作田 智彦TOMOHIKO SAKUDA

Last Updated :2021/02/02

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
saakuudahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
広島大学整形外科の骨軟部腫瘍における臨床、基礎を専門としています。臨床では手術だけでなく化学療法にも精通しています。基礎では腫瘍溶解性ウイルス等を用いて悪性腫瘍の治療について研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2020年04月, 広島大学整形外科, 助教
  • 2010年04月, 2012年03月, 松山赤十字病院, 臨床研修医
  • 2012年04月, 2014年03月, 広島市立広島市民病院, 整形外科医師
  • 2014年04月, 2016年03月, 済生会呉病院, 整形外科医師
  • 2016年04月, 2020年03月, 広島大学病院整形外科, クリニカルスタッフ

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 博士課程医歯薬学専攻, 日本, 2016年04月, 2020年03月
  • 愛媛大学, 医学科, 医学部, 日本, 2004年04月, 2010年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 整形外科学

研究キーワード

  • 骨肉腫
  • 腫瘍溶解性ウイルス
  • 整形外科

所属学会

  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 中国・四国整形外科学会
  • 日本整形外科学会

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Development of an Oncolytic Recombinant Vesicular Stomatitis Virus Encoding a Tumor-suppressor MicroRNA, Anticancer Research, 40巻, 11号, pp. 6319-6325, 202011
  2. ★, Novel Near-Infrared Fluorescence-Guided Surgery With Vesicular Stomatitis Virus for Complete Surgical Resection of Osteosarcomas in Mice., Journal of Orthopaedic Research, 37巻, 5号, pp. 1192-1201, 2019
  3. Rapidly growing Fibro-osseous pseudotumor of the digit A case report, Medicine (Baltimore), 99巻, 28号, 20200710
  4. Metastatic Tumor Cells Detection and Anti-Metastatic Potential with Vesicular Stomatitis Virus in Immunocompetent Murine Model of Osteosarcoma., 36巻, 9号, pp. 2562-2569, 2018
  5. Effect of Continuous Compression Stimulation on Pressure-Pain Threshold and Muscle Spasms in Older Adults With Knee Osteoarthritis: A Randomised Trial., J Manipulative Physiol Ther, 41巻, 4号, pp. 315-322, 2018
  6. A meta-analysis supports core needle biopsy by radiologists for better histological diagnosis in soft tissue and bone sarcomas., Medicine (Baltimore), 97巻, 29号, 2018
  7. Conventional 99mTc-(hydroxy) methylene dishosphate remains useful to predict osteosarcoma response to neoadjuvant chemotherapy: Individual patient data and aggregate data meta-analyses., Medicine (Baltimore), 97巻, 51号, 2018
  8. Coexistence of giant cell tumor of tendon sheath and enchondroma in the middle phalanx of the little finger mimicking a malignant tumor: A case report., Oncology Letters, 17巻, 2号, pp. 1969-1973, 2019

著書等出版物

  1. 2020年,1月, 関節外科, 見逃しやすい軟部腫瘍, 悪性軟部腫瘍、MRI、生検, メジカルビュー社, 2020年, 10, 教科書, 共著, 作田智彦、久保忠彦, 14-23
  2. 2019年, 別冊整形外科【整形外科診療における最先端技術】, 手術支援 術中MRIを用いた骨・軟部腫瘍手術への新たな試み, 単行本(学術書), 共著, 古田太輔、久保忠彦、作田智彦、斎藤太一、安達伸生, 186-189

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 2019年03月08日, 招待, 英語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 一般財団法人緑風会教育研究奨励賞(若手研究者助成金), Tumor-suppressor microRNA導入組換え腫瘍溶解性ウイルスの抗腫瘍効果, 2019年04月, 2020年03月

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, 安芸市民病院
  2. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, 医療法人メディカルパーク野村病院
  3. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, ヒロシマ平松病院
  4. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, 医療法人社団輔仁会太田川病院