孫 継英Keiei Son

Last Updated :2022/12/02

所属・職名
原爆放射線医科学研究所 准教授
メールアドレス
jysunhiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2004年10月01日, 広島大学, 医学部, 助手
  • 2007年04月01日, 広島大学原爆放射線医科学研究所, 助教
  • 2010年12月01日, 2019年03月31日, 広島大学原爆放射線医科学研究所, 講師
  • 2019年04月01日, 広島大学, 原爆放射線医科学研究所, 准教授

学歴

  • 東北大学, 医学系研究科, 日本, 1998年04月, 2002年03月

学位

  • 博士(医学) (東北大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 放射線医科学専門プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 医化学一般

研究キーワード

  • 染色体転座
  • DNA修復
  • ヘム Bach1

所属学会

  • 日本癌学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本放射線影響学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  2. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  3. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  4. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  6. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  7. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  8. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  9. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生物学と放射線防護
  11. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞修復制御学特別演習
  12. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞修復制御学特別演習
  13. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 細胞修復制御学特別研究
  14. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 細胞修復制御学特別研究
  15. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 放射線生物学入門

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A Combination of Iohexol Treatment and Ionizing Radiation Exposure Enhances Kidney Injury in Contrast-Induced Nephropathy by Increasing DNA Damage, Radiat Res, 197巻, 4号, pp. 38-395, 20220401
  2. Evaluating Individual Radiosensitivity for the Prediction of Acute Toxicities of Chemoradiotherapy in Esophageal Cancer Patients, Radiat Res, 195巻, 3号, pp. 244-252, 20210301
  3. A Combination of Iohexol Treatment and Ionizing Radiation Exposure Enhances Kidney Injury in Contrast-Induced Nephropathy by Increasing DNA Damage, RADIATION RESEARCH, 197巻, 4号, pp. 384-395, 202204
  4. 白血病のゲノム不安定性, 日本臨床, 65巻, 1号, pp. 105-8, 20061108
  5. ゲノム修復と細胞核ダイナミクス, 放射線生物研究, 41巻, 2号, pp. 182-195, 20061201
  6. 染色体転座形成の分子機構, 放射線生物研究, 44巻, 4号, pp. 419-430, 20091201
  7. 白血病のゲノム不安定性, 日本臨床, 70巻, 2号, pp. 91-95, 20120401
  8. RAD51による相同組換え修復の制御機構, 長崎医学会雑誌, 91巻, pp. 187-189, 2016
  9. 相同組換え修復の核トポグラフィ, 広島医学, 69巻, 4号, pp. 281-283, 2016
  10. 構造関連蛋白質Matrin3とDNA損傷修復蛋白質RAD51の相互作用の解析, 長崎医学会雑誌, 2016
  11. 低線量放射線照射によるヒトの末梢血リンパ球に染色体異常の解析, 広島医学, 67巻, 4号, 2014
  12. 相同組換え修復の核トポグラフィ, 長崎医学会雑誌, 89巻, pp. 300-302, 201409
  13. ★, 染色体転座形成における相同組み換え修復関連因子の関与, 広島医学雑誌, 71巻, 4号, pp. 346-348, 201804
  14. [Ionizing radiation-induced DNA damage and repair]., Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 70巻, 3号, 2012
  15. Hemoprotein Bach1 regulates enhancer availability of heme oxygenase-1 gene., The EMBO journal, 21巻, 19号, 2002
  16. Bach1 deficiency and accompanying overexpression of heme oxygenase-1 do not influence aging or tumorigenesis in mice., Oxidative medicine and cellular longevity, 2014巻, 2014
  17. ★, Regulation of homologous recombinational repair by lamin B1 in radiation-induced DNA damage., FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 29巻, 6号, 2015
  18. Relaxed Chromatin Formation and Weak Suppression of Homologous Pairing by the Testis-Specific Linker Histone H1T., Biochemistry, 55巻, 4号, 2016
  19. Heme regulates gene expression by triggering Crm1-dependent nuclear export of Bach1., The EMBO journal, 23巻, 13号, 2004
  20. Heme oxygenase-1 gene enhancer manifests silencing activity in a chromatin environment prior to oxidative stress., Antioxidants & redox signaling, 8巻, 1-2号, 2006
  21. Nuclear positioning of the BACH2 gene in BCR-ABL positive leukemic cells., Genes, chromosomes & cancer, 46巻, 1号, 2007
  22. [Genomic instability in leukemia]., Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 65 Suppl 1巻, 2007
  23. Regulation of heme oxygenase-1 by transcription factor Bach1 in the mouse brain., Neuroscience letters, 440巻, 2号, 2008
  24. ★, ATM modulates the loading of recombination proteins onto a chromosomal translocation breakpoint hotspot., PloS one, 5巻, 10号, 2010
  25. A modified system for analyzing ionizing radiation-induced chromosome abnormalities., Radiation research, 177巻, 5号, 2012
  26. [Genomic instability in leukemia]., Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 70 Suppl 2巻, 2012
