今村 拓也TAKUYA IMAMURA

Last Updated :2022/09/29

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 教授
ホームページ
メールアドレス
timamurahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
ほ乳類におけるノンコーディングRNAによるエピゲノム制御とそれによる種間多様性発現メカニズムを解く研究を推進している

基本情報

主な職歴

  • 2020年04月, 9999年, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 教授
  • 2015年07月, 2020年03月, 九州大学, 医学研究院, 准教授
  • 2013年04月, 2015年06月, 九州大学, 医学研究院, 助教
  • 2012年04月, 2013年03月, 京都大学, 理学研究科生物科学専攻, 研究員
  • 2008年03月, 2012年03月, 京都大学, 理学研究科生物科学専攻, グローバルCOE准教授
  • 2007年04月, 2008年02月, 基礎生物学研究所 助教
  • 2004年02月, 2007年03月, 基礎生物学研究所 助手
  • 2003年04月, 2004年02月, 日本学術振興会海外特別研究員(仏・ジャックモノー研究所)
  • 2002年04月, 2003年03月, ポストドクトラルフェロー(仏・ジャックモノー研究所)
  • 2000年01月, 2002年03月, 日本学術振興会特別研究員(東京大学大学院農学生命科学研究科)

学歴

  • 東京大学, 大学院農学生命科学研究科, 獣医学専攻博士課程, 日本, 1997年04月, 2001年03月
  • 東京大学, 農学部獣医学科, 日本, 1991年04月, 1997年03月

研究キーワード

  • ncRNA
  • lncRNA
  • pancRNA
  • 神経幹細胞
  • ノンコーディングRNA
  • 進化
  • 生物多様性
  • 非コードRNA
  • エピジェネティクス
  • DNAメチル化
  • 性分化

所属学会

  • 日本獣医学会
  • 日本畜産学会
  • 日本エピジェネティクス研究会
  • 日本分子生物学会
  • 日本発生生物学会
  • 日本繁殖生物学会
  • 日本神経科学学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 1ターム, 生物の世界[1生]
  2. 2022年, 教養教育, 3ターム, 生物学入門
  3. 2022年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  4. 2022年, 学部専門, 1ターム, 生物科学セミナー
  5. 2022年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  6. 2022年, 学部専門, 2ターム, 動物生理学B
  7. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 分子生理学演習
  8. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  9. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  10. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験II
  11. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  12. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学特別講義(ほ乳類の感覚神経回路の発達と機能・疾患)
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎生物学特別演習A
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎生物学特別演習A
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎生物学特別演習B
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎生物学特別演習B
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 基礎生物学特別研究
  18. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  19. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー A
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学セミナー B
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 先端生命技術概論
  22. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 疾患モデル生物概論
  23. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生命医科学特別演習A
  24. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生命医科学特別演習A
  25. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命医科学特別演習B
  26. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生命医科学特別演習B
  27. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生命医科学特別研究
  28. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生命医科学特別講義(ほ乳類の感覚神経回路の発達と機能・疾患)
  29. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーC
  30. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  31. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーD
  32. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 生命医科学セミナーE

