島本 整Tadashi Shimamoto

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 教授
メールアドレス
tadashishiroshima-u.ac.jp
自己紹介
食品衛生の観点から,ビブリオ属細菌など食中毒細菌の病原性関連遺伝子の解析,可動性遺伝因子を介した薬剤耐性遺伝子の細菌間伝播のメカニズム解析およびノロウイルス失活法と消毒剤の開発などの研究を行っている。

基本情報

学位

  • 学術博士 (岡山大学)
  • 薬学修士 (岡山大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科 : 食品科学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 動物生命科学 / 獣医学
  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 細菌学(含真菌学)

研究キーワード

  • DNAアプタマー|ノロウイルス
  • 病原細菌|薬剤耐性
  • SRSV
  • 病原細菌
  • 逆転写酵素
  • レトロン
  • Caco-2
  • インテグロン
  • アンチセンスDNA
  • 逆転写酵素

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 3ターム, 食の安心・安全と健康科学
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 基礎生物学実験I
  3. 2022年, 学部専門, 2ターム, 微生物学入門
  4. 2022年, 学部専門, 3ターム, 公衆衛生学
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  6. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  7. 2022年, 学部専門, 3ターム, 食品衛生学
  8. 2022年, 学部専門, 集中, 食品衛生学実験
  9. 2022年, 学部専門, 2ターム, 食品科学外書講読
  10. 2022年, 学部専門, 1ターム, 食品微生物学
  11. 2022年, 学部専門, 集中, (AIMS) Modern Food Science
  12. 2022年, 学部専門, 3ターム, Modern Food Science
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品衛生微生物学Ⅰ
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品衛生微生物学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Occurrence, phenotypic and molecular characteristics of vancomycin-resistant enterococci isolated from retail raw milk in Egypt, Foodborne Pathogens and Disease, 13巻, 9号, pp. 192-198, 20220301
  2. 市販野菜・果物由来の薬剤耐性菌の検出と解析, 動物用抗菌剤研究会報, 43巻, pp. 16-25, 20211201
  3. Loads of coliforms and fecal coliforms and characterization of thermotolerant Escherichia coli in fresh raw milk cheese., Foods, 11巻, 3号, pp. 332-332, 20220125
  4. Cloning and nucleotide sequence of the gene (citA) encoding a citrate carrier from Salmonella typhimurium, Journal of Biochemistry, 110巻, 1号, pp. 22-28, 19910701
  5. Cloning and nucleotide sequence of the gene (citC) encoding a citrate carrier from several Salmonella serovars, Journal of Biological Chemistry, 267巻, 14号, pp. 9559-9564, 19920501
  6. Purification and analysis of the structure of α-galactosidase from Escherichia coli, Biochemical and Biophysical Research Communications, 151巻, 1号, pp. 236-241, 19880201
  7. Characterization of a novel L-serine transport system in Escherichia coli, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 170巻, 5号, pp. 2236-2239, 19880501
  8. 膜タンパク質可溶化剤の進歩, 油化学, 37巻, 6号, pp. 386-393, 19880601
  9. Amino acid substitutions and alteration in cation specificity in the melibiose carrier of Escherichia coli, Journal of Biological Chemistry, 263巻, 28号, pp. 14276-14280, 19881001
  10. Genetic characterization of multidrug resistance in Shigella spp. from Japan, Journal of Medical Microbiology, 55巻, 12号, pp. 1685-1691, 20061201
  11. Proteus mirabilis clinical isolate harboring a new variant of Salmonella genomic island 1 containing the multiple antibiotic resistance region, Journal of Antimicrobial Chemotherapy, 59巻, 2号, pp. 184-190, 20070201
  12. Zoo animals as resorvoirs of gram-negative bacteria harboring integrons and antimicrobial resistance genes, Applied and Environmental Microbiology, 73巻, 20号, pp. 6686-6690, 20071015
  13. Emergence of a cefepime- and cefpirome-resistant Citrobacter freundii clinical isolate harbouring a novel chromosomally encoded AmpC β-lactamase, CMY-37, INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS, 32巻, 3号, pp. 256-261, 20080901
  14. Molecular characterization of multidrug-resistant avian pathogenic Escherichia coli isolated from septicemic broilers, INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICAL MICROBIOLOGY, 303巻, 8号, pp. 475-483, 20131201
  15. Isolation and molecular characterization of Salmonella enterica, Escherichia coli O157:H7 and Shigella spp. from meat and dairy products in Egypt, INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD MICROBIOLOGY, 168巻, pp. 57-62, 20140103
  16. Genetic characterization of antibiotic resistance and virulence factors in Enterococcus spp. from Japanese retail ready-to-eat raw fish, FOOD MICROBIOLOGY, 38巻, pp. 62-66, 20140401
  17. Genetic basis of multidrug resistance in Salmonella enterica serovars Enteritidis and Typhimurium isolated from diarrheic calves in Egypt, ACTA TROPICA, 111巻, 2号, pp. 144-149, 20090801
  18. Isolation and molecular characterization of multidrug-resistant strains of Escherichia coli and Salmonella from retail chicken meat in Japan, JOURNAL OF FOOD SCIENCE, 74巻, 7号, pp. M405-M410, 20090901
  19. Characterization of integrons and antimicrobial resistance genes in clinical isolates of Gram-negative bacteria from Palestinian hospitals, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 53巻, 11号, pp. 595-602, 20091101
  20. ★, Nucleotide sequence of the melB gene and characteristics of deduced amino acid sequence of the melibiose carrier in Escherichia coli, The Journal of Biological Chemistry, 259巻, 7号, pp. 4320-4326, 19840401
  21. Nucleotide sequence of the promoter region of the melibiose operon of Escherichia coli, Biochemical and Biophysical Research Communications, 121巻, 1号, pp. 41-46, 19840501
  22. Value of heptyl-β-D-thioglucoside, a new nonionic detergent, in studies on membrane proteins, Journal of Biochemistry, 97巻, 6号, pp. 1807-1810, 19850601
  23. 新しい非イオン性界面活性剤ヘプチルチオグルコシドによる膜蛋白質の可溶化と再構成, 蛋白質 核酸 酵素, 30巻, 9号, pp. 1058-1066, 19850901
  24. 細菌細胞のH+-有機物質共輸送系, 膜, 11巻, 2号, pp. 92-98, 19860201
  25. Properties of a Na+-coupled serine-threonine transport system in Escherichia coli, Biochimica et Biophysica Acta, 905巻, 1号, pp. 231-239, 19870701