  27. Involvement of ribonucleotide reductase-M1 in 5-fluorouracil‑induced DNA damage in esophageal cancer cell lines., International journal of oncology, 42巻, 6号, 2013
  28. Involvement of homologous recombination in the synergism between cisplatin and poly (ADP-ribose) polymerase inhibition., Cancer science, 104巻, 12号, 2013
  29. Activation of the SUMO modification system is required for the accumulation of RAD51 at sites of DNA damage., Journal of cell science, 126巻, Pt 22号, 2013
  30. Nap1 stimulates homologous recombination by RAD51 and RAD54 in higher-ordered chromatin containing histone H1., Scientific reports, 4巻, 2014
  31. Reorganization of damaged chromatin by the exchange of histone variant H2A.Z-2., International journal of radiation oncology, biology, physics, 89巻, 4号, 2014
  32. The transcription repressors Bach2 and Bach1 promote B cell development by repressing the myeloid program., Nature immunology, 15巻, 12号, 2014
  33. ★, hCAS/CSE1L regulates RAD51 distribution and focus formation for homologous recombinational repair., Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 20巻, 9号, 2015
  34. Enhanced gefitinib-induced repression of the epidermal growth factor receptor pathway by ataxia telangiectasia-mutated kinase inhibition in non-small-cell lung cancer cells., Cancer science, 107巻, 4号, 2016
  35. SUMO modification system facilitates the exchange of histone variant H2A.Z-2 at DNA damage sites., Nucleus (Austin, Tex.), 9巻, 1号, pp. 87-94, 201801
  36. ★, Distinct roles of ATM and ATR in the regulation of ARP8 phosphorylation to prevent chromosome translocations., eLife, 7巻, pp. e32222, 20180508
  37. Chromosomal Abnormalities in Human Lymphocytes after Computed Tomography Scan Procedure., Radiation research, 190巻, 4号, pp. 424-432, 201810
  38. Cadmium induces nuclear export of Bach1, a transcriptional repressor of heme oxygenase-1 gene., The Journal of biological chemistry, 278巻, 49号, 2003
  39. ★, Heme regulates the dynamic exchange of Bach1 and NF-E2-related factors in the Maf transcription factor network., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 101巻, 6号, 2004
  40. クロマチン構造変換構造変換因子による染色体転座形成の抑制機構, 長崎医学会雑誌, 93巻, 20181225
  41. Bach1 functions as a hypoxia-inducible repressor for the heme oxygenase-1 gene in human cells., The Journal of biological chemistry, 278巻, 11号, 2003
  42. Transgenic expression of BACH1 transcription factor results in megakaryocytic impairment., Blood, 105巻, 8号, 2005
  43. Differential gene expression profiling between wild-type and ALAS2-null erythroblasts: identification of novel heme-regulated genes., Biochemical and biophysical research communications, 340巻, 1号, 2006
  44. Synaptonemal complex protein SYCP3 impairs mitotic recombination by interfering with BRCA2., EMBO reports, 13巻, 1号, 2011
  45. Heme mediates derepression of Maf recognition element through direct binding to transcription repressor Bach1, EMBO J., 20巻, 11号, 2001
  46. ★, The promoter of mouse transcription repressor bach1 is regulated by Sp1 and trans-activated by Bach1., J Biochem, 130巻, 3号, 2001
  47. Role of the heme regulatory motif in the heme-mediated inhibition of mitochondrial import of 5-aminolevulinate synthase., J Biochem, 136巻, 2号, 2004
  48. Heme positively regulates the expression of beta-globin at the locus control region via the transcriptional factor Bach1 in erythroid cells, J Biol Chem., 279巻, 7号, 2004
  49. The heme-Bach1 pathway in the regulation of oxidative stress response and erythroid differentiation., Antioxidants & redox signaling, 8巻, 1-2号
  50. Cancer-associated mutations of histones H2B, H3.1 and H2A.Z.1 affect the structure and stability of the nucleosome., Nucleic Acids Res., 46巻, 19号, pp. 10007-10018, 20181102
  51. Matrin3 promotes homologous recombinational repair by regulation of RAD51, J Biochem., 20190523
  52. Matrin3 promotes homologous recombinational repair by regulation of RAD51, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 166巻, 4号, pp. 343-351, 201910
  53. The heme-Bach1 pathway in the regulation of oxidative stress response and erythroid differentiation., Antioxidants & redox signaling, 8巻, 1-2号
  54. Evaluating Individual Radiosensitivity for the Prediction of Acute Toxicities of Chemoradiotherapy in Esophageal Cancer Patients, RADIATION RESEARCH, 195巻, 3号, pp. 244-252, 202103

