中野 由紀子YUKIKO NAKANO

Last Updated :2021/04/08

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 教授
ホームページ
メールアドレス
nakanoyhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 臨床研究棟4階404
TEL:082-257-5540 FAX:082-257-1569
自己紹介
研究面では、突然死を予防するために致死的不整脈の臨床的・分子生物学的研究を行っております。最も頻度の高い不整脈である心房細動は、脳梗塞・心不全・認知症の原因となり、死亡率を上昇させます。心房細動を早期発見するための研究を行っており、早期発見、早期治療介入により健康寿命の延伸を目指しています。臨床面では不整脈に対するカテーテルアブレーション治療を積極的に行っています。

基本情報

主な職歴

  • 1991年06月01日, 1992年09月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 1992年10月01日, 1993年03月31日, 県立広島病院, 医師
  • 1993年04月01日, 1995年03月31日, 広島市立安佐市民病院, 医師
  • 1999年04月01日, 2003年09月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員
  • 2003年10月01日, 2004年03月31日, 広島大学, 医学部・歯学部附属病院, 医員
  • 2004年04月01日, 2005年03月31日, 広島大学, 病院, 医員
  • 2005年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 病院, 助手
  • 2007年04月01日, 2014年07月31日, 広島大学, 病院助教
  • 2014年08月01日, 2017年03月31日, 広島大学, 病院, 講師

学歴

  • 広島大学, 大学院医学系研究科, 博士課程内科系専攻, 日本, 1995年04月, 1999年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1985年04月, 1991年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 循環器内科学

研究キーワード

  • 不整脈

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学I
  2. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学II
  3. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, バイオメディカルサイエンスの創生展開
  4. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), バイオメディカルサイエンスの創生展開
  5. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 循環器内科学特別演習
  6. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 循環器内科学特別演習
  7. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 健康生活科学
  8. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 予防医学・健康指導特論B
  9. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, バイオメディカルサイエンスの創生展開
  10. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 循環器内科学特別演習
  11. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 循環器内科学特別演習
  12. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 循環器内科学特別研究
  13. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 循環器内科学特別研究
  14. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 病態生理学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 失神・めまいをきっかけに見つかる不整脈, 内科総合誌Medical Practice, 37巻, 3号, pp. 377-383
  2. 無症候性(失神例も含む)ブルガダ症候群へのアプローチRisk stratification of asymptomatic Brugada syndrome, 循環器内科, 85巻, 3号, pp. 454-460
  3. Cardiac electrophysiological characteristics of silent paroxysmal atrial fibrillation: What causes asymptomaticity?, Journal of Cardiovascular Electrophysiology, 30巻, 12号, pp. 2716-2723
  4. HotBalloon ablation of atrial fibrillation in patients with dextrocardia and situs inversus by "mirror image" approach, Journal of Arrhythmia, 35巻, 6号, pp. 855-857
  5. In Paroxysmal Atrial Fibrillation Patients, the Neutrophil-to-lymphocyte Ratio Is Related to Thrombogenesis and More Closely Associated with Left Atrial Appendage Contraction than with the Left Atrial Body Function, INTERNAL MEDICINE, 57巻, 5号, pp. 633-640, 2018
  6. Head-to-head comparison of the heart rate variability between the bisoprolol transdermal patch and bisoprolol fumarate tablet, CARDIOVASCULAR THERAPEUTICS, 36巻, 3号, JUN 2018
  7. DNA damage in lymphocytes induced by cardiac CT and comparison with physical exposure parameters, EUROPEAN RADIOLOGY, 27巻, 4号, pp. 1660-1666, 201704
  8. Radiofrequency catheter ablation is effective for atrial fibrillation patients with hypertrophic cardiomyopathy by decreasing left atrial pressure, JOURNAL OF ARRHYTHMIA, 33巻, 4号, pp. 256-261, 201708
  9. Syncope in patients with inherited arrhythmias, JOURNAL OF ARRHYTHMIA, 33巻, 6号, pp. 572-578, 201712
  10. H558R, a common SCN5A polymorphism, modifies the clinical phenotype of Brugada syndrome by modulating DNA methylation of SCN5A promoters, JOURNAL OF BIOMEDICAL SCIENCE, 24巻, 20171204
  11. Genotype-Phenotype Correlation of SCN5A Mutation for the Clinical and Electrocardiographic Characteristics of Probands With Brugada Syndrome A Japanese Multicenter Registry, CIRCULATION, 135巻, 23号, pp. 2255-+, 20170606
  12. Cardiac resynchronization therapy for patients with cardiac sarcoidosis, EUROPACE, 19巻, 5号, pp. 824-830, 201705
  13. Arrhythmia risk and beta-blocker therapy in pregnant women with long QT syndrome, HEART, 103巻, 17号, pp. 1374-1379, 201709
  14. ★, Common Variant Near HEY2 Has a Protective Effect on Ventricular Fibrillation Occurrence in Brugada Syndrome by Regulating the Repolarization Current, Circulation. Arrhythmia and electrophysiology, 9巻, 1号, 201601
  15. Increased left atrial pressure in non-heart failure patients with subclinical hypothyroidism and atrial fibrillation, Endocr Connect, 5巻, 3号, pp. 101-106, 201603
  16. Electrical remodeling of the atrioventricular node caused by persistent atrial fibrillation in humans, Journal of cardiovascular electrophysiology, 201604
  17. DNA damage in lymphocytes induced by cardiac CT and comparison with physical exposure parameters, European Radiology, 201608
  18. 経皮的心肺補助管理中に大動脈弁上に血栓が形成されたが、内科的加療により血栓の消失が得られた2症例, 心臓, 48巻, 8号, pp. 940-945, 201608
  19. Ⅰ章 心電図の記録と基本的な読み方の実際 心電図の基本的な読み方, 臨床検査, 60巻, 11号, pp. 1151-1157, 201610
  20. 知りたい!アブレーションの前に行われる検査 ~患者さんのキモチになってみよう~, HEART nursing, 395号, pp. 169-175, 201610
  21. 知りたい!抗凝固薬(ワルファリン・DOAC)のポイント ~周術期やヘパリンとの関係も押さえよう!~, HEART nursing, 395号, pp. 137-141, 201610
  22. Electrical Remodeling of the Atrioventricular Node Caused by Persistent Atrial Fibrillation in Humans, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY, 27巻, 8号, pp. 918-922, AUG 2016
  23. Dexmedetomidine Depresses Sinoatrial and Atrioventricular Nodal Function Without Any Change in Atrial Fibrillation Inducibility, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR PHARMACOLOGY, 68巻, 6号, pp. 473-478, DEC 2016
  24. Genetic variations of aldehyde dehydrogenase 2 and alcohol dehydrogenase 1B are associated with the etiology of atrial fibrillation in Japanese, JOURNAL OF BIOMEDICAL SCIENCE, 23巻, DEC 7 2016
  25. Genetics of long-QT syndrome, JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 61巻, 1号, pp. 51-55, JAN 2016
  26. Common Variant Near HEY2 Has a Protective Effect on Ventricular Fibrillation Occurrence in Brugada Syndrome by Regulating the Repolarization Current, CIRCULATION-ARRHYTHMIA AND ELECTROPHYSIOLOGY, 9巻, 1号, JAN 2016
  27. Increased left atrial pressure in non-heart failure patients with subclinical hypothyroidism and atrial fibrillation, ENDOCRINE CONNECTIONS, 5巻, 3号, pp. 101-106, MAY 1 2016
  28. Don't expect left ventricular reverse remodeling after cardiac resynchronization therapy in patients with systolic heart failure and atrioventricular block: A multicenter study, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 221巻, pp. 597-600, OCT 15 2016
  29. ★, Risk stratification of ventricular fibrillation in Brugada syndrome using noninvasive scoring methods, HEART RHYTHM, 13巻, 10号, pp. 1947-1954, OCT 2016
  30. Variants in the SCN5A Promoter Associated With Various Arrhythmia Phenotypes, JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION, 5巻, 9号, SEP 2016
  31. Who is the operator, that is the question: a multicentre study of catheter ablation of atrial fibrillation, EUROPACE, 18巻, 9号, pp. 1352-1356, SEP 2016
  32. Increased urine output by ipragliflozin in a non-diabetic patient with a diuretic-resistant heart failure, Int J Cardiol, 180巻, pp. 42-43, 201502
  33. 心房リード穿孔により心タンポナーデに至った症例, Therapeutic Research, 36巻, 6号, pp. 114-117, 201502
  34. 周産期心筋症によるうっ血性心不全に対しブロモクリプチンが著効した1例, 心臓, 47巻, 3号, pp. 382-388, 201503
  35. 心房細動治療後ペースメーカ植込みが必要となった症例におけるフォローアップデータの変化について, 医工学治療, 27巻, pp. 145, 201503
  36. Medtronic社ICD SECURA DRのT波オーバーセンスによる不適切ショックの回避にセンシング極性を変更した症例, 医工学治療, 27巻, pp. 145, 201503
  37. ペースメーカー業務に関るCEの役割拡大 当院のデバイス業務における臨床工学士の役割, 医工学治療, 27巻, pp. 89, 201503
  38. 心房細動持続の病態と病態に応じたアブレーションの戦略, Pharma Medica, 33巻, 3号, pp. 107-111, 201503
  39. 当施設における遠隔モニタリングアラートの運用, 医工学治療, 27巻, pp. 142, 201503
  40. 植え込み型デバイス使用患者の遠隔モニタリングを用いた心不全再入院予防手段の探求, 日本循環器病予防学会誌, 50巻, 2号, pp. 109, 201506
  41. 心房細動に対するアブレーション治療について, 広島市内科医会報, 77巻, pp. 11-20, 201507
  42. PCPS管理中に大動脈弁に血栓が付着した2症例, 超音波医学, 42巻, 6号, pp. 761, 201511
  43. Mechanical and substrate abnormalities of the left atrium assessed by 3-dimensional speckle-tracking echocardiography and electroanatomic mapping system in patients with paroxysmal atrial fibrillation, HEART RHYTHM, 12巻, 3号, pp. 490-497, MAR 2015
  44. CARTO Merge使用による心房細動アブレーション術中の塩酸デクスメデトミジンの有用性の検討, 心電図, 34巻, 3号, pp. 555-556, 2014
  45. 広島大学病院における心房細動治療と病診連携について -アブレーション後のアンケート調査の結果も含めて-, 廣島醫學, 67巻, 2号, pp. 115, 201402
  46. 植え込みデバイス挿入患者の手術時設定変更における当施設スコア基準の妥当性について, Therapeutic Research, 35巻, 2号, pp. 152-154, 201402
  47. 第2回 Arrhythmia Forum, Pharma Medica, 32巻, 2号, pp. 131-135, 201402
  48. 植え込み型除細動器における新型と旧型での電池寿命に関する検討, Therapeutic Research, 35巻, 2号, pp. 138-139, 201402
  49. 広島大学病院における心房細動治療と病診連携について -アブレーション後のアンケート調査の結果も含めて-, 廣島醫學, 67巻, 2号, pp. 115, 201402
  50. 広島大学病院における心房細動治療と病診連携について -アブレーション後のアンケート調査の結果も含めて-, 廣島醫學, 67巻, 7号, pp. 604, 201407
  51. Does dabigatran interfere with intraablation heparinization?, Thromb Res, 134巻, 3号, pp. 742-743, 201409
  52. Deterioration of the circadian variation of heart rate variability in Brugada syndrome may contribute to the pathogenesis of ventricular fibrillation, JOURNAL OF CARDIOLOGY, 64巻, 2号, pp. 133-138, AUG 2014
  53. Prediction of Atrial Fibrillation After Off-Pump Coronary Artery Bypass Grafting Using Preoperative Total Atrial Conduction Time Determined on Tissue Doppler Imaging, CIRCULATION JOURNAL, 78巻, 2号, pp. 345-352, FEB 2014
  54. Don't move during ablation of atrial fibrillation!, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 171巻, 1号, pp. 78-81, JAN 15 2014
  55. Procedural sedation with dexmedetomidine during ablation of atrial fibrillation: a randomized controlled trial, EUROPACE, 16巻, 7号, pp. 994-999, JUL 2014
  56. Periprocedural coagulability in patients undergoing ablation of atrial fibrillation: lessons from a periablation anticoagulation strategy of a brief withdrawal of warfarin without heparin bridging, JOURNAL OF THROMBOSIS AND THROMBOLYSIS, 37巻, 4号, pp. 393-399, MAY 2014
  57. Impact of Pulmonary Vein Isolation on Fractionated Atrial Potentials and Ganglionated Plexi in Patients With Persistent Atrial Fibrillation, INTERNATIONAL HEART JOURNAL, 55巻, 6号, pp. 494-498, NOV 2014
  58. Incomplete Cure of Tachycardia-Induced Cardiomyopathy Secondary to Rapid Atrial Fibrillation by Heart Rate Control Without Sinus Conversion, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY, 25巻, 10号, pp. 1037-1043, OCT 2014
  59. Time-Domain T-Wave Alternans is Strongly Associated with a History of Ventricular Fibrillation in Patients with Brugada Syndrome, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY, 25巻, 9号, pp. 1021-1027, SEP 2014
  60. A Head-to-Head Comparison of Periprocedural Coagulability Under Anticoagulation with Rivaroxaban Versus Dabigatran in Patients Undergoing Ablation of Atrial Fibrillation, CLINICAL DRUG INVESTIGATION, 33巻, 11号, pp. 847-853, 2013
  61. Impact of aldosterone-producing adenoma on cardiac structures in echocardiography, Journal of echocardiography, 11巻, pp. 123-129, 201302
  62. 選択的副腎静脈サンプリング(AVS)における右副腎静脈開口部位とBMIの関係, 廣島醫學, 66巻, 2号, pp. 150, 201302
  63. 植込み型不整脈デバイスの遠隔モニタリングシステムによる遠隔的心不全増悪予測, 廣島醫學, 66巻, 2号, pp. 150-151, 201302
  64. 心房細動・心房粗動, 医学と薬学, 69巻, 4号, pp. 595-608, 201304
  65. 第1回Arrhythmia Forum RE-LY試験のアジア集団サプグループ解析の結果, Pharma Medica, 31巻, 9号, pp. 101-105, 201309
  66. A Nonsynonymous Polymorphism in Semaphorin 3A as a Risk Factor for Human Unexplained Cardiac Arrest with Documented Ventricular Fibrillation, PLOS GENETICS, 9巻, 4号, APR 2013
  67. Variable Procedural Strategies Adapted to Anatomical Characteristics in Catheter Ablation of the Cavotricuspid Isthmus Using a Preoperative Multidetector Computed Tomography Analysis, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY, 24巻, 12号, pp. 1344-1351, DEC 2013
