北村 憲司Kenji Kitamura

Last Updated :2021/03/01

所属・職名
自然科学研究支援開発センター 准教授
メールアドレス
kkitahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(理学) (大阪市立大学)
  • 理学修士 (大阪市立大学)

研究分野

  • 農学 / 農芸化学 / 応用微生物学

研究キーワード

  • ペプチド輸送体
  • ジペプチド
  • ユビキチンリガーゼ
  • 細胞周期
  • 酵母

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 1ターム, 自然科学研究の倫理と法令
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎化学実験
  3. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 生物工学実験II
  4. 2020年, 学部専門, 1ターム, 生物化学Ⅲ
  5. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生命機能科学セミナー
  6. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 分子生命機能科学セミナー
  7. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物工学特別演習A
  8. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物工学特別演習A
  9. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命科学研究法
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 統合ゲノム科学A
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学演習
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学演習
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物工学特別演習B
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物工学特別演習B
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学特別研究
  16. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Critical role of the proton-dependent oligopeptide transporter (POT) in the cellular uptake of the peptidyl nucleoside antibiotic, blasticidin S, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH, 1864巻, 2号, pp. 393-398, 201702
  2. UDP-galactose transporter gene hUGT1 expression in tobacco plants leads to hyper-galactosylated cell wall components, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 121巻, 5号, pp. 573-583, 201605
  3. Inhibition of the Arg/N-end rule pathway-mediated proteolysis by dipeptide-mimetic molecules, AMINO ACIDS, 48巻, 1号, pp. 235-243, 201601
  4. The essential function of Rrs1 in ribosome biogenesis is conserved in budding and fission yeasts, YEAST, 32巻, 9号, pp. 607-614, 201509
  5. The ClpS-like N-domain is essential for the functioning of Ubr11, an N-recognin in Schizosaccharomyces pombe, SPRINGERPLUS, 3巻, 20140520
  6. Application of a phosphite dehydrogenase gene as a novel dominant selection marker for yeasts, JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY, 182巻, pp. 68-73, 20140720
  7. The Oxidative Stress Responsive Transcription Factor Pap1 Confers DNA Damage Resistance on Checkpoint-Deficient Fission Yeast Cells, PLOS ONE, 9巻, 2号, 20140225
  8. Essential role of Ubr11, but not Ubr1, as an N-end rule ubiquitin ligase in Schizosaccharomyces pombe, YEAST, 30巻, 1号, pp. 1-11, 201301
  9. The type-2 N-end rule peptide recognition activity of Ubr11 ubiquitin ligase is required for the expression of peptide transporters, FEBS LETTERS, 587巻, 2号, pp. 214-219, 20130116
  10. 酸素濃度応答にはタンパク質分解が必要? Ubr1様ユビキチンリガーゼの重要性, 化学と生物, 51巻, 5号, pp. 280-282, 20130501
  11. ★, The Ubiquitin Ligase Ubr11 Is Essential for Oligopeptide Utilization in the Fission Yeast Schizosaccharomyces pombe, EUKARYOTIC CELL, 11巻, 3号, pp. 302-310, 201203
  12. ★, Fission yeast Ubr1 ubiquitin ligase influences the oxidative stress response via degradation of active Pap1 bZIP transcription factor in the nucleus, MOLECULAR MICROBIOLOGY, 80巻, 3号, pp. 739-755, 201105
  13. Nuclear Protein Quality Is Regulated by the Ubiquitin-Proteasome System through the Activity of Ubc4 and San1 in Fission Yeast, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 286巻, 15号, pp. 13775-13790, 20110415
  14. Spindle checkpoint activation at meiosis I advances anaphase II onset via meiosis-specific APC/C regulation, J. Cell Biol., 182巻, 2号, pp. 277, 20080623
  15. Molecular interactions of fission yeast Skp1 and its role in the DNA damage checkpoint, Genes to Cells, 9巻, pp. 367-382, 20040401
  16. Requirement of the SCFPop1/Pop2 ubiquitin ligase for degradation of the fission yeast S phase cyclin Cig2, J. Biol. Chem., 279巻, 18号, pp. 18974-18980, 20040401
  17. Phosphatidylinositol 3-phosphate 5-kinase is required for the cellular response to nutritional starvation and mating pheromone signals in Schizosaccharomyces pombe, GENES TO CELLS, 7巻, 2号, pp. 199-215, 200202
