中ノ 三弥子MIYAKO NAKANO

Last Updated :2024/02/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
メールアドレス
minakanohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目3番1号 先端科学総合研究棟704W
TEL:082-424-4539 FAX:08-424-4539
自己紹介
タンパク質翻訳後修飾の1つである糖鎖付加は,細菌やウイルスなどの病原体の感染,癌化,薬物耐性獲得などに関わっている。これらの生物学的な機序を質量分析装置などを用いた糖鎖構造解析法により解明する。詳細は研究室のホームページをご覧ください。https://bunseika.hiroshima-u.ac.jp/

基本情報

主な職歴

  • 1997年07月11日, 薬剤師, 薬剤師
  • 1999年04月01日, 2001年03月31日, 薬品工業株式会社, 研究開発部, 研究員
  • 2004年04月01日, 2008年03月31日, 大阪大学, 大学院医学系研究科生化学教室, 21COE特任研究員
  • 2008年04月01日, 2010年03月31日, マッコーリー大学(オーストラリア・シドニー), リサーチフェロー
  • 2010年04月01日, 2012年05月31日, 広島大学, 大学院先端物質科学研究科, 助教
  • 2010年07月01日, 2011年03月31日, 大阪大学 , 産業科学研究所, 招聘教員
  • 2011年04月01日, 2018年03月31日, 理化学研究所, 基幹研究所, 客員研究員
  • 2012年06月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院先端物質科学研究科, 准教授
  • 2019年04月01日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 准教授
  • 2019年04月01日, 熊本大学, 大学院保健学教育部, 非常勤講師
  • 2021年07月01日, 日本糖質学会, 評議員
  • 2021年09月01日, 大阪国際がんセンター, 糖鎖オンコロジー部, 招聘研究員

学歴

  • 近畿大学, 大学院薬学研究科, 薬学専攻博士後期課程, 日本, 2001年04月, 2004年03月
  • ジョンズホプキンス大学, 共同研究留学, ボルチモア(米国), 2001年09月26日, 2002年09月19日
  • 近畿大学, 大学院薬学研究科, 薬学専攻博士前期課程, 日本, 1997年04月, 1999年03月
  • 近畿大学, 薬学部, 医療薬学科, 日本, 1992年04月, 1997年03月

学位

  • 博士(薬学) (近畿大学)
  • 修士(薬学) (近畿大学)

教育担当

  • 【学士課程】 工学部 : 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) : 生物工学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物工学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物工学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 生物工学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 構造生物化学

研究キーワード

  • 糖鎖分析
  • 質量分析
  • 糖タンパク質
  • バイオマーカー
  • がん、腫瘍

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 教養教育, 2ターム, Introduction to Applied Chemistry, Chemical Engineering,and Biotechnology
  2. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎化学実験
  3. 2023年, 学部専門, 2ターム, 分析化学
  4. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 生物工学実験II
  5. 2023年, 学部専門, 3ターム, 生物化学II
  6. 2023年, 学部専門, 4ターム, 糖鎖・免疫工学
  7. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 細胞機能科学B
  8. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学演習
  9. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物工学特別演習A
  10. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物工学特別演習A
  11. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物工学特別演習B
  12. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物工学特別演習B
  13. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物工学特別研究
  14. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Involvement of langerin in the protective function of a keratan sulfate-based disaccharide in an emphysema mouse model, J Biol Chem., 20230714
  2. O-GalNAc glycosylation determines intracellular trafficking of APP and Ab production, Jounal of Biological Chemistry, 20230609
  3. Core fucosylation is required for the secretion of and the enzymatic activity of SOD3 in non-small cell lung cancer cells., Antioxid Redox Signal., 20230106
  4. Expression of GnT-III decreases chemoresistance via negatively regulating P-glycoprotein expression Involvement of the TNFR2-NF-kB signaling pathway, Journal of Biological Chemistry, 20230220
  5. Proximity Labeling and Proteomics: Get to Know Neighbors, Method in Enzymology, 20220902
  6. Human Dectin-1 is O-glycosylated and serves as a ligand for C-type lectin receptor CLEC-2., Elife, 11巻, pp. e83037, 20221208
  7. Examination of differential glycoprotein preferences of N-acetylglucosaminyltransferase-IV isozymes a and b., J Biol Chem., 20220818
  8. Shedding of N-acetylglucosaminyltransferase-V is regulated by maturity of cellular N-glycan., Commun Biol., 1巻, 5号, pp. 743, 20220801
  9. Identification of distinct N-glycosylation patterns on extracellular vesicles from small-cell and non-small-cell lung cancer cells., J Biol Chem., 20220601
  10. Quality-controlled ceramide-based GPI-anchored protein sorting into selective ER exit sites, CELL REPORTS, 39巻, 5号, 20220503
  11. N-acetylglucosaminyltransferase-V requires a specific noncatalytic luminal domain for its activity toward glycoprotein substrates

    , JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 298巻, 3号, 20220301
  12. O-GlcNAcylation regulates beta 1,4-GlcNAc-branched N-glycan biosynthesis via the OGT/SLC35A3/GnT-IV axis, FASEB JOURNAL, 36巻, 2号, 20220201
  13. ★, N-Glycan profiling by liquid chromatography-mass spectrometry (LC-MS)., Glycoscience Protocols (GlycoPODv2) [Internet], 20211024
  14. ★, Structural analysis of the GPI glycan., PLoS One., 16巻, 9号, pp. e0257435-e0257435, 20210916
  15. Peptide Sequence Mapping around Bisecting GlcNAc-Bearing N-Glycans in Mouse Brain., Int J Mol Sci., 22巻, 16号, pp. 8579, 20210809
  16. MALDI-TOF mass spectrometry imaging for N-glycans on FFPE tissue sections of mouse NASH liver through Sialic acid Benzylamidation., Glycoconj J., 38巻, 2号, pp. 167-175, 20210401
  17. Rab11-mediated post-Golgi transport of the sialyltransferase ST3GAL4 suggests a new mechanism for regulating glycosylation., J Biol Chem., 296巻, 100354号, pp. 100354-100354, 20210129
  18. Ceramide chain length-dependent protein sorting into selective endoplasmic reticulum exit sites., Sci Adv, 6巻, 50号, pp. eaba8237-eaba8237, 20201211
  19. ★, Acrolein in cigarette smoke attenuates the innate immune responses mediated by surfactant protein D., Biochim Biophys Acta Gen Subj, 1864巻, 11号, 20201101
  20. The SH3 domain in the fucosyltransferase FUT8 controls FUT8 activity and localization and is essential for core fucosylation., J Biol Chem., 295巻, 23号, pp. 7992-8004, 20200605
  21. Type I hypersensitivity to 15 kDa and 28 kDa proteins in vitellogenin specific to Gadus chalcogrammus roe., Allergology International, 69巻, 2号, pp. 253-260, 20200401
  22. NIST Interlaboratory Study on Glycosylation Analysis of Monoclonal Antibodies: Comparison of Results from Diverse Analytical Methods, Molecular & Cellular Proteomics, 19巻, 1号, pp. 11-30, 20200119
  23. Protein Paucimannosylation is an Enriched N-glycosylation Signature of Human Cancers., Proteomics, doi: 10.1002/pmic.201900010.巻, doi: 10.1002/pmic.201900010.号, pp. doi: 10.1002/pmic.201900010.-doi: 10.1002/pmic.201900010., 20191101
  24. ★, Bisecting GlcNAc is a general suppressor of terminal modification of N-glycan., Mol. Cell Proteomics, doi: 10.1074/mcp.RA119.001534巻, doi: 10.1074/mcp.RA119.001534号, pp. doi: 10.1074/mcp.RA119.001534-doi: 10.1074/mcp.RA119.001534, 20191001
  25. Xanthomonas citri jumbo phage XacN1 exhibits a wide host range and high complement of tRNA genes, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 20180314
  26. Establishment of an antibody specific for cancer-associated haptoglobin: a possible implication of clinical investigation., Oncotarget, 9巻, 16号, pp. 12732-12744, 20180129
  27. An Alkynyl-Fucose Halts Hepatoma Cell Migration and Invasion by Inhibiting GDP-Fucose-Synthesizing Enzyme FX, TSTA3, CELL CHEMICAL BIOLOGY, 24巻, 12号, pp. 1467-+, 20171221
  28. Sialylation of extracellular superoxide dismutase (EC-SOD) enhances furin-mediated cleavage and secretion, GLYCOBIOLOGY, 27巻, 12号, pp. 1081-1088, 20171201
  29. Blockage of Core Fucosylation Reduces Cell-Surface Expression of PD-1 and Promotes Anti-tumor Immune Responses of T Cells, CELL REPORTS, 20巻, 5号, pp. 1017-1028, 20170801
  30. Replications of Two Closely Related Groups of Jumbo Phages Show Different Level of Dependence on Host-encoded RNA Polymerase, FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 8巻, 20170613
  31. ★, Epigenetic regulation of neural N-glycomics, Proteomics, 20161116
  32. Exposure to positively- and negatively-charged plasma cluster ions impairs IgE-binding capacity of indoor cat and fungal allergens., World Allergy Organ J., 9巻, 1号, pp. 27-27, 20160927
  33. High-Sensitivity and Low-Toxicity Fucose Probe for Glycan Imaging and Biomarker Discovery, CELL CHEMICAL BIOLOGY, 23巻, 7号, pp. 782-792, 20160721
  34. Comparison of analytical methods for profiling N- and O-linked glycans from cultured cell lines : HUPO Human Disease Glycomics/Proteome Initiative multi-institutional, Glycoconj J., 20160601
  35. ★, Site-specific and linkage analyses of fucosylated N-glycans on haptoglobin in sera of patients with various types of cancer: possible implication for the differential diagnosis of cancer, GLYCOCONJUGATE JOURNAL, 33巻, 3号, pp. 471-482, 20160601
  36. Two asian jumbo phages, RSL2 and RSF1, infect Ralstonia solanacerum and show common features of KZ-related phages., Virology, 494巻, pp. 56-66, 20160412
  37. Bisecting GlcNAc modification stabilizes BACE1 protein under oxidative stress conditions., Biochem J., 473巻, 1号, pp. 21-30, 20160101
  38. ★, Golgi N-glycan branching N-acetylglucosaminyltransferases I, V and VI promote nutrient uptake and metabolism., Golgi N-glycan branching N-acetylglucosaminyltransferases I, V and VI promote nutrient uptake and metabolism., 25巻, 2号, pp. 225-240, 20150225
  39. An aberrant sugar modification of BACE1 blocks its lysosomal targeting in Alzheimer's disease., An aberrant sugar modification of BACE1 blocks its lysosomal targeting in Alzheimer's disease., 7巻, 2号, pp. 175-189, 20150115
  40. Establishment of a novel lectin-antibody ELISA system to determine core-fucosylated haptoglobin., Establishment of a novel lectin-antibody ELISA system to determine core-fucosylated haptoglobin., 446巻, pp. 30-36, 20150115
  41. ★, Identification of Glycan Structure Alterations on Cell Membrane Proteins in Desoxyepothilone B Resistant Leukemia Cells, MOLECULAR & CELLULAR PROTEOMICS, 10巻, 11号, 20111101
  42. Different consequences of reactions with hydrogen peroxide and t-butyl hydroperoxide in the hyperoxidative inactivation of rat peroxiredoxin-4, Journal of Biochemistry, 149巻, 4号, pp. 443-453, 20110401
  43. Comparison of methods for profiling O-glycosylation: Human Proteome Organisation Human Disease Glycomics/Proteome Initiative multi-institutional study of IgA1, Mol Cell Proteomics, 9巻, 4号, pp. 719-727, 20101228
  44. Identification of a Novel Type of CA19-9 Carrier in Human Bile and Sera of Cancer Patients: An Implication of the Involvement in Nonsecretory Exocytosis, J. Proteome Res., 9巻, 12号, pp. 6345-6353, 20101201
  45. N-Glycosylation engineering of lepidopteran insect cells by the introduction of the beta1,4-N-acetylglucosaminyltransferase III gene, Glycobiology, 20巻, 9号, pp. 1147-1159, 20100901
  46. ★, The Lectin Riddle: Glycoproteins Fractionated from Complex Mixtures Have Similar Glycomic Profiles, OMICS A Journal of Integrative Biology, 14巻, 4号, pp. 487-499, 20100801
  47. ★, Capillary Electrophoresis-Electrospray Ionization Mass Spectrometry for Rapid and Sensitive N-glycan Analysis of Glycoproteins as 9-Fluorenylmethyl Derivatives, Glycobiology, 19巻, 2号, pp. 135-143, 20081025
  48. ★, Fucosylated haptoglobin is a novel marker for pancreatic cancer: detailed analyses of oligosaccharide structures., Proteomics, 8巻, 16号, pp. 3257-3262, 20080801
  49. ★, Site-specific analysis of N-glycans on haptoglobin in sera of patients with pancreatic cancer; a novel approach for the development of tumor marker, Int. J. Cancer, 122巻, 10号, pp. 2301-2309, 20080315
  50. ★, Oxidative modification to cysteine sulfonic acid of Cys111 in human copper-zinc superoxide dismutase, J. Biol. Chem., 282巻, 49号, pp. 35933-35944, 20071207
  51. From glycomics to functional glycomics of sugar chains: Identification of target proteins with functional changes using gene targeting mice and knock down cells of FUT8 as examples., Biochim Biophys. Acta, 1764巻, 12号, pp. 1881-1889, 20061201
  52. Fucosylation of N-glycans regulates the secretion of hepatic glycoproteins into bile ducts, J. Biol. Chem., 281巻, 40号, pp. 29797-29806, 20061006
  53. Man2C1, an alpha-mannosidase is involved in the trimming of free oligosaccharides in the cytosol., Biochem. J., 400巻, 1号, pp. 33-41, 20061006
  54. Site-specific Labeling of Cytoplasmic Peptide:N-Glycanase by N,N'-Diacetylchitobiose-related Compounds., J. Biol. Chem., 281巻, 31号, pp. 22152-22160, 20060804
  55. Fucosylated haptoglobin is a novel marker for pancreatic cancer: a detailed analysis of the oligosaccharide structure and a possible mechanism for fucosylation., Int. J. Cancer, 118巻, 11号, pp. 2803-2808, 20060601
  56. 膵癌患者におけるフコシル化ハプトグロビンの増加とその糖鎖構造の解析, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 21巻, pp. 27-28, 20060510
  57. ★, Glycomics—a new target for pharmaceuticals., Drug Discovery Today: Technology, 3巻, 1号, pp. 39-47, 20060401
  58. Dysregulation of TGF-beta1 receptor activation leads to abnormal lung development and emphysema-like phenotype in core fucose-deficient mice., Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 102巻, 44号, pp. 15791-15796, 20051101
  59. Rapid and sensitive screening of N-glycans as 9-fluorenylmethyl derivatives by high-performance liquid chromatography: a method which can recover free oligosaccharides after analysis., J. Proteome Res., 4巻, 1号, pp. 146-152, 20050204
  60. ★, Detailed structural features of glycan chains derived from alpha1-acid glycoproteins of several different animals: the presence of hypersialylated, O-acetylated sialic acids but not disialyl residues, Glycobiology, 14巻, 5号, pp. 431-441, 20040501
  61. ★, Sample clean-up method for analysis of complex-type N-glycans released from glycopeptides., J. Chromatogr. A, 1005巻, 1-2号, pp. 13-21, 20030711
  62. Collection of alpha-acid glycoprotein molecular species by capillary electrophoresis and the analysis their molecular masses and carbohydrate chains. Basic studies on the analysis of glycoprotein glycoforms., J Chromatogr. A., 958巻, 1-2号, pp. 273-278, 20020607
  63. Analysis of glycoproteins and the oligosaccharides thereof by high-performance capillary electrophoresis-significance in regulatory studies on biopharmaceutical products., Biomed. Chromatogr., 16巻, 2号, pp. 103-115, 20020401
  64. Specific distribution of sialic acids in animal tissues as examined by LC-ESI-MS after derivatization with 1,2-diamino-4,5-methylenedioxybenzen., Anal. Chem., 73巻, 22号, pp. 5422-5428, 20020101
  65. ★, Examination of the stability of chloral hydrate and its preparation by capillary electrophoresis. Kakehi K, Nakano M, Nishiura S, Tachibana S, Ishida S, Taneda M, 薬学雑誌, 119巻, 5号, pp. 410-416, 19990101
  66. Analysis of glucuronolactone and glucuronic acid in drug formulations by high-performance liquid chromatography., J. Chromatogr. Sci., 36巻, 7号, pp. 357-360, 19980701