  26. Cloning and expression of the 5’-nucleotidase gene of Vibrio parahaemolyticus in Escherichia coli and overproduction of the enzyme, Journal of Biochemistry, 105巻, 5号, pp. 841-846, 19890301
  27. Purification and characterization of membrane-bound 5’-nucleotidase of Vibrio parahaemolyticus, Journal of Biochemistry, 105巻, 5号, pp. 785-789, 19890301
  28. Sequence analysis of nutA gene encoding membrane-bound Cl--dependent 5’-nucleotidase of Vibrio parahaemolyticus, Journal of Biochemistry, 109巻, 1号, pp. 24-29, 19910101
  29. ★, Reverse transcriptase from bacterial retrons require specific secondary structures at the 5’-end of the template for the cDNA priming reaction, Journal of Biological Chemistry, 268巻, 4号, pp. 2684-2692, 19930201
  30. Transcriptional attenuation and differential mRNA stability in the regulation of the Escherichia coli melibiose operon, Journal of Biochemistry, 115巻, 6号, pp. 1185-1189, 19940601
  31. ★, The formation of the 2’, 5’-phosphodiester linkage in the cDNA priming reaction by bacterial reverse transcriptase in a cell-free system, Journal of Biological Chemistry, 270巻, 2号, pp. 581-588, 19950101
  32. The role of ribonuclease H in multicopy single-stranded DNA synthesis in retron-Ec73 and retron-Ec107 of Escherichia coli, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 177巻, 1号, pp. 264-267, 19950101
  33. Mutational analysis of the CitA citrate transporter from Salmonella typhimurium: Altered substrate specificity, Biochemical and Biophysical Research Communications, 226巻, 2号, pp. 481-487, 19960101
  34. Primary structure and properties of the Na+/glucose symporter (SglS) of Vibrio parahaemolyticus, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 179巻, 5号, pp. 1805-1808, 19970301
  35. Inhibition of melibiose transporter by amiloride in Escherichia coli, Biochemical and Biophysical Research Communications, 233巻, 1号, pp. 147-149, 19970601
  36. A melibiose transporter and an operon containing its gene in Enterobacter cloacae, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 179巻, 13号, pp. 4443-4445, 19970701
  37. Characteristics of the melibiose transporter and its primary structure in Enterobacter aerogenes, Biochimica et Biophysica Acta, 1326巻, 1号, pp. 83-91, 19970701
  38. Sequence of a melibiose transporter gene of Enterobacter cloacae, Biochimica et Biophysica Acta, 1354巻, 1号, pp. 7-12, 19970901
  39. In vitro synthesis of multicopy single-stranded DNA, using separate primer and template RNAs, by Escherichia coli reverse transcriptase, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 180巻, 11号, pp. 2999-3002, 19980601
  40. Conversion of temperature-sensitive to -resistant gene expresssion due to mutations in the promoter region of the melibiose operon in Escherichia coli, Journal of Biological Chemistry, 273巻, 27号, pp. 16860-16864, 19980701
  41. 細菌逆転写酵素とmsDNA, 化学と生物, 37巻, 2号, pp. 93-102, 19990201
  42. ★, A retroelement in Vibrio cholerae, Molecular Microbiology, 34巻, 3号, pp. 631-632, 19990201
  43. A cryptic melibiose transporter gene possessing a frameshift from Citrobacter freundii, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 129巻, 4号, pp. 607-613, 20010401
  44. 細菌の逆転写酵素およびmsDNAの構造と機能, 日本細菌学雑誌, 58巻, 2号, pp. 441-450, 20030501
  45. msDNA-St85, a multicopy single-stranded DNA isolated from Salmonella enterica serovar Typhimurium LT2 with the genomic analysis of its retron, FEMS Microbiology Letters, 224巻, 2号, pp. 291-297, 20030701
  46. New aminoglycoside acetyltransferase gene, aac(3)-Id, in a class 1 integron from a multiresistant strain of Vibrio fluvialis isolated from an infant aged 6 months, Journal of Antimicrobial Chemothrapy, 53巻, 6号, pp. 947-951, 20040601
  47. A plasmid-encoded class 1 integron carrying sat, a putative phosphoserine phosphatase gene and aadA2 from enterotoxigenic Escherichia coli O159 isolated in Japan, FEMS Microbiology Letters, 235巻, 2号, pp. 243-248, 20040601
  48. The first characterization of extended-spectrum β-lactamase-producing Salmonella in Japan, Journal of Antimicrobial Chemotherapy, 54巻, 1号, pp. 283-284, 20040701
  49. Complex formation between a putative 66-residue thumb domain of bacterial reverse transcriptase RT-Ec86 and the primer recognition RNA, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 279巻, 49号, pp. 50735-50742, 20041203
  50. A variant type of Vibrio cholerae SXT element in a multidrug-resistant strain of Vibrio fluvialis, FEMS Microbiology Letters, 242巻, 2号, pp. 241-247, 20050101
  51. ★, Molecular characterization of integrons in non-typhoid Salmonella serovars isolated in Japan: description of an unusual class 2 integron, Journal of Antimicrobial Chemotherapy, 55巻, 3号, pp. 371-374, 20050301
  52. Molecular characterization of a multidrug-resistant strain of enteroinvasive Escherichia coli O164 isolated in Japan, Journal of Medical Microbiology, 54巻, 3号, pp. 273-278, 20050301
  53. Characterization of a multidrug-resistant isolate of Salmonella Paratyphi B from Japan, Journal of Antimicrobial Chemotherapy, 56巻, 1号, pp. 250-250A, 20050701
  54. Genomic analysis of a multidrug-resistant strain of enterohaemorrhagic Escherichia coli O157:H7 causing a family outbreak in Japan, Journal of Medical Microbiology, 54巻, 9号, pp. 867-872, 20050901
  55. Class 2 integrons in Vibrio cholerae, Journal of Medical Microbiology, 55巻, 5号, pp. 643-644, 20060501
  56. First characterization and Emergence of SHV-60 in raw milk of a healthy cow in Japan, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 70巻, 11号, pp. 1269-1272, 20081101