  68. Pulmonary Artery Mapping for Differential Diagnosis of Left-Sided Atrial Tachycardia, CIRCULATION JOURNAL, 77巻, 2号, pp. 345-351, FEB 2013
  69. Clinical significance of sleep-disordered breathing induced by sedatives during ablation of atrial fibrillation, SLEEP MEDICINE, 14巻, 7号, pp. 622-627, JUL 2013
  70. Left atrial thickness under the catheter ablation lines in patients with paroxysmal atrial fibrillation: insights from 64-slice multidetector computed tomography, HEART AND VESSELS, 28巻, 3号, pp. 360-368, MAY 2013
  71. Ablation of atrial fibrillation in Brugada syndrome patients with an implantable cardioverter defibrillator to prevent inappropriate shocks resulting from rapid atrial fibrillation, INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 168巻, 6号, pp. 5273-5276, OCT 15 2013
  72. Brugada症候群のVFリスクの層別化におけるTime Domain TWAの有用性, 心電図, 32巻, pp. 121, 2012
  73. 陽性リモデリングを呈する冠動脈病変におけるIB-IVUSを用いた組織性状とその臨床背景に関する検討, 廣島醫學, 65巻, 2号, pp. 131, 201202
  74. 19歳大動脈炎症候群に合併した左腎動脈閉塞、右腎動脈狭窄症例に対する治療戦略-One-Kidney,One-Clipの臨床経過-, 廣島醫學, 65巻, 5号, pp. 437, 201205
  75. 心房中隔穿刺中に一過性にST-segment上昇を認めた3症例, Journal of Arrhythmia, 28巻, pp. 425, 201205
  76. 遠隔モニタリングで心室頻拍を早期発見しアブレーションが著効した心サルコイドーシスの1例, Journal of Arrhythmia, 28巻, pp. 407, 201205
  77. WPW症候群とLQT3を合併し前失神症状の原因の診断が困難であった症例, Journal of Arrhythmia, 28巻, pp. 346, 201205
  78. 心機能低下を伴う持続性心房細動に対するアブレーション治療の有益性について, Journal of Arrhythmia, 28巻, pp. 260, 201205
  79. 植込み型デバイス遠隔モニタリングシステムによる、デバイス作動状況の早期把握に対する有用性の検討, Journal of Arrhythmia, 28巻, pp. 251, 201205
  80. Brugada症候群77症例の10年間の経過と心室細動リスクについて, Journal of Arrhythmia, 28巻, pp. 217, 201205
  81. 心電図読解マスタードリル問題編 解答編 中級 特集 循環器ナースのための実践トレーニング! レベル別 心電図読解マスタードリル50, HEART nursing, 25巻, 8号, pp. 768-811, 201208
  82. 気管支動脈瘤破裂により後縦隔血腫を認め肺動脈塞栓症を合併したが(Hughes‐Stovin Syndrome:HSS)後縦隔血腫除去術を行い良好な経過をたどった1例, 廣島醫學, 65巻, 9号, pp. 625-626, 201209
  83. Outcomes of Ablation of Paroxysmal Atrial Fibrillation in Patients on Chronic Hemodialysis, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY, 23巻, 12号, pp. 1289-1294, DEC 2012
  84. Effects of Ivabradine on the Pulmonary Vein Electrical Activity and Modulation of Pacemaker Currents and Calcium Homeostasis, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY, 23巻, 2号, pp. 200-206, FEB 2012
  85. Prediction of sinus node dysfunction in patients with persistent atrial flutter using the flutter cycle length, EUROPACE, 14巻, 3号, pp. 380-387, MAR 2012
  86. Prediction of sinus node dysfunction in patients with long-standing persistent atrial fibrillation using the atrial fibrillatory cycle length, JOURNAL OF ELECTROCARDIOLOGY, 45巻, 2号, pp. 141-147, MAR-APR 2012
  87. Atrioventricular conduction properties in patients with prolonged pauses undergoing ablation of longstanding persistent atrial fibrillation: do pauses during atrial fibrillation matter?, JOURNAL OF INTERVENTIONAL CARDIAC ELECTROPHYSIOLOGY, 34巻, 3号, pp. 277-285, SEP 2012
  88. High-frequency stimulation of the atria increases early recurrence following pulmonary vein isolation in patients with persistent atrial fibrillation, HEART RHYTHM, 9巻, 9号, pp. 1386-1392, SEP 2012
  89. Use of preprocedural multidetector computed tomography to decrease atrial fibrillation recurrence following extensive encircling circumferential pulmonary vein isolation, JOURNAL OF CARDIOLOGY, 60巻, 3-4号, pp. 236-241, SEP-OCT 2012
  90. Sleep-disordered breathing predicts sinus node dysfunction in persistent atrial fibrillation patients undergoing pulmonary vein isolation, JOURNAL OF CARDIOLOGY, 60巻, 3-4号, pp. 321-326, SEP-OCT 2012
  91. Platelet Function Measured Using a Whole Blood Aggregometer Can Predict Bleeding Events, Journal of atherosclerosis and thrombosis, 18巻, 1号, pp. 18-23, 2011
  92. 運動療法、呼吸補助療法を含む集学的治療が有用であった頻脈誘発性心筋症の1症例, 心臓リハビリテーション, 16巻, pp. 265, 2011
  93. 当院における不整脈疾患に対する高周波カテーテル心筋焼灼術の検討, 廣島醫學, 64巻, 2号, pp. 353, 201102
  94. スニチニブ投与開始後,左室駆出率低下をきたした3症例, 超音波医学, 38巻, pp. 484, 201104
  95. 19歳大動脈炎症候群に合併した左腎動脈閉鎖、右腎動脈狭窄症例に対する治療, 廣島醫學, 64巻, 4号, pp. 225, 201104
  96. 胸郭インピーダンスおよびOptiVol Fluid Index(R)による心不全モニタリングの有用性, 心電図, 31巻, 1号, pp. 39-40, 201105
  97. Percutaneous Cardiopulmonary Support(PCPS)管理におけるAir-Way Pressure Release Ventila-tion(APRV)の有効性, 廣島醫學, 64巻, 7号, pp. 343, 201107
  98. 当院における不整脈疾患に対する高周波カテーテル心筋焼灼術の検討, 廣島醫學, 64巻, 8号, pp. 353, 201108
  99. 集学的治療により加療した、持続性心房細動を原疾患とする頻脈誘発性心筋症の1症例, 廣島醫學, 64巻, 11号, pp. 526, 201111
  100. Relationship Between Arrhythmogenic Pulmonary Veins and the Surrounding Atrial Substrate in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY, 22巻, 4号, pp. 405-410, APR 2011
  101. Rapid hemostasis at the femoral venous access site using a novel hemostatic pad containing kaolin after atrial fibrillation ablation, JOURNAL OF INTERVENTIONAL CARDIAC ELECTROPHYSIOLOGY, 31巻, 2号, pp. 157-164, AUG 2011
  102. How many electrical cardioversions should be applied for repetitive recurrences of atrial arrhythmias following ablation of persistent atrial fibrillation?, EUROPACE, 13巻, 12号, pp. 1703-1708, DEC 2011
  103. The Origin and Clinical Significance of the Signal Opposite to the Mitral E-Wave: A Simple and Novel Indicator of Left Ventricular Filling Pressure, ECHOCARDIOGRAPHY-A JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ULTRASOUND AND ALLIED TECHNIQUES, 28巻, 6号, pp. 606-611, JUL 2011
  104. Learning curve for ablation of atrial fibrillation in medium-volume centers, JOURNAL OF CARDIOLOGY, 57巻, 3号, pp. 263-268, MAY 2011
  105. 遠隔モニタリングシステム「CARELINKⓇ」における送信スケジュール管理について, 日本臨床工学技士会会誌, 39巻, pp. 151, 201004
  106. 拡大肺静静脈隔離術後の急性期再発要因と慢性期における洞調律維持のためのストラテジーについて, Journal of Arrhythmia, 26巻, pp. 319, 201004
  107. Brugada症候群における心室性不整脈予測因子としてのHRT、TWAの有用性, Journal of Arrhythmia, 26巻, pp. 294, 201004
  108. イリゲーションカテーテルを用いた右心耳起源心房頻拍の至適なアブレーション方法の検討について, Journal of Arrhythmia, 26巻, pp. 261, 201004
  109. Optivol fluid index-遠隔モニタリングによる新たな心不全在宅管理への可能性-, Journal of Arrhythmia, 26巻, pp. 261, 201004
  110. 心房細動患者における不整脈源性肺静脈とその周囲の心房基質との関係, Journal of Arrhythmia, 26巻, pp. 237, 201004
  111. ブルガダ症候群におけるSCN5A遺伝子解析とリスクの層別化について, Journal of Arrhythmia, 26巻, pp. 156, 201004
  112. 臓器障害を伴う若年性高血圧の2例, 廣島醫學, 63巻, 5号, pp. 434, 201005
  113. 植込み型デバイスにおける植込み数時間後のノイズ混入について, Therapeutic Research, 31巻, 5号, pp. 675-677, 201005
  114. Adaptive Servo Ventilation:ASVの導入が著効した重症心不全の3症例, 心臓リハビリテーション, 15巻, pp. 5197, 201006
  115. 卵円孔開存により両側腎梗塞を合併した肺塞栓症の1例, 心臓, 42巻, 7号, pp. 971-973, 201007
  116. 当院における心房細動アブレーションについて, 廣島醫學, 63巻, 8号, pp. 636, 201008
  117. 胸隔インピーダンスの遠隔モニタリングにより心不全増悪による致死性不整脈が早期発見・加療できた1例, 廣島醫學, 63巻, 8号, pp. 636, 201008
  118. Is structural remodeling of fibrillated atria the consequence of tissue hypoxia?, Circulation Journal, 74巻, 9号, pp. 1815-1821, 201009
  119. Adaptive Servo Ventilationを用いて加療した重症心不全の1例, 廣島醫學, 63巻, 11号, pp. 746-750, 201011
  120. Clinical Course and Outcome of Heart Transplant Recipients Single Center Experience at the National Cardiovascular Center in Japan, INTERNATIONAL HEART JOURNAL, 51巻, 4号, pp. 264-271, JUL 2010
  121. A spontaneous Type 1 electrocardiogram pattern in lead V-2 is an independent predictor of ventricular fibrillation in Brugada syndrome, EUROPACE, 12巻, 3号, pp. 410-416, MAR 2010
  122. Head-to-head comparison of the cardio-ankle vascular index between patients with acute coronary syndrome and stable angina pectoris, HYPERTENSION RESEARCH, 33巻, 11号, pp. 1162-1166, NOV 2010
  123. 左房粘液腫切除部位から生じていたと考えられた心房頻拍の1例, Journal of Arrhythmia, 25巻, pp. 497, 2009
  124. 右室下壁のfocal ablation後に心室遅延電位の消失を認めた非Brugada型特発性心室細動症候群の1例, Journal of Arrhythmia, 25巻, pp. 504, 2009
  125. 心房細動に対するカテーテル・アブレーション後の急性期再発要因-左房圧直接測定圧波形による検討-, Journal of Arrhythmia, 25巻, pp. 455, 2009
  126. 拡大肺静脈隔離術における左房-肺静脈間の残存electrical breakthroughに対する至適ストラテジーについての検討, Journal of Arrhythmia, 25巻, pp. 451, 2009
  127. 両心室ペーシングにより自己心機能の改善が得られ、慢性期に自己心機能が両心室ペーシングを凌駕した非虚血心筋症の1例, Journal of Arrhythmia, 25巻, pp. 424, 2009
  128. Brugada型心電図症例を評価する場合の心室加算平均心電図の有用性, Journal of Arrhythmia, 25巻, pp. 294, 2009
  129. 突然死の家族歴を有し、先天性LQT3とBrugada症候群が混在した1家系, Journal of Arrhythmia, 25巻, pp. 261, 2009
  130. 高周波デバイスによる簡略化メイズ手術の疾患群別成績の検討, Journal of Arrhythmia, 25巻, pp. 253, 2009
  131. 原発性アルドステロン症を見逃さないために-副腎静脈サンプリング症例の初診時所見をreviewする-, 廣島醫學, 62巻, 3号, pp. 167, 2009
  132. 冠動脈バイパス術18年後に胃十二指腸動脈の狭窄に対してステント留置術を施行した1症例, 廣島醫學, 62巻, 3号, pp. 167, 200903
  133. 院外VF(心室細動)症例において完全社会復帰例の95%は病院到着前に心拍再開していた​, Circulation Journal, 73巻, pp. 962, 200904
  134. 当院にて最近経験した深部静脈血栓症・肺塞栓症の臨床的特徴, Therapeutic Research, 30巻, 5号, pp. 640-643, 200905
  135. カルベジロールにより心機能改善を認めたアドリアマイシン心筋症の1例, 廣島醫學, 62巻, 7号, pp. 380-381, 200907
  136. 当病院における心房細動に対するカテーテルアブレーションの治療成績, 廣島醫學, 62巻, 7号, pp. 339-343, 200907
  137. 日本における院外心肺停止患者の蘇生中止基準の検証, 日本心臓病学会誌, 4巻, pp. 241, 200908
  138. 当院における近年5年間の高周波カテーテル心筋焼灼術の検討, 廣島醫學, 62巻, 10号, pp. 473-479, 200910
  139. Long-Term Electrocardiographic Follow-up From Childhood of an Adult Patient With Brugada Syndrome Associated With Sick Sinus Syndrome - A Case Report, CIRCULATION JOURNAL, 73巻, 3号, pp. 575-579, MAR 2009
  140. Predictors and long-term prognostic implications of angiographic slow/no-flow during percutaneous coronary intervention for acute myocardial infarction, INTERNAL MEDICINE, 47巻, 10号, pp. 899-906, 2008
  141. アルコール摂取量の血清マグネシウム濃度に及ぼす影響, マグネシウム, 27巻, 2号, pp. 98-99, 2008
  142. 肺動脈マッピングによる心房性頻拍の起源推定, Journal of Arrhythmia, 24巻, pp. 222, 200804
  143. 発作性心房細動に対する両側拡大肺静脈隔離術施行後の再発の危険因子に関する検討, Journal of Arrhythmia, 24巻, pp. 269, 200804
  144. "急性心筋炎におけるイオンチャンネルの分布異常 -急性心筋炎、心筋症、ブルガダ症候群の比較-", Journal of Arrhythmia, 24巻, pp. 158, 200804
  145. ブルガダ症候群の臨床的、組織学的、遺伝子学的検討と心室細動のリスク評価, Journal of Arrhythmia, 24巻, pp. 101, 200804
  146. 心不全および心室性頻拍に加え左室内血栓症を合併し、治療に難渋した産褥性心筋症の1例, 廣島醫學, 61巻, 6号, pp. 525-529, 200806
  147. 大動脈弁乳頭状弾性線維腫の1例, 廣島醫學, 61巻, 7号, pp. 601, 200807
  148. 副腎静脈サンプリング成功率100%への道, 廣島醫學, 61巻, 10号, pp. 712, 200810
  149. Non-SCN5A Related Brugada Syndromes: Verification of Normal Splicing and Trafficking of SCN5A without Exonic Mutations, Annals of Human Genetics, 71巻, pp. 8-17, 20070101
  150. Gene delivery of paraoxonase-1 inhibits neointimal hyperplasia after arterial balloon-injury in rabbits fed a high-fat diet., Hypertension Research, 30巻, 1号, pp. 85-91, 20070101
  151. Coronary sinus Morphology in Patients with Posteroseptal Atrioventricular Accessory Pathways., J Arrthmia, 22巻, 3号, pp. 149-154, 20060401
  152. Ablation of indiopathic ventricular tachycardia with a left Bundle-Branch block morphology originating from the pulmonary artery., J Arrthmia, 22巻, 3号, pp. 180-186, 20060401
  153. Successive, rapid recurrences on in-stent restenoses in a woman with angina pecteoris., Intern Med, 45巻, pp. 1093-1096, 20060401
  154. 高周波カテーテルアブレーションの検討, 広島医学, 59巻, 3号, pp. 265-269, 20060401
  155. 心室頻拍に対し皮下トンネルを用いて留置した植え込み型除細動器(ICD)の1症例, 心臓, 38巻, 3号, pp. 86-90, 20060401
  156. Brugada症候群と診断した女性2例の症例について, Jpn J Electrocardiology, 26巻, suppl4号, pp. S4・26 - S4・29, 20060401
  157. 周産期の治療に難渋したATIII欠損症妊婦の1例, Therapeutic Research, 27巻, pp. 121-125, 20060701
  158. Coronary sinus morphology in patients with posteroseptal atrioventricular pathways, J Arrhythmia, 22巻, pp. 149-154, 20061201
  159. 冠動脈造影検査にて側副血行を認めた冠攣縮性狭心症の1例, 広島医学, 58巻, pp. 55-59, 20050201
  160. Ablation of ventricular tachycardia originating from the right ventricle associated with scleroderma cardiomyopathy., J Arrhythmia, 21巻, 5号, pp. 542-545, 20050401
  161. 多発転移を伴う乳癌に対する化学療法中に憎悪した肺高血圧症の1例, Therapeitic Research, 26巻, 6号, pp. 1105-1109, 20050401
  162. 心室細動にて搬送されたBruada型心電図と冠攣縮性狭心症を伴う肥大型心筋症の1例, 心臓, 37巻, suppl3号, pp. 136-140, 20050401
  163. 高齢者の失神で発見された発作性上室性頻拍症の3例, 広島医学, 58巻, 7号, pp. 423-426, 20050401
  164. 多発転移を伴う乳癌に対する化学療法中に増悪した肺高血圧症の1例-腫瘍塞栓か?-, Therapeutic Research, 26巻, pp. 1105-1109, 20050701
  165. 高齢者の失神にて発見された発作性上室性頻拍の3例, 広島医学, 58巻, pp. 423-426, 20050801
  166. 心室細動にて搬送されたBrugada型心電図と冠攣縮性狭心症を伴う肥大型心筋症の1例, 心臓, 37巻, pp. 136-140, 20051001
  167. Reliable and Cost-effective Screening of Inherited Heterozygosity by Using Zn2+-cyclen Polyacrylamide Gel Electrophoresis, Clinical Chemistry, 51巻, pp. 2195-2198, 20051101