著書等出版物

  1. 2021年10月24日, Glycoscience Protocols (GlycoPODv2) [Internet], N-Glycan profiling by liquid chromatography-mass spectrometry (LC-MS)., NIH, 2021年, 10, その他, 単著, English, Miyako Nakano
  2. 2020年02月18日, Reference Module in Chemistry, Molecular Sciences and Chemical Engineering, Glycan Biomarkers in Pancreatic Cancer"., Reference Module in Chemistry, Molecular Sciences and Chemical Engineering, Glycan Biomarkers in Pancreatic Cancer"., Elsevier, 2020年, 単行本(学術書), 共著, English, Eiji Miyoshi, Koichi Morishita, Tatsuya Asuka, Tomoya Fukuoka, Shinji Takamatsu, Yoshihiro Kamada, Miyako Nakano.
  3. 2019年09月01日, ファルマシア55巻09号 トピック G群 環境・衛生分野, IgA糖鎖は粘液関連機能因子を介して腸内細菌叢の組成や代謝を調節する, 日本薬学会, 2019年, 09, 単行本(学術書), 単著, 日本語
  4. 2019年07月, Glycoscience: Basic Science to Applications - Insights from the Japan Consortium for Glycobiology and Glycotechnology, Drug resistance, Springr Nature, 2019年, 単行本(学術書), 共著, 英語
  5. 2018年05月25日, 未来を創るグライコサイエンスー我が国のロードマップ―, 薬剤耐性, 日本糖鎖科学コンソーシアム, 2018年, 2018, 単行本(学術書), 共著, 日本語
  6. 2010年11月, Human Press, 2010年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 277