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. SoxE group transcription factor Sox8 promotes astrocytic differentiation of neural stem/precursor cells downstream of Nfia, Pharmacology Research and Perspectives, 20211022
  2. Neural stem/precursor cells dynamically change their epigenetic landscape to differentially respond to BMP signaling for fate switching during brain development, Genes and Development, 20211021
  3. Neuronal activation modulates enhancer activity of genes for excitatory synaptogenesis through de novo DNA methylation, Journal of Reproduction and Development, 20211007
  4. The evolutionary acquisition and mode of functions of promoter-associated non-coding RNAs (pancRNAs) for mammalian development, Essays in Biochemistry, pp. EBC20200143, 20210730
  5. Generation of ovarian follicles from mouse pluripotent stem cells., Science, 373巻, 6552号, pp. eabe0237, 20210716
  6. MeCP2 controls neural stem cell fate specification through miR-199a-mediated inhibition of BMP-Smad signaling., Cell Reports, 35巻, pp. 109124, 20210518
  7. Inducible Kiss1 knockdown in the hypothalamic arcuate nucleus suppressed pulsatile secretion of luteinizing hormone in male mice., The Journal of reproduction and development, 66巻, pp. 369, 20200426
  8. Conditional kisspeptin neuron-specific Kiss1 knockout with newly generated Kiss1-floxed and Kiss1-Cre mice replicates a hypogonadal phenotype of global Kiss1 knockout mice., The Journal of reproduction and development, 66巻, pp. 359, 20200420
  9. Modeling of early neural development in vitro by direct neurosphere formation culture of chimpanzee induced pluripotent stem cells., Stem cell research, 44巻, pp. 101749, 2020
  10. Pioneer Factor NeuroD1 Rearranges Transcriptional and Epigenetic Profiles to Execute Microglia-Neuron Conversion., Neuron, 101巻, 3号, pp. 472-485, 20190206
  11. Epigenetic regulation of neural stem cell differentiation towards spinal cord regeneration, Cell and Tissue Research, 371巻, 1号, pp. 189-199, 20180101
  12. DNA Methylome Analysis Identifies Transcription Factor-Based Epigenomic Signatures of Multilineage Competence in Neural Stem/Progenitor Cells, CELL REPORTS, 20巻, 12号, pp. 2992-3003, 201709
  13. Evolutionary acquisition of promoterassociated non-coding RNA (pancRNA) repertoires diversifies species-dependent gene activation mechanisms in mammals, BMC GENOMICS, 18巻, 1号, pp. 285, 201704
  14. Detection of bidirectional promoter-derived lncRNAs from small-scale samples using pre-amplification-free directional RNA-seq method, Methods in Molecular Biology, 1605巻, pp. 83-103, 2017
  15. Manipulation of promoter-associated noncoding RNAs in mouse early embryos for controlling sequence-specific epigenetic status, Methods in Molecular Biology, 1543巻, pp. 271-282, 2017
  16. Reconstitution in vitro of the entire cycle of the mouse female germ line, NATURE, 539巻, 7628号, pp. 299-+, 201611
  17. Bidirectional promoters link cAMP signaling with irreversible differentiation through promoter-associated non-coding RNA (pancRNA) expression in PC12 cells, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 44巻, 11号, pp. 5105-5122, 201606
  18. miR-199a Links MeCP2 with mTOR Signaling and Its Dysregulation Leads to Rett Syndrome Phenotypes, CELL REPORTS, 12巻, 11号, pp. 1887-1901, 201509
  19. Gene activation-associated long noncoding RNAs function in mouse preimplantation development, DEVELOPMENT, 142巻, 5号, pp. 910-920, 201503
  20. Identification of Hypothalamic Arcuate Nucleus-Specific Enhancer Region of Kiss1 Gene in Mice, MOLECULAR ENDOCRINOLOGY, 29巻, 1号, pp. 121-129, 201501
  21. Epigenetic setting and reprogramming for neural cell fate determination and differentiation, PHILOSOPHICAL TRANSACTIONS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES, 369巻, 1652号, 201409
  22. Roles of Epigenetics in the Neural Stem Cell and Neuron, Epigenetics in Psychiatry, pp. 51-78, 20140620
  23. Bidirectional promoters are the major source of gene activation-associated non-coding RNAs in mammals, BMC GENOMICS, 15巻, pp. 35, 201401
  24. Epigenetic regulation of Kiss1 gene expression mediating estrogen-positive feedback action in the mouse brain, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 109巻, 20号, pp. E1294-E1301, 201205
  25. Single-stranded Noncoding RNAs Mediate Local Epigenetic Alterations at Gene Promoters in Rat Cell Lines, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 286巻, 40号, pp. 34788-34799, 201110
  26. Epigenetic setting for long-term expression of estrogen receptor α and androgen receptor in cells., Hormones and behavior, 59巻, 3号, pp. 345-352, 201103
  27. Involvement of brain ketone bodies and the noradrenergic pathway in diabetic hyperphagia in rats, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 61巻, 2号, pp. 103-113, 201103
  28. Epigenetic processes in a tetraploid mammal, MAMMALIAN GENOME, 19巻, 6号, pp. 439-447, 200806
  29. Noncoding RNAによるエピジェネティック制御, 化学と生物, 45巻, pp. 211-8, 2007
  30. Dynamic CpG and non-CpG methylation of the Peg1/Mest gene in the mouse oocyte and preimplantation embryo, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 280巻, 20号, pp. 20171-20175, 200505
  31. Identification of genetic and epigenetic similarities of SPHK1/Sphk1 in mammals, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 66巻, 11号, pp. 1387-1393, 200411
  32. Non-coding RNA directed DNA demethylation of Sphk1 CpG island, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 322巻, 2号, pp. 593-600, 200409
  33. Essential role for poly (ADP-ribosyl)ation in mouse preimplantation development, BMC MOLECULAR BIOLOGY, 5巻, 4号, pp. 4, 200406
  34. Epigenetic marks by DNA methylation specific to stem, germ and somatic cells in mice, GENES TO CELLS, 7巻, 9号, pp. 961-969, 200209
  35. DNAメチル化による発生プログラム, Molecular Medicine(中山書店), 39巻, 7号, pp. 809-815, 2002
  36. CpG island of rat sphingosine kinase-1 gene: tissue-dependent DNA methylation status and multiple alternative first exons, GENOMICS, 76巻, 1-3号, pp. 117-125, 200108
  37. Generation and characterization of a monoclonal antibody recognizing a fetal brain enriched O-linked sialoglycoprotein, FOG100, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 124巻, 3号, pp. 534-539, 199809
  38. Molecular cloning of rat leukemia inhibitory factor receptor alpha-chain gene and its expression during pregnancy, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENE STRUCTURE AND EXPRESSION, 1353巻, 3号, pp. 266-276, 199709