  57. Molecular characterization of antimicrobial resistance in Salmonella isolated from animals in Japan, JOURNAL OF APPLIED MICROBIOLOGY, 106巻, 2号, pp. 402-409, 20090201
  58. Prevalence and molecular characterization of ampicillin resistant Enterobacteriaceae isolated from traditional Egyptian Domiati cheese, JOURNAL OF FOOD PROTECTION, 72巻, 3号, pp. 624-630, 20090301
  59. Genetic analysis of antimicrobial resistance in Escherichia coli isolated from diarrheic neonatal calves, VETERINARY MICROBIOLOGY, 136巻, 42798号, pp. 397-402, 20090512
  60. Isolation and molecular characterization of multidrug-resistant Gram-negative bacteria from imported flamingos in Japan, ACTA VETERINARIA SCANDINAVICA, 51巻, 1号, pp. 46, 20091124
  61. 柿渋の抗ノロウイルス作用の解析, 日本食品化学研究振興財団第15回研究成果報告書(財団法人日本食品化学研究振興財団), pp. 91-94, 20100401
  62. Molecular analysis of antimicrobial resistance in Gram-negative bacteria isolated from fish farms in Egypt, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 72巻, 6号, pp. 727-734, 20100601
  63. Towards a compatible probiotic-antibiotic combination therapy: assessement of antimicrobial resistance in the Japanese probiotics, Journal of Applied Microbiology, 109巻, 4号, pp. 1349-1360, 20101001
  64. 農業領域で使用される抗菌薬と耐性菌汚染, 臨床と微生物, 37巻, 6号, pp. 679-683, 20101125
  65. 抗菌薬のMICと生菌整腸薬の適応は?, 薬局, 62巻, 3号, pp. 423-427, 20110305
  66. Molecular characterization of antimicrobial resistance in Gram-negative bacteria isolated from bovine mastitis in Egypt, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 55巻, 5号, pp. 318-327, 20110501
  67. Two novel retron elements are replaced with retron-Vc95 in Vibrio cholerae, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 55巻, 7号, pp. 510-513, 20110701
  68. Asymptomatic intramammary infection with multidrug-resistant Gram-negative bacteria in a research dairy farm: Incidence and genetic basis of resistance, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 73巻, 8号, pp. 1089-1092, 20110801
  69. Comparative study of different msDNA (multicopy single-stranded DNA) structures and phylogenetic comparison of reverse taranscriptases (RTs): evidence for vertical inheritance, Bioinformation, 7巻, 4号, pp. 176-179, 20111014
  70. A novel msDNA (multi-copy single-stranded DNA) strain present in Yersinia frederiksenii ATCC 33641 cintig01029 enteropathogenic bacteria with the genomic analysis of its retron, Journal of Pathogens, 2011巻, pp. 693769, 20111117
  71. Genetic analysis of multiple antimicrobial resistance in Salmonella isolated from diseased broilers in Egypt, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 56巻, 4号, pp. 254-261, 20120401
  72. Occurrence and characteristics of methicillin-resistant and -susceptible Staphylococcus aureus and methicillin-resistant coagulase-negative staphylococci from Japanese retail ready-to-eat raw fish, INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD MICROBIOLOGY, 156巻, 3号, pp. 286-289, 20120701
  73. 柿渋の持つ抗ウイルス作用, 月刊フードケミカル, 29巻, 2号, pp. 35-40, 20130201
  74. A novel retron of Vibrio parahaemolyticus is closely related to retron-Vc95 of Vibrio cholerae, JOURNAL OF MICROBIOLOGY, 51巻, 3号, pp. 323-328, 20130601
  75. Antiviral Effects of Persimmon Extract on Human Norovirus and Its Surrogate, Bacteriophage MS2, JOURNAL OF FOOD SCIENCE, 79巻, 5号, pp. M941-M946, 20140501
  76. Characterization of integrons and resistance genes in multidrug-resistant Salmonella enterica isolated from meat and dairy products in Egypt, INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD MICROBIOLOGY, 189巻, pp. 39-44, 20141017
  77. Molecular analysis of multidrug resistance in Shiga toxin-producing Escherichia coli O157:H7 isolated from meat and dairy products, INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD MICROBIOLOGY, 193巻, pp. 68-73, 20150116
  78. Molecular characterization of multidrug-resistant Shigella spp. of food origin, INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD MICROBIOLOGY, 194巻, pp. 78-82, 20150202
  79. Prevalence, antibiotic resistance and virulence of Enterococcus spp. in Egyptian fresh raw milk cheese, FOOD CONTROL, 50巻, pp. 815-820, 20150401
  80. Antimicrobial effects of blueberry, raspberry, and strawberry aqueous extracts and their effects on virulence gene expression in Vibrio cholerae, PHYTOTHERAPY RESEARCH, 29巻, 11号, pp. 1791-1797, 20151101
  81. Seafood as a reservoir of Gram-negative bacteria carrying integrons and antimicrobial resistance genes in Japan, Biomedical and Environmental Science, 28巻, 12号, pp. 924-927, 20151201
  82. Emergence of plasmid-mediated colistin resistance gene mcr-1 in a clinical Escherichia coli isolate from Egypt, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 60巻, 5号, pp. 3249-3250, 20160501
  83. Characterisation of the plasmid-mediated colistin resistance gene mcr-1 in Escherichia coli isolated from animals in Egypt, International Journal of Antimicrobial Agents, 47巻, 5号, pp. 413-414, 20160501
  84. 日本文化に根付いた柿渋の化学, 化学と教育, 64巻, 7号, pp. 348-349, 20160720
  85. Emergence of an NDM-5-producing clinical Escherichia coli isolate in Egypt, INTERNATIONAL JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 48巻, pp. 46-48, 20160701
  86. NDM-4 and NDM-5-producing Klebsiella pneumoniae coinfection in a 6-month-old infant, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 60巻, 7号, pp. 4416-4417, 20160701
  87. 果樹研究最前線 No.250 カキタンニンの抗ノロウイルス作用の発見, 果実日本, 71巻, 9号, pp. 8-11, 20160915
  88. Emergence of a novel β-lactamase in food of animal origin: Characterisation of SHV-111, from a cheese isolate of Klebsiella pneumoniae with an amino acid substitution in a strictly conserved position (P174S) in the Ω-loop, Journal of Medical Microbiology, 66巻, 1号, pp. 96-97, 20170101
