりパーキンソニズムの増悪を来したパーキンソン病の1例., 第49回日本脳卒中学会学術集会., 2024年03月08日, 通常, 日本語, 発表資料
  3. Stroke mimicking epilepsy症例の救急搬送現場滞在時間の検討, 第49回日本脳卒中学会学術集会, 2024年03月08日, 通常, 日本語, 発表資料
  4. 急性期脳梗塞患者の入院時modified Oral Assessment Guideスコアは発症3か月後の転帰と関連する., 江藤 太, 祢津智久, 青木志郎, 西 裕美, 丸山博文. 急性期脳梗塞患者の入院時modified Oral Assessment Guideスコアは発症3か月後の転帰と関連する. 第49回日本脳卒中学会学術集会. 横浜. 2024年3月., 2024年03月08日, 通常, 日本語, 発表資料
  5. 院内発症脳梗塞の転帰に関する活動性悪性腫瘍の影響: HARP study., 第49回日本脳卒中学会学術集会., 2024年03月08日, 通常, 日本語, 発表資料
  6. 口腔内の歯周病菌量は深部白質病変および急性期脳梗塞患者の転帰と関連する, 第49回日本脳卒中学会学術集会, 2024年03月08日, 通常, 日本語, 発表資料
  7. Ewing肉腫における癌治療関連脳梗塞にrt-PA治療を施行した小児例, 第114回日本神経学会中国・四国地方会., 2023年12月23日, 通常, 日本語, 発表資料
  8. Continuous Transcutaneous Auricular Vagus Nerve Stimulation Boosts Short-Latency Afferent Inhibition via Cholinergic System Activation., International Congress of Clinical Neurophysiology 2024., 2024年09月10日, 通常, 英語, 発表資料
  9. 経耳介迷走神経刺激による短潜時求心性抑制の増強., 第28回日本基礎理学療法学会学術大会., 2023年12月02日, 通常, 日本語, 発表資料
  10. 間歇的及び持続的な経耳介迷走神経刺激がコリン作動性神経回路に及ぼす影響., 第53回日本臨床神経生理学会学術大会, 2023年11月30日, 通常, 日本語, 発表資料
  11. 耳介からの非侵襲的迷走神経刺激によるコリン作動性神経回路の活性化., 第17回日本作業療法研究学会, 2023年10月21日, 通常, 日本語, 発表資料
  12. 間歇的及び持続的な経耳介迷走神経刺激が短潜時求心性抑制に及ぼす影響., 第17回Motor Control研究会, 2023年08月24日, 通常, 日本語
  13. 神経超音波検査による迷走神経評価:正常データの確立と疾患特異性の検討., 第52回日本臨床神経生理学会., 2022年11月24日, 通常, 日本語, 発表資料
  14. ナタリズマブ関連進行性多巣性白質脳症後の免疫再構築症候群治療時期に苦慮した一例, 第63回日本神経学会学術大会., 2022年05月18日, 通常, 日本語, 発表資料
  15. 脳出血の急性期および亜急性期に出現する拡散強調画像の高信号病変と転帰との関係に関する検討., 第51回日本脳卒中の外科学会学術集会, 2022年03月17日, 通常, 日本語, 発表資料
  16. 脳卒中と臓器連関からのリスク管理‐脳・心連関‐., 第42回日本脳神経超音波学会, 2023年06月15日, 招待, 日本語, 発表資料
  17. 舌圧、Peak Expiratory Flowを用いた高齢者肺炎予測因子の検討., 第65回日本老年医学会学術集会., 2023年06月16日, 通常, 日本語, 発表資料
  18. Low risk of catching the common cold in Parkinson's disease patients: Propensity score matching., 第64回日本神経学会学術大会, 2023年05月31日, 通常, 英語, 発表資料
  19. 口腔内の歯周病菌量が脳卒中の発症および転帰に及ぼす影響., 第48回日本脳卒中学会学術集会, 2023年03月18日, 通常, 日本語, 発表資料
  20. “Raisin bread sign” is a specific radiological feature of Pontine Autosomal Dominant Microangiopathy and Leukoencephalopathy, Neuroscience 2022, 2022年11月03日, 通常, 英語, 発表資料
  21. Clinical factors predicting voluntary driving cessation among patients with Parkinson’s disease, 第16回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 2022年07月21日, 通常, 日本語, 発表資料
  22. 肝移植後に皮質下出血で発症したPRESの37歳女性例, 第24回中四国脳卒中研究会, 2022年09月03日, 通常, 日本語, 発表資料
  23. 一過性全健忘様の症状で発症した両側脳弓柱梗塞の一例, 第24回中四国脳卒中研究会, 2022年09月03日, 通常, 日本語, 発表資料
  24. 広島市における急性期脳卒中症例の多施設前向き登録研究 (HARP study), 第24回中四国脳卒中研究会, 2022年09月03日, 通常, 日本語, 発表資料