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 白血病細胞のアントラサイクリン系抗がん剤耐性獲得による膜タンパク質糖鎖の構造変化, 森井爽, 伊左治知弥, 福田友彦, 顧建国, 中の三弥子, 第41回日本糖質学会年会, 2022年09月29日, 通常, 日本語
  2. 質量分析によるGPIアンカー糖鎖の構造解析, 中の三弥子, 第41回日本糖質学会年会, 2022年09月29日, 通常, 日本語, 大阪大学
  3. 自然免疫受容体Dectin-1のO型糖鎖修飾依存的な新しい機能, 伊藤泰紀, 土師正二郎、中ノ三弥子、長江雅倫、山﨑晶, 第95回日本生化学学会大会, 2022年11月09日, 通常, 日本語
  4. グライコプロテオミクスによる糖転移酵素GnT-IIIのタンパク質認識機構の解析, 大川祐樹1, 木塚康彦2、高田実咲3、中の三弥子3、伊藤恵美4、Sushil K Mishra5、赤塚晴奈2、原田陽一郎1、谷口直之1, 第95回 日本生化学学会大会, 2022年11月09日, 通常, 日本語
  5. SLC35A3のO-GlcNAc 修飾はN-型糖鎖の b1,4-GlcNAc 分岐を制御する, 宋万⾥, 伊左治 知弥、中の 三弥⼦、福⽥ 友彦、顧 建国, 第40回日本糖質学会, 2021年10月27日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, 鹿児島
  6. ケラタン硫酸型グライコミメティクスによるCOPD 治療効果の分⼦作⽤メカニズムの解明, ⼤川祐樹, 貫⼾紀⼦、中の三弥⼦、藤縄玲⼦、⽊塚康彦、原⽥陽⼀郎、 ⽥村純⼀、⾕⼝直之, 第40回日本糖質学会, 2021年10月27日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, 鹿児島
  7. N型糖鎖の成熟化によりGlcNAc 転移酵素GnT-V の分泌は制御される, 平⽥哲也, ⾼⽥実咲、中の三弥⼦、⽊塚康彦, 第40回日本糖質学会, 2021年10月27日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, 鹿児島
  8. GPI アンカー型タンパク質の選別輸送機構解明 の た め の 糖 鎖 構 造 解 析, 中の 三弥子, 岡﨑 康太, 第40回日本糖質学会年会, 2021年10月27日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, 鹿児島
  9. Induction of bisecting GlcNAc by microenvironment enhances malignant phenotypes in tumor, Yuki Ohkawa, Kana Nakano, Noriko Kanto, Miyako Nakano, Eiji Miyoshi, Yoichiro Harada and Naoyuki Taniguchi, 第80回日本癌学会学術総会, 2021年09月30日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜
  10. 細胞外小胞のN結合型糖鎖修飾されたタンパクの解析により肺癌の組織型を診断できる, 近藤清貴, 原田陽一郎、水野圭子、谷口直之、金蔵拓郎、堂前直、中ノ三弥子、井上博雅, 第80回日本癌学会学術総会, 2021年09月30日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 横浜
  11. Bisecting GlcNAc is a brake monosaccharide for further modification of N-glycan terminal, Nakano M, Takata M, Kizuka Y, Taniguchi N., 3rd Australasian Glycoscience Symposium, 2021年06月03日, 通常, 英語
  12. Functional analysis of langerin against keratan sulfate disaccharide L4 and derivatives in langerin knockout mice, Yuki Ohkawa, Noriko Kanto, Miyako Nakano, Reiko Fujinawa, Yasuhiko Kizuka, Yoichiro Harada, Jun-ichi Tamura and Naoyuki Taniguchi, 3rd Australasian Glycoscience Symposium, 2021年06月03日, 通常, 英語, Miyako Nakano, Hiroshima
  13. ケラタン硫酸二糖L4及び誘導体のlangerinを介したCOPDモデルマウスへの効果, 大川祐樹, 貫戸紀子、中の三弥子、藤縄玲子、木塚康彦、原田陽一郎、田村純一、谷口直之, 第39回日本糖質学会年会, 2020年11月21日, 通常, 日本語
  14. Bisecting GlcNAc は N 型糖鎖末端の さらなる 修飾 を抑制する, 中の三弥子, 髙田実咲, 木塚康彦, 谷口直之, 第39回日本糖質学会年会, 2020年11月21日, 通常, 日本語
  15. Anti-inflammatory effect of keratan sulfate disaccharide L4 and derivatives through langerin in COPD mouse model., Ohkawa Y, Kanto N, Nakano M, Fujinawa R, Kizuka Y, Harada Y, Tamura J, Taniguchi N., Society for Glycobiology, 2020年11月09日, 通常, 英語
  16. 低グルコースはN型糖鎖の構造変化を介してがんスフェロイドの形成を促進する, 日本癌学会, 2020年10月01日, 通常, 日本語
  17. FUT8にユニークなSH3ドメインの機能解明, 富田晟太, 高田実咲、平田哲也、長江雅倫、中の三弥子、木塚康彦, 日本生化学会大会, 2020年09月14日, 通常, 日本語
  18. GnT3KOマウスの腎臓と肺の糖鎖構造解析, 高田 実咲, 中の 三弥子, 第3回Glycolleague研究会, 2019年11月29日, 通常, 日本語, 広島大学 先端物質科学研究科棟 401N講義室
  19. 乳癌の癌部組織で変化する糖鎖構造の解析, 納家 あさか, 中の 三弥子, 第3回Glycolleague研究会, 2019年11月29日, 通常, 日本語, 広島大学 先端物質科学研究科棟 401N講義室
  20. 白血病細胞株の抗がん剤耐性獲得による糖鎖構造変化, 朝日 脩亮, 中の 三弥子, 第3回Glycolleague研究会, 2019年11月29日, 通常, 日本語, 広島大学 先端物質科学研究科棟 401N講義室
  21. ハプトグロビン糖鎖のフコシル化率の違いによる機能変化, 臼井 颯哉, 中の 三弥子, 第3回Glycolleague研究会, 2019年11月29日, 通常, 日本語, 広島大学 先端物質科学研究科棟 401N講義室
  22. フコシル化ハプトグロビンの産生機序の解明, 河口 大夢, 中の三弥子, 第3回Glycoleague研究会, 2019年11月29日, 通常, 日本語, 広島大学 先端物質科学研究科棟 401N講義室
  23. タバコ煙中のacroleinによる肺サーファクタントタンパク質D (SP- D)の構造、機能への影響, 高宮里奈, 有木茂、前野敏孝、齋藤充史、高橋弘毅、高橋素子、中の三弥子, 肺サーファクタント研究会, 2019年10月26日, 通常, 日本語, 福大メディカルホール
  24. タバコ煙中のacroleinによる肺サーファクタントタンパク質D (SP- D)の構造、機能への影響, 高宮里奈, 有木茂、前野敏孝、齋藤充史、高橋弘毅、高橋素子、中の三弥子, 日本生化学会大会, 2019年09月18日, 通常, 日本語, 日本生化学学会, パシフィコ横浜
  25. Suppression of terminal modifications of N-glycans by bisecting GlcNAc, Yasuhiko Kizuka, Miyako Nakano, Naoyuki Taniguchi, 18th Human Proteome Organization World Congress, 2019年09月15日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Adelaide, Australia
  26. 2019年09月15日, 通常, 英語
  27. 2019年09月14日, 通常, 英語
  28. Protein paucimannosylation is an enriched N-glycosylation signature of human cancers, Sayantani Chatterjee, Ling Y. Lee2, Rebeca Kawahara3, Jodie L. Abrahams4, Barbara Adamczyk5, Merrina Anugraham6, Christopher Ashwood7, Zeynep Sumer-Bayraktar8, Matthew T. Briggs9, Jenny H.L. Chik10, Arun Everest-Dass4, Sarah Förster11, Hannes Hinneburg1, Katia R.M. Leite12, Ian Loke13, Uwe Möginger14, Edward S.X. Moh1, Miyako Nakano15, Saulo Recuero12, Manveen K. Sethi16, Miguel Srougi12, Kathrin Stavenhagen17, Vignesh Venkatakrishnan18, Katherine Wongtrakul-Kish19, Simone Diestel20, Peter Hoffmann9, Niclas G. Karlsson5, Daniel Kolarich4, Mark P. Molloy21, Michael H. Muders11, Martin K. Oehler22, Nicolle H. Packer1, Giuseppe Palmisano3, Morten Thaysen-Andersen1, 2nd Australasian Glycoscience Symposium, 2019年09月14日, 通常, 英語, Australasian Glycoscience Symposium, Adelaide, Australia
  29. WS-02 がん病態を読み解く最新の糖鎖スコープ がん細胞の有無・位置・状態が解る糖鎖マーカー, 中の三弥子, 第38回日本糖質学会年会, 2019年08月19日, 通常, 日本語, 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン
  30. シアル酸の誘導体化によるNASHモデルマウス肝臓切片上のN結合型糖鎖のMALDIイメージング質量分析, 齊藤大希, 松尾和彦・渡邊彬央・中の三弥子, 日本質量分析学会, 2019年05月17日, 通常, 日本語, 日本質量分析学会, つくば国際センター
  31. 2018年09月30日, 通常, 英語
  32. 2018年09月30日, 通常, 英語