  89. High carbapenem resistance in clinical Gram-negative pathogens isolated in Egypt, Microbial Drug Resistance, 23巻, 7号, pp. 838-844, 20172001
  90. First report in Africa of two clinical isolates of Proteus mirabilis carrying Salmonella genomic island (SGI1) variants, SGI1-PmABB and SGI1-W, Infection, Genetics and Evolution, 51巻, pp. 132-137, 20170701
  91. Molecular and Phenotypic Analysis of Hemolytic Aeromonas Strains Isolated from Food in Egypt Revealed Clinically Important Multidrug Resistance and Virulence Profiles, Journal of Food Protection, 81巻, 6号, pp. 1015-1021, 20180601
  92. 序文, 医学と薬学, 75巻, 7号, pp. 737-738, 20180627
  93. ノロウイルス, 医学と薬学, 75巻, 7号, pp. 789-795, 20180627
  94. Molecular and Phenotypic Analysis of Hemolytic Aeromonas Strains Isolated from Food in Egypt Revealed Clinically Important Multidrug Resistance and Virulence Profiles, JOURNAL OF FOOD PROTECTION, 81巻, 6号, pp. 1015-1021, 20180601
  95. Occurrence of Salmonella genomic island 1 (SGI1) in two African Proteus mirabilis strains isolated from diseased chicken flocks, INFECTION GENETICS AND EVOLUTION, 62巻, pp. 8-10, 201808
  96. Emergence of Salmonella Genomic Island 1 Variant SGI1-W in a Clinical Isolate of Providencia stuartii form Egypt, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 63巻, 1号, pp. e01793-18, 20190101
  97. Full genome sequence of a polyvalent bacteriophage infecting strains of Shigella, Salmonella, and Escherichia., Achives of Virology, 163巻, 11号, pp. 3211-3211, 20181101
  98. Systemic method to isolate large bacteriophages for use in biocontrol of a wide-range of pathogenic bacteria, JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 127巻, 1号, pp. 73-78, 20190101
  99. High Prevalence of Antimicrobial Resistance in Gram-Negative Bacteria Isolated from Clinical Settings in Egypt: Recalling for Judicious Use of Conventional Antimicrobials in Developing Nations, MICROBIAL DRUG RESISTANCE, 25巻, 3号, pp. 371-385, 20190401
  100. Staphylococcus aureus and bovine mastitis: molecular typing of methicillin-resistance and clinical description of infected quarters, JOURNAL OF THE HELLENIC VETERINARY MEDICAL SOCIETY, 70巻, 2号, pp. 1511-1516, 2019
  101. Clinical and molecular characterization of both methicillin-resistant and-sensitive staphylococcus aureus mastitis, JOURNAL OF THE HELLENIC VETERINARY MEDICAL SOCIETY, 70巻, 3号, pp. 1743-1748, 2019
  102. Genetic analysis of carbapenemase-producing Gram-negative bacteria isolated from a university teaching hospital in Egypt, INFECTION GENETICS AND EVOLUTION, 77巻, pp. 104065, 20200101
  103. Emergence of a Multidrug-Resistant Enterobacter hormaechei Clinical Isolate from Egypt Co-Harboring mcr-9 and bla(VIM-4), MICROORGANISMS, 8巻, 4号, pp. E595-E595, 20200420
  104. First Genomic Characterization of bla(VIM-1) and mcr-9-Coharbouring Enterobacter hormaechei Isolated from Food of Animal Origin, PATHOGENS, 9巻, 9号, pp. E687-E687, 20200822
  105. Emergence of Salmonella Genomic Islnad 1 Variant SGI1-C in a Multidrug-Resistant Clinical Isolate of Klebsiella pneumoniae ST485 from Egypt, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 64巻, 9号, pp. e01055-20, 20200820
  106. Draft genome sequence of an mcr-1/IncI2-carrying multidrug-resistant Escherichia coli B1:ST101 isolated from meat and meat products in Egypt, Journal of Global Antimicrobial Resistance, 20巻, pp. 41-42, 20200301
  107. Draft genome sequence of a bla(NDM-1)- and bla(OXA-244)-carrying multidrug-resistant Escherichia coli D-ST69 clinical isolate from Egypt, Journal of Global Antimicrobial Resistance, 22巻, pp. 832-834, 20200901
  108. Genetic characterization of NDM-1 and NDM-5-producing Enterobacteriales from retail chicken meat in Egypt, Journal of Global Antimicrobial Resistance, 23巻, pp. 70-71, 20201201
  109. First report of foodborne Klebsiella pneumoniae coharboring bla(VIM-1), bla(NDM-1), and mcr-9, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 64巻, 9号, pp. e00882-20-e00882-20, 20200820
  110. Genetic Characterization of Carbapenemase-Producing Enterobacter cloacae Complex and Pseudomonas aeruginosa of Food of Animal Origin from Egypt, MICROBIAL DRUG RESISTANCE, 27巻, 2号, pp. 196-203, 20210201
  111. A Putative Amidase Endolysin Encoded by Clostridium perfringens St13 Exhibits Specific Lytic Activity and Synergizes with the Muramidase Endolysin Psm, ANTIBIOTICS-BASEL, 10巻, 3号, pp. 245-245, 20210301
  112. Co-production of Tet(X7) Conferring High-Level Tigecycline Resistance, Fosfomycin FosA4, and Colistin Mcr-1.1 in Escherichia coli Strains from Chickens in Egypt., Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 65巻, 6号, pp. e02084-20, 20210518
  113. Vegetable-Derived Carbapenemase-Producing High-Risk Klebsiella pneumoniae ST15 and Acinetobacter baumannii ST2 Clones in Japan: Coexistence of bla(NDM-1), bla(OXA-66), bla(OXA-72), and an AbaR4-Like Resistance Island in the Same Sample, APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, 87巻, 9号, pp. e02166-20, 20210413
  114. Prevalence of extended-spectrum β-lactamase (ESBL)-producing Salmonella enterica from retail fishes in Egypt: a major threat to public health, International Journal of Food Microbiology, 351巻, pp. 1092689, 20210802
  115. High Prevalence of ESBL and Plasmid-Mediated Quinolone Resistance Genes in Salmonella enterica Isolated from Retail Meats and Slaughterhouses in Egypt, ANTIBIOTICS-BASEL, 10巻, 7号, pp. 881-881, 20210720
  116. Toxigenic Potential of Bacillus cereus Strains Isolated from Retail Dairy Products in Egypt, FOODBORNE PATHOGENS AND DISEASE, 18巻, 9号, pp. 655-660, 20210901