  25. 脳梗塞患者における入院1週間経過時点での栄養状態と3ヶ月後の転帰との関連, 第48回日本脳卒中学会学術集会, 2023年03月16日, 通常, 日本語, 発表資料
  26. 院内発症脳梗塞の臨床的特徴と転帰: HARP study, 第48回日本脳卒中学会学術集会, 2023年03月16日, 通常, 日本語, 発表資料
  27. 血清α2マクログロブリンと脳小血管病マーカーとの関連, 第48回日本脳卒中学会学術集会, 2023年03月16日, 通常, 日本語
  28. 悪性腫瘍を有する脳梗塞患者における血液マーカーと予後, 2022年05月18日, 通常, 日本語
  29. 悪性腫瘍関連脳梗塞の現状と課題, 祢津智久 細見直永  内藤裕之 青木志郎 丸山博文, 第39回日本脳神経超音波学会, 2020年, 招待, 日本語
  30. Biological markers of cancer-associated stroke and its clinical outcomes, Tomohisa Nezu, Naohisa Hosomi, Hiroyuki Naito, Shiro Aoki, Tsuyoshi Torii , Takashi Kurashige , Tomohito Sugiura , Daisuke Kuzume , Yuko Morimoto , Yoshiki Yagita , Naoki Oyama , Yuji Shiga , Naoto Kinoshita , Hiroki Ueno, Hirofumi Maruyama, ESO-WSO CONFERENCE 2020, 2020年11月07日, 通常, 英語, 発表資料
  31. 悪性腫瘍関連脳梗塞における血液マーカーと短期予後, 祢津 智久、細見 直永、内藤 裕之、青木 志郎、鳥居 剛 、倉重 毅志 、杉浦 智仁、葛目 大輔、森本 優子、八木田 佳樹、大山 直紀、志賀 裕二、木下 直人、上野 弘貴、丸山 博文, 第45回日本脳卒中学会学術集会, 2020年08月23日, 通常, 日本語, 発表資料
  32. 脳小血管病のバイオマーカーと口腔内環境, 祢津智久 細見直永 志賀裕二 青木志郎 丸山博文, 第45回日本脳卒中学会学術集会, 2020年08月23日, 通常, 日本語, 発表資料
  33. 血管内皮機能と大脳白質病変の関連, 2015年06月07日, 通常, 日本語, 第24回日本脳ドック学会総会, 横浜, 発表資料
  34. 頸動脈IMT測定の臨床的意義, 2015年07月09日, 招待, 日本語, 第47回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 仙台, その他
  35. 血管内皮機能とテロメアG-tail長の関連, 2015年03月27日, 通常, 日本語, 第40回日本脳卒中学会総会, 広島, 発表資料
  36. Relationships between telomere G-tail lengths, inflammation, oxidative stress and endothelial function in the patients with carotid atherosclerosis, 2015年02月12日, 通常, 英語, International Stroke Conference 2015, Nashville, USA, 発表資料
  37. 血管内皮機能と脳小血管病の関連, 2014年, 通常, 日本語, 第26回脳循環代謝学会総会, 岡山, 発表資料
  38. Endothelial dysfunction is associated with the severity of white matter lesions in patients with chronic cerebrovascular disease and comorbidity., Asia Pacific Stroke Conference 2014, 2014年, 通常, 英語, Taipei
  39. 心原性脳塞栓症患者の発症前CHADS2スコアと入院時重症度の関連-脳卒中データバンク-, 第55回神経学会総会, 2014年, 通常, 日本語, 福岡
  40. 血管内皮機能と脳細小血管障害の関連, 第39回日本脳卒中学会総会, 2014年, 通常, 日本語, 大阪
  41. Relationships between endothelial function, biological markers and cerebral small vessel disease in patients with chronic cerebrovascular disease and comorbidity, International Stroke Conference 2014, 2014年, 通常, 英語, San Diego, USA
  42. Telomere G-tail length shortening is associated with endothelial dysfunction in patients with chronic cerebrovascular disease and comorbidity, International Stroke Conference 2014, 2014年, 通常, 英語, San Diego, USA
  43. 血管内皮機能とテロメアG-tail長の関連, 第25回老年医学会中国地方会, 2013年, 通常, 日本語, 岡山