  168. ADLの保たれた90歳女性に対するカテーテルアブレーションの1例, 広島医学, 57巻, pp. 244-247, 20040401
  169. 右側前壁中隔の心外膜ケント束が疑われた潜在性WPW症候群に対し高周波アブレーションが有効であった1例, 広島医学, 57巻, 7号, pp. 588-591, 20040401
  170. 治療に難渋した両側下肢切断患者に発症した肺血栓塞栓症の1例, Therapeutic research, 25巻, pp. 1227-1230, 20040701
  171. 待機的な経皮的冠動脈形成術(PCI)時に生じたdistal embolization -血管内超音波(IVUS)を用いてPCI時のdistal embolizationを予測可能か?-, 広島医学, 57巻, pp. 663-667, 20041201
  172. Matrix metalloproteinase-9 contributes to human atrial remodeling during atrial fibrillation, JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY, 43巻, 5号, pp. 818-825, MAR 3 2004
  173. Improvement of atrial signal-averaged electrocardiographic abnormalities after radiofrequency catheter ablation in persistent atrial flutter, JAPANESE HEART JOURNAL, 45巻, 5号, pp. 761-770, SEP 2004
  174. Estrogen replacement suppresses function of thrombin stimulated platelets by inhibiting Ca2+ influx and raising cyclic adenosine monophosphate, Cardiovascular Research, 53巻, pp. 634-641, 20020401
  175. A frameshift mutation of beta subunit of epithelial sodium channel in a case of isolated Liddle syndrome., Journal of Hypertension, 20巻, 12号, pp. 2379-82, 20021201
  176. Non-dipper phenomenon in essential hypertension is related to blunted nocturnal riseand fall of sympatho-vagal nervous activity and progress in retinopathy, Autonomic Neuroscience:Basic&Clinical, 88巻, pp. 181-186, 20010401
  177. Calorie restriction reduced blood pressure in obesity hypertensives by improvement of Autonomic nerve activity and insulin sensitivity, Journal of Cardiovascular Pharmacology, 38巻, pp. 69-74, 20010401
  178. Vitamine D receptor gene polymorpnism is associated with serum total and ionized calcium concentration, Journal of molecular Medicine, 78巻, 10号, pp. 575-579, 20000401
  179. Abnormal magnesium status in patients with cardiovascular diseases, Clinical Science, 98巻, pp. 175-181, 20000401
  180. Abnormal Ca2+ handling and increased Mg2+ permeability in platelets of hypertensive rats, Hypertension Research, 23巻, pp. 651-657, 20000401
  181. Vitamin D receptor gene polymorphism is associated with serum total and ionized calcium concentration, Journal of molecular Medicine, 78巻, 10号, pp. 575-579, 20000401
  182. 血管内皮機能検査, 臨床病理, 48巻, 20000401
  183. Expression of platelet-derived endothelial cell growth factor/thymidine phosphorylase in human gallbladder lesions, EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 36巻, 2号, pp. 257-263, JAN 2000
  184. Abnormal Ca2+ handling and increased Mg2+ permeability in platelets of hypertensive rats, HYPERTENSION RESEARCH, 23巻, 6号, pp. 651-657, NOV 2000
  185. Effect of 17β-Estradiol on inhibition of platelet aggregation in vitro is mediated by an increase in NO synthesis, Arteriosclerosis= Thrombosis= and Vascular Biology, 18巻, pp. 961-967, 19980401
  186. Increased cytosolic free Mg2+ and Ca2+ in platelets of patients with vasospastic angina, American Journal of Physiology, 274巻, pp. R544-R548, 19980401
  187. DD genotype of the angiotensin Ⅰ-converting enzyme gene is a risk factor for early onset of essential hypertension in Japanese patients, The Journal of Laboratory and Clinical Medicine, 131巻, pp. 502-506, 19980401
  188. Angiotensin-converting enzyme inhibition, but not calcium antagonism, improves a response of the renal vasculature to L-arginine in patients with essential hypertension, Hypertension, 32巻, pp. 16-24, 19980401
  189. Relationship between insulin resistance and endothelium-dependent vascular relaxation in patients with essential hypertension, Hypertension, 29巻, 1号, pp. 280-285, 19970401
  190. Lack of effect of transmembrane gradient of magunesium and sodium on regulation of cytosolic free magnesium concentration in rat lymphocytes, Biochimica et Biophysica Acta, 1329巻, pp. 169-173, 19970401
  191. Angiotensin I-converting enzyme gene polymorphism and acute response to captopril in essential hypertension, American Journal of Hypertension, 10巻, 9号, pp. 1064-1068, 19970401
  192. Nocturnal decline in blood pressure is attenuated by NaCl loading in salt-sensitive patients with essential hypertension (Noninvasive 24-hour ambulatory blood pressure monitoring), Hypertention, 30巻, pp. 163-167, 19970401
  193. 心室性不整脈の基礎と臨床 致死性不整脈の遺伝子について, Pharma Medica, 34巻, 11号, pp. 53-57
  194. 不整脈原性右室心筋症(ARVC), HEART nursing, pp. 118-123, 201704
  195. 知っておきたい不整脈〔症状の特徴と心房細動〕, ひろしまの国保, 770巻, pp. 15-16, 201710
  196. 知っておきたい不整脈〔主な治療法と心室細動〕, ひろしまの国保, 771巻, pp. 15-16, 201712
  197. Effect of fibrillatory wave amplitude on coronary blood flow as assessed by thrombolysis in myocardial infarction frame count in patients with atrial fibrillation, HEART AND VESSELS, 33巻, 7号, pp. 786-792, JUL 2018
  198. Maintenance of low inflammation level by the ZFHX3 SNP rs2106261 minor allele contributes to reduced atrial fibrillation recurrence after pulmonary vein isolation, PLOS ONE, 13巻, 9号, SEP 4 2018
  199. Chromosome 4q25 Variant rs6817105 Bring Sinus Node Dysfunction and Left Atrial Enlargement, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, OCT 1 2018
  200. Chromosomal Abnormalities in Human Lymphocytes after Computed Tomography Scan Procedure, RADIATION RESEARCH, 190巻, 4号, pp. 424-432, OCT 2018
  201. ★, HCN4 Gene Polymorphisms Are Associated With Occurrence of Tachycardia-Induced Cardiomyopathy in Patients With Atrial Fibrillation, CIRCULATION-GENOMIC AND PRECISION MEDICINE, 11巻, 7号, 201807
  202. Ser96Ala genetic variant of the human histidine-rich calcium-binding protein is a genetic predictor of recurrence after catheter ablation in patients with paroxysmal atrial fibrillation, PLOS ONE, 14巻, 3号, 20190306
  203. Coffee with a high content of chlorogenic acids and low content of hydroxyhydroquinone improves postprandial endothelial dysfunction in patients with borderline and stage 1 hypertension, EUROPEAN JOURNAL OF NUTRITION, 58巻, 3号, pp. 989-996, 201904
  204. Effect of Saxagliptin on Endothelial Function in Patients with Type 2 Diabetes: A Prospective Multicenter Study, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 1号, pp. 10206-10206, 20190715
  205. Safety and Efficacy of Minimally Interrupted Dabigatran vs Uninterrupted Warfarin Therapy in Adults Undergoing Atrial Fibrillation Catheter Ablation A Randomized Clinical Trial, JAMA NETWORK OPEN, 2巻, 4号, 201904
  206. Diagnostic performance of the N-terminal pro-brain natriuretic peptide to detect an increased left atrial pressure in patients with persistent atrial fibrillation, Clin Chem Lab Med., 56巻, 6号, pp. e147-e149, 201805
  207. Residual anticoagulation activity in atrial fibrillation patients with temporary interrupted direct oral anticoagulants: Comparisons across 4 drugs, THROMBOSIS RESEARCH, 183巻, pp. 119-123, 201911
  208. Successful catheter ablation of persistent atrial fibrillation is associated with improvement in functional tricuspid regurgitation and right heart reverse remodeling, HEART AND VESSELS, 35巻, 6号, pp. 842-851, 202006
  209. Predicting atrial fibrillation using a combination of genetic risk score and clinical risk factors, HEART RHYTHM, 17巻, 5号, pp. 699-705, 202005
  210. Remaining activity of temporary interrupted direct oral anticoagulants and its impact on intra-ablation heparinization in patients with atrial fibrillation: Comparisons across four drugs and two dose regimens, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY, 31巻, 8号, pp. 1996-2004, 202008

著書等出版物

  1. 2019年08月, 上級医の循環器治療手技 カテーテルアブレーション, 日本医事新報社, 2019年, 8, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 中野由紀子, 112-119
  2. 2020年03月, 迷ったときの医者選び広島診療科編, 不整脈, 南々社, 2020年, 3, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 中野由紀子, 104-105
  3. 2019年05月, 心不全(第2版)下-最新の基礎・臨床研究の進歩-, XXI.心不全の原因疾患(基礎疾患)-病態,発生機序(心不全),治療-2(7). 頻脈誘発性心筋症, ㈱日本臨牀社, 2019年, 5, 単行本(学術書), 共著, 中野由紀子,木原康樹, 297-301
  4. 2016年09月, 知っておきたい心臓病の救急, Ⅰ 隣人が倒れたら Ⅱ 急性心筋梗塞と狭心症 Ⅲ 不整脈と突然死 Ⅳ 大動脈解離と大動脈瘤破裂 Ⅴ エコノミークラス症候群(急性肺血栓塞栓症), 広島県医師会, 2016年, 09, 単行本(学術書), 共著, 木原康樹,日髙貴之,土肥由裕,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子
  5. 2018年03月23日, 遺伝性不整脈の診療に関するガイドライン2017年改訂版, 2018年, 3, その他, 共著, (班長)青沼和隆,(班員)池田隆徳,草野研吾,清水渉,住友直方,高木正彦,野上昭彦,萩原誠久,堀江稔,蒔田直昌 (協力員)相庭武司,石川泰輔,伊藤英樹,大野聖子,志賀剛,高橋尚彦,夛田浩,池主正臣,永瀬聡,中野由紀子,西﨑光弘,林研至,堀米仁志,牧山武,村越伸行,森田宏,渡部裕 (外部評価委員)大江透,木村剛,先崎秀明,筒井裕之,吉永正夫, 79

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 心房細動の診断と治療のエッセンス, 中野由紀子, 尾道市医師会学術講演会, 2020年02月25日, 通常, 日本語, 広島
  2. 心房細動治療UPDATE, 中野由紀子, 大竹市内科会学術講演会, 2020年02月20日, 通常, 日本語, 広島
  3. 高齢化社会における心房細動トータルマネジメント, 中野由紀子, 因島医師会学術講演会, 2020年01月23日, 通常, 日本語, 広島
  4. 心房細動のトータルケア, 中野由紀子, 脳卒中連携セミナー2019Winter Session, 2019年11月27日, 通常, 日本語, 広島
  5. 不整脈治療のアップデート, 中野由紀子, ここまで進んだ心不全治療, 2019年11月14日, 通常, 日本語, 広島
  6. 高齢化社会と心房細動-身近に迫る危機を回避するために-, 中野由紀子, Web講演会 消化器循環器Joint-Meeting in Chugoku, 2019年08月28日, 通常, 日本語, 広島
  7. 心房細動における頻脈依存性心不全の遺伝子的背景, 中野由紀子, 第34回犬山不整脈カンファランス, 2019年08月24日, 通常, 日本語, 愛知
  8. 心房細動の診断と治療のエッセンス, 中野由紀子, 庄原市医師会学術講演会, 2019年06月27日, 通常, 日本語, 広島
  9. 心房細動診療のアップデート, 中野由紀子, 中国・四国地区エリキュースインターネット講演会, 2019年06月26日, 通常, 日本語, 広島
  10. 不整脈の理解を深めよう, 中野由紀子, 第85回薬剤業務研修会-臨床業務に役立つシリーズ 不整脈-, 2019年06月12日, 通常, 日本語, 広島
  11. 心房細動から心臓と脳を守ろう!, 中野由紀子, 市民公開講座心臓・血管の病気と向き合う、体を守る~脳卒中・循環器病対策基本法が私たちの生活にもたらすもの~, 2019年05月19日, 通常, 日本語, 広島
  12. 心房細動治療-今、われわれができること-, 中野由紀子, 不整脈治療 UP TO DATE, 2019年04月12日, 通常, 日本語, 広島
  13. 高齢化社会における心房細動トータルマネジメント, 中野由紀子, 浜田臨床医研究会, 2019年10月28日, 通常, 日本語, 島根
  14. シネ表示を反転させて右胸心患者のホットバルーンアブレーションに成功した一例, 宮内俊介, 中野由紀子,池内佳裕,岡村祥央,大久保陽策,廣延直也,德山丈仁,木原康樹, 第26回中国四国不整脈研究会, 2019年04月20日, 通常, 日本語, 岡山
  15. 12誘導心電図の基本的な読み方~不整脈を学ぼう~, 中野由紀子, 心電図勉強会~心電図を学ぼう!もう一つ上の心電図判読を目指して~, 2019年04月24日, 通常, 日本語, 北海道
  16. 左心耳遠位起源の心房頻拍に対して胸腔鏡下左心耳切除を施行した1症例, 大久保陽策, 中野由紀子,大塚俊哉,木下弘喜,宮内俊介,池内佳裕,岡村祥央,廣延直也,德山丈仁,高橋信也,木原康樹, 第115回日本循環器学会中国地方会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 広島
  17. トランスサイレチン型心アミロイドーシスの診断がついた高齢者心不全の一例, 小田部誠哉, 石橋堅,池永寛樹,宇都宮裕人,丸橋達也,北川知郎,日髙貴之,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,木原康樹, 第115回日本循環器学会中国地方会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 広島
  18. 濃厚な家族歴を有し心室細動を発症した先天性QT延長症候群タイプ3とブルガダ症候群がオーバーラップした1例, 佐伯彬, 池内佳裕,中野貴之,宮内俊介,岡村祥央,大久保陽策,廣延直也,德山丈仁,中野由紀子,木原康樹, 第115回日本循環器学会中国地方会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 広島
  19. Brugada症候群の心臓突然死リスク予測モデルを用いたリスク階層化, 廣延直也, 中野由紀子,清水渉,高木雅彦,森田宏,草野研吾,相庭武司,大野聖子,鎌倉令,木原康樹, 第115回日本循環器学会中国地方会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 広島
  20. 不整脈と心不全, 中野由紀子, 第115回日本循環器学会中国地方会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 広島
  21. 不整脈のチーフとして指揮をとる女性循環器医, 中野由紀子, 第115回日本循環器学会中国地方会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 広島
  22. 当院における非肺静脈起源の心房細動の治療戦略について, 池内佳裕, 中野由紀子,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2019, 2019年11月, 通常, 日本語, 石川
  23. 持続性心房細動再発に対してExTRa Mapping ガイド下非受動興奮領域アブレーションが奏功した1 例, 岡村祥央, 中野由紀子,宮内俊介,池内佳裕,大久保陽策,廣延直也,徳山丈仁,芦原貴司,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2019, 2019年11月08日, 通常, 日本語, 石川
  24. 心房細動に対するカテーテルアブレーション周術期に経食道心臓超音波で副左心耳血栓を認めた2 症例, 宮内俊介, 中野由紀子,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2019, 2019年11月, 通常, 日本語, 石川
  25. Atrio-Fascicular Mahaim とKent 束の複数の副伝導路を合併し解剖学的に焼灼が困難であったEbstein 奇形の1 例, 大久保陽策, 中野由紀子,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2019, 2019年11月08日, 通常, 日本語, 石川
  26. 高血圧患者の予後予測における尿中L-FABP測定の有用性, 大久保陽策, 中野由紀子,池内佳裕,宮内俊介,岡村祥央,廣延直也,德山丈仁,木原康樹, 第23回日本心不全学会学術集会, 2019年10月05日, 通常, 日本語, 広島
  27. 非代償性心不全を初発症状とする無症候性心房細動に対してカテーテルアブレーションが有効であった2症例, 宮内俊介, 中野由紀子,池内佳裕,岡村祥央,大久保陽策,廣延直也,德山丈仁,木原康樹, 第23回日本心不全学会学術集会, 2019年10月05日, 通常, 日本語, 広島
  28. 持続性心房細動と糖尿病は心房細動患者における頻脈誘発性心筋症の発症予防因子となる, 廣延直也, 中野由紀子,宮内俊介,池内佳裕,岡村祥央,大久保陽策,德山丈仁,木原康樹, 第23回日本心不全学会学術集会, 2019年10月05日, 通常, 日本語, 広島
  29. 心房細動と心不全-アブレーションの効果-, 中野由紀子, 木原康樹, 第23回日本心不全学会学術集会, 2019年10月04日, 通常, 日本語, 広島
  30. Brugada症候群の心臓突然死リスク予測モデルを用いたリスク階層化, 中野由紀子, 廣延直也,清水渉,高木雅彦,森田宏,草野研吾,相庭武司,大野聖子,鎌倉令,堀江稔,木原康樹, 第67回日本心臓病学会学術集会, 2019年09月14日, 通常, 日本語, 愛知
  31. Yosaku Okubo, Yukiko Nakano, Yoshihiro Ikeuchi, Shunsuke Miyauchi, Sho Okamura, Naoya Hironobe, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, 第66回日本不整脈心電学会学術大会, 2019年07月27日, 通常, 日本語, 神奈川
