渡邊 千穂CHIHO WATANABE

Last Updated :2022/11/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
cwatanhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
脂質二分子膜(リポソーム、ベシクル)、高分子ミクロ液滴などの細胞モデルを使った研究をしています。物質から生命を理解することを目指しており、現在は脂質多様性、液液相分離(LLPS)、およびアルツハイマー病などの神経変性疾患に興味があります。

基本情報

主な職歴

  • 2019年01月01日, 2020年06月30日, 東京大学, 大学院総合文化研究科, 特任助教
  • 2016年04月01日, 2018年12月31日, 東京農工大学, 工学部・工学府, 産学官連携研究員

学歴

  • パリ第七大学, イル=ド=フランス物理 博士院 564, 博士課程, フランス, 2012年09月, 2015年09月
  • 東京農工大学, 生物システム応用科学府, 博士前期課程, 日本, 2010年04月, 2012年03月
  • 東京農工大学, 工学部, 有機材化学科, 日本, 2006年04月, 2010年03月

学位

  • 博士(凝縮物質と界面)(Matière complexe et interface) (パリ第七大学)
  • 修士(工学) (東京農工大学)

研究分野

  • 数物系科学 / 物理学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理

研究キーワード

  • ソフトマター
  • リポソーム
  • 液滴
  • 脂質膜
  • 高分子
  • 蛍光顕微鏡

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 1ターム, 化学実験法・同実験I[2理物,2理地]
  2. 2022年, 教養教育, 3ターム, 化学実験法・同実験I[1工一]
  3. 2022年, 教養教育, 2ターム, 化学実験法・同実験II[2理物,2理地]
  4. 2022年, 教養教育, 4ターム, 化学実験法・同実験II[1工一]
  5. 2022年, 学部専門, 4ターム, 生物機能化学 III
  6. 2022年, 学部専門, 2ターム, Experimental Methods and Laboratory Work in Science for IGS I (IGS 自然科学実験法・同実験 I)
  7. 2022年, 学部専門, 2ターム, Experimental Methods and Laboratory Work in Science for IGS II (IGS 自然科学実験法・同実験 II)
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー B
  10. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  11. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーD
  12. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーE

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Cell-Size Space Regulates the Behavior of Confined Polymers: From Nano- and Micromaterials Science to Biology, Langmuir, 38巻, 39号, pp. 11811-11827, 20221004
  2. 細胞サイズのミクロな膜閉じ込めによる相分離と分子拡散の制御, 生物物理, 62巻, 5号, pp. 301-302, 20220925
  3. Stress-dependent cell stiffening by tardigrade tolerance proteins that reversibly form a filamentous network and gel, PLOS Biology, 20巻, 9号, pp. e3001780-e3001780, 20220906
  4. Dynamic ordering caused by a source-sink relation between two droplets, SOFT MATTER, 18巻, 34号, pp. 6465-6474, 20220831
  5. ★, Cell-Sized Confinement Initiates Phase Separation of Polymer Blends and Promotes Fractionation upon Competitive Membrane Wetting, ACS Materials Letters, 4巻, 9号, pp. 1742-1748, 20220824
  6. 膜表面による細胞サイズ高分子液滴内部分子拡散の制御, C & I Commun, 47巻, 3号, pp. 27-29, 20220810
  7. 人工細胞中での相分離観察, 実験医学別冊、フロントランナー直伝 相分離解析プロトコール, 20220705
  8. Perpendicular alignment of the phase-separated boundary in adhered polymer droplets, Soft Matter, 20210917
  9. 細胞サイズ空間での相分離から細胞内相分離へ, 実験医学増刊 、相分離 メカニズムと疾患, 39巻, 10号, pp. 17 (1473)-23 (1479), 20210615
  10. ★, Membrane Surface Modulates Slow Diffusion in Small Crowded Droplets, Langmuir, 37巻, 1号, pp. 437-444, 20201222
  11. Amyloid-beta Interactions with Lipid Rafts in Biomimetic Systems: A Review of Laboratory Methods, Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 2187巻, pp. 47-86, 20200809
  12. Microfluidic Formation of Honeycomb-Patterned Droplets Bounded by Interface Bilayers via Bimodal Molecular Adsorption, MICROMACHINES, 11巻, 7号, 20200720
  13. Liposomal adhesion via electrostatic interactions and osmotic deflation increases membrane tension and lipid diffusion coefficient, Soft Matter, 16巻, 18号, pp. 4549-4554, 20200423
  14. Unique phase behavior in cell size space: synergistic effect of molecular crowding and confinement., Biophysical reviews, 20巻, pp. 385-386, 20200410
  15. ★, Quantitative Analysis of Membrane Surface and Small Confinement Effects on Molecular Diffusion., The journal of physical chemistry B, 124巻, 6号, pp. 1090-1098, 20200213
  16. Single Micrometer-Sized Gels: Unique Mechanics and Characters for Applications., Gels (Basel, Switzerland), 4巻, 2号, pp. 29-29, 20180328
  17. ★, Cell-size confinement effect on protein diffusion in crowded poly(ethylene)glycol solution, Physical Chemistry Chemical Physics, 20巻, 13号, pp. 8842-8847, 20180309
  18. ★, On the possible structural role of single chain sphingolipids Sphingosine and Sphingosine 1-phosphate in the amyloid-beta peptide interactions with membranes. Consequences for Alzheimer's disease development, Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects, 510巻, pp. 317-327, 20161205
  19. Tuning of membrane electrostatic properties by single chain sphingolipids sphingosine and sphingosine-1-phosphate: The effect on bilayer dipole potential, Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects, 483巻, pp. 181-186, 20151020
  20. ★, Antagonism and Synergy of Single Chain Sphingolipids Sphingosine and Sphingosine-1-phosphate toward Lipid Bilayer Properties. Consequences for Their Role as Cell Fate Regulators, Langmuir, 30巻, 46号, pp. 13956-13963, 20141128
  21. Evaporation Patterns of Dextran-Poly(Ethylene Glycol) Droplets with Changes in Wettability and Compatibility, LIFE-BASEL, 12巻, 3号, 202203
  22. Lo/Ld phase coexistence modulation induced by GM1, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, 1838巻, 8号, pp. 2105-2114, 201408

受賞

  1. 2021年11月26日, 日本生物物理学会若手奨励賞, 日本生物物理学会, 細胞サイズのミクロな膜閉じ込めによる相分離と分子拡散の制御
  2. 2021年09月, 第72回コロイドおよび界面化学討論会 若手口頭講演賞, 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会
  3. 2020年09月, The emerging science lecture prize at the 17th Australia-Japan Colloids Symposium, The 17th Australia-Japan Colloids Symposium organizing committees

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業 若手研究, 界面特性が導く特異な相分離構造形成ダイナミクスとその可視化, 2020年, 2024年
  2. 戦略的創造研究推進事業(ACT-X)「生命と化学」領域, 細胞モデルからみる疾病の時空間デザイン, 2019年, 2022年