  33. Glycomic Approach for Biomarker Discovery, Nakano M, International Symposium,“Systems Glycobiology and Beyond” -Toward a bridge between fundamental research and applied science-, 2017年11月16日, 招待, 英語, RIKEN 理研(和光), Suzuki Umetaro Hall, RIKEN 理研(和光)
  34. Glycosylation changes of cell membrane proteins in pancreatic cancer., Higashi Y, Oda M, Arihiro K, Nakano M., Human Proteome Organization 16th Annual World Congress, 2017年09月17日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Dublin, Ireland
  35. Analyses of glycans on haptoglobin in sera of patients with various types of cancer., Nakano M, Sugiyama T, Takahashi S, Miyoshi E., Human Proteome Organization 16th Annual World Congress, 2017年09月17日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Dublin, Ireland
  36. 疾患で変化する糖タンパク質糖鎖の構造解析によるバイオマーカー探索, 中の三弥子, 株式会社企業分析技術発表会, 2017年08月25日, 招待, 日本語, 企業, 兵庫県
  37. Neural Glycoproteomics and Epigenetic Regulation., Nakano M, Kizuka Y, MiuraY, Taniguchi N, Human Proteome Organization 15th Annual World Congress, 2016年09月18日, 通常, 英語, HUPO, 台北, 台湾
  38. A highly sensitive probe for fucosylated glycans for biomarker discovery., Kizuka Y, Funayama S, Shogomori H, Nakano M, Nakajima K, Wong C, Taniguchi N., Human Proteome Organization 15th Annual World Congress, 2016年09月18日, 通常, 英語, HUPO, 台北、台湾
  39. ケミカルバイオロジーによるフコシル化糖鎖検出のためのプローブ開発, 木塚 康彦, 舩山 奨、庄籠 秀彦、中の 三弥子、中嶋 和紀、 北爪 しのぶ、谷口 直之, 第35回 日本糖質学会年会, 2016年09月01日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, 高知、日本
  40. アミロイド産生と脳アミロイドアンギオパチーを規定する血管内皮細胞の O-GalNAc 型糖鎖, 北爪 しのぶ, 立田 由里子、 木塚 康彦 、今牧 理恵 、加藤 雅樹 、 山口 芳樹 、田中 克典 、中の 三弥子 、斎藤 貴志 、西道 隆臣 、 萬谷 博 、遠藤 玉夫 、橋本 康弘 、谷口 直之, 第35回 日本糖質学会年会, 2016年09月01日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, 高知、日本
  41. 疾患のバイオマーカー探索のための LC-ESI MS による糖鎖構造解析, 中の 三弥子, 高橋 志郎、白井 亮平、伊藤 潤、白井 克典、山本 彩 佳、三善 英知 、谷口 直之, 第35回 日本糖質学会年会, 2016年09月01日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, 高知、日本
  42. Measuring Variability of Glycosylation Analysis Methods for Monoclonal Antibodies: A NIST Interlaboratory Study, M. Lorna, De Leoz, David Duewer, Stephen Stein, Nakano M, 64th ASMS conference, 2016年06月08日, 通常, 英語, San Antonio, TX
  43. Structural analyses of murine plasma glycoproteins to find biomarker candidates for chronic obstructive lung disease (COPD), 中の三弥子, Shirai K, Ryohei Inoue, Fujinawa R, Kobayashi S, Kitazume S, Taniguchi N, RIKEN-Max Plank Joint Research Center for Systems Chemical Biology, The 5th Symposium, 2016年04月17日, 通常, 英語, Berlin, Germany
  44. Physiological and pathological roles of bisecting GlcNAc, 木塚康彦, Miyako Nakano, Shinobu Kitazume, Naoyuki Taniguchi, RIKEN-Max Plank Joint Research Center for Systems Chemical Biology, The 5th Symposium, 2016年04月17日, 通常, 英語, Berlin, Germany
  45. Glycan analyses of murine plasma and lung membrane to find biomarker candidate for COPD (口頭発表), 中の三弥子, 白井克典、藤原玲子、小林聡、北爪しのぶ、谷口直之, Human Proteome Organization 14th Annual World Congress, 2015年09月27日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, カナダ、バンクーバー
  46. Glycan analyses of murine plasma and lung membrane to find biomarker candidate for COPD (ポスター発表), 中の三弥子, 白井克典、藤原玲子、小林聡、北爪しのぶ、谷口直之, Human Proteome Organization 14th Annual World Congress, 2015年09月27日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, カナダ、バンクーバー
  47. N-Acetylglucosaminyltransfease III (GnT-III) Is a Novel Drug Target for Alzheimer’s Disease (口頭発表), 谷口直之, Yasuhiko Kizuka, Miyako Nakano, Shinobu Kitazume, Takaomi C. Saido,Yasuhiro Hashimoto, Tamao Endo, Human Proteome Organization 14th Annual World Congress, 2015年09月27日, 招待, 英語, Human Proteome Organization, バンクーバー、カナダ
  48. N-Acetylglucosaminyltransfease III (GnT-III) Is a Novel Drug Target for Alzheimer’s Disease (ポスター発表), 谷口直之, Yasuhiko Kizuka, Miyako Nakano, Shinobu Kitazume, Takaomi C. Saido,Yasuhiro Hashimoto, Tamao Endo, Human Proteome Organization 14th Annual World Congress, 2015年09月27日, 招待, 英語, Human Proteome Organization, バンクーバー、カナダ
  49. Acquired drug resistance by decrease of sialylated glycans on acute lymphoblastic leukemia cell-membrane glycoproteins, Nakano M, Nakano M, Shirai R, Ito J, Kavallaris M , Packer N, Joint Meeting of the Society for Glycobiology (SFG) and the Japanese Society of the Carbohydrate Resarch (JSCR), 2014年11月16日, 通常, 英語, SFG and JSCR, Honolulu, Hawaii
  50. Structural analyses of plasma glycoproteins in exacerbation and emphysema model mice as biomarker candidates for chronic obstructive lung disease (COPD), Shirai K, Shirai K, Fujinawa R, Kobayashi S, Ota F, Kitazume S, Taniguchi N, Nakano M, Joint Meeting of the Society for Glycobiology (SFG) and the Japanese Society of the Carbohydrate Resarch (JSCR), 2014年11月16日, 通常, 英語, SFG and JSCR, Honolulu, Hawaii
  51. Glycan changes of plasma transferrin in elastase-induced emphysema and LPS- induced acute lung injury mice models, Nakano M, Nakano M, Shirai K, Fujinawa R, Kobayashi S, Kitazume S, Taniguchi N, Human Proteome Organization 13th Annual World Congress, 2014年10月05日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Madrid, Spain
  52. 疾患で変化する糖タンパク質糖鎖構造の網羅的/特異的LC-MS分析, 中の三弥子, 中の三弥子、高橋志郎、白井亮平、伊藤潤、Maria Kavallaris, 三善英知、Nicolle Packer, 日本分析化学会第63年会, 2014年09月17日, 通常, 日本語, 日本分析化学会, Hiroshima, Japan
  53. 細胞膜上糖鎖構造の網羅的分析による抗癌剤耐性獲得機構の解明, 白井亮平, 白井亮平、Nicolle Packer、Maria Kavallaris、中の三弥子, 日本分析化学会第63年会, 2014年09月17日, 通常, 日本語, 日本分析化学会, Hiroshima, Japan
