久米 一規KAZUNORI KUME

Last Updated :2022/04/05

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
メールアドレス
kume513hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
真核細胞の機能を保証する細胞構造の制御メカニズムに関する研究を進めている。特に、「核サイズを制御する仕組み」と「細胞の形を制御する仕組み」の分子レベルでの解明を目指している。

基本情報

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 修士(理学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 工学部 : 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) : 生物工学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物工学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命医科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物工学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生命医科学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 細胞生物学
  • 農学 / 農芸化学 / 応用生物化学

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 生物工学実験II
  2. 2022年, 学部専門, 4ターム, 分子生物学Ⅲ
  3. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物工学特別演習B
  4. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 科学技術英語表現法
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命科学社会実装論
  6. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学演習
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物工学特別演習A
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物工学特別演習A
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物工学特別演習B
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学特別研究
  11. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  12. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー B
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 先端生命技術概論
  15. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  16. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーD
  17. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーE

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Fission Yeast Germinal Center (GC) Kinase Ppk11 Interacts with Pmo25 and Plays an Auxiliary Role in Concert with the Morphogenesis Orb6 Network (MOR) in Cell Morphogenesis, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 285巻, 45号, pp. 35196-35205, 20101105
  2. The mitosis-to-interphase transition is coordinated by cross talk between the SIN and MOR pathways in Schizosaccharomyces pombe, JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 190巻, 5号, pp. 793-805, 20100906
  3. Calcineurin ensures a link between the DNA replication checkpoint and microtubule-dependent polarized growth., Calcineurin ensures a link between the DNA replication checkpoint and microtubule-dependent polarized growth., 13巻, 3号, pp. 234-U357, 2011
  4. DNA複製と細胞極性をつなぐ経路:癌細胞の異常な形を理解するヒント, 細胞工学, 30巻, 8号, pp. 854-855, 20110801
  5. Effect of ethanol on cell growth of budding yeast: Genes that are important for cell growth in the presence of ethanol, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 68巻, 4号, pp. 968-972, 200404
  6. Fission yeast MO25 protein is localized at SPB and septum and is essential for cell morphogenesis, EMBO JOURNAL, 24巻, 17号, pp. 3012-3025, 20050907
  7. Mal3, the fission yeast EB1 homologue, cooperates with Bub1 spindle checkpoint to prevent monopolar attachment, EMBO REPORTS, 6巻, 12号, pp. 1194-1200, 200512
  8. The V260I mutation in fission yeast alpha-tubulin Atb2 affects microtubule dynamics and EB1-Mal3 localization and activates the Bub1 branch of the spindle checkpoint, MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 17巻, 3号, pp. 1421-1435, 200603
  9. A method for Pmo25-associated kinase assay in fission yeast: The activity is dependent on two GC kinases Nak1 and Sid1, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 71巻, 2号, pp. 615-617, 200702
  10. Sake Lees Fermented with Lactic Acid Bacteria Prevents Allergic Rhinitis-Like Symptoms and IgE-Mediated Basophil Degranulation, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 75巻, 1号, pp. 140-144, 201101
  11. Implication of Ca2+ in the Regulation of Replicative Life Span of Budding Yeast, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 286巻, 33号, pp. 28681-28687, 20110819
  12. Ras/cAMP-dependent Protein Kinase (PKA) Regulates Multiple Aspects of Cellular Events by Phosphorylating the Whi3 Cell Cycle Regulator in Budding Yeast, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 288巻, 15号, pp. 10558-10566, 20130412
  13. Fission Yeast Leucine-Rich Repeat Protein Lrp1 Is Essential for Cell Morphogenesis as a Component of the Morphogenesis Orb6 Network (MOR), BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 77巻, 5号, pp. 1086-1091, 201305