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 乳児及び治療関連性白血病に関与する11q23染色体転座形成の分子機構の解明, 孫 継英, 川野小児医学奨学財団令和2年度 第31回 助成研究成果発表会, 2021年09月11日, 招待, 日本語, 川野小児医学奨学財団, On line
  2. Prevention of chromosomal translocations by ATM- regulated phosphorylation of INO80 chromatin remodeling complex, 孫 継英, 第63回日本放射線影響学会, 2021年09月21日, 招待, 日本語, 日本放射線影響学会, 水戸
  3. DNA複製ストレス応答におけるINO80複合体の役割, 孫 継英, 第5回放射線災害・医科学研究拠点カンファランス, 2021年06月05日, 通常, 日本語, 回放射線災害・医科学研究拠点
  4. INO80クロマチン複合体のリン酸化が11q23染色体転座の形成を抑制する, 孫 継英, 第38回染色体ワークショップ 第19回核ダイナミクス研究会, 2021年01月18日, 通常, 日本語
  5. INO80 chromatin remodeling complex phosphorylation regulated by ATM prevents etoposide-induced chromosomal translocations, 孫 継英, 第63回日本放射線影響学会, 2020年10月15日, 招待, 日本語
  6. The molecular mechanism of ARP8 phosphorylation in preventing 11q23 chromosomal translocations, 孫 継英, 田代聡, 第79回日本癌学会学術総会, 2020年10月01日, 通常, 英語, 広島
  7. Phosphorylated ARP8, a subunit of INO80 chromatin remodeling complex prevents etoposide-induced chromosomal translocations, Jiying Sun, 第42回日本分子生物学会, 2019年12月04日, 招待, 日本語, 日本分子生物学会, 福岡市
  8. Prevention of 11q23 chromosomal translocations by ATM and ATR through the phosphorylation of ARP8., Jiying Sun, 第78回日本癌学会学術総会, 2019年09月26日, 通常, 日本語
  9. 11q23染色体転座形成の抑制におけるINO80クロマチンリモデリング複合体のリン酸化の関与, 孫 継英, 第44回中国地区放射線影響研究会, 2019年08月02日, 通常, 日本語
  10. ATMとATRによるARP8のリン酸化が11q23染色体転座の形成を抑制する, 孫 継英, 孫 継英、木野村愛、時 林、堀越保則、田代 聡, 第4回放射線災害・医科学研究拠点カンファランス, 2019年06月01日, 通常, 日本語, 放射線災害・医科学研究拠点
  11. クロマチンリモデリング複合体による染色体転座形成抑制の分子機構, 孫 継英, 第220回原医研セミナー, 2019年01月17日, 通常, 日本語
  12. Prevention of 11q23 chromosomal translocations through ARP8 phosphorylation by ATM., Sun jiying, The 3rd International Symposium of the Network-type Joint Usage/Research Center for Radiation Disaster Medical Science, 2019年01月13日, 通常, 日本語, The network-type Joint Usage/Research Center for Radiation Disaster Medical Science, 福島
  13. 孫 継英, 第41回分子生物学年会, 2018年11月28日, 通常, 英語
  14. ATM regulates INO80 chromatin remodeling complex phosphorylation to prevent chromosomal translocations, 第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 英語
  15. クロマチン構造変換因子による染色体転座形成の抑制機構, 第59回原子爆弾後障害研究会, 2018年06月03日, 通常, 日本語, 長崎市
  16. エトポシドによる染色体転座形成の分子機構の解明, 孫 継英, 広島大学医歯薬学研究推進部会 short seminar, 2018年05月24日, 通常, 日本語, 広島大学医歯薬学教授会, 広島市
  17. 11q23染色体転座形成におけるINO80クロマチン転換複合体の関与, Jiying Sun, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 通常, 英語, 日本癌学会, 横浜市