  54. 少量血液中のリンパ球の表面糖鎖構造分析法の開発, 伊藤潤, 伊藤潤、Maria Kavallaris, Nicolle Packer、中の三弥子, 日本分析化学会第63年会, 2014年09月17日, 通常, 日本語, 日本分析化学会, Hiroshima, Japan
  55. Analysis of Glycan Structures on Glycoproteins for Finding Cancer Biomarkers, Nakano M, Nakano M, Human Proteome Organization 12th Annual World Congress, 2013年09月14日, 招待, 日本語, Human Proteome Organization, Yokohama, Japan
  56. Site-Specific Analyses of N-glycans on Haptoglobin in Sera of Patients with Various Kinds of Cancers: A Possible Implication of Differential Diagnosis for Cancer, Nakano M, Nakano M, Takahashi S, Miyoshi E, Human Proteome Organization 12th Annual World Congress, 2013年09月14日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Yokohama, Japan
  57. Acquired Drug Resistance by Alteration of Glycan Structure on Leukemia Cell-Membrane Glycoproteins, Shirai R, Shirai R, Packer N, Kavallaris M, Nakano M, Human Proteome Organization 12th Annual World Congress, 2013年09月14日, 通常, 英語
  58. Glycomic Approach for Identification of Diagnostic Markers of the Acquisition of Drug Resistance Against Microtubule-Targeting Drugs, Ito J, Ito J, Kavallaris M, Packer N, Nakano M, Human Proteome Organization, 2013年09月14日, 通常, 英語
  59. Proteomic Analysis of Liver Microsomes in X. tropicalis, Suzuki K, Suzuki K, Nakano M, Watanabe Y, FukutaY, Iwata H, Human Proteome Organization 12th Annual World Congress, 2013年09月14日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Yokohama, Japan
  60. 質量分析法を用いた網羅的/特異的な糖鎖構造解析 ~疾患で変化する糖タンパク質糖鎖構造の高感度高詳細検出を目指して~, 中の三弥子, 中の三弥子, 第32回日本糖質学会, 2013年08月05日, 通常, 日本語
  61. 種々のがんにおける血清ハプトグロビンの糖鎖構造解析, 高橋志郎, 高橋志郎、白井亮平、伊藤潤、三善英知、中の三弥子, 第32回日本糖質学会, 2013年08月05日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, Osaka, Japan
  62. Analysis of Glycan Structures on Glycoproteins for Finding Cancer Biomarkers (New Technologies in Proteomics and Industry Presentations), Nakano M, Nakano M, Human Proteome Organization 12th Annual World Congress, 2013年09月14日, 招待, 英語, Human Proteome Organization, Yokohama, Japan
  63. Alterations of glycan structures on cell membrane glycoproteins in microtubule-targeting drug-resistant leukemia cells, Nakano M, Nakano M, Shirai R, Ito J, Takahashi S, 第31回日本糖質学会, 2012年09月17日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, Kagoshima, Japan
  64. Identification of alterations in glycan structure on cell membrane proteins in microtubule-targeting drug-resistant leukemia cells, Nakano M, Nakano M, Taniguchi N, Ito J, Shirai R, Kavallaris M, Packer N, Human Proteome Organization 11th Annual World Congress, 2012年09月09日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Boston, MA, U.S.A.
  65. Site-specific analyses of N-glycans on haptoglobin in sera of patients with various kinds of gastroenterological cancers, Takahashi S, Takahashi S, Amimoto T, Kawamoto S, Ono K, Miyoshi E, Nakano M, Human Proteome Organization 11th Annual World Congress, 2012年09月09日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Boston, MA, U.S.A.
  66. Drug-resistance inhibits expression of alpha2-6 sialylation on cell membrane glycoproteins, Nakano M, Nakano M, Ota F, Nakajima K, Taniguchi N, Kavallaris M, Packer N, 21st International Symposium glycoconjugates, 2011年08月21日, 通常, 英語, SFG, Vienna, Austria
  67. Alterations of glycoforms on cell membrane proteins by acquired resistance to microtubule targeted antitumor drugs., Nakano M, Nakano M and Packer N, 131th The Pharmaceutical Society of Japan, 2011年03月28日, 招待, 日本語, 日本薬学会, Shizuoka, Japan
  68. Glycoanalytical methods and their application to cancer glycomics, Nakano M, Nakano M, Packer N, Miyoshi E, Kakehi K, Kondo A, Taniguchi N, The 28th Naito Conference on Glycan Expression and Regulation [I], Functions and Disease Mechanisms, 2010年07月27日, 通常, 英語, 内藤財団, Kanagawa, Japan
  69. Drug resistance inhibits expression of 2-6 sialylated glycans on cell membrane proteins, Nakano M, Nakano M, Jensen P, Lee A, Saldanha R, Kolarich D, Kavallaris M and Packer H, Human Proteome Organization 8th Annual World Congress, 2009年09月26日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Toronto, Canada
  70. Alteration of glycan structures on cancer cell membrane proteins by acquired drug-resistance, Nakano M, Nakano M, Jensen P, Lee A, Saldanha R, Kolarich D, Kavallaris M and Packer H, 14th Lorne Proteomics Symposium, 2009年02月05日, 通常, 英語, Lorne, Victoria, Australia
  71. Glycoanalytical methods and their application to cancer glycomics, Nakano M, Nakano M, Kavallaris M, Packer N, Japan Consortium for Glycobiology and Glycotechnology 7th Symposium, 2009年12月07日, 招待, 英語, Osaka, Japan
  72. Alterations of glycoforms on human leukaemia cell membrane proteins by acquired resistance to microtubule targeted antitumor drugs, Nakano M, Nakano M, Kavallaris M, Packer N, Clinical and Translation Research on Cancer: Glycomics Applications, 2009年03月24日, 招待, 英語, Mie, Japan
  73. Glycomic analysis of serum haptoglobin for the development of tumor marker of pancreatic cancer, Nakano M, Nakano M, Nakagawa T, Tajiri M, Wada Y, Miyoshi E, Taniguchi N, Human Proteome Organization 6th Annual World Congress, 2007年10月06日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Seoul, Korea