  32. Pitfall of Interpretting Real Time Activated Clotting Time During Catheter Ablation, Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yosaku Okubo, Naoya Hironobe, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, 第66回日本不整脈心電学会学術大会, 2019年07月27日, 通常, 日本語, 神奈川
  33. MicroRNAs and Brugada Syndrome, Yukiko Nakano, 第66回日本不整脈心電学会学術大会, 2019年07月26日, 通常, 日本語, 神奈川
  34. Uninterrupted vs. Interrupted Dabigatran. Uninterrupted Dabigatran is Associate with Optimal ACT Control During Catheter Ablation, Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano Y, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yosaku Okubo, Naoya Hironobe, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, American Heart Association (AHA) 2019 Scientific Sessions, 2019年11月18日, 通常, 英語, Pennsylvania, PA
  35. Circulating Mir-223-3p As A Novel Biomarker And Pathogenesis Of Brugada Syndrome, Yukiko Nakano, Onohara Y, Motoda C, Tokuyama T, Hironobe N, Okubo Y, Okamura S, Miyauchi S, Ikeuchi Y, Nishiyama O, Ochi H, Chayama K, Kihara Y, American Heart Association (AHA) 2019 Scientific Sessions, 2019年11月18日, 通常, 英語, Pennsylvania, PA
  36. Left Atrial Dimension Reduction Rate After Blanking Period Predicts Late Recurrence of Atrial Fibrillation After Radiofrequency Catheter Ablation, Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yosaku Okubo, Naoya Hironobe, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, American Heart Association (AHA) 2019 Scientific Sessions, 2019年11月17日, 通常, 英語, Pennsylvania, PA
  37. Inconsistency Between Epinephrine Provocation Test And Genetic Test In Type 2 Long QT Syndrome, Yukiko Nakano, Onohara Y, Tokuyama T, Hironobe N, Okubo Y, Okamura S, Miyauchi S, Ikeuchi Y, Yamada T, Ochi H, Chayama K, Kihara Y, American Heart Association (AHA) 2019 Scientific Sessions, 2019年11月17日, 通常, 英語, Pennsylvania, PA
  38. Predicting Atrial Fibrillation using a Combination of Genetic Risk Score and Clinical Risk Factors, Yosaku Okubo, Yukiko Nakano, Takehito Tokuyama, Naoya Hironobe, Sho Okamura, Shunsuke Miyauchi, Yoshihiro Ikeuchi, Yasuki Kihara, American Heart Association (AHA) 2019 Scientific Sessions, 2019年11月16日, 通常, 英語, Pennsylvania, PA
  39. Gene polymorphisms associated with tachycardia induced cardiomyopathy in patients with AF, Yukiko Nakano, APHRS2019 Asia Pacific Heart Rhythm Society, 2019年10月24日, 招待, 英語, Bangkok, Thailand
  40. Uninterrupted vs. Interrupted Dabigatran. Uninterrupted Dabigatran is Associated with Optimal ACT Control During Catheter Ablation, Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yosaku Okubo, Naoya Hironobe, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, APHRS2019 Asia Pacific Heart Rhythm Society, 2019年10月24日, 通常, 英語, Bangkok, Thailand
  41. Role of microRNA in genetic regulation of cardiac arrhythmias, Yukiko Nakano, APHRS2019 Asia Pacific Heart Rhythm Society, 2019年10月24日, 招待, 英語, Bangkok, Thailand
  42. Genetics of Atrial Fibrillation, Yukiko Nakano, Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases 2019 (APSAVD), 2019年09月21日, 招待, 英語, Taipei, Taiwan
  43. Best Practice of VT, 中野由紀子, 西日本Electrophysiology Expert Meeting, 2017年12月23日, 招待, 日本語, 大阪
  44. 心房細動治療UPDATE, 中野由紀子, 第312回三水会特別講演会, 2017年12月20日, 招待, 日本語
  45. 心室性不整脈のup date, 中野由紀子, Meet The Expert @ NAGOYA, 2017年12月15日, 招待, 日本語, 愛知
  46. 非侵襲的スコアリングを用いたブルガタ症候群の心室細動リスク層別化について, 中野由紀子, Arrhythmia Conference in Hiroshima 2017, 2017年12月09日, 通常, 日本語, 広島
  47. 虚血性心不全を発症した家族性高コレステロール血症への治療介入, 渡邊信寛, 栗栖智,西樂顕典,宇都宮裕人,石橋堅,北川知郎,福田幸弘,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第111回日本循環器学会中国地方会, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 岡山
  48. PITX2遺伝子多型は洞機能を低下させ心房細動発症に寄与している, 友森俊介, 中野由紀子,西樂顕典,德山丈仁,元田親章,松村誠也,網岡道孝,廣延直也,大久保陽策,岡村祥央,木原康樹, 第111回日本循環器学会中国地方会, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 岡山
  49. 心房細動早期発見・脳梗塞予防のために出来ること-パッチ型心電計の可能性-, 中野由紀子, 広島大学循環器内科同門会・開業医部会第24回拡大開業医部会勉強会, 2017年11月07日, 通常, 日本語, 広島
  50. 2017年11月, 通常, 英語
  51. 2017年11月, 通常, 英語
  52. 前失神症状を伴うwide QRS tachycardiaとして発症した発作性上室性頻拍の1例, 島尻寛人, 廣延直也,中野由紀子,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,元田親章,德山丈仁,西樂顕典,木原康樹, 第117回日本内科学会中国地方会, 2017年11月, 通常, 日本語, 島根
  53. 心房細動治療のUpdate, 中野由紀子, 第4回急性期脳梗塞治療を考える地域連携の会, 2017年10月19日, 招待, 中国語, 岡山
  54. 不整脈治療の最前線 よりよい連携のカタチを目指して, 中野由紀子, 爽秋カンファレンス~循環器系疾患患者さまへのアプローチ~, 2017年10月17日, 通常, 日本語, 広島
  55. 第21回日本心不全学会学術集会, 2017年10月, 通常, 日本語, 秋田
  56. Michitaka Amioka, Yukiko Nakano, Yasuki Kihara, 第21回日本心不全学会学術集会, 2017年10月, 通常, 英語, 秋田
  57. 酸化成分低減クロロゲン酸含有コーヒーは食後の血管内皮障害を抑制する, 梶川正人, 丸橋達也,岸本真治,松井翔吾,野間玄督,日髙貴之,栗栖智,中野由紀子,木原康樹,渡辺卓也,刀禰寛,日比壮信,大崎紀子,桂木能久,東幸仁, 第40回日本高血圧学会総会, 2017年10月, 通常, 日本語, 愛媛
  58. 心房細動治療のアップデート, 中野由紀子, Advanced Cardiovascular meeting in Hiroshima, 2017年09月22日, 招待, 日本語, 第一三共株式会社, 広島
  59. 不整脈医が臨床現場でMEに求めていること, 中野由紀子, AHRC安芸ハートリズムカンファレンス, 2017年09月02日, 招待, 日本語, 広島
  60. 第64回日本不整脈心電学会学術大会合同開催, 2017年09月, 通常, 英語, 神奈川
  61. 第64回日本不整脈心電学会学術大会合同開催, 2017年09月, 招待, 英語, 神奈川
  62. セマフォリン3A遺伝子異常を有する特発性心室細動症例の特徴と薬物反応性, 德山丈仁, 中野由紀子,大久保陽策,廣延直也,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,元田親章,西樂顕典,木原康樹, 第65回日本心臓病学会学術集会, 2017年09月, 通常, 日本語, 大阪
  63. 発作性心房細動HOT balloon ablation中に心房細動stormに移行し発生起源の同定に苦慮した一例, 岡村祥央, 中野由紀子,大久保陽策,廣延直也,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,德山丈仁,西樂顕典,木原康樹, 第65回日本心臓病学会学術集会, 2017年09月, 通常, 日本語, 大阪
  64. 上大静脈起源の心房細動が上室性期外収縮連発の心電図を呈した症例, 德山丈仁, 中野由紀子,廣延直也,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,元田親章,西樂顕典,木原康樹, 第65回日本心臓病学会学術集会, 2017年09月, 通常, 日本語, 大阪
  65. 心房細動の治療について~抗凝固療法を中心に~, 中野由紀子, 抗凝固療法 カンファランス, 2017年08月04日, 招待, 日本語, 広島
  66. 心房細動の治療について~抗凝固療法を中心に~, 中野由紀子, 循環器Expert Meeting in 三次, 2017年07月27日, 招待, 日本語, 広島
  67. 不整脈検出の試み~植込み型心電計Reveal LINQを含めて~, 中野由紀子, Heart & Stroke in Hiroshima, 2017年07月26日, 招待, 日本語, 広島
  68. 不整脈治療Up to Date, 中野由紀子, 第7回Bungo AF Forum, 2017年07月25日, 招待, 日本語, 大分
  69. 心房細動治療のUpdate, 中野由紀子, 東広島地区医師会学術講演会, 2017年07月20日, 招待, 日本語, 広島
  70. 脳塞栓症予防における心房細動管理・治療の重要性~最新のアブレーション治療~, 中野由紀子, 第20回日本臨床脳神経外科学会, 2017年07月15日, 招待, 日本語
  71. 無症候性心房細動に対するカテーテルアブレーションの将来の展望-左心耳閉鎖デバイスとの位置付け-, 中野由紀子, カテーテルアブレーション関連秋季大会2017, 2017年07月08日, 通常, 日本語, 北海道
  72. 発作性心房細動HOT balloon ablation中に心房細動stormが生じ、発生起源の同定に苦慮した一例, 廣延直也, 中野由紀子,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,德山丈仁,西樂顕典,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2017, 2017年07月07日, 通常, 日本語, 北海道
  73. 心房細動に対する拡大肺静脈隔離術施行2時間後に突然の心停止となり、回復した一例, 友森俊介, 中野由紀子,西樂顕典,德山丈仁,元田親章,松村誠也,網岡道孝,廣延直也,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2017, 2017年07月07日, 通常, 日本語, 北海道
  74. 左下肺静脈の突発性マクロリエントリー心房頻拍のアブレーションに成功した強皮症の1例, 網岡道孝, 中野由紀子,廣延直也,友森俊介,松村誠也,徳山丈仁,西樂顕典,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2017, 2017年07月07日, 通常, 日本語, 北海道
  75. 反復性失神の原因が重度血圧低下を伴う発作性上室性頻拍と考えられたBrugada症候群の1例, 板倉文乃, 廣延直也,中野由紀子,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,德山丈仁,西樂顕典,木原康樹, 第110回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2017年06月30日, 通常, 日本語, 高知
  76. 致死的不整脈の診断と治療, 中野由紀子, 第15回播磨不整脈カンファレンス(J. HAC), 2017年06月24日, 招待, 日本語, 兵庫
  77. 心房細動の治療について~抗凝固療法を中心に~, 中野由紀子, 因島医師会学術講演会, 2017年05月19日, 招待, 日本語, 広島
  78. 心房細動と抗凝固療法, 中野由紀子, Kurashiki Catheter Ablation Seminar, 2017年04月19日, 招待, 日本語, 岡山
  79. ニフェカラント再考, 中野由紀子, Ⅲ群薬座談会, 2017年03月19日, 招待, 日本語, 石川
  80. The predictors of late recurrence after pulmonary vein isolation in patients with non-paroxysmal atrial fibrillation, Amioka M, Nakano Y, Hironobe N, Tomomori S, Tokuyama T, Sairaku A, Kihara Y, 第81回日本循環器学会学術集会, 2017年03月19日, 通常, 英語, 石川
  81. A common SCN5A polymorphism H558R modifies cis-allelic expression level of SCN5A by modulating DNA methylation of SCN5A promoters, Matumura H, Nakano Y, Sairaku A, Tokuyama T, Tomomori S, Amioka M, Hironobe N, Kihara Y, 第81回日本循環器学会学術集会, 2017年03月18日, 通常, 英語
  82. Risk Stratification of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome Using Clinical and Molecular Biological Parameters is useful for Deciding an Optimal Therapeutic Strategy, Nakano Y, Kawazoe H, Ochi H, Sairaku A, Tokuyama T, Matsumura H, Tomomori S, Amioka M, Hironobe N, Motoda C, Onohara Y, Chayama K, Kihara Y, 第81回日本循環器学会学術集会, 2017年03月17日, 通常, 英語, 石川
  83. Variants of Aldehyde Dehydrogenase 2 and Alcohol Dehydrogenase Genes are Associated with Atrial Fibrillation, Nakano Y, Ochi H, Onohara Y, Sairaku A, Tokuyama T, Matsumura H, Tomomori S, Amioka M, Hironobe N, Motoda C, Oda N, Chayama K, Kihara Y, 第81回日本循環器学会学術集会, 2017年03月17日, 通常, 英語, 石川
  84. Sinus Node Recovery Time and ZFHX3 SNP Minor Allele were Independent Predictors of Atrial Fibrillation Recurrence after Pulmonary Vein Isolation, Tomomori S, Nakano Y, Tokuyama T, Sairaku A, Matsumura H, Amioka M, Hironobe N, Kihara Y, 第81回日本循環器学会学術集会, 2017年03月17日, 通常, 英語
  85. 心房細動治療について, 中野由紀子, Hiroshima Pharmacy Director Conference, 2017年03月08日, 招待, 日本語, 広島
  86. 発作性心房細動HOT balloon ablation中に心房細動stormが生じ、発生起源の同定に苦慮した一例, 廣延直也, 中野由紀子,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,德山丈仁,西樂顕典,木原康樹, 第24回中国不整脈談話会, 2017年02月25日, 通常, 日本語, 岡山
  87. 頻拍性心房性不整脈の急激な増加により抗頻拍ペーシング治療の無効化が判明した症例, 松崎尚康, 國廣龍雄,川端唯斗,坂本優実,宮本聡史,高橋秀暢,中野由紀子,今井克彦, 第9回植込みデバイス関連冬季大会, 2017年02月18日, 通常, 日本語, 長崎
  88. Auto PVARP機能により最大追従レートの低下を招いた1例, 川端唯斗, 松崎尚康,國廣龍雄,坂本優実,宮本聡史,高橋秀暢,中野由紀子, 第9回植込みデバイス関連冬季大会, 2017年02月17日, 通常, 日本語, 長崎
  89. 不整脈治療の最新の話題~中和剤の登場も踏まえて~, 中野由紀子, 安佐地区医師会講演会~抗凝固療法の新ステージを迎えて~, 2017年02月15日, 招待, 日本語, 広島
  90. 薬剤師のための不整脈セミナー, 中野由紀子, 第78回薬剤業務研修会, 2017年01月14日, 招待, 日本語
  91. Common variant in PITX2 contributes to the pathogenesis of paroxysmal atrial fibrillation by impairing sinus node function and progression of atrial remodeling, Tomomori S, Nakano Y, Tokuyama T, Sairaku A, Matsumura H, Amioka M, Hironobe N, Kihara Y, American Heart Association 2016, 2016年11月15日, 通常, 英語, New Orleans,USA
  92. Sinus node recovery time and minor allele of ZFHX3 SNP were independent predictors of atrial fibrillation recurrence after pulmonary vein isolation, Tomomori S, Nakano Y, Tokuyama T, Sairaku A, Matsumura H, Amioka M, Hironobe N, Kihara Y, American Heart Association 2016, 2016年11月15日, 通常, 英語, New Orleans,USA
  93. A common SCN5A polymorphism H558R modifies clinical phenotype of Brugada syndrome by modulating DNA methylation of SCN5A promoters, Matsumura H, Nakano Y, Sairaku A, Tokuyama T, Tomomori S, Amioka M, Hironobe N, Kihara Y, American Heart Association 2016, 2016年11月14日, 通常, 英語, New Orleans,USA
  94. Risk Stratification of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome Using Logistic Models of Noninvasive Parameters, Nakano Y, Kawazoe H, Ochi H, Takagi M, Tokuyama T, Sairaku A, Matsumura H, Tomomori S, Amioka M, Kihara Y, American Heart Association 2016, 2016年11月14日, 通常, 英語, New Orleans,USA
  95. A novel approach to tailor heparin dosage during ablation of atrial fibrillation: an assessment of sensitivity to unfractionated heparin, Sairaku A, Nakano Y, Kihara Y, American Heart Association 2016, 2016年11月14日, 通常, 英語, New Orleans,USA
  96. Variants Of Aldehyde Dehydrogenase 2 And Alcohol Dehydrogenase Genes Are Associated With Atrial Fibrillation, Nakano Y, Ochi H, Tomomori S, Matsumura H, Tokuyama T, Sairaku A, Motoda C, Chayama K, Chen C, Mochly-Rosen D, Kihara Y, American Heart Association 2016, 2016年11月13日, 通常, 日本語, New Orleans,USA
  97. A common genetic variant within SCN10A modulates DNA methylation of SCN5A Promoters, Hironobe N, Nakano Y, Tokuyama T, Sairaku A, Matsumura H, Tomomori S, Amioka M, Kihara Y, American Heart Association 2016, 2016年11月13日, 通常, 英語, New Orleans,USA
  98. 心房細動の最近の話題, 中野由紀子, Next Symposium for Cardiologist 2016, 2016年11月10日, 通常, 日本語, 広島
  99. 心房細動アブレーションの最新の話題, 中野由紀子, カテーテルアブレーション関連秋季大会2016, 2016年10月28日, 通常, 日本語, 福岡
  100. VT stormを呈した不整脈原生右室心筋症の一例, 德山丈仁, 中野由紀子,廣延直也,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,西樂顕典,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2016, 2016年10月28日, 通常, 日本語, 福岡
  101. 一拍毎にP波形や連結期の異なる連発性上室性期外収縮頻発に対してlocal activa-tion timeを用いて根治し得た1例, 網岡道孝, 中野由紀子,廣延直也,友森俊介,松村誠也,德山丈仁,西樂顕典,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2016, 2016年10月28日, 通常, 日本語, 福岡