著書等出版物

  1. 2021年11月30日, SDGsに向けた生物生産学入門, 食の安全と食中毒, 共立出版, 2021年, 11, 共著, J, 島本 整 他, 978-4-320-05831-6, 244, 208-211
  2. 2021年03月31日, 抗菌・抗ウイルス性能の材料への付与,加工技術と評価, カキタンニンによるノロウイルスの不活化と抗ウイルス剤の開発, 技術情報協会, 2021年, 202103, 単行本(学術書), 共著, J, 978-4-86104-834-0, 582, 343-351
  3. 2013年07月25日, Bacterial Satellite DNA: A Novel Dimension in Bacterial Pathogenicity, 2013年, 7, 共著, 英語, Rasel Das, Tadashi Shimamoto, Mohammad Arifuzzaman, 74, 74
  4. 2013年06月01日, 腸炎ビブリオ〈第Ⅳ集〉, Ⅸ腸炎ビブリオの生理・遺伝 3.逆転写酵素とレトロン, 近代出版, 2013年, 6, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 島本 整,島本 敏, 362, 338-345
  5. 2011年11月25日, 生命・食・環境のサイエンス, 遺伝子の姿, 共立出版, 2011年, 11, 教科書, 共著, 日本語, 島本 整, 228, 1月4日
  6. 2011年11月25日, 生命・食・環境のサイエンス, 食品添加物と環境ホルモン, 共立出版, 2011年, 11, 教科書, 共著, 日本語, 島本 整, 228, 172-174
  7. 2010年04月01日, 食品微生物学辞典, 中央法規出版, 2010年, 4, 事典・辞書, その他, 日本語, 島本 整(分担執筆)他125名, 341
  8. 2003年06月00日, 医薬バイオテクノロジー事典, 廣川書店, 2003年, 6, 事典・辞書, 共著, 日本語, 島本 整(分担執筆)他86名, 526
  9. 2002年03月00日, Retrons, Mobile DNA II (ASM Press), 2002年, 3, 単行本(学術書), 共編著, 英語, Kunitoshi Yamanaka, Tadashi Shimaoto, Sumiko Inouye, Masayori Inouye, 784-795
  10. 2001年03月25日, 海と大地の恵みのサイエンス, 遺伝子の姿, 共立出版株式会社, 2001年, 3, 教科書, 共編著, 日本語, 島本 整, 201, 116-119
  11. 2001年03月25日, 海と大地の恵みのサイエンス, 食品添加物と環境ホルモン, 共立出版株式会社, 2001年, 3, 教科書, 共著, 日本語, 島本 整, 201, 82-85
  12. 1998年07月, Role of ribonuclease H in the biosynthesis of msDNA in Escherichia coli, The Physiological Functions of Escherichia coli RNase HI (INSERM Editions), 1998年, 7, 単行本(学術書), 共編著, 英語, Masayori Inouye, Tadashi Shimamoto, Masamitsu Shimada, Sumiko Inouye, 67-78
  13. 1997年06月, In vivo production of oligodeoxyribonucleotides of specific sequences: application to antisense DNA, Oligonucleotides as Therapeutic Agents (John Wiley & Sons Ltd), 1997年, 6, 単行本(学術書), 共編著, 英語, Masayori Inouye, J-R Mao, Tadashi Shimaototo, Sumiko Inouye, 224-234