著書等出版物

  1. 2021年08月21日, Roles of epigenetics in the neural stem cell and neuron. In: Jacob Peedicayil, Dennis Grayson, Dimitri Avramopoulos (eds) Epigenetics in Psychiatry, Academic Press, 英語, Naoki Yamamoto, Masahiro Uesaka, Takuya Imamura, Kinichi Nakashima, 978-0-12-823577-5, 816, 53-85

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ヒト特異的プロモーターノンコーディングRNA(pancRNA)の獲得による神経幹細胞機能の変遷, 今村拓也, 第76回日本人類学会大会・第38回日本霊長類学会大会連合大会シンポジウム, 2022年09月18日, 通常, 日本語, 京都
  2. ヒト特異的ノンコーディングRNAによるてんかん関連遺伝子EFHC1転写活性化を介した神経幹細胞制御, 西田壮汰、安博洋、槇村有紗、森下文浩、今村拓也, 第115回日本繁殖生物学会大会, 2022年09月13日, 通常, 日本語
  3. ヒト神経幹細胞の増殖におけるProtogeninの関与及びその発現制御因子の探索, 岸田尚之、安博洋、飽田寛人、西田壮汰、森下文浩、仲井理沙子、今村公紀、今村拓也, 第115回日本繁殖生物学会大会, 2022年09月13日, 通常, 日本語
  4. The human-specific pancTMEM25-TMEM25, a molecular pair involved in the expansion of the cerebral cortex, Boyang An, Akari Ando, Fumihiro Morishita, Takuya Imamura, 第115回日本繁殖生物学会大会, 2022年09月13日, 通常, 英語
  5. Differential regulation of human and mouse neural stem cells mediated by species-specific promoter-associated non-coding RNAs (pancRNAs), Takuya Imamura, Boyang An, Akari Ando, Arisa Makimura, Mayuri Tokunaga, Tatsuya Ueki, Fumihiro Morishita, Neuro2022(第45回日本神経科学大会・第65回日本神経化学会大会・第32回日本神経回路学会大会), 2022年07月02日, 通常, 英語, 宜野湾市
  6. ヒト・チンパンジーiPS細胞分化系のトランスクリプトーム比較による神経幹細胞発生における機能的種差の推定, 飽田 寛人、仲井 理沙子、平田 真由、一柳 健司、今村 公紀、今村 拓也, 第15回エピジェネティクス研究会年会, 2022年06月09日, 通常, 日本語, 福岡
  7. Human-specific pancCD63-CD63 pair contribute to the generation of basal neural progenitors forevolutionary expansion of cerebral cortex, Boyang An, Tomonori Kameda, Takuya Imamura, 第55回日本発生生物学会大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 金沢
  8. UCP2/Ucp2 can control the number of neural stem/progenitor cells to differentiate mouse and human brain development, Akari Ando, Boyang An, Mayuri Tokunaga, Arisa Makimura, Fumihiro Morishita,Tomonori Kameda, Takuya Imamura, 第55回日本発生生物学会大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 金沢
  9. 動物種特異的プロモーターノンコーディングRNA(pancRNA)による神経幹細胞動態制御, 今村拓也, 第15回神経発生討論会, 2022年03月20日, 通常, 日本語
  10. 霊長類特異的プロモーターノンコーディングRNA(pancRNA)の獲得による神経幹細胞機能の変遷, 今村拓也, 第21回日本再生医療学会総会シンポジウム, 2022年03月17日, 通常, 日本語
  11. スジキレボヤVanabinXのバナジウム還元促進活性, 植木龍也,Tri Kustono Adi,森下文浩,今村拓也, 令和3年度日本動物学会中国四国支部広島県例会, 2022年03月08日, 通常, 日本語
  12. 福島第一原発周辺で生殖の季節性を喪失した巻貝の中枢神経系における神経ペプチド前駆体の発現解析, 森下文浩,堀口敏宏,植木龍也,今村拓也, 2021年度中国四国動物生理シンポジウム, 2021年12月18日, 通常, 日本語
  13. スジキレボヤの鰓におけるバナジウムの取り込みと共生細菌の関係, 仁ノ内唯,森下文浩,今村拓也,植木龍也, 2021年度中国四国動物生理シンポジウム, 2021年12月18日, 通常, 日本語
  14. 福島第一原発近海で通年成熟現象を起こした巻貝(イボニシ)の中枢神経系における遺伝子発現変動の網羅的解析, 森下文浩,堀口敏宏,植木龍也,今村拓也, 第45回日本比較内分泌学会大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語