  18. Fission yeast F-box protein Pof3 is required for genome integrity and telomere function, Mol. Bio. Cell, 13巻, pp. 211-224, 20020101
  19. ★, Phosphorylation of Mei2 and Ste11 by Pat1 kinase inhibits sexual differentiaion via ubiquitin proteolysis and 14-3-3 protein in fission yeast., Dev. Cell, 1巻, 1号, pp. 389-399, 20010901
  20. A novel Cdc20-related WD-repeat protein, Fzr1, is required for spore formation in Schizosaccharomyces pombe., Mol. Gen. Genomics, 265巻, pp. 424-435, 20010101
  21. 染色体分離の分子機構, 化学, 55巻, 8号, pp. 57-58, 20000801
  22. ★, The spike of S-phase cyclin Cig2 expression at the G1-S border in fission yeast requires both APC and SCF ubiquitin ligases., Mol. Cell, 6巻, pp. 1377-1387, 20000401
  23. ★, Fission yeast Ste9, a homologue of Hct1/Cdh1 and Fizzy-related, is a novel negative regulator of cell cycle progression during G1-phase., Mol Biol Cell, 9巻, pp. 1065-1080, 19980401
  24. Identification of a novel casein kinase-1 homologue in fission yeast Schizosaccharomyces pombe, Gene, 214巻, pp. 131-137, 19980401
  25. The Ste16 WD-repeat protein regulates cell-cycle progression under starvation therough the Rum1 protein in Schizosaccharomyces pombe., Curr. Genet., 33巻, pp. 29-37, 19980401
  26. 酵母ゲノムのサザン解析, 細胞工学 別冊, pp. 38-45, 19980401
  27. Autocrine response of S. pombe haploid cells to mating pheromones., FEMS Microbiol. Lett., 143巻, pp. 41-45, 19960401
  28. The ste13+ gene encoding a putative RNA helicase is essential for nitrogen starvation-induced G1 arrest and initiation of sexual development in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe., Mol. Gen. Genet., 244巻, pp. 456-464, 19940401
  29. Murine bone morphogenetic protein-4 gene: Existence of multiple promoters and exons for the 5’-untranslated region., Biochem. Biophys. Res. Commun., 192巻, 3号, pp. 1049-1056, 19930401
  30. The Schizosaccharomyces pombe mam2 gene encodes a putative pheromone receptor which has a significant homology with the Saccharomyces cerevisiae Ste2 protein., EMBO J., 10巻, 12号, pp. 3743-3751, 19910401
  31. The novel gene trs1 encodes an essential protein for the transition from mitotic cell cycle to resting state in Schizosaccharomyces pombe., FEMS Microbiol. Lett., 84巻, pp. 1-6, 19910401
  32. Novel sterile mutants of the fission yeast Schizosaccharomyces pombe which are defective in their response to starvation., Curr. Genet., 18巻, pp. 315-321, 19900401
  33. Mapping of the ras1 gene of Schizosaccharomyces pombe., Mol. Gen. Genet., 209巻, pp. 627-629, 19870401
  34. 1P-112 酵母における亜リン酸デヒドロゲナーゼを用いた選択的培養(一般講演(発酵生理学,発酵工学),第65回日本生物工学会大会), 日本生物工学会大会講演要旨集, 65巻, 20130825
  35. 酸素濃度応答にはタンパク質分解が必要? : Ubr1様ユビキチンリガーゼの重要性, 化学と生物, 51巻, 5号, pp. 280-282, 20130501
  36. NBRP-Yeast Genetic Resource Center goes on to the third phase, YEAST, 30巻, pp. 213-213, 2013
  37. Mes1 controls the meiosis I to meiosis II transition by distinctly regulating the anaphase-promoting complex/cyclosome coactivators Fzr1/Mfr1 and Slp1 in fission yeast, MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 22巻, 9号, pp. 1486-1494, 2011
  38. Spindle checkpoint activation at meiosis I advances anaphase II onset via meiosis-specific APC/C regulation, JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 182巻, 2号, pp. 277-288, 2008
  39. 細胞分化異常をおこす分裂酵母の突然変位株の単離と解析, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19巻, 19960801
  40. 細胞周期とG1サイクリン(細胞周期コ-ナ-), 蛋白質核酸酵素, 39巻, 2号, pp. p170-175, 199402
  41. 1Ea-5 分裂酵母の接合に関与する遺伝子のクローニング, 日本植物生理学会年会とシンポジウム講演要旨集, 26巻, 19860328
  42. The benefits and risks of expressing the POT and FOT family of oligopeptide transporters in Saccharomyces cerevisiae, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 82巻, 3号, pp. 540-546, 2018
  43. ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)酵母 ~究極のモデル生物酵母の研究を支えるバイオリソースセンター, 化学と生物
  44. 酵母ゲノムのサザン解析, 細胞工学別冊
  45. Expression of the human UDP-galactose transporter gene hUGT1 in tobacco plants' enhanced plant hardness, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 126巻, 2号, pp. 241-248, 201808