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ウェルシュ菌のペプチドグリカン層に見出されたフィブロネクチン結合タンパク質FbpC, FbpD の機能, 片山 誠一,河相 朋美,松永 望,甲元 果歩留,成谷 宏文,島本 整,櫃本 泰雄, 第92回日本細菌学会総会, 2019年04月23日, 通常, 英語, 日本細菌学会, 札幌市
  2. ウェルシュ菌のフィブロネクチン結合タンパク質FbpC,FbpDと溶菌酵素オートリシンの機能解析, 片山 誠一,江見 尚悟,青野 りよ,河相 朋美,松永 望,玉井 栄治,成谷 宏文,島本 整,櫃本 泰雄, 第93回日本細菌学会総会, 2020年03月19日, 通常, 日本語, 日本細菌学会, 名古屋市
  3. 国産鶏肉に含まれる薬剤耐性菌(特に,基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生腸内細菌科 細菌とカルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌)の分布, 石田千津恵,島本敏,島本整, 日本調理科学会2021年度大会, 2021年09月08日, 通常, 日本語, 日本調理科学会, オンライン
  4. Prevalence and genetic variability of multidrug-resistant Escherichia coli isolated from meat sources in Japan, Christian Xedzro, Toshi Shimamoto, Tadashi Shimamoto, ASM Microbe 2022, 2022年06月11日, 通常, 英語, American Society for Microbiology, Washington, DC, USA
  5. HapR phylogeny and sequence polymorphisms influence biofilm formation of Vibrio cholerae, Jant Cres Caigoy, Toshi Shimamoto, Asish Kumar Mukhopadhyay, Sumio Shinoda, Tadashi Shimamoto, ASM Microbe 2022, 2022年06月11日, 通常, 日本語, American Society for Microbiology, Washington, DC, USA
  6. Molecular profiling of CTX-M and TEM type β-lactamases, and class 1 integrons in retail chicken meat portions in Japan, Christian Xedzro, Toshi Shimamoto, Tadashi Shimamoto, 第95回日本細菌学会総会, 2022年03月29日, 通常, 英語, 日本細菌学会, オンライン
  7. Sequence polymorphism in hapR of Vibrio cholerae affects biofilm formation under aerobic and anaerobic conditions, Jant Cres Caigoy, Toshi Shimamoto, Asish Kuma Mukhopadhyay, Sumio Shinoda, Tadashi Shimamoto, 第74回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2021年10月09日, 通常, 日本語, オンライン
  8. Sequence mutations in Vibrio cholerae hapR affects gene function and biofilm formation, Jant Cres Caigoy, Toshi Shimamoto, Asish Kumar Mukhopadhyay, Sumio Shinoda, Tadashi Shimamoto, 第95回日本細菌学会総会, 2022年03月29日, 通常, 日本語, 日本細菌学会
  9. 下水放流水由来の薬剤耐性菌の解析, 中本 佳子,島本 敏,菅原 庸,菅井 基行,島本 整, 第95回日本細菌学会総会, 2022年03月29日, 通常, 日本語, 日本細菌学会, Web開催(オンデマンド)
  10. 市販野菜由来の薬剤耐性菌の解析, 島本 敏,菅原 庸,菅井 基行,島本 整, 第95回日本細菌学会総会, 2022年03月29日, 通常, 日本語, 日本細菌学会, Web開催(オンデマンド)
  11. 国産野菜より単離したカルバペネマーゼ産生Klebsiella pneumoniaeとAcinetobacter baumanniiの解析, Ahmed M.Soliman、成谷宏文、田中大貴、于 連升、久恒順三、鹿山鎭男、近藤恒平、菅井基行、島本 敏、島本 整, 第42回日本食品微生物学会学術総会, 2021年09月21日, 通常, 日本語, 日本食品微生物学会事務局, WEB開催(オンデマンド配信)
  12. 市販野菜・果物由来の薬剤耐性菌の検出と解析, 島本 整, 第47回動物用抗菌剤研究会シンポジウム, 2021年04月24日, 招待, 日本語, 動物用抗菌剤研究会, リモート開催
  13. カキタンニンの抗ウイルス作用と衛生管理製品への応用, 島本 整, 第94回日本細菌学会総会, 2021年03月25日, 招待, 日本語, 日本細菌学会, オンライン
  14. Vibrio mimicusのレトロンの構造と水平伝播の可能性, 島本 敏,石田洋二郎,成谷宏文,○島本 整, 第94回日本細菌学会総会, 2021年03月23日, 通常, 日本語, 日本細菌学会, オンライン
  15. 植物素材の抗ウイルス作用とノロウイルス制御による食中毒予防, 島本 整, アフリカセミナー「アフリカで学ぼう!」2020年度 大学の世界展開力強化事業(アフリカ), 2021年03月17日, 招待, 日本語, 広島大学国際部, 広島大学東広島キャンパス(東広島市)
  16. GusAレポーターシステムを利用したコレラ菌レトロンの発現解析, 成谷 宏文,張 吟可,Ahmed M. Soliman, 島本 敏,○島本 整, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月04日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会, オンライン
  17. Biocontrol of Clostridium perfringens by using Two Types of Specific Endolysins, 成谷宏文,岡田真歩,玉井栄治,関谷洋志,島本 敏,島本 整, 第93回日本細菌学会総会, 2020年02月20日, 通常, 英語, 日本細菌学会, 名古屋市
  18. Analysis of Physiological Functions of galR-lacZ Cluster in Vibrio cholerae, 2019年12月11日, 通常, 英語, 日米コレラ部会, 大阪府吹田市
  19. カカオ豆の細菌汚染状況の解析, 島本 整, 島本 敏,上野 聡,佐藤 清隆,成谷 宏文,島本 整, 第40回日本食品微生物学会, 2019年11月28日, 通常, 日本語, 第40回日本食品微生物学会学術総会事務局, 東京都
  20. First report of Klebsiella pneumoniae co-producing NDM-1 and VIM-1 carbapenemases from a meat sample in Japan, Tadashi Shimamoto, Tadashi Shimamoto, Joint Event on 4th International Conference on APPLIED MICROBIOLOGY, ANTIBIOTICS, ANTIMICROBIALS AND BENEFICIAL MICROBES, 2019年05月20日, 招待, 英語
  21. Carbapenemase-producing Gram-negative bacteria in Egypt: untreatable epidemic superbugs, Ahmed M. Soliman, 成谷 宏文, 島本 敏, 島本 整, 第92回日本細菌学会総会, 2019年04月23日, 通常, 英語, 日本細菌学会, 札幌市
  22. First Report of VIM-producing Enterobacter cloacae and Pseudomonas aeruginosa from Food in Egypt, Mustafa A. Sadek, Ahmed M. Soliman, 成谷 宏文, 島本 敏, 島本 整, 第92回日本細菌学会総会, 2019年04月23日, 通常, 英語, 日本細菌学会, 札幌市
  23. First Detection of NDM-1-Producing Klebsiella pneumoniae from Retail Vegetable in Japan, 成谷 宏文, Ahmed M. Soliman, 島本 敏, 島本 整, 第92回日本細菌学会総会, 2019年04月23日, 通常, 英語, 日本細菌学会, 札幌市
  24. ノロウイルス感染症と検出法, 島本 整, 第29回生物試料分析科学会年次学術集会, 2019年02月10日, 招待, 日本語, 生物試料分析科学会, 岡山市