  102. 心外膜側に著明なdelayed enhancementを有する心筋症の心室頻拍に対して心内膜アブレーションにて救命し得たelectrical stormの1例, 廣延直也, 中野由紀子,德山丈仁,西樂顕典,松村誠也,友森俊介,網岡道孝,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2016, 2016年10月28日, 通常, 日本語, 福岡
  103. 心房細動治療のUpdate, 中野由紀子, 第2回心不全・心房細動の最新治療, 2016年10月25日, 通常, 日本語, 広島
  104. 心房細動の治療について, 中野由紀子, 大竹市医師会内科医会学術講演会, 2016年10月06日, 通常, 日本語, 広島
  105. Malondialdehyde-Modified Low-density LipoproteinによるIB-IVUSを用いたプラーク不安定性の予測, 池永寛樹, 栗栖智,住元庸二,渡邊紀晶,石橋堅,土肥由裕,福田幸弘,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第30回日本心臓血管内視鏡学会, 2016年10月01日, 通常, 日本語, 兵庫
  106. 冠動脈内心電図と光干渉断層法による経皮的冠動脈カテーテル治療における術中微小循環障害と心筋傷害の予測, 池永寛樹, 栗栖智,渡邊紀晶,石橋堅,土肥由裕,福田幸弘,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第30回日本心臓血管内視鏡学会, 2016年10月01日, 通常, 日本語, 兵庫
  107. 心房細動患者における好中球リンパ球比の測定意義-左心耳機能との関連-, 福田幸弘, 中野由紀子,德山丈仁,日髙貴之,木原康樹, 第64回日本心臓病学会学術集会, 2016年09月24日, 通常, 日本語, 東京
  108. 持続性心房細動アブレーション後慢性期再発リスクの予測因子と治療戦略について, 中野由紀子, 友森俊介,西樂顕典,德山丈仁,松村誠也,川副宏,網岡道孝,末成和義,木原康樹, 第64回日本心臓病学会学術集会, 2016年09月23日, 通常, 日本語, 東京
  109. Predictors of the pulmonary vein isolation responders in terms of left atrial deformation and hemodynamics in patients with atrial fibrillation, Suenari K, Tomomori S, Matsumura H, Kawazoe H, Tokuyama T, Sairaku A, Nakano Y, Kihara Y, European Society of Cardiology 2016, 2016年08月30日, 通常, 日本語, Roma,Italy
  110. Newly Developed Atrial Fibrillation Is an Unfavorable Sign of Anthracycline-induced Cardiomyopathy, Amioka M, Sairaku A, Ochi T, Okada T, Asaoku H, Nakano Y, Kihara Y, European Society of Cardiology 2016, 2016年08月28日, 通常, 英語, Roma,Italy
  111. Head-to-head comparison of heart rate variability between bisoprolol transdermal patch and bisoprolol tablet, Sairaku A, Nakano Y, Suenari K, Tokuyama T, Matsumura H, Tomomori S, Amioka M, Kihara Y, 第63回日本不整脈心電学会学術大会, 2016年07月17日, 通常, 英語, 北海道
  112. Netlike Appearance Distal to Moderator Band Shown by Multidetector Computed Tomography may be a Pathogenesis of Ventricular Fibrillation in Arrhythmogenic Right Ventricular Cardiomyopathy, Matsumura H, Nakano Y, Sairaku A, Tokuyama T, Tomomori S, Amioka M, Hironobe N, Kihara Y, 第63回日本不整脈心電学会学術大会, 2016年07月17日, 通常, 英語, 北海道
  113. Ablation of Atrial Fibrillation in Patients with Genetic Background, Tomomori S, Nakano Y, Suenari K, Sairaku A, Tokuyama T, Kawazoe H, Matsumura H, Amioka M, Kihara Y, 第63回日本不整脈心電学会学術大会, 2016年07月17日, 通常, 英語, 北海道
  114. Mean left and right atrial pressures were independent predictors of late recurrence after pulmonary vein isolation in patients with long persistent atrial fibrillation, Amioka M, Nakano Y, Tomomori S, Matsumura H, Kawazoe H, Tokuyama T, Sairaku A, Kihara Y, 第63回日本不整脈心電学会学術大会, 2016年07月17日, 通常, 英語, 北海道
  115. Risk stratification of ventricular fibrillation in Brugada syndrome using noninvasive logistic model, Nakano Y, Kawazoe H, Takagi M, Hayashi Y, Ochi H, Uchimura Y, Sairaku A, Tokuyama T, Matsumura H, Tomomori S, Suenari K, Amioka M, Hironobe N, Kihara Y, 第63回日本不整脈心電学会学術大会, 2016年07月15日, 招待, 英語, 北海道
  116. Incomplete cure of tachycardia-induced cardiomyopathy secondary to rapid atrial fibrillation by heart rate control without sinus conversion, Sairaku A, Nakano Y, Suenari K, Tokuyama T, Matsumura H, Tomomori S, Amioka M, Kihara Y, 第63回日本不整脈心電学会学術大会, 2016年07月15日, 通常, 英語, 北海道
  117. Predictors of Pulmonary Vein Isolation Responders in Terms of Left Atrial Deformation and the Hemodynamics in Patients with Atrial Fibrillation, Suenari K, Tomomori S, Matsumura H, Kawazoe H, Tokuyama T, Sairaku A, Nakano Y, Kihara Y, 第63回日本不整脈心電学会学術大会, 2016年07月15日, 通常, 英語, 北海道
  118. 心房細動アブレーション治療の実際~クライオバルーン&ホットバルーンの紹介も含めて~, 中野由紀子, 心房細動医療連携の会, 2016年07月05日, 招待, 日本語, 広島
  119. 「デバイス治療のちょっとした工夫」~周術期、遠隔期の合併症を防ぐため医師の考えること、チームで出来ること~, 中野由紀子, 第16回心臓植込みデバイスフォローアップ研究会, 2016年06月25日, 招待, 日本語, 広島
  120. 冠動脈内心電図、光干渉断層法を用いた経皮的カテーテル治療の術中微小循環障害による心筋傷害の予測, 池永寛樹, 栗栖智,住元庸二,渡邊紀晶,石橋堅,土肥由裕,福田幸弘,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第108回日本循環器内科学中国・四国合同地方会, 2016年06月10日, 通常, 日本語, 島根
  121. 心サルコイドーシスに合併した完全房室ブロックに対しステロイドバルスを施行した一例, 新開泰, 板倉希帆,住元庸二,日髙貴之,北川知郎,石橋堅,土肥由裕,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第108回日本循環器内科学中国・四国合同地方会, 2016年06月10日, 通常, 日本語, 島根
  122. 心房細動の治療について, 中野由紀子, 心房細動治療セミナー, 2016年06月01日, 招待, 日本語, 山口
  123. 心房細動の治療について-抗血栓療法も含めて-, 中野由紀子, 第11回県北心血管連携勉強会, 2016年05月20日, 招待, 日本語, 広島
  124. 心房細動のトータルマネジメント, 中野由紀子, 広島循環器ケア・リハビリテーション研究会, 2016年05月14日, 招待, 日本語, 広島
  125. Angioimmunoblastic T-cell lymphomaに併発した収縮性心膜炎に化学療法が奏効した1例, 板倉文乃, 土肥由裕,石橋堅,北川知郎,日髙貴之,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第114回日本内科学会中国地方会, 2016年05月07日, 通常, 日本語, 福岡
  126. 肺静脈隔離後regular narrow QRS tachycardiaを認め、上大静脈を起源とする心房細動であった1例, 網岡道孝, 中野由紀子,友森俊介,松村誠也,川副宏,德山丈仁,西樂顕典,末成和義,木原康樹, 第23回中国四国不整脈研究会, 2016年04月23日, 通常, 日本語, 香川
  127. 心房細動の治療について, 中野由紀子, 第283回世羅郡医師会学術講演会, 2016年04月21日, 招待, 日本語, 広島
  128. The Impact of Dexmedetomidine on the Cardiac Electrophysiological Properties in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation, Sairaku A, Nakano Y, Suenari K, Tokuyama T, Kawazoe H, Matsumura H, Tomomori S, Amioka M, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月20日, 通常, 英語, 宮城
  129. Why Some Patients Have Lone Severe Tricuspid Regurgitation without Other Valvular Diseases?, Itakura K, Hidaka T, Masada K, Kitagawa T, Suenari K, Dohi Y, Fukuda Y, Kurisu S, Nakano Y, Yamamoto H, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月20日, 通常, 英語, 宮城
  130. Common Variant in PITX2 Contributes to the Pathogenesis of Atrial Fibrillation by Impairing Sinus Node Function, Tomomori S, Nakano Y, Suenari K, Tokuyama T, Sairaku A, Kawazoe H, Matsumura H, Amioka M, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月20日, 通常, 英語, 宮城
  131. The Evaluation of Pulmonary Vascular Resistance and Right Ventricular Function by Using Echocardiography, Dohi Y, Uga S, Higashi A, Kinoshita H, Sada Y, Kitagawa T, Hidaka T, Suenari K, Noma K, Fukuda Y, Kurisu S, Nakano Y, Yamamoto H, Higashi Y, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月20日, 通常, 英語, 宮城
  132. Evaluation of Left Atrial Pressure in Atrial Fibrillation Patients with Stretched Pulmonary Veins and Their Outcomes after Pulmonary Vein Isolation, Suenari K, Tomomori S, Matsumura H, Kawazoe H, Tokuyama T, Sairaku A, Nakano Y, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月19日, 通常, 英語, 宮城
  133. Atrioventricular Nodal Remodeling Resulting from Persistent Atrial Fibrillation, Sairaku A, Nakano Y, Suenari K, Tokuyama T, Kawazoe H, Matsumura H, Tomomori S, Amioka M, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月19日, 通常, 英語, 宮城
  134. Activated Partial Thromboplastin Time Measured after Overnight Heparin Bridging Helps Heparinization during Ablation of Atrial Fibrillation, Sairaku A, Nakano Y, Suenari K, Tokuyama T, Kawazoe H, Matsumura H, Tomomori S, Amioka M, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月19日, 通常, 英語, 宮城
  135. A Common Genetic Variant within SCN10A Modulates DNAMethylation of SCN5A Promoters, Nakano Y, Ochi H, Tomomori S, Matsumura H, Kawazoe H, Tokuyama T, Sairaku A, Suenari K, Onohara Y, Chayama K, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月18日, 通常, 英語, 宮崎
  136. SCN5A H558R Polymorphism Counteracts Effects of SCN5AMutations by Decrease Risk Allele Expression Level, Matsumura H, Nakano Y, Suenari K, Sairaku A, Tokuyama T, Kawazoe H, Tomomori S, Amioka M, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月18日, 通常, 日本語, 宮城
  137. Anatomy Does Matter: The Relationship between Catheter-tissue Contact Force and Anatomical Variations of Left Atrium, Sairaku A, Nakano Y, Suenari K, Tokuyama T, Kawazoe H, Matsumura H, Tomomori S, Amioka M, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月18日, 通常, 英語, 宮城
  138. Impact of the Left Atrial Morphological Change by Increased Atrial Pressure in Patients with Atrial Fibrillation, Suenari K, Tomomori S, Matsumura H, Kawazoe H, Tokuyama T, Sairaku A, Nakano Y, Kihara Y, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月18日, 通常, 日本語, 宮城
  139. Brugada症候群について, 中野由紀子, Woman EP in Japan, 2016年02月27日, 通常, 日本語, 東京
  140. 抗凝固療法Update, 中野由紀子, Atrial Fibrillationセミナーin広島, 2016年02月25日, 通常, 日本語, 広島
  141. VT起源の診断に苦慮した不整脈原生右室心筋症の一例, 德山丈仁, 中野由紀子,木下未来,松井翔吾,住元庸二,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,川副宏,西樂顕典,末成和義,木原康樹, 中国不整脈談話会, 2016年02月20日, 通常, 日本語, 広島
  142. 心房細動のアブレーション治療~最新の情報をまじえて~, 中野由紀子, 生理検査・総合管理部門合同研修会, 2016年02月13日, 通常, 日本語, 広島
  143. 植え込み型除細動器遠隔モニタリングにより早期治療介入が可能であった心室細動の2例, 松村誠也, 中野由紀子,末成和義,西樂顕典,川副宏,友森俊介,網岡道孝,木下未来,木原康樹, 第8回植込みデバイス関連冬季大会, 2016年02月06日, 通常, 日本語, 福岡
  144. 高度心室内伝導障害を伴う拡張相肥大型心筋症にCRTが奏功した1 例, 友森俊介, 中野由紀子,末成和義,德山丈仁,西樂顕典,川副宏,松村誠也,網岡道孝,木下未来,木原康樹, 第8回植込みデバイス関連冬季大会, 2016年02月06日, 通常, 日本語, 福岡
  145. ペースメーカリード断線に脳梗塞を合併していた1 例, 木下未来, 網岡道孝,友森俊介,松村誠也,川副宏,西樂顕典,德山丈二,末成和義,中野由紀子, 第8回植込みデバイス関連冬季大会, 2016年02月06日, 通常, 日本語, 福岡
  146. 高度房室ブロックへのペースメーカ植込み1 年後に生じた胸水貯留:What is the mechanism?, 西樂顕典, 中野由紀子,末成和義,德山丈仁,川副宏,松村誠也,友森俊介,網岡道孝,木原康樹, 第8回植込みデバイス関連冬季大会, 2016年02月06日, 通常, 日本語, 福岡
  147. 心房細動治療について, 中野由紀子, 心不全・心房細動の最新治療, 2016年01月29日, 通常, 日本語, 広島
  148. 日本における心房細動患者の現状について, 中野由紀子, リクシアナWeb座談会~日本人AF患者の抗凝固療法を考える~, 2015年12月19日, 通常, 日本語, 広島
  149. 多発性脳梗塞と静脈血栓塞栓症の合併から疑った子宮肉腫による非細菌性血栓性心内膜炎の1例, 東昭史, 土肥由裕,北川知郎,末成和義,日髙貴之,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月12日, 通常, 日本語, 広島
  150. 10mm以上の弁尖離開を伴う重症三尖弁逆流症を有する患者の臨床的特徴, 板倉希帆, 日髙貴之,北川知郎,末成和義,土肥由裕,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月12日, 通常, 日本語, 広島
  151. 集学的治療によりElectrical stormを脱した1例, 德山丈仁, 中野由紀子,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,西樂顕典,末成和義,栗栖智,山本秀也,木原康樹, 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月12日, 通常, 日本語, 広島
  152. 抗凝固療法を行ったにも関わらず全身性塞栓症を発症した心不全合併心房細動の1例, 最上淳夫, 網岡道孝,友森俊介,松村誠也,川副宏,德山丈仁,西樂顕典,末成和義,中野由紀子,木原康樹, 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月12日, 通常, 日本語, 広島
  153. 周産期心筋症に対する抗ブロモクリプチン療法2症例の検討, 土谷朱子, 渡邊紀晶,北川知郎,土肥由裕,日髙貴之,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月12日, 通常, 日本語, 広島
  154. 多彩な病態を呈した膠原病性肺動脈性肺高血圧症の1例, 唐口望実, 土肥由裕,北川知郎,末成和義,日髙貴之,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月12日, 通常, 日本語, 広島
  155. 化膿性脊椎炎からデバイス感染を診断した感染性心内膜炎の1例, 閔俊泓, 日髙貴之,北川知郎,末成和義,土肥由裕,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第113回日本内科学会中国地方会, 2015年12月12日, 通常, 日本語, 広島
  156. 心房細動治療と医療連携~クライオアブレーションの紹介も含めて~, 中野由紀子, 広島市不整脈連携の会, 2015年12月02日, 通常, 日本語, 広島
  157. 高度心室内伝導障害を伴う拡張相肥大型心筋症にCRTが奏功した一例, 友森俊介, 中野由紀子,末成和義,德山丈仁,川副宏,西樂顕典,松村誠也,網岡道孝,木下未来,木原康樹, 第107回日本循環器学会中国地方会, 2015年11月28日, 通常, 日本語, 広島
  158. 複数回のカテーテルアブレーションで治療し得た僧帽弁輪を旋回する非通常型心房粗動の一例, 松村誠也, 中野由紀子,末成和義,西樂顕典,德山丈仁,川副宏,友森俊介,木原康樹, 第107回日本循環器学会中国地方会, 2015年11月28日, 通常, 日本語, 広島
  159. 両弁置換術後の難治性VTストームに対する両交感神経遮断, 松井翔吾, 中野由紀子,網岡道孝,木下未来,友森俊介,松村誠也,川副宏,德山丈仁,西樂顕典,末成和義,木原康樹, 第107回日本循環器学会中国地方会, 2015年11月28日, 通常, 日本語, 広島
  160. 進行性の経過を観察しえた心筋症の一例, 川副宏, 中野由紀子,友森俊介,松村誠也,西樂顕典,德山丈仁,末成和義,木下未来,網岡道孝,木原康樹, 第107回日本循環器学会中国地方会, 2015年11月28日, 通常, 日本語, 広島
  161. 心房細動中の左房内electrical rotorの検出、その電気生理学的特性についての検討, 末成和義, 中野由紀子,木原康樹, 第3回瀬戸内心臓討論会, 2015年11月14日, 通常, 日本語, 広島
  162. Who is the Operator, That is the Problem: A Multicenter Study, Sairaku A, Yoshida Y, Nakano Y, Maeda M, Hashimoto H, Kihara Y, The 88th Scientific Sessions of the American Heart Association 2015, 2015年11月10日, 通常, 英語, Orlando,USA
  163. Anatomy Does Matter: The Relationship Between Catheter-Tissue Contact Force and Anatomical Variations of Left Atrium, Sairaku A, Nakano Y, Suenari K, Kihara Y, The 88th Scientific Sessions of the American Heart Association 2015, 2015年11月09日, 通常, 英語, Orlando,USA
  164. Poor Left Ventricular Reverse Remodeling in Patients With Systolic Heart Failure and Atrioventricular Block Who Clinically Responded to Cardiac Resynchronization Therapy: A Multicenter Study, Sairaku A, Yoshida Y, Nakano Y, Hashimoto H, Maeda M, Kihara Y, The 88th Scientific Sessions of the American Heart Association 2015, 2015年11月09日, 通常, 英語, Orlando,USA
  165. SCN5A H558R Polymorphism Counteracts Effects of SCN5A Mutations by Decrease Risk Allele Expression Level, Matsumura H, Nakano Y, Suenari K, Tokuyama T, Sairaku A, Kawazoe H, Tomomori S, Kihara Y, The 88th Scientific Sessions of the American Heart Association 2015, 2015年11月09日, 通常, 英語, Orlando,USA