  44. 急性期脳梗塞患者における血清α2マクログロブリンとIL6の関連, 第16回日本栓子検出と治療学会EMBOLUS2013, 2013年, 通常, 日本語, 名古屋
  45. High levels of serum alpha2-macroglobulin are associated with white matter lesions but not with IL-6 in acute ischemic stroke patients, Asia Pacific Stroke Conference2013, 2013年, 通常, 英語, Hong Kong
  46. 急性期脳梗塞患者における血清α2マクログロブリンの意義, 第38回日本脳卒中学会総会, 2013年, 通常, 日本語, 東京
  47. Association of alpha2-macroglobulin as a novel biomarker with acute ischemic stroke, International Stroke Conference 2013, 2013年, 通常, 英語, Honolulu, USA
  48. 白質病変を有するラクナ梗塞患者の脳循環代謝と脳血管反応性 ―PETを用いた検討―, 第24回脳循環代謝学会総会, 2012年, 通常, 日本語, 広島
  49. 首下がりを呈したCreutzfeldt-Jakob病の一例, 第16回日本神経感染症学会総会, 2011年, 通常, 日本語, 東京
  50. Acetazolamide reactivity and oxygen metabolism in lacunar patients with white matter lesions, International Symposium on Cerebral flow, Metabolism, and Function., 2011年, 通常, 英語, Barcelona, Spain
  51. rt-PA静注療法の転帰への性差の影響:SAMURAI rt-PA患者登録研究, 第52回神経学会総会, 2011年, 通常, 日本語, 名古屋
  52. Female sex is associated with unfavorable outcomes following low-dose intravenous rt-PA therapy: the SAMURAI rt-PA Registry, International Stroke Conference 2011, 2011年, 通常, 英語, Los Angeles, USA
  53. 高ホモシステイン血症が原因と考えられた脳静脈洞血栓症の一例, 第93回日本神経学会近畿地方会, 2011年, 通常, 日本語, 大阪
  54. 大脳白質病変例における脳循環代謝と脳血管反応性の検討, 第22回脳循環代謝学会総会, 2010年, 通常, 日本語, 大阪
  55. 虚血性脳血管障害患者における大動脈弓部複合粥腫病変と脂質に関する検討, 第13回日本栓子検出と治療学会EMBOLUS2010, 2010年, 通常, 日本語, 博多
  56. rt-PA静注療法治療前のCTとDWIを用いたASPECTSの比較:SAMURAI研究, 第51回神経学会総会, 2010年, 通常, 日本語, 東京
  57. Pre-treatment DWI-ASPECTS is superior to CT-ASPECTS in detecting excellent to fairly good outcome after intravenous rt-PA therapy, International Stroke Conference 2010, 2010年, 通常, 英語, San Antonio, USA
  58. Pre-treatment DWI-ASPECTS has a relation with functional outcome at 3 months following intravenous rt-PA therapy, International Stroke Conference 2010, 2010年, 通常, 英語, San Antonio, USA
  59. rt-PA静注療法例での早期虚血変化の評価:CT-ASPECTSとDWI-ASPECTSに差はあるのか?, 第12回日本栓子検出と治療学会EMBOLUS2009, 2009年, 通常, 日本語, 大阪
  60. DWI-ASPECTSで評価した早期虚血変化とrt-PA静注療法後の脳梗塞患者の転帰:わが国における脳卒中再発予防のための急性期内科治療戦略の確立に関する研究(SAMURAI研究), 第8回日本頸部脳血管治療学会JASTNEC, 2009年, 通常, 日本語, 北九州
  61. DWI-ASPECTSにおける領域別早期虚血変化とrt-PA静注療法後の脳梗塞患者の転帰., 第34回日本脳卒中学会, 2009年, 通常, 日本語, 島根
  62. 中枢性無呼吸を合併した側頭葉皮質下脳出血の一例, 第89回日本神経学会近畿地方会, 2008年, 通常, 日本語, 大阪
  63. 塞栓源不明の脳梗塞患者の臨床的特徴, 第57回日本神経学会学術大会, 2016年05月21日, 通常, 日本語
  64. Cerebral and peripheral vascular reactivity in cerebral small vessel disease (脳小血管病における脳血管および末梢血管反応性), 祢津智久, 第16回広島臨床脳循環代謝研究会, 2015年07月16日, 通常, 日本語, 発表資料
