安嶋 紀昭Noriaki Ajima

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
メールアドレス
ajimahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
 古代から中世に至る日本絵画史と、それに関係する朝鮮半島から中央アジアまでの東洋美術史を主たる教育・研究領域とする。現存遺例に即して、X線写真や赤外線写真などの光画像計測法を応用した調査を実施し、印象論を排した客観的データに基づく表現や技法の解明を復元的に行い、文化財の歴史上における存在意義を考究して文献史学の限界を超えた真の文化史を構築する。

基本情報

学位

  • 博士(文学) (広島大学)
  • 文学修士 (学習院大学)

教育担当

  • 【学士課程】 文学部 : 人文学科 : 地理学・考古学・文化財学プログラム
  • 【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 人文学プログラム
  • 【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 人文学プログラム

研究分野

  • 人文学 / 芸術学 / 美術史

研究キーワード

  • 仏画

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 2ターム, 地理・考古・文化財の世界
  2. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  3. 2022年, 学部専門, 4ターム, 文化財学入門
  4. 2022年, 学部専門, 2ターム, 日本美術史学応用研究
  5. 2022年, 学部専門, 1ターム, 東洋美術史学基礎研究
  6. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 文化財学基礎実習Ⅰ
  7. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 文化財学基礎実習Ⅱ
  8. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 文化財学発展実習Ⅰ
  9. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 文化財学発展実習Ⅱ
  10. 2022年, 学部専門, 2ターム, 文化財学基礎演習AⅠ
  11. 2022年, 学部専門, 1ターム, 文化財学発展演習AⅡ
  12. 2022年, 学部専門, 1ターム, 文化財学特別演習AⅠ
  13. 2022年, 学部専門, 4ターム, 文化財学特別演習AⅡ
  14. 2022年, 学部専門, 4ターム, Introduction to Humanities
  15. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文指導A
  16. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文指導B
  17. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 有形文化財研究法Ⅱ
  19. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 有形文化財解析演習Ⅰ
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 有形文化財解析演習Ⅱ
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  22. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  23. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  24. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The Hoshino wooden skeleton, the first wooden model of a human skeleton, made during the Edo era in Japan, ANATOMICAL SCIENCE INTERNATIONAL, 82巻, 1号, pp. 38-45, 200703
  2. 東広島市福成寺の絵画遺例, 広島大学文学部内海文化研究施設,内海文化研究, 29号, pp. 31-48, 20010301
  3. 研究資料『不動雑記』, 密教図像学会,『密教図像』, 18号, pp. 17-46, 19991201
  4. 有志八幡講十八箇院所蔵五大力菩薩画像の調査研究, 財団法人鹿島美術財団,鹿島美術研究, 13号, pp. 655-665, 19961101
  5. 鎌倉時代黄不動尊画像の一遺例, 東京国立博物館,MUSEUM, 504号, pp. 7-10・57-84, 19960401
  6. 金色不動明王画像の研究-根本像と曼殊院本-, 東京国立博物館,東京国立博物館紀要, 29号, pp. 5-176, 19940301
  7. 台密の焔魔天曼荼羅について, 東京国立博物館,MUSEUM, 487号, pp. 1・4-25, 19911001
  8. 光学的方法による高野山霊宝館保管阿弥陀聖衆来迎図の基礎的研究, 財団法人福武学術文化振興財団,財団法人福武学術文化振興財団平成元年度年報, pp. 27-33, 19900801
  9. ★, 西禅院所蔵阿弥陀浄土図について, 毎日新聞社,仏教芸術, 169号, pp. 1?5・11?48, 19861101
  10. 萬福寺所蔵二河白道図について, 浄土宗教学院,『佛教文化研究』, 47・48合併号, 20040901
  11. 絵画による空間の聖別, 国際日本文化研究センター,『国際シンポジウム18 聖なるものの形と場』, pp. 173-192, 20030301
  12. 重複のイマージュ, 大蔵出版,『頼瑜僧正七百年御遠忌記念論集 新義真言教学の研究』, pp. 857-874, 20021001
  13. 東広島市福成寺の絵画遺例, 内海文化研究紀要, 29号, pp. 31-48, 2001
  14. 医人伝 江戸時代に制作された木骨について(1)星野木骨, 広島医学, 67巻, 1号, pp. 67-73, 201401