著書等出版物

  1. 1997年09月, 真核生物の増殖・分化における遺伝子発現の調節機構を解明する , 三田出版会・広島大学工学部, 1997年, 09, 単行本(一般書), 共著, 山下 一郎 田中 伸和 北村 憲司 , 2

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 清酒酵母のジペプチド輸送体の解析, 北村憲司, 中川奈南, 酵母遺伝学フォーラム 第51回大会, 2018年09月10日, 通常, 日本語, 酵母遺伝学フォーラム, 博多
  2. 清酒酵母のジペプチド輸送体の解析, 北村憲司、中川奈南, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月16日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会, 日本 名古屋
  3. 分裂酵母S. pombeにおけるアミノ酸・ペプチド輸送体の発現制御, 北村憲司, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年06月17日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部
  4. Regulation of oligopeptide and amino acid utilization by transcriptional network, 北村憲司, 9th international fission yeast meeting, 2017年05月14日, 通常, 英語
  5. オリゴペプチド輸送体の基質特異性, 北村憲司, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年03月20日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会
  6. 分裂酵母S. pombeにおけるアミノ酸・ペプチド輸送体の発現制御, 北村憲司, 日本分子生物学会第39回年会, 2016年12月01日, 通常, 英語, 日本分子生物学会
  7. ジ・トリペプチド輸送体の基質特異性, 北村憲司、Eldaa Zefany, 日本農芸化学会中四国支部第46回講演会, 2016年09月16日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部
  8. ペプチド輸送体を介した細胞外オリゴペプチドの利用とその制御, 北村憲司, エルダ・ゼファニ、藤本菜奈, 酵母遺伝学フォーラム, 2016年09月09日, 通常, 日本語, 酵母遺伝学フォーラム
  9. 酵母のブラストサイジン耐性機構の解析, 北村憲司, 日本農芸化学会中四国支部第44回講演会, 2016年01月23日, 通常, 日本語
  10. Ubr11 regulates uptake of dipeptides via degradation of Upa1, 北村憲司, 8th international fission yeast meeting, 2015年06月21日, 通常, 英語
  11. Ubrユビキチンリガーゼによる生理機能の制御, 北村憲司, 日本農芸化学会2015年度大会シンポジウム 酵母研究が先導する「ユビキチン」サイエンスとテクノロジーの新潮流, 2015年03月29日, 招待, 日本語, 日本農芸化学会, 岡山
  12. 分裂酵母S. pombeの細胞外オリゴペプチド利用制御, 北村憲司、藤本菜奈, 日本農芸化学会中四国支部第41回講演会, 2015年01月24日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部
  13. 分裂酵母S. pombeの細胞外オリゴペプチド利用制御, 北村憲司, 日本農芸化学会中四国支部大会第41回講演会, 2015年01月24日, 通常, 日本語
  14. Ubr11はUpa1の分解を介してジペプチドの吸収を制御する, 北村憲司, The 8th international fission yeast meeting, 2015年, 通常, 英語
  15. 分裂酵母S. pombeの細胞外オリゴペプチド利用制御, 北村憲司、藤本菜奈, 酵母遺伝学フォーラム, 2014年09月01日, 通常, 日本語
  16. 酵母Ubr蛋白質の生理機能におけるClpSドメインの重要性, 北村憲司, 日本農芸化学会中四国支部第39回講演会, 2014年05月31日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部
  17. ジペプチドによる細胞増殖阻害, 北村憲司, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014年03月28日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会