  74. Site-specific analysis of N-glycans on haptoglobin in sera of patients with pancreatic cancer; a novel approach for the development of tumor markers, Nakano M, Nakano M, Nakagawa T, Tajiri M, Wada Y, Taniguchi N, Miyoshi E, Japan Human Proteome Organization 5th Conference, 2007年07月30日, 通常, 日本語, Japan Human Proteome Organization, Tokyo, Japan
  75. Site-specific analysis of N-glycans on haptoglobin in sera of patients with pancreatic cancer; a novel approach for the development of tumor markers, Nakano M,, Nakano M, Nakagawa T, Tajiri M, Wada Y, Taniguchi N, Miyoshi E, 19th International Symposium glycoconjugates, 2007年07月15日, 通常, 英語, SFG, Cairns, Australia
  76. Site-specific analysis of N-glycans on haptoglobin in sera of patients with pancreatic cancer; a novel approach for the development of tumor markers, Nakano M, Nakano M, Nakagawa T, Tajiri M, Wada Y, Taniguchi N, Miyoshi E, The 27th Sapporo Cancer Seminar International Symposium “Glycomics”, 2007年07月11日, 通常, 英語, Hokkaido, Japan
  77. Normal phase LC-ESI MS Analyses for N-Glycans at the Femto-mole Level Nakano M, Miyoshi E, Kondo A, Taniguchi N, Nakano M, Nakano M, Miyoshi E, Kondo A, Taniguchi N, Human Proteome Organization 5th Annual World Congress, 2006年10月28日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Long Beach, CA, U.S.A.
  78. Fucosylated haptoglobin is a novel marker for pancreatic cancer: The detailed structure of oligosaccharide and a possible mechanism for fucosylation, Nakano M, Nakano M, Miyoshi E, Noriko Okuyama N, Taniguchi N, Human Proteome Organization 5th Annual World Congress, 2006年10月28日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Long Beach, CA, U.S.A.
  79. Analysis of Femto-mole Level N-Glycans by Hyphenated Technique of Normal Phase Liquid Chromatography and ESI MS, 26th Japanese Carbohydrate Symposium, Nakano M, Nakano M, Iwata K, Taniguchi N, Kondo A, 2006年08月22日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, Sendai, Japan
  80. Fucosylated haptoglobin is a novel marker for pancreatic cancer: A detailed analysis of the glycans structure by mass spectrometry, Nakano M, Nakano M, Okuyama N, Ide Y, Nakagawa T, Moriwaki K, Murata K, Taniguchi N, Miyoshi E, Japan Human Proteome Organization 4th Conference, 2006年07月18日, 通常, 日本語, Japan Human Proteome Organization, Tokyo, Japan
  81. Capillary Electrophoresis-Electrospray Mass Spectrometry for Rapid and Sensitive Analysis of N-glycans as 9-Fluorenylmethyl (Fmoc) Drivatives, Nakano M, Nakano M, Kakehi K, Taniguchi N, Kondo A, International Union of Biochemistry and Molecular Biology, 8th Conference, 2006年06月18日, 通常, 英語, Biochemistry and Molecular Biology, Kyoto, Japan
  82. Femto-mole Level Glycan Analyses by Micro-flow LC/ESI-MS, Kondo A, Kondo A, Nakano M, Nakagawa T, Taniguchi N, International Union of Biochemistry and Molecular Biology, 8th Conference, 2006年06月18日, 通常, 英語, Biochemistry and Molecular Biology, Kyoto, Japan
  83. Identification of the binding site for oligosaccharide-related compounds with the cytoplasmic PNGase by mass spectrometry, Nakano M, Nakano M, Hara I, Totani K, Matsuo I, Ito Y, Taniguchi N, Suzuki T, 126th The Pharmaceutical Society of Japan, Sendai, Japan, 2006年03月28日, 通常, 日本語, 日本薬学会, Sendai, Japan
  84. Fucosylated Haptoglobin as a Marker for Pancreatic Cancer, Nakano M, Nakano M, Miyoshi E, Taniguchi N, Bio Korea 2006, 2006年09月06日, 招待, 英語, Seoul, Korea
  85. Capillary Electrophoresis-Electrospray Mass Spectrometry for Rapid and Sensitive Analysis of N-glycans as 9-Fluorenylmethyl Drivatives, Nakano M, Nakano M, Nakagawa T, Kakehi K, Taniguchi N, Kondo A, 18th International Symposium glycoconjugates, 2005年09月04日, 通常, 英語
  86. Analysis of fluorescent labeled N-glycans by on-line ESI MS, Nakano M, Nakano M, Human Disease Glycomics/ Proteome initiative 8th Conference, 2005年09月03日, 通常, 英語
  87. Capillary Electrophoresis-Electrospray Mass Spectrometry for Rapid and Sensitive Analysis of N-glycans as 9-Fluorenylmethyl (Fmoc) Drivatives, Nakano M, Nakano M, Nakagawa T, Kakehi K, Taniguchi N, Kondo A, Human Proteome Organization 4th Annual World Congress, 2005年08月28日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Munich, Germany
  88. Increases of fucosylated haptoglobin in the sera of patients with pancreatic cancer, Miyoshi E, Miyoshi E, Nakano M, Ide Y, Moriwaki K, Nakagawa T, Okuyama N, Taniguchi N, Human Proteome Organization 4th Annual World Congress, 2005年08月28日, 通常, 英語, Human Proteome Organization, Munich, Germany
  89. Capillary Electrophoresis-Electrospray Mass Spectrometry for Rapid and Sensitive Analysis of N-glycans as 9-Fluorenylmethyl Drivatives, Nakano M, Nakano M, Kakehi K, Taniguchi N, Kondo A, Japan Human Proteome Organization 3rd Conference, 2005年08月01日, 通常, 日本語, Japan Human Proteome Organization, Yokohama, Japan
  90. Analysis of fluorescent labeled N-glycans by on-line ESI MS, Nakano M, Nakano M, Okuyama N, Nakagawa T, Nakagawa T, Miyoshi E, Kakehi K, Taniguchi N, Kondo A, 25th Japanese Carbohydrate Symposium, 2005年07月20日, 通常, 日本語, 日本糖質学会, Shiga, Japan
  91. CE-ESI MS analysis of glycans on glycoproteins using Fmoc-labeling method, Nakano M, Nakano M, Kondo A, Kakehi K, Taniguchi N, 125th The Pharmaceutical Society of Japan, 2005年03月29日, 通常, 日本語, 日本薬学会, Tokyo, Japan