  166. The Impact of Dexmedetomidine on the Cardiac Electrophysiological Properties in Patients With Paroxysmal Atrial Fibrillation, Sairaku A, Nakano Y, Suenari K, Kihara Y, The 88th Scientific Sessions of the American Heart Association 2015, 2015年11月09日, 通常, 英語, Orlando,USA
  167. Cardiac Resynchronization Therapy for Patients With Cardiac Sarcoidosis, Sairaku A, Yoshida Y, Nakano Y, Maeda M, Hashimoto H, Hirayama H, Kihara Y, The 88th Scientific Sessions of the American Heart Association 2015, 2015年11月08日, 通常, 英語, Orlando,USA
  168. 致死的不整脈の遺伝子について, 中野由紀子, 第4回 Arrhythmia Forum, 2015年10月30日, 通常, 日本語, 東京
  169. Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio Predicts Reduced Left Atrial Appendage Wall Velocity in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation, Fukuda Y, Nakano Y, Tomomori S, Matsumura H, Kawazoe H, Sairaku A, Tokuyama T, Suenari K, Hidaka T, Kihara Y, 第19回日本心不全学会学術集会, 2015年10月23日, 通常, 日本語, 大阪
  170. A Case of Cardiac Sarcoidosis which Showed PBC Like Finding in Liver Biopsy, Matsui S, Nakano Y, Tomomori S, Matsumura H, Kawazoe H, Tokuyama T, Sairaku A, Suenari K, Hidaka T, Kihara Y, 第19回日本心不全学会学術集会, 2015年10月22日, 通常, 英語, 大阪
  171. 12誘導心電図の基本的な読み方, 中野由紀子, 第16回 心電図判読セミナー, 2015年10月10日, 通常, 日本語, 島根
  172. 二弁置換術後の繰り返す心室頻拍のコントロールに難渋した症例, 松井翔吾, 中野由紀子,網岡道孝,友森俊介,松村誠也,渡邉義和,川副宏,德山丈仁,西樂顕典,末成和義,副島京子,木原康樹, 第63回日本心臓病学会学術集会, 2015年09月18日, 通常, 日本語, 神奈川
  173. 集学的治療により心不全のコントロールをし得た不整脈合併拡張型心筋症の一症例, 網岡道孝, 中野由紀子,松井翔吾,友森俊介,松村誠也,渡邉義和,川副宏,德山丈仁,西樂顕典,末成和義,木原康樹,青沼和隆, 第63回日本心臓病学会学術集会, 2015年09月18日, 通常, 日本語, 神奈川
  174. 致死的不整脈の遺伝子診断について, 中野由紀子, 第54回神奈川不整脈研究会, 2015年09月05日, 通常, 日本語, 神奈川
  175. PCPS管理中に大動脈弁に血栓が付着した2症例, 板倉希帆, 政田賢治,日髙貴之,北川知郎,土肥由裕,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 日本超音波医学会  第51回中国地方会学術集会 第14回中国地方会講習会, 2015年09月05日, 通常, 日本語, 広島
  176. Risk stratification of ventricular fibrillation in Brugada syndrome by combination of clinical non-invasive and molecular parameters, Nakano Y, Ochi H, Kawazoe H, Tokuyama T, Watanabe Y, Matsumura H, Tomomori S, Sairaku A, Ikenaga H, Oda N, Oda N, Uchimura-Makita Y, Motoda C, Chayama K, Kihara Y, 第30回日本不整脈学会学術大会 第32回日本心電学会学術集会, 2015年07月31日, 招待, 英語, 京都
  177. Atrioventricular nodal remodeling resulting from persistent atrial fibrillation, Sairaku A, Nakano Y, Suenari K, Tokuyama T, Kawazoe H, Watanabe Y, Matsumura H, Tomomori S, Kihara Y, 第30回日本不整脈学会学術大会 第32回日本心電学会学術集会, 2015年07月31日, 通常, 英語, 京都
  178. Who is the operator,that is the problem:A multicenter study, Sairaku A, Yoshida Y, Nakano Y, Maeda M, Kihara Y, 第30回日本不整脈学会学術大会 第32回日本心電学会学術集会, 2015年07月31日, 通常, 英語, 京都
  179. 12誘導心電図の基本的な読み方, 中野由紀子, 第30回日本不整脈学会学術大会 第32回日本心電学会学術集会, 2015年07月30日, 招待, 日本語, 京都
  180. Balance between patient immobility and risk for apnea during intraprocedural sedation, Sairaku A, Yoshida Y, Nakano Y, Kihara Y, 第30回日本不整脈学会学術大会 第32回日本心電学会学術集会, 2015年07月30日, 通常, 日本語, 京都
  181. The impact of catheter ablation for avoiding pacemaker implantation in patients with bradycardia-tachycardia syndrome, Watanabe Y, Nakano Y, Tokuyama T, Kawazoe H, Matsumura H, Tomomori S, Kishimoto S, Kihara Y, 第30回日本不整脈学会学術大会 第32回日本心電学会学術集会, 2015年07月30日, 通常, 英語, 京都
  182. Risk Stratification of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome Using Non-invasive Scoring Methods, Kawazoe H, Nakano Y, Tokuyama T, Sairaku A, Matsumura H, Tomomori S, Kishimoto S, Kihara Y, 第30回日本不整脈学会学術大会 第32回日本心電学会学術集会, 2015年07月30日, 通常, 英語, 京都
  183. Ablation of persistent atrial fibrillation unmasks the left ventricular remodeling, Tokuyama T, Nakano Y, Tomomori S, Matsumura H, Watanabe Y, Kawazoe H, Kihara Y, 第30回日本不整脈学会学術大会 第32回日本心電学会学術集会, 2015年07月29日, 通常, 日本語, 京都
  184. Negative association of H558R polymorphism and ventricular fibrillation in patients with Brugada syndrome, Matsumura H, Nakano Y, Suenari K, Sairaku A, Uchimura Y, Tokuyama T, Watanabe Y, Kawazoe H, Tomomori S, Kihara Y, 第30回日本不整脈学会学術大会 第32回日本心電学会学術集会, 2015年07月29日, 通常, 英語, 京都
  185. 心房細動と脳梗塞について, 中野由紀子, 第338回呉循環器病研究会学術講演会, 2015年06月23日, 通常, 日本語, 広島
  186. PCPS管理中に大動脈弁に血栓が付着した2症例についての検討, 土谷朱子, 板倉希帆,檜垣忠直,渡邉義和,德山丈仁,丸橋達也,石橋堅,北川知郎,日髙貴之,土肥由裕,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第106回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2015年06月20日, 通常, 日本語, 愛媛
  187. 鬱血性心不全を発症したが左室容量負荷所見を認めず、重症度評価に苦慮した僧帽弁閉鎖不全症の一例, 正木龍太郎, 政田賢治,岸本真治,丸橋達也,德山丈仁,石橋堅,北川知郎,日髙貴之,土肥由裕,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第106回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2015年06月20日, 通常, 日本語, 愛媛
  188. 糖尿病患者では糖負荷に対する脈波反射の反応性が低下している, 檜垣忠直, 栗栖智,渡邊紀晶,池永寛樹,下永貴司,岩崎年高,北川知郎,石橋堅,土肥由裕,日髙貴之,福田幸弘,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第106回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2015年06月19日, 通常, 日本語, 愛媛
  189. 心房細動に対するカテーテルアブレーション治療のトピックス, 中野由紀子, リクシアナAF学術講演会, 2015年06月12日, 通常, 日本語, 広島
  190. 致死性不整脈の遺伝子について, 中野由紀子, 第1回臨床遺伝セミナー, 2015年05月12日, 通常, 日本語, 広島
  191. 心房細動の診断と治療, 中野由紀子, 第8回呉市民ハートフォーラム, 2015年05月09日, 通常, 日本語, 広島
  192. Can Noninvasive Positive Airway Pressure Improve the Prognosis and Functional Capacity of Heart Failure Through the Suppression of Inflammatory Response?, Hidaka T, Kihara Y, Yamamoto H, Nakano Y, Kurisu S, Fukuda Y, Dohi Y, Kitagawa T, Ishibashi K, Maruhashi T, 第79回日本循環器学会学術集会, 2015年04月26日, 通常, 日本語, 大阪
  193. Who is the Operator, That is the Problem: A Multicenter Study, Sairaku A, Yoshida Y, Nakano Y, Hirayama H, Hashimoto H, Kihara Y, 第79回日本循環器学会学術集会, 2015年04月26日, 通常, 英語, 大阪
  194. Poor Left Ventricular Reverse Remodeling in Patients with Systolic Heart Failure and Atrioventricular Block who Responded to Cardiac Resynchronization Therapy, Sairaku A, Yoshida Y, Maeda M, Hirayama H, Nakano Y, Hashimoto H, Kihara Y, 第79回日本循環器学会学術集会, 2015年04月26日, 通常, 日本語, 大阪
  195. The Outcome after Cardiac Resynchronization Therapy for the Patients with Cardiac Sarcoidosis, Sairaku A, Yoshida Y, Maeda M, Hirayama H, Nakano Y, Hashimoto H, Kihara Y, 第79回日本循環器学会学術集会, 2015年04月26日, 通常, 英語, 大阪
  196. Common Variant near HEY2 as a Protective Modifier of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome, Nakano Y, Ochi H, Toshishige M, Ikenaga H, Oda N, Tokuyama T, Sairaku A, Watanabe Y, Kawazoe H, Matsumura H, Tomomori S, Oda N, Kishimoto S, Uchimura-Makita Y, Motoda C, Fujiwara M, Kajihara K, Itakura K, Chayama K, Kihara Y, 第79回日本循環器学会学術集会, 2015年04月24日, 招待, 英語, 大阪
  197. Resting Periodic Breathing before Cardiopulmonary Exercise Testing was Strongly Correlated with Future Cardiovascular Events in Heart Failure Patients, Kinoshita H, Dohi Y, Uga S, Higashi A, Sada Y, Tokuyama T, Maruhashi T, Kisaka T, Ishibashi K, Kitagawa T, Hidaka T, Fukuda Y, Kurisu S, Nakano Y, Yamamoto H, Kihara Y, 第79回日本循環器学会学術集会, 2015年04月24日, 通常, 英語, 大阪
  198. Difficulty to Predict Histological Cardiac Abnormalities in Brugada Syndrome Patients Using Late Potential, Watanabe Y, Nakano Y, Tomomori S, Matsumura H, Kawazoe H, Tokuyama T, Kihara Y, 第79回日本循環器学会学術集会, 2015年04月24日, 通常, 英語, 大阪
  199. 心房細動の治療について, 中野由紀子, 第75回広島市東区医師会講演会, 2015年04月20日, 通常, 日本語, 広島
  200. ペースメーカー業務に関するCEの役割拡大, 中野由紀子, 日本医工学治療学会第31回学術大会, 2015年03月29日, 招待, 日本語
  201. 心房細動の治療について-抗凝固療法も含めて-, 中野由紀子, 第27回広島循環器フォーラム, 2015年03月26日, 招待, 日本語, 広島
  202. 多発するPACに対するカテーテルアブレーションが奏功した拡張型心筋症の1例, 松村誠也, 中野由紀子,西樂顕典,德山丈人,渡邉義和,川副宏,友森俊介,板倉希帆,木原康樹, 第22回中国四国不整脈研究会, 2015年03月21日, 通常, 日本語, 岡山
  203. 致死性不整脈の遺伝子診断について, 中野由紀子, 第11回EP研究会, 2015年03月14日, 招待, 日本語, 愛媛
  204. 二弁置換術後の繰り返す心室頻拍のコントロールに難渋した症例, 友森俊介, 中野由紀子,德山丈仁,西樂顕典,渡邉義和,川副宏,松村誠也,板倉希帆,木原康樹, 第22回中国臨床不整脈談話会, 2015年03月07日, 通常, 日本語
  205. VTトラブル症例について, 中野由紀子, Woman EP in Japan, 2015年02月07日, 招待, 日本語, 長野
  206. PEAの原因が冠攣縮と判明した1例, 山田英忠, 石橋堅,妹尾淳弘,北川知郎,土肥由裕,日髙貴之,栗栖智,福田幸弘,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第105回日本循環器学会中国地方会, 2014年12月06日, 通常, 日本語
  207. Atrial fibrillation ablation in patients with advanced congestive heart failure, Nakano Y, The XVI International Symposium on Progress in Clinical Pacing, 2014年12月03日, 招待, 英語, Rome,Italy
  208. Optimal Targeted Temperature in Comatose Survivors After Cardiac Arrest Treated With Extracorporeal Cardiopulmonary Resuscitation, Kagawa E, Dote K, Kato M, Sasaki S, Oda N, Nakano Y, Kihara Y, The 87th Scientific Sessions of the American Heart Association 2014, 2014年11月18日, 通常, 英語
  209. Common Variant Near Hey2 as a Protective Modifier of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome by Modurating QTc Interval, Nakano Y, Ochi H, Toshishige M, Tokuyama T, Kawazoe H, Watanabe Y, Matsumura M, Tomomori S, Kishimoto S, Ikenaga H, Oda N, Chayama K, Kihara Y, The 87th Scientific Sessions of the American Heart Association 2014, 2014年11月18日, 通常, 英語
  210. Risk Stratification of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome Using Non-invasive Scoring Methods, Kawazoe H, Nakano Y, Tokuyama T, Uchimura Y, Watanabe Y, Sairaku A ,Matsumura H, Kishimoto S, Tomomori S, Kihara Y, The 87th Scientific Sessions of the American Heart Association 2014, 2014年11月18日, 通常, 英語
  211. Negative Association of H558r Polymorphism and Ventricular Fibrillation in Patients With Brugada Syndrome, Matsumura H, Nakano Y, Toshishige M, Ochi H, Tokuyama T, Watanabe Y, Kawazoe H, Tomomori S, Kishimoto S, Chayama K, Kihara Y, The 87th Scientific Sessions of the American Heart Association 2014, 2014年11月18日, 通常, 英語
  212. 致死的不整脈の遺伝子診断について, 中野由紀子, Arrhythmia Conference in Hiroshima, 2014年11月08日, 招待, 日本語, 広島
  213. 睡眠時無呼吸症候群と心房細動, 中野由紀子, 第25回広島循環器フォーラム21, 2014年10月29日, 通常, 日本語, 広島
  214. 心房細動の治療について, 中野由紀子, 第68回広島市南区医師会学術講演会, 2014年10月21日, 通常, 日本語, 広島
  215. Pathophysiolgy of Heart Failure with Preserved Ejection Fraction;Evidence Based Medicine Medicine and Novel Approach, Hidaka T, Kihara Y, Yamamoto H, Nakano Y, Kurisu S, Dohi Y, Kitagawa T, Ishibashi K, Maruhashi T, 第18回日本心不全学会学術集会, 2014年10月12日, 通常, 英語
  216. Pathophysiolgy of Heart Failure with Preserved Ejection Fraction;Evidence Based Medicine Medicine and Novel Approach, Hidaka T, Kihara Y, Yamamoto H, Nakano Y, Kurisu S, Dohi Y, Kitagawa T, Ishibashi K, Maruhashi T, 第18回日本心不全学会学術集会, 2014年10月12日, 通常, 日本語, 大阪
  217. 冠静脈内で逆行性の遅伝導路のアブレーションに成功したfast-slow/slow-slow房室結節リエントリー性頻拍の一例, 友森俊介, 中野由紀子,德山丈仁,西樂顕典,渡邉義和,川副宏,松村誠也,板倉希帆,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2014, 2014年10月10日, 通常, 日本語
  218. 左上大静脈遺残起源の心房細動にアブレーションを行った1例, 松村誠也, 中野由紀子,德山丈仁,西樂顕典,渡邉義和,川副宏,友森俊介,岸本真治,板倉希帆,小田望,木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会2014, 2014年10月10日, 通常, 日本語
  219. 持続性心房細動におけるカテーテル治療について, 中野由紀子, 第3回Arrhythmmia Forum, 2014年10月03日, 通常, 日本語, 東京
  220. 心室性期外収縮の関連が疑われる心室細動症例に対するカテーテルアブレーションの有用性について, 德山丈仁, 中野由紀子,松村誠也,渡邉義和,川副宏,木原康樹,黒木健志,野上昭彦,青沼和隆, 第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年09月28日, 通常, 日本語
  221. 心肺運動負荷テストにおけるEnd-Tidal CO2は肺高血圧症早期診断に有用である, 土肥由裕, 木下弘喜,東昭史,北川知郎,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年09月28日, 通常, 日本語
  222. 心疾患の治療によって心不全の改善に伴い著名なSASの改善を得た2症例, 渡邊紀晶, 日髙貴之,北川知郎,土肥由裕,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年09月27日, 通常, 日本語
  223. 心房細動アブレーション周術期の新規抗凝固薬使用の安全性について, 松村誠也, 中野由紀子,西樂顕典,德山丈仁,内村祐子,藤原舞,渡邉義和,川副宏,木原康樹, 第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年09月27日, 通常, 日本語
  224. 心疾患の治療によって心不全の改善に伴い著名なSASの改善を得た2症例, 渡邊紀晶, 日髙貴之,北川知郎,土肥由裕,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年09月27日, 通常, 日本語, 宮城
  225. 心房細動アブレーション周術期の新規抗凝固薬使用の安全性について, 松村誠也, 中野由紀子,西樂顕典,德山丈仁,内村祐子,藤原舞,渡邉義和,川副宏,木原康樹, 第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年09月27日, 通常, 日本語, 宮城
  226. 発作性心房細動患者の左房電気的リモデリング評価における三次元ストレインエコーの有用性, 渡邉義和, 中野由紀子,小田望,松村誠也,川副宏,藤原舞,元田親章,德山丈仁,内村祐子,西樂顕典,日髙貴之,木原康樹, 第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年09月26日, 通常, 日本語
  227. 発作性心房細動患者の左房電気的リモデリング評価における三次元ストレインエコーの有用性, 渡邉義和, 中野由紀子,小田望,松村誠也,川副宏,藤原舞,元田親章,德山丈仁,内村祐子,西樂顕典,日髙貴之,木原康樹, 第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年09月26日, 通常, 日本語, 宮城
  228. 心房細動治療の病診連携について~病院・開業医の立場から~, 中野由紀子, 広島地区Network Meeting, 2014年09月22日, 通常, 日本語, 広島
  229. 心房細動の治療について, 中野由紀子, 呉女医の会, 2014年09月16日, 招待, 日本語, 広島