  18. UBR11 UBIQUITIN LIGASE REGULATES MODULATION OF CELL GROWTH BY EXTRCELLULAR OLIGOPEPTIDES AND AMINO ACIDS, 北村憲司, 7th international fission yeast meeting, 2013年06月24日, 通常, 英語
  19. Ubrユビキチンリガーゼによるレドックスバランス制御, 北村憲司, 第7回真菌分子背細胞研究会, 2011年11月12日, 通常, 日本語, 真菌分子細胞研究会
  20. Ubrユビキチンリガーゼの機能, 北村憲司, 第12回真核微生物交流会, 2009年06月19日, 招待, 日本語, 真核微生物交流会
  21. APC/サイクロソーム関連変異株における減数分裂異常, 北村 憲司, 国立遺伝学研究所研究集会, 2004年10月, 招待, 日本語
  22. ユビキチン依存性蛋白質分解系による細胞増殖・分化調節, 北村憲司, 医学部セミナー, 2002年03月, 招待, 日本語, 神戸大学医学部, 神戸大学
  23. 細胞分化における蛋白質分解の役割, 北村憲司, 生物資源科学部セミナー, 2001年07月, 招待, 日本語, 島根大学, 島根大学
  24. 細胞の増殖分化制御における蛋白質分解の役割, 北村憲司, 第4回真核微生物交流会, 2001年06月22日, 招待, 日本語, 真核微生物交流会, 酒類総合研究所
  25. 清酒酵母のペプチド輸送体の解析, 中川奈南、北村憲司, イーストワークショップ, 2017年11月24日, 通常, 日本語
  26. S. pombeの転写制御因子Upa1蛋白質の性状解析, 六車美咲、北村憲司, イーストワークショップ, 2017年11月24日, 通常, 日本語
  27. ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)酵母2018, 中村太郎、北村憲司、下田 親、金子嘉信、杉山峰崇, 酵母遺伝学フォーラム第51回研究報告会, 2018年09月10日, 通常, 日本語, 酵母遺伝学フォーラム, 博多
  28. ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)酵母2017, 中村太郎、北村憲司、下田 親、金子嘉信、杉山峰崇, 酵母遺伝学フォーラム第50回研究報告会, 2017年09月11日, 通常, 日本語, 酵母遺伝学フォーラム, 東京
  29. ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)酵母2016, 中村太郎、今田一姫、前川裕美、北村憲司、下田 親、金子嘉信、杉山峰崇, 酵母遺伝学フォーラム第49回研究報告回, 2016年09月09日, 通常, 日本語, 舞子
  30. ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)酵母2015, 中村太郎、今田一姫、前川裕美、杉山峰崇、北村憲司、下田 親、金子嘉信, 2015年09月01日, 通常, 日本語, 酵母遺伝学フォーラム, 東広島

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 減数分裂時の染色体不均等分配による異数体細胞生成を防止する細胞周期制御機構の解析, 2006年, 2007年
  2. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 減数分裂期染色体分配の進行制御機構の解析, 2005年, 2007年
  3. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 増殖分化制御におけるプロテアソーム蛋白質分解系とMAPキナーゼ経路との機能連関, 2004年, 2005年
  4. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 増殖から分化への切り換えを制御する二種の蛋白質分解システム, 2002年, 2003年
  5. 科学研究費助成事業(特定領域研究(A)), APC/サイクロソームとその活性化因子による増殖から分化への切替え制御機構, 2001年, 2001年
  6. 科学研究費助成事業(一般研究(A)), 神経・内分泌系による胸腺ホルモン分泌調節に関する研究ー胸腺ホルモン分泌性(胸腺上皮性)細胞初代培養系を用いてー, 1988年, 1991年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 酵母遺伝資源運営委員会委員, 2003年, ナショナルバイオリソース
  2. 真核微生物交流会運営委員, 2005年, 真核微生物交流会
  3. ナショナルバイオリソース事業(酵母)分担実施者, 2012年, 文部科学省