  65. 脳細小血管障害における血管内皮機能と血液バイオマーカーに関する研究, 祢津智久, 第13回 What’s New in Neuroscience and Medicine, 2015年09月08日, 通常, 日本語, 発表資料
  66. 原因不明脳梗塞患者における右左シャント、D-dimerと再発の検討, 第42回日本脳卒中学会総会, 2017年03月17日, 通常, 日本語, 大阪, 発表資料
  67. 脳卒中既往高血圧患者の頸動脈IMTにおけるシルニジピンの効果(CA-ATTEND研究), 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年07月06日, 通常, 日本語
  68. Overview: Carotid intima-media thickness, 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年07月07日, 招待, 英語
  69. Microbleeds evaluation study for prevention of brain hemorrhage in ischemic stroke (MB-evidence): pilot analysis for multicenter longitudinal study., Nezu T, Naka H, Hosomi N, Takamatsu K, Nomura E, Kitamura T, Torii T, Oshita T, Nakamori M, Imamura E, shimomura R, Aoki S, Maruyama H, Matsumoto M., XXIII World Congress of Neurology, 2017年09月18日, 通常, 英語, 発表資料
  70. 血清α2マクログロブリンと炎症性サイトカインの関連:脳心血管リスク因子保有例での検討, 第60回日本脳循環代謝学会学術集会, 2017年11月03日, 通常, 日本語, 大阪
  71. 脳小血管病のバイオマーカー, 祢津智久 細見直永, 第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2018年07月12日, 招待, 日本語, 大阪
  72. Controlling Nutritional Status Score Predicts 3-Month Functional Outcome in Patients With Acute Ischemic Stroke., Naito H, Nezu T, Hosomi N, et al., International Stroke Conference 2018, 2018年01月24日, 通常, 英語, Los Angeles,, 発表資料
  73. 脳卒中再発予防に向けた至適LDLコレステロール値の探索、J-STARS研究サブ解析, 細見直永,永井洋士,北川一夫,青木志郎,袮津智久,鍵村達夫,丸山博文,内山真一郎,峰松一夫,松本昌泰, 第4回心血管脳卒中学会, 2017年06月02日, 通常, 日本語, 発表資料
  74. テロメアGテール長による動脈硬化等生活習慣病の罹患リスク評価, 田原栄俊,祢津智久,丸山博文,松本昌泰, 第49回日本動脈硬化学会総会学術集会, 2017年07月07日, 招待, 日本語, 発表資料
  75. 失語を有する急性期心原性脳塞栓症患者の退院時転帰, 下村怜,細見直永,木下直人,袮津智久,荒木睦子,青木志郎,木村浩彰,丸山博文, 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 発表資料
  76. 半側空間無視を有する急性期心原性脳塞栓症患者において退院時転帰に影響を及ぼす因子, 下村怜,細見直永,木下直人,袮津智久,荒木睦子,青木志郎,木村浩彰,丸山博文., 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 発表資料
  77. 高度の失調を呈しステロイドが著効したnivolumab関連橋本脳症と考えられる一例, 前谷 勇太, 祢津 智久, 青木 志郎, 上野 弘貴, 細見 直永, 岡本 志朗, 丸山 博文, 第105回日本神経学会中国・四国地方会, 2018年12月05日, 通常, 日本語
  78. 歯の欠損数と栄養状態 脳梗塞の転帰について., 志賀裕二, 祢津智久, 細見直永, 青木志郎, 西裕美, 内藤裕之, 木下直人, 上野弘貴, 丸山博文, 第44回日本脳卒中学会学術集会, 2019年03月23日, 通常, 日本語
  79. 延髄吻側腹外側野への血管圧迫は脳梗塞患者の亜急性期血圧変動に影響する, 祢津智久, 細見直永, 葛目大輔, 内藤裕之, 青木志郎, 金星匡人, 森本優子, 志賀裕二, 木下直人, 上野弘貴, 丸山博文., 第44回日本脳卒中学会学術集会, 2019年03月23日, 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 中冨健康科学振興財団, 経耳介迷走神経刺激によるコリン作動性神経回路を介した脳賦活効果, 2024年04月
  2. マイクロRNAを用いた脳小血管病の認知症・脳卒中発症予測モデルの確立, 2020年04月01日
  3. 第38回日本心臓財団研究奨励, 脳細小血管障害における血管内皮機能と血液バイオマーカーに関する研究