  14. Evidence of Antagonistic Regulation of Restart from G(1) Delay in Response to Osmotic Stress by the Hog1 and Whi3 in Budding Yeast, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 77巻, 10号, pp. 2002-2007, 201310
  15. Polishing Properties of Sake Rice Koshitanrei for High-Quality Sake Brewing, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 77巻, 10号, pp. 2160-2165, 201310
  16. Isolation of a Non-Urea-Producing Sake Yeast Strain Carrying a Discriminable Molecular Marker, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 77巻, 12号, pp. 2505-2509, 201312
  17. Late-maturing cooking rice Sensyuraku has excellent properties, equivalent to sake rice, for high-quality sake brewing, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 78巻, 11号, pp. 1954-1962, 20141102
  18. Casein Kinase 1 gamma Ensures Monopolar Growth Polarity under Incomplete DNA Replication Downstream of Cds1 and Calcineurin in Fission Yeast, MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 35巻, 9号, pp. 1533-1542, 201505
  19. Screening for a gene deletion mutant whose temperature sensitivity is suppressed by FK506 in budding yeast and its application for a positive screening for drugs inhibiting calcineurin, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 79巻, 5号, pp. 790-794, 20150504
  20. Isolation of a spontaneous cerulenin-resistant sake yeast with both high ethyl caproate-producing ability and normal checkpoint integrity, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 79巻, 7号, pp. 1191-1199, 20150703
  21. Search for kinases related to transition of growth polarity in fission yeast., BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 74巻, 5号, 2010
  22. The essential function of Rrs1 in ribosome biogenesis is conserved in budding and fission yeasts, YEAST, 32巻, 9号, pp. 607-614, 201509
  23. Casein kinase 1 gamma acts as a molecular switch for cell polarization through phosphorylation of the polarity factor Tea1 in fission yeast, GENES TO CELLS, 20巻, 12号, pp. 1046-1058, 201512
  24. Identification of a mutation causing a defective spindle assembly checkpoint in high ethyl caproate-producing sake yeast strain K1801, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 80巻, 8号, pp. 1657-1662, 201608
  25. Spatial control of translation repression and polarized growth by conserved NDR kinase Orb6 and RNA-binding protein Sts5, ELIFE, 5巻, 20160730
  26. Stimulating S-adenosyl-L-methionine synthesis extends lifespan via activation of AMPK, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 113巻, 42号, pp. 11913-11918, 20161018
  27. A systematic genomic screen implicates nucleocytoplasmic transport and membrane growth in nuclear size control, PLOS GENETICS, 13巻, 5号, 201705
  28. Identification of three signaling molecules required for calcineurin-dependent monopolar growth induced by the DNA replication checkpoint in fission yeast, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 491巻, 4号, pp. 883-889, 20170930
  29. A microtubule polymerase cooperates with the kinesin-6 motor and a microtubule cross-linker to promote bipolar spindle assembly in the absence of kinesin-5 and kinesin-14 in fission yeast, MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 28巻, 25号, pp. 3647-3659, 20171201
  30. Role of nucleocytoplasmic transport in interphase microtubule organization in fission yeast, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 503巻, 2号, pp. 1160-1167, 20180905
  31. Nuclear membrane protein Lem2 regulates nuclear size through membrane flow, NATURE COMMUNICATIONS, 10巻, 20190423
  32. SKO1 deficiency extends chronological lifespan in Saccharomyces cerevisiae, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 83巻, 8号, pp. 1473-1476, 20190803
  33. Control of cellular organization and its coordination with the cell cycle, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 84巻, 5号, pp. 869-875, 20200503
  34. Cellulose Nanofiber and Magnetic Nanoparticles as Building Blocks Constructing Biomass-Based Porous Structured Particles and Their Protein Adsorption Performance, ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING, 8巻, 50号, pp. 18686-18695, 20201221
  35. Identification of mutants with increased variation in cell size at onset of mitosis in fission yeast, JOURNAL OF CELL SCIENCE, 134巻, 3号, 202102