受賞

  1. 2005年07月20日, ポスター賞, 日本糖質学会, Analysis of fluorescent labeled N-glycans by on-line ESI MS
  2. 2013年, 広島大学女性研究者奨励賞, 広島大学
  3. 2014年09月17日, 展望とトピック賞, 日本分析化学会, 糖鎖で癌、抗癌剤の効き目がわかる
  4. 2017年11月04日, Phoenix Outstanding Researcher Award, 広島大学

取得

  1. 特許権, 5358952, 2013年09月13日, 膵臓癌マーカーおよび膵臓癌の検査方法
  2. 特許権, 糖たん白質糖鎖の分析方法及び非標識糖鎖の製造方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 挑戦的研究・萌芽 分担(学外), L-fucose投与によるIgGの量の制御と分子機序の解明
  2. 基盤研究(B) 分担(学外), 糖鎖の分岐形成によるがん・アルツハイマー病の悪性化メカニズム, 2022年04月01日, 2023年04月01日
  3. ヒューマングライコームプロジェクト「共同研究」, N-型糖転移酵素による標的分子修飾の特異性と糖鎖の書き換え, 2022年04月01日, 2024年03月31日
  4. 糖鎖生命コア研究所「共同研究」(再審継続), がんおよび神経疾患に関連するN型糖鎖のグライコーム解析(再審継続), 2022年01月01日, 2022年03月31日
  5. 二国間交流事業 セミナー, 第3 回オーストララジアン糖鎖科学シンポジウム(第3 回AGS)(国際学会), 2021年04月01日, 2022年03月31日
  6. 東広島市学術振興等補助金, 2021年04月01日, 2021年06月04日
  7. 糖鎖生命コア研究所「共同研究」, がんおよび神経疾患に関連するN型糖鎖のグライコーム解析, 2021年01月01日, 2021年03月31日
  8. 科研費, 糖鎖の分岐形成によるがん・アルツハイマー病の悪性化メカニズム, 2020年04月01日, 2023年03月31日
  9. KAKENHI, 脂質リモデリングによる蛋白質のソーティング機構, 2019年04月01日, 2023年03月31日
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), グライコミクス的アプローチによる腫瘍マーカー探索, 2018年, 2020年
  11. 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業, 糖鎖の超高感度検出を目的とした新規糖アナログの開発, 2018年04月01日, 2021年03月31日
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), グライコミクス的アプローチによる腫瘍マーカー探索, 2018年04月01日, 2021年33月
  13. 科研 基盤(B), メチオニン代謝系による寿命制御機構, 2017年04月01日, 2019年03月31日
  14. 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業, 糖鎖の超高感度検出を目的とした新規糖アナログの開発, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 白血病細胞耐性機構のリバースグライコミクス的解明と抗癌剤耐性診断法の開発, 2014年, 2016年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), テーラーメイドワクチン創製のための次世代型感作アレルゲン分子診断法の開発, 2013年, 2015年
  17. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), リバースグライコミクス的手法を用いた抗癌剤耐性獲得の簡易迅速診断法の開発, 2011年, 2012年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本糖質学会, 2022年07月, 2023年06月
  2. 招聘研究員, 2022年04月, 2023年03月, 大阪国際がんセンター
  3. 非常勤講師, 2022年04月, 2023年03月, 熊本大学
  4. 招聘研究員, 2021年09月, 2022年03月, 大阪国際がんセンター
  5. 日本糖質学会, 2021年07月, 2022年06月
  6. 非常勤講師, 2021年04月, 2022年03月, 熊本大学
  7. 機器別専門家WG委員, 2021年04月, 2022年03月
  8. 非常勤講師, 2020年04月, 2021年03月, 熊本大学
  9. 機器別専門家WG委員, 2020年04月, 2021年03月
  10. 国際交流委員, 2020年04月, 2021年03月
  11. 非常勤講師, 2019年04月, 2020年03月, 熊本大学
  12. 国際交流・研究連携委員, 2019年04月, 2020年03月
  13. 全学共用機器体制検討WG, 2019年04月
  14. 学生生活委員, 2017年04月, 2019年03月
  15. 客員研究員, 2017年04月, 2018年03月, 国立研究開発法人理化学研究所
  16. 男女参画推進委員会, 2017年04月, 2019年03月
  17. 低温・機器分析部門委員, 2017年04月, 2020年03月
  18. 保健管理センター運営委員, 2017年04月, 2020年03月
  19. 男女参画推進委員会, 2016年04月, 2017年03月
  20. 低温・機器分析部門委員, 2016年04月, 2017年03月
  21. 客員研究員, 2015年04月, 2017年03月, 独立行政法人理化学研究所

学術会議等の主催

  1. 第4 回オーストララジアン糖鎖科学シンポジウム(第4 回AGS), International Advisory committee, 2022年05月, 2023年03月
  2. 第3回オーストララジアン糖鎖科学シンポジウム(第3回AGS), 実行委員長, 2021年06月, 2021年06月
  3. 第3回Glycolleague, 2019年04月, 2019年11月
  4. 分析化学講習会, 実行委員, 2015年04月, 2015年09月
  5. 日本分析化学学会, 実行委員, 2014年04月, 2014年09月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第4回オーストララジアン糖鎖科学シンポジウム(第4回AGS), International Advisory committee, Daniel Kolarich, 2022年/11月/22日, 2022年/11月/25日, Gold Coast, Australia, 運営参加・支援, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  2. 安田女子高等学校での出張講義, 医薬研究は工学部でも出来る~ABO血液型は糖鎖の違い!この糖鎖をどう活かす?~, 2022年/10月/07日, 2022年/10月/07日, 安田女子高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  3. 安田女子高等学校での模擬授業, 医療につながる研究は工学部第三類でも出来る~糖鎖とバイオマーカー開発~, 2021年/09月/21日, 2021年/09月/21日, 安田女子高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  4. 3rd AGS, 実行委員長, 中ノ三弥子, 2021年/04月/01日, 2022年/03月/31日, 運営参加・支援, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  5. 公開講座 バイオテクノロジーってなあに?  「バイオロジー(生物学)」と「テクノロジー(技術)」の合成語です。, 知るバイオ/ 糖鎖を使って病気を発見する, 2019年/08月/03日, 2019年/08月/03日, 広島県民文化センター501・502講義室, 講師, 出前授業, 市民団体
  6. 公開講座, 知るバイオ/ 糖鎖を使って病気を発見する, 2018年/07月/22日, 2018年/07月/22日, 広島大学先端物質科学研究科401N, 講師, 出前授業, 市民団体
  7. 公開講座 バイオテクノロジーってなあに?  「バイオロジー(生物学)」と「テクノロジー(技術)」の合成語です。, 知るバイオ/ 糖鎖を使って病気を発見する, 2017年/09月/02日, 2017年/09月/02日, 広島大学先端物質科学研究科401N, 講師, 出前授業, 市民団体
  8. NanoLC-MS講習会, NanoLC-MS講習会, N-BARD, 2017年/05月/22日, 2017年/05月/23日, N-BARD J108, 講師, その他, 研究者
  9. 公開講座 バイオテクノロジーってなあに?「バイオロジー(生物学)」と「テクノロジー(技術)」の合成語です。, 知るバイオ/糖鎖を使って病気を発見する, 2016年/09月/10日, 2016年/09月/10日, 広島県民文化センター(広島市), 講師, 出前授業, 市民団体
  10. ハンズオンセミナーin広島大学 オービトラップによるプロテオーム解析の実践演習~前処理から測定、解析まで~, ハンズオンセミナーin広島大学 オービトラップによるプロテオーム解析の実践演習~前処理から測定、解析まで~, 2015年/09月/08日, 2015年/09月/09日, 工学部B4-114講義室 工学部B4-005実験室 機器分析棟J108, 実演, セミナー・ワークショップ, 研究者
  11. 公開講座 バイオテクノロジーってなあに?  「バイオロジー(生物学)」と「テクノロジー(技術)」の合成語です。, 知るバイオ/ 糖鎖を使って病気を発見する, 2015年/08月/22日, 2015年/08月/22日, 呉市海事歴史科学館大和ミュージアム, 講師, 出前授業, 市民団体
  12. 尾道北高校での模擬授業, 糖は甘いだけでなく血液型や癌にも関係している。それをどう活かす?, 2015年/07月/06日, 2015年/07月/06日, 尾道北高等学校, 講師, 出前授業, 高校生
  13. タンパク質同定システム「MASCOT Server」講習会, タンパク質同定システム「MASCOT Server」講習会, 2014年/11月/05日, 2014年/11月/05日, 先端物質科学研究科 4階 405N講義室, 企画, 講演会, 研究者
  14. 質量分析セミナー, 質量分析セミナー, 2014年/10月/02日, 2014年/10月/02日, 工学部B1棟 103講義室, 情報提供, セミナー・ワークショップ, 研究者
  15. 公開講座 バイオテクノロジーってなあに?  「バイオロジー(生物学)」と「テクノロジー(技術)」の合成語です。, 知るバイオ/ 糖鎖を使って病気を発見する, 2014年/08月/23日, 2014年/08月/23日, 呉市海事歴史科学館大和ミュージアム, 講師, 出前授業, 市民団体