  230. Quantitative assessment of left atrial mechanics and substrate abnormality assessed by three-dimensional echocardiography and electroanatomical mapping system in patients with atrial fibrillation, Watanabe Y, Nakano Y, Hidaka T, Tokuyama T, Uchimura Y, Sairaku A, Motoda C, Kawazoe H, Fujiwara M, Kihara Y, European Society of Cardiology 2014, 2014年09月01日, 通常, 英語, Barcelona,Spain
  231. Drastically decrease of left atrial pressure in patients with hypertrophic cardiomyopathy by catheter ablation for atrial fibrillation, Ikenaga H, Nakano Y, Oda N, Sairaku A, Kajihara K, Tokuyama T, Fujiwara M, Kawazoe H, Watanabe Y, Kihara Y, European Society of Cardiology 2014, 2014年08月31日, 通常, 英語, Barcelona,Spain
  232. 不整脈の治療について, 中野由紀子, 第473回薬事情報センター定例研修会, 2014年08月09日, 招待, 日本語, 広島
  233. 心房細動の治療について, 中野由紀子, 安芸内科医会学術講演会, 2014年07月29日, 通常, 日本語, 広島
  234. Circadian Variation of Heart Rate Variability in Brugada Syndrome may Contribute to Ventricular Fibrillation, Tokuyama T, Nakano Y, Matsumura H, Watanabe Y, Fujiwara M, Uchimura Y, Sairaku A, Kihara Y, 第29回日本不整脈学会 第31回日本心電学会合同学術大会, 2014年07月25日, 通常, 英語
  235. CARTO Merge使用による心房細動アブレーション術中の塩酸デクスメデトミジンの有用性の検討, 高橋秀暢, 中野由紀子,中尾司,岡原重幸,宮本聡史,松崎尚康, 第29回日本不整脈学会 第31回日本心電学会合同学術大会, 2014年07月25日, 通常, 日本語
  236. CARTO Merge使用による心房細動アブレーション術中の塩酸デクスメデトミジンの有用性の検討, 高橋秀暢, 中野由紀子,中尾司,岡原重幸,宮本聡史,松崎尚康, 第29回日本不整脈学会 第31回日本心電学会合同学術大会, 2014年07月25日, 通常, 日本語, 東京
  237. Circadian Variation of Heart Rate Variability in Brugada Syndrome may Contribute to Ventricular Fibrillation, Tokuyama T, Nakano Y, Matsumura H, Watanabe Y, Fujiwara M, Uchimura Y, Sairaku A, Kihara Y, 第29回日本不整脈学会 第31回日本心電学会合同学術大会, 2014年07月25日, 通常, 日本語, 東京
  238. Risk Stratification of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome Using Non-invasive Scoring Methods, Nakano Y, Uchimura Y, Sairaku A, Tokuyama T, Fujiwara M, Watanabe Y, Kawazoe H, Matsumura H, Motoda C, Ikenaga H, Kajihara K, Oda N, Kihara Y, 第29回日本不整脈学会 第31回日本心電学会合同学術大会, 2014年07月25日, 通常, 英語, 東京
  239. A Predictor of Stroke in Patients with Atrial Fibrillation Assessed in Low Risk by CHADS2Vasc Scoring, Watanabe Y, Nakano Y, Tokuyama T, Uchimura Y, Sairaku A, Fujiwara M, Kawazoe H, Matsumura H, Oda N, Kihara Y, 第29回日本不整脈学会 第31回日本心電学会合同学術大会, 2014年07月23日, 通常, 英語
  240. Time-Domain T-wave Alternans is Strongly Associated with a History of Ventricular Fibrillation in Patients with Brugada Syndrome, Nakano Y, Uchimura-Makita Y, Sairaku A, Tokuyama T, Fujiwara M, Watanabe Y, Kawazoe H, Matsumura H, Oda N, Motoda C, Kajihara K, Oda N, Verrier Richard L, Kihara Y, 第29回日本不整脈学会 第31回日本心電学会合同学術大会, 2014年07月23日, 通常, 英語, 東京
  241. A Predictor of Stroke in Patients with Atrial Fibrillation Assessed in Low Risk by CHADS2Vasc Scoring, Watanabe Y, Nakano Y, Tokuyama T, Uchimura Y, Sairaku A, Fujiwara M, Kawazoe H, Matsumura H, Oda N, Kihara Y, "第29回日本不整脈学会 第31回日本心電学会合同学術大会", 2014年07月23日, 通常, 英語, 東京
  242. 周産期心筋症に対しブロモクリプチンの投与にて心機能と睡眠時無呼吸症候群の軽快を認めた1例, 渡邊紀晶, 土肥由裕,西樂顕典,北川知郎,日髙貴之,栗栖智,中野由紀子,石田隆史,山本秀也,木原康樹, 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014年07月20日, 通常, 日本語, 京都
  243. 心房細動に対するカテーテルアブレーション, 中野由紀子, 第104回日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2014年07月19日, 通常, 日本語, 東京
  244. 著名な心機能改善を認めた若年重症心不全の1例, 金児奈瑠香, 石橋堅,北川知郎,土肥由裕,日髙貴之,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第104回日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2014年07月19日, 通常, 日本語, 岡山
  245. ループス腎炎を伴う肥大型心筋症と頻脈性心房細動による心不全加療に難渋した1例, 藤原誠, 土肥由裕,渡邊紀晶,北川知郎,日髙貴之,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第104回日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2014年07月19日, 通常, 日本語, 広島
  246. Short-coupled variant of torsade de pointes ストームにアブレーションを施行し救命し得た症例について, 宮内俊介, 中野由紀子,川副宏,德山丈仁,渡邉義和,松村誠也,小田望,藤原舞,西樂顕典,岸本真治,友森俊介,北川知郎,土肥由裕,日髙貴之,栗栖智,福田幸弘,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第104回日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2014年07月19日, 通常, 日本語, 岡山
  247. 広島大学病院における心房細動治療と病診連携について-アブレーション後のアンケート調査の結果も含めて-, 松村誠也, 中野由紀子,德山丈仁,内村祐子,藤原舞,渡邉義和,川副宏,西樂顕典,小田望,木原康樹, 第53回広島循環器病研究会, 2014年06月07日, 通常, 日本語, 広島
  248. 心機能低下を伴う持続性心房細動に対するアブレーション治療の有益性について, 德山丈仁, 中野由紀子,松村誠也,渡邉義和,川副宏,内村祐子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 日本内科学会 第110回中国地方会, 2014年05月31日, 通常, 日本語, 山口
  249. 心房細動の治療について, 中野由紀子, 庄原市医師会学術講演会, 2014年05月15日, 通常, 日本語, 広島
  250. 心原性脳塞栓症予防の症例ごとの使い分け, 中野由紀子, 広島地区 Core Member Meeting, 2014年05月12日, 通常, 日本語, 広島
  251. 自己心膜大動脈弁再建術では運動により心拍出量増加に伴い有効弁口面積が増加する, 日髙貴之, 宇都宮裕人,光波直也,石橋堅,北川知郎,土肥由裕,中野由紀子,栗栖智,山本秀也,木原康樹, 日本超音波医学会第87回学術集会, 2014年05月10日, 通常, 日本語, 神奈川
  252. クッシング病に伴う高血圧性うっ血性心不全の治療に難渋した1例, 渡邊紀晶, 日髙貴之,北川知郎,土肥由裕,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,石田隆史,木原康樹, 第3回臨床高血圧フォーラム, 2014年05月, 通常, 日本語, 広島
  253. 患者生活を守るShock Reduction, 中野由紀子, 失神の確定診断の為に~診断と管理をどう考えていくか~, 2014年04月28日, 通常, 日本語, 広島
  254. 最近の心室性不整脈について-遺伝子からアブレーションまで-, 中野由紀子, 大阪アブレーション勉強会, 2014年03月29日, 通常, 日本語, 大阪
  255. Left Atrial Mechanical and Substrate Abnormality Assessed by Three-dimensional Echocardiography and Electroanatomical Mapping System in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation, Watanabe Y, Nakano Y, Oda N, Matsumura H, Kawazoe H, Fujiwara M, Motoda C, Tokuyama T, Sairaku A, Uchimura Y, Hidaka T, Kihara Y, 第78回日本循環器学会学術集会, 2014年03月23日, 通常, 英語, 東京
  256. Durations and Temperature Management for Comatose Survivors of Cardiac Arrest Treated with or without Percutaneous Coronary Intervention, Kagawa E, Dote K, Kato M, Sasaki S, Oda N, Nakano Y, Sumimoto Y, Honda H, Takaeko Y, Inoue I, Kawagoe T, Ishihara M, Kihara Y, 第78回日本循環器学会学術集会, 2014年03月23日, 通常, 日本語, 東京
  257. Differentiations of Transition of the Thoracic Impedance According to Excessive Fluid Volume of Patient with Decompensated Heart Failure, Oda N, Nakano Y, Takaeko Y, Honda H, Miura K, Yamane A, Sumimoto Y, Nakano Y, Kagawa E, Sasaki S, Kato M, Nishioka K, Ueda H, Shiode N, Teragawa H, Dote K, Kihara Y, 第78回日本循環器学会学術集会, 2014年03月23日, 通常, 日本語, 東京
  258. Nonsynonymous Polymorphism in Semaphorin 3A is a New Genetic Risk Factor for Human Idiopathic Ventricular Fibrillation, Nakano Y, Toshisige M, Ochi H, Tokuyama T, Sairaku A, Oda N, Kajiahara K, Uchimura Y, Fujiwara M, Watanabe Y, Kawazoe H, Motoda C, Matumura H, Oda N, Aiba T, Watanabe H, Schimizu W, Horie M, Makita N, Chayama K, Kihara Y, 第78回日本循環器学会学術集会, 2014年03月22日, 通常, 英語, 東京
  259. The Relationship between Strokes and CHA2DS2VASc in the Real World of Atrial Fibrillation Ablation, Watanabe Y, Nakano Y, Oda N, Matsumura H, Kawazoe H, Fujiwara M, Tokuyama T, Uchimura Y, Sairaku A, Kihara Y, 第78回日本循環器学会学術集会, 2014年03月21日, 通常, 日本語, 東京
  260. The Left Atrial Pressure Overload Causes Atrial Conduction Disturbances, Sairaku A, Nakano Y, Uchimura Y, Tokuyama T, Kawazoe H, Fujiwara M, Watanabe Y, Matsumura H, Oda N, Kihara Y, 第78回日本循環器学会学術集会, 2014年03月21日, 招待, 英語, 東京
  261. The Electrophysiological Properties in Patients with Tachycardia-induced Cardiomyopathy Resulting from Rapid Atrial Fibrillation, Sairaku A, Nakano Y, Uchimura Y, Tokuyama T, Kawazoe H, Fujiwara M, Watanabe Y, Matsumura H, Oda N, Kihara Y, 第78回日本循環器学会学術集会, 2014年03月21日, 通常, 英語, 東京
  262. 不整脈の治療について, 中野由紀子, 薬物治療研究会, 2014年03月17日, 通常, 日本語, 広島
  263. アブレーション治療に難渋した決行動態不安定な心室中隔深部起源の心室頻拍の1例, 渡邉義和, 中野由紀子,小田望,松村誠也,川副宏,藤原舞,德山丈仁,西樂顕典,木原康樹, 第21回中国臨床不整脈談話会, 2014年03月01日, 通常, 日本語, 山口
  264. 拡張型心筋症に対してCRT-D植込み後CardioSync™による最適化を確認できた1例, 德山丈仁, 中野由紀子,東昭史,小田望,松村誠也,渡邉義和,川副宏,藤原舞,内村祐子,西樂顕典,木原康樹, 第6回植込みデバイス関連冬季大会, 2014年02月23日, 通常, 日本語, 広島
  265. ICD植込み後6日目に心タンポナーデ発症によりリード穿孔が判明しtinedリードに交換した1症例, 池内佳裕, 小田望,中野由紀子,西樂顕典,内村祐子,德山丈仁,藤原舞,川副宏,渡邉義和,松村誠也,東昭史,木原康樹, 第6回植込みデバイス関連冬季大会, 2014年02月22日, 通常, 日本語, 広島
  266. PV isolationでICD不適切作動を回避する:頻拍性AFを合併したBrugada症候群患者への挑戦, 西樂顕典, 吉田幸彦,中野由紀子,平山治雄,木原康樹, 第6回植込みデバイス関連冬季大会, 2014年02月21日, 通常, 日本語, 広島
  267. Nonsynonymous Polymorphism in Semaphorin 3A as a Risk Factor for Human Unexplained Cardiac Arrest With Documented Ventricular Fibrillation, Nakano Y, Chayama K, Ochi H, Toshishige M, Tokuyama T, Oda N, Uchimura(Makita) Y, Kajihara K, Sairaku A, Motoda C, Fujiwara M, Watanabe Y, Kawazoe H, Ikenaga H, Matsumoto S, Oda N, Suenari K, Yoshida Y, Ohkubo K, Watanabe I, Nogami A, Watanabe H, Hasegawa K, Aiba T, Ohno S, Shimizu W, Horie M, Tashiro S, Makita N, Kihara Y, The 86th Scientific Sessions of the American Heart Association 2013, 2013年11月18日, 通常, 英語, Dallas,USA
  268. Uninterrupted Anticoagulation with Warfarin or Dabigatran for Periprocedural Anticoagulation in Patients Undergoing Ablation for Atrial Fibrillation, Nakano Y, Oda N, Kajihara K, Tokuyama T, Fujiwara M, Watanabe Y, Kawazoe H, Ikenaga H, Sairaku A, Uchimura Y, Motoda C, Kihara Y, 第28回日本不整脈学会学術大会, 2013年07月, 通常, 英語, 東京
  269. 1141-3C>A Polymorphism is Linked to H558R Polymorphism: Genetic Modulators of Brugada Syndrome, Nakano Y, Toshisige M, Tokuyama T, Oda N, Makita Y, Kajihara K, Sairaku A, Motoda C, Fujiwara M, Watanabe Y, Kazuyoshi S, Ochi H, Chayama K, Kihara Y, 第77回日本循環器学会学術集会, 2013年03月17日, 通常, 英語, 神奈川
  270. 1291-3 C>A Polymorphism is Linked to H558R Polymorphism: Genetic Modulators of Brugada Syndrome, Nakano Y, Toshisige M, Ochi H, Oda N, Uchimura-Makita Y, Kajihara K, Tokuyama T, Sairaku A, Motoda C, Fujiwara M, Watanabe Y, Suenari K, Chayama K, Kihar Y, The 85th Scientific Sessions of the American Heart Association 2012, 2012年11月07日, 通常, 英語, Los Angeles,USA
  271. Brugada症候群のVFリスクの層別化におけるTime Domain TWAの有用性, 中野由紀子, 第29回日本心電学会学術集会, 2012年10月12日, 通常, 日本語, 千葉
  272. Brugada 症候群77 症例の10 年間の経過と心室細動リスクについて, 中野由紀子, 小田登,末成和義,槙田祐子,西樂顕典,梶原賢太,德山丈仁,元田親章,藤原舞,渡邉義和,木原康樹, 第27回日本不整脈学会学術大会, 2012年07月06日, 通常, 日本語, 神奈川
  273. Abnormal Cardiac Innervation in Ventricular Fibrillation Patients with and Without Brugada Syndrome, Nakano Y, Oda N, Suenari K, Makita Y, Kajihara K, Sairaku A, Tokuyama T, Motoda C, Fujiwara M, Toshitaka I, Watanabe Y, Yamazato R, Sumida H, Kihara Y, The 84th Scientific Sessions of the American Heart Association 2011, 2011年11月15日, 通常, 英語, Orlando,USA
  274. Netlike Appearance Distal to Moderator Band Shown by Multidetector Computed Tomography may be a Pathogenesis of Ventricular Fibrillation in Arrhythmogenic Right Ventricular Cardiomyopathy, Nakano Y, Oda N,Suenari K,Makita Y,Kajihara K,Sairaku A,Tokuyama T, Motoda C,Fujiwara M,Kihara Y, 第26回日本不整脈学会学術大会, 2011年09月, 通常, 英語, 福岡
  275. Abnormal Cardiac Innervation in Ventricular Fibrillation Patients With and Without Brugada Syndrome, Nakano Y, Oda N, Makita Y, Kajihara K, Sairaku A, Tokuyama T, Motoda C, Fujiwara M, Hamada M, Kihara Y, 第75回日本循環器学会総会・学術集会, 2011年08月04日, 通常, 日本語, 神奈川
  276. ブルガダ症候群におけるSCN5A遺伝子解析とリスクの層別化について, 中野由紀子, 利重匡亮,小田登,槙田祐子,梶原賢太,西樂顕典,德山丈仁,尾木浩,末成和義,平位有恒,上田茂之,殿内雪路,木原康樹,今井克彦,末田泰二郎,山岡薫,茶山一彰,清水歩, 第25回日本不整脈学会学術大会, 2010年05月12日, 通常, 日本語, 愛知
  277. Dose Histological Cardiac Abnormalities in Patients with Brugada Syndrome Relate to Conduction Properties and Episodes of Ventricular Fibrillation?, Nakano Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2010年03月, 通常, 英語, 京都
  278. ブルガダ型心電図症例を評価する場合の心室加算平均心電図の有用性, 中野由紀子, 小田登,槙田祐子,梶原賢太,西樂顕典,德山丈仁,尾木浩,末成和義,平位有恒,濱田麻紀,木原康樹, 第24回日本不整脈学会学術集会, 2009年07月02日, 通常, 日本語, 京都
  279. Prospective and Retrospective Predictors of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome, Nakano Y, Ogi H, Suenari K, Hirai Y, Oda N, Makita Y, Kajihara K, Tonouchi Y, Imai K, Sueda T, Chayama K, Shimizu W, Kihara Y, 第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年03月, 通常, 日本語, 大阪
  280. Does Semaphorin 3A Contribute to the Occurrence of Lathal Ventricular Arrhythmias?, Nakano Y, 第74回日本循環器学会総会・学術集会 , 2009年03月, 通常, 日本語, 京都
  281. Type1 ECG in V2 Lead is an Independent Predictor of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome, Nakano Y, Ogi H, Suenari K, Hirai Y, Oda N, Makita Y, Kajihara K, Tonouchi Y, Imai K, Sueda T, Chayama K, Kihara Y, The 81th Scientific Sessions of the American Heart Association 2008, 2008年11月, 通常, 日本語, New Orleans,USA
  282. ブルガダ症候群の臨床的、組織学的、遺伝子学的検討と心室細動のリスク評価, 中野由紀子, 尾木浩,末成和義,山本佳征,上田茂之,平位有恒,今井克彦,渡橋和政,末田泰二郎,清水渉,木原康樹, 2008年05月, 通常, 日本語, 福岡
  283. The genetic defect and the structural heart disease independently contribute to the clinical phenotype of Brugada syndrome, 中野由紀子, 尾木浩,末成和義,平位有恒,上田茂之,藤村憲崇,光波直也,槙田裕子,山本佳征,茶山一彰,木原康樹, 第72回日本循環器学会総会・学術集会, 2008年03月, 通常, 英語, 福岡