受賞

  1. 2020年09月02日, 第28回生物工学論文賞, 日本生物工学会
  2. 2002年04月, 日本細菌学会黒屋奨学賞, 日本細菌学会, 細菌逆転写酵素およびmsDNAの構造と機能に関する研究
  3. 2008年07月, 共同研究・技術移転功労賞, 中国地域産学官コラボレーションセンター中国経済連合会会長、中国経済産業局長長尾 正彦独立行政法人産業技術総合研究所中国センター所長, 「抗ノロウイルス作用を示す柿渋含有のエタノール製剤/食品添加物の開発」に関する研究
  4. 2013年04月08日, 第25回「中小企業優秀新技術・新製品賞」産学官連携特別賞, りそな中小企業振興財団理事長,日刊工業新聞社取締役社長

取得

  1. 特許権, 6709030, 2020年05月26日, 抗ノロウイルス剤
  2. 特許権, CN:ZL200880019726.2, 2012年07月18日, 抗ノロウイルス剤およびこれを含有する組成物
  3. 特許権, 5092145, 2012年09月28日, 抗ノロウイルス剤およびこれを含有する組成物
  4. 特許権, US:8431168, 2013年04月30日, 抗ノロウイルス剤およびこれを含有する組成物
  5. 特許権, CA:2687172, 2013年09月03日, 抗ノロウイルス剤およびこれを含有する組成物
  6. 特許権, 5421901, 2013年11月29日, エンテロウイルス属の非エンベロープウイルスに対する抗ウイルス剤および抗ウイルス用組成物
  7. 特許権, EP:2153838, 2014年01月08日, 抗ノロウイルス剤およびこれを含有する組成物
  8. 特許権, 5571577, 2014年07月04日, A型インフルエンザウイルス属のエンベロープウイルスに対する抗ウイルス性衛生用繊維製品
  9. 特許権, US:8790718, 2014年07月29日, 抗ノロウイルス剤およびこれを含有する組成物
  10. 12862, 2014年06月18日, 抗ノロウイルス剤およびこれを含有する組成物
  11. 5670201, 2014年12月26日, A型インフルエンザウイルス属のエンベロープウイルスに対する抗ウイルス剤および抗ウイルス用組成物
  12. 特許権, 6047812, 2016年12月02日, カリン等抽出物を有効成分とする非エンベロープウイルスに対する抗ウイルス剤
  13. 特許権, 9445605, 2016年/9月/2日, 抗ウイルス剤および抗ウイルス用組成物
  14. 特許権, 6047812, 2016年/1月2/日, カリン等抽出物を有効成分とするノロウイルス属に属する非エンベロープウイルスに対する抗ウイルス剤
  15. 特許権, 2719358, 2017年/1月0/日, 抗ウイルス剤および抗ウイルス用組成物