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 細胞機能を司る核の大きさを制御するしくみ, 久米 一規, 産総研中国センター 酵素研究セミナー, 2020年03月12日, 招待, 日本語
  2. 核の大きさを制御する仕組み, 久米 一規, 第22回 真核微生物交流会, 2019年10月11日, 招待, 日本語
  3. 分裂酵母の核サイズ制御における核膜タンパク質の役割, 久米 一規, 酵母遺伝学フォーラム 第52回研究報告会, 2019年09月04日, 通常, 日本語
  4. 2019年07月15日, 招待, 英語
  5. 正常な細胞機能を保証する細胞構造の制御に関する研究, 久米 一規, 日本農芸化学会中四国支部 第54回講演会, 2019年06月01日, 招待, 日本語
  6. 正常な細胞機能を保証する細胞構造の制御機構に関する研究, 久米 一規, 日本農芸化学会 2019年度大会, 2019年03月24日, 招待, 日本語
  7. 分裂酵母の核サイズ制御に重要な核内膜タンパク質の解析, 久米 一規, 酵母研究若手の会 第5回研究会, 2019年03月22日, 通常, 日本語
  8. 核サイズの制御に重要な核内膜タンパク質の解析, 久米 一規, サイズ生物学ワークショップ2019, 2019年03月19日, 通常, 日本語
  9. 分裂酵母の細胞周期と連動した微小管制御機構, 久米一規, 酵母研究若手の会 第4回研究会, 2018年03月08日, 通常, 日本語
  10. 分裂酵母の細胞形態形成ネットワークによる微小管制御機構の解析, 久米一規, 酵母遺伝学フォーラム, 2017年09月11日, 通常, 日本語
  11. 分裂酵母の核サイズ制御機構, 久米一規, 日本農芸化学会, 2017年03月18日, 通常, 日本語
  12. 細胞極性因子による新規微小管制御機構, 久米一規, 第3回 酵母研究若手の会, 2017年03月16日, 通常, 日本語
  13. 分裂酵母の核サイズ制御機構, 久米一規, Helena Cantwell, Paul Nurse, 第49回 酵母遺伝学フォーラム, 2016年09月09日, 通常, 日本語
  14. 第二回酵母研究若手の会, 2016年03月17日, 通常, 日本語
  15. 細胞はいかにして核サイズを制御するのか?, 久米一規, 第80回酵母研究会講演会・第3回NBRP酵母シンポジウム講演会, 2015年09月24日, 招待, 日本語

受賞

  1. 2019年03月25日, 2019年度農芸化学奨励賞, 公益社団法人日本農芸化学会会長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽)), 核サイズの人為的操作法の開発, 2020年, 2022年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 進化上保存された核サイズ恒常性維持機構の全容解明とその生理学的意義の検証, 2020年, 2023年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 進化上保存された細胞極性形成ネットワークによる新規の微小管制御機構の解明, 2017年, 2019年
  4. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 細胞核サイズの制御機構, 2014年, 2016年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 細胞形態形成と細胞増殖とを連携制御する細胞極性ネットワーク, 2009年, 2011年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 酵母の細胞極性制御に関する基礎および応用研究, 2008年, 2011年
  7. 科学研究費助成事業(若手研究(スタートアップ)), 細胞形態形成と細胞増殖とを連携制御する細胞極性ネットワーク, 2007年, 2008年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本生物学オリンピック本選実行委員会委員, 2019年12月, 2020年09月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  2. 大会実行委員会委員, 2014年07月, 2016年07月, (社)日本農芸化学会
  3. 真核微生物交流会運営委員, 2007年04月, 2022年03月, 真核微生物交流会

学術会議等の主催

  1. 酵母研究若手の会(第5回 研究会), 実行委員, 2019年03月, 2019年03月
  2. 酵母研究若手の会(第4回 研究会), 実行委員, 2018年03月, 2018年03月
  3. 酵母研究若手の会(第3回 研究会), 実行委員, 2017年03月, 2017年03月
  4. 酵母研究若手の会(第2回 研究会), 実行委員, 2016年03月, 2016年03月
  5. 酵母遺伝学フォーラム(第48回、2015年), 実行委員, 2015年08月, 2015年08月
  6. 第22回 農芸化学会Frontiersシンポジウム, 実行委員, 2015年03月, 2015年03月
  7. 酵母研究若手の会(第1回 研究会), 実行委員, 2015年03月, 2015年03月