著書等出版物

  1. 2022年04月08日, 湖東三山西明寺国宝本堂内陣柱絵の研究, 溪水社, 2022年, 04, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 英語, 安嶋紀昭, 髙間由香里, 978-4-86327-587-4, 96, 1-96
  2. 2001年10月, ★秘仏金色不動明王画像, 朝日新聞社, 2001年, 10, 単行本(学術書), 単著, 4023402060, 186
  3. 2004年03月, 鶴林寺太子堂内陣荘厳画の図様について-四天柱の諸尊と聖徳太子壁画- , 法蔵館,『聖なるものの形と場』, 2004年, 03, 単行本(学術書), 共著, 頼富本宏 松長有慶 , 664
  4. 2005年02月, ★備後の浄土 明王院, 渓水社, 2005年, 02, 単行本(学術書), 単著, 4874408656, 156
  5. 1997年08月, ★国宝阿弥陀聖衆来迎図, 高野山霊宝館, 1997年, 08, 単行本(学術書), 単著, 178
  6. 1999年07月, 国宝仏涅槃図~応徳三年銘~ , 高野山霊宝館, 1999年, 07, 単行本(学術書), 共著, 井筒信隆 , 198
  7. 2007年08月, 鶴林寺叢書1 鶴林寺太子堂とその美 , 法蔵館, 2007年, 08, 単行本(学術書), 共編著, 幹 栄盛 金子 哲 山岸 常人 上島 亨 根立 研介 , 9784831822123, 66
  8. 1997年03月, 東寺の五大尊十二天 その美しき対照-大治本と建久本- , 東寺宝物館, 1997年, 03, 単行本(学術書), 単著, 208
  9. 2000年05月, 空海時代の密教絵画 , 春秋社,シリーズ密教, 2000年, 05, 単行本(学術書), 共著
  10. 2012年04月, ★石山寺の美術―常楽会本尊画像の研究, 法蔵館, 2012年, 04, 単行本(学術書), 単著, 4831872830, 151
  11. 2012年10月, 鶴林寺叢書4鶴林寺信仰の諸相, 法蔵館, 2012年, 10, 単行本(学術書), 共著, 9784831822154, 72
  12. 2015年01月, 法然上人聚英, 浄土宗, 2015年, 01, 単行本(学術書), 共著, 日, 高間由香里/土井通弘/伊藤唯真/中井眞孝, 9784883630776

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 国宝西明寺本堂の柱絵, 安嶋紀昭, 髙間由香里, 日仏美術史研究会, 2021年10月04日, 招待, 日本語, パリ大学, オンライン
  2. 仏教絵画を本当にわかりたい人のための講座, 安嶋 紀昭, 第771回浅草寺仏教文化講座, 2020年02月19日, 通常, 日本語, 浅草寺, 丸の内マイプラザホール, 文化財から歴史の真実を読み解く。
  3. 普賢延命像(尾道市 持光寺), 安嶋 紀昭, 2019年11月18日, 招待, 日本語, 尾道市教育委員会, 持光寺, 文化財から歴史の真実を読み解く。
  4. 絵画遺例に見る感得の諸相, 安嶋 紀昭, 国際日本文化研究センターシンポジウム聖なるものの形と場, 2000年11月, 招待, 日本語
  5. 画像による空間の聖別, 安嶋 紀昭, 国際日本文化研究センターシンポジウム聖なるものの形と場, 2001年11月, 招待, 日本語
  6. 「法然とその時代の人たち」, 安嶋 紀昭, シンポジウム「法然とその時代の人たち」, 2010年12月, 招待, 日本語
  7. 日本美術史の新しい夜明け, 安嶋紀昭, 2015年12月14日, 招待, 日本語, ディドロ大学, フランス パリ
  8. 日本古代中世仏教絵画に関する再考察, 安嶋紀昭, 2016年01月07日, 招待, 日本語, 国立東洋言語文化研究所, フランス パリ
  9. 日本仏教絵画史入門, 2017年03月02日, 招待
  10. 宝土寺所蔵不動明王二童子像について, 安嶋紀昭, 日本印度学仏教学会第68回学術大会, 2017年09月03日, 通常, 日本語, 日本印度学仏教学会, 花園大学, 新発見の宝土寺所蔵不動明王二童子像が、1200年頃、台密寺門派総本山園城寺で、大僧正真円により、不動明王独尊像と聖無動尊決秘要義に基づく円珍将来の異色ある二童子像を組み合わせて制作された、極めて珍しい作品であることを論証。山寺両門の座主争い、あるいは寺門派長吏争いに関わる修法に供した可能性を指摘。
  11. 応徳涅槃図, 安嶋紀昭, 2017年11月21日, 招待, フランス語
  12. 大般涅槃経における涅槃の哲学, 安嶋紀昭, 2017年11月28日, 招待, フランス語
  13. 二河白道図-天台宗と浄土宗の確執-, 2017年12月05日, 招待, フランス語
  14. 阿弥陀聖衆来迎図, 2017年12月12日, 招待, フランス語
  15. 暗黙裏に隠された第二の意図, 2018年01月11日, 招待, フランス語
  16. 9世紀から13世紀における日中絵画表現の比較, 安嶋 紀昭, 2018年11月12日, 招待, フランス語, ディドロ大学, フランス

社会活動

委員会等委員歴

  1. 国宝智証大師関係文書典籍保存活用専門委員会, 2021年12月, 園城寺
  2. 尾道市史編集委員会専門部会(文化財)委員, 2022年04月, 2023年03月, 尾道市
  3. 広島市文化財審議会委員, 2021年04月, 2023年03月, 広島市教育委員会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 文化財の保存管理に関する指導, 助言・指導