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), レトロンとmsDNAによるビブリオ属細菌の病原性発現調節ネットワークの解析, 2021年04月01日, 2024年03月31日
  2. 令和3年度食品健康影響評価技術研究, 令和3年度食品健康影響評価技術研究「家畜由来薬剤耐性菌の水圏・土壌環境を介した野菜汚染の定量評価及びヒトへの伝播に関する研究」, 2021年04月01日, 2022年03月31日
  3. 令和2年度食品健康影響評価技術研究, 令和2年度食品健康影響評価技術研究「家畜由来薬剤耐性菌の水圏・土壌環境を介した野菜汚染の定量評価及びヒトへの伝播に関する研究」, 2020年04月01日, 2021年03月31日
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), レトロンとmsDNAによる病原性発現制御とゲノム進化における役割, 2013年, 2015年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 逆転写酵素遺伝子を含むレトロンによる病原性発現調節と 可動性遺伝因子としての役割, 2010年, 2012年
  6. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 逆転写酵素遺伝子を含むレトロンによる病原性発現調節とゲノム多様性との関係, 2008年, 2009年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 転移性遺伝因子による病原細菌の多剤耐性化機構, 2006年, 2007年
  8. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 病原細菌のゲノム進化におけるレトロンとインテグロンの役割, 2004年, 2004年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 病原細菌における逆転写酵素遺伝子とレトロエレメントの機能解析, 2003年, 2004年
  10. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 病原細菌のゲノム進化における逆転写酵素とレトロエレメントの役割, 2003年, 2003年
  11. 科学研究費助成事業(特定領域研究(C)), 細胞内アンチセンスDNA発現ベクターの開発とがんの遺伝子治療への応用, 2001年, 2001年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ビブリオ感染症における新規病原因子としての逆転写酵素とcDNA産物の役割, 2001年, 2002年
  13. 科学研究費助成事業(特定領域研究(C)), 細胞内アンチセンスDNA発現ベクターの開発とがんの遺伝子治療への応用, 2000年, 2000年
  14. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 細菌鞭毛レギュロンを制御するアンチ・シグマ因子輸送スイッチ装置の分子基盤の解明, 1999年, 2001年
  15. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 細菌逆転写酵素とcDNA産物による病原細菌進化の分子メカニズム解明, 1999年, 2000年
  16. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 細菌細胞の薬剤排出系と無機イオン排出系の構造、排出機構および制御機構, 1997年, 1999年
  17. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 細胞内で合成した一本鎖DNAによる新規遺伝子発現制御法の開発, 1997年, 1998年
  18. 科学研究費助成事業(国際学術研究), ポリメラーゼによるヌクレオシドアナログの取り込みと突然変異, 1997年, 1997年
  19. 科学研究費助成事業(国際学術研究), 細胞膜における能動輸送系の構造、機能および分子機構の統一性と多様性, 1997年, 1998年
  20. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 細菌細胞逆転写酵素によるcDNA合成機構とアンチセンスDNAによる遺伝子発現制御, 1996年, 1996年
  21. 科学研究費助成事業(国際学術研究), ヌクレオシド・アナログによる突然変異誘起とその機構, 1996年, 1996年
  22. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), サルモネラ属菌由来のクエン酸輸送タンパク質の精製と高次構造の解析, 1995年, 1995年
  23. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 腸炎ビブリオと黄色ブドウ球菌におけるイオン輸送系の特徴, 1995年, 1996年
  24. 科学研究費助成事業(国際学術研究), 能動輸送系におけるエネルギー共役の分子機構, 1994年, 1996年
  25. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 細菌細胞由来の逆転写酵素を用いた機能解析と新規阻害剤の開発, 1994年, 1994年
  26. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 中枢神経系の構造と機能に関する遺伝子発現レベルからの解析, 1986年, 1987年
  27. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), VBNC状態の食中毒起因菌の検出法と培養可能状態への復帰条件の探索, 2016年, 2017年
  28. 戦略的基盤技術高度化・連携支援事業(戦略的基盤技術高度化支援事業), 生食用カキ類のノーウォークウイルス積極的失活化による浄化技術の研究開発, 2018年09月13日, 2019年03月31日
  29. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 逆転写酵素遺伝子を含むレトロンによるコレラ菌の病原性発現調節機構の解析, 2018年, 2020年
  30. 戦略的基盤技術高度化・連携支援事業(戦略的基盤技術高度化支援事業), 生食用カキ類のノーウォークウイルス積極的失活化による浄化技術の研究開発, 2019年04月01日, 2020年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 運営委員, 2022年04月, 2023年03月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  2. 評議員, 2019年, 日本細菌学会中国四国支部
  3. 評議員, 2021年, 日本細菌学会中国四国支部
  4. 評議員, 2021年, 日本細菌学会中国四国支部
  5. 評議員, 2021年06月, 2023年05月, 日本防菌防黴学会
  6. 評議員, 2021年06月, 2023年05月, 日本防菌防黴学会
  7. 運営委員, 2021年04月, 2021年03月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  8. 評議員, 2020年01月, 2022年12月, 日本食品微生物学会
  9. 評議員, 2020年01月, 2022年12月, 日本食品微生物学会
  10. 評議員, 2020年01月, 2022年12月, 日本食品微生物学会
  11. 運営委員, 2019年10月, 2021年03月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  12. 評議員, 2019年06月, 2021年05月, 日本防菌防黴学会
  13. 評議員, 2019年06月, 2021年05月, 日本防菌防黴学会
  14. 参与, 2019年04月, 2021年03月, 日本農芸化学会中四国支部
  15. 評議員, 2019年, 日本細菌学会中国四国支部
  16. 評議員, 2018年, 日本細菌学会中国四国支部
  17. 評議員, 2017年06月, 2019年05月, 日本防菌防黴学会
  18. 参与, 2017年04月, 2019年03月, 日本農芸化学会中四国支部
  19. 評議員, 2017年, 日本細菌学会中国四国支部
  20. 参与, 2015年04月, 2017年03月, 日本農芸化学会中四国支部
  21. 参与, 2013年04月, 2015年03月, 日本農芸化学会中四国支部
  22. 評議員, 2020年, 日本細菌学会中国四国支部
  23. 参与, 2021年04月, 2023年03月, 日本農芸化学会中四国支部
  24. 参与, 2021年04月, 2023年03月, 日本農芸化学会中四国支部

学術会議等の主催

  1. 第70回日本細菌学会中国・四国支部総会, 総会長, 2017年10月, 2017年10月
  2. 第47回腸炎ビブリオシンポジウム, 代表世話人, 2013年11月, 2013年11月
  3. 2nd World Congress and Exhibition on Antibiotics, 組織委員会, 2015年01月, 2015年09月