  284. Independent Predictor of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome is Coved Type ST Change in V2 Lead, 中野由紀子, 尾木浩,末成和義,平位有恒,上田茂之,藤村憲崇,光波直也,槙田裕子,山本佳征,茶山一彰,木原康樹, 第72回日本循環器学会総会・学術集会, 2008年03月, 通常, 英語, 福岡
  285. 心房細動治療UPDATE, 中野由紀子, 府中町医師会総会学術講演会, 2018年02月07日, 招待, 日本語, 広島
  286. 不整脈と遺伝子, 中野由紀子, 第5回Women in EP Japan, 2018年02月17日, 通常, 日本語, 東京
  287. 心房細動治療UPDATE, 中野由紀子, 第298回世羅郡医師会学術講演会, 2018年03月15日, 招待, 日本語, 広島
  288. ペースメーカー植込み1週間後に高熱が続き、診断に苦慮した1例, 友森俊介, 中野由紀子,西樂顕典,德山丈仁,元田親章,松村誠也,網岡道孝,廣延直也,大久保陽策,岡村祥央,木原康樹, 第10回植込みデバイス関連冬季大会, 2018年02月, 通常, 日本語, 神奈川
  289. A De Novo Semapholin 3A Gene Polymorphism Associated with Atrial Fibrillation, 第82回日本循環器学会学術集会, 2018年03月, 通常, 英語, 大阪
  290. Diagnostic Sensitivity Of Single Holter Monitoring To Detect Paroxysmal Atrial Fibrillation: Is Once Enough?, 第82回日本循環器学会学術集会, 2018年03月, 通常, 英語, 大阪
  291. Semaphorin 3A Polymorphism Modifies Autonomic Function in Brugada Syndrome, 第82回日本循環器学会学術集会, 2018年03月, 通常, 英語, 大阪
  292. A common SCN10A variant may contribute to decrease SCN5A expression by promoting SCN5A promoter methylation in Brugada syndrome patients, 第82回日本循環器学会学術集会, 2018年03月, 通常, 英語, 大阪
  293. 心房細動の診断と患者管理の向上を目指して-プライマリケア医のためのワークショップ-, 中野由紀子, 心房細動診断率向上エリアセミナーin広島, 2018年04月18日, 通常, 日本語, 広島
  294. 心房細動の早期発見と治療~最新のデバイスも含めて~, 中野由紀子, 心不全・心房細動の最新治療, 2018年05月25日, 通常, 日本語, 広島
  295. 心房細動治療のアップデート, 中野由紀子, エリアマスタークラスin呉, 2018年06月15日, 通常, 日本語, 広島
  296. 心房細動になぜ、早期より介入すべきなのか~ウエラブル心電計の可能性~, 中野由紀子, 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社Web講演会, 2018年06月20日, 通常, 日本語, 広島
  297. 心房細動による弊害から身を守るために, 中野由紀子, 消化器循環器Web Joint-Meeting from Hiroshima, 2018年09月03日, 通常, 日本語, 広島
  298. 心房細動による弊害を防ぐために, 中野由紀子, 佐伯地区医師会学術講演会, 2018年09月11日, 通常, 日本語, 広島
  299. 脳梗塞予防と心房細動について, 中野由紀子, 第2回荒木脳神経外科病院オープンカンファレンス, 2018年10月03日, 通常, 日本語, 広島
  300. 不整脈治療を考える-こんな時どうする?-, 中野由紀子, 爽秋カンファレンス2018, 2018年11月26日, 通常, 日本語, 広島
  301. 心房細動治療UPDATE~抗凝固療法を含めて~, 中野由紀子, 第26回中国臨床不整脈談話会, 2019年02月23日, 通常, 日本語, 岡山
  302. non-PV起源の心房細動アブレーション症例, 中野由紀子, 第3回中国四国アブレーション研究会, 2018年06月09日, 通常, 日本語, 岡山
  303. 重症冠動脈疾患を合併し、侵襲的治療を行った老人性全身性アミロイドーシスの1例, 渡邊信寛, 石橋堅,新田和宏,宇都宮裕人,西樂顕典,北川知郎,日髙貴之,福田幸弘,栗栖智,中野由紀子,山本秀也,木原康樹, 第118回日本内科学会中国地方会, 2018年05月19日, 通常, 日本語, 鳥取
  304. Ser96Ala Genetic Variant of Human Histidine-rich Calcium-binding Protein May Be a Genetic Predictor of Recurrence after Catheter Ablation in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation, Amioka M, Amioka M, 第65回日本不整脈心電学会学術集会, 2018年07月11日, 通常, 英語, 東京
  305. New Strategy of Catheter Ablation for Ventricular Tachycardia in Structural Heart Disease: Application of Automap System and Last Detection, Nakano Y, 第65回日本不整脈心電学会学術集会, 2018年07月12日, 招待, 英語, 東京
  306. Persistant Atrial Fibrillation and Diabetesare Independent Predictors of Tachycardia Induced Cardiomyopathy in Patients with Atrial Fibrillarion, Hironobe N, Nakano Y, Okamura S, Okubo Y, Amioka M, Tomomori S, Marsumura H, Motoda C, Tokuyama T, Sairaku A, Kihara Y, 第65回日本不整脈心電学会学術集会, 2018年07月13日, 通常, 英語, 東京
  307. Polymorphisms and Tachycardia Induced Cardiomyopathy, Nakano Y, 第65回日本不整脈心電学会学術集会, 2018年07月14日, 通常, 英語, 東京
  308. To Ablate or Not to Ablate, That Is the Qyestion : Asymptomatic Paroxysmal Atrial Fibrillation, Hironobe N, Sairaku A, Okamura S, Okubo Y, Amioka M, Tomomori S, Matsumura H, Motoda C, Tokuyama T, Nakano Y, Kihara Y, 2018年07月14日, 通常, 英語, 東京
  309. Characteristics of Non-pulmonary vein foci in patients with paroxysmal atrial fibrillation, Okubo Y, Nakano Y, Kihara Y, 2018年07月, 通常, 英語, 東京
  310. Large size hiatal hernia may add vulnerability to occurrence of atrial fibrillation, Okubo Y, Nakano Y, Kihara Y, 第65回日本不整脈心電学会学術集会, 2018年07月, 通常, 英語, 東京
  311. Cardiac Autonomic Activity Quantification Using Peripheral Arterial Tone Measurement, Okamura S, Nakano Y, Kihara Y, 第65回日本不整脈心電学会学術集会, 2018年07月, 通常, 英語, 東京
  312. Successful ablation of frequent premature ventricular complexes originating from the left ventricular anterior papillary muscle, Okubo Y, Nakano Y, Tokuyama T, Motoda C, Amioka M, Hironobe N, Okamura S, Miyauchi S, Kihara Y, アブレーション関連秋季大会2018, 2018年11月, 通常, 日本語, 沖縄
  313. Cryoablationが有用であったHis束近傍心房頻拍の1例, 植田太朗, 岡村祥央,中野由紀子,德山丈仁,元田親章,網岡道孝,廣延直也,大久保陽策,宮内俊介, 第113回日本循環器学会中国地方会, 2018年12月01日, 通常, 日本語, 島根
  314. 調理行為に焦点をあてた高度肥満心不全患者への心不全再発予防に対する作業療法経験, 野中真佑, 塩田繁人,窪優子,三尾直樹,金井香菜,磨野浩子,北川知郎,日髙貴之,中野由紀子,木村浩彰, 日本心臓リハビリテーション学会第4回中国支部地方会, 2019年02月16日, 通常, 日本語, 岡山
  315. Prediction of Atrial Fibrillation using Combination of Genetic Risk Score and Clinical Risk Factors, Okubo Y, Nakano Y, Miyauchi S, Okamura S, Hironobe N, Amioka M, Motoda C, Tokuyama T, Kihara Y, 第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月29日, 通常, 英語, 神奈川
  316. Persistent Atrial Fibrillation and Diabetes are Independent Predictors of Tachycardia Induced Cardiomyopathy in Patients with Atrial Fibrillation, Hironobe N, Nakano Y, Miyauchi S, Okamura S, Okubo Y, Amioka M, Motoda C, Tokuyama T, Kihara Y, 第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月29日, 通常, 英語, 神奈川
  317. Leucocyte Telomere G-tail Length is Shortened in Patients with Atrial Fibrillation, Miyauchi S, Nakano Y, Okamura D, Okubo Y, Hironobe N, Amioka M, Motoda C, Tokuyama T, Nishiyama Y, Tahara H, Kihara Y, 第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月29日, 通常, 英語, 神奈川
  318. Plasma MicroRNAs as Non-Invasive Biomarkers in Patients with Brugada Syndrome, Nakano Y, Motoda C, Onohara Y, Tokuyama T, Amioka M, Hironobe N, Okubo Y, Okamura S, Miyauchi S, Ikeuchi Y, Nishiyama Y, Tahara H, Kihara Y, 第83回日本循環器学会学術集会, 2018年03月30日, 通常, 英語, 神奈川
  319. Thoracic Spine Hyperostosis is Associated with Atrial Fibrillation of Non-Pulmonary Vein Foci, Miyauchi S, Nakano Y, Okamura S, Okubo Y, Hironobe N, Amioka M, Motoda C, Tokuyama T, Kihara Y, 第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月30日, 通常, 英語, 神奈川
  320. Association of GJA-1 Gene Polymorphisms with Heart Rate Control in Patients with Atrial Fibrillation, Okamura S, Nakano Y, Kihara Y, 第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月31日, 通常, 英語, 神奈川
  321. Non-Cardiovascular Risk Factors: Beyond Your Understanding Genetic Risk Prediction of AF, Nakano Y, 11th Asia Pacific Heart Rhythm Society Session, 2018年10月18日, 招待, 英語, 台湾
  322. Impact in the Pathogenesis of Cardiomyopathy Genetics of Tachycardia-Induced Cardiomyopathy, Nakano Y, 11th Asia Pacific Heart Rhythm Society Session, 2018年10月19日, 招待, 英語, 台湾
  323. Ser96Ala Genetic Variant of Human Histidine-rich Calcium-binding Protein is a Genetic Predictor of Recurrence after Catheter Ablation in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation, Amioka M, Nakano Y, Sairaku A, Tokuyama T, Motoda C, Matsumura H, Tomomori S, Hironobe N, Okubo Y, Okamura S, Chayama K, Kihara Y, 11th Asia Pacific Heart Rhythm Society Session, 2018年10月19日, 通常, 英語, 台湾
  324. Persistant Atrial Fibrillation and Diabetesare Independent Predictors of Tachycardia Induced Cardiomyopathy in Patients with Atrial Fibrillarion, Hironobe N, Nakano Y, Okamura S, Okubo Y, Amioka M, Motoda C, Tokuyama T, Kihara Y, 11th Asia Pacific Heart Rhythm Society Session, 2018年10月19日, 通常, 英語, 台湾
  325. Increased Urinary Liver-Type Fatty Acid-Binding Protein Level Predicts Major Adverse Cardiovascular Events in Hypertensive Patients, Okubo Y, Nakano Y, Miyauchi S, Okamura S, Hironobe N, Amioka M, Motoda C, Tokuyama T, Kihara Y, American Heart Association Scientific Sessions 2018, 2018年11月10日, 通常, 英語, Chicago, Illinois, United States
  326. Plasma Micrornas as NonInvasive Biomarkers in Patients With Brugada Syndrome, Nakano Y, Nishiyama Y, Onohara Y, Tokuyama T, Motoda C, Amioka M, Hironobe N, Okubo Y, Okamura S, Miyauchi S, Tahara H, Kihara Y, American Heart Association Scientific Sessions 2018, 2018年11月11日, 通常, 英語, Chicago, Illinois, United States
  327. Leucocyte Telomere G-Tail Length Is Shortened In Patients With Atrial Fibrillation, Miyauchi S, Nakano Y, Okamura S, Okubo Y, Hironobe Y, Amioka M, Motoda C, Tokuyama T, Kihara Y, American Heart Association Scientific Sessions 2018, 2018年11月11日, 通常, 英語, Chicago, Illinois, United States
  328. Prediction of Atrial Fibrillation using Combination of Genetic Risk Score and Clinical Risk Factors, Okubo Y, Nakano Y, Miyauchi S, Okamura S, Hironobe N, Amioka M, Motoda C, Tokuyama T, Kihara Y, American Heart Association Scientific Sessions 2018, 2018年11月11日, 通常, 英語, Chicago, Illinois, United States
  329. HCN4 Gene Polymorphisms Are Associated With the Occurrence of Tachycardia Induced Cardiomyopathy in Patients With Atrial Fibrillation, Nakano Y, Ochi H, Onohara Y, Tokuyama T, Motoda C, Amioka M, Hironobe N, Okubo Y, Miyauchi S, Tomomori S, Matsumura H, Sairaku A, Chayama K, Kihara Y, American Heart Association Scientific Sessions 2018, 2018年11月12日, 通常, 英語, Chicago, Illinois, United States

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島県地域保健対策協議会理事, 2021年04月, 2022年03月, 広島県地域保健対策協議会
  2. 日本内科学会評議員, 2021年04月, 2022年03月, 日本内科学会
  3. 日本内科学会中国支部 副支部長, 2021年04月01日, 2022年03月31日, 日本内科学会中国支部
  4. 日本心臓病学会 JC(Journal of Cardiology)編集委員会 Associate Editor, 2020年10月, 日本心臓病学会
  5. 日本不整脈心電学会 カテーテルアブレーション委員会施設認定部会 委員, 2020年, 日本不整脈心電学会
  6. 日本心臓病学会 ダイバーシティー推進委員会 委員長, 2020年10月, 日本心臓病学会
  7. 日本心臓病学会 Journal of Cardiology誌 Associate Editor(編集者), 2020年10月, 2022年12月, 日本心臓病学会
  8. 日本不整脈心電学会 ダイバーシティ部会(将来構想検討部会内)部会長, 2020年, 日本不整脈心電学会
  9. 日本不整脈心電学会 学術委員 副委員長, 2020年, 日本不整脈心電学会
  10. 日本不整脈心電学会 専門医認定制度委員会 委員長, 2020年, 日本不整脈心電学会
  11. 循環器病対策推進委員会 委員長, 2020年
  12. 広島県地域保健対策協議会医師確保対策専門委員会 委員, 2020年, 広島県地域保健対策協議会
  13. 広島県医師会医療事故調査制度対応支援委員会 委員, 2020年, 広島県医師会
  14. 日本不整脈心電学会中国・四国支部 運営委員会, 2019年07月, 2020年03月, 日本不整脈心電学会
  15. 日本不整脈心電学会 評議員, 2020年09月, 2024年07月, 日本不整脈心電学会
  16. アジア太平洋不整脈学会 役員, 2018年04月, 2020年03月, アジア太平洋不整脈学会
  17. 日本循環器学会中国支部 評議員, 2014年12月, 2020年03月, 日本循環器学会中国支部
  18. 日本循環器学会 社員, 2016年04月, 2020年03月, 日本循環器学会
  19. 日本心臓病学会 理事・評議員, 2020年, 日本心臓病学会
  20. 日本心不全学会 評議員, 2020年
  21. 日本不整脈心電学会 理事, 2020年09月, 2022年06月, 日本不整脈心電学会
  22. 日本循環器学会 用語部会, 2020年07月, 日本循環器学会
  23. 日本循環器学会 利益相反委員会, 2020年07月, 日本循環器学会
  24. 日本循環器学会 遺伝性不整脈の診療に関するガイドライン協力員, 2017年04月, 2020年03月, 日本循環器学会
  25. 日本不整脈心電学会 カテーテルアブレーション委員会委員, 2018年, 2020年03月, 日本不整脈心電学会
  26. 日本不整脈心電学会 学術委員会, 2018年, 2020年03月, 日本不整脈心電学会
  27. 日本循環器学会 ダイバーシティ推進委員会委員, 2018年, 2020年03月, 日本循環器学会
  28. 臨床電気生理学会, 2017年04月, 2020年03月
  29. 日本不整脈心電学会 心電学委員会, 2019年, 2020年03月, 日本不整脈心電学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 致死的不整脈ストームの患者さんの救命に成功, 広島大学病院トピックス, 2021年/02月, 取材協力, 会誌・広報誌, メディア
  2. 心房細動における心拍数に関与する遺伝子を世界で初めて発見~心房細動レートコントロール療法の新たなる治療ターゲットの可能性~, 広島大学NEWS RELEASE, 2021年/02月, 取材協力, 会誌・広報誌, メディア
  3. 広島県で初のWATCHMAN手術に成功 心房細動患者へ 脳梗塞などを予防, 広島大学NEWS RELEASE, 2020年/09月, 取材協力, 会誌・広報誌, メディア
  4. プレスリリース, 不整脈による突然死を起こすブルガダ症候群(ポックリ病)の発症リスクが低減する遺伝子を発見, 2016年/01月/06日, 2016年/01月/06日
  5. 心房細動根治へ新手術, 2015年/12月, 2015年/12月, 新聞・雑誌
  6. 不整脈による突然死,遺伝子でリスク判定, 20160208, 日本経済新聞, 2016年/02月/08日, 2016年/02月/08日, インタビュイー, 新聞・雑誌
  7. 心房細動 新手術を導入,広島大病院が「ホット・バルーン法」,従来より体の負担少なく, 20160710, 中国新聞, 2016年/07月/10日, 2016年/07月/10日, インタビュイー, 新聞・雑誌, 市民団体
  8. 不整脈と脳梗塞 市民公開講座報告, 20161213, 中国新聞, 2016年/12月/13日, 2016年/12月/13日, インタビュイー, 新聞・雑誌, 市民団体
  9. 【研究成果】頻拍誘発性心筋症の予測マーカーを世界で初めて発見~心房細動で心不全になる患者の早期発見や予防治療が可能に~, 広島大学プレスリリース, 2018年/07月/10日, 2018年/07月/10日, 取材協力, その他, その他
  10. 不整脈による心不全 DNA配列で見分け, 日経産業新聞, 2018年/07月/19日, 2019年/07月/19日, その他, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  11. 【研究成果】心房細動の原因となる遺伝子の発症メカニズムを解明-心房細動の発症予測や治療法開発に貢献-, 広島大学プレスリリース, 2018年/10月/22日, 2018年/10月/22日, 取材協力, その他, 研究者
  12. 不整脈の一つ、心房細動患者の心不全発症を未然に防ぐ予測マーカーを発見。, 広島大学広報誌HU-plus, 2018年/12月/08日, 2018年/12月/08日, 取材協力, 会誌・広報誌, 研究者
  13. 心房細動の最新治療 心臓の健康 しっかり管理, 中国新聞, 2018年/12月/19日, 2018年/12月/19日, パネリスト, 新聞・雑誌, 社会人・一般
  14. リクシアナエリア座談会, 第一三共医療関係者向けWebサイト「AF・VTE edo-net」, 2018年/03月/20日, コメンテーター, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  15. リクシアナエリア座談会@中国, 第一三共医療関係者向けWebサイト「AF・VTE edo-net」, 2018年/03月/20日, コメンテーター, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者