  18. 染色体転座形成の分子機構の解明, 孫 継英,木野村愛子、時林、福戸敦彦、堀越保則、田代聡, 第42回中国地方放射線影響研究会, 2017年07月28日, 通常, 日本語, 中国地方中国地方放射線研究会, 広島市
  19. 11q23染色体転座形成におけるINO80クロマチン転換複合体の関与, 孫 継英 田代 聡, 2017年07月13日, 通常, 英語
  20. 染色体転座形成における相当組換え修復関連因子の関与, 孫 継英, 第58回原子爆弾後障害研究会, 2017年06月04日, 通常, 日本語, 広島原爆障害対策協議会
  21. Molecular mechanism of etoposide induced 11q23 chromosome translocations, Jiying Sun, Aiko Kinomura, Tsuyoshi Ikura, and Satoshi Tashiro, 5th international symposium of the mathematics on chromatin live dynamics, 2017年03月07日, 通常, 英語, 広島大学, 東広島
  22. 染色体転座形成におけるクロマチン再構成因子の関与, Tsuyoshi Ikura, Satoshi Tashiro, 第34回染色体ワークショップ・第15回核ダイナミクス研究会, 2017年01月11日, 通常, 英語, 千葉大学、かずさDNA研究所, 木更津市
  23. Molecular mechanism of etoposide induced 11q23 chromosome translocations, Jiying Sun, Aiko Kinomura, Masahiko Harata, Tsuyoshi Ikura, and satoshi Tashiro, 59th 放射線影響学会, 2016年10月26日, 通常, 英語, 日本放射線影響学会, 広島市
  24. Involvement of a chromatin remodeling factor in chromosomal translocations, Jiying Sun, 75th日本癌学会, 2016年10月08日, 通常, 英語, 日本癌学会, 横浜市
  25. Molecular mechanism of etoposide induced 11q23 chromosome translocations, 89th日本生化学会, 2016年09月25日, 通常, 英語, 日本生化学会, 仙台市
  26. 染色体転座形成の分子機構の解明, 孫継英, 第183回 原医研セミナー, 2016年06月16日, 通常, 日本語, 原医研, 広島市
  27. 11q23染色体転座形成の分子機構, 孫 継英, 木野村 愛子、田代 聡, 第1回放射線災害・医科学研究拠点カンファランス, 2016年06月04日, 通常, 日本語, 長崎大学, 長崎市
  28. 生命動態システム科学四拠点,CREST,PRESTO,QBiC合同シンポジウム「生命動態の分子メカニズムと数理」, 2016年03月25日, 通常, 日本語
  29. Involvement of a chromatin remodeling factor in chromosomal translocations, 第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会, 2015年12月01日, 通常, 英語
  30. Etoposideによる11q23 染色体転座形機構の解明, 第84回癌学会, 2015年10月08日, 通常, 英語
  31. 11q23染色体転座形成の分子機構の検討, 孫 継英, 木野村 愛子、田代聡, 平成27年度広島大学・長崎大学連携研究カンファレンス, 2015年06月06日, 通常, 日本語
  32. Involvement of recombination repair proteins in 11q23 chromosome translocation, Jiying Sun, Aiko Kinomura, Tsuyoshi Ikura, Dipanjan Chowdhury and Satoshi Tashiro, 15th international congress of radiation research, 2015年05月25日, 通常, 英語
  33. Regulation of homologous recombinational repair by lamin B1 in radiation-induced DNA damage, 2015年05月25日, 通常, 英語
  34. Involvement of recombination repair proteins in 11q23 chromosome translocation, Jiying Sun, Aiko Kinomura, Hidekazu Suzuki, Tsuyoshi Ikura and Satoshi Tashiro, 5th International Symposium, 2015年03月02日, 通常, 日本語