  15. The human-specific pancCD63-CD63 pair can promote basal progenitor proliferation for expansion of the cerebral cortex, Boyang AN, Tomonori KAMEDA, Takuya IMAMURA, 第114回日本繁殖生物学会大会, 2021年09月24日, 通常, 英語
  16. pancUCP2-UCP2ペアはヒト特異的神経幹細胞代謝リプログラミングに関与しうる, 安東明莉,Boyang AN,徳永真結莉,槇村有紗,森下文浩,亀田朋典,今村拓也, 第114回日本繁殖生物学会大会, 2021年09月24日, 通常, 日本語
  17. ヒトNRSN2は種特異的ノンコーディングRNAによる転写活性化を介して神経幹細胞増殖制御に機能しうる, 徳永真結莉,安博洋,安東明莉,槇村有紗,森下文浩,亀田朋典,今村拓也, 第114回日本繁殖生物学会大会, 2021年09月24日, 通常, 日本語
  18. ヒト・マウス神経幹細胞におけるエピゲノム修飾因子Bmi1遺伝子の構造的・機能的種差の同定, 槇村有紗,安博洋,安東明莉,德永真結莉,森下文浩,亀田朋典,今村拓也, 第114回日本繁殖生物学会大会, 2021年09月24日, 通常, 日本語
  19. Discovery of a species-specific long non-coding RNA for differentiating expression of human NRSN2 and mouse Nrsn2 in neural stem cells, Mayuri Tokunaga , Boyang An , Akari Ando , Arisa Makimura , Fumihiro Morishita , Tomonori Kameda , Takuya Imamura, The 80th Fujiwara Seminar "Molecular and cellular mechanisms of brain systems generating individuality", 2021年08月30日, 通常, 英語
  20. Potentials of UCP2/Ucp2 for developing brain individuality through metabolic reprogramming of neural stem cells, Akari Ando, Boyang An, Mayuri Tokunaga, Arisa Makimura, Fumihiro Morishita, Tomonori Kameda, Takuya Imamura, The 80th Fujiwara Seminar "Molecular and cellular mechanisms of brain systems generating individuality", 2021年08月30日, 通常, 英語
  21. Species difference in structure and function of a gene for epigenome modification, BMI1/Bmi1, in human/mouse neural stem cells, Arisa Makimura, Boyang An, Akari Ando, Mayuri Tokunaga, Fumihiro Morishita,Tomonori Kameda, Takuya Imamura, The 80th Fujiwara Seminar "Molecular and cellular mechanisms of brain systems generating individuality", 2021年08月30日, 通常, 英語
  22. The human-specific pancCD63-CD63 pair can be involved in developing brain individuality by promoting basal progenitor proliferation, Boyang An, Tomonori Kameda, Takuya Imamura, The 80th Fujiwara Seminar “Molecular and cellular mechanisms of brain systems generating individuality", 2021年08月30日, 通常, 英語
  23. 神経活性化による新規DNAメチル化を介した遺伝子エンハンサー活性制御は興奮性シナプス形成に寄与する, 亀田朋典、中嶋秀行、滝沢琢己、三浦史仁、伊藤隆司、中島欽一、今村拓也, 第14回エピジェネティクス研究会年会, 2021年03月30日, 通常, 日本語
  24. 神経活性化は新規DNA メチル化を介して興奮性シナプス形成に関わる遺伝子のエンハンサー活性を制御する, 今村 拓也, 第14回神経発生討論会, 2021年03月19日, 通常, 日本語, オンライン開催
  25. Molecular characterization of aging choroid plexus that regulates neural stem cells behavior and brain functions, 堅田明子、榊佑介、山下りえ、今村拓也、中島欽一, 第34回日本分子生物学会年会, 2020年12月02日, 通常, 日本語, 日本分子生物学会年会, Web開催
  26. 母体由来炎症シグナルを胎仔脳由来ノンコーディングRNA制御により緩和する, 今村 拓也(発表者・オーガナイザー), 第43回日本神経科学大会シンポジウム「病態脳克服に向けた脳・神経系細胞の環境応答特性の理解と活用」, 2020年08月01日, 通常, 日本語, 日本神経科学学会, オンライン開催