  4. 若手研究(B), 悪性腫瘍合併脳梗塞のバイオマーカー、マイクロRNAによる革新的アプローチの探索, 2017年04月01日, 2020年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島県プリオン病担当専門医, 2017年04月, 2018年03月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第1回Stroke Oncology研究会, 当院における癌関連脳梗塞の現状と癌治療関連脳梗塞症例紹介, 2023年/12月/16日, 講師, その他, 学術団体
  2. 脳関連疾患について考える会, 片頭痛の最新の話題 -その頭痛、専門医に相談してみませんか-, 2024年/03月/21日, 講師, 講演会, 学術団体
  3. 脳卒中トータルケアセミナー In 広島中央, 心房細動患者における脳梗塞と脳出血の治療戦略, 2024年/01月/29日, 講師, 講演会, 学術団体
  4. Lipid conference in Asa, 脳血管障害と脂質異常症, 2023年/12月/08日, 講師, 講演会, 学術団体
  5. 広島脳血栓回収療法の会, 脳卒中レジストリを用いた 広島の脳卒中診療実態の把握(HARP Study), 20231215, 2023年/12月/15日, 講師, 講演会, 学術団体
  6. 痛みのトータルケアセミナー, 頭痛診療スキルアップ, 2023年/11月/29日, 講師, 講演会, 学術団体
  7. 片頭痛Web seminar, 片頭痛治療のパラダイムシフト, 2023年/10月/13日, 2023年/10月/13日, 講師, 講演会, その他
  8. 広島脳神経外科Seminar, 片頭痛治療のパラダイムシフト, 2023年/10月/03日, 2023年/10月/03日, 講師, 講演会, その他
  9. ARNI 高血圧 Web Symposium ~脳卒中における血圧管理 Up To Date~, 脳卒中慢性期の血圧管理 -頸動脈エコー所見や脳微小出血を交えて-, 2023年/07月/18日, 2023年/07月/18日, 講師, 講演会, その他
  10. 総合内科専門医のための総合診療スキルアップセミナー, 頭痛診療スキルアップ-片頭痛, 脳卒中, Long-COVID-, 2023年/08月/30日, 2023年/08月/30日, 講師, 講演会, その他
  11. Neurology Expert Gathering Tokyo 2023, New Horizons in Stroke Treatment and Prevention, 2023年/07月/16日, パネリスト, 講演会, 学術団体
  12. 痛みの臨床Webフォーラム, 片頭痛診療のパラダイムシフト, 2023年/05月/26日, 講師, 講演会, 学術団体
  13. 女性における脳疾患webセミナー, 産婦人科領域における脳神経疾患 -脳卒中と片頭痛‐, 2023年/02月/15日, 講師, 講演会, 学術団体
  14. Updating Neurology in Hiroshima -動脈硬化性脳梗塞を掘り下げる-, HARP研究からみる動脈硬化性脳梗塞の特徴, 2023年/01月/20日, 講師, 講演会, その他
  15. 第8回EWC(Epilepsy Winter Camp), 脳卒中慢性期管理心血管リスク因子と脳卒中後てんかん, 2022年/12月/02日, 講師, 学術団体
  16. 第548回薬事情報センター定例研修会, 片頭痛診療の新たな夜明け, 2022年/09月/10日, 講師, 講演会, 学術団体
  17. 多職種連携Webセミナー   , 脳卒中と頭痛診療の 多職種連携, 講師, 講演会, 学術団体
  18. 令和時代の片頭痛診療を考える会, 片頭痛の診断と治療, 2022年/03月/09日, 講師, 講演会, 学術団体
  19. K-Stroke Expert Meeting 2021, 脳卒中と頭痛診療の アップデート, 2021年/12月/18日, 講師, 講演会, 学術団体
  20. 頭痛診療 Up to date, 片頭痛診療と脳梗塞, 2021年/12月/03日, 講師, 講演会, 学術団体
  21. 脳卒中治療ガイドライン2021-変更のポイントと最近の話題-, 2021年/10月/06日, 講師, 講演会, 学術団体
  22. 柳井脳卒中学術講演会, 脳卒中データバンクからみる心原性脳塞栓症の重症度と近年の変化, 2017年/03月/25日, 柳井, 講師, 講演会, 学術団体
  23. 第68回広島共立病院オープンカンファレンス, 総合内科医のための神経内科診療, 2017年/12月/13日, 講師, 講演会, 学術団体
  24. 広島N型Caチャネル研究会, 薬物療法のサロゲートマーカーとしての頸動脈エコー検査, 2018年/01月/20日, 講師, 講演会, 学術団体
  25. 脳疾患懇話会 in 呉, 塞栓源不明脳塞栓症(ESUS)の現状と展望, 2019年/02月/28日, 講師, 講演会, 学術団体

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, BMC Neurology、JATなど8本, その他
  2. 2020年, Front. Neurol., 編集員
  3. 2020年, BMJ, Euro J Neuro, Journal of human hypertension, Stroke, JSCVD, Sci report. Nutrition など8本, その他
  4. 2019年, JNNP,JAT, Strokeなど5本, その他