  35. Involvement of recombination repair proteins in 11q23 chromosome translocation, Jiying Sun, Aiko Kinomura, Hidekazu Suzuki, Tsuyoshi Ikura and Satoshi Tashiro , 第32回染色体ワークショップ・第13回核ダイナミクス研究会, 2014年12月15日, 通常, 日本語
  36. Involvement of recombination repair proteins in 11q23 chromosome translocation, Jiying Sun, Aiko Kinomura, Hidekazu Suzuki, Tsuyoshi Ikura and Satoshi Tashiro, 第87回日本生化学会, 2014年10月17日, 通常, 日本語
  37. Involvement of recombination repair proteins in 11q23 chromosome translocation, Jiying Sun, Aiko Kinomura, Hidekazu Suzuki, Tsuyoshi Ikura and Satoshi, 2014年10月01日, 通常, 日本語
  38. 染色体転座形成の分子機構: DNA損傷部位におけるRAD51過剰集積の原因を探る, 孫継英、木野村愛子、鈴木秀和、田代聡, 第10回広島大学・長崎大学連携研究事業カンファランス, 2014年05月31日, 通常, 日本語
  39. 染色体転座形成の分子機構の解明, 孫継英, 第153回原医研セミナー, 2014年05月15日, 通常, 日本語
  40. Involvement of chromatin remodeling factor in chromosomal translocation, 4th RIRBM International Symposium, 2014年02月13日, 通常, 英語
  41. Involvement of chromatin remodeling factor in chromosomal translocation, 第36回日本分子生物学会, 2013年12月03日, 通常, 英語
  42. Molecular mechanism of etoposide induced 11q23 chromosome translocation,, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月03日, 通常, 英語
  43. Involvement of recombination repair proteins in 11q23 chromosome translocation, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語
  44. 染色体転座形成におけるクロマチン再構成因子の関与, 孫継英、木野村愛子、鈴木秀和、田代聡, 第9回広島大学・長崎大学連携研究事業カンファランス, 2013年06月01日, 通常, 日本語
  45. Involvement of recombination repair proteins in 11q23 chromosome translocation, 2013年02月, 通常, 英語
  46. 第35回分子生物学会, 2012年12月11日, 通常, 日本語
  47. 第55回放射線影響学会, 2012年09月06日, 通常, 日本語
  48. 染色体転座形成の分子機構の解明, 孫継英、木野村愛子、鈴木秀和、田代聡, 第8回広島大学・長崎大学連携研究事業カンファランス, 2012年06月02日, 通常, 日本語
  49. 染色体転座形成の分子機構, 孫 継英, 第116回原医研セミナー, 2012年05月17日, 通常, 日本語
  50. 2012年02月20日, 通常, 英語
  51. 第54回放射線影響学会, 2011年11月17日, 通常, 日本語
  52. 第84回生化学会大会, 2011年09月21日, 通常, 英語
  53. 染色体転座形成における組換え修復タンパク質の役割, 孫継英、木野村愛子、鈴木秀和、田代聡, 孫継英、木野村愛子、鈴木秀和、田代聡, 第7回広島大学・長崎大学連携研究事業カンファランス, 2011年06月04日, 通常, 日本語
  54. RIRBM 1st International Symposium, 2011年03月03日, 通常, 英語
  55. 第33回日本分子生物学会年会・第83回生化学会大会合同大会, 2010年12月07日, 通常, 英語
  56. 11q23染色体転座形成におけるINO80クロマチン転換複合体の関与, 孫 , 76th癌学会, 通常, 日本語
  57. 通常, 日本語
  58. Prevention of 11q23 chromosomal translocations by ATM and ATR through the phosphorylation of ARP8., Jiying Sun and Satoshi Tashiro, 第78回日本癌学会学術総会, 通常, 日本語

受賞

  1. 2020年10月15日, 日本放射線影響学会 女性研究者顕彰 岩崎民子賞, 日本放射線影響学会