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 三菱財団 2022年度自然科学研究助成(一般助成), ノンコーディングRNAの細胞間情報伝達の実現による脳エピゲノムヴァリエーション化モデルの構築, 2022年10月01日, 2023年09月30日
  2. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), ノンコーディングRNA獲得効果の定量化によるほ乳類大脳機能変遷の理解, 2022年04月01日, 2025年03月31日
  3. 第一三共生命科学財団 2021年度研究助成, 細胞間を連絡するRNAの潜在能力の計測に基づく個体差の理解と組織改変, 2022年01月01日
  4. ノバルティス科学振興財団 2020年度研究奨励金, ヒト形質賦与マウス作製に向けたノンコーディングRNA情報活用システムズアプローチ, 2021年04月01日
  5. 上原記念生命科学財団 2020年度研究助成金, ヒト形質賦与を⽬指したノンコーディングRNAの活⽤, 2021年02月01日, 2022年04月30日
  6. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), ノンコーディングRNA獲得による霊長類脳エピゲノム成立機構の実験的解明, 2019年04月01日, 2022年03月31日
  7. 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), インターロイキン類によるほ乳類ニューロンのレトロトランスポゾン制御, 2019年06月28日, 2021年03月31日
  8. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 犬悪性メラノーマの根絶を目指した新たな遺伝子組換え免疫細胞療法の確立, 2018年04月01日, 2021年03月31日
  9. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), ヒトとの共進化を支えたイヌの社会認知能力に関わる遺伝基盤の解明, 2018年04月01日, 2021年03月31日
  10. 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型), 個性を創発する神経幹細胞におけるエピジェネティックメモリーとその制御, 2016年06月30日, 2021年03月31日
  11. 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, マウス初期胚における液性因子による転移因子制御機構, 2016年04月01日, 2018年03月31日
  12. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 種特異的ノンコーディングRNAによるほ乳類脳神経機能の分化, 2015年04月01日, 2018年03月31日
  13. 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型), 遺伝子配列特異的エピジェネティック制御によるマウス腹内側核の機能的性差形成, 2013年04月01日, 2015年03月31日
  14. 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, マウス初期胚エピゲノム変換に資するプロモーター非コードRNA機能の解明, 2013年04月01日, 2015年03月31日
  15. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 偽遺伝子挿入による種特異的非コードRNA獲得に基づく遺伝子スイッチ制御の多様化, 2012年04月01日, 2015年03月31日
  16. 科学研究費助成事業 若手研究(A), 非コードRNAによるエピジェネティック脳機能制御の種間多様性, 2009年, 2011年
  17. 科学研究費助成事業 特定領域研究, RNAを基点とした性ステロイド受容体のエピジェネティック制御によるマウス脳性分化, 2007年, 2008年
  18. 科学研究費助成事業 若手研究(B), 行動内分泌関連遺伝子の脳領域特異的DNAメチル化制御, 2006年, 2007年
  19. 科学研究費助成事業 特定領域研究, マウス脳における性差形成の基盤となる核内受容体のエピジェネティック制御とその改変, 2005年, 2006年
  20. 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, 脳の発達におけるゲノムメチル化制御機構, 2000年, 2001年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 理事, 2022年04月, 日本生殖内分泌学会
  2. Associate Editor, 2018年04月, 9999年, BMC Genomics
  3. 編集委員, 2016年04月, 9999年, 日